議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成22年第7回定例会(第1日 9月14日)




平成22年第7回定例会(第1日 9月14日)





────────────────────────────────────────





  第7回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                        平成22年9月14日(火曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成22年9月14日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 報告第  6号 健全化判断比率について


日程第5 報告第  7号 資金不足比率について


日程第6 22年請願第1号 逢束保育園の早期改築について


日程第7 22年陳情第4号 備蓄米買い入れと米価の回復・安定を求める陳情


日程第8 22年陳情第5号 公契約条例制定等に関わる陳情書


日程第9 22年陳情第6号 最低賃金法の抜本改正と安定雇用の創出、中小企業支援策の


             拡充・強化を求める陳情書


日程第10 22年陳情第7号 保育制度改革に関する意見書提出を求める陳情書


日程第11 22年陳情第8号 子ども手当の廃止を求める意見書の提出に関する陳情書


日程第12 22年陳情第9号 住宅撤去の陳情


日程第13 22年陳情第10号 年金受給資格期間を25年から10年に短縮を求める陳情


日程第14 22年陳情第12号 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書


             の提出を求める陳情


日程第15 22年陳情第13号 2011年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


日程第16 22年陳情第14号 新たな保育制度改革の導入に反対し、すべての子どもの健や


             かな育ちを保障するための意見書提出をもとめる陳情書


日程第17 議案第  88号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第18 議案第  89号 平成22年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第19 議案第  90号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第20 議案第  91号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第21 議案第  92号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  93号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第23 議案第  94号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号


             )


日程第24 議案第  95号 平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第25 議案第  96号 山川辺地に係る総合整備計画の変更について


日程第26 議案第  97号 平成21年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第27 議案第  98号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第28 議案第  99号 平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第29 議案第  100号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第30 議案第  101号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第31 議案第  102号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  103号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  104号 平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第34 議案第  105号 平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  106号 平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第36 議案第  107号 平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第37 議案第  108号 平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第38 議案第  109号 平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第39 議案第  110号 平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  111号 平成21年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  112号 平成21年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第42 議案第  113号 平成21年度琴浦町水道事業会計決算認定について


      ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 報告第  6号 健全化判断比率について


日程第5 報告第  7号 資金不足比率について


日程第6 22年請願第1号 逢束保育園の早期改築について


日程第7 22年陳情第4号 備蓄米買い入れと米価の回復・安定を求める陳情


日程第8 22年陳情第5号 公契約条例制定等に関わる陳情書


日程第9 22年陳情第6号 最低賃金法の抜本改正と安定雇用の創出、中小企業支援策の


             拡充・強化を求める陳情書


日程第10 22年陳情第7号 保育制度改革に関する意見書提出を求める陳情書


日程第11 22年陳情第8号 子ども手当の廃止を求める意見書の提出に関する陳情書


日程第12 22年陳情第9号 住宅撤去の陳情


日程第13 22年陳情第10号 年金受給資格期間を25年から10年に短縮を求める陳情


日程第14 22年陳情第12号 日本軍「慰安婦」問題の解決をめざす法制定を求める意見書


             の提出を求める陳情


日程第15 22年陳情第13号 2011年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


日程第16 22年陳情第14号 新たな保育制度改革の導入に反対し、すべての子どもの健や


             かな育ちを保障するための意見書提出をもとめる陳情書


日程第17 議案第  88号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第18 議案第  89号 平成22年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第19 議案第  90号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第20 議案第  91号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第21 議案第  92号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  93号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第23 議案第  94号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号


             )


日程第24 議案第  95号 平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第25 議案第  96号 山川辺地に係る総合整備計画の変更について


日程第26 議案第  97号 平成21年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第27 議案第  98号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第28 議案第  99号 平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第29 議案第  100号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第30 議案第  101号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第31 議案第  102号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  103号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  104号 平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第34 議案第  105号 平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  106号 平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第36 議案第  107号 平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第37 議案第  108号 平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第38 議案第  109号 平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第39 議案第  110号 平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  111号 平成21年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  112号 平成21年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第42 議案第  113号 平成21年度琴浦町水道事業会計決算認定について


      ───────────────────────────────


                 出席議員(17名)


        1番 語 堂 正 範        2番 山 田 義 男


        3番 新 藤 登 子        4番 藤 堂 裕 史


        5番 藤 本 則 明        6番 高 塚   勝


        7番 小 椋 正 和        8番 手 嶋 正 巳


        9番 金 田   章        10番 武 尾 頼 信


        11番 青 亀 壽 宏        12番 前 田 智 章


        13番 桑 本   始        14番 井 木   裕


        15番 山 下 一 成        18番 石 賀   栄


        19番 川 本 正一郎


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(2名)


        16番 大 田 友 義        17番 福 本 宗 敏


       ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ─────── 前 田 博 司  主査 ──────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ───────── 山 下 一 郎  副町長 ─────── 江 原   修


 総務課長 ─────── 前 田 順 一  企画情報課長 ──── 川 上 強 志


 商工観光課長 ───── 岩 船 賢 一  税務課長 ────── 坂 本 道 敏


 農林水産課長 ───── 永 田 温 美  町民生活課長 ──── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ───── 小 塩 久 志  建設課長 ────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ───── 松 田   稔  会計管理者兼出納室長  岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ── 田 中   淳  教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ───── 生 田 満由美  社会教育課長 ──── 藤 村 隆 志


 人権・同和教育課長 ── 田 中   肇  学校給食センター所長  原 田 満紀子


 代表監査委員 ───── 松 田 道 昭


      ───────────────────────────────





◎午前10時09分開会





○議長(川本正一郎君) ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより平成22年第7回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日届け出のあった事故者は、議員では、福本宗敏君と大田友義君が入院加療のため欠席する旨の連絡がありました。また、前田議員が葬儀のため途中退席するという旨の連絡がありました。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(川本正一郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、14番、井木裕君と18番、石賀栄君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(川本正一郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りします。今期定例会の会期は、お手元の会期日程案のとおり、本日から24日までの11日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、会期日程案のとおり、本日から24日までの11日間と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告について





○議長(川本正一郎君) 日程第3、諸般の報告については、時間の都合上、お手元に配付しております報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


 また、先日の議会運営委員会にて、定例会、臨時会、または全員協議会の開催のない月には、議員の皆さんに議会の諸報告並びに常任委員会、特別委員会の報告を行い、また、執行部から行政報告などを受ける月例報告会を開催したいとの申し出があり、執行部もこれを了承されましたので、御報告いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 報告第6号 及び 日程第5 報告第7号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第4、報告第6号と、日程第5、報告第7号の2件を議題といたします。


 これについての説明を求めます。


 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) そういたしますと、報告第6号と報告第7号の関連でありますが、法令等の規定に基づく今回の報告事項は、報告第6号及び報告第7号の2件であります。


 これらは、財政健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものであります。


 詳しい内容につきましては、総務課長が説明をいたします。


○議長(川本正一郎君) 次に、総務課長の内容説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 失礼します。それでは、報告第6号及び第7号について説明をさせていただきます。これは、財政の健全化判断比率について、平成19年度に公布されました地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき報告するものであります。


 資料として添付しております総括表?についてでありますが、普通会計の実質赤字が標準財政規模に占める割合を示す実質赤字比率と、すべての会計の実質赤字が標準財政規模に占める割合を示す連結実質赤字比率は、双方とも黒字となっておりますので数値は記載されておりません。連結実質赤字比率の内訳数値は、総括表?に記載されております。


 一般会計等が負担する公債費が標準財政規模に占める割合を示す実質公債費比率は、昨年度より0.8ポイント下がり17.0%となっております。これは分母に当たる標準財政規模が増額となった結果であります。内訳については、総括表?に記載しております。実質公債費比率は、3カ年平均であらわしますので、当面急激な変動はないものと見込んでおります。


 将来負担比率につきましては、一般会計等が将来負担すべき債務が標準財政規模に占める割合を示すものです。総括表?に記載しておりますように、要素としましては、地方債の現在高、債務負担行為予定額、広域連合への負担見込み額、退職手当の見込み額等があり、その合計額から基金等の充当可能財源を差し引いたところの割合をあらわしています。昨年と比べ、分母に当たる標準財政規模が増加しておりますので、13.9ポイント減少し、180.8%となっております。


 また、報告第7号に係る資金不足比率につきましては、総括表?にありますように、水道事業会計、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計ともに資金不足はありません。ごらんいただけますように、法で定めます早期健全化基準にはいずれの比率も届いておりませんので、早期健全化計画等策定は不要となっております。また、昨年設定いたしました町基準も記入させていただいておりますが、いずれの数値も設定範囲内となっております。


 皆さん方にお配りはしておりませんですが、数値がよくなったのは標準財政規模が上がったからということで御説明を申し上げておりますが、将来の負担の額としまして、およそですが、地方債の現在高が平成19年度が142億、平成20年度が139億、平成21年度が142億、そして全体の債務負担行為等含めたところの将来負担額といいますのが、平成19年度が258億、平成20年度が255億、平成21年度が256億ということで、約ですが、ほとんど数字的には変わっておりませんので、今後ともやはり財政については慎重にやっていかなければならないというふうに考えております。


 以上で報告を終わります。


○議長(川本正一郎君) 以上で報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 22年請願第1号 から 日程第16 22年陳情第14号





○議長(川本正一郎君) 日程第6から日程第16までの請願・陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理いたしたこれらの請願・陳情は、お手元の請願・陳情文書表のとおり、それぞれの常任委員会に付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第88号 から 日程第42 議案第113号





○議長(川本正一郎君) 日程第17、議案第88号から日程第42、議案第113号までの26議案を一括議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) それでは、議案の提案理由について順次説明をさせていただきます。


 初めに、議案第88号、琴浦町国民健康保険条例の一部改正についてであります。


 これは、国民健康保険法の一部を改正する法律等の施行に伴い、町条例を改正するものであります。内容としましては、国民健康保険事業の特定健康診査等を行う場合の国民健康保険法の条項が改正になったものであります。


 次に、議案第89号、平成22年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、今回の補正は、歳入歳出それぞれ2億1,549万6,000円を追加し、予算の総額を103億8,333万円とするものであります。


 歳出予算の主な内容は、財政調整基金積立金、東伯・赤碕文化センターLED照明設置工事、子ども手当、インフルエンザの新臨時接種、子宮頸がんワクチン接種助成、電気自動車急速充電器設置工事、しっかり守る農業基盤整備工事、県緑の産業再生プロジェクト事業補助金、アテナロケ支援・活用琴浦町実行委員会補助金、消防自動車、これ第3分団でありますけど、消防自動車購入事業の増額、また、児童手当、下水道事業特別会計繰出金などの減額であります。また、歳入の主な内容は、県支出金としてしっかり守る農林基盤交付金、県緑の産業再生プロジェクト事業費補助金、前年度繰越金、消防自動車購入に対する合併特例債などの増額であります。


 次に、議案第90号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、歳出では、主に保険給付費の不足分と後期高齢者支援金、前期高齢者納付金、介護納付金、財政調整基金積立金の額の確定によるものと、退職者振りかえにより平成21年度療養給付費国庫負担金の返納及び高齢者の一部負担の凍結に伴う事務費補助金、高額共同事業費、出産育児一時金の額の確定により国庫補助金が返納となるものであります。歳入につきましては、平成21年度療養給付費交付金の額の確定による増額及び平成22年度前期高齢者交付金の額の確定による減額と前年度繰越金の歳入処理に伴い増額となるもので、歳入歳出それぞれ3,119万8,000円を増額し、予算の総額を22億2,612万2,000円とするものであります。


 次に、議案第91号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、歳入歳出それぞれ38万6,000円を増額し、予算の総額を2億6,126万8,000円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、前年度繰越金194万5,000円の増額とそれに伴う一般会計繰入金155万9,000円の減額により38万6,000円の増額であります。歳出の主なものは、農業集落排水施設管理費の修繕料38万6,000円の増額であります。


 次に、議案第92号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳入歳出それぞれ216万4,000円を増額し、予算の総額を11億285万円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、前年度繰越金842万円の増額とそれに伴う一般会計繰入金625万6,000円の減額により216万4,000円の増額であります。歳出の主なものは、下水道維持管理費の修繕料216万4,000円の増額であります。


 次に、議案第93号、平成22年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、前年度繰越金を確定し、国、県、支払い基金等の平成21年度介護給付費負担金、地域支援事業交付金を精算し返還金を234万5,000円、町繰入金を精算し一般会計繰出金を515万8,000円、予備費を1,588万8,000円の増額を行い、その他、高額介護サービス等費を330万円の増額を行うものであります。


 次に、議案第94号、平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)でありますが、前年度繰越金の確定により、歳出は後期高齢者医療広域連合納付金の減額、歳入は繰越金の減額を行うもので、歳入歳出それぞれ51万3,000円を減額し、予算の総額を1億9,783万2,000円とするものであります。


 次に、議案第95号、平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)でありますが、収益的収入の主なものは、営業収益の他会計負担金305万4,000円を増額し2億7,111万7,000円に、収益的支出の主なものでは、営業費用といたしまして消火栓修理・移設工事費283万8,000円増額し2億4,723万5,000円とするものであります。また、資本的収入といたしまして工事負担金148万2,000円を増額し2億1,485万7,000円に、資本的支出といたしましては、消火栓新設費148万2,000円を増額し3億6,585万9,000円にするものであります。なお、不足する額1億5,100万2,000円は変更ございません。


