議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成21年第7回定例会(第4日 9月25日)




平成21年第7回定例会(第4日 9月25日)





────────────────────────────────────────


  第7回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)


                        平成21年9月25日(金曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成21年9月25日 午後1時30分開議


日程第1 発言取り消しについて


日程第2 21年陳情第9号 風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情


日程第3 21年陳情第10号 健全財政のため町債務の減少を願う陳情


日程第4 21年陳情第11号 『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳


             情


日程第5 21年陳情第13号 古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書


日程第6 21年陳情第12号 新庁舎建設計画を凍結する陳情


日程第7 21年陳情第14号 役場本庁舎改築着手に関する陳情


日程第8 議案第  102号 琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定について


日程第9 議案第  103号 琴浦町きれいな町づくり条例の制定について


日程第10 議案第  104号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第11 議案第  105号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第12 議案第  106号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第  107号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第14 議案第  108号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第  109号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第16 議案第  110号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第  111号 町道路線の廃止について


日程第18 議案第  112号 町道路線の認定について


日程第19 議案第  113号 町道路線の認定について


日程第20 議案第  114号 町道路線の認定について


日程第21 議案第  115号 町道路線の認定について


日程第22 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第23 議案第  117号 町道路線の認定について


日程第24 議案第  118号 平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第25 議案第  126号 平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第26 議案第  127号 平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第27 議案第  128号 平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第28 議案第  129号 平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第29 議案第  130号 平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第30 議案第  131号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第31 議案第  132号 平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  133号 平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第33 議案第  119号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第34 議案第  120号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第35 議案第  121号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第36 議案第  124号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第37 議案第  125号 平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第38 議案第  122号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第39 議案第  123号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  134号 平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第41 議案第  135号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


日程第42 議員派遣について


日程第43 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第44 閉会の議決


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 発言取り消しについて


日程第2 21年陳情第9号 風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情


日程第3 21年陳情第10号 健全財政のため町債務の減少を願う陳情


日程第4 21年陳情第11号 『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳


             情


日程第5 21年陳情第13号 古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書


日程第6 21年陳情第12号 新庁舎建設計画を凍結する陳情


日程第7 21年陳情第14号 役場本庁舎改築着手に関する陳情


日程第8 議案第  102号 琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定について


日程第9 議案第  103号 琴浦町きれいな町づくり条例の制定について


日程第10 議案第  104号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第11 議案第  105号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第12 議案第  106号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第  107号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第14 議案第  108号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第  109号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第16 議案第  110号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第  111号 町道路線の廃止について


日程第18 議案第  112号 町道路線の認定について


日程第19 議案第  113号 町道路線の認定について


日程第20 議案第  114号 町道路線の認定について


日程第21 議案第  115号 町道路線の認定について


日程第22 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第23 議案第  117号 町道路線の認定について


日程第24 議案第  118号 平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第25 議案第  126号 平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第26 議案第  127号 平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第27 議案第  128号 平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第28 議案第  129号 平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第29 議案第  130号 平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第30 議案第  131号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第31 議案第  132号 平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  133号 平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第33 議案第  119号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第34 議案第  120号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第35 議案第  121号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第36 議案第  124号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第37 議案第  125号 平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第38 議案第  122号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第39 議案第  123号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  134号 平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第41 議案第  135号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


追加日程第1 議案第 136号 建設工事請負契約の締結について〔赤碕小学校プール改築


              工事〕


追加日程第2 議案第 137号 財産の取得について〔琴浦町基幹業務システム機器〕


追加日程第3 議案第 138号 財産の取得について〔琴浦町基幹業務パソコン機器〕


追加日程第4 議案第 139号 財産の取得について〔消火栓ホース・管鎗〕


日程第42 議員派遣について


日程第43 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第44 閉会の議決


      ───────────────────────────────


                 出席議員(19名)


        1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


        3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


        5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


        7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


        9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


        12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


        14番 桑 本   始        15番 井 木   裕


        16番 山 下 一 成        17番 大 田 友 義


        18番 御 崎   勤        19番 石 賀   栄


        20番 福 本 宗 敏


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ────── 前 田 博 司  係長 ────────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ──────── 田 中 満 雄 副町長 ──────── 山 下 一 郎


 総務課長 ────── 前 田 順 一 企画情報課長 ───── 川 上 強 志


 商工観光課長 ──── 生 田 満由美 税務課長 ─────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ──── 永 田 温 美 町民生活課長 ───── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ──── 小 塩 久 志 建設課長 ─────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ──── 松 田   稔 会計管理者兼出納室長 ─ 岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ─ 坂 本 道 敏 教育長 ──────── 永 田   武


 教育総務課長 ──── 藤 田 あけみ 社会教育課長 ───── 藤 村 隆 志


 人権・同和教育課長 ─ 田 中   肇 学校給食センター所長 ─ 谷 口 るみ子


      ───────────────────────────────





◎午後2時21分開議





○議長(福本 宗敏君) ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


 本日の届けのあった事故者はありません。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 発言取り消しについて





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、ただいま井木君から、9月15日の会議における一般質問の発言について、会議規則第64条の規定によって、お手元に配付しました発言取り消し申し出書に添付されております資料の網かけ部分を取り消したいとの申し出がありました。


 お諮りいたします。これを許可することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 異議なしと認めます。したがって、井木君からの発言取り消しの申し出を許可することに決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 21年陳情第9号 から 日程第4 21年陳情第11号





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、21年陳情第9号から日程第4、21年陳情第11号までの3件を一括議題としたいと思います。


 これらの陳情3件につきましては、総務常任委員会に審査付託しておりますので、委員長の審査の結果の報告を求めます。


 総務常任委員長、手嶋正巳君。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) そういたしますと、請願・陳情の委員会報告をさせていただきます。


 平成21年9月14日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情3件について、平成21年9月17日と18日の2日間にわたり委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


 一つ、21年陳情第9号、風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情、この陳情1件は、不採択とするのが適当であると決しました。


 一つ、21年陳情第10号、健全財政のため町債務の減少を願う陳情、一つ、21年陳情第11号、『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳情、この陳情2件は、趣旨採択とするのが適当であると決しました。


 総務常任委員会委員長、手嶋正巳。琴浦町議会議長、福本宗敏様。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 21年9号、碑文の問題ですが、原形復旧にという陳情が出されて、それを不採択というふうにしたということは、原状に帰さなくてもいいと、こういうふうにとれるわけですが、また一方で、修正された碑文がつくられて、それが業者のもとに今保管されてるという非常にあいまいな状態になってるわけですが、これはやはりいろいろなことがありましたけれども、ああいう東海という文字を焼いて削った状態がいまだにそのまま残ってるということの方がおかしいのだというふうに私は思うんですよ。ですから、今の現状も決して安定的な状態ではない。そういう中で、これをあえてなぜ不採択として退けるのかというとこら辺がよくわからないんですが、どういう議論でこういうふうな結論になったのかをお知らせください。


