議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成22年第2回定例会(第4日 3月23日)




平成22年第2回定例会(第4日 3月23日)





────────────────────────────────────────


  第2回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)


                          平成22年3月23日(火曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成22年3月23日 午後1時30分開議


日程第1 諸般の報告について


日程第2 22年陳情第2号 船上山登山道の景観について(陳情)


日程第3 21年陳情第25号 「現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育


             条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増


             額を求める意見書」提出を求める陳情書


日程第4 22年陳情第1号 安心・安全な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所


             ・出張所の存続を求める意見書の採択について


日程第5 議案第  4号 障害表記の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定


             について


日程第6 議案第  5号 琴浦町遺児手当支給条例の廃止について


日程第7 議案第  6号 琴浦町父子手当支給条例の廃止について


日程第8 議案第  7号 琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正に


             ついて


日程第9 議案第  8号 琴浦町現業職員の給与の種類及び基準に関する条例及び琴浦


             町公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改


             正について


日程第10 議案第  9号 琴浦町職員の育児休業等に関する条例及び琴浦町職員の勤務


             時間、休暇等に関する条例の一部改正について


日程第11 議案第  10号 琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関


             する条例の一部改正について


日程第12 議案第  11号 琴浦町職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第13 議案第  12号 琴浦町税条例の一部改正について


日程第14 議案第  13号 琴浦町農村多元情報連絡施設利用条例の一部改正について


日程第15 議案第  14号 農林水産業地域改善対策事業に係る施設条例の一部改正につ


             いて


日程第16 議案第  15号 琴浦町消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一


             部改正について


日程第17 議案第  16号 平成22年度琴浦町一般会計予算


日程第18 議案第  24号 平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計予算


日程第19 議案第  25号 平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計予算


日程第20 議案第  26号 平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計予算


日程第21 議案第  27号 平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計予算


日程第22 議案第  28号 平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算


日程第23 議案第  29号 平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算


日程第24 議案第  30号 平成22年度琴浦町成美財産区特別会計予算


日程第25 議案第  31号 平成22年度琴浦町安田財産区特別会計予算


日程第26 議案第  17号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


日程第27 議案第  18号 平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第28 議案第  19号 平成22年度琴浦町老人保健特別会計予算


日程第29 議案第  22号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計予算


日程第30 議案第  23号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算


日程第31 議案第  20号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


日程第32 議案第  21号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計予算


日程第33 議案第  32号 平成22年度琴浦町水道事業会計予算


日程第34 議案第  35号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)


日程第35 議案第  36号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3


             号)


日程第36 議案第  39号 平成21年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)


日程第37 議案第  40号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第4号)


日程第38 議案第  41号 町道路線の廃止について(南荒神町住宅(1〜9号)線)


日程第39 議案第  42号 町道路線の認定について(南荒神町住宅1号線)


日程第40 議案第  43号 町道路線の認定について(南荒神町住宅2号線)


日程第41 議案第  44号 町道路線の認定について(南荒神町住宅3号線)


日程第42 議案第  45号 町道路線の認定について(南荒神町住宅4号線)


日程第43 議案第  46号 町道路線の認定について(南荒神町住宅5号線)


日程第44 議案第  47号 町道路線の認定について(南荒神町住宅6号線)


日程第45 議案第  48号 町道路線の認定について(南荒神町住宅7号線)


日程第46 議案第  49号 町道路線の認定について(上伊勢市内二号線)


日程第47 議案第  51号 町道路線の変更について(三軒屋線)


日程第49 議案第  52号 財産の取得について(雇用促進住宅東伯宿舎)


日程第50 議案第  53号 コーポラスことうら条例の制定について


日程第51 議案第  54号 コーポラスことうら基金条例の制定について


日程第52 議案第  55号 琴浦町松ヶ丘集会所条例の制定について


日程第53 議案第  56号 琴浦町松ヶ丘集会所の指定管理者の指定について


日程第54 議案第  57号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


日程第55 議案第  58号 倉吉市との間における定住自立圏形成協定の締結について


日程第56 議員提出議案第1号 船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書の提


               出について


日程第57 議員提出議案第2号 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での


               採択に向けた取り組みを求める意見書の提出について


日程第58 議員提出議案第3号 現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保


               育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の


               大幅増額を求める意見書の提出について


日程第59 議員提出議案第4号 国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書の提出


               について


日程第60 議員提出議案第5号 安全・安心な公共事業を推進するため、国土交通省の事


               務所・出張所の存続を求める意見書の提出について


日程第61 広報特別委員会委員の選任について


日程第62 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第63 閉会の議決


      ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 諸般の報告について


日程第2 22年陳情第2号 船上山登山道の景観について(陳情)


日程第3 21年陳情第25号 「現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育


             条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増


             額を求める意見書」提出を求める陳情書


日程第4 22年陳情第1号 安心・安全な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所


             ・出張所の存続を求める意見書の採択について


日程第5 議案第  4号 障害表記の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定


             について


日程第6 議案第  5号 琴浦町遺児手当支給条例の廃止について


日程第7 議案第  6号 琴浦町父子手当支給条例の廃止について


日程第8 議案第  7号 琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正に


             ついて


日程第9 議案第  8号 琴浦町現業職員の給与の種類及び基準に関する条例及び琴浦


             町公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改


             正について


日程第10 議案第  9号 琴浦町職員の育児休業等に関する条例及び琴浦町職員の勤務


             時間、休暇等に関する条例の一部改正について


日程第11 議案第  10号 琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関


             する条例の一部改正について


日程第12 議案第  11号 琴浦町職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第13 議案第  12号 琴浦町税条例の一部改正について


日程第14 議案第  13号 琴浦町農村多元情報連絡施設利用条例の一部改正について


日程第15 議案第  14号 農林水産業地域改善対策事業に係る施設条例の一部改正につ


             いて


日程第16 議案第  15号 琴浦町消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一


             部改正について


日程第17 議案第  16号 平成22年度琴浦町一般会計予算


日程第18 議案第  24号 平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計予算


日程第19 議案第  25号 平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計予算


日程第20 議案第  26号 平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計予算


日程第21 議案第  27号 平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計予算


日程第22 議案第  28号 平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算


日程第23 議案第  29号 平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算


日程第24 議案第  30号 平成22年度琴浦町成美財産区特別会計予算


日程第25 議案第  31号 平成22年度琴浦町安田財産区特別会計予算


日程第26 議案第  17号 平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


日程第27 議案第  18号 平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第28 議案第  19号 平成22年度琴浦町老人保健特別会計予算


日程第29 議案第  22号 平成22年度琴浦町介護保険特別会計予算


日程第30 議案第  23号 平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算


日程第31 議案第  20号 平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


日程第32 議案第  21号 平成22年度琴浦町下水道事業特別会計予算


日程第33 議案第  32号 平成22年度琴浦町水道事業会計予算


日程第34 議案第  35号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)


