議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成21年第7回定例会(第1日 9月14日)




平成21年第7回定例会(第1日 9月14日)





────────────────────────────────────────





  第7回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                        平成21年9月14日(月曜日)


────────────────────────────────────────


 
                           平成21年9月14日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 21年陳情第9号 風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情


日程第5 21年陳情第10号 健全財政のため町債務の減少を願う陳情


日程第6 21年陳情第11号 『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳情


日程第7 21年陳情第13号 古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書


日程第8 21年陳情第12号 新庁舎建設計画を凍結する陳情


日程第9 21年陳情第14号 役場本庁舎改築着手に関する陳情


日程第10 報告第  5号 健全化判断比率について


日程第11 報告第  6号 資金不足比率について


日程第12 報告第  7号 建設工事請負変更契約の締結について


日程第13 議案第  102号 琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定について


日程第14 議案第  103号 琴浦町きれいな町づくり条例の制定について


日程第15 議案第  104号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第16 議案第  105号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第17 議案第  106号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第18 議案第  107号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第19 議案第  108号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第20 議案第  109号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  110号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  111号 町道路線の廃止について


日程第23 議案第  112号 町道路線の認定について


日程第24 議案第  113号 町道路線の認定について


日程第25 議案第  114号 町道路線の認定について


日程第26 議案第  115号 町道路線の認定について


日程第27 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第28 議案第  117号 町道路線の認定について


日程第29 議案第  118号 平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第30 議案第  119号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第31 議案第  120号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第32 議案第  121号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  122号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第34 議案第  123号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  124号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第36 議案第  125号 平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第37 議案第  126号 平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第38 議案第  127号 平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第39 議案第  128号 平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  129号 平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  130号 平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第42 議案第  131号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第43 議案第  132号 平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第44 議案第  133号 平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第45 議案第  134号 平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第46 議案第  135号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 21年陳情第9号 風の丘碑文を原型に復帰して設置する陳情


日程第5 21年陳情第10号 健全財政のため町債務の減少を願う陳情


日程第6 21年陳情第11号 『ひなん場所・ひなん所』への経路を示す《標示》設置の陳情


日程第7 21年陳情第13号 古布庄小学校体育館屋根の改修に関する陳情書


日程第8 21年陳情第12号 新庁舎建設計画を凍結する陳情


日程第9 21年陳情第14号 役場本庁舎改築着手に関する陳情


日程第10 報告第  5号 健全化判断比率について


日程第11 報告第  6号 資金不足比率について


日程第12 報告第  7号 建設工事請負変更契約の締結について


日程第13 議案第  102号 琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定について


日程第14 議案第  103号 琴浦町きれいな町づくり条例の制定について


日程第15 議案第  104号 琴浦町国民健康保険条例の一部改正について


日程第16 議案第  105号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)


日程第17 議案第  106号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第18 議案第  107号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1


             号)


日程第19 議案第  108号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第20 議案第  109号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  110号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  111号 町道路線の廃止について


日程第23 議案第  112号 町道路線の認定について


日程第24 議案第  113号 町道路線の認定について


日程第25 議案第  114号 町道路線の認定について


日程第26 議案第  115号 町道路線の認定について


日程第27 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第28 議案第  117号 町道路線の認定について


日程第29 議案第  118号 平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第30 議案第  119号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第31 議案第  120号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第32 議案第  121号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  122号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第34 議案第  123号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  124号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第36 議案第  125号 平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定


             について


日程第37 議案第  126号 平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第38 議案第  127号 平成20年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第39 議案第  128号 平成20年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  129号 平成20年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  130号 平成20年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第42 議案第  131号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第43 議案第  132号 平成20年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第44 議案第  133号 平成20年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第45 議案第  134号 平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第46 議案第  135号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


                 出席議員(19名)


        1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


        3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


        5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


        7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


        9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


        12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


        14番 桑 本   始        15番 井 木   裕


        16番 山 下 一 成        17番 大 田 友 義


        18番 御 崎   勤        19番 石 賀   栄


        20番 福 本 宗 敏


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ──────── 前 田 博 司  係長 ────────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ───────── 田 中 満 雄 副町長 ─────── 山 下 一 郎


 総務課長 ─────── 前 田 順 一 企画情報課長 ──── 川 上 強 志


 商工観光課長 ───── 生 田 満由美 税務課長 ────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ───── 永 田 温 美 町民生活課長 ──── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ───── 小 塩 久 志 建設課長 ────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ───── 松 田   稔 会計管理者兼出納室長  岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ── 坂 本 道 敏 教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ───── 藤 田 あけみ 社会教育課長 ──── 藤 村 隆 志


 人権・同和教育課長 ── 田 中   肇 学校給食センター所長  谷 口 るみ子


 代表監査委員 ───── 松 田 道 昭


      ───────────────────────────────





◎午前10時00分開会





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これより平成21年第7回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の事故者の届けはありません。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、2番、藤本則明君と3番、高塚勝君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。本定例会の会期は、お手元の会期日程案のとおり、本日から25日までの12日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、会期日程案のとおり、本日から25日までの12日間と決定しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(福本 宗敏君) 日程第3、諸般の報告については、時間の都合上、お手元に配付しております報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 21年陳情第9号 から 日程第7 21年陳情第11号





○議長(福本 宗敏君) 日程第4から日程第7の請願・陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理したこれらの請願・陳情は、お手元の請願・陳情文書表のとおり、それぞれの常任委員会に付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 21年陳情第12号 及び 日程第9 21年陳情第14号





○議長(福本 宗敏君) 日程第8、21年陳情第12号、新庁舎建設計画を凍結する陳情と日程第9、21年陳情第14号、役場本庁舎改築着手に関する陳情の2件につきましては、新庁舎特別委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。


 21年第12号と21年陳情第14号の2件については、新庁舎建設推進特別委員会に付託することに決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 報告第5号 から 日程第12 報告第7号





○議長(福本 宗敏君) 日程第10、報告第5号から日程第12、報告第7号までの3件を議題といたします。


 これらについての説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 皆さん、おはようございます。


 実りの秋を迎えまして、しかも天気良好でございまして、大変お忙しい中を9月の7回の琴浦町議会の定例会を招集しましたところ全議員の皆さんの出席を賜りまして、ありがとうございました。


 それでは、3件の報告事項について説明させていただきます。


 まず、報告第5号及び6号についてですが、これは財政健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定により報告するものでございます。


 報告第7号、建設工事請負変更契約の締結についてでありますが、これは平成21年2月24日、琴浦町臨時議会第1回で議決をしていただきました琴浦町学校給食センター改築建築工事につきまして、請負金額2億4,465万円を平成21年7月21日に344万5,050円を増額して、2億4,809万5,050円に変更契約をいたしました。地方自治法第180条第1項の規定によりまして専決したものでありまして、同条第2項の規定により報告をするものでございます。


 それぞれ詳しい内容に関しまして、担当課長から説明をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、報告第5号及び第6号について、総務課長の内容説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) おはようございます。


 それでは、報告第5号及び6号について補足説明をさせていただきます。


 これは財政の健全化判断比率について、平成19年度に公布されました地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、昨年に引き続き報告するものであります。資料として添付しております総括表?をごらんいただきたいと思いますが、普通会計の実質赤字が標準財政規模に占める割合をあらわす実質赤字比率と、すべての会計の実質赤字が標準財政規模に占める割合をあらわす連結実質赤字比率は双方とも黒字となっておりますので、数値は記載されておりません。連結実質赤字比率の内訳数値は、総括表?に記載をしております。


 一般会計等が負担する公債費が標準財政規模に占める割合を示す実質公債比率は、昨年より0.1ポイント上がり、17.8%となっておりますが、これにつきましては3カ年平均でございまして、20年度単年度でいきますと17.6でございますが、平成18年度が19.2というポイントが出ておりまして、若干高くなっておりますが、今後については、来年は横ばい程度になるんじゃないかなというふうに思っております。その内訳については、総括表の?に記載をしております。実質公債費比率は3カ年平均であらわしております。


 将来負担比率につきましては、一般会計等が将来負担すべき債務が標準財政規模に占める割合をあらわすものでございます。総括表?に記載しておりますように、要素としましては、地方債の現在高、債務負担行為予定額、広域連合への負担見込み額、退職手当の見込み額等があり、その合計額から基金等の充当可能財源を差し引いたところの割合をあらわしています。昨年と比べ、地方債の現在高が減少しておりますので、19.8ポイント減少し、194.7%となっております。


 また、報告第6号に係る資金不足比率につきましては、総括表?にありますように、水道事業会計、下水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計ともに資金不足はありません。ごらんいただきますように、法で定めます早期健全化基準にはいずれの比率も届いておりませんので、早期健全化計画等、策定は不要となっております。また、今回、町基準を別記させていただきましたが、昨年、指摘がございまして、しておりますが、連結実質赤字比率については、いずれも赤字を出さないように財政運営を図ってまいりたいというふうに考えております。


 実質公債費比率につきましては、地方財政法施行令第14条の起債許可団体の判定のための数値が18%と定められており、これを超えると公債費適正化計画を策定することが求められています。このことを踏まえ、町基準をこの基準に基づきまして18%にしたいというふうに考えております。


 将来負担比率につきましては、昨年が214.5%、ことしは194.7%と減少しておりますが、今後、公営企業債等繰り入れ見込み額がふえてくる要素もあります。将来負担の抑制を基調としながら、このたびは基準率内の300%を目標というふうにしていきたいというふうに考えております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、報告第7号について、学校給食センター所長の内容説明を求めます。


 学校給食センター所長、谷口るみ子君。


○学校給食センター所長(谷口るみ子君) 先ほどの報告第7号についての内容の説明をいたします。


 この344万5,050円の内訳ですが、これは空調の熱効率をはかるためにガラス工事、ペアガラスに変更したものと、それから西側の町道との出入り口、新藤議員さんの方なんですが、との町道がある、そこのところの入り口を町道の管理者である町と協議をして変更したものです。それから、玄関付近の外灯を新しく新設をいたしました。それから、旧センターの方の電気設備の撤去・接続、それから旧給食センターの給食車出入り口のシャッターの改修、これは新しい給食車を入れるためのシャッターが低かったために高くさせてもらったということでシャッターの改修、それから給食センターの舗装改修をさせてもらったものです。


 費用につきましては、それぞれペアガラス、ちょっと円で切らせてもらっておりますので、50円というはしたがありますが、ペアガラスは38万4,000円、外構工事は20万4,000円、外灯工事は48万7,000円、電気設備は118万6,000円、シャッターの取りかえは79万5,000円、舗装改修は38万9,000円というふうな内訳です。


 以上、説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 以上で報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第102号 から 日程第46 議案第135号





○議長(福本 宗敏君) 日程第13、議案第102号から日程第46、議案第135号までの34議案を一括議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) それでは、説明をさせていただきます。


 初めに、議案第102号、琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定についてであります。


 平成21年度、普通地方交付税策定に当たりまして、基準財政需要額に地域雇用創出推進費が創出をされました。この交付税を原資にいたしまして、琴浦町内の事業所における雇用創出を支援すること、また町が行う雇用拡大に資する事業など、年次計画的に実施をしてまいりたいと思っております。これら各種事業費の財源に充てるために基金を設けるものでございます。


 次に、議案第103号、琴浦町きれいな町づくり条例の制定についてでありますが、今までは、県が制定しております鳥取県環境美化の促進に関する条例の適用において、環境美化に向けた取り組みを行っておりましたが、環境美化は、本来住民に身近な市町村が担うことが適当であるという観点から、本町におきましても、ごみのポイ捨て及び飼い犬等のふん害を防止し、きれいな町づくりを推進し、生活環境の保全を図るために、独自に条例を制定をするものでございます。


 次に、議案第104号、琴浦町国民健康保険条例の一部改正についてでありますが、これは健康保険法等の一部を改正する法律が成立をいたしまして、平成21年10月1日から施行されることに伴い、改正するものであります。


 内容につきましては、厚生労働省告示第59号により、診療報酬の算定方法が改正されるものと、国保被保険者が出産したときに出産育児一時金として35万円をこれまで支給していましたが、緊急の少子化対策及び妊産婦の負担軽減を目的とした改正で、平成21年10月1日から23年3月31日までの間の出産についての暫定措置として、4万円を引き上げ39万円を支給するものでございます。


 次に、議案第105号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、今回の補正は3億5,635万8,000円を追加をし、総額を102億1,259万2,000円とするものであります。


 歳出予算の主な内容は、平成21年度地方交付税に算入、創出をされました地域雇用創出推進に係る基金積立金、平成20年度に引き続き実施される子育て応援特別手当交付金、次世代鳥取梨産地育成事業補助金、町道赤碕駅南線新設工事測量設計費、防災情報通信設備整備事業整備費、雇用創出事業費、古布庄小学校体育館の屋根改修工事費、町内埋蔵文化財発掘調査事業費、下水道事業特別会計繰出金などの増額、また水道事業会計繰出金などの減額であります。


 歳入の主な内容は、地方交付税及び国庫支出金として子育て応援特別交付金、道路改良交付金、防災情報通信設備整備事業交付金、県支出金として次世代鳥取梨産地育成事業費補助金、道路改良交付金、その他埋蔵文化財発掘調査事業受託費、前年度繰越金などの増額でございます。


 地方債の補正については、第2表、地方債補正のとおりであります。


 次に、議案第106号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、歳出では、主に後期高齢者支援金、老人保健拠出金、介護納付金、財政調整基金積立金の額の確定によるものと、平成20年度長寿医療制度が創設をされまして、平成20年4月らか12月までに75歳に到達された月の高額医療の一部負担金の公費負担額と自己負担額に差額のある方に支給する高額療養費特別支給金の新設による増額、さらに医療費の伸びによる保険給付費の不足分、退職者振りかえにより平成20年度療養給付費国庫負担金及び特定健診の受診者の減に伴い、特定健康診査補助金が返納となるものでございます。


 歳入につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例交付金及び前年度繰越金の歳入処理に伴い、増額となるもので、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ4,856万4,000円を増額をいたしまして、歳入歳出予算の総額を22億472万4,000円とするものでございます。


 次に、議案第107号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、歳入歳出それぞれ159万6,000円を増額をし、歳入歳出予算の総額を3億7,573万円とするものであります。


 補正予算の歳入につきましては、前年度繰越金の159万6,000円を計上をしておりますし、歳出につきましては、処理施設費の光熱水費等129万6,000円の増額及び公債費30万円の増額であります。


 次に、議案第108号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳入歳出それぞれ774万2,000円を増額をし、歳入歳出予算の総額を9億9,679万5,000円とするものであります。


 補正予算の歳入につきましては、繰入金及び町債の増減と前年度繰越金の774万2,000円の増額であります。


 歳出の主なものは、下水道整備費及び下水道維持管理費の需用費等774万2,000円の増額であります。


 次に、議案第109号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は、前年度繰越金が確定をし、国県支払い基金等の平成20年度介護給付費負担金、地域支援事業交付金等を精算をし、返還金を1,758万8,000円、町繰入金を精算をし、一般会計繰出金を217万4,000円、予備費を301万2,000円の増額を行い、その他総務費を9万1,000円、地域支援事業費99万2,000円、基金積立金9万円の増額を行うものであります。


 次に、議案第110号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)でありますが、資本的収入におきまして、企業債を2,820万円増額し、他会計出資金2,000万円及び工事負担金を230万円減額するものでございます。資本的支出につきまして、建設改良費を1,980万円増額するものであります。よって、不足する額1億5,579万7,000円を1億6,969万7,000円に改めるものであります。


 次に、議案第111号、町道路線の廃止についてでありますが、町営住宅八橋団地建てかえ工事に伴いまして、町道路線を整理するために八橋住宅線を廃止するもので、道路法第10条第3項の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第112号から議案第115号までの4議案は、町道路線の認定についてでありますが、これは議案第111号で廃止します路線を整理をいたしまして、認定するものであります。八橋団地1号線、2号線、3号線、4号線として認定するものでございます。


