議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成20年第5回定例会(第1日 9月16日)




平成20年第5回定例会(第1日 9月16日)





────────────────────────────────────────


  第5回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                        平成20年9月16日(火曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成20年9月16日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 行政報告について


日程第5 20年陳情第12号 公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める陳情書


日程第6 20年陳情第13号 高齢者に負担増と差別医療を強いる後期高齢者医療制度の中


             止・撤回を求める陳情


日程第7 20年陳情第14号 2009年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


日程第8 20年陳情第15号 国営事業の着実な推進に関する陳情書


日程第9 20年陳情第16号 鶏舎暖房用A重油高騰に対する町の助成支援に関する陳情書


日程第10 20年陳情第17号 食料自給率向上、地域農畜産業の確立稲作、酪農、畜産危機


             に関する陳情書


日程第11 20年陳情第18号 地方財政の充実・強化を求める陳情


日程第12 20年陳情第19号 地域医療を守るための財源確保と人材確保に向けた支援を求


             める陳情


日程第13 議案第  86号 琴浦町認可地縁団体印鑑条例の一部改正について


日程第14 議案第  87号 琴浦町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正


             について


日程第15 議案第  88号 琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関


             する条例の一部改正について


日程第16 議案第  89号 琴浦町手数料条例の一部改正について


日程第17 議案第  90号 琴浦町一向平野営場条例の一部改正について


日程第18 議案第  91号 琴浦町営住宅管理条例の一部改正について


日程第19 議案第  92号 琴浦町特定公共賃貸住宅条例の一部改正について


日程第20 議案第  93号 平成20年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  94号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  95号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)


日程第23 議案第  96号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2


             号)


日程第24 議案第  97号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第25 議案第  98号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第26 議案第  99号 平成19年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第27 議案第  100号 平成19年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第28 議案第  101号 平成19年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第29 議案第  102号 平成19年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第30 議案第  103号 平成19年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第31 議案第  104号 平成19年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  105号 平成19年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  106号 平成19年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第34 議案第  107号 平成19年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  108号 平成19年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第36 議案第  109号 平成19年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第37 議案第  110号 平成19年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第38 議案第  111号 平成19年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第39 議案第  112号 平成19年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  113号 平成19年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  114号 平成19年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第42 議案第  115号 損害賠償に係る和解及び損害賠償額の決定について


日程第43 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第44 議案第  117号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


日程第45 議案第  118号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


日程第46 議案第  119号 監査委員の選任につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 行政報告について


日程第5 20年陳情第12号 公的森林整備の推進と国有林野事業の健全化を求める陳情書


日程第6 20年陳情第13号 高齢者に負担増と差別医療を強いる後期高齢者医療制度の中


             止・撤回を求める陳情


日程第7 20年陳情第14号 2009年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


日程第8 20年陳情第15号 国営事業の着実な推進に関する陳情書


日程第9 20年陳情第16号 鶏舎暖房用A重油高騰に対する町の助成支援に関する陳情書


日程第10 20年陳情第17号 食料自給率向上、地域農畜産業の確立稲作、酪農、畜産危機


             に関する陳情書


日程第11 20年陳情第18号 地方財政の充実・強化を求める陳情


日程第12 20年陳情第19号 地域医療を守るための財源確保と人材確保に向けた支援を求


             める陳情


日程第13 議案第  86号 琴浦町認可地縁団体印鑑条例の一部改正について


日程第14 議案第  87号 琴浦町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正


             について


日程第15 議案第  88号 琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関


             する条例の一部改正について


日程第16 議案第  89号 琴浦町手数料条例の一部改正について


日程第17 議案第  90号 琴浦町一向平野営場条例の一部改正について


日程第18 議案第  91号 琴浦町営住宅管理条例の一部改正について


日程第19 議案第  92号 琴浦町特定公共賃貸住宅条例の一部改正について


日程第20 議案第  93号 平成20年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第21 議案第  94号 平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第22 議案第  95号 平成20年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)


日程第23 議案第  96号 平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2


             号)


日程第24 議案第  97号 平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第25 議案第  98号 平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)


日程第26 議案第  99号 平成19年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第27 議案第  100号 平成19年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第28 議案第  101号 平成19年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算認定について


日程第29 議案第  102号 平成19年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第30 議案第  103号 平成19年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認


             定について


日程第31 議案第  104号 平成19年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第32 議案第  105号 平成19年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


             て


日程第33 議案第  106号 平成19年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第34 議案第  107号 平成19年度琴浦町浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第35 議案第  108号 平成19年度琴浦町下郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第36 議案第  109号 平成19年度琴浦町上郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第37 議案第  110号 平成19年度琴浦町古布庄財産区特別会計歳入歳出決算認定に


             ついて


日程第38 議案第  111号 平成19年度琴浦町赤碕財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第39 議案第  112号 平成19年度琴浦町成美財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第40 議案第  113号 平成19年度琴浦町安田財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


             いて


日程第41 議案第  114号 平成19年度琴浦町水道事業会計決算認定について


日程第42 議案第  115号 損害賠償に係る和解及び損害賠償額の決定について


日程第43 議案第  116号 町道路線の認定について


日程第44 議案第  117号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


日程第45 議案第  118号 教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて


日程第46 議案第  119号 監査委員の選任につき同意を求めることについて


      ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


        1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


        3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


        5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


        7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


        9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


        12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


        14番 桑 本   始        16番 山 下 一 成


        17番 大 田 友 義        18番 御 崎   勤


        19番 石 賀   栄        20番 福 本 宗 敏


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(1名)


        15番 井 木   裕


       ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


 事務局長 ────── 前 田 博 司 係長 ──────── 阿 部 信 恵


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


 町長 ──────── 田 中 満 雄 副町長 ─────── 山 下 一 郎


 総務課長 ────── 前 田 順 一 企画情報課長 ──── 手 嶋 一 夫


 商工観光課長 ──── 藤 村 隆 志 税務課長 ────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ──── 永 田 温 美 町民生活課長 ──── 山 本 秀 正


 健康福祉課長 ──── 森   美奈子 建設課長 ────── 有 福 正 壽


 上下水道課長 ──── 松 田   稔 会計管理者兼出納室長  岡 田 恵 子


 農業委員会事務局長 ─ 山 根 礼 子 教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ──── 藤 田 あけみ 社会教育課長 ──── 大 谷 博 文


 人権・同和教育課長 ─ 澤 田 豊 秋 学校給食センター所長  谷 口 るみ子


 代表監査委員 ──── 松 田 道 昭


      ───────────────────────────────





◎午前10時00分開会





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成20年第5回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日届出のあった事故者は、議員では井木裕君が病気療養のため欠席する旨の連絡がありました。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、3番、高塚勝君と4番、川本正一郎君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、お手元の会期日程案のとおり本日から25日までの10日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、会期日程案のとおり本日から25日までの10日間と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告について





○議長(福本 宗敏君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 坂本正彦君から、8月18日、議員の辞職願が提出され、8月20日付でこれを許可しましたので報告いたします。


 また、執行部から地方財政健全化法による健全化判断比率及び資金不足比率について報告がありました。その他諸般の報告とともに、これらにつきましても時間の都合上お手元に配付しておりますので、報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 行政報告について





○議長(福本 宗敏君) 日程第4、行政報告を行います。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 皆さん、おはようございます。


 秋の取り入れの忙しい中を第5回の議会定例会を招集しましたところ、議員各位には御多忙の中を御出席を賜りまして、厚くお礼を申し上げる次第であります。


 今回議会は、琴浦町認可地縁団体の印鑑条例の一部改正を初めといたしまして決算等34議案を提案をさせていただいているところであります。十分に審議をいただく中で、全議案とも御議決を賜ればありがたいというふうに思っているところであります。どうぞよろしくお願いを申し上げます。


 6月の定例議会から今日まで、議員の皆様に御承知おいていただきたいと思うような幾つかの点につきまして御報告を申し上げておきたいというふうに思います。


 まず、7月6日に執行されました農業委員会の委員選挙でございますけれども、これ無投票でございまして、出馬されました全委員が当選をされまして、会長に福田昌治さん、副会長に前田正秀さんが就任されたという報告を受けたところであります。


 7月23日に大父、──────の牛舎の西側で山林、杉の木でありますが伐採中の─────────、75歳の方でありますけれども、杉の木の下敷きになって命を落とされるというような事故がございました。悲しい報告でございますが、これまた8月19日には尾張の大徳寺の裏山の県の治山事業でございますけれども、伊藤建設の下請でありました湯梨浜の中本建設の作業員さんが、これも工事用の道路を建設中に急に土砂が崩落いたしまして、キャビネットの中に閉じ込められるというような事故が発生いたしまして、56歳の倉吉市の方でありますけれども、これもとうとい命をあの工事のために落とされたということを御報告を申し上げておきたいというふうに思います。お二人の御冥福を心よりお祈りを申し上げる次第であります。


 さらにまた、──────────────────────────────────────、あるいはまた消防団の体制が新しくなりましたが、これにつきましては総務課長の方から報告をさせますし、町の鳥の選定結果が出ました。その経過等につきまして、企画情報課長から報告をさせていただきます。


 さらに、教育委員会の事務局の職員が過失による事故を引き起こしました。あるいはまた、少年の翼の変更等につきまして、教育委員会の教育長の方から報告をさせていただくということにしております。


 さらに、有限会社のポート赤碕の中にレストランマリンというのが営業を開業以来していたわけでありますけれども、これの責任者が急病によりまして4月に倒れられまして、7月まで何とか営業されておりましたけども、7月いっぱいに閉鎖を余儀なくされたということでありまして、その後、有限会社の会員でありますところの漁協や農協で使用、利用の検討をいたしておりますが、漁協の方からは利用につきましては今のところ難しいというようなことが来ているということを御報告を申し上げておきたいというふうに思います。


 それから、バイオエネルギー、バイオディーゼルの油を使いました車の出発式というのを8月の4日に行ったところであります。大体6月から廃油を集めておりますが、大体月に1,000キロ程度前後の廃油が集まりまして、そしてこの8月からディーゼル燃料化をいたしまして、マイクロバスに利用しているということでございますので、御承知おきを賜っておきたいというふうに思います。


 私の方からはとりあえずの報告でございますが、あとそれぞれの課長や教育長の方から報告をさせますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。


 なおまた、先ほど議長の方から皆さんに報告がございました。8月20日をもちまして坂本議員が辞職をされたという報告をただいま伺いました。本当に誠実な方でありまして、町民の皆さんのために本当に手となり足となって御活躍をされたわけでありますけれども、不慮の事故によりまして議員活動ができないということのようでございます。心から一日も早い御快癒を御祈念を申し上げる次第であります。今日までの坂本議員の御苦労に、そして御活躍に感謝を申し上げながら、町長としての御報告にかえさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 失礼いたします。総務課の方で2点ほど報告をさせていただきます。


 ────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────。


 ──────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────────。


 ────────────────────────────────────────────────────────────────────。


 ──────────────────────────────────────────────────────────────。


 それから、琴浦町の消防団の役員の報告でございますが、4年の任期でございまして、ことしの9月1日から新しい任期に入っております。団長に門脇正人さん、再任でございます。副団長に再任として大田庄司さん、山根喜義さん、大黒秀次さん、新任として梶本善照さん、坂本忠弘さん、野間田世治さんでございます。


 なお、東伯なり赤碕の地区団長として、大田庄司さん、山根喜義さんが兼務でございます。


 以上で総務課の方の報告を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 企画情報課長、手嶋一夫君。


○企画情報課長(手嶋 一夫君) おはようございます。


 そうしますと、琴浦町の鳥制定の取り組み状況について報告をさせていただきます。


 手元の方に1枚物の資料が配ってあると思いますので、よろしくお願いしたいと思います。


 まず最初に委員会の開催状況でございますけど、9名の委員さんで3回協議を行いました。


 それで結論から言いますとカワセミと決定し、8月1日に町長に報告をしたところでございます。


 選挙の実施状況でございますけど、投票期間が5月の20日から6月の20日までの1カ月間、町内の67カ所の投票所を設け、候補12種の中から選んでいただきました。投票結果は、見ていただきますとわかりますように投票総数1,892票、うち有効投票1,672票、無効が219票でした。投票の結果は、カワセミが353票で得票率は21.1%でございました。


 選定委員会で協議した結果、次の2点により琴浦町の鳥として選定しました。


 まず1点目でございますけど、投票総数1,892票のうち353票と最も多くの票を獲得し、多くの町民に親しまれている。それから2点目でございますけど、カワセミは水辺の宝石と称されるほど美しい姿を有するとともに、きれいな川に生息していることから美しい川のシンボルとして琴浦町の自然環境を表現するのに最も適していると言えるということでございます。以上の理由により、選定しております。


 なお、今後の町の鳥の最終決定スケジュールでございますけど、以前報告しております木、花、魚を決定したときと同じように告示をして、決定とさせていただきます。2週間程度告示になるかと思います。


 以上で終わらせていただきます。よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 教育長、永田武君。


○教育長(永田 武君) おはようございます。


 教育委員会からおわびを含め2点御報告し、御理解を賜りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


 町長の方からもありましたけれども、1点目は教育委員会事務局職員の失火事故についてでございます。


 去る8月27日、赤碕総合運動公園多目的広場で行っておりました刈り草焼きの火が隣接する山林と伐採された竹に燃え移り、火災を起こしたものでございます。


 相手方への類焼しましたヒノキ5本の損害賠償につきましては、本議会議案第115号として提案させていただいているところでございます。


 このことで町民の皆さんに多大の御迷惑をおかけしましたことにつきまして、深くおわび申し上げます。


 なお、事故を起こしました職員に対しましては、琴浦町職員の懲戒の手続及び効果に関する条例に照らし合わせ、口頭並びに文書で厳重注意を行ったところでございます。


 また、再発防止対策として野外焼却マニュアルを策定し、関係職員にその趣旨等の徹底を図り、今後二度とこのようなことが起きないよう、防火管理を初めコンプライアンスの向上等に努めてまいりたい、このように考えておるところでございますので、よろしくお願いいたします。


 2点目でございますが、本年度琴浦町少年の翼の計画変更についてでございます。


 この事業につきましては、既に議会において議決をいただき、本年6月上旬に小学校6年生を対象に団員を募集、6月下旬ごろに選考審査会と団員の決定、そして7月16日に団員とその保護者を対象に第1回の説明会並びに研修会を開き、韓国麟蹄郡を訪問する3泊4日の日程などについて説明してきたところでございます。


 ところがその直後、竹島問題を契機にして鳥取市を初め多くの市町村が韓国との交流を中止する報道が流れる中、商工観光課を通して麟蹄郡に最終打ち合わせの連絡をとりましたところ、7月18日の夕方に麟蹄郡から受け入れができないとの回答がございました。それを受けまして、7月23日の第2回目の研修会で麟蹄郡への訪問ができなくなったことを説明しましたところ、団員、保護者から目的地が変わってもぜひ事業を実施してほしいという強い要望がございました。


 既に申し上げましたように、事前研修会などいろいろ準備を進めてきたところでございまして、要望等も考慮しながら検討した結果、この事業の大きなねらいの一つでもある平和学習の趣旨を生かすという意味から、第二次世界大戦で国内で唯一住民を巻き込んだ最大の地上戦となり多くのとうとい人命と文化遺産を失った沖縄を訪問し、修学旅行で行った広島と重ね合わせながら戦争の悲惨さや平和のとうとさを知る平和学習や体験学習とする計画に変更しまして、8月20日から22日まで2泊3日の日程で沖縄訪問に変更して実施させていただきましたので、ここに御報告いたします。


