議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成18年第2回定例会(第3日 3月14日)




平成18年第2回定例会(第3日 3月14日)





────────────────────────────────────────


  第2回 琴 浦 町 議 会 定 例 会 会 議 録 (第3日)


                        平成18年3月14日(火曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成18年3月14日 午前10時開議


日程第1 平成18年度本町各会計予算に対する総括質疑


     議案第47号 平成18年度琴浦町一般会計予算


     議案第48号 平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


     議案第49号 平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


     議案第50号 平成18年度琴浦町老人保健特別会計予算


     議案第51号 平成18年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


     議案第52号 平成18年度琴浦町下水道事業特別会計予算


     議案第53号 平成18年度琴浦町介護保険特別会計予算


     議案第54号〜議案第61号 平成18年度琴浦町各財産区特別会計予算


     議案第62号 平成18年度琴浦町水道事業会計予算


日程第2 平成18年度琴浦町各会計予算議案の委員会審査付託


日程第3 休会の議決


     ───────────────────────────────


                 本日の会議に付した事件


日程第1 平成18年度本町各会計予算に対する総括質疑


     議案第47号 平成18年度琴浦町一般会計予算


     議案第48号 平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計予算


     議案第49号 平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


     議案第50号 平成18年度琴浦町老人保健特別会計予算


     議案第51号 平成18年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算


     議案第52号 平成18年度琴浦町下水道事業特別会計予算


     議案第53号 平成18年度琴浦町介護保険特別会計予算


     議案第54号〜議案第61号 平成18年度琴浦町各財産区特別会計予算


     議案第62号 平成18年度琴浦町水道事業会計予算


日程第2 平成18年度琴浦町各会計予算議案の委員会審査付託


日程第3 休会の議決


     ───────────────────────────────


                出席議員(20名)


      1番 藤 堂 裕 史        2番 藤 本 則 明


      3番 高 塚   勝        4番 川 本 正一郎


      5番 小 椋 正 和        6番 手 嶋 正 巳


      7番 新 藤 登 子        8番 金 田   章


      9番 武 尾 頼 信        10番 青 亀 壽 宏


      11番 坂 本 正 彦        12番 定 常 博 敬


      13番 前 田 智 章        14番 桑 本   始


      15番 井 木   裕        16番 山 下 一 成


      17番 大 田 友 義        18番 御 崎   勤


      19番 石 賀   栄        20番 福 本 宗 敏


     ───────────────────────────────


                  欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


                  欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


               事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 大 田 順 子   局長補佐 ───── 藤 田 喜代美


     ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 田 中 満 雄  助役兼企画情報課長 ─ 山 下 一 郎


 総務課長 ───── 松 岡 義 雄  合併調整課長 ──── 山 根 礼 子


 商工観光課長 ─── 山 本 富士雄  税務課長 ────── 松 本 ひろみ


 地籍調査室長 ─── 中 原 成 文  農林水産課長 ──── 山 ?   肇


 町民生活課長 ─── 前 田 順 一  保険課長 ────── 橋 井   操


 健康福祉課長 ─── 森   美奈子  診療所事務長 ──── 大 谷 博 文


 建設課長 ───── 有 福 正 壽  上下水道課長 ──── 永 田 温 美


 出納室長 ───── 米 田 幸 博  分庁管理課長 ──── 坂 口 勝 康


 農業委員会事務局長  手 嶋 一 夫  教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ─── 中 波 仁 美  社会教育課長 ──── 加 藤 久 義


 人権・同和教育課長  澤 田 豊 秋  学校給食センター所長  中 山 美津江


     ───────────────────────────────





◎午前10時00分開議





○議長(福本 宗敏君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、本日の会議を開きます。


 きょうの欠席の届け者はございません。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 平成18年度本町各会計予算に対する総括質疑





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、平成18年度本町各会計予算に対する総括質疑を行います。


 質疑に当たっては、自己の議席番号を発声と同時に挙手していただき、議長の許可を得てから、質疑箇所を明示の上、行ってください。


 それでは、議案第47号、平成18年度琴浦町一般会計予算につきましては、分割して質疑を行います。


 最初に歳出から行います。31ページをお開きください。31ページ、議会費から47ページ、監査委員費まで、質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 32ページですけども、一般管理費の中に事業計画の概要、別冊の事業計画の概要の中に、庁舎建設事業でプロポーザルのことが載っておりますけれども、一般会計の方では項目的にはどこなのかということと、プロポーザルということはもう敷地も選定もされ、いよいよ設計事務所の方に発注されると思うんですけども、それの大体予定ですね、位置はもう決定になってるのか、またはいつまでに決定をしていつまでにこういうプロポーザルを出されるのかですね、それがまず第1点。


 それから、同じく33ページの退職手当負担金1億7,800万と、退職手当組合特別負担金8,000万の内容、人数とかそういうものですね。


 それから、34ページ、委託料、シルバー人材センター委託料135万6,000円の内容。


 それから、35ページ、28番、繰出金、財産区繰出金、以西小学校とか保育園ということが概要の方でありますけれども、これも内容、また収入に対してはどうなのか、財産区の方から入ってくるのか入ってこないのか。


 それから、36ページ、目の6番、CATVの管理費で1億900万余りですけども、これの具体的な内容ですね、どういうものなのか。音声告知とかその他だと思うんですけども、受益者数とかこの全体の内容ですね。その同じとこですけども、備品購入費というのがあります、18番に。これは37ページですけども、20個ということ、音声告知機20個ということですけども、147万、1個当たり7万円ぐらいいうことなんでしょうけども、ただの単品のあの音声告知機1つが7万ぐらいかかるのか、いやほかのものも入っているのかですね。


 それから、38ページ、15番、公開番組ステージ設置費用ですけども、ラジオの公開番組ということですけども、どういう内容の番組をされるのか。


 41ページ、諸費の中の19番、部落振興補助金、部落自治振興活動補助金。区長手当なのか部落の活動補助だと思うんですけども、この配分基準はどうなっておるのか。


 あと43ページ、これの19番、ふるさと広域連合負担金1,065万、これの内容ですね。


 45ページ、知事選挙費、この400万ですけども、人件費はどうなっているのか。以上、お願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) お答えいたしますが、基本的にはそれぞれのセクションの課長に答弁をさせますので、よろしくお願いをいただきたいと思います。


 まず、32ページのプロポーザルの件でございますけれども、これにつきましては、特に本予算ということは担当課長に説明させますが、まずはプロポーザルに出しまして、そしてどういう形のものをつくるということが明確にある程度影が見えてまいりませんと事業化ができない。事業化ができませんと用地取得等につきまして、今度は課税対象にどうしてもなってしまうというようなことがありまして、この事業化をまずするための予算でございます。


 それで後の32ページは、そういうことでプロポーザルのその後の御質問につきましては担当課長、合併調整課長が答えます。


 それから、33ページ、退職手当の人数、あるいは34ページ、シルバー人材の内容、あるいは35ページの財産区の繰出金につきましては、総務課長が答弁をいたします。


 それから、CAテレビの関係につきましては、36、37のページにつきましては、これは企画情報課長において答弁をさせます。


 それから、38ページの工事請負でございますが、これにつきましても、企画情報課長に答弁をさせます。


 それから、区長手当の41ページ、あるいは43ページのふるさと広域の関係、あるいは45ページの知事選等につきましては、総務課長において答弁をさせますので、よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 合併調整課長、山根礼子君。


○合併調整課長(山根 礼子君) 高塚議員にお答えいたします。


 このプロポーザルのことなんですが、これに関する予算ということですが、事業概要の方にもありますが、プロポーザルの審査委員の委員の報酬というので7万4,000円上げております。それと、委員の旅費、費用弁償で1万2,000円、庁舎建設設計選定プロポーザル設計手数料というので、手数料の中に100万を組んであります。それと、事業認定の手数料が15万8,000円、それと広告手数料が18万3,000円組んでおります。それで、この委員さん、例えば審査委員さんですが、今のところ計画しておりますのは、鳥取環境大学の先生とか、それから建築士協会の方から委員さん、庁舎検討委員会の議員代表の委員さん、それから区長会長さんとか、まちづくり委員の代表とか、町民を交えた、中に入れたようなものを審査委員会の委員として委嘱をしたいなと思っております。


 それに先立ちまして、例えば職員で編成します建設プロジェクトチームみたいなものを編成しまして、例えばどういう庁舎にしたら使い勝手がいいのかとか、そういうものも検討していきたいなと思っております。


 それと、いつごろ出すかということですが、とりあえず建設プロジェクトチームでどういうシステムがいいのかというのをまずみんなで検討していきたいなと思います。


 それと、建設協議会で、町民でつくるような、そういう協議会も立ち上げていきたいなと思っております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) まず、33ページですが、職員手当のところの退職手当組合の負担金、それから退職手当組合の特別負担金ということであります。まず、退職手当組合の負担金につきましては、職員の退手に対する積立金の負担金ということでありますし、それから、特別負担金につきましては、このたび16名の職員が退職いたしますので、その特別負担金ということでございます。


 それから、34ページのシルバーの委託でありますが、これは広報とか配布資料の委託料でございます。


 それから、35ページの繰出金の390万、財産区繰出金、これは実は旧町時代にですね、以西小学校、あるいは以西保育所を建てますときに、財産区の方から借り入れをしております。それの返済に充てるということでございます。


 それから、41ページでありますが、19番の負担金補助及び交付金、この中で部落自治振興補助金933万4,000円につきましては、これ区長手当であります。それから、部落自治振興活動補助金、これは以前の納税奨励金という言い方でしてたんですが、それを一応もとに基礎数値としまして、各部落に6割の部分を支払うという、活動費ということで各部落に払わせていただいているものであります。区長手当につきましては、ちょっと今細かく平等で区ごとに幾らとか、それから戸数で幾らというのがあるんですが、そこちょっと今数字がわかりませんので後でまた報告をさせていただきたいと思います。


 それから、43ページの19番の負担金補助及び交付金の1,065万3,000円ほどが広域でありますが、これは滞納整理事務に伴う負担金でございます。


 それから、45ページの知事選でありますが、これ4月に知事選が予定されておりますので、人件費等については新年度に予算化させていただくということでございます。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 企画情報課長、山下一郎君。


○助役兼企画情報課長(山下 一郎君) お答えをいたします。


 ページは36ページの6番のCATVの管理費ということでありますが、1億991万6,000円、これは基本的には通常の経費、経常的な経費ということになります。その中で備品につきましては、20個で割りますと約7万ちょっとになるわけであります。これはやはり新品の場合はそういう金額になっております。それはほかの家庭に配布してあります告知機等、ファクスをセットになったもんでありますけれども、それはそういうことになっておりまして、平成17年度からは新品は極力、今の20ほどにして、すべて修理でもって対応をしております。そういうことになりますし、それから、38ページの15の工事請負費の公開番組の分、これはNHKのラジオの公開番組ということで、6月の2日を予定をしております。それで2週にわたりまして1回の放送時間が約50分ぐらいだったと思います。50分、50分ということになります。出演者は、今のところ冠二郎と中村美津子が一応決まっておるという、そういう内容のものでございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) まずプロポーザルの件ですけども、私は仕事柄プロポーザルにも参加したことがありますし、そういうことであると思うんですけども、敷地も決まり規模も決まり、それが決まってから発注をされるわけですね。ですから、スケジュール的にはもう今年度中にプロポーザルをのせるということは、今年度中にはもう庁舎の位置だとか規模だとか、そういうものがもう完全に決まってそれをプロポーザルに出して、設計事務所がそのプロポーザルで提案をするということになると思うんですけども、その辺の確認をもう一度させていただきます。


 それから、このCATVの件ですけども、一般の管理費ということですけども、これは音声告知機に関する、旧東伯には各戸に音声告知機がついとるわけですけども、音声告知機にかかわる配線であるとか、それの維持管理のことでしょうか。TCB本社があってですね、あすこにも職員の方もおられますし、いろいろ機械もあるわけですけれども、という配線というか、あのTCBの中の施設のようなものも管理費に入ってるかどうかですね。受益者数というのが大体あそこで何戸ぐらいあるか、もしわかればですね、わからなければまたで結構ですけども。それと、よく音声告知機が故障をしてなかなか、前に私が町内会長をしていたときにはなかなか直らないと、故障しておるんだけどももう1カ月待ってくれ、2カ月待ってくれといったようなことがあったわけです。それで、これだけ普及しておるのにあんなものがそんな何カ月もかかるんかなあということをよく思ってたんですね。1個当たり7万ぐらいかかるんだそうですけども、もちろん1社独占の理由かもしませんけども、その辺は将来的にこれからどんどん出てくると思うんですけども、その辺はどうなのかということを再度お願いいたします。


 それと、あと公開ステージの中で、この番組の名前はわかりませんでしょうかね。何ていう番組、NHKの番組がですね。


 それから、43ページですね、ふるさと広域連合の負担金、1,000万のことですけども、滞納整理のことなんですけども、幾らの税金をこのふるさと広域連合に委託をして、それで入ってくると。1億入ってくるに対して1,000万払うのか、1,500万入ってくるのに1,000万払うのか、いや、もう500万しか入らないのに1,000万払うのか。これは歩合制なのか、この金額というのは幾ら徴収をしていただくのにこれだけの費用を連合に払うのか。以上、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 合併調整課長、山根礼子君。


○合併調整課長(山根 礼子君) 高塚議員にお答えいたします。


 プロポーザルのことですが、今の計画といたしましては、議会で新庁舎建設特別委員会等がありますし、建設協議会、町民でつくる建設協議会、建設プロジェクトチーム、これは職員でつくるものですが、そこの中で協議を行いまして、例えば庁舎の規模とか、そういうものを決定しながらプロポーザルに出したいなと思っております。それを行いましてから事業にていう格好になると思います。終わります。


