議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成17年11月第1回臨時会 (第 7日11月 7日)




平成17年11月第1回臨時会 (第 7日11月 7日)





 
  ─────────────────────────────────────────────


       第1回 北 栄 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 (第7日)


                                平成17年11月7日(月曜日)


  ─────────────────────────────────────────────


                    議事日程


                              平成17年11月7日 午前9時開議


日程第 1 発議第5号 北栄町議会行財政改革調査特別委員会の設置について


日程第 2 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町役場の位置を定める条例ほか140件の条例の制定に


            ついて)


日程第 3 議案第2号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成17年度北栄町一般会計暫定予算ほか10件の暫定予算


            について)


日程第 4 議案第3号 専決処分の承認を求めることについて


            (指定金融機関の指定について)


日程第 5 議案第4号 専決処分の承認を求めることについて


            (町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及


            び審査会への加入について)


日程第 6 議案第5号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町と鳥取県との間の職員の研修に関する事務の委託に関


            する規約を定める協議について)


日程第 7 議案第6号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町と鳥取県との間の公平委員会の事務の委託に関する規


            約を定める協議について)


日程第 8 議案第7号 専決処分の承認を求めることについて


            (東伯郡就学指導推進協議会への加入について)


日程第 9 議案第8号 専決処分の承認を求めることについて


            (鳥取県中部町土地開発公社定款の変更について)


日程第10 会期の延長


         ───────────────────────────────


                 本日の会議に付した事件


日程第 1 発議第5号 北栄町議会行財政改革調査特別委員会の設置について


追加日程第1      北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員の選任について


追加日程第2      北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員長・副委員長の互選


            結果の報告について


日程第 2 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町役場の位置を定める条例ほか140件の条例の制定に


            ついて)


日程第 3 議案第2号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成17年度北栄町一般会計暫定予算ほか10件の暫定予算


            について)


日程第 4 議案第3号 専決処分の承認を求めることについて


            (指定金融機関の指定について)


日程第 5 議案第4号 専決処分の承認を求めることについて


            (町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及


            び審査会への加入について)


日程第 6 議案第5号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町と鳥取県との間の職員の研修に関する事務の委託に関


            する規約を定める協議について)


日程第 7 議案第6号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町と鳥取県との間の公平委員会の事務の委託に関する規


            約を定める協議について)


日程第 8 議案第7号 専決処分の承認を求めることについて


            (東伯郡就学指導推進協議会への加入について)


日程第 9 議案第8号 専決処分の承認を求めることについて


            (鳥取県中部町土地開発公社定款の変更について)


日程第10 会期の延長


         ───────────────────────────────


                  出席議員(18名)


      1番 前 田 栄 治 君      2番 神 宮 弘 幸 君


      3番 井 上 信一郎 君      4番 青 亀 恵 一 君


      5番 町 田 貴 子 君      6番 清 水 進 一 君


      7番 山 下 昭 夫 君      8番 津 川 俊 仁 君


      9番 平 田 秀 一 君     10番 浜 本 武 代 君


     11番 磯 江   誠 君     12番 池 田 捷 昭 君


     13番 長谷川 昭 二 君     14番 宮 本 幸 美 君


     15番 石 丸 美 嗣 君     16番 阪 本 和 俊 君


     17番 野 田 久 良 君     18番 前 田 正 雄 君


         ───────────────────────────────


                  欠席議員(なし)


         ───────────────────────────────


                  欠  員(なし)