 なお、研修の様子なり感想等につきましては、後日報告書として皆さんに配付させていただきたいと思いますので、御理解を賜りますようお願い申し上げ、教育委員会からの2点の御報告は終わります。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) これで行政報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 20年陳情第12号 から 日程第12 20年陳情第19号





○議長(福本 宗敏君) 日程第5から日程第12の請願・陳情付託を行います。


 今期定例会において受理した請願・陳情は、お手元の請願・陳情文書表のとおりそれぞれの常任委員会に付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第86号 から 日程第46 議案第119号





○議長(福本 宗敏君) 日程第13、議案第86号から日程第46、議案第119号までの34議案を一括議題といたします。


 提出者の提案理由の説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) それでは、提案理由の説明を申し上げたいと思います。


 初めに、議案第86号、琴浦町認可地縁団体印鑑条例の一部改正についてでありますが、これは公益法人制度改革によるもので、民法及び地方自治法の改正に伴い、引用法令名及び条項を改正するものでございます。


 次に、議案第87号、琴浦町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正についてでありますが、これも公益法人制度改革によるもので、引用法令名及び本条例の名称を改めるものでございます。


 次に、議案第88号、琴浦町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでありますが、これは地方自治法の改正によるもので、引用条項を改めるものであります。


 次に、議案第89号、琴浦町手数料条例の一部改正についてでありますが、これは住民基本台帳カード発行手数料を無料にいたしまして、住民サービスの向上、行政事務の効率化等を図るものでございます。


 次に、議案第90号、琴浦町一向平野営場条例の一部改正についてでありますが、これは鳥取県が一向平に設置をいたしましたキャンプ場及び関係施設を平成19年4月に琴浦町が無償譲渡を受け直営で運営していたものを、利用者の利便性の向上や大山滝周辺の地域活性化や観光推進を図るため、当該施設に指定管理者制度を導入しようとするものでございます。


 次に、議案第91号、琴浦町営住宅管理条例の一部改正についてであります。及び議案第92号、琴浦町特定公共賃貸住宅条例の一部改正についてでございますが、これらはいずれも公営住宅からの暴力団の排除を目的とした改正とあわせて入居者の保管義務に関する条文を整理しようとするものであります。


 国土交通省が示す公営住宅における暴力団排除についての基本方針にのっとりまして、本町でも公営住宅に関する条例を改正するとともに暴力団員に関する情報提供等に関して警察と連携することで町営住宅への暴力団員の入居を拒み、また暴力団員であるとわかったときには必要な措置を講じようとするものであります。


 次に、議案第93号、平成20年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は9,929万6,000円を追加し、総額を90億6,100万3,000円とするものであります。


 歳出予算の主な内容は、行政システム改修委託料、個人住民税所得変動調整償還金、未整備森林緊急公的整備導入モデル事業補助金、原油高騰対策補助金、退職消防団員報償金、国県返納金等の増額、また議会議員報酬、職員パソコン等の庁用備品、下水道事業特別会計繰出金等の減額であります。


 また、歳入の主な内容は、道路改良交付金、市町村合併支援交付金、未整備森林緊急公的整備導入モデル事業費補助金、県民税徴収委託金、財政調整基金繰入金、介護保険特別会計繰入金、前年度繰越金等の増額、また普通交付税、合併特例債等の減額であります。


 次に、議案第94号、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、歳出では主に財政調整基金積立金、平成19年度の退職者医療交付金の額の確定による国庫への返納金及び繰越金の歳入処理に伴い増額となるもので、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,792万5,000円を増額をいたしまして、歳入歳出予算の総額をそれぞれ22億730万5,000円とするものでございます。


 次に、議案第95号、平成20年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第3号)でありますが、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ163万9,000円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を3億64万8,000円とするものであります。これは平成19年度の精算に伴いまして、諸支出金の一般会計繰出金163万9,000円を増額し、一般会計へ返すものでございます。


 次に、議案第96号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳入歳出それぞれ104万円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を4億7,717万2,000円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、一般会計繰入金86万8,000円の減額と前年度繰越金190万8,000円の増額であります。


 歳出の主なものは、施設整備事業費104万円の増額によるものでございます。


 次に、議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)でありますが、歳入歳出それぞれ374万7,000円を追加をいたしまして、歳入歳出予算の総額を10億3,534万2,000円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、一般会計繰入金260万8,000円の減額と前年度繰越金635万5,000円の増額であります。


 歳出の主なものは、下水道整備費260万7,000円と下水道維持管理費114万円の増額によるものであります。


 次に、議案第98号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は前年度繰越金を確定し、国県支払い基金等の平成19年度介護給付費負担金、地域支援事業交付金等を精算をし、返還金を1,087万2,000円、町繰入金を精算し一般会計繰出金を1,283万8,000円、予備費を1,698万4,000円の増額を行い、その他総務費を64万9,000円、地域支援事業費を57万6,000円の増額を行うもので、歳入歳出それぞれ4,191万9,000円を追加して総額を17億5,003万5,000円とするものでございます。


 次に、議案第99号から議案第114号までの16議案でありますが、いずれも平成19年度本町一般会計及び各特別会計、水道事業会計の決算認定議案であります。


 地方自治法第233条及び地方公営企業法第30条の規定により、出納管理者から提出のあった決算書等を監査に付したところ、このほど詳細な意見書の提出がありましたので、その写しに平成19年度決算に係る主要施策の成果説明書、財産に関する調書など附属書類を添えまして、本会議の認定に付するものであります。


 まず、平成19年度一般会計歳入歳出決算は、歳入総額107億8,404万3,984円、歳出は105億2,890万8,953円でありまして、差し引き2億5,513万5,031円の黒字であります。また、繰越明許費として翌年度に繰り越した財源5,330万3,700円を差し引きました実質収支は2億183万1,331円でございます。


 その他の各特別会計の決算では、国民健康保険特別会計、農業集落排水事業特別会計、下水道事業特別会計、介護保険特別会計は黒字でございます。住宅新築資金等貸付事業特別会計及び老人保健特別会計は赤字決算でございました。また、各財産区特別会計は黒字または歳入歳出ゼロの決算となりました。水道事業会計決算では、当年度純利益1,652万6,303円を計上したところでございます。


 次に、議案第115号、損害賠償に係る和解及び損害賠償額の決定についてでありますが、これは町有施設の管理中の過失による事故に対して、損害賠償金1万1,500円を支払い和解しようとするものであります。


 事故の概要は教育長が報告したところでありますが、平成20年8月6日午後1時45分ごろに、琴浦町松谷の総合運動公園多目的広場におきまして、施設管理の刈り草焼きの火が隣接する個人所有の山林に燃え移りまして、山林130平方メートルとヒノキ5本を焼いたものであります。


 次に、議案第116号、町道路線の認定についてでありますが、本年度整備いたします路線番号370号、街路保浦安線バイパスを町道として認定することについて、道路法第8条第2項の規定により本議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案第117号、教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてでございます。


 これは平成20年10月26日付をもちまして任期満了となります教育委員に永田武氏を、氏の教育にかける熱意と実績を高く評価をいたしまして4年の任期として再度任命をいたしたいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、本議会の同意を求めるものであります。


 次に、議案第118号につきましても教育委員の任命につき同意を求めるものであります。


 平成8年から12年間にわたりまして教育委員として教育行政に御尽瘁を賜り、大きな功績を残されました門脇敬道氏がこの10月26日をもちまして任期満了を迎えられることになりました。今日までの御活躍に、厚く敬意と感謝を申し上げる次第でございます。


 そしてその後任といたしまして、石前富久美氏を任命をいたしたく、同意を求めるものでございます。


 現在、地域の意向を反映した主体的な教育行政の推進が求められておりまして、その中でさきの法改正によりまして教育委員の構成の多様化、すなわち委員の年齢、性別、職業等に偏りが生じないよう配慮するとともに、委員のうち保護者である者が含まれるようにしなければならないということが規定されてまいりました。


 石前富久美氏は、19歳の長男を筆頭に4人のお子さんを養育されておりまして、PTA活動にも積極的に参加されるなど保護者代表として適任であると考えておるところであります。


 地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定によりまして、本議会の同意を求めるものでございます。


 次に、議案第119号、監査委員の選任につき同意を求めることについてでございます。


 これは識見を有する者として選任する監査委員として、県政において20年間にわたり豊富な行政経験と監査委員としての経験、実績のある松田道昭氏を再度琴浦町の監査委員として選任をいたしたいので、地方自治法第196条第1項の規定により、本議会の同意を求めるものでございます。


 以上で提案理由の説明を終わります。


 なお、議案の内容につきましては、議案第89号、94号につきましては町民生活課長、議案第90号につきましては商工観光課長、議案第91号、92号につきましては建設課長、議案第93号につきましては総務課長、議案第96号、97号につきましては上下水道課長、議案第98号につきましては健康福祉課長に、また議案第99号から114号までの決算認定関係16議案につきましてはそれぞれ関係課長に説明をさせますので、よろしく御審議くださいまして御承認を賜りますようお願いを申し上げまして提案理由の説明にかえます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、内容説明を求めます。


 初めに議案第89号、琴浦町手数料条例の一部改正について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) おはようございます。


 それでは、琴浦町手数料条例の一部改正につきまして内容説明をさせていただきます。


 現在、住民基本台帳カード、通称住基カードの交付手数料を1枚につき500円を徴収しておりますが、住基カードの普及促進を図ることを目的といたしまして国からの財政措置がなされるため、平成20年10月1日から平成23年の3月31日までの間に申請されました住基カードの交付及び再交付に係る手数料は徴収しないとするものであります。よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第90号、琴浦町一向平野営場条例の一部改正について、商工観光課長の説明を求めます。


 商工観光課長、藤村隆志君。


○商工観光課長(藤村 隆志君) おはようございます。


 議案第90号、琴浦町一向平野営場条例の一部を改正する条例でございます。


 現在、野営場という言葉がキャンプ場という表現に変わっておりますので、その点を事前に申し上げておきます。


 それでは、そこにございますように改正後の比較表を掲載しておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 改正前の欄の中で、下線が引かれた部分に対応する同表改正後の欄の中で下線が引かれた部分を改正後部分に改め、改正後部分が存在しない場合には改正部分を削り、改正部分が存在しない場合には改正後部分を加えるというものでございます。


 改正の大きな部分として「野営場」を「キャンプ場」、それから施設の管理を町から指定管理者に変更するものでございます。


 第1条から第3条につきましては「野営場」という表現を「キャンプ場」と改めたものです。


 管理の面で、第4条でございます。町長は、地方自治法第244条の2第3項の規定に基づき、町長が指定する者に次に掲げる業務を行わせるものとする。1番目としまして、キャンプ場施設設備の維持管理に関する業務。2番目といたしまして、前号に掲げるもののほかキャンプ場の管理に関する業務のうち町長のみの権限に属する事務を除く業務。


 次に、指定管理者の選定の特例の第5条でございます。町長は、琴浦町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第8条の規定により、指定管理者候補者を選定するものとする。


 第6条では、指定管理者が第4条に規定する業務を行う期間は、同条に規定する町長の指定を受けた日以後、最初の4月1日から10年間とする。ただし、再指定による期間の更新を妨げない。


 次に、開設期間及び開設時間の第7条でございます。キャンプ場の開設期間は毎年4月1日から11月末までといたします。キャンプ場の開設時間は、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定める。


 第8条以降につきましては「野営場」を「キャンプ場」、「町長」を「指定管理者」として置きかえたものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第91号、琴浦町営住宅管理条例の一部改正についてと議案第92号、琴浦町特定公共賃貸住宅条例の一部改正について、建設課長の説明を求めます。


 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) おはようございます。


 議案の91号、92号、改正内容につきましては同じ内容でございますので、一通りの部分で説明させていただきます。


 まず、国土交通省が示します公営住宅における暴力団排除のこの基本方針にのっとりまして条例を改正するものでございます。


 また、入居者の保管義務を明確にするために、これにあわせて改正しようとするものでございます。


 はぐっていただきまして15ページ、6条の4項に新たに暴力団員等の不当な行為の阻止に関する法律を規定したものでございます。


 次に、入居者の保管義務、第17条でございます。これにつきましては、3項につきまして大きく改正いたしております。これは暴力団員に使用させる行為の禁止ということでございます。(2)につきまして、これは現在入居しておられます住民の方に対しまして明確にやってはいけないことの定義を定めたものでございます。まずアといたしまして動物の飼育、それから継続的な騒音、振動、悪臭の発生、ウにおきましては汚物、廃棄物その他環境に支障のあるもの。(3)といたしまして、住民に対する行為で生命、身体もしくは財産に害を与える迷惑行為ということでございます。乱暴な言動なり、イにつきましては威力行為、それからウにつきましては風説等の禁止、それからエにつきましては火災の防止。それから、(4)につきましては町営住宅における平穏な生活の維持を著しく阻害する行為。


 4につきましては、入居者の責任において共同施設の破損等に対する賠償というものを設けております。


 この条例は、平成20年10月1日から施行するというものでございます。


 もう一つの92号につきましても同様の内容でございますので、以上で説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第93号、平成20年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)について総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 失礼します。議案第93号、平成20年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)について説明をさせていただきます。


 歳入歳出予算の補正ですが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ9,929万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ90億6,100万3,000円とするものでございます。


 歳出から説明させていただきます。11ページをお開きください。款項目を読み上げまして、節の50万円以上の増減についての御説明をさせていただきたいというふうに思います。


 款の1、議会費、項の1、議会費、1、議会費83万9,000円の減でございます。1、報酬並びに職員手当等、報酬156万4,000円、議員の期末手当43万3,000円の減につきましては、先ほど議長の報告にありましたように坂本議員さんの辞職に伴う減額でございます。9、旅費140万、特別旅費として計上しておりますが、議員の県外研修用でございます。


 款の2、総務費、項の1、総務管理費。1、一般管理費86万円の増。2、関西事務所活動運営費4万円の増。4、財政管理費10万円の増。6、財産管理費6万1,000円の増。7、CATV管理費、財源の組み替えでございます。8、企画費735万4,000円の減、11、需用費の修繕料につきましては、無線機等の修繕でございます。はぐっていただきまして12ページですが、12、役務費の手数料の25万2,000円、それから13、委託料のネットワーク等保守委託料の295万3,000円の減、18、備品購入費のパソコン、プリンター等の減でございますが、533万円につきましては一括の入札による補正でございます。11、電算機管理費786万7,000円の増、13、委託料594万9,000円の増、行政システムの改修委託料でございます。地方税電子申告対応基幹システムの改修を行うものでございます。14、使用料及び賃借料191万8,000円の増、地方税電子申告審査システムの利用料でございます。12、分庁管理費20万円の増。13、諸費64万3,000円の増、11、需用費64万3,000円の増ですが、11月16日予定されております国民保護訓練事業に伴う消耗品でございます。


 項の2、徴税費。2、賦課徴収費1,664万4,000円の増、23、償還金利子及び割引料1,634万8,000円の増、個人住民税所得変動調整償還金でございます。うち、県分として741万7,000円が含まれております。


 項の5、統計調査費。2、指定統計費55万3,000円の増、1、報酬、調査員ですが、住宅土地統計、5年に1回のものですが、これに係る補正でございます。


 項の6、監査委員費、1、監査委員5万円の増。


 款の3、民生費。項の1、社会福祉費。5、国民年金事務費41万円の増、10、障害者福祉費2万7,000円の増、11、介護保険事業費4万7,000円の増、13、後期高齢者医療費22万9,000円の増でございます。