 議案第116号、町道路線の認定についてですが、赤碕駅南からの跨線橋等で乗降が可能となるように、新規に町道を計画するに当たって赤碕駅南線として認定するものであります。


 議案第117号、町道路線の認定についてですが、ふるさと海岸公園南の海岸管理道が新しく設置され、旧管理道を財務省から町道認定する条件のもとに無償で払い下げを受けるに当たって、町道塩浜筋線として認定するものであります。


 以上、町道路線認定7件につきまして、道路法第8条第2項の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第118号から議案第134号までの17議案でありますが、いずれも平成20年度本町一般会計及び各特別会計、水道事業会計の決算認定議案であります。


 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により提出のあった決算書等を監査に付したところ、このほど詳細な意見書の提出がありましたので、その写しに平成19年度決算に係る主要施策の成果説明書、財産に関する調書など附属書類を添えまして、本会議の認定に付するものであります。


 まず、平成20年度一般会計歳入歳出決算は、歳入総額94億4,385万725円、歳出が91億5,639万8,339円でありまして、差し引き2億8,745万2,386円の黒字でございます。また、繰越明許費として翌年度に繰り越しました財源1億85万8,514円を差し引きしました実質収支額は1億8,659万3,472円でございます。


 その他の各特別会計の決算では、国民健康保険特別会計、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計は黒字でございます。住宅新築資金等貸付事業特別会計及び老人保健特別会計は赤字決算となりました。また、各財産区特別会計は黒字、または歳入歳出ゼロの決算となりました。水道事業会計決算では、当年度純利益1,095万1,213円を計上してございます。


 最後に、議案第135号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてであります。


 これは平成21年10月26日付をもちまして任期満了となります教育委員、進修氏を氏の教育にかける熱意と実績を高く評価をいたしまして、再度任命をいたしたいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、本議会の同意を求めるものであります。


 以上で提案理由の説明を終わります。


 なお、議案の内容につきましては、議案第102号、105号につきましては総務課長、議案第103号、106号につきましては町民生活課長、議案第107号、108号、110号につきましては上下水道課長、議案第109号につきましては健康福祉課長、議案第111号から117号までの7議案につきましては建設課長、また議案第118号から134号までの決算認定関係17議案につきましては、それぞれ関係課長に説明をさせますので、よろしく御審議を賜りまして御承認をいただきますようにお願いを申し上げて、説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 次に、内容説明を求めます。


 初めに、議案第102号、琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 議案第102号、琴浦町地域雇用創出推進基金条例の制定についてでございますが、先ほど町長の方が申しましたように、平成21年度の地方普通交付税算定に当たりまして、基準財政需要額に地域雇用創出推進費が創出されましたことに伴いまして、この基金の制定を行うものでございます。


 2ページをお開きください。条例について説明させていただきます。第1条の設置ですが、琴浦町内の雇用を創出することを目的に、次の各号のいずれかに該当する事業の財源に充てるため、地方自治法第241条第1項の規定に基づき、琴浦町地域雇用創出推進基金を設置する。1号として、町が緊急雇用対策として職員を雇用する事業、2号として、町民を新規社員として雇用する町内事業者に対する助成事業、3号、町民の就労に向けた研修に対する助成事業、4号、その他町長が雇用の創出のために必要と認める事業ということで、まだ交付要綱等についてはお配りをしておりませんが、会期中にはお配りをさせてていただく予定にしておりますので失礼をしますが、2号につきましては、町内の事業所が6カ月間、正規従業員として継続雇用をされた場合に、1人当たり20万円を事業所に交付しようとするものでございますし、3号の町民の就労に向けた研修といいますのは、昨年度も実施させていただきましたホームヘルパーの2級の資格取得助成事業でございます。訪問介護に関する省令に規定する訪問介護研修2級課程の研修に係る受講料の一部を助成するということで、2分の1で1人当たり2万9,000円を上限とするものでございます。


 ちなみに、昨年度の実施しました受講補助金につきましては10人の方が該当になっておりますが、そのうち5人の方が介護関係に就職をされておるようでございます。


 第2条の積み立てでございますが、基金として積み立てる額は、一般会計歳入歳出予算に定める額とする。


 第3条、管理。基金に属する現金は、金融機関への預金、その他最も確実かつ有利な方法により保管しなければならない。2項、基金に属する現金は、必要に応じ、最も確実かつ有利な有価証券にかえることができる。


 第4条、運用益金の処理。基金の運用から生ずる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、基金に繰り入れるものとする。


 第5条、繰りかえ運用。町長は、財政上、必要があると認めるときは、確実な繰り戻しの方法、期間及び利率を定めて、基金に属する現金を歳計現金に繰りかえて運用することができる。


 第6条、処分。基金は、第1条に規定する基金の設置の目的を達成するために必要な経費の財源に充てる場合に限り、これを処分することができる。


 第7条、委任。この条例に定めるもののほか、基金の管理に関し必要な事項は、町長が別に定める。


 附則、この条例は、公布の日から施行する。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第103号、琴浦町きれいな町づくり条例の制定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) そういたしますと、議案第103号、琴浦町きれいな町づくり条例の制定について内容説明をさせていただきます。


 お手元の議案5ページをお開きくださいませ。条例の制定でありますので、1条ずつ読み上げさせていただき、説明とさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 琴浦町きれいな町づくり条例第1条、目的でありますが、この条例は、ごみのポイ捨て及び飼い犬等のふん害を防止することにより、きれいな町づくりを推進し、もって生活環境の保全を図ることを目的とする。


 第2条、定義でありますが、この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。1号、町民等。町内に居住もしくは滞在し、または町内を通過する者をいう。2号、事業者。町内において事業活動を行うすべての者をいう。3号、ポイ捨て。空き缶等を持ち帰らずに放置し、またはこれらを収納するための容器以外の場所に捨てることをいう。4号、空き缶等。缶、瓶、ペットボトル等の容器(中身の入ったもの並びに栓及びふたを含む)、包装袋、チューインガムの紙かす、たばこの吸い殻、紙くず、その他投棄されることによって、ごみの散乱の原因となるものをいう。5号、公共の場所等。道路、河川、山林、公園、その他公共の場所及び屋外の町民等が広く利用する場所をいう。6号、土地所有者等。町内において土地を所有し、占有し、または管理する者をいう。7号といたしまして飼い犬等。飼い犬、その他愛玩用の動物をいう。8号、犬のふん害。飼い犬等のふんの放置により公共の場所等を汚すことをいう。


 第3条、町の責務でありますが、町は、きれいな町づくりを推進するため、ごみのポイ捨て及び犬のふん害の防止に関する必要な施策を総合的に実施しなければならない。


 第4条で町民等の責務でありますが、町民等は、屋外でみずから生じさせた空き缶等を原則として持ち帰らなければならない。2項、前項の規定にかかわらず、町民等は空き缶等を適正に収容することができる。回収容器が設置されている場合において、空き缶等を回収容器に収容することができる。この場合において、回収容器が空き缶等を分別することができるものであるときは、適正に分別して回収容器に収容しなければならない。3項、町民等は、町が実施するごみのポイ捨て及び犬のふん害の防止に関する施策に協力しなければならない。


 第5条、事業者の責務でありますが、事業者は、その事業活動を行うに当たっては、空き缶等の散乱防止に努めなければならない。2項、事業者は、ごみのポイ捨ての防止について、従業員等に対する意識啓発、その他必要な措置を講ずるとともに、町が行う環境美化施策に協力しなければならない。3項、容器入り飲料を屋外または屋外に面した場所で販売する者(自動販売機によって販売する者を含む。以下「飲料販売者」という。)は、その販売する場所に当該容器を回収する容器を設置し、これを適正に管理するとともに、周辺の清掃を行わなければならない。4項、飲料販売者は、前項の規定により回収容器を設置する場合は、空き缶等を分別して収容することができる回収容器とするよう努めなければならない。


 第6条、土地所有者等の責務でありますが、土地所有者等は、その所有し、占有し、または管理する土地の環境美化に努めなければならない。2項、土地所有者等は、町が行う環境美化施策に協力しなければならない。


 第7条、ごみのポイ捨て、空き缶等の投棄の禁止でありますが、何人も、公共の場所等にごみのポイ捨て、空き缶等を投棄してはならない。


 第8条、飼い犬等のふんの放置の禁止でありますが、飼い犬等を所有し、または管理している者(以下「飼い主」という。)は、公共の場所等において飼い犬等がふんをした場合は、これを回収し、持ち帰らなければならない。2項、飼い主は、町が実施する飼い犬等のふん害防止に関する施策に協力しなければならない。


 第9条、指導でありますが、町長は、第7条、第8条の規定に違反した者に対し、職員を当該土地または建物に立ち入らせ、空き缶等の回収及び飼い犬等のふんの回収並びにその他必要な調査、指導をさせることができる。2項、第1項により職員による調査を受けた者は、その調査に協力しなければならない。


 第10条、勧告でありますが、町長は、第7条、第8条の規定に違反した者に対し、原状の回復、その他必要な措置を講ずるよう勧告することができる。


 第11条、命令でありますが、町長は、前条の規定により勧告を受けた者が従わないときは、当該勧告に従うよう命ずることができる。


 第12条、公表ですが、町長は、前条の規定により命令を受けた者が正当な理由なく当該命令に従わないときは、その命令内容を公表することができる。


 第13条といたしまして委任でありますが、この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定めるとしております。


 附則といたしましては、この条例は、平成21年11月1日から施行するということでございます。


 以上で内容説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第105号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 失礼します。では、議案第105号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第4号)について説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3億5,635万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ102億1,259万2,000円とするものでございます。


 初めに、歳出の説明をさせていただきます。13ページをお開きください。50万以上のものについて説明をさせていただきます。3、歳出、款の2、総務費、項の1、総務管理費、1、一般管理費303万3,000円の増、11、需用費50万円、修繕料ですが、庁舎管理、バスの修理等に係るものでございます。12、役務費253万3,000円の増、通信運搬費につきましては150万円の増ですが、電話、郵便等に係るものでございます。手数料の増93万3,000円につきましては、職員に係るところのがん検診等に係る人数の増によるものでございます。


 4の財政管理費1億6,175万円の増、25、積立金ですが、財政調整基金積立金につきましては5,000万円、財政調整基金利子積立金から地域振興基金利子積立金に係るものにつきましては、利子の確定によるものでございます。地域雇用創出推進基金積立金につきましては1億900万円でございます。先ほど説明させていただいたものでございます。


 8、企画費69万6,000円の増、10、交通安全対策費13万円の増、11、電算機管理費29万1,000円の増、12、分庁管理費200万4,000円の増、7、賃金176万9,000円ですが、臨時職員に係るものを計上してございます。はぐっていただきまして、13、諸費24万3,000円の増。


 項の2、徴税費、1、税務総務費4万5,000円の増、項の7、地域活性化・経済危機対策費、1、地域活性化・経済危機対策費1,738万8,000円の増、11、需用費241万9,000円の増ですが、修繕料でございます。内容としましては、町道修繕関係の組み替えを行っておりますし、そして新規には、南荒神町住宅線の側溝の修繕、港町・亀崎地区防災避難通路の修繕、上伊勢市内線の床板の防音工事を含んでおります。13の委託料につきましては、コンピューター機器保守委託料、東伯地区の学校等に係るものですが、7カ月分として66万2,000円を計上してございます。今回、導入に係って計上するものでございます。古布庄小学校体育館屋根改修工事設計監理委託料110万円で、新規でございます。防音対策に係るものでございます。町道大法杉下線道路改良工事設計委託料153万円の減でございます。


 15、工事請負費2,228万1,000円の増ですが、古布庄小学校体育館屋根改修工事が1,869万円の増、町道立子大熊線道路舗装修繕工事が57万1,000円の減、下伊勢農機具保管施設解体工事が320万円です。これは春の大風によって解体を余儀なくされたものでございます。八橋公民館公共下水道接続工事につきましては、58万6,000円を計上してございます。18、備品購入費については697万7,000円の減で、庁用備品としましては、パソコン周辺機器の関係が入札によりまして減になっておりますし、また分庁のホールにスポットライトを今回用意するものでございます。施設備品はAEDを27台購入したわけですが、これの入札による減が427万8,000円でございます。事業備品としましては、消防用の防寒服170着でございますが、入札により190万6,000円の減となっております。


 款の3、民生費、項の1、社会福祉費、6、老人福祉費1万円の増、10、障害者福祉費10万5,000円の増、11、介護保険事業費209万8,000円の増、20、扶助費として101万5,000円の増ですが、ホームヘルパー2級資格取得助成に係るもので、35人分でございます。28、繰出金108万3,000円の増、介護保険特別会計への繰出金でございます。


 はぐっていただきまして、13、後期高齢者医療費16万6,000円の増、項の2、児童福祉費、1、児童福祉総務費1,774万2,000円の増、19、負担金補助及び交付金1,627万2,000円の増でございますが、19、負担金補助及び交付金のところに載せておりますが、子育て応援特別手当交付金450人分として1,620万円ですが、3万6,000円を3歳から5歳の第1子から交付するもので、これに係る交付金と事務費でございます。


 2の保育所運営費174万8,000円の増、11、需用費111万1,000円の増ですが、修繕料ですが、おのおのの保育所に係る修繕を74万8,000円計上してございます。18、備品購入費につきましては、施設備品として稲毛文庫等に係るものを63万7,000円載せております。


 款の4、衛生費、項の1、保健衛生費、1、保健衛生総務費10万5,000円の増、2、予防費16万3,000円の増、3、健康づくり推進事業費145万5,000円の増、13、委託料117万円ですが、各種検診委託料といたしまして、がんの検診等につきまして国の補助が出ましたので、それに係るものと、その事務費として全体で145万5,000円を計上してございます。


 4、環境衛生費18万円の増、項の3、上水道費、1、上水道費2,000万円の減、28、繰出金2,000万円の減ですが、水道事業会計への繰り出しを減としておりますが、これは水道施設中央監視設備整備費として合併特例債を充てて計画をしておりましたが、合併特例債については2分の1しか適用ができないということでございましたので、2,000万円を減としております。


 款の5、農林水産業費、項の1、農業費、1、農業委員会費24万円の増、2、農業総務費30万8,000円の増、はぐっていただきまして、3、農業振興費707万5,000円の増、19、負担金補助及び交付金706万6,000円の増、次世代鳥取梨産地育成事業補助金360万4,000円につきましては、網かけ、新植、改植等に係るものでございます。新世代梨産地創出事業補助金につきましては、新植、改植に係る育成費として346万2,000円を計上してございます。5、農地費192万円の増、14、使用料及び賃借料110万円、借り上げ料として重機等の分を計上してございます。16の原材料費として72万円を計上させていただいております。6、地籍調査事業費10万5,000円の増、7、農業集落排水事業費80万8,000円の減、25、積立金80万8,000円の減ですが、農業集落排水事業推進基金の積立金ですが、事業費の減によるものでございます。


 項の2、林業費、1、林業総務費15万円の増、2、林業振興費71万円の増、19、負担金補助及び交付金71万円ですが、未整備森林緊急公的整備導入モデル補助金と条件不利森林公的整備緊急特別対策事業補助金は、事業名の変更によるものでございます。それから、おがくず粉砕機リース事業補助金として、半年分の50万4,000円を計上しております。


 款の6、商工費、項の1、振興費、2、商工振興費1,000万の増、19、負担金補助及び交付金1,000万円、雇用創出奨励補助金としての1,000万円でございます。20万円で50人分を予定しております。3、観光費70万2,000円の増、5、地域振興費54万1,000円の増、はぐっていただきまして、6の緊急雇用創出費826万4,000円の増ですが、7番の賃金として529万6,000円ですが、臨時職員、それから作業員につきまして雇用延長に係るものを計上してございます。14、使用料及び賃借料につきましては、重機の借り上げ等に126万8,000円、また原材料費として100万円を計上しております。