         ───────────────────────────────


                 事務局出席職員職氏名


  事務局長 ─────── 永 田 良 則 君 局長補佐 ─────── 佐 伯 淳 子 君


  主  任 ─────── 磯 江 恵 子 君


         ───────────────────────────────


               説明のため出席した者の職氏名


  町長 ───────── 松 本 昭 夫 君 教育長 ──────── 山 根 和 夫 君


  総務課長 ─────── 金 信 正 明 君 企画情報課長 ───── 岡 崎 輝 明 君


  税務課長 ─────── 山 下   修 君 町民課長 ─────── 池 田 雅 文 君


  健康福祉課長 ───── 杉 谷 博 文 君 人権推進室長 ───── 岡 崎 千賀子 君


  出納室長 ─────── 大 西   博 君 分庁統括課長 ───── 石 井 功 一 君


  産業振興課長 ───── 松 井 義 徳 君 地域整備課長 ───── 東 地 重 義 君


  上下水道課長 ───── 三 好 秀 康 君 教育総務課長 ───── 道祖尾 広 光 君


  生涯学習課長 ───── 坂 田   優 君 中央公民館長 ───── 坂 本 憲 昭 君


  農業委員会事務局長 ── 池 田 康 守 君


         ───────────────────────────────


                午前9時01分開議


○議長(前田 正雄君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は18人であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 暫時休憩いたします。(午前9時01分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時16分再開)


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 発議第5号





○議長(前田 正雄君) 日程第1、発議第5号、北栄町議会行財政改革調査特別委員会の設置についてを議題といたします。


 本案について提出者の説明を求めます。


 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君)


      ───────────────────────────────


 発議第5号


                                  平成17年11月7日


 北栄町議会議長 前 田 正 雄 様


                         提出者 北栄町議会議員 池 田 捷 昭


                         賛成者 北栄町議会議員 青 亀 恵 一


                         賛成者 北栄町議会議員 平 田 秀 一


          北栄町議会行財政改革調査特別委員会の設置について


 上記の議案を、会議規則第14条の規定により提出します。


 提案の理由


 国においては三位一体改革の第一期改革の仕上げに向けて協議がもたれている。しかしこの改革は、ひたすら歳出規模を削減することだと決め込み、やみくもに公共サービスを切り込んでいったらどうなるかは明らかである。


 無駄がなく効率的で、住民が信頼できる行政を推進するため、本議会としても特別委員会を設置して専門的に調査・研究し、十分なる知識の基に、本町の行財政改革のあり方について提言していく必要がある。


      ───────────────────────────────


 1 委員会の名称


   北栄町議会行財政改革調査特別委員会とする。


 2 委員の定数


   6人とする。


 3 調査研究事項


  (1)行政職務及び事業の改善に関する調査及び研究。


  (2)行財政改革に関する調査及び研究。


 4 調査研究機関


   特別委員会設置の日から調査終了の日までとし、調査終了まで閉会中の継続調査とする。


 5 委員の任期


   調査終了までとする。


 6 経費


   予算の範囲内とする。


      ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 説明が終わりましたので、これより本案に対する質疑を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 提出者の方に二、三お聞きをしたいと思います。


 1つは、目的であります。提案理由の中に、3段目に公共サービスを切り込んでいったらどうなるかは明らかであるということが掲げられております。私が理解するのに、住民にとって生活を支える上で大切なサービスを削減するということはだめだというふうにとらえるべきだろうと思いますけれども、その辺もう少し具体的にお聞きしたいと思うんですけれども。これまでの行財政改革ということになりますと、とかく住民サービスを削り込んでいくという、ここに掲げられているとおりで、その結果、住民の負担が増大してきたということがあろうかと思います。そういうことに対してどのような方向性で取り組まれていくのかということをまずお聞きしたいと。


 それから、委員の定数でありますけれども、6名ということがございます。私は、その6名というのは全議員18名のうちの3分の1でありますけれども、全員が参加されても別に多過ぎるということはないと思うんですけれども、その辺を、なぜ6人なのかということをお聞きしたいというふうに思います。


○議長(前田 正雄君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) ただいまの質問に対しましてお答えいたします。


