議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成23年第7回定例会(第1日 9月12日)




平成23年第7回定例会(第1日 9月12日)





────────────────────────────────────────





  第7回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                        平成23年9月12日(月曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成23年9月12日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 報告第  10号 専決処分について(損害賠償に係る和解及び額の決定につい


             て)


日程第5 報告第  11号 健全化判断比率について


日程第6 報告第  12号 資金不足比率について


日程第7 23年請願第5号 請願書(逢束保育園の早期改築について)


日程第8 23年陳情第5号 最低賃金の引き上げと制度の抜本改正を求める意見書採択の


             陳情


日程第9 議案第  81号 物産館ことうら条例の制定について


日程第10 議案第  82号 琴浦町臨時的任用職員の勤務条件等に関する条例の一部改正


             について


日程第11 議案第  83号 平成23年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第12 議案第  84号 平成23年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第  85号 平成23年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


             (第2号)


日程第14 議案第  86号 平成23年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第  87号 平成23年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第16 議案第  88号 平成23年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第  89号 平成23年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号


             )


日程第18 議案第  90号 平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第19 議案第  91号 平成22年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第20 議案第  92号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第21 議案第  93号 平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第22 議案第  94号 平成22年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第23 議案第  95号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第24 議案第  96号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第25 議案第  97号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第26 議案第  98号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第27 議案第  99号 平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第28 議案第  100号 平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第29 議案第  101号 平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第30 議案第  102号 平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第31 議案第  103号 平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第32 議案第  104号 平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第33 議案第  105号 平成22年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第34 議案第  106号 平成22年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  107号 平成22年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第36 議案第  108号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 報告第  10号 専決処分について(損害賠償に係る和解及び額の決定につい


             て)


日程第5 報告第  11号 健全化判断比率について


日程第6 報告第  12号 資金不足比率について


日程第7 23年請願第5号 請願書(逢束保育園の早期改築について)


日程第8 23年陳情第5号 最低賃金の引き上げと制度の抜本改正を求める意見書採択の


             陳情


日程第9 議案第  81号 物産館ことうら条例の制定について


日程第10 議案第  82号 琴浦町臨時的任用職員の勤務条件等に関する条例の一部改正


             について


日程第11 議案第  83号 平成23年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第12 議案第  84号 平成23年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第  85号 平成23年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


             (第2号)


日程第14 議案第  86号 平成23年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第  87号 平成23年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第16 議案第  88号 平成23年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第  89号 平成23年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号


             )


日程第18 議案第  90号 平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第19 議案第  91号 平成22年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第20 議案第  92号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第21 議案第  93号 平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第22 議案第  94号 平成22年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第23 議案第  95号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第24 議案第  96号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第25 議案第  97号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第26 議案第  98号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第27 議案第  99号 平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第28 議案第  100号 平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第29 議案第  101号 平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第30 議案第  102号 平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第31 議案第  103号 平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第32 議案第  104号 平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第33 議案第  105号 平成22年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第34 議案第  106号 平成22年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  107号 平成22年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第36 議案第  108号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


        1番 語 堂 正 範        2番 山 田 義 男


        3番 新 藤 登 子        4番 藤 堂 裕 史


        5番 藤 本 則 明        6番 高 塚   勝


        7番 小 椋 正 和        8番 手 嶋 正 巳


        9番 金 田   章        10番 武 尾 頼 信


        11番 青 亀 壽 宏        12番 前 田 智 章


        13番 桑 本   始        14番 井 木   裕


        15番 山 下 一 成        16番 大 田 友 義


        18番 石 賀   栄        19番 川 本 正一郎


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ─────── 前 田 博 司  主査 ──────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ───────── 山 下 一 郎  副町長 ─────── 江 原   修


 総務課長 ─────── 前 田 順 一  企画情報課長 ──── 川 上 強 志


 商工観光課長 ───── 岩 船 賢 一  税務課長 ────── 坂 本 道 敏


 農林水産課長 ───── 永 田 温 美  町民生活課長 ──── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ───── 小 塩 久 志  建設課長 ────── 澤 田 勝 徳


 上下水道課長 ───── 松 田   稔  会計管理者兼出納室長  岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ── 田 中   淳  教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ───── 生 田 満由美  社会教育課長 ──── 藤 村 隆 志


 人権・同和教育課長 ── 田 中   肇  代表監査委員 ──── 松 田 道 昭


      ───────────────────────────────


               午前10時10分開会


○議長(川本正一郎君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより平成23年第7回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日届け出のあった事故者は、議員では金田章君が体調不良のため遅刻する旨の連絡がありました。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(川本正一郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、3番、新藤登子君と4番、藤堂裕史君を指名します。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(川本正一郎君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、お手元の会期日程案のとおり、本日から22日までの11日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、会期日程案のとおり、本日から22日までの11日間と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(川本正一郎君) ここで、町長より発言を求められておりますので、これを許可します。


 山下町長。


○町長(山下 一郎君) 皆さん、おはようございます。私の方で一言ごあいさつを申し上げたいと考えております。


 私ごとで恐縮でございましたが、6月の29日から8月末まで、病気療養加療のため、約2カ月間以上にわたりまして休むこととなりました。その間、町民の方、そして議員の皆さん、議会に対しましても多大な御迷惑をおかけしましたことを、この場をかりまして深くおわびを申し上げます。


 それで、手術をいたしまして、その後の経過は極めて良好でありまして、9月の1日から正式に職場に復帰をしております。今後、これまで以上にやはり町民の皆様のために一生懸命に頑張りたい、仕事をしていきたい、そのような思いでおりますので、今後とも、皆様、格別の御理解と御協力を賜りますようにお願いを申し上げます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告について





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第3、諸般の報告をいたします。


 会議規則第120条の規定により、6月定例議会において議決された議員派遣については、別紙報告書のとおりであり、議会運営委員長に報告を求めます。


 議会運営委員長、前田智章君。


○議会運営委員会委員長(前田 智章君) 議会運営委員会視察研修報告書、あらかじめお手元の方にお配りをいたしておりますので、それに沿って御報告をいたしたいと思います。


 7月14日及び15日の2日間にわたりまして、滋賀県竜王町、京都府精華町へ視察研修を行い、その結果について本会議で報告をいたします。


 視察参加者は8名であります。


 視察の目的。議会改革、議会活動の活性化に資するため、議会基本条例策定の過程とその内容、及び策定後の状況について研修をいたしました。


 2番目に、視察を有効なものにするための取り組みとして、両町の議会だより及びホームページ等で情報収集いたしまして、それぞれの基本条例等について事前に研修をいたしました。


 視察研修の成果といたしまして、議会基本条例は、地方自治の本旨を実現するため、二元代表制のもと、住民からの直接選挙された機関として町民の意思を反映させていく上においても重要な条例として、本議会も策定していく必要があると考えております。町民に議会の本質、条例の意義などを十分理解していただく広報の必要性はもとより、議会、行政に対する関心度、参画への対応もあわせて改革していく必要があると考えます。また、議会の最高規範としての議会基本条例が制定をされましても、それらを遵守していくのは議員それぞれの責務でありまして、個々の自覚と研さんにかかってくることになるということは当然考えておくべき課題であると思います。開かれた議会、町民のための議会にすることが基本条例の根本であることを改めて認識し、条例制定に向け協議、検討していくことを確認をいたしました。


 今回視察した竜王町は、基本条例策定に当たり、先進地である京都府精華町を視察しており、他の制定した町もそれぞれ研修を行い、互いに切磋琢磨している。我が町も研さんを重ねていくことが必要であると考えております。


 具体的に、滋賀県竜王町でございますが、人口1万2,994人という町で、近江米、近江牛の生産が盛んな町であります。議会活性化に関しては、基本条例のほか、地方自治法第96条第2項による議決事件の追加、議会主催の住民懇談会、議会報告会も行っております。議会基本条例を制定するに当たり最も討論したことは前文に関してであり、竜王町議会の指針としてどのように表記していくのかに討論の時間を割いたそうでありました。また、住民説明会における条例案に対しての意見は、議員定数、報酬に関するものが多かった。条例がどのようなものなのか、議会が何を目指しているのかを町民に理解していただくよう説明を尽くすことが必要だと思われる。


 次に、京都府精華町であります。京都府精華町は人口3万6,795人の町で、関西文化学術研究都市の中心地として発展しており、ロボット技術や情報通信技術、バイオサイエンスなど数多くの先端的な研究成果が生み出されており、これらを活用した産業振興を積極的に推進している町であります。議会の活性化に向けて、基本条例の制定、地方自治法第96条第2項による議決事件の追加、模擬議会の実施、議会主催の住民懇談会、議会報告会の実施を行っております。精華町議会の大きな特徴は、会派制をとっており、それに合うよう条例も工夫をしている。議会基本条例の諸規定に明記することになじまないものについては、申し合わせ事項として細かく規定した上、文書化し、円滑な議会運営に資することとしている。住民説明会は平日の夜に開催しているにもかかわらず、60名弱の参加と低調であり、アピール不足が感じられる。町民に関心を持っていただくための工夫が必要と思われます。


 その後にいろいろ議会条例制定の経過であるとか条文であるとか、向こうの方の議会だより等の資料をつけておりますので、よろしくお願いいたしたいと思います。以上で報告を終わります。


○議長(川本正一郎君) そのほかの報告につきましては、時間の都合上、お手元に配付しております報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 報告第10号 から 日程第6 報告第12号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第4、報告第10号から日程第6、報告第12号までの3件を議題といたします。


 これらについての説明を求めます。


 山下町長。


○町長(山下 一郎君) そういたしますと、報告事項につきまして報告をさせていただきます。


 今回の報告事項は、報告第10号から報告第12号までの3件であります。


 まず、報告第10号は、損害賠償に係る和解及び損害賠償額の決定に係る専決事項の報告であります。


 これは、平成23年1月16日、琴浦町出上地内の町道出上21号線の除雪作業中、除雪の雪の塊が隣接する水路に落ち、これをせきとめ、併設しているビニールハウス内に流入し、施設内で栽培のイチゴ、ホウレンソウを冠水させて被害を及ぼした事故について、損害賠償額5万3,089円を支払い、和解しようとするものであります。今回の事故につきましては、町道の除雪中の事故であり、町が損害賠償額を負担することで示談が成立しております。地方自治法第180条第1項の規定により、平成23年7月29日専決しましたので、同条第2項の規定により報告するものであります。


 報告第11号及び第12号につきましては、これらは財政健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものであります。報告の内容につきましては総務課長が説明をいたします。以上であります。


○議長(川本正一郎君) それでは次に、総務課長の内容説明を求めます。


 前田総務課長。


○総務課長(前田 順一君) 失礼します。報告第11号、健全化判断比率についてでございますが、平成22年度決算に基づく健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により議会に報告するものでございますが、下段の方に、実質赤字比率、連結実質赤字比率についてはございません。実質公債費比率は16.4%、将来負担比率は160.5%であります。


 報告第12号につきまして、資金不足比率ですが、水道事業会計、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計、それぞれ資金不足はありません。


 その次の総括表の方を見ていただきたいというふうに思いますが、総括表の?健全化判断比率の状況、平成22年度決算でございますが、上段の右側2つですが、実質公債費比率、将来負担比率のところでございますが、実質公債費比率は16.4%です。下の方に加えておりますが、21年度が17.0、平成20年度が17.8。将来負担比率につきましては160.5ですが、平成21年度は180.8、平成20年度は194.7でございました。


 はぐっていただきまして、一番最後の表でございますが、総括表?の別表、将来負担比率の状況というところの下段の分母、分子のところでございますが、将来負担額ですが、平成20年度が254億8,151万7,000円に対して平成22年度は258億9,768万7,000円で、2年間の間に4億1,617万円ふえておりますが、充当可能財源が平成20年度は158億1,083万5,000円が平成22年度は171億6,468万7,000円と13億5,385万2,000円ふえた関係で、分子の方はトータルで9億3,768万2,000円が減となっておりますし、分母の方の標準財政規模でございますが、平成20年度が59億3,333万9,000円が平成22年度は64億2,682万8,000円で、4億9,348万9,000円の増となっております。算入公債費等の額につきましては、平成20年度が9億6,760万6,000円、平成22年度が9億8,809万6,000円で、2,049万円の増で、トータル的に分母の方も4億7,299万9,000円ふえて、数字が下がっておりますが、これはひとえに、極端に言いますと、交付税がふえて標準財政規模が大きくなったからこのような数字が出てきておるということでございまして、実際の額としては将来負担額等についてはふえておるということで、安閑としとる数字ではないということだけは報告をさせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 以上で報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 23年請願第5号 及び 日程第8 23年陳情第5号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第7と日程第8の請願・陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理したこれらの請願・陳情は、お手元の請願・陳情文書表のとおり、それぞれの常任委員会に付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第81号 から 日程第36 議案第108号





○議長(川本正一郎君) 日程第9、議案第81号から日程第36、議案第108号までの28議案を一括議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 山下町長。


○町長(山下 一郎君) それでは、議案の提案理由について順次説明をさせていただきます。


 議案第81号、物産館ことうら条例の制定についてでありますが、これは、今年10月完成を目指して山陰道東伯中山道路琴浦パーキングエリアに連結して建設中の物産館ことうらの設置及び管理に関しての必要な事項を定めようとするものであります。施設の設置に関する規定、施設の利用に当たっての禁止事項の規定のほか、情報コーナー部分について、住民の皆さんに利用していただくための使用申請手続や使用料等について規定するものであります。特産品販売施設としてのテナント部分に関しては行政財産の貸し付けを予定しており、出店業者と町との間で賃貸借契約を締結することとしております。


