議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成18年第4回定例会(第1日 6月15日)




平成18年第4回定例会(第1日 6月15日)





────────────────────────────────────────


  第4回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録 (第1日)


                        平成18年6月15日(木曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成18年6月15日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 18年陳情第7号 障害者が必要な福祉サービスを受けるための条件整備につい


             ての陳情書


日程第5 18年陳情第8号 琴浦町の「鳥」指定についての陳情書


日程第6 18年陳情第9号 出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及


             び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関


             する法律」の改正を求める陳情書


日程第7 18年陳情第10号 地方交付税制度の財源保障機能を堅持し、充実させる陳情書


日程第8 18年陳情第11号 最低保障年金の実施を求める陳情書


日程第9 議案第84号  琴浦町営下伊勢墓地条例の一部改正について


日程第10 議案第85号  琴浦町林原育英奨学基金条例の一部改正について


日程第11 議案第86号  琴浦町肉用牛特別導入事業基金条例の一部改正について


日程第12 議案第87号  琴浦町船上山人材活用加工販売施設条例の一部改正について


日程第13 議案第88号  琴浦町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の


            一部改正について


日程第14 議案第89号  平成18年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第90号  平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第16 議案第91号  平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第92号  平成18年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第18 議案第93号  平成18年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)


日程第19 議案第94号  平成18年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)


日程第20 議案第95号  琴浦町八橋ふれあいセンターの指定管理者の指定について


日程第21 議案第96号  琴浦町立東伯高齢者憩いの家の指定管理者の指定について


日程第22 議案第97号  琴浦町老人ふれあい工房の指定管理者の指定について


日程第23 議案第98号  琴浦町陶芸創作館の指定管理者の指定について


日程第24 議案第99号  琴浦町野菜共同出荷所の指定管理者の指定について


日程第25 議案第 100号 琴浦町一向平森林体験・交流センターの指定管理者の指定につ


            いて


日程第26 議案第 101号 琴浦町三本杉ふるさと分校、琴浦町南部ふるさと広場の指定管


            理者の指定について


日程第27 議案第 102号 琴浦町一向平バーベキューハウスの指定管理者の指定について


日程第28 議案第 103号 町道路線の認定について


日程第29 議案第 104号 町道路線の認定について


日程第30 議案第 105号 町道路線の認定について


日程第31 議案第 106号 町道路線の認定について


日程第32 議案第 107号 町道路線の認定について


日程第33 議案第 108号 町道路線の認定について


日程第34 議案第 109号 町道路線の認定について


日程第35 議案第 110号 専決処分について(平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業


            特別会計補正予算(第1号))


日程第36 議案第 111号 専決処分について(平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予


            算(第1号))


     ───────────────────────────────


                 本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 諸般の報告について


日程第4 18年陳情第7号 障害者が必要な福祉サービスを受けるための条件整備につい


             ての陳情書


日程第5 18年陳情第8号 琴浦町の「鳥」指定についての陳情書


日程第6 18年陳情第9号 出資法の上限金利の引き下げ等、「出資の受入れ、預り金及


             び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関


             する法律」の改正を求める陳情書


日程第7 18年陳情第10号 地方交付税制度の財源保障機能を堅持し、充実させる陳情書


日程第8 18年陳情第11号 最低保障年金の実施を求める陳情書


日程第9 議案第84号  琴浦町営下伊勢墓地条例の一部改正について


日程第10 議案第85号  琴浦町林原育英奨学基金条例の一部改正について


日程第11 議案第86号  琴浦町肉用牛特別導入事業基金条例の一部改正について


日程第12 議案第87号  琴浦町船上山人材活用加工販売施設条例の一部改正について


日程第13 議案第88号  琴浦町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の


            一部改正について


日程第14 議案第89号  平成18年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第90号  平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第16 議案第91号  平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第17 議案第92号  平成18年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第18 議案第93号  平成18年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)


日程第19 議案第94号  平成18年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)


日程第20 議案第95号  琴浦町八橋ふれあいセンターの指定管理者の指定について


日程第21 議案第96号  琴浦町立東伯高齢者憩いの家の指定管理者の指定について


日程第22 議案第97号  琴浦町老人ふれあい工房の指定管理者の指定について


日程第23 議案第98号  琴浦町陶芸創作館の指定管理者の指定について


日程第24 議案第99号  琴浦町野菜共同出荷所の指定管理者の指定について


日程第25 議案第 100号 琴浦町一向平森林体験・交流センターの指定管理者の指定につ


            いて


日程第26 議案第 101号 琴浦町三本杉ふるさと分校、琴浦町南部ふるさと広場の指定管


            理者の指定について


日程第27 議案第 102号 琴浦町一向平バーベキューハウスの指定管理者の指定について


日程第28 議案第 103号 町道路線の認定について


日程第29 議案第 104号 町道路線の認定について


日程第30 議案第 105号 町道路線の認定について


日程第31 議案第 106号 町道路線の認定について


日程第32 議案第 107号 町道路線の認定について


日程第33 議案第 108号 町道路線の認定について


日程第34 議案第 109号 町道路線の認定について


日程第35 議案第 110号 専決処分について(平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業


            特別会計補正予算(第1号))


日程第36 議案第 111号 専決処分について(平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予


            算(第1号))


     ───────────────────────────────


                出席議員(19名)