 次に、議案第96号、山川辺地に係る総合整備計画の変更についてであります。


 これは、先般の6月議会定例会、議案第79号で町道山川部落2号線の道路を整備するため、整備計画の変更につき御承認をいただいたところでありますが、このたび同じ町道山川部落2号線の道路整備に関し、用地測量費90万円を追加し事業費合計を2,430万円から2,520万円とし、また、辺地対策事業債の予定額を30万円増額し970万円から1,000万円にするため、山川辺地の総合計画を再度変更するものであり、辺地に係る公共的施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第5項の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第97号から議案第113号までの17議案でありますが、平成21年度本町一般会計及び各特別会計、水道事業会計のいずれも決算認定議案であります。


 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により提出のあった決算書等を監査に付したところ、このほど詳細な意見書の提出がありましたので、その写しに平成21年度決算に係る主要施策の成果説明書、財産に関する調書など附属書類を添えて本会議の認定に付するものであります。


 まず、平成21年度一般会計歳入歳出決算は、歳入総額104億9,646万843円、歳出が102億4,324万5,357円でありまして、差し引き2億5,321万5,486円の黒字であります。また、繰越明許費として翌年度に繰り越した財源5,272万3,351円を差し引きました実質収支額は、2億49万2,135円でございます。


 その他の各特別会計の決算では、国民健康保険特別会計、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計は黒字でございます。老人保健特別会計は歳入歳出ゼロの決算でございます。住宅新築資金等貸付事業特別会計は赤字決算でございます。


 また、各財産区特別会計は、黒字または歳入歳出ゼロの決算となりました。


 水道事業会計決算では、当年度純利益2,404万6,353円を計上しております。


 以上26議案につきまして提案理由を説明をさせていただきました。


 なお、議案の内容説明につきましては、議案第89号を総務課長に、議案第90号を町民生活課長に、議案第91号、第92号、第95号を上下水道課長に、また、議案第97号から113号までの決算認定関係17議案につきましては、それぞれ関係課長に説明をさせますので、よろしく御審議くださいまして、御承認賜りますようお願い申し上げます。以上です。


○議長(川本正一郎君) 次に、内容説明を求めます。


 初めに、議案第89号、平成22年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) それでは、議案第89号、平成22年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)について説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億1,549万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ103億8,333万円とするものでございます。


 初めに、歳出の方を説明させていただきます。13ページをお開きください。50万円以上のものについて御説明申し上げます。


 3、歳出、款の2、総務費、項の1、総務管理費、1、一般管理費139万4,000円の減。7、賃金の209万4,000円の減につきましては、12番の分庁管理費の方の賃金との入れかえでございます。11、需用費につきましては、修繕料が、庁舎、またマイクロバスの修繕等に60万円を計上してございます。


 2、関西事務所活動運営費19万9,000円の増。


 3、文書広報費3万2,000円の増。


 4、財政管理費800万円の増。21、貸付金400万円の減、町土地開発公社貸付金8,500万円の予算を計上しておりましたが、400万円を実績で落とすものでございます。25、積立金1,200万円、財政調整基金積立金をするものでございます。


 7、CATV管理費29万2,000円の増。


 8、企画費65万4,000円の増。


 11、電算機管理費47万3,000円の増。


 12、分庁管理費244万4,000円の増。11、需用費として修繕料が72万1,000円上げておりますが、マイクロバスのガラス等の修繕でございます。


 13、諸費2,938万4,000円の増。はぐっていただきまして、17、公有財産購入費2,927万4,000円ですが、定期借地権の関係で槻下が1区画、きらり団地が4区画契約となりましたので、合わせて5件分を計上しております。


 14、新庁舎建設費457万円の増。先回補正で1億3,331万3,000円の補正をさせていただいたところですが、お断りをしなければなりませんが、公社が借り入れております利息404万2,763円、諸経費の33万1,196円についてが、忘れておりましたので、今回追加をさせていただきます。まことに申しわけありません。


 項の2、徴税費、1、税務総務費621万8,000円の増。13、委託料689万3,000円の増、家屋評価システム機器更新委託料661万5,000円でございますが、来年度更新の年になっておりますので来年の予算でと思っておりましたが、作業は平成22年中に行わなければならないということが判明しましたので、今回補正をさせていただいております。


 2、賦課徴収費257万円の増。23、償還金利子及び割引料ですが、法人町民税等の修正申告償還金でございます。


 項の4の選挙費、4、以西財産区議会議員選挙費202万7,000円の減ですが、無投票による精算でございます。


 款の3、民生費、項の1社会福祉費、4、隣保館運営費716万2,000円の増。15、工事請負費706万円ですが、東伯文化センターの駐車場の舗装工事に126万円、東伯・赤碕文化センターのLEDの照明設置工事に580万円を計上させていただきました。


 はぐっていただきまして、5の国民年金事務費6万円の増。11、介護保険事業費41万2,000円の増。


 項の2、児童福祉費、1、児童福祉総務費170万7,000円の増。11、需用費ですが、修繕料として58万8,000円、浦安放課後児童クラブに使っております旧浦安の幼稚園の床修繕工事等でございます。18、備品購入費として公用車を1台予定をさせていただいております。20、扶助費、児童手当、子ども手当の組み替えでございます。


 2、保育所運営費286万9,000円の増。11、需用費241万8,000円、修繕料ですが、逢束保育園の北側の壁の修繕等が主なものでございます。


 4、母子福祉費、財源の組み替えでございます。


 款の4、衛生費、項の1、保健衛生費、2、予防費566万1,000円の増。13、委託料260万7,000円、三種混合・日本脳炎等委託料、新制度の対応に係るものでございます。20、扶助費として292万4,000円の増ですが、乳幼児インフルエンザ予防接種給付費は104万円の減でございますが、新臨時接種、インフルエンザですが、低所得者へ全額補助等が計上で417万4,000円を計上してございます。


 3、健康づくり推進事業費456万5,000円の増。はぐっていただきまして、20、扶助費として409万5,000円、子宮頸がんワクチン接種助成金として409万5,000円。3分の2を予定しておりまして、低所得者は全額補助、そして一応5割の接種率を見込んでおります。


 4、環境衛生費940万9,000円の増。15、工事請負費924万円、電気自動車急速充電器設置工事として、40キロワットタイプでございますが、ポート赤碕に設置したいというふうに考えております。30分で充電がオーケーになるような施設を予定しております。


 款の5、農林水産業費、項の1、農業費、1、農業委員会費2万7,000円の増。


 3、農業振興費185万2,000円の増。13、委託料として340万8,000円の減、鳥獣被害防止対策委託料に係るものです。19、負担金補助及び交付金489万2,000円の増、有害鳥獣捕獲実施補助金、2分の1の補助ですが、180万6,000円の増、中山間地域等直接支払推進事業交付金254万6,000円の増、10割部分がふえたものでございます。耕作放棄地再生推進事業交付金、219アール分として50万円を計上してございます。


 5、農地費1,049万7,000円の増。15、工事請負費1,000万、しっかり守る農林基盤整備工事として、水路等の改修を予定をさせていただいております。


 6、地籍調査事業費、予算の組み替えでございます。


 7、農業集落排水事業費162万4,000円の減ですが、28の繰出金として155万9,000円の減、農業集落排水事業特別会計への繰出金の減でございます。


 項の2、林業費、2、林業振興費4,834万8,000円の増。はぐっていただきまして、19、負担金補助及び交付金でございますが、県緑の産業再生プロジェクト事業補助金として、介護施設にかかわるものですが、4,800万円を予定しております。


 款の6、商工費、項の1、商工費、3、観光費378万8,000円の増。19、負担金補助及び交付金でございますが、白鳳太鼓保存会補助金に54万円、それから、今回予定しておりますアテナロケ支援・活用琴浦町実行委員会補助金として310万円を計上させていただいております。


 4、勤労者体育センター運営費15万5,000円の増。


 5、地域振興費54万2,000円の増。


 款の7、土木費、項の1、土木管理費、1、土木総務費8万8,000円の増。


 項の2、道路橋梁費、1、道路維持費1,150万7,000円の増。11、需用費465万円の修繕料を計上させていただいておりますが、舗装、側溝、区画線の修繕等を予定させていただいております。15、工事請負費630万円の増ですが、町道志古谷線路肩改修工事が70万円、町道倉坂市内線のり面復旧工事が60万円、災害に係るものでございます。東伯中学校プール側溝工事に500万円、これは中学校のプールの改修に伴いまして、徳万の水害対策として、現在役場の東側の方に中学校プール辺の水が流れてきて徳万の方に行くようになっておりますが、これを馬込川の方に水の流れを変えるものでございます。


 2、道路新設改良費296万円の増。15、工事請負費260万円、町道高野線の集水ます、水路張りコンクリートに係るものでございます。


 項の4、港湾費、1、港湾建設費16万8,000円の増。


 はぐっていただきまして、項の5、都市計画費、1、都市計画総務費86万6,000円の増。19、負担金補助及び交付金86万6,000円ですが、アスベスト緊急撤去支援補助金でございます。東伯自動車の増額に係るものでございます。


 2、公園費14万9,000円の増。


 3、公共下水道事業費686万円の減。25、積立金ですが、下水道事業推進基金積立金が60万4,000円の減となっております。28、繰出金として625万6,000円の減、下水道事業特別会計への繰り出しの減でございます。


 項の6、住宅費、1、住宅管理費383万5,000円の増。22、補償補てん及び賠償金322万2,000円、雇用促進住宅を昨年度受け入れたわけですが、これに伴いまして今年度の固定資産税の補てん金を支払うものでございます。


 款の8、消防費、項の1、消防費、2、非常備消防費100万2,000円の増。8、報償費84万2,000円の増、退職報償金でございますが、2名の方が退団をされておりますので、これに係るものでございます。


 3、消防施設費2,554万7,000円の増。18、備品購入費2,101万1,000円の増、第3分団の消防自動車を予定しております。平成23年度に更新予定でございましたが、給水に係る部分のオーバーホール等が少し費用がかかるということで、1年繰り上げて合併特例債をもって購入する予定でございます。19、負担金補助及び交付金453万6,000円の増、消火栓新設移設工事に係る負担金でございます。成美保育園、三保の移設が4カ所、それから逢束7区の移設、上光好の修繕等を予定しております。


 款の9、教育費、項の1、教育総務費、2、事務局費43万5,000円の増。


 はぐっていただきまして、項の2、小学校費、1、学校管理費178万5,000円の増。11、需用費として光熱水費が、浦安小学校が支払いが不能になるようでございますので60万円の増額をしております。


 2、教育振興費108万6,000円の増。20、扶助費110万8,000円の増、就学援助費ですが、該当者の増によるものでございます。


 項の3、中学校費、1、学校管理費27万5,000円の増。


 2、教育振興費106万1,000円の増。14、使用料及び賃借料68万1,000円、借り上げ料でございますが、県総体ほかのバスの借り上げ料でございます。19、負担金補助及び交付金ですが、各種大会等生徒派遣費、中国大会等への出場に係るものを54万7,000円増額してございます。


 項の4、幼稚園費、1、幼稚園費、12万7,000円の増。


 項の5、社会教育費、1、社会教育総務費6万2,000円の増。


 2、公民館費164万8,000円の増。11、需用費131万5,000円、修繕料でございますが、浦安公民館の浴室を改修して倉庫にと考えておるものでございます。


 3、文化財保護費84万7,000円の増。13、委託料84万7,000円ですが、河本家住宅写真撮影委託料でございます。国の重要文化財指定に向けての委託料でございます。


 4、埋蔵文化財発掘調査費は、予算の組み替えでございます。


 はぐっていただきまして、5、生涯学習センター運営費188万6,000円の増ですが、11、需用費として112万4,000円、修繕料、エレベーター等、空調ポンプ等の修繕でございます。18、備品購入費76万2,000円の増、庁用備品でございますが、プロジェクター、マイク、シュレッダー等を予定しております。


 6、図書館費30万5,000円の増。


 8、人権・同和教育費38万3,000円の増。


 項の6、保健体育費、4、給食センター運営費28万3,000円の増。


 款の12、諸支出金、項の1、諸費、1、国県支出金返納金647万9,000円の増でございますが、平成21年度の障がい者自立支援給付費として、国庫が346万5,000円、県費が173万2,000円、また、放課後健全育成事業が72万8,000円等が主なものでございます。


 予備費として1,272万7,000円を増額させていただきました。


 歳入に入ります。8ページにお返りください。2、歳入、款の12、分担金及び負担金、項の1、負担金、2、農林水産業費負担金200万円の増。農業費負担金ですが、町農業農村整備事業費地元負担金で、水路等の改修に係るものでございます。


 3、土木費負担金4,000円の増。


 款の13、使用料及び手数料、項の1、使用料、6、土木使用料172万1,000円の増。住宅使用料ですが、コーポラスことうらの使用料の増でございます。


 款の14、国庫支出金、項の1、国庫負担金、1、民生費負担金23万2,000円の増。


 項の2、国庫補助金、3、衛生費補助金125万円の増。1、保健衛生費補助金125万円、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策補助金でございます。