○議長(福本 宗敏君) 企画情報課長、山下一郎君。


○助役兼企画情報課長(山下 一郎君) CATVにつきましては、御指摘のように、1つはTCBの建物の中にいろんな機械があるわけですが、そこを中心として旧赤碕、あるいは旧東伯の方に幹線がずっと延びておる。そして旧東伯の方につきましては、各戸に戸別の受信機があるというようなシステムで今動いておるわけでありまして、本来の1億幾らというものは、主に幹線の部分なり各家庭にある音声告知機に係るものが中心になろうと思っております。もう1点、1億の中に積立金としまして2,200万ほどの積立金があります。これはTCBの方から2,200万ほど町の方に入って、それをそのまま基金に積み立てるという2,200万も入っておるということであります。


 それともう一つは、高規格道路が今整備中でありまして、それがこの幹線なんかに支障があるというようなことでありまして、それの移転費というようなものも約2,000万ほどありますし、それと中電とかNTTに共架をしておりますので、それ約2,000万あるというような、そういうような中身になっておるわけであります。これが少しこのCATVの将来につきましては、御承知のように2011年にはデジタル化をせないけんということがありまして、それに向けてどういう方式で、あるいはどの程度の予算をかけてどうするだということが喫緊の課題になろうとは思っておりますが、今回の18年度の予算措置につきましては、そういう要素は加味しておりません。それと、NHKの公開番組の具体的な名前は、「ふるさと自慢うた自慢」ということで、NHKの方に申請をして採用になった経緯は、やはり琴浦町になって一体感を醸成をするというような位置づけの中で、申請をして認められたという内容でございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) 高塚議員さんにお答えいたします。


 ふるさと広域連合の負担金でございますが、これは滞納整理に係るものでございます。それで、この滞納整理費負担金の算出でございますが、まず件数割、それから徴収金額、合わせたものが実績割と。それから、基本負担金がありまして、相当の負担金となるわけでございます。まず件数割につきましては、事務件数が1件につき1,000円であります。それから徴収金額でございますが、徴収した金額の30%ということで、これが実績になります。それから、基本負担金というものでございますけれども、この基本負担金につきましては、広域連合の人件費等でありますけれども、これが人口割が70%、均等割が30%ということで、琴浦町の負担率につきましては16.5489%ということでございます。


 それで、市町村の負担金ですけれども、17年度の負担金をもとに出しております。17年度の分につきましては1,365万3,000円でありますが、ここで300万少なく出しておるというものにつきましては、国保会計で300万円見ていただくということで、計上を1,065万3,000円にしておるところでございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) その滞納整理の関係ですけども、実績に基づいて300万は別な方でということですけども、ちなみにこの1,000万、広域連合に払うわけですけども、これで幾らぐらい今度は税金が入ってくるんですか。幾ら入るもので、30%はここへ取られるんでしょうけども、大体予定としてはどのぐらい滞納金が入ってくるか、お願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) そうしますと、お答えいたしますが、この17年度の算出では1,251万円ということで算出をしておりますけれども、現在ずっと入ってきているわけですけれども、まだ確定はできておりませんので、この計算では1,251万円ということになるわけです。


○議員(3番 高塚 勝君) 確認だけ、ちょっとさせていただきたいんですけどね。


 今、1,200万いうことですけど、1,200万入ってくるために1,300万を使ったということでしょうか。


○税務課長(松本ひろみ君) そういうことでございます。これはあくまでも徴収でありまして、それにプラス基本負担金というものがございます。先ほど言いましたように負担率は16.5489で、広域連合の基本負担金5,897万2,000円で、その率を掛けていただきまして975万9,000円というものが基本負担金になるわけでございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 34ページ、この13の委託料、シルバー人材センターの委託金、どういうところに委託されてどういう内容であるのか、説明を求めます。


 37ページ……。


○議長(福本 宗敏君) ちょっと19番議員に申し上げますが、さっき3番議員が質問しておりますので、シルバー人材センター、次……。


○議員(19番 石賀 栄君) いや、ちょっと重複するかもしれませんけれども、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) できたら変えていただきたいと思います。


○議員(19番 石賀 栄君) 37ページ、企画課の時間外勤務手当60万8,000円、これについての説明を求めます。


 43ページ、先ほど同僚議員の方から質問がありました19番の負担金及び交付に対するふるさと広域連合負担金1,065万3,000円、これは旧町のときに私は広域連合に委託しても、恐らくそうメリットがなかろうということを今思い出します。説明のとおり広域連合に委託したところでその人件費ぐらいにしか徴収ができないということで、それは広域連合でこういうことのないようにさらに税金の未収金の徴収については、町民との本当の顔と顔との心と心との連帯でなかったら徴収ということは不可能だということで、この点についてこのふるさと広域連合負担金について、町長は事業をですね、取りやめされてこの1,053万の減額をされるというお考えはないのかお尋ねしたい。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 34ページのシルバー人材につきましては総務課長の方から、そして37ページの時間外等につきましても、総務課長の方から答弁させますが、43ページのふるさと広域の徴収の委託金の考え方でございますけれども、これにつきましてはなるほど費用対効果ということになりますと、そんなに効果がないという数字が見えておりますけれども、しかしふるさと広域に回しますのが、庁内、担当課等で非常にいろいろ、呼び出しをしたり、あるいは分納の御相談をかけたり、いろんなことをしてなおかつ取れないといいましょうか、誠意がないといいましょうか、見られないといいましょうか、そういった人たちの分をふるさとの方に委託をしているという状況がございます。そういうことでございまして、なかなか町では徴収にかかわりまして法的な手段等がとりにくいわけでありますけれども、そういった面のことを考えますと、やはり払わないでしまったというようなことのないように、そういう意味ではふるさと広域にまず大きな意味があるというふうに思っているところでございまして、しばらくはこの制度をいわゆる続けなければいけないと思ってございます。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 34ページのシルバー人材センターの委託料の件でありますが、先ほども申し上げましたように、区長文書等の配布していただく委託料でございます。


 それから、37ページの時間外勤務手当でございますが、一応時間外勤務手当は2%予算化をさせていただいています。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 町長、ふるさと広域連合負担金ね、これはきのうの同僚議員の一般質問にもありましたが、やはり顔が見える、心の見える、いわゆる町長初め課長なり職員の皆さんが家庭訪問をして徴収されるというのが、これは常道ですわね。常識ですわ。それで、広域連合に委託して歳出はあっても何のメリットがないということなんですから。それで一つの基準に基づいてどんどんどんどん司法の手にかけるということは場合によってはあるでしょう。ところがなかなかそういうことはできかねるということで、きのうの質問の答弁にもありましたが、場合によっては生活が成り立たんと、生活保護の対象にはならんという場面も当然あり得ることだと思います。したがって、きのうも答弁で誠心誠意、切磋、お互いに胸襟を開いてその徴収に努力するものと、まさにそのとおりだと思いますが、これは一つの問題提起としてこれは廃止して、この1,065万3,000円というものをしっかりと徴収に対する経費に充当してはどうかと、その方がより効果が、メリットがあるというふうに思いますが、いかがですか。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 心の見える徴収ということはまさにそうでありまして、きのうも答弁をさせていただきましたけれども、担当課等では本当に一生懸命家庭に出向き、あるいはまたおいでいただく等の努力を重ねているところでございます。そういった努力を重ねてなおかつ誠意というようなことの面で見れば問題があるというような方につきまして向こうに回しているわけでございます。おっしゃるように心の見える徴収というものには担当課を初め職員も取り組んでいるところであります。その辺は御理解を賜っておきたいと思います。いかにもそういう状況の中で、じゃあ入らないから、入る見込みがあるのに入らないからじゃあ法的な手段を、競売であるとか差し押さえであるとかというようなことになりますと、これもまた非常に労力を要するんでありまして、というようなことになりますと、やはりこれは委託をした先で共同の事業として取り組んでいただく方がよろしかろうという考え方であるわけであります。ひとつ御理解を賜っておきたいと思います。


 なお、そういった徴収等を通じる中で、本当におっしゃるようにこれは生活保護が適当でないかと思われるやな場面等が当然あるわけであります。したがって、それはまた助役を本部長とするような横の連絡会議等で対処をしていただきたいというふうに思っているところであります。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木 裕君) 34ページの一般管理費の委託料、庁舎清掃委託料175万6,000円、それと、これは本庁舎の方だと思います。41ページの、これも分庁舎の委託料218万1,000円、これはどういうふうでこの清掃委託料、どのように業者の方に委託されるのかどうか、その辺についてもお聞きしたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 34ページ、41ページとも清掃委託料でございます。詳しくは総務課長の方から答弁いたしますけれども、一般的に清掃というものにつきましては、例えば職員がやったらどうだというような意見もありますけれども、しかし費用対効果といいましょうか、職員がやった方が高くつくというような考え方のもとにその委託をしているところでございます。かつて旧赤碕の時代には職員全部清掃をさせてきた時代があります。がしかし、いろんなことを考えますと、旧東伯は以前からずっと委託制度をとって今まで来ているということであります。そうしたようなことでいろいろ考えた結果、委託制度を引き続き受けた方がいいではないかという結論に達しながら、予算の編成をしているところであります。委託先等につきましては、総務課長の方から説明をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 委託につきましては、業者を選定いたしまして契約をさせていただいているところでございます。


○議長(福本 宗敏君) 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木 裕君) 今、町長の方から旧赤碕の方としては職員が清掃をするという話、そのとおりだったと思いますけども、町民の方から旧分庁舎の清掃について、あれで本当にいいのかという、清掃という問題についてもちょっと町民の人からの意見としては職員がみずから汗を流してされた方がいいのではないかという意見があるわけでして、それにもって分庁舎自体、218万1,000円ということになって、今度は新しい分庁舎になるわけですから、それだけかかるのかなという気がしてなりません。やはりそういう面からしますと、やはり職員みずからが自分らの周りの環境をよくしていくという視点があってもいいのではないかなというふうに思いますけれども、その点についてどうしても委託されていくのかいうところをお聞きしたいと。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 分庁の218万1,000円でございますが、いかにも赤碕町時代に職員がやってたということで、町民の皆さんはその姿になれておられるということだと思います。しかし、218万1,000円といいますのは、本当に人件費に換算してみますといかにも私は低い金額であれだけの大きさのものを清掃してくださっていると、いかにも私は安い金額でやっていただいているんではなかろうかなというふうに思います。もちろん正職員1人にも満たない金額であります。そういった意味では私は、こういう金額でできるのであれば続けていきたいというふうに思っております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 最初の部分ですから職員手当のことでちょっと伺いますが、時間外勤務手当はどういう考えでやっておられるんでしょうか。これは全体に関連する問題であります。それから、これは機構改革をされるというふうに言っておられました。合併調整課をなくし、地籍調査室もなくす。これらがどこに行くかとか、あるいはそれぞれの課に何人の職員を配置して、その課それぞれが業務がどれだけあってというようなところにも密接に関連するわけですが、予算にも計上するからには一定の基準なりなんなりがあって計上されていると思いますので、そういうことをどうしていくか。厚生労働省がサービス残業の問題などで通達を出しています。当然、だからその中には上限を決めるだとかいろんなことがだめだよと、こういうふうになっているわけですが、その点との整合性はとってあるのかどうか、これが1点目。


 それから、出ましたが、41ページの部落自治振興費と部落自治振興活動資金、933万4,000円、1,373万円ですが、説明では部落自治振興補助金というのが区長手当だったそうであります。あとはこれはいわゆる納税組合の納税奨励金の60%を活動費として代替で、これはこういうのは違法だということにが決まりましたからしておるんだということです。そうすると部落の中には厚生部長や体育部長や交通土木部長や農林推進委員会だとか、そういう役員さんがおられるわけです。そういう人たちの手当というのはないわけであります。そういう手当がないのにそういう部落の人に世話になって、具体的な仕事をしてもらうことができるのかどうか。例えば減反の取りまとめだとかいろんなことがあると思います。健康診断の配布だとか、それぞれごみの問題は厚生部長さんでしょうし、運動会は体育部長さんでしょうし、そういう手当を全く払わなくてお願いをするというようなシステムでいいのだろうか。そこんとこはどう考えられるのか。そこのところをちょっとお聞かせください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 時間外手当等の基本的な考え方ということでございますけれども、機構改革もやりまして、職員もまたそれぞれのところに張りつけをする、かわっていくということでありますが、今のところは、現在の現給を基礎にしながら時間外手当を計算して組んでいるところであります。上限を設けても改善を設けてるということではありませんが、今のところは2%、給料の2%を、総計の2%を時間外手当として組んでいると、あとは状況によりまして補正等で対応をさせていただくという形をとってございます。


 それから、部落振興費につきましてでございますが、部落の中にいろんな係があるけどもその手当はということでございます。まさに自主自立というようなことがございますけども、行政のみが自主自立という考え方でなくて、部落においても、部落にかかわることにつきましては部落の中でお世話いただく、そういうことで長年、赤碕町ではそういうことでやってきておりますので、ぜひそういう形でお願いできたらなというふうに思っているところであります。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 給料の2%が時間外勤務手当として組んである。その後の状況によって補正を含めて考えるということで、この点はわかりました。しかし、いかにも低いですね、本当にこれでうまくいきますかね。私はほぼ絶望的だと思いますが、そうなったときに、予算がこれだけだからというふうなことになってくるといわゆるサービス残業につながるといって、厚生労働省の通達に反するということが行政として出てくるというふうに思います。私も相当になりますが公務員しておりまして、当時、時間外勤務手当は生活費だなんていうやな要求をしておりまして、あのときにも一定の基準がありまして、これの10倍ぐらいだったと思いますが、要求したこともあります。今の情勢は大変厳しいということでこうなるんですが、一方でこれは行政というのは総合的なもんですから、人員配置などによってあるところで時間外勤務手当が多くなってあるところは全くないというような、そういうふうなアンバランスをどう解消するかというようなことをきちっとしないといけないと思うんですが、また職員にもね、昼間はなかなかできないから夜というふうな形もそれは戒めないかんことだと思います。いずれにしてもこういう厚生労働省通知やなんかが出ていることにかんがみて、そういう違法状態が起こらないように留意をされるべきだと思います。