○議長(福本 宗敏君) 総務常任委員長、手嶋正巳君。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) 陳情の趣旨は十分理解はできるわけですが、皆さんも御承知のように、竹島問題やこの風の丘の問題で韓国とトラブルがあったということはよく御承知だと思います。今ようやく境港−東海−ウラジオストクを結ぶ定期客船DBSクルーズが就航するなど、鳥取県と韓国の交流も改善してきてる状況であるというふうに思います。この時期に、陳情のとおりに東海と入れれば、右翼がまた再びうちの町にも来町するということも考えられますし、鳥取県と韓国等の交流に支障を来すことにもなりかねないというふうに思うわけでありまして、今はまだ時期的にそういう状態ではないという判断で不採択ということでございますので、御理解いただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 何か言ってる意味がよくわかりませんが、要するに請願の趣旨は理解できるけれども、今やることについては心配があるので、先に延ばすということでしょうか。


○議長(福本 宗敏君) 6番、手嶋正巳君。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) この問題は、先ほど申し上げたように、うちの琴浦町自体でどうのこうのということにはなかなかならないということが第一番だと思います。したがって、鳥取県あるいはまた民団とよく相談したりして、いい時期を見てといいましょうか、やはりそういうときが来たら、そういう方向にということであるわけでして、現状の時期ではちょっといい時期ではないというふうに判断しております。そういうことでございます。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀  栄君) 私は、不採択の立場から委員長にお尋ねいたします。


 これは、長い年月で町が非常に混乱した経過があります。いろいろ町当局なり議会側も一体となってこの処理に苦慮した経過がございます。それで、具体的に申し上げますと、この紛争以来、韓国と琴浦町においても、双方の努力によって交流がなされておる実績がございます。したがって、焦ることなく地道に交流の場を拡大されていかれる基本的な姿勢というものを町長初め皆さんも、それなりに努力されておるというふうに受けとめております。したがって、振り返ってみますと、退職しなくてもよい前商工課長が退職されたということをつぶさに振り返ってみたときに、非常に琴浦町にとってもかつてない大きな犠牲を払った歴史があります。したがって、町当局はもとより議会も、みずから交流の場を地道に広げていかなくてはならないということを私は常日ごろ自分の心に問うて、議員としての責務を痛切に感じて取り組んできとる昨今でございます。


 そこで、この陳情者の提案者ですね、きょうも傍聴に来ておられますが、大いに言論の自由ですから堂々と記事なり発言なりされて当たり前であります。しかしながら、この琴浦の風の丘の件から以後、私、提案者にお礼を申し上げます。と申し上げますのは、議会人として活動しておる私に対して記事を、私はもとよりでありますが、田中町長なり議長も含めて報道されておると、私は心から感謝申し上げたいと思います。ただ、申し上げたいのは、同じ議員が19名おりますから、公平に町が混乱せんように記事なり報道をしていただきたい。その点が大いに欠けておるということをこの場ではっきりと申し上げておきたいと思います。したがって、今、この問題をそれなりに町当局は苦慮されて、慎重に対応されとる現在であります。したがって、トラブルのないよう、国内的にも、町みずから混乱せんように、この韓国との交流を地道に堂々と取り組んでいただきたいということを申し添え、この議案に対しては不採択といたします。質問でございますが、総務委員長、いかがですか。


○議長(福本 宗敏君) 6番、総務委員長。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) 先ほども青亀さんの質問に答えましたように、確かに非常にこの問題はうちの町だけでは済まないということだけははっきりしてると思います。したがいまして、先ほど申し上げたように、県あるいは民団とよく話し合ったりして、いい時期を見て、また協議というか、そういうふうに持っていくのが妥当だというふうに思っておりますので、御理解いただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) ちょっと暫時休憩いたします。


                午後2時34分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時35分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 質疑はありませんので、質疑を終わります。


 まず、21年陳情第9号、風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情について、討論に入ります。討論ございませんか。


 10番。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 碑文を原形にというのは、この問題が起こってから私は一貫してそういうふうに主張してまいりました。最初に町長が議会に説明されたときも、原形復旧も含めて皆さんの意見を聞きたいと、こういうことでした。それで、この陳情を不採択にするというのが本当に碑文を原形にする可能性や、あるいは今、お蔵に入っている歴史事実を間違えた碑文があるわけですが、それに取りかえるということも、いろんな選択肢がある中で、私はこれを原形に帰すのが一番妥当な線だと思うのに不採択にしてしまうというのが、これがちょっと理解できません。


 いずれにしても、時間がたって、いいときというか、そこら辺が成就したときに原形に帰すんだったら、これを不採択にする必要はないし、それから今お蔵に入ったやつを取りかえるというのは、これまたトラブルが起こってくると思いますし、いずれにしても、今のぶざまな姿を長いこと続けておくということはできんと思うんですよね。そういうときにこの陳情が出されて、これ議会が不採択だというのは、私はどうも納得できないし、採択しても、それを町執行部が即刻実行に移すということに追い込まれるわけでもないわけですから、私は、これは採択をして、そういう方向を追求して目指すということがいいのではないかというふうに思います。ですから、採択すべき。


○議長(福本 宗敏君) その他ございませんか。


 5番、小椋正和君。


○議員(5番 小椋 正和君) 私は、不採択の立場から賛成討論をいたしたいと思います。


 先ほど委員長なり、いろいろと申されました。その点また賛成討論で10番議員さんも言われましたけれども、ここの分に原形に復帰して設置ということは、これは原形に復帰するということはできないのでありまして、そのために、この陳情は不採択というふうに決したようなこともあります。そして、先ほど言いましたように、今、韓国と友好の手を結んで、お互いに民間交流も盛んになってきております。このような現状の中で私たち琴浦議会、こういう問題を取り上げて一町で解決するということは、今の段階で不可能に近い形になっております。やはり県なり、今、議長も言われましたように、蔚珍郡の方だとか民団の方々に大変協力していただいております。そのことを踏まえても、しばらくこの件は時期が来るまで待ちながら、友好の方を最優先にしていく方が妥当かというふうに考えます。よって、不採択に賛成させていただきました。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀  栄君) 私は、不採択の立場で討論いたします。


 質疑申し上げましたが、今やっと琴浦町の町民の皆さんも落ちついておられる昨今であります。無理に寝た子を起こして、そして町内の混乱を再び起こすようなことを議会としてもさせてはならないと思います。したがって、先ほども申し上げました、町の職員も、あってはならない犠牲を払われてという大きな紛争でありました。したがって、私は、この案件について、今、小椋議員も言われましたように、現状で民間なり行政当局が地道に交流を深めていただくという見地から、この陳情案件に対して不採択といたします。討論を終わります。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私は、採択すべきといたします。


 いろいろな問題があったことは、皆さんよく御存じだと思います。修正案が出て、それはつくってあると。ただ、取りつけがしてないということを今まで聞いておりました。いつまでも中途半端、なぜできたものを取りつけないのか。やはりけじめをきちっとすべきだと思います。新しいのをつけるんだったらつける、つけないんだったらつけない。私は一たん原形に復帰して、それから考えるべきだと思います。よって、これは採択すべきであります。以上。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論が終わりましたので、これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、不採択とするのが適当であるとの報告でありますが、この採決は御意見が分かれておりますので、起立によって行います。


 本件は、原案について採決いたします。


 21年陳情第9号、風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情についてを採択することに賛成の方は御起立をお願いいたします。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立少数であります。したがって、21年陳情第9号、風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情については、不採択とすることに決しました。


 次に、21年陳情第10号、健全財政のため町債務の減少を願う陳情について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、趣旨採択とするのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、趣旨採択と決しました。


 次に、21年陳情第11号、『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳情について、討論に入ります。討論ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私は、これは採択すべきと討論いたします。


