議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成21年第2回定例会(第4日 3月19日)




平成21年第2回定例会(第4日 3月19日)





────────────────────────────────────────


  第2回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)


                        平成21年3月19日(木曜日)


────────────────────────────────────────────


 
                      平成21年3月19日 午後1時30分開議


日程第1 20年陳情第21号 安心した介護をめざすための介護報酬改定等の意見書採択を


             求める陳情書について


日程第2 21年陳情第1号 物価上昇に見合う年金引き上げについて(陳情)


日程第3 21年陳情第2号 後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての


             陳情書


日程第4 21年陳情第3号 逢束海岸船置場の砂撤去予算に関する陳情書


日程第5 議案第  9号 地方自治法第96条第2項の規定による琴浦町議会の議決すべ


             き事件に関する条例の制定について


日程第6 議案第  10号 琴浦町個人情報保護条例の一部改正について


日程第7 議案第  11号 琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正に


             ついて


日程第8 議案第  12号 琴浦町長等の給料の額の特例に関する条例の制定について


日程第9 議案第  13号 琴浦町職員の給与の特例に関する条例の制定について


日程第10 議案第  14号 琴浦町雇用創出・子育て支援基金条例の制定について


日程第11 議案第  15号 琴浦町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


日程第12 議案第  16号 琴浦町国民健康保険税条例の一部改正について


日程第13 議案第  17号 琴浦町特別医療費助成条例の一部改正について


日程第14 議案第  18号 琴浦町父子手当支給条例の全部改正について


日程第15 議案第  19号 琴浦町介護保険条例の一部改正について


日程第16 議案第  20号 琴浦町旧中井旅館条例の制定について


日程第17 議案第  21号 琴浦町桐谷家住宅条例の制定について


日程第18 議案第  22号 琴浦町急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例の制定について


日程第19 議案第  23号 琴浦町道路占用料条例の一部改正について


日程第20 議案第  24号 琴浦町法定外公共物管理条例の一部改正について


日程第21 議案第  25号 琴浦町営住宅管理条例の一部改正について


日程第22 議案第  26号 琴浦町水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


日程第23 議案第  27号 平成21年度琴浦町一般会計予算


日程第24 議案第  35号 平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計予算


日程第25 議案第  36号 平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計予算


日程第26 議案第  37号 平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計予算


日程第27 議案第  38号 平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計予算


日程第28 議案第  39号 平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算


日程第29 議案第  40号 平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算


日程第30 議案第  41号 平成21年度琴浦町成美財産区特別会計予算


日程第31 議案第  42号 平成21年度琴浦町安田財産区特別会計予算


日程第32 議案第  28号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


日程第33 議案第  29号 平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第34 議案第  30号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計予算


日程第35 議案第  33号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計予算


日程第36 議案第  34号 平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算


日程第37 議案第  31号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


日程第38 議案第  32号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計予算


日程第39 議案第  43号 平成21年度琴浦町水道事業会計予算


日程第40 議案第  46号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


             (第2号)


日程第41 議案第  48号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第4号)


日程第42 議案第  49号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第4号)


日程第43 議案第  50号 平成20年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


日程第44 議案第  51号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計補正予算(第1号)


日程第45 議案第  52号 平成20年度琴浦町水道事業会計補正予算(第3号)


日程第46 議案第  53号 町道路線の変更について


日程第47 議案第  54号 山川辺地に係る総合整備計画の変更について


日程第48 議案第  55号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


日程第49 議員提出議案第1号 琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例の制定に


               ついて


日程第50 議員提出議案第2号 安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意


               見書の提出について


日程第51 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第52 閉会の議決


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 20年陳情第21号 安心した介護をめざすための介護報酬改定等の意見書採択を


             求める陳情書について


日程第2 21年陳情第1号 物価上昇に見合う年金引き上げについて(陳情)


日程第3 21年陳情第2号 後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての


             陳情書


日程第4 21年陳情第3号 逢束海岸船置場の砂撤去予算に関する陳情書


日程第5 議案第  9号 地方自治法第96条第2項の規定による琴浦町議会の議決すべ


             き事件に関する条例の制定について


日程第6 議案第  10号 琴浦町個人情報保護条例の一部改正について


日程第7 議案第  11号 琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正に


             ついて


日程第8 議案第  12号 琴浦町長等の給料の額の特例に関する条例の制定について


日程第9 議案第  13号 琴浦町職員の給与の特例に関する条例の制定について


日程第10 議案第  14号 琴浦町雇用創出・子育て支援基金条例の制定について


日程第11 議案第  15号 琴浦町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


日程第12 議案第  16号 琴浦町国民健康保険税条例の一部改正について


日程第13 議案第  17号 琴浦町特別医療費助成条例の一部改正について


日程第14 議案第  18号 琴浦町父子手当支給条例の全部改正について


日程第15 議案第  19号 琴浦町介護保険条例の一部改正について


日程第16 議案第  20号 琴浦町旧中井旅館条例の制定について


日程第17 議案第  21号 琴浦町桐谷家住宅条例の制定について


日程第18 議案第  22号 琴浦町急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例の制定について


日程第19 議案第  23号 琴浦町道路占用料条例の一部改正について


日程第20 議案第  24号 琴浦町法定外公共物管理条例の一部改正について


日程第21 議案第  25号 琴浦町営住宅管理条例の一部改正について


日程第22 議案第  26号 琴浦町水道事業の設置等に関する条例の一部改正について


日程第23 議案第  27号 平成21年度琴浦町一般会計予算


日程第24 議案第  35号 平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計予算


日程第25 議案第  36号 平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計予算


日程第26 議案第  37号 平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計予算


日程第27 議案第  38号 平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計予算


日程第28 議案第  39号 平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算


日程第29 議案第  40号 平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算


日程第30 議案第  41号 平成21年度琴浦町成美財産区特別会計予算


日程第31 議案第  42号 平成21年度琴浦町安田財産区特別会計予算


日程第32 議案第  28号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


日程第33 議案第  29号 平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第34 議案第  30号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計予算


日程第35 議案第  33号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計予算


日程第36 議案第  34号 平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算


日程第37 議案第  31号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


日程第38 議案第  32号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計予算


日程第39 議案第  43号 平成21年度琴浦町水道事業会計予算


日程第40 議案第  46号 平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


             (第2号)


日程第41 議案第  48号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第4号)


日程第42 議案第  49号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第4号)


日程第43 議案第  50号 平成20年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)


日程第44 議案第  51号 平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計補正予算(第1号)


日程第45 議案第  52号 平成20年度琴浦町水道事業会計補正予算(第3号)