      1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


      4番 川 本 正一郎        5番 小 椋 正 和


      6番 手 嶋 正 巳        7番 新 藤 登 子


      8番 金 田   章        9番 武 尾 頼 信


      10番 青 亀 壽 宏        11番 坂 本 正 彦


      12番 定 常 博 敬        13番 前 田 智 章


      14番 桑 本   始        15番 井 木   裕


      16番 山 下 一 成        17番 大 田 友 義


      18番 御 崎   勤        19番 石 賀   栄


      20番 福 本 宗 敏


     ───────────────────────────────


                  欠席議員(1名)


      3番 高 塚   勝


     ───────────────────────────────


                  欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


               事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 大 田 順 子   局長補佐 ───── 藤 田 喜代美


     ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 田 中 満 雄  助役 ──────── 山 下 一 郎


 総務課長 ───── 松 岡 義 雄  企画情報課長 ──── 手 嶋 一 夫


 商工観光課長 ─── 山 本 富士雄  税務課長 ────── 中 原 成 文


 農林水産課長 ─── 山 ?   肇  町民生活課長 ──── 前 田 順 一


 保険課長 ───── 橋 井   操  健康福祉課長 ──── 森   美奈子


 建設課長 ───── 有 福 正 壽  上下水道課長 ──── 永 田 温 美


 出納室長 ───── 米 田 幸 博  分庁管理課長 ──── 坂 口 勝 康


 農業委員会事務局長  山 根 礼 子  教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ─── 中 波 仁 美  社会教育課長 ──── 大 谷 博 文


 人権・同和教育課長  澤 田 豊 秋  学校給食センター所長  中 山 美津江


     ───────────────────────────────





◎午前10時00分開会





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、おはようございます。ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第4回琴浦町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日届けのあった事故者は、議員では高塚勝君が日本建築積算協議会中国四国支部の役員会に出席のため欠席する旨の連絡がありました。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、7番、新藤登子君と8番、金田章君を指名いたします。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、会期についてを議題といたします。


 お諮りいたします。今期定例会の会期は、お手元の会期日程案のとおりであり、本日から21日までの7日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、会期日程案のとおり、本日から21日までの7日間と決定いたしました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告について





○議長(福本 宗敏君) 日程第3、諸般の報告については、時間の都合上、お手元に配付しております報告書をごらんいただくことで報告にかえさせていただきます。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 18年陳情第7号 から 日程第8 18年陳情第11号





○議長(福本 宗敏君) 日程第4、18年陳情第7号から、日程第8、18年陳情第11号までの5件を一括議題といたします。


 これらの陳情5件の内容につきましては、お手元に配付しております請願・陳情文書表のとおりであります。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております陳情5件につきましては、会議規則第92条、第95条の規定により、お手元に配付している請願・陳情文書表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に審査付託をしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま議題となっております陳情5件については、請願・陳情文書表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に審査付託することに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第84号 から 日程第36 議案第111号





○議長(福本 宗敏君) 日程第9、議案第84号から、日程第36、議案第111号まで、28議案を一括議題といたします。


 提案者の提案理由の説明を求めます。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 皆さん、おはようございます。早朝から御苦労さまでございます。よろしくお願いします。


 そうしますと、初めに、議案第84号の琴浦町下伊勢墓地条例の一部改正についてでございますが、琴浦町下伊勢墓地の所在地として条例に規定されているもののうち、琴浦町大字下伊勢字松山360番地1及び下伊勢字松山362番地1は、国土調査によりまして下伊勢字松山363番地1に合筆となっているために、これらを整備するために削除するものであります。


 次に、議案第85号、琴浦町林原育英奨学基金条例の一部改正についてであります。


 まず、基金の額ですが、基金の運用から生ずる収益は一般会計に計上して基金へ繰り入れることとしておりまして、将来的に基金の元金を上回る可能性があるために、基金の額を1,000万円から1,100万円に増額をしておくというものであります。また、基金を一般会計へ繰り入れて奨学金として貸し付けるため、処分の条文を追加するものでございます。


 次に、議案第86号、琴浦町肉用牛特別導入事業基金条例の一部改正についてでありますが、これは、基金から取り崩して一般会計予算へと繰り入れするために、必要な事項を定めるものでございます。


 次に、議案第87号、琴浦町船上山人材活用加工販売施設条例の一部改正についてでありますが、これは、当該施設について指定管理者制度を導入するための改正であります。


 指定管理者の選定につきましては、琴浦町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第8条第1号の規定によりまして公募を行わず、現在の管理委託先であります21世紀やまごく村を指定管理者として指定しようとするものであります。


 次に、議案第88号、琴浦町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正についてでありますが、これは、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律施行令が一部改正され、非常勤消防団員の処遇改善を図るため、消防団員退職報償金の支払い額を引き上げたことに伴うものでございます。


 次に、議案第89号、平成18年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は5,227万円を追加し、総額を88億8,661万2,000円とするものであります。


 歳出予算の主な内容は、高齢者の健康づくり推進事業、介護保険特別会計繰出金、国際交流員の設置、町道箆津国主線道路改良に伴う用地代と補償金、赤碕中学校体育館大規模改修工事、国県返納金等の増額、また国民健康保険特別会計繰出金、下水道事業特別会計繰出金、人件費等の減額であります。


 また、歳入の主な内容は、市町村合併支援交付金、数量調整円滑化推進事業費交付金、肉用牛特別導入事業基金繰入金、老人保健特別会計繰入金、高齢者の健康づくり推進事業費交付金、合併特例債等の増額、また奨学資金貸付金元利収入等の減額であります。


 地方債の補正は、第2表、地方債補正のとおりでございます。


 次に、議案第90号、平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、今回の補正は、老人保健拠出金、介護納付金、高額医療費拠出金などの額の決定、国民健康保険税の税率決定などによるものなどで、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,494万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ19億7,981万2,000円とするものでございます。