 次に、議案第82号、琴浦町臨時的任用職員の勤務条件等に関する条例の一部改正についてでありますが、これは、本町における臨時的任用職員の処遇に関して、次年度、平成24年度に向けて改善しようとするものであります。改正の具体的な内容といたしましては、保育士については現行の日額制を月額制に変更すること、その他の職員についても日額を増額すること、通勤手当を定額化することなどであります。


 次に、議案第83号、平成23年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、今回の補正は、1億3,279万2,000円を追加し、総額を104億7,399万9,000円とするものであります。


 補正します歳出予算の主な内容といたしましては、10月14日オープン予定の物産館ことうらに係る広告宣伝費と今年度の管理運営費616万2,000円、ポート赤碕にありますあかさきれあい広場遊具の修繕工事費1,281万円、防災対策として災害時要援護者津波対応の標高看板設置委託料128万円、簡易放射能測定器購入費45万円、農業分野では、有機米栽培に対する環境保全型農業直接支援対策補助金92万7,000円、外国人に係る住民基本台帳法の改正に伴う行政システム保守委託料3,000万円、現年に発生をいたしました倉坂地区の災害復旧工事費450万円などを新たに計上いたしますとともに、住宅リフォーム助成事業交付金や定期借地権設定事業の土地代、定住促進奨励金などを需要に対応して増額し、充実するものであります。また、終了いたしました県知事・県議会選挙及び農業委員会委員選挙費、支払い方法が変更となりました農業者戸別所得補償制度推進事業補助金、事業が不採択となりました太陽光発電施設設置工事などの減額であります。


 一方、歳入予算の主なものは、普通交付税、前年度繰越金、コミュニティ助成事業交付金などの増額、農業者戸別所得補償制度推進事業費補助金、再生可能エネルギー導入支援事業費補助金などの減額であります。


 次に、議案第84号、平成23年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳出では、保険給付費の伸びが見込まれることによる増額、保険税還付金の不足による増額、前年度の出産育児一時金補助金の額の確定により国庫支出が返納になるものであります。歳入では、前年度繰越金の歳入処理に伴う増額となるもので、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,109万1,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23億530万2,000円とするものであります。


 次に、議案第85号、平成23年度琴浦町住宅新築新規等貸付事業特別会計補正予算(第2号)であります。今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ30万円を追加し、歳入歳出予算の総額を7,533万5,000円とするものであります。これは、貸付金の徴収について、町税等滞納整理実施部会で効果的な方法を検討する中、過年度分について民間の債権回収会社へ業務委託することとし、これに伴う予算措置であります。


 次に、議案第86号、平成23年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、前年度繰越金を確定し、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,381万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億502万円とするものであります。


 主な内容は、国県支払い基金等の平成22年度介護給付費負担金、地域支援事業負担金等を精算し、返還金を2,657万4,000円、町繰入金を精算し、一般会計繰出金を398万8,000円、予備費を325万2,000円の増額を行うものであります。


 次に、議案第87号、平成23年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、歳入歳出それぞれ74万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を2億6,077万6,000円とするものであります。


 補正予算の歳入は、前年度繰越金365万9,000円と雑入の落雷による共済保険金249万2,000円の増額と、それに伴う一般会計繰入金540万5,000円の減額であります。歳出の主なものは、農業集落排水施設事業費の修繕料74万6,000円の増額であります。


 次に、議案第88号、平成23年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳入歳出それぞれ1億2,360万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を9億6,569万4,000円とするものであります。なお、地方債の変更は、第2表、地方債補正のとおり、6,300万円減額するものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、国庫補助金の6,660万円と町債の下水道事業債6,300万円の減額と前年度繰越金1,066万6,000円と他会計負担金250万円の増額などであります。歳出の主なものは、下水道整備費の工事請負費等1億3,190万円の減額と、それに伴う一般会計繰出金670万円などの増額であります。


 次に、議案第89号、平成23年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)でありますが、前年度繰越金の確定により、歳出は後期高齢医療広域連合納付金の増額、歳入は繰越金の増額を行うもので、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ1万6,000円を追加し、歳入歳出それぞれ1億9,375万4,000円とするものであります。


 次に、議案第90号、平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)でありますが、収益的収入の主なものは、営業収益の他会計負担金94万円増額し2億6,795万8,000円に、収益的支出の主なものは、営業費用といたしまして、量水器修理取りかえ等311万2,000円減額し2億3,505万1,000円とするものであります。


 また、資本的支出といたしましては、機械及び装置購入費383万9,000円を増額し3億5,709万7,000円にするものであります。なお、不足する額1億6,721万6,000円を1億7,105万5,000円に改めるものであります。


 なお、債務負担行為につきましては、別紙のとおり添付をいたしておるところでございます。


 議案第91号から議案第107号までの17議案でありますが、平成22年度本町一般会計及び特別会計、水道事業会計のいずれも決算認定議案であります。地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により提出のあった決算書等を監査に付したところ、このほど詳細な意見書の提出がありましたので、その写しに平成22年度決算に係る主要施策の成果説明書、財産に関する調書など附属書類を添えて、本会議の認定に付するものであります。


 まず、平成22年度一般会計歳入歳出決算は、歳入総額105億3,665万7,853円、歳出が102億3,580万7,610円でありまして、差し引き3億85万243円の黒字であります。また、繰越明許費といたしまして翌年度に繰り越した財源1億1,292万3,546円を差し引きました実質収支額は1億8,792万6,697円でございます。


 その他の各特別会計の決算では、国民健康保険特別会計、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計は黒字でございます。老人保健特別会計は歳入歳出ゼロの決算でございます。住宅新築資金等貸付事業特別会計は赤字決算でございます。また、各財産区特別会計は、黒字または歳入歳出ゼロの決算となりました。


 水道事業会計決算では、当年度純利益2,721万394円を計上してございます。


 最後に、議案第108号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてであります。これは、昨年度、前任者の辞任に伴い、残任期間の平成23年10月26日付をもって任期満了となります前畑一子教育委員を、氏の教育にかける熱意と実績を高く評価し、再度任命いたしたいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、本議会の同意を求めるものであります。


 以上28議案につきまして、提案理由を御説明をさせていただきました。


 なお、議案の内容説明につきましては、議案第81号を商工観光課長に、議案第82号、議案第83号を総務課長に、議案第84号を町民生活課長に、議案第86号を健康福祉課長に、議案第87号、議案第88号及び議案第90号を上下水道課長に、また、議案第91号から107号までの決算認定関係17議案につきましてはそれぞれ関係課長に説明をさせますので、よろしく御審議くださいまして、御承認賜りますようお願い申し上げます。以上であります。


○議長(川本正一郎君) 次に、内容説明を求めます。


 初めに、議案第81号、物産館ことうら条例の制定について、商工観光課長の説明を求めます。


 岩船商工観光課長。


○商工観光課長(岩船 賢一君) 失礼いたします。議案第81号、物産館ことうら条例の制定についての内容説明をさせていただきます。


 これは、ことし10月14日にオープンを予定しております物産館ことうらの設置及び管理に関して必要な事項を定めようとするものです。


 主な施設としては、情報コーナー、自動販売機コーナー、特産品販売施設を位置づけ、住民の皆さんに利用していただくための申請手続や料金等について規定するものであります。


 情報コーナー内にはチャレンジショップとして展示販売スペース、厨房施設を設け、意欲ある販売業者等に料金設定をしながら利用に供していきます。チャレンジショップは、運用規定を定めながら、多くの皆さんに活用を図っていただきたいと考えております。


 自動販売機コーナーは、町有地への自動販売機を設置するテナント業者から使用料を徴収するものであります。


 特産品販売施設は、かねてより調整を図ってまいりました出店業者である赤碕町漁協、JA鳥取中央、うまいもんや、伯耆光水の4店舗を予定し、賃貸借契約を締結してまいります。


 なお、条例施行前の準備行為につきましては、出店者等の契約行為等もありますので、附則の中にうたわせていただいております。


 物産ことうらは、山陰道東伯中山道路開通に向けて、多くの皆さんの意見、要望そして期待が込められた施設です。何とぞよろしく御審議いただきますようお願いいたします。以上で終わります。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第82号、琴浦町臨時的任用職員の勤務条件等に関する条例の一部改正についてと議案第83号、平成23年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)の2件について、総務課長の説明を求めます。


 前田総務課長。


○総務課長(前田 順一君) それでは、議案第82号の方から説明を申し上げます。琴浦町臨時的任用職員の勤務条件等に関する条例の一部改正でございます。


 はぐっていただきまして、改正前、改正後でありますが、通勤手当を1日につき100円としておりましたが、1カ月につき、常勤の職員については、臨時職員については2,000円とするものでございます。


 また、福利厚生につきましては、琴浦町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例を追加をして、福利厚生の向上に努めたいというふうに考えております。


 また、賃金につきましては、保育士、幼稚園教諭につきましては日額6,800円でありましたものを14万8,500円とするものでありますし、期末手当についても20日分としておりましたが、これを15万円以内、それから調理師につきましては200円アップの6,900円、司書も同様でございます。一般臨時職員については6,600円を6,700円とするものでございまして、17条の福利厚生につきましては公布の日から施行し、その他の条件につきましては来年度の4月から適用を考えておるところでございますので、よろしくお願いいたします。


 議案第83号、平成23年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)について御説明を申し上げます。


 歳入歳出予算の補正。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,279万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ104億7,399万9,000円とするものでございます。


 歳出から説明させていただきます。13ページをお開きください。50万以上のものについて御説明申し上げます。


 3、歳出。款の1、議会費、項の1、議会費、議会費につきましては98万2,000円の増、特別旅費として、東京及び高知、岡山への議員研修に係るものでございます。


 款の2、総務費、項の1、総務管理費、1、一般管理費363万6,000円の増。12、役務費、通信運搬費120万円の増。19、負担金補助及び交付金、派遣職員の負担金として253万6,000円を計上してございますが、これは土地改良連合会の方から技師を派遣していただくもので、上水道の係の職員が交通事故により入院等がありましたので、これを補うものでございます。12月までを一応予定しております。2、関西事務所活動運営費74万3,000円の増。4、財政管理費800万円の増。19、負担金補助及び交付金、住宅リフォーム助成事業交付金として800万円の増を行うものでございます。8、企画費108万円の増。11、電算機管理費3,233万1,000円の増。11、需用費、印刷製本費55万8,000円の増、職務代理に係るところの帳票印刷代等でございます。13、委託料3,173万3,000円の増、行政システム保守委託料でございますが、外国人登録等に係るところの住基法の改正に対応するものでございます。12、分庁管理費4万円の増。13、諸費1,500万2,000円の増。17、公有財産購入費1,500万円ですが、定期借地権に係るものでございます。18、備品購入費の231万7,000円、19、負担金補助及び交付金の231万7,000円の減につきましては、除雪機の組み替えでございます。古布庄地区公民館、以西地区公民館につきましては、備品購入の方に組み替えを行うものでございます。


 項の2、徴税費、1、税務総務費18万8,000円の増。2、賦課徴収費300万円の増、23、償還金利子及び割引料として、法人町民税等の修正申告の償還金に係るものでございます。


 項の4、選挙費、2、県知事・県議会議員選挙141万1,000円の減、4の農業委員会委員選挙費366万2,000円の減、これは精算に係るものでございます。


 項の5、統計調査費、1、統計調査費9万9,000円の減。


 款の3、民生費、項の1、社会福祉費、3、同和対策総務費24万2,000円の増。4、隣保館運営費6万円の増。10、障がい者福祉費55万7,000円の増。13、委託料50万4,000円の増、障がい者自立支援施行法に伴うシステム改修委託料でございます。14、小中学生等医療費100万円の増、扶助費として小中学生医療費の助成に係るものでございます。


 項の2、児童福祉費、1、児童福祉総務費258万6,000円の増。7、賃金97万1,000円ですが、臨時職員、子ども手当の改定の対応のための賃金でございます。はぐっていただきまして、18、備品購入費104万2,000円の増、施設備品ですが、八橋認定こども園の分を安心こども基金に組み替えを行うものでございます。19、負担金補助及び交付金50万円の増、病児・病後児保育事業環境整備事業補助金として、みどり保育園が取り組む備品購入に係るものでございます。


 2、保育所運営費464万9,000円の増。7、賃金200万8,000円はパート職員の増でございます。11、需用費の修繕料につきましては、以西保育園の雨どい、安田保育園のガス管等に係るもの79万6,000円の増でございます。15、工事請負費197万4,000円の増、安田保育園の下水道接続工事に係るものでございます。18、備品購入費の71万円減につきましては、先ほど言いました八橋認定こども園の分を補助事業に組み替えるものでございます。


 款の4、衛生費、項の1、保健衛生費、1、保健衛生総務費29万6,000円の増。4、環境衛生費9万7,000円の増。


 項の2、清掃費、1、じんかい処理費102万6,000円の増。12、役務費71万円、手数料、逢束海岸の漂着物の処理に係るものでございます。


 款の5、農林水産業費、項の1、農業費、2、農業総務費42万8,000円の増。3、農業振興費109万1,000円の減。19、負担金補助及び交付金、二十世紀梨ブランド化事業補助金63万7,000円の増ですが、完熟ナシの出荷量の増が見込まれるための増でございます。農業者戸別所得補償制度推進事業補助金383万6,000円の減ですが、直接再生協議会の方へ交付になったもので減であります。県環境保全型農業直接支援対策交付金92万7,000円の増ですが、東伯有機米生産部への補助金でございます。