 陳情書の内容を読ませていただいても、もっともなことで、これは非常に大事なことであります。よって、これは採択すべきだと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 本件に対する委員長報告は、趣旨採択とするのが適当であるとの報告であります。


 御意見がございますので、起立によって採決いたします。


 本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立多数であります。よって、趣旨採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 21年陳情第13号





○議長(福本 宗敏君) 日程第5、21年陳情第13号、古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書を議題といたします。


 この陳情につきましては、教育民生常任委員会へ審査を付託しておりますので、委員長に審査の結果の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、新藤登子君。


○教育民生常任委員会委員長(新藤 登子君) 請願・陳情の委員会審査報告書。


 平成21年9月14日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記陳情1件について、平成21年9月16日と17日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


 記。21年陳情第13号、古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書。この陳情1件は、採択とするのが適当であると決しました。


 琴浦町議会議長、福本宗敏様。教育民生常任委員会委員長、新藤登子。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 21年陳情第13号、古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、採択とするのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 日程第6 21年陳情第12号 及び 日程第7 21年陳情第14号





○議長(福本 宗敏君) 日程第6、21年陳情第12号と日程第7、21年陳情第14号の2件を一括議題といたします。


 これらの陳情の2件につきましては、新庁舎建設推進特別委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査の結果の報告を求めます。


 新庁舎建設推進特別委員長、大田友義君。


○新庁舎建設推進特別委員会委員長(大田 友義君) そうしますと、請願・陳情の委員会審査報告をいたします。


 平成21年9月14日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記陳情2件について、平成21年9月16日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


 21年陳情第12号、新庁舎建設計画を凍結する陳情。この陳情1件は、不採択とするのが適当であると決しました。


 21年陳情第14号、役場本庁舎改築着手に関する陳情。この陳情1件は、採択とするのが適当であると決しました。


 琴浦町琴浦町議会議長、福本宗敏様。新庁舎建設推進特別委員会委員長、大田友義。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


 19番、石賀栄君。(発言する者あり)あんた特別委員会だけ、ちょっと控えてください。


 そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、21年陳情第12号、新庁舎建設計画を凍結する陳情について、討論に入ります。討論ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私は、この陳情は採択すべきだと討論いたします。


 昨今の経済情勢でございます。やはり一たん凍結をして、中止ではないんですが凍結をして、経済情勢を見てから考えるべきだと。全くこの陳情に同感であります。ですから、賛成です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀  栄君) 私は、不採択の立場から討論いたします。


 特別委員会から経過について逐一報告がなされた経過があります。したがって、議会も満場一致で了承された経過があります。御承知のように、特例債として交付されますので、この分庁舎と両立して、いち早くこの新庁舎の凍結ということはせずに取りかかれるというのが本筋であるという理由から、私は不採択に賛成です。


 討論を終わります。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論が終わりましたので、これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、不採択とするのが適当であるとの報告であります。


 この採決は、御意見がございますので、起立によって行います。


 本件は、原案について採決いたします。


 21年陳情第12号、新庁舎建設計画を凍結する陳情についてを採択することに賛成の方の御起立を願います。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立少数であります。したがって、21年陳情第12号、新庁舎建設計画を凍結する陳情については、不採択とすることに決定いたしました。


 次に、21年陳情第14号、役場本庁舎改築着手に関する陳情について、討論に入ります。討論ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私は、不採択とすべきと討論いたします。


 これ陳情書によりますと、平成22年度予算で計上という、来年度予算計上ということで書いてあります。昨今の経済情勢から見れば、来年度予算計上というのは早過ぎると思います。町民の理解が得られない。よって、不採択とすべきであります。以上。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、採択とするのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立多数であります。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第102号





○議長(福本 宗敏君) 日程第8、議案第102号 琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第102号を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第103号





○議長(福本 宗敏君) 日程第9、議案第103号、琴浦町きれいな町づくり条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 非常に結構な条例だと思いますけれども、実は犬のふん害とか、そういうものについては非常に社会で問題になっております。ただ、私の方の周囲を見ましても、猫は飼い主が連れて歩くわけじゃない。勝手に敷地に入ってきて、勝手にふんをしたりするわけです。それで、犬等という中に多分入ると思うんですけども、やはり私は、猫というのをはっきり言って入れた方がよりはっきりするんじゃないかと思いますが、その辺は条例はつくられるときの論議がもしあれば、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 第2条の7号に飼い犬等の中には、その他の愛玩用の動物をいうということに含まれておりまして、猫に限らず、その他猫以外のものもこの条例の対象にしたいという思いがあります。


○議長(福本 宗敏君) よろしゅうございますか。


 そのほかございませんか。


 4番、川本正一郎君。


○議員(4番 川本正一郎君) 簡単で答弁結構ですけども、これホームページでパブリックコメントを募集されておりましたけども、何件かあったかという内容が今わかれば教えていただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 町民生活課長においてお答えをいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) 川本議員にお答えいたします。


 本年6月1日から6月30日までの1カ月間、パブリックコメントを行いました。その結果、ありました意見は3件でございます。それで、その3件の内容は、まず先ほどもありましたように、飼い犬の中に猫が入るのかということが1件ですね。愛玩用動物とあるが、猫は入るのかということでありました。それから、それに加えまして猫についてのガイドラインを入れてはどうかということの意見もいただきました。これに対しましては、あくまでもきれいな町づくり条例でございまして、猫のガイドラインを入れるということは前提にしておりませんという回答をさせていただきました。


 それから2点目は、ふんを回収し、持ち帰るための回収袋または容器を必ず持参することということで、2点目と3点目ですね、同じ内容でございますが、回収袋、容器をとにかく持参することという意見が外2件でした。これにつきましては、規則で対応するように検討したいということで回答をさせていただいたところであります。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第103号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第104号





○議長(福本 宗敏君) 日程第10、議案第104号、琴浦町国民健康保険条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第104号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第105号





○議長(福本 宗敏君) 日程第11、議案第105号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 15ページ、工事請負費、下伊勢農機具保管施設解体工事320万というのがあります。ちょっとどういう建物で、解体で320万いったら結構大きいんですけども、どういう建物で、どういうような形か、説明をお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 農林水産課長においてお答えをいたします。


○議長(福本 宗敏君) 農林水産課長、永田温美君。


○農林水産課長(永田 温美君) 3番議員にお答えいたします。


 下伊勢農機具保管施設の解体工事でありますが、これは今年の3月13日に強風により破損しました下伊勢の農機具保管施設の分につきまして解体を計画しているところでございます。これは下伊勢農機具保管施設として、以前昭和の年代に建てられました施設でございます。よろしいでしょうか。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 後でもいいですから、大体大きさだとか構造だとか、教えていただいたらと思います。わかれば今ですけど、もしわからなければ、後で結構です。


○農林水産課長(永田 温美君) 後で報告させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 同じページになろうかと思いますが、14ページ、町道大法杉下線道路改良工事設計委託料は153万円の減額になってます。これはどういうことで、ちょっと設計委託料の減額にしたら大きいんじゃないかと思うんですが、説明をしてください。


