議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成21年第4回定例会(第1日 6月11日)




平成21年第4回定例会(第1日 6月11日)





────────────────────────────────────────


  第4回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                        平成21年6月11日(木曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成21年6月11日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 21年陳情第4号 「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかなる制定を求め


             る意見書採択に関する陳情書


日程第5 21年陳情第5号 気候保護法制定についての国への意見書採択を求める陳情


日程第6 21年陳情第6号 ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する陳情


日程第7 21年陳情第7号 「農地法改正案」の廃案を求める陳情


日程第8 21年陳情第8号 最低賃金の引き上げと中小企業対策の拡充を求める陳情


日程第9 報告第  1号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(一般会計)


日程第10 報告第  2号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(下水道事業特


             別会計)


日程第11 報告第  3号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(農業集落排水


             事業特別会計)


日程第12 報告第  4号 繰越予算に係る繰越計算書の報告について(水道事業会計)


日程第13 議案第  62号 専決処分について〔平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事


             業特別会計補正予算(第1号)〕


日程第14 議案第  63号 専決処分について〔平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正


             予算(第1号)〕


日程第15 議案第  64号 専決処分について〔平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会


             計補正予算(第1号)〕


日程第16 議案第  65号 琴浦町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に


             関する条例の一部改正について


日程第17 議案第  66号 琴浦町立学校給食センター条例の一部改正について


日程第18 議案第  67号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第1号)


日程第19 議案第  68号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第20 議案第  69号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  70号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第22 議案第  71号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)


日程第23 議案第  72号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)


日程第24 議案第  73号 財産の取得について(ネットワーク機器)


日程第25 議案第  74号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第26 議案第  75号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第27 議案第  76号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第28 議案第  77号 町道路線の認定について


日程第29 議案第  78号 町道路線の認定について


日程第30 議案第  79号 町道路線の認定について


日程第31 議案第  80号 町道路線の認定について


日程第32 議案第  81号 町道路線の認定について


日程第33 議案第  82号 町道路線の変更について


日程第34 議案第  83号 町道路線の変更について


日程第35 議案第  84号 町道路線の変更について


日程第36 議案第  85号 町道路線の変更について


日程第37 議案第  86号 町道路線の変更について


日程第38 議案第  87号 町道路線の変更について


日程第39 議案第  88号 町道路線の変更について


日程第40 議案第  89号 町道路線の変更について


日程第41 議案第  90号 鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更について


日程第42 議案第  91号 町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及


             び審査会の共同設置に関する規約の変更について


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 21年陳情第4号 「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかなる制定を求め


             る意見書採択に関する陳情書


日程第5 21年陳情第5号 気候保護法制定についての国への意見書採択を求める陳情


日程第6 21年陳情第6号 ミニマムアクセス米の輸入見直しに関する陳情


日程第7 21年陳情第7号 「農地法改正案」の廃案を求める陳情


日程第8 21年陳情第8号 最低賃金の引き上げと中小企業対策の拡充を求める陳情


日程第9 報告第  1号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(一般会計)


日程第10 報告第  2号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(下水道事業特


             別会計)


日程第11 報告第  3号 繰越明許費に係る繰越計算書の報告について(農業集落排水


             事業特別会計)


日程第12 報告第  4号 繰越予算に係る繰越計算書の報告について(水道事業会計)


日程第13 議案第  62号 専決処分について〔平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事


             業特別会計補正予算(第1号)〕


日程第14 議案第  63号 専決処分について〔平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正


             予算(第1号)〕


日程第15 議案第  64号 専決処分について〔平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会


             計補正予算(第1号)〕


日程第16 議案第  65号 琴浦町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に


             関する条例の一部改正について


日程第17 議案第  66号 琴浦町立学校給食センター条例の一部改正について


日程第18 議案第  67号 平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第1号)


日程第19 議案第  68号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第20 議案第  69号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  70号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第22 議案第  71号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)


日程第23 議案第  72号 平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)


日程第24 議案第  73号 財産の取得について(ネットワーク機器)


日程第25 議案第  74号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第26 議案第  75号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第27 議案第  76号 町営住宅明渡し等に係る訴えの提起について


日程第28 議案第  77号 町道路線の認定について


日程第29 議案第  78号 町道路線の認定について


日程第30 議案第  79号 町道路線の認定について


日程第31 議案第  80号 町道路線の認定について


日程第32 議案第  81号 町道路線の認定について


日程第33 議案第  82号 町道路線の変更について


日程第34 議案第  83号 町道路線の変更について


日程第35 議案第  84号 町道路線の変更について


日程第36 議案第  85号 町道路線の変更について


日程第37 議案第  86号 町道路線の変更について


日程第38 議案第  87号 町道路線の変更について


日程第39 議案第  88号 町道路線の変更について


日程第40 議案第  89号 町道路線の変更について


日程第41 議案第  90号 鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更について


日程第42 議案第  91号 町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及


             び審査会の共同設置に関する規約の変更について


      ───────────────────────────────


                 出席議員(19名)


        1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


        3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


        5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


        7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


        9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


        12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


        14番 桑 本   始        15番 井 木   裕


        16番 山 下 一 成        17番 大 田 友 義


        18番 御 崎   勤        19番 石 賀   栄


        20番 福 本 宗 敏


      ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ────── 前 田 博 司 係長 ───────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ──────── 田 中 満 雄 副町長 ──────── 山 下 一 郎


 総務課長 ────── 前 田 順 一 企画情報課長 ───── 川 上 強 志


 商工観光課長 ──── 生 田 満由美 税務課長 ─────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ──── 永 田 温 美 町民生活課長 ───── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ──── 小 塩 久 志 建設課長 ─────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ──── 松 田   稔 会計管理者兼出納室長 ─ 岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ─ 坂 本 道 敏 教育長 ──────── 永 田   武