 4、農林水産業費補助金250万2,000円の減。1、農業費補助金ですが、鳥獣被害防止総合対策事業費補助金の減でございます。


 6、都市計画費43万4,000円の増、アスベストの撤去費に係るものでございます。


 項の3、委託金、2、民生費委託金47万7,000円の減。


 款の15、県支出金、項の2、県補助金、1、総務費補助金20万円の増。


 2、民生費補助金291万8,000円の増。2の児童福祉費補助金でございますが、特別保育事業費補助金が一番下の子育て応援市町村交付金の方に組み替えをしておりまして238万円の減、産休等代替職員の補助金が63万円の増、安心こども基金特別対策事業費補助金が60万円の増、1施設5万円の分でございます。子育て応援市町村交付金が416万2,000円の増。


 3、衛生費補助金457万1,000円の増。保健衛生費補助金でございますが、新型インフルエンザ予防接種助成費補助金として、新規事業ですが、297万円の増、電気自動車急速充電設備導入推進費補助金150万円。


 4、農林水産業費補助金5,650万円の増。1、農業費補助金856万3,000円の増ですが、中山間地域等直接支払推進事業費補助金が190万9,000円の増、10割部分の増に係るものでございます。有害鳥獣対策事業費補助金90万2,000円の増、3カ所、竹内、赤碕、金屋、大成ほかに予定をしております。しっかり守る農林基盤交付金、2分の1ですが、水路改修に500万円の増、鳥獣被害防止総合対策交付金62万7,000円の増、国庫事業廃止に伴う県補助金の新設に伴うものでございます。はぐっていただきまして、林業費補助金、県緑の産業再生プロジェクト事業費補助金4,800万円、介護施設を現在申請中でございます。


 6、土木費補助金28万1,000円の減。


 7、教育費補助金100万円の増、2、保健体育費補助金100万円ですが、学校給食用食材地産地消支援事業交付金。


 9、消防費補助金87万4,000円の増、防災危機管理対策事業交付金でございますが、女性消防団員の報酬とか備品の整備に係るものでございます。


 項の3、委託金、5、教育費委託金30万円の増。


 16、財産収入、項の1、財産運用収入、1、財産貸付収入21万1,000円の増。


 2、利子及び配当金9,000円の増。


 款の17、寄附金、項の1、寄附金、2、教育費寄附金10万円ですが、高力修一さんに係るものでございます。


 18、繰入金、項の1、基金繰入金、7、森林保全管理基金繰入金32万7,000円の増。


 項の5、財産区繰入金、1、財産区繰入金202万5,000円の減、以西財産区繰入金ですが、選挙に係るものでございます。


 項の6、介護保険特別会計繰入金515万8,000円の増でございます。精算に係るものでございます。


 款の19、繰越金、項の1、繰越金1億2,069万2,000円の増でございます。


 款の20、諸収入、項の4、雑入、2、雑入188万円の増。雑入でございますが、全国町村会の共済金として62万7,000円、消防団員退職報償金2名分ですが、84万2,000円の増でございます。


 はぐっていただきまして、款の21、町債、項の1、町債、3、土木債40万円の増。


 4、合併特例債2,000万円の増。東伯中央地区広域営農団地農道整備事業に係るものが、事務費部分ですが、10万円、消防自動車整備事業に係るものが1,990万円でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第90号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、議案第90号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の内容説明をさせていただきます。


 歳入歳出それぞれ3,119万8,000円を追加いたしまして、総額22億2,612万2,000円とするものであります。


 歳出から説明をさせていただきます。5ページをお開きください。総務費、総務管理費の一般管理費15万1,000円の増でありますが、これは委託料の増額でありまして、高額介護合算とレセプトシステムにかかわるものであります。


 連合会負担金25万4,000円の増でありますが、国保連合会負担金の確定によるものであります。


 次に、保険給付費、療養諸費でありますが、一般被保険者療養給付費588万円の増と、一般被保険者療養費340万円の増、退職被保険者等の療養費30万円の増でありますが、これらは療養給付費等がふえたことによるものであります。


 次に、後期高齢者支援金等で、後期高齢者支援金45万円の増と、6ページ、前期高齢者納付金31万5,000円の減、介護納付金39万6,000円の減でありますが、これらは納付金等の額の確定によるものであります。


 次に、諸支出金、諸費の国庫支出金等返納金212万8,000円の増でありますが、これらは額の確定によるものでありまして、平成21年度の療養給付費国庫負担金の返納197万円と、高齢者の一部負担凍結に伴う事務費補助金6,000円、高額医療費共同事業費負担金7万2,000円、出産育児一時金補助金8万円をそれぞれ返納するものであります。


 次に、基金積立金の財政調整基金積立金1,934万6,000円の増でありますが、これは前年度繰越金の2分の1を基金に積むものであります。


 次に、歳入であります。4ページをお開きください。療養給付費交付金739万4,000円の増でありますが、これは交付金の額の確定によるものでありまして、現年度分が524万7,000円の減額、過年度分が1,264万1,000円の増額で、実績によるものであります。


 次に、前期高齢者交付金1,270万2,000円の減でありますが、額の確定によるものであります。


 次に、財産収入、財産運用収入で利子及び配当金10万円の増は、見込みによるものであります。


 次に、繰越金でありますが、前年度繰越金といたしまして3,640万6,000円の増であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第91号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第92号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)、議案第95号、平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)の3件について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) 失礼いたします。それでは、議案第91号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ38万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2億6,126万8,000円とするものであります。


 まず、3ページをお願いしたいと思います。歳出から御説明申し上げます。3、歳出、目1、施設整備事業費、今回補正額38万6,000円を追加しまして、計5,616万6,000円とするものであります。補正額の内訳は、11、需用費38万6,000円の増額で、これは上法万にあります古布庄東処理場の電子流量計、処理場に入ってきます汚水量測定器の不具合が生じておりまして、修繕するものでございます。


 2、公債費の利子につきましては、財源組み替えであります。


 上の2、歳入であります。目1、一般会計繰入金155万9,000円の減額補正で、計1億9,697万7,000円となり、前年度繰越金と修繕料との差でございます。


 そして、繰越金194万5,000円の増額は、前年度繰越金の確定によるものでございます。以上で内容説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案第92号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ216万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を11億285万円とするものであります。


 まず、3ページの歳出をごらんください。目1、下水道整備費は細節の組み替えで、目2、下水道維持管理費216万4,000円を増額し、計6,622万1,000円とするもので、修繕料としまして、東伯処理区浄化センターの水位計、汚泥整備の修繕としまして164万4,000円と、赤碕処理区では、大山町のマンホールポンプ自動通報装置への切りかえと浄化センターの水位計にふぐあいが生じ修繕するもので52万円、合計216万4,000円とするものであります。


 公債費の利子につきましては、財源組み替えでございます。


 上の歳入でございます。目1、一般会計繰入金625万6,000円の減額は、前年度繰越金と修繕料の差でございます。繰越金842万円は、前年度繰越金の確定によるものでございます。以上で終わらせていただきます。


 それでは、引き続いて議案第95号、平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 第2条、収益的収入及び支出の損益勘定でありますが、収入、第1款水道事業収益を305万4,000円追加いたしまして計2億7,111万7,000円、支出では、第1款水道事業費用283万8,000円追加しまして計2億4,723万5,000円とするものであります。


 はぐっていただきまして、3条の資本的収入及び支出の資本勘定でありますが、収入、第1款資本的収入を148万2,000円追加いたしまして計2億1,485万7,000円、支出は、第1款資本的支出、補正額148万2,000円追加し、計3億6,585万9,000円に増額補正するものでございます。


 2枚はぐっていただきまして、3ページの平成22年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)説明書、損益勘定の支出から御説明申し上げます。款1、水道事業費、項1、営業費用、目7、その他営業費用283万8,000円増額し、408万3,000円とするものであります。これは修繕料としまして消火栓6基、内訳としまして三保4基、逢束1基、上光好1基の改造、移設及び修繕であります。


 収入としまして、款1、水道事業収益、項1、営業収益、目3、その他営業収益で305万4,000円増額補正の、計739万8,000円とするもので、この増額は一般会計から負担金であります事務費も含んでおります。


 はぐっていただきまして、4ページの資本勘定の支出でございます。款1、資本的支出、項1、建設改良費、目3、消火栓新設費148万2,000円増額補正し、計148万3,000円とするもので、成美保育園入り口に消火栓1基を新設するものであります。


 収入では、款1、資本的収入、項3、工事負担金、目1、工事負担金を148万2,000円増額し3,918万2,000円とし、これは工事負担金としまして一般会計から水道会計に入るものでございます。なお、資本的収入額が資本的支出額に不足いたします額、表紙の裏であります括弧書きでありますが、不足いたします額1億5,100万2,000円と内訳の補てん額に変更はございません。


 以上で御説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 暫時休憩いたします。再開を11時15分といたしますので、よろしくお願いします。


               午前10時59分休憩


      ───────────────────────────────


               午前11時14分再開


○議長(川本正一郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第97号、平成21年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 平成21年度一般会計歳入歳出決算について御説明を申し上げます。


 8ページの方をお開きください。歳入からさせていただきます。何と申しわけありませんが、たんが出るようでして、ちょっと聞き苦しいと思いますが、御容赦お願いします。


 平成21年度琴浦町一般会計歳入歳出決算事項別明細書ですが、1、町税、1、町民税、1、個人ということで、予算現額と、それから収入済み額、不納欠損額、収入未済額の欄だけを申し上げます。1、個人5億5,255万1,000円、収入済み額は5億5,327万3,506円、不納欠損額が14万4,766円、3人、収入未済額が3,120万3,711円で831人でございます。1、現年課税分につきましては、収入未済額は971万5,362円、250人分でございます。2、滞納繰越分の不納欠損額が14万4,766円で3人分でございます。収入未済額は2,148万8,349円で、581人分でございます。2、法人9,743万3,000円、1億292万1,600円、収入未済額は70万9,300円で、現年課税分に42万3,500円、8社、滞納繰越分に28万5,800円で6社の計14社でございます。


 2、固定資産税。1、固定資産税10億529万8,000円、10億695万7,094円、35万8,068円、10人分の不納欠損でございます。8,431万2,708円、収入未済額、1,177人分でございます。現年課税分につきましては、不納欠損が18万2,800円で9人分、収入未済額は2,020万6,694円で314人分でございます。滞納繰越分につきましては、不納欠損額は17万5,268円で3人分でございます。収入未済額は6,410万6,014円で863人分でございます。2、国有資産等所在市町村交付金及び納付金533万8,000円。


 3、軽自動車税につきましては、4,914万9,000円、4,954万6,233円、不納欠損額が1,600円で、1人分でございます。収入未済額が316万5,030円で489人分でございます。現年課税分につきましては、収入未済額が100万1,800円で154人分、滞納繰越分につきましては、不納欠損額が1,600円で1人分、収入未済額が216万3,230円で335人分でございます。


 4、町たばこ税1億200万円、1億361万9,059円。


 2、地方譲与税。1、地方揮発油譲与税2,021万6,000円、2,021万6,000円。2、自動車重量譲与税9,113万7,000円の9,113万7,000円。はぐっていただきまして、項の3、地方道路譲与税1,388万円、1,388万165円。


 3、利子割交付金733万4,000円、720万6,000円。


 4、配当割交付金169万8,000円、169万8,000円。


 5、株式等譲渡所得割交付金82万円の82万円。


 6、地方消費税交付金1億7,133万7,000円の1億7,133万7,000円。


 7、ゴルフ場利用税245万円、245万805円。


 8、自動車取得税交付金、自動車取得税交付金2,864万2,000円、2,864万2,000円。旧法による自動車取得税交付金36万8,000円の36万8,000円。


 9、交通安全対策特別交付金279万7,000円、287万7,000円。


 10、地方特例交付金2,159万7,000円、2,159万7,000円。特別交付金123万9,000円の123万9,000円。


 11、地方交付税37億6,012万1,000円、37億6,128万円。


 12、分担金及び負担金。1、民生費負担金1億370万円、1億329万1,520円、収入未済額は905万6,450円、保育料でございまして、現年分が29人で216万620円、過年分が94世帯で689万5,830円でございます。2、農林水産業費負担金430万円、280万2,132円。3、土木費負担金211万5,000円、95万6,060円。


 2、分担金。農林水産業費分担金、繰越明許に係るもの5万6,995円、10万9,629円。


 13、使用料及び手数料。はぐっていただきまして、1、総務使用料681万円、674万8,600円。2、民生使用料7,000円のゼロ。3、衛生使用料224万円の229万円。4、農林水産業使用料7万円の7万8,825円。5、商工使用料1,426万4,000円、1,447万204円。6、土木使用料8,850万7,000円、8,505万7,540円、収入未済額は1,348万1,535円で、住宅使用料でございますが、過年分が30人で965万8,270円、現年分が54人で382万3,265円でございます。失礼しました。前に戻っていただきまして、ポート赤碕物産館の使用料が118万5,120円収入未済額になっておりますが、1件でございます。7の教育使用料1,269万円、1,192万8,545円、16万9,440円の収入未済額ですが、幼稚園の使用料でございまして、4人分でございます。


 2、手数料の1、総務手数料1,237万8,000円、1,145万770円。2、衛生手数料1,220万6,000円、1,226万3,050円。3、土木手数料12万4,000円、3万4,350円。