 款の7、土木費、項の1、土木管理費、1、土木総務費20万円の増、項の2、道路橋梁費、1、道路維持費46万4,000円の増、15、工事請負費、町道別所八橋線道路拡幅工事は、精算によりまして54万1,000円の減です。町道宮場線のり面改修工事につきましても、同じくで110万円の減でございます。町道浦安駅前線歩道修繕工事として150万円を計上させていただいております。2、道路新設改良費2,681万1,000円の増、13、委託料1,809万1,000円ですが、町道高野線道路改良工事測量設計委託料670万9,000円の減、町道坂の上部落線道路改良工事測量設計委託料60万円の減、町道宮場馬場線道路改良工事測量設計委託料90万円の増、町道赤碕駅南線道路新設工事測量設計委託料2,500万円の増、新規でございます。


 はぐっていただきまして、15、工事請負費1,800万円の増、町道高野線道路改良工事に1,750万円の増、町道坂の上部落線道路改良工事150万円の増、町道宮場馬場線道路改良工事100万円の減でございます。17、公有財産購入費の950万円の減につきましては、高野線道路改良工事に伴うものでございます。


 項の5、都市計画費、3、公共下水道事業費2,949万6,000円の増、25、積立金50万4,000円の減、下水道事業推進基金積立金ですが、事業費の減によるものでございます。28、繰出金3,000万円、下水道事業特別会計繰出金3,000万円の増ですが、地域活力基盤創造交付金というのがことしから道路改良の中に補助金がつくられましたが、これが下水道の単独分に補助金が充てられるということで、この分を補助として繰り出すものでございます。


 項の6、住宅費、1、住宅管理費391万1,000円の増、11、需用費200万円の増、修繕料ですが、ふろ場等の修繕に充てるものでございます。2、住宅建設費は、事業の入れかえを行っております。委託料として町営住宅設計監理委託料100万円減をして、補償金として100万円の増ですが、八橋住宅の中電、NTTの柱の移転に係るものを計上してございます。


 款の8、消防費、項の1、消防費、2、非常備消防費580万9,000円の増、9、旅費ですが、費用弁償として行方不明等が出ておりますので、これに係るものが480万円の増となっております。3の消防施設費905万円の増ですが、11、需用費の65万円の修繕料ですが、防火水槽の宮木の部落に係るものでございます。18、備品購入費840万円の増、機械器具ですが、J−ALERTの整備です。これは地震情報に係るものですが、今年度整備をする音声告知が整備をされますと、これと連動しまして、国からの発表とともに町民の皆さんへ周知ができるようになる整備でございます。


 はぐっていただきまして、款の9、教育費、項の1、教育総務費、2、事務局費4万円の増、項の2、小学校費、1、学校管理費47万2,000円の増、2、教育振興費425万7,000円の増、18、備品購入費425万7,000円、教材備品ですが、このたび国の補正がつきまして、理科教材備品に8校分でございます。補助金は25万円の8校でございます。200万円でございます。


 項の3、中学校費、1、学校管理費110万3,000円の増、11、需用費110万3,000円ですが、修繕料として99万円、東伯中学校のエレベーターのバッテリーの交換、赤碕中学校の屋外スピーカーの更新を予定しております。2の教育振興費268万9,000円の増ですが、18、備品購入費として209万3,000円、教材備品ですが、これも先ほど言いましたように、国の補正によるものでございます。19、負担金補助及び交付金59万6,000円、各種大会等生徒派遣交付金ですが、相撲、水球、陸上、柔道の派遣に係るものでございます。


 項の5、社会教育費、1、社会教育総務費4万7,000円の増、2、公民館費111万4,000円の増、11、需用費80万3,000円の増、修繕料ですが、赤碕公民館の軒樋とか、下郷のエアコンの修繕を予定しております。3、文化財保護費106万1,000円の増、13、委託料94万5,000円ですが、河本家住宅写真撮影委託料として、国の重文指定に向けての委託料でございます。4の埋蔵文化財発掘調査費502万3,000円ですが、三保の発掘調査に係るものでございます。生涯学習センター運営費25万2,000円の増。


 はぐっていただきまして、項の6、保健体育費、2、体育振興費35万4,000円の増、3、体育施設費76万3,000円の増、11、需用費51万9,000円の増、修繕料ですが、赤碕武道館の自動ドアとか東伯の総合体育館に係るものでございます。4の給食センター運営費につきましては、需用費の中を入れかえております。給食センターの統合によりまして、重油燃料費が不用になりまして184万7,000円を減として、オール電化になりましたので、これを光熱水費の方に175万6,000円充当するものでございます。


 款の11、公債費、項の1、公債費、1、元金につきましては財源の組み替えでございます。


 款の12、諸支出金、項の1、諸費、1、国県支出金返納金727万円ですが、23の償還金利子及び割引料でございます。これは国、県等への償還でございます。内容としましては、障害者自立支援が547万7,000円、障害者医療費に係るものが56万1,000円、地域生活支援に係るものが59万2,000円、放課後子どもプランに係るものが59万8,000円等でございます。


 そして、予備費として3,761万3,000円を計上させていただきました。


 歳入の方を説明させていただきます。8ページをお開きください。2の歳入、款の11、地方交付税、項の1、地方交付税、1、地方交付税1億908万3,000円の増、普通交付税に係るものでございます。


 款の12、分担金及び負担金、項の1、負担金、土木費負担金6万7,000円の増。


 款の13、使用料及び手数料、項の1、使用料、5、商工使用料74万6,000円の減、2、ポート赤碕物産館使用料でございますが、先回の改定から5年がたちましたので、今回改定をしたためによる減でございます。


 款の14、国庫支出金、項の2、国庫補助金、1、総務費補助金840万円の増、1、総務費補助金ですが、防災情報通信設備事業交付金ということで、地震情報に係るもので、10分の10で840万円でございます。2、民生費補助金1,760万円の増、2の児童福祉費補助金ですが、子育て応援特別手当に係るところの交付金並びにそれに係る事務費でございます。3、衛生費補助金145万5,000円の増、保健衛生費補助金145万5,000円ですが、女性特有のがん検診推進事業費の補助金が追加となってきております。土木費補助金ですが4,500万円の増、道路改良費補助金でございますが、地域活力基盤創造交付金で4,500万円ですが、1,500万円が道路関係でございまして、先ほど申し上げました下水道への繰り出し分として3,000万円が来ております。教育費補助金につきましては340万円の増、小学校費補助金につきましては240万円の増、理科教育施設整備費補助金が200万円の増、2の中学校費補助金100万円につきましては、理科教育施設整備費補助金として100万円が来ております。


 款の15、県支出金、項の2、県補助金、1、総務費補助金95万円の増、1、総務管理費補助金95万円の増、住宅太陽光発電システム導入事業費補助金等ですが、県が補助率を2分の1から3分の2にかさ上げしたための増てございます。2、民生費補助金19万1,000円の増、3、衛生費補助金16万2,000円の増、4、農林水産業費補助金575万7,000円の増、1、農業費補助金637万円の増ですが、次世代鳥取梨産地育成事業費補助金、網かけ、新植、改植等に係るものが533万5,000円、しっかり守る農林基盤交付金が103万5,000円で、原材料費、借り上げ料等に係るものでございます。2、林業費補助金は、おのおの250万円の減と250万円の増がありますが、事業名の変更によるものでございます。5の農業集落排水事業費補助金80万8,000円の減ですが、農業集落排水事業推進基金造成事業費補助金ですが、事業費の減によるものでございます。6、土木費補助金50万4,000円の減、下水道費補助金50万4,000円の減ですが、下水道事業推進基金造成事業費補助金が事業費の減によるものでございます。9の災害復旧費補助金につきましては88万6,000円の増、農業災害復旧費補助金ですが、昨年の施設の改修に係るもので、倉坂分でございます。


 項の3、委託金、1、総務費委託金は3万3,000円の増でございます。はぐっていただきまして、款の16、財産収入、項の1、財産運用収入、1、財産貸付収入72万円の減でございますが、これはステップ電気に駐車場を貸しておりますが、これの経営支援ということで2分の1に減ずるものでございます。2、利子及び配当金272万2,000円の増、利子及び配当金ですが、おのおのの基金に係る利子の確定によるものでございます。


 款の18、繰入金、項の1、基金繰入金、4、下水道事業推進基金繰入金40万円の減、事業費の減によるものでございます。地域雇用創出推進基金繰入金につきましては4,200万円を予定しております。先ほども説明させていただいておりますが、新規に普通交付税に地域雇用創出推進費というものが計上された関係で、これをしておりますが、それに4,200万円を充てる予定にしております。項の3、介護保険特別会計繰入金、介護保険特別会計繰入金217万4,000円の増、これは介護保険特別会計からの繰入金で、過年度分の精算によるものでございます。


 款の19、繰越金、項の1、繰越金、1、繰越金ですが、1億2,359万3,000円の増でございます。


 款の20、諸収入、項の3、貸付金元利収入、9の下水道事業便所等資金貸付金元利収入2万8,000円の増、項の4、雑入、2、雑入142万6,000円の増ですが、雑入としまして全国町村会共済金として107万4,000円の増ですが、台風等によるところの共済金でございます。ちなみに下伊勢の農機具格納庫については80万9,000円が交付される予定になっております。


 項の5、受託事業収入、埋蔵文化財発掘調査受託事業収入として500万円ですが、これはJAが所有しております三保の分についての調査に係るものでございます。


 款の21、町債、項の1、町債、1、総務債26万9,000円の減、3、土木債1,030万円の増、1、道路橋梁費1,020万円の増ですが、地方道路等整備事業として高野線ほか6路線分として790万円の増、地方道路等整備臨時貸付事業、無利子でございますが、210万円の増となっております。


 はぐっていただきまして、4の合併特例債ですが、2,130万円の減、地方道路等整備事業、釛上野線に係るものが130万円の減、水道施設中央監視整備事業繰出金が2,000万円の減となっておりますので、ここでも2,000万円の減とするものでございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) ここで暫時15分間休憩いたします。11時15分から再開いたします。


               午前11時01分休憩


      ───────────────────────────────


               午前11時14分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 議案第106号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、議案第106号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の内容説明をさせていただきます。


 歳入歳出それぞれ4,856万4,000円を追加いたしまして、総額22億472万4,000円とするものであります。


 初めに、歳出から説明をさせていただきます。お手元の議案の4ページをお開きください。保険給付費でありますが、退職被保険者等療養給付費516万1,000円の増と退職被保険者等療養費30万円の増でありますが、これらは一般からの退職振りかえによりまして療養給付費等がふえたことによるものであります。


 次に、後期高齢者支援金等で後期高齢者支援金44万円の増と、次の老人保健拠出金の医療費拠出金139万7,000円の増でありますが、これらは拠出金等の額の確定によるものであります。


 次に、5ページでありますが、介護納付金36万1,000円の減でありますが、これも額の確定によるものであります。


 次に、諸支出金の還付金でありますが、一般被保険者分50万円の増で、国保税の過年度分の還付金であります。


 それから、還付加算金の高額療養費特別給付金10万円の増でありますが、これは昨年度から始まりました後期高齢者医療長寿医療制度が創設されまして、昨年の4月から12月までの間に75歳に到達された月におきまして高額医療の一部負担金で公費負担額と自己負担額に差額のある方に支給するものでありまして、高額療養費特別支給金の制度が新設されたことによるものであります。


 それから、国庫支出金等返納金1,644万円の増でありますが、これは平成20年度の療養給付費、国庫負担金の1,631万2,000円と特定健診補助金12万8,000円を国と県にそれぞれ返納するものであります。


 次に、基金の積立金でありますが、財政調整基金積立金2,458万7,000円の増であります。これは前年度繰越金の2分の1相当を毎年基金に積むものであります。


 次に、歳入であります。3ページをお開きください。初めに、介護従事者処遇改善臨時特例交付金175万4,000円の増でありますが、これは交付金の決定によるものであります。


 次に、繰越金でありますが、前年度繰越金といたしまして4,681万円の増になったものであります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第107号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)と、議案第108号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の2件について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田  稔君) それでは、議案第107号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ159万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億7,573万円とするものであります。


 1ページから3ページは省略をさせていただきまして、5ページをお願いしたいと思います。歳出から御説明させていただきます。3、歳出の1、施設整備事業費、今回補正額129万6,000円を追加し、計1億6,654万6,000円とするものであります。補正額の内訳は、7、臨時職員賃金99万6,000円の減額であります。これは次の議案で下水道事業特別会計補正予算(第2号)で計上してございます地域活力基盤創造交付金事業に組み替えるものでございます。8、報償費40万円の増額であります。これは前納20件相当を見込んでの増であります。11、需用費168万2,000円の増額でありますが、これは光熱水費、処理施設中継ポンプ等電気代などでございますが、実績見込みによります増でございます。また、12、役務費21万円は、通信運搬費の見込みによります増であります。


 公債費、2、利子を30万円増額し、計7,422万3,000円とするものです。これは利息の精査によるものであります。


 続きまして、歳入でありますが、上の4ページをごらんください。繰越金159万6,000円を増額し、計159万7,000円とするものであります。これは前年度繰越金の確定による増額であります。


 以上で内容説明を終わらせていただきます。


 続きまして、議案第108号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ774万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ9億9,679万5,000円とするものであります。


 1ページ、2ページは省略をさせていただきまして、4ページをお願いします。歳出から御説明を申し上げます。3、歳出の1、下水道整備費、今回補正額210万6,000円の追加でありまして、計6億3,731万5,000円とするものであります。補正額の内訳はごらんのとおりでありまして、2の臨時職員賃金99万6,000円の増額ですが、先ほど集排の方で御説明しましたとおり、地域活力基盤創造交付金事業に伴います関係で、こちらに組み替えをさせていただきました。8、報償費としまして前納報奨金76万円であります。これは前納38件分相当を見込んでの増であります。11、需用費115万円の増であります。交付金事業の事務費の関係もございまして、不足分もあわせて見込みを計上いたしております。12、役務費20万円、通信運搬費の実績見込みによります増額であります。また、15、工事請負費におきましては、単独事業の一部が地域活力基盤創造交付金事業に伴い、事務費関連でございます事業見込みによります150万円の減であります。22、補償補てん及び賠償金でありますが、特環、赤碕地区であります湯坂地区の工事に伴います上水道移転補償50万円の増であります。


 次に、2、下水道維持管理費の補正額563万6,000円の追加であります。計6,118万5,000円とするものであります。内訳としまして、11、需用費627万4,000円の増でありますが、光熱水費541万6,000円、これは処理場及びマンホールポンプの電気代、水道代等の見込みによります不足分も含めての増額であります。また、修繕料の85万8,000円の増額は、東伯処理場の脱水機、浄化ポンプの修繕及び八幡ポンプ場の水位計の修繕であります。これは13の委託料からの組み替えでございます。また、12、役務費22万円でありますが、これは通信運搬費、処理場マンホールポンプ等の通報装置電話通信料で、見込みに伴います増額であります。13、委託料85万8,000円の減額は、事業見込みによりますものであります。


 続きまして、歳入でありますが、3ページをお願いいたします。2、歳入、1、一般会計繰入金3,000万円の増額で、計3億4,198万3,000円となります。地域活力基盤創造交付金であります。


 次に、繰越金としまして774万2,000円を増額補正し、計774万3,000円とするものであります。これは前年度繰越金が確定したものでございます。


 下水道事業債は3,000万円の減額補正により、計2億7,750万円とするものであります。交付金事業によるものでございます。


 以上で内容説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第109号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、健康福祉課長の説明を求めます。


 健康福祉課長、小塩久志君。


○健康福祉課長(小塩 久志君) 失礼します。議案第109号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)を説明させていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,394万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億1,896万6,000円とするものであります。主なものとしましては、前年度繰越金が確定しましたので、国県支払い基金等を精算し、返還等を行うものであります。


 歳出から説明させていただきます。5ページをお開きください。歳出、総務費、包括支援センター運営費9万1,000円の増であります。これは特別旅費としまして、新潟県であります居住福祉サミットへの特別旅費であります。次に、地域支援事業費の介護予防一般高齢者施策事業費99万2,000円の増であります。これはパート職員2名分の賃金であります。介護予防拠点施設桐谷家、旧中井旅館にコーディネーター2名を配置し、活用を図るということにしております。