 教育総務課長 ──── 藤 田 あけみ 社会教育課長 ───── 藤 村 隆 志


 人権・同和教育課長 ─ 田 中   肇 学校給食センター所長 ─ 谷 口 るみ子


      ───────────────────────────────





◎午前10時00分開会





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これより平成21年第4回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日、届出のあった事故者は議員ではありません。執行部もございません。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、14番、桑本始君と15番、井木裕君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、お手元の会期の日程案のとおり、本日から18日までの8日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、日程案のとおり、本日から18日までの8日間と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告について





○議長(福本 宗敏君) 日程第3、諸般の報告については、時間の都合上、お手元に配付しております報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 21年陳情第4号 から 日程第8 21年陳情第8号





○議長(福本 宗敏君) 日程第4、21年陳情第4号から、日程第8、21年陳情第8号までの請願・陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理した請願・陳情は、会議規則第92条第95条の規定により、お手元に配付している請願・陳情文書表のとおり、それぞれの所管常任委員会に審査付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 報告第1号 から 日程第12 報告第4号





○議長(福本 宗敏君) 日程第9、報告第1号から日程第12、報告第4号までの繰越明許費に係る繰越計算書の報告についての4件を議題といたします。


 これらについての説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) おはようございます。


 そうしますと、4件の報告事項、繰越明許費に関するものの説明をさせていただきたいと思います。


 報告の第1号につきましては、平成20年度一般会計に関するもので、生活対策臨時交付金事業、学校給食センター大規模改修工事を初めとする22事業、総額7億8,297万7,457円を平成21年度に繰り越すものであります。


 報告第2号につきましては、平成20年度下水道事業特別会計に関するもので、2事業、総額7,754万円を平成21年度に繰り越すものであります。


 報告第3号につきましては、平成20年度農業集落排水事業特別会計に関するもので、2事業、総額1億589万円を平成21年度に繰り越すものであります。


 以上、3会計について、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものであります。


 次に、報告第4号についてですが、これは平成20年度水道事業会計に関するもので、上水道配水管布設がえ工事に係る4,189万円を平成21年度に繰り越すものでありまして、地方公営企業法第26条第3項の規定により報告するものであります。


 以上で説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第62号 から 日程第42 議案第91号





○議長(福本 宗敏君) 日程第13、議案第62号から日程第42、議案第91号までの30議案を一括議題といたします。


 提案者の提案理由の説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) そうしますと、改めまして議案の説明をさせていただきます。


 その前に、一、二皆さんに御報告を申し上げておきたいというふうに思います。


 道の駅のレストランマリンが1年以上にわたって閉鎖をされておりましたけれども、さきの議会で御案内を申し上げましたとおり、海陽亭が後に入るということになりまして、今月20日にオープンの運びとなりました。御報告を申し上げておきたいというふうに思います。


 それから、きのうもテレビや、あるいは我が町の防災放送等でもお知らせしたわけでありますけれども、鳥取県にいよいよ新型インフルエンザの患者が発生をしたわけであります。何回か対策会議も我が町でも持って取り組んできたわけでありますけれども、これにつきまして、いよいよ県内に患者が発生ということを受けまして、妊産婦、さらに人工透析等の患者に、200人ほどおられますが、マスクを配布をしたいというふうに思っております。1人10枚程度になるのかなと思いますが、配布をしたいというふうに思っておりますので、御承知おきを賜っておきたいというふうに思います。


 それでは、初めに議案第62号、専決処分について〔平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)〕でありますが、これは平成20年度当該会計において貸付金の元利償還金を徴収することに努力をしてまいりましたけれども、6,646万1,000円の歳入不足が生じたため、平成21年度当該会計の諸収入を財源とする繰上充用をするものであります。既定の予算総額に6,646万1,000円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を9,643万4,000円とするものであります。地方自治法第179条第1項の規定により、5月29日付で専決処分としたものであります。同条第3項の規定によりまして本議会に報告し、承認を求めるものであります。


 次に、議案第63号、専決処分について〔平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第1号)〕でありますが、既定の予算総額に172万9,000円を追加し、総額を1,128万6,000円とするものであります。これは、平成20年度老人保健特別会計におきまして歳入に不足が生じたため、平成21年度の歳入を繰り上げて充当するものであります。


 次に、議案第64号、専決処分についてでありますが〔平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)〕であります。これは、平成20年度保険料の四、五カ月分の収納分を平成21年度に繰り越すために科目設定をするものでありまして、既定の予算総額に1,000円を追加をいたしまして、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億9,963万6,000円とするものであります。


 次に、議案第65号、琴浦町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例の一部改正についてでありますが、これは現行条例の第2条の2の規定は、本来地方自治法第180条第1項の規定からすれば、当該条例で定めるべき事項ではなく、議会から町長において専決処分すべき事項として指定されるべき事案であるために当該条文を削除させていただくものであります。


 次に、議案第66号、琴浦町立学校給食センター条例の一部改正についてでありますが、これは、東伯学校給食センターと赤碕学校給食センターの統合に伴い学校給食センターの名称を改正するものであります。


 次に、議案第67号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第1号)についてでありますが、今回の補正は1億3,312万4,000円を追加し、総額を94億7,712万4,000円とするものであります。