 まず、公共サービスを切り込んでいくという、公共サービスの点でございますが、私は、これから非常に財政というものに危機感を持っております。一番近々で最重要事項は、私は行財政改革でなかろうかと思うものでございます。それは、さっきも申しますように、まず地方交付税というものが大きな財政のウエートを持つわけでございますが、これが削減されるということは皆さんも共通認識でなかろうかと、このように思っております。そうした場合、いかに現在の行政サービスを落とさずに、これを継続、維持していくかということになってきますと、やはりすべての行政というものの全体から見直していきながら、このサービスを落とさないようにしていく。そのためには、やはり行財政改革というものに対する理念というものをしっかりこれは決めて、議員皆さんと共有していかなければならない。と同時に、行財政改革というものは、これは町長部局あるいは議会だけでできる代物ではないと私は承知しております。これは町民皆様の御意見、御意向というものを踏まえなくては行財政改革はあり得ない。そのためには、やはり議会の透明化、これは絶対にそういう仕掛けを私たちはつくっていかなければならないし、一層町民が関心を持つような町政というものをしていかなくてはならない、こういう観点から行政サービスというものを維持していこうと思うものでございます。


 それから、人数の問題でございますが、全員というような意見でございますが、私は、やはりいろんな問題に力いっぱい意欲のある者でぶつけ合いながら、意見をけんけんがくがく議論をしながら、その結果というものは常時議員皆さんと一緒に共有する必要がある。だから、6人ですべてがいくというもんでなしに、いろいろ検討は6人でするのでありますが、その都度その都度議会の方に、皆さんと一緒になってこれを共有していくということから、やはり大人数でなく、6人というものが私は意見を力いっぱいぶつけ合うに適当な数だろうと。その方がよりスムーズに問題が進捗するんでなかろうかと、こういう立場から、こういう提案をさせてもらった次第でございます。以上、終わります。


○議長(前田 正雄君) 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 理念につきましては、私も賛成でありますし、サービスを落とさないという方向での議員の役割を果たしていくことでありますから、賛成したいと思います。


 ただ、もう1点、その定数の問題ですけれども、例えば何を調査するのかということをその委員会に反映させるためにはどうするのかと。議会全員でというふうにおっしゃいますけれども、じゃあどういう機関を通じて、どういうことを諮っていくのかという点について一つお聞きをして、私の質問を終わりたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 何をというお話でございますが、これは委員会には常時議長も出席するわけでございまして、当然議長と委員会というものは一つの連係プレーをとっていかなくてはなりません。そういう意味合いから、すべての全事業というものを洗っていきます。その上で6人というもので議論しながら、皆さんと一緒になってその辺の共通認識を踏まえ、さらにそれを進めていくと、こんな手順でいきたいと思っております。以上、終わります。


○議長(前田 正雄君) ほかにございませんか。


 11番、磯江誠君。


○議員(11番 磯江 誠君) 11番、磯江です。この行財政改革という大きなテーマは、執行部はもちろん、議会も本当に真剣に取り組まなければならない問題であると思いますが、当然各委員会もこの行財政改革というものの大きなテーマにぶつかっていくと思います。その辺のダブりぐあいをどう考えておられるか、その辺をお聞きしたいと思います。以上。


○議長(前田 正雄君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 各委員会ということでもございますが、この行財政改革の委員会というのは、これ1点に絞ってきます。ですから、各委員会で、例えば総務とか、あるいは産業建設とか、いろいろあるわけでございますが、それはちょっと突っ込み方の意味合いが違う委員会でなかろうかというふうに思っております。


○議長(前田 正雄君) よろしいでしょうか。


 ほかに。


 15番、石丸美嗣君。


○議員(15番 石丸 美嗣君) 15番。私は、趣旨については賛同するものですが、やみくもにただ調査終了まで閉会中の継続調査という形で、いつでも、いかなるときでもこういう会合ができるというようなとり方をしてありますが、調査研究機関というのは、ある程度のめどを立て、いつごろまでにはこういうことをやりたい、ただ任期の間、ここ4年間でやればいいとか、4年間でできませんでした、こんな調査機関では何の意味もないんであって、いかにスムーズに住民サービスにこれを結びつけるかということを目的にするならば、ある一定の期間を設けるべきだと。例えば2年間の間に、また、半期の間に何とかめどを持っていきたいんだというような目的は発案者にはないのでしょうか、その点お聞きいたします。


