議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成21年第 3回臨時会(第 1日 5月 7日)




平成21年第 3回臨時会(第 1日 5月 7日)





 
────────────────────────────────────────


   第3回 湯 梨 浜 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                           平成21年5月7日(木曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                         平成21年5月7日 午前9時開会


日程第1 仮議席の指定


日程第2 議長の選挙


    ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第1 仮議席の指定


日程第2 議長の選挙


追加日程第1 議席の指定


追加日程第2 会議録署名議員の指名


追加日程第3 会期決定の件


追加日程第4 副議長の選挙


追加日程第5 常任委員会委員の選任について


追加日程第6 常任委員会委員長及び副委員長の報告について


追加日程第7 議会運営委員会委員の選任について


追加日程第8 議会運営委員会委員長及び副委員長の報告について


追加日程第9 鳥取中部ふるさと広域連合議会議員の選挙


追加日程第10 鳥取県後期高齢者医療広域連合議員の選挙


追加日程第11 議会広報調査特別委員会の設置について


追加日程第12 議会広報調査特別委員会委員長及び副委員長の報告について


追加日程第13 議案第55号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町


             一般会計補正予算(第8号))


追加日程第14 議案第56号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町


             住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号))


追加日程第15 議案第57号 専決処分の承認を求めることについて(湯梨浜町税条例等の


             一部を改正する条例)


追加日程第16 議案第58号 専決処分の承認を求めることについて(湯梨浜町国民健康保


             険税条例の一部を改正する条例)


追加日程第17 議案第59号 湯梨浜町監査委員の選任につき同意を求めることについて


追加日程第18 報告第2号 議会の委任による専決処分の報告について(交通事故損害賠


             償に係る和解及び損害賠償の額の決定について)


追加日程第19 常任委員会の閉会中の継続審査について


追加日程第20 議会運営委員会の閉会中の継続審査について


     ───────────────────────────────


               出席議員(17名)


      1番 河 田 洋 一       2番 入 江   誠


      3番 浜 中 武 仁       4番 上 野 昭 二


      5番 光 井 哲 治       6番 増 井 久 美


      7番 石 井 輝 美       8番 寺 地 章 行


      9番 酒 井 幸 雄       10番 浦 木   靖


      11番 松 本   繁       12番 會 見 祐 子


      13番 吉 村 敏 彦       14番 吉 田 礼 治


      15番 竹 中 壽 健       16番 前 田 勝 美


      17番 平 岡 将 光


     ───────────────────────────────


              欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 秋 草 一 洋   主査 ─────── 蔵 本 幸 代


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長 ────── 西 尾 浩 一


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   総務課長 ───── 西 田 光 行


 企画課長 ───── 仙 賀 芳 友   町民課長 ───── 山 田 正 明


 子育て支援課長 ── 前 田 啓 嗣   産業振興課長 ─── 戸 羽 君 男


                      地域包括支援センター所長


 建設水道課長 ─── 中 本 賢 二          ─── 山 下   章


                      生涯学習・人権推進課長


 教育総務課長 ─── 米 村 繁 治          ─── 蔵 本 知 純


 会計管理者(兼)出納室長


          ─ 岩 本 和 雄   水明荘支配人 ─── 石 田 秋 雄


 農業委員会事務局長─ 小 林 重 幸   総務課参事 ──── 岸 田   智


    ───────────────────────────────


               午前9時48分


○事務局長(秋草 一洋君) おはようございます。


 本日は議会議員選挙後の最初の議会でありますが、初めにここで故松本教育長さんの御冥福をお祈りし、1分間の黙祷をささげたいと思います。皆様、御起立をお願いいたします。


 黙祷。


                〔全員黙祷〕


○事務局長(秋草 一洋君) 黙祷を終わります。ありがとうございました。


 続きまして、執行部に自己紹介をお願いいたします。


 町長から順によろしくお願いをいたします。


○町長(宮脇 正道君) 町長の宮脇です。皆さん、これから4年間、湯梨浜町政の発展のため御尽力をいただきます。どうぞ町民のために、私の在任期間中は一生懸命やってまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。


○副町長(西尾 浩一君) 副町長の西尾でございます。今後4年間、皆様方には活発な御議論をいただければと思います。皆様方から御議論いただいたことを執行部でもきちんと生かしていくように頑張りたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いします。


○総務課長(西田 光行君) 総務課長の西田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○企画課長(仙賀 芳友君) 企画課長の仙賀です。よろしくお願いいたします。


○会計管理者(兼)出納室長(岩本 和雄君) 会計管理者兼出納室長の岩本でございます。よろしくお願いします。


○町民課長(山田 正明君) 町民課長の山田でございます。よろしくお願いいたします。


○総務課参事(岸田 智君) 総務課参事、財政を担当しております岸田です。よろしくお願いします。


○教育委員長(前田 三郎君) 教育委員長の前田です。どうぞよろしくお願いします。


○教育総務課長(米村 繁治君) 教育委員会事務局、教育総務課長の米村です。どうぞよろしくお願いします。


○産業振興課長(戸羽 君男君) 産業振興課長の戸羽です。どうぞよろしくお願いいたします。


○建設水道課長(中本 賢二君) よろしくお願いします。


○地域包括支援センター所長(山下 章君) 地域包括支援センター所長の山下です。どうぞよろしくお願いします。


○子育て支援課長(前田 啓嗣君) 子育て支援課長の前田でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○生涯学習・人権推進課長(蔵本 知純君) 生涯学習・人権推進課長の蔵本でございます。よろしくお願いします。