 はぐっていただきまして、5、農地費1,446万5,000円の減。15、工事請負費、太陽光発電施設設置工事1,268万7,000円の減ですが、不採択に係るものでございます。19、負担金補助及び交付金200万円の減、県営畑地帯総合土地改良事業負担金ですが、事業費の減によるものでございます。6、地籍調査事業費343万円の減。13、委託料284万9,000円の減につきましては、事業費の減によるものでございます。18の備品購入費、機械器具管理システムに係るものですが、66万7,000円の減、及び事業備品28万4,000円の減ですが、入札減に係るものです。7、農業集落排水事業費540万5,000円の減。28、繰出金ですが、農業集落排水事業特別会計への繰出金の減でございます。


 項の2、林業費、1、林業総務費30万2,000円の増。


 項の3、水産業費、1、水産業総務費124万4,000円の増。19、負担金補助及び交付金ですが、6次産業化総合支援事業補助金でございます。赤碕町漁協に補助するものでございます。


 款の6、商工費、項の1、商工費、2、商工振興費488万4,000円の減。13、委託料500万円の減、ものづくり技術開発委託料、電気自動車等に係るものでございますが、今回、見込みがないということで落とすものでございます。3、観光費614万2,000円の増でございますが、主として10月14日オープンを目指しております物産館ことうらに係るものでございます。


 はぐっていただきまして、5、地域振興費598万1,000円の増。11、需用費、修繕料、日韓友好資料館、浄化槽等の修繕が83万7,000円。19、負担金補助及び交付金、コミュニティ助成事業補助金470万円の増ですが、除雪機を購入する山川木地、大父木地に交付するものでございます。6、緊急雇用創出費ですが、賃金と借り上げ料を組み替えるものでございます。


 款の7、土木費、項の2、道路橋梁費、1、道路維持費495万円の増。11、需用費280万円の増、修繕料ですが、向原、上伊勢等7カ所を修繕するものでございます。15、工事請負費につきましては、町道西屋敷道畑ケ線路肩修繕工事55万円、町道上河原線石積修繕工事90万円、町道松林寺今地線路肩張コンクリート工事70万円を予定しております。2の道路新設改良費につきましては、工事請負費と補償金を組み替えるものでございます。3、除雪対策費75万8,000円の増。13、委託料70万4,000円ですが、県道移管になりました浦安光好線の流雪装置管理委託料の増でございます。


 項の3、河川費、1、河川維持費80万円の増。15、工事請負費、元旧川底打ちコンクリート工事に係るものでございます。


 項の5、都市計画費、2、公園費1,324万2,000円の増。15、工事請負費1,281万円ですが、赤碕ふれあい公園遊具の修繕工事でございます。道の駅が開設以来、大規模な修繕を行っておりませんので、今回行うものでございます。3、公共下水道事業費56万5,000円の減。25、積立金660万2,000円の増、下水道事業推進基金積立金でございます。28、繰出金716万7,000円の減、下水道事業特別会計への繰出金でございます。


 項の6、住宅費、2、住宅建設費480万円の増。13、委託料146万円の減、町営住宅の設計監理委託料の減であります。これは工事請負費との組み替えでございます。19、負担金補助及び交付金、定住促進補助金480万円の増ですが、きらりが60万円の7件、槻下が30万円の2件でございます。


 款の8、消防費、項の1、消防費、2、非常備消防費997万9,000円の増。13、委託料493万5,000円の増、災害時要援護者台帳システム整備委託料493万5,000円ですが、要援護者の名簿及び地図情報の整備を行うもので、10分の10の補助でございます。19、負担金補助及び交付金、消防災害補償組合負担金392万2,000円の増ですが、3月11日の東日本大震災によりまして消防団員が多く亡くなっておりますので、今年度限りの増額を行うものでございます。3、消防施設費302万3,000円の増。13、委託料128万円の増、標高看板の設置委託料で、40カ所程度を予定しております。19、負担金補助及び交付金94万円の増、消火栓移設工事負担金、釛、槻下の分を予定をしております。


 款の9、教育費、項の1、教育総務費に事務局費269万9,000円の減。19、負担金補助及び交付金、30人学級協力負担金200万円の減ですが、八橋小学校の1年を予定しておりましたが、人数の減により減となりました。


 項の2、小学校費、1、学校管理費212万円増。11、需用費、光熱水費、八橋、浦安に係るところの電気、水道の154万8,000円の増でございます。2、教育振興費51万7,000円の増。


 項の3、中学校費、1、学校管理費175万6,000円の減。7、賃金181万円の減ですが、育休職員が復帰したための減でございます。2、教育振興費105万9,000円の増。14、使用料及び賃借料、借り上げ料56万2,000円の減ですが、バスの借り上げでございます。新人戦等に伴うものでございます。


 はぐっていただきまして、項の4、幼稚園費、1、幼稚園費160万4,000円の増。7、賃金、臨時職員156万5,000円の増ですが、職員の産休に係るものでございます。


 項の5、社会教育費、1、社会教育総務費55万1,000円の増。3、文化財保護費21万4,000円の増。6、図書館費2万円の増。7、カウベルホール運営費28万2,000円の増。


 項の6、保健体育費、体育振興費26万7,000円の増。3、体育施設費170万円の増。11、需用費として修繕料、総合体育館の網戸、総合公園の分電盤等の修繕に97万円。18、備品購入費として、総合体育館の事務室のエアコンの更新に59万円。


 款の10、災害復旧費、項の1、農林水産業災害復旧費、2、現年発生農業用施設災害復旧費459万円の増、倉坂地区水路、笠見地区農道災害復旧工事に伴うものでございます。


 款の12、諸支出金、項の1、諸費、1、国県支出金返納金1,173万1,000円でございますが、精算によりますもので、次世代育成支援対策交付金が322万6,000円、子ども手当事務取扱交付金74万7,000円、障害者自立支援の国庫分が348万4,000円、県費分が174万2,000円、障がい者医療費に係るものが180万5,000円等でございます。予備費については2,044万円を増額して6,286万6,000円としております。


 次に、歳入の方を説明申し上げます。8ページにお返りください。


 2、歳入。款の10、地方特例交付金につきましては438万8,000円の減、交付額の確定によるものでございます。


 款の11の地方交付税につきましては1億1,600万円の増、普通交付税の増でございます。


 款の12、分担金及び負担金、項の1、負担金、2、農林水産業費負担金22万円の減。項の2、分担金、1、総務費分担金186万円の増。農村多元情報連絡施設整備分担金、加入金が150万円の増を見込んでおります。2、農林水産業費分担金36万5,000円の増。


 款の13、使用料及び手数料、項の1、使用料、5、商工使用料443万6,000円の増、琴浦パーキング活性化施設使用料で、10月以降の分について計上しております。


 款の14、国庫支出金、項の2、国庫補助金、4、農林水産業費補助金634万3,000円の減、農業費補助金ですが、再生可能エネルギー導入支援事業費補助金が事業不採択になっております。


 款の15、県支出金、項の2、県補助金、2、民生費補助金940万9,000円の増。1、社会福祉費補助金、鳥取県地域「支え愛」体制づくり事業費補助金493万5,000円の増ですが、災害時要援護者支援システムに係るもので、10分の10でございます。2、児童福祉費補助金、産休代替職員補助金72万円、実績に伴うものでございます。安心こども基金特別対策事業費補助金、子ども手当システム備品等に係るもののほか、357万4,000円です。


 4、農林水産業費補助金160万9,000円の減。1、農業費補助金、農地・水・農村環境保全向上活動支援事業費補助金56万7,000円の増、事務費の増でございます。再生可能エネルギー導入支援事業費補助金126万8,000円の減ですが、事業不採択に係るものでございます。農業者戸別所得補償制度推進事業費補助金383万6,000円の減については、直接再生協議会への交付となります。しっかり守る農林基盤交付金200万円の増は、補助率の確定によるものでございます。3、地籍調査事業費補助金、国土地籍調査事業費補助金ですが、交付決定による減でございます。4、水産業費補助金166万3,000円の増ですが、漁業の6次産業化を通じた水産物付加価値向上事業費補助金でございます。3分の1の補助でございます。


 6、土木費補助金9万7,000円の減。


 7、教育費補助金68万8,000円の減。1、学校教育費補助金、「未来を拓くスクラム教育」推進事業費補助金、高校連携がメインということで、当町には該当がないということで不採択になっております。


 8、災害復旧費補助金379万9,000円の増、農業費災害復旧費補助金ですが、農業用施設の過年分が87万4,000円、現年発生分、倉坂水路、笠見農道に係るものが292万5,000円の増であります。


 項の3、委託金、1、総務費委託金87万1,000円の減。5の選挙費委託金ですが、知事選挙に係るものが77万1,000円の減となっております。6、衛生費委託金71万円の増、保健衛生費委託金として、海岸漂着物処理事業委託金、逢束に係るものでございます。


 款の17、寄附金、項の1、寄附金、5、教育費寄附金2万円の増。


 款の16、財産収入、項の1、財産運用収入、地域雇用創出推進基金繰入金7万円の増。


 款の18、繰入金、項の2、下水道事業特別会計繰入金、1、下水道事業特別会計繰入金670万円の増、繰越金の精算によるものです。


 項の6、介護保険特別会計繰入金398万9,000円の増、繰越金の精算に係るものです。


 款の19、繰越金につきましては3,792万6,000円の増、実績に伴うものでございます。


 款の20、諸収入、項の4、雑入、2、雑入468万5,000円の増、コミュニティ助成事業交付金470万円の増ですが、大父木地、山川木地に除雪車を購入するものでございます。


 はぐっていただきまして、項の5、受託事業収入、3、再生可能エネルギー導入支援事業費北栄町負担分191万8,000円の減につきましては、事業の不採択によるものでございます。


 款の21の町債につきましては、総務債が4,054万3,000円の減、臨時財政対策債の確定によるものでございます。2、農林水産業債180万円の減でございますが、県営畑地帯総合土地改良事業負担金の減によるものでございます。5の災害復旧事業債130万円の増につきましては、農業災害復旧事業債の現年発生分に係る増でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第84号、平成23年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、町民生活課長の説明を求めます。


 山本町民生活課長。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、議案第84号、平成23年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の内容説明をさせていただきます。


 歳入歳出それぞれ3,109万1,000円を追加いたしまして、総額を23億530万2,000円とするものであります。


 歳出から説明をさせていただきます。4ページをお開きください。


 保険給付費、療養諸費でありますが、一般被保険者療養給付費2,000万円の増と、次の高額療養費の一般被保険者高額療養費の953万1,000円の増でありますが、これらは医療費あるいは高額療養費の伸びが見込まれることにより増額するものであります。


 次に、諸支出金、還付金で一般被保険者分150万円の増でありますが、国保税の還付金に不足が生じる見込みにより増額するものであります。


 次に、諸費の国庫支出金等返納金6万円の増でありますが、前年度の出産育児一時金の補助金額の確定により国に返納するものであります。


 次に、歳入であります。3ページでありますが、繰越金であります。前年度繰越金3,109万1,000円の増でありますが、これにつきましては繰越金の歳入処理に伴う増額であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第86号、平成23年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、健康福祉課長の説明を求めます。


 小塩健康福祉課長。


○健康福祉課長(小塩 久志君) 失礼します。それでは、議案第86号について内容説明をさせていただきます。


 平成23年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてです。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,381万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億502万円とするものであります。


 歳出の方から説明させていただきます。5ページをお開きください。主なものは、前年度の繰越金が確定しまして、精算のための国県支出金等の返還金でございます。


 款6、項1、償還金及び還付加算金、2、償還金2,657万4,000円の増。内訳としまして、介護給付費過年度分返還金国費分827万9,000円、同じく県費535万8,000円、同じく基金分1,255万2,000円、地域支援事業過年度分返還金基金分38万5,000円。項2、繰出金、1、一般会計繰出金398万8,000円。内訳としまして、給付費過年度分返還金19万1,000円、地域支援事業過年度分返還金346万9,000円、給与費過年度分返還金5万8,000円、事務費過年度分返還金27万円。7、予備費、1、予備費、予備費325万2,000円の増であります。


 返っていただきまして、歳入ですけども、款3、国庫支出金、項2、国庫補助金、4、地域支援事業交付金、過年度分12万5,000円の増。款5、県支出金、項2、県補助金、3、地域支援事業交付金、過年度分9万6,000円の増。款8、繰越金、項1、繰越金、1、繰越金3,359万3,000円の増、前年度繰越金でございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第87号、平成23年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)と議案第88号、平成23年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)及び議案第90号、平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)の3件について、上下水道課長の説明を求めます。


 松田上下水道課長。


○上下水道課長(松田 稔君) それでは、議案第87号、平成23年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ74万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億6,077万6,000円とするものであります。


 1ページ、2ページは省略させていただきまして、3ページをお願いしたいと思います。歳出から御説明申し上げます。


 3、歳出の1、施設整備事業費、今回、補正額74万6,000円を追加しまして計5,050万円とするものであります。補正額の内訳は、11、需用費74万6,000円の増額であります。これは、杉下にあります川東処理場の流入してきた雨水中の固形物を破砕し、処理の安定を図る破砕機にふぐあいが生じておりまして、修繕するものでございます。款2、公債費の利子につきましては財源組み替えであります。


 上の2、歳入でありますが、款4、繰入金、目1、一般会計繰入金は、540万5,000円の減額補正で計2億252万9,000円となります。これは、前年度繰越金と雑入から歳出の修繕料を差し引きしたものでございます。そして繰越金365万9,000円の増額は、前年度繰越金の確定によるものでございます。款6、諸収入の雑入249万2,000円の増額は、古布庄北と山川木地処理場の雷被害によります共済保険金が入ったものでございます。以上であります。


 続きまして、議案第88号、平成23年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億2,360万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を9億6,569万4,000円とするものであります。