○議長(前田 正雄君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) できるだけ期限を切りたいわけでございますが、非常にこの問題は幅広く、奥が深く、大変な作業を要するものと解しております。そういたしますと、今々すぐ取りかかれる問題と中期的にとらえないけん問題と、多々業種が分かれるものと思っております。そういう意味合いから、これは期限というものを今どうだという目標設定というものをここを出すわけにはまいりません、答えれません。したがいまして、その辺につきましては、常時議長とも相談もしながら、皆さんの方との意見を突き合わせていくということから、その進捗状況というものも見ていただきたいというふうに思いますし、そのようなことで広い幅を持たせていただいて御理解賜りたいと、このように思うもんでございます。


○議長(前田 正雄君) ほかにございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 発議第5号、北栄町議会行財政改革調査特別委員会の設置については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


 暫時休憩します。(午前9時31分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時51分再開)


      ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第1 北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員の選任について





○議長(前田 正雄君) 追加日程第1、北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、池田捷昭君、平田秀一君、山下昭夫君、町田貴子さん、青亀恵一君、前田栄治君、以上の6人を指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました6人を選任することに決定いたしました。


 暫時休憩します。(午前9時52分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午前9時52分再開)


      ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第2 北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員長・副委員長の互選結果の報告について





○議長(前田 正雄君) 追加日程第2、北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員長、副委員長の互選結果について報告いたします。


 委員会条例第8条第2項の規定により、委員長、副委員長が互選され、決定しましたので、報告いたします。


 北栄町議会行財政改革調査特別委員会委員長に池田捷昭君、副委員長に平田秀一君と決定いたしました。


 もとの日程に戻ります。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 議案第1号





○議長(前田 正雄君) 日程第2、議案第1号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第1号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 議案第2号





○議長(前田 正雄君) 日程第3、議案第2号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。質疑は、各会計ごとに行います。


 初めに、一般会計に対する質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、一般会計に対する質疑を終わります。


 次に、国民健康保険事業特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、国民健康保険事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、介護保険事業特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、介護保険事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、老人保健事業特別会計に対する質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、老人保健事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、住宅新築資金等貸付事業特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、住宅新築資金等貸付事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、下水道事業特別会計に対する質疑を許します。


 15番、石丸美嗣君。


○議員(15番 石丸 美嗣君) 15番。この下水道特別会計のうちで、会計一覧表を見ていただいたとき、この中で非常に旧大栄町側の執行率というものが低い状態で、全体の内容から見ても8.6%程度、暫定予算、ここの計上比率からすると91.7%というような状態になっているところですが、現実に我々議員としても、この進捗状態というものは十分知っておく必要があると思いますので、今後、旧北条町側、大栄町側、特に大栄町側については下水道の完成期日等はある一定の内容はわかっておるんですが、北条町側の下水道の今後における計画、完成日、いついつまでに下水道が完成するのかというような予定表というものはわかっておりません。両方、双方の議員がわかるように、その計画の期間の一覧表をぜひ提出をいただきたいなと。それと、現在の状況で、その執行率が低いというのはなぜなのかということの説明をお願いします。


○議長(前田 正雄君) 三好上下水道課長。


○上下水道課長(三好 秀康君) 石丸議員の質問にお答えします。


 まず1点目のそれぞれの旧大栄町、旧北条町の下水道事業の進捗、計画については、後ほど計画書をつくって議員さんの方にお配りしたいというふうに思います。それと、進捗率ですけども、現在、工事請負等につきましても、この間の説明でもお話しさせていただきましたとおり、大栄町分が既に7割発注しておりますけども、あと3割ほど残っておりまして、旧北条町では9割以上発注済みでして、その関係がございます。あわせて工事期間がまだ未完成、長期にわたりまして、実際にその工事発注の請負残金も未払いということが関連しておりまして、このような数字になっておるということでございます。以上です。


○議長(前田 正雄君) よろしいでしょうか。


 ほかにございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、下水道事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、農業集落排水事業特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、農業集落排水事業特別会計に対する質疑を終わります。


