議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成21年第 5回定例会(第 1日 6月15日)




平成21年第 5回定例会(第 1日 6月15日)





 
────────────────────────────────────────


   第5回 湯 梨 浜 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                           平成21年6月15日(月曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                         平成21年6月15日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 陳情の付託


 日程第4 議案第61号 平成21年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)


 日程第5 議案第62号 平成21年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第6 議案第63号 平成21年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 日程第7 議案第64号 平成21年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第8 議案第65号 平成21年度湯梨浜町宇野財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第66号 湯梨浜町コミュニティー施設の設置及び管理に関する条例の一


            部を改正する条例について


 日程第10 議案第67号 湯梨浜町立学校給食センター設置条例の一部を改正する条例に


            ついて


 日程第11 議案第68号 湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例の制定


            について


 日程第12 議案第69号 湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定について


 日程第13 議案第70号 鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第14 議案第71号 町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び


            審査会の共同設置に関する規約の変更について


 日程第15 議案第72号 工事請負契約の変更について


 日程第16 諮問第1号 湯梨浜町人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めること


            について


 日程第17 報告第3号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第18 報告第4号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第19 報告第5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第20 報告第6号 平成20年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告につ


            いて


 日程第21 報告第7号 平成20年度湯梨浜町後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計


            算書の報告について


 日程第22 報告第8号 平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書


            の報告について


 日程第23 報告第9号 平成20年度湯梨浜町水道事業会計予算繰越計算書の報告につい


            て


    ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 陳情の付託


 日程第4 議案第61号 平成21年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)


 日程第5 議案第62号 平成21年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第6 議案第63号 平成21年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 日程第7 議案第64号 平成21年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第8 議案第65号 平成21年度湯梨浜町宇野財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第66号 湯梨浜町コミュニティー施設の設置及び管理に関する条例の一


            部を改正する条例について


 日程第10 議案第67号 湯梨浜町立学校給食センター設置条例の一部を改正する条例に


            ついて


 日程第11 議案第68号 湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例の制定


            について


 日程第12 議案第69号 湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定について


 日程第13 議案第70号 鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更について


 日程第14 議案第71号 町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び


            審査会の共同設置に関する規約の変更について


 日程第15 議案第72号 工事請負契約の変更について


 日程第16 諮問第1号 湯梨浜町人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めること


            について


 日程第17 報告第3号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第18 報告第4号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第19 報告第5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第20 報告第6号 平成20年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告につ


            いて


 日程第21 報告第7号 平成20年度湯梨浜町後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計


            算書の報告について


 日程第22 報告第8号 平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書


            の報告について


 日程第23 報告第9号 平成20年度湯梨浜町水道事業会計予算繰越計算書の報告につい


            て


     ───────────────────────────────


              出席議員(17名)


      1番 石 井 輝 美       2番 會 見 祐 子


      3番 吉 田 礼 治       4番 河 田 洋 一


      5番 吉 村 敏 彦       6番 前 田 勝 美


      7番 松 本   繁       8番 平 岡 将 光


      9番 上 野 昭 二       10番 入 江   誠


      11番 浜 中 武 仁       12番 竹 中 壽 健


      13番 光 井 哲 治       14番 浦 木   靖


      15番 酒 井 幸 雄       16番 増 井 久 美


      17番 寺 地 章 行


     ───────────────────────────────


              欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 秋 草 一 洋   副主幹 ────── 伊 藤 和 彦


 主査 ─────── 蔵 本 幸 代


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長 ────── 西 尾 浩 一


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   総務課長 ───── 西 田 光 行


 企画課長 ───── 仙 賀 芳 友   町民課長 ───── 山 田 正 明


 子育て支援課長 ── 浜 崎 厚 子   産業振興課長 ─── 戸 羽 君 男


 建設水道課長 ─── 中 本 賢 二   健康福祉課長 ─── 岩 本 和 雄


 地域包括支援センター所長


        ─── 前 田 啓 嗣   教育総務課長 ─── 米 村 繁 治


 生涯学習・人権推進課長          会計管理者(兼)出納室長


        ─── 蔵 本 知 純          ─── 山 下   章


 水明荘支配人 ─── 石 田 秋 雄   農業委員会事務局長─ 小 林 重 幸


 代表監査委員 ─── 上 山 郁 雄   総務課参事 ──── 岸 田   智


    ───────────────────────────────





◎議長あいさつ





○議長(寺地 章行君) 6月定例会開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 議員各位におかれましては、御多用のところ、御参集、御苦労さまでございます。


 昨年の米国のサブプライム、あるいはリーマンの破綻を引き金といたしまして、金融危機、世界同時不況が蔓延をしておるところでございますが、我が国におきましても前例のない規模で経済対策、また生活支援対策が講じられておるところでございます。21年度補正予算も先般成立をいたしました。追加経済対策も実行段階に入ってまいりました。最近の景気動向によりますと、上方改善に向かっておる、また、先行指数によりましても2カ月連続で上方改善に向かっておるというようなことで、大変安心をしておるところでございますが、今後しっかりとした回復基調に入りますことを期待をしたいところでございます。


 本町での本格的対応につきましては、本定例会でなく、臨時議会でやるということでございますので、またその節にはしっかりと御審議を賜りたいと思いますが、本定例会につきましては22日までの予定でございます。議事進行、審議に当たりまして、議員各位皆様方の御協力を賜りますようにお願いをいたしまして、開会に当たりましてのごあいさつとさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。


    ───────────────────────────────


             午前10時11分開会


○議長(寺地 章行君) ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成21年第5回湯梨浜町議会定例会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(寺地 章行君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、5番、吉村敏彦さん、6番、前田勝美さんを指名します。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(寺地 章行君) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 本定例会の会期につきましては、去る6月4日に議会運営委員会を開催し、協議しましたので、議会運営委員長から報告を求めます。