 歳出予算の主な内容は、人事異動及び共済組合負担率改定に伴う人件費、行政システム改修委託料、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金、平成21年度強風農業施設等復旧対策事業費補助金、緊急雇用創出事業費、ポート赤碕改装工事費、町道改良工事事業費、退職消防団員報償金、とっとり学力向上支援プロジェクト事業費等の増額、また議会議員報酬、コミュニティー助成事業費補助金、町道五輪山線改良設計委託料、下水道事業特別会計繰出金、30人学級協力金負担金等の減額であります。


 また歳入予算の主な内容は、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金、道路改良交付金、緊急雇用創出事業費交付金、財政調整基金繰入金等の増額、また隣保館運営費補助金、コミュニティー助成事業交付金等の減額であります。


 次に、議案第68号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、既定の予算総額から204万円を減額をいたしまして、総額を歳入歳出それぞれ21億5,616万円とするものであります。


 これは主に人事異動による人件費の減額、平成21年度国民健康保険税の税率決定に伴い、財源の組み替えによるものでありまして、療養給付費交付金、前期高齢者交付金及び基金繰入金の増額を行うものであります。


 次に、議案第69号、平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)でありますが、これは平成20年度の医療諸費が確定し、既定の予算総額に269万5,000円を追加をいたしまして、予算の総額をそれぞれ1,398万1,000円とするものであります。


 次に、議案第70号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、既定の予算から353万6,000円を減額をいたしまして、歳入歳出予算の総額を9億8,905万3,000円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、一般会計繰入金353万6,000円の減額であります。歳出の主なものは、人事異動に伴う下水道整備費の人件費353万6,000円の減額であります。


 次に、議案第71号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、今回の補正は29万5,000円を減額をいたしまして、予算の総額を17億9,501万9,000円とするものであります。


 主な内容は人事異動に伴う人件費等について、一般管理費を652万9,000円減額し、包括支援センター運営費を662万5,000円増額し、介護予防特定高齢者施策事業費を39万1,000円減額するものであります。


 次に、議案第72号、平成21年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)でありますが、収益的支出の主なものは、営業費用といたしまして、人事異動に伴う職員給与等の158万6,000円を増額し、収益的支出予算の総額を2億6,423万9,000円とするものであります。


 次に、議案第73号、財産の取得について(ネットワーク機器)でありますが、これは琴浦町役場本庁舎と分庁舎及び各公共施設間を接続している行政ネットワーク機器が老朽化をしたために、機器一式を公費取得するに当たり、昨日6月10日に指名競争入札を行いましたところ、リコー中国株式会社倉吉営業所、所長、椿隆夫氏が一金2,450万円で落札をいたしましたので、同日に取引に係る消費税及び地方消費税を含む2,572万5,000円で仮契約を締結をいたしました。本契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び琴浦町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により本会議の議決を求めるものであります。


 議案第74号から76号までの3議案は、いずれも町営住宅明け渡し等に係る訴えの提起についてであります。


 これらは、琴浦町と契約した者が退去したにもかかわらず所定の手続をしないまま居住している者や居住実態のない者に対しまして明け渡しに係る訴えを提起するに当たり、地方自治法第96条第2項第12号の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第74号は町営いなり第1団地、議案第75号は町営下伊勢第2団地に係るもの、議案第76号は町営みどり団地に係るものでございます。


 議案第77号から81号までの5議案は、いずれも町道路線の認定についてであります。


 議案第77号は、県道福永由良線の新設改良に伴い一部県道の移管を受けましたので釛線として認定するものであります。


 議案第78号は、笠見部落内の町道笠見1号線から南に入る道路を笠見3号線として認定するものであります。


 議案第79号は、上伊勢部落内の通学路を上伊勢市内1号線として認定するものであります。


 議案第80号は、町道金屋市内線と町道森藤伊勢野線をつなぐ道路を金屋市内1号線として認定するものであります。


 議案第81号は、町道出上16号線と農道をつなぐ道路と集落内道路を出上22号線として認定するものであります。


 以上5路線の認定について、道路法第8条第2項の規定によりまして、本議会の議決を求めるものであります。


 議案第82号から89号までの8議案でありますが、これらはいずれも町道路線の変更についてであります。


 議案第82号は、倉坂部落から小田股ダムまでの路線について追加して倉坂市内線を延長するものであります。


 議案第83号は、行きどまり路線の町道浦安小上伊勢線を町道下伊勢上伊勢2号線まで延長するものであります。


 議案第84号は、町道立石台小学校線を改良しましたので、幅員、延長を変更するものであります。


 議案第85号は、町道箆津国主線の県道赤碕大山線から高規格道路までの間を改修しましたので、幅員、延長を変更するものであります。


 議案第86号は、町道大石部落線を改良しましたので幅員を変更するものであります。


 議案第87号は、改良と災害による道路変更が生じました。町道立子大熊線の延長を変更するものであります。


 議案第88号は、町道荒神谷1、2号線の側溝改良が終わりましたので、形状等を変更するものでございます。


 議案第89号は、町道国実部落線を改良しましたので、幅員を変更するものでございます。


 以上8路線の変更について、道路法第10条第3項の規定により本議会の議決を求めるものでございます。


 次に、議案第90号、鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更についてでありますが、これは八頭環境施設組合が事業の終了に伴い職員がいなくなることから鳥取県町村職員退職手当組合から平成21年7月31日をもって脱退することとなるために、組合規約の変更を行うことについて地方自治法第290条の規定により本議会の議決を求めるものでございます。


 最後に、議案第91号、町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会の共同設置に関する規約の変更についてでありますが、これも先ほど規約変更と同様の理由で、町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会から平成21年7月31日をもって八頭環境施設組合が脱退することになるため、組合規約の変更を行うことについて、地方自治法第252条の第3項の規定により本議会の議決を求めるものであります。