 次に、議案第91号の平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)についてでありますが、これは、平成17年度の医療諸費が確定をしまして、既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ805万6,000円を追加して、予算の総額を27億2,026万7,000円とするものであります。


 次に、議案第92号、平成18年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、歳入歳出それぞれ336万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を11億2,162万2,000円とするものであります。


 補正予算の歳入の主なものは、国庫負担金の510万円の増額に、一般会計繰入金173万2,000円の減額であります。歳出の主なものは、人事異動によります人件費263万2,000円の減額と、高規格道路東伯中山道路工事に伴う下水道管移転による調査設計委託料100万円と工事請負費500万円の増額であります。


 次に、議案第93号、平成18年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、今回の補正は、職員の異動による人件費等の減額、包括支援センターの設置に伴う人件費及び地域包括支援システム構築等による増額、広域連合負担金の額の決定による負担金の減額、地域支援事業のうち、高齢者食生活改善事業を一般会計予算の高齢者の健康づくり推進事業で行うため事業費の減額により、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,039万2,000円を追加をします。総額からでなしに総額に追加をし、歳入歳出予算の総額をそれぞれ16億9,755万5,000円とするものであります。


 次に、議案第94号であります。平成18年度琴浦町水道事業会計補正予算(第1号)でありますが、収益的収入及び支出のうち、収益的支出において人事異動による職員給与費等に係る経費としまして、営業費用24万5,000円を減額するものでございます。


 次に、議案第95号から102号までの8議案についてでありますが、これらは、地方自治法第244条の2第3項に規定する公の施設の指定管理者を指定することについて、同条第6項の規定により本議会の議決を求めるものであります。いずれも琴浦町公の施設に係る指定管理者の指定手続等に関する条例第8条第1号の規定により公募を行わず、現在管理を委託している団体等を指定管理者として選定しようとするものであります。


 したがいまして、議案第95号の琴浦町八橋ふれあいセンターの指定管理者の指定についてでありますが、これは、琴浦町八橋ふれあいセンターの指定管理者として、八橋振興会を指定しようとするものであります。


 指定理由につきましては、八橋振興会は平成5年度から当施設の維持管理に努め、地域住民の交流親睦、JR八橋駅の乗降者の便宜などに尽力をし、関係業務に係る良好な実績が認められるためでありまして、指定の期間は、平成18年9月1日から10年間としております。


 議案第96号の琴浦町立東伯高齢者憩いの家の指定管理者の指定について、あるいは議案第97号、琴浦町老人ふれあい工房の指定管理者の指定について、さらに議案第98号、琴浦町陶芸創作館の指定管理者の指定についての3議案でありますが、これは、当該施設の指定管理者として、社会福祉法人琴浦町社会福祉協議会を指定しようとするものであります。


 選定理由につきましては、本町在住の老人を対象に相互の親睦等の場として利用され、既に社会福祉協議会に管理していただいております。施設も社会福祉協議会に併設されている状況でもあります。当法人は適切な施設の維持管理に努め、利用者の便宜等に尽力し、関係業務に係る良好な実績もあることから、指定管理者に指定するものであります。指定の期間は、平成18年9月1日から10年間でございます。


 次に、議案第99号、琴浦町野菜共同出荷所の指定管理者の指定についてでありますが、これは、琴浦町野菜共同出荷所の指定管理者として、鳥取中央農業協同組合を指定しようとするものであります。


 選定理由につきましては、地域農業生産振興に寄与し、農業者との結びつきが強い優良な団体であること、また当該施設管理運営に当たりまして豊富な情報、実績を生かし、町施設栽培農業の促進を図ることができると期待されるからであります。指定の期間は、平成18年9月1日から5年間ということにしております。


 議案第100号、琴浦町一向平森林体験・交流センターの指定管理者の指定についてでありますが、これは、琴浦町一向平森林体験・交流センターの指定管理者として、一向平森林保全協会を指定しようとするものであります。


 選定理由につきましては、一向平森林保全協会は平成3年度から当該施設の維持管理に努め、来訪者、登山者の対応などに尽力し、関係業務に係る良好な実績が認められるためでありまして、指定の期間は、平成18年9月1日から10年間であります。


 議案第101号の琴浦町三本杉ふるさと分校、琴浦町南部ふるさと広場の指定管理者の指定についてでありますが、これは、琴浦町三本杉ふるさと分校、琴浦町南部ふるさと広場の指定管理者として、三本杉ふるさと分校管理委員会を指定しようとするものであります。


 指定理由につきましては、三本杉ふるさと分校管理委員会は平成6年度から当施設の維持管理に努め、地域の交流の促進など、関係業務に係る良好な実績が認められるためでありまして、指定の期間は、平成18年9月1日から10年間でございます。


 議案第102号の琴浦町一向平バーベキューハウスの指定管理者の指定についてでありますが、これは琴浦町一向平バーベキューハウスの指定管理者として、一向平森林保全協会を指定しようとするものでございます。


 選定理由につきましては、一向平森林保全協会は平成7年度から当施設の維持管理に努め、来訪者、登山者の憩いの場として、営業に関して良好な実績が認められるためであります。指定の期間は、平成18年9月1日から10年間であります。