 第2条の地方債の変更は、2ページの第2表をごらんください。6,300万円減額し、2億4,380万円とするものでございます。


 1ページ、3ページは省略させていただきまして、5ページをごらんください。まず、3の歳出でございます。目1、下水道整備費では、補正額1億2,400万円減額し、計5億9,685万9,000円とするもので、内訳としまして、節13、委託料1,150万円、15、工事請負費1億2,040万円の減額でありますが、これは補助金の減額に伴うものと、赤碕駅南整備関連の増であります。22、補償補てん、賠償金120万円の増額でありますが、三保地区で上水道をはわせる予定でありましたが、地震に伴いまして支障が生じたためでございます。また、28、繰出金では、事業費の減に伴いまして負担金から事業費への充当額が670万円減額となり、その分を一般会計に繰り出すものでございます。目2、下水道維持管理費では、39万9,000円を増額し、計6,636万1,000円とするもので、東伯浄化センター流量計の専用ケーブルが劣化し異常値を表示するため、修繕するものでございます。公債費の利子につきましては財源組み替えでございます。


 次に、上の4ページ、2の歳入でございます。他会計負担金を新たに250万円増額補正するもので、赤碕駅南整備に伴います下水道管移転補償費が入ってくるものでございます。国庫補助金は6,660万円減額となりまして、計2億840万円とするものでございます。款4、繰入金、一般会計繰入金、716万7,000円の減額補正で計3億1,443万7,000円とするもので、これは事業費の減額に伴うものであります。繰越金の1,066万6,000円の増額でありますが、前年度繰越金の確定によるものでございます。町債の下水道事業債6,300万円減額し、計2億4,380万円とするもので、これも事業費の減に伴うものでございます。


 以上で終わらせていただきます。


 それでは、議案第90号、平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 第2条、収益的収入及び支出の損益勘定でありますが、収入、第1款水道事業収益を94万円増額いたしまして計2億6,795万8,000円に、支出では、第1款水道事業費用を311万2,000円減額補正し、計2億3,505万1,000円とするものでございます。


 はぐっていただきまして、3条、資本的収入及び支出の資本勘定でありますが、収入は変更ございません。支出は、第1款資本的支出、補正額383万9,000円増額し、計3億5,709万7,000円に増額補正するものであります。なお、第4条の債務負担行為の調書は、1枚はぐっていただきますと、ごらんのとおり、検針システム賃借料としまして、限度額459万円、期間は平成24年度から28年度までであります。


 それでは、補正内容の御説明ですが、2枚はぐっていただきまして、3ページの平成23年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)説明書、損益勘定の支出から御説明いたします。


 款1、水道事業費用、項1、営業費用311万2,000円減額し、計1億8,714万9,000円であります。内訳は、目2、配水及び給水費の節、修繕料383万8,000円の減額でありますが、量水器、水道メーターであります。修理で計上いたしておりましたけど、新品購入になりますので、4条予算へ組み替えるものであります。目4、総係費、節、委託料65万円の増額は、検針システム機種変更に伴いますソフト変更業務であります。また、賃借料81万9,000円の減額ですが、リース料を当初6月から予定いたしておりましたが、10月ごろになる予定ですので、月数の減額であります。目7、その他営業費用89万5,000円の増額であります。修繕料としまして、槻下と釛の消火栓修理改造移設であります。


 上の収入としまして、款1、水道事業収益、項1、営業収益94万円を増額し、計2億6,689万円とするもので、目3、その他営業収益94万円の増額補正は、消火栓関連で一般会計から負担金が入ってくるものでありまして、これには事務費も含んでおります。


 はぐっていただきまして、4ページの資本勘定、支出でございます。款1、資本的支出、項1、建設改良費383万9,000円増額し、計2億5,036万8,000円とするもので、これは目4、固定資産購入費としまして新たに設けるもので、先ほど3条予算で御説明しました水道メーター器の新品購入となりますので、こちらに組み替えるものでございます。


 なお、資本的収入額が資本的支出額に不足いたします額、表紙の裏の括弧書きです。第3条のところですが、1億6,721万6,000円を1億7,105万5,000円に変更するものでございます。


 以上で水道事業会計補正予算(第2号)の説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第91号、平成22年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について、総務課長の説明を求めます。


 前田総務課長。


○総務課長(前田 順一君) それでは、平成22年度一般会計歳入歳出決算書について御説明を申し上げます。


 議会の方から要点の方だけで、長々としゃべることではないということで指摘を受けておりますので、少し割愛させていただきます。


 8ページをお開きください。歳入ですが、普通にいきますと、款項で説明を申し上げたいというふうに考えております。それと、収入済み額、不納欠損額、収入未済額ということでさせていただきます。


 款の1、町税、項の1、町民税、1、個人、5億2,906万4,963円の収入済み額に対して不納欠損額22万5,991円、収入未済額が3,130万8,619円でございます。内訳として、現年課税の収入未済額は783万7,015円で222件であります。2の滞納繰越分ですが、不納欠損額22万5,991円は6件分でございます。2,347万1,604円の収入未済額は625件分でございます。2の法人の収入済み額1億1,067万830円、不納欠損額3万5,770円、収入未済額93万6,100円につきましては、現年課税分が、収入未済額が66万5,300円の11件分でございます。2の滞納繰越分につきましては、不納欠損額3万5,770円は1件分、収入未済額27万800円は6件分でございます。


 項の2、固定資産税、1、固定資産税9億9,527万1,657円、62万784円、9,404万3,667円。1、現年課税分の不納欠損額25万900円は9件分でございます。収入未済額2,245万4,586円は356件分でございます。2の滞納繰越分の不納欠損額36万9,884円は5件分でございます。収入未済額は7,158万9,081円、944件分でございます。


 3、軽自動車税、1、軽自動車税4,993万6,517円、7万2,200円、347万4,213円。現年課税分として、不納欠損額7,200円は1件分でございます。収入未済額111万6,500円は170件分でございます。滞納繰越分、不納欠損額6万5,000円は6件分、収入未済額235万7,713円は351件でございます。


 項の4、町たばこ税1億483万4,420円。


 款の2、地方譲与税、1、地方揮発油譲与税につきましては3,568万3,000円の収入、2の自動車重量譲与税につきましては8,556万1,000円でございます。はぐっていただきまして、項の3、地方道路譲与税につきましては85円。


 3、利子割交付金につきましては717万2,000円。


 款の4、配当割交付金につきましては217万4,000円。


 5、株式等譲渡所得割交付金は111万5,000円。


 款の6、地方消費税交付金につきましては1億7,104万3,000円。


 款の7、ゴルフ場利用税交付金につきましては206万5,875円。


 款の8、自動車取得税交付金の自動車取得税交付金につきましては2,956万4,000円、旧法によるものはございません。


 款の9、交通安全対策特別交付金270万円。


 款の10、地方特例交付金、1、地方特例交付金につきましては2,860万6,000円、特別交付金についてはありません。


 款の11、地方交付税につきましては41億100万6,000円。


 款の12、分担金及び負担金、項の1、負担金1億916万8,114円。収入未済額が910万6,748円ですが、これは、1の民生費負担金が910万6,748円の収入未済額となっております。これは保育料で、現年が237万3,095円で24人分、過年分が673万3,653円で86人分でございます。項の2、分担金8万5,275円。


 款の13、使用料及び手数料、項の1、使用料1億3,894万7,666円、不納欠損額6万7,600円、収入未済額1,591万3,327円につきましては、目の6、土木使用料、収入未済額1,586万3,367円は公営住宅の使用料でございますが、77人分でございます。それから、目の7、教育使用料で、不納欠損額6万7,600円、幼稚園の使用料で1人分でございます。そしてまた、収入未済額の4万9,960円についても1人分でございます。項の2、手数料2,390万8,360円。


 款の14、国庫支出金、1、国庫負担金につきましては4億4,600万151円、項の2、国庫補助金につきましては6億1,976万3,744円。はぐっていただきまして、項の3、委託金につきましては929万8,744円。


 款の15、県支出金、項の1、県負担金につきましては2億3,648万7,518円、項の2、県補助金につきましては4億8,491万9,132円。それから、はぐっていただきまして、項の3、委託金につきましては6,517万3,130円。


 款の16、財産収入、項の1、財産運用収入につきましては898万8,841円、項の2、財産売払収入につきましては202万6,759円。


 款の17、寄附金、項の1、寄附金510万2,000円。


 款の18、項の1、基金繰入金1,240万6,098円。はぐっていただきまして、項の2、老人保健特別会計繰入金3万5,874円、項の3、下水道事業特別会計繰入金1,993万円、項の4、農業集落排水事業特別会計繰入金626万4,000円、5、財産区繰入金についてはございません。項の6、介護保険特別会計繰入金515万7,016円。


 款の19、繰越金につきましては2億5,321万5,486円。


 款の20、諸収入、1、延滞金、加算金及び過料につきましては232万7,082円。それから、項の2、町預金利子が61万6,332円。項の3、貸付金元利収入が1億558万7,746円の収入未済額が146万4,344円でございますが、これは、3の奨学金貸付金元利収入89万460円、4人分、それから大学入学資金貸付金元利収入57万3,884円、1の大学入学資金の貸付金元利収入が23万9,884円が2人、林原育英奨学金貸付金元金収入が33万4,000円でございます。そして、項の4、雑入が1億2,877万7,338円、不納欠損額が33万3,206円、収入未済額が9,400円でございます。目の2の雑入でございますが、不納欠損額33万3,206円につきましては2件でございます。町道梅田選果場線視距改良工事、社団法人日本農村情報システム協会に係るものでございます。収入未済額の9,400円につきましては2件で、水道使用料の支払い督促申し立て費用の請求に係るものでございます。


 款の21、町債、項の1、町債15億9,262万4,000円でございます。


 歳入合計でございますが、予算額118億3,560万7,551円に対して収入済み額105億3,665万7,853円、不納欠損額135万5,551円、収入未済額1億5,625万6,418円であります。


 歳出の方の説明をさせていただきます。これは30万円以上について、不用額については御説明申し上げます。


 款の1、議会費、項の1、議会費、支出済み額1億389万4,827円。


 款の2、総務費、項の1、総務管理費17億6,992万3,215円、繰越明許費5,042万5,605円でございますが、ずっとはぐっていただきまして、目の2の関西事務所活動運営費、14、使用料及び賃借料の65万7,610円の不用額ですが、人事異動に備えまして、家賃、敷金、礼金等を計上していたもので、これが不要になったということでございます。


 はぐっていただきまして、8の企画費ですが、繰越明許費が53万5,605円ございますが、これは次のページの備品購入費として、公的個人認証システムの更新事業に係るものでございます。


 それから、はぐっていただきまして、目の13、諸費でございますが、報償費の40万6,045円の不用額ですが、成人式の記念品35万9,080円が主なものでございます。17の公有財産購入費981万9,500円の不用額につきましては、きらり団地の定期借地権の契約の延期に係るものでございます。また、負担金補助及び交付金の67万6,405円は、広域連合の精算による返納金38万5,000円、また未来中心の負担金の精算による返納16万2,605円、部落自治振興補助金11万6,000円の減が主なものでございます。目の14の新庁舎建設費につきましては4,989万円の繰越明許費を上げておりますが、基本設計委託料に係るものでございます。


 項の2、徴税費1億5,881万9,678円。項の3、戸籍住民登録費2,873万4,528円。項の4、選挙費につきましては1,824万8,194円。項の5、統計調査費1,406万9,828円。項の6、監査委員費129万3,012円。7、地域活性化交付金事業費750万7,545円。繰越明許費1億7,388万660円につきましては、目の1、きめ細かな交付金事業費が1億2,706万円、これは年度末の交付決定に係るものでございます。そしてこれも同じくでございますが、住民生活に光をそそぐ交付金事業費として4,682万660円を繰り越しております。項の8、地域活性化・経済危機対策費3,481万4,800円。15、工事請負費の繰越明許費の70万9,200円、そして備品購入費の85万5,000円につきましては、精算による残でございます。それから、9のきめ細かな臨時交付金事業の繰り越しでございますが、全体で578万4,517円の不用額となっております。需用費、委託料、工事請負、繰出金等ですが、精算による残でございます。


 款の3、民生費、項の1、社会福祉費14億1,515万9,251円。1、社会福祉総務費の28、繰出金の不用額69万4,353円につきましては、出産育児金が25万2,000円、人間ドックが40万2,995円でございます。


 はぐっていただきまして、33ページ、項の2、児童福祉費つきましては12億8,546万2,572円、繰越明許費が4億9,203万5,000円でございます。目の2の保育所運営費として繰越明許費4億9,203万5,000円でございますが、これは、八橋認定こども園の新築事業に係る事業費でございます。それから、7番の賃金で39万4,619円が不用額になっておりますが、9園のパート職員に係るものでございます。また、11、需用費は121万5,939円の不用額ですが、燃料費が46万5,820円、食糧費が23万1,302円、光熱水費が43万4,385円。それから、12、役務費につきましては39万3,578万の不用額ですが、手数料の減30万6,688円が主なものでございます。


 それから次が、款の4、衛生費、項の1、保健衛生費1億9,898万1,417円で、1の保健衛生総務費の職員手当等31万6,407円の不用額ですが、時間外手当30万19円が主なものでございます。


 はぐっていただきまして、項の2、清掃費2億6,208万8,042円。項の3、上水道費につきましては1,720万3,324円。繰越明許費が3,400万円でございますが、これは目の1の上水道費の中の繰出金でございます。水道施設中央監視設備整備事業に係るものでございます。