日程第35 議案第  36号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3


             号)


日程第36 議案第  39号 平成21年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)


日程第37 議案第  40号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第4号)


日程第38 議案第  41号 町道路線の廃止について(南荒神町住宅(1〜9号)線)


日程第39 議案第  42号 町道路線の認定について(南荒神町住宅1号線)


日程第40 議案第  43号 町道路線の認定について(南荒神町住宅2号線)


日程第41 議案第  44号 町道路線の認定について(南荒神町住宅3号線)


日程第42 議案第  45号 町道路線の認定について(南荒神町住宅4号線)


日程第43 議案第  46号 町道路線の認定について(南荒神町住宅5号線)


日程第44 議案第  47号 町道路線の認定について(南荒神町住宅6号線)


日程第45 議案第  48号 町道路線の認定について(南荒神町住宅7号線)


日程第46 議案第  49号 町道路線の認定について(上伊勢市内二号線)


日程第47 議案第  50号 町道路線の認定について(尾上線)


日程第48 議案第  51号 町道路線の変更について(三軒屋線)


日程第49 議案第  52号 財産の取得について(雇用促進住宅東伯宿舎)


日程第50 議案第  53号 コーポラスことうら条例の制定について


日程第51 議案第  54号 コーポラスことうら基金条例の制定について


日程第52 議案第  55号 琴浦町松ヶ丘集会所条例の制定について


日程第53 議案第  56号 琴浦町松ヶ丘集会所の指定管理者の指定について


日程第54 議案第  57号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


日程第55 議案第  58号 倉吉市との間における定住自立圏形成協定の締結について


日程第56 議員提出議案第1号 船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書の提


               出について


日程第57 議員提出議案第2号 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での


               採択に向けた取り組みを求める意見書の提出について


日程第58 議員提出議案第3号 現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保


               育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の


               大幅増額を求める意見書の提出について


日程第59 議員提出議案第4号 国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書の提出


               について


日程第60 議員提出議案第5号 安全・安心な公共事業を推進するため、国土交通省の事


               務所・出張所の存続を求める意見書の提出について


日程第61 広報特別委員会委員の選任について


追加日程第1 議案第  59号 監査委員の選任につき同意を求めることについて


日程第62 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第63 閉会の議決


      ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


        1番 語 堂 正 範        2番 山 田 義 男


        4番 藤 堂 裕 史        5番 藤 本 則 明


        6番 高 塚   勝        7番 小 椋 正 和


        8番 手 嶋 正 巳        9番 金 田   章


        10番 武 尾 頼 信        11番 青 亀 壽 宏


        12番 前 田 智 章        13番 桑 本   始


        14番 井 木   裕        15番 山 下 一 成


        16番 大 田 友 義        17番 福 本 宗 敏


        18番 石 賀   栄        19番 川 本 正一郎


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ──────── 前 田 博 司  係長 ────────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ────────── 山 下 一 郎  総務課長 ──────── 前 田 順 一


 企画情報課長 ────── 川 上 強 志  商工観光課長 ────── 生 田 満由美


 税務課長 ──────── 中 原 成 文  農林水産課長 ────── 永 田 温 美


 町民生活課長 ────── 山 本 秀 正  健康福祉課長 ────── 小 塩 久 志


 建設課長 ──────── 有 福 正 壽  上下水道課長 ────── 松 田   稔


 会計管理者兼出納室長 ── 岡 田 恵 子  農業委員会事務局長 ─── 坂 本 道 敏


 教育長 ───────── 永 田   武  教育総務課長 ────── 藤 田 あけみ


 社会教育課長 ────── 藤 村 隆 志  人権・同和教育課長 ─── 田 中   肇


 学校給食センター所長 ── 谷 口 るみ子  教育委員長 ─────── 小 谷 惠 造


      ───────────────────────────────





◎午後1時30分開議





○議長(川本正一郎君) ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりです。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 諸般の報告





○議長(川本正一郎君) 日程第1、諸般の報告を行います。


 議会選出の監査委員であります藤堂裕史君から、3月15日、町長へ辞表が提出され、同日こを認める旨の辞令が交付されました。また、欠員となっておりました教育民生常任委員会の副委員長に、3月18日の委員会にて青亀壽宏君が、また、広報特別委員会の副委員長に、本日の委員会にて山田義男君が、それぞれ選出されましたので、御報告いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 22年陳情第2号





○議長(川本正一郎君) 日程第2、22年陳情第2号、船上山登山道の景観についてを議題といたします。


 この陳情につきましては、総務常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 総務常任委員長、小椋正和君。


○総務常任委員会委員長(小椋 正和君) 


      ───────────────────────────────


                                 平成22年3月23日


 琴浦町議会議長 川 本 正一郎 様


                               総務常任委員会


                                委員長 小 椋 正 和


              請願・陳情の委員会審査報告書


 平成22年3月11日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情について、3月16日に委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


                     記


 ・22年陳情第2号 船上山登山道の景観について


 上記の陳情は、採択とするのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑がありませんか。


 井木裕君。


○議員(14番 井木 裕君) 今の船上山登山道景観についてということで陳情が上がっておるんですけども、この船上山の景観等について旧赤碕のときに万本桜計画ということで、桜の木を切ったということで環境庁等におしかりを受けたという経過がございましたんですけども、それを踏まえて総務常任委員会でどのように審議されたのか、その点についてお伺いします。


○議長(川本正一郎君) 小椋正和君。


○総務常任委員会委員長(小椋 正和君) 井木議員さんにお答えいたします。


 確かにあの地域一帯は国立公園第一種地域、特別地域にもなっておりますので、大変難しいということは以前から井木議員さんのおっしゃるとおりでございます。しかし、ここに陳情として上がってきているものは、今までの景観を、今までよく見えていたところがだんだん年月とともに木が大きくなっていくという観点から、その一部の木の根本からではなくして、景色が見えやすいようにというような陳情でございますので、委員会としていろいろと協議いたしました結果、採択をして国の方に意見書としてお願いするのが適当であるというふうに解釈しておりますので、御理解ください。


○議長(川本正一郎君) 石賀栄君。


○議員(18番 石賀 栄君) 茶園原の桜並木のことは、この議案の趣旨とはかけ離れたことであって、そういう議題のないものの発言、説明、答弁は的が外れておるということで、議長の方から質問なされた議員に対して厳重な注意をしていただきたい。いかがですか。


○議長(川本正一郎君) 今、石賀議員の御指摘によく考慮しながら、また井木議員にはお話をしたいと思いますので、了解をお願いします。


 そのほか質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 本件に対する委員長報告は、採択するのが適当であるとの報告でありました。


 本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 21年陳情第25号





○議長(川本正一郎君) 日程第3、21年陳情第25号、「現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増額を求める意見書」提出を求める陳情書についてを議題といたします。


 この陳情につきましては、教育民生常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、高塚勝君。


○教育民生常任委員会委員長(高塚 勝君) 