 はぐっていただきまして、項の2、児童福祉費。1、児童福祉総務費4万5,000円の増、2、保育所運営費80万3,000円の増。


 款の4、衛生費。項の1、保健衛生費。2、予防費52万9,000円の増、3、健康づくり推進事業費49万3,000円の増、4、環境衛生費34万1,000円の増。


 項の2、清掃費。1、じん芥処理費19万3,000円の増。


 款の5、農林水産業費。項の1、農業費。1、農業委員会費、財源の組み替えでございます。2、農業総務費27万4,000円の増、3、農業振興費13万1,000円の増、はぐっていただきまして4、畜産業費51万3,000円の増、19、負担金補助及び交付金51万3,000円ですが、自給飼料増産対策支援事業費補助金でございます。バンカーサイロ6人分で、県の助成金を除いた額の10%の補助としております。5、農地費170万の増、13、委託料118万7,000円、客土受け入れ業務委託料、高規格道路から発生した黒土の約4,000立米の整地に係るもの120万の増でございます。6、地籍調査事業費、事業費の入れかえでございます。7、農業集落排水事業費140万4,000円の減、25、積立金53万6,000円の減、農業集落排水事業推進基金積立金の減でございます。28、繰出金86万8,000円の減、農業集落排水事業特別会計繰出金の減でございます。


 項の2、林業費。1、林業総務費20万円の増、2、林業振興費274万9,000円の増、19、負担金補助及び交付金250万の増、未整備森林緊急公的整備モデル事業補助金ですが、面積10ヘクタール、作業道開設、間伐、施業補助を行うもので、10分の10の補助でございます。


 項の3、水産業費。1、水産業総務費50万円の増、19、負担金補助及び交付金50万円の増。原油高騰対策補助金で、7月から9月分についてでございます。


 款の6、商工費。項の1、商工費。2、商工振興費4万2,000円の増、3、観光費209万1,000円の増、11、需用費、修繕料132万1,000円の増でございますが、ポート赤碕北側排水路修繕工事、延長42メーターの126万2,000円が主なものでございます。5、地域振興費159万2,000円の減、11、需用費75万2,000円並びに14、使用料及び賃借料の90万4,000円の減ですが、先ほど町長の方からもありましたですが、白鳳祭の招聘についても中止ということになりましたので、これの減額をさせていただいたところでございます。


 款の7、土木費、項の1、土木管理費。1、土木総務費11万円の減。


 項の2、道路橋梁費、1、道路維持費370万の増、11、需用費150万、道路の修繕に係るものでございます。15、工事請負費220万の増、町道荒神谷線側溝改修工事70万円の増、町道光国主線側溝改修工事の増150万円でございます。2、道路新設改良費97万4,000円の減、15、工事請負費50万円の増、町道街路保浦安線バイパス道路新設工事に伴うもの、物価高に伴うものが50万円でございます。22、補償補てん及び賠償金150万円の減ですが、町道釛上野線の補償費に係るものでございます。


 項の5、都市計画費。2、公園費141万円の増、11、需用費115万、修繕料の増ですが、いなり公園の拡張分並びに逢束ふれあい公園のあずまやの修繕に伴うものでございます。3、公共下水道事業費310万9,000円の減、25、積立金50万1,000円の減、下水道事業推進基金積立金の減でございます。28、繰出金260万8,000円の減、下水道事業特別会計繰出金への減でございます。


 項の6、住宅費。1、住宅管理費90万円の増、11、需用費、修繕料ですが、全体の不足に伴う補正でございます。


 はぐっていただきまして、款の8、消防費。項の1、消防費。2、非常備消防費580万3,000円の増、8、報償費390万3,000円、退職金390万3,000円の増でございますが、団員の6人分でございます。9、旅費71万4,000円の増、費用弁償ですが、行方不明の捜査が2人分行っております増でございます。11、需用費85万2,000円の増、消耗品費79万3,000円の増でございますが、ジェットシューターの10個分、また副団長が3人かわられましたので、それの制服等の更新でございます。3、消防施設費50万の増、19、負担金補助及び交付金50万の増です。消火栓移設工事負担金でございます。下大江に地下式の消火栓がありますが、これを1基、地上式に変えるものでございます。


 款の9、教育費。項の2、小学校費。1、学校管理費162万の増、11、需用費62万4,000円の増でございます。安小、八橋、浦安、赤小等の修繕に伴うものです。15、工事請負費87万の増、八橋小学校のり面の補修工事ですが、昨年9月に被災したところがわかりましたので、これの復旧を行うものでございます。2、教育振興費3万5,000円の減。


 項の3、中学校費。1、学校管理費93万5,000円の増、11、需用費93万5,000円の増ですが、修繕料として東伯中学校のプールの漏水工事等が主なもので、65万9,000円のうち50万1,000円でございます。2、教育振興費82万円の増。


 項の5、社会教育費。1、社会教育総務費146万3,000円の減、7、賃金200万3,000円の減です。嘱託職員1名の減によるものです。2、公民館費71万4,000円の増、18、備品購入費ですが、赤碕公民館のエアコンの更新に伴うものでございます。3、文化財保護費431万6,000円の増、13の委託料100万円ですが、はぐっていただきまして給食センターの移設に伴いますところの民俗資料館移転、大型展示資料運搬委託料として計上しております。4、埋蔵文化財発掘調査費150万の増でございます。発坂の発掘に伴うもので、賃金が141万2,000円増額となっております。5、生涯学習センター運営費74万2,000円の増、11、需用費74万2,000円の増でございます。修繕料ですが、給水ポンプ及び5階の空調フィルターの取りかえでございます。6、図書館費12万4,000円の増、7、カウベルホール運営費111万の増、11、需用費111万ですが、修繕料です。配電盤並びにシャッターの修繕を行うものでございます。


 項の6、保健体育費。2、体育振興費15万の増、3、体育施設費1万2,000円の増。


 款の10、災害復旧費。項の1、農林水産業災害復旧費、事業費の入れかえでございます。


 項の2、公共土木施設災害復旧費。1、公共土木施設災害復旧費206万1,000円の増でございます。町道今田線に係るものでございます。


 款の12、諸支出金。項の1、諸費。1、国県支出金返納金2,657万5,000円の増でございますが、23、償還金利子及び割引料でございます。主なものとして、平成19年度自立支援給付費負担金1,539万8,612円、平成19年度障害者自立支援給付費負担金768万7,000円等でございます。


 はぐっていただきまして、款の13、予備費。項の1、予備費に2,484万9,000円の増額を行っております。


 返って7ページをお開きください。2の歳入ですが、款の11、地方交付税。項の1、地方交付税。目の1、地方交付税1億3,706万4,000円の減でございます。これは普通交付税の確定によるものでございますが、内容といたしまして、個別算定経費の減が約5,600万、法人税の増に伴うものが約4,500万、固定資産税の増に伴うものが約4,600万円でございます。


 款の12、分担金及び負担金。項の1、負担金。2、農林水産業費負担金25万円の増。


 款の14、国庫支出基。項の1、国庫負担金。2、総務費負担金64万2,000円の増、国民保護訓練費負担金64万2,000円の増で、10分の10の補助金でございます。


 項の2、国庫補助金。3、土木費補助金705万円の増、1、道路改良費補助金705万円の増でございます。5、教育費補助金75万円の増、4、社会教育費補助金75万円の増ですが、国宝重要文化財等保存整備費補助金、発坂分の補正でございます。7、農林水産業費補助金につきましては159万円の増でございます。1、農業費補助金159万円の増、農山漁村活性化プロジェクト支援交付金でございます。耕作放棄地全体調査に係る補助金でございます。8、災害復旧費補助金127万3,000円の増、1、公共土木施設災害復旧費補助金127万3,000円の増、現年災害に伴うものでございます。


 はぐっていただきまして、項の3、委託金。2、民生費委託金40万9,000円の増。


 款の15、県支出金。項の2、県補助金。1、総務費補助金265万2,000円の増、1、総務管理費補助金265万2,000円の増、市町村合併支援交付金、琴浦音頭、歴史民俗資料館、まなタンにあります歴史民俗資料館改修等に伴うものでございます。2、民生費補助金20万5,000円の増、4、農林水産業費補助金191万4,000円の増、1、農業費補助金5万円の増でございます。2、林業費補助金250万円の増、未整備森林緊急公的整備モデル事業費補助金で、10ヘクタール分でございます。5、農業集落排水事業費補助金53万6,000円の減、農業集落排水事業推進基金造成事業費補助金の減でございます。5、土木費補助金50万1,000円の減、1、下水道費補助金50万1,000円の減でございます。下水道事業推進基金造成事業費補助金の減でございます。6、教育費補助金37万5,000円の増。


 項の3、委託金。1、総務費委託金797万円の増、2、徴税費委託金741万7,000円の増、県民税徴収委託金ですが、先ほど説明しました個人住民税所得変動調整分に係る償還金分でございます。4、指定統計調査費委託金55万3,000円、各種指定統計調査の委託金ですが、土地統計に係るものでございます。


 款の18、繰入金。項の1、基金繰入金。1、財政調整基金繰入金5,000万円を増にして、1億3,500万の基金繰り入れとするものでございます。11、ふるさと未来夢基金繰入金10万円の増でございます。


 項の2、老人保健特別会計繰入金。1、老人保健特別会計繰入金163万9,000円の増、これは老人保健特別会計の平成19年度精算に伴うものでございます。


 項の3、介護保険特別会計繰入金1,283万8,000円の増ですが、これも平成19年の精算に伴うものでございます。


 款の19、繰越金。項の1、繰越金。1、繰越金1億5,183万1,000円の増、繰越金の確定によるものでございます。


 款の20、諸収入。項の4、雑入。2、雑入493万4,000円の増、1、雑入493万4,000円の増ですが、主なものとして農地高度利用客土土地売り払い収入、先ほど申し上げました高規格道路で発生した黒土の売却代50万円を見込んでおります。その他の中におきましては、消防団員の退職報償金390万3,000円が含まれております。


 はぐっていただきまして、款の21、町債。項の1、町債ですが、1、総務債53万9,000円の増、臨時財政対策債の増でございます。3、土木債30万の増、4、合併特例債1,100万の減、臨時地方道整備事業に係るものでございます。6、災害復旧費事業債60万の増、現年発生の公共土木施設災害復旧事業債に伴うものでございます。


 以上で簡単ではございますが一般会計の補正予算の説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) ここで暫時休憩いたします。11時15分まで休憩いたします。


               午前11時00分休憩


      ───────────────────────────────


               午前11時15分再開


○副議長(山下 一成君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 議長が都合により不在ですので、かわって私、副議長が議事進行いたしますので、よろしくお願いします。


 それでは、続いて議案第94号、平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) 失礼いたします。議案第94号の平成20年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の内容説明をさせていただきます。


 歳入歳出それぞれ5,792万5,000円を追加いたしまして、総額を22億730万5,000円とするものであります。


 歳出から説明させていただきます。3ページをお開きください。


 保険給付費でございますが、退職被保険者等高額療養費690万の増であります。これは高額療養費がふえたことによるものでございます。


 次に、老人保健拠出金の医療費拠出金でございますが、これは財源の組み替えでございます。


 はぐっていただきまして4ページ、諸支出金の還付金でありますが、一般被保険者分100万円の増で、国保税過年度分の還付金でございます。それから、国庫支出金等返納金2,496万8,000円の増でございます。これは国庫支出金の返納でありまして、退職被保険者分の療養給付費交付金で、平成19年度の額の確定により国に返納するものであります。


 次に、基金の積立金でありますが、財政調整基金積立金2,505万7,000円の増であります。これは繰越金の2分の1を毎年基金に積むものであります。


 次に歳入でございます。3ページに戻っていただきまして、前期高齢者交付金793万6,000円の増でありますが、これは交付金の増額によるものであります。


 次に繰越金でありますが、前年度繰越金といたしまして4,998万9,000円の増になったものであります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○副議長(山下 一成君) 続いて、議案第96号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)と議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の2議案について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) 失礼します。


 それでは、議案第96号、平成20年度琴浦町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ104万を追加し、歳入歳出予算総額をそれぞれ4億7,717万2,000円とするものであります。


 1ページから3ページは省略をさせていただきまして、まず5ページをお願いしたいと思います。歳出から御説明させていただきます。


 3、歳出の1、施設整備事業費、今回補正額104万円の追加でありまして、計2億7,816万2,000円とするものであります。補正額の内訳はごらんのとおりであり、主な内訳としまして8、報償費10万円の増額であります。これは前納5件分相当を見込んでの増であります。11、需用費87万円の増額でありますが、これは補助対象事業の委託料減額に伴います事務費組み替えもございますし、特に光熱水費は使用量もふえてきました関係で電気代60万円の増を見込んでいます。12、役務費11万円は実績見込みによる増であります。13、委託料30万円の減でございますが、土地改良連合会等の実施に伴います減であります。18、備品購入費26万円の増額でありますが、これは汚泥濃度測定器の購入によるものでございます。使用量もふえてまいりますし、それだけ管理が必要になってきます。このため測定器を購入し汚泥濃度を測定し、汚泥の除去や浮遊物、油やペーパー等、溶けなかったものの塊の除去ですとか新しい微生物を投入する目安とするもので、これを怠りますと放水する水質が悪化するものであります。


 続きまして歳入でありますが、上の4ページをごらんください。


 款5、繰越金190万8,000円の増額は、前年度繰越金に伴います増です。


 款7、町債は増減はありませんが、内容変更であります。


 以上によりまして、款4、繰入金86万8,000円の減額が生ずるものであります。


 以上で内容説明を終わります。


 引き続きまして、議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)について御説明申し上げます。


 予算の補正につきましては、第1条、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ374万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ10億3,534万2,000円とするものであります。


 1ページと2ページについては省略をさせていただきます。


 まず、4ページをお願いしたいと思います。


 それでは、歳出から御説明申し上げます。


 3、歳出。1、下水道整備費、今回補正額260万7,000円の追加でありますが、計7億1,677万3,000円とするものであります。補正額の内訳はごらんのとおりでありまして、8、報償費としまして前納報奨金80万円であり、これは前納40件分相当を見込んでの増であります。11、需用費14万6,000円の増でございますが、公用車が10数年になっておりまして、ギアサスペンションの修理が必要でありますし、燃料の高騰を踏まえ、実績見込みを計上いたしております。13、委託料でございますが、現在赤碕浄化センターにオキシデーションディッチ槽及び最終沈殿池を着手しておりますが、当初掘削地盤を土質改良し埋め戻し土約2,800立方メートルを予定していましたが、良好であったため地盤改良は不要となりました。また、将来計画の見直しによりまして、今年の20年3月の議会ですけど、処理場のOD槽の数も4つから3つとなり、雨水等の排水管延長精査を行い、約90メートルを削除いたしました。その結果、2,100万円の減額となります。また、特定環境保全事業赤碕処理区ですが、国土交通省施行の高規格道路、出上の北側です、県道赤碕大山線の信号があります南北の町道でありますが、町道を拡幅し、赤碕インターに乗り入れる右折ラインの施工計画があり、今年度舗装まで完了するようでして、施工行程を逆算してみますと、早急に一日も早く詳細設計委託をJR山陰本線から約900メーター程度行う必要が生じてまいりました。その550万円の増であります。また、15、工事請負費1,530万円ですが、これは先ほど説明いたしました国土交通省、町道拡幅工事箇所約290メートルですけど、国交省が補償する前に下水道工事を施工し、事業促進を図るものでございます。22の補償補てん及び賠償金でありますが、特環赤碕処理区でありますが、桜ケ丘地区の工事に伴います上水道の移転補償180万円の増であります。