 款の5、農林水産業費、項の1、農業費7億2,761万3,511円、繰越明許費が1,027万7,553円でございます。そして38ページの5の農地費ですが、繰越明許費が1,027万7,553円入っておりますが、これは、次のページの19、負担金補助及び交付金でございます。県営畑総に係るものが517万4,798円、県営広域農道に係るものが510万2,755円でございます。


 それから、項の2、林業費6,303万5,790円。繰越明許費が4,800万円ですが、これは目の2の林業振興費の19、負担金補助及び交付金で4,800万円ですが、緑の産業再生プロジェクト事業の補助金に係るものでございます。項の3、水産業費267万197円。


 款の6、商工費、項の1、商工費2億8,267万400円。42ページですが、5の地域振興費の11、需用費44万6,305円の不用額でございますが、風の丘の修理費の減26万3,725円が主なものでございます。目の6、緊急雇用創出費の不用額、14、使用料及び賃借料の33万8,937円の不用額ですが、借り上げ料の減でございます。


 款の7、土木費、項の1、土木管理費2,531万5,083円、繰越明許費539万7,000円、不用額186万2,917円で、これにつきましては目の1、土木総務費に539万7,000円の繰り越しがありますが、これは19、負担金補助及び交付金で、公文、朝日町、釛、古長地区の急傾斜地崩壊対策事業の負担金に係るものでございます。目の1、土木総務費の繰越明許費につきましては、不用額119万8,608円は事業費の減額によるものでございます。


 項の2、道路橋梁費4億5,780万5,684円、繰越明許費4億1,863万5,600円、不用額533万6,716円ですが、1、道路維持費の11、需用費、不用額42万2,028円は光熱水費の34万4,308円が主なものでございますし、15の工事請負費の70万200円の不用額は精算によるものでございます。それから、2の道路新設改良費の繰越明許費4億1,863万5,600円につきましては、物産館ことうらに係るものと、それから町道金屋市内線道路工事ほかに係るものでございます。15の工事請負費についてだけが2つに分かれておりますが、それ以外はことうら物産館に係るもので、15、工事請負費の繰越明許費3億9,482万6,700円は、町道金屋市内線道路工事ほか2件が4,456万8,000円、そして物産館ことうらについてが3億5,025万8,700円でございます。目の2、道路新設改良費、繰越明許費ですが、13の委託料、15の工事請負費、19の負担金補助につきましては精算による残でございます。3の除雪対策費の11、需用費の30万8,590円の不用額につきましては、修繕料20万8,644円が主なものでございます。


 3、河川費17万4,359円。項の4、港湾費、1,603万4,112円、繰越明許費が112万4,400円、これにつきましては、一番下段の19、負担金補助及び交付金、港湾改修地元負担金でございます。項の5、都市計画費3億9,313万4,957円。項の6、住宅費1億6,449万137円、繰越明許費が1,054万円でございます。これにつきましては、2の住宅建設費の方でございますが、13の委託料33万円、繰越明許費でございますが、15の工事請負費1,006万円、22、補償補てん及び賠償金15万円につきましては、町営住宅八幡団地改修工事に係るものでございます。また、15、工事請負費の不用額39万350円につきましては精算によるものでございます。


 款の8、消防費、項の1、消防費3億2,952万963円、繰越明許費3,643万1,000円、不用額1,236万7,037円。1、常備消防費ですが、繰越明許費が237万円ございます。これは消防局のはしご車を購入するものでございまして、不用額が828万3,000円になっておりますが、広域連合の負担金でございますが、繰越明許費等の調整をするときに減額の補正を忘れたものでございます。おわびを申し上げます。


 それから、はぐっていただきまして、目の3の消防施設費の13、委託料75万円、15、工事請負費1,230万円の繰越明許につきましては防災備蓄倉庫に係るものでございますし、18の備品購入費の2,101万1,000円の繰り越しにつきましては第3分団のポンプ車に係るものでございます。また、13、委託料の不用額70万4,180円につきましては、J−ALERTの設計委託料が不要となったための残でございます。目の3、消防施設費、繰越明許費に係るものですが、18、備品購入費として262万5,000円の不用額です。J−ALERTに係る入札減でございます。


 款の9、教育費、項の1、教育総務費1億408万9,758円。そして項の2、小学校費9,089万8,452円、繰越明許費が1,170万円で、これにつきましては、2の教育振興費ですが、11、需用費1,170万円です。教科書改訂に伴う教師用教科書の指導書に係るものでございます。項の3、中学校費2億6,521万685円。2,934万3,000円の繰越明許費でございますが、これは次のページの1の学校管理費であります。13の委託料208万7,000円、15、工事請負費2,725万6,000円ですが、東伯中学校プール改築工事に係るものでございます。そして11、需用費の34万8,517円の不用額は燃料費30万512円が主なものでございますし、15、工事請負費に係る38万4,000円の不用額については水中ポンプに係るものの不用額でございます。項の4、幼稚園費3,328万8,652円。項の5、社会教育費2億2,371万9,218円。51ページの5の生涯学習センター運営費の11、需用費45万8,119円の不用額でございますが、光熱水費が25万1,928円、修繕料が11万4,574円でございます。はぐっていただきまして、項の6、保健体育費1億4,296万9,004円。54ページの目の3、体育施設費の7、賃金35万323円は臨時職員の不用額です。11、需用費の39万6,143円は、修繕料の22万9,978円が主なものでございます。


 款の10、災害復旧費、項の1、農林水産業災害復旧費122万7,245円、繰越明許費が1,466万4,000円でございますが、これにつきましては、目の2の現年発生農業用施設災害復旧費として11、需用費で13万4,000円、役務費が3万円、15、工事請負費1,450万円を繰り越したものでございます。これは小田股ダムの復旧に係る工事費が500万円と船上山ダムの復旧工事に係るものが950万円でございます。項の2、豪雪災害復旧費751万8,040円。繰越明許費が5,428万3,000円でございますが、これは、1の豪雪災害復旧費ですが、19、負担金補助及び交付金5,428万3,000円でございます。正月明けの雪害対策に係るもので、ハウスに係るものが4,786万8,000円、漁船に係るものが641万5,000円でございます。項の3、地震災害復旧費42万526円、繰越明許費が150万円でございますが、これは11、需用費で50万円、東日本大震災の関係で、受け入れ用として50万円、町営住宅修繕料を繰り越しておりますし、同じく扶助費として100万円を被災者のためとして繰り越したものでございます。11、需用費の62万9,474円の不用額につきましては、消耗品の減、62万7,098円が主なものでございます。


 款の11、公債費、項の1、公債費14億373万3,288円。款の12、諸支出金、項の1、諸費976万2,833円。13、予備費、予算額7,227万2,000円については使用しておりません。


 歳出合計ですが、予算現計額は118億3,560万7,551円に対して支出済み額が102億3,580万7,610円、繰越明許費が13億9,223万6,818円、不用額が2億756万3,123円でございました。


 はぐっていただきまして、平成22年度琴浦町一般会計実質収支に関する調書でございますが、1の歳入総額が105億3,665万7,853円、2の歳出総額は102億3,580万7,610円、3、歳入歳出差し引き額は3億85万243円、うち4として翌年度へ繰り越すべき財源として、(2)の繰越明許費繰越額として1億1,292万3,546円でございます。5の実質収支額は1億8,792万6,697円、6の実質収支額のうち地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額はありませんでした。


 以上をもちまして、一般会計の歳入歳出決算書の説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 暫時休憩いたします。一応これで午前中を終わりまして、午後1時から再開したいと思います。


               午前11時36分休憩


      ───────────────────────────────


               午後 1時00分再開


○議長(川本正一郎君) 休憩前に引き続き会議を再開します。


 続いて、議案第92号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 山本町民生活課長。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 まず、歳出の方から説明をさせていただきます。10ページをお開きください。説明は、項を中心に、それから支出済み額と不用額、なお、不用額につきましては額の大きいものについて説明をさせていただきます。


 款1、総務費、項1、総務管理費でありますが、支出済み額5,553万6,218円、不用額114万8,782円ですが、これは実績によるものであります。2、徴税費はありません。3、運営協議会費でありますが、6万7,770円で、11万5,230円の不用額であります。


 次に、款2、保険給付費、項1、療養諸費でありますが、13億8,617万370円で、3,105万2,630円の不用額であります。これにつきましても実績によるものであります。


 はぐっていただきまして、11ページであります。2の高額療養費でありますが、1億6,041万7,734円、128万2,266円の不用額となっております。これも実績によるものであります。3の出産育児諸費でありますが、出産育児一時金は24人分で1,005万円で、45万円の不用額であります。これは見込みよりも少なかったものであります。4の葬祭諸費でありますが、葬祭費は31人分で62万円、18万円の不用額であります。5の移送費はありません。6の高額介護合算療養費でありますが、33万1,191円、退職被保険者療養給付費より3万1,191円を流用させていただいております。これにつきましては予算現額に不足が生じたことによるものであります。


 12ページでありますが、款3、後期高齢者支援金等、項1、後期高齢者支援金等でありますが、2億4,319万9,119円で、1万8,881円の不用額であります。


 次に、款4、前期高齢者納付金等、項1、前期高齢者納付金等でありますが、42万2,891円で、不用額は2万109円であります。


 次に、款5、老人保健拠出金、項1、老人保健拠出金でありますが、299万4,926円で、不用額は1,074円であります。


 次に、款6、介護納付金、項1、介護納付金でありますが、1億1,448万9,669円で、331円の不用額であります。


 次に、款7、共同事業拠出金、項1、共同事業拠出金であります。これは80万円以上の高額医療費を補てんする共同事業の高額医療費共同事業拠出金と30万円以上の医療費の共同事業の保険財政共同安定化事業拠出金が主であります。支出済み額が3億91万9,346円で、2,654円の不用額となっております。


 はぐっていただきまして、13ページであります。款8、保健事業費、項1、保健事業費でありますが、1,036万5,207円、44万4,793円の不用額であります。これは主に特定健康診査の実績によるものであります。2の人間ドック事業でありますが、これは40歳から70歳までの5歳刻みの年齢の被保険者を対象に実施したものでありまして、60人分で171万8,476円、58万524円の不用額であります。これにつきましては見込みより受診者が少なかったことによるものであります。


 次に、款9、諸支出金、項1、還付金でありますが、216万6,544円で、43万3,456円の不用額であります。過年度分といたしまして71件分を支払っております。2、還付加算金はありません。


 14ページであります。3、諸費でありますが、国庫支出金等返納金212万7,057円で、1,943円の不用額であります。これにつきましては、平成21年度精算分といたしまして、療養給付費負担金などを返納したものであります。


 次に、款10、基金積立金、項1、基金積立金の財政調整基金積立金でありますが、1,950万5,457円で、不用額が14万543円であります。これは繰越金のうちの2分の1相当を積み立てしたものであります。


 次に、款11、公債費と款12、予備費はありません。


 支出済み額合計で23億1,110万1,975円であります。不用額は3,791万1,025円であります。


 歳入の方に戻っていただきまして、6ページをお願いいたします。歳入につきましても項を中心に、収入済み額、収入未済額で主なものについて説明をさせていただきます。


 款1、国民健康保険税、項1、国民健康保険税でありますが、一般被保険者国民健康保険税でありますが、4億2,206万602円、不納欠損が7人分、172件で199万7,739円、収入未済額が1億1,098万5,591円。内訳といたしましては、現年課税分が4億549万2,702円、収入未済額が2,745万7,329円、滞納繰越分につきましては1,656万7,900円、不納欠損が199万7,739円で、収入未済額が8,352万8,262円。現年分の未収につきましては1,469件分、滞納繰越分につきましては4,345件分であります。滞納被保険者等国民健康保険税でありますが、3,739万780円、収入未済額が273万8,123円。内訳でありますが、現年課税分が3,608万4,992円、収入未済額が71万4,477円、滞納繰越分につきましては130万5,788円、収入未済額が202万3,646円でありました。退職分の収入未済でありますが、現年分が90件、それから滞納繰越分につきましては243件であります。


 次に、款2、国庫支出金、項1、国庫負担金でありますが、4億8,794万1,616円であります。2の国庫補助金でありますが、1億8,329万375円であります。


 はぐっていただきまして、7ページですが、款3、療養給付費交付金、項1、療養給付費交付金でありますが、1億739万5,763円であります。


 次に、款4、使用料及び手数料はありません。


 次に、款5、前期高齢者交付金、項1、前期高齢者交付金でありますが、これにつきましては65歳から74歳までの加入者の割合が全国平均より高い保険者に対して交付金として支給されるものでありますが、3億3,291万2,686円であります。


 次に、款6、県支出金、項1、県負担金でありますが、1,443万3,309円であります。それから、2の県補助金の財政調整交付金でありますが、9,945万6,000円であります。


 次に、款7、共同事業交付金、項1、共同事業交付金でありますが、2億9,000万3,822円。


 8ページであります。款8、財産収入、項1、財産運用収入でありますが、31万7,581円、これは財政調整基金の利息であります。


 次に、款9、寄附金はありません。


 次に、款10、繰入金、項1、一般会計の繰入金ですが、2億2,549万7,647円でありまして、内訳といたしましては、基盤安定あるいは職員給与、出産育児等の法定内繰り入れが1億4,877万9,171円、人間ドック事業の繰入金が171万8,476円、財源不足の補てん分としての繰入金が7,500万円であります。それから、基金繰入金でありますが、財政調整基金繰入金で、基金からの繰入金1億円であります。


 次に、款11、諸収入、項1、延滞金、加算金及び過料でありますが、延滞金が175万8,320円で、375件分となっております。2の預金利子ですが、737円。3、受託事業収入はありません。