日程第46 議案第  53号 町道路線の変更について


日程第47 議案第  54号 山川辺地に係る総合整備計画の変更について


日程第48 議案第  55号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


日程第49 議員提出議案第1号 琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例の制定に


               ついて


日程第50 議員提出議案第2号 安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意


               見書の提出について


日程第51 閉会中における委員会の継続調査活動について


日程第52 閉会の議決


      ───────────────────────────────


                 出席議員(19名)


        1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


        3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


        5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


        7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


        9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


        12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


        14番 桑 本   始        15番 井 木   裕


        16番 山 下 一 成        17番 大 田 友 義


        18番 御 崎   勤        19番 石 賀   栄


        20番 福 本 宗 敏


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ────── 前 田 博 司 係長 ───────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ──────── 田 中 満 雄 副町長 ──────── 山 下 一 郎


 総務課長 ────── 前 田 順 一 企画情報課長 ───── 手 嶋 一 夫


 商工観光課長 ──── 藤 村 隆 志 税務課長 ─────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ──── 永 田 温 美 町民生活課長 ───── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ──── 森   美奈子 建設課長 ─────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ──── 松 田   稔 会計管理者兼出納室長 ─ 岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ─ 山 根 礼 子 教育長 ──────── 永 田   武


 教育総務課長 ──── 藤 田 あけみ 社会教育課長 ───── 大 谷 博 文


 人権・同和教育課長 ─ 澤 田 豊 秋 学校給食センター所長 ─ 谷 口 るみ子


      ───────────────────────────────





◎午後1時30分開議





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、こんにちは。きょうは定例会最終日でございますので、よろしく御審議のほどお願いいたします。


 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


 本日届けのあった事故者はありません。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 20年陳情第21号 から 日程第3 21年陳情第2号





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、20年陳情第21号、安心した介護をめざすための介護報酬改定等の意見書採択を求める陳情書についてから日程第3、21年陳情第2号、後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書についてまでの3件を一括議題といたします。


 これらの陳情につきましては、教育民生常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査の結果の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、新藤登子君。


○教育民生常任委員会委員長(新藤 登子君) では、報告いたします。


      ───────────────────────────────


                                 平成21年3月19日


 琴浦町議会議長 福 本 宗 敏 様


                               教育民生常任委員会


                                委員長 新 藤 登 子


              請願・陳情の委員会審査報告書


 平成20年12月15日及び平成21年3月9日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情3件について、3月13日と17日に委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


                     記


 ・20年陳情第21号 安心した介護をめざすための介護報酬改定等の意見書採択を求める陳情書について


 上記の陳情は、採択とするのが適当であると決しました。


 ・21年陳情第1号 物価上昇に見合う年金引き上げについて(陳情)


 ・21年陳情第2号 後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書


 上記の陳情2件は、不採択とするのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上です。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、日程第1、20年陳情第21号、安心した介護をめざすための介護報酬改定等の意見書採択を求める陳情書について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 本件に対する委員長報告は、採択とするのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決しました。


 日程第2、21年陳情第1号、物価上昇に見合う年金引き上げについて討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 本件に対する委員長報告は、不採択とするのが適当であるとの報告であります。


 この採決は起立によって行います。(「議長」と呼ぶ者あり)


 ちょっと暫時休憩します。


                午後1時35分休憩


      ───────────────────────────────


                午後1時35分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 本件に対する委員長報告は、不採択とするのが適当であるとの報告であります。


 この採決は起立によって行います。


 本件は、原案について採決いたします。


 21年陳情第1号、物価上昇に見合う年金引き上げについて、採択とすることに賛成の諸君は御起立を願います。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立少数であります。したがって、21年陳情第1号、物価上昇に見合う年金引き上げについては、不採択と決定しました。


 次に、日程第3、21年陳情第2号、後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書について討論いたします。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 私も教育民生常任委員会に所属しておりましたが、委員会でもこれは採択をして鳥取県後期高齢者医療広域連合に意見書を送付すべきだというふうに主張いたしましたが、私以外の委員の方は不採択と、こういう決定でありました。


 この陳情書は2つのことを言っています。後期高齢者広域連合への原則として資格証を交付しないよう意見書を出すことが一つ。それから、悪質滞納者への対応については市町村の判断を尊重する。そして資格証明書交付の基準の厳格化ということの2点を求めているわけであります。聞くところによりますと、広域連合議会はこの陳情を不採択にしてしまったそうでありますが、それならば一層広域連合執行部、保険者に対する直接的な意見の反映は地方議会が意見書を上げて送付するということで重要な意義を持つものだと思います。この問題は、後期高齢者医療制度が始まって3月31日でちょうど1年になります。これまで老人保健法では保険証の取り上げは禁止されているのが180度変わって、1年以上の滞納の場合には保険証を返させて資格証明書を発行する。つまり保険証がなくなる高齢者が出てくる。こういうことでありまして、大変重要な問題になっております。


 そういうことを受けまして、厚生労働省でも資格証明書発行の基準なりなんなりをいろいろ通知をしたりいろいろしているわけであります。それから、広域連合においても短期保険証で対応するにはどういう対応の仕方をするのかという形で、要するに保険証取り上げをしないような形での取り組みが国、地方あわせて行われているときに、こういうような意義のある意見書を当議会が採択して広域連合にそういう要請をしていくということは、極めて住民の福祉の向上を目指す立場からすれば当然でありまして、こういうような問題をいとも簡単に葬り去るというようなことは断じてあってはならないことというふうに思って、私はこの陳情は採択すべきだという討論をいたしたい。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 21年陳情第2号、後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書について採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、不採択とするのが適当であるとの報告であります。


 この採決は反対がありますので起立によって行います。


 本件は原案について採決いたします。


 21年陳情第2号、後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書を採択することに賛成の方の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立少数です。したがって、21年陳情第2号、後期高齢者医療制度被保険者への資格証明書交付についての陳情書は、不採択とすることに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 21年陳情第3号





○議長(福本 宗敏君) 日程第4、21年陳情第3号、逢束海岸船置場の砂撤去予算に関する陳情書を議題といたします。


 この陳情につきましては、農林建設常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査の報告を求めます。


 農林建設常任委員長、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) 皆さん、こんにちは。


 それでは、請願・陳情の委員会審査報告書を述べます。


      ───────────────────────────────


                                 平成21年3月19日


 琴浦町議会議長 福 本 宗 敏 様


                               農林建設常任委員会


                                委員長 藤 本 則 明


              請願・陳情の委員会審査報告書


 平成21年3月9日の本会議において、当委員会に審査付託されました下記の陳情について、3月13日に委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告いたします。