      ───────────────────────────────


                                 平成22年3月23日


 琴浦町議会議長 川 本 正一郎 様


                               教育民生常任委員会


                                委員長 高 塚   勝


              請願・陳情の委員会審査報告書


 平成22年3月11日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情について、3月16日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


                     記


 ・21年陳情第25号 「現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増額を求める意見書」提出を求める陳情書


 上記の陳情は、採択とするのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑がありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 本件に対する委員長報告は、採択するのが適当であるとの報告がありました。


 本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 22年陳情第1号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第4、22年陳情第1号、安心・安全な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所・出張所の存続を求める意見書の採択についてを議題といたします。


 この陳情につきましては、農林建設常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 農林建設常任委員長、桑本始君。


○農林建設常任委員会委員長(桑本 始君) 


      ───────────────────────────────


                                 平成22年3月23日


 琴浦町議会議長 川 本 正一郎 様


                               農林建設常任委員会


                                委員長 桑 本   始


              請願・陳情の委員会審査報告書


 平成22年3月11日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情について、3月18日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


                     記


 ・22年陳情第1号 安心・安全な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所・出張所の存続を求める意見書の採択について


 上記の陳情は、採択とするのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上です。


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 委員長報告では採択ということですが、私は趣旨採択ということで、反対討論をいたします。


 これは皆さんよく御存じのように、国の行財政改革の一環で、国の出先を地方でできるものは地方にという施策の一環です。もちろん陳情された方の御意思というか思いはよくわかるんですけども、二重行政、やはり地方でできるものは地方ということになれば、私は採択をして国に意見書を出すことは反対であります。趣旨採択でいいと思います。以上。


○議長(川本正一郎君) そのほか。


 2番、山田義男君。


○議員(2番 山田 義男君) 委員会で採択されておるんですけれども、この地方整備局の事務所・出張所が縮小なりなると、地域防災、生活関連に伴う河川道路の維持管理等もおくれてくる場合もありますし、河川災害や土砂災害、それから豪雪時に住民の生活や生命も脅かされるという部分ありますし、事務所・出張所の廃止はやはりいけんでないかという、災害時にやっぱり近くに、琴浦町の近くには羽合総合事務所や出張所がありますし、災害時には敏速に行動していただけるんじゃないかという思いもありますし、皆さん御記憶にあると思いますけれども、大山滝の遊歩道の土砂災害時には河川整備局に大変にお世話になって復旧に至った部分もありますので……(「議長、山田議員は農建でしょう、違いますか」と呼ぶ者あり)


○議長(川本正一郎君) 暫時休憩いたします。


                午後1時46分休憩


      ───────────────────────────────


                午後1時46分再開


○議長(川本正一郎君) 再開いたします。


○議員(2番 山田 義男君) その部分で、やっぱり国民の生命と財産を守るために国土交通省の事務所・出張所の存続が必要であると思いますので賛成に、委員会で採択に至ったということです。


○議長(川本正一郎君) そのほか討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員会報告は、採択するのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川本正一郎君) 賛成多数と認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第4号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第5、議案第4号、障害表記の見直しに伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第4号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第5号





○議長(川本正一郎君) 日程第6、議案第5号、琴浦町遺児手当支給条例の廃止についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第5号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第6号





○議長(川本正一郎君) 日程第7、議案第6号、琴浦町父子手当支給条例の廃止についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第6号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第7号





○議長(川本正一郎君) 日程第8、議案第7号、琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第7号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第8号





○議長(川本正一郎君) 日程第9、議案第8号、琴浦町現業職員の給与の種類及び基準に関する条例及び琴浦町公営企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第8号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第9号





○議長(川本正一郎君) 日程第10、議案第9号、琴浦町職員の育児休業等に関する条例及び琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第9号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第10号





○議長(川本正一郎君) 日程第11、議案第10号、琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第10号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第11号





○議長(川本正一郎君) 日程第12、議案第11号、琴浦町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第11号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第12号





○議長(川本正一郎君) 日程第13、議案第12号、琴浦町税条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第12号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第13号





○議長(川本正一郎君) 日程第14、議案第13号、琴浦町農村多元情報連絡施設利用条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第13号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第14号





○議長(川本正一郎君) 日程第15、議案第14号、農林水産業地域改善対策事業に係る施設条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第14号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第15号





○議長(川本正一郎君) 日程第16、議案第15号、琴浦町消防団の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第15号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第16号 から 日程第25 議案第31号





○議長(川本正一郎君) 日程第17、議案第16号から、日程第25、議案第31号までの9議案を一括議題といたします。これらの9議案については、総務常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 総務常任委員長、小椋正和君。


○総務常任委員会委員長(小椋 正和君) 議案の委員会審査報告書。去る3月15日の本会議において、当委員会に付託されました下記議案について、3月16日と18日の2日間、委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


 記。議案第16号、平成22年度琴浦町一般会計予算、議案第24号、平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計予算、議案第25号、平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計予算、議案第26号、平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計予算、議案第27号、平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計予算、議案第28号、平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算、議案第29号、平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算、議案第30号、平成22年度琴浦町成美財産区特別会計予算、議案第31号、平成22年度琴浦町安田財産区特別会計予算、以上の9議案は、いずれも原案どおり可決するのが適当であると決しました。


 総務常任委員会委員長、小椋正和。琴浦町議会議長、川本正一郎様。以上です。


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 では、まず議案第16号、平成22年度琴浦町一般会計予算について、討論に入ります。討論はありませんか。


 12番、前田智章君。


○議員(12番 前田 智章君) 私は賛成の立場で討論をいたしたいと思います。


 非常に財政が厳しい中にあって、町の自主財源というのは24億7,000万余りで、全体の27.3%程度、残りは依存財源ということになっております。その中にあって、町の基幹産業である農林水産業費、これに8億900万円余り、前年比で比較しますと6.4%の増であります。また、土木費等についても10億3,471万7,000円で前年比21.1%の増、こういう数字を見てみますと、執行部の方にも町の活性を図ろうとする強い姿勢がうかがえるところであります。


 また、民生費にしましても、25億2,997万円余りで8.2%の増、社会福祉や児童福祉への充実が見受けられるところであります。教育費についても、赤碕小学校のプールの竣工に伴って減額がありますが、教育の重要性を考えられて小学校、中学校費、あるいは社会教育費等7億944万7,000円が計上されております。教育の充実を図ろうとする大変な姿勢がうかがえます。また、それぞれの担当課で取り組まれております雇用創出事業、町民の皆さんにとってもやっぱり何人かを働いてもらってというような町の強い思いもありますし、トータル的に見て的を得た予算であると認識いたしますので、賛成討論とさせていただきます。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