 14、国庫支出金。1、国庫負担金。1、民生費負担金2億6,400万1,000円、2億6,500万582円。


 2、国庫補助金。1、総務費補助金4億9,658万円、2億8,580万9,000円、同じく繰越明許2億3,281万1,000円、2億4,367万1,627円。2、民生費補助金1,287万円、1,287万円、同じく繰越明許18万2,000円、3万6,000円。3、衛生費補助金193万3,000円、193万3,000円。4、農林水産業費補助金493万1,000円、493万1,000円。5、土木費補助金2億9,699万8,000円、2億2,529万6,000円、繰越明許費ですが、1,468万3,000円、1,468万3,000円。6、都市計画費25万円、19万4,000円。7、教育費補助金4,516万6,000円、4,522万3,000円。


 3、委託金。1、総務費委託金322万5,000円、315万5,000円。2、民生費委託金821万1,000円、443万1,334円。


 15、県支出金。1、県負担金。1、民生費負担金2億2,539万6,000円、2億2,589万6,853円。


 2、県補助金。1、総務費補助金2,465万5,000円、2,467万1,000円。2、民生費補助金1億3,292万4,000円、1億3,326万649円、繰越明許383万2,500円、383万2,500円。3、衛生費補助金1,029万9,000円、1,033万3,000円。4、農林水産業費補助金1億4,919万5,000円、1億4,814万1,465円、繰越明許580万2,000円、300万9,000円。5、商工費補助金6,060万3,000円、6,060万3,781円。6、土木費補助金172万7,000円、172万6,900円。7、消防費補助金71万2,000円、88万7,764円。8、教育費補助金337万3,000円、318万26円。9、災害復旧費補助金88万6,000円、88万6,000円、繰越明許263万4,748円、263万5,356円。


 3、委託金。1、総務費委託金4,949万7,000円、5,063万4,163円。2、民生費委託金8万5,000円、8万5,000円。3、商工費委託金20万4,000円、20万4,000円。4、土木費委託金122万4,000円、182万5,589円。5、教育費委託金422万5,000円、412万8,544円。


 16、財産収入の財産貸付収入214万8,000円、294万5,088円。2、利子及び配当金1,144万円、1,133万8,700円。


 2、財産売払収入。1、不動産売払収入99万7,000円、99万7,392円。


 17、寄附金。一般寄附金60万1,000円、210万円。2、教育費寄附金90万1,000円、40万円。ふるさと未来夢寄附金305万5,000円、305万5,000円。4、民生費寄附金100万円のゼロ。


 18、繰入金。1、基金繰入金。1、財政調整基金繰入金1億1,700万円、1億1,700万円。地域福祉基金繰入金500万円、500万円。3、きらりタウン赤碕定住促進基金繰入金190万円の190万円。4、下水道事業推進基金繰入金3,415万8,000円、3,415万8,000円。5、東伯小学校門脇教育図書購入基金繰入金2万6,000円、2万6,250円。6、林原育英奨学基金繰入金144万円、144万円。7、肉用牛特別導入事業基金繰入金65万7,000円、65万7,460円。8、森林保全管理基金繰入金33万7,000円、33万5,818円。9、船上山万本桜公園整備基金繰入金ゼロ。10、雇用創出・子育て支援基金繰入金1,779万8,000円、1,779万8,000円。11、ふるさと未来夢基金繰入金282万5,000円、282万5,000円。12、農村多元情報連絡施設等基金繰入金2,000万円、2,000万円。13、地域活性化基金繰入金3,700万円、3,700万円。14、農業集落排水事業推進基金繰入金2,100万円、2,100万円。15、道の駅ポート赤碕運営基金繰入金120万円の120万円。16、地域雇用創出推進基金繰入金4,472万4,000円、4,472万4,000円。


 2、老人保健特別会計繰入金64万円、63万9,576円。


 3、介護保険特別会計繰入金217万5,000円、217万3,015円。


 4、下水道事業特別会計繰入金2,723万9,000円、2,723万9,000円。


 5、農業集落排水事業特別会計繰入金1,335万1,000円、1,335万1,000円。


 6、後期高齢者医療特別会計繰入金22万円の22万502円。


 19、繰越金。1、繰越金、1億8,659万3,000円、1億8,641万9,472円、繰越明許1億103万2,914円、1億103万2,914円。


 20、諸収入。1、延滞金及び加算金及び過料ですが、延滞金80万円、171万8,016円。


 2、町預金利子100万円、69万1,047円。


 3、貸付金元利収入。1、社会福祉資金小口貸付金元金収入300万円の300万円。それから、2の中小企業貸付金元金収入5,715万6,000円、5,715万6,000円。3、奨学資金貸付金元利収入259万8,000円、118万3,944円で、収入未済額は94万7,620円で3人分でございます。4、大学入学資金貸付金元金収入125万円、90万1,000円、65万1,484円の収入未済額、3人分ですが、大学入学に係るものが30万8,484円で2人分、林原育英奨学金に係るものが34万3,000円で1人でございます。5、地域総合整備資金貸付金元金収入4,314万6,000円、4,314万6,000円。6、勤労者住宅建設資金貸付金元利収入1,000万4,000円、1,002万9,917円。9、下水道事業便所等資金貸付金元利収入2万8,000円、2万8,123円。


 4、雑入。1、滞納処分費1,000円のゼロ。2、雑入1億849万9,000円、1億2,450万9,789円、繰越明許74万2,300円のゼロ。


 21、町債。1、総務債4億3,696万1,000円、4億3,696万1,000円。2、農林水産業債3,150万円、2,950万円、繰越明許750万円、750万円。3、土木債2億4,170万円、1億9,750万円、3、土木債の繰越明許2,140万円、2,140万円。4、合併特例債8億1,600万円、3億9,860万円、繰越明許3億9,210万円、3億8,600万円。5、借換債1億3,850万円、1億3,850万円、繰越明許、災害復旧20万円の10万円。


 歳入合計ですが、予算現額が112億2,453万1,457円、収入済み額が104億9,646万843円、不納欠損額が50万4,434円、収入未済額が1億4,488万2,398円でございます。


 歳出にさせていただきます。不用額50万円以上については御説明申し上げます。1、議会費。支出額と不用額の欄だけさせていただきます。支出額1億495万8,404円、不用額48万3,596円。


 2、総務費。1、総務管理費、一般管理費5億5,059万157円、300万8,843円で、3番の職員手当等ですが、74万6,192円の残となっておりますが、時間外手当に34万円、退職手当組合の負担金の不用額が36万円となっております。2、関西事務所活動運営費1,113万5,771円、58万1,229円。3、文書広報費436万2,435円、3万565円。4、財政管理費4億2,574万1,186円、9万1,814円。5、会計管理費123万7,820円、45万180円。6、財産管理費224万8,183円、9万7,817円。CATV管理費2億8,817万9,620円、繰越明許として音声告知システムに係るものですが、4億1,177万7,500円、これは委託料の375万9,500円と工事請負費4億794万6,000円、公有財産購入費7万2,000円でございます。不用額が34万3,880円。8、企画費6,798万9,541円、25万9,459円、繰越明許1,882万3,763円、184万9,737円ですが、13、委託料の繰越明許ですが、光のこて絵に係るトイレ、駐車場の委託料でございます。9の公平委員会3万7,000円のゼロ。10、交通安全対策費855万7,517円、35万4,483円。11、電算機管理費1億1,235万3,213円、378万円の繰越明許費、子ども手当システム導入事業でございます。42万6,787円。繰越明許につきましては、委託料の378万円でございます。電算機管理費の繰越明許383万2,500円のゼロ。12、分庁管理費2,029万2,739円、19万4,261円。13、諸費3,730万9,896円、59万8,104円。


 2、徴税費。1、税務総務費9,374万909円、39万5,091円。2、賦課徴収費3,371万4,669円、43万4,331円。


 3、戸籍住民登録費3,176万5,576円、25万8,424円。


 4、選挙費。1、選挙管理委員会費17万6,235円、5万3,765円。2、衆議院議員総選挙費1,496万3,320円、4,680円。3、町長・町議会議員選挙費1,408万3,770円、3万1,230円。


 5、統計調査費874万5,940円、8,060円。1、統計調査総務費390万7,940円の8,060円。2、基幹統計費483万8,000円のゼロ。


 6、監査委員費115万3,724円の9万3,276円。


 地域活性化・経済危機対策費3億2,328万9,431円で、3,637万9,000円の繰越明許を計上しております。不用額は7万569円で、繰越明許は、内訳として工事請負費が3,552万4,000円、備品購入費が85万5,000円でございます。


 8、地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業でございますが、1億8,008万9,000円で、全額繰り越しでございます。


 9、地域活性化・生活対策費1億9,926万5,646円、6,146万3,610円の残でございますが、これにつきましては精算による残でございます。これにつきましては、補助金の増額見込みが当初国の方から出ておりましたので多目に組んでおりましたが、実際補助金が来ておりませんので減額しております。


 10、定額給付金給付費765万1,125円、84万2,875円で、精算による減でございます。


 3、民生費。1、社会福祉費。1、社会福祉総務費1億6,698万7,307円、59万3,693円。28、繰出金ですが、54万6,125円の不用額ですが、国保会計への繰出金の精算です。2、社会福祉事業費3,496万7,621円、13万6,379円。3、同和対策総務費299万7,000円、2万5,000円。4、隣保館運営費43万883円、繰越明許26万2,500円の5,500円。5、国民年金事務費648万4,985円、30万1,015円。6、老人福祉費3,396万6,137円、45万7,863円。特別医療費助成事業費9,466万2,007円、13万7,993円。8、老人医療事務費1,175万5,547円、12万4,453円。9、心身障がい者医療費369万1,326円の674円。10、障がい者福祉費2億8,237万2,804円、27万8,196円。11、介護保険事業費2億9,044万5,300円、6万9,700円。12、いきいき健康センター運営費36万1,147円、2万7,853円。13、後期高齢者医療費2億9,671万9,463円、14万6,537円。


 2、児童福祉費。1、児童福祉総務費5億7,271万4,909円、75万6,091円、繰越明許7万2,120円の10万9,880円。2、保育所運営費4億7,266万6,048円、70万9,952円。3、児童館運営費622万1,477円、10万6,523円。4、母子福祉費340万5,000円、3万円。


 4、衛生費。1、保健衛生費。1、保健衛生総務費5,300万2,917円、24万4,083円。2、予防費9,281万679円の20万8,321円。3、健康づくり推進事業費2,805万1,516円、17万7,484円。4、環境衛生費1,282万3,619円の41万3,381円。


 2、清掃費。1、じんかい処理費2億4,770万9,420円、20万3,580円。2、し尿処理費3,846万2,000円のゼロ。


 3、上水道費720万3,574円、繰越明許として1,500万円、水道監視システム整備に係るものでございます。426円。


 5、農林水産業費。1、農業費。1、農業委員会費3,834万1,356円、35万1,644円。2、農業総務費2,257万456円、17万3,544円。3、農業振興費1億1,601万10円、繰越明許が189万円、97万990円で、19の負担金補助及び交付金で189万円の繰越明許ですが、雪害園芸施設復旧対策補助に係るものでございます。同じく繰越明許155万6,000円の7,000円。4、畜産業費1,255万5,262円、1万7,738円。5、農地費2億3,418万3,951円、1,087万7,501円の繰越明許、これにつきましては、19、負担金補助及び交付金ですが、県営畑総に係るものが202万円、同じく広域農道に係るものが885万7,501円でございます。不用額は11万7,548円。農地費の繰越明許1,167万8,751円のゼロ。6、地籍調査事業費6,692万9,985円、11万3,015円。7、農業集落排水事業費2億1,431万6,000円の1,000円。


 2、林業費。1、林業総務費413万6,983円、11万9,017円。2、林業振興費2,668万6,509円、34万8,491円。


 3、水産業費。1、水産業総務費256万6,421円、8万8,579円、繰越明許ですが、225万4,000円の359万9,200円、漁業雇用促進緊急対策に係るものでございますが、2名が1名減になったものでございます。


 6、商工費の1、商工総務費3,143万1,456円、2万5,544円。2、商工振興費7,518万8,658円の5万342円。3、観光費2,779万5,095円、56万7,905円、繰越明許39万2,584円の10万7,416円。4、勤労者体育センター運営費109万37円、6万8,963円。5、地域振興費8,505万3,646円、繰越明許が260万円ですが、11、需用費でバスの交通対策として車内整備に係るものでございます。不用額31万5,354円。6、緊急雇用創出費3,478万5,197円、9,803円。7、ふるさと雇用創出費3,529万3,210円の1,790円。


 7、土木費。1、土木管理費。1、土木総務費2,387万4,051円、444万6,000円の繰越明許ですが、19、負担金補助で急傾斜地の崩壊対策の負担金でございます。9万9,949円の不用額。繰越明許ですが、302万5,000円のゼロ。


 2、道路橋梁費。1、道路維持費3,011万9,292円の8万5,708円、繰越明許174万9,300円の700円。2、道路新設改良費2億5,406万15円で、繰越明許費が1億2,771万1,000円で、町道釛上野線ほか7路線分で、委託料が2,163万2,000円、工事請負費が1億547万9,000円、19、負担金補助及び交付金につきましては県道改良負担金の60万円でございます。不用額が15万7,985円。繰越明許につきましては、2,521万2,900円で10万2,350円。


 3、河川費。1、河川維持費19万1,750円の8,250円。


 4、港湾費。1、港湾建設費1,760万5,587円の1万4,413円、繰越明許1,125万円のゼロ。


 5、都市計画費。1、都市計画総務費20万9,707円、8万6,293円。2、公園費154万8,826円の51万6,174円。3、公共下水道事業費3億6,280万9,373円の627円。