                     記


 ・21年陳情第3号 逢束海岸船置場の砂撤去予算に関する陳情書


  上記の陳情は、採択とするのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上であります。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑はありませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 逢束の港の砂のことでありますが、まず第一に聞きたいのは、あそこは管理者はどこになっているのか。どういう港湾、港なのか。そこら辺のところをちょっとはっきりしないと、要するにどこが管理主体があるのか。したがって、そうなったときに北西の季節風で砂を受けるような構造になってますから、毎年毎年砂がたまって撤去しなきゃいかん。こういう宿命にあるところだと思いますが、そこのところをまず管理主体やそこら辺どうなっているか教えてほしい。


○議長(福本 宗敏君) 委員長、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) 青亀議員の質問にお答えしたいと思いますが、ここの船置き場自体が私の住まいする管轄区域に入っておりますので、そういった部分もあわせて言わなければなりませんが、本来は県の管轄でございまして、陳情書の中に書いておりますように県から町へ、町から逢束漁業組合へという移行がこれまでの経緯でございます。


 本来からいえば、相当この予算がかかるものですから、県に当然管理責任があるわけですけれども、振って振ってというような格好になっているのが現状であります。


 当初予定していませんでした民家への甚大な被害というものは想定外でありましたので、今のような結果になってしまったというのが現実の状態であります。予算的にも相当漁業組合の負担が多くなっておりますので、当然ながら漁業組合の組合長を代表として当議会に陳情されたというのが現在の状態であります。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 一つよくわかりませんが、あそこは港なのか船置き場なのか、港のように囲ってあるところは船がなくて砂で大分埋まっているわけですが、それの西側に船を引き上げるような施設もあって港の役割を果たしているわけですが、港湾となれば当然管理がどこに所属するのか、その管理をその権限のあるところが予算をつけてやる。それについて、地元負担なりなんなりがついてくるというようなことも流れとしてはあり得ると思うんですが、そこのところがはっきりしないとなかなかこの問題は悩ましい問題になっちゃって、実際に地元の住民あるいは利用者の方だけに負担がかかってくるということでは行政上まずいんじゃないかなと思う。そこら辺はどういう議論されてどういう結論出されたのか、お願いします。


○議長(福本 宗敏君) 委員長、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) 先ほど若干言葉足らずの分があったですけども、元来、以前は港として利用しておったんですけれども、今、管轄としては港扱いだということで、早く言えばレジャー基地というような状態でありますので、若干今のような状況が生まれてきたのかなというふうに考えております。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) ちょっと私もこの文面見る限りは、この組合さんは例えばあちこちに予算的に働きかけたんだけども、県なり町なりから無理だということを言われたので議会に陳情されたのか、その辺がはっきりわからないわけですね。それでやっぱりこういう状態になった場合には、例えば県から町に移管した場合に管理委託はするけどもこういう場合には県が面倒見ますとか、または町が仮に面倒見るとすれば町と漁業組合さんとの契約の中でこういう場合には漁業組合さんでやってくださいとか、または町が見ますとか、その辺はどのようになっているかお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 2番、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) 先ほど、私も初めに青亀議員の方でちょっと返答しましたけれども、県から町へ、町から漁業組合へということで、この船置き場の管理一切を漁業組合が請け負うというような格好でどうも判をついておるようでありますけども、先ほど言いましたように予算的な部分が相当想像以上に食っていたと。


 それともう1点は、先ほど言いましたけれども民家への影響が想像以上に厳しかったということで、金銭的に負担が相当かかっていたというのが実態のようでありますし、今相当予算的にも苦しい状況であるということで陳情が出てきたというふうに私は解釈しております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) いいですか。


○議員(3番 高塚 勝君) はい。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) ありませんので、討論に入ります。討論ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 委員長さんの説明である程度わかったんですけれども、やはりその辺はもうちょっとはっきりして、近隣の民家に被害が出とるようなことであればやはりそれは組合さんの責任でもないし、やっぱりそういう場合はまたそれなりの対応をしていかないといけないと思うんですね。この費用が何万円ぐらい、100万かかるのか何ぼかかるのかもわかりませんし、私はこの採択というよりは継続審査の方がいいと思います。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 8番、金田章君。


○議員(8番 金田 章君) ただいま委員長の方からありましたように、採択ということで私は討論いたします。


 この問題は、先ほどちょっと断片的になりますけど、青亀議員が質問されました現状の港湾か港湾でないかというあれなんですが、これは私の知ってる限りは漁港でもないし港湾でもないし準港湾にもなっていないと思いますが、船上げ場です。


 この問題は、いろいろ今委員長からありましたが、当初この以前、10年も30年も前から防波堤があったところを砂がずっと堆積します。ここを海水浴場にするんだという計画があったそうなんです。それで船置き場をその西側につくるということで、スロープつくってありますね。今、船がずっと上げてあります。ところが砂の堆積が激しいということで、それを防ぐためにその西側にテトラポットみたいなのでずっと沖に向かって防波堤がつくってあります。沖の一文字との間に、西側ですけど間隔ありますけど、あれつないでしまったらどうですかと言ったら、あれつないだらもっともっと砂が入っていけないということで、そのテトラポットでつくった防波堤は地元の方々や県の方々皆さん関係者が寄って、こういうふうにすれば砂が堆積が少ないだろうということであそこをつくられたそうです。


○議長(福本 宗敏君) ちょっと8番、金田議員に申し上げますが、もう答弁はいいですけん、ある程度流れを話して……。


○議員(8番 金田 章君) 今いきさつを聞いておられたから、ちょっと簡単に言っとこうかと思って。


○議長(福本 宗敏君) いや、だからそれはもう終わっちゃったですけん。


○議員(8番 金田 章君) いいですか。


○議長(福本 宗敏君) はい。


○議員(8番 金田 章君) それでこれはやはり地元の漁師さんにこの間現場に視察に行きましていろいろ聞きましたところが、25万円とか30万円かかるんだというようなことで非常に困っておられます。現場は砂がたくさん、ふだんからわかりますように入ってきて、塀覆いを越えて内側の道路の方に入り込んどるような状態で、これがまた民家の方に舞い上がるというかなりの現場状況です。


○議長(福本 宗敏君) ちょっと再度申し上げますが、討論反対ですか賛成ですかにしてください。


○議員(8番 金田 章君) 賛成です。それで討論するに当たって、ただ賛成です、反対ですじゃいかんからちょっと理由を述べさせてもらいます。


○議長(福本 宗敏君) これより本件を採決いたします。


 本件に対する委員長報告は、採択とするのが適当であるとの報告であります。


 本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 賛成多数と認めます。よって、本件は、委員長報告のとおり採択と決定しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第9号