 9ページでありますけども、4の雑入でありますが、滞納処分費はありません。第三者納付金でありますが、3人分で69万4,700円であります。返納金でありますが、一般被保険者の返納金が45人分で60万7,326円であります。退職被保険者等の返納金はありません。雑入でありますが、21万3,407円、これは円滑導入補助金と療養費等、国が支払う一部負担金であります。


 款12、繰越金、項1、繰越金でありますが、前年度繰越金で3,849万1,840円であります。収入済み額、合計で23億4,246万6,511円となっております。不納欠損は199万7,739円で、収入未済額は1億1,372万3,714円であります。


 15ページの実質収支に関する調書を見ていただきまして、歳入総額23億4,246万6,511円、歳出総額23億1,110万1,975円、歳入歳出差し引き額は3,136万4,536円であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第93号、平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、人権・同和教育課長の説明を求めます。


 田中人権・同和教育課長。


○人権・同和教育課長(田中 肇君) そうしますと、議案第93号、平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明をさせていただきます。


 特別会計決算書の20ページをお開きいただきたいと思います。まず、歳出につきまして説明させていただきます。主に款項ということであります。


 款1、貸付事業費、項1、資金貸付事業費、支出済み額92万778円。


 款2、公債費、項1、公債費、これにつきましては、目、元金1,969万1,223円、目、利子、380万5,154円。


 款の3、予備費の支出はございません。


 款4、諸支出金、項11、繰上充用金6,824万2,162円。


 次に、19ページの歳入について説明させていただきます。


 款1、県支出金、項1、県補助金、収入済み額551万6,000円。


 款の2、諸収入、項の1、貸付金元利収入のうち、目の1、住宅新築資金貸付金元利収入であります。収入済み額1,628万2,663円、不納欠損額457万1,285円、これは1件であります。収入未済額1億288万7,755円で、内訳としましては69件であります。目の2、住宅改修資金貸付金元利収入、収入済み額28万4,457円、未済額1,374万8,730円、内訳としましては10件であります。目の3、宅地取得資金貸付金元利収入であります。収入済み額642万5,244円、収入未済額5,470万8,112円、内訳としましては46件であります。款2の雑入はございません。


 款4、繰入金、項1、繰入金、目の1、一般会計繰入金であります。収入済み額が781万8,104円であります。これは貸付金の不納欠損処理に伴う町負担相当分であります。


 21ページをごらんください。特別会計の実質収支でありますが、歳入総額3,632万6,468円、歳出総額9,265万9,317円で、歳入歳出の差し引き5,633万2,849円の赤字であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 次に、議案第94号、平成22年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 山本町民生活課長。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成22年度琴浦町老人保健特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。27ページをお開きください。説明は、款項を中心に、支出済み額、不用額、なお、不用額につきましては額の大きいものについて説明をさせていただきます。


 初めに、款1、医療諸費、項1、医療諸費でありますが、19万9,630円、不用額は36万2,370円となっております。


 次に、款2、諸支出金、項1、医療費還付金はありません。2の繰出金、一般会計繰出金でありますが、これは21年度の精算に伴うもので、3万5,874円、不用額は126円であります。3の諸費でありますが国県支出金等返納金3万8,147円で、不用額は853円であります。これは医療費交付金で、基金に21年度の精算に伴って返納しております。予備費はありません。


 支出済み額の合計が27万3,651円となっております。不用額は36万9,349円でありました。


 歳入の方でありますが、25ページをお願いします。これにつきましても款項を中心に説明させていただきます。


 款1、支払い基金交付金、項1、支払い基金交付金でありますが、5,336円となっております。


 次に、款2、国庫支出金、項1、国庫負担金でありますが、医療費負担金が5万8,948円であります。


 次に、款3、県支出金、項1、県負担金でありますが、医療費負担金で1万4,737円となっております。


 次に、款4、繰入金、項1、一般会計繰入金でありますが、町費負担分でありますが、900円であります。


 次に、款5、繰越金はありません。


 次に、款6、諸収入、項1、延滞金及び加算金はありません。


 はぐっていただきまして26ページ、2の雑入の第三者納付金はありません。返納金は19万3,730円でありますが、国保連からの過誤調整に係る費用の返納金であります。


 収入済み額の合計は27万3,651円でありました。


 28ページの実質収支に関する調書でありますが、歳入総額27万3,651円、歳出総額27万3,651円で、歳入歳出差し引き額はゼロ円であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第95号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定と議案第96号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定の2件について、上下水道課長の説明を求めます。


 松田上下水道課長。


○上下水道課長(松田 稔君) それでは、議案第95号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 34ページをお開きください。まず、歳出から御説明いたします。項目、支出済み額、不用額の順で説明させていただきます。


 項1、処理施設費、支出済み額6,735万8,463円、不用額147万2,537円でございます。目1、施設整備事業費でありますが、支出済み額5,653万962円、不用額57万38円でございます。不用額の主なものといたしまして、節11、需用費、不用額30万366円であり、これは処理施設等の光熱水費、主に電気代であります。精査による減であります。節12、役務費、不用額15万872円、通信運搬費等の精査による減でございます。施設整備事業費、繰越明許分は支出済み額1,082万7,501円、不用額90万2,499円であります。内訳としまして、節15、工事請負費、繰越明許において不用額85万9,150円、最終年度でありましたので、事業精査により不要となりました。


 続きまして、公債費のうち元金、支出済み額1億3,217万3,767円、不用額233円であります。また、利子におきまして、支出済み額7,188万7,487円、不用額10万1,513円、一時借入金を使用しなかったものが主な理由であります。


 歳出の支出済み額合計2億7,141万9,717円、不用額は157万4,283円でございます。


 32ページに返っていただきまして、歳入でありますが、まず、目1、農林水産業費分担金であります。収入済み額638万円であります。これは農業集落排水の分担金として64件分であります。収入未済額232万円、40件分で、内訳としまして、過年度分25件、145万円であります。22年度、当年度分ですが、15件、87万円であります。


 次に、農林水産業費、使用料であります。収入済み額4,295万877円であります。これは911件分であります。収入未済額289万9,625円で、99件分であります。内訳としまして、過年度分75件、224万4,236円、当年度分24件、65万5,389円であります。


 続きまして、項1、国庫補助金であります。収入済み額1,968万5,000円でありまして、国からの低コスト農業集落排水施設更新支援事業1,600万円と汚水処理施設整備交付金繰越明許費368万5,000円であります。


 一般会計繰入金は1億9,697万3,000円であります。項1、繰入金の収入済み額259万1,625円、これは前年度繰越金の194万6,625円と繰越明許64万5,000円であります。なお、雑入はございません。


 はぐっていただきまして33ページ、町債であります。収入済み額650万円、これは農業債の繰越明許でございます。


 歳入合計、収入済み額2億7,508万502円、収入未済額521万9,625円であります。


 35ページをお願いします。平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計実質収支に関する調書であります。1、歳入総額2億7,508万502円、2、歳出総額2億7,141万9,717円、3、歳入歳出差し引き額366万785円、よって、5、実質収支額も同じく同金額であります。


 以上で集落排水の決算認定の説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案第96号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明を申し上げます。


 41ページをお開きください。まず、歳出から御説明いたします。


 目1、下水道整備費でありますが、支出済み額7億216万7,726円、これは下水道工事、一般会計への繰出金、水道管移設補償費、委託料等でございます。不用額55万3,274円。10万円以上のものとしまして、節7、賃金、臨職の給料であります。16万2,762円。そして11、需用費、消耗品や燃料費であります。15万2,163円。また、15、工事請負費の12万2,250円は、いずれも精査によるものでございます。整備費の繰越明許でありますが、支出済み額892万9,016円、これは下水道工事及び事務費であります。


 次に、目2、下水道維持管理費でございます。支出済み額5,920万2,998円、これは浄化センター及び管渠等の維持管理でございます。不用額は88万2,002円。主な不用額の内訳は、11、需用費の58万9,766円であります。処理施設等の光熱水費、電気代等が主であります。精査によるものでございます。12、役務費の不用額14万6,405円はマンホールポンプ等の通報装置の手数料の精査、13、委託料で11万17円の不用額は汚泥処理費の精査によるものでございます。維持管理費の繰越明許費では、11、需用費の修繕料としまして、東伯浄化センターの曝気機分解修理代が安く上がりましたので、147万円の不用額が生じました。


 はぐっていただきまして、42ページの公債費です。目1、元金でありますが、支出済み額1億7,944万7,125円であります。2の利子におきましては、支出済み額1億1,595万4,671円、不用額は30万329円であります。一時借入金利子30万円を予定いたしましたが、利用しなかった関係が主な理由でございます。


 歳出合計、支出済み額10億6,790万6,536円、不用額321万8,464円、翌年度繰越明許2,243万円であります。


 39ページに返っていただきまして、歳入を御説明いたします。


 目1、下水道費負担金であります。収入済み額5,483万4,947円であります。これは下水道負担金461件分であります。収入未済額3,082万7,553円、527件分でありまして、内訳としまして、過年度分422件、2,476万6,553円、当年度分の105件、606万1,000円であります。


 次に、下水道使用料でありますが、収入済み額1億575万3,679円であります。これは2,083件分であります。収入未済額626万8,191円で、213件分であります。内訳としまして、過年度分129件、407万6,689円、当年度分84件、219万1,502円であります。


 続きまして、手数料でありますが、収入済み額1万5,000円、これは排水設備指定工事店申請手数料3件分であります。


 項1、国庫補助金のうち目1、事業費国庫補助金でありますが、収入済み額2億3,161万円であります。国からの下水道補助金であります。また、繰越明許が445万円ございます。


 目1、一般会計繰入金3億6,375万2,000円であります。繰越明許はきめ細かな臨時交付金220万5,000円ございます。


 項1、繰越金でありますが、901万1,659円、これは前年度の繰越金842万1,659円と、はぐっていただきまして繰越明許の前年度繰越金59万円ございます。雑入638万2,052円、これは主に消費税還付金でございます。


 町債、目1、下水道事業債であります。収入済み額2億9,810万円、繰越明許の390万円であります。


 歳入合計、歳入済み額10億8,001万4,337円で、収入未済額3,709万5,744円であります。


 43ページの実質収支に関する調書でありますが、1、歳入総額10億8,001万4,337円、2、歳出総額10億6,790万6,536円、3、歳入歳出差し引き額1,210万7,801円であります。4、翌年度へ繰り越すべき財源のうち繰越明許費144万円、差し引き、5、実質収支額1,066万7,801円でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第97号、平成22年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、健康福祉課長の説明を求めます。


 小塩健康福祉課長。


○健康福祉課長(小塩 久志君) そういたしますと、議案第97号、平成22年度介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明させていただきます。


 歳出の方から説明させていただきます。52ページをお開きください。項ごとの説明とさせていただきたいと思いますし、不用額の多額のものについて詳細を説明させていただきます。


 款1、総務費、項1、総務管理費5,563万7,963円、48万9,037円の不用額です。項2、徴収費69万2,640円、5,360円の不用額です。53ページの項3、介護認定審査会費647万782円、11万5,218円の不用額です。項4、計画策定委員会費33万9,000円、2万6,000円の不用額であります。5、包括支援センター運営協議会費2万8,000円、6,000円の不用額です。


 次に、款2、保険給付費、項1、介護サービス等諸費18億778万1,210円、不用額1,656万7,790円。これにつきましては、要介護認定者、要介護1から5の方の施設サービス、居宅サービスの費用でございますが、ことしの1月、2月の豪雪によりまして、サービスの利用がその分少なかったということで、これだけの不用額が出ております。


 はぐっていただきまして、54ページ、項2、介護予防サービス等諸費9,065万3,072円、288万7,928円の不用額です。これにつきましても要介護1から5の方と同様に、豪雪によるサービスが少なかったということですけども、これにつきましては要支援の1、2の方の在宅サービスの費用でございます。項3、その他諸費353万2,712円、4万7,288円の不用額。4、高額介護サービス等費3,841万6,899円、219万9,101円の不用額。これにつきましては、高額介護、高額医療の合算によりまして、高額を支払われた方に対しての償還払いの費用でございますが、見込みより実績が少なかったということでございます。項5、特定入所者介護サービス等費6,151万9,130円、不用額54万1,870円。


 款3、地域支援事業費、項1、介護予防事業費3,354万3,959円、48万1,041円の不用額です。55ページですが、項2、包括的支援事業・任意事業費233万5,528円、49万1,472円の不用額です。


 款4、基金積立金、1、基金積立金7万3,846円、12万7,154円の不用額です。


 次に、款5、公債費、1、公債費についてはありません。


 款6、諸支出金、1、償還金及び還付加算金251万1,969円、23万4,031円の不用額です。


 はぐっていただきまして、56ページ、繰出金515万7,016円、1,984円の不用額であります。


 款7、予備費、1、予備費、これは支出はございません。


 歳出合計21億869万3,726円、不用額2,490万8,274円であります。


 戻っていただきまして、49ページをお願いします。歳入ですけども、これも項ごとに説明をさせていただきます。


 款1、保険料、項1、介護保険料3億485万5,650円、不納欠損額6万3,800円、収入未済額949万3,613円。内訳としまして、現年度の特別徴収分は収入額が2億9,025万5,600円、収入未済額はございません。現年度普通徴収保険料が、収入額が1,392万800円、収入未済額が242万1,000円、これは64件分であります。次に、滞納繰越分普通徴収保険料ですけども、収入済み額が62万9,250円、不納欠損額が6万3,800円、これは3件分であります。本人死亡とか相続者不明というものでございます。次の収入未済額が707万2,613円、これは194件分、平成15年から21年までの分でございます。


