議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 琴浦町

平成17年第1回臨時会(第1日 2月14日)




平成17年第1回臨時会(第1日 2月14日)





────────────────────────────────────────


  第1回 琴 浦 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 (第1日)


                        平成17年2月14日(月曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成17年2月14日 午前10時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 議案第1号 平成16年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第4 閉会の議決


     ───────────────────────────────


                 本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期決定について


日程第3 議案第1号 平成16年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)


日程第4 閉会の議決


     ───────────────────────────────


                出席議員(30名)


      1番 谷 田   巖        2番 橋 田 照 雄


      3番 前 田 智 章        4番 石 賀   栄


      5番 金 田   章        6番 田 中 昌一郎


      7番 青 亀 壽 宏        8番 金 光   巖


      9番 小 椋 正 和        10番 川 本 正一郎


      11番 鉄 本 忠 宏        12番 大 田 友 義


      13番 長 尾   稔        14番 定 常 博 敬


      15番 田 中 正 人        16番 武 尾 頼 信


      17番 林 原   篁        18番 御 崎   勤


      19番 桑 本   始        20番 丸 山 専之祐


      21番 谷 本   茂        22番 新 藤 登 子


      23番 井 木   裕        24番 手 嶋 正 巳


      25番 盛 山   明        26番 坂 本 正 彦


      27番 手 嶋 興 人        28番 山 田 義 弘


      29番 山 下 一 成        30番 福 本 宗 敏


     ───────────────────────────────


                  欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


                  欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


                 事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 大 田 順 子  局長補佐 ────── 藤 田 喜代美


     ───────────────────────────────


               説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 米 田 義 人  助役 ──────── 田 中 満 雄


 総務課長 ───── 松 岡 義 雄  合併調整課長 ──── 山 根 礼 子


 企画情報課長 ─── 山 下 一 郎  商工観光課長 ──── 山 本 富士雄


 商工観光課参事 ── 山 本 秀 樹  税務課長 ────── 松 本 ひろみ


 地籍調査室長 ─── 生 田 尊 寛  農林水産課長 ──── 山 ?   肇


 町民生活課長 ─── 前 田 順 一  保険課長 ────── 橋 井   操


 健康福祉課長 ─── 森   美奈子  診療所事務長 ──── 大 谷 博 文


 建設課長 ───── 有 福 正 壽  上下水道課長 ──── 永 田 温 美


 出納室長 ───── 米 田 幸 博  分庁管理課長 ──── 坂 口 勝 康


 農業委員会事務局長  手 嶋 一 夫  教育長 ─────── 永 田   武


 教育総務課長 ─── 中 波 仁 美  社会教育課長 ──── 加 藤 久 義


 人権・同和教育課長  澤 田 豊 秋  学校給食センター所長  中 山 美津江


     ───────────────────────────────





◎午前10時00分開会





○議長(福本 宗敏君) ただいまの出席議員は30名であります。定足数に達しておりますので、これより平成17年第1回琴浦町議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の日程は、あらかじめお手元に配付している議事日程表のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 宗敏君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、7番、青亀壽宏君と8番、金光巖君を指名いたします。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定について





○議長(福本 宗敏君) 日程第2、会期決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。今期臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第1号





○議長(福本 宗敏君) 日程第3、議案第1号、平成16年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)についてを議題といたします。


 提案者の提案理由説明を求めます。


 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) おはようございます。そういたしますと早速でございますけれども、提案理由の説明を申し上げます。


 議案第1号、平成16年度琴浦町一般会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は、3億6,414万9,000円を増額し、総額を81億264万5,000円とするものであります。歳出予算の内容は、赤碕中学校大規模改修事業関係の役務費、委託料、工事請負費の増額及び予備費の減額であります。また、歳入の内容は、中学校施設整備費補助金の増額と教育施設整備事業債の増額及び公共施設等建設基金繰入金の減額であります。


 議案の内容につきましては総務課長に説明させますので、よろしく御審議をいただきまして御承認賜りますようにお願いを申し上げます。


○議長(福本 宗敏君) 次に、総務課長の説明を求めます。


○総務課長(松岡 義雄君) それでは、琴浦町立の赤碕中学校大規模改修工事ということで、先ほども町長の方からもありましたが、概要としまして、歳出の方でありますが、工事請負費、それから設計監理委託、確認申請手数料等で歳出を組んでおります。それから、歳入につきましては、国庫補助金、起債、町費ということであります。それから、工期につきましては、3月から来年の10月31日ということで17年度の繰り越し事業になるようになっております。