 6、住宅費。1、住宅管理費1,979万3,758円の61万1,242円。2、住宅建設費1億9,543万4,158円の51万1,842円。


 8、消防費。1、消防費、1、常備消防費2億5,140万7,000円のゼロ。2、非常備消防費3,891万9,777円の65万7,223円。3、消防施設費569万1,083円の840万円の繰越明許ですが、備品購入として防災情報通信整備、J−ALERTと言っておりますが、これに係るものでございます。不用額32万8,917円。


 9、教育費。1、教育総務費。1、教育委員会費211万4,201円、9,799円。


 2、小学校費。1、学校管理費2億1,422万9,269円の繰越明許91万4,550円ですが、15、工事請負費です。古布庄の小学校体育館の屋根の塗装に係るものでございます。不用額が88万5,181円。繰越明許として281万1,375円の14万8,625円。2、教育振興費3,172万6,433円の91万6,567円。


 3、中学校費。1、学校管理費3,129万1,836円の23万164円。2、教育振興費2,546万2,649円の58万8,351円。


 4、幼稚園費。1、幼稚園費3,243万5,031円の18万1,969円。


 5、社会教育費。1、社会教育総務費5,301万1,484円の46万6,516円。2、公民館費4,082万7,396円の111万1,604円。14、使用料及び賃借料の残が56万3,008円ですが、コピー機等のリース料ですが、契約終了後の継続使用によって減となっております。3、文化財保護費287万2,943円、16万3,057円。4、埋蔵文化財発掘調査費589万7,737円、4万9,263円。5、生涯学習センター運営費2,785万8,085円、37万9,915円。6、図書館費3,319万4,186円、61万8,814円。7、カウベルホール運営費1,328万2,683円の55万6,317円。8、人権・同和教育費3,719万6,959円、31万9,041円。


 6、保健体育費。1、保健体育総務費2,262万3,853円、23万4,147円。2、体育振興費994万8,515円、35万5,485円。3、体育施設費2,774万8,772円の104万9,228円。4、給食センター運営費1億2,090万5,228円、72万3,772円。繰越明許ですが、4億1,334万8,800円、不用額が705万1,200円ですが、精算による残でございます。


 10、災害復旧費。1、農林水産業災害復旧費。1、現年発生農地災害復旧費ゼロの1,000円。現年発生農業用施設災害復旧費ゼロの1,000円。繰越明許379万4,394円の70万8,606円の不用額ですが、最終出来高による不用額でございます。3の単県斜面崩壊復旧費ゼロのゼロ。


 11、公債費。1、元金が12億7,595万9,567円、1,433円。2、利子2億4,595万7,768円、232円。


 12、諸支出金の1の国県支出金返納金を844万5,317円の1,683円。


 13、予備費ゼロの7,132万6,000円でございます。


 歳出合計ですが、予算現計が112億2,453万1,457円、支出済み額が102億4,324万5,357円、繰越明許費が8億386万4,551円、不用額が1億7,742万1,549円。


 56ページですが、一般会計の実質収支に関する調書でございます。歳入総額104億9,646万843円、歳出総額102億4,324万5,357円、歳入歳出差し引き額2億5,321万5,486円、4、翌年度へ繰り越すべき財源、(2)繰越明許費繰越額5,272万3,351円、5の実質収支額2億49万2,135円、実質収支額のうち地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額はゼロでございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 暫時休憩をいたします。再開を午後1時としますので、よろしくお願いします。


               午前11時47分休憩


      ───────────────────────────────


               午後 1時00分再開


○議長(川本正一郎君) そうしますと、休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第98号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 まず、歳出の方から説明をさせていただきます。10ページをお開きください。説明は目を中心に、それから支出済み額と不用額。なお、不用額につきましては額の大きいものについて説明をさせていただきます。


 まず、1款総務費。1項総務管理費、一般管理費でありますが、支出済み額4,282万4,713円、不用額121万4,287円ですが、これは実績によるものであります。連合会負担金、これは国保連合会負担金でありまして、333万1,474円、18万3,526円の不用額であります。


 2項徴税費の賦課徴収費でありますが、4万117円で、7万5,883円の不用額であります。滞納処分費はありません。


 それから、3項運営協議会費3万8,310円で、14万4,690円の不用額であります。


 次に、2款、保険給付費であります。1項療養諸費、一般被保険者療養給付費12億2,138万4,179円、2,558万9,574円の不用額であります。これは実績によるものであります。はぐっていただきまして、11ページであります。退職被保険者等療養給付費でありますが、1億13万3,247円、一般被保険者療養給付費より97万2,247円を流用させていただいております。これは予算現額に不足が生じたことによるものであります。一般被保険者療養費587万6,502円、不用額が58万3,498円であります。これは実績によるものであります。退職被保険者等療養費33万3,434円、不用額8万6,566円。審査支払い業務費567万円、不用額が3万5,000円であります。


 それから、2項高額療養費の一般被保険者高額療養費1億3,484万8,170円、132万7,553円の不用額となっております。これは実績によるものであります。退職被保険者等高額療養費1,252万4,277円、一般被保険者高額療養費より132万4,277円を流用させていただいております。これは予算現額に不足が生じたことによるものであります。


 3項出産育児諸費の出産育児一時金は、20人分で781万円、84万円の不用額は、見込みより減ったものであります。


 4項葬祭諸費の葬祭費は、37人分で74万円、6万円の不用額であります。


 5項移送費はありません。


 6項高額介護合算療養費であります。一般被保険者高額介護合算療養費6,975円、不用額は29万3,025円であります。12ページであります。退職被保険者高額介護合算療養費7,848円で、不用額が9万2,152円であります。


 3款後期高齢者支援金等であります。後期高齢者支援金でありますが、2億6,491万5,974円で、26円の不用額であります。後期高齢者関係事務費拠出金3万6,049円で、5万3,951円の不用額であります。


 次に、4款前期高齢者納付金等。前期高齢者納付金であります。72万980円で、不用額は9万2,020円であります。前期高齢者関係事務費拠出金3万2,383円で、不用額は1万7,617円であります。


 次に、5款老人保健拠出金であります。医療費拠出金であります。739万6,358円で、不用額は642円であります。事務費拠出金2万2,624円で、4万7,376円の不用額であります。


 次に、6款介護納付金1億591万6,453円で、547円の不用額であります。


 7款共同事業拠出金。高額医療費共同事業拠出金です。これは80万以上の高額医療費を補てんする共同事業でありますが、3,624万6,976円で、313万8,024円の不用額となっております。これは実績によるものであります。はぐっていただきまして、13ページであります。保険財政共同安定化事業拠出金、これは30万円以上の医療費の共同事業であります。2億3,728万7,261円で、739円の不用額であります。保険財政共同安定化事業事務費拠出金はありません。その他の共同事業拠出金810円で、190円の不用額であります。


 次に、8款保健事業費の保健事業推進費であります。1,034万1,092円、256万1,908円の不用額であります。これは実績でありまして、主には特定健康診査の受診率が予定よりも低かったことによるものであります。


 次に、9款諸支出金であります。1項還付金、一般被保険者分であります。188万7,000円で、21万3,000円の不用額であります。過年度分61件分を支払っております。退職被保険者分3万6,700円で、6万3,300円の不用額であります。3件分を支払っております。


 それから、2項還付加算金でありますが、一般被保険者分と退職被保険者分はありません。高額療養費特別給付金4万4,104円で、5万5,896円の不用額であります。


 14ページであります。3項諸費で国庫支出金等返納金1,644万1,231円で、不用額はありません。これは平成20年度の精算分として療養給付費負担金などを返納したものであります。


 次に、10款基金積立金の財政調整基金積立金ですが、2,501万8,541円で、不用額が1万8,459円であります。これは繰越金のうちの2分の1相当を積み立てしたものであります。


 11款公債費と12款予備費はありません。


 支出済み額合計22億4,191万3,782円であります。不用額は3,888万2,218円であります。


 歳入の方に戻っていただきまして、6ページをお開きください。これにつきましても、収入済み額、収入未済額は主なものについて説明をさせていただきます。


 1款国民健康保険税であります。一般被保険者国民健康保険税でありますが、4億1,259万3,135円、不納欠損が3人分、50件で54万9,600円、収入未済額が1億284万9,704円で、内訳といたしましては、現年課税分が3億9,743万3,538円、収入未済額が2,510万466円、滞納繰越分につきましては1,515万9,597円、不納欠損が54万9,600円、収入未済額が7,774万9,238円。現年分の未収金につきましては1,465件分、滞納繰越分につきましては4,006件分であります。退職被保険者等国民健康保険税でありますが、3,496万892円、不納欠損が1人分、3件で2万6,600円、収入未済額が319万4,631円。内訳でありますが、現年課税粉が3,416万2,377円、収入未済額が43万8,219円、滞納繰越分につきましては79万8,515円、不納欠損が2万6,600円、収入未済額が275万6,412円でありまして、退職分の収入未済額でありますが、現年分が71件、それから滞納繰越分につきましては256件であります。


 次に、2款国庫支出金でありますが、1項国庫負担金。事務費負担金はありません。療養給付費負担金3億9,317万400円であります。高額医療費共同事業負担金906万1,744円。特定健康診査等負担金160万円であります。


 2項国庫補助金。財政調整交付金でありますが、1億4,516万3,000円であります。特別対策費補助金はありません。介護従事者処遇改善臨時特例交付金175万5,071円。出産育児一時金補助金20万円であります。


 はぐっていただきまして、7ページであります。3款療養給付費交付金であります。1億5,185万3,033円であります。


 次に、4款使用料及び手数料はありません。


 それから、5款前期高齢者交付金、これは65歳から74歳までの加入者の割合が全国平均より高い保険者に対して交付金として支給されるものでありますが、4億9,437万8,894円であります。


 6款県支出金。1項県負担金。高額医療費共同事業負担金906万1,744円であります。特定健康診査等負担金160万円であります。


 2項県補助金の財政調整交付金でありますが、7,485万8,000円であります。


 次に、7款共同事業交付金ですが、高額医療費共同事業交付金が4,094万6,454円、保険財政共同安定化事業交付金2億4,305万3,861円であります。


 8ページであります。8款財産収入としまして利子及び配当金44万2,455円、これは財政調整基金の利息であります。


 9款寄附金はありません。


 次に、10款繰入金。一般会計の繰入金ですが、1億3,151万7,875円ということでありまして、基盤安定、職員給与、出産育児等の法定内繰り入れを行っておるものであります。基金繰入金でありますが、財政調整基金繰入金で、基金からの繰入金8,200万円であります。


 次に、11款諸収入でありますが、1項延滞金加算金及び過料で、延滞金であります。一般被保険者の延滞金が140万5,286円で343件分となっております。


 2項預金利子ですが、1,110円であります。


 3項受託事業収入はありません。


 4項雑入でありますが、9ページをお開きください。滞納処分費はありません。第三者納付金でありますが、1人分で51万6,708円であります。返納金であります。一般被保険者の返納金が58人分で85万8,594円であります。退職被保険者等の返納金が3人分で18万7,351円であります。雑入ですが、18万7,351円、これは円滑導入補助金と療養費等国が支払う一般負担金部分であります。


 12款繰越金で、前年度繰越金ですが、4,917万2,173円であります。


 収入済み額合計で22億8,040万5,622円となっております。不納欠損額は57万6,200円で、収入未済額は1億604万4,335円であります。


 15ページの実質収支に関する調書を見ていただきたいと思います。歳入総額22億8,040万5,622円、歳出総額22億4,191万3,782円、歳入歳出差し引き額は3,849万1,840円でありました。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第99号、平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、人権・同和教育課長の説明を求めます。


 人権・同和教育課長、田中肇君。


○人権・同和教育課長(田中 肇君) それでは、議案第99号、平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をさせていただきます。


 特別会計決算書の20ページをお開きいただきたいと思います。まず、歳出でありますが、目と支出済み額について説明させていただきます。款項目それぞれ資金貸付事業でありますが、支出済み額90万4,763円。


 款項それぞれ公債費、目、元金、支出済み額2,797万1,337円。目、利子、支出済み額490万7,226円。


 予備費の支出はございません。


 款、諸支出金、項目、繰上充用金、支出済み額6,636万1,000円であります。


 次に、19ページの歳入について説明をいたします。款、県支出金、項、県補助金、目、住宅新築資金等貸付事業補助金でありますが、収入済み額295万5,000円。


 続いて、款、諸収入、項、貸付金元利収入のうち、目、住宅新築資金貸付金元利収入、収入済み額2,021万622円、未済額1億477万9,922円、71件であります。目、住宅改修資金貸付金元利収入、収入済み額65万2,849円、未済額1,335万1,129円、11件であります。目、宅地取得資金貸付金元利収入、収入済み額818万3,693円、未済額5,413万2,553円、50件であります。


 雑入はございません。


 21ページをごらんください。特別会計の実質収支でありますけれども、歳入総額3,200万2,164円、歳出総額1億24万4,326円で、差し引き6,824万2,162円の赤字であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第100号、平成21年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成21年度琴浦町老人保健特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。27ページをお開きください。1款医療諸費でありますが、医療給付費80万2,058円、不用額は39万8,942円となっております。医療支給費でありますが、9万6,193円、不用額は38万4,807円となっております。審査支払い業務費336円、不用額は9,664円であります。