 次に、基金積立金、介護給付費準備基金積立金です。9万円の増、これは利息分でございます。


 次に、諸支出金の償還金1,758万8,000円の増、これは過年度分の返還金でございます。1,758万8,000円、内訳としまして、主なものとしまして給付費の国庫分が1,370万4,000円、地域支援分の国庫分が280万円等となっております。


 次に、6ページをお開きください。諸支出金の一般会計繰出金217万4,000円の増であります。これも過年度分の返還金として、主なものとしまして事務費135万9,000円、介護給付費58万6,000円等でございます。


 予備費301万2,000円の補正であります。


 次に、歳入をお願いします。4ページ、支払い基金交付金の介護給付費交付金、補正額43万1,000円、これは過年度分で介護給付費交付金43万1,000円の増であります。


 次に、県支出金、介護給付費負担金313万9,000円の増であります。これも過年度分の介護給付費等の負担金でございます。


 次に、繰入金、地域支援事業繰入金(介護予防事業)99万2,000円の増、これは先ほど歳出に対します介護予防事業99万2,000円の分でございます。次に、地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)ですが、9万1,000円、これも現年度分の先ほどの旅費分であります。


 次に、繰越金1,929万4,000円、これは前年度の繰越金が確定しましたので、1,929万4,000円の繰越金となっております。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第110号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田  稔君) それでは、議案第110号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 第2条、資本的収入及び支出の資本勘定でありますが、収入、第1款資本的収入を590万円増額いたしまして、計3億9,999万6,000円とするものであります。


 支出は、はぐっていただきまして、第1款資本的支出、補正額1,980万円増額し、計5億6,969万3,000円に増額補正するものであります。この内容の説明ですが、2枚はぐっていただきまして、2ページをお願いします。平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第2号)説明書、資本勘定の収入から御説明申し上げます。1、資本的収入590万円増額し、計3億9,999万6,000円の増額補正であります。内訳としまして、1、企業債2,820万円の増額であります。計3億3,740万円、これは赤碕地区におきまして水道施設の中央監視整備にするものであります。全額、当初、合併特例債の予定をしておりましたが、公営企業会計は半額ということで2,000万円、そして集落排水事業から補償費の事業見込みによります820万円、合わせて2,820万円の増額が生じてきました。


 2、他会計出資金については、先ほど説明いたしました合併特例債2分の1によりまして、一般会計からの繰入金2,000万円の減額でございます。


 3、工事負担金でございますが、水道工事に伴います補償費の精査によります230万円の減額であります。


 続きまして、支出の1、資本的支出1,980万円増額しまして、計5億6,969万3,000円の増額補正であります。内訳としまして、1、建設改良費の工事請負費1,980万円増額であります。これは工事の精算見込みによります増額補正でございます。


 一番もとの表紙に戻っていただきまして、よって、資本的収入額、括弧の中でございますが、資本的支出額に不足いたします額1億5,579万7,000円を1億6,969万7,000円に改めるものであります。


 以上で終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第111号、町道路線の廃止についてから議案第117号、町道路線の認定についてまでの7議案について、建設課長の説明を求めます。


 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) そうしますと、議案第111号、町道路線の廃止についてでございますが、開いていただきまして、県道大栄赤碕線から八橋公民館までの路線を認定しておりましたけれど、八橋住宅の建てかえに伴いまして町道路線を変更するために、この路線を廃止するものであります。


 次に、議案第112号から115号は、111号で廃止いたしました路線を再認定、新たに認定するものでございます。


 112号につきましては、県道からJAの東伯宿舎のところまでを認定いたします。


 それから次に、113号につきましては、その路線から八橋公民館に至る路線を認定したいということでございます。


 それから、114号につきましては、ここの区画を3つのブロックに整備いたしますので、公民館の路線の南側の路線を3号として認定するものでございます。


 続きまして、115号につきましては、そのさらに南側の路線につきまして4号として認定するものでございます。


 続きまして、議案第116号でございます。町道路線の認定についてでございますが、赤碕駅南から乗降が可能となるように新規に町道を計画するに当たりまして、県道赤碕大山線から赤碕駅南側に通じる路線で、延長300メートル、幅員13.5メートルを赤碕駅南線として認定し、計画するものでございます。


 続きまして、議案第117号、町道路線についての認定についてでございます。これにつきましては、ふるさと海岸公園の南側に海岸道路が新しく整備されました。旧管理道を財務省から無償で払い下げを受けるに当たりまして町道認定をする条件がございますので、町道塩浜筋線として認定するものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第118号、平成20年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定についてを総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) それでは、平成20年度一般会計歳入歳出決算書について説明をさせていただきます。


 初めに、歳出の方からさせていただきます。21ページをお開きください。事項別明細書ですが、50万以上の不用額について説明をさせていただきます。読み上げ方は、款項目を読んで、予算現額の計を読んで、支出済み額を読んで、不用額というふうにさせていただきます。


 それでは、歳出からさせていただきます。款の1、議会費、項の1、議会費、目の1、議会費1億887万6,000円、1億795万6,055円、91万9,945円。


 款の2、総務費、項の1、総務管理費、1、一般管理費6億3,050万4,000円、6億2,454万8,594円、それから595万5,406円でございます。それから、4の共済費ですが、310万3,578円が残っておりますが、これは追加費用の250万1,000円と旧恩給組合の条例給付に係るものとか雇用保険料に係るものが残っております。7の賃金については91万910円残っております。臨時職員とか緊急雇用に係るものが残っております。11の需用費につきましては75万4,931円ですが、印刷製本費とか燃料費に係るものでございます。


 次のページですが、2の関西事務所活動運営費ですが、1,262万7,000円、1,118万2,068円、144万4,932円、3の文書広報費418万9,000円、416万2,495円、2万6,505円、4、財政管理費1,637万5,161円、1,631万7,438円、5万7,723円、はぐっていただきまして、5の会計管理費ですが、151万円、117万3,525円、33万6,475円、6の財産管理費248万4,839円、226万2,137円、22万2,702円、CATV管理費8,423万3,000円、8,362万9,167円、60万3,833円。


 8、企画費1億3,483万2,000円、1億1,270万6,068円、繰越明許費が2,067万3,500円、145万2,432円ですが、報償費の繰越明許費につきましては、琴浦町音頭にかかわるものというふうに、それからその他役務費につきましては、船上山の湧水検査の繰り越し分でございますし、委託料とか工事請負費につきましては、まず委託料の394万6,500円ですが、歴史的まちなみ財産保存整備にかかわるものが109万6,500円、琴浦町音頭作成委託に係るものが285万円でございますし、工事請負費の1,630万円につきましても、歴史的まちなみ保存に係るものでございます。19、負担金補助及び交付金の100万8,146円の残でございますが、まちづくり委員会が12万6,802円、太陽光発電システムが33万6,240円、輝け地域支援事業が32万円、町民ふれあい号が13万3,700円となっております。


 9、公平委員会費3万7,000円、3万7,000円のゼロ。10、交通安全対策費952万3,000円、912万5,608円、39万7,392円、11、電算機管理費3,542万6,000円、3,111万5,306円、47万8,194円ですが、13の委託料の繰越明許費の383万2,500円ですが、後期高齢に係るところのシステム改修分でございます。11、電算機管理費、繰越明許費の262万1,000円、262万800円、200円、12、分庁管理費1,713万4,000円、1,697万4,327円、15万9,673円。はぐっていただきまして、13、諸費4,762万2,000円、4,682万1,260円、80万740円。


 2、徴税費、1、税務総務費8,742万3,000円、8,727万8,343円、14万4,657円、2、賦課徴収費5,809万円、5,771万9,784円、37万216円。3、戸籍住民登録費、1、戸籍住民登録費3,128万8,000円、3,095万8,316円、32万9,684円。4、選挙費、1、選挙管理委員会費23万5,000円、21万1,730円、2万3,270円、2、土地改良区選挙費2万2,000円、2万1,100円、900円。


 はぐっていただきまして、3、鳥取海区漁業調整委員会委員選挙費22万7,000円、22万5,358円、1,642円、4、農業委員会委員選挙費19万5,000円、19万300円、4700円、5、統計調査費、1、統計調査総務費379万1,000円、375万5,338円、3万5,662円、2、指定統計費161万7,000円、161万7,000円のゼロ、6、監査委員費、1、監査委員費124万8,000円、120万3,210円、4万4,790円、7、地域活性化・生活対策費、1、地域活性化・生活対策費2億7,693万7,000円、1,562万394円、繰越明許費に係るものが2億6,072万9,256円、58万7,350円ということで、国の補正によるもので、3月に補正した関係で繰り越しを行っております。


 8、定額給付金給付費、1、定額給付金給付費3億2,124万円、3億870万3,502円、849万4,000円が繰越明許しておりますが、国の補正によるものでございます。404万2,498円が不用額となっております。この不用額の大きなものにつきましても、3月補正ということで不用額が生じております。


 3、民生費、1、社会福祉費、1社会福祉総務費1億8,744万5,000円、1億8,448万4,385円、296万615円で、はぐっていただきまして、28の繰出金が289万2,715円の残ですが、出産育児一時金が187万3,334円と職員の人件費に係るものが102万257円でございます。2、社会福祉事業費3,847万4,000円、3,825万9,612円、21万4,388円、3、同和対策総務費353万8,000円、351万4,900円、2万3,100円、4、隣保館運営費3,191万5,000円、3,161万6,315円、26万8,000円の繰越明許費3万685円ですが、11、需用費として26万8,000円が繰り越しておりますが、東伯文化センターのフェンス改修に係るものでございます。


 5、国民年金事務費757万円、744万6,269円、12万3,731円、6、老人福祉費9,554万1,000円、9,426万1,036円、127万9,964円、15、工事請負費60万7,360円は、桐谷家に係るものが37万2,460円で、旧中井旅館に係るものが23万4,900円でございます。7、特別医療費助成事業費9,510万円、9,500万7,929円、9万2,071円。


 はぐっていただきまして、8、老人医療事務費3,416万5,000円、3,400万9,545円、15万5,455円、9、心身障害者医療費312万円、310万796円、1万9,204円、10、障害福祉費2億4,808万9,000円、2億4,718万7,510円、90万1,490円、11、介護保険事業費2億7,126万円、2億7,114万5,882円、11万4,118円、12、いきいき健康センター運営費38万9,000円、35万2,452円、3万6548円、13、後期高齢者医療費2億6,480万1,000円、2億6,434万364円、46万636円。


 2、児童福祉費、1、児童福祉総務費6億499万2,000円、6億265万6,629円、18万2,000円の繰越明許ですが、子育て応援特別手当交付金に係るものでございます。215万3,371円で、職員手当として78万7,382円が残っておりますが、時間外がそのうち66万2,392円でございます。19、負担金補助及び交付金につきましては、子育て応援特別手当交付金に係るものが36万円残っております。保育所運営費4億3,855万8,000円、4億3,657万7,534円、198万466円、はぐっていただきまして、11、需用費ですが、135万4,347円の不用額ですが、9園分の計でございます。3、児童館運営費634万8,000円、625万1,680円、9万6,320円、4、母子福祉費333万5,000円、333万5,000円のゼロ。


 4、衛生費、1、保健衛生費、1、保健衛生総務費5,490万1,000円、5,474万5,473円、15万5,527円、2、予防費7,570万9,000円、7,465万6,625円、105万2,375円、3、健康づくり推進事業費2,772万円、2,744万1,278円、27万8,722円ですけれども、済みません、ちょっとその前に、20の扶助費が54万4,900円不用額となっておりますが、難病患者等の居宅支援に係るものが31万5,000円と予防接種に係るものが22万9,900円でございます。はぐっていただきまして、4、環境衛生費1,371万9,000円、1,341万9,323円、29万9,677円。


 2、清掃費、1、じんかい処理費2億4,489万4,000円、2億4,459万6,687円、29万7,313円、1、じんかい処理費、繰越明許に係るもの2,480万3,000円、2,480万3,000円のゼロ、2、し尿処理費4,282万円、4,282万円のゼロ。3、上水道費、1、上水道費244万8,000円、244万7,982円、18円。


 5、農林水産業費、1、農業費、1、農業委員会費3,529万5,890円、3,508万3,859円、21万2,031円、2、農業総務費2,175万2,110円、2,159万5,445円、15万6,665円、はぐっていただきまして、3、農業振興費1億244万3,000円、1億34万5,724円、156万3,000円が繰越明許となっておりますが、これは雪害園芸施設等の復旧補助に係るものでございます。53万4,276円。4、畜産業費933万円、928万1,394円、4万8,606円、5、農地費2億2,797万9,000円、2億1,607万8,703円、1,167万8,751円が繰越明許になっておりますが、これは県営畑総に係るものが757万4,000円、県営広域農道に係るものが410万4,751円でございます。22万1,546円。5、農地費、繰越明許2,279万7,736円、2,279万7,736円のゼロ、6、地籍調査事業費7,862万7,000円、7,846万3,653円、16万3,347円、7、農業集落排水事業費1億9,487万7,000円、1億9,487万6,002円、998円。


 2、林業費、1、林業総務費439万5,000円、427万2,014円、12万2,986円、はぐっていただきまして、2、林業振興費2,681万1,000円、2,593万3,413円、87万7,587円、19、負担金補助及び交付金の69万4,653円ですが、森林保護樹林帯緊急造成に係るものが主なもので、60万円残となっております。2、林業振興費、繰越明許150万7,000円、150万6,597円、403円、3、水産業費、1、水産業総務費1,987万4,000円、1,393万7,201円、585万3,200円の繰越明許ですが、漁業雇用創出緊急対策に係るものでございます。8万3,599円。


 6、商工費、1、商工費、1、商工総務費3,488万4,000円、3,468万9,025円、19万4,975円、2、商工振興費9,467万3,000円、9,455万6,026円、11万6,974円、3、観光費3,011万円、2,869万5,790円、50万円の繰越明許費がありますが、旧中井旅館の用地代でございます。91万4,210円。4、勤労者体育センター運営費158万9,000円、156万3,333円、2万5,667円、5、地域振興費9,798万3,000円、9,724万3,608円、73万9,392円。


 はぐっていただきまして、7、土木費、1、土木管理費、1、土木総務費2,093万4,000円、1,771万9,316円、302万5,000円の繰越明許でございますが、古長地区の急傾斜対策に係るものでございます。18万9,684円。


 2、道路橋梁費、1、道路維持費3,613万3,000円、3,430万4,515円、175万円の繰越明許費につきましては、町道立子大熊線の舗装修繕工事に係るものでございます。7万8,485円。2、道路新設改良費1億6,552万7,000円、1億4,010万1,683円、2,531万5,250円の繰越明許につきましては、工事請負費として2,486万円が町道釛上野線の改良工事に係るもの、19、負担金補助及び交付金の45万5,250円につきましては県道改良負担金でございます。11万67円に、道路新設改良費、繰越明許費4,435万8,000円、4,410万5,999円、25万2,001円、3、除雪対策費1,328万2,000円、1,307万7,630円、20万4,370円、3、河川費、河川維持費170万9,000円、170万5,987円、3,013円。


 4、港湾費、1、港湾建設費1,813万8,000円、686万9,000円、1,125万円の繰越明許費につきましては、県の港湾改修負担金でございます。1万8,307円。はぐっていただきまして、1、港湾建設費、繰越明許は1,211万2,500円、1,211万2,500円のゼロでございます。


 5、都市計画費、1、都市計画総務費221万8,000円、218万3,100円、3万4,900円、1、都市計画総務費、繰越明許に係るもの380万円、262万5,000円、117万5,000円ですが、委託料として117万5,000円が残っておりますが、アスベスト除去対策に係るものでございます。2、公園費605万3,000円、586万2,784円、19万216円、3、公共下水道事業費3億2,521万円、3億2,521万円のゼロ。