 次に、款3、国庫支出金、項1、国庫負担金3億8,089万8,396円。2、国庫補助金1億7,856万111円。


 款4、支払い基金交付金、1、支払い基金交付金6億2,284万1,475円。


 はぐっていただきまして、50ページ、款5、県支出金、項1、県負担金2億9,102万6,240円。2、県補助金894万2,655円。


 款6、財産収入、項1、財産運用収入7万3,846円。


 款7、繰入金、項1、一般会計繰入金3億324万5,000円。51ページ、項2、基金繰入金1,554万1,794円。項3、財政安定化基金繰入金1,736万円。


 款8、繰越金、項1、繰越金1,511万7,360円。


 款9、諸収入、項1、延滞金、加算金及び過料1万4,800円。2、雑入406万6,071円。


 歳入合計21億4,249万3,398円、不納欠損額6万3,800円、収入未済額949万3,813円。


 57ページをお開きください。実質収支に関する調書です。歳入総額21億4,249万3,398円、歳出総額21億869万3,726円、差し引き3,379万9,672円、実質収支額も同額であります。


 以上で説明を終わります。


○議長(川本正一郎君) 次に、議案第98号、平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 山本町民生活課長。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、議案第98号、平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計の歳入歳出決算について説明をさせていただきます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。63ページをお願いします。説明につきましては、款項を中心に、支出済み額と不用額、なお、不用額につきましては額の大きいものにつきまして説明をさせていただきます。


 初めに、款1、総務費、項1、総務管理費でありますが、450万3,874円、不用額は67万1,126円となっております。これにつきましては実績によるものであります。項2、徴収費でありますが、40万9,135円で、不用額は29万7,865円となっております。


 次に、款2、後期高齢者医療広域連合納付金、項1、後期高齢者医療広域連合納付金1億8,763万9,014円、不用額は70万9,986円となっております。これは実績によるものであります。


 款3、諸支出金、項1、還付金及び還付加算金でありますが、7万8,900円で、52万2,100円の不用額であります。これにつきましても実績によるものであります。保険料還付金は11人分であります。2の繰出金はありません。


 支出済み額の合計が1億9,263万923円となっております。不用額の合計は220万4,077円でありました。


 歳入の方に戻っていただきまして、61ページをお開きください。これにつきましても款項を中心に説明させていただきます。


 款1、後期高齢者医療保険料、項1、後期高齢者医療保険料でありますが、特別徴収保険料現年分ですが、2,912人で9,311万1,000円となっております。普通徴収保険料現年分でありますが、3,553万1,100円、収入未済額は78万5,300円となっております。滞納繰越分でありますが、15人分で21万1,000円、これに対しまして、収入未済額は10人分で43万7,300円であります。


 次に、款2、使用料及び手数料はありません。


 次ですが、款3、繰入金、項1、一般会計繰入金でありますが、保険基盤安定繰入金が主であります。これにつきましては、低所得者等に係る保険料の軽減分について、公費補てんの措置を行うものでありますが、6,036万3,627円であります。


 次に、款4、諸収入、項1、延滞金、加算金及び過料であります。延滞金が7,500円で4件分であります。2の償還金及び還付加算金で、保険料還付金は7万8,900円であります。これは広域連合からの保険料還付金で、12人分であります。


 はぐっていただきまして、62ページですが、3の預金利子はありません。5の雑入でありますが、滞納処分費はありません。雑入は48万5,344円であります。これは人間ドックに係る補助金であります。次に、6の受託事業収入は、後期高齢者医療の健康診査委託料ということで広域連合から受託するものでありますが、298万3,352円であります。


 款の5、繰越金、項1、繰越金であります。前年度繰越金ですが、8万7,000円であります。


 収入済み額の合計が1億9,264万7,823円であります。収入未済額の合計は78万5,300円であります。


 65ページですけども、実質収支に関する調書でありますが、歳入総額1億9,264万7,823円、歳出総額1億9,263万923円、歳入歳出の差し引き額は1万6,900円でありました。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第99号から議案第106号までの8議案について、総務課長の説明を求めます。


 前田総務課長。


○総務課長(前田 順一君) それでは、各財産区の決算について御説明を申し上げます。


 東伯地区につきましては動きがございませんので、一番最後を見ていただきたいと思います。


 まず初めに、八橋財産区特別会計でございますが、71ページでございます。歳入総額2万2,847円、歳出総額ゼロ、歳入歳出差し引き額2万2,847円、実質収支額2万2,847円です。


 続きまして、浦安財産区でございますが、77ページをお開きください。歳入総額1万941円、歳出総額なし、歳入歳出差し引き額1万941円、実質収支額1万941円でございます。


 続きまして、下郷財産区特別会計歳入歳出決算書ですが、83ページをお開きください。歳入総額180円、歳出総額なし、歳入歳出差し引き額180円、実質収支額180円でございます。


 続きまして、上郷財産区でございますが、89ページをお願いいたします。歳入歳出ともございません。


 続きまして、古布庄財産区特別会計でございますが、95ページをお開きください。歳入総額376円、歳出総額はありません。歳入歳出差し引き額376円、実質収支額376円でございます。


 続きまして、赤碕財産区特別会計でございますが、99ページをお開きください。平成22年度の財産区ですが、款の1、財産収入、項の1、財産運用収入が26万6,209円、項の2、財産売払収入106万円、款の2、繰越金、項の1、繰越金1,996万6,444円、3、諸収入、1、雑入が5万円、2、財産区預金利子が3万922円で、歳入合計が2,137万3,575円であります。


 はぐっていただきまして、100ページですが、歳出です。款の1、財産区管理会費、項の1、管理会費が71万6,307円の支出です。款の2の予備費につきましては、1,588万2,000円の予算ですが、支出はございません。歳出合計が71万6,307円というふうになっております。


 101ページの実質収支に関する調書でございますが、歳入総額2,137万3,575円、歳出総額71万6,307円、歳入歳出差し引き額2,065万7,268円、実質収支額2,065万7,268円でございます。


 続きまして、成美財産区です。105ページをお開きください。歳入ですが、款の1、財産収入、項の1、財産運用収入が3,000円、款の2、繰越金、1、繰越金が326万2,018円、3、諸収入、1、雑入はありません。2、財産区預金利子は7,366円で、歳入合計が327万2,384円であります。


 106ページの歳出ですが、1、財産区管理会費、項の1、管理会費20万3,000円の支出、予備費は支出がございません。歳出合計が20万3,000円でございます。


 107ページの実質収支ですが、歳入総額327万2,384円、歳出総額は20万3,000円、歳入歳出差し引き額は306万9,384円、実質収支額が306万9,384円であります。


 続きまして、安田財産区でございます。111ページです。歳入ですが、1、財産収入、項の1、財産運用収入41万3,002円、2、財産売払収入はありません。款の2、繰越金、項の1、繰越金1,155万280円、3、諸収入、1、雑入が11万3,985円、2、財産区預金利子が2万8,366円、歳入合計が1,210万5,633円であります。


 歳出ですが、112ページ、款の1、財産区管理会費、1、管理会費81万4,134円の支出でございます。予備費の支出はございません。歳出合計が81万4,134円です。


 113ページの実質収支に関する調書ですが、歳入総額が1,210万5,633円、歳出総額は81万4,134円、歳入歳出差し引き額は1,129万1,499円、実質収支額は1,129万1,499円でございます。


 以上で終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第107号、平成22年度琴浦町水道事業会計決算認定について、上下水道課長の説明を求めます。


 松田上下水道課長。


○上下水道課長(松田 稔君) それでは、議案第107号、平成22年度琴浦町水道事業会計決算認定について、決算報告書により御説明いたします。


 1ページをお願いいたします。(1)収益的収入及び支出の収入から御説明いたします。第1款水道事業収益、決算額2億7,765万2,050円、うち仮受け消費税1,272万6,895円でございます。内訳としまして、営業収益2億7,419万5,153円、うち仮受け消費税1,271万7,680円でございます。営業外収益としまして345万6,897円、うち仮受け消費税9,215円であります。特に営業収益が予算額に比べ決算額の増は、8月、9月の猛暑と1月の豪雪、寒波で水道使用料収益の増によるものでございます。特別収益はございません。


 続きまして、支出でありますが、第1款水道事業費用、決算額2億4,029万5,227円、うち仮払い消費税258万441円でございます。内訳としまして、営業費用1億9,391万6,684円、うち仮払い消費税256万7,495円で、不用額としまして674万4,316円ございます。これは動力費、修繕費及び固定資産除却費の見込み過ぎもございました。精査による減でございます。営業外費用4,637万8,543円、うち仮払い消費税1万2,946円、不用額142万2,457円、公営企業債、市中銀行の利息返済の見込み過ぎと一時借入金40万円を使用しなかったものが主なものであります。特別損失はございませんでした。


 はぐっていただきまして、2ページ、(2)資本的収入及び支出の収入でありますが、第1款資本的収入、決算額1億4,541万647円でございます。内訳としまして、企業債8,640万円、他会計出資金3,035万9,297円、工事負担金2,865万1,350円であります。企業債、他会計出資金の予算額に比べ決算額の減額は、見込み過ぎもありましたし、繰り越しによります減額で、工事負担金は精査によるものでございます。


 続きまして、支出でありますが、第1款資本的支出、決算額2億9,431万7,895円、うち仮払い消費税955万2,679円でございます。内訳としまして、建設改良費2億60万6,289円で、不用額としまして1,616万2,711円ございました。これは工事の繰り越し及び精査によるものでございます。企業債償還金9,371万1,606円であります。不用額は5万6,394円であります。なお、翌年度繰越額は1億208万1,000円でございます。よって、資本的収入額が資本的支出額に不足する額1億4,890万7,248円は、次のとおり補てんするものでございます。当年度消費税資本的収支調整額818万8,329円、当年度損益勘定留保資金1億1,026万8,792円、まだ不足でございますので、減債積立金を3,045万127円取り崩しをいたしました。


 3ページの損益計算書でございます。1の営業収益は、給水収益、受託工事収益、その他営業収益を合わせまして2億6,147万7,473円であります。対しまして2の営業費用であります。原水及び浄水費からその他営業費用を合わせまして1億9,134万9,189円であります。差し引き営業利益7,012万8,284円でありました。3の営業外収益、預金利息、他会計補助金、雑収益を合わせまして344万7,707円と4の営業外費用4,636万5,597円を差し引きしますと、4,291万7,890円の損失でございまして、営業利益と営業外損失を差し引きしますと2,721万394円の営業利益となります。5の特別損失(1)過年度損益修正損はございませんので、当年度純利益2,721万394円となります。これによりまして、前年度繰越利益剰余金8,788万3,746円を合わせますと、当年度未処分利益剰余金は1億1,509万4,140円となります。


 はぐっていただきまして、4ページの剰余金計算書でございます。まず左の利益剰余金の部で1、減債積立金の(1)前年度末残高、これは昨年度決算の(4)の金額が来まして、(2)前年度繰入金がありますが、これは前年度純利益2,404万6,353円の20分の1に相当します額120万3,000円を積み立てたもので、(3)当年度処分額3,045万127円は、2ページで御説明しました4条予算の不足額を補てんしましたものであります。(4)当年度末残高は4,662万476円であります。2、建設改良積立金の変更はございません。3、未処分利益剰余金では、(1)前年度未処分利益剰余金が8,908万6,746円であり、(2)前年度利益剰余金処分額の?減債積立金に先ほど説明しました120万3,000円を充てるものであります。3ページで御説明しました当年度純利益2,721万394円を合計しまして、当年度未処分利益剰余金は1億1,509万4,140円となります。


 続きまして、右の資本剰余金の部であります。1、受贈財産評価額では、(3)当年度処分額としまして、集落排水に伴います排水管布設がえ工事により、以前、以西地区簡易水道でありました工事施工箇所で176万5,906円発生いたしました。(4)残高3億4,506万3,278円となります。2の寄附金につきましては変更ございません。3の工事負担金では、2,728万7,000円が(2)当年度発生高で、(3)当年度処分額はございませんでしたので、計7億7,584万1,341円となります。4の他会計補助金は変更ございません。5の国庫補助金は、大父木地に配水池を築造いたしましたもので、平成19年度工事の補助金1,000万円、平成20年度の3,580万円、また平成21年度200万円を合わせまして、(4)残高は4,780万円で、翌年度繰越資本剰余金は11億7,761万3,300円となります。


 次に、剰余金処分計算書(案)でございますが、平成22年度の純利益は左のとおりでありまして、2,721万394円ございました。その20分の1の136万1,000円を(1)減債積立金といたしました。差し引き1億1,373万3,140円を翌年度繰越利益剰余金とするものでございます。


 次に、5ページの貸借対照表で借方の資産の部から御説明申し上げます。


 1の固定資産、(1)有形固定資産でありますが、この明細書が11ページの下の表にございます。土地から建設仮勘定までの資産の種類があります。当年度の増減は、新たに発生する資産及び除却する資産をあらわしております。よって、年度末現在高が算出されまして、減価償却累計額を差し引きしますと年度末償却未済額となりまして、合計された有形固定資産は35億5,960万7,871円で、(2)無形固定資産としまして、水道台帳ソフト396万5,600円を含めますと、固定資産合計35億6,357万3,471円となります。2の流動資産でありますが、(1)現金預金としまして3億3,630万7,780円、(2)未収金としまして、水道使用料856件、1,839万5,101円などであります。これが主な理由であります。(3)の貯蔵品はございません。(4)の前払い金としまして、繰り越し工事の前払い金1,479万円ございます。流動資産の合計は3億7,994万3,281円であります。よって、固定資産及び流動資産を合わせた資産合計は39億4,351万6,752円となります。