 次に、2款諸支出金でありますが、1項医療費還付金はありません。


 2項拠出金、一般会計拠出金、これは19年度の精算に伴うものでありますが、63万9,576円、不用額は424円であります。


 3項諸費、国庫支出金等返納金205万6,491円で、不用額は509円であります。これにつきましては医療費交付金で、支払い基金に84万1,000円と県の負担金で121万5,000円を19年度の精算に伴って返納しております。


 繰上充用金172万8,031円、不用額は969円ということで、これは20年度の赤字分であります。


 予備費はありません。


 支出済み額の合計が532万2,685円になっております。不用額は80万1,315円であります。


 歳入の方に戻っていただきまして、25ページをお願いします。1款支払い基金交付金であります。医療費交付金、現年度分医療費交付金ですが、12万3,000円となっております。過年度分医療費交付金はありません。審査費用交付金はありません。


 次に、2款国庫支出金の医療費負担金であります。過年度分医療費負担金442万4,098円であります。


 次に、3款県支出金の医療費負担金はありません。


 次に、4款繰入金の一般会計繰入金であります。町負担分でありますが、5万612円であります。


 次に、5款繰越金で、前年度繰越金はありません。


 次に、6款諸収入であります。延滞金及び加算金はありません。


 はぐっていただきまして、26ページでありますが、2項雑入の第三者納付金はありません。返納金72万4,975円でありますが、国保連からの過誤調整に係る費用の返納金であります。歳入欠陥補てん収入はありません。


 収入済み額の合計は532万2,685円であります。


 28ページの実質収支に関する調書でありますが、歳入総額532万2,685円、歳出総額532万2,685円でありまして、歳入歳出差し引き額はゼロ円でありました。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第101号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてと議案第102号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての2議案について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) それでは、議案第101号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 34ページをお開きください。まず、歳出から御説明いたします。項目、支出済み額、不用額の順に御説明いたします。


 項1、処理施設費、支出済み額2億2,593万8,202円、不用額45万6,798円でございます。なお、翌年度への繰越明許費は1,173万円でございます。目1、施設整備事業費でありますが、支出済み額1億2,021万6,122円、不用額28万8,878円でございます。不用額で10万円以上の主なものでは、11、需用費、不用額15万7,448円であり、これは処理施設等の光熱水費、主に電気代でありますが、精算による減であります。施設整備事業費の繰越明許分は、支出済み額1億572万2,080円、不用額は16万7,920円であります。内訳はごらんのとおりでありまして、22、補償補てん及び賠償金、繰越明許の分ですが、不用額10万3,650円で、繰り越しに補償費を予定いたしましたが、現年度で精算、施行できましたので不用となりました。


 続きまして、公債費のうち元金、支出済み額1億3,496万773円、不用額227円、利子におきましては、支出済み額7,390万7,025円、不用額5万5,975円であります。


 歳出の支出済み額合計4億3,480万6,000円、不用額は51万3,000円でございます。なお、翌年度繰越明許費は1,173万円であります。


 32ページに返っていただきまして、歳入であります。まず、農林水産業費分担金であります。収入済み額1,795万1,000円であります。これは農業集落排水の分担金として101件分であります。収入未済額145万円は、過年度分12件、69万6,000円、21年度分、当年度分ですが、13件、75万4,000円であります。


 次に、農林水産業費使用料であります。収入済み額4,078万553円、これは894件分であります。収入未済額253万1,159円、92件分。内訳としまして、過年度分が59件、181万9,946円と、21年度、当年度分です、33件、71万1,213円であります。


 続きまして、集落排水施設補助金であります。収入済み額7,555万4,000円、国からの汚水処理施設整備交付金であります。平成20年度繰越明許費4,500万も含んでおります。


 一般会計繰入金は、1億9,325万2,000円であります。


 繰越金1,568万7,872円、これは前年度繰越金であり、繰越明許繰越金1,409万円も含んでおります。


 雑入といたしまして7万2,200円、これは主に消費税還付金であります。


 はぐっていただきまして、33ページ、町債であります。収入済み額9,410万円。内訳は、農業債、農業集落排水施設整備事業債3,250万円と辺地債700万円、合計3,950万円であります。そして農業債、繰越明許として4,680万円でございます。農業集落排水借換債780万円であります。


 歳入総額4億3,739万7,625円であります。


 35ページをお願いしたいと思います。歳入総額4億3,739万7,625円、歳出総額4億3,480万6,000円、歳入歳出差し引き259万1,625円、翌年度へ繰り越すべき財源のうち繰越明許費64万5,000円、差し引き実質収支額194万6,625円であります。以上であります。


 続きまして、議案第102号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 41ページをお開きください。まず歳出から御説明いたします。下水道整備費でありますが、支出済み額6億2,570万452円、これは下水道工事、一般会計への繰出金及び水道管移設補償費、委託料としまして県技術センターへの管理監督費や事務費でございます。不用額38万8,548円。主な不用額の内訳で10万円以上は、節3、職員手当等の34万4,362円で、時間外手当等が見過ぎた関係でございます。整備費、繰越明許でありますが、支出済み額7,720万7,693円、これは下水道工事及び水道管移設補償費、そして事務費であります。不用額33万2,307円であります。この中に、15、工事請負費の不用額30万5,600円は、赤碕処理区の特環の単独工事の請負差額が主なものであります。次に、2、下水道維持管理費でございます。支出済み額5,717万246円、これは浄化センター及び管渠等の維持管理費であります。不用額は53万8,754円。主な不用額の内訳は、11、需用費の26万5,000円でありますが、処理施設等の光熱水費、電気代が主であります。精査による減であります。同じく12、役務費、不用額13万2,111円、マンホールポンプ等の通報装置の手数料の精査による減。13、委託料11万7,405円の不用額は、汚泥処理費の精査によるものでございます。


 はぐっていただきまして、42ページ、公債費のうちですが、1、元金であります。支出済み額1億8,324万8,118円、不用額1,882円であります。また、2、利子におきましては、支出済み額1億1,345万6,799円、不用額30万8,201円で、一時借入金30万円を予定していましたが、利用しなかった関係が主なものであります。


 歳出合計10億5,678万3,308円、不用額156万9,692円、そして翌年度繰越明許費1,261万5,000円であります。


 39ページに返っていただきまして、歳入であります。下水道費負担金であります。収入済み額5,838万7,000円であります。これは下水道負担金696件分であります。収入未済額2,669万1,000円で、454件分であります。内訳としまして、過年度分320件、1,914万8,000円、当年度134件、754万3,000円であります。


 次に、下水道使用料であります。収入済み額9,584万6,363円であります。これは1,950件分であります。収入未済額494万2,937円、187件分であります。内訳としまして、過年度分97件、279万2,705円、当年度分90件、215万232円であります。続きまして、手数料でありますが、収入済み額3万5,000円、これは排水設備指定工事店の申請手数料7件分でございます。


 そして、国庫補助金のうち事業費国庫補助金でありますが、収入済み額2億1,055万円であります。国からの下水道補助金であります。また、繰越明許2,955万円、負担金24万9,795円、国道9号線の国土交通省工事に伴います補償費であります。


 また、一般会計繰入金3億3,376万1,000円であります。繰越金1,183万3,118円、これは前年度の繰越金774万3,118円と、はぐっていただきまして、40ページですが、繰越明許の前年度繰越金409万円がございます。


 雑入848万2,691円、これは主に消費税還付金であります。


 町債は、下水道事業債であります。収入済み額2億7,350万円、繰越明許としまして4,360万円であります。


 歳入合計10億6,579万4,967円であります。


 43ページの実質収支に関する調書でありますが、1、歳入総額10億6,579万4,967円、2、歳出総額10億5,678万3,308円、3、歳入歳出差し引き額901万1,659円であります。4、翌年度へ繰り越すべき財源のうち繰越明許費59万円、差し引き後、実質収支額842万1,659円となります。


 以上で終わります。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第103号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、健康福祉課長の説明を求めます。


 健康福祉課長、小塩久志君。


○健康福祉課長(小塩 久志君) 失礼いたします。そういたしますと、議案第103号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算書について説明させていただきます。


 最初に、歳出の方から説明させていただきます。51ページをお開きください。款項目、支出済み額、不用額の順で読み上げまして、不用額につきましては50万円以上について詳細を説明させていただきたいと思います。


 総務費。一般管理費1,820万7,151円、14万7,849円、これは介護保険にかかわる事務職員、一般職員2人、それから臨時職員1人分の給与費等でございます。連合会負担金570万1,191円、67万3,809円、これは国保連合会への負担金でございまして、主な不用額の内容としましては、主治医意見書の作成負担金が見込み額より実績が少なかったということでございます。次に、包括支援センター運営費3,000万5,894円、27万7,106円、これは包括支援センターの一般職員3人、臨時職員3人の主には給与費等でございます。


 次に、52ページ、徴収費。賦課徴収費66万8,305円、3,695円、これは第1号被保険者の賦課徴収を行う事務費用でございます。次に、滞納処分費についてはございません。


 介護認定審査会費375万6,272円、728円、これは要介護認定を行うための審査会の事務費でございます。次に、認定調査等費330万7,442円、61万1,558円、これは要介護認定を行うための調査事務費でありまして、認定調査の委託が見込み額より実績が少なかったということでございます。


 次に、計画策定委員会費2万円、3万6,000円、これは介護保険の計画策定委員会の委員報酬であります。


 次に、包括支援センター運営協議会費2万4,000円、1万3,000円、これは包括支援センターの運営協議会の委員報酬であります。


 はぐっていただきまして、53ページ、介護サービス等諸費17億3,723万4,860円、384万4,140円、これは要介護認定者の居宅及び施設サービス費等の費用でございます。これは毎月約1億4,500万円ほどの費用がかかっとるわけですけども、65歳以上の高齢者、3月末現在で5,945人中の919人が介護保険の認定を受けておられまして、認定率が15.5%となっておりますし、予算に対しましての執行率としては99.8%でございます。


 次に、介護予防サービス等諸費8,145万6,483円、23万4,517円、これは要支援認定者の居宅のサービス費等でございます。これにつきましては、201人の方が要支援の認定を受けておられまして、認定率としては3.4%であります。


 次に、審査支払い手数料254万15円、3,985円、これは国保連合会に委託している給付費の審査経費でございます。次に、介護給付費請求書電算処理システム料98万1,237円、763円、これは国保連への電算処理システム料でございます。


 次に、高額介護サービス等費3,265万1,058円、34万8,942円、これは高額介護サービス費、あるいは高額医療合算高額介護サービス費の費用でございます。


 次に、特定入所者介護サービス等費5,892万9,420円、27万580円、これは低所得者等の施設サービスの食費等の補足給付費代であります。


 次に、地域支援事業費の介護予防特定高齢者施策事業費1,734万1,136円、19万3,864円、これは介護予防の対象となる特定高齢者への介護予防教室等の事業を行う職員2名分の人件費等でございます。次に54ページ、介護予防一般高齢者施策事業費574万7,070円、40万4,930円、これは一般高齢者を対象とした事業の費用であります。内容としましては、介護予防フェスティバル、琴浦体操の作成、認知症フォーラム、高齢者サークルの援助というようなものでございます。


 次に、任意事業費165万9,273円、50万9,727円、これは任意事業としまして、生活管理指導員派遣、あるいは介護用品の助成事業、ことうら家族の集い等の費用でございます。これにつきましては、生活管理指導員の派遣事業、それから介護用品の助成が見込みよりも実績が少なかったということで、不用額が50万を超えております。総合相談事業費6万円、これは認知症対策委員会の委員報酬であります。


 次に、基金積立金。介護給付費準備基金積立金19万35円、9,965円、これは次期の介護保険料の抑制のための基金の積立金であります。


 次に、諸支出金の第1号被保険者保険料還付金21万6,300円、18万3,700円、これは過年度分に係る保険料還付返納金であります。償還金1,758万7,608円、1,392円、これにつきましては、国庫負担金、支払い基金等への平成20年度分の精算に伴う返還金等でございます。


 一般会計繰出金217万3,015円、1,985円、これも平成20年度分の精算に伴う一般会計への返還金であります。


 歳出合計20億2,045万7,765円、不用額793万4,235円。


 次に、歳入について説明させていただきます。48ページをお開きください。保険料。第1号被保険者保険料3億973万1,912円、不納欠損額34万7,900円、収入未済額777万6,763円。これの内訳としましては、不納欠損額が4件分、それから収入未済額が、現年度分が224万5,216円、これは69件分であります。それから過年度分の滞納分が553万1,547円、これが153件分であります。


 次に、国庫支出金。介護給付費負担金3億3,905万4,359円。


 国庫補助金、調整交付金1億4,954万円。地域支援事業交付金、介護予防事業にかかわるものですけども、これは630万250円。地域支援事業交付金の包括的支援事業・任意事業にかかわるものが1,183万8,739円。


 支払い基金交付金。介護給付費交付金が5億7,292万1,960円。49ページをお開きください。地域支援事業交付金756万円。


 県支出金。介護給付費負担金2億7,769万68円。


 県補助金、地域支援事業交付金、介護予防事業分272万8,750円。地域支援事業交付金の包括的支援事業分が659万3,569円。


 財産収入としまして利子及び配当金19万35円。


 繰入金。介護給付費繰入金2億3,998万7,000円。その他一般会計繰入金3,420万5,000円、これは職員給与等でございます。地域支援事業繰入金、介護予防事業分370万9,000円。同じく包括的支援事業・任意事業783万6,000円。