 次に、議案第103号から議案第109号までの7議案でありますが、これらはいずれも町道路線の認定についてでございます。


 まず、議案第103号につきましては、これは寄附採納を受けました軽銀3号線、そして104号は軽銀4号線をということで町道認定を議決を求めるものでありますが、そこにございますように、20ページにございますが、軽銀3号線につきましては、琴浦町大字徳万字三石田168番地25先を起点といたしまして、終点が琴浦町大字徳万字三石田168番地25先まで、延長15.5メートルと非常に短いですが、103号につきましては軽銀3号線でございます。104号の軽銀4号線につきましては、琴浦町大字徳万字三石田168番地33の先から琴浦町大字徳万字三石田168番地33先までの、同じく15.5メートルを認定しようとするものであります。


 また、105号につきましては、浦安小学校のプールの完成によりましてつけかえになりました浦安小通学道2号線ということで認定にかけるものであります。22ページにございますが、起点を琴浦町大字上伊勢字西宮内55番地1先から、琴浦町大字上伊勢字西宮内53番地1先までの73メートルにわたって認定しようとするものであります。


 さらに、106号につきましては、新規に月の輪川西線ということで、23ページにございますが、琴浦町大字八幡の字山ノ下19番地2先から琴浦町大字八幡字中橋87番地1の先まで、483メートルにわたりまして月の輪川の左岸につきまして、以前町道認定をしておりましたけれども、これを廃止しておりましたので、このたび改めて認定に付すものであります。


 それから、議案第107号でございますが、これはきらり住宅1号線ということでございまして、24ページにございますが、起点を琴浦町大字赤碕字きらり2640番地1の先から琴浦町大字赤碕字きらり2640番地1の先、同番地でございますけれども、64.9メートルにつきまして町道認定をお諮りするものであります。


 さらに、108号につきましても、これもきらり住宅2号線ということできらり団地内でありますが、25ページにございますように、これも大字赤碕の字きらり2640番地1の先から同番地ということでございますが、延長が68.4メートルということで認定に付すものであります。


 さらに、議案第109号につきましても、これもきらり住宅3号線ということでございまして、起点をきらりの2640番地1の先からこれも同番地となっておりますが、16.4メートルを認定に付すものであります。


 次に、議案第110号、第111号の2議案についてでございますが、これらはいずれも地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分として補正予算につきまして、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものであります。


 議案第110号の平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)でありますが、これは、歳入歳出それぞれ6,205万円を増額をいたしまして、歳入歳出の合計額を1億1,318万5,000円とするものであります。


 その理由は、平成16年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計の決算におきまして、4,849万円の歳入欠陥があり、貸付金の元利償還金を徴収することに努力してまいりましたけれども、その後におきましても不足額が積み上がりまして、1,356万円の積み上げという結果になりまして、あわせまして17年度におきましては6,205万円の不足額となりました。つきましては、平成18年度当該会計の諸収入を財源とする繰り上げ充用を行ったものであります。


 議案第111号の平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予算の1号でありますが、これは、平成17年度老人保健特別会計におきまして歳入に不足が生じたため、平成18年度の歳入を繰り上げて充当するものであります。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,080万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ27億1,221万1,000円とするものであります。


 以上で提案理由の説明を終わりますが、議案の内容につきまして、議案第89号を総務課長、議案第90号、91号を保険課長、議案第92号を上下水道課長、議案第93号を健康福祉課長にそれぞれ説明をさせますので、よろしく御審議をくださいまして、御承認を賜りますようお願いをする次第であります。


○議長(福本 宗敏君) 続いて、議案第89号、平成18年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)について、総務課長の内容説明を求めます。


 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) それでは、議案第89号の平成18年度琴浦町一般会計補正予算、内容説明をさせていただきたいと思います。先ほどありましたように、5,227万円を追加いたしまして88億8,661万2,000円ということであります。


 初めに、歳出の方から説明をさせていただきたいと思います。10ページを開いていただきたいと思います。説明に入りますまでに少しちょっと内容説明をさせていただきますが、今回人件費の関係が約2,650万ほど減額いたしております。これの主なものは人事異動等がありまして、人件費が減になっておりますので、その点、給与あるいは手当、共済費等につきましては説明を省略させていただきたいと思います。


 それでは、総務管理費から説明をさせていただきます。10ページ、総務管理費、一般管理費でありますが、2,201万5,000円の減額であります。7番の賃金20万8,000円増額しております。これは町長車の職員さんの予算の組み替えでございます。それから11番の需用費74万3,000円。これにつきましては修繕料が主でありまして、64万3,000円組んでおりますが、本庁舎のドアなりあるいは議会の委員会室等を修繕等を考えております。15番の工事請負費です、29万円。これは駐車場の区画線の工事であります。20番の扶助費でありますが、10万円。災害見舞金ということで、今回ことし火災が多発しておりますので、組ませていただいております。企画費であります、188万2,000円の増。11番の需用費でありますが、42万円。修繕料ということで光ファイバーの断線による修繕料であります。諸費であります、44万1,000円の増。19番の負担金補助及び交付金でありますが、これはふるさと広域連合の負担金、退職手当の積立金等75万9,000円の増でありますし、あと未来中心の方の運営費が減額になっております。


 はぐっていただきまして、13ページ、社会福祉費、社会福祉総務費ということで114万3,000円の減額をいたしております。28番の繰出金でありますが、国保会計に133万6,000円の繰出金の減であります。社会福祉事業費ということで10万円の増。19番の負担金補助及び交付金でありますが、これは赤十字奉仕団の20周年記念事業の補助金でございます。