 6、住宅費、1、住宅管理費2,540万6,000円、2,515万274円、25万5,726円、2、住宅建設費2億4,829万8,000円、2億4,809万7,488円、20万512円。


 8、消防費、1、消防費、1、常備消防費2億5,451万4,000円、2億5,451万4,000円のゼロ、2、非常備消防費4,121万7,000円、4,083万4,034円、38万2,966円、はぐっていただきまして、3、消防施設費1,077万円、1,067万1,671円、9万8,329円。


 9、教育費、1、教育総務費、1、教育委員会費207万2,000円、205万1,064円、2万936円、2、事務局費9,769万9,000円、9,685万28円、84万8,972円、2、小学校費、1、学校管理費8,264万1,000円、7,895万4,838円、296万円の繰越明許費ですが、八橋小学校の特別教室の防水シート等に係るものでございます。72万6,162円、2、教育振興費2,271万5,000円、2,216万7,198円、54万7,802円、はぐっていただきまして、3、中学校費、1、学校管理費4,290万1,000円、4,251万3,150円、38万7,850円、2、教育振興費2,217万3,000円、2,186万4,587円、30万8,413円、4、幼稚園費、1、幼稚園費3,375万9,000円、3,344万3,799円、31万5,201円、5、社会教育費、1、社会教育総務費5,504万8,000円、5,451万9,989円、52万8,011円。


 はぐっていただきまして、2、公民館費8,546万4,000円、8,395万4,687円、150万9,313円、7、賃金の84万3,890円につきましては、公民館主事の交代による差額でございます。11、需用費の56万8,732円は、修繕等に係るものでございます。3、文化財保護費646万8,000円、577万2,611円、69万5,389円、4、埋蔵文化財発掘調査費353万3,000円、351万2,537円、2万463円、5、生涯学習センター運営費2,884万7,000円、2,800万6,121円、84万879円、6、図書館費3,564万9,000円、3,534万7,988円、30万1,012円、7、カウベルホール運営費1,495万9,000円、1,478万8,230円、17万770円、はぐっていただきまして、8、人権・同和教育費4,330万7,000円、4,317万1,384円、13万5,616円。


 6、保健体育費、1、保健体育総務費2,260万円、2,238万2,310円、21万7,690円、2、体育振興費1,058万1,000円、1,004万1,570円、53万9,430円、3、体育施設費3,705万1,000円、3,551万2,441円、153万8,559円、11、需用費の77万6,285円の不用額は、体育施設の光熱水費等に係るものでございます。4、給食センター運営費6億4,039万7,000円、2億1,731万4,348円、4億2,040万円の繰越明許については、給食センターの建築に係るものでございます。268万2,652円。はぐっていただきまして、15の工事請負費については196万8,000円の不用額が生じておりますが、給食センターの工事の請負差でございます。


 10、災害復旧費、1、農林水産業災害復旧費、1、現年発生農地災害復旧費1,000円、ゼロ、1,000円、1、現年発生農地災害復旧費、繰越明許に係るもの2,935万7,000円、2,483万9,294円、415万7,706円、15、工事請負費が439万4,700円不用額となっておりますが、出来高によります。2、現年発生農業用施設災害復旧費618万1,000円、167万8,000円、450万3,000円が繰越明許になっておりますが、倉坂水路改修に係るものでございます。ゼロ。現年発生農業用施設災害復旧費、繰越明許5,215万3,150円、4,190万6,172円、1,024万6,978円で、15の工事請負費の繰越明許費として996万6,450円が不用額となっておりますが、県事業等の調整等による残でございます。3、単県斜面崩壊復旧費435万2,000円、435万1,200円、800円、2、公共土木施設災害復旧費、1、公共土木施設災害復旧費283万9,000円、283万6,579円、2,421円、1、公共土木施設災害復旧費、繰越明許費1億3,311万8,000円、1億3,308万4,513円、3万3,487円。


 11、公債費、1、公債費、1、元金12億4,945万円、12億4,944万8,445円、1,555円、2、利子2億6,317万7,000円、2億6,317万6,859円、141円。


 12、諸支出金、1、諸費、1、国県支出金返納金3,025万4,000円、3,022万8,771円、2万5,229円。


 13、予備費につきましては9,192万3,000円で、支出しておりません。


 歳出合計100億9,723万7,386円、91億5,639万8,339円、繰越明許費が7億8,297万7,457円で、不用額が1億5,786万1,590円でございました。


 歳入の方にお戻りください。8ページでございます。款項目を読み上げて、予算現額の計を読み上げ、その後、収入済み額、不納欠損額、収入未済額というふうに読み上げます。1、町税、1、町民税、1、個人5億6,771万円、5億6,952万4,166円、不納欠損額が124万9,668円、2,759万4,064円ですが、1、現年課税分につきましては、収入未済額が1,092万4,307円で249件でございます。2の滞納繰越分につきましては、不納欠損額が124万9,668円、5人分でございます。収入未済額につきましては1,666万9,757円、延べ491件でございます。


 2の法人は1億166万4,000円、1億3,594万2,400円、9万7,410円の不納欠損と69万8,600円の収入未済額がございます。現年課税分につきましては、収入未済額が49万300円で11件でございます。2の滞納繰越分につきましては、不納欠損額が9万7,410円の2人、収入未済額は20万8,300円で、延べ3件でございます。


 2の固定資産税、1、固定資産税10億4,015万2,000円、10億4,674万2,052円、3,106万6,650円の不納欠損額と7,515万5,870円の収入未済額ですが、現年課税分につきましては、不納欠損額が420万8,160円で11人分、それから収入未済額は1,977万1,322円で305件分でございます。2の滞納繰越分につきましては、不納欠損額が2,685万8,490円、11人分、収入未済額は5,538万4,538円で、延べ769件でございます。2の国有資産等所在市町村交付金及び納付金につきましては、432万8,000円、432万8,700円でございます。


 3の軽自動車税、1、軽自動車税4,887万7,000円、4,902万3,788円、不納欠損額が8万8,800円、収入未済額は284万9,863円で、現年課税分につきまして、収入未済額が88万円で124件でございます。2の滞納繰越分は、不納欠損が8万8,800円で5人分です。収入未済額は196万9,863円で、延べ310件でございます。


 4、町たばこ税、1、町たばこ税1億714万8,000円、1億732万5,812円、2、地方譲与税、1、自動車重量譲与税、1、自動車重量譲与税9,824万3,000円、9,824万3,000円、2、地方道路譲与税、1、地方道路譲与税3,156万9,000円、3,156万9,000円。


 はぐっていただきまして、3の利子割交付金につきましては、804万7,000円の804万7,000円でございます。配当割交付金につきましては、226万2,000円の226万2,000円。


 5の株式等譲渡所得割交付金につきましては、69万6,000円、73万8,000円。


 6の地方消費税交付金につきましては、1億6,641万5,000円、1億6,641万5,000円。


 7、ゴルフ利用税交付金につきましては、234万4,000円の234万4,020円です。


 8、自動車取得税交付金は、4,458万2,000円、4,458万2,000円。


 9、交通安全対策特別交付金は、280万円の285万1,000円。


 10の地方特例交付金の1、地方特例交付金につきましては、1,478万2,000円、1,478万2,000円。2の特別交付金につきましては、231万7,000円、231万7,000円、地方税等減収補てん臨時交付金につきましては、183万8,000円の183万8,000円。


 11、地方交付税につきましては、36億6,736万6,000円、36億6,736万6,000円です。


 12、分担金及び負担金、1、負担金、1、民生費負担金は、1億1,100万円で、1億246万4,500円、収入未済額が897万6,710円ですが、これは児童福祉費負担金でございまして、保育料に係るもので、過年分が678万6,630円、現年分が219万80円で62人分でございます。2、農林水産業費負担金121万円、126万2,490円、2、分担金、1、総務費分担金339万7,000円、294万6,168円、2、農林水産業費分担金10万7,000円、5万5円、2、農林水産業費分担金、繰越明許に係るものが136万4,686円、130万1,586円。


 13、使用料及び手数料、はぐっていただきまして、使用料、1、総務使用料681万円、687万1,975円、2、民生使用料5万5,000円、5万5,050円、3、衛生使用料224万、243万4,000円、4、農林水産業使用料7万円、6万6,000円、5、商工使用料1,317万6,000円、1,254万1,812円で、167万2,000円の収入未済額は、ポート赤碕物産館のものでして、2件です。6、土木使用料7,115万2,000円、6,584万5,363円、1,204万1,002円の収入未済額につきましては住宅の使用料で、現年が34人、過年が27人でございます。7、教育使用料1,302万7,000円、1,546万2,834円、18万1,440円の収入未済額につきましては、幼稚園の使用料で4人分でございます。


 2、手数料、1、総務手数料1,269万9,000円、1,175万4,020円、2、衛生手数料1,227万5,000円、1,208万3,800円、3、土木手数料12万4,000円、12万9,600円。


 14、国庫支出金、1、国庫負担金、1、民生費負担金2億3,204万9,000円、2億3,298万7,991円、2、総務費負担金64万2,000円で、収入済み額がゼロとなっておりますが、収入の入り方が少し変わった入り方をしましたので、雑入で処理をしておりますが、64万2,312円が入っております。3、衛生費負担金が2,000円、2,588円。


 2、国庫補助金、1、民生費補助金6,959万9,000円、7,009万7,000円、2、衛生費補助金44万1,000円、44万1,000円、3、土木費補助金1億9,784万5,000円、1億8,316万2,000円、はぐっていただきまして、3、土木費補助金、繰越明許は2,399万8,000円、2,399万8,000円、4、都市計画費208万円、108万6,000円、4、都市計画費、繰越明許190万円、131万2,000円、5、教育費補助金212万円、208万6,000円、6、総務費補助金5億6,122万3,000円、3億1,267万6,000円、7、農林水産業費補助金159万円、160万円、8、災害復旧費補助金183万円、183万円、8−災害復旧費補助金、繰越明許8,660万円、8,660万円。


 3、委託金、1、総務委託金70万円、59万8,000円、2、民生費委託金451万2,000円、478万2,675円。


 15、県支出金、1、県負担金、1、民生費負担金2億616万円、2億683万6,427円、2、衛生費負担金2,000円、2,588円、2、県補助金、1、総務費補助金3,841万8,000円、3,704万6,000円、2、民生費補助金1億4,502万6,000円、1億4,248万1,884円、3、衛生費補助金229万1,000円、229万2,000円、4、農林水産業費補助金1億5,934万2,000円、1億5,353万4,630円、5、土木費補助金249万9,000円、200万1,800円、6、教育費補助金229万2,000円、201万720円、はぐっていただきまして、7、災害復旧費補助金2,514万3,000円、2,251万3,206円、7、災害復旧費補助金、繰越明許3,685万4,000円、3,899万824円。


 3、委託金、1、総務費委託金4,917万9,000円、4,737万6,422円、2、民生費委託金8万5,000円、8万5,000円、3、商工費委託金20万4,000円、20万4,000円、4、土木費委託金536万4,000円、589万2,731円、5、教育費委託金107万7,000円、92万1,204円。


 16、財産収入、1、財産運用収入、1、財産貸付収入286万8,000円、375万2,108円、2の財産売払収入、1、不動産売払収入401万7,000円、401万7,933円、これは米久の赤線、青線に係るものでございます。


 17、寄附金、1、寄附金、1、一般寄附金60万1,000円、60万円、2、教育費寄附金10万1,000円、10万円、3、ふるさと未来夢寄附金319万1,000円、320万1,000円、31人分です。


 18、繰入金、1、基金繰入金、1、財政調整基金繰入金6,400万円、6,400万円、2、地域福祉基金繰入金1,182万6,000円、1,182万5,972円、3、きらりタウン赤碕定住促進基金繰入金270万円、270万円、4、下水道事業推進基金繰入金6,700万円、6,700万円、5、東伯小学校門脇教育図書購入基金繰入金2万6,000円、2万6,465円、6、林原育英奨学基金繰入金96万円、96万円、はぐっていただきまして、7、肉用牛特別導入事業基金繰入金190万4,000円、190万4,156円、8、森林保全管理基金繰入金64万5,000円、64万4,190円、9、船上山万本桜公園整備基金繰入金100万円、100万円、10、子育て支援事業促進基金繰入金3,343万3,000円、3,343万3,000円、11、ふるさと未来夢基金繰入金40万円、31万353円。


 2、老人保健特別会計繰入金は、164万円の163万9,123円、3の介護保険特別会計繰入金は、1,283万9,000円の1,283万8,563円、4の下水道事業特別会計繰入金は、4,997万2,000円、4,997万2,000円、5の後期高齢者医療特別会計繰入金は、1,000円のゼロ。


 19、繰越金につきましては、1の繰越金が2億183万1,000円、2億183万1,331円、繰越金、繰越明許に係るものが5,330万3,700円、5,330万3,700円。


 20の諸収入、1、延滞金加算金及び過料、1、延滞金は70万円の153万1,389円、2、町預金利子につきましては、100万円の186万6,563円、3の貸付金元利収入につきましては、1、社会福祉資金小口貸付金元金収入が300万円の300万円、2の中小企業貸付金元金収入が7,880万5,000円が7,880万5,000円、3、奨学資金貸付金元利収入233万5,000円、130万9,244円で、収入未済額が99万860円ですが、これは3人分でございます。4、大学入学資金貸付金元金収入151万3,000円、77万2,484円の収入未済額ですが、1の大学入学資金貸付金元利収入が40万7,484円で、2人分です。2の林原育英奨学金貸付金元金収入が36万5,000円で、1人分でございます。5、地域総合整備資金貸付金元金収入5,268万7,000円、5,268万7,000円、6、勤労者住宅建設資金貸付金元利収入1,000万4,000円、1,003万9,890円。


 4、雑入、1、滞納処分費1,000円のゼロ。2、雑入1億104万2,000円、1億1,871万3,168円の収入未済額は6万9,300円で、これは建設業者の倒産にかかわる違約金1件分で、雑入で6万9,300円となっております。


 はぐっていただきまして、2、雑入、繰越明許に係るものが150万7,000円の150万6,597円。


 21、町債、1、町債、1、総務債3億23万9,000円、2億9,743万9,000円、2、農林水産債2,140万円、1,390万円、2、農林水産業債、繰越明許1,950万円、1,950万円、3、土木債1億7,430万円、1億5,580万円、3、土木債、繰越明許1,720万円、1,210万円、4、合併特例債5億9,000万円、1億9,790万円、4、合併特例債、繰越明許3,770万円、3,770万円、5、借換債9,010万円、9,010万円、6、災害復旧事業債110万円、90万円、6、災害復旧費事業債、繰越明許4,670万円の4,660万円、歳入合計が100億9,723万7,386円、収入済み額が94億4,385万725円、不納欠損額が3,250万2,528円、収入未済額は1億3,100万2,193円でございます。


 最後のところ、55ページをお開きください。平成20年度の琴浦町一般会計実質収支に関する調書ですか、歳入総額が94億4,385万725円、歳出総額が91億5,639万8,339円、歳入歳出差し引き額が2億8,745万2,386円、4の翌年度へ繰り越すべき財源として、2の繰越明許費繰越額が1億85万8,914円でございます。5の実質収支額につきましては1億8,659万3,472円で、実質収支額のうち、地方自治法第233条の2の規定による基金繰入額はゼロでございます。


 以上で一般会計の説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) ここで暫時休憩いたします。再開は1時45分から1時間半休憩いたします。


                午後0時14分休憩


      ───────────────────────────────


                午後1時45分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第119号、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 まず、歳出の方から説明をさせていただきます。10ページをお開きください。お願いします。説明につきましては、目と、それから支出済み額と不用額、なお、不用額につきましては50万円以上のものについて説明をさせていただきますので、よろしくお願いします。


 まず、1款総務費、総務管理費の一般管理費でありますが、支出済み額4,674万6,095円、不用額142万4,905円ですが、これは実績によるものであります。役務費の98万3,660円の残額は通信運搬費でありまして、他の制度を活用したことによりまして残ったものでございます。連合負担金につきましては、国保連合会負担金でありまして、390万7,996円で、不用額が10万5,004円であります。それから、徴税費、賦課徴収費でございますが、5万円で6万6,000円、滞納処分費はありません。それから、運営協議会費ですが、6万5,952円で、11万7,048円です。