 次に、2、下水道維持管理費の補正額114万円の追加であります。計5,682万円とするものであります。11、需用費102万円の増でありますが、電気代等の高騰や利用者といいますか、使用量、流入量の増に伴います98万円の実績見込みの増であります。12、役務費12万円でありますが、これは実績見込みに伴います増額であります。


 続きまして歳入でありますが、3ページに返っていただきまして、2、歳入。1、一般会計繰入金260万8,000円の減額であります。次に、繰越金としまして635万5,000円を増額補正いたします。これは前年度繰越金であります。


 以上で内容説明を終わらせていただきます。


○副議長(山下 一成君) 続いて、議案第98号、平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)について、健康福祉課長の説明を求めます。


 健康福祉課長、森美奈子君。


○健康福祉課長(森 美奈子君) それでは、平成20年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第2号)の説明をいたします。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,191万9,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ17億5,003万5,000円とするものであります。


 それでは、歳出6ページの方から説明をいたします。


 一般管理費、補正額51万3,000円、2,554万4,000円であります。18の備品購入費50万円でありますが、これにつきましては認知症のスクリーニングの機器を県の2分の1の補助で予算化いたしております。負担金補助及び交付金1万3,000円であります。連合負担金5万6,000円、役務費5万6,000円であります。包括支援センター運営費8万円、これにつきましては備品購入を考えております。ロビーのストーブを考えております。


 次に、介護予防特定高齢者事業2万6,000円、2,280万9,000円、2万6,000円、需用費の増であります。介護予防一般高齢者施策事業費が8,000円、これは賃金を8,000円組んでおります。


 次に、包括支援事業・任意事業でありますが、補正額54万2,000円、231万円であります。報償費6万円の減、13番、委託料59万2,000円でありますが、これにつきましては介護認定を受けておられない方々が生活管理の指導をする必要性が多く出ておりまして、これはヘルパーを派遣するということで59万2,000円増額しております。負担金補助及び交付金1万円であります。


 次に、償還金及び還付加算金でありますが、1,087万2,000円の補正額であります。これにつきましては19年度の決算による精査でありまして、国に343万9,000円、県に290万7,000円、支払い基金に411万6,000円償還するものであります。


 次に、繰出金でありますが、一般会計繰出金1,283万8,000円、1,283万9,000円であります。これにつきましても、先ほどと同じように19年度の決算におきまして給付費に対しては637万3,000円、事務費におきましては641万1,000円の一般会計からいただいていたものを、このたび返すということであります。


 次に、予備費1,698万4,000円、1,698万4,000円でありますが、これは19年度の決算におきまして国、県、一般会計に返納後、予備費に充当しております。


 次に、4ページ、歳入に行きます。国庫補助金、地域支援事業交付金の過年度分でありますが、20万5,000円。これは19年度の精査によりまして、実績で20万5,000円の増額となります。


 次に県補助金でありますが、地域支援事業交付金、これにつきましても10万2,000円でありますが、19年度の実績により追加で入ってくるものであります。介護保険事業費補助金22万5,000円、介護保険事業費補助金ですが、先ほど歳出にもありましたようにタッチパネルの認知症のスクリーニングの補助金で22万5,000円入ってきます。


 一般会計繰入金、地域支援事業繰入金過年度分でありますが、4万7,000円の増であります。これについては、19年度一般会計より実績による繰り入れとしていただくものであります。


 繰越金4,128万3,000円の補正であります。4,167万2,000円であります。これにつきましては、19年度の決算に4,167万2,000円の黒字が出ておりますので、4,128万3,000円の補正をするものであります。


 次に雑入ですが、補正額5万7,000円、これにつきましては先ほど生活管理指導に対しまして1割の負担ということで、5万7,000円の雑入を組んでおります。


 以上で説明を終わります。


○副議長(山下 一成君) 続いて、議案第99号、平成19年度琴浦町一般会計歳入歳出決算認定について、総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 議案第99号、一般会計歳入歳出決算認定についての御説明をさせていただきます。


 21ページをお開きください。初めに歳出から行いますが、読み方は款項目と予算現額の計の欄、そして支出済み額の欄、それから翌年度繰越額の欄、そして不用額で、節が50万円以上のものについて御説明を申し上げます。


 款の1、議会費。項の1、議会費。目の1、議会費1億937万9,000円、支出済み額1億820万6,561円、117万2,439円の不用額でございます。


 款の2、総務費。1、総務管理費。1、一般管理費5億5,542万3,180円、5億5,197万1,415円、345万1,765円の残でございます。7の賃金ですが、64万7,332円の不用額ですが、運転手の賃金でございます。続きまして、11、需用費の102万2,777円の不用額ですが、例規集が32万4,289円、印刷が50万円等でございます。続きまして、12、役務費の65万9,002円の不用額ですが、印刷機の保守手数料55万4,190円の不用等が主なものでございます。14、使用料及び賃借料68万727円の不用額ですが、コピー機、印刷機の借り上げ料の減によるものでございます。


 目の2、文書広報費400万7,000円、398万9,437円、1万7,563円。


 3、財政管理費7億8,429万6,000円、7億8,405万4,630円、24万1,370円。


 4、会計管理費61万1,000円、44万1,316円、16万9,684円。


 5、財産管理費251万4,000円、241万7,506円、9万6,494円。


 6、CATV管理費8,756万4,000円、8,737万4,077円。


 はぐっていただきまして、目の7、企画費1億1,971万820円、1億1,849万1,080円、121万9,740円。


 8、公平委員会費3万7,000円、3万7,000円のゼロ。


 9、交通安全対策費983万9,000円、944万7,305円、39万1,695円。


 10、電算機管理費3,369万3,000円、2,883万6,127円で、不用額は223万5,873円でございます。13、委託料につきましては繰越明許費として262万1,000円を不用額として193万5,890円ですが、後期高齢者医療保険激変緩和システムに係るものでございます。


 目の10、電算機管理費(繰越明許)分ですが、2,083万8,000円、1,943万円、140万8,000円の不用額ですが、特定健診によるシステム改修の結果によるものでございます。


 11、分庁管理費1,765万7,000円、1,701万7,301円、63万9,699円。


 12、諸費5,060万4,000円、4,755万1,802円、305万2,198円。19、負担金補助及び交付金の不用額258万7,990円ですが、部落自治振興補助金233万480円が主なもので、交付率が60%から50%に変更に伴ったものでございます。


 項の2、徴税費。はぐっていただきまして目の1、税務総務費1億562万1,000円、1億530万5,299円、31万5,701円。


 2、賦課徴収費。3,223万7,000円、3,162万3,648円、61万3,352円。


 3、戸籍住民登録費。1、戸籍住民登録費2,816万9,000円、2,793万1,056円、23万7,944円。


 項の4、選挙費。1、選挙管理委員会費22万5,000円、19万5,790円、2万9,210円。


 2、参議院議員選挙費1,529万9,000円、1,524万3,837円、5万5,163円。


 3、県知事県議会議員選挙費1,205万8,000円、1,202万8,918円、2万9,082円。


 はぐっていただきまして、4、土地改良区選挙費48万9,000円、11万2,710円、37万6,290円。


 項の5、統計調査費。1、統計調査総務費362万9,000円、361万6,952円、1万2,048円。


 2、指定統計費163万5,000円、163万5,000円のゼロ。


 6、監査委員費。1、監査委員費121万1,000円、120万5,190円、5,810円。


 款の3、民生費。項の1、社会福祉費。1、社会福祉総務費2億3,233万8,159円、2億2,979万4,090円、254万4,069円。28、繰出金の不用額233万1,460円ですが、出産育児一時金が163万2,667円、職員給与等に係るものが69万8,591円であります。


 2、社会福祉事業費4,603万6,000円、4,591万8,470円、11万7,530円。


 3、同和対策総務費352万8,000円、352万7,700円、300円。


 4、隣保館運営費3,364万3,739円、3,360万3,252円、4万487円。


 はぐっていただきまして、5、国民年金事務費708万4,648円、701万863円、7万3,785円。


 6、老人福祉費3,704万5,000円、3,593万4,309円、111万691円で、13、委託料の不用額71万5,368円は老人保護措置費、ミニデイ、配食サービス等に係るものでございます。


 7、特別医療費助成事業費1億2,318万6,000円、1億2,178万9,251円、139万6,749円で、20の扶助費の136万937円の不用額は特別医療費に係るものでございます。


 8、老人医療事務費2億4,122万6,454円、2億4,086万469円、36万5,985円。


 9、心身障害者医療費420万円、419万3,741円、6,259円。


 10、障害者福祉費2億2,219万7,000円、2億1,902万7,876円、316万9,124円。一番下の19、負担金補助及び交付金の不用額127万3,950円ですが、住宅改修に係るものが66万円、その他負担金が15万4,870円、補助金が45万3,080円でございます。20の扶助費の不用額166万6,963円ですが、補装具の給付費74万5,073円、ストマ用の装具が14万7,607円、地域生活支援費59万7,711円が主なものでございます。


 11、介護保険事業費2億7,191万8,000円、2億7,180万246円、11万7,754円。


 12、いきいき健康センター運営費34万5,000円、33万5,927円、9,073円。


 項の2、児童福祉費。1、児童福祉総務費6億629万5,000円、6億553万8,506円、75万6,494円。


 2、保育所運営費4億4,030万8,000円、4億3,832万5,832円、198万2,168円。11、需用費の不用額111万338円につきましては、9園分の節約に努めた結果でございます。


 目の3、児童館運営費635万7,000円、631万3,809円、4万3,191円。


 4、母子福祉費336万5,000円、336万5,000円のゼロ。


 款の4、衛生費。項の1、保健衛生費。1、保健衛生総務費5,695万820円、5,671万8,166円、23万2,654円。


 はぐっていただきまして、目の2、予防費7,615万3,180円、7,537万188円、78万2,992円。


 3、老人保健事業費4,576万3,000円、4,546万4,429円、29万8,571円。


 目の4、環境衛生費1,088万4,000円、1,060万9,894円、27万4,106円。


 項の2、清掃費。1、じん芥処理費2億7,334万3,000円、2億4,820万3,398円、33万6,602円ですが、19、負担金補助及び交付金の繰越明許費2,480万3,000円ですが、ほうきリサイクルの大規模改修負担金でございます。


 2、し尿処理費4,716万8,000円、4,716万8,000円のゼロ。


 3、上水道費、1、上水道費262万8,000円、262万7,589円、411円。


 款の5、農林水産業費、1、農業費。1、農業委員会費3,695万459円、3,681万6,157円、13万4,302円。


 はぐっていただきまして、2、農業総務費2,868万1,231円、2,823万994円、45万237円。


 目の3、農業振興費1億838万687円、1億813万6,702円、24万3,985円。


 4、畜産業費5,663万9,324円、5,663万5,729円、3,595円。


 はぐっていただきまして、4の畜産業費(繰越明許費)5,328万5,000円、5,328万5,000円、ゼロ。


 5、農地費7億2,629万2,999円、7億327万8,881円、21万6,382円ですが、19、負担金補助及び交付金の繰越明許費2,279万7,736円につきましては、県営畑総分が1,828万円、広域農道451万7,736円でございます。


 5、農地費(繰越明許費)ですが、1,284万円、1,283万9,627円、373円。


 6、地籍調査事業費7,862万4,300円、7,841万8,525円、20万5,775円。


 7、農業集落排水事業費1億8,590万4,000円、1億8,589万8,998円、5,002円。


 項の2、林業費。1、林業総務費495万4,000円、487万7,298円、7万6,702円。


 2、林業振興費3,159万6,000円、2,958万6,536円の50万2,464円で、17、公有財産購入費の150万7,000円の繰越明許費ですが、昨年の9月4日の災害に伴う納谷林道の用地買収費でございます。


 はぐっていただきまして、3、水産業費。1、水産業総務費1,414万1,000円、1,401万2,008円、12万8,992円。


 款の6、商工費。1、商工費。1、商工総務費3,724万円、3,718万9,761円、5万239円。


 2、商工振興費1億1,547万円、1億1,533万776円、13万9,224円。


 3、観光費2,335万9,000円、2,261万5,223円、74万3,777円。


 4、勤労者体育センター運営費120万円、114万7,861円、5万2,139円。


 5、地域振興費9,416万8,000円、9,329万6,262円、87万1,738円。


 款の7、土木費。1、土木管理費。1、土木総務費1,826万6,000円、1,804万3,859円、22万2,141円。


 はぐっていただきまして、目の1、土木総務費(繰越明許費)ですが、133万、133万のゼロです。


 項の2、道路橋梁費。1、道路維持費4,338万783円、4,299万3,217円、38万7,566円。


 1、道路維持費(繰越明許費)ですが、202万9,000円、202万8,300円、700円。


 2、道路新設改良費2億803万3,000円、1億6,356万9,053円、10万5,947円ですが、15、工事請負費の中に繰越明許費で3,407万6,000円ですが、町道釛上野線の改修が2,689万6,000円、町道月の輪川西線道路改修が718万円でございます。続きまして22、補償補てん及び賠償金の繰越明許費1,028万2,000円ですが、町道保浦安バイパス工事移転補償に伴うものでございます。


 2、道路新設改良費(繰越明許費)5,990万3,000円、5,975万9,850円、14万3,150円。


 3、除雪対策費883万1,217円、877万493円、6万724円。


 項の3、河川費。1、河川維持費260万円、259万9,250円、750円。


 2、河川新設改修費2,241万1,000円、2,241万150円、850円。


 2、河川新設改修費(繰越明許費)1,370万9,000円、1,224万4,650円、146万4,350円。兵川の事業費の精査によるものでございます。


 項の4、港湾費。1、港湾建設費1,619万3,000円、398万5,671円、9万4,829円。19、負担金補助及び交付金の繰越明許費1,211万2,500円は県営事業の港湾改修に係る負担金でございます。


 1、港湾建設費(繰越明許費)285万、285万のゼロ。


 はぐっていただきまして、項の5、都市計画費。1、都市計画総務費404万6,000円、22万5,540円2万460円。13、委託料の380万円の繰越明許費ですが、耐震改修促進計画業務委託料に係るものでございます。


 2、公園費451万9,000円、446万5,563円、5万3,437円。


 3、公共下水道事業費3億5,140万1,000円、3億5,139万8,573円、2,427円。


 項の6、住宅費。1、住宅管理費2,486万6,000円、2,441万5,735円、45万265円。


 款の8、消防費。項の1、消防費。1、常備消防費2億4,615万4,000円、2億4,615万4,000円のゼロ。


 2、非常備消防費3,527万9,000円、3,482万9,516円、44万9,484円。


 はぐっていただきまして、款の9、教育費。1、教育総務費。1、教育委員会費205万6,000円、203万9,485円、1万6,515円。


 2、事務局費8,677万7,000円、8,595万7,536円、81万9,464円。


 項の2、小学校費。1、学校管理費1億961万9,000円、1億808万3,671円、153万5,329円で、14、使用料及び賃借料の不用額77万7,540円ですが、コンピューターの借り上げ期間の短縮等に伴うものでございます。


 1、学校管理費(繰越明許)5億5,160万7,500円、5億3,511万8,050円、1,648万9,450円。13、委託料の繰越明許費の378万5,000円につきましては、赤碕小学校体育館173万5,000円、浦安小学校体育館173万5,000円、以西小学校プール31万5,000円でございます。15、工事請負費(繰越明許費)1,257万2,700円の不用額ですが、赤碕小学校の体育館が353万6,400円、浦安小学校分が714万3,800円、以西の小学校プール分が89万2,500円でございます。