 はぐっていただきまして、14ページ、社会福祉費、老人福祉費977万8,000円の減。この中で8番でありますが、報償費62万4,000円の増。これは今回約200万ほどの高齢者の健康づくり事業というのが認可になりましたので、その関係でふえておりますので説明いたします。報償費ということでこれは医師とか食生活改善推進委員さん、そういうものの報償費であります。11番の需用費108万9,000円。これは講習会の材料費、リーフレット、そういうものでございます。13番の委託料37万円。これは検査委託であります。19番の負担金補助及び交付金110万円。これは外出支援サービスに対する補助金であります。それから障害者福祉費89万9,000円の増。19番の負担金補助及び交付金でありますが、ふるさと広域連合負担金ということで、これは精査によるものでございます。それから介護保険事業費ということで820万2,000円。28番の繰出金、介護保険特別会計への繰出金でございます。


 はぐっていただきまして、17ページ、清掃費であります。じんかい処理費135万7,000円。19番の負担金補助及び交付金であります。ふるさと広域連合の負担金ということで130万7,000円。これ最終処分地の起債償還金で償還分であります。それからし尿処理費68万6,000円の減。19番の負担金補助及び交付金でありますが、これもふるさと広域連合の負担金の減でありまして、クリーンセンターの修繕費であります。


 はぐっていただきまして、18ページ、農業費、農業総務費198万1,000円増。ここも数量調整円滑化事業ということで、転作関係の事務費が認められたということで増額しております。7番の賃金128万7,000円、12番の役務費でありますが、43万1,000円ということで、ここに手数料35万6,000円上げておりますが、これは大父の公園の登記手数料等であります。農業振興費727万5,000円の減額であります。19番の負担金補助及び交付金56万4,000円の減ということで、農地・水・農村環境保全向上活動支援事業負担金ということで、下の方に110万円の減額で、それから53万6,000円の増ということにしてありますが、これは鳥取県地域協議会へ支払って、そちらの方から支出していくということで、こういう予算組みになっております。これは岩本地区の関係であります。


 次に、19ページ、地籍調査事業費でありますが、845万円の減であります。14番の使用料及び賃借料ということで60万円上げております。これは大型コピー機の借り上げでございます。


 はぐっていただきまして、20ページ、地域振興費でありますが、366万2,000円の増を見ております。これは国際交流員のハンボルムさんの報償費なりあるいは旅費なり使用料等であります。


 次に、21ページであります。土木管理費、土木総務費455万4,000円の減。12番の役務費でありますが、20万組んでおります。これ町道の御蔵ヶ丘線隣接の町有地の分筆等の手数料であります。道路橋梁費、道路維持費ということで200万円増であります。15番の工事請負費、交通安全施設設置工事ということでカーブミラーなりあるいは白線等の工事費であります。道路新設改良費926万円の増。はぐっていただきまして、22ページ、13番の委託料1,500万円、それから15番の工事請負費1,500万円の減ということでしておりますが、これは町道釛上野線の舗装改修工事等の工事費から測量設計の委託料に組み替えております。17番の公有財産購入費290万円。これは町道箆津国主線の土地購入費であります。それから22番の補償補てん及び賠償金につきましても600万円を上げておりますが、箆津国主線の水道なりあるいは電柱なりTCB等、そういうものの補償金でございます。


 河川費、河川維持費10万7,000円の減であります。12番の役務費ということで122万円計上しております。これ高規格道路関連に伴います洗川の河川敷の、約4,000平米ほどでありますが、分筆等の手数料でございます。それから17番の公有財産購入費でありますが、132万7,000円の減。これは単価の減でございます。それから都市計画費、公共下水道事業費ということで173万2,000円の減をしておりますが、28番の繰出金ということで下水道事業特別会計への繰出金は減額いたしております。


 次に、消防費でありますが、常備消防費383万3,000円の減。19番の負担金補助及び交付金でありますが、ふるさと広域連合の負担金が383万3,000円の減であります。これ退職手当基金の積立金あるいは倉吉西消防署の解体工事の終了に伴うものでございます。非常備消防費ということで321万8,000円の増でありますが、8番の報償費、これは退職者2名分であります、49万8,000円。それから需用費として272万円組んでおりますが、新基準服の購入であります。消防施設費81万2,000円の増であります。11番の需用費ということで38万6,000円。これはきらりタウンで5カ所消火栓の整備といいますか、それを考えておりますし、12番の役務費42万6,000円。これは手数料ということで防災無線の再免許事務の手数料でございます。


 教育総務費、事務局費として698万2,000円の増であります。はぐっていただきまして、24ページ、13番の委託料100万円。通学支援委託料ということでこれは社会福祉協議会の方へ委託するわけですが、次に19番の負担金補助及び交付金13万7,000円減にしておりますが、ここに通学支援負担ということで20万円減額いたしております。これは県費、それから町費込めまして100万で、先ほど言いました委託料を社会福祉協議会の方に委託するということでこちらは減額しております。21番の貸付金30万円。これは大学等入学資金の貸付金ということで1名分であります。


 小学校費、学校管理費1,222万6,000円の減。11番の需用費でありますが、32万4,000円、修繕料で上げております。これは赤碕小学校体育館の火災報知機あるいは東伯小のカーテンレール等であります。12番の役務費46万2,000円、手数料であります。これは浦安小学校の浄化槽の清掃手数ということであります。


 中学校費であります。学校管理費3,715万5,000円の増であります。15番の工事請負費2,115万円。これは赤碕中学校体育館の大規模改修工事ということで予算化しております。教育振興費101万2,000円。8番の報償費でありますが、79万9,000円。これは部活動外部指導者に対する報償金ということで、後で出てきますけど、県から100%来るお金であります。13番の委託料21万3,000円。青少年劇場巡回公演委託料であります。