 それから、部落の役員の手当ですが、そうですね、そんなに金額にはならないと思いますが、例えばそれぞれの部落の役員さんに1万円の年間の手当を出すとすれば、1,000人おられたとすれば1,000万ですが、1,000万ぐらいで余るんじゃないかと思うんですが、それらは工夫すれば何とか出せるもんであるというふうに思います。今の時代の人は、それぞれ仕事をしてもらうのに自主自立だと言いますが、部落はそんな自立できるほど予算はないんです。部落の区費なんかも抑えようという動きが出てる。こういう中で今の若い人たちに、何も手当ないのに仕事をせよということで、ああそうですかと、ボランティア精神というような形にはなかなかならないと思います。そこら辺は部落の区長さんを初めとして役員さんに仕事をしていただくのであれば、一定の、十分ではないとしても気持ちの手当ぐらいは支払う予算を置かないと、これからはドライな時代ですからだめじゃないかと思いますが、どうでしょう、そこ検討されたんでしょうかね。まだ削るところたくさんありますからね。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 役員の手当につきまして、工夫をしないかということでございますが、実は先ほど総務課長が答弁させていただきましたけれども、区長手当のほかに部落自治振興費というのを出させていただいているところです。これにつきましては納税奨励金というものが今、法的にいけないというようなこともありまして、こちらの方で出させていただくという形をしてかえて、そういう形にさせていただいておりますが、ぜひ部落の中で知恵を出していただいて、そういう手当が必要なと思われる部分につきましては、部落の中でこの振興費を活用をいただいたらというふうに思っております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) ないようでしたら、ここで10分間休憩いたします。


              午前10時50分休憩


     ───────────────────────────────


              午前11時00分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 19番。


○議員(19番 石賀 栄君) 質問の前に、自分の意見をここでお話ししますが、議事の進行上、所管の議員の皆さんは所管の関係の予算については各それぞれ委員会で質問されるということにしていただいてはどうかと。さっきのような質問の形式だったら相当な時間が費やされるという理由から問題提起いたします。よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 皆さんにお尋ねしますが、先ほど19番の方から御意見がございましたが、所管の担当する委員会で質問ができますので、所管の委員の皆さんは遠慮していただくことよろしゅうございますか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) そうしますと、48ページ、社会福祉総務費から66ページ、し尿処理費まで質疑ございませんか。


 8番、金田章君。


○議員(8番 金田 章君) 質問いたします。


 56ページの民生費、目10、障害者福祉費、節の20、下から2番目、重度障害者タクシー料金助成事業で、17年度は120万円のものが18年度は60万円と半額になっております。この根拠は利用者の減少とか、そういうものがあるんかと思いますが、これを説明を求めます。


 そして同じく、節20ですね、もう1回、ページは56、民生費、目10、障害者福祉費、同じく節20の下から5番目、知的障害者医療費事業、内容はわかりますけど、17年度の250万円が今年度は18年度は30万円、8分の1に減額されてますが、これの理由をお知らせください。


 そして、65ページ、衛生費、保健衛生費の目4の環境衛生費、区分13、委託費の水質検査委託料、86万円ですか、となってますが、水質検査の場所、そして何カ所かというところを説明していただきたい。


 それからもう一つ、66ページ、4の衛生費、この清掃費の中で区分1、報酬とあります。廃棄物不法投棄監視員、報酬25万5,000円、これは平成17年度は63万6,000円であったが、この監視員というのは現在何人おられますか。予算額が少なくなった理由を主に教えてください。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 56ページの重度障害者タクシー、あるいは知的障害者に係るものが予算が減ったということでございますが、これは法改正等によりまして事業が縮小になるわけでございまして、具体的には健康福祉課長が答弁させていただきます。


 65ページの水質検査、あるいは66ページの報酬につきましては、町民生活課長の方で答弁させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 健康福祉課長、森美奈子君。


○健康福祉課長(森 美奈子君) それでは、金田議員さんの方にお答えいたします。


 56ページの知的障害者の医療費につきましては、4月から障害者自立支援法が始まります。これにつきましては大体4月から2月分の医療費を考えておりますが、これは17年度分の3月分を18年度の予算に繰り入れておりまして、4月からは障害者自立支援法にのっとりまして負担を入れていくということでありますので、ここの分については1カ月分のみを予算化させていただいております。


 それから、重度障害者タクシー料金の助成事業でありますが、これは実績によりまして落とさせていただいておりますが、現在タクシー助成を1カ月に500円の券を2枚出しておりまして、90人分の12カ月を予定させていただいております。昨年よりは落ちておりますのは、実績が上がらなかったという状況でありますので、よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町民生活課長、前田順一君。


○町民生活課長(前田 順一君) お答えします。


 65ページの検査委託料、水質検査委託料ですが、これは1点申し上げることは赤碕生コン、白雪、それからJA鳥取中央の漬物工場の3カ所と、町内の15河川の検査に要する費用でございます。


 それから、66ページの廃棄物不法投棄監視員は、これは2名の方の分を計上してございます。昨年度は県の方がやっておりました環境美化促進基金についての任というものを引き継いでおったわけですが、今回から廃棄物の不法投棄監視員の2名さんの分だけの計上としております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 8番、金田章君。


○議員(8番 金田 章君) 今の65ページの水質検査のとこでございますが、17年度の水質検査、異常があったところはありませんか。


 それからもう一つ、例年ずっと計測を続けておられると思いますが、ここは特に徐々に水質の成績が悪くなってきつつあるなあとか、あるいは逆にここはだんだんよくなってきよるなあというような目立ったところがあったら教えてください。


 それから、今の66ページの廃棄物不法投棄監視員のことでございますが、今、環境問題非常に重視するんでありますが、2名の監視員でよろしいか、その辺のところをどのように思っておられますか。以上。


○議長(福本 宗敏君) 町民生活課長、前田順一君。


○町民生活課長(前田 順一君) お答えします。


 異常のあったところとか水質変化等でございますが、異常といいますか、水質の悪いところというのは大体2カ所程度ございます。ただし、水質の変化の方から眺めてみますと、下水道等の普及等に伴ってとか、合併浄化槽の設置というやな、やり直しとかというやなとこがございまして、全体的には昨年度より水質はよくなっておるというふうに見ております。


 それから、廃棄物不法投棄監視員が2人でいいかということでございますが、旧赤碕、旧東伯で1名ずつお願いをいたしまして、全町的に回っていただいとる分について予算に計上しておりまして、17年度にあります環境美化促進地区というのは、逢束、ふるさと海岸、船上山の固定したところの部分ですので、その部分については割ときれいなというですか、ここだけに予算を配分するということは難しいということで、今回は全町の方を監視の方の委員さんの分だけを計上したところでございます。


○議員(8番 金田 章君) はい、わかりました。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 49ページ、19の負担金補助及び交付、生きがいと創造の事業補助金、この内容について説明を求めます。


 それから、50ページ、19番の負担金補助及び交付金、4の同和対策推進協議会負担金、中部地域改善担当指導員設置負担金、部落解放人権政策確立要求鳥取県実行委員会負担金、この負担金についてどういう根拠でこの予算額が計上されたのか、説明を求めます。


 さらに、町同和対策推進協議会負担金350万円、この町の同和対策推進の協議会の構成メンバーを文書でもってお知らせ願いたい。同時にこの継続されておる補助金だと思いますが、16年、17年度もどういう事業がなされておるのか、決算、決済がされておるのか、説明をしていただきたい。


 それから、出上集会所改善事業補助金20万円、これは各集落にあります公民館的な集会所だと思いますが、他の集落が公民館の改修のときにもこのような補助金の対応がなされるのかどうか、説明を求めます。


 それから、就業資金交付金360万、さらに就職促進奨励金25万円、これは時限立法で特別な対応は国の方も取り組みがなされないということは皆さんも御承知のとおりで、この就業資金交付金、就職促進奨励金、一般の現状の立場から見たら、当然一つの基準を設けて、交付金なり奨励金の交付をすべきであるというふうに私はとらえておりますが、この点についての説明を求めます。


 それから、隣保館運営費、生活相談員、これは旧赤碕町のときにも相談員がなされておるわけでございますが、これは17年度の生活指導相談員の活用のこれは場面をもって説明をしていただきたいということです。


 それからですね、ちょっと重複するかもしれませんけど、よろしくお願いします。障害者福祉費、委託料でございます。


○議長(福本 宗敏君) ページを言ってください。


○議員(19番 石賀 栄君) 55ページ。相互利用身障デイサービス事業委託料をどこに委託されるのか、説明してください。同じく、相互利用知的デイサービス事業委託料、どこに委託されるのか、障害者実態ニーズ調査集計業務委託についても説明を求めます。障害者自立支援施行法に伴うシステム改善委託料、これも説明をしてください。それから、19の項目でございます。施設入所障害児、在宅生活支援事業補助金36万4,000円、この説明を求めます。


 それから、56ページ、障害者グループホーム夜間世話人配置事業補助金314万7,000円、世話人はもう確定されておるのか、また夜間のどういうことをやるのか、内容の説明を求めます。さらに、20番の障害者施設訓練支援費1億5,221万7,000円についての説明を求めます。障害者居宅生活支援金7,837万円の説明を求めます。


 それから、60ページ、19番の負担金、県解放保育連絡会負担金について、3万7,000円に対する事業の内容のことをお知らせ願いたい。それから、母子福祉費貸付金、21、貸付金300万円、母子世帯小口融資貸付金、この金額で賄えるのか説明を求めます。


 それから66ページ、19番、負担金補助、ふるさと広域連合負担金1億5,778万2,000円、この中身についての、これは資料をもって説明をしていただきたい。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 多岐にわたってのお尋ねでございますが、49ページ、生きがいと創造の事業の補助金の内容につきましては、健康福祉課長より説明をさせます。


 それから、50ページでございます。ここの分につきましては、いろいろ多岐にわたっての負担金についてでございました。基本的なものをお答えしておきますが、数字的なものはまた担当課長に答弁していただきます。部落解放にかかわりましての予算でございます。法は切れました。確かに法は切れました。しかしながら、厳しい差別の実態というものがまだ残念なことに残っています。一日も早く私どもはこういった予算を組まなくて済む、そういう社会が来ることを願っているんでありますけれども、しかし、残念ながら実態というものはそこまでいっておりません。そういうことで予算でございます。1つだけ、出上集会所はこの部落のものでない、他の公民館に同じような措置をするかということでございますけれども、出上の集会所はあすこはたくさんの出上地内にある部落、区がございます。その区がたまたまこれは1区にありますけれども、ここの皆さんも集会所的な施設として今使っている。そしてさらには隣保館がああいう施設でございますから、隣保館が狭隘ですから狭い、一緒にいろんな事業が重なるというようなことがありますと、この集会所ですね、出上集会所を使うというような実態がございまして、そういう実態の中で私どもは行政として負担金を、改修のための負担金を組んだところでありますので、御理解を賜っておきたいと思います。ここの部分につきましては、町民生活課長におきまして答弁をさせます。


 それから、50ページの隣保館の生活相談員につきましては、書面でということでございますが、これにつきましてはまた担当課長の方から提出をさせたいと思っています。


 55ページの相互利用デイサービス、あるいはまた施設入所等についてのお尋ねでございました。委託料あるいは負担金についてでございますが、ここの部分につきましては、これは健康福祉課長がお答えをさせていただきます。


 それから56ページのグループホームの世話人の関係、あるいは同ページの扶助費等につきましても、健康福祉課長の方から説明をさせていただきます。


 60ページの県の解放保育の負担金につきましては町民生活課長、あるいは61ページ、あるいはまた66ページにつきましても、町民生活課長の方から説明をさせたいと思っております。


○議長(福本 宗敏君) 健康福祉課長、森美奈子君。


○健康福祉課長(森 美奈子君) それでは、石賀議員さんのお答えでございます。


 49ページの生きがいと創造の事業補助金でありますが、これは社会福祉協議会の方に補助を出しておりまして、社会福祉協議会の中でいろいろな趣味の教室を行っております。その各教室に、8教室ありまして、そこに補助金を2万円ずつ出しております。よろしくお願いしたいと思います。


 次に、55ページの委託料についてでありますが、相互利用身障デイサービス委託事業の480万円でありますが、それにつきましては4月から障害者自立支援法が変わります。サービスが大いに伸びる予測をしとるわけでありますが、現在、赤碕福祉会に2名、そして社協に1名の身体障害の自立促進とか生活改善とか身体機能の維持向上を目指すためのサービスを提供しております。そこに委託を出しております。次に、知的障害のデイサービス相互利用の180万円につきましては、これにつきましては2名の方々を琴浦町の社協に委託を出しておりまして、これも知的障害の方々の自立促進のための生活改善の維持を図るためにサービスを提供していくものであります。


 次に、障害者の実態ニーズ調査集計業務委託で14万6,000円につきましては、障害者福祉計画を策定することになっております。これは秋になると思いますが、その実態調査の集計、分析を鳥取県が各町村に集計をさせながら、委託は全県下一緒にするというものでありまして、これは14万6,000円につきましては、琴浦町分の割合で委託するということで、まだ業者は決定しておりません。


 次に、障害者自立支援法施行システムに関します改修委託料でありますが、これについての150万円でありますが、このことにつきましては今度1割負担、そしてそれぞれの所得割につきましての負担割合、サービスの細分化というものがありまして、システムの改修を行いながら業務を続けていくための委託料であります。このことにつきましても、委託先等についてはまだ未定であります。