 次に、2款保険給付費でございますが、11ページですけども、1項療養諸費の一般被保険者療養給付費11億7,251万7,532円で、2,047万4,468円の不用額でございます。これは年度末に一般被保険者分を2,200万円ほど退職分に振りかえておりまして、その分が一般分で不用額となってきております。退職被保険者等療養給付費でございますが、1億1,485万1,520円、高額療養費の一般被保険者の高額療養費より869万7,520円を流用させていただいております。これにつきましては、年度末に一般被保険者を職権適用ということで退職分に振りかえておりますが、その額が多額であったために予算現額に不足が生じたことによるものでございます。それから、一般被保険者療養費376万5,522円、9万8,478円の不用であります。それから、退職被保険者等療養費14万6,496円、不用額15万5,504円であります。それから、審査支払い業務費567万3,111円、3万1,889円であります。


 それから、高額療養費の一般被保険者高額療養費1億2,141万3,079円、438万9,401円の不用額となっております。これにつきましては、実績によるものでございます。それから、退職被保険者等高額療養費1,373万3,893円で、131万6,107円の不用額となっております。これも実績によるものでございます。


 次に、出産育児諸費の出産育児一時金は、29人分で1,024万円であり、281万円の残は見込みより減ったものであります。葬祭諸費の葬祭費は、40人分で80万円、40万円の不用であります。移送費と高額介護合算療養費はありません。


 12ページで、3款後期高齢者支援金であります。2億4,267万8,655円で、345円の不用額。後期高齢者関係事務費拠出金3万8,075円で、5万1,925円。


 次に、4款前期高齢者納付金等、前期高齢者納付金でありますが、29万1,916円で84円、それから前期高齢者関係事務費拠出金3万4,903円で、1万6,097円であります。


 次に、5款老人保健拠出金でありますが、医療費拠出金であります。6,294万211円で789円、それから事務費拠出金79万3,226円で774円です。


 次に、6款介護納付金1億814万8,116円で31万884円であります。


 次に、7款共同事業拠出金、13ページでありますが、高額医療費共同事業拠出金です。これは80万以上の高額医療費を補てんする共同事業でありますが、3,484万4,154円で278万846円の不用額となっております。これは実績によるものであります。保険財政共同安定化事業拠出金、これは30万以上の医療費の共同事業であります。2億2,700万6,663円で337円、保険財政共同安定化事業費拠出金はありません。その他の共同事業拠出金804円で196円であります。


 次に、8款保健事業費の保健事業推進費でありますが、984万1,196円、493万4,804円の不用額であります。これは実績でありまして、主に特定健康診査の受診率が低かったことによるものであります。


 次に、9款諸支出金であります。1項還付金、一般被保険者分でありますが、261万2,987円、38万7,013円の不用額であります。過年度分60件分を支払っております。退職被保険者分3万1,213円で6万8,787円、2件分を支払っております。それから、還付加算金はありません。諸費で、14ページ、国庫支出金等返納金2,496万7,374円で1,626円であります。これは平成19年度の精算分といたしまして、療養給付費交付金を返納したものであります。


 次に、10款基金積立金の財政調整基金積立金でありますが、2,505万6,859円と積立金利子47万5,102円の合計2,553万1,961円で、不用額が5万1,039円であります。これは繰越金のうちの2分の1相当を積み立てしたものであります。


 11款公債費はありません。


 12款予備費もありません。


 予算現額合計22億7,521万4,000円に対しまして支出済み額合計22億3,367万2,650円で、不用額の合計が4,154万1,350円でございます。


 次に、歳入の方に戻っていただきまして、6ページをお願いいたします。これにつきましても、目、それから収入済み額、収入未済額で主なものについて説明をさせていただきます。


 1款国民健康保険税でありますが、一般被保険者国民健康保険税であります。4億3,046万3,701円、不納欠損が8人分で210万7,744円、収入未済額が9,464万4,829円、内訳といたしましては、現年課税分が4億1,641万1,954円、収入未済額が2,214万6,229円、滞納繰越分につきましては1,405万1,747円、不納欠損が210万7,744円、収入未済額が7,249万8,600円、現年分の未収につきましては1,175件分、滞納繰越分につきましては3,698件分であります。


 それから、退職被保険者等国民健康保険税でありますが、3,722万2,071円、不納欠損が1人分で34万5,812円、収入未済額321万6,233円、現年課税分につきましては3,568万8,209円、収入未済額が45万8,408円、滞納繰越分につきましては153万3,862円、不納欠損が34万5,812円、収入未済額が275万7,825でありまして、退職分の収入未済でありますが、現年分が63件、それから滞納繰越分につきましては279件であります。


 次に、2款国庫支出金でありますが、国庫負担金、事務費負担金はありません。療養給付費負担金3億4,524万5,978円であります。高額医療費共同事業負担金871万1,038円、特定健康診査等負担金130万5,000円であります。国庫補助金、財政調整交付金でありますが、1億5,489万4,000円であります。特別対策費補助金はありません。


 次に、3款療養給付費交付金でありますが、1億5,051万7,000円であります。


 7ページでありますけども、4款使用料及び手数料はありません。


 それから、5款前期高齢者交付金、これは65歳から74歳までの加入者の割合が全国よりも高い保険者に対して交付金として支給されるものでありますが、6億2,193万315円であります。


 6款県支出金、県負担金、高額医療費共同事業負担金871万1,038円であります。特定健康診査等負担金130万5,000円であります。県補助金の財政調整交付金ですが、7,580万3,000円であります。


 次に、7款共同事業交付金ですが、高額医療費共同事業交付金が3,280万352円、それから保険財政共同安定化事業交付金2億1,024万8,561円であります。


 次に、8款財政収入といたしましては、利子及び配当金47万5,102円、これは財政調整基金の利息であります。


 9款寄附金はありません。


 次に、10款繰入金、一般会計の繰入金ですが、1億4,954万5,285円ということで、基盤安定あるいは職員給与、出産育児等の法定内繰り入れを行っております。


 次に、11款諸収入ですが、延滞金加算金及び過料で延滞金であります。一般被保険者の延滞金が110万8,600円、289件分となっております。預金利子ですが、4,386円であります。受託事業収入はありません。雑入でありますが、滞納処分費はありません。第三者納付金でありますが、3人分で86万5,270円であります。返納金でありますが、一般被保険者の返納金が57人分で97万132円であります。


 はぐっていただきまして、9ページ、退職被保険者等の返納金が5人分で10万9,235円であります。雑入ですが、49万6,040円、これは円滑運営補助金等であります。


 12款繰越金で前年度繰越金ですが、5,011万3,719であります。


 調定額合計23億8,315万9,441円に対しまして収入済み額合計で22億8,284万4,823円、不納欠損額合計245万3,556円、収入未済額9,786万1,062円となっております。


 15ページの実質収支に関する調書を見ていただきたいと思いますが、歳入総額22億8,284万4,823円、歳出総額22億3,367万2,650円、歳入歳出差し引き額4,917万2,173円で、実質収支額が4,917万2,173円であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第120号、平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、人権・同和教育課長の説明を求めます。


 人権・同和教育課長、田中肇君。


○人権・同和教育課長(田中  肇君) それでは、議案第120号、平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明をさせていただきます。


 特別会計決算書の20ページをお開きいただきたいと思います。まず、歳出についてですが、主に目と支出済み額について説明させていただきます。資金貸付事業費ですが、99万850円、次に、公債費ですが、元金2,491万2,359円、利子642万7,425円、次に、予備費は支出はございません。繰上充用金ですが、6,699万9,367円であります。


 次に、19ページの歳入について説明させていただきます。住宅新築資金等貸付事業費補助金ですが、収入済み額676万1,000円。


 次に、住宅新築資金等貸付金元利収入ですが、収入済み額1,836万4,542円、未済額1億359万4,569円、これは内訳は73件であります。住宅改修資金貸付金元利収入でありますが、収入済み額72万9,943円、不納欠損額278万1,621円、未済額1,326万2,150円、これは11件であります。


 なお、不納欠損につきましては、借り受け人からの償還が著しく困難で、かつ保証人からの償還回収も困難と認められた場合に、償還推進助成事業の対象となるもので、今回の対象は1件であります。


 次に、宅地取得資金貸付金元利収入であります。収入済み額701万3,516円、未済額5,271万2,146円、これは51件であります。雑入はございません。


 21ページの特別会計実質収支でありますが、歳入総額3,286万9,001円、歳出総額9,933万1円で、6,646万1,000円の赤字であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第121号、平成20年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成20年度琴浦町老人保健特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 歳出の方から御説明させていただきます。27ページをお願いいたします。説明につきましては、目、それから支出済み額と不用額、なお、不用額につきましては、50万以上のものについて説明をさせていただきます。まず、1款医療諸費でございますが、医療給付費2億4,553万2,716円、不用額は570万2,284円になっております。これは、見込みより減ったことによるものであります。それから、医療支給費でありますが、934万9,699円、125万301円の不用額となっております。これにつきましても、見込みより減ったものであります。それから、審査支払い業務費87万467円で、49万3,533円の不用額です。


 次に、2款諸支出金でありますが、医療費還付金はありません。繰出金で一般会計繰出金、これは19年度の精算に伴うものでありますが、163万9,123円で877円、諸費で国県支出金等返納金156万5,588円で412円、これは医療費交付金で、基金に42万円と県の負担金で115万を平成19年度の精算に伴って返納しております。それから、繰上充用金4,423万7,620円、不用額380円ということで、これは平成19年度の赤字分でございます。


 予備費はありません。


 予算現額合計3億1,064万8,000円に対しまして支出済み額の合計が3億319万5,213円で、不用額が745万2,787円となっております。


 歳入の方に戻っていただきまして、25ページでありますが、これにつきましては、歳入未済額はありませんので、収入済み額のみ説明させていただきます。1款支払い基金交付金でありますが、医療費交付金、現年度分医療費交付金ですが、1億3,099万1,000円となっております。過年度分医療費交付金ですが、1,716万5,163円であります。それから、審査費用交付金は、現年度分審査費用交付金のみで90万3,000円であります。


 次に、2款国庫支出金の医療費負担金でありますが、現年度分医療費負担金7,727万7,589円、それから過年度医療費負担金3,027万7,168円であります。合計いたしますと、医療費負担金が1億755万4,757円となっております。


 次に、3款県支出金の医療費負担金でありますが、すべて現年度分の医療費負担金でありまして、2,164万583円であります。


 次に、4款繰入金の一般会計繰入金でありますが、町負担分であります。2,106万5,000円であります。


 次に、5款繰越金で、前年度繰越金はありません。


 次に、6款諸収入でありますが、延滞金及び加算金はありません。


 はぐっていただきまして、26ページになりますが、雑入の第三者納付金は1人分で214万7,679円であります。返納金と歳入欠陥補てん金収入はありません。


 調定額合計が3億146万7,182円に対しまして収入済み額の合計が3億146万7,182円で、収入未済額がゼロ円ということで、今年度も、28ページになりますが、実質収支に関する調書、今あげておりますけども、歳入総額3億146万7,182円、歳出総額3億319万5,213円、歳入歳出差し引き額が△172万8,031円ということで、実質収支額は172万8,031円の赤字となっておりまして、これは翌年度の21年度の会計から繰上充用ということで処理させていただいております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第122号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてと議案第123号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての、2議案について上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田  稔君) それでは、議案第122号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 32ページをお開きください。歳入から御説明させていただきます。目、収入済み額、収入未済額の順で説明をさせていただきます。


 まず、農林水産業費分担金でありますが、収入済み額1,252万8,000円であります。これは農業集落排水分担金であります。78件分であります。収入未済額87万円は、過年度分5件、29万円、当年度分10件、58万円であります。


 次に、農林水産業費使用料でありまして、収入済み額3,926万8,596円であります。これは843件分であります。収入未済額207万4,757円、77件分、内訳としまして、過年度分44件、136万5,958円と20年度分、当年度分ですが、33件、70万8,799円であります。


 続きまして、集落排水施設補助金でありますが、収入済み額9,105万円、国からの汚水処理施設整備交付金であります。平成19年度繰越明許費3,000万円も含んでおります。


 一般会計繰入金は1億9,781万3,150円であります。これは生活対策臨時交付金903万3,150円も含んでおります。


 繰越金613万9,890円、前年度繰越金であります。繰越明許、繰越金423万円を含んでおります。


 雑入といたしまして67万7,563円、主に消費税還付金であります。


 はぐっていただきまして、33ページであります。町債の農林水産債でありますが、収入済み額1億1,710万円であります。内訳は、農業集落排水施設整備事業債5,500万と辺地債1,160万円、合計6,660万円でございます。そして、農業債、繰越明許としまして4,730万円でございます。農業集落排水借換債320万円であります。


 歳入総額4億6,457万7,199円であります。


 34ページの支出でありますが、1、処理施設費、支出済み額2億5,170万2,404円で、不用額40万596円でございます。翌年度への繰越明許費は1億589万円でございます。施設整備事業費でありますが、支出済み額1億7,019万4,629円、不用額37万8,371円でございます。不用額で10万以上の主なものとしましては、11、需用費、不用額16万4,926円がございますので、処理施設光熱水費の精査の減によります。施設整備事業債の繰越明許費は、支出済み額8,150万7,775円、不用額2万2,225円であります。内訳は、ごらんのとおりであります。


 続きまして、公債費のうち元金支出済み額1億2,287万924円、不用額3,076円であります。利子におきましては、支出済み額7,431万5,999円、不用額は1円であります。


 はぐっていただきまして、35ページ、お願いします。支出済み額合計4億4,888万9,327円、不用額40万3,673円でございます。次年度への繰越明許費は1億589万円であります。


 36ページでありますが、歳入総額4億6,457万7,199円、歳出総額4億4,888万9,327円、歳入歳出差し引き額1,568万7,872円、翌年度へ繰り越すべき財源のうち繰越明許費1,409万円、差し引き実質収支額159万7,872円であります。


 以上で集落排水は終わらせていただきます。


 続きまして、議案第123号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 40ページをお願いします。下水道費負担金でありますが、収入済み額8,324万であります。これは下水道負担金754件分であります。収入未済額2,204万6,500円で368件分であります。内訳としまして、過年度分221件、1,377万2,500円、当年度としまして147件、831万4,000円であります。


 次に、下水道使用料でありますが、収入済み額8,584万2,499円であります。これは1,759件分であります。収入未済額341万7,385円で155件分であります。内訳としまして、過年度分58件、155万5,129円と当年度分97件、186万2,256円であります。続きまして、手数料でありますが、収入済み額30万5,000円、これは排水設備指定工事店申請手数料61件分であります。


 そして、国庫補助金のうち事業費国庫補助金でありますが、収入済み額2億690万円であります。国からの下水道費補助金であります。また、繰越明許2,930万円であります。一般会計繰入金2億7,401万4,000円であります。


 繰越金1,084万6,857円、これは前年度の繰越金635万6,857円と繰越明許の前年度繰越金449万円でございます。


 はぐっていただきまして、41ページをお願いします。雑入1,316万8,043円、主に消費税還付金であります。


 町債は、下水道事業債であります。収入済み額2億7,920万円、繰越明許としまして5,570万円であります。


 歳入合計10億3,851万6,399円であります。


 続きまして、42ページの歳出でありますが、下水道整備費であります。支出済み額6億2,358万442円、これは下水道工事及びこれに伴う水道管移設補償費委託料として県技術センターへの管理監督費と事務費相当分であります。不用額39万9,558円、主な不用額の内訳で10万円以上のものはございません。9、旅費8万4,410円がありますが、兵庫県等の工場検査の日帰りで実施したための精査であります。繰越明許でありますが、支出済み額8,945万5,519円、これも下水道工事及び水道管移設補償として事務費でありまして、不用額3万4,481円であります。