 それから幼稚園費として176万2,000円の増であります。この7番の賃金187万7,000円ということで、臨時職員の手当でございます。


 はぐっていただきまして、27ページ、体育施設費295万円の増。11番の需用費でありますが、45万円。これ修繕料ということでサッカー場の芝の土ですか、そういうものであります。15番の工事請負費250万円。これはトレーニングセンターのアリーナの補修工事であります。給食センター運営費899万8,000円の増。11番の需用費17万1,000円。これは玄関ドア等の修繕であります。18番の備品購入費19万6,000円。これは冷蔵庫等、施設備品の購入でございます。


 諸費、国県支出金返納金ということで781万8,000円組んでおりますが、これは23番の償還金利子及び割引料ということで肉用牛の関係でありますが、返納金ということで上げさせていただいております。


 はぐっていただきまして、28ページ、予備費ということで874万8,000円の増ということで組ませていただいております。


 歳入の方に返っていただきたいと思います。7ページをお願いいたします。7ページ、歳入であります。使用料として総務使用料10万円増。これは赤碕地域コミュニティーセンターの使用料でございます。


 県補助金、総務費の補助金ということで136万円。これは総務管理費の補助金で市町村合併支援交付金でありますが、消防の新基準服の補助金であります。それから農林水産業費の補助金94万4,000円。農業費の補助金ということで195万1,000円。これは先ほどありました農地・水・農村環境保全向上活動支援事業費の補助金、こちらの方では減額になっております。それから有害鳥獣の被害防止対策費の補助金として100万7,000円。これは林業費補助金がありますが、それと組み替えでございます。それから数量調整円滑化推進事業費の交付金ということで、これが歳出の方でも申し上げました転作の事務の補助金、交付金でございます。それから教育費の補助金ということで167万1,000円。学校教育費補助金であります。これは運動部活動推進事業費の補助金ということで79万8,000円入っております。それから通学支援費の交付金ということで、これ2名分でありますが、80万円。


 財産売り払い収入、不動産売り払い収入ということで160万円であります。これは町道御蔵ヶ丘線隣接の町有地の売り払いの収入であります。


 はぐっていただきまして、8ページ、寄附金、教育費寄附金ということで10万円。学校給食センター費の寄附金ということで赤碕給食センターの方へ10万円寄附をいただいております。


 基金繰入金、肉用牛特別導入事業基金繰入金781万2,000円。基金からの繰り入れであります。それから老人保健特別会計繰入金ということで277万2,000円。これ過年度分の精算であります。


 貸付金元利収入ということで奨学資金貸付金元利収入48万7,000円の減額であります。これは17年に入金があって減額いたしております。


 雑入559万8,000円でありますが、主なものとしまして、退職消防団員の報償金2名分として49万8,000円。それから高齢者の健康づくり推進事業費交付金、これ新しい事業でありますが、187万円。それから学校給食用牛乳供給事業費補助金ということで、これは冷蔵庫の導入に使うわけですが、21万円。それからその他の雑入の関係で、ちょっとこれは組み替えております。その他特定財源の方が70万2,000円の減、それから一般財源の方が363万2,000円の増になっておりますが、下伊勢とそれから上郷公民館の下水の負担金といいますか、それを特定財源で組んでおりましたが、一般財源で組み替えます。それと職員の駐車料金270万円を見まして363万2,000円でありますし、あとはその特定財源の方は減額になっております。


 町債としまして総務債、合併特例債でありますが、2,300万円。これは赤碕中学校の体育館の関係であります。それから土木債としまして道路橋梁債ということで780万円。これは箆津国主線の関係でございます。


 一応歳入歳出以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第90号、平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてと、議案第91号、平成18年度琴浦町老人保健特別会計補正予算(第2号)についての2件について、保険課長の内容説明を求めます。


 保険課長、橋井操君。


○保険課長(橋井 操君) 失礼します。議案第90号、それから91号、2議案を説明をさせていただきます。


 まず最初に、議案第90号の国民健康保険特別会計補正予算(第1号)でありますけれども、歳入歳出それぞれ2,494万円を追加しまして、総額を19億7,981万2,000円とするものでございます。


 歳出の方から説明をさせていただきます。7ページをお願いします。7ページ、歳出、総務費の一般管理費ですけれども、133万6,000円の減であります。これは人事異動によりまして給与、職員手当、共済費等が減額するものでございます。それから款の2、保険給付費の目1、一般被保険者療養給付費でございますけれども、これは財源の組み替えを行っております。過年度収入を見ておるために財源の組み替えを行っております。


 はぐっていただきまして、8ページでございます。款の3、老人保健の拠出金でございます。目の1、医療費拠出金1,854万3,000円の増でございます。これは納付通知に基づいて増額するものでありまして、これは平成16年度の精算によって増になっております。それから目の2の事務費拠出金でございますけれども、8,000円の増額であります。これも納付通知に基づいて増額を行うものでございます。


 次に、介護納付金でございますけれども、558万4,000円の増であります。これも納付通知に基づいて増額するものですけれども、これも16年度の精算部分が増加したものでございます。


 それから款の5、共同事業拠出金でございます、214万1,000円の増でございます。これも見込みの額の通知が参りまして、それに通知に基づいて増額を行うものでございます。


 次に、歳入に戻っていただきまして、5ページをお願いします。5ページの国民健康保険税でございますけれども、一般被保険者国民保険税ですけれども、5,326万9,000円の減でございます。これは税率の決定によりまして今回減額を行うものでございまして、現年分が医療費給付費分3,130万7,000円の減、それから介護納付金分が2,196万2,000円の減となっております。それから退職被保険者等国民健康保険税ですけども、これは1,563万3,000円の増。内訳としましては、医療費給付費分が1,756万2,000円の増、介護納付金分が192万9,000円の減であります。