 次に、56ページのグループホームの夜間世話人についてでありますが、現在、身体、知的障害者の居宅生活支援を105名おりまして、その方々にグループホーム等に入っていただいて夜間、グループホームに入っていただきますが、夜間にいろんな病気、発作等が起こった場合に、施設の方からグループホームに出かけていただきまして、安否、確認をしていただくというような状況のものでありまして、そのための費用を5事業所の予算化を考えておりまして、そのための予算化であります。


 次に、障害者施設訓練支援費でありますが、1億5,221万7,000円であります。身体、知的障害者の認証等を52名の方々が施設に入っておられるわけでありますので、その方々の生活訓練の支援を行いまして、入所者の福祉の向上を図るためのものであります。これについても、国、県、それぞれ2分の1、4分の1の補助をいただいて、町で4分の1の補助を行っております。


 次に、障害者施策生活支援費7,837万9,000円でありますが、これも在宅の身体、知的、精神障害の方々の福祉の向上を図るための居宅介護のデイサービスとかショートステイとか、グループホーム等に入っておられる方々の業務を行うものでありまして、これについても105名、知的、身体、障害、在宅、グループホーム等も含めまして、105名の方々ですが、この方々の支援をするためのものでありまして、それも国、県それぞれ4分の3の補助を、国が2分の1、県が4分の1、町が4分の1の費用で行わせていただくものというふうに考えております。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 町民生活課長、前田順一君。


○町民生活課長(前田 順一君) お答えします。


 50ページの19、負担金補助及び交付金の内訳についてですが、1番の郡同和対策推進協議会負担金5万5,000円ですが、これは東伯郡でこの協議会を組織させておりまして、均等割が3割、世帯割が7割の負担となっております。それから、中部地域経営改善の担当指導員設置負担金につきましては、商工業の経営改善の相談件数によって負担がなっております。それから、部落解放人権政策確立要求鳥取県実行委員会負担金につきましては、これ全県下で組織されておりまして、1町当たりの負担金でございます。それから、町の同和対策推進協議会負担金につきましては、メンバーとか決算についてですが、資料を後で提示したいと思いますが、決算につきましては17年度はございませんので、17年度については予算ということで御了承を願いたいと思います。それから、就業資金交付金の360万円、扶助費の中の就職促進奨励金25万円については、廃止してはどうかということではございますが、この分につきましては、単に同和地域だけのものではございません。障害者等とか低所得者等も含めたところの交付金なり奨励金でございますので、これは御理解をお願いしたいと思います。それから、生活相談員の活動内容ということですが、月報が今、文化センターの方にありますので、これを取り寄せてこれも見ていただけたらというふうに思っております。


 それから、61ページですが、19、負担金補助及び交付金の中の、県の解放連絡会負担金3万7,000円についてですが、これは解放同盟の方が主体となっておりますが、全県下で組織されておりまして、1町当たりの負担金を計上しているところでございます。


 それから、61ページの貸付金の中の母子世帯小口融資貸付金が300万円で賄えるかどうかということでございますが、合併するに当たり1口当たりの貸付額をどうするかということが議題としてのってきました。といいますのは、これは役員が保証するわけでして、個人が返せない場合はここの地区の役員さんが責任を持ってお返しをするということがあるので、小さい額についてはこの資金を使い、大きな資金が必要な場合は社会福祉協議会の方でお世話になるのが適当ではないかということで、1口当たりというか、1人当たりですね、10万円を限度として貸し付けるということで、母子会の合併協議の中でそのようになっておりまして、現在10万円ずつを貸し付けておりまして、17年度については450万の貸付額があったわけですが、実績から見ますとこの程度で何とかいけるんじゃないかなというふうに現在思っているところでございます。


 それから、はぐっていただきまして66ページのふるさと広域連合、19、負担金補助ですが、1億5,778万1,000円の内訳ですが、ごみ処理に対しますところが7,186万1,000円、ごみ処理の建設の償還に係るものが7,943万4,000円、最終処分場に係るものが648万6,000円を計上しておりますが、資料につきましては後日、整理をしましてお渡ししたいというふうに考えております。終わります。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 50ページの19の負担金補助及び交付金の項目なんですが、これはもう毎回、前々から酸っぱく申し上げた経緯もあります。居住の自由、職業の選択の自由、保障されております。結婚の双方の理解、これも相当な改革、意識の変革がなされておる今日であります。したがって、町長は酸っぱく申されますが、財政が硬直して大変だと、まさにそのとおりですね、交付金の減額等で。税収の減収等で。したがって、この公民、社会教育というのは一般にこうしてしかるべきだと、寝た子を起こす、そうして何も知らないこれから現在生まれた幼児が、昔のことを知らないのにこれを掘り起こすと、これはまさに逆行だと思うですわ。それで、この教育、事業、すべて一般に移行して、必要なものは当然それなりの知恵を絞ってやられてはどうかと。それでここに2005年度の琴浦町同和教育部落懇談会の資料をいただいたわけですね。昨年の12月、所は各部落公民館ほかですね、なされて僕も竹内部落に懇談会に参加しました。そこの参加者が聞くところではもう年々減りつつある。これは大いに検討されにゃならん。やっぱし研修会というものは人を引きつける懇談会でなかったら参加しませんわ。ということで、後から出てきますが町の婦人会あたり、もうこの350万から比較したら桟にかからんです。したがって、まだ町長は非常に差別を厳粛に受けとめてその対応しておるんだという、余りに誇大評価されておりませんか。幅ったいこと言いますけども、ここにちゃんと議長も議会の顔として、また議員として立候補して当選されておりますがな。もう一般と何ら変わりありませんがな。偏見はありません。したがって、その点について町長いかようにとらえておられますか、最後でございますので、答弁していただきたい。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) おっしゃるような社会が本当に早く来ればという思いがございます。皆さんに目に映る部分、そしてまた私の目に映る部分、耳に届く部分、いかにもギャップが大きいのかな。悲しい気持ちでおりますが、本当に寝た子を起こすな、起こさなくて済むのであれば起こしたくない。でもやっぱりどこかで寝た子を起こす作業が社会の中で作用をして、そしてまた差別の再生産につながっていく姿を私はたくさん見ています。そして現在もなおなくならない。そういう現実も見ています。なるほど部落の皆さんが本当に今頑張っておられる。確かに議長さんも議長として頑張っておられる。多くの皆さんが、いや議長さんばっかりでなくてそれぞれの分野で大いに活躍しておられる。そういう人たちを輩出しております。がしかし、まだまだ部落の中には差別に負けてしまっていくその姿というものがあるわけであります。どうぞこのあたりも十分にまた心を寄せてやっていただきたいと。私の方からも改めてこの場でお願いを申し上げたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、次に進みます。


 67ページ、上下水道費と農業委員会費から79ページ、水産業総務費まで、質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 69ページ、19、負担金の下から5行目、農山漁村生活体験者滞在経費補助金、多分関連があると思いますけど、下の方のIターン家賃補助分ということですね。これは何人分であるかということと、それから今までの効果、いつごろからこの事業を始められたかわかりませんけれども、効果があったのかどんなかをお願いいたします。


 それから、同じく78ページ、19番、漁村生活体験事業補助金、これもさっきと同じ漁業版だと思うんですけども、これも何人分で今までの効果がどうなのかということをお願いします。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 69ページの農山漁村の生活体験、あるいはIターンの家賃補助等につきまして、あるいはまた78ページの漁村の部分につきましても、農林水産課長をもって答弁をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 農林水産課長、山?肇君。


○農林水産課長(山? 肇君) 高塚議員さんにお答えいたします。


 69ページの下から4番目の、農山漁村生活体験者滞在費補助金でございますけども、18年度は1人を想定してございます。この内訳でございますが、1人が10万円、月に10万円と、指導料として5万円を計上しておりまして、一月が15万円の12カ月ということになっております。なお、何人かということでございますが、当面は1人ということでございまして、今までの効果でございますが、たしか平成13年から始めてるんじゃないかなと思いますが、主に東伯町農協のモデル園で新規就農者として頑張っていただきまして、現在6名の方がこの該当になってございます。


 それから、下から2番目のIターン家賃助成事業補助金でございますが、この新規就農者の方が1年間は研修をしていただくわけですけども、町の所有、研修生の家賃、住宅が準備してございますが、2年目からはそれぞれ研修を受けながら一般住宅といいますか、受けられるわけでございまして、この部分につきまして町と農協が2分の1を補助してございまして、これはちょっと計算上があるわけですけども、1万円を超えて3万円未満ということの中で2分の1を町と農協とで支援をしているということでございまして、該当としては5名でございます。


 次に、78ページの水産業費の課題でございますが、上から5番目の漁村生活体験事業費補助金でございますが、該当は18年度としては2名ということでございます。同じように新規漁業者の方を支援するものでございます。たしか5名の方が新規漁業者として赤碕漁協さんのお世話で、いわゆるプロとしての漁業者のなっていただくための支援をしているものでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) そうしますと、69ページの方ですね、今まで6名の方が来られて、現在5名残っておられるんでしょうかね。それで来年度は1名を予定しておられるということでいいでしょうか。大体定着率というか、が大体どのぐらい、来られた方がほとんど琴浦町に残られるのか、半分ぐらいなのか、その辺よろしく。漁業の方もよろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) よろしくってどうですか。


○議員(3番 高塚 勝君) どのぐらい、6名来られて現在5名が、5名分は現在、今までの事業で来られた方が残っておられるのかどんなかですね。それで、来年は1名予定をしておられると。大体来られた方が、例えば20人来られた方が残っているのが大体5割だとか、ほとんど残っておられるとか、その辺を漁業も含めてよろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 農林水産課長、山?肇君。


○農林水産課長(山? 肇君) 御指摘のように6名の方のうち1人が残念ながらリタイヤということでございますが、5名の方が残っておられます。


 漁業版の方につきましては、4名の方が全員頑張っておられます。なお、漁業は研修は3年間ということで、これから18年度につきましてはいわゆる中古船だとか、そういうものでまたひとり立ちをされる予定で決まってございます。


○議長(福本 宗敏君) いいですか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 農林建設常任委員会の所管の方から質問させていただきますが、68ページの規模拡大農業者支援事業交付金340万円ですが、認定農業者制度がありまして、規模拡大をする、スーパーL資金、スーパーショート資金、いろいろな形で資金の手当てをしながら進められてきましたが、町としては。東伯農協がああいうふうな形になって、その規模拡大農家なり、あるいは担い手育成で支援した農家なりそういう人たちが経営が大変問題になっている部分が出てくる。そういう中で農業委員会、町、農協、普及所、それぞれが経営を指導するんだというふうな仕組みでそういう農家の経営を改善をさせていこうというスキームなのか、しかしそれらがうまくいってないいうような部分も聞きます。


 きのうの質問でもちょっと言いましたけれども、要するに金融ビッグバンでアメリカの会計基準になって、いわゆる原価主義から時価主義になった。原価主義というのは含み損や含み益を持たせた会計で、決算書にそれがあらわれないんです。ところが時価主義になると、決算書にその含み損、含み益、持ってる株の価格なんかすぐ反映する。だからライブドアが粉飾決算をしてやらなきゃならないと。今度のそういうJAにそういう時価主義を取り入れたのは具体的には減損会計だと。減損会計で最も資産の多い東伯農協がまずいけにえになったんです。これは農家が補助金を使って選果場だとか集荷場だとかいろいろなものをつくっていく、1年間に1カ月、2カ月しか使わないようなものでもつくって、そうなるとこれはひとつJAとうはくだけの問題じゃなくて、この減損会計というのは農協のような組織を日本から抹殺しようというアメリカのやり方なんですよ。そういうことがまず具体的に目に見えてきているのが今なんです。だから、農家の方は自民党という札を入れて、自分の首絞めることにさせたんですよ。そういうふうな中にあって具体的にそういう破綻農家なり破綻大規模経営体が出てきているのが今の姿だと思う。それについてその経営を指導するという行政や農協や普及所や、そういうところは議論したのか、それに対してこれから起こるであろうそういう危機的な問題にどう、この一員として行政が対応しようとしているのか。ここのところに規模拡大農業者支援交付金として340万円組んであるけれども、そのほかにもいろいろ債務負担だとかいろんなメニューはあるけれども、メニューはあっても補正で大幅減額しなきゃならないような形が今回の補正でも提案されたんではないですか。そこんとこら辺はどう考えているのか、産業政策として。ここのところを町長でも担当課でもいいからちょっと説明しないと、大変なことだと思いますよ。従来型でやっていたんじゃいかなくなっているというのが今の現状だと思いますんで、そこのところを執行部なりに整理をして、交通整理をして町長が説明してください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 今日の東伯町農協のありようというものになるまでに、どのような指導をしたかというようなことでありますけれども、今日の状況を来すまでには本当に長い間の農協活動の中でこういう姿になったと。とりわけて先ほどおっしゃるように、減損会計というものがこのたび導入されて、そして一挙にこういう大きな形の負債といいましょうか、そういう形になってきたということであります。そういった面につきまして、じゃあ行政の責任はということでありますが、少なくともその都度その都度、事業、事業につきまして、行政も努力しながら取り組んでいってる経過もあるわけであります。それがいかに力関係でどうのこうのというようなこともありますけれども、でもやっぱり主体的にはその農協、JAさんが責任を持って対応されなければいけない、そういう基本的なスタイルで今日まで来たと思っております。