○議長(福本 宗敏君) 日程第5、議案第9号、地方自治法第96条第2項の規定による琴浦町議会の議決すべき事件に関する条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 私は、これ反対をします。というのは、これは定住自立圏形成協定の締結でありますが、これは実はいわゆる道州制の前段になるもんです。ですからこれは人口5万程度の中心市と周辺の市町村で、中心市4万以上ですが、それに4,000万円の特別交付税と関係するところの市町村に1,000万円の特別交付税を交付して、道州制の受け皿になる地方自治体をつくろうといういわば平成の大合併の第2ラウンドになるものであります。


 鳥取県中部においては、広域連合が、議会も含めて、あります。屋上屋を重ねながら、さらにその中にまた一つ建物を建てるようなこういう構想であります。それでこの内容は、要するに重複する施設をつくらなくて、中心市なら中心市にできたものを周辺の市町村が使おうではないかというような構想なんですが、既にそれらの施設はもうでき上がってしまって、合併した琴浦町でももうその施設が余るほどあるという状況でありまして、平成のその道州制に向けた動きに対しては我が党は反対でありますから、当然この条例についても反対をいたしたいと思います。大変危険な内容を含んでおると思います。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第9号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第10号





○議長(福本 宗敏君) 日程第6、議案第10号、琴浦町個人情報保護条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第10号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第11号





○議長(福本 宗敏君) 日程第7、議案第11号、琴浦町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第11号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第12号





○議長(福本 宗敏君) 日程第8、議案第12号、琴浦町長等の給与の額の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第12号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第13号





○議長(福本 宗敏君) 日程第9、議案第13号、琴浦町職員の給与の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第13号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第14号





○議長(福本 宗敏君) 日程第10、議案第14号、琴浦町雇用創出・子育て支援基金条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第14号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第15号





○議長(福本 宗敏君) 日程第11、議案第15号、琴浦町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第15号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第16号





○議長(福本 宗敏君) 日程第12、議案第16号、琴浦町国民健康保険税条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) この条例は、介護納付金の額の最高額を9万円から10万円に引き上げるという内容ですが、これはどうしてこういうふうになるのかというところをちょっと説明してください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 国民健康保険法の施行令の一部の改正に伴いまして、それに合わせるために条例を改正するものでありますが、詳細につきましては税務課長から申し上げます。


○議長(福本 宗敏君) 中原税務課長。


○税務課長(中原 成文君) 青亀議員さんにお答えします。


 この額につきましては、これまで限度額が9万円であったものを10万円に引き上げることによりまして、収入の高い方につきまして若干の負担をいただきながら収入の低い人に負担を強いていかないようにという思いでこのように変更するものでございます。


 該当の方につきましては、現段階では20人ほどあるのではないかというぐあいに把握しておるところでございます。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 高い介護納付金を算定された人の負担を1万円ふやして、所得の低い方の介護納付金を引き下げるんだと。こういう趣旨ですが、ということは琴浦町が独自に9万円から10万円、条例によって変更するということなのでしょうか。


 それで今、税務課長が説明した内容は、ちょっとそれだけを取り出して考えればそのように見えるんですが、ところがこの介護保険納付金というのは国民健康保険と一緒に集めるんですが、そこのところで応益・応能負担割合は介護納付金の場合は応能負担が低くて応益負担が高く設定されている、国民健康保険税は。ということは、今の課長の答弁の趣旨と実際にそういう制度設計で介護納付金を算定をする基礎はそうなっていない。これは6月にまた改定をし直すということになるんだと思いますが、今の時点では国民健康保険税も介護納付金ももう変更なくいくわけですから、今の時点でこういう条例改正というのはどういう意味があるのか。


 それから、その介護納付金の制度設計で応益・応能負担割合の仕組みからいくと今の説明では大変矛盾すると思うんですが、そこはいかがですか。今この時期にこの条例を出さなければいけない意味は何か。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、中原成文君。


○税務課長(中原 成文君) お答えいたします。


 国の方の制度の法改正によりまして、琴浦町も遅滞なく変更するものでございます。


 おっしゃいましたように、国保の税率改正というのはまた次年度に入りまして皆さんの方に議会に御相談しながら変更していくものであります。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) ですから、国の制度が変わって9万から10万になるんだということが一番重要だ、中心だというふうに理解をさせてもらうとして、今度6月にそういうふうに改定されるようになるんですが、そのときには介護納付金についても応能負担割合と応益負担割合のバランスをよくとって、低所得の方に重たい負担にならないように制度設計をしていただかないとこれは矛盾したことになりますので、そこのとこはよく押さえといてくださいよ。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論を終わります。


 これより議案第16号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第17号





○議長(福本 宗敏君) 日程第13、議案第17号、琴浦町特別医療費助成条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第17号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第18号





○議長(福本 宗敏君) 日程第14、議案第18号、琴浦町父子手当支給条例の全部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第18号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第19号





○議長(福本 宗敏君) 日程第15、議案第19号、琴浦町介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 私は、この条例の改正について反対の立場で討論に立ちたいと思います。


 基準額を4,500円にするというものであります。166円ですか、引き上げ、介護保険料ということになります。これは条例ですが、一般会計とか介護保険の特別会計にも関係をいたしますので2回になるかとは思いますが、この点について少し討論をしたいと思います。


 3年ごとの見直し年に当たっています。4,334円だった第3期の基準月額を166円引き上げて4,500円にする予算となっています。第2期の基準月額は3,737円でしたから、6年間で見ると763円も上がることになります。未曾有の経済危機の中で石油製品や食糧の相次ぐ値上げに見舞われている高齢者が、これ以上の値上げを容認しないのは明らかではないでしょうか。


 このように介護保険料が高いのは国庫負担が低いためで、介護保険が始まったときに介護に占める国庫負担の割合は50%であったものが25%に引き下げられました。介護保険が上がり続けることを防ぐには、計画的に国の負担割合をもとの50%に戻すことが必要です。このことは全国市長会でも全国町村会でも一貫した国に対する要求となっており、必要な財源は約3,000億円で、米軍への思いやり予算とほぼ同程度で、政府にその気があればすぐにでもできることであります。


 介護保険法の改悪で、介護の取り上げで国の段階では介護給付費が06年は555億円、07年は900億円も2年間にわたって連続して国庫負担が下方修正されています。この傾向は介護が受けられなくなった証拠であって、我が町でも同じ傾向であると考えられます。


 さらに、今後介護認定の方法が変更されようとしています。厚生労働省は当初考えていた介護認定の変更を再検討に追い込まれていますが、介護認定が下がり、必要なサービスが受けられなくなる可能性があります。いずれにしても、この動きは介護給付費を引き下げる圧力となって働くことになるでしょう。07年度決算によれば琴浦町の介護保険の基金は4,200万円であり、会計の黒字は4,167万円あります。合計すると8,367万円の余裕があるということになります。さらに08年も傾向は同じですから、基金への積み増しが考えられます。そうすると1億円近い余裕金が積み上がっていくことになり、これを原資に介護保険料の引き上げを思いとどまるべきであります。