 それから国庫支出金であります。目の2の療養給付費の負担金2,707万1,000円の増でございます。これは現年度分につきましては823万1,000円でございます。これは老人保健の拠出金なり介護納付金、これが今回負担金の増になっておりますので、それを見込んで増額をしております。過年度分1,884万円の増を見込んでおります。これは年度末にかけまして、12月、1月、2月の給付費が大幅に伸びたということがありまして、過年度分収入を見込んだものでございます。それから高額医療費共同事業負担金でございますけれども、これは53万5,000円の増額でありますけれども、今回拠出金の見込み通知の増額に伴いまして4分の1の相当額を歳入に見込んだものでございます。それから国庫支出金の財政調整交付金でございます。217万円の増額でございます。これは普通調整交付金ということで老人保健の拠出金なり介護納付金の増によりまして9%相当を見込んでおります。


 それから療養給付費交付金でございますけれども、1,756万2,000円の減でございます。これは歳入の方で退職被保険者の国民健康保険税が増になっておりますんで、その分交付金が減になったものでございます。


 6ページをお願いします。県の支出金でございます。高額医療費の共同事業負担金53万5,000円の増でございます。これは先ほども国のところでも言いましたけれども、負担割合が4分の1ということで今回歳出の増になっておるものの4分の1の額をここに計上をさせていただいております。それから県支出金の財政調整交付金でございますけれども、168万7,000円ということで、これも老人保健拠出金なり介護納付金の増額に伴いまして、県の負担割合7%相当を計上したものでございます。


 それから繰入金の一般会計繰入金133万6,000円の減でございます。これは人件費の減によりまして一般会計からの繰り入れを減額するものでございます。


 それから財政調整基金の繰入金2,600万円の増額でございます。これは今回、前年度繰越金も2,300万ほど計上しておりますけれども、なおかつ財源が不足ということで2,600万円をここに計上をさせていただいております。


 前年度繰越金でございますけれども、見込みでございますけれども、2,347万6,000円を今回追加しております。おおむね繰越金の2分の1相当を今回計上をさせていただいておるものでございます。以上で90号の説明を終わります。


 それから第91号の老人保健特別会計補正予算の第2号でございますけれども、これにつきましては、歳入歳出それぞれ805万6,000円を追加しまして、27億2,026万7,000円とするものでございまして、提案理由の中でも町長の方が申し上げましたけれども、17年度の医療諸費の実績によるものでございます。


 最初に、歳出から説明をさせていただきます。6ページをお願いします。6ページの諸支出金、一般会計繰出金でございます。277万2,000円の増でございます。これは一般会計実績に基づきます精算によりまして一般会計に返すものでございます。それから諸支出金で国県支出金等返納金528万4,000円の増額でございます。これにつきましても17年度の実績による精算によりまして、支払い基金に257万8,000円、それから県へ270万5,000円等、返還をするものでございます。


 次に、歳入でございますけれども、前に戻っていただきまして、5ページでございますけれども、国庫支出金、医療費負担金ということで805万7,000円の増を行っております。これは国の国庫負担金医療費負担金ですけれども、精算により増額を行うものでございます。今年度追加交付されるものでございます。それから前年度繰越金でございますけど、1,000円の減でございますけれども、専決処分でさせていただいておりますけれども、赤字決算だったために今回前年度繰越金もゼロにさせていただいたものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(福本 宗敏君) ここで暫時10分間休憩いたします。11時から開会いたします。


              午前10時50分休憩


     ───────────────────────────────


              午前11時00分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 次に、議案第92号、平成18年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、上下水道課長の内容説明を求めます。


 上下水道課長、永田温美君。


○上下水道課長(永田 温美君) 議案第92号、平成18年度琴浦町下水道事業特別会計補正予算(第1号)の説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ336万8,000円を追加しまして、総額を11億2,162万2,000円とするものであります。


 次の第1表の歳入歳出予算補正の1ページから4ページは事項別明細書を省略させていただきまして、歳出の6ページから説明をさせていただきます。


 6ページの歳出、下水道整備費でございますが、263万2,000円の減額であります。これは4月の人事異動によりまして給与、手当、共済費の減額であります。続きまして、2番の下水道維持管理費でありますが、600万円の増額であります。内訳としましては、設計委託料100万円の増額と移転工事費500万円の増額であります。これは高規格道路東伯中山道路工事のうち、赤碕の上野地区で橋脚工事に伴いまして既に埋設してあります下水道管が支障となる旨、国土交通省からありました。よって、この移転工事費を早急に実施するため設計業務委託を行い、移転工事を実施しまして高規格道路の進捗に寄与するものでございます。


 続きまして、5ページに返っていただきまして、歳入でございますが、国庫負担金としまして負担金、公共下水道負担金510万円でございます。これは移転補償といいますか、移転工事費の国からの負担金であります。続きまして、繰入金でありますが、一般会計繰入金173万2,000円の減額であります。これは人事異動等によります減額によりまして一般会計繰入金の減額でございます。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、議案第93号、平成18年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)について、健康福祉課長の内容説明を求めます。


 健康福祉課長、森美奈子君。


○健康福祉課長(森 美奈子君) それでは、議案第93号、平成18年度琴浦町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算額の総額に歳入歳出それぞれ1,039万2,000円を追加し、歳入歳出総額を16億9,755万5,000円とするものであります。