 それから、下伊勢農機具保管施設解体工事で撤去されるんですが、中に入っとった農機具はどこへ行ったもんですか。大体これ解体撤去費用まで公費で見ないけんのかなというふうな感じがするんですけどね。同和対策事業でつくられて、100%補助だと思うんですが、それで無償で貸与して、ずっと来て、古くなって要らなくなって、また風が吹いて解体する。解体まで面倒見ないかんのかなというふうに思うんですが、それなりに一定受益者が負担をしてもいいんじゃないかと思うんですが、そこら辺は、いや、できないのならできないで、理由も含めて聞かせてほしい。


 ついでですから、18ページ、これは農林関係ですが、342万6,000円の追加が出てますが、これは新世代梨産地創出事業補助金とこうなってますが、日本語ではちょっとよくわかりません、内容が。これは察するところによると、9月の中下旬にナシの価格が下がったときに完熟ナシを出していこうという戦略的な部分で価格を10キロ当たり500円でしたか、上乗せするというような事業なのかどうか。その事業は県がやるんですけども、我が町は、そのような事業をナシ生産者が取り組んでいるのかどうかということもあわせてお尋ねします。


 もう一つ、21ページ、町道赤碕駅南線道路新設工事測量設計委託料2,500万、測量設計委託料としてはかなり2,500万というのは大きいんですが、これは大体事業費はどれぐらいを見ておられるのか。そして、これは緊急経済対策でやられるのかどうかという分を含めてお答え願いたい。以上。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 御質問の14ページの大法杉下線につきまして、そして21ページの赤碕駅南線につきましては、これは建設課長、15ページの農機具の保管施設の内容等、あるいは18ページの梨産地の創出事業等につきましては、農林水産課長の方からお答えをいたします。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 青亀議員さんにお答えします。


 経済対策で町道大法杉下線の設計委託ということで、若干メーター数等の精査もございまして、設計委託の金額を落としてかかったということでございます。受けた方の実績もございますし、若干メーター数の減があったということでございます。


 それから、町道赤碕駅南線の道路新設工事測量設計委託料、これにつきまして2,500万計上いたしております。町道設計だけではございませんで、あのあたりの水路、排水等も込めて設計委託を出すように、それからJR等の協議をして跨線橋も設計ということで、ちょっとでき上がり金額についてはまだ把握しておりません。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 農林水産課長、永田温美君。


○農林水産課長(永田 温美君) 10番議員にお答えします。


 先ほどの農機具保管施設でございますが、鉄骨づくりのスレート平家建てのコンクリートでございまして、先ほども御質問がありました、面積が112.75平米でございまして、これは強風でシャッターが壊れまして、耐用年数等経過しております。したがいまして、使用目的をいろいろ地元の方に聞きまして調査しましたところ、多目的使用ということで、多目的といいましょうか、ほかの物件施設が入っておりまして、それを取り除いていただくということで地元の方に説明に行かせていただき、その中身につきましては、ほかの倉庫とか物件のところに置くということで、入っていたのは象徴物みたいなものや、ほかの物件が入っておったというようなことで、多目的ということで、ほかの方に移動していただいたということでございまして、あと町の施設として地元の方にかけながら取り壊させていただくということでございます。


 それから、新世代でございますが、これは新品種、新甘泉なり、なつひめなり二十世紀といいますか、ナシの関係でございます。これは新品種の導入に伴いまして既存品種の改植なりに取り組んだナシの生産農家に対しまして、育成経費相当分を奨励金として交付するということで、県の事業であります。これの3分の1を町が負担しながら、生産農家の意欲を高めて、ナシ農家の活性化を図るということでございます。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 農林関係から先に行きますが、これ同和対策で取り入れられた施設や何かがこれからどんどんこういう状態を迎えると思うんですか、補助金で全額建てて、ただで使って、それで壊れたら、また役場が解体撤去してきれいにするというようなことは、いかがなもんかなと思いますよね。そういう点で言うと、今、下伊勢の畜産団地、中ががらがらだしね。田んぼの中の堆肥舎が壊れかかってるし、そういうのをみんな税金で後始末していくんでしょうかね。それは問題だと思いますよ。問題点だけ指摘をしておきます。


 それで、ナシのあれですが、町に責任があるわけじゃないけどね。その上の方に次世代鳥取梨産地育成事業補助金というのが360万4,000円増されてるんです。それで、その下に新世代梨産地創出事業補助金346万2,000円というふうな形になってる。これは見たって何かわからんわね、どういう中身か。さっきおっしゃったのは、新甘泉だとか新しい品種なんかを新世代梨産地創造云々でやるんだと。じゃあ、上のは何やるんかというようなこともちょっと不安になる。ちょっとそこら辺を親切な表記にしてもらうとわかりやすいなというふうに、これは要望です。


 それから、建設関係ですが、要するにまず大法のところの委託料ですが、153万円の減額をしてるんですね。これもとは何ぼで、実際には何ぼの測量設計委託なのかということをちょっと教えてほしいと思います。現地を見ると、ちょこちょこっと修理がしてあるという感じで、あんまりよく直ってないんですが。


 それから、赤碕の駅南のところ、水路も含めて云々という説明でございました。それで、跨線橋もというような言葉も出てまいりました。総事業費はわかんないというようなことでしたが、ちょっとそれでは説明したことにならんのじゃないですか。実際に跨線橋を浦安駅のところにつくってあるし、かなり相当かかってますし、それからJRがなかなか許可は出なくて、機械掘削できなかったり手掘りをしたりとか、いろいろ難癖をつけてくるところなんです。さらに、それに跨線橋を新たに町がつくるのかどうかということも、さっきの話じゃわかんない。ですから、これは全体、これ2,500万もかけて測量設計をするとなると、相当全体の事業規模というのがでかくなるんじゃないかと。費用対効果の点でどうなんだという判断を我々はしなきゃなんないわけで、そこんところをわかるように説明してほしい。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 大法杉下線の当初といいますか、2号補正で2,000万の設計委託料を組んでおりました。それで、それを153万減額ということでございまして、請け差等とも関係するわけでございます。