 以上、提案理由を説明させていただきました。なお、議案の内容につきまして、議案第62号を人権・同和教育課長、議案第63号、第68号を町民生活課長、議案第67号を総務課長、議案第71号を健康福祉課長、議案第73号を企画情報課長、議案第74号から議案第89号までの16議案を建設課長にそれぞれ説明をさせますので、よろしく御審議くださいまして御承認賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて議案第62号、専決処分について〔平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)〕について、人権・同和教育課長の内容説明を求めます。


 人権・同和教育課長、田中肇君。


○人権・同和教育課長(田中 肇君) おはようございます。


 そうしますと、議案第62号、専決処分について〔平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)〕について説明させていただきます。


 先ほど提案理由の方でも説明がありましたが、これは平成20年度当該会計において、貸付金の元利償還を徴収することに努力してまいりましたが、歳入不足が生じたため、平成21年度当該会計の諸収入を財源として繰上充用するもので、歳入歳出予算の総額にそれぞれ6,646万1,000円を追加し、総額を9,643万4,000円とするものであります。


 予算書3ページをお開きいただきたいと思います。


 まず、歳出の方でありますが、諸支出金の繰上充用金ということで前年度繰上充用金6,646万1,000円であります。


 歳入につきましては、諸収入の歳入欠陥補てん収入ということで、同額の6,646万1,000円を計上させていただいております。なお、参考までに昨年は6,700万の計上をしております。


 以上、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第63号、専決処分について〔平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第1号)〕について、町民生活課長の内容説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) そういたしますと、議案第63号、専決処分について〔平成21年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第1号)〕でありますが、先ほど提案理由の方でも説明がありましたが、これは、平成20年度の老人保健特別会計に歳入不足が生じたために、平成20年度の会計を繰り上げて充当するもので、地方自治法の規定に基づき行うものであります。歳入歳出それぞれ172万9,000円を追加いたしまして、総額を1,128万6,000円とするものであります。


 予算書の3ページをお開きください。


 歳出から初めに説明させていただきます。歳出の諸支出金でありますけども、繰上充用金ということで172万9,000円、前年度の繰上充用金であります。


 歳入につきましては、歳入欠陥補てん収入ということで、同額の172万9,000円を上げております。これは、老人医療はおのおのの負担割合に基づいて交付されてくるものでございますが、国の負担金につきましては交付申請の95%程度しか交付決定になっていない状況であります。町の方といたしましては、一般会計の繰り出しは予算どおり執行していますので赤字が生じ、平成21年度の歳入を繰り上げて充当を行うものでございます。


 以上で内容説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第67号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第1号)について、総務課長の内容説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 失礼します。


 議案第67号、平成21年度琴浦町一般会計補正予算(第1号)について御説明を申し上げます。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億3,312万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ94億7,712万4,000円とするものであります。


 初めに、歳出の説明を行いますので11ページをお開きください。


 初めに、人件費の全般についてですが、全体で1,033万6,000円の増となっております。主なものについては、減の方につきましては給料ですが、職員の退職、育休によりまして391万1,000円の減。増の方につきましては共済負担金が負担率の上昇ということで592万2,000円の増、追加費用も負担率の上昇ということで964万2,000円の増となっております。


 ほかは職員の異動によるものであります。期末勤勉手当の0.2カ月分の減額につきましては、人事院勧告が凍結のため今回は計上しておりません。


 3、歳出、款の1、議会費、項の1、議会費、1、議会費93万円の減でございます。これにつきましては報酬、職員手当、共済費につきましては、皆様方の2%に係るものでございます。備品につきましては庁用備品、マイク2本、エアコン等でございます。


 これから先、50万円以上のものについて説明をさせていただきます。


 款の2、総務費、項の1、総務管理費、1、一般管理費638万2,000円の増。


 はぐっていただきまして、2、関西事務所活動運営費15万円の増。


 3、文書広報費13万8,000円の増。


 7、CATV管理費、財源組み替えでございます。


 8、企画費958万8,000円の増、7番の賃金につきましては臨時職員の採用ということで140万6,000円の増、11、需用費につきましては修繕料といたしまして、分庁舎から赤中にかかるところの無線LANの修繕を115万1,000円でございます。


 11、電算機管理費375万9,000円の増、13、委託料でございますが、行政システムの保守委託料として375万9,000円の増です。平成21年度の制度改正対応分ということで税等に係るものでございます。


 12の分庁管理費95万円の増、14、使用料及び賃借料70万円ですが、借り上げ料としましてコピー機、印刷機の更新に伴いますところのリース料でございます。


 13、諸費31万円の増、13、委託料31万円ですが、琴浦保育園の調理師の控訴審弁護士の委託料でございます。


 項の2、徴税費、1、税務総務費649万2,000円の増。


 はぐっていただきまして、項の3、戸籍住民登録費、1、戸籍住民登録費30万5,000円の減。


 項の5、統計調査費、1、統計調査総務費3万7,000円の増。


 款の3、民生費、項の1、社会福祉費、1、社会福祉総務費182万9,000円の減、28、繰出金で204万1,000円の減ですが、これは国保の職員給与に係るものでございます。


 4、隣保館運営費1,237万8,000円の減、これにつきましては、職員2名の減に伴いますところの7、賃金の400万、嘱託職員、館長2名の400万の増を行っておりますが、これに係るものでございまして、それに伴いまして補助金が4分の3減になるということで911万円の国県支出金が減となっております。


 5、国民年金事務費91万1,000円の減。


 はぐっていただきまして、6、老人福祉費298万2,000円の増、19、負担金補助及び交付金でございますが、地域介護・福祉空間整備等施設整備交付金298万2,000円ですが、これは陽だまりのスプリンクラーの設置に係るものでございます。