 浦木委員長、どうぞ。


○議会運営委員会委員長(浦木 靖君) おはようございます。ただいま議長の報告どおり、6月4日、議会運営委員会を開催、協議した結果を報告いたします。


 本定例会の町長提出議案は、補正予算5件、条例改正2件、条例制定2件、諮問1件、その他3件及び報告7件の合計20件です。一般質問は8人です。陳情は、新たなもの6件です。会期は、本日15日から22日までの4日間としたいと思います。


 日程は、この後陳情の委員会付託をして、補正予算、条例改正、条例制定などの町長提出議案説明と一部審議、採決及び報告を受け、本日は散会といたします。16日は冒頭から一般質問を行います。17日は午前中を一般質問の予備日とし、午後及び18、19日は委員会審査及び議事の都合により休会といたします。最終日22日は提出議案及び陳情審査報告等の審議、採決を行う会期日程ですので、御協力くださいますようお願い申し上げます。


 以上、報告いたします。


○議長(寺地 章行君) お諮りします。ただいまの浦木委員長の報告のとおり、本定例会の会期は本日15日から22日までの8日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日15日から22日までの8日間と決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(寺地 章行君) 宮脇町長よりあいさつをお願いします。


 町長。


○町長(宮脇 正道君) 皆さん、おはようございます。


 田植えも終わりまして、水田に張られた水がきらきらと輝いて、いよいよことしも豊穣の季節に向かってスタートを切ったのかなということを強く感じる昨今でございまして、ことしが、お米とか、今はメロンの最中でございますけども、ナシとかブドウとか、いろんな作物の生産者の皆さんにとっていい年になればよいのにというような気持ちで、そういうことを願わずにおられないような昨今でございます。


 議員の皆さんには、本日は平成21年度第5回定例町議会にお集まりいただきまして、ありがとうございます。


 議案の審議に先立ちまして、最近の町政の進展等について、その一端を御報告申し上げます。


 まず、毎年6月1日に見直ししております国民健康保険税の見直しについてでございますが、近時の医療費の減少傾向等もありますので、雇用の悪化を受けた健康保険から国民健康保険への移行、あるいは所得の減によります税収入の減、そのようなことも想定されますけれども、近時の雇用の状況あるいは経済情勢等を踏まえて、現状で頑張ってみるということにいたしたところでございます。


 また、地域活性化や景気対策のために補正をお願いした事柄につきましては、適切な進捗を図るよう努めておりまして、公共事業の早期発注に努めますとともに、5月11日からは、さくら工芸品工房の入居者募集などにも取り組んでいるところでございます。


 イベント関係では、5月24日に、御案内のとおり、第1回ハワイトライアスロンin湯梨浜が開催されました。初めての大会でもあり、参加される選手の皆さんと、それからボランティアを初めとする町民の皆さんの気持ち、いずれもこの大会をよい大会にしようと、そういう思いが一致しまして、すばらしい大会が開催できたというふうに感じております。


 また、昨日、一昨日はグラウンド・ゴルフ発祥地大会が開催されました。これも温かいもてなしの心で、参加された方から、従事する皆さんの気持ちが伝わってくるとてもいい大会ですというお褒めの言葉を私もじかにお受けいたしたりいたしました。多くの町民の皆さん、ボランティアの皆さん、中には議員さんの協力をいただいたものもあります。どちらも参加された方々にとても喜んでいただける大会になりましたこと、この場をおかりして厚くお礼を申し上げたいと思います。


 また、住民の皆さんとの協働という観点から、6月5日に東郷湖活性化プロジェクト推進会議を開催し、いろんな分野の方たちの出席を得まして、今年度に取り組むべき事項等について意見交換を行いました。7日には、町道一里浜線の草刈りボランティア、消防ポンプ操法大会などもございました。これらはいずれも住民の活動の輪を広げ、多様な協働を推進していくという上からも有効なことだというふうに考えております。


 そのような中、先ほど浦木議運の委員長から御説明がありましたように、今議会におきまして、平成21年度補正予算案など5会計の補正予算、湯梨浜町コミュニティー施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例など条例改正2件、湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定など条例制定2件、その他にも鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更など3件、合計12議案の御審議をお願いいたすことといたしております。よろしく御審議、御議決を賜りますようお願いいたします。


 なお、去る5月29日に成立いたしました14兆6,987億円に上ります国の補正予算のうち、地方公共団体への配慮分2兆3,790億円、これは地域活性化・経済危機対策臨時交付金1兆円、それから地域活性化・公共投資臨時交付金1兆3,790億円から成っているわけですけれども、これらに係る我が町の実施事業につきましては、国や県からの情報収集に努めながら、鋭意編成作業を進めているところでございます。極力生きた事業を進めるよう最大限の努力を払いたいというふうに思っております。


 また、前教育長の逝去に伴います後任の教育委員につきまして、選任作業を進めているところでございます。この2つの事柄につきましては、7月に臨時議会をお願いして、その内容をお示したいというふうに考えております。議員各位及び町民の皆さんの御理解をお願いするものでございます。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 陳情の付託





○議長(寺地 章行君) 続いて、日程第3、陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理した陳情は、お手元の陳情文書表のとおり、総務産業常任委員会に付託します。


 本日は、日程第4から日程第14までの11議案については、提案理由の説明のみといたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第61号 から 日程第8 議案第65号





○議長(寺地 章行君) 日程第4、議案第61号から日程第8、議案第65号までの5議案を一括議題とします。


 順次提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第61号、平成21年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)から議案第65号、平成21年度湯梨浜町宇野財産区特別会計補正予算(第1号)までの5会計の補正予算を一括して提案理由を申し上げます。


 まず、議案第61号、平成21年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)についてでございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,155万1,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ83億9,155万1,000円とするものでございます。


 主な補正内容といたしましては、職員の異動及び給与カットによる人件費の補正、職員給与カットに伴う子育て・教育環境充実基金積立金の新規計上、緊急雇用経済対策に伴う賃金及び委託料の新規計上、障害福祉費の自立支援システム改修及び通所サービス利用促進事業補助金の新規計上、英語活動等国際理解活動推進事業の新規計上などでございます。