 ちょっと予算の説明をさせていただきます。まず歳出でありますが、9ページをお願いいたします。学校管理費でありますが、役務費が4万5,000円、それから委託料が577万5,000円、これは設計の監理委託料でございます。それから工事請負費でありますが、3億5,835万5,000円、これは赤碕中学校の大規模改修の工事請負金であります。


 それから、はぐっていただきまして10ページ、予備費といたしまして減額の2万6,000円をいたしております。


 それから、戻っていただきまして6ページをお開きいただきたいと思います。歳入でありますが、国庫補助金の関係であります。教育費の補助金といたしまして9,164万9,000円、中学校施設整備費の補助金ということで組んでおります。


 それから7ページ、繰入金であります。基金繰り入れといたしまして、公共施設等建設基金繰入金、これは1,210万円減額いたしておりますが、これは設計料なり、あるいは公共施設ということで光ケーブル等を組んでいたわけですが、それを減額したところでございます。


 それから、はぐっていただきまして8ページ、起債でございます。教育債ということで2億8,460万ということで上げさせていただいております。このたび、補正予算債等の関係もございまして、補助金以外起債対応ということであります。そういうことで教育施設の整備事業債ということで上げておるところであります。


 それから3ページでありますが、地方債の補正ということで上げさせていただいております。義務教育施設整備事業ということで、補正前は8,340万ということでありますが、このたび限度額を3億6,800万に変えさせていただくということで上げておりますので、よろしくお願いいたします。以上であります。


○議長(福本 宗敏君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 直ちに審議を行います。


 議案第1号、平成16年度一般会計補正予算について質疑に入ります。質疑ございませんか。


 23番、井木裕君。


○議員(23番 井木 裕君) 予算の内容については、とやかくは申し上げませんが、やはり赤碕中学校の大規模改修、耐震構造ということで、その工法なりという、どういうふうな工法でどういうふうにされるのか、そこの説明を求めたいと。


○議長(福本 宗敏君) 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) 教育総務課長がお答えします。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、中波仁美君。


○教育総務課長(中波 仁美君) 井木議員さんにお答えします。


 赤碕中学校の耐震補強につきましては、外からつける外づけ工法というのをとるように予定しております。校舎の両側、南側それから北側から、両方側から一部ではありますが、外からつけて補強していくというもので、一応夏休みを中心にしてできるような形をとる予定にしております。


○議長(福本 宗敏君) 23番、井木裕君。


○議員(23番 井木 裕君) 外側の方を工法としてまいていくということですけども、今、工法自体はいろんな安く上がる工法等、何種類か工法はあろうかと思います。その中で外づけ工法というようなことですけども、この南側、北側と両サイドで、その中の内容というのはどういうふうになっておるのか。外側だけでしていくのか、それとも外とやはり中とを結びつけての耐震的な構造にしていくのか、その辺のところをもっと詳しく説明をしていただきたいのと、もう1点は、教育民生の中に、やはり委員会の方にそういう図面的なものの提出があってもいいのではないかなというふうに。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、中波仁美君。


○教育総務課長(中波 仁美君) 今把握しているのでは、外づけ工法と内づけ工法というのがありまして、内づけ工法の場合は中の方にしていきますので、壁とか床、天井等を壊して中に入れていくというふうなことがありますが、外づけ工法は外からしますので、中の方もその関係でちょっと一部影響する場合がありますけれども、大体外からというやり方では、やはり中の方には影響なしで、その分早くできていくというようなことがあります。


 それから、教育委員会への説明等ですけれども、また図面等の提出ですけれども、今回、本来17年度に予定しておりましたが、国の方の補正が通ったということで、前倒しで今回補正と、それから、これから3月になりますが、工事請負の締結についてを出させていただく予定にしております。その関係で、教育委員会の方に諮る時間がありませんでしたので、申しわけありませんでした。また今後に説明をしていきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 3番、前田智章君。


○議員(3番 前田 智章君) この大規模改修に関しまして、中学校側から非常に強い要望が出ておったわけですが、エレベーターですね、これはつきますか。ちょっとお伺いします。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、中波仁美君。


○教育総務課長(中波 仁美君) エレベーターにつきましては、設置する予定にしております。事業の概要ですけれども、を少し説明をさせていただいておきます。


 管理棟、それから教室棟、特別教室棟、昇降口、部室棟ということで耐震と大規模改修をするようにしております。老朽改造、防水改修、外壁の改修、内装の改修、トイレの改修、それからエレベーターをつけるということ、下水接続工事というような大まかな概要ですけれども、そういうことでやるようにしております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 7番、青亀壽宏君。