 8、老人医療事務費509万1,000円の減。


 11、介護保険事業費16万円の減。


 項の2、児童福祉費、1、児童福祉総務費1,032万6,000円の増、25、積立金174万4,000円の増、雇用創出・子育て支援基金積立金174万4,000円ですが、議員皆様の2%カット分の積み立てでございます。


 2、保育所運営費につきましては財源の組み替えでございます。


 款の4、衛生費、項の1、保健衛生費、1、保健衛生総務費618万6,000円の増。


 2、予防費47万5,000円の増。


 はぐっていただきまして、項の2、清掃費、1、じんかい処理費30万円の増。


 款の5、農林水産業費、項の1、農業費、1、農業委員会費252万5,000円の増。


 2、農業総務費11万2,000円の増。


 3、農業振興費213万3,000円の増、19、負担金補助及び交付金168万4,000円、平成21年度強風農業施設等復旧対策事業費補助金としておりますが、これは4月20日から4月21日の強風に係るもので3分の2の補助でございます。


 4、畜産業費9万1,000円の増。


 5、農地費15万6,000円の増。


 6、地籍調査事業費811万7,000円の減。


 はぐっていただきまして、項の2、林業費、1、林業総務費1万4,000円の増。


 2、林業振興費20万5,000円の増。


 款の6、商工費、項の1、商工費、1、商工総務費264万の減、18、備品購入費として73万2,000円で庁用備品ですが、プロジェクター等の購入に係るものでございます。


 2、商工振興費30万6,000円の増。


 3、観光費618万8,000円の増、13、委託料118万9,000円ですが、観光案内看板設置委託料が70万円、道の駅観光案内看板の設置委託料が48万9,000円です。15、工事請負費300万円、ポート赤碕の改修工事に伴うもので、海陽亭に係るものでございます。19、負担金補助及び交付金175万円ですが、白鳳祭運営補助金の増として50万円、町観光協会補助金120万円の増、これは観光推進員を設置することによるものでございます。


 5、地域振興費265万4,000円の減、19、負担金補助及び交付金420万円の減、これはコミュニティー助成事業補助金の確定による減でございまして、下市の祭り用品、山川の除雪費に係るものの減でございます。


 款の6、商工費、6の緊急雇用創出費で1,900万6,000円の増でございますが、当初950万円で向かったわけでございますが、国の補正に伴いまして3カ年分の2,850万円を今年度に前倒してやるようにという指示がございましたので、今回増額をしております。主なものとしては、賃金として臨時職員を2名、作業員を7名雇うようにしておりますし、委託料としてシルバー人材センターの委託料193万、町内施設除草作業委託料484万9,000円、また借り上げ料で重機等ですが、134万1,000円等を計上しておるところでございます。


 款7、土木費、項の1、土木管理費、1、土木総務費5万7,000円の増。


 項の2、道路橋梁費、1、道路維持費805万円の増、11、需用費50万円修繕料でございます。13、委託料425万円、町道橋点検業務委託料425万円、それから15、工事請負費280万円ですが、これは13、委託料の町道橋の点検作業委託料につきまして、国の考え方として95%の補助になるわけですが、13、委託料につきましては50%、400万のうちの200万、そして残りの200万について90%補助する分については単独分を計上してくださいということでございますので、国主部落2号線から杉地市内の側溝設置工事までの工事費を上げさせていただいております。


 2、道路新設改良費6,981万6,000円の増、13、委託料2,800万円の減ですが、町道五輪山線道路新設改良・歩道橋かけかえ工事測量設計委託料が延期になりましたので2,800万円の減となっております。15、工事請負費1億1,820万円の増、町道釛上野線舗装改修工事4,000万円、町道高野線道路改良工事4,650万円、町道坂の上部落線道路改良工事660万円、町道浦安市内線側溝改良工事140万円、町道箆津国主線側溝改良工事470万円、町道宮場馬場線道路改良工事1,900万円の増ですが、これにつきましては、国、県より事業費の増嵩の要請があったものについての増額でございます。また、17、公有財産購入費の1,700万円の減、また、はぐっていただきまして、22、補償・補てん及び賠償金300万円の減につきましては、町道五輪山線の延期に係るものでございます。


 項の5、都市計画費、3、公共下水道事業費353万6,000円の減、28、繰出金353万6,000円の減ですが、下水道事業特別会計繰出金の減でございまして、人件費に係るものでございます。


 項の6、住宅費、1、住宅管理費2万2,000円の増、2、住宅建設費3万1,000円の増。


 款の8、消防費、項の1、消防費、2、非常備消防費144万2,000円の増、8、報償費94万2,000円ですが、消防団員3人の退職に係る報償金でございます。


 款の9、教育費、項の1、教育総務費、2、事務局費238万8,000円の増、7、賃金78万1,000円ですが、東伯中学校の中国語通訳支援員に係るものでございます。8、報償費78万4,000円は講師謝金に係るものでございまして、10秒の愛等に係るものです。9、旅費78万2,000円の増、特別旅費としまして語学指導、外国青年招致2名分でございます。ことしで帰られますので、新たな人の分を62万円計上しております。11、需用費96万7,000円、消耗品費として63万7,000円の増です。19、負担金補助及び交付金168万円の減、30人学級協力負担金200万円の減ですが、浦安小学校の1年生を予定しておりましたが、ちょうど30人だったために減にしております。