 ただ、今後の事業等につきましては、農業委員会等の中で先ほど言われましたように、私ですね、よく検討をしながら取り組んでいかなければならない部分でありましょう。今日までのありようというものを反省しながら取り組んでいかなければならないものでありまして、そういった面につきましてはまた農業委員会の方と適切によく検討お願いをしていきたいと思っております。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 町長ね、認定農業者というのは一定の要件を基準を出して、それでそれぞれの経営計画を出して、それで申請して、町長が認定するんです。認定証書を渡すんです。そういう認定農業者が日本の農業を支えるんだというのが農政の基本なんです。琴浦町においては、認定農業者非常に多い。北栄町も多い。だけど県内の町村によると、認定農業者の数は片手だとか1けたという町村がたくさんある。それで果たしてこの日本の農業や地域の農業が守れるのかという我々はわからない。しかし、琴浦町においては300人ぐらいおられるんでしょうか、そういうことで県内でももうトップの量の多さで、規模拡大しながらスーパーL、スーパーショートの資金を使いながらいろいろやってこられた。そういう基盤が大激変を起こしとるときに、大変これの行政として農業行政を、基幹産業ですから、大変重要な問題があると。ここの予算の中にじゃあそういう危機感なりそういうことをどうやって行政として対応しようとするメニューが組まれているかということが問題になってる。私はそのチャレンジプランだとかいろんなメニューがあって、これは従来型でずっと引き続いて県のそういうメニューがあればそれに町の負担分を加えて、文章、ここの上に書かれてこうやって組んである。だけど今度の16、17年度の歳出補正を見るとそれが全部△でざざっと並んでいるということが、応募がなかなかないという事態になっている。だから、今手を打たなきゃならないことは、ほかにあるんじゃないかと、農林水産業関係で言ったら。そういうメニューというのはどうなのかというとここら辺が非常に私は深刻で、18年度にJAとうはくがJA鳥取中央から示された合併条件をクリアできなければ合併できないんです、クリアしなければ。だからこの議場で通ったナシのモデル園なんかも、これは農協直営農場となって半分以上がいまだにあるんです。これを解消して合併しましょうと言ったらどうするんですかという問題もあるので、あながち行政としても関係ないんだよということではないんです。そういう危機にどう対処をしようとするような予算を組むのかと、これが農林水産関係でいえば最大の問題と、18年度予算の、と思いますが、どうですか。これをどう反映されるか。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 具体的には東伯町農協のことにしろ、ありようにどう対応するかということのお話であろうというふうに思います。しかし、これに対応しての特別委員会等も議会の中で組織をされているところでありますし、今さっきおっしゃったようなナシ園であるとか、そういうようなことの話は今、耳にしているところでございますけれども、今日までそういう話はJAの方からは伝わってきておりません。そういった個々の問題等もありましょうけれども、そういったこともひっくるめまして十分に特別委員会等で検討、協議をしていただいて、そしてまた知恵をいただけたらというふうに思っております。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 議会はその審議権はあっても予算執行権はありません。予算を執行して自治体の行政を転がすのはあなた方なんです。ですから、金が伴うものについて言えば、議会はもちろん調査特別委員会をつくってその問題をどう対応したらいいのかということを検討するというふうに決まっています。しかし、行政の内部でその問題についてプロジェクトを立ち上げるなり、そういうふうな特別体制をとられる必要があるのではないかと思うんですが、そういうことを私は聞いてるんです。議会は議会として町民の目線でこの問題をどうしたら一番いいのかということは独自に検討させていただく。もちろんその結果は提言をさせていただく。しかし行政は行政として預かっているわけですから、ここのところをどうするかということは、行政内部で独自に自主的にやられる問題じゃないですか。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 先ほどおっしゃいましたような課題、問題点というようなものは、行政の方にはまだJAの方から伝わってきておりません。伝えられてきておりません。したがいまして、今後の問題として、もしそういうことが伝えられたときには今後の問題として対応をしていかなければならんと思っています。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 14番、桑本始君。


○議員(14番 桑本 始君) 69ページの農業総務費の中で、19番、負担金補助の農業近代化資金利子補助金18万3,000円と、これに関連が、次の70ページの農業振興費の19番、負担金補助及び交付金の元気な農業者特別支援事業補助金2,025万9,000円、これの関連でですね、実は元気な農業者支援特別資金の17年度まではこの認定農業者の特例資金と町の2分の1の利子補給の近代化資金がありましたけれども、18年度からは聞き及んでおりますところ、県の2分の1の上乗せ利子助成がなくなり、町も2分の1の利子助成がなくなったと。ここ3日ほど前にこの認定農業者の方が農協にこの資金の支援特別資金として近代化資金を借りに来られた。ということで、最終的なこの末端が0.5%になっております。基準金利は2.95、このものが町の補助金がなくなったために断念しようかというふうな形の中で、平成18年度には県の2分の1も上乗せがなくなったので、県の助成金は御存じのとおり交付金として一括支給される中での市町村の2分の1のを近代化資金の利子補給としてはもう認めないというふうな形の中で、これは認定農業者の特例資金と一般農業者の近代化資金が2つあるわけですけども、この辺の18年に削減された理由ですね、これをお聞かせ願いたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 農林水産課長をもって答弁をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 農林水産課長、山?肇君。


○農林水産課長(山? 肇君) 69ページの下から3行目の農業近代化資金の利子補給の補助金ですけども、これはいわゆる認定農業者以外の方への利子補給でございます。


 次の、71ページの元気な農業者特別支援事業の補助金ですけども、私の情報不足だかもしれませんけども、このいわゆるスーパーLの資金は18年度も継続されるものとは思ってございますし、県は従来、2分の1は交付金で町に還元されておったものでございまして、桑本議員のおっしゃるようなことではないではないかなとは思っておりますが、早速調査をいたしまして、改めて回答をさせていただきたいと思っておるところでございます。よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 14番、桑本始君。


○議員(14番 桑本 始君) きょうこちらに来る前に融資課に寄りまして、融資課の見解ではこの認定農業者の支援特別資金の、一般の分はわかりますけども、この分についての利息がなくなったということになると、これをしないということになると基準金利は3.05になって、末端金利が本来1%以上になってくるというような格好の中で、先ほどの同僚議員の青亀議員からもありましたけれども、認定農業者は150名、この琴浦町におられますし、隣の北栄町は220名の認定農業者がありまして、これは担い手の確たるものだということで、この人数をもう全国的に女性の認定農業者も含めて数をふやさないけんということで、直接支払い等も条件が出てきとるわけですけども、これはぜひ、もしもそういう形でなくても町単独のこの県からの交付金の中で町単独でもつけられるような形の中で御配慮をお願いしたいというふうな形で思いますけど、どうでしょうか。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 検討させていただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) いいですか。


 そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) ないようでしたら、ここで暫時昼休憩いたします。


               午後0時05分休憩


     ───────────────────────────────


               午後1時12分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 79ページ、商工総務費から95ページ、消防施設費まで、質疑ございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 88ページ、13番の委託料、除雪業務委託料ですが、町民から聞くわけですが、合併して除雪が非常によくないという声を耳にいたしますが、この委託料で町民が納得される除雪ができますか、答えていただきたいです。


 それから、91ページ、住宅管理費の委託料の家賃滞納者訴訟委託料についてであります。157万5,000円、説明がなされたと思いますが、ちょっと聞き取りにくいのでお尋ねするわけですが、訴訟ですね、これは弁護士の方に委託されるのか、それと何件対象になるのか、説明をしていただきたい。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 88ページの委託料、さらにはまた91ページの委託料ですね、つきましては建設課長の方から答弁をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 建設課長、有福正壽君。


○建設課長(有福 正壽君) 除雪の委託料でございますけれど、除雪に関しましては委託料の150万と借り上げ、業者からの借り上げの150万で対応するようにいたしております。除雪がよくないということですけれど、実際私どもの方に直接苦情という大きなものについては入ってきておりませんので、もしそういう場所がありましたらまたお聞かせいただけたらというふうに思います。


 それから、91ページ、家賃滞納訴訟委託料でございます。これは5件を予定いたしております。これはいろいろ役場に来ていただいてお話ししたり、それから呼び出ししても来ていただけないというような不誠実な方がございます。そういう方に対して保証人さん等にも出てきていただくように、一緒に出てきていただくようにというような連絡もするわけですけれど、出てきていただけない。それから、訪問いたしましても、電気はついておってもかぎをあけないというような事象がございますので、今までそういうものの家賃督促の経過等を今蓄積しておりますので、これが固まり次第に訴訟の手続をとりたいというふうに思っております。5件でございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 除雪の件ですけどね、この間朝起きてみたら、除雪の車が上がっとったんですわ。東側でね。それで片面はまんだあけとらんと、それで時間はちょっと今定かじゃありませんが、これは特に学生の汽車通、車で送られる関係は大変だなあと思うんです。それで9号線の方に出たら、ほんにちょっぴりしか雪がないということで、これは、ことしは、17年度は昨年の暮れから思わん大雪が降ったわけなんですが、だんだんに苦情を聞くわけですわ、それで担当者の方には直接そういう苦情は入っとらんということなんですけども、どうでしょうか。この委託された路線、業者は決まっておると思いますが、行政の方にきょうはどこどこを除雪終わりましたというふうな手当てができもんか、その点1点だけ伺います。


 それから、その家賃の滞納ね、課長の説明それなりに努力しておられるということは評価いたします。ただ、以前にも申し上げたこともございますが、やはり担当課の課長、職員でなくして、訴訟ということになればやはり総務課長なり、それから助役なり、場合によっては町長がみずから出向いてこうですよという通告なり、または理解を求めるようなことをされなければいけんと思います。それと同時に、やはり書留で具体的な町側の言い分をきちんと明記して、それでこういうしかじかで回答、誠意が示されないと。したがって、訴訟に持ち込みますという最後的な通告を書留でされてはどうかと。やはりいろいろな方もおられるわけで、そこの見きわめというものはしっかりと実態を把握して、本当に訴訟したら町の思われる方向にきちっと整理ができると、一般の町民からなるほどなというふうな対応をされるべきだと思います。この点については町長の方から答弁求めます。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 家賃の滞納ということでありますが、訴訟に持っていくまでにはそれなりのまた対応をしてまいりたいと思っています。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 僕が申し上げた、差し押さえ、訴訟に持っていくことについて理由を述べ、最後的な通告を内容証明書つきで書留で送られないかということを尋ねておるわけなんですから、その点いかがですか。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) そういったことも含めて十分に対応したいと思っています。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木 裕君) 最初に、ページ数でいきますと81ページ、観光費の18番、負担金補助、観光協会補助金、それとその下の船上山さくら祭り実行委員会補助金、それと白鳳祭、それから八橋振興会補助金、この点についてちょっとお聞きしておきます。といいますのは、後で出てくると思いますけども、赤碕財産区から観光協会補助金として10万円出ております。その中に実は、この財産区の観光協会の補助というのは赤碕の波止の祭りの花火の寄附というふうになっておるわけですけども、波止の祭り実行委員会等で花火ということから安田、成美、以西と、やはり同じ観光協会補助という形で出てきておるわけで、新しい琴浦となって旧東伯の方の財産区からはないわけですけども、この際ですから、琴浦町としての今申し上げた白鳳祭、それから八橋補助金等に、町の方で一括して負担をされたらどうかなというふうに思いますが、その辺について町長の見解を求めます。


 それと、次の消防費……。


○議長(福本 宗敏君) 何ページですか。


○議員(15番 井木 裕君) 93ページの消防費の件ですけども、これは予算上には上がってないわけですけども、各部落の消防のホース支給というような形で出せないもんだろうかということでございます。ことしの1月の28日に大山町で火災が発生したときに、初期消火ということで、大惨事にはならなかったわけです。それというのも消防のホースというものが身近にあって、その処置が対応がよくて大惨事にならなかったと。それから、その後に発生したのが松谷の田子美鳥さん宅が全焼した、これも地元の人からすればホースがなかなか届かない状態にあったという現状があります。非常備消防費、消防費とも予算上はかなり出てくるわけでございますけども、各部落に対しまして非常備消防費の中での予算計上をされてホースを配布される考えはないか、その点についてもお聞きしておきたいと思います。その2点です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 最初の81ページのところがですね、うまく意味がとり得なかったわけですが、要は赤碕財産区は観光協会にさくら祭りとして補助金を出している。東伯町の方は白鳳祭や振興部会に財産区から補助金を出していないと。したがって、波止の祭りの部分についても財産区から出さないで一般会計で措置をせよということなのでしょうか。そういうことですか。


○議員(15番 井木 裕君) そうです。


○町長(田中 満雄君) 波止の祭りはですね、非常に歴史があります。これは海外でも本当に大きな祭り、イベントでありまして、たくさんのお客を呼んで今日であります。そして町挙げてこれに取り組むということで、それぞれ財産区が応援をしながら今日まで迎えてきておるという歴史があります。そういうようなことで、波止の祭りを盛り上げるという意味での各財産区の意思がこういった補助金というスタイルになってあらわれているというふうに思います。白鳳祭等につきましては、これを後発の事業でございまして、町おこしにかけて町自身が考えて貯金を始められたものであります。八橋の振興についても地元の人と町が一体となって、これは歴史的なものでなくて途中から思いつかれた行事であります。というようなことで、旧赤碕の皆さんが財産区を通じて波止の祭りを盛り上げるということが連綿と続いて今日であると、それはそれで私はいいことでないかなというふうに思っております。


 消防ホースのことにつきましては、総務課長からお答えをさせます。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 実は各部落へのホースのことかと思いますが、昨年も要望がありましたところにホースなり、あるいは器具の修理等考えていいますか、予算化させていただいています。一応、今考えておりますのは、2分の1補助ということで今までやっておりますので、同じ考え方で考えているところであります。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 15番、井木裕君。