 次に、下水道維持管理費でございますが、支出済み額5,415万9,342円、浄化センター及び管渠等の維持管理費であります。不用額は38万1,658円、主な不用額の内訳は、11、需用費の18万1,814円でありますが、処理施設等の光熱水費、電気代等であります。精査による減であります。


 はぐっていただきまして、43ページお願いします。公債費のうち元金でありますが、支出済み額1億5,112万8,978円、不用額1,022円であります。また、利子におきましては、支出済み額1億835万9,000円、不用額はございません。


 歳出合計10億2,668万3,281円、不用額81万6,719円、そして次年度への繰越明許費7,754万円であります。


 44ページの実質収支に関する調書でありますが、1、収入総額10億3,851万6,399円、2、歳出総額10億2,668万3,281円、3、歳入歳出差し引き額1,183万3,118円であります。4、翌年度への繰り越しすべき財源のうち繰越明許費409万円、差し引き実質収支額774万3,118円となります。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第124号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、健康福祉課長の説明を求めます。


 健康福祉課長、小塩久志君。


○健康福祉課長(小塩 久志君) 失礼します。議案第124号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明させていただきます。


 初めに、歳出から説明させていただきます。53ページをお開きください。目、支出済み額、不用額の順に読み上げます。なお、50万以上の不用額について詳細を説明させていただきます。


 総務費の一般管理費2,510万9,437円、不用額44万2,563円、これは介護保険にかかわる職員の給与費等でございます。連合会負担金595万3,408円、10万7,592円、これは国保連合会への負担金等でございます。包括支援センター運営費2,366万8,381円、21万4,619円、これは包括支援センター職員の給与費等でございます。


 次に、54ページをお願いします。徴収費、賦課徴収費62万6,190円、8万9,810円、これは第1号被保険者徴収の郵便料等でございます。滞納処分費については、支出済み額ございません。介護認定審査会費661万5,272円、728円、これは広域連合等の負担金でございます。認定調査等費327万4,558円、38万6,442円、要介護認定調査の委託料等でございます。次に、計画策定委員会費58万5,907円、24万93円、これは第4期計画の印刷代等でございます。次に、包括支援センター運営協議会2万6,000円、1万1,000円、これは運営協議会の委員報酬等でございます。


 次に、55ページをお願いします。保険給付費、介護サービス等諸費15億5,929万1,827円、350万9,363円、これは在宅施設サービスの給付費でございます。毎月、一月に1億3,000万円相当の給付額が出ております。これの執行率は99.8%を執行しております。次に、介護予防等諸費7,886万9,485円、77万9,515円、これは要支援者の居宅サービス等でございます。これも一月657万3,000円程度出ておりまして、執行率としては99%執行しております。次に、審査支払い手数料238万6,495円、ゼロ円、国保連への委託料等でございます。介護給付費請求書電算処理システム料92万1,929円、5,576円、これは国保連合への委託の共同電算処理費でございます。高額介護サービス費等2,362万3,608円、39万7,392円、高額介護サービス費の支払いでございます。特定入所者介護サービス費等5,354万7,810円、ゼロ円、これは低所得者への施設サービスの食費等の補足給付でございます。


 次に、財政安定化基金拠出金172万6,323円、677円、これは県への積み立てということで、給付費の0.1%を積み立てしております。介護予防特定高齢者施策事業費1,822万2,979円、22万3,021円、これは特定高齢者事業にかかわる職員の人件費等です。


 次に、56ページをお願いします。介護予防一般高齢者施策事業費373万6,569円、15万3,431円、これは一般高齢者を対象とした事業の給付費でございます。次に、任意事業費149万3,253円、81万6,747円、これは一般高齢者への任意事業として、いろいろ事業をやってるわけですけども、成年後見制度の利用がなかったことと、それから扶助費の介護用品の利用が少なかったということで、81万6,747円の不用額が出ております。総合相談事業費5万6,000円、2万4,000円、認知症に関する委員報酬でございます。介護給付費準備基金積立金1,172万1,019円、387円、これは積立金でございます。


 次に、57ページ、介護従事者処遇改善臨時特例基金1,387万8,594円、ゼロ円、平成21年度の介護報酬改定に伴う基金でございます。


 公債費ゼロ円でございます。


 諸支出金、第1号被保険者保険料還付金14万4,500円、6万7,486円、償還金1,106万1,014円、ゼロ円ということで、これは19年度の国庫返還金等でございます。


 繰出金、一般会計繰出金1,283万8,563円、437円、これも一般会計への返還金でございます。予備費ゼロ。


 歳出合計18億5,937万9,121円の支出済みで、不用額は838万1,879円でございます。


 次に、歳入ですが、49ページをお願いします。介護保険料、第1号被保険者保険料が収入済み額2億8,729万1,946円、不納欠損額16万5,056円、収入未済額742万7,875円、不納欠損額につきましては2件分、死亡により相続人なしの分と所在不明の分2件でございます。それから、収入未済額のうちの現年度の滞納額が滞納者61人で208万6,760円、延べで合計しますと742万7,875円で、延べ218人分でございます。次に、督促手数料はございません。


 介護給付費負担金3億2,600万円、次に調整交付金1億3,225万8,000円、地域支援事業交付金(介護予防事業)430万8,529円、次に地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)1,395万9,634円、介護従事者処遇改善臨時特例交付金1,387万8,594円、地域支援事業交付金(過年度分)20万5,415円、介護保険事業費補助金148万4,000円。


 50ページをお願いします。支払い基金交付金の介護給付費交付金5億3,206万円、地域支援事業支援交付金710万1,000円。


 県支出金の県負担金、介護給付費負担金2億4,282万3,000円、県補助金の地域支援事業交付金(介護予防事業)286万3,500円、地域支援事業交付金(包括的支援事業)550万9,403円、地域支援事業交付金(過年度分)10万2,708円、介護保険事業費補助金22万5,000円。


 財産収入の利子及び配当金が18万4,019円、繰入金、一般会計繰入金、51ページをお願いします。介護給付費繰入金2億1,530万円、その他一般会計繰入金4,275万4,000円、地域支援事業繰入金(介護予防事業)265万8,000円地域支援事業繰入金(包括的支援事業・任意事業)529万8,000円、地域支援事業繰入金(過年度分)4万7,000円、基金繰入金はございません。


 繰越金、繰越金4,167万2,625円。


 諸収入といたしまして、第1号被保険者延滞金6万2,170円、雑入といたしまして、はぐっていただきまして52ページ、雑入90万2,850円。


 歳入合計18億7,894万9,393円、不納欠損額16万5,056円、収入未済額742万7,875円ということで、58ページをごらんください。実質収支に関する調書ということで、歳入総額18億7,894万9,393円、歳出総額18億5,937万9,121円、歳入歳出差し引き額1,957万272円、実質収支額、同額の1,957万272円でございます。


 以上で終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第125号、平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。64ページをお願いいたします。説明につきましては、目、それから支出済み額、不用額、不用額につきましては50万以上のものについて説明をさせていただきます。


 まず、1款総務費でございますが、一般管理費178万1,780円、不用額は102万4,220円となっております。これは実績によるものであります。それから徴収費でありますが、34万9,502円、34万8,498円の不用額となっております。これは実績によるものであります。


 次に、2款後期高齢者医療広域連合納付金1億8,555万7,478円、522円となっております。


 3款諸支出金と4款予備費はありません。


 予算現額の合計1億8,906万9,000円に対しまして、支出済み額の合計が1億8,768万8,760円でありまして、不用額の合計が138万240円となっております。


 次に、歳入の方ですが、62ページをお願いします。1款の後期高齢者医療保険料でありますが、特別徴収保険料、現年度分でありますけども、2,270人分で9,998万6,800円となっております。普通徴収保険料は、現年分ですが、342人分で3,207万7,500円、収入未済額は11人分で46万5,800円となっております。


 次に、2款使用料及び手数料はありません。


 次に、4款繰入金、事務費繰入金63万6,970円であります。保険基盤安定繰入金であります。これは低所得者等にかかわる保険料の軽減分について後期補てんの措置を行うものでありますが、5,395万3,778円であります。


 次に、6款諸収入であります。延滞金加算金及び過料は延滞金で、2,400円であります。償還金及び還付加算金、預金利子及び雑入はありません。受託事業収入は、後期高齢者医療の健康診断委託料ということで広域連合から受託するものであります。149万4,312円であります。


 調定総額の1億8,861万7,560円に対しまして、収入済み額合計が1億8,815万1,760円、収入未済額合計が46万5,800円ということでありまして、65ページの実質収支に関する調書でありますが、歳入総額1億8,815万1,760円、歳出総額1億8,768万8,760円、歳入歳出差し引き額46万3,000円、実質収支額も同額の46万3,000円となっております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第126号から議案第133号までの8議案について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) では、各財産区の決算の説明をさせていただきます。


 初めに、東伯地区については動きがございませんので、各財産区の一番末尾にしております実質収支に関する調書の実質収支額のみを読み上げて説明にかえさせていただきます。


 初めに、八橋財産区ですが、71ページをお願いします。平成20年度琴浦町八橋財産区特別会計実質収支に関する調書でございますが、実質収支額は2万2,847円でございました。


 続きまして、77ページをお開きください。琴浦町浦安財産区特別会計実質収支に関する調書の実質収支額ですが、1万941円でございました。


 続いて、83ページをお開きください。琴浦町下郷財産区特別会計実質収支に関する調書、実質収支額は180円でした。


 次に、89ページをお開きください。琴浦町上郷財産区特別会計実質収支に関する調書、実質収支額はゼロ円でございました。


 続きまして、95ページをお開きください。琴浦町古布庄財産区特別会計実質収支に関する調書ですが、実質収支額は376円でした。


 それでは、赤碕財産区について御説明を申し上げます。初めに、歳入から行きます。収入済み額のみを申し上げます。赤碕財産区ですが、款の1、財産収入で財産貸付収入が33万7,626円、不動産売払収入はございませんでした。繰越金が1,619万1,767円、3の諸収入の雑入につきましては25万円、財産区の預金利子につきましては4万9,389円で、歳入合計が1,682万8,782円でありました。


 100ページをごらんください。歳出のみ申し上げます。財産区管理会費につきましては、73万6,000円の支出に対して241万3,000円の不用額でございます。13の委託料で235万円を不用額としておりますが、花見潟墓地図面の作成を延期した関係で不用額となっております。予備費については支出をしておりません。歳出合計が73万6,000円でございました。


 実質収支に関する調書ですが、歳入総額が1,682万8,782円、歳出総額が73万6,000円、歳入歳出差し引き額は1,609万2,782円で、実質収支額も同様でございます。


 次は、成美財産区です。105ページをお開きください。財産収入につきましては、財産貸付収入が3,000円、繰越金が363万7,710円、雑入につきましては、ありません。財産区預金利子が1万2,470円で、歳入合計が365万3,180円でございました。


 次の106ページですが、財産区管理会費は20万3,000円を支出しております。予備費は支出しておりませんので、歳出合計が20万3,000円でございます。


 実質収支に関する調書ですが、歳入総額が365万3,180円、歳出合計が20万3,000円、歳入歳出差し引き額が345万180円で、実質収支額も同額であります。


 続きまして、安田財産区の説明をさせていただきます。111ページをお開きください。1の財産収入で財産貸付収入につきましては4万4,084円、不動産売払収入については24万8,514円、繰越金につきましては1,245万9,570円、3、諸収入の1、雑入につきましては11万3,985円、財産区預金利子につきましては4万2,765円で、歳入合計が1,290万8,918円でした。


 112ページをお開きください。歳出ですが、財産区管理会費として79万3,897円を支出しております。予備費は支出しておりません。歳出合計が79万3,897円でした。


 実質収支に関する調書でございますが、歳入総額が1,290万8,918円、歳出総額が79万3,897円、歳入歳出差し引き額が1,211万5,021円で、実質収支額も同額でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第134号、平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田  稔君) それでは、議案第134号、平成20年度琴浦町水道事業会計決算認定について、決算報告書により御説明をさせていただきます。


 1ページをお開きください。(1)収益的収入及び支出の収入でありますが、水道事業収益、決算額2億7,618万6,241円、うち仮受消費税1,266万3,331円でございます。内訳といたしまして、営業収益2億7,024万5,384円、うち仮受消費税1,255万911円であります。営業外収益としまして、594万857円、うち仮受消費税11万2,420円であります。


 続きまして、支出でありますが、水道事業費用、決算額2億5,512万4,433円、うち仮払消費税255万2,736円でございます。内訳といたしまして、営業費用1億9,123万4,073円、うち仮払消費税255万2,736円で、不用額としまして929万7,927円ございます。これは繰り越し工事に伴います減価償却費と固定資産除却費の減によるものでございます。


 営業外費用は6,389万360円でございまして、不用額892万640円、これは借換債等に伴いますものであります。


 はぐっていただきまして、2ページをお願いします。(2)資本的収入及び支出の収入でありますが、資本的収入、決算額4億3,969万176円でございます。内訳といたしまして、企業債3億3,960万円、他会計出資金153万6,746円、工事負担金6,275万3,430円、補助金3,580万円であります。


 続きまして、支出でありますが、資本的支出、決算額5億8,479万2,224円、うち仮払消費税1,463万9,819円でございます。内訳といたしまして、建設改良費3億746万2,335円、うち仮払消費税1,463万9,819円、不用額としまして61万7,665円でございます。これは工事の精査によるものでございます。企業債償還金2億7,732万9,889円であります。不用額272万2,111円、これは企業債償還金に伴いますものであります。


 なお、翌年度繰越額4,189万円がございます。よって、資本的収入額が資本的支出額に不足する額1億4,510万2,048円は、次のとおり補てんするものであります。当年度消費税資本的収入調整額987万3,620円、過年度分損益勘定留保資金6,274万1,864円、当年度損益勘定留保資金7,248万6,564円でございます。


 3ページをお願いします。損益計算書でございます。1の営業収益は、給水収益、受託工事収益、その他営業収益を合わせまして2億5,769万4,473円であります。


 対しまして2の営業費用でありますが、原水及び浄水費から、その他営業費用を合わせまして1億8,868万1,337円であります。差し引き営業利益6,901万3,136円であります。


 3の営業外収益は、預金利息、他会計補助金、雑収益を合わせまして582万8,437円と、4の営業外費用6,389万360円を差し引きますと、5,806万1,923円の損失でございまして、営業利益と営業外損失を差し引きますと1,095万1,213円の利益となります。


 5の特別損失、(1)過年度損益修正損はございませんので、当年度純利益は1,095万1,213円となります。これによりまして、前年度繰り越し利益剰余金5,463万7,180円を合わせますと、当年度未処分利益剰余金は6,558万8,393円となります。


 はぐっていただきまして、4ページの剰余金計算書でございますが、まず利益剰余金の部、1、減債積立金の(2)前年度繰入額でありますが、これは前年度純利益の20分の1に相当します額82万7,000円を積み立てたものでございます。(4)当年度末残高は8,839万1,568円でございます。2、建設改良積立金の変更はございません。3の未処分利益剰余金では、(1)前年度未処分利益剰余金5,546万4,180円であり、(2)前年度利益剰余金処分額の?減債積立金に、先ほど説明いたしました82万7,000円を充てるものであります。3ページで御説明しました当年度純利益1,095万1,213円を合計しまして、当年度未処分利益剰余金6,558万8,393円であります。


 続きまして、資本剰余金の部でありますが、1、受贈財産評価額では、(3)当年度処分額としまして、集落排水事業に伴います排水管布設がえ工事により、以前、以西地区簡易水道でありました工事施工箇所で1,187万5,248円発生いたしまして、差し引き3億5,409万1,174円となります。2の寄附金については変更はございません。3の工事負担金では、5,806万392円が当年度発生高で、(3)当年度処分額47万4,245円を差し引きまして、計7億353万7,737円となり、4の他会計補助金は変更ございません。5の国庫補助金は、大父木地に配水池を築造いたしましたもので、平成19年度工事の補助金1,000万円と平成20年度の3,580万円を合わせまして、翌年度繰越資本剰余金11億1,233万7,592円となります。