 次に、議案第62号、平成21年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ376万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億3,977万円とするものでございます。


 補正の主な内容は、昨年の地方税法施行令の改正に伴い、国民健康保険税の賦課徴収において、特別徴収から普通徴収に変更できることになりました。これに伴い、特別徴収対象者の範囲見直し措置等に係る国保システム改修費の増額と、職員の異動に伴います人件費の減額補正でございます。


 続きまして、議案第63号、平成21年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ7万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ13億7,352万2,000円とするものでございます。


 補正の主な内容は、職員の異動に伴います人件費の減額補正でございます。


 続きまして、議案第64号、平成21年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,526万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,846万5,000円とするものでございます。


 補正の内容は、歳入歳出とも農業集落排水施設更新支援事業に伴う増額でございます。


 続きまして、議案第65号、平成21年度湯梨浜町宇野財産区特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ20万円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を455万1,000円とするものでございます。


 補正の主な内容は、宇野地区公民館にテレビ、DVDレコーダーを整備する費用を計上するものでございまして、財源として財政調整基金から繰り入れを行うものでございます。


 詳細につきましては、それぞれ担当課長から御説明申し上げますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。


○議長(寺地 章行君) 順次補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) それでは、一般会計の補正予算について、内容を説明させていただきます。


 第1表と事項別明細書の総括は省略をさせていただきまして、7ページをごらんいただきたいと思います。歳入でございます。11款の分担金及び負担金、2項の負担金でございますが、2目の民生費負担金、これは障害者福祉関係の通所サービス利用促進事業の負担金として31万2,000円を計上するものでございます。


 次に、13款国庫支出金、2項国庫補助金、1目の民生費国庫補助金でございます。こちらの方につきましても、先ほどと同様でございます。障害者自立支援法システム改修、それから通所サービスの利用促進事業等でございまして、209万2,000円の補正でございます。


 次に、2目の衛生費国庫補助金でございますが、合併浄化槽の設置に伴いまして補助金の申請をしておりましたら、本年度1件あるわけですけども、それが補助がついたということで、19万6,000円計上するものです。


 4目の教育費国庫補助金の1節の小学校費の補助金ですけども、理科教育設備整備の補助金ということで、平成23年度から新学習指導要領へ移行させるための対策として、今、鋭意準備を進めておるところですけども、それの補助金として36万6,000円。同じく下の中学校費の補助金についても理科教育設備の充実のためにということで、48万6,000円補正をするものです。


 次に、14款の県支出金、1項の県負担金、1目の総務費負担金につきましては、県民税の徴収取り扱い交付金ということで、1人300円、8,178人分ということで、245万3,000円の計上でございます。


 2項の県補助金、1目の総務費県補助金でございますけども、こちらの方は県の交付金ということで従来歳入があるわけですけども、それの項目を明確にされたということで、事業名の変更と予算の組み替えでございます。防災・危機管理対策交付金という名称になったということで、125万円でございます。


 次に、2目の民生費県補助金、3節の障害者福祉費補助金ということで、こちらの方につきましても事業の運営安定化とか、それから通所サービスの利用促進ということで、50万円。4節の消費者支援対策費補助金でございますが、こちらの方は、消費者相談の複雑化、高度化に対して、窓口の機能強化を図るために、今年度から3カ年間ということで補助がついたものでございます。本年度分につきましては50万7,000円計上をいたすものでございます。


 めくっていただきまして、8ページでございます。6節の児童福祉費県補助金につきましても、先ほどの市町村交付金、名称の変更ということでお話をさせていただきましたものがひとり親家庭の助成事業と、それから家庭支援推進保育士の配置事業、子育て応援交付金という名称に変わったということで、組み替えでございます。それから、保育所の産休代替職員の補助金ということで、108万円計上するものでございます。


 3目の衛生費の補助金でございますけども、先ほど国の補助の方でも申し上げましたが、合併浄化槽の設置補助金ということで35万円。それから、その次のものについては交付金の名称変更の組み替え。それから、緊急雇用創出事業の交付金ということで、レセプト点検による疾病の分析をするということで、このたび191万1,000円。それから、環境立県協働促進事業補助金ということで29万1,000円計上しておりますけども、こちらの方は、田後東部にあります公園を芝生化するということで、町を経由してのトンネルの補助金でございます。


 4目の農林水産業の県補助金でございますが、こちらの方も交付金の名称の変更ということで、しっかり守る農林基盤交付金というものに変わったものでございます。こちらの方が補償額がかさ上げになったということで、金額もふやしておるものでございます。


 それから、6目の土木費の県補助金でございますが、こちらの方は緊急雇用創出事業交付金ということで、町内の都市公園の樹木の管理ということで、20万円計上いたします。


 それから、7目の消防費の補助金でございますけども、こちらの方も先ほどお話ししました交付金の名称が変更になったということで、組み替えでございます。


 それから、8目の教育費の県補助金でございます。2節の小学校費県補助金につきましては、緊急雇用創出事業ということで、英語教育の支援事業というものの71万5,000円の計上でございます。それから、3節の中学校費の県補助金につきましては、組み替えを予定をしておりまして、日本語教育の支援事業を73万3,000円組み替えで持っていって、中学校の図書等のデータベース化については144万8,000円減額をするものでございます。


 次に、3項の委託金でございます。4目の教育費の委託金ということで、問題を抱える子供等の自立支援事業の委託金153万6,000円計上しております。こちらの方は、倉吉産高跡地で不登校対策の事業を実施をしておられます。1市4町で共同実施をしているわけでございますが、今年度は湯梨浜町が事業主体で実施をするということで、153万6,000円計上をいたすものでございます。次に、3節の英語活動等国際理解活動推進事業委託金、45万円計上しておりますが、昨年も小学校の5、6年生が、平成23年度からは英語活動が入ってくるということで、県の指定を受けて実施をする事業でございます。1校、本年度も実施をするということで、45万円の上限を計上いたしているものでございます。