○議員(15番 井木 裕君) 今、町長の答弁の中で、やっぱり歴史ある波止の祭りということと、それから白鳳祭等にしては新しい祭りと、やっぱりそういうのでなくて、やはり琴浦となった以上はそういう歴史がある、ない問題ではないというふうに私は思います。やはり町民の方の参加というものがいかに大事だという視点から、財産区等にしましても限りある財源でありますから、やはりこれは同じ扱いにしていくのが妥当ではなかろうかなというふうに思います。


 それと、もう一つ、今総務課長の方から消防の分について2分の1、各要望があったときに対して修理にしても対応しておるという話でありますが、なお一層のやはり初期消火というものが大惨事を防ぐ前提でございますので、今の基準をもう一度見直される考えはないのか。大体各部落に対しまして、一つのホース、格納庫2本、それから管鎗機器、管鎗機器にしましても、今消防団員が使っているいつでもとめれるようなものはありませんので、今消防団員が使っているような、自由に水をとめたり出したりできるような措置は考えておられるのか、その点をもう一度お伺いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 祭りに町民の参加が大切だという御意見でございますが、だからこそ財産区がかかわるということが私は意義があると思っています。昭和20年代に合併を促進しましたときに、財産区を残したのはまさにその地域に貢献をする、そのためにこそ財産区は残されたわけであります。したがって、赤碕の地域につきましては周辺の皆さんで盛り上げるということはそれなりに私は大きな意義があるというふうに思っております。東伯町と比べるということは、私は東伯町の御案内のように各財産区が予算の科目を設定するだけぐらいの財産しかありません、財産がない。そういうようなことを考えると私はこれはこれでいいのかなと思っております。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 部落数にしましても163部落と現にありますので、今回答させていただきましたように、一応ホース等につきましては現在2分の1補助ということで考えております。初期消火という意味もありますので、そこまでは考えておりません。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 2点。まず88ページ、除雪対策費495万6,000円、今年度は非常に大雪で除雪が大変だったというふうに思いますが、これは来年度こういう予算でいこうかということで、きのうも言いましたけれども、修繕料が50万円計上されております。東伯の専門業者があるのに遠いところにというのは、専門業者でやってもらうということは根拠はありません。理由はありません。それですが、私はもっと抜本的に、ロータリー除雪車とそれからショベルと、まだ何台かあるかと思うんですが、除雪対応のためにこれらの機械を保持することはもういいんじゃないか。年間に数回、10回使うとか使わんというような機械を行政が保持する必要はないと。これは業者の建設機械を、グレーダーなりショベルなりを使ってる人のところを冬季の間、その機械を活用して除雪作業に当たっていただくというような形にすべきだと思います。除雪のためのショベルがあって、そこんところは通学路の確保だとかそういう、僻地ですからどうなのかということの配慮は必要ですが、一般的にこういうような今までの除雪対策費はそういう改革を行うべきだというふうに思います。それが1点です。


 それから、94ページ、消防費ですが、一般質問で取り上げましたが、アスベストの粉じんの吸入を防ぐための防じんマスクを各分団の消防車に一定の数、配置をして、消防団員のアスベスト被害を未然に防止しようではないかということを言ったわけですが、今年度の予算でぜひともこれはやってほしいし、これがこの予算の中で計上されているかどうかということがちょっとよく見えませんので、その点はどうなっているのかという2点をお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) なるほど特殊車両につきまして、日ごろから町が保有しているのはどうかということでありますが、先ほどありましたように、やはり幾らかは町で確保していく必要があるのではなかろうかなと。それは仮に全路線を委託をしたにいたしましても、町の施設であるとか、あるいはまた委託できないような路線もありますが、そういうようなことも考えますと、ある程度のものは、最小限度のものはやはり確保していく必要があろうなというふうに思います。おっしゃるように、それ以外のものをふだんから行政が持っているということにつきましては、本当に不経済であるというふうに思います。今後、今あるものはあるとして、今後の今の機械がどうこうあったときにはやっぱり、本当に貴重な御意見として参考にさせていただきたい、こう思います。


 消防の件につきましては、担当課長からお答えいたします。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) アスベスト対策でありますが、今ちょっとセット数は忘れましたが、最小限予算化をしているところであります。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) その除雪費の重機の問題ですが、いろいろな時代がありまして、材料支給によってコンクリートで生コンで地区内の道路を舗装するとかなんとかという時代もあったし、それなりに行政がその民間のそういう機械が余りないようなときにはどういうふうな形で道路改良を進めるかという時代の変遷もあるんです。しかし今、こういう時代にあって、行政がそのような年に10日か20日しか使わないようなものを保持するということは、明らかに非効率だし、最新のもっとパワフルなマシンを使って除雪をするとかなんとかということの方が重要だと思います。オペレーターの話を聞きますと、町のショベルはパワー不足だということです。それから、ロータリー除雪車、特殊ですが、永代町長のときの導入なのでもう20年以上たってるんです。ですから、雪深いところで吹きだまりなんかで飛ばしてというふうなのに使うことはいいと思いますが、また一方で、そのロータリーで飛ばすわけですから、人家、連檐部は使えませんし、非常に使われるところが限られるんですよ。ですから、20年以上たってるし、そこら辺もう町がこんなもん保有し続けることがベターなのかなということは思います。ですから、今あるものを最後まで、どこまで使うんかわかりませんよ、修理費をかけながら。だから一切これは町の役場の駐車場の除雪であるとか、そういうふうなところで残すなら残してもいいんだと思うけども、それぐらいはもうあっさりそれは中古であっても何か処分をしてやった方がむしろ私はいいのではないかなというふうに思います。管理をするのもそれぞれ役場の職員は人事異動でかわります。ああいう特殊機械をメンテナンスをするのはその修理業者と連携を保ちながら予算の枠内でいかに効率的にやるかということです。ロータリー除雪車なんかのロータリーを部品をぼっこり新品にすると何百万という金がかかるわけですから、特殊車両ですから。そういうことはもうやめるべきではないかなと思います。


 その次にアスベストの件ですが、必要最小限というのはどういう意味かちょっとようわかりませんが、1台の分団にそれぞれ消防車があるわけですが、何個のマスクを配備するのかということがないと答えにならんわけです。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) おっしゃるように何百万もかけてそういう機械を修理をするというのはいかにも不経済であります。そういうような事態が来ましたら、そういった部分は見限ったということになりましょうが、少なくとも費用対効果といいましょうか、安くて修理ができる間は今のものを使うということでいきたいと。これが本当に修理代が非常に多くかかると、費用対効果を考えたら逆に出した方がいいというようなことになりましたら、順次委託に出していくようなことも考えたいと思っております。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 今ちょっと1分団に3セットと思ってるんですが、ちょっと後でまた報告させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 田中町長、こだわっておられますね。そういう時代なんですよ、既にもう。遅いぐらい。ですから、そういうところは除雪車は今後、今雪降ってますから、来年度になって4月になってから、活躍するまでに相当の期間があるわけなんですよ。持つ必要ないですよ。不経済。だって守りできないもの。役場の職員も。それぞれの機械の特徴あって特殊ですから。そうされたらいいんじゃないかと思いますよ。余りこだわらず。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 決してこだわっているわけじゃあありません。貴重な御意見を体しましてよく検討をしたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) ページでいきますと83ページ、13番、委託料の日韓友好交流公園管理委託料というのが書いてあります。これはちょっとこれだけではあれですので、事業計画の概要の方の13の7を、ここに日韓友好交流公園管理運営483万、一般財源、オール一般財源でございます。あすこの道の駅の東側の公園のことだと思うんですけども、あれは私、旧東伯なもんですから、県がされたのか町がつくったのか、わからなかったんですね。あすこのある施設、この483万円というのはあすこの施設の中のどこからどこまでのあの公園の運営費なのか。県からは一切出ないというようなことなんですけども、鳥取県があれだけ韓国と交流やってますんで、ことしは県の方からもいろいろ出てるんじゃないかと思ったんですけども、全部純町費ということでございますんで、あの事業、つくられたいろいろな施設の事業主体はどこだったのか、その点と、どの範囲の、480万というのはどの範囲の管理費なのかというのをお願いします。それがまず第1点。


 それから、次に84ページの同じくこれは19番の負担金の中に、海外研修少年の翼補助金というのが書いてます。これも概要の方を見ていただいて、これが13の5ですね。13の5に国際交流の推進513万8,000円ございます。基金繰り入れで500万と、あとは一般財源13万8,000円ということです。その下の方に海外研修少年の翼195万、載っとります。これは何人、どこに派遣されるのか、個人負担はどのぐらいあるのか。それと、その国際交流の残りの国際交流ですけども、513万のうち約200万が少年の翼、あと300万近くが国際交流ということでございますが、具体的な300万の使い道が何なのかというのをお願いいたします。


 それから、同じく84ページの、先ほどの少年の翼の1つ上に、バス交通対策補助金4,200万ございます。これも概要の方では13の6にバス交通対策ということで、一番下に補助金、バス運行補助金4,200万出ております。これはバスの運賃収入、運賃収入というのは多分収入の方に入ってるのかちょっとあれですので、運賃収入があると思うんですけども、その辺はこのバスの補助金との関係がどうなっておるのかをお願いしたいと思います。


 最後に、94ページの一番下、消防関係なんですけども、地域衛星通信ネットワーク整備負担金466万7,000円、これの具体的などういう内容なのかというのをお願いします。以上、よろしくお願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 83ページの日韓交流公園でございますけれども、あくまでも事業主体は町でございました。県と一緒といいますのは、あすこの一角に資料館つくりました。資料館をつくりましたのも町の事業としてつくったわけでありますけれども、これにつきまして内容物につきましては、展示物につきましては県が責任を持つことになっております。県で責任を持っています。いうことで、一緒に運営をしているということでございます。どこからどこまでといいますのは、管理はすべて、一帯の公園の管理はすべて町が管理をしなければならないということでございます。ただ、資料館につきましては運営委員会というのがありまして、県と町で50万ずつ出し合って、そしてこの資料館の運営というものをこれからも続けていくということになっておりますが、そのほかの細かいことにつきましては、担当課長の方から、商工観光課長の方から説明をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 商工観光課長、山本富士雄君。


○商工観光課長(山本富士雄君) 委託料のことをお尋ねがありました。委託料は芝の管理と、それから建物の警備の関係でございます。


 それから、海外研修の件につきましてですが、しばらくお待ちいただきたいと思います。14名を派遣するように計画しているところであります。


 それから、300万円の内訳ということですが、これは麟蹄、蔚珍郡への訪問を考えていうことでございます。が主なものになっております。


 バスの交通対策ですが、ここに上げております4,200万といいますのは、総経費でありまして、収入は、これは日ノ丸自動車に運行委託しておりますこと、総経費から収入を引きます。それが運行経費となりますので、町が負担すべきものとしておりますので、これはあくまで4,200万を、それを引いた、町が負担しなければならない経費だということでございますので、よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 地域衛星福祉ネットワーク整備負担金466万7,000円でございますが、これ県下一円の防災ネットワークでありまして、役場前のバス停のところにパラボラアンテナが建っておりますです。ああいうものとか、それから総務課のところにパソコンといったらおかしいですけど、受信装置がありますけども、そういうものの負担金でございます。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) それでは、先ほどの公園なんですが、公園の、あすこは駐車場があったり、あぐりの直売所があって、その公園の範囲なんですけども、あすこは国道9号があって駐車場があって、あぐりの直売所があって、トイレつきの建物があって、上の方にこげになってますね。この公園というのは駐車場なんかも入るんでしょうか、どこからどこまでがこのエリアなのかということです。先ほど県から50万云々というのは、これはこちらの予算書には上がってこないのかどんなかですね、をお願いします。


 それとあと、少年の翼なんですけども、個人負担は大体幾らぐらい取っておられるのか。ちょっと私先ほど質問しませんでしたけど、その人選はどういうぐあいにされるのか、もう手を挙げていただいてその中で人選されるのか、それをちょっとお願いします。


 それから、麟蹄と蔚珍郡に訪問ということですけど、どういう方を派遣される予定なのか、お願いいたします。以上、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 県からの50万というのは、これは直接補助でございまして、委員会の方に直接ですね。私どもの50万は84ページの一番上の方にあります日韓友好資料館企画運営委員会補助金ということで50万円を計上させていただきまして、それでもって運営をすると。


 それから、公園の範囲でありますけれども、駐車場の部分はあくまでもこれは国土交通省の駐車場でございます。公園の範囲というのは、あの山の一帯と、そしてこの資料館の建っているところまでというふうに認識していただいたら結構かと思います。


○議長(福本 宗敏君) 山本課長。商工観光課長。


○商工観光課長(山本富士雄君) 少年の翼につきましては、個人負担を1万5,000円でございます。人選につきましては……。


○議長(福本 宗敏君) 加藤課長。


○社会教育課長(加藤 久義君) 失礼します。人選につきましてですが、町内の小学校6年生から希望者を募集しまして、学校を通じて作文募集で応募のあった者を、選考委員会をつくりまして、人数を学校規模によって配当して、それから選考して決定しております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) ええですか。


 そのほかございませんか。ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、次に進みます。


 95ページ、教育費から120ページ予備費まで、質疑ございませんか。


 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 98ページ、13番の委託料、シルバー人材センターの委託料、どこに委託されてどのような内容かを説明していただきたい。