 2、教育振興費1,943万7,000円、1,859万4,012円、84万2,988円。


 項の3、中学校費。1、学校管理費5,171万円、5,120万1,306円、50万8,694円。


 はぐっていただきまして、目の2、教育振興費2,230万1,000円、2,197万7,896円、32万3,104円。


 項の4、幼稚園費。1、幼稚園費3,790万6,000円、3,765万9,512円、24万6,488円。


 項の5、社会教育費。1、社会教育総務費6,424万7,630円、6,366万2,001円、58万5,629円。


 2、公民館費4,050万2,000円、4,006万7,452円、43万4,548円。


 はぐっていただきまして、目の3、文化財保護費332万9,000円、308万1,817円、24万7,183円。


 4、埋蔵文化財発掘調査費203万3,000円、201万7,518円、1万5,482円。


 5、生涯学習センター運営費2,782万円、2,691万6,945円、90万3,055円。11、需用費の58万9,633円の不用額につきましては、電気代42万5,000円、修繕料14万8,000円等でございます。


 目の6、図書館費3,487万9,000円、3,433万4,797円、54万4,203円。


 7、カウベルホール運営費1,850万2,000円、1,812万4,673円、37万7,327円。


 8、人権同和教育費4,960万9,370円、4,947万2,698円、13万6,672円。


 はぐっていただきまして、項の6、保健体育費。1、保健体育総務費1,860万5,000円、1,842万1,866円、18万3,134円。


 2、体育振興費1,429万2,000円、1,367万5,883円、61万6,117円。


 3、体育施設費2,966万1,000円、2,802万5,593円、163万5,407円で、11、需用費の75万1,224円の不用額ですが、農業者トレーニングセンターの電気水道代が25万5,514円、東伯総合公園の電気、ガス代等15万4,657円が主なものでございます。


 目の4、給食センター運営費8,788万2,000円、8,723万5,449円、64万6,551円。


 10、災害復旧費。1、農林水産業災害復旧費。1、現年発生農地災害復旧費5,200万499円、2,261万6,833円の2万6,666円で、はぐっていただきまして15、工事請負費の繰越明許費2,812万2,000円、16、原材料費の38万5,000円を繰越明許としております。


 1、現年発生農地災害復旧費(繰越明許費)259万2,000円、232万8,173円、26万3,827円。


 2、現年発生農業用施設災害復旧費1億805万1,501円、4,681万8,737円、907万9,614円の不用額ですが、繰越明許費ですが、7、賃金の66万円、需用費の56万3,150円、役務費の6万円、14、使用料及び賃借料193万6,000円、15、工事請負費4,824万4,000円、16、原材料費の69万円につきましては翌年度へ繰り越しておりますし、15、工事請負費の中の不用額900万円につきましては実施設計による減でございます。


 目の2、現年発生農業用施設災害復旧費(繰越明許)2,698万7,000円、2,170万4,403円、528万2,597円で、実績による不用額でございます。


 3、現年発生林道災害復旧費22万5,000円、18万3,697円、4万1,303円。


 3、現年発生林道災害復旧費(繰越明許)516万7,000円、507万2,000円、9万5,000円。


 目の4、単県斜面崩壊復旧費580万円、552万4,050円、27万5,950円。


 項の2、公共土木施設災害復旧費。1、公共土木施設災害復旧費2億4,136万8,000円、1億824万469円、9,531円ですが、繰越明許費で7、賃金208万円、11、需用費91万円、12、役務費20万円、14、使用料及び賃借料25万8,000円、15、工事請負費1億2,967万円の合計1億3,311万8,000円は来年度に繰り越しております。


 11、公債費。1、公債費。1、元金13億1,370万4,000円、13億1,370万2,684円、1,316円。


 2、利子2億7,740万6,000円、2億6,812万9,822円、927万6,178円の不用額ですが、これは一時借入金に伴う利息の不用額でございます。


 3、公債諸費2万円、8,481円、1万1,519円。


 12、諸支出金。1、諸費。1、国県支出返納金635万7,000円、628万7,735円、7万3,265円で、はぐっていただきまして13、予備費は1億1,791万3,000円を計上しましたが、支出はございません。


 歳出合計が110億6,330万8,500円の合計でございます。支出済み額が105億2,890万8,953円、繰越明許費に係るものが3億2,662万7,386円、不用額が2億777万2,161円となりました。


 返っていただきまして、8ページをお願いいたします。


 歳入ですが、歳出と同じように読み上げますが、款項目そして予算現額の計、それから収入済み額、不納欠損額、収入未済額というふうにいかせていただきます。


 款の1、町税。1、町民税。1、個人5億7,622万9,000円、収入済み額が5億7,851万7,032円、不納欠損額が10万7,579円、収入未済額が2,181万5,700円で、そのうち現年課税分につきまして収入未済額988万3,991円は237人分でございます。2の滞納繰越分の不納欠損額10万7,579円、延べ9人分です。収入未済額1,193万1,709円は延べ390人分でございます。


 目の2、法人、計1億1,700万円、1億1,724万7,590円、収入未済額が212万7,010円です。1、現年課税分で収入未済額30万7,800円ですが、5件分でございます。2、滞納繰越分の収入未済額181万9,210円は延べ5件分でございます。


 項の2、固定資産税。1、固定資産税10億1,188万9,000円、10億1,219万8,768円、不納欠損額614万2,200円、収入未済額9,044万7,172円ですが、そのうち、1、現年課税分として不納欠損額34万8,500円、20人分でございます。収入未済額2,467万4,803円は297人分でございます。2、滞納繰越分の不納欠損額579万3,700円は延べ10人分でございます。収入未済額6,577万2,369円は延べ661人分でございます。


 2、国有資産等所在市町村交付金及び納付金466万3,000円、477万5,100円。


 項の3、軽自動車税。1、軽自動車税4,790万円、4,813万3,603円、不納欠損額5万5,600円の収入未済額265万7,851円ですが、内訳は現年課税分が収入未済額96万8,300円、144人分でございます。2の滞納繰越分の不納欠損額5万5,600円は延べ12人分、また収入未済額168万9,551円は延べ268人分でございます。


 項の4、町たばこ税。1、町たばこ税1億1,273万円、1億1,185万2,963円。


 款の2、地方譲与税。項の1、自動車重量譲与税。1、自動車重量譲与税1億19万6,000円、1億19万6,000円。


 項の2、地方道路譲与税。地方道路譲与税3,461万5,000円、収入済み額も一緒でございます。


 はぐっていただきまして、款の3、利子割交付金ですが、740万1,000円。収入済み額も同額でございます。


 4の配当割交付金583万7,000円、収入済み額も同額でございます。


 5の株式等譲渡所得割交付金354万3,000円は収入済み額も一緒でございます。


 6番の地方消費税交付金、1億8,920万6,000円は収入済み額と同額でございます。


 ゴルフ場利用税交付金は257万1,000円、257万1,240円。


 8、自動車取得税交付金につきましては、5,083万6,000円で収入済み額も同額でございます。


 9の交通安全対策特別交付金301万4,000円、収入済み額も同額でございます。


 款の10の地方特例交付金ですが、831万9,000円で収入済み額も同額でございます。


 2の特別交付金の231万7,000円につきましても、収入済み額も同額でございます。


 款の11の地方交付税、37億5,404万7,000円につきましては、収入済み額も同額でございます。


 款の12、分担金及び負担金。1、負担金。1、民生費負担金1億2,145万7,000円、1億2,097万6,080円、845万9,460円の収入未済額ですが、これは児童福祉費負担金で保育料でございます。過年分が648万2,740円、現年分が197万6,720円で56人分でございます。


 目の2、農林水産業費負担金339万8,000円、343万5,254円。


 項の2、分担金。1、総務費分担金1,554万円、収入済み額も同額でございます。


 2、農林水産業費分担金187万8,000円、14万4,646円。


 2、農林水産業費分担金(繰越明許)23万5,322円、12万5,349円。


 13、使用料及び手数料。1、使用料。1、総務使用料681万円、674万6,500円。はぐっていただきまして、目の2、民生使用料5万5,000円、6万5,700円。3、衛生使用料272万円、276万2,000円。4、農林水産業使用料7万円、11万950円、900円の収入未済額ですが、白鳳館の使用料1件分でございます。目の5、商工使用料398万円、270万1,870円、137万4,000円の収入未済額ですが、ポート赤碕物産館の使用に係るもので、2件分でございます。目の6、土木使用料7,185万円、6,642万1,999円、収入未済額1,130万6,037円ですが、これは住宅使用料でございまして、現年分が132万1,800円で29件、過年分が998万4,237円で24件分でございます。目の7、教育使用料1,282万6,000円、1,367万6,091円、収入未済額18万9,440円につきましては3番の幼稚園使用料で4人分でございます。


 項の2、手数料。1、総務手数料1,283万6,000円、1,288万2,180円。2、衛生手数料1,179万4,000円、1,277万2,500円。3、土木手数料12万4,000円、9万5,100円。


 款の14、国庫支出金。1、国庫負担金。1、民生費負担金2億3,813万5,000円、2億3,867万6,967円。2、衛生費負担金298万1,000円、298万1,619円。3、教育費負担金(繰越明許)1,933万9,000円、2,489万5,000円。


 項の2、国庫補助金。1、民生費補助金886万6,000円、収入済み額も同額でございます。2、衛生費補助金14万7,000円、収入済み額も同額でございます。3、土木費補助金2億582万5,000円、1億8,182万7,000円。3、土木費補助金(繰越明許費)3,245万円、収入済み額も同額でございます。はぐっていただきまして、目の4、教育費補助金134万1,000円、130万5,000円。4、教育費補助金(繰越明許)8,918万4,000円、1億3,877万6,000円。5、災害復旧費補助金1億4,085万5,000円、5,425万5,000円。6、都市計画費190万円、ゼロ。7、総務費補助金2,117万8,000円、2,120万2,500円。7、総務費補助金(繰越明許)387万円、387万1,000円。


 項の3、委託金。1、総務費委託金70万円、80万4,000円。2、民生費委託金461万3,000円、503万2,238円。


 15、県支出金。1、県負担金。1、民生費負担金1億9,117万9,000円、1億8,977万5,678円。2、衛生費負担金262万5,000円、262万5,034円。


 項の2、県補助金。1、総務費補助金3,717万2,000円、3,740万9,000円。2、民生費補助金1億4,528万8,000円、1億4,400万860円。3、衛生費補助金269万6,000円、収入済み額も同額でございます。4、農林水産業費補助金1億8,092万6,000円、1億7,953万8,136円。4、農林水産業費補助金(繰越明許)3,212万1,000円、収入済み額も同額でございます。5、商工費補助金10万5,000円、収入済み額も同額でございます。6、土木費補助金1,255万1,000円、1,255万1,875円。6、土木費補助金(繰越明許)672万円、612万2,325円。7、教育費補助金282万円、286万280円。はぐっていただきまして、目の8、災害復旧費補助金7,029万3,000円、2,471万8,988円。8、災害復旧費補助金(繰越明許)2,230万6,283円、2,607万9,929円。


 項の3、委託金。1、総務費委託金6,832万3,000円、6,984万8,670円。2、民生費委託金7万円、収入済み額も同額です。3、商工費委託金20万4,000円、収入済み額も同額です。4、土木費委託金612万8,000円、565万887円。5、教育費委託金48万円、48万円。


 16、財産収入。1、財産運用収入。1、財産貸付収入260万3,000円、370万9,696円。2、利子及び配当金395万3,000円、380万2,720円。


 2、財産売払収入。1、不動産売り払い収入1,313万8,000円、1,298万1,668円。


 款の17、寄附金。1、寄附金。1、一般寄附金60万1,000円、60万円。2、教育費寄附金30万1,000円、30万円。3、災害復旧費寄附金277万5,000円、277万5,318円。


 款の18、繰入金。項の1、基金繰入金。1、財政調整基金繰入金1億3,100万円、収入済み額も同額です。2、農村多元情報連絡施設等基金繰入金7,250万円、収入済み額も同額です。


 3、地域福祉基金繰入金1,182万5,000円、1,182万5,972円。4、ふるさと農村活性化基金繰入金3万3,000円、1万6,709円。5、農業集落排水事業推進基金繰入金1,157万5,000円、収入済み額も同額でございます。6、地域活性化基金繰入金6,037万6,000円、収入済み額も同額でございます。7、きらりタウン赤碕定住促進基金繰入金280万円、収入済み額も一緒です。8の下水道事業推進基金繰入金8,244万円、収入済み額も同額でございます。はぐっていただきまして、9、東伯小学校門脇教育図書購入基金繰入金6,000円、収入済み額も同額でございます。10の林原育英奨学基金繰入金48万円、収入済み額も同額でございます。11、CATV整備促進基金繰入金7万2,000円、7万2,678円。12、肉用牛特別導入事業基金繰入金42万5,000円、42万5,333円。


 項の2、老人保健特別会計繰入金。1、老人保健特別会計繰入金772万4,000円、772万3,297円。3、介護保険特別会計1,175万5,000円、1,175万5,177円。4番の下水道事業特別会計繰入金9,464万円は収入済み額も同額でございます。5の農業集落排水事業特別会計繰入金674万3,000円につきましても、収入済み額と同額でございます。


 19、繰越金につきましては、目の1繰越金1億9,926万5,000円、1億9,926万5,121円。1、繰越金(繰越明許)5,301万2,895円、5,301万2,895円です。


 款の20、諸収入。項の1、延滞金加算金及び過料。1、延滞金65万円、117万437円。


 2、町預金利子は100万円、188万7,900円です。


 3の貸付金元利収入。目の1、社会福祉資金小口貸付金元金収入300万円、収入済み額も同額でございます。2、中小企業貸付金元金収入1億534万1,000円も収入済み額と同額でございます。3番の奨学資金貸付金元利収入214万2,000円、133万3,707円、収入未済額76万8,800円は2人分でございます。目の4、大学入学資金貸付金元金収入122万1,000円、80万1,742円で、収入未済額81万5,484円ですが、内訳は大学入学資金貸付金元利収入が44万5,484円で2人分でございます。また、2番の林原育英奨学資金貸与元金収入37万円につきましては1人分でございます。目の5、地域総合整備資金貸付金元金収入5,266万8,000円は収入済み額と同額でございます。6、勤労者住宅建設資金貸付金元利収入1,000万4,000円、1,003万9,890円。


 4、受託事業収入。1、高額療養費受託事業収入1万円のゼロ。2、デジタル設備導入事業受託事業収入1,055万6,000円、1,054万円。


 項の5、雑入。1、滞納処分費1,000円のゼロでございます。はぐっていただきまして、目の2、弁償金1万円のゼロ。3、雑入1億7,050万2,000円、1億8,671万1,223円で、収入未済額190円につきましてはコピー料でございます。それから3の雑入(繰越明許費)2,090万9,000円、収入済み額も同額でございます。


 21、町債。1、町債。1、総務債3億58万4,000円、収入済み額も同額です。総務債の繰越明許2,660万円も収入済み額と同額でございます。2の農林水産業債5億2,610万円、5億660万円。2、農林水産業債(繰越明許)1,129万円、1,130万円。3、土木債9,500万円、7,840万円。3、土木債(繰越明許)1,110万円、990万円。4、合併特例債5億6,910万円、5億3,140万円。5、災害復旧事業債7,490万円、2,770万円。5、災害復旧事業債(繰越明許)150万円、140万円。6、教育債2,530万円、収入済み額も同額でございます。6、教育債(繰越明許)4億2,250万円、3億5,460万円。