 青亀壽宏君。


○議員(11番 青亀 壽宏君) 私は反対の立場で討論に立ちたいと思います。22年度一般会計は、歳入歳出が90億4,600万円でございますが、実際の事業規模は国の第二次補正予算の地域活性化・きめ細かな臨時交付金にかかわる事業1億7,850万円余りが全額22年度に繰り越されていますから、前年度予算より若干少ない予算規模というふうになります。国の段階で政権交代が実現し、その影響が地方にも波及しています。つまり国も地方も大きく変化する時代に突入しているということが言えると思います。琴浦町においても町長選挙と議会選挙が行われ、新しい陣容による町づくりがいよいよ正念場を迎えようとしています。しかし、22年度予算は、今求められる改革が不十分であると言わざるを得ません。予算の中には小・中学校の医療費助成や住宅リフォーム助成の継続、新たに人間ドックに対する補助を180人分実施するなど前向きな部分もございますが、改革すべき部分が放置されていると言わざるを得ません。それは国の段階で2002年に終了した同和対策が依然として温存されていることであります。


 琴浦町は差別がある限り同和対策を続けるという立場ですが、現実的に差別が全くなくなるというような社会の実現は極めて困難と言わざるを得ません。同和問題が解決したという状態は、部落差別はいけないことだという認識が社会全体に行き渡った状態になったことだと私は思います。長い間の関係者、国民の努力で私たちは部落差別はいけないこと、同和差別を許さないという社会を基本的につくり上げてきた、これはまさに運動の成果ではないかというふうに思います。基本的に同和問題は解決した状態に到達していると思われます。例えば進学奨励金が引き続き計上されています。しかし、4月からは高校授業原則無償になります。貸与型奨学金も大きく改善が進むことになるでしょう。一方で、高校授業料の免除、減免を受けている生徒は、昨年5月時点で鳥取県中部の場合29.2%でございます。これは東部、西部と比べて6%も高い数字であります。つまり我が町の高校生を含む中部の3割の高校生を持つ御家庭の暮らしの底抜けが始まっているのではないか。このようなときに、私は特定の地域の子供たちだけを対象とする奨学給付金奨励金政策が果たして妥当な政策と言えるのか疑問を持ちます。


 琴浦町の医療費が高いということが、今回の議会の議論の中で明らかになってまいりましたが、町民全体を視野に入れた健康づくり対策など、町政の重点を移すべき必要があるのではないでしょうか。固定資産税、保育料の減免、課税所得200万円の所得制限を設けていると言いますが、課税所得200万円以下の世帯は恐らく9割近くになるでしょう。所得制限を設けているといっても、所得制限を事実上はしてないのが実態ではないでしょうか。私は、同和対策、同和教育の取り組みの成果の上に立って、特定地域や出身者を特別扱いにする政策をやめ、町民すべてを等しく平等に扱い、それらを対象にした施策に全面的に移行すべきときであるということを指摘をいたしまして、22年度一般会計当初予算の反対討論といたします。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


 17番、福本宗敏君。


○議員(17番 福本 宗敏君) この一般予算につきましては、財政の困難なときでございますけども、特に同和対策なり同和問題、同和教育の予算をつけていただいたことには大変感謝しております。それといいますのも、江戸時代から長年、何百年と続いた差別が、ここ運動したからといって簡単に解消できておるところではございません。この間もありましたように、同和対策は被告席とか、まだまだそういう考えの方があるわけでございます。これはぜひ行政の責務として続けていただきたいと思います。これについて町長なり執行部、そして教育委員会には大変お世話になって予算をつけていただいたことを賛成したいと思います。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 私は反対の立場で討論をさせていただきます。本年度予算案に役場新庁舎の設計料6,900万円が計上されております。私は、役場新庁舎建設に当たっては、50年、100年先のことを考え、もっともっと町民の意見を聞く必要があると主張いたしておりました。もっと町民の意見を聞く必要があると思っておりましたが、全く聞かれておりません。今回、明確な事業費であるとか建設スケジュールもない状態での本設計に入ることは、言語道断であり、町民の理解は得られないと思います。


 また、人権同和行政につきましても、差別をなくすることは重要であり、大いに推進する必要があります。しかし、各種助成金などは見直すべきは見直し、必要なものは一般化する必要があると思いますが、なかなかなされておりません。また、町職員の雇用に関しても同じ仕事をしておりながら、正職員と嘱託職員、臨時職員の雇用差別は解消されず、行政がみずから差別を行っていることは許されるべきではありません。よって、本年度予算に反対いたします。以上。


○議長(川本正一郎君) 石賀栄君。


○議員(18番 石賀 栄君) 私は当初予算について反対の立場から討論いたします。


 一般質問でも取り上げました物産館の予算計上をされています。一般質問で議案の質疑でも申し上げました町長の説明、答弁では、何回となく会合を開いて対応している、強い言葉で対応しているという説明です。昨年当初から本年1月8日まで会合が開かれたのは、前田中町長ではなかったではありませんか。2月1日から山下町長着任されました、あなたです。会合が持たれましたか、その後。開かれていないでしょう。漁業、農業、商工業の振興と言えますか。同僚議員の質問でもしっかり取り組んでいるという答弁でしたが、うその答弁ではなかったではありませんか。琴浦町にとっては100年にあるかないか、農業・漁業振興の大事業です。しかも、議会には何一つ報告がなされていません。議会軽視も甚だしい。


 ことし3月9日の会合で漁協の強い要請で中央農協の栗原常務、さらには来年3月オープンには中央農協は、間に合わないけれど参加すると態度を初めて表明されたのであります。行政は農協に対して対応が何一つなされていないではありませんか。道の駅は県下でも国、県もすばらしい施設だと高く評価されています。道の駅のあれだけは赤碕町が建てた施設です。なぜそのような対応がなされないですか。税金のむだ遣いだということですか。県でも3カ所しかないエリアの施設であります。前田中町長が努力されて設置された県中央の1カ所だけの施設を町が取り組まなくて、琴浦町の振興はありません。したがって、当初予算案に反対いたします。同僚議員の反対されることを申し上げ、反対討論といたします。終わり。


○議長(川本正一郎君) そのほか討論ございませんか。


 2番、山田義男君。


○議員(2番 山田 義男君) 賛成討論をさせていただきます。


 町長なり執行部の方では、大変同和問題に前向きに考えていただいてまことにありがたく思っております。やはり人間はひとしく平等であるというのがやっぱり本来の人権問題だろうと思いますし、やはりその観点で先ほど福本議員もありましたけれども、同和対策は被告席にという問題もまだまだそういう観点でいまだにあるということが、私たちはやはりこの予算づけはまだまだ必要だと思いますんで、その旨私は賛成したいと思います。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかありませんか。