 項の2、小学校費、1、学校管理費661万2,000円の減。


 はぐっていただきまして、2の教育振興費ですが、168万3,000円の増でございます。20、扶助費として82万8,000円の増、就学援助費として13名分でございます。


 項の3、中学校費、1、学校管理費192万9,000円の減。


 2、教育振興費75万8,000円の減、20、扶助費として73万4,000円の増ですが、就学援助費として8人分の計上でございます。それで、この中で小学校の教育振興費、中学校の教育振興費の中でその他の補正財源として110万9,000円、63万5,000円を計上してございますが、これは給食費の増額をしないための財源充当に今回振りかえをさせていただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 項の4、幼稚園費、1、幼稚園費20万1,000円の増。


 項の5、社会教育費、1、社会教育総務費372万4,000円の増、8、報償費105万6,000円の増ですが、報償金ですが、スクールガードリーダー2名分77万3,000円、子育て講座28万3,000円に係るものでございます。


 はぐっていただきまして、2の公民館費ですが、2万1,000円の増。


 5、生涯学習センター運営費11万2,000円の増。


 6、図書館費13万9,000円の減ですが、7、賃金の中ですが、嘱託職員が退職したことに伴いまして臨時職員の補充を行っております。


 8、人権・同和教育費496万6,000円の増。


 項の6、保健体育費、1、保健体育総務費15万3,000円の増。


 4、給食センター運営費813万9,000円の増でございます。


 款の13、予備費につきましては1万9,000円を減とさせていただいております。


 歳入の方にお返りをください。


 歳入につきましては7ページでございますが、50万円以上のものについて説明を申し上げます。


 2、歳入、款の13、使用料及び手数料、項の1、使用料、5、商工使用料2万円の増。


 款の14、国庫支出金、項の2、国庫補助金、2、民生費補助金298万2,000円の増、1、社会福祉費補助金ですが、地域介護・福祉空間整備等施設整備費交付金でございます。陽だまりのスプリンクラーに係るものでございます。


 5の土木費補助金4,658万円の増、1、道路改良費補助金でございますが、地域活力基盤創造交付金として4,278万の増、これは釛上野線ほか5件に係るものでございます。長寿命化修繕計画策定補助金200万円の増ですが、橋梁15メートル以下のものについて補助率が50%でございます。長寿命化修繕計画策定費交付金として180万円、先ほどの補助金の200万円に係る分の補助の対応分で90%の補助でございます。


 7、教育費補助金2,375万円の増、1、小学校費補助金でございますが、公立学校施設整備費補助金2,373万円の増ですが、赤碕小学校プールの改築に伴う補助金が内定になりましたので計上しております。


 款の15、県支出金、項の2、県補助金、2、民生費補助金911万円の減、1、社会福祉費補助金911万円の減ですが、隣保館運営費補助金に係るものでございます。


 4の農林水産業費の補助金109万7,000円の増、1、農業費補助金として84万2,000円の増ですが、平成21年度の強風農業施設等復旧対策事業費補助金で3分の1の補助でございます。


 5、商工費補助金1,991万2,000円の増、1、商工費補助金91万2,000円の増ですが、消費者行政活性化事業費補助金103万2,000円でございます。これは単純に補助金の増となっております。2、緊急雇用創出事業費補助金1,900万円の増、3年分を1カ年で行うためのものでございます。


 はぐっていただきまして、8、教育費補助金280万7,000円の増、1、学校教育費補助金193万9,000円の増、とっとり学力向上プロジェクト交付金に係るものでございます。2、社会教育費補助金86万8,000円の増、地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業費補助金54万4,000円の増でございます。


 項の3、委託金、5の教育費委託金80万円の増、2、学校教育費委託金80万円の増、英語活動拠点校推進事業委託金として55万円、以西小学校、安田小学校に係るものでございます。


 款の17、寄附金、項の1、寄附金、2、教育費寄附金60万円の増、文化センター費寄附金。


 4の民生費寄附金100万円の増、児童福祉事業費寄附金でございますが、これは職員でありました稲毛さんのご家族からの寄附でございまして、文化センター並びに保育園の整備に使ってほしいということで寄せられております。


 款の18、繰入金、項の1、基金繰入金、1、財政調整基金繰入金3,800万円の増でございます。


 10、雇用創出・子育て支援基金繰上金174万4,000円でございますが、議員さん方のカット分をここに入れております。


 15、道の駅ポート赤碕運営基金繰入金120万円の増、道の駅の改修に係るものでございます。


 項の2、老人保健特別会計繰入金、1、老人保健特別会計繰入金につきましては63万9,000円ですが、平成20年度の精算に係るものでございます。


 款の20、諸収入、項の4、雑入、2、雑入279万7,000円の減ですが、雑入といたしましてコミュニティー助成事業交付金が420万円の減、退職消防団員報償金3人分が94万1,000円の増となっております。


 款の21、町債、項の1、町債、3、土木債1,100万円の増、道路橋梁債につきましては1,230万円の増、地方道路等整備事業に係るものが1,190万円でございます。4の自然災害防止事業債130万円につきましては、負担金の精算によるところでございます。


 はぐっていただきまして、4の合併特例債につきましては710万円の減でございますが、地方道路等整備事業として1,550万の増、釛上野線に係るものでございますし、赤碕小学校プール建築事業の2,260万円の減ですが、これは国庫補助がついたことによる減でございます。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第68号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について町民生活課長の内容説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) そういたしますと、議案第68号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の内容説明をさせていただきます。