 それでは、歳出の方から説明させていただきますので、7ページをお開きください。歳出ですが、総務管理費の一般管理費であります。補正額△の136万6,000円であります。2,307万4,000円でありますが、給料、職員手当、共済費につきましては職員の異動によるものでありまして、136万6,000円の減額をさせていただきます。


 3番の包括支援センター運営費ですが、1,425万7,000円を増額させていただきまして、3,038万8,000円であります。これにつきましては、先ほど提案理由で町長も申し上げましたが、包括支援センターが4月から立ち上がりまして、それに伴う職員の給与であります。給料、職員手当、共済費、賃金までは異動によるものであります。それから11番の需用費ですが、これは消耗品として4万円上げさせていただいております。次に、役務費の20万2,000円、手数料でありますが、これは7月から3月までの保守料でありまして、これは9カ月分見ております。国保連の請求が行うことになりましたので、これを予算に上げさせていただいております。


 次に、8ページに行かせていただきますが、委託料で283万5,000円。これは地域包括支援センターのシステムを構築し、委託料として一式283万5,000円を組ませていただいております。次に、介護認定審査会費でありますが、これは101万4,000円の減額をさせていただきまして、515万6,000円であります。これはふるさと広域連合の認定審査の負担金を減額させていただきました。次に、包括支援センター運営協議会費でありますが、当初組んでありませんでしたが、包括支援センターの運営を協議会を立ち上げることになりまして、委員会を9名で組織し、これを3回、4,600円ということで考えておりまして12万5,000円であります。消耗品を需用費で5,000円組ませていただいております。


 次に、地域支援事業、介護予防事業でありますが、介護予防一般高齢者施策事業としまして40万の減をさせていただきました。これにつきましては、17年度は介護予防事業を一般高齢者施策として予算を組んでおりましたが、介護保険の方で組み入れることになりまして、一応3月議会で組ませていただきましたが、一般会計の方で10分の10の補助金をとれることになりましたので、ここで落とさせていただきまして、40万の減を報償費と需用費を減額させていただくことになりました。


 次に、包括支援事業・任意事業の介護予防ケアマネジメント事業費でありますが、ここでも121万5,000円の減額をさせていただきます。これは低栄養の方々を対象にした独居の方、高齢者の方を対象とした事業でありますが、これも先ほど総務課長の方から説明をしていただきましたが、これについても同じく10分の10の事業がとれましたので、ここで減額をさせていただきまして、報償費を31万7,000円、需用費を85万8,000円、役務費を4万円の減をさせていただいております。以上で歳出の説明を終わらせていただきます。


 次に、5ページの方で歳入を説明させていただきます。介護保険料ですが、59万2,000円、2億7,465万7,000円でありますが、現年度分の普通徴収の保険料を増額させていただいております。


 次に、国庫支出金、国庫補助金の地域支援事業交付金介護予防事業の減額の10万円、247万3,000円になります。これは歳出の方で先ほど説明しましたが、一般会計の方で組ませていただくためにこの事業を減額しておりますので、ここで国庫補助金も10万円減額しております。次に、地域支援事業の交付金でありますが、ここでは142万4,000円増額させていただいて1,008万4,000円となります。これは包括支援センター人件費等が増額になりますので、ここで増額をさせていただいて交付金を増とさせていただいております。


 次に、支払い基金の交付金でありますが、地域支援事業の交付金減の12万4,000円、306万8,000円でありますが、先ほどの地域支援事業の減のために交付金も減となっております。


 次に、県の補助金でありますが、地域支援事業の交付金でありますが、5万円の減で123万6,000円となります。これは先ほども説明させていただきました介護予防事業の減のために交付金も減となる予定になります。次に、地域支援事業の交付金でありますが、71万2,000円の増となります。これにつきましても包括支援事業・任意事業の増によりまして、県の交付金も増額をさせていただいております。


 次に、6ページに行かせていただきます。これにつきましては、一般会計から繰入金を出していただくことになっておりますので、これは一般会計では民生費の方で介護保険事業で802万2,000円を予算化させていただいておりますが、逆に介護保険の方からは一般会計の繰入金減の225万円、4,011万3,000円。内訳としましては、一般管理費の職員の給与費が減になりましたので、事務費と職員給与の減をそこに上げさせていただいております。次に、地域支援事業の繰入金でありますが、5万円の減で123万6,000円。これにつきましては介護予防事業の事務費でありますので、減にさせていただきます。4番の地域支援事業の繰入金、これは包括支援事業と任意事業の1,050万2,000円であります。計としまして1,483万2,000円でありますが、包括支援センターの人件費が異動によりましてふえました。1,050万2,000円の増額であります。これにつきましては、介護保険の予算組みの中で人件費、事務費につきましては一般会計からの繰り入れとなっておりますので、このように増額をさせていただいております。


 次に、諸収入の雑入でありますが、△の26万4,000円で減額にさせていただいて、129万1,000円であります。これにつきましては、調理実習をしていただきましたとき、先ほどの予防事業で食事等をつくって参加していただいた方々につきましては、1回に200円を個人負担としていただいております。これを介護保険の方で組んでおりましたが、一般会計の方で雑入として組ませていただくことになりましたので、減額をさせていただいております。以上で説明を終わらせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由説明と内容説明を終わります。


 お諮りいたします。本日提案された28議案については、議事の都合上、最終日の21日に審議したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、この28議案については、最終日に審議を行うことに決しました。


     ─────────────・───・─────────────


○議長(福本 宗敏君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 次の本会議は明日16日午前10時に開きますので、定刻までに議場に御参集願います。


 本日はこれにて散会いたします。皆さん、御苦労さんでございました。


              午前11時14分散会


     ───────────────────────────────