 それから、赤碕駅南線につきまして、確かに言われるとおり、総金額等もまだJR部分等も出ませんので、わからないという表現をさせていただきましたけれど、水路の方の改修工事等も入れて全体的なものを見せる設計にしておりますので、これからJR協議なり等も重ねながら、むだなところにつきましては省いていくというようなことをしながら、事業費の確定をしていきたいというふうに思っておるところでございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) ちょっとよくわからんのですよ。いわゆる2,500万円の測量設計委託料をこうやって予算計上して、それで発注をかけると思うんですよね。その中には、どういうふうな内容で、どういうふうなことをやって、どういう設計をつくってくれということでかけるわけでしょう。そういうときに大体総事業費これくらいという頭がないとだめだし、これの財源として緊急経済対策の今年度予算の補正で充てるのか、前年度予算の2次補正なのか。今9月ですよ。設計委託して、来年度事業でこの事業を起こすのか、本体事業は。そこら辺はどうなってるんですか。今の時点で補正でそういう設計委託を起こすということをどう考えとるんですか。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 2次補正の部分で対応ということで考えております。それから、確かにJRの跨線橋等の問題、それから河川の問題、一つのたたき台等も前赤碕の時代につくったものもございまして、それを参考にしながらつくらせるようにしておりまして、確かに御指摘のとおり、私自身ちょっと把握しておりませんので、申しわけございません。また細かい積み上げをしながらやっていきたいというふうに思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木  裕君) 一般質問をするところでしたけども、今回は補正予算のところで、今、10番議員の方から駅南開発の調査委託ということで金額が上がっております。今、建設課長の方から跨線橋とか、いろんなことも調査の中に入れられるということでございますが、極端に言うと、議案の中の116号の図面を見てもらえばわかると思いますが、これの線といたしましては、きらりタウンを結ぶ線だと私は思っておりますが、きらりタウンから船上山線でおりてきた道とこの調査委託のところとがマッチしないというようなことがありますが、その点についてどういうふうな、調査されるんだったら全体の図面を見ながら調査委託にする。それから、今度は駅までに行くのか、それとも今度はこれを西東に分けて進めるのか、その点についてはどういうふうな考えでおられるのか、その点をお聞きしたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) きらりタウンとの道とマッチしないということでありますが、きらりタウンの道は、この図面に落としてないというのがまず誤解を生んでるんだろうなというふうに思いますが、きらりタウンの道につなぐという前提がまずあります。それから、いろいろ担当課長の方はわけのわからんようなことを言っておりますけども、2,500万の金額というのは本当に半端な金額ではありません。これは新町まちづくり計画あるいは総合計画の中に位置づけられております。きらりタウンの販売等をにらみながら、駅の南から道をつけていく。そして、駅の南からも跨線橋で渡って乗れるようにするという壮大な計画があるわけでありまして、そして、雨が降るたびに駅前の周辺が床下浸水するというのは御案内のとおりでありますが、そういったことも抜本的にこの際、水を月の輪川に抜きながら解決していこうという大きな思いでの2,500万でありまして、この2,500万の設計委託料が大ぐくりになってますけども、これは精査しながら補正でそれぞれ対応して、落とすべきは落とす、足らなかったら、さらにやらなければいけませんし、そのまちづくり計画、あるいは総合計画の事業に即したものをこのたび交付金事業で取り組みたいということでありますので、御理解を賜っておきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木  裕君) 今、町長の方から説明があった、私はそういうふうにしておりますが。わかっておるんですけども、やはり同じ調査委託の中で、するんだったら全体像の中で、町長の思いというのはよくわかりましたんですけども、そこのところの建設課長の方の答弁というのがちょっと私の方もわかりませんので、調査委託ということで上げてありますが、全体の計画というものは議会の方にも提示されるんでしょうか、その点について。今、町長が述べられた水路等をあわせて水害対策等も、これは長年の分でございますので、その辺についてももう一度お願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) そういうことでございまして、おっしゃるとおりでございまして、駅前の周辺で床下浸水が毎年というような状況の中では、これはもう抜本的な対策を、ヲナガケ川を少し構うぐらいではいけない。駅の南の方から月の輪川に落としていくというような、高低差は大分ありますけども、そこらをにらんで設計監理をするというようなことでありますし、駅との、JRとのまた協議等も必要でありますが、先ほど10番議員さんもありましたけれども、非常に難しいものが横たわっている、課題も横たわっているというふうに思いますけれども、ぜひこれは新町のまちづくり計画にいう計画を一つの事業として、このたび取りかかりたいという思いでの予算計上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木  裕君) 今、町長の方から水処理の問題で化粧川の方に持っていかれると……(「月の輪だで」と呼ぶ者あり)月の輪川か。それだったらいいです。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第105号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 ここで暫時35分まで休憩いたします。


                午後3時20分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時35分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第106号





○議長(福本 宗敏君) 日程第12、議案第106号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) これは決算が行われまして、決算に基づいて精算をして、その分が反映されたというふうに理解をするんですが、概略のところをちょっと理解を深めるために質問します。返納金が1,644万円でありまして、これは医療給付費に対して実際の医療給付が少なかったから、返納金がこれだけもふえたというふうに理解していいのかどうか。


 それから、繰越金が4,681万円ですが、それに対して半分の財政調整基金の積み立てが2,458万、要するに20年度の国保会計でいえば、お金がこれだけ余りましたよというような形で理解していいのかどうか。それで、財調に積み立てるのは、繰越金の半分を積み立てるというふうになるんですが、財調は今のところどういう、総額残高は幾らになってるのかというとこら辺をちょっとかいつまんで説明してください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 返納金、繰越金あるいは財調の現在額等をあわせまして、町民生活課長からお答えをいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) お答えいたします。


 国庫支出金等の返納金でございますが、国庫支出金、そこに上げておりますように、療養給付費が20年度の精算によりまして国庫に1,631万2,000円返納しておりまして、その他につきましては特定健診に係るものでございます。これは、したがいまして療養給付費が支出金の交付されたものよりも少なかったということになります、結果的に。


 それから、繰越金は決算に基づく繰越金でございまして、それの2分の1を財政調整基金の積立金にしております。2,458万7,000円で積み立てておりまして、現在の残高でございますが、20年度末が1億3,800万ほどございまして、21年度末の予定は1億1,100万ほどになろうかと思います。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第106号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第107号





○議長(福本 宗敏君) 日程第13、議案第107号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第107号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第108号





○議長(福本 宗敏君) 日程第14、議案第108号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第108号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第109号





○議長(福本 宗敏君) 日程第15、議案第109号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第109号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第110号





○議長(福本 宗敏君) 日程第16、議案第110号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第110号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第111号





○議長(福本 宗敏君) 日程第17、議案第111号、町道路線の廃止についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第111号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第112号





○議長(福本 宗敏君) 日程第18、議案第112号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第112号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第19 議案第113号





○議長(福本 宗敏君) 日程第19、議案第113号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第113号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 同意第114号





○議長(福本 宗敏君) 日程第20、議案第114号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第114号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第21 議案第115号





○議長(福本 宗敏君) 日程第21、議案第115号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 4番、川本正一郎君。


○議員(4番 川本正一郎君) 息抜きにちょっと聞いてみたいことがあります。それで、今ずっと申しわけない、112号から町道認定があったわけですけども、同じところのような気がするんですけど、これ一つ一つ細かく分けて町道に認定しなくちゃいけないのかということだけちょっと教えてください。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、直接あなたにお願いします。


○建設課長(有福 正壽君) 川本議員さんにお答えします。


 一たん長い路線をこういうふうに認定します。枝線になりますので、1本1本認定する必要があるということでございます。


○議員(4番 川本正一郎君) わかりました。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第115号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第22 議案第116号





○議長(福本 宗敏君) 日程第22、議案第116号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 幅員が13.5とありますけれども、もしわかれば、歩道が何メーターで車道が何メーター。


 それと、駅前のところがちょっと広くなってるんですけども、車の回転だとか駐車とか、その他考えれば、もっと何か広い面積が欲しいような気がするんですけども、その辺は別な事業で駅前の買収計画というのはあるのかないのか。以上2点。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 路線につきましては、幅員が、車道ですね、2車線分で7メーターを見ておりますし、両歩道を予定しております。ただ、これ設計によって変更になる場合もございます。


 それと、駅南の広場の部分がちょっと狭いではないかという部分でございますけれど、これは路線の認定だけでございまして、広場の部分等についてもコンサルの方には出しておりますけれど、町道路線としてはこういう路線ということで御認識いただきたいというふうに思います。


○議員(3番 高塚 勝君) わかりました。


○議長(福本 宗敏君) ええですか。


 そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第116号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 議案第117号