 歳入歳出それぞれ204万円を減額いたしまして、総額を21億5,616万円とするものであります。


 歳出から初めに説明をさせていただきます。予算書6ページをお開きください。


 総務費の一般管理費でございますが、204万円の減であります。これは人事異動に伴う人件費の減額によるものであります。


 次からの保険給付費の療養諸費、出産育児諸費、7ページになりますが、後期高齢者支援金等、介護納付金につきましては国保税率の決定による財源の組み替えでございます。


 次に、歳入でございます。4ページをお開きください。


 国民健康保険税ですが、一般被保険者国民健康保険税5,048万3,000円の減であります。内訳といたしましては、現年課税分で医療給付費分が423万7,000円の減、後期高齢者支援金分が3,439万円の減、介護納付金分が1,185万6,000円の減であります。


 それから、退職被保険者等国民健康保険税351万7,000円の減でありますが、内訳といたしましては、現年課税分で医療給付費分が24万6,000円の減、後期高齢者支援金分が177万5,000円の減、介護納付金分が149万6,000円の減であります。これらは税率決定により減額を見込んだことによるものであります。


 次に、国庫支出金の国庫補助金20万1,000円の増でありますが、これは介護報酬の改定によりまして介護納付金が増額されたものを補てんするものであります。介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されることによりまして、新しく科目を設定するものでありますし、出産育児一時金補助金20万円の増につきましては、ことし10月から出産育児一時金が38万から4万円引き上げられますことに伴い、その引き上げ額の半額が国庫補助金として交付されることにより、これも科目を設定し、雑入より振りかえを行うものであります。


 次に、療養給付費交付金2,438万8,000円の増と、前期高齢者交付金1,761万2,000円の増でありますが、これらは交付金の増額によるものであります。


 次に繰入金で一般会計繰入金204万1,000円の減ですが、人事異動により職員の給与等が減額になっておりますので、その分繰り上げ金の減額を行ったものでありますし、基金繰入金1,200万円の増につきましては、国民健康保険税の減額に伴うものであります。


 次に、諸収入20万円の減ですが、これは当初出産育児一時金の引き上げに伴う国の補助金を雑入の科目に入れるようにしておりましたが、国庫補助金の科目を設定することにより減額を行うものであります。


 以上で説明を終わらさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第71号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)について健康福祉課長の内容説明を求めます。


 健康福祉課長、小塩久志君。


○健康福祉課長(小塩 久志君) それでは、議案第71号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の総額より歳入歳出それぞれ29万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億9,501万9,000円とするものであります。


 歳出から説明させていただきます。


 4ページをごらんください。


 総務費の一般管理費、主なものとしましては、人事異動に伴う人件費でございまして、給料、職員手当等、共済費を含めまして765万7,000円の減額としております。それにかわりまして臨時職員のパート職員を認定調査員として雇うことになりましたので、86万4,000円の増、それから、委託料としまして、介護報酬の改定に伴うシステム改修として26万4,000円の増としております。合計で652万9,000円の減であります。


 次に、包括支援センター運営費ですが662万5,000円の増であります。内容としましては、人事異動に伴う人件費、給料、職員手当等共済費、これが622万5,000円の増であります。それから、臨時職員の賃金としまして24万円の増、委託料としましてシステム改修に伴うもので16万円、合わせまして総額662万5,000円の増であります。


 次に、地域支援事業費、介護予防特定高齢者施策事業費ですが、39万1,000円の減であります。内容としましては、人事異動に伴う人件費としまして64万1,000円の減、委託料としまして認知症分析を鳥大に委託しておるわけですが、これを25万円の増としております。


 次に、歳入であります。3ページをごらんください。


 繰入金の一般会計繰入金ですが、2、その他一般会計繰入金ということで、内訳としましては、職員給与の繰入金765万7,000円の減、事務費繰入金112万8,000円の増であります。


 次に、地域支援事業繰入金ですが、39万1,000円の減であります。これは介護予防事業に伴う39万1,000円の減であります。


 次に、地域支援事業繰入金ですが、662万5,000円の増、包括的支援事業・任意事業662万5,000円の増であります。合計29万5,000円の減であります。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第73号、財産の取得について(ネットワーク機器)について、企画情報課長の内容説明を求めます。


 企画情報課長、川上強志君。


○企画情報課長(川上 強志君) 失礼をいたします。それでは説明をいたします。


 議案第73号、財産の取得について(ネットワーク機器)でありますが、これは平成13年度に旧赤碕町に、同じく平成13年度に旧東伯町に現在の行政ネットワークシステムを導入いたしまして、TCCのインターネットケーブルを利用して、役場本庁舎と分庁舎及び各保育園、小・中学校、地区公民館等の公共施設との間で行政上必要な情報通信を行い、日々の行政業務を行ってきたところでございますが、導入から約8年が経過し、ルーターや分庁舎でのネット関係の無線アンテナの故障など、機器の故障が目立ち、ネットワークの遮断が多く発生し、また、メーカーでは現在の機器の部品等の製造等もされなくなったものもあり、機器の保守管理が困難になってまいりました。そのためこのたび平成20年度の地域活性化・生活対策臨時交付金の繰り越し予算によって必要な機器一式を新たに取りかえるものであります。昨日10社を対象に指名競争入札を行いました。この入札におきましては、機器の導入設置経費、老朽化した既存設備の撤去費及び機器の保守料を含めたところの総合計で入札をし、落札率は約75%でありました。そのうちで議案第73号で提案をいたしておりますように、機器、備品の購入につきましては消費税及び地方消費税を含みますところで2,572万5,000円でありました。


 以上で内容説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) ここで暫時11時10分まで休憩いたします。


               午前10時55分休憩


      ───────────────────────────────


               午前11時08分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 次に、議案第74号、町営住宅明け渡し等に係る訴えの提起についてから議案第89号、町道路線の変更についてまでの16議案について、建設課長の内容説明を求めます。