 17款繰入金、1項基金繰入金、8目の地域活性化・生活対策基金繰入金でございますけども、こちらの方は4月の12日でしたですか、商品券の販売をしておられます。それの助成金に対して繰入金として450万円を計上をいたすものでございます。


 19款諸収入、5項雑入、3目の雑入でございますけども、この中には、まず風力発電機の共済に係るものとして15万7,000円、それから消防団員の退職報償金、当初計画しておりました額より増額になりまして、51万3,000円を追加をするものでございます。それから、専従休職者ということで、職員が1名職員組合の専従として出ております。そちらの方からの負担金として57万6,000円を計上をいたすものでございます。


 めくっていただきまして、10ページ、歳出の方でございます。歳出の方には、4月1日と6月1日に異動をいたした職員がおりますし、それから、町長の提案理由にもございましたが、3月に可決をしていただきました職員の給与をカットしての基金積み立てに対して、人件費のこのたび調整をしております。説明の省略をさせていただきたいと思いますが、ほとんどの科目で減額になっております。ただ、ふえているところ、例えば議会費については増額になっておりますが、こちらの方は2名が3名になったりというようなことでの増額もあるということも御了解をいただきたいと思います。歳出につきましては、参考資料として事業概要書もつけておりますので、またごらんをいただきたいと思います。


 めくっていただきまして、12ページでございます。2款の総務費、1項の総務管理費、1目の一般管理費の中に子育て・教育環境充実基金事業積立金ということで1,700万円、こちらが先ほどお話ししました湯梨浜町子育て・教育環境充実基金ということで、職員の給与カット分を充てるものでございます。なお、最終的には3月に調整をさせていただかなければならないというぐあいに考えておるところでございます。


 それから、11目のCATV費ということで、ゆりはまネットの経常経費110万円ですけども、こちらは羽衣石地内の道路改良に伴う移転ということで計上を今回しておるものでございます。


 それから、12目の国際交流推進費でございますけども、国際交流推進費の特別旅費ということで29万9,000円、これは、夏に中学生がハワイの方を訪問するようにしております。それのアロハメイツの団長の旅費として計上をするものです。それから、その下の国際交流員ということで21万3,000円減額しておりますのは、CIRの帰国に伴う旅費の調整でございます。


 それから次に、13ページの14目新エネルギー施設費ということで、新エネルギー施設管理経常経費というのを修繕費を見込んでおります。これは風力発電の設備の電磁弁の取りかえということで、68万3,000円を計上しておるものでございます。


 それから、下の2項の徴税費、1目の税務総務費、一番下でございますけども、地理情報システムデータ入力ということで、金額は次の方に出てまいりますけども、現在、町の方に導入しておりますGIS地理情報システムに、この中に街路灯、それから私道等を新たに追加をしていくというものでございます。


 次に、15ページをごらんいただきたいと思います。3款の1項社会福祉費、1目の社会福祉総務費でございます。国民健康保険事業特別会計の繰り出しということで、376万8,000円の減額をしております。主な内容は人件費の減でございます。それから、続いて介護保険特別会計繰り出しの7万3,000円の減額についても同様の人件費の減でございます。


 3目の老人センター東湖園費でございます。東湖園の管理経常経費、105万円計上しておりますが、こちらの方は、漏水があるということで、その配管がえを見込んでおるものでございます。


 次に、8目の障害者福祉費でございます。こちらの方、自立支援給付費ということで、事業所運営の安定化を図るということで46万円、それからシステム改修事業に109万2,000円、通所サービスの利用促進事業補助ということで154万円を計上するものでございます。


 その下の9目の消費者支援対策費、歳入の際もお話ししましたが、消費者の相談の複雑化ということで、窓口の強化を図るために、50万7,000円を計上するものでございます。


 それから、ずっと飛ばしていただきまして、19ページでございます。3款の民生費、2項の児童福祉費、4目の母子福祉費ということで、金額ほど出て、あとずっと何も、説明欄も空白になっておりますけども、こちらの方は、県の交付金の名称が変更になったということを歳入の際にお話しさせていただきました。ひとり親家庭の助成事業が今度変わったというようなことで、金額がなく、説明欄もなくで、そこのところに予算額だけ出てくるというのがこれからも何カ所かありますので、名称変更のために、内々の金額の変更ということで御了解いただきたいと思います。


 次に、めくっていただきまして、21ページでございます。4款衛生費、1項保健衛生費、3目の環境衛生費でございます。こちらの方、環境保全事業補助金は、田後東部の集会所のとこにあります公園の芝整備事業で、29万2,000円の補助をするものでございます。この中には合併浄化槽の関係の経費等もありますが、組み替えということでなっておりますので、表面的には出てこないというものでございます。


 その次の4目の母子保健費についても、先ほどお話ししましたように、何の説明もなくあいとるということでございますが、これは組み替えになっておるということで御了解いただきたいと思います。


 次に、5目の保健対策費でございます。医療費分析事業ということで、緊急雇用の経済対策ということでここに計上しております。191万1,000円。これはレセプトにより疾病の分析をするための臨時職員の雇用でございます。


 次に、2項の清掃費、1目のじんかい処理費でございます。ごみの処理経常経費に印刷製本費31万7,000円を計上しておりますが、「ごみの区分と出し方」という冊子が各家庭に配布になっておると思いますけども、21年の4月に法が改正になっている部分もありまして、このたび全世帯分を作成するものでございます。


 次に、めくっていただきまして、22ページです。5款の農林水産業費、1項の農業費、2目の農業総務費の中の一番下の方でございますけども、鳥取県バイオディーゼル燃料利活用促進協議会会費というので、△の3,000円になっております。当初予算を計上しておりましたんですけども、こちらの方が農林水産省の補助対象事業に乗りかえたということがあって、市町村の分は不要になったというものでございます。