○議長(福本 宗敏君) 日程第23、議案第117号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第117号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第24 議案第118号 から 日程第32 議案第133号





○議長(福本 宗敏君) 日程第24、議案第118号から日程第32、議案第133号までの9議案を一括議題といたします。


 これらの9議案については総務常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査の結果の報告を求めます。


 総務常任委員会委員長、手嶋正巳君。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) そういたしますと、議案の委員会の審査の報告をさせていただきます。


 去る9月16日の本会議において当委員会に付託されました下記議案について、9月17日と18日の2日間にわたり委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


 記。議案第118号、平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算、議案第126号、平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算、議案第127号、平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算、議案第128号、平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算、議案第129号、平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算、議案第130号、平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算、議案第131号、平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算、議案第132号、平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算、議案第133号、平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算、以上の9議案は、いずれも原案のとおり認定するのが適当であると決しました。


 総務常任委員会委員長、手嶋正巳。琴浦町議会議長、福本宗敏様。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、議案第118号、平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 一般会計について決算を認定することに対し、反対をいたします。


 当初予算も当然反対をしたわけでありますけれども、およそ1億円になる同和対策特別予算が組み込まれています。国の段階で終わって久しいのに、いつまでたっても差別がある限り続けるんだというエンドレステープのような状態になってます。これでは社会進歩がお互いに確認できないのではないかというふうに思います。したがいまして、そういう決算が盛り込まれております一般会計については、決算を承認することができません。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 5番、小椋正和君。


○議員(5番 小椋 正和君) 私は、賛成の立場から討論いたします。


 このたび20年度会計決算については、大変滞納等もこの厳しい情勢のある中、執行部におかれましては鋭意努力されて、このような会計決算で終わられました。今後、実質公債比率等、将来負担比率も含めまして軽減していかれるよう希望しながら、いずれも原案のとおり認定するのが適当というふうに思いますので、賛成いたします。以上。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 御意見が分かれておりますので、本案を委員長報告のとおり認定することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 議案第126号、平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第127号、平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第128号、平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第129号、平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第130号、平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 議案第131号、平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第132号、平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第133号、平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第33 議案第118号 から 日程第37 議案第125号





○議長(福本 宗敏君) 日程第33、議案第119号から日程第37、議案第125号までの5議案を一括議題としたいと思います。


 これらの5議案につきましては、教育民生常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査付託の結果を求めます。


 教育民生常任委員会委員長、新藤登子君。


○教育民生常任委員会委員長(新藤 登子君) 議案の委員会審査報告書。


 去る9月16日の本会議において当委員会に付託されました下記議案について、9月16日と17日の2日間にわたり委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


 議案第119号、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算、議案第120号、平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算、議案第121号、平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算、議案第124号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算、議案第125号、平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算、以上の5議案は、いずれも原案のとおり認定するのが適当であると決しました。


 琴浦町議会議長、福本宗敏様。教育民生常任委員会委員長、新藤登子。


○議長(福本 宗敏君) 初めに、委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 議案第119号、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第120号、平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 住宅新築資金の会計についての決算を認定するかどうかということですが、いろいろ御苦労はあるかと思いますが、こういう問題の決算を、それではいいですよというふうには私はならないというふうに思いまして、討論に立ったわけであります。


 先ほど監査委員が粉飾決算なんていう言葉もちょっと出ましたが、次年度の収入を当てにして繰越充用を繰り返すというような会計は異常です。これが毎年続いてる。6,600万円とか、そういう金額なんですが、全体の滞納金額は約1億7,000万。したがって、1億円を超える分は、一般財源からの補てんとして郵便局などの金融機関に支払われているということでありまして、ことしも返済計画に基づいて返済をされてるけれども、予定したお金は返ってない。その程度も大変深刻であります。


 私は、この住宅新築の予算は粉飾予算だというふうに思うんですよ。なぜかというと、予算額では3,100万円ほどなんですよ。しかし、調定額で集めなければならない元利金は1億9,845万円なんです。ですから、これは調定額に対して集めなければならない予算は15.6%しか見てないということであります。そして、その3,100万の予算を組んで、2,610万円集まったんです、84.1%。ですから、本来集めなければならない金からいうと、天文学的な未収が横たわっているというふうになります。例えば過年度分が住宅新築の場合、調定額は1億369万に対して予算は、過年度分ですよ、12.0%しか組んでないんです。それで、それが収入があったのが、12.1%しか組んでないのに47.9%、5割も入ってないんですよね。そういうようなのが住宅新築、住宅改良、それから宅地、3つのところで起こってて、過年度分が7%だとか3%だとかというふうな回収率でいきますと、これはとんでもないことになるんです。ですから、こういう中で、支出の方は、事務費が99万、公債費が3,135万、いろんな形でいくと9,933万円だが、6,699万円が足りずに翌年度の収入されるものから持ってきてつじつまを合わせてるという会計なんですね。


 しかも、これは人件費が入ってないんですよ。だから、町がお金を貸して、回収をする事務をやってる。そういう例えば専任に1人つけたとしても、600万、700万、800万と人件費がかかるけども、この会計の中に人件費が一切見てないんです。いうようなこういう会計を、大変でしょうから、まあまあいいでしょうというふうな形にはならない。抜本的な解決にもならない。金融機関がこういう場合、どうするかといえば、まずはそういう問題債権ですから、不良債権処理のための基金を積みます。場合によっては、それで償却するという処分をするわけです。しかし、地方自治体には、そういうような仕組みがありません。


 ですから、町民のお金である一般財源で借りたところには返しながら、借りた人からは返ってこない。利子が複利でつくかといえば、そうではなくて、そのままになってる、雪だるまになるから。そういうような状態でこの問題をどう解決するかというのは非常に難しいんですけれども、こういうのは、こういう返済能力を無視した貸し付けが行われた結果なんです。これをどう処理するかといえば、破綻処理は半分は国が見て、4分の1は県が見て、4分の1は町が見るという形ですから、少なくとも25%というのは住民負担となってはね返ってきておるというのが実態であります。


 ですから、私は、こういうふうなことになったというのは、大変部落解放同盟が要求して、国が認めて、そういう制度をつくって地方自治体にやらせたわけなんですけれども、そういうところの運動団体に数百万円も補助金をするなどということは本当に間違ってると思うし、そういうエンドレスの差別がある限り続けるというようなことはやっぱりやめて、改革すべき改革を行うべきだということを主張して、反対討論といたします。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私も、不認定という形で討論をさせていただきます。


 この問題は、前々から繰り返し繰り返しなっております。私も、この際、抜本的な改革方法を見つけないと、このままではやはりよろしくないという持論でございます。職員の方等は一生懸命やっておられるとは思います。けれども、このままずるずるとということはだめだと思います。よって、不認定であります。以上。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 1番、藤堂裕史君。


○議員(1番 藤堂 裕史君) 私は、賛成の立場で討論をさせていただきます。


 職員の方のやっぱり汗と努力の跡が見受けられます。今後とも頑張っていただきますように御提言を申し上げて、賛成討論といたします。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀  栄君) 私は、初めてであります。賛成の立場から討論いたします。