 それから106ページ、負担金補助及び交付金、町連合婦人会補助金38万円でございます。それで、この38万円の予算を、町財源を補助金として支給されるわけなんですね。それで、この婦人の皆さんがいろいろな諸般にわたって行事をされることについて介入、とやかく言うつもりはございませんが、やはり何といってもこの暮らしをよくする、婦人の地位を向上するという見地から申し上げますならば、ただ予算を補助して事が済むという問題ではありません。私はそのように考えております。それで、例えて申し上げますならば、旧赤碕町のときには婦人会、婦人団体連絡協議会の婦人の皆さんが多く議会傍聴に来られた実績があります。ところが悲しいかな、琴浦町になったら僕の知る範囲では婦人の参加者はないと言っても過言じゃありません。さらに、組織の問題で申し上げますが、地区の婦人会長がなされておられない方が県の婦人会長の連合会長だと、これが本当に補助金を一般財源を使って支出してこの税金の価値観というものが十二分に生かされておるのか、その点町長なり教育長の方から説明、答弁していただきたい。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 98ページのシルバー人材センターへの委託につきましては、教育総務課長の方から御答弁を申し上げますが、連合婦人会の補助金につきましてのいうことでございますが、傍聴はなくなった、地区の婦人会長でない者が県の役職を務めているということで、38万円つけなくていいのでないかという御趣旨でしょうか、そこをもう一度。


○議員(19番 石賀 栄君) 金額はとらわれないです。その本当の婦人会の皆さんが研修を、研さんを重ねるということの趣旨から言ったら、税金のむだ遣いではないかと。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) はい、わかりました。そうはいいましても、この婦人会活動を通じまして町の活性化等に、あるいはまたボランティア活動等を通じまして町の行政等に大変大きな力になっていただいてる組織、団体でございます。私は38万円は決して税金のむだ遣いにはなっていないと、本当に大きな力になってくださっていると思っておるところでございます。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、中波仁美君。


○教育総務課長(中波 仁美君) シルバー人材センターの委託料につきましてお答えします。


 これは小学校8校分の委託料でして、シルバー人材センターに桜とか松の剪定及び防虫剤の散布等を委託したりしております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 全部が全部、むだ遣いということを言っとらんわけですよ。ただ従来、旧赤碕のときにね、熱心に議会傍聴来られた。みずから議員も厳粛に一生懸命それなりに対応した経過があると。その姿が一向に見えんと。と同時に、これは組織に対する介入はいたしませんが、やはり地区の婦人会長でない人が鳥取県の連合婦人会長、これがまさにその研修の見地からいったら民主的なその研修であるのかないのかそこらをきちんと、金出すばっかりが能じゃないと、こういうところはこうしてほしいと、具体的に言ったら議会にも傍聴来てくださいと、そうして地区の婦人会長でない人が連合会の婦人会長、何のことですかと、そのぐらいのことを教育長、そういうことを的確な助言、提言されたのか、これは教育長の方から答弁を求めます。


 それから、ちょっと落としておりまして、112ページ、時間の関係もありますので簡単に申し上げますが、人権同和教育費の9番の旅費、特別旅費、費用弁償、これは書面をもってひとつお願いします。


 それから、113ページ、委託料、町同和教育推進協議会委託料の協議会のメンバーとこの70万円のどういう項目で70万円支出したのであるのか。それから、協議会委託料、各地区同和教育推進協議会委託料70万、これもどういうメンバーでどういう項目で支出をなされるのか、さらに19番の県人権文化センター負担金24万4,000円、さらに進学奨励金の人数を、これは説明は要りませんので、書類をもってひとつ提出していただきたい。以上。


○議長(福本 宗敏君) 教育長、永田武君。


○教育長(永田 武君) 婦人会の県の会長さんといいますか、役員さんが今、地区ではやってないじゃないかというお話ですけども、今出ておられます、県の方に出ていらっしゃいます役員の会長さんは、かつて地区でも会長を長年やってきておられましたし、今も会員であります。そういう方がダブらないでやっておられまして、この間も東伯支部の方の婦人会の総会に出させてもらいましたけども、婦人会は婦人会でそれこそ今日的な教育課題なり、あるいは社会問題、とりわけ環境とか食育とか、いろんな問題で地域活性のために、自分の見地と合わせて御尽力いただいております。こういうことを感じてきたところでございます。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 19番、石賀栄君。


○議員(19番 石賀 栄君) 教育長、こういう質問を石賀がしたっていうことを県の連合婦人会長にいっぱい伝えてもらいたい。以上、終わり。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) ないようでありますので、進む前にここで10分間、暫時休憩いたします。


               午後2時05分休憩


     ───────────────────────────────


               午後2時15分再開


○議長(福本 宗敏君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


 質疑がありませんので、以上で歳出の質疑は終わります。


 次に、歳入について質疑を行います。9ページをお開きください。9ページ、町民税から29ページ、町債まで、質疑ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 税制が大きく変わっておるようでして、1つは町税で、個人住民税ですが、これは定率減税の半減が10月から行われる、完全になくなると、こういうことでありまして、ここでは定率減税がなくなったために4,377万3,000円の町税が増収になるよという予算書になっているわけですが、そういうことでいいのでしょうか。それで、これには実は老年者控除の廃止の問題もありまして、それが介護保険料が2段階になった理由、いわゆる激変緩和の部分もあったりするわけですが。それから、国民健康保険税の応益割の部分にはね返ったりいろいろな部分に影響がしてあって、雪だるま状態に負担がなるという問題を含んでいるんです。それで、国民健康保険と介護保険の方はまた別の会計ですが、そこでは定率減税の開始、半減あるいは老年者控除の廃止の問題や、そのほかの税制改正の中で、住民の所得はふえてないけれども住民税がふえてくるというような影響という中身はどういうふうになっているのか、ちょっとこれだけでは中身がわかりませんので、できるだけ私のような者にもわかりやすく説明してください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 定率減税によりまして、おっしゃるように所得はふえないけども税金が高くなるという状況が生まれたわけでございます。しかし、それによって介護保険、あるいは国保に当然影響があるわけですが、どの程度というのは今、私も定かにしておりませんが、とりあえずはその定率減税によるものであるのかどうかというようなことをひっくるめまして、税務課長の方からその辺の答弁をさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) そうしましたら、青亀議員さんにお答えいたします。


 まず増額の要因でございますけれども、先ほど話がありましたように、まず第1点につきましては定率減税が半額になったことによる。それから2点目といたしましては、配偶者の均等割が2分の1から全額課税になったという点。それから、3番目といたしまして、老年者控除48万円の廃止によること。それと4点目でありますが、65歳以上の公的年金控除が140万から120万になったこと。それから、5点目に65歳以上の所得125万円以下非課税が廃止になったという点にあります。


 では、具体的に、町民税の算出でありますけれども、まず均等割につきましては8,356人でございます。2,506万8,000円となります。次に、所得割ですけれども、まず所得割では前年並みの3億8,170万6,000円としております。さらに定率減税が半額になることによって2,515万8,000円の増であります。それから、65歳以上、所得125万円以下の非課税の廃止になることで、これは経過措置があるわけですけれども、これが211万3,000円の増になります。それから、老年者控除の廃止のうちの所得125万円以上につきましては、105万8,000円ということでございます。したがいまして、所得割と均等割が合わせて4億3,510万3,000円でありまして、その徴収率を99%と見まして4億3,075万1,000円であります。さらに、退職分離、それから同和対策減免で4億3,186万6,000円ということになります。前年対比で見ますと4,362万3,000円の増額ということでございます。滞納繰り越しが15万円ほど上げておりますので、それを合わせまして4,377万3,000円となります。わかりましたか、以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 一回にもっとたくさん聞いとけばよかったと思って失敗して後悔しております。


 続きまして、固定資産税が、町税のときは増額なんですが、3,000万円ほど減額で上がってます。これを固定資産税の課税分が、変わったような変わっとらんような数字でちょっとあるんで、何ぼくらいなのかどうなのか。それとも激変緩和によること、バブルの時代の地価の上昇をなだらかにするということで、評価は下がっておる、地価は下がっておるのに固定資産税は下がらないという、こういう矛盾もあったわけですが、そこら辺は今回の来年度予算ではどういうふうになっているのか。


 それから、軽自動車税が100万ほど減ってますが、これなぜなのかということをお知らせ願いたいと思います。


 それから、先ほどもちょっと税務課長の口からぽろっと出ましたが、歳出の方でいう同和問題のいろんな支出がありますが、歳入の分野でいうと固定資産税4割、町民税の3割の同和地区及び出身者も含めて、減免があります。それから、あと保育料、それから幼稚園授業料、それぞれ3割の減免措置があると思いますが、それら総計して幾らのそういう減免措置があるのかということを、これ一覧表にして出していただきたいと思いますが、お願いしたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) 青亀議員さんにお答えいたします。


 固定資産税でございますが、平成18年度は合併後の初の評価がえとなるところでございます。そのため土地の状況等と、旧町の土地の価格調整を行っておるところでございます。まず、土地につきましては、平成17年度の決算見込み、課税標準額に負担調整率ですけれども、1.025を乗じまして額を求めたところでございます。このことにより、土地では前年対比ですね、1,269万5,000円の増額見込みとなりました。次に、家屋では、家屋の評価がえでありますけれども、これは総務省の告示によりまして、平成18年度の再建築評点補正率というものがありまして、これが木造家屋については98%、非木造については95%に改正されたという点がございまして、前年対比5,529万9,000円の減額見込みとなっております。次に、償却資産でございますけれども、償却資産を、償却を4%減と見込みまして96%、825万6,000円の減額をいたしておるところでございます。そういうようなこともありまして、総額は、前年対比ですけれども、1万2,000円の減額となっているところでありますけれども、これは徴収率を17年度より18年度の徴収率を1.7%上げておりますので、予算上では固定資産税の現年分につきましては、前年対比が……。ちょっと済みません。


○議長(福本 宗敏君) 暫時休憩いたします。


               午後2時27分休憩


     ───────────────────────────────


               午後2時27分再開


○議長(福本 宗敏君) 再開いたします。


○税務課長(松本ひろみ君) それに伴いまして、徴収率を1.7%上げておりますので、予算上では前年対比3,124万円の減額となりまして、10億278万3,000円の予算になったところであります。なお、18年度の固定資産税の縦覧、閲覧につきましては、4月1日から5月31日までですので、まず対象物件の評価価格なりを確認をしていただきたいと思います。


 それで、先ほど言いましたように、3,124万円の減額と、それから滞納繰り越しが80万2,000円ふえておりますので、3,043万8,000円の減額となるものであります。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 軽自動車。


○税務課長(松本ひろみ君) 済みません、軽自動車税につきましては、12月の時点で登録台数に税率を掛けまして、さらに徴収率を掛けた金額ということでございます。以上です。


○議員(10番 青亀 壽宏君) それから、税関係の減免、明細を出してくれるか。


○税務課長(松本ひろみ君) 税のものにつきましては、ありますけれども、あとほかのものにつきましては、各係で……。


○議員(10番 青亀 壽宏君) 各課で出してもらってください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) ということで、出させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) ここでは地方交付税が3億270万減額ということで、11ページですが、あります。小泉政権は竹中平蔵大臣が総務大臣になって、地方に対する財政の大もとに座っているということで、これ大変危険だというふうに思いますが、景気がよくなったから地方税が増収になって地方交付税を減らしても地方の財源そのものについては確保されたんだというのが政府の言い分なんですよ。ところが、さっきも見てきたように、町税の伸びは定率減税の半減によるところの伸びなどで住民の所得が伸びて住民、この地域の事業の増収になってそれぞれが税収がふえているという状態ではないというのが今までの町の話でわかったことです。そういう中で3億幾らの地方交付税を削られてくると、このような琴浦町のような地方においては、まさに外堀を埋めて兵糧攻めにするに等しい形になってくるというのが、この予算書だというふうに思います。国の来年度予算の概要などをいろいろ調べてみましても、こういう方向はさらにこれからも強まっていく。義務教育の国庫負担が、これ県のレベルですけども、2分の1を3分の1にして、それで税源移譲をするということになってきた場合に鳥取県は20%足りないというふうになってくると、そうすると東京都のようなところは10人学級で、鳥取県のようなところは50人学級、60人学級という、こういうことですわね、財政の面からいうと。こういうことが起こっているわけですけども、これはどうでしょう、町長ね、このような状態が続くようならば合併した琴浦町が今後においても財政的に自立しながら運営を継続していくということが非常に困難になってくるというふうに思います。それには政治を変えるしかないわけですけれども、この辺について予算編成で大変苦労されたと思いますが、どう思っておられるのかちょっと御所見をお伺いしたいと思います。これで3回目です、これで終わります。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) まことにおっしゃるとおりでありまして、とりわけて教育費等につきましては、補助金が一般財源化されていて、あるいは補助率を下げるというようなことでありまして、私どもの町はこれから教育施設等の整備に向かっているわけでありまして、そういったこことを考えますと本当にけしからん時代になったなというふうに思っております。特に私は地方六団体の皆さんがこのたびの国のありようというものを評価したものをちょっと流されたことがありまして、これはけしからんという思いをこの前の会で私は申し上げたですけども、これは本当に地方がわかっていない、その六団体の代表がですね、ということで、本当に苦しいところに手出しをせないけないのに、いいところだけ伸びている。おっしゃるように定率減税を半分にしたために税収が伸びる、たったそれだけの部分でありますけれども、これとても一番弱いところにしわ寄せを持っていっての税収、交付税でありました。非常に私は厳しいと思いますが、こういうような状況がいつまでも続かないように、とにかく六団体の代表等がよく徹底してやっていただきたいということを申し上げた経過がございますが、だんだんこういった地方の代表の皆さんが勉強をし直して変えてくる、そういう気配も感じておるところでございまして、今までどおりのものがついていくやなことがあってはいけませんし、変えていく気風を私も下の方からしっかりとつくっていきたいというふうに思っております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 11番、坂本正彦君。


○議員(11番 坂本 正彦君) 9ページの町税、軽自動車、先ほど出ておりましたけども、100万ほど減額になっております。金額的にはそれほど大きな金額じゃないですけども、これは傾向としてどういうことが考えられるのか。農家の減少、あるいは軽トラですから一概に働くということに限定はできんわけですけれども、一応荷物を積むということなどから考えるとちょっと気になる数字ですので、その辺の考え方というものがどういうもんですかね。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 税務課長をもってお答えをさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) そうしましたら、坂本議員さんにお答えいたします。