 次に、23ページでございます。6款の商工費、1款の商工費、2目の商工振興費、町商工会商品券発行事業補助金ということで450万円を、これは4月に発行した商品券の補助分でございます。


 めくっていただきまして、25ページをお願いいたします。7款土木費、4項都市計画費、1目の都市計画総務費でございます。都市計画総務費の経常経費ということで10万1,000円、これは下水道の変更認可に伴う都市計画図の更新業務でございます。それから、その下の3目の公園費でございますけども、都市公園の樹木管理費ということで、緊急雇用対策で20万円計上するものでございます。町内にございます都市公園の樹木の管理をするものでございます。


 それから、そのページの一番下の方ですけども、8款の消防費、1項の消防費、2目の非常備消防費ということで、団員の退職報償費51万3,000円を計上いたしております。当初予定ということで見ておりました額よりふえてまいりましたのは、長期にわたって消防団員を務めていただきました副団長が2名退団されたというのと、それから分団長1名、団員が1名ということで、総額が235万6,000円、当初予算が184万3,000円見ておりましたので、その合差分の51万3,000円をこのたび追加をするものでございます。


 それから、めくっていただきまして26ページ、9款教育費、1項教育総務費、2目の事務局費、中ほどでございます。問題を抱える子ども等の自立支援事業ということで155万5,000円、これは歳入でもお話ししましたように、1市4町で共同設置しております中部の不登校対策の子供支援センターへの事業で、本町が事業主体ということでこのたび計上するものでございます。


 それから、28ページをお願いいたします。2項の小学校費の中の中ほどでございますけども、小学校の日本語教育支援事業ということで、緊急経済雇用対策で71万5,000円を計上いたすものでございます。それから、その下の2目の教育振興費、こちらの方が一般教材の購入費ということで、平成23年に新学習指導要領に移行するわけですけども、その移行の段階での理科・算数教育の教材の整備ということで56万1,000円。その下が英語活動等国際理解活動推進事業ということで46万円、これは平成20年度に引き続き、町内の1校が指定を受けて取り組む事業でございます。


 それから、その次のページ、29ページでございますけども、中学校の日本語教育支援事業ということで、こちらの方は北溟中学校での英語の支援ということで、87万6,000円を計上するものです。それから、次の図書・備品データ化支援事業については、これは、今年度は事業を中止することはなく、別の枠内の臨時職員で対応するということで、予算としてこのたび減額をするものでございます。それから、2目の教育振興費につきましては、中学校の理科備品の購入をするということで、このたび75万2,000円を計上するものでございます。


 32ページをお願いいたします。10款の公債費、1項の公債費、1目の元金、こちらは財源振替でございます。


 それから、次の11款の予備費、1項の予備費、1目の予備費でございますが、財源の調整ということで、151万6,000円の減額をするものでございます。


 その後、給与費の明細書をつけておりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 以上で終わります。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、岩本健康福祉課長。


○健康福祉課長(岩本 和雄君) それでは、議案第62号、平成21年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)の説明をさせていただきます。


 第1表と事項別明細書は省略をさせていただきまして、6ページをお願いいたします。2、歳入でございます。8款の繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金でございます。補正額が全体で376万8,000円の減額でございます。これにつきましては、歳出の方にそのまま出てまいりますが、職員給与費等の繰入金を424万円減額、それから、賦課徴収費の方で国保のシステム改修費ということで47万2,000円を増額ということで、合わせまして376万8,000円を減額するものでございます。


 それから、7ページの方で、歳出でございます。1款の総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費は人件費の補正でございますので省略をさせていただきまして、2項の徴税費、1目の賦課徴収費でございます。13節の委託料を47万2,000円計上するものでございます。これにつきましては、国保システムの改修を県情報センターによりましてお願いをするものでございますが、特別徴収の対象者の範囲見直しがございまして、昨年7月に地方税法の施行令が改正になりました。これを受けまして、本町の国保税条例を10月に改正をいたしまして、特別徴収から普通徴収に変更するというようなことができるようになったわけでございますが、これを毎年手入力する作業が出てまいります。これを10月から特徴に間に合わせるために、今回システム改修を行うというものでございます。これにつきましては、特別会計の事業概要書の1ページをごらんいただきたいと思います。


 以下、8ページ以降につきましては、一般会計に倣いまして、補正予算給与費明細書以下、説明を省略させていただきます。よろしくお願いします。


○議長(寺地 章行君) では、続きまして、前田地域包括支援センター所長。


○地域包括支援センター所長(前田 啓嗣君) それでは、議案第63号、平成21年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明をいたします。


 これは、提案理由でも町長が申されましたように、6月1日の人事異動に伴うもの、それと、一般会計でも説明がありましたが、職員の給与カットに伴う人件費の減額補正、それに伴う繰入金の減額補正でございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) 議案第64号、平成21年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明をさせていただきます。


 6ページを開いていただきたいと思います。歳入でございますが、3款県支出金、1項県補助金、1目事業費県補助金で、農業集落排水施設更新支援事業補助金ということで、1,550万円を収入とします。4款繰入金、1項他会計繰入金、1目一般会計繰入金ですが、マイナスの23万3,000円を計上しています。内容につきましては支出の方で説明させていただきます。


 7ページ、歳出でございます。1款総務費でございます。1目の一般管理費ということで、職員の給与、これは給与カットと勤務地の変更による変更で、4万9,000円の増額でございます。2款の事業費、1項処理施設費、1目維持管理費でございますが、これにつきましては、農業集落排水更新支援事業ということで、県の補助金という形ですが、実質は間接補助で、国からの補助でございます。これにつきましては、概要書に記入しておりますけども、農業集落施設の低コストを図るために、町内8施設の機能診断を行い、将来的な維持管理費のあり方を検討するために委託を出すものでございます。これにつきましては、最終的には公共の方にもつなぐというような検討を、今回診断を行って、来年度検討していきたいということでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、仙賀企画課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 議案第65号、平成21年度湯梨浜町宇野財産区特別会計補正予算(第1号)につきまして説明をいたします。