 金田章君。


○議員(9番 金田 章君) 私は賛成の立場で討論いたします。


 この厳しい財政で閉塞感の漂う中で、高規格道路の活性化施設、仮称琴浦物産館整備建設ですね、そしてまた町道の駅南線の新設用地の購入など新規事業を取り組まれました。これは本町の活性化にとりまして力強い出発点になるものと、このように思っております。また、子育て応援事業とか老人福祉、障害者福祉など、この福祉事業を評価したい。ハード事業に関しましては、先ほど同僚議員の方からありましたように、説明のおくれとか、あるいは説明の不足とか、そういうのがままありましたが、私は財政的に適正な予算であると、このように思うところから、賛成でございます。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本件に対する委員会報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告でありました。


 本件を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川本正一郎君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案とおり可決されました。


 次に、議案第24号、平成22年度琴浦町八橋財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 これを委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第25号、平成22年度琴浦町浦安財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決することが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第26号、平成22年度琴浦町下郷財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第27号、平成22年度琴浦町上郷財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第28号、平成22年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第29号、平成22年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第30号、平成22年度琴浦町成美財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第31号、平成22年度琴浦町安田財産区特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第26 議案第17号 から 日程第30 議案第23号





○議長(川本正一郎君) 日程第26、議案第17号から、日程第30、議案第23号までの5議案を一括議題といたします。


 これらの議案については、教育民生常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、高塚勝君。


○教育民生常任委員会委員長(高塚 勝君) 議案の委員会審査報告書。去る3月15日の本会議において、当委員会に付託されました下記議案について、3月16日と17日及び18日の3日間、委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


 記。議案第17号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計予算、議案第18号、平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算、議案第19号、平成22年度琴浦町老人保健特別会計予算、議案第22号、平成22年度琴浦町介護保険特別会計予算、議案第23号、平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算、以上の5議案は、いずれも原案のとおり可決するのが適当であると決しました。


 教育民生常任委員会委員長、高塚勝。琴浦町議会議長、川本正一郎様。


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


 井木裕君。


○議員(14番 井木 裕君) この付託案件の件については、私は賛成ではございますが、総括質疑の中で教育民生常任委員長さんの方には、今の医師同乗システムの分について検討していただきたいということを申し上げております。そのときにやはり教育民生の委員会の中できちっと話をされたかどうか、その報告をお願いしたいと思います。以上。


○議長(川本正一郎君) 暫時休憩いたします。


                午後2時24分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時25分再開


○議長(川本正一郎君) 再開いたします。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、議案第17号、平成22年度琴浦町国民健康保険特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第18号、平成22年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について、討論はありませんか。


 青亀壽宏君。


○議員(11番 青亀 壽宏君) 住宅新築資金の貸付会計についての反対討論を行います。


 これは新たな貸し付けがもう終了して返済だけに移っている会計であります。私は、未曾有のこういう経済危機が襲っているもとで、大変深刻で厳しい会計になっているなということを十分理解した上で、当初予算でありますので、基本的な立場を述べつつ反対をしたいと思います。


 最も新しい決算は2008年度版の決算であります。この会計では、現年度調定額は2,780万円で、収入済み額が1,854万円で、収入率が66.5%でありました。収入不足額は975万円でした。一方、過年度分の調定は1億7,058万円に対して、収入済み額は1,078万円で、収入率はわずかに6.3%であります。収入未済額は1億5,980万円となりました。これに加えて、2008年度の現年度分の収入未済額が新たな未納として過年度分に積み上がることになりますから、不足額の合計は2008年度決算の時点で1億6,955万円程度になるものと思います。


 そういうような中で、2010年度予算は1億6,555万円の収入未済額があるのにもかかわらず、過年度元利収入を813万円、4.8%しか見込んでいません。これは過年度元利収入は回収が非常に困難であろうとは思われますけども、余りにもあきらめたような予算になっているということであります。この返済会計は、平成33年ぐらいになれば返済期間が終了することになります。そうすればこの会計自体が存在しなくなるような可能性も私は心配するわけであります。そうしますと、巨額の収入未済額が、これは町が借り入れて金融機関に返さなければなりませんから、その返済は順調に行っておりますので、その返済金の差額というのはいわば町民の税金で立てかえたような会計になっているわけであります。住宅は、宅地も含めて個人資産でありますから、それに対する貸し付けは当然責任を持って行わなければならないものであります。金融機関でもない町行政が、金融機関から資金を導入をして又貸し、転貸するという形をとっています。返済能力の検証の不足や、あるいは過大な住宅建設もあったかもわかりませんが、今の経済不況の中で極めて困難な状態になっておる。しかし、議会の中でこの問題をだれ一人議論せずにそのまま通すということにもやっぱりならないというふうに思います。


 幸いなことに、貸付金ですからそれの返済の滞ったものがあっても申請減免制度でいろんな税や国保税なんかも含めた申請減免制度が適用が可能であります。そういうふうな部分も十分に活用しながら返済が少しでも前に進むような努力を要請しながら反対討論をして、住民の納得できないという声も代弁をした討論にしたいと思います。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


 前田智章君。


○議員(12番 前田 智章君) 議案第18号、住宅新築資金の問題ですが、あくまでもこれは貸し付けはなくて、集金のみの業務になっておるわけですね。このことを今やめてしまうというようなことになれば、集金をしなくてもいいとか、そういうようなことにつながりゃせんかなというふうに思ったりもしますんで、やはりこれはきちっと残した上で集金業務に当たっていただいて、この問題の解決をするという意味で、賛成討論としたいと思います。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


 武尾頼信君。


○議員(10番 武尾 頼信君) これは長年の課題を、今言うようにバブル前にも建った家、それと今現在はもうほとんど返済するのは一生懸命されとるわけですけども、なかなかそこまでいかないというのが現状だと思いますし、ある程度これは考慮していただいて返済をしていただくように努力するのが本当だと思います。賛成討論で終わります。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川本正一郎君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第19号、平成22年度琴浦町老人保健特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第22号、平成22年度琴浦町介護保険特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第23号、平成22年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第31 議案第20号 から 日程第33 議案第32号





○議長(川本正一郎君) 日程第31、議案第20号から、日程第33、議案第32号までの3議案を一括議題といたします。


 これらの議案については、農林建設常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 農林建設常任委員長、桑本始君。


○農林建設常任委員会委員長(桑本 始君) 議案の委員会審査報告書。去る3月15日の本会議において、当委員会に付託されました下記の議案について、3月18日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


 記。議案第20号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算、議案第21号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計予算、議案第32号、平成22年度琴浦町水道事業会計予算、以上の3議案は、いずれも原案のとおり可決するのが適当であると決しました。


 農林建設常任委員会委員長、桑本始。琴浦町議会議長、川本正一郎様。以上です。


○議長(川本正一郎君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 それではまず、議案第20号、平成22年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第21号、平成22年度琴浦町下水道事業特別会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第32号、平成22年度琴浦町水道事業会計予算について、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 しばらく休憩いたしたいと思います。再開を2時55分といたします。


                午後2時38分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時55分再開


○議長(川本正一郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第34 議案第35号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第34、議案第35号、平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第35号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第35 議案第36号