 あくまでもこれは登録台数に基づいての算出、計上しておりますので、どこがどういうになったかというようなことに今現在ですね、把握はしておりませんが。ということで、軽トラにつきましては対比をしてみなければわからないということでございますのでよろしくお願いいたします。また、報告させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) ええですか。


 次、ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 9ページですね、固定資産税ですけども、2番に国有財産については国の方からが国有施設についてこういう固定資産税にかわるものが入ってくるんですけども、例えば県有財産の場合にはそういうような措置があるのかないのかですね、これが第1点です。


 それから、12ページ、使用料の商工使用料、1番、農村多元情報連絡施設使用料2,571万4,000円、これはどういうところからどういう内容のものなのかということなんです。同じページで、5番の商工使用料の2番、ポート赤碕物産館使用料374万、これはポート赤碕のどこの部分の使用料なのか。


 それから、最後に29ページ、町債ですけども、借入金利はずっと前の方に3.5パーを云々とかというのがあるんですけども、借り入れの内容によって違うんでしょうけども、大体何%ぐらいの金利で今まで借りておられるのか、よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 9ページの固定資産税で、県有財産につきましては税務課長、それから、総務の使用料、農村多元情報施設使用料につきましては企画情報課長、さらにまた、商工使用料につきましては商工観光課長、起債の関係につきましては総務課長の方からお答えをさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 税務課長、松本ひろみ君。


○税務課長(松本ひろみ君) そうしましたら、高塚議員さんにお答えいたします。


 国有財産等の交付金でございますが、公有財産といたしまして鳥取県ですね、土地、家屋につきまして310万8,252円を交付金としていただいております。土地につきましては、どこの土地かということは今調べておりますんですけれども、家屋につきましては、県の所有する建物に対しまして課税標準額が1億7,999万9,902円という課税標準額であります。先ほど言いましたように、土地、家屋含めて310万8,252円、県からいただいております交付金です。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 企画情報課長、山下一郎君。


○助役兼企画情報課長(山下 一郎君) お答えをいたします。


 12ページの総務使用料の農村多元の使用料の2,271万4,000円につきましては、これTCBから入ってくるものであります。結局、そのTCBの建物とか中にある施設というものの所有権は、琴浦町なり大栄町なりにあるわけでありまして、その使用法、賃借をするわけでありますので、その使用料ということで、大体2,271万4,000円入ってきます。


○議長(福本 宗敏君) 商工観光課長、山本富士雄君。


○商工観光課長(山本富士雄君) お答えさせていただきます。


 ポート赤碕物産館使用料ですが、これはポート赤碕に3点入っていただいております。その3点の使用料と、それからあぐりポート、JAですね、入っていただいております。それの土地の使用料ということで、以上です。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 起債借り入れ時の利息ということでありますが、調べて報告させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) そうしますと、固定資産税の件は、ここでは国有資産等ですから、この等の中に県も入っているということでいいですね。わかりました。


 それで、次にポート赤碕の物産館使用料ですけども、韓国の資料館の中に売店のようなものがありますけども、あれは民間が入っておられると思うんですけども、あれの使用料というのはこの中に入っているのか入ってないか、お願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 商工観光課長、山本富士雄君。


○商工観光課長(山本富士雄君) 物産館についてはこの中に入っておりません。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) あすこは使用料等は取っとられるでしょうか。もし取っておられるとすればどこの項目に入っているのか、お願いいたします。


○議長(福本 宗敏君) 商工観光課長、山本富士雄君。


○商工観光課長(山本富士雄君) 物産館については、現在のところ使用料は取っておりません。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がございませんので、議案第47号の質疑を終わります。


 次に、議案第48号、平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計予算につきまして、質疑に入ります。質疑ございませんか。ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 以上で、議案第48号、平成18年度琴浦町国民健康保険特別会計予算の質疑を終わります。


 次に、議案第49号、平成18年度琴浦町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算について、質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、議案第50号、平成18年度琴浦町老人保健特別会計予算について、質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、議案第51号、平成18年度琴浦町農業集落排水事業特別会計予算について、質疑に入ります。質疑ございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 9ページ、利子7,769万1,000円、この金利は幾らでしょうか。


○議長(福本 宗敏君) それだけですか。


 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 上下水道課長をもって答弁をさせていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 上下水道課長、永田温美君。


○上下水道課長(永田 温美君) 済みません、今の利子の金利ということでございますけど、ちょっと後で報告をさせていただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、議案第52号、平成18年度琴浦町下水道事業特別会計予算について、質疑ございませんか。


 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) これは何ページということではなくて、予算全般ですが、一般質問でも言いましたが、2町が合併してそれぞれ下水道計画を独自に立てて合併していったわけです。それで、1つの町になって処理場が2つになって、当初計画のとおりで進んでおるということ。しかし、御案内のように、財政的ないろんな問題は極めて厳しい状態にあってる中で、その下水道計画全体を抜本的に見直す必要があるという私は主張をずっとしてきた。それは前の町長もそのとおりだというふうに言われてきたわけですが、コミュニティープラントなり、あるいは100人槽などのいうような形で集落単位でパイプラインで全部結ぶんではなくて、できるだけそういう見直しをして、下水道規模を縮小して1本のパイプでつながるところを少なくする、あるいは河川を越えるポンプアップをするとかいうようなことをできるだけ少なくして、処理能力も、畜産の問題なんかも含めてあったんだと思いますが、どういうふうな処理能力に変えていくのか。それから、人口の規模が予想を超えるスピードで低下してるんですよね。国勢調査でいうと1万9,500というような形の速報値が出てて、人数の減り方が倉吉の次ぐらいに人口が減っているというのが国勢調査の速報値なんです。そうなってくると、これまで人口の増加を見込んだ下水道計画になっているのであれば、そういうところの見直しなんかもしなきゃならないと思うんですが、それはいつやって、今年度こういう下水道予算が出てるんならどう基本的に考えられているのかということをまずお聞きしたいと。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) この分につきましては、おっしゃるとおりでございますが、いかに効率的にやるかということが本当に求められているところでございまして、見直す、全部ですね、当初は赤碕、東伯等につきましても、全部拾うというようなことになっておりましたけれども、そういうようなことはできないと、これから見直さなくてはならないと。先ほどありましたように合併し尿処理であるとか、あるいはまたコミュニティープラントであるとか、いろんな方法もあるわけでございまして、そういったもんにつきまして、どの辺まで進んでおるかということにつきましては担当課長の方から申し上げますが、今の現在の予算につきましては、まだそこまで考えたところの事業ではございません。人口密集地の中の配管工事等が主なものでございまして、そういったものを見越しての事業ではないと思っておりますが、担当課長の方から説明させていただきます。


○議長(福本 宗敏君) 上下水道課長、永田温美君。


○上下水道課長(永田 温美君) 青亀議員の御質問ですが、これまでも見直しの件につきまして御答弁といいますか、町長の方もされまして、見直しの件でございますが、下水道の事業自体が今、東伯地区、公共下水道が平成24年、それと特定環境が27年という工期で設定されまして、事業認可区域というのが全体計画がありまして、それぞれ何ぼかのエリアで事業区域変更というものをやります。それで、今の時点ではことしと来年にかけてですが、事業計画区域変更といいまして、区域拡大をしまして、区域拡大というのはエリア、事業認可になっていない地域、それを含めて変更しますということでこれまでも説明をさせていただいたわけですが、それに伴いまして、今年度なり来年度でありますが、事業計画の見直しを計画をしております。その際につきまして、事業計画変更といいますか、見直しをしながら、先ほど言われました人口のこともあります、それと今、下水道計画を全域といいますか、一部抜いた計画をしておるわけですが、今言われましたコミュニティーにしろ、当然ほかの事業にしろ、それから浄化槽、合併浄化槽等、当然考えていかなければいけませんし、国の方からもそういう指示といいますか、そういう指示をいただいておりまして、これから事業計画区域変更に伴いまして計画変更と、見直しということもことし、来年に予定をしております。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 10番、青亀壽宏君。


○議員(10番 青亀 壽宏君) この下水道の見直しについては、12月議会だったかどうかわかりませんけれども、補正の関係ちょっと私も質問したんですが、私が考えているイメージと、それから上下水道課で考えているイメージがちょっとずれてるかもわかりませんけれども、この下水道事業というのは、琴浦町にとってはこれ一大事業なんですよ。これについて住民参加型でもっと鳥取県、鳥取大学だとかそういう専門家の意見も踏まえながら、どういうことが一番合理的かつ経済的かというような形で計画全体を考えるとするならば、この下水道法に基づく事業をずっと進めながらいく計画変更だとかそういうふうなことではなくて、もう少し広い意味できちっと審議会なら審議会のようなものをつくって、一定の時間もかけて、プロにも入っていただいてというようなことをやったらいいんではないかと思うんですよ。それにはそれなりのお金や財政基盤やそういう組織を立ち上げないけんわけですから、必要があると思う。だから、これは全体にこの下水道事業会計の中で見るのか、またどっかで見るのかは別にしても、そういうもんが要るんではないかということなんです。これがそういう従来型の下水道の中のやり方だけじゃなく、もっと幅広く住民参加型で専門家も入れたような形の抜本見直しをぜひやるべきで、それはどうなんだということなんです。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 抜本的な見直しということになりますが、当初にこの事業にかかった経過というようなものもひっくるめながら、そういったことも考えてみたいと思います。検討をしてみたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) 9ページですけども、委託料が1億4,640万上げられてます。この中で、特定環境というのはこれは赤碕地区だと思うんですけども、1億540万ですね。多分これは下水道事業団かどっかに委託をされるんでしょうけども、具体的な処理、内容をお願いをいたします。


 それから、次のページの10ページの委託料、東伯、赤碕の維持管理委託料ですけども、この委託というのはああいう処理場の施設に常駐をしとられるんでしょうか、ちょっと内容をお願いいたします。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 町長、田中満雄君。


○町長(田中 満雄君) 上下水道課長をもちまして答弁をさせます。


○議長(福本 宗敏君) 上下水道課長、永田温美君。


○上下水道課長(永田 温美君) 高塚議員にお答えします。


 委託料ですが、特定環境保全事業、これは言われました赤碕の分でございます。それで、これにつきましてはただいま処理場の汚泥処理棟を債務負担で、ことしで終わりですが、来年といいますか、18年で終わりますが、これにつきまして7,200万かけております。


 それから、水処理設計としまして、後々のOD槽の設計委託料は2,000万ほど見ております。


 それから、公共、特環、双方でございますが、技術センターに委託といいますか、推進なり大きな工事が出ますと県の技術センター等、委託積算等をしますので、その委託料。また詳細設計、管渠のそれぞれ特環なり公共の委託料2,730万ほかという内容になっております。


 続きまして、10ページの委託料でありますが、これは下水道維持管理費としまして、東伯処理区の維持管理費委託料が2,001万7,000円ということでございまして、これは東伯浄化センターの運転管理、またそれぞれの中継ポンプの運転管理、また水質試験等の業務管理、脱水ケーキ処理運搬等、それぞれ東伯、赤碕の処理場に関します、マンホールポンプ等に関します維持管理でございます。それで、今の維持管理の形態は1週間に2回処理場に常駐しまして、管理を双方の処理場で委託をしていただいておるということでございます。以上です。


○議長(福本 宗敏君) 3番、高塚勝君。


○議員(3番 高塚 勝君) そうしますと、9ページの方の特定環境の1億540万については、これは設計とそれから工事も入っているんでしょうか、それをお願いします。


○議長(福本 宗敏君) 上下水道課長、永田温美君。


○上下水道課長(永田 温美君) そのとおりでございまして、処理場工事委託ですので、下水道事業団が処理場を今、発注をしながら工事をしておりますし、それと、水処理設計といいますか、先々のOD槽の設計委託料ということも含んでおります。以上です。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、議案第53号、平成18年度琴浦町介護保険特別会計予算について、質疑に入ります。質疑ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、各財産区特別会計について、質疑をしていただきたいと思います。


 初めに、議案第54号、八橋財産区特別会計から議案第61号、安田財産区特別会計までの合わせて8議案について質疑に入ります。質疑ございませんか。ありませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 次に、議案第62号、平成18年度琴浦町水道事業会計予算について、質疑に入ります。質疑ございませんか。ございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 これをもって平成18年度各会計予算に対する総括質疑が全部終了いたしました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 平成18年度琴浦町各会計予算議案の委員会審査付託





○議長(福本 宗敏君) 日程第2に進みます。


 お諮りいたします。ただいま一括して議題としております議案第47号、平成18年度琴浦町一般会計予算から議案第62号、平成18年度琴浦町水道事業会計予算まで16議案については、お手元に配付しております審査付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査付託をしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) なお、一般会計予算については、総務常任委員会へ付託しておりますが、各常任委員会にかかわる分野については分割審査をお願いし、総務常任委員長が意見を集約していただきたいと思います。これに御異議ありませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、議案第47号、平成18年度琴浦町一般会計予算から議案第62号、平成18年度琴浦町水道事業会計予算まての16議案については、お手元に配付しております審査付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査付託することに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 休会の議決





○議長(福本 宗敏君) 日程第3に進みます。


 お諮りいたします。議事の都合により明日15日から21日までの7日間は休会したいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、明日15日から21日までの7日間は休会とすることに決しました。


     ─────────────・───・─────────────


○議長(福本 宗敏君) 以上で本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 次の本会議は、22日午後1時30分に開きますので、定刻までに議場に御参集お願いします。


 本日はこれにて散会いたします。皆さん、御苦労さんでございました。


               午後2時59分散会


     ───────────────────────────────