 6ページをお願いいたします。歳入でございます。2款繰入金、1目の財政調整基金繰入金でございます。20万円を繰り入れるものでございます。内容につきましては、歳出の方、7ページでございます。1款総務費、1目一般管理費のうちの19節負担金補助及び交付金の方で、宇野地区の方へテレビ、ビデオ等を購入するための補助を補助金として出すものでございます。


 次に、2款の財産費でございますけれども、これは松の処分に係る賃金を計上いたしております。


 以上で説明を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第66号





○議長(寺地 章行君) では、日程第9、議案第66号、湯梨浜町コミュニティー施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第66号、湯梨浜町コミュニティー施設の設置及び管理に関する条例の一部改正につきまして、提案理由を申し上げます。


 桜小学校の跡地利用整備として、工芸品工房としての活用を図るため、現在その作業を進めているところでございますが、これに伴い、現行条例第2条に規定します桜コミュニティー施設のうち、別途条例制定をお願いすることといたしておりますさくら工芸品工房の建物、いわゆる教室棟の部分につきまして、本条例から削除するための一部改正でございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 米村教育総務課長。


○教育総務課長(米村 繁治君) 議案書の2ページ目をお願いします。新旧対照表をつけておりますが、第2条に規定します4施設のうち、桜コミュニティー施設に関しまして、研修室棟を削除するものでございます。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第67号





○議長(寺地 章行君) 日程第10、議案第67号、湯梨浜町立学校給食センター設置条例の一部を改正する条例についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第67号、湯梨浜町立学校給食センター設置条例の一部を改正する条例について、提案理由を申し上げます。


 このたび学校給食の実施基準や栄養教諭の役割などについて、学校給食法の改正が行われました。これに伴いまして、当該条例に該当する条が繰り下がったため、これを手入れするための一部改正でございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 米村教育総務課長。


○教育総務課長(米村 繁治君) 議案書の2ページ、新旧対照表をつけておりますので、そちらで御説明申し上げます。


 このセンターの条例の基本法律になります学校給食法、旧の方で第5条の2という条項がございますが、この条項が改正されておりまして、現行では第6条ということになります。したがいまして、町の条例の方の条項の手入れをするものでございます。


 なお、この条例に関しましては、21年4月1日からの適用とさせていただきます。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第68号





○議長(寺地 章行君) 日程第11、議案第68号、湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例の制定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第68号、湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例の制定について、提案理由を申し上げます。


 湯梨浜町は、統廃合により利用しなくなった学校や未利用地の活用を検討するため、平成20年度におきまして、学校跡地施設等利用検討委員会を立ち上げ、委員会の最終報告と住民の皆さんからいただきましたパブリックコメントの意見を参考に、施設利用の活用あるいは処分の方法を決定いたしました。


 今回提案いたしますさくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例は、平成20年度における国の生活対策で計上いたしました補正予算、これの、旧桜小学校を新たな工芸品工房として改修し、湯梨浜町の文化振興による地域の活性化と産業の振興を図るため、管理運営基準を定めようとするものでございます。


 条例の主な内容は、名称を湯梨浜町さくら工芸品工房とすること、使用者の資格を定めますとともに、町の責務として使用者に必要な支援を行うことを定めること、協議会の設置を定めることなどから成っております。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 仙賀企画課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) そうしますと、議案第68号、湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例の制定について、補足して説明をさせていただきます。


 中を開いていただきまして、条例のまず第1条、設置を定めております。ここにおきましては、湯梨浜町の文化振興による地域活性化及び産業の振興を図るため、湯梨浜町さくら工芸品工房を設置するものでございます。


 第6条で使用者の資格を定めております。ここでは1号から3号、町内に住所を有すること、それぞれその他3つ掲げておるわけでございますけども、2項におきまして、ショップ・カフェ、これにつきましては、町外者でも対象としております。


 次のページをお開き願います。第8条でございます。使用の承認の期間をこの8条で定めております。承認の期間は1年とし、5年を限度に1年ずつ更新することができると、このようにされていますが、ただし、5年間を超えて1年ずつ更新することもできるというふうにここの期間を定めております。


 12条では、町の責務として、それぞれ町が支援することが必要だということを規則の方で定めるというふうになっております。内容としましては、工芸作品の販路の開拓とか広報活動、これらが主体になるものというふうに考えております。


 13条では協議会の設置、14条では補助金等の納入を定めております。


 次のページをお願いいたします。附則でございます。施行期間、1項、この条例は平成22年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は公布の日から施行するということで、準備行為を第2項で定めております。湯梨浜町さくら工芸品工房の設置及び管理に関する条例第7条の規定による承認及びこれに関する必要な手続その他の行為は、この条例の施行前においても行うことができる。


 次のページにおきましては、第9条関係のそれぞれの使用料を定めております。


 以上で説明を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第69号





○議長(寺地 章行君) 日程第12、議案第69号、湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定についてを議題とします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第69号、湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定について、提案理由を申し上げます。


 この条例は、私たちのふるさと湯梨浜町をごみ、空き缶等のポイ捨て、飼い犬のふんの放置などから守り、自然環境、美観を保全し、生活環境の向上に資するためのものでございます。


 町は、町民、事業者あるいは土地所有者と協力して環境美化施策を推進するとともに、町民は、屋外でのポイ捨て、ふんの放置などを行わない、また、事業者はごみ等の散乱を防ぐ対策を行い、土地所有者は所有する土地の環境美化に努めることを明記しているところでございます。


 特に環境を保全しなければならない区域内でこれに違反し、回収指示に従わない場合は、1万円の過料を科す内容としており、環境美化指導員あるいは環境美化促進員を配置し、その徹底を図るように考えております。