 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) そうしますと、74号から随時説明させていただきます。


 74号、町営住宅の明け渡し等に係る訴えの提起についてでございます。


 これは町営住宅、いなり団地の物件でございまして、契約者は既に退去をいたしておりまして、元だんなが住んでいるということでございまして、契約の再契約等も促しましたけれど、それに応じない。また、家賃等も約50万円の滞納があるということで、再三呼び出しておりますけれど、らちが明きませんので提起したいというものでございます。


 次に、議案第75号でございます。下伊勢第2団地1戸に係るものでございます。


 これにつきましても契約者は既に退去しておりまして、元だんなが住んでおります。それで、これにつきましても再三契約の変更等を促しましたけれど応じませんし、また大型犬ゴールデンレトリバーを家の中に飼っておりまして、近所からの苦情等がございますので、これも提起したいというものでございます。


 議案第76号でございます。


 これにつきましては、居住実態がないということで、再三呼び出して、住むのか、住まないのかということでいろいろ折衝してまいりました。電気のメーターは一切ここ2年間ほど回っておりませんし、その旨確認しておりまして、18年から随時会うことができたときに口頭で退去通告を行っておりますけれど、退去をすると言いながらいまだもって応じていないということでございまして、これにつきましても提起をさせていただきたいというものでございます。


 次に、議案第77号、町道路線の認定についてでございます。釛線として認定したいというものでございまして、1ページはぐっていただきまして、ゼンリンの地図で説明させていただきます。


 昔、県道の福永由良線、釛の駐在所の前の路線でございますけれど、新しく道路がつきましてこの路線が町に移管されましたので、町として認定したいというものでございます。


 次に、議案第78号、笠見3号線についてでございます。これもゼンリンの地図で見ていただけたらと思います。


 一里松の方から小学校の方に行く道路が笠見1号線でございまして、ここにあります鈴木孝明さんのところから奥の方は家がございます。そこを町道として認定しておりませんでしたので、今回新たに町道として認定するものでございます。


 次に、79号につきまして説明します。上伊勢市内1号線についてでございます。


 これにつきましても、方見神社のところから部落の下の方まで延びる道路が町道として認定してございませんでした。これにつきましても新たに認定させていただきたいというものでございます。


 次に、80号の町道路線の認定についてでございます。これも、1ページはぐっていただきまして金屋市内1号線でございます。


 金屋集落の赤く塗っている部分につきまして町道として認定し、町道同士の区間をつなぐということで認定したいということでございます。


 次に、81号の町道路線の認定についてでございます。


 これは、出上22号線として認定したいというものでございまして、農道から前田弘明さんの入り口のところまでの道路につきまして町道路線として認定し、ここの道路も冬場脱輪等相当あるようでございまして、町道路線として認定しながら時期を見て改修等をして交通安全に資したいというものでございます。


 次に、議案第82号でございます。倉坂市内線の変更についてでございます。


 これは、倉坂の部落内まで町道路線として認定してございました。これは小田股ダムの周辺の道路も町道認定しておりますので、道路改修等をダム関連で十分行ってございますので、町道と町道を結ぶ路線として倉坂市内線の延長を変更したいというものでございます。


 次に、議案第83号でございます。浦安小上伊勢線ということでございます。これもゼンリンの地図で見ていただけたらと思います。


 浦安保育園のところから南北に走っております道路につきましては町道として認定してございましたけれど、先ほど新たに認定します上伊勢で認定します道路とを結ぶ道路を、路線を延長いたしまして変更して認定したいというものでございます。


 次に、84号でございます。


 この路線につきましては、ガーデンヒルズから八橋小学校の入り口の坂のところまで、これにつきまして道路改良を行いました。道路改良を行いましたので幅員等の変更が生じましたので今回出させていただいておるものでございます。


 次に、85号でございます。箆津国主線でございます。


 県道の主要地方道赤碕大山線から高規格道路までを用地取得いたしまして、国土交通省の方に改修をしていただきました。これによりまして路線の一部変更が生じましたので今回提案させていただいております。


 次に、86号でございます。大石部落線でございます。


 大石部落の下側の路線に水路にふたをかけまして幅員等を変更いたしまして、災害時、消防車等も入れるような道路にいたしましたので、これも変更したいというものでございます。


 次に、議案第87号でございます。町道路線の変更についてでございます。立子大熊線でございます。


 幅員については変更ございませんけれど、延長について相当変更になっております。これにつきましては、上中村の下の方の道路改良が終了しております。それから、災害等で幅員等が若干変更になっている部分も相当数ございまして、今回路線の変更を行うものでございます。


 続きまして、議案第88号でございます。荒神谷1、2号線でございます。


 これにつきましては、荒神谷線の9号からずっと北側に行きまして、福本さんというところの突き当たりまで両サイド側溝を布設いたしましてふたかけを行いました。したがいまして、有効幅員等の変更が生じましたので今回変更するものでございます。


 続きまして、議案第89号でございます。国実部落線でございます。


 国実の部落中の山の方に上がるような道路で急な道路でございます。これも幅員が狭いということで側溝のふたかけ等の改修を行いましたので、今回路線として変更をしたいというものでございます。


 以上で説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由の説明と内容説明を終わります。


 お諮りいたします。本日提案された30議案について、議事の都合上、最終日の18日に審議したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、この30議案については最終日に審議を行うことに決しました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(福本 宗敏君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 次の本会議は明日12日午前10時に開きますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。どうも皆さん、御苦労さんでございました。


               午前11時20分散会


      ───────────────────────────────