 100年来の不景気だという状況の中で、私、旧赤碕町のときから申し上げておることは、あくまでもこれは個人の財産ですから支払ってもらわにゃならんと。その前段として町民税なり固定資産税なり、さらには保険税、いろいろ制度を利用して減免をされて、この住宅資金はぜひとも払うような手だてをしていただきたいと。琴浦町に合併したときにも、そのことを申し上げた経過がございます。したがって、ただいま同僚議員の方からも発言がありましたが、職員の皆さんは一生懸命対応されておる。まさにそのとおりであります。敬意を表します。私が申し上げたいのは、ないそでは振れない、払えない。今、全国で毎年3万人以上の自殺犠牲者が出ておる昨今であります。まかり間違ったら自殺者が出ないとも限らない。出ないという保証はないと思います。したがって、私は、先ほど申し上げましたように、減免制度という町条例にもうたわれておりますので、一つの希望、条件として今後、町民税なり固定資産税なり国保税、場合によっては保育料、そういう減免をしていただいて、そしてこの金額が少しでも、1年でも早く正常な姿になっていただきたいと。


 最後に、もう一言だけ申し上げたいことは、旧町長時代にこれは起こされた事業でありまして、これは現在の田中町長のすべての責任ではないと。これは、失礼なことを言いますけれども、事業を起こされた負の遺産でありまして、そのことを踏まえまして、この現実をしっかりとらえていただいて善処していただくということを申し上げ、賛成討論いたします。


○議長(福本 宗敏君) 討論が出尽くしたようでございますので、これで討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり認定するのが適当であるとの報告でありますが、御意見が分かれておりますので、本案を委員長報告のとおり認定することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第121号、平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第124号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第125号、平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 後期高齢者医療制度であります。政権がかわりまして、後期高齢者医療制度廃止ということで、どういう形になって廃止するのかなということは、いろいろ曲折はあるでしょうが、これまで地方自治体がこの制度を入れるためにどれだけシステムを変えたり、いろいろ苦労してきたかということもよくわかります。国のそういう方針に基づいて、翻弄されてるというのが実態であると思います。しかし、私は、この会計があること自体が許せません。したがいまして、この決算、反対をいたします。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告でありますが、御意見がございますので、本案を委員長報告のとおり認定することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第38 議案第122号 から 日程第40 議案第134号





○議長(福本 宗敏君) 日程第38、議案第122号から日程第40、議案第134号までの3議案を一括議題といたします。


 これらの3議案については、農林建設常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査付託の結果の報告を求めます。


 農林建設常任委員会委員長、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) それでは、議案の審査報告をいたします。


 去る9月16日の本会議において当委員会に付託されました下記議案について、9月17日に委員会を開いて慎重に審査した結果、次のように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


 記。議案第122号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算、議案第123号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算、議案第134号、平成20年度琴浦町水道事業会計決算、以上の3議案は、いずれも原案のとおり認定するのが適当であると決しました。


 農林建設常任委員会委員長、藤本則明。琴浦町議会議長、福本宗敏様。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、議案第122号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第123号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


 次に、議案第134号、平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案を認定するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり認定することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり認定されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第41 議案第135号





○議長(福本 宗敏君) 次に、日程第41、議案第135号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 現在、琴浦町には5人の教育委員さんがおられます。そのうちお一人が女性であります。町には男女共同参画条例がありまして、町のいろいろな機関の委員であるとか、なるだけ半々になるようにという条項がありますけれども、このたび出てきたのが男性であります。その辺の条例との絡みはどういうふうに考えておられるのか、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) お答えをいたします。


 条例の目指すものをもってしても、進さんという人柄には及ばない、そういう思いでの提案であります。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第135号を採決いたします。


 本案を原案のとおり同意することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、同意することに決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第1 議案第136号 から 追加日程第4 議案第139号





○議長(福本 宗敏君) 本日、町長から議案の追加提出をしたいという旨の申し出がありましたので、この際、日程を追加し、審議したいと思います。


 これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、この際、日程を追加して審議することに決しました。


 しばらく休憩いたします。


                午後4時18分休憩


      ───────────────────────────────


                午後4時21分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 追加日程1、議案第136号から追加日程4、議案第139号までの4議案を一括議題といたします。


 提案者の提案理由の説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) それでは、追加で提案をさせていただきます議案の提案理由を説明させていただきます。


 議案第136号、建設工事請負契約の締結についてでございますが、これは赤碕小学校プール改築工事でありまして、株式会社井木組、有限会社高野組、馬野建設株式会社、株式会社伊藤建設、有限会社石賀工務店の5社を指名し、9月17日に指名競争入札を行いましたところ、株式会社井木組代表取締役、井木敏晴氏が1億3,380万円で落札をいたしましたので、同日に取引に係る消費税及び地方消費税相当分を含む1億4,049万円で同社と仮契約を締結をいたしました。


 本契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第137号、財産の取得についてでありますが、これは琴浦町基幹業務システム機器一式を購入するものでありまして、株式会社ケイズ、株式会社ケー・オウ・エイ、リコー中国株式会社倉吉営業所、株式会社衣笠商会、有限会社スイコー商会、富士通株式会社鳥取支店、6社を指名をし、9月17日に指名競争入札を行いましたところ、株式会社ケイズ代表取締役、松本啓氏が4,186万1,400円で落札をいたしましたので、同日付で同社と仮契約を締結をいたしました。


 本契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第138号、財産の取得についてでありますが、これは琴浦町基幹業務パソコン機器一式を購入するものでありまして、株式会社ケイズ、株式会社ケ−・オウ・エイ、リコー中国株式会社倉吉営業所、株式会社衣笠商会、有限会社スイコー商会、株式会社東芝中国支社、日本電気株式会社鳥取支店、三菱電機株式会社中国支社、パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社中国社、富士通株式会社鳥取支店の10社を指名し、9月17日に指名競争入札を行いましたところ、株式会社ケイズ代表取締役、松本啓氏が391万1,250円で落札をいたしましたので、同日付で同社と仮契約を締結をいたしました。


 本契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 最後に、議案第139号、財産の取得についてでありますが、これは消火栓ホース及び管鎗を各集落に配備するものでありまして、株式会社吉谷機械製作所、有限会社岩谷ポンプ製作所、株式会社吉備総合電設倉吉営業所、有限会社丸正商店、松谷ポンプ株式会社の5社を指名し、9月24日に指名競争入札を行いましたところ、株式会社吉谷機械製作所取締役社長、吉谷典雄が817万6,000円で落札をいたしましたので、同日に取引に係る消費税及び地方消費税を含む858万4,800円で同社と仮契約を締結をいたしました。


 本契約を締結するに当たりまして、地方自治法第96条第1項第8号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 以上、提案理由を説明させていただきました。


 なお、議案の内容につきまして、議案第136号を教育総務課長、議案第137号、138号を企画情報課長、議案第139号を総務課長にそれぞれ説明をさせますので、よろしく御審議をくださいまして御承認を賜りますよう、お願いを申し上げる次第であります。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第136号、建設工事請負契約の締結について〔赤碕小学校プール改築工事〕について、教育総務課長の内容説明を求めます。


 教育総務課長、藤田あけみ君。簡潔にしてくださいよ。


○教育総務課長(藤田あけみ君) 失礼します。赤碕小学校改築工事概要について申し上げます。


 8月4日の教育民生常任委員会で説明した図面と余り変わりありませんが、お手元の図面の内容です。規模、構造について、プールはRC構造、25メートル6コースと補助プールです。プールの水槽はFRP、水面積は400.5平米、本プールが325.38で、補助プールが75.12平米です。既存プールとしましては、もとは本プールは425平米の25メートルの8コースで、補助プールが100平米だったのをこの形に変えます。