○議長(川本正一郎君) 日程第35、議案第36号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第36号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第36 議案第39号





○議長(川本正一郎君) 日程第36、議案第39号、平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第39号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第37 議案第40号





○議長(川本正一郎君) 日程第37、議案第40号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第40号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第38 議案第41号





○議長(川本正一郎君) 日程第38、議案第41号、町道路線の廃止について(南荒神町住宅(1〜9号)線)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第41号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第39 議案第42号





○議長(川本正一郎君) 日程第39、議案第42号、町道路線の認定について(南荒神町住宅1号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第42号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第40 議案第43号





○議長(川本正一郎君) 日程第40、議案第43号、町道路線の認定について(南荒神町住宅2号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第43号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第41 議案第44号





○議長(川本正一郎君) 日程第41、議案第44号、町道路線の認定について(南荒神町住宅3号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第44号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第42 議案第45号





○議長(川本正一郎君) 日程第42、議案第45号、町道路線の認定について(南荒神町住宅4号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第45号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第43 議案第46号





○議長(川本正一郎君) 日程第43、議案第46号、町道路線の認定について(南荒神町住宅5号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第46号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第44 議案第47号





○議長(川本正一郎君) 日程第44、議案第47号、町道路線の認定について(南荒神町住宅6号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第47号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第45 議案第48号





○議長(川本正一郎君) 日程第45、議案第48号、町道路線の認定について(南荒神町住宅7号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第48号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第46 議案第49号





○議長(川本正一郎君) 日程第46、議案第49号、町道路線の認定について(上伊勢市内二号線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第49号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第47 議案第50号





○議長(川本正一郎君) 日程第47、議案第50号、町道路線の認定について(尾上線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第50号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第48 議案第51号





○議長(川本正一郎君) 日程第48、議案第51号、町道路線の変更について(三軒屋線)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第51号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第49 議案第52号





○議長(川本正一郎君) 日程第49、議案第52号、財産の取得について(雇用促進住宅東伯宿舎)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 土地を購入なんですけども、平面図の方に太枠で囲ってあるところでないかなと思うんですけども、県道大栄赤碕線からこの敷地になるまでの通路というか、これは購入の土地の面積に入っているのか入ってないのか、もし入ってないとすればだれが持ち主でどうなのかということをお願いします。それから、駐車台数が何台ぐらい今敷地の中には駐車ができるのか、以上、2点、お願いします。


○議長(川本正一郎君) 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) 先ほどの2点の件につきまして、建設課長の方で答えをさせます。


○議長(川本正一郎君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 高塚議員さんにお答えします。


 県道大栄赤碕線とのつないでおります道路につきましては、これは町道でございます。それから、敷地内につきまして、大体62から65台ということを聞いております。それと、町道の隣に駐車場というふうにありますが、これは町有地でございまして、ここも駐車場として契約していただいておるというような状況でございます。


○議長(川本正一郎君) 高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) その町道の隣の駐車場、これ町有地で、そこにある駐車場も含めて65台ぐらいということでしょうか、80戸あるわけですから、各家から1台、最近では2台はあるとすれば、これ全部の入居者の車はこの敷地内では賄い切れないということで理解でいいでしょうか。


○議長(川本正一郎君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 現在購入します用地内の駐車場台数が62から65台というふうに聞いております。それで、町有地も雇用促進の方々との契約で同じ料金、3,000円ということで契約してございますし、その東側、民地でございますけど、そこも駐車場になっておりまして、それも同じように、ここには記入しておりませんけれど、民地の駐車場がございまして、そこも3,000円という契約になっておりますので、同一駐車料金でとめれるということで、全体的に確保できるんじゃないかというふうに思っております。


○議長(川本正一郎君) そのほか質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第52号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第50 議案第53号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第50、議案第53号、コーポラスことうら条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議に入ります。質疑はありませんか。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) これは公営住宅法とは関係ないということで、最初説明あったかと思うんですけども、独身者でも入れるということで理解しておるんですけども、一人の者でも入れるのか、また一人の場合、何歳以上であれば入れるのか、お願いします。


 それから、77ページの第16条の3の(2)のア、動物の飼育とあるんですけども、どの範囲までの動物が飼えるのか。犬、猫はだめだと思うんですけども、例えば小鳥であるとか、またはちょっとしたモルモット的なものであるとか、どの範囲までが可能か、よろしくお願いします。以上。


○議長(川本正一郎君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 一人という場合には、審査はちょっと厳しくするようにしております。一人でも入れます。年齢につきましては、成人というふうに考えております。


 それから、動物の飼育ということでございますけれど、先ほど議員がおっしゃられましたように、犬、猫はもちろん論外でございまして、ペット等につきましてもだめでございます。それと、ここにもありますように、よくえづけをしてハトを寄せたりとかいうようなことも一切禁止ということで考えております。


○議長(川本正一郎君) 高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) ペットですべてだめという返答だったんですけど、例えば極端に言うと小鳥を飼いたいという人があった場合もだめなんでしょうか、お願いします。


○議長(川本正一郎君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) やはり隣近所に鳴き声とか、そういうものの迷惑になるようなものについてはだめだというふうに思っております。


○議長(川本正一郎君) そのほか質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第53号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第51 議案第54号





○議長(川本正一郎君) 日程第51、議案第54号、コーポラスことうら基金条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第54号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第52 議案第55号





○議長(川本正一郎君) 日程第52、議案第55号、琴浦町松ヶ丘集会所条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がございませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第55号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第53 議案第56号





○議長(川本正一郎君) 日程第53、議案第56号、琴浦町松ヶ丘集会所の指定管理者の指定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第56号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第54 議案第57号





○議長(川本正一郎君) 日程第54、議案第57号、鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第57号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第55 議案第58号





○議長(川本正一郎君) 日程第55、議案第58号、倉吉市との間における定住自立圏形成協定の締結についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第58号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第56 議員提出議案第1号 及び 日程第57 議員提出議案第2号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第56、議員提出議案第1号、船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書の提出についてと、日程第57、議員提出議案第2号、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書の提出についての2件を一括議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 提出者、小椋正和君。


○議員(7番 小椋 正和君) 


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第1号


      船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


   平成22年3月23日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 小 椋 正 和


                        賛成者 琴浦町議会議員 語 堂 正 範


                               同    石 賀   栄


                               同    大 田 友 義


                               同    金 田   章


                               同    藤 本 則 明


                               同    藤 堂 裕 史


   平成22年 月 日


                            琴浦町議会議長 川 本 正一郎


      ───────────────────────────────


 裏の方、1枚はぐっていただきたいと思います。


 船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書。


 時間の都合上、下4行より読ませていただきます。


 現地は自然公園法第1種特別地域及び特別保護地域に指定されており、雑木の刈り払い及び伐採には、国及び県の許可が必要となるところであります。つきましては、自然保護の重要さもさることながら、地域振興の観点からも伐採の許可をいただき、眺望の回復を図ることを強く要望します。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。提出先、内閣総理大臣、環境大臣、農林水産大臣、鳥取県知事。