 以上、この条例に対しての反対の討論としたいと思います。介護保険料の値上げについては、改めてこれも反対をするものであります。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第19号を採決いたします。


 御意見がございますので、本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第20号





○議長(福本 宗敏君) 日程第16、議案第20号、琴浦町旧中井旅館条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) この条例では、利用は9時から夜の10時までということになってるんですけども、海水浴場が近いので例えば町外の子供会等が来てここに宿泊をして海水浴を楽しんで帰るというようなことが許されるのかどうなのか。泊を伴う利用ができるかできないかですね。


 それとあと1点、この部屋はもう2階の大きな部屋と1階の部屋だけです。あとトイレと廊下ぐらいですけども、ほかにもまだ部屋がたくさんあるんですけども、その辺はもう使用ができないと思うんですけども、その辺の処置はこの条例にはうたわなくてもいいのかどうなのか。その2点、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 2点ともにつきまして、商工観光課長の方からお答えします。


○議長(福本 宗敏君) 商工観光課長、藤村隆志君。


○商工観光課長(藤村 隆志君) 高塚議員にお答えいたします。


 海水浴シーズン等に宿泊を子供さん方が伴って利用できないかということですけど、現在のところ宿泊は考えておりません。


 また、部屋につきましては、大きな2階の広間と1階の修繕した部分の部屋だけでございます。そのほかの部屋についてはありません。大きな部屋と1階部分の中広間という考えでございます。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑が終わりましたので、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第20号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第21号





○議長(福本 宗敏君) 日程第17、議案第21号、琴浦町桐谷家住宅条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) これも旧中井旅館と同じでシャワー室が設置してございますけども、例えばここで合宿というか、宿泊ができるのかできないのか。よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 社会教育課長において答弁させます。


○議長(福本 宗敏君) 社会教育課長、大谷博文君。


○社会教育課長(大谷 博文君) 高塚議員にお答えします。


 桐谷家の管理運営規則というのを定めるわけですが、その中に利用時間というのがありまして、特に教育委員会で認める場合は宿泊できるという方向です。よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑が終わりましたので、討論へ入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第21号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第22号





○議長(福本 宗敏君) 日程第18、議案第22号、琴浦町急傾斜地崩壊対策事業分担金徴収条例の制定についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) これより議案第22号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第19 議案第23号





○議長(福本 宗敏君) 日程第19、議案第23号、琴浦町道路占用料条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第23号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 議案第24号





○議長(福本 宗敏君) 日程第20、議案第24号、琴浦町法定外公共物管理条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第24号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第21 議案第25号





○議長(福本 宗敏君) 日程第21、議案第25号、琴浦町営住宅管理条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第25号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第22 議案第26号





○議長(福本 宗敏君) 日程第22、議案第26号、琴浦町水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第26号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 議案第27号 から 日程第31 議案第42号





○議長(福本 宗敏君) 日程第23、議案第27号から日程第31、議案第42号までの9議案を一括議題といたします。


 これらの9議案については、総務常任委員会に審査付託をしておりますので、委員長に審査の報告を求めます。


 総務常任委員長、手嶋正巳君。


○総務常任委員会委員長(手嶋 正巳君) そういたしますと、議案の委員会の審査の報告をいたしたいと思います。


      ───────────────────────────────


                                 平成21年3月19日


 琴浦町議会議長 福 本 宗 敏 様


                               総務常任委員会


                                委員長 手 嶋 正 巳


                議案の委員会審査報告書


 去る3月12日の本会議において、当委員会に付託されました下記議案について、3月13日と17日の2日間、委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


                     記


 ・議案第27号 平成21年度琴浦町一般会計予算


 ・議案第35号 平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計予算


 ・議案第36号 平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計予算


 ・議案第37号 平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計予算


 ・議案第38号 平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計予算


 ・議案第39号 平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算


 ・議案第40号 平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算


 ・議案第41号 平成21年度琴浦町成美財産区特別会計予算


 ・議案第42号 平成21年度琴浦町安田財産区特別会計予算


 以上の9議案は、いずれも原案のとおり可決するのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上で報告を終わります。


○議長(福本 宗敏君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 議案第27号、平成21年度琴浦町一般会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 2009年度一般会計予算に対する反対討論を行いたいと思います。


 私は、基本姿勢として2009年度琴浦町一般会計当初予算に対して反対の立場で討論いたします。


 総額93億4,400万円の予算は、6億4,516万円の音声告知システムが大きな事業となっています。私は、これまで琴浦町が合併してから9回にわたって同和問題について論じてきました。今回の議会における同和教育についての質問で、同和問題のすべての領域について論陣を張り、同和特別対策を必要としない町づくりに踏み出すべきであるということを一貫して主張してまいりました。


 しかるに、琴浦町政は頑強にこの私の指摘を拒み続け、県内の自治体の中でも最も同和対策に固執している不名誉な町政となっています。同和対策からの脱却は、今や大きな流れとなっています。既に町民税の同和減免は琴浦町だけが仕組みを残していますが、克服しました。固定資産税の減免は、西部の市町村は年次計画で全廃を決めています。さらに、倉吉市においても激変緩和措置をとりながら廃止を決定したそうであります。これらは地方税法に想定しない減免であり、税の徴収を怠る行為であります。進学奨励金は高校で年間6万円、短大、専門学校以上で年間10万2,000円、本年度の予算規模は480万円ですが、鳥取県中部では湯梨浜町では合併時に廃止、三朝町は同和地区がそもそもありません。倉吉と北栄町では廃止を決め、現在新たな給付を差しとめ、来年度の廃止を目指しています。北栄町では、そのほかにも大幅な同和対策の見直しが進み、これまで2名であった人権教育推進員を1名に削減しました。教育委員会に勤務するのであれば、我が琴浦町においても2名も必要ではありません。退職勧奨を実施しながら、このような同和優遇策は合理的なものとは到底言いがたいものであります。


 道理を尽くしての私の指摘に対して、田中琴浦町政はそれにこたえようとしていません。したがって、私はきょうを契機に今後広く町民に解決済みの同和対策への不参加、ボイコットを呼びかけ、草の根から同和対策を終了する方向を目指したいと思います。


 地方自治体の責務は福祉の増進であります。ですから予算の中には当然必要な施策も多く含まれていますが、私は今後琴浦町の町民が一致結束して琴浦町の町づくりを進める上で町政が同和対策に固執するようでは、町づくりの障害に発展する可能性があると思います。琴浦町において最も改革すべき課題は、差別がある限りといって差別がないのに差別をした同和対策を継続することであります。こういうことを続けることに、町民の理解は得られません。よって、私はこの本予算に反対をするものであります。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 5番、小椋正和君。