 50ページ、基金繰入金、介護給付費準備基金繰入金3,433万4,000円。介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金845万7,000円。


 繰越金1,957万272円。


 諸収入の第1号被保険者延滞金9,000円。


 雑入ですが、331万8,211円ということで、歳入合計20億3,557万5,125円、不納欠損額34万7,900円、収入未済額777万6,763円。


 56ページの実質収支に関する調書ですが、歳入総額20億3,557万5,125円に対しまして歳出総額20億2,045万7,765円、歳入歳出差し引き額1,511万7,360円ということで、実質収支額も同額であります。


 以上、説明を終わります。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第104号、平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) そういたしますと、平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 62ページをお開きください。歳出の方から説明させていただきます。初めに、1款総務費でありますが、一般管理費238万2,726円、不用額は30万8,274円となっております。


 それから、2項徴収費でありますが、48万2,820円、不用額は22万2,180円となってと。滞納処分費はありません。


 次に、2款後期高齢者医療広域連合納付金1億8,974万4,682円、不用額は318円となっております。


 3款諸支出金であります。1項還付金及び還付加算金、保険料還付金20万2,900円で、10万4,100円の不用額であります。これにつきましては、保険料還付金で10人分であります。


 2項繰出金、他会計繰出金22万502円で、498円の不用額であります。これは一般会計への繰出金であります。


 4款予備費はありません。


 支出済み額の合計が1億9,303万3,630円となっております。不用額の合計は64万370円であります。


 歳入の方に戻っていただきまして、60ページをお願いします。1款後期高齢者医療保険料であります。特別徴収保険料、現年分ですが、2,886人で9,025万5,700円となっております。普通徴収保険料、現年度分ですが、4,141万4,700円、収入未済額は44万5,100円となっております。過年度分ですが、46万3,900円、収入未済額は3,400円であります。滞納繰越分ですが、12人で23万3,600円、収入未済額は2人分で19万6,700円であります。


 次に、2款使用料及び手数料はありません。


 次に、4款繰入金、事務費繰入金156万2,310円であります。保険基盤安定繰入金であります。これは低所得者等に係る保険料の軽減分について公費補てんの措置を行うもものでありますが、5,700万782円であります。


 次に、5款繰越金であります。前年度繰越金ですが、46万3,000円であります。


 次に、6款諸収入であります。1項延滞金加算金及び過料はありません。


 はぐっていただきまして、61ページですが、2項償還金及び還付加算金で、保険料還付金は19万6,000円であります。これは広域連合からの保険料還付金で9人分であります。還付加算金はありません。


 3項預金利子はありません。


 5項雑入であります。滞納処分費はありません。雑入は6,900円であります。これは個人に誤って返納した分を返していただいたものであります。


 次に、6項受託事業費収入は、後期高齢者医療の健康診査委託料ということでありまして、広域連合から受託するものであります。152万3,738円であります。


 収入済み額の合計が1億9,312万630円であります。収入未済額の合計は64万5,200円でありました。


 64ページでありますが、実質収支に関する調書でありますが、歳入総額1億9,312万630円、歳出総額1億9,303万3,630円で、歳入歳出差し引き8万7,000円となっております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第105号から議案第112号までの8議案について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) それでは、各財産区の説明をさせていただきます。


 東伯地区におきましては動きがありませんので、最終ページのみで説明を終わらせていただきます。70ページをお開きください。平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計実質収支に関する調書。歳入総額2万2,847円、歳出総額ゼロ円、歳入歳出差し引き額2万2,847円、実質収支額2万2,847円です。


 続きまして、76ページをお開きください。平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計実質収支に関する調書。歳入総額1万941円、歳出総額ゼロ円、歳入歳出差し引き額1万941円、実質収支額1万941円。


 続きまして、82ページお願いします。平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計実質収支に関する調書。歳入総額180円、歳出総額ゼロ円、歳入歳出差し引き額180円、実質収支額180円でございます。


 続きまして、88ページをお開きください。平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計実質収支に関する調書。歳入歳出ともゼロ円でございます。


 続きまして、94ページをお開きください。平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計実質収支に関する調書。歳入総額376円、歳出総額ゼロ円、歳入歳出差し引き額376円、実質収支額は376円でございます。


 続きまして、平成21年度赤碕財産区特別会計歳入歳出決算書99ページをお開きください。歳出ですが、財産区管理会費として、支出額が75万522円、不用額は9万8,478円。予備費は使っておりません。歳出総額は75万522円です。


 98ページにお戻りください。歳入ですが、財産収入の財産貸付収入が収入済み額29万7,309円、不動産売払収入が428万1,925円。2の繰越金につきましては、1,609万2,782円。3、諸収入の1の雑入につきましては300円。預金利息につきましては4万4,650円。歳入総額が2,071万6,966円でございます。


 100ページをお開きください。実質収支に関する調書ですが、歳入総額2,071万6,966円、歳出総額75万522円、歳入歳出差し引き額1,996万6,444円、実質収支額は1,996万6,444円でございます。


 続きまして、成美財産区ですが、105ページをお開きください。歳出ですが、財産区管理会費、支出済み額が20万3,000円、不用額が2,000円でございます。予備費は使っておりません。歳出総額は20万3,000円でございます。


 104ページにお戻りください。歳入ですが、財産収入の財産貸付収入は3,000円。2の繰越金につきましては、345万180円。3、諸収入の雑入につきましてはゼロ円。財産区預金利子につきましては1万1,838円で、歳入合計が346万5,018円です。


 106ページをお願いします。実質収支に関する調書ですが、歳入総額346万5,018円、歳出総額20万3,000円、歳入歳出差し引き額326万2,018円、実質収支額は326万2,018円でございます。


 続きまして、安田財産区ですが、111ページをお開きください。歳出ですが、財産区管理会費が91万2,524円の支出に対して不用額21万476円。予備費は使っておりません。歳出合計が91万2,524円です。


 110ページにお戻りください。歳入ですが、財産収入の財産貸付収入2万2,021円。不動産売払収入はございません。繰越金が1,211万5,021円。3、諸収入の雑入28万3,781円。財産区預金利子は4万1,981円で、歳入総額は1,246万2,804円でございます。


 112ページをお願いいたします。実質収支に関する調書ですが、歳入総額1,246万2,804円、歳出総額91万2,524円、歳入歳出差し引き額1,155万280円、実質収支額が1,155万280円でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 続いて、議案第113号、平成21年度琴浦町水道事業会計決算認定について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) 皆さんお持ちのこの21年度琴浦町水道事業決算報告書で御説明をさせていただきます。議案第113号、平成21年度琴浦町水道事業会計決算認定について、決算報告書により御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。(1)収益的収入及び支出の収入でありますが、第1款水道事業収益、決算額2億7,003万2,471円、うち仮受け消費税1,233万3,140円でございます。内訳としまして、営業収益2億6,587万4,423円、うち仮受け消費税1,232万8,715円であります。営業外収益としまして415万8,048円、うち仮受け消費税4,425円であります。営業収益と営業外収益の予算額に比べ決算額の増減は、水道使用料収入の減と雷被害によります共済補償費の収入によるものであります。特別利益はございません。


 続きまして、支出でありますが、第1款水道事業費用、決算額2億3,594万9,629円、うち仮払い消費税230万1,814円でございます。内訳としまして、営業費用1億8,002万7,149円、うち仮払い消費税225万9,916円、不用額としまして961万1,851円でございます。これは繰り越し工事に伴います資産減耗費の固定資産除却費の減によるものでございます。営業外費用は5,592万2,480円、うち仮払い消費税4万1,898円、不用額338万3,520円、公営企業債、市中銀行の返済見込み過ぎと一時借入金を使用しなかった関係であります。特別損失はございません。


 はぐっていただきまして、2ページの(2)資本的収入及び支出の収入でありますが、第1款資本的収入、決算額3億6,078万3,128円でございます。内訳としまして、企業債3億190万円、他会計出資金669万6,088円、工事負担金5,018万7,040円、補助金200万円であります。企業債、他会計出資金の予算額に比べ決算額の増減は、見込み過ぎもございました。繰り越しによります減額と、工事負担金は精査によります増であります。


 続きまして、支出でありますが、第1款資本的支出、決算額5億2,348万5,002円、うち仮払い消費税1,089万9,347円。内訳としまして、建設改良費2億2,891万3,759円、うち仮払い消費税1,089万9,347円、不用額としまして366万3,241円でございます。これは工事の精査によるものでございます。企業債償還金2億9,457万1,243円であります。不用額240万4,757円、これは企業債償還金の見込み過ぎがございました。なお、翌年度繰越額7,802万5,000円でございます。


 よって、資本的収入額が資本的支出額に不足する額1億6,270万1,874円、次のとおり補てんするものであります。当年度消費税資本的収支調整額809万5,389円、過年度損益勘定留保資金3,777万8,658円、当年度損益勘定留保資金1億375万5,862円。まだ不足がございましたので、減債積立金を1,307万1,965円を取り崩しいたしました。なお、米印で表示しております平成21年度末損益勘定留保資金残高がなくなりました。平成22年度当初予算でもお示ししておりますとおり、利益剰余金の3つのうち、減債積立金をまず取り崩していきます。これがなくなれば建設改良積立金を取り崩すということになるわけであります。


 3ページをお願いいたします。損益計算書でございます。1の営業収益は、給水収益、受託工事収益、その他営業収益を合わせまして2億5,354万5,708円であります。対しまして2の営業費用でありますが、(1)原水及び浄水費から(7)のその他営業費用までを合わせまして1億7,776万7,233円であります。差し引き営業利益7,577万8,475円であります。3の営業外収益は、預金利息、他会計補助金、雑収益を合わせまして415万3,665円。4の営業外費用5,588万5,787円を差し引きしますと5,173万2,122円の損失でございます。営業利益と営業外損失を差し引きしますと2,404万6,353円の営業利益となります。5の特別損失、(1)過年度損益修正損はございません。当年度純利益2,404万6,353円となります。これによりまして前年度繰越利益剰余金6,504万393円を合わせますと、当年度未処分利益剰余金は8,908万6,746円となります。


 はぐっていただきまして、4ページの剰余金計算書でございます。まず、利益剰余金の部で、1、減債積立金でありますが、(2)前年度繰入額でありますが、これは前年度純利益1,095万1,213円がございました。この20分の1相当であります54万8,000円を積み立てたものでございます。(3)当年度処分額1,307万1,965円は、先ほど2ページで御説明いたしました4条予算の不足額を補てんしたものでございます。(4)当年度末残高は7,586万7,603円でございます。2、建設改良積立金の変更はございません。3の未処分利益剰余金では、(1)前年度未処分利益剰余金6,558万8,393円であり、(2)前年度利益剰余金処分額の?減債積立金に、先ほど御説明いたしました54万8,000円を充てるものであります。3ページで御説明いたしました当年度純利益2,404万6,353円を合計しまして、当年度未処分利益剰余金は8,908万6,746円でございます。


 続きまして、右の資本剰余金の部でありますが、1、受贈財産評価額では、(3)当年度処分額としまして、集落排水事業に伴います配水管布設がえ工事により、以前、以西地区が簡易水道でありました。そこを工事施工いたしまして726万1,990円発生いたしました。(4)残高3億6,682万9,184円となります。2の寄附金については変更はございません。3の工事負担金では、4,770万1,948円が当年度発生高で、(3)当年度処分額268万5,344円を差し引きしまして、計7億4,855万4,341円となります。4の他会計補助金は変更ございません。5の国庫補助金は、大父木地に配水池を築造いたしました平成19年度に補助金1,000万円、平成20年度に3,580万円、また、当年度発生高200万円を合わせまして、(4)残高は4,780万円であります。翌年度繰越資本剰余金は、11億5,209万2,206円となります。


 次に、剰余金処分計算書(案)でございますが、平成21年度の純利益は、左のとおりでございまして2,404万6,353円でありましたので、その20分の1の120万3,000円を(1)減債積立金といたしました。差し引き8,788万3,746円を翌年度繰越利益剰余金とするものでございます。


 次に、5ページお願いいたします。貸借対照表で、左の資産の部から御説明いたします。1の固定資産で(1)有形固定資産でありますが、この明細書は、11ページの下の方にございまして、土地から建設仮勘定の資産の種類がありまして、当年度の増減は、新たに発生する資産及び除却する資産をあらわしておりまして、したがって、年度末現在高が算出されまして、減価償却累計額を差し引きしますと、年度末償却未済額となり、合計されました有形固定資産は34億7,959万7,559円であります。新たに無形固定資産としまして水道台帳ソフト495万7,000円を追加し、固定資産合計34億8,455万4,559円となります。2の流動資産でありますが、(1)現金預金としまして3億4,057万2,070円、(2)未収金としまして、水道使用料金847件分1,758万36円であります。(3)の貯蔵品はございません。(4)の前払い金としまして、繰り越し工事の前払い金408万円がございまして、流動資産の合計は3億6,223万2,106円でございます。よって、固定及び流動資産を合わせた資産合計38億4,678万6,665円となります。


 続きまして、右の負債の部であります。3、流動負債としまして、(1)未払い金のうち、イ、営業未払い金123万4,597円、これは3月分の電気代等であります。ロ、営業外未払い金は、6月に支払います消費税の194万1,100円がございます。よって、流動負債合計は317万5,697円であります。