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第2号


      「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた


      取り組みを求める意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


                        提出者 琴浦町議会議員 小 椋 正 和


                        賛成者    同    語 堂 正 範


                               同    石 賀   栄


                               同    大 田 友 義


                               同    金 田   章


                               同    藤 本 則 明


                               同    藤 堂 裕 史


   平成22年 月 日


                            琴浦町議会議長 川 本 正一郎


      ───────────────────────────────


 1枚はぐっていただきます。


 「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書。


 これも時間が長くなりますので、下5行を読ませていただきます。


 このような動きを踏まえ、被爆国の政府としての核兵器廃絶の取り組みをさらに確実なものにするために、国会及び政府におかれましては、平和市長会議が提案する「ヒロシマ・ナガサキ議定書」の趣旨に賛同し、2010年のNPT再検討会議において、同議定書を議題として提案していただくとともに、その採択に向け、核保有国を初めとする各国政府に働きかけていただくよう強く要請します。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出します。平成22年3月、鳥取県東伯郡琴浦町議会。提出先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、総務大臣、外務大臣。


 以上であります。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由説明を終わります。


 初めに、議員提出議案第1号、船上山登山道の眺望を回復することを求める意見書の提出について、質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議員提出議案第1号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議員提出議案第2号、「ヒロシマ・ナガサキ議定書」のNPT再検討会議での採択に向けた取り組みを求める意見書の提出について、質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第58 議員提出議案第3号 及び 日程第59 議員提出議案第4号





○議長(川本正一郎君) 日程第58、議員提出議案第3号、現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増額を求める意見書の提出についてと、日程第59、議員提出議案第4号、国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書の提出についての2件を一括議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 提出者、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第3号


       現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育条件の


       改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増額を求める


       意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


   平成22年3月23日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 高 塚   勝


                        賛成者    同    青 亀 壽 宏


                               同    武 尾 頼 信


   平成22年 月 日


                            琴浦町議会議長 川 本 正一郎


      ───────────────────────────────


 はぐっていただきまして、意見書でありますが、時間の都合上、本文の下から5行目、すべてのところから読ませていただきます。


 すべての子供たちの健やかな育ちを保障するためには、請願の趣旨及び請願項目を早急に具体化し、国・自治体の責任で保育、学童保育・子育て支援施策を大幅に拡充することである。


 よって、琴浦町議会は、関係機関において下記項目の具体化を図られるよう、強く要請する。記。1、児童福祉法第24条に基づく現行保育制度を堅持・拡充し、直接契約・直接補助方式を導入しないこと。2、子供の福祉の後退を招く保育所最低基準の廃止・引き下げは行わず、抜本的に改善すること。3、待機児解消のための特別な予算措置を行い、認可保育所を増設すること。4、保育所・幼稚園・学童保育・子育て支援施策関連予算を大幅に増額すること。5、民間保育所運営費の一般財源化を行わないこと。6、子育てにかかわる保護者負担を軽減し、雇用の安定や労働時間の短縮など、仕事と子育ての両立のための環境整備を進めること。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出する。


 平成22年3月、鳥取県東伯郡琴浦町議会。


 提出先、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣、総務大臣、衆議院議長、参議院議長。


 以上であります。


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第4号


       国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


   平成22年3月23日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 高 塚   勝


                        賛成者    同    青 亀 壽 宏


                               同    武 尾 頼 信


   平成22年 月 日


                            琴浦町議会議長 川 本 正一郎


      ───────────────────────────────


 はぐっていただきまして、国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書。


 未曾有の経済危機のもとで、我が町の国民健康保険加入者は、所得が全くない世帯が全加入世帯の36.4%にも達し、資産のない世帯37.5%とあわせて極めて厳しい環境に置かれている。


 法定減免世帯が半数を超え、所得が全くなくても国民健康保険税は免れることができず、その上、病気になれば3割の窓口における一部負担金の支払いも必要となる。


 市町村の国民健康保険会計が厳しくなり、保険税の相次ぐ値上げの原因は、1984年当時は49.8%であった国庫負担金が、現在では25%に激減したことによるところが大きいと言わざるを得ない。


 真に「国民皆保険」を堅持しようとすれば、国民皆保険を下支えする国民健康保険に対して大幅な国庫負担金の増額が必要となる。政府にあっては、国民健康保険制度の健全な運営のため、大幅な国庫負担金の増額に踏み切るよう強く求めるものである。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出する。


 平成22年3月、鳥取県東伯郡琴浦町議会。


 提出先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、財務大臣、厚生労働大臣。


 以上であります。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由説明を終わります。


 次に、議員提出議案第3号、現行保育制度に基づく認可保育所の増設、保育・学童保育条件の改善、子育て支援施策の拡充と保育関係予算の大幅増額を求める意見書の提出について、質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議員提出議案第3号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議員提出議案第4号、国民健康保険の国庫負担金の増額を求める意見書の提出について、質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議員提出議案第4号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第60 議員提出議案第5号





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第60、議員提出議案第5号、安全・安心な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所・出張所の存続を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 提出者、桑本始君。


○議員(13番 桑本 始君) 


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第5号


       安全・安心な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所・


       出張所の存続を求める意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


   平成22年3月23日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 桑 本   始


                        賛成者    同    山 田 義 男


                               同    山 下 一 成


                               同    井 木   裕


                               同    前 田 智 章


                               同    手 嶋 正 巳


   平成22年 月 日


                            琴浦町議会議長 川 本 正一郎


      ───────────────────────────────


 はぐっていただきまして、安全・安心な公共事業を推進するため、国土交通省の事務所・出張所の存続を求める意見書。


 公共事業の予算配分を防災・生活関連・維持管理に重点配分するとともに、地方の災害時に市町村民の生命と財産を守り、国の責務として社会資本整備を推進するため、国土交通行政の執行体制の強化を求めるものである。


 1、国民の生命と財産を守るための公共事業を推進するため、中国地方整備局及び事務所・出張所の廃止を行わないこと。2、公共事業の予算配分を水害・土砂災害・雪害等の防災及び生活関連に伴う河川・道路等の整備、維持管理に重点配分するとともに、中国地方整備局及び事務所・出張所の組織を災害時でも敏速に対応できる体制にすること。3、国民の安全・安心につながる社会資本整備は、国の基本的責務であり、地方に移譲することなく国の責務において行うこと。


 以上、地方自治法第99条により意見書を提出する。


 平成22年3月、鳥取県東伯郡琴浦町議会。


 提出先、衆議院議長、参議院議長、内閣総理大臣、国土交通大臣、財務大臣、総務大臣。


 以上です。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由説明を終わります。


 質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


 高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 私は、国の事業を見直して、地方でできるものは地方にするべきだということで、これは意見書を提出することには反対であります。以上。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議員提出議案第5号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川本正一郎君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第61 広報特別委員会委員の選任