 歳入合計の予算現計が110億6,330万8,500円、収入済み額が107億8,404万3,984円、不納欠損額が630万5,379円、収入未済額が1億3,996万2,044円で、一番最後のページ、56ページの実質収支に関する調書でございますが、1、歳入総額107億8,404万3,984円。2、歳出総額105億2,890万8,953円。3、歳入歳出差し引き額2億5,513万5,031円。4番の翌年度へ繰り越すべき財源、(2)の繰越明許費繰越額が5,330万3,700円でございまして、5の実質収支額は2億183万1,331円でございます。自治法で定められた基金繰入額は行っておりません。


 以上、簡単ではございましたが、一般会計の説明を終わらせていただきます。


○副議長(山下 一成君) 御苦労さんでした。


 それでは、午前中はこれで終わります。午後再開は1時半にしましょうか。御苦労さんでした。


                午後0時15分休憩


      ───────────────────────────────


                午後1時30分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 続いて、議案第100号、平成19年度琴浦町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてを町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成19年度の国民健康保険特別会計の決算につきまして説明をさせていただきます。


 まず、お手数ですが歳出の方から説明をさせていただきます。9ページをお願いいたします。説明は、目を中心といたしまして、それから支出済み額と不用額。なお、不用額につきましては50万円以上のものについて説明をさせていただきます。


 まず、総務費の1、一般管理費でありますが、支出済み額3,614万88円、不用額251万8,912円。これは実績によるものでございます。2、繰り越し分ですが、これは後期高齢者医療関連システム改修に伴います委託料ですが、743万4,000円、不用額56万7,000円、これも実績でございます。3、連合会負担金267万7,425円、不用額575円。


 それから、項の2、徴税費。1、賦課徴収費でございますが、26万6,298円で19万9,702円。2、滞納処分費はございません。


 それから、運営協議会費4万4,711円で、11万3,289円。


 それから、10ページでございます。保険給付費でございますが、1、一般被保険者療養給付費9億1,331万9,609円、2,508万391円の不用でございます。これは給付が見込みより減ったことによるものでございます。この大きな不用になっておりますが、年度末に一般被保険者を職権適用ということで退職分に振りかえております。その額が726万ほどございますので、その関係で大きな額になっております。2、退職被保険者等療養給付費でございますが、3億9,446万4,582円、80万8,418円の残は見込みより減ったものでございます。3、一般被保険者療養費298万2,396円、66万5,604円の残は見込みより減ったものでございます。それから4、退職被保険者等療養費94万9,824円、不用額28万6,176円。それから5、審査支払い業務費570万9,416円で、2万4,584円。


 それから、高額療養費の1、一般被保険者高額療養費9,359万5,410円、292万6,590円不用となっております。これは実績によるものでございます。それから2、退職被保険者等高額療養費2,139万4,849円で、18万1,151円でございます。


 出産育児一時金は16人分で、560万円。245万円の残は見込みより減ったものでございます。


 葬祭費は205人分で、410万円でございます。


 項の5、移送費はございません。


 はぐっていただきまして11ページ、老人保健拠出金でございます。1、医療費拠出金でございます。4億143万9,919円で81円。それから2、事務費の拠出金は881万7,849円で151円でございます。


 介護納付費は1億2,202万2,263円で、737円でございます。


 共同事業拠出金、1、高額医療費共同事業拠出金ですが、これは80万円以上の医療費の共同事業でございます。3,524万394円で606円でございます。保険財政共同安定化事業拠出金、これは30万円以上の医療費の共同事業でございますが、2億3,162万7,657円で343円。3、保険財政共同安定化事業事務費拠出金はございません。4、その他の共同事業拠出金は858円で、9,142円でございます。


 それから、保健事業費の中の保健事業推進費でございます。492万7,794円、96万4,206円の残は実績によるものでございます。


 諸支出金でございます。還付金の1、一般被保険者分でございます。170万7,600円、79万2,400円の残は見込みより減ったものでございます。65件分を支払っております。2、退職被保険者分14万6,900円で、5万3,100円、5件分を支払っております。


 それから、項の2ですが、還付加算金はございません。


 3の諸費、国庫支出金等返納金1,713万8,161円で、839円。これは療養費の負担金を国庫に返納したものでございます。


 それから、基金積立金の財政調整基金積立金3,520万4,197円で3,803円でございます。繰越金のうち2分の1を積み立てしたものでございます。


 款の9、公債費はございません。款の10、予備費もございません。


 支出済み額合計で23億4,695万2,200円でございます。


 歳入の方に戻っていただきまして、6ページをお願いします。


 これにつきましても、目それから収入済み額、収入未済額は主なものについて説明をさせていただきます。


 まず、国民健康保険税でございます。1、一般被保険者国民健康保険税でございます。5億1,490万750円、不納欠損が23人分で169万3,800円、収入未済額が8,949万9,491円。内訳といたしましては、現年課税が4億9,585万1,923円、収入未済額が2,502万3,240円。滞納繰越分につきましては1,904万8,827円、収入未済額は6,447万6,251円。現年分の未済につきましては1,446件分、滞納繰越分につきましては3,206件分でございます。それから2、退職被保険者等国民健康保険税でございますが、1億1,639万1,671円、収入未済額463万7,499円。現年分につきましては、1億1,469万5,031円、収入未済額が135万5,506円、滞納繰越分につきましては169万6,640円、収入未済額が328万1,993円でございまして、退職分の収入未済でございますが、現年分が160件、それから滞納繰越分につきましては224件でございます。


 それから、国庫支出金でございますが、1、事務費負担金はございません。2、療養給付費負担金4億7,119万9,813円でございます。3、高額医療費共同事業費負担金881万98円。


 国庫補助金の1の財政調整交付金でございますが、2億715万円でございます。2、特別対策費補助金はございません。


 療養給付費交付金でございます。4億876万9,453円でございます。


 7ページですが、共同事業交付金につきましては1、高額医療費共同事業費交付金が3,143万13円、それから2、保険財政共同安定化事業交付金2億3,202万5,426円でございます。


 それから、県支出金、県負担金の高額医療費共同事業負担金881万98円でございます。


 県の補助金の財政調整交付金ですが、9,175万1,000円でございます。


 財産収入といたしましては、利子及び配当金21万197円。これは財政調整基金の利息でございます。


 7の寄附金はございません。


 それから、8の繰入金、一般会計の繰入金ですが、1億6,917万5,540円ということで、これは基盤安定なり職員給与、出産育児等の繰り入れを行っております。


 それから、基金の繰入金、財政調整基金の繰入金ですが、5,500万円を基金から取り崩しております。


 諸収入ですが、8ページになります。延滞金でございます。1、一般被保険者の延滞金が116万1,692円、184件分となっております。


 預金利子ですけども、5,031円でございます。


 雑入でございますが、1、滞納処分費はございません。2、第三者納付金でございますが、4人分で71万3,274円でございます。3、返納金でございます。一般被保険者の返納金が85万6,396円でございます。雑入ですが、これは健康教室等の参加者の負担金等でございますが、71万5,798円。繰り越し分ですが、これは後期高齢者医療関連システムの改修に伴う県の定額補助ですが、250万円でございます。


 それから、繰越金で前年度繰越金ですが6,998万8,669円。繰り越し分が550万1,000円でございます。


 収入済み額合計23億9,706万5,919円となっておりまして、13ページの実質収支に関する調書を見ていただきますとおり、歳入歳出の差し引き額が5,011万3,719円となっております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第101号、平成19年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について、人権・同和教育課長の説明を求めます。


 人権・同和教育課長、澤田豊秋君。


○人権・同和教育課長(澤田 豊秋君) 失礼します。


 そうしますと、平成19年度の住宅新築資金等貸付事業特別会計の決算について説明をさせていただきます。


 最初に、歳出の方から説明したいと思います。18ページをお開きいただきたいと思います。目、支出済み額、不用額を中心に説明をさせていただきます。


 資金貸付事業費ですが、111万9,590円、不用額が1万410円です。


 次に公債費ですが、まず元金ですが、4,089万1,880円、不用額が120円です。次に利子ですが、816万7,982円、18円の不用額です。


 予備費ですが、予備費はゼロでございます。


 次に、繰上充用金ですが、5,947万7,102円、898円の不用額です。


 歳出の合計が1億965万6,554円でございました。


 次に、歳入の方ですけども、まず最初に住宅新築資金等貸付事業費補助金です。これにつきましては、611万9,000円の収入済み額でございました。


 次に、住宅新築資金貸付金の元利収入ですが、2,703万6,581円、未済額が1億369万4,119円、これは83件分でございます。その中の現年度収入ですが、1,611万7,737円、未済額が769万6,894円、これは29件分でございます。次に過年度収入ですが、1,091万8,844円、未済額が9,599万7,225円、54件分でございます。


 次に、改修資金の元利収入ですが、113万9,366円、未済額が1,573万6,089円、これは12件分でございます。そのうちの現年度分が72万4,578円、未済額が61万7,678円、これは2件分でございます。次に過年度収入ですが、41万4,788円、未済額が1,511万8,411円、これは10件分でございます。


 次に、宅地取得資金の元利収入でございます。836万2,240円、未済額が5,116万7,640円で、これが53件分でございます。その中の現年度収入が560万6,820円、未済額が412万6,618円で、これが20件分でございます。次に過年度収入ですが、275万5,420円、未済額が4,704万1,022円、これは33件分でございます。


 雑入はゼロでございます。


 収入合計が4,265万7,187円、収入未済額が1億7,059万7,848円、148件分でございます。


 最後の方に収支の調書をつけておりますが、歳入総額が4,265万7,187円、支出の総額が1億965万6,554円で、6,699万9,367円の赤字でございました。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第102号、平成19年度琴浦町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について、町民生活課長の説明を求めます。


 町民生活課長、山本秀正君。


○町民生活課長(山本 秀正君) それでは、平成19年度の琴浦町老人保健特別会計の決算につきまして説明をさせていただきます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。25ページをお願いいたします。説明は、目それから支出済み額と不用額。なお、不用額につきましては、50万円以上のものにつきまして説明をさせていただきます。


 初めに医療諸費でございますが、1、医療給付費26億3,870万2,930円、不用額は948万8,070円となっております。これは見込みより減ったことによるものでございます。それから2、医療支給費でございますが、2,805万8,030円、不用額は348万6,970円となっております。これも見込みより減ったものでございます。それから3、審査支払い業務費1,025万7,527円でございます。不用額は56万1,473円となっております。これも見込みより減ったものでございます。


 それから、諸支出金でございますが、医療費還付金はございません。繰出金、一般会計の繰出金、これは18年度の精算に伴うものですが、722万3,297円、不用額703円です。それから3、諸費、国県支出金等返納金ということですが、800万4,642円で358円です。医療費の交付金、これは基金であります。それから、県の負担金は先ほど言いました医療費交付金が51万、それから県の負担金が579万ということで、18年度の精算に伴って返納しております。それから、繰上充用金465万3,337円、不用額663円です。これは18年度の赤字分でございます。予備費はございません。


 支出済み額合計が26億9,739万9,763円となっております。


 歳入の方に返っていただきまして、23ページをお願いします。これにつきましても、目、それから収入済み額、収入未済額につきましては主なものについて説明させていただきます。


 まず、支払い基金交付金でございます。1、医療費の交付金、現年度分の医療費交付金ですが、13億6,045万3,000円となっております。それから2、審査費用交付金1,067万3,657円でございます。


 それから、国庫支出金の医療費負担金でございますが、現年度分の医療費負担金が8億2,822万6,368円、それから過年度分の医療費負担金が2,038万619円でございます。合計いたしますと、医療費の負担金が8億4,860万6,987円となっております。


 それから、県支出金の医療費負担金でございますが、すべて現年分の医療費負担金でございまして、2億1,577万6,000円でございます。


 それから、繰入金の一般会計繰入金でございます。町負担分でございますが、2億1,626万5,000円でございます。


 それから、前年度繰越金はございません。


 諸収入でございます。24ページですが、延滞金はございません。


 雑入の1、第三者納付金、これが3人分で112万9,960円でございます。2、返納金は1件で25万7,539円でございます。収入済み額の合計が26億5,316万2,143円ということで、26ページの実質収支に関する調書にも上げておりますが、歳入と歳出を引きまして4,423万7,620円の赤字となっております。これにつきましては、20年度の会計から繰上充用ということで処理させていただいております。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第103号、平成19年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてと、議案第104号、平成19年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についての2議案について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) 失礼します。


 それでは、議案第103号、平成19年度琴浦町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 30ページをお開きください。歳入ですが、目、収入済み額、収入未済額の順で説明させていただきます。


 まず、農林水産業費分担金でありますが、収入済み額2,001万円であります。これは農業集落排水事業の分担金として96件分であります。収入未済額31万9,000円は、19年度分6件分であります。


 次に、農林水産業費使用料でありまして、収入済み額3,697万454円であります。これは802件分であります。収入未済額186万5,243円、44件分。内訳としまして、18年度以前、過年度分ですけど20件、109万5,731円と19年度分24件、76万9,512円であります。


 続きまして、集落排水施設補助金でありますが、収入済み額7,100万円であります。国からの汚水処理施設整備交付金であります。


 一般会計繰入金は1億7,432万3,000円です。


 繰越金240万4,630円。これは前年度繰越金であります。


 雑入といたしまして825万536円、これは主に消費税還付金であります。


 続きまして、町債の農林水産業債でありますが、収入済み額8,770万円であります。農業集落排水施設整備事業債7,260万円と辺地債1,510万円であります。


 はぐっていただきまして、31ページです。歳入総額4億65万8,620円であります。


 続きまして32ページ、歳出でありますが、同じく目、支出済み額、不用額の順で説明させていただきます。


 施設整備事業費でありますが、支出済み額2億568万6,601円で、不用額33万399円です。不用額の主なものは、12、役務費、不用額14万550円でありますが、これは汚泥処理手数料の減であります。


 続きまして、公債費のうち元金支出済み額1億1,374万6,344円の不用額656円であります。また、利子におきましては支出済み額7,508万5,785円、不用額215円です。


 支出合計3億9,451万8,730円、次年度への繰越明許費8,153万円であります。


 はぐっていただきまして33ページでありますが、収入総額4億65万8,620円、支出総額3億9,451万8,730円、歳入歳出差し引き613万9,890円、翌年度へ繰り越すべき財源のうち繰越明許費423万円、差し引き実質収支額190万9,890円であります。


 以上が農業集落排水事業特別会計歳入歳出の決算認定の内容です。


 引き続きまして、議案第104号、平成19年度琴浦町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明申し上げます。


 37ページをお願いします。同じく目、収入済み額、収入未済額の順で説明をさせていただきます。


 下水道費負担金でありますが、収入済み額1億2,662万8,000円です。これは下水道負担金914件分であります。収入未済額1,602万4,500円で、265件分であります。内訳としまして、過年度分143件、940万円、19年度122件、662万4,500円であります。


 次に、下水道使用料でありますが、収入済み額7,134万8,358円であります。これは1,489件分であります。収入未済額194万4,658円であります。71件分、内訳としまして過年度分20件、64万8,816円と19年度分51件、129万5,842円であります。