 続いて、資本の部でありますが、(1)自己資本金のロ、出資金は、昨年度の金額に松谷工業団地償還元金669万6,088円をプラスしまして、特定収入消費税31万8,866円をマイナスした額であります。イとハにつきましては昨年と同額であり、ニの組み入れ資本金は、昨年の金額に減債積立金を取り崩しました4条予算の資本的収入に組み入れた額1,307万1,965円をプラスした額1億5,325万3,933円となります。自己資本金合計は6億4,029万1,478円、借入資本金合計は、9ページの左に表にあらわしております17億6,101万5,688円、資本金合計24億130万7,166円であります。5の剰余金でありますが、これは左の4ページで説明したとおりであります。剰余金合計14億4,230万3,802円で、合わせまして資本合計38億4,361万968円となり、負債と合わせ38億4,678万6,665円となります。よって、左の資産と同金額となるものであります。


 なお、6ページから12ページは省略をさせていただきたいと思います。6ページは、1、概況、7ページは、2、工事関係でございます。8ページと9ページは業務内訳、10ページと11ページは損益勘定と資本勘定の明細、固定資産明細書を上げております。12ページは企業債の明細の一覧表でございます。


 以上で終わらせていただきます。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由と内容説明を終わります。


 続いて、議案第97号から議案第113号までの平成21年度琴浦町各会計決算について、監査委員から意見書の提出があり、代表監査委員の出席を求めておりますので、この際、監査委員の決算審査の意見概要について報告を求めます。


 代表監査委員、松田道昭君。


○代表監査委員(松田 道昭君) 地方自治法第121条に基づきまして、平成21年度の決算審査の結果についての説明のために議長から出席を求められました代表監査委員の松田であります。


 決算審査の結果にかかわる審査意見書といたしましては、自治法第233条、同法241条、公営企業法第30条によりまして、議会の選任によりますところの大田監査委員と合議に至った結果について歳入歳出決算意見書として提出をしているところでございます。ただいまより改めて要点を絞り御説明申し上げます。


 決算は、御承知のように事業実績の検証を目的とするものでありまして、年間の業績に貴重な反省材料を提供し、加えて財政の問題点を明らかにしつつ、事業活動の結果を集約的に表現する計数表でもあります。また、住民及び議会にとっては、当然ながら行政を監視をし、的確な意見を集約する最も貴重な手がかりとなる資料の一つとなるように私自身努力をしたところでございます。当然ながら決算審査は住民を代表して実施すべきものとして行い、結果は住民に公表され、次年度以降の行財政運営に生かされる貴重な事業、そういう観点から慎重かつ厳重に、7月の15日から約16日間をかけまして実施をしたところであります。


 決算意見書は80ページに及び、膨大なものとなりましたが、琴浦町365日の行政活動の集約として熟読いただけるならば、その息づかいも聞き取れるように、予算と行政活動と、そしてその結果を財政状況の変化とともにまとめておいたのでございます。


 また、住民の皆さんへの公表を前提に、ややこしい行政用語の理解のために、その解説、説明を枠に囲みながら記述をしておきました。


 審査結果につきましては、一般会計、特別会計歳入歳出決算書、実質収支に関する調書などは、法令に準拠して作成されておりまして、その計数は、関係諸帳簿や証書類と照合した結果、正確でありました。その内容は、1ページから19ページまでに述べております。すなわち一般会計当初予算93億4,400万円の編成から始まり、増減数回の補正を経て、決算時点の予算現額は前年度対比11.2%増の112億2,453万1,000円であったことと、この予算を要した主な事業名と個別事業費もわかりやすく整理をし、明らかにしておきました。


 一般会計の歳入状況は、款別に予算額、調定額、収入額、収入未済額を表にあらわした上に、歳入状況と主なものを前年度との対比をしながら審査をいたしたところでございます。また、歳出におきましても、款別に支出額、翌年度繰越額、不用額など、できるだけその理由と執行事業を明らかにしているところであります。このように歳入歳出決算を記述し、歳入総額104億9,646万1,000円、歳出総額102億4,324万5,000円、翌年度へ繰り越すべき財源5,272万3,000円となり、2億49万2,000円となる実質収支額の正確性の検証を明らかにしたところでございます。


 特別会計におきましても、国民健康保険特別会計など15会計について、歳入歳出状況など歳入内訳と歳出に要した主な事業内容と結果としての実質収支に至る検証結果を述べております。特別会計の歳入歳出決算状況は、11ページに会計別に明らかにし、個別には歳入歳出の事業内訳を会計ごとに記述しておるところであります。


 財政状況についてでありますが、20ページから平成21年度の決算状況を普通会計の純計で検証した結果を解説的説明を加え、増減理由と結果の数値から判断できる財政上の課題について述べているところであります。総じて財政は硬直化し、弾力性を失った状況にあると言えるのであります。


 一方、68ページから75ページにかけまして明らかにしておりますが、財政の健全化法に基づく平成21年度の健全化判断比率等の結果は、4指標及び資金不足比率とも早期健全化基準以下であり、健全化状態をあらわすものとなっており、20ページからの財政状況意見書とは一見矛盾に見えますけれども、健全化判断比率などの検証は、いわば財政の健康診断にすぎず、基準以下だからといって、財政状況はこれで安心という意味ではありません。健全化判断比率などの監査委員審査は、比率が適正に算定されているかどうかの真実性を見る審査にすぎないのであります。財政状況の実態は、先ほど申し上げたとおり極めて窮屈で、町民が熱望する事業であっても、新規事業を賄う財源は一般財源では不可能で、限界状態にある起債を新たに発行する以外には捻出できないという極めて問題のある状況にあります。


 25ページの財政構造、主要財政分析、29ページの141億6,342万2,000円に膨らんだ平成21年度末地方債残高、73ページの債務負担行為などを加えた将来負担額255億5,152万2,000円等の実態を踏まえ、将来を展望し、現下においては、財政の体力に応じ町民の受益と負担を確保した琴浦町の経営と運営を行っていかなくてはならないのであります。


 町民の要望にこたえる独自事業の実施のためには、自主財源の増加と確保は第一級の課題であります。しかし、21ページに明らかにしたように、自主財源は対前年度比軒並み減少し、貯金である基金取り崩しによる繰入金でほぼ前年度並みを維持したにすぎないのであります。


 そこで、自主財源の最たるものである滞納を大問題としなければならないのであります。滞納状況は、30ページに明らかなとおり、前年度末滞納総額を3,383万1,000円増加し、平成21年度末合計では公債権、私法権を合算して4億8,362万5,000円と巨額であり、行政としても徴収プロジェクトや徴収一元化など滞納回収に努力はされているが、残念ながら結果は出ていないようであります。


 不思議なことに、一方で広域連合による滞納徴収率と琴浦町独自の徴収率との差があるのはなぜか。平成21年度に琴浦町が広域連合に委託した件数は820件、金額にして1,288万7,000円でありますけれども、広域連合がこれに対して徴収した現金は914万1,000円、そのうちの129万円は差し押さえ換価による配当金でありますが、この914万1,000円徴収の委託料として広域連合に支払った金額は、徴収金額よりもはるかに大きい1,449万5,000円であります。不払い得を許さないためといえど、採算にも合わないことを前提とする徴収委託行為を繰り返すことはいかがなものかと疑問を覚えます。広域連合はやれるのに、なぜ琴浦町はできないのか、どこか取り組みに欠陥があるのではないか。あるいは、どうせだめなら広域連合へという依存心があるのではないかとさえ思わずにはおられません。


 平成21年度の臨戸訪問は延べ497人に及んでおります。一方、現年度分の地方税など、公債権の97%は自主納付であります。苦しいながらも納税義務を果たしているこの事実を踏まえ、徴収手段を考えなければならないと考えます。納税義務を果たさない者に、その自宅まで出向いて頭を下げて納付を依頼するという行為は、サービス過剰で不公平ではないかと考えます。臨戸徴収は直ちにやめるべきです。法律を遵守をして、そして滞納処分による財産調査あるいは差し押さえ、換価、換金、そういうことをためらいなく淡々と実施をすべきときであります。


 琴浦町は今日まで、滞納者の生活実態に考慮し、温情ある対策と称して、これを基本に滞納対策をやってきたようでありますが、これは明らかに法的措置との矛盾であります。生活実態上、課税納付が不可能な場合は、徴収猶予や滞納処分執行停止によって法的に保護されておるのでありまして、この保護対象者以外の滞納者で急な災害とか、あるいは急な不当な解雇を受けた、そういった者を除き、これらは原則的に悪質者であります。ためらうことなく自立執行権を行使すべきであります。


 もちろんこれを実行するためには、財務一般事務との兼務では集中できません。独立した機能分担型滞納整理組織を立ち上げ、納税の公平公正を貫く実行専門部門の設置は必須の条件として強く要請しておきたいのであります。


 次は、93ページに明らかにしております単町費による補助金と関連して結びで提起をしておりますが、事業仕分けについて審査意見を申し上げます。


 財政状況でも触れましたように町財政は困窮し、行財政改革の断行による立て直しを迫られております。平成21年度決算でも明確なとおり、普通建設事業の単独事業のうち、新規事業は音声告知システムのデジタル化対策など総支出額の25.1%にすぎず、74.9%が継続事業であります。現行の経済状況が続く限り自主財源の増収は見込めず、町民が切望する今日的緊急事業、さらに将来を展望し、直ちに出発すべき重要事業であろうとも、これを賄う自主財源はなく、将来世代に負担をかける地方債発行で賄うしかないのであります。71ページで明らかなとおり、実質公債費比率が17%であってみれば、これ以上の借金をしては、町運営は不全状態に陥るのは数字上でも歴然であります。したがって、必要不可欠な今日的社会需要に的確にこたえるためには、現行事業と、これを賄っている財源の廃止を含む見直し作業を実施すべきであります。そして、現行財源の配分移転を断行しなければ財源確保の道はないと信じます。


 そのため行財政改革は、平成15年に構想日本が提唱し、国を初め全国の地方自治体が取り組んでおります、外部の者が参加し、公開の場での事業仕分けが必要であります。2億700万円に及ぶ単町での補助事業はもちろん、すべての事業をまないたにのせて、廃止か継続か、あるいは予算削減かも視野にして、現実のくびきから抜け出し、社会の進歩に応じた事業への予算転換を目的とした住民主導型の事業仕分けが必要であろうと考えます。


 財産管理状況は、41ページから57ページにかけ、30基金に及ぶ増減理由を含めた管理状況、土地建物などの公有財産、さらに公共施設の活用状況、物品及び出資の状況など、監査結果をまとめております。一読願い、口頭説明は省略させていただきます。


 水道事業でありますが、58ページに述べておきましたが、審査の結果は、経営状況、財政状況は適正に表示をされ、数値的誤謬はないものと認めることができました。ただし、63ページに当面する課題として述べておきましたが、建設改良及び企業債償還にかかわる資本的収支の赤字処理の問題でございます。今日までの不足額の処理は、損益勘定留保資金あるいは減価償却費や消費税調整額などの内部留保資金による赤字補てんでしのいでまいりましたけれども、長期に及ぶ下水道整備に伴う水道管の布設がえ工事の継続を考えた場合、今後も不足額の発生は避けられず、内部留保資金の枯渇状況からすれば、近い将来、水道事業の受益者である給水受益者による措置を前提とした水道料金の見直しが迫られていることを申し上げておきます。


 財政健全化法に基づく審査意見書は、68ページから73ページに公表されているとおり、実質公債費比率、将来負担比率などは全国平均からも注目すべきものでありますが、総じて早期健全化基準以下で、対前年度比でわずかながら4指標とも好転しておりますが、これは比率算定の分母となる標準財政規模が交付税措置の増加に伴い約3%程度上昇した結果と考えています。ただし、先ほども申し上げたとおり、当該の審査は、各比率が適正に算定されているかどうかの比率の真実性、的確性を見る審査であり、国の基準以下であるから安心ということではありません。琴浦町の財政状況は硬直的で余裕はありません。20ページから28ページに示したとおりであります。


 最後に、自治基本条例の制定について申し上げておきます。


 各監査を通じ、そのたびごとに痛感しておりますが、平成19年制定の総合計画を見ましても、個別事業はあるけれども、町民が結集すべき共通目標が定かでありません。イメージもわかないのであります。目指すべき町の形をきっちりと定め、その達成のために集中すべき行政事業と、町民、議会、行政がそれぞれの分野で活動すべき計画を立てて実行し、結果の評価と反省をしながら次に向かう協働の営みがなければ町の活性化は生まれません。みずからの生活拠点をみずからの知恵と作業で統治することを定めた自治基本条例を一刻も早く制定すべきであることを申し上げて決算審査の意見として、その説明を終わります。


○議長(川本正一郎君) お諮りします。本日提案された26議案については、議事の都合上、最終日の24日に審議いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、この26議案については、最終日に審議を行うことに決しました。


 なお、平成21年度決算関係の17議案については、会期日程のとおり、16日の本会議において総括質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、議案第97号から第103号までの17議案については、16日に総括質疑を行うことに決しました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(川本正一郎君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。


 あすは午前10時に本会議を開き、町政に対する一般質問を行いますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。御苦労さんでした。


                午後2時34分散会


      ───────────────────────────────