○議員(7番 青亀 壽宏君) 説明によりますと、17年度に予定をしていたものを急遽こうやって補正で16年度事業でやろうと、こういうことのようですが、国の補正枠ができたということが主たることだと思いますが、また一方で、三位一体改革などで教育施設についての地方と国の負担のあり方等々が来年度予算の中で変更になるやもわからないようにも、ちょっと正確には記憶してないんですが、地方の負担がふえるというような方向での改革が、改悪ですが、行われるようにも察知しております。そうすると、そういう有利な条件で今年度に補正を組んででも入れ込んでおくということが今回のねらいなのかなというふうに感じておるところであります。


 そこで、そういうことで認識が一致するというふうに思いますが、教育債の借り入れの枠を3ページですが、拡大をすると、ふやすと、こういうことで国の補助金に足りないものは起債を充当してやっていく、その起債の借り入れ条件は地方債補正という形で3ページに出ているわけであります。3億6,800万円に拡大をしていこうということで。それで償還の方法のところに、政府資金については、その融資条件により、銀行その他の場合には、その債権者と協議するというふうになってるんですが、これは、完全に政府系金融機関による融資を3億6,800万円借り入れる計画になっているのでしょうか。それとも銀行その他縁故債といわれるものも考えているのかいないのかというところをお答えください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) 総務課長がお答えします。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 今、起債の関係でありますが、一応この起債は、補正予算債の関係で100%起債対応、それから交付税措置が50%の有利な起債でございます。それであと政府資金の関係で、今の縁故債のこともあるわけですが、具体的な内容については、これから借り入れしますので、その中で、銀行あるいは政府資金、その辺が具体的になってきますので、そういうことでよろしくお願いいたしたいと。


○議長(福本 宗敏君) 7番、青亀壽宏君。


○議員(7番 青亀 壽宏君) 起債充当率が100%で、そのうち50%が交付税措置される、つまり基準財政需要額算入ということですわね。それで政府系金融機関からの融資なのか縁故債なのかということは明言を避けられて今後の問題だと、こういうことのようですけれども、これは、今の時点では、そういうことはわからないものなんですかね。つまり、政府系金融機関の利率の決定方法だとかいろいろなこともあって、自由にならない部分も含めて、金利が下がっていく場合にでも金利が下がらないというような悪い面があるんですね、今の低金利時代には。例えば縁故債になってくると、借りかえをやったりしながら金利を節約するというような道もないことはないと。ですから、その3億6,800万円という多額の借り入れをするに当たって、そういうふうな将来のことも含めた形を考えた上での起債をすべきだと思うんですが、そこのところがはっきりしないようでは、ちょっといささか。はっきりしないものなんですか、これは。ということをもうちょっと。


○議長(福本 宗敏君) 総務課長、松岡義雄君。


○総務課長(松岡 義雄君) 基本的には政府資金ということでありますので、ただ、県の枠組みとか国の枠というようなことがありますので、ちょっとそこははっきり。これから借り入れということでありますので、御理解をいただきたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 7番、青亀壽宏君。


○議員(7番 青亀 壽宏君) 先ほど言いましたが、来年度以降の問題について教育施設費に関する国と地方の負担割合の問題なんかは、ちょっと私も正確なところはまだ不勉強なんですが、なんかちょっと片隅に条件が地方にとって悪くなるような感じを持ってるんですが、そこら辺のことがわかれば教えていただきたいのと、それから、交付税措置50%で有利な借金だと、こういう説明でございますが、これまた、なかなか将来にわたってそれが保障されるのかどうかということも極めて不安要素がありまして、50%というのが変更になったり、あるいは地方財政計画そのもので総額が抑えられると、これが絵にかいたもちにならざるを得ないところもあるんですが、そこら辺は、これからも起債を起こす場合には重々注意をしながらやっていただきたいと思います。


 来年度、国の財政の予算の組み方や、あるいは教育予算に関するそういうような方向は、どのように町当局としては察知をしておられますか、お聞かせください。


○議長(福本 宗敏君) 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) 将来のこの起債の関係は、現在、今まで約束していただいておりました起債の償還等につきましては、やはりこの地方交付税等につきましてもきちんと需要額に計算をちゃんとしてございます。今後とも、今約束していただいておるその需要額につきましては、やはりその約束は守ってもらわにゃいけませんし、今後とも守られていくものと思っております。前回、5日の一般質問で、そういう懸念があるんじゃないかと青亀議員の質問があったことを思い出しておりますけれども、そうなりましたときは、やはり向こうがその約束を破った場合は、こちらも償還をそれにあわせた償還の考え方ということは、当然主張してもいいことになると思います。ですから、それによりますところの、この償還額が、例えば年間1,000万円あるものであれば、今までの計算から出るところの有利分を差し引いて償還するとしても、国の方は文句を言われん、わしゃ筋合いだとこのように理解をしておるところであります。