 なお、この条例制定につきましては、広く町民から意見をお聞きするため、4月1日から1カ月間パブリックコメントの募集を行いました。15件の意見が寄せられ、大半が賛成でございました。その上で、町環境審議会で御議論いただき、提案させていただいたものでございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 山田町民課長。


○町民課長(山田 正明君) 議案第69号、湯梨浜町ふるさとを守る環境美化条例の制定について、補足説明をいたします。


 本条例制定につきましては、既に本年3月定例議会中に開催されました全員協議会で、その目的、内容等につきまして御協議申し上げまして、御理解をいただいたところであります。それをもとに、提案理由にもありましたとおり、4月1日から1カ月間、条例制定に係るパブリックコメントを募集いたしました。


 本条例の制定の経過でありますけども、平成19年3月の定例議会におきまして、議員側より東郷池を守る条例の制定が必要ではないかという御質問があり、制定に向けて検討に入ったわけでありますけども、東郷池だけではなく、本町内で特に環境美化を保持しなければならない区域も含めた内容で検討をしております。同時に、鳥取県が現在進めております全県環境美化の促進に関する条例制定の動きにも対応できる内容で検討をしてきたものであります。


 条例の概略でありますけども、条例を見ていただきますと、ごみ、空き缶等のポイ捨てや犬のふんの放置等による美観や生活環境の悪化を防ぐために制定する目的であります。第3条からは、提案理由でもありましたとおり、町の責務、そして町民の責務、事業者の責務、土地所有者の責務ということで、それぞれ役割を明確にしております。また、環境美化促進地域を設定して、その指定した環境美化地域でごみ、空き缶等のポイ捨てがあったときに、その放置をした者に対して回収するようにとの指示に従わない場合は1万円の過料を科し、条例の遵守を促す内容としております。また、これも提案理由でもありましたように、条例制定と同時に環境美化指導員、そして環境美化促進員を配置して、本条例の徹底を図る計画でございます。


 施行期日でありますけども、本条例の施行は7月1日を計画しております。ただ、過料に係る第10条及び12条につきましては、平成22年1月1日を計画しております。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第70号 及び 日程第14、議案第71号





○議長(寺地 章行君) 日程第13、議案第70号及び日程第14、議案第71号の2議案については、関連がありますので、一括議題とします。


 順次提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第70号、鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更についてと議案第71号、町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会の共同設置に関する規約の変更について、一括して提案理由を申し上げます。


 議案第70号、鳥取県町村職員退職手当組合規約の変更につきましては、鳥取県町村職員退職手当組合を構成しております八頭環境施設組合の事業終了に伴い、平成21年7月31日付をもって脱退することについて、地方自治法第290条の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 また、議案第71号、町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会の共同設置に関する規約の変更は、議案第70号でも申し上げましたが、八頭環境施設組合の事業終了に伴い、町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会の共同設置の構成団体から平成21年7月31日をもって脱退することについて、地方自治法第252条の7第3項において準用します同法第252条第3項の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 順次補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) それでは、議案第70号、71号、両方を一括して御説明をさせていただきたいと思います。


 まず、別表資料ということで、1枚物をつけさせていただいております。改正前、改正後というのがございますけども、八頭環境施設組合というものが、ごみの処理施設ということで、県の東部の方の市町村をもって組合を構成をされておるということでございますけども、6月末でその事業所を閉鎖されるということで、この組合から、7月末をもってこちらの方を脱退されるということでございます。


 初めに70号の方でございますけども、八頭環境施設組合を削るということでございますし、それから、71号についても同様でございます。いずれの規約につきましても、8月1日から施行するということでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 以上で議案第61号から議案第71号の提案理由の説明を終わります。


 なお、議案第61号から議案第71号の審議、採決は22日に行います。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第72号





○議長(寺地 章行君) 日程第15、議案第72号、工事請負契約の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第72号、工事請負契約の変更について、提案理由を申し上げます。


 湯梨浜町役場羽合庁舎等改修工事につきましては、平成20年10月23日に契約を締結して、工事を進めてまいりました。既存の建物を改修することにより、屋根の防水工事、バリアフリーによる便所の改修、自家発電装置の設置などの変更の必要な部分が生じましたので、変更の仮契約を締結したところでございます。地方自治法第96条第1項第5号及び湯梨浜町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては、担当課長が御説明いたします。よろしく御審議、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 続いて、担当課長より補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) 議案第72号でございます。工事請負契約の変更についてということで、今回提案させていただきます。


 昨年の10月の23日の議会で議決を得て、同日、契約を締結した湯梨浜町役場羽合庁舎等改修工事でございますけども、先ほど町長の提案にもございましたように、別館の屋根の防水工事、それから両棟のバリアフリー化に伴いますトイレの改修、それから上下水道の監視装置をこちらの庁舎の方に移動しまして、それに対する自家発電装置が必要となってまいりましたので、このたび契約金額を1,890万8,400円を増加し、2億2,103万3,400円として、変更契約を6月の8日に締結をいたしまして、本議会への提案をさせていただいたものでございます。


 なお、契約の相手については、馬野建設株式会社でございます。


 それから、議決事項ではございませんけども、工期でございますけども、6月の30日までの工期にいたしておりましたですけども、機器等の設置が延びるということがございまして、8月31日に変更をいたすものでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結します。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結します。


 これより採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議案第72号は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 諮問第1号





○議長(寺地 章行君) 日程第16、諮問第1号、湯梨浜町人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 諮問第1号、湯梨浜町人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて、提案理由を申し上げます。


 現在、本町には7名の人権擁護委員をお願いし、基本的人権の擁護活動に携わっていただいておりますが、本年9月末日をもちましてその任期が満了されます2名の方の後任として、次の方を推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、本議会の意見を求めるものでございます。


 推薦候補者は、住所、湯梨浜町大字松崎385番地の1、小原冨士子さん、昭和19年8月17日生まれ、再任でございます。もう一方は、住所、湯梨浜町大字別所154番地、千熊一郎さん、昭和26年7月13日生まれ、新任でございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって質疑を終結します。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結します。