○議員(5番 小椋 正和君) 私は、賛成の立場から意見を述べさせていただきます。


 一般会計予算は自主財源が28.7%と、景気の悪化を受けて減額する中で依存財源が71.3%と膨らむ苦渋の予算編成ではなかったかというふうに考えられます。その中で、雇用創出、商工業振興など数々の新規の事業も取り組まれておられます。課題は公債費の増加が見られますけれども、これは誠意努力していただくことであり、妥当な予算編成であると思います。よって、賛成討論といたします。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 私は、本年度一般会計予算に反対の立場で討論をさせていただきます。


 御存じのように、現在100年に一度の経済危機ということであります。民間の会社とか個人であれば、使うお金、出すものをなるべく少なくして、そしてまた入る方を何とか工夫するというのが一般です。ただ、国だとか地方行政ではそれをやりますとやっぱり経済が疲弊しますので、やはり使うものは使う、どっちかいうと積極的に使う。でも省くところは省く、または少しでも後回しできるものは後回ししていくということであります。町民がこの予算を見て、あ、琴浦はすごい、やっぱり頑張ってるなという感覚を私は受け取れません。どっちかいうと職員の方の給料もいつもどおりに削減、これは大変なことだと思います。特別職の報酬も削減。これももう来年度に限らず、ずっとやっておられます。けれども、ほかのものにもやっぱり手をつけるべきだと。必要なものはふやすぐらい、ただしこれはいいことだけれどもやはり今の時点ではちゅうちょするものはどんどんやっぱり減額をすべきだと思います。


 毎回私は、細かいことですけども農業青年の農業後継者が結婚されれば10万円の祝い金を出すと。いいことです。いいことですけども、果たして10万円出すことが農業振興につながるのか。それよりは、その10万円をもっと農業の振興に使った方が私はいいと思います。


 比較的内容を見ますと減額されたものもありますけども、ほとんど余り手つかず。ただ、国の施策だとかそういうものに対しては乗っていこうということで見られますけども、そういう点でやはりもう少し頑張っていただきたいということがまず1点。


 それから、先ほど同僚議員もありましたけども、同和関連の予算です。もちろん差別は私は残ってると思います。ですから、そういうものをなくするための努力は当然予算化もしてやるべきだと。ただ、その個々の内容を見ますと、このことが同和、部落差別の解消にどうつながるんだろうかというものも多々あります。町長は非常に差別がある限りだとか差別のないとか言われますけども、例えば町職員の中に正職員の方と非正規雇用職員、臨時職員の方がおられます。内容がほとんど一緒のことをやっておりながら、非正規職員のことをいつまでたっても解決できない。これはどっちかいうと行政の差別を現在やっておられるということです。それも改善の方向があればいいですけども、仕方がないとかこういう大変なんだ大変なんだということだけで来ているという。行政みずからが差別を行っているという事実、そういうものを考えますと承認するわけにいかない。よって、反対であります。以上。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 14番、桑本始君。


○議員(14番 桑本 始君) 私は賛成の立場で討論しますけども、この田中町長、21年度の予算93億。今、雇用情勢なり小泉改革以来の交付金の削減等の中で16億の起債の中で5億弱の臨時財政対策債、それから合併特例債も含めて高金利の借換債、この辺のところも金利の負担軽減を図りながら、なおかつ特別職、一般職を合わせて三千五、六百万の人件費の削減、これには職員手当の削減等含めて給料カット、議員ももちろんしてるわけですけども、それを今の緊急時の臨時雇用対策にあてがっておられるということにおいて、大変その辺のところがスピーディーな解決のもとに、12月末に本町の臨時職員を雇用の確保として採用していただいた。


 ただ、1点述べるのであれば、私が言ってます農林関係の後継者育成を真剣に考えていただきたい。プロジェクト等つくって、こういう財源の中でいかに琴浦町の農業の後継者を育成していくかということの素案については若干私の思いと違うところもございますけども、そういうような方向で本予算を削減したものの分をつけていただくというふうな形の中で申し上げて、一応ベストではないけどベターではないかということで賛成といたします。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 議案第27号、平成21年度琴浦町一般会計予算について、これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は原案のとおり可決するのが適当であるとの報告でありますが、御意見がございますので本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の御起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(福本 宗敏君) 起立多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第35号、平成21年度琴浦町八橋財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 議案第36号、平成21年度琴浦町浦安財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第37号、平成21年度琴浦町下郷財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 議案第38号、平成21年度琴浦町上郷財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 議案第39号、平成21年度琴浦町古布庄財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 議案第40号、平成21年度琴浦町赤碕財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第41号、平成21年度琴浦町成美財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第42号、平成21年度琴浦町安田財産区特別会計予算について討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩いたします。45分まで。


                午後2時30分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時45分再開


○副議長(山下 一成君) 会議を再開いたします。


 議長にかわって私がやらせていただきます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第32 議案第28号 から 日程第36 議案第34号





○副議長(山下 一成君) 日程第32、議案第28号から日程第36、議案第34号までの5議案を一括議題といたします。


 これらの議案については、教育民生常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 教育民生常任委員長、新藤登子君。


○教育民生常任委員会委員長(新藤 登子君) では、当委員会に付託されました審査報告をいたします。


      ───────────────────────────────


                                 平成21年3月19日


 琴浦町議会議長 福 本 宗 敏 様


                               教育民生常任委員会


                                委員長 新 藤 登 子


                議案の委員会審査報告書


 去る3月12日の本会議において、当委員会に付託されました下記議案について、3月13日と17日の2日間、委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


                     記


 ・議案第28号 平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


 ・議案第29号 平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


 ・議案第30号 平成21年度琴浦町老人保健特別会計予算


 ・議案第33号 平成21年度琴浦町介護保険特別会計予算


 ・議案第34号 平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算


 以上の5議案は、いずれも原案のとおり可決するのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


○副議長(山下 一成君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、議案第28号、平成21年度琴浦町国民健康保険特別会計予算について討論ありませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 国民健康保険特別会計に対する反対討論を行います。


 異常に高い国民健康保険税が町民を苦しめています。全国的に見て国保税の滞納は453万世帯に達し、加入世帯の2割を超えています。病院窓口で全額払わなければならない資格証明書が交付されている世帯は33万世帯となっています。資格証明書と短期保険証を合わせたまともな保険証のない世帯は158万世帯、全世帯の7.3%にも達しています。中学生以下の子供のいる世帯に対する短期保険証を無条件で発行する救済法が成立しました。