 次に、風力発電事業特別会計に対する質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、風力発電事業特別会計に対する質疑を終わります。


 これより栄財産区特別会計に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、栄財産区特別会計に対する質疑を終わります。


 これより水道事業会計に対する質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) ないようですので、水道事業会計に対する質疑を終わります。


 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第2号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 議案第3号





○議長(前田 正雄君) 日程第4、議案第3号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 13番。資料の提出をちょっとお願いしておきたいと思います。合併協議の中で、旧北条町の指定されていた鳥取銀行ですか、そういうことになっているわけですけれども、その決められた基準というものをもう少し具体的に聞きたいと思いますので、他の金融機関と比べて、なぜ鳥取銀行がいいのか、指定銀行にふさわしいのかという点について、比較された資料を提出を後でしていただきたいというふうに思います、それだけです。


○議長(前田 正雄君) 大西出納室長。


○出納室長(大西 博君) 今、御質問のありました件につきまして、調べまして提出をさせていただきたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) 私の方からもちょっと補足的に申し上げたいと思いますけど、合併協議のすべての項目の基本的な考え方というのは、片一方の町にあって片一方にない場合は、ある方にと、あるいはその両方にあって金額とかなんとかが違う場合は調整という、そういった基本的な原則のもとに合併協議を行ってきましたので、今回のこの鳥銀の指定金融機関ということに対しましては、旧大栄町側の方には指定金融機関がなかったわけでございますので、その比較ということは別にして、北条町の方が既に指定をされていたということですので、そちらの方に合わせたということでございますので、その点を御理解をいただきたいと思います。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 合併協議の協議内容というのは、それでいいんですけれども、ただ、旧北条町さんでは、そういうことを決めておられた基準というものがあると思うんです。そういうものを出していただきたいということです。幾ら片方にあって片方にないから、ある方をといっても、やっぱりこれから新しい町が始まるわけですから、それがどういう基準で決められていくのかということについてはもう少し住民に対して説明ができるものが、基準が必要だろうと思いますので、お願いしたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) そういたしますと、要望されました部分につきまして、後ほどできる限りその意図を酌んだ部分を提出をしたいと思います。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) ほかにございませんか。


 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 12番、池田でございます。先ほどの金融機関の問題につきましては、旧北条町のときに説明があったわけですから、その辺の説明をなさったら皆さん御理解なさるというふうに思いますので、ぜひこの場で説明していただきたい、こういうふうに思います。(発言する者あり)議長、これは合併協で説明済みですよ。


○議長(前田 正雄君) ちょっと待ってください。


 暫時休憩します。(午前10時05分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午前10時06分再開)


 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) お答えをいたしますが、合併協議のときの一番の理由と申し上げますのは、指定金融機関に鳥銀をした場合については、毎日職員を派遣を出納室の方にするというものが最大の理由でございまして、あとの資料につきましては、北条町が指定金融機関をどこにされるのかといったときの比較の資料があるということですので、その部分は後ほど提出をしたいというぐあいに思います。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) よろしいでしょうか。


 ほかにございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第3号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 議案第4号





○議長(前田 正雄君) 日程第5、議案第4号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第4号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第6 議案第5号





○議長(前田 正雄君) 日程第6、議案第5号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第5号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第7 議案第6号





○議長(前田 正雄君) 日程第7、議案第6号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第6号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第8 議案第7号





○議長(前田 正雄君) 日程第8、議案第7号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第7号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第9 議案第8号





○議長(前田 正雄君) 日程第9、議案第8号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑終結と認めます。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第8号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第10 会期の延長





○議長(前田 正雄君) 日程第10、会期の延長を議題といたします。


 お諮りします。本臨時会の会期は本日までと議決されていますが、教育委員会委員の任命についての議案が予定されておりますので、11月14日まで7日間延長したいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、11月14日まで7日間延長することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(前田 正雄君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。


 これにて散会いたします。


 8日から13日までは休会とし、本会議は14日の午前9時から開きますので、御参集ください。御苦労さんでございました。


                午前10時12分散会


      ───────────────────────────────