 それから、プールの附属建物として、木造平家建て、延べ床面積80.55平米です。工期といたしまして、平成21年9月議決日から平成22年3月10日を工期とします。改築工事の主なもので、プールの工事FRP化、本プールと補助プールを一体化したものです。給配水管更新及び下水道接続工事、それから循環ポール本体更新、附属建物として更衣室・男女、トイレ、男子トイレ小便器が和が1つと小便器が3つ、それから女子の方が和が2つで洋が1つです。多目的トイレを設置します。それから倉庫1つです。それから開閉式テント、それから既設プール解体工事、地盤改良工事、機械室補修、外周部改修工事、シャワーユニット、目洗い・顔洗い・手洗い場、足洗い場を設置します。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第137号、財産の取得について〔琴浦町基幹業務システム機器〕と議案第138号、財産の取得について〔琴浦町基幹業務パソコン機器〕についての2件について、企画情報課長の内容説明を求めます。


 企画情報課長、川上強志君。


○企画情報課長(川上 強志君) それでは、議案第137号、財産の取得についてでありますが、これは平成16年8月に導入いたしました現在の各種窓口業務に係る各種証明書の発行等を管理するコンピューター機器、サーバーなどが5年を経過し、修理等の場合にメーカーからの部品供給を含む機器の保守管理が困難となり、機器の故障等の場合に迅速的確な各種窓口証明の提供に支障が生じる危険性が高まったため、このたび一式更新するものであります。


 設置場所、内容につきましては、サーバーが本庁舎電算室に17台、戸籍専用パソコン2台及び戸籍専用プリンター2台、町民生活課、分庁総合窓口係各1台ずつ配置をいたします。また、印鑑登録用スキャナー3台、町民生活課、分庁総合窓口係、予備機として各それぞれ1台ずつでございます。


 なお、このたびの入札におきましては、機器の購入、5カ年の保守業務及び設置撤去業務を含めまして、各業務内容の積算内訳書の提出により合計金額で入札に付しました。その結果、全体の入札金額は消費税等を込みで8,610万円でございました。株式会社ケイズは87.3%の落札率で落札をいたしました。本議案につきましては、そのうちの機器購入に係る部分の落札額でございまして、予定価格4,966万5,000円として内訳としては設定をしておりますが、それに対するものでありまして、84.3%の落札率でございます。


 続いて、議案第138号、財産の取得についてでありますが、これは先ほどの議案第137号と連動するものでありますが、同じく平成16年8月に導入いたしました現在の各種窓口業務に係る各種証明書の発行等を行う窓口端末としてのパソコンが5年を経過し、修理等の場合にメーカーからの部品供給を含む機器の保守管理が困難となり、機器の故障等の場合に迅速的確な各種窓口証明の提供に支障が生じる危険性が高まったため、このたび一式更新するものであります。


 内容につきまして、また設置場所は、総務課3台、企画情報課1台、本庁舎電算室4台、税務課6台、町民生活課6台、まなびタウン2台、分庁舎総合窓口係5台、上下水道課3台、建設課1台、農業委員会2台、予備として2台、合計35台の購入でございます。同じくこのたびの入札におきましては、機器の購入5カ年の保守業務及び設置、撤去業務を含め、各業務内容の積算内訳書の提出により、合計金額で入札に付しました。その結果、全体の入札金額は、消費税込み等で787万5,000円で、株式会社ケイズが65.7%の落札率で落札をいたしました。本議案につきましては、そのうちの機器購入に係る部分の落札額でございまして、予定価格830万5,500円に対するものであります。47.1%の落札率でございます。


 以上で内容説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第139号、財産の取得について〔消火栓ホース・管鎗〕について、総務課長の内容説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 議案第139号、財産の取得について〔消火栓ホース・管鎗〕についてでございますが、これは各部落に対しまして、20戸当たりに対して消火栓ホースを1本配付し、地域の防災力の強化を図るもので、各集落からの要望を聞きまして、消火栓ホース312本、管鎗24本を11月中に納品をしていただき、12月中には各集落に配布する予定にしておりますので、よろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 直ちに審議を行います。


 初めに、議案第136号、建設工事請負契約の締結について〔赤碕小学校プール改築工事〕についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 17日に入札を行われたようですけども、きょうはもう25日です。それも議会最終日の終わりになって追加でいきなり出てくると。17日に入札されたんだったら、17日だとか18日に議案を我々のところにいただいてもいいと思うんですけども、なぜこうやって全部一日終わって、最後にぽっと出してこられるのか、それがまず第1点。


 それから、請負減率、予定価格に対する入札価格のパーセントをお願いします。以上。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 教育総務課長からお答えいたします。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、藤田あけみ君。


○教育総務課長(藤田あけみ君) 予定価格で97%になっております。


 もう1点の、一応当局というか、決められた入札、日程日は17日にしたいんですけど、議会が開かれるのが、もう議運になってたと思うんですけど、それで25日になったかと思うんです。ちょっとその辺の配付についてはわからないということです。済みません。


○議長(福本 宗敏君) 今の、ちょっと総務課長の方で説明していただきたい。


○総務課長(前田 順一君) 17日に入札があって、なぜ25日かということでございますが、議案の配付といいますか、議会が始まったのが14日でございまして、追加提案については途中はございませんので、やむなく最終日ということでございますので、御了解をお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 議会が始まれば追加で議案を配付というのはできないことになってますか、その辺よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 議会の方に了承をとって追加の議案をいただかないとできませんので、現在やっておりませんので、今までからずっと最終日にやっておるということでございます。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第136号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第137号、財産の取得について〔琴浦町基幹業務システム機器〕についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 上程されてるのは4,100万ですけども、実際には8,600万ぐらいなんですけども、これは、あるコンサルさんが設計をして、それに基づいて入札をされたのか、ただ業者に見積もりをとられたのか、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 企画情報課長、川上強志君。


○企画情報課長(川上 強志君) 先ほどの御質問に対しましては、既存の既にシステムが入っております。そちらの業者からの積算見積もりをもとにして設計をいたしました。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第137号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第138号、財産の取得について〔琴浦町基幹業務パソコン機器〕についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第138号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第139号、財産の取得について〔消火栓ホース・管鎗〕についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第139号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第42 議員派遣について





○議長(福本 宗敏君) 日程第42に戻ります。


 お諮りいたします。議員の派遣については、会議規則第120条の規定により、別紙のとおり議員派遣したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣については、原案のとおり決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第43 閉会中における委員会の継続調査活動について





○議長(福本 宗敏君) 日程第43、本日、議会運営委員長及び各常任委員長から、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続調査活動について許可を求める旨の申し出がありましたので、これを許可したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続調査活動を許可することに決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第44 閉会の決議





○議長(福本 宗敏君) 日程第44に進みます。


 お諮りいたします。今期定例会に付議された事件はすべて終了いたしました。よって、会議規則第8条の規定により、これをもって閉会したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会はこれをもって閉会することに決しました。


 以上で平成21年第7回琴浦町議会定例会を閉会したいと思います。皆さん、御苦労さんでございました。


                午後4時42分閉会


      ───────────────────────────────