 次に手数料でありますが、収入済み額3万円、これは排水設備指定工事店申請手数料の6件分であります。


 続きまして事業費、国庫補助金でありますが、収入済み額2億70万円です。国からの下水道補助金であります。また、繰越明許費でありますが、6,020万円であります。


 一般会計繰入金2億5,555万7,000円。繰越金590万4,941円、これは前年度繰越金であります。また、繰越明許に伴う前年度繰越金が935万円であります。


 38ページをお願いいたします。雑入2,475万2,962円、これは主に消費税還付金であります。


 町債でありますが、下水道事業債であります。収入済み額2億6,530万円、繰越明許でありますが、1億130万円であります。


 歳入合計11億2,107万1,261円であります。


 続きまして、39ページをお願いします。同じく目、支出済み額、不用額の順で説明させていただきます。


 下水道整備費でありますが、支出済み額6億5,173万2,640円、これは下水道工事及びこれに伴う水道管移転補償費、委託料として県技術センターへの管理監督費の事務費相当分であります。不用額70万9,360円、主な不用額の内訳でありますが、3、職員手当等29万7,229円、これは時間外手当等の減であります。9、旅費11万3,700円、これは工場検査を日帰りで実施したためであります。繰越明許でありますが、支出済み額1億7,084万1,360円、不用額8,640円であります。


 続きまして、下水道維持管理費でありますが、支出済み額4,896万1,419円、これは浄化センター及び管渠等の維持管理費であります。不用額は64万7,581円、主な不用額の内訳ははぐっていただきまして40ページ、12、役務費の23万5,685円でありますが、通信運搬費の減です。また、13、委託料の12万8,061円は汚泥処理に伴います減であります。


 公債費のうち元金でありますが、支出済み額1億3,458万8,717円の不用額1,283円であります。また、利子におきましては支出済み額1億410万268円、不用額7万8,732円であります。これは一時借入金分であります。


 歳出合計11億1,022万4,404円、次年度への繰越明許費8,949万円であります。


 41ページであります。歳入総額11億2,107万1,261円、歳出総額11億1,022万4,404円、歳入歳出差し引き額1,084万6,857円であります。翌年度へ繰り越すべき財源のうち、繰越明許費449万円、差し引き実質収支額635万6,857円であります。


 以上で下水道事業特別会計の歳入歳出決算認定について説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第105号、平成19年度琴浦町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について、健康福祉課長の説明を求めます。


 健康福祉課長、森美奈子君。


○健康福祉課長(森 美奈子君) それでは、平成19年度介護保険特別会計歳入歳出決算事項別明細書につきまして説明をさせていただきます。


 ページに沿って、歳入46ページから説明をさせていただきます。目、収入済み額、収入未済額と読み上げていきます。


 第1号被保険者2億8,952万1,499円、不納欠損額6,300円、収入未済額645万5,977円であります。未納者につきましては、134人分であります。現年度特別徴収保険料2億6,689万6,400円、収入未済額はゼロであります。現年度普通徴収保険料2,152万6,300円、不納欠損2,600円、これにつきましては職権で落としております。収入未済額229万4,700円、未納者66人であります。滞納繰越分普通徴収保険料109万8,799円、3,700円不納欠損を出しておりますが、これについては相続人のない死亡により落としております。収入未済額416万1,277円。68人分であります。


 督促手数料ゼロであります。


 介護給付費負担金、現年度分3億94万1,201円、過年度分はゼロであります。


 調整交付金、現年度調整交付金1億2,292万円。地域支援事業交付金(介護予防事業)分496万6,750円。地域支援事業交付金(包括的支援事業・任意事業)分767万1,075円。地域支援事業交付金(過年度分)9万8,051円。介護保険事業補助金(繰越明許)分125万2,000円であります。これにつきましては、後期高齢に対しましてのシステム分が繰越明許となっております。


 次のページに移ります。支払い基金交付金、介護給付交付金でありますが、5億1,119万4,000円であります。過年度分659万2,557円。地域支援事業支援交付金、現年度分615万8,000円。


 介護給付費負担金、現年度分2億3,701万9,000円、過年度分はゼロであります。


 次に、県補助金、地域支援事業交付金(介護予防事業)分、現年度分248万3,375円。地域支援事業(包括的支援事業)分383万5,537円、地域支援事業(過年度分)4万9,025円であります。


 次に、財産運用収入、利子及び配当金6万4,841円。


 一般会計繰入金、介護給付費繰入金でありますが、現年度分2億1,084万円であります。その他一般会計繰入金、職員給与分が2,015万円。地域支援事業繰入金、現年度分239万2,000円。地域支援事業、包括分でありますが1,242万2,000円であります。地域支援事業、過年度分でありますが200万4,024円であります。


 繰越金でありますが、3,251万4,574円。繰越金(繰越明許)分であります、256万円。システム分であります。


 延滞金、加算金及び過料でありますが、第1号被保険者延滞金はゼロであります。過料もゼロであります。


 雑入、滞納処分費ゼロであります。第三者納付金ゼロ、雑入49万2,900円であります。


 歳入合計17億9,668万9,409円、不納欠損6,300円、収入未済額645万5,977円であります。


 次に、歳出に移ります。49ページをお願いします。歳出でありますが、目の歳出額、不用額と説明をさせていただきます。


 一般管理費2,298万1,950円、不用額は20万1,050円であります。一般管理明許費でありますが、367万5,000円、13万7,000円の不用額を出しております。次に、連合会負担金616万9,785円、13万7,215円の不用額であります。包括支援センター運営費2,261万6,809円、229万2,191円でありますが、これにつきましては賃金の臨時職員の1名分を不用額として出ております。


 次に、賦課徴収費でありますが、58万8,608円、19万3,392円の不用額が出ております。滞納処分費ゼロであります。不用額は2,000円であります。


 介護認定審査会費364万1,272円、728円の不用額であります。認定調査等費320万5,205円、55万795円の不用額が出ておりますが、主なものにつきましては委託料の41万6,418円であります。


 計画策定委員会費1万8,000円、1万3,000円の不用額。


 包括支援センター運営協議会費2万円、1万7,000円の不用額。


 介護サービス等諸費でありますが、14億9,439万8,159円、不用額4,611万6,841円の不用額が出ておりますが、このサービス等諸費につきましては1カ月が大体1億2,000万円程度の給付額が必要でありますので、4,600万円程度は97%の執行率として考えております。


 次に、介護予防サービス等諸費でありますが、6,911万4,396円、322万6,604円であります。主なものといいましても、これにつきましても介護予防、要支援1・2の方々の利用の給付であります。


 審査手数料231万3,915円、13万2,085円であります。介護給付費請求処理システム料でありますが、89万3,892円、1万3,108円の不用額であります。


 高額介護サービス等諸費でありますが、2,116万487円、69万1,513円でありますが、これについても1カ月に大体110万円等の高額介護サービス費が要りますので、69万円程度出ておりますが、97%の執行率であります。


 特定入所者介護サービス等費でありますが、4,874万9,060円、81万4,940円でありますが、これは低所得者に対しての施設サービス、食費や居住費の限度額を超えた方々に対してのサービスをここで行うというものであります。


 財政安定化基金拠出金でありますが、172万6,323円であります。677円の不用額であります。


 介護予防特定高齢者施策事業費でありますが、1,717万6,539円、39万7,461円の不用額であります。介護予防一般高齢者施策事業費ですが、184万2,941円、18万7,059円の不用額であります。


 次に、任意事業でありますが、93万3,261円、40万3,739円の不用額であります。総合相談事業費でありますが、2万円、6万円の不用額であります。


 介護給付費準備積立金でありますが、1,306万4,841円、159円の不用額であります。


 利子でありますが、利子はございません。不用額が5万円出ております。


 次に、53ページ、第1号被保険者保険料還付金でありますが、26万400円であります。不用額は13万9,600円。償還金891万3,364円、636円の不用額であります。


 一般会計繰出金1,153万2,577円、423円の不用額であります。予備費はゼロであります。


 支出済み額17億5,501万6,784円であります。不用額は5,904万1,216円であります。


 歳入17億9,668万9,409円に対しまして、歳出総額は17億5,501万6,784円、差し引き額でありますが、4,167万2,625円、実質収支額が同額であります。


 次に、サービス勘定、58ページの方を説明させていただきます。


 歳入ですが、繰越金22万2,600円、収入済み額も同じくであります。収入未済額はゼロであります。


 歳入合計、22万2,600円でありますが、これは18年度プランを作成した収入が19年度に繰り越しされたものであります。


 59ページの歳出でありますが、繰出金、他会計繰出金22万2,600円、合計22万2,600円でありまして、これは一般会計の方に繰り入れております。


 実質収支に関する調書でありますが、歳入総額22万2,600円、歳出総額が22万2,600円。実質収支額はゼロであります。このサービス勘定につきましては19年度は廃止となりますので、これについてはもう18年度の繰り越し分を19年度の決算で計上しておるということであります。以上で終わります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第106号、平成19年度琴浦町八橋財産区特別会計歳入歳出決算認定についてから議案第113号、平成19年度安田財産区特別会計歳入歳出決算認定についてまでの議案について総務課長の説明を求めます。


 総務課長、前田順一君。


○総務課長(前田 順一君) 8つの財産区の決算について説明させていただきますが、一番最後に記載しておりますが、実質収支に関する調書を読み上げて説明にかえさせていただきます。


 初めに、八橋財産区の特別会計ですが、66ページをお開きください。


 歳入総額が2万2,847円、歳出総額はございませんので、実質収支額が2万2,847円でございました。


 浦安財産区特別会計歳入歳出決算認定ですが、72ページをお開きください。


 歳入総額は1万941円でした。歳出総額はございませんので、実質収支額が1万941円でした。


 続きまして、下郷の財産区の特別会計でございますが、78ページをお開きください。


 歳入総額が180円で歳出総額がありませんので、実質収支額が180円でございました。


 続きまして、上郷財産区の特別会計ですが、84ページをお開きください。歳入歳出ともありませんでした。


 続きまして、古布庄財産区特別会計歳入歳出決算ですが、90ページをお開きください。歳入総額が376円、歳出総額はございませんでした。実質収支額は376円でございます。


 赤碕財産区特別会計歳入歳出決算ですが、96ページをお開きください。


 歳入総額が1,832万1,867円、歳出総額が213万100円で、実質収支額が1,619万1,767円でした。


 成美財産区の特別会計の歳入歳出決算ですが、102ページをお開きください。


 歳入総額392万5,710円、歳出総額28万8,000円、歳入歳出差し引き額363万7,710円で、実質収支額も同額であります。


 安田財産区の特別会計の歳入歳出の決算でございますが、108ページをお開きください。


 歳入総額1,367万8,759円、歳出総額が121万9,189円で、歳入歳出差し引き額が1,245万9,570円で、実質収支額も同額であります。


 以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第114号、平成19年度琴浦町水道事業会計決算認定について、上下水道課長の説明を求めます。


 上下水道課長、松田稔君。


○上下水道課長(松田 稔君) 失礼いたします。


 議案第114号、平成19年度琴浦町水道事業会計決算認定について決算報告書により御説明させていただきます。


 1ページをお願いいたします。(1)収益的収入及び支出の収入でございますが、第1款水道事業収益決算額2億8,239万4,139円。うち、仮受け消費税1,295万8,053円でございます。内訳といたしまして、営業収益2億7,651万9,571円、うち仮受け消費税1,284万1,254円であります。営業外収益587万4,561円、うち仮受け消費税11万6,799円であります。


 続きまして、支出でございます。水道事業費用、決算額2億5,521万3,471円、うち仮払い消費税230万3,695円でございます。内訳といたしまして、営業費用1億8,691万9,057円、うち仮払い消費税230万3,695円。営業外費用6,753万5,514円、特別損失75万8,900円であります。


 はぐっていただきまして、2ページ、2、資本的収入及び支出の収入でございますが、資本的収入決算額1億1,712万8,047円でございます。内訳といたしまして、企業債2,000万円、他会計出資金129万1,467円、工事負担金8,583万6,580円、補助金1,000万円であります。


 続きまして、支出でありますが、資本的支出決算額2億5,570万7,276円、うち仮払い消費税810万2,652円でございます。内訳といたしまして、建設改良費1億7,015万6,095円、うち仮払い消費税810万2,652円。企業債償還金8,555万1,181円であります。


 資本的収入が資本的支出に不足する額1億3,857万9,229円は、次のとおり補てんするものであります。


 過年度消費税資本的収支調整額402万6,544円、当年度消費税資本的収支調整額347万7,507円、過年度損益勘定留保資金9,223万1,944円、当年度損益勘定留保資金3,884万3,234円であります。


 はぐっていただきまして、3ページをお願いします。損益計算書でございます。


 1の営業収益は、給水収益、受託工事収益、その他営業収益を合わせまして2億6,367万8,317円であります。


 対しまして2の営業費用でありますが、原水及び浄水費からその他営業費用を合わせまして1億8,461万5,362円であります。


 差し引き営業利益7,906万2,955円であります。


 3の営業外収益は、預金利息、他会計補助金、雑収益を合わせまして差し引き6,177万7,752円の損失でございまして、営業利益と営業外損失を差し引きますと1,728万5,203円の営業利益となります。


 5の特別損失で過年度損益修正損75万8,900円の損失を差し引きますと、当年度純利益は1,652万6,303円となります。


 これによりまして、前年度繰越利益剰余金3,893万7,877円を合わせますと、当年度未処分利益剰余金は5,546万4,180円となります。


 4ページをお願いします。4ページの剰余金計算書でございます。


 まず、利益剰余金の部、1、減債積立金、(3)当年度処分額でありますが、これは財務省資金運用部で借り入れ分の79万2,195円、利率が7.15%を繰り上げ償還いたしましたので、(4)当年度末残高は8,756万4,568円であります。


 2、建設改良積立金の変更はございません。


 3の未処分利益剰余金では、前年度未処分利益剰余金3,893万7,877円であり、3ページで御説明しました当年度純利益1,652万6,303円を合計しまして、当年度未処分利益剰余金は5,546万4,180円であります。


 続きまして、資本剰余金の部でありますが、1、受贈財産評価額では、(3)当年度処分額としまして、集落排水事業に伴います配水管布設がえ工事により以西地区簡易水道でありました工事施工箇所229万420円発生いたしましたので、差し引き3億6,596万6,422円となります。


 2の寄附金でありますが、変更はございません。


 3の工事負担金では8,127万2,949円が当年度発生高で、計6億4,595万1,590円となります。


 4の他会計補助金は変更ございません。


 5の国庫補助金は、大父木地に配水池を築造いたします平成19年度工事の補助金1,000万円であります。


 よって、合わせて昨年度繰越資本剰余金は10億3,082万6,693円となります。


 次に、処分計算書(案)でございますが、平成19年度は純利益が1,652万6,303円ありましたので、その20分の1の82万7,000円を(1)減債積立金といたしました。差し引き5,463万7,180円を翌年度繰越利益剰余金とするものでございます。


 はぐっていただきまして、5ページの貸借対照表で資産の部から御説明いたします。


 1の固定資産で(1)有形固定資産でありますが、これは明細書11にございますのでよろしくお願いしたいと思います。土地から建設仮勘定の資産の種類があります。当年度の増減は、新たに発生する資産及び除却する資産をあらわしております。よって、年度末現在高が算出されています。減価償却累計額を差し引きすれば年度末償却未済額となり、合計された固定資産は32億1,003万5,542円であります。


 2の流動資産でありますが、(1)現金預金としまして3億7,595万9,014円、(2)未収金としまして国庫補助金1,000万円が年度内に入金にならなかったものと、水道使用料808件、1,756万4,087円を合わせたものが2,756万4,087円となります。(3)の貯蔵品はございません。流動資産の合計は4億352万3,101円であります。