 子供のいない世帯についても、我が党の小池晃参議院議員の質問主意書への政府答弁で、医療を受ける必要があり、かつ支払いが困難であると申し出れば短期保険証が交付されるようになりました。異常に高い国保税の根本原因は、政府が国庫補助を削減したことに原因があります。早急にもとの国庫負担に戻すべきであります。


 さて、琴浦町の国保会計ですが、まず当初予算であり、昨年の確定申告を受けての国民健康保険税は基本的に昨年の流れを踏襲するものとなっています。私は、この会計に対する反対の討論において、国保税の税額決定の制度設計に対する意見を申し上げたいと思います。


 国保税は所得がなくても払わなければならなず、応益負担と応能負担によって税額が決まる仕組みとなっています。その際、政府は応益負担と応能負担を5対5にしなさい、そうすれば法定減免のための財政支援をしますよとあめとむちで誘導しています。しかし、応益負担と応能負担の比率は国の誘導であっても、45%から55%の範囲が許されています。しかし、琴浦町では低所得者の負担が重くなる応益負担の比率が50%を超えています。反対に、応能負担が50%を割り込んでいるということであります。これは改善すべき国保税の決め方です。6月に行われる制度設計を展望して、私の反対討論といたしたいと思います。以上。


○副議長(山下 一成君) ほかに討論ありませんか。


 1番、藤堂君。


○議員(1番 藤堂 裕史君) 私は、賛成の立場で討論させていただきます。


 この予算書を見ますと、よく予測され、汗をかかれた跡が見られます。しっかりと執行していただきたいと提言を申し上げて、賛成といたします。


○副議長(山下 一成君) ほかにございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○副議長(山下 一成君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第29号、平成21年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について討論ありませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 住宅新築資金等特別会計に対する反対討論を行います。


 この会計は、貸し付けが終了し返済だけの会計であります。郵便局などから町が資金を借り入れ、同和地区住民に又貸し、転貸し多額の焦げつきが発生している問題の会計であります。1億6,000万円を超える滞納額があり、毎年数千万円規模の繰り上げ充用を繰り返す異常な会計であります。また、最終的に返済不能となった場合、町に負債額の25%の負担が降りかかってくるというものであります。


 09年度予算では、現年収入は1,522万2,000円見込み、過年度収入を1,179万円見込み、合計で2,701万2,000円であります。07年度決算によれば、現年収入の調定額は3,489万円であるのに対して返済されたのは2,244万円で、調定額に対する返済比率は64.3%でありました。


 一方、過年度分は予算額が1,578万円に対して調定額は109倍になる1億7,224万円であり、未納の1%も回収しない予算となっています。返済された過年度分は、調定額のわずか8.2%にしかならない1,400万円でありました。つまり返済能力を無視した貸し付けが行われた結果多額の焦げつきが発生し、予算も多額の収入未済額があるにもかかわらず極めて少額の過年度収入しか見込めず、まともな予算とは到底言いがたいものであります。よって、このような当初予算を私は認めるわけにはまいりません。以上であります。


○副議長(山下 一成君) ほかに討論はありませんか。


 1番、藤堂君。


○議員(1番 藤堂 裕史君) この事業は、言われたとおり回収業務であります。1年でも早くゼロにしていただくよう頑張っていただきますよう御提言を申し上げて、賛成討論といたします。


○副議長(山下 一成君) ほかにございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○副議長(山下 一成君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第30号、平成21年度琴浦町老人保健特別会計予算について討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第33号、平成21年度琴浦町介護保険特別会計予算について討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第34号、平成21年度琴浦町後期高齢者医療特別会計予算について討論はありませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 後期高齢者医療特別会計の反対討論をいたします。


 後期高齢者医療特別会計については、既に一度参議院で廃止法案が可決している問題であります。半年後までに必ず実施される衆議院選挙で与野党が逆転すれば、廃止される運命にある保険制度であります。国際的に見て、主要国の中で日本には次の3つの点、異常があります。一つは、医療費の窓口負担が3割もあるという点です。他の主要国はほとんど無料で、医療保険は病気になったときのために払っているのに、病気になったら3割の負担では医療保険とは言えないのが国際的な常識であります。2つ目は、75歳以上のお年寄りを別枠で囲い込んで差別医療を押しつける。こんな国は世界じゅうどこを探してもありません。3番目は、障害の重い人ほど負担がふえる仕組みである障害者自立支援法です。これも日本だけの本当にひどい制度であります。


 強行されて1年を迎えようとしている中で、いよいよ滞納による保険証の取り上げが大きな問題となっています。滞納は月額1万5,000円未満の低年金の方が該当する普通徴収の中から生まれ、保険証がない高齢者が生まれかねません。


 厚生労働省は、資格証明書交付の運用基準を示しました。国保の資格証といい後期高齢者の資格証といい、そもそも保険証を取り上げる制度そのもの、仕組みを抜本的にやめるときが近づいているのではないかということを指摘して、私の反対討論といたします。以上です。


○副議長(山下 一成君) ほかに討論ありませんか。


 1番、藤堂君。


○議員(1番 藤堂 裕史君) この予算書の内容を見まして、御苦労の跡がうかがえます。しっかりと執行していただきますことを御提案申し上げて賛成討論といたします。


○副議長(山下 一成君) ほかにございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○副議長(山下 一成君) 賛成多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第37 議案第31号 から 日程第39 議案第43号





○副議長(山下 一成君) 日程第37、議案第31号から日程第39、議案第43号までの3議案を一括議題といたします。


 これらの3議案については、農林建設常任委員会に審査付託しておりますので、委員長に審査結果の報告を求めます。


 農林建設常任委員長、藤本則明君。


○農林建設常任委員会委員長(藤本 則明君) それでは、議案の委員会審査報告書を読み上げます。


      ───────────────────────────────


                                 平成21年3月19日


 琴浦町議会議長 福 本 宗 敏 様


                               農林建設常任委員会


                                委員長 藤 本 則 明


                議案の委員会審査報告書


 去る3月12日の本会議において、当委員会に付託されました下記議案について、3月13日に委員会を開いて慎重に審査した結果、つぎのように決定したので、会議規則第77条の規定に基づき報告します。


                     記


 ・議案第31号 平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


 ・議案第32号 平成21年度琴浦町下水道事業特別会計予算


 ・議案第43号 平成21年度琴浦町水道事業会計予算


 以上の3議案は、いずれも原案のとおり可決するのが適当であると決しました。


      ───────────────────────────────


 以上であります。


○副議長(山下 一成君) ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 まず、議案第31号、平成21年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算について討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第32号、平成21年度琴浦町下水道事業特別会計予算について討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます、よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、議案第43号、平成21年度琴浦町水道事業会計予算について討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより本案を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案のとおり可決するのが適当であるとの報告であります。


 本案を委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第40 議案第46号





○副議長(山下 一成君) 日程第40、議案第46号、平成20年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第46号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第41 議案第48号