 続きまして、右の貸方になります負債の部でありますが、3、流動負債としまして、(1)未払い金のうち、イ、営業未払い金112万9,655円は、3月分の電気代等でございます。ロ、営業外未払い金、これは消費税の98万7,600円でございます。ハ、その他の未払い金2,200万9,350円は、3月末までに工事完了した支払いでございます。よって、流動負債合計は2,412万6,605円であります。


 続いて、資本の部でありますが、4、資本金の(1)自己資本金のイは変更ございません。ロの出資金は、昨年度の金額に一般会計から松谷工業団地元金償還金分、中央監視整備に伴う合併特例債及びきめ細かな臨時交付金の合計3,035万9,297円をプラスした額であります。ハについては昨年と同額であります。ニ、組み入れ資本金は、昨年の金額に減債積立金を取り崩し4条予算の資本的収入に組み入れました額3,045万127円をプラスした額1億8,370万4,060円となります。自己資本金合計は7億110万902円、借入資本金合計は、9ページの左下にあります表ですが、17億5,370万4,082円であります。資本金合計24億5,480万4,984円であります。5の剰余金でありますが、4ページのとおりでありますので省略させていただきまして、剰余金の合計14億6,458万5,163円で、合わせて資本合計39億1,939万147円となり、負債と合わせまして39億4,351万6,752円となりまして、貸借対照表はバランスシートと言われております。左の資産と同金額になるものでございます。


 なお、6ページから12ページは省略させていただきたいと思いますが、6ページは1、概況、7ページは2、工事関係、8ページと9ページは業務内訳、10ページと11ページは損益勘定と資本勘定の明細及び固定資産明細書を上げております。12ページは企業債の明細一覧表を上げております。


 以上で水道事業会計決算認定についての御説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由説明と内容説明を終わります。


 暫時休憩いたします。再開を2時25分とします。


                午後2時07分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時25分再開


○議長(川本正一郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第91号から議案第107号までの平成22年度琴浦町各会計決算について、監査委員から意見書の提出があり、代表監査委員の出席を求めておりますので、この際、監査委員の決算審査の意見概要について報告を求めます。


 松田代表監査委員。


○代表監査委員(松田 道昭君) 地方自治法第121条に基づき、平成22年度の決算審査の結果について説明のために議長から出席を求められました代表監査委員の松田であります。決算審査にかかわる審査意見書は、地方自治法第233条、同法241条及び公営企業法第30条によりまして、議会選任による大田監査委員との合議に至った結果について、歳入歳出決算意見書として提出しているところであります。ただいまより改めて要点を絞り御説明いたします。


 決算は、御案内のとおり、1年間の財政執行状況の審査、検証を通して事業実績を評価し、財政上の課題を明らかにしつつ、行政事業の結果を集約的に表現する計数表でもあります。決算審査は当然ながら、住民を代表して実施すべきものとして行い、その結果は住民に公表され、次年度以降の行政運営に生かされる重要な業務との観点から、慎重かつ厳重に7月の15日から17日間余をかけまして実施をしたところでございます。


 決算審査意見書は80ページに及ぶ膨大なものとなりましたけれども、琴浦町365日の行政活動の集約として熟読し、活用いただければ、その息遣いも聞き取れるように、予算と行政活動とその結果を財政状況の変化とともにまとめておきました。また、住民への公表を前提に、難解な行政用語の理解のため、その説明あるいは解説を枠内で記述しておるところでございます。


 決算審査の結果でありますが、一般会計、特別会計歳入歳出決算書、実質収支にかかわる調書などは法令に準拠して作成されておりまして、その計数は、関係諸帳簿や証書類と照合した結果、正確でありました。その内容は2ページから18ページにかけております。


 すなわち、一般会計当初予算は、対前年度比3.2%減の90億4,600万円の編成から始まり、数回の増減補正を経て、決算時点の予算現額は対前年度比5.4%増の118億3,560万8,000円であったことと、当該予算を要した主な事業名及び個別事業費、その財源についても整理をして明らかにしておきました。一般会計の歳入状況は、款別に予算額、調定額、歳入済み額、収入未済額を表とした上、歳入状況の主なものを前年度の対比をしながら審査をいたしました。歳出についても款別に支出済み額、翌年度繰越額、不用額など、その理由を含めて執行状況を明らかにしているところであります。


 これら歳入歳出決算事項別明細に伴う平成22年度一般会計実質収支額は、歳入総額105億3,665万8,000円、歳出総額102億3,580万8,000円、差し引き額3億85万円、翌年度へ繰り越すべき財源は1億1,292万4,000円となりまして、結果、実質収支額は標準財政規模64億2,682万8,000円の2.9%に当たる1億8,792万7,000円の黒字を示すものとなっております。


 なお、歳入款別決算合計は5ページの表のとおりでありまして、収入額は105億3,665万7,000円、調定に対する収入率98.5%であります。収入未済額は前年度対比7.9%増の1億5,625万7,000円、不納欠損額は135万6,000円となっております。歳出款別決算合計は8ページに述べておりますが、102億3,580万8,000円、翌年度繰越額は13億9,223万7,000円、不用額は2億756万3,000円を出し、結果、執行率86.5%となっております。総体的に目立ったのは、対前年度比17%増の不用額であります。経費削減によるものは歓迎すべきでありますが、あるいは予算使い切り執行は避けなければなりませんけれども、予算編成にかかわる的確な積算の有無が問われかねないことのないように留意をしていただきたいものと考えております。


 特別会計は、国民健康保険特別会計など15会計でありますが、当会計事業ごとの歳入歳出にかかわる執行結果としての実質収支について、意見書10ページに会計別に明らかにしているところであります。特徴としては、住宅新築資金等貸付事業特別会計の赤字5,633万3,000円と、繰り返される繰上充用及び一般会計からの繰入金781万8,000円があります。これは、普通会計内における不納欠損額の穴埋めとして行われた町負担分4分の1に伴うものであります。


 財政状況についてでありますけれども、19ページから27ページにかけ、平成22年度決算をベースに、普通会計の純計によりまして検証した結果を解説的説明を加え、増減理由と結果の数値から判断できる財政上の課題について述べておるところであります。総じて財政は依然として硬直化し、弾力性を失った状況にあると言えるのであります。特に歳入構造で明らかなとおり、自主財源は減少し、地方の裁量権拡大が基盤となる地方分権上からも、補助金の一括交付金化を含め、抜本的な財源移譲が急がれるところであります。


 次は、財政管理状況でありますが、財政調整積立基金を初めとする32の基金会計は、41ページから45ページにかけて、基金ごとに詳細に増減とその理由を述べておきました。決算年度中、2億8,540万円増加の結果、決算年度末現在高は36億210万7,000円となっております。公有財産としての土地及び建物の増減とその理由について、決算年度末現在高は45ページから46ページに述べており、説明は割愛させていただきます。また、公共施設の維持管理について、利用人員と維持費などを対比可能な一覧表で明らかにしておきました。公共施設の有効な利活用促進の示唆を目的としたものであります。主な物品管理などは52ページの表のとおりであり、説明は割愛とさせていただきます。


 水道事業について説明いたします。


 公営企業法第3条に基づき、企業の運営が本来の目的である公共の福祉を増進させるよう運営されているかどうかを主眼に審査をいたしました。結果は、財政状況、経営成績、工事状況など適正に表示をされ、決算計数についても誤りやふぞろいはないものと認めることができました。詳細は56ページから69ページにわたり、事業概要、経営成績、財政状況など、貸借対照表、損益計算書など財務諸表を明らかにしながら述べております。


 営業収益は、収入2億7,765万2,000円、要した費用は2億4,029万5,000円で、収支決算は当年度純利益として2,721万円の営業利益を上げているところであります。これに前年度からの繰越利益剰余金8,788万4,000円を加えた1億1,509万4,000円が決算年度末未処分利益剰余金となり、法定により減債積み立て後の1億1,373万3,000円を翌年度繰越利益剰余金としているところであります。


 資産合計は、貸借対照表に示されたとおり39億4,351万7,000円でありまして、これは年度末例月検査における試算表とも合致をしております。年間を通した経理の正しさを示すものとなっております。なお、資産は対前年度比9,673万円で、2.5%増加しておりますが、これは建設改良事業の完成分による資産増加が主なものであります。


 昨年度も指摘いたしましたけれども、水道施設の新設、整備、改良に必要な費用と財源を経理する資本的収支状況が問題であります。前年度までは過年度発生の損益勘定留保資金を補てん財源として収支を整えてまいりましたけれども、過年度分の留保資金は枯渇をし、当年度発生の不足額は当該年度の消費税調整額や損益勘定留保資金などで賄わなければならない状況となった点が問題であります。資本的収支の財源の窮屈さは、平成32年度まで予定されておる下水道整備に伴う水道管の布設がえ工事が原因でありますから、次年度からは減債基金あるいは建設改良積立金の一部を充てるなど、いわゆるたこ足的財源措置も視野に入れざるを得ず、放置はできないのであります。受益と負担の原理に基づく合理的な水道料金のあり方の検討を迫られていると思われるのであります。


 次は、財政の健全化法に基づく判断比率及び資金不足比率の審査についてであります。


 73ページに明らかなとおり、4指標及び資金不足比率とも定められた早期健全化基準以下であり、健全な財政状況をあらわすものとなっております。実質公債費比率、将来負担比率は前年度対比で減少しておりますけれども、これは、算定式での分母となる標準財政規模が地方交付税3億1,604万8,000円の増加により、対前年度5.2%大きくなった結果によるものであります。琴浦町の窮乏的財政状況を示した19ページからの意見書とは矛盾に見えますけれども、健全化判断比率などの検証はいわば財政の健康診断にすぎず、基準以下だからといって財政状況が安心ということではありません。健全化判断比率などの監査意見審査は、比率が適正に算定されているかどうかの真実性を見る審査にすぎないのであります。145億7,000万円に膨らんだ地方債残高、7億3,816万3,000円の債務負担行為などを加えた将来負担額258億9,768万7,000円等の実態を踏まえ、将来を展望し、現下においては財政の体力に応じた琴浦行政の経営と運営を行っていかなければならないのであります。主要財政分析における87.3%の経常収支比率、健全化法に基づく4指標の比率結果は、町民が熱望し、あるいは議会側からの提案施策であったとしても、これにこたえる新規事業を賄う財源は乏しく、だからといって限界状態にある起債発行での財源調達は財政規律に反するとなれば、根本から現行事業を洗い直し、不急不要、将来展望とは無関係なむだに類する事業削減を手がけることに逡巡していてはならないことを示しているのであります。財政健全化判断比率における監査意見は、76ページから77ページにおいて詳しく述べたつもりであります。御一読願うものであります。


 最後に、決算審査を経た若干の所見について申し上げます。


 まず、総合基本計画についてでありますが、平成10年度から10年間を展望した総合基本計画は、前期5年間を終え、平成24年度から後期5年間に入ります。今日段階は、当該基本計画で実施をしてきた目標が達成されたか否か、その成果と課題の評価のための重要な検証時期であります。琴浦町の目指す町の形は何か、これを達成するための町民の認識はどうであったか、議会と行政の役割と果たすべき責任はいかにあるべきか、率直にこれらを検証すれば、その中から確かな実践的後期計画が生まれてくるはずであります。真摯な検証と評価の中で教訓を引き出し、自治基本条例と連動した後期計画策定が誤りなきよう願いたいのであります。


 第2は、交付税一本化後の財源減少に対応した行政事業の展開についてであります。合併特例措置の収束に伴う交付税の一本化は平成32年度から始まります。財政当局の試算では、交付税4億3,200万円の減収であります。現行の行政事業や行政サービスによる住民のニーズを維持するためには、減少確実な4億3,000万円という巨額な財源をどうやって確保するかであります。展望なき経済動向から税収増加への期待は論外、これ以上の起債発行は財政規律に反するとすれば、町勢の疲弊を招くことなく大胆な現行行政事業の見直しと転換は運命的実践課題であります。住民の意識改革と協働体制の構築をも求めた事業仕分けを進め、少なくとも次年度から4億5,000万円程度の歳出縮小を前提とした行政事業政策化の検討は必至であります。財政的困難期に当たり、万全な構えを望むところであります。


 最後に、5億1,349万9,000円に膨れ上がった滞納問題についてであります。展望なき経済状況、雇用環境の悪化も伴い、公債権、私債権の滞納は増加をたどり、好転は期待できない状況にあります。徴収体制の一本化、財産調査、差し押さえ換価による配当など懸命な回収努力は評価をできますが、過年度回収額を上回る現年度の滞納額は増加を重ねながら発生してる実態を見れば、税務一般との兼務した現行体制では課題に集中できず、効果の期待はできないのではないか。自主財源の確保、納税の公平、滞納の蔓延化を防ぐため、このあたりで一般税務との兼務をやめ、独立した滞納整理特命組織を立ち上げて、滞納者の生活相談や多重債務処理を含めたきめ細かな実践的チーム展開を望むものであります。


 決算審査の結果は以上のとおり、総体的に財政の柔軟性の欠如と、故にあるべき教訓を随所に示した内容でありました。いま一度の熟読と限りない町政の発展を願い、決算審査の説明といたします。以上であります。


○議長(川本正一郎君) お諮りします。本日提案された28議案については、議事の都合上、最終日の22日に審議いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、この28議案については、最終日に審議を行うことに決しました。


 なお、平成22年度決算関係の17議案については、会期日程のとおり、14日の本会議において総括質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第91号から第107号までの17議案については、14日に総括質疑を行うことに決しました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(川本正一郎君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。


 あすは午前10時に本会議を開き、町政に対する一般質問を行いますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。御苦労さんでした。


                午後2時47分散会


      ───────────────────────────────