○議長(福本 宗敏君) もう3回終わりました。


 そのほかございませんか。


 4番、石賀栄君。


○議員(4番 石賀 栄君) 教育長にお尋ねいたします。


 私の目線では、赤碕中学校は17年度の改修ではなかったかというふうにとらえております。これが急遽本日の臨時会に提案されたということで、16年度の年度もあとわずか1カ月有余という差し迫った時期でございます。このような大事業、大幅な高額な事業費が認定されたということについての経過が、どういうことでこういう結果がなされたか、特に県との対応ですね、これを答えて説明していただきたい。


 第2点は、委託料577万円ということが計上されておりますが、これはいかような形態で委託されるのか、単独であるのか随時契約であるのか、または何社の業者を選択されるのか、その点、お聞かせ願いたい。


 それから、大規模改修工事で3億5,800万ですね、これ、かなり大がかりな大事業でありますが、事業費であります。入札に対しての対応についてお聞かせ願いたい。


 最後に、当然父兄なり、特に現場の声が教育委員会の方でよく対応されておるではないかと、されにゃならんというふうにとらえておりますが、その辺の経過を説明していただきたい。


○議長(福本 宗敏君) 教育長、永田武君。


○教育長(永田 武君) 失礼します。石賀議員さんの方から何点か御質問がありましたけれども、まず、前倒しといいますか、この年度で補正出したことのあれなんですけれども、実は、赤碕中学校のこの耐震大規模改修につきましては、14年度に耐震診断を受けておりまして、16年度にその17年度に向けての設計等をやっていたということで、既に設計といいますか、工事にかかれるある程度の準備段階ができていて、県の方から前倒しでやってはどうかというお誘いがありまして、正直申し上げまして、今総務課長等から申し上げましたような条件の中で実施していきたいということで、急遽このような3月議会での補正を組ませていただいたということでございます。


 それからもう1点の、学校等とのやりとりなんですけれども、当然これは設計段階の中から、既に学校等の御希望なり、また保護者の意見等もお聞かせいただきながら調整させていただいているところでございまして、先ほどありましたエレベーター等につきましても、これから開かれた学校づくり等、開かれる中でバリアフリー化もどんどん図っていきたいというようなことも含めながら設計等をやってきている経過がございます。


 それから、監理委託の問題でありますとか、入札の問題等につきましては、中波課長の方から答弁させていただきたいと思います。以上でございます。


○議長(福本 宗敏君) 教育総務課長、中波仁美君。


○教育総務課長(中波 仁美君) 監理委託のやり方というようなことですけれども、この補正、今回、きょうの議会で議決いただきましたら、補正が通りましたら、そういう契約関係とかの準備に入っていきますが、こちらが一応考えておりますちょっと案ですけれども、監理委託に関しましては、設計等の関係もありますし、内容をよく熟知している、それから今後の進め方として適正に早く進めていける方法として、一応随時契約というようなことも考えております。


 工事の方につきましては、指名競争入札ということでやっていくような形になるというぐあいに考えております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 28番、山田義弘君。


○議員(28番 山田 義弘君) 質問の順序がおかしになったなと思うんですが、16年度でやるといういい方向なので基本的にはいいことだなと思うんですが、先ほど井木議員の方からありましたように、内容的な問題が、過去の東伯中学校であったり、あるいは浦安小学校であったり、そういったときの大規模改修、そういったときにはもう少し図面とかいろんなものが提出されて、具体的にその場で検討したり、内容も詳しくわかったと思います。このたびの場合は、期間がないためなのか、先ほどの説明だけで本当にどんな改修がなされるのか、わかっただろうかと。私だけがわからんだろうかといった気がします。


 そういった点で、町長、これから後、時間がないために、このたびはこういった格好で補正を認めていくとしても、具体的な内容説明をされる気持ちがあられるのか、このたびは時間がないのでこういったことになったというのか、そこら辺をお聞かせ願いたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) 事業関係につきましても、最終的には議会にお認めをいただいて初めて事業化されるということでありまして、議会の皆さんに理解をいただく方法でこれからも進めていきたいと思っております。ただ、今回の場合は、こういう緊急的な面もございますし、内容が耐震とそれからあとエレベーターをつけるというような、内容的にはあとはもう内装関係等を整備をしていくということでありましたので、今回は余り説明する内容も多くないんじゃないかというような思いもしまして、こういう形で提案をさせていただいたわけでございますが、今後は、やはり図面等も示しながら、ここで議員の皆さんに、じゃこういう形でこの改修をするんだというようなことはお示ししながら議論していただきたいと、このように思っております。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