○副議長(山下 一成君) 日程第41、議案第48号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第48号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第42 議案第49号





○副議長(山下 一成君) 日程第42、議案第49号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第49号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第43 議案第50号





○副議長(山下 一成君) 日程第43、議案第50号、平成20年度琴浦町後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第50号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第44 議案第51号





○副議長(山下 一成君) 日程第44、議案第51号、平成20年度琴浦町赤碕財産区特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第51号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第45 議案第52号





○副議長(山下 一成君) 日程第45、議案第52号、平成20年度琴浦町水道事業会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑はありますか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第52号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第46 議案第53号





○副議長(山下 一成君) 日程第46、議案第53号、町道路線の変更についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第53号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第47 議案第54号





○副議長(山下 一成君) 日程第47、議案第54号、山川辺地に係る総合整備計画の変更についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第54号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第48 議案第55号





○副議長(山下 一成君) 日程第48、議案第55号、鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更についてを議題といたします。


 直ちに審議を行います。


 質疑はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論はありませんか。


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第55号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第49 議員提出議案第1号





○副議長(山下 一成君) 日程第49、議員提出議案第1号、琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 提出者、大田友義君。


○議員(17番 大田 友義君)


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第1号


       琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例の制定について


 別紙のとおり、琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例を制定することについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項第1号の規定により、本議会の議決を求める。


   平成21年3月19日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 大 田 友 義


                        賛成者    同    青 亀 壽 宏


                               同    山 下 一 成


                               同    新 藤 登 子


                               同    手 嶋 正 巳


                               同    藤 本 則 明


   平成21年  月  日


                            琴浦町議会議長 福 本 宗 敏


      ───────────────────────────────


 平成21年琴浦町条例第  号


           琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関する条例


 (趣旨)


 第1条 この条例は、琴浦町議会の議員報酬の額の特例に関し必要な事項を定めるものとする。


 (琴浦町議会の議員報酬の減額)


 第2条 琴浦町議会の議員報酬及び費用弁償等に関する条例(平成16年琴浦町条例第42号)第1条の規定にかかわらず、平成21年4月1日から平成22年3月31日までの間、琴浦町議会議員に対しては、議員報酬として、同条に規定する月額から当該月額の100分の2に相当する額を減じて得た額を支給する。


 附  則


 (施行期日)


 1 この条例は、平成21年4月1日から施行する。


 (この効力の失効)


 2 この条例は、平成22年3月31日限り、その効力を失う。


      ───────────────────────────────


 以上です。


○副議長(山下 一成君) 以上で提案理由説明を終わります。


 質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議員提出議案第1号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第50 議員提出議案第2号





○副議長(山下 一成君) 日程第50、議員提出議案第2号、安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 提出者の提案理由説明を求めます。


 提出者、新藤登子君。


○議員(7番 新藤 登子君) では、議員提出議案第2号を提出いたします。


      ───────────────────────────────


 議員提出議案第2号


       安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意見書の提出について


 上記の議案を、別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し、本議会の議決を求める。


   平成21年3月19日提出


                        提出者 琴浦町議会議員 新 藤 登 子


                        賛成者    同    藤 堂 裕 史


                               同    山 下 一 成


                               同    前 田 智 章


                               同    青 亀 壽 宏


                               同    武 尾 頼 信


   平成21年  月  日


                            琴浦町議会議長 福 本 宗 敏


      ───────────────────────────────


 ──では、意見書を読み上げますので、一番後ろをお開きください。


      ───────────────────────────────


        安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意見書


 「安心して老後をおくりたい」という住民の願いを実現する上で、介護サービスの安定的な提供と充実は不可欠な課題である。しかし、一部の営利事業所が介護労働者に低賃金、不安定な労働条件を強い住民の安全・安心を脅かしている。


 総じて介護の担い手である介護従事労働者は、極めて低賃金・長時間労働を余儀なくされており、劣悪な労働環境を要因として離職率が増加し、都市部における人材不足も深刻化している。このため、住民の介護を保障していくうえでも介護従事労働者の労働環境を抜本的に改善し、人材確保を進めていくことが住民の願いを実現する上で重要な課題となっている。


 介護労働者の労働諸条件に大きな影響を有する介護報酬の改定が09年4月に予定されており、国において関連する審議が進められているが、現時点では、人材確保の基本として介護従事労働者の抜本的な処遇改善が強く求められている。また、介護をめぐっては、不透明な認定制度や様々なサービスの利用制限による「介護の取り上げ」が利用者に生活困難をもたらし、重い利用料負担がサービス利用の取り止めや減らさざるを得ない事態を生むなど多くの問題点が指摘されており、介護に対する住民の切実な願いを踏まえた制度改善が必要である。


 安心した介護をめざすために介護労働者の処遇の改善を図り、介護の人材を確保するために、介護報酬を引き上げ、介護保険に対する国の負担を大幅に増やし、安心して介護を受けられるよう保険料や利用料を引き下げ、サービス利用制限を取りやめ、必要なサービスの保障を求めるものである。


 よって、国におかれては、次の事項を実現されるよう強く要望する。


 1.介護労働者の処遇の改善を図り、介護の人材を確保すること。


 1.介護報酬を引き上げること。介護保険に対する国の負担を大幅に増やし、保険料や利用料を引き下げること。


 1.利用者のサービス利用制限を取りやめ、必要なサービスを保障すること。


 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。


   平成21年3月19日


                                鳥取県東伯郡琴浦町議会


 【提出先】


   内閣総理大臣


   財務大臣


   厚生労働大臣


   衆議院議長


   参議院議長


      ───────────────────────────────


 以上でございます。


○副議長(山下 一成君) 以上、提案理由説明を終わります。


 議員提出議案第2号、安心した介護をめざすための介護報酬改定等を求める意見書の提出について質疑に入ります。質疑はございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、討論に入ります。討論はありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議員提出議案第2号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第51 閉会中における委員会の継続調査活動について





○副議長(山下 一成君) 日程第51、本日、議会運営委員長及び各常任委員長から、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続調査活動について許可を求める旨の申し出がありましたので、これを許可したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 異議なしと認めます。よって、閉会中における議会運営委員会及び各常任委員会の継続調査活動を許可することに決しました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第52 閉会の議決





○副議長(山下 一成君) 日程第52に進みます。


 お諮りいたします。今期定例会に付議された事件はすべて終了いたしました。


 よって、会議規則第8条の規定により、これをもって閉会したいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(山下 一成君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会はこれをもって閉会することに決しました。


 以上、平成21年第2回琴浦町議会定例会を閉会いたします。御苦労さんでした。


                午後3時20分閉会


      ───────────────────────────────