 よって、固定及び流動資産を合わせますと、資産合計36億1,355万8,643円であります。


 続きまして、負債の部でありますが、流動負債として(1)未払い金のうち営業未払い金154万8,029円は3月分の電気代等と営業外未払い金は消費税精算額であり、負債合計としまして365万429円であります。


 続いて資本の部でありますが、自己資本金6億1,937万8,706円、借入資本金16億9,141万6,820円、資本金合計23億1,079万5,526円であります。


 5の剰余金でありますが、4ページのとおりでありますので省略させていただきます。


 剰余金合計12億9,911万2,688円で、合わせて資本合計36億990万8,214円となり、負債と合わせ3億1,355万8,643円となります。左の資産と同金額になるものであります。


 なお、6ページから12ページは省略させていただきたいと思いますが、6ページは1、概況、7ページには工事関係、8ページと9ページは業務内訳、10ページと11ページは収益と費用明細及び固定資産明細を上げております。そして12ページは企業債の明細一覧表でございますので、よろしくお願いしたいと思います。


 以上で終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由の説明と内容説明を終わります。


 ここで暫時15分間休憩いたします。2時45分まで休憩いたします。


                午後2時32分休憩


      ───────────────────────────────


                午後2時45分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 議案第99号から議案第114号までの平成19年度琴浦町各会計決算について監査委員から意見書の提出があり、代表監査委員の出席を求めておりますので、この際、監査委員の決算審査の意見概要について報告を求めます。


 代表監査委員、松田道昭君。


○代表監査委員(松田 道昭君) 地方自治法第121条によりまして、議会の審議に必要な説明のために議長から出席を求められました代表監査委員の松田であります。


 平成19年度決算審査は、議会選出の御崎委員とともに7月の18日から実施した財政の健全化法に基づく審査を皮切りに、約1カ月間にわたりまして実施をしたところでございます。


 審査結果は、御崎委員との合意に至った結果について70ページに及ぶ冊子にまとめ、監査意見書として皆様に提出しているところでありますが、改めてただいまより要点を絞って御説明いたします。


 審査は、一般会計、特別会計、財産管理、基金運用状況並びに企業会計の決算状況、新たに審査の対象となりました財政の健全化法に基づく指標の算定を対象に実施をしたところであります。


 これらの審査に当たりましては、関係法令に基づいて町長から提出された各会計の歳入歳出決算及び関係の附属資料、実質収支に関する調書などについて、収入支出事務は関係法令に基づき適正かつ計画的、効率的に処理をされ執行されているかなどについて、琴浦町の監査基準を踏まえつつ慎重に行ったところであります。もちろん関係諸帳簿との照合はもとより、必要な関係資料の提出を求め、関係職員の説明も聴取をし、現地視察も行った上、加えて昨年度実施いたしました定期監査結果なども加味しつつ決算審査を行ったところであります。


 決算審査の結果でありますが、審査に付された各会計の歳入歳出及び附属資料の計数は正確であり、予算の執行状況及び運用などにつきましてはおおむね適正に処理されていることを認めることができました。


 さて、総括意見でございますが、平成19年度の琴浦町当初予算は、政府の骨太方針2006に基づく地方財政計画が歳出抑制を基調としたものだけに、税源移譲による住民税の微増を見込みつつも、地方交付税の削減など差し引き対前年2億3,200万円余の減収を想定。これを前提に、行政事業の重要度と効率性を重視した計画として、当初予算89億8,300万円からの出発でありました。決算ベースで言えば、4ページの表4のとおり歳入総額107億8,404万3,984円、歳出総額105億2,890万8,953円、差し引き2億5,513万5,031円の黒字となり、翌年度に繰り越す財源を除いて実質収支額は3億183万1,331円となっております。


 なお、歳入の調定額に対する収入率は98.7%、収入未済額は1億3,996万2,000円、前年度対比5.7%増であります。これは主に個人住民税のフラット化に伴うものと判断しているところであります。不納欠損額は、対前年度比103.5%増の630万5,000円を出しております。


 歳出総額105億2,890万9,000円は、予算現額に対し95.2%の執行率であり、翌年度繰越額は3億2,662万7,000円、不用額2億777万2,000円を出しております。


 なお、町税を初めとする款項別歳入及び各事業費や公債費などの歳出内訳などは、5ページから8ページにかけまして記述しているとおりであります。御参照いただき、口頭説明は割愛といたします。


 国民健康保険など14の特別会計の収支は、8ページから14ページにかけまして用語解説も試みながら詳細を述べておりまして、口頭説明は省かせていただきます。


 ただ、住宅新築資金等貸付事業において歳入歳出差し引き額6,699万9,000円の赤字となり、翌年度歳入からの繰上充用で補てんをしているところであります。


 また、老人保健においても歳入歳出の差し引き額において4,423万8,000円の不足額となり、この赤字は翌年度歳入からの繰上充用で補てんをしているところであります。


 14ページから22ページにかけまして、財政の状況を財政統計上の普通会計、純計で明らかにし、対前年度比、増減比を出しながらそれぞれの財政的分析を行ったところであります。


 膨大であり口頭説明は省きますが、1点だけ申し上げますと、三割自治の実態を示す自主財源と依存財源の構成比較についてであります。17ページに明らかにしたとおり、自主財源は歳入総額の30.5%、依存財源は69.5%であり、前年度と対比すれば自主財源は12.7%の減少となっております。歳入に占める自主財源比率は、行政活動の自立性と安定度の尺度であり、地方の自立、地方の自由度等裁量権の拡大を求める数的実態を示すものとして地方自治体の悲願である地方分権促進の参考にしていただきたいと考えます。


 そのほか、経常収支比率や債務負担行為、公債費比率などは財政健全化法による指標算定と密接な関係を示すものであり、照合していただきたいところでございます。


 一時借入金の不適切利用が夕張市の財政破綻の一つの要因と言われておりますが、24ページに述べているとおり金利の伴う一時借り入れは極力避け、各基金からの繰りかえによる運用操作を一層進めるべきと考えます。


 次は懸案課題の一つである滞納整理状況でありますが、税金、使用料など各種の滞納と回収状況は24ページの表Kのとおりであります。前年度末滞納残額は4億3,240万2,000円であったものが、平成19年度末では3.5%増加し4億4,749万5,000円となっております。19年度に回収した過年度分収入額は7,074万8,000円で、前年度回収額より1%増となっております。これは回収努力の跡と考えておるところでありますが、一方、新たな滞納となる現年度分が前年度比4.7%増の9,542万7,000円発生しているところであります。


 区分ごとの状況は表をもって明らかにしたとおりであり割愛しますが、低所得者に直撃することとなったであろう税源移譲に伴う町民税のフラット化によるものと想定される個人住民税の71.9%増の滞納が特徴的と考えております。


 なお、自立執行権に基づく債権の滞納処分状況も明らかにしておきました。悪質と断定できる滞納者には、滞納連鎖を防止する意味においても引き続き強制執行手段を実施されたいのであります。また、特筆すべきものとして、多重債務などに苦しむ生活実態を調査をし実情に基づく回収方法を検討するなど、従来にない対策が実行されたことは評価できるところでございます。


 滞納整理問題に関し、今後の課題として結びにも提起しておりますが、生活相談室(仮称)の常設であります。頼りになる行政として、多重債務などに苦しむ人々がいつでも気軽に相談でき、これに応じる体制を整備をし、滞納整理問題と連動させながら生活改善、例えば借りかえあるいはおまとめローンなどの商品活用を含め、専門的アドバイザーとして頼りがいのある部門の設置を求めておきたいと思います。


 単町費による補助金状況についてであります。昨年度の決算意見書から取り上げているところでありますが、19年度状況は前年度と対比させながら27ページから34ページにかけまして増減状況を含め明らかにしておきました。


 補助金交付の判断基準である公益性に疑問のある対象業務の交付の廃止、財政上の観点からの1割カットなど、結果的に前年度対比23.6%の6,619万9,000円分が減少し、平成19年度決算時点では93事業、2億1,376万8,000円となっているところであります。


 必要と考えられる今後の検討課題は結びにおいて述べておきましたが、補助金問題は交付金額だけが問われるのではなく、地方自治法第232条の2による公益性の認定に基づく公平で合理的、社会的認知となる厳格な判断基準による結果か否かが問われるものと考えます。現行の補助金など交付規則は公益性を判断する根拠に乏しく、当該規則の改定が急がれるものと考えるところであります。


 次は、35ページから49ページの財産管理状況であります。


 まず、基金運用とその管理でありますが、新設の森林保全管理基金を加えた29基金の状況であります。決算年度中の増減の結果、財政調整積立金、地域振興基金などの積み立てにより差し引き5億3,022万7,000円の増加となり、決算年度末残高は32億5,130万円となっているところであります。


 公有財産における土地、建物及び物品状況を含めた各基金の増減とその理由などの詳細は意見書で述べております。御参照いただき、口頭説明は割愛とさせていただきます。


 次は公営企業、水道事業の審査結果について御説明いたします。


 審査に当たりましては、当事業の経営状況及び財務状況が関係法令に準拠し、適正に処理されているかどうか。さらに、地方公営企業法第3条に基づき企業の運営が常に経済性を発揮し、本来の目的である公共の福祉を増進されるよう運営されているかどうかを主眼に審査を行ったところであります。


 結果は、財政状況、経営成績、工事状況など適正に表示をし、決算計数についても誤りやふぞろいはないものと認めることができました。


 以下、要点に絞り御説明いたします。


 経営状況にかかわる給水人口は前年度より249人減少、有収水量、給水人口、配水量など減少の数的変化は51ページに述べたとおりであります。


 結果、1立方メートル当たりの供給単価は148円29銭、給水原価は143円47銭となっているところであります。


 経理状況でありますが、収益的収支決算は表Bの水道事業損益計算書に詳細に示されたとおり、営業収益、営業外収益、計2億6,943万6,079円、営業費用、営業外費用など支出額は計2億5,215万840円でありまして、差し引き1,728万5,239円の経常利益を上げているところであります。


 また、過年度に生じた不納欠損額75万8,900円を補い、当年度純利益は1,652万6,303円を計上しているものであります。これに前年度からの繰越利益剰余金3,893万7,877円を加え、5,546万4,180円の当年度未処分利益剰余金となっているところであります。


 ページ53の資本的収支でありますが、差し引き1億3,857万9,229円の不足額を出したのでありますが、過年度損益勘定留保資金、当年度損益勘定留保資金及び過年度消費税資本的収支調整額などから補てんをし、これによりまして結果、平成19年度末損益勘定留保資金残高は6,274万1,864円となっております。


 なお、貸借対照表は表Fに示しておりますが、資産合計は36億1,355万8,643円であり、当然ながら負債資本合計額も同一であり、年度末例月検査における試算表とも合致をしており、年間を通じての経理の正確さを示すものとなっております。


 さて、口頭説明としては最後になりました。財政の健全化法による当町の健全化判断比率及び公営企業の資金不足比率の審査結果についてであります。


 同法第3条及び第22条の規定により、町長から提出された指標算定の基礎となった証拠書類を中心に、総務省の指導と思われる90ページに及ぶチェックポイントを示した算定資料等を参考にしながら審査を実施したところであります。


 当該の基準により算定された比率は実質的な財政状況を明らかにし、これが今後の財政運営上の基礎数値となるがゆえに、その認定に当たりましては算定の基礎となった根拠書類はもとより相互に関連する基礎資料の突合を行うなど、客観性、正確性などについて厳重な審査を行ったところであります。


 審査の結果でありますが、いずれも法令に基づく算定方式に準拠し、適正に作成され、その基礎となった数値も正確であることを認めることができました。


 その結果、61ページのA表に掲載のとおり4指標と公営企業の資金不足比率はいずれも負の値及びα値以下を示し、健全性を確保していることが明らかになったところであります。指標算定の審理を通じての監査意見として申し上げれば、監査委員はこれまでにも増して自治体の財政や経営に関する事柄について適法性、正確性、有効性などの判断力、指摘力が問われ、加えて平成23年度から実施とされる公会計の導入整備を思えば、より専門性、独立性が要求されることとなったと考え、現在の非常勤監査の物理的限界を感じざるを得ないところでございます。


 指標算定結果の監査委員としてのコメントは64ページに述べたとおり、一たんα値を超えた場合は早期健全化計画を策定するとしても、基本的、数値的には歳入である分母の拡大か、あるいは歳出である分子の縮小を図るかにあるのであります。歳入増加の安定的継続性は望めない今日的実態の中で、勢い歳出の縮小にシフトせざるを得ないのは当然であります。


 したがって、日ごろから財政体力に応じた歳出という財政運営上の原則を踏まえた行政執行を心がけることが重要であります。


 議決権を持つ議会としても、課せられているチェック機能により磨きをかけ、事業の緊急度、重要度、住民の平均的納得度を議会議決の原則とし、二元代表制における議会の責任として説明と自信の持てる段階で議決するなど、拙速を避けた慎重な歳出決定がより重要となったのであります。


 また今後、行政として検討すべきと考えられる1点を申し上げれば、算定した指標数値が今後の財政運営、行政経営に有効に活用できるよう19年度の比率をもとにした琴浦町独自の限界値を設定し、これを目標値に総合計画と連動した年次計画を策定するなど、財政の定期健康診断である健全化比率の有効な活用方法の検討をされたいのであります。


 行政、議会、そして監査委員が健全化法の制定を機に一層課せられた責務の実行に磨きをかけ、財政的持続性を展望した今日的課題を共有しながら、琴浦町民の幸せのために協働歩調をとりたいものと考える次第であります。


 決算審査の結果は、総体的に財政状況の緊迫性とあるべき今後の教訓を随所に示した内容でありました。


 平成21年度の国家予算の概要を見ましても、一層激しい歳出抑制は明らかであります。本町もますます厳しい財政運営を迫られるのは必至であります。琴浦町の財政状況の認識は、以下の状況でも察することができます。すなわち、臨時財政対策発行可能額を含めた標準財政規模は59億8,228万3,000円、現金預金は公営企業の流動資産を加え36億2,725万9,000円、これに対し借金残高は企業債などを含め248億5,045万8,000円となっております。公債費は義務的経費として投資的経費を圧迫し続け、交付税も見直しが検討される状況下では、一般経費はもちろん投資的経費にも国、県補助金事業に関係なく慎重な歳出の検討が重要であり、事業の緊急度、重要度に集中した事業選択のもとに地域の発展のため一層の努力と工夫が求められるのでございます。


 町民との共同参画による町づくりの促進、相互扶助、共生社会の土壌整備など限りない町政の発展を願い、決算審査の結果報告といたします。


○議長(福本 宗敏君) お諮りいたします。議事の都合により、この際、日程の順序を変更し、日程第24、議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を先議したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、日程の順序を変更し、議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を先議することに決しました。


 日程第24、議案第97号、平成20年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより議案第97号を採決いたします。


 本案を原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。本日提案された34議案のうち、ただいま先議していただきました1議案を除く33議案については、議事の都合上、最終日の25日に審議したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、この33議案については、最終日に審議を行うことに決しました。


 なお、平成19年度決算関係の16議案については、会期日程のとおり18日の本会議において総括質疑を行いたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、議案第99号から第114号までの16議案については、18日の総括質疑を行うことに決しました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(福本 宗敏君) 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。


 明日は午前9時30分に本会議を開き、町政に対する一般質問を行いますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。皆さん、御苦労さんでございました。


                午後3時09分散会


      ───────────────────────────────