○議長(川本正一郎君) 次に、日程第61、広報特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。欠員が生じております広報特別委員会委員に、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、青亀壽宏君を指名したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました青亀壽宏君を選任することに決しました。


 暫時休憩いたします。


                午後3時33分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時34分再開


○議長(川本正一郎君) 再開いたします。


 本日、町長から議案の追加提出をしたい旨の申し出がありましたので、この際、日程を追加して審議をいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、この際、日程を追加し、審議することに決しました。


 しばらく休憩をいたします。


                午後3時35分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時38分再開


○議長(川本正一郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第1 議案第59号





○議長(川本正一郎君) 追加日程第1、議案第59号、監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、大田友義君の退場を求めます。


               〔16番 大田友義君退場〕


○議長(川本正一郎君) それでは、提案者の提案理由説明を求めます。


 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) それでは、議案第59号、監査委員の選任につき同意を求めることについての提案理由の説明をいたします。


 これは、議員のうちから選任する監査委員として大田友義氏を選任いたしたいので、地方自治法第196条第1項の規定により、本議会の同意を求めるものであります。以上です。


○議長(川本正一郎君) 以上で提案理由説明を終わります。


 直ちに審議を行います。質疑に入ります。質疑ございませんか。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 地方自治法第199条の2に、監査委員は、自己、もしくはこれらの者の従事する業務に直接の利害関係のある云々があるんですね。これらの者というのは、自分自身及び父母、祖父母、配偶者、子供、孫もしくは兄弟姉妹の云々ということがあるんですけども、あえてそういう方を選ばれたというようなことはどういうあれだったか、わかればお願いいたします。


○議長(川本正一郎君) 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) 今回の件につきまして、高塚議員がおっしゃった法の規定に該当はしていないというふうに認識をいたしております。以上です。


○議長(川本正一郎君) 高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 私は該当すると思ったんですけども、例えば提案された方が監査をされるときに、こういう親族の方が担当されたお仕事の監査ができるのかできないのか。これだと、別に監査になることはいいんですけども、これは監査することができないという私は解釈したんですけども、監査委員にはなれるのはなれるんですよ。なれるんだけども、直接そういう方の監査ができないということが文言にあるもんですから、その辺はどういうようなことかということをお願いいたします。


○議長(川本正一郎君) 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) 1点、監査委員というのはそもそも論で申しますと、例えば今おっしゃったような場合につきましては、それは少し検討する必要があるかもしれませんが、そもそも論を申し上げまして、監査委員さんというのは常に2人で監査をしないといけないという、そういう性格のものではないというふうに認識をいたしております。以上です。


○議長(川本正一郎君) 高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 私が申しておるのは、今提案された方は、私はこれに該当すると思うんですね。だからあえてそれに該当される方を、だからお二人でされるのはいいと思うんですよ。けど、2人しかいない監査委員のうちの1人がある物件に関しては監査ができないという、そういう法律上のことがもしなっておるとすれば、やはりあえてそれでも今、提案されたことを出された何かがあるんだったら、それをお聞かせいただきたい。


○議長(川本正一郎君) 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) 提案をいたしました方は、見識を有しておられるということが一つの判断でございます。以上であります。


○議長(川本正一郎君) そのほかありませんか。


 石賀栄君。


○議員(18番 石賀 栄君) 合併して5年の経過が今日あるわけなんですが、同僚議員としていろいろ議会の活動をつぶさに振り返ってみたとき、議員の品格として遜色がないと、私、東伯町議会の大田議員の議員活動もそれなりにとらえて、東伯町議会のときにもなくてはならない議員ではなかったかというふうにとらえております。したがって、何といっても議決機関と執行機関との切磋琢磨せにゃならんというのは言うまでもないことでありまして、大田議員は議員歴からいっても5期目だというふうに承っておりまして、明るい琴浦の悔いのない町のために適任であるという確信を持って、私は推薦、賛同いたします。以上、終わり。(「質疑だで」と呼ぶ者あり)ああ、討論、討論。(「まだ討論に入ってない」と呼ぶ者あり)そういうことで質疑をいたします。


○議長(川本正一郎君) 町長答弁が要りますか。


 町長、山下一郎君。


○町長(山下 一郎君) 今回の提案につきましては、識見を有しておられる方だというふうに判断をいたしての提案でございます。以上です。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 質疑がございませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


 青亀壽宏君。


○議員(11番 青亀 壽宏君) 棄権したいので、しばらく待ってください。私が出てからしてください。


○議長(川本正一郎君) しばらく休憩いたします。


                午後3時46分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時47分再開


○議長(川本正一郎君) 再開いたします。


 討論に入ります。討論ございませんか。


 6番、高塚勝君。


○議員(6番 高塚 勝君) 私は、反対の立場で討論させていただきます。決して提案された方がいいとか悪いとかいうことではございません。先ほどおっしゃるように高潔な方だと思いますけれども、ただ、この地方自治法の199条の2にありますように、わずか2人しかおられない監査委員の中でお一人が例えばこの案件については監査ができないというようなことは余りよろしくないんじゃないかなと。やっぱり4人ぐらいおられたら、そのうちの1人が監査ができなくても、これはまああれなんですが、2人しかおられないうちの1人がこの案件に関しては監査ができない、それは身内にそういう役場の職員の方がおられるという形のものだと思うんですね。ですから、あえてそれを踏まえた上で提案されたと思いますけれども、私はそういうやり方というのはやはり避けるべきだったかということで、反対であります。以上。


○議長(川本正一郎君) そのほか。


 石賀栄君。


○議員(18番 石賀 栄君) 先ほど取り違えましたが、申し上げましたようにきちんとした議会の議員としての品格をしっかりと身につけておられるというふうにとらえておりまして、私は適任であるということで賛成いたします。


○議長(川本正一郎君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第59号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(川本正一郎君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 大田友義君の入場を求めます。


 暫時休憩いたします。


                午後3時49分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時50分再開


○議長(川本正一郎君) 再開いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第62 閉会中における委員会の継続調査活動について





○議長(川本正一郎君) 日程第62、本日、議会運営委員長及び各常任委員長から、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続審査活動について許可を求める旨の申し出がありましたので、これを許可いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続審査活動を許可することに決しました。


 また、本定例会の会議記録署名議員が1名欠員となっておりますので、議長において、5番、藤本則明君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第63 閉会の議決





○議長(川本正一郎君) 日程第63に進みます。


 お諮りします。今期定例会に付議された事件はすべて終了いたしました。よって、会議規則第8条の規定により、これをもって閉会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(川本正一郎君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会は、これをもって閉会することに決しました。


 以上で平成22年第2回琴浦町議会定例会を閉会いたします。御苦労さんでした。


                午後3時52分閉会


      ───────────────────────────────