 次に、剰余金処分計算書(案)でございますが、平成20年度純利益は、左のとおり1,095万1,213円ありましたので、その20分の1の54万8,000円を(1)減債積立金といたしました。差し引き6,504万393円を翌年度繰越利益剰余金とするものでございます。


 次に、5ページの貸借対照表で、資産の部から御説明をさせていただきます。1の固定資産で、(1)有形固定資産でありますが、この明細は11ページの下の方に掲上してございます土地から建設仮勘定、資産の種類がありまして、当年度の増減、新たに発生した資産とか除却する資産をあらわしておりまして、よって、年度末現在高が算出されまして、減価償却累計額を差し引きすれば年度末償却未済額となり、合計されました固定資産は、5ページの方に出ておりますけど、33億8,024万3,343円であります。


 2の流動資産でありますが、(1)現金預金としまして3億6,347万2,626円、(2)未収金としまして水道使用料808件、1,672万9,436円と消費税還付金514万5,500円を合わせまして2,187万4,936円となります。(3)の貯蔵品はございません。(4)の前払い金としまして繰り越し工事の前払い金215万円がございまして、流動資産の合計は3億8,749万7,562円であります。よって、固定及び流動資産を合わせまして資産合計は37億6,774万905円となります。


 続きまして、負債の部でありますが、流動負債としまして、(1)未払い金のうち営業未払い金163万6,883円は、3月分電気代等の営業外未払い金、消費税の還付金となり、ございません。よって、流動負債額合計は163万6,883円であります。


 続いて、資本の部でありますが、(1)自己資本金のロ、出資金は、昨年度に松谷工業団地償還元金153万6,746円をプラスし、特定収入消費税7万3,161円をマイナスした額であり、イ、ロ、ハについては昨年と同額であります。自己資本金合計6億2,084万2,291円、借入資本金合計17億5,368万6,931円、資本金合計23億7,452万9,222円であります。5の剰余金でありますが、4ページで御説明しましたとおりですので省略をさせていただきます。剰余金合計13億9,157万4,800円で、合わせて資本合計37億6,610万4,022円となり、負債と合わせて37億6,774万905円となりまして、左の資産と同金額となるものであります。


 なお、6ページから12ページは省略させていただきたいと思います。6ページは概況、7ページは工事関係、8ページ、9ページは業務内訳、10ページと11ページは損益勘定と資本勘定の明細と固定資産明細書を上げております。12ページは企業債の明細一覧でございます。


 以上で水道事業会計決算認定についての御説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由の説明と内容説明を終わります。


 ここで3時5分まで休憩いたします。


                午後2時52分休憩


      ───────────────────────────────


                午後3時05分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第118号から議案第134号までの平成20年度琴浦町各会計決算について、監査委員から意見書の提出があり、代表監査委員の出席を求めておりますので、この際、監査委員の決算審査の意見概要について報告を求めます。


 代表監査委員、松田道昭君。


○代表監査委員(松田 道昭君) 地方自治法第121条に基づきまして、平成20年度の決算審査の結果についての説明のために議長から出席を求められました代表監査委員の松田であります。


 決算審査にかかわる意見書につきましては、自治法第233条、公営企業法第30条に基づき、議会選出の御崎監査委員との合議に至った結果について、別紙によりまして提出しているところであります。したがいまして、ここでは要点に絞り、改めてただいまから御説明いたします。


 当決算審査は、本年7月23日から17日間かけまして、一般会計、特別会計、基金運用状況、企業会計並びに本格化した財政4指標と資金不足比率を対象に実施をし、審査手続といたしましては、町長から提出されました各会計歳入歳出決算及び附属資料、実質収支にかかわる調書などについて決算計数、執行状況、基金、財産の状況など、これらが関係法令に基づいて効率的かつ正確に処理をされているか否か、こういった点に主眼を置きまして審査を行ったところでございます。もちろん関係諸帳簿の照合はもとより、必要とする関係データの提出を求め、分析をし、関係職員の説明を聴取するなど、厳正かつ慎重に行ったところであります。


 その審査結果でありますが、決算計数につきましては、歳入歳出決算書、その明細書、財産、基金及び企業会計、財政指標に関する調査などは、いずれも関係法令に準拠して作成されており、その計数は、それぞれの証拠書類と照合した結果、正確でありました。ふぞろいなどの点はないということを認めることができたところであります。以下、順次主要な審査結果について報告いたします。


 まず、行政の大部分を占める中心的一般会計についてであります。歳入総額は94億4,385万1,000円、歳出総額は91億5,639万8,000円、歳入歳出差し引き額2億8,745万2,000円の黒字でありますが、うち繰り越し財源1億85万9,000円を除き、実質収支額は1億8,659万3,000円であります。前年度対比での歳入は13億4,019万3,000円、12.4%もの大幅な減少でございますが、これは地方交付税の4.2%減、臨時対策債15.5%の減など、国の地方財政計画を踏まえた緊縮予算の結果であります。


 また、収入未済額は1億3,100万2,000円、不納欠損額は3,250万3,000円、これは法人の倒産による固定資産税が主なものであります。


 歳出は、予算現額100億9,723万7,000円に対し、支出済み額は91億5,639万8,000円、不用額1億5,786万2,000円、翌年度繰越額は7億8,297万7,000円であり、したがって、執行率は90.7%となっております。


 なお、翌年度繰越額の財源内訳は、7ページのとおり、一般財源は1億85万9,000円、その他は国・県の支出金や地方債など、主に未収入特定財源であります。


 歳入款別決算状況は意見書4ページに、歳出款別決算状況は7ページに詳細をあらわしておりますので、参照いただきたいのであります。


 次に、特別会計でありますが、審査意見書9ページから17ページにかけ、歳入と歳出の決算状況とその内訳及び行政用語の解説的説明を加え、かなり詳細に記載をしております。参照願い、口頭報告は割愛させていただきます。


 次に、財政状況について焦点を絞り、申し上げます。決算統計上の繰越金や繰上充用金など重複額を控除した純計で普通会計の歳入歳出を見ますと、18ページの表のとおり、歳入は13.2%、歳出は13.8%減少し、財政規模の縮小をあらわす一方、地方自治の裁量権の幅を示す歳入の自主財源は、19ページ、21ページに明らかなとおり31.1%であり、68.9%が依存財源であります。地方の裁量権の拡大と自立を目的とした地方分権改革を本流に戻し、三位一体改革で、地方交付税の大幅削減というゆがみを残したまま中断しておる税財源改革の推進こそ、地方共通の課題であることを示すものと言えます。


 22ページの普通会計、実質単年度収支がマイナス7,750万4,000円を示していることが若干気になりますが、これは普通交付税が当初予算額を1億3,248万5,000円下回ったため、剰余金を財政調整基金に積み立てることができなかったからでありまして、この中には翌年度繰り越し事業の一般財源5,035万2,000円が含まれております。したがいまして、この一般財源分は21年度には財政調整基金に積み立てることが可能であり、さすれば実質単年度収支はマイナス2,750万4,000円程度に縮小する見込みとなります。


 23ページに財政構造一覧で明らかにしておきました。財政運用の要点は、どのような経済変動やアクシデント的行政需要が発生しても、即応可能な財政的弾力性を備えておくことであります。主要財政分析のうち特に問題となるのは、財政構造の弾力性を特定する比率として用いられる経常収支比率の高さであります。前年度と比べまして0.9ポイント減少したものの、従来から都市によっては75%、町村は70%が妥当とされ、その5%を超えると、財政的弾力性が失われているとする数値からいたしますと注視すべきものであります。


 もちろん人件費は行政動力であり、扶助費は社会保障であり、この削減は慎重を期すべきものでありますけれども、公債費の削減努力はもちろん、47ページから50ページにかけて述べております公共施設の維持管理費等も経常経費に変わりありません。もちろん公共施設の有効性を否定するものではありませんが、後年に資産的価値をストックしない歳出であることには変わりはございません。経常収支比率の限度を超えた実態を重視をし、その比率の縮小のため維持費を押し上げる事業は控えることはもちろん、既存の事業であっても有効性が低いもの、薄れたものは大胆な廃止と撤退の検討が必要であることを数字が物語っているところでございます。その他の財政分析は参照願い、割愛させていただきます。


 一時借入金、借りかえ運用状況は、27ページに述べているとおりですが、引き続き基金からの繰りかえ運用を有効に操作をし、一時借入金の減少に努め、利子軽減に一層留意されたいのであります。


 財源確保は最大の今日的命題であり、行政再建の徴収率のアップと滞納の回収は極めて重要であります。意見書の27ページに滞納状況を明らかにしております。公法上、私法上あわせた20年度の滞納累計額は4億4,979万4,000円となり、対前年度比0.5%の増加であります。過年度分の回収状況を見ると、前年度対比26.9%の減少であります。これは経済不況の深刻さと滞納事情の複雑化に伴う結果でありましょう。ゆえに、結びにかえてにおいて指摘しておりますように、滞納処分、滞納回収等は他業務との兼務ではなく、専門とする滞納整理員の配置をもって対応し、加えて多重債務者の実態を踏まえ、回収体制の一元化などを検討されたいのであります。


 不納欠損も増加の傾向は否めません。法令に準拠した厳格な措置を求めると同時に、私法上における不納欠損処理は統一の基準をつくり、これによる債権放棄の議決を得るなど、時効の援用のない場合の不納欠損処分の厳格化を求めておきたいのであります。さらに、TCC放送や行政刊行物等を通じ、滞納には財産調査、差し押さえ、競売換価などの滞納処分の実行と法的措置のやむなきを訴え、納税義務意識の促進、不払い得や負担の公平性確保と滞納連鎖を阻止するための教育的対処の強化を望むところであります。


 単町費による補助金支出状況については、31ページから39ページまで、前年度対比でその増減額を明らかにしておきました。20年度の総額は98事業、2億541万8,000円、見直しや事業の精査などで対前年度比4%の減少であります。補助金の公表は、決算審査上の法的義務外のものでありますが、補助金は行政施策の誘導と町民の自主的町おこしの促進を主眼としたものであり、現行補助事業の必要性と金額の妥当性両面からの見直すべき事業の検討を期待したいものであります。


 次に、財産管理状況についてであります。審査の結果でありますが、40ページから55ページにかけまして基金状況、公有財産状況など詳しく記載しており、説明は省略させていただきますが、審査の結果は、基金を初め財産に属する審査に付された諸資料に基づく財産は、厳重に管理をされ、計数はいずれも正確であり、収支のかかわる事務は適正に処理されているものと認めることができました。


 次に、企業会計についてであります。決算意見書の56ページから説明の上、経営状況、経理状況など、貸借対照表、損益計算書の財務諸表を通じ、決算状況を各表を含めて説明しているとおりであり、これらは20年度末試算表とも合致しており、経理の正確さを示すものとなっておるところであります。したがいまして、二、三の要点のみ申し上げておきます。


 1つは、経営事業であります。営業収益の中心である年間の総有収水量は、前年度対比2.6%の減少、有収率は73.5%で、これらの結果、20年度の給水収益は前年度と比べて660万6,000円、すなわち2.5%の減少であります。これは供給単価、給水単価にも影響を与えるものでありますが、主な原因は、行政区域内の総体的な人口減、戸数減からのものと判断をされ、水道経営における抜本的課題を提起しているものと判断をしております。


 2つ目は、営業の収支についてであります。損益計算書で明らかでありますが、営業利益につきましては、収益から費用を差し引いた額が6,901万3,000円、営業外は差し引きマイナスの5,806万2,000円であります。結果、経常利益は1,095万1,000円の黒字を計上、前年度繰り越した剰余金5,463万7,000円とあわせ、20年度末の未処分利益剰余金は6,558万8,000円となっております。当然ながら、この額は収益的収支結果と合致するものであります。


 3つ目は、資本的収支であります。収入は4億3,969万円、支出は水道事業費の5億8,479万2,000円で、差し引き1億4,510万2,000円の赤字となり、この不足額は過年度損益勘定留保資金、減価償却費、当年度消費税調整額などで補てんをしております。ここで注目すべきでありますのは、資本的収支の赤字を補てんしてまいりました、財源である損益勘定留保資金の残額が20年度末で3,777万9,000円しかないという点であります。これは平成32年まで予定される下水道整備に伴う水道管の布設がえ工事等の影響による留保資金の減少と思われますが、資本的収支の赤字補てん財源の確保は従来の留保資金に頼れず、利益剰余金の減債積立金及び建設改良積立金の一部を充てるなどでしのぐことになりましょうが、しかし、これは財源確保の抜本的解決とはならないと思います。近い将来、水道料金の値上げなども視野に入れなければならない立ち行かない状況にあることを危惧するものであります。


 水道事業の剰余金計算書、当該処分計算書、貸借対照表については、それぞれ述べておるとおりであり、割愛いたしますが、審査に付されました決算計算書、財務諸表、事業報告書、附属明細書は、関係法令に準拠して作成をされ、当事業の経営成績、財政状況を適正に表示されており、決算数値の誤りなどはないことを認めることができました。


 最後に、財政破綻を未然に防ぐための財政健全化法に基づく健全化判断比率の4指標並びに資金不足比率について報告をいたします。66ページ以降、基準値と算式、算定結果について詳しく述べたつもりでありますが、69ページの表Aのとおり、5指標はいずれもアルファ値以下及びガンマ値以下であり、一応健全性を示す結果となっておるところでございますが、2点だけ指摘しておきたい部分があります。


 1つは、3年間の平均値でありますが、一般会計が支払った過去の借金返済額の比率を見る実質公債費比率であります。基準値25%に対し、昨年度の全国市町村平均は12.3%でありましたが、琴浦町の場合は17.8%であり、全国平均をかなり上回っているところであります。御承知のとおり、起債の協議制のもとでは18%以上は許可制になるのでありますから、あと0.2ポイントと際どい今日段階では独自の公債費適正計画を立て、新規事業における起債時の判断に資するべきものと考えます。また、将来負担比率も無視できません。健全化基準は350%でありますが、昨年度の全国市町村平均値は110.4%であります。これに対し、琴浦町20年度は194.7%となっております。これは、言うならば2年分の標準的な琴浦町の歳入をすべて借金返済に回さなければ、今の借金を完済できないことを意味するものであります。将来世代との負担の公平性を加味しつつも、現代世代が後世に残す負担の軽減は重要課題であり、その対策の検討を求めておくところであります。


 最後に、結びにおいて指摘しておきました。今日的最も重要な労働関係に対する対策事業の展開のために、労働関係専門分野の設置の検討を求めておきたいと存じます。


 いま一つは、合併後5年が経過いたしました。平成の大合併は、地方分権の受け皿になる基盤強化が目的であります。その地方ごとに最もふさわしい行政サービスを住民の意思をもとにした政策で実現するため、財政基盤の拡充とともに、地方の裁量権を拡大することでありました。これを支える住民の自主自立、協働体制の確立が進んできたのか否か、合併の評価点、残された課題を明らかにする中間総括の必要性を痛感するところであります。町民がそれぞれ持っている潜在価値を掘り起こし、地域力として町づくりに転嫁する誘導システムの検討が急がれるのでございます。


 ますます窮乏化する財政状況を町民が共有し、汗を流し合うことを訴え、さすれば必ず開けてるであろう確かな展望を議会と行政との協働作業で指し示すべきことを重ねてその重要性を強調して、決算審査の説明といたします。


○議長(福本 宗敏君) お諮りいたします。本日提案された34議案については、議事の都合上、最終日の25日に審査をしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、この34議案については、最終日に審議を行うことに決しました。


 なお、平成20年度決算関係の17議案については、会期の日程案のとおり、16日の本会議において総括質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、議案第118号から議案第134号までの17議案については、16日に総括質疑を行うことに決しました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(福本 宗敏君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 明日は午前9時に本会議を開き、町政に対する一般質問を行いますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。皆さん、御苦労さんでございました。


                午後3時28分散会


      ───────────────────────────────