 お諮りします。本案は、原案のとおり適任者と認めることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、諮問第1号は、原案のとおり適任者と決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 報告第3号 から 日程第19 報告第5号





○議長(寺地 章行君) 日程第17、報告第3号から日程第19、報告第5号までの3報告を一括議題とします。


 順次報告を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 報告第3号、財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況についてから報告第5号、鳥取県中部町土地開発公社の経営状況についてまでを一括して報告いたします。


 報告第3号は財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について、報告第4号は財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について、報告第5号は鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について、いずれも地方自治法第243条の3第2項の規定により、説明資料を作成し、提出いたしたものでございます。


 詳細につきましては、担当課長が説明申し上げます。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より順次補足説明を求めます。


 戸羽産業振興課長。


○産業振興課長(戸羽 君男君) 補足いたしまして、御報告を申し上げます。


 まず、報告第3号でございます。東郷龍鳳閣の平成20年度におきます利用者数10万3,160人で、対前年比8,049人、率にいたしまして7.2%の減少となりました。収支決算は、一般会計が収入6,973万円、支出6,744万6,000円、売店事業では、収入が3,141万3,000円の決算となりました。対前年比、収入の状況は、一般会計が226万8,000円の減、率にしまして3.1%の減、また、売店事業では450万5,000円の減、12.5%の減少となりました。平成20年度につきましては、夏場に向けた原油の高騰、さらには経済不況のあおりを受けたものと考えられます。


 続きまして、報告第4号でございます。財団法人羽合温泉開発公社の経営状況についてでございます。この公社の中心施設、ハワイゆ〜たうんの20年度におきます利用者数は7万10人でございます。対前年比2,681人、率にいたしまして3.7%の減となりました。20年度は開館いたしまして16年目となったわけでございますが、18年度以降、利用者数の減少傾向に歯どめがかかっていない、そういった現状にあります。公社全体の収支決算は、収入が2,828万5,000円、支出が2,831万9,000円となりました。21年度におきましては、入館者目標を7万1,500人として、2%アップを見込んで事業運営に当たることとしております。以上で終わります。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、仙賀企画課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) そうしますと、報告第5号、鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について、内容を説明させていただきます。


 最初に、20年度事業計画報告及び決算でございます。20年度事業会計におきましては、一般会計と3特別会計合わせて8億5,729万8,055円となりました。


 次に、21年度事業計画及び予算について報告いたします。21年度鳥取県中部町土地開発公社当初予算でございますけれども、一般会計と3特別会計合わせて8億6,555万8,000円となります。前年度比957万7,000円の減額となっております。この減額となった主な要因でございますけれども、一つには、北栄町の東園団地における保有土地の賃貸収入が見込まれること、それと湯梨浜町の磯泙団地で平成20年度に1区画売れたことによります減額でございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(寺地 章行君) 以上で報告第3号から報告第5号を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 報告第6号 から 日程第23 報告第9号





○議長(寺地 章行君) 続いて、日程第20、報告第6号から日程第23、報告第9号までの4報告を一括議題といたします。


 順次報告を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 報告第6号、平成20年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてから報告第9号、平成20年度湯梨浜町水道事業会計繰越計算書の報告については、地方自治法施行令第146条第2項の規定、または地方公営企業法第26条第3項の規定により、繰越計算書を調製し、報告するものでございます。


 詳細につきましては、それぞれ担当課長から御説明申し上げます。


○議長(寺地 章行君) それでは、担当課長より補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) それでは、平成20年度一般会計のものについて御説明をいたします。


 事業件数でございますが、総件数が25件でございます。なお、この中には平成20年の国の2次補正で取り組んでおります地域活性化・生活対策臨時交付金、定額給付費、子育て応援特別手当等も含まれているものでございます。総額が12億672万8,000円のうち、繰り越しをいたしました額が7億3,114万5,000円でございます。個々についてはごらんをいただきたいと思います。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、岩本健康福祉課長。


○健康福祉課長(岩本 和雄君) 報告第7号、平成20年度湯梨浜町後期高齢者医療特別会計繰越明許費繰越計算書の報告でございます。


 1枚はぐっていただきまして、件数は1件でございます。1款の総務費、1項総務管理費、事業名は高齢者医療制度円滑運営事業の繰り越しでございます。金額は315万円でございまして、全額国費でございます。これにつきましては、後期高齢医療広域連合の方から提供されます賦課情報に基づきまして、各種の情報を入力するわけでございますが、平成21年度においても保険料負担軽減措置の継続等がございました。そういった形で、県の情報センターとの委託契約でシステムの改修を行ったものでございます。これにつきましては、5月29日に契約期間を完了しておりまして、金額315万円で業務を終了しております。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 続きまして、中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) 8号、9号を続けて報告させていただきます。


 報告第8号、平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてということで、はぐっていただきたいと思いますが、件数は1件でございます。流域下水道事業整備費で、総金額が528万5,000円のうち194万5,000円を繰り越すものでございます。これにつきましては、流域下水道事業の建設負担金が、建設費の方が繰り越したものですから、その負担金を繰り越したものでございます。8号は以上でございます。


 引き続き、9号、平成20年度湯梨浜町水道事業会計予算繰越計算書の報告について報告します。はぐっていただきたいと思います。これにつきましては、配水施設工事費ということで、予算計上1億5,391万5,000円、支払い義務発生額としましては3,113万3,550円、翌年度への繰り越しとしまして1億2,278万1,000円を繰り越したものでございます。内容につきましては、高辻の配水池築造工事に伴う建設費の繰り越しでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 以上で報告第6号から報告第9号を終わります。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(寺地 章行君) 以上で本日の日程は全部終了しました。


 本日はこれで散会します。


 なお、16日の本会議は午前9時から会議を開きますので、定刻までに御参集くださいますよう、よろしくお願いをいたします。


 どうも皆さん、御苦労さまでございました。


             午前11時34分散会


    ───────────────────────────────