 19番、桑本始君。


○議員(19番 桑本 始君) 今、教育長さんからも答弁がありまして、耐震の辺の構造の辺から検討をされて、県ともある程度のヒアリングをされておると思うんですね。そうすると基本的なスタンスの私は図面はもう既にあるんではないかなというふうに察知をしておりまして、青亀議員が言われたように、これも50%補助の基準財政需要額に入れられての大事業でありますから、やはり私たち議員としても、町民に言う場合、その内容が知らされてなければ、どういう形で赤碕の耐震構造の4億弱のものがありますよということを、私は言えんじゃないでしょうかね。やっぱりそれは、こういう大きな事業は図面があれば、若干修正は変わるかもしれんけども、この臨時議会に提出をしてこういう形になっているというのがしかるべき姿じゃないかなと、執行部は。私はそういうふうに思いますけど、間違いでしょうかね。もしもあれば提出をお願いしたいと思います。


○議長(福本 宗敏君) 町長、米田義人君。


○町長(米田 義人君) 先ほど山田議員にもお答えいたしましたように、そのあたりも議員の皆さんにお知らせしたいと思いますが、ただ、この耐震構造につきましては、これは専門の国の機関によって審査をされて、それによって、これはとにかく耐震構造の補助事業に値するかというようなことを審査の結果、この赤碕中学校につきましてもオーケーをいただいて今日に至ったわけでございます。構造的には、今、東伯中学校等でもこの耐震構造の枠組みをしておりますけれども、非常に膨大な資料でございまして、我々も、どの部分を議会の皆さんに示したら一番わかりいいかなというような思いもございますけれども、その辺は別にでもまたわかりやすいような資料を今後は示すことができるんじゃないかと、このように思っておりますけれども、そういうことでひとつこのたびは御理解をいただきたいと思っております。


 実は、我々も見せていただくんですが、非常にその構造的なものなんかもどういう、理解は得られん部分もございますけれども、そこはやはり国の機関で、きっちりその辺の検討はなされておりますんで、十分信用ができる範疇であろうと、このように思っておるところであります。


○議長(福本 宗敏君) 19番、桑本始君。


○議員(19番 桑本 始君) 今、膨大な資料でということの中からでも、その設計図書部分については抜粋は私はできないのかなと、それとも説明がつかないのかなというふうな形で思っておりますし、正式に今度は決まれば、夏休みにということであれば、若干その設計図書も動くのかなと、変更があるのかなと思っとるわけでして、今現在、膨大な資料で、それが議員の皆さんに提出して説明ができないということであればいたし方ない事情があるかもしれませんけども、それがわかり次第、早急に全協でも開いていただいて、この内容については議員各位に熟知をしていただきたいというふうに希望しておきます。よろしくお願いします。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 質疑がありませんので、質疑を終わります。


 討論に入ります。討論ありませんか。


 4番。


○議員(4番 石賀 栄君) 赤碕中学校の全面改修は、父兄はもとより現場の方からも強く要望された赤碕中学校であります。これが、従来あった補助金が2分の1、半額にされ、琴浦町になって、これが県との、特に教育委員会の対応によって16年度の年末に全面改修がなされたということについて、非常に現場の校長以下先生方、私、この臨時議会に提案されるということをお聞きしましたので、父兄の皆さんに三、四名お話ししたところ、非常に父兄の皆さんも喜んでおられる実態であります。したがって、この2分の1の高率な補助は他には見られない事業であるということで、これをいち早く取り上げられた教育委員会、米田町長に対して敬意を表して賛成いたします。以上、終わり。


○議長(福本 宗敏君) そのほかございませんか。


               〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 討論がありませんので、討論を終わります。


 これより、議案第1号を採決いたします。


 本案を、原案のとおり決することに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 閉会の議決





○議長(福本 宗敏君) 日程第4に進みます。


 お諮りいたします。今期臨時会に付議された事件はすべて終了いたしました。よって、会議規則第7条の規定により、これをもって閉会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 宗敏君) 御異議なしと認めます。よって、今期臨時会はこれをもって閉会することに決定いたしました。


 これにて平成17年第1回琴浦町議会臨時会を閉会いたします。


              午前10時39分閉会


     ───────────────────────────────