○水明荘支配人(石田 秋雄君) 国民宿舎水明荘支配人の石田です。よろしくお願いします。


○農業委員会事務局長(小林 重幸君) 農業委員会事務局長の小林です。よろしくお願いいたします。


○事務局長(秋草 一洋君) ありがとうございました。


 議会事務局長の秋草一洋と申します。それと、主査の蔵本幸代です。よろしくお願いをいたします。


 本臨時会は、湯梨浜町議会議員一般選挙後初めて開催される議会でございます。


 したがいまして、議長が選挙されます間、地方自治法第107条の規定によって出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席議員中、年長の平岡将光議員を御紹介いたします。


 平岡将光議員さん、どうぞ議長席の方にお着きください。


               〔臨時議長着席〕


○臨時議長(平岡 将光君) おはようございます。


 ただいま紹介いただきました平岡将光でございます。


 地方自治法第107条の規定によりまして、臨時議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。


    ───────────────────────────────


              午前9時55分開会


○臨時議長(平岡 将光君) ただいまの出席議員数は17人でございます。定足数に達しておりますので、ただいまから平成21年第3回湯梨浜町議会臨時会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しておりますとおりであります。


 改選後初の議会です。日程に入る前に、宮脇町長に臨時会招集に当たりごあいさつをお願いいたします。


○町長(宮脇 正道君) 皆さんには、このたびの選挙で御当選、これから新たに4年間また湯梨浜町の町政のため御尽力いただくことになりました。


 合併して4年が過ぎて、幾つかの面で前進した部分もございますけれども、まだまだ懸案として残っている課題もございます。皆さんと力を合わせてよりよい、住民にとってより住みやすい湯梨浜町、優しい湯梨浜町、そういったものをつくってまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。


○臨時議長(平岡 将光君) 執行部の皆様は、しばらく退席をお願いいたします。


                〔執行部退場〕


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 仮議席の指定





○臨時議長(平岡 将光君) 日程第1、仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいま着席の議席といたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 議長の選挙





○臨時議長(平岡 将光君) 日程第2、地方自治法第103条第1項の規定により、議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めます。


                〔議場閉鎖〕


○臨時議長(平岡 将光君) ただいまの出席議員数は17人でございます。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第32条第2項の規定によって、1番、河田洋一君、2番、入江誠君を指名します。


 投票用紙を配付します。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名でございます。


               〔投票用紙配付〕


○臨時議長(平岡 将光君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。


                〔投票箱点検〕


○臨時議長(平岡 将光君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 議席1番から順に投票をお願いします。


                〔投  票〕


○臨時議長(平岡 将光君) 投票漏れはありませんか。


 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。


 開票を行います。1番、河田洋一君、2番、入江誠君、開票の立ち会いをお願いいたします。


                〔開  票〕


○臨時議長(平岡 将光君) 議長選挙の結果を報告します。


 投票総数17票、有効投票17票、無効投票なしでございます。


 有効投票のうち、寺地章行君10票、光井哲治君6票、竹中壽健君1票。


 以上のとおりです。この選挙の法定得票数は5票です。したがって、寺地章行君が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                〔議場開鎖〕


○臨時議長(平岡 将光君) ただいま議長に当選されました寺地章行君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 寺地章行君、当選承諾及びごあいさつを登壇の上、お願いいたします。


○議員(8番 寺地 章行君) ただいまは湯梨浜町議会議長に選任をいただきまして、まことにありがとうございます。心より感謝を申し上げる次第であります。


 また、同時に議長としての重責に打ち震える思いでございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。


 さて、現下世界同時不況の中にあって、雇用の創出、そしてまた生活不安の解消に向けまして、また経済の活性化、回復に向けまして国及び県におきましてはあらゆる政策を打つ中で事業施策を進展をさせているところでございます。


 我々基礎的自治体であります湯梨浜町におきましても、疲弊する地域経済、そして社会の混迷の中で復興、進展をするように、そしてその中で住民福祉並びに住民サービスの向上に向けまして真剣に取り組んでいくときではないかというふうに思っておるところでございます。


 先般は我々は議会選挙におきまして無投票ということになりましたが、これは一面、住民の皆さんより大きな責任を与えられたものというふうに理解をしておるところでございます。住民の皆様方の負託にこたえるべく、議員各位皆様方とともに懸命に努力をしていく所存でございますので、よろしくお願いを申し上げたいと思います。


 今後いろいろと皆さん方にはお世話になるかもわかりません。議員各位のますますの御支援、また御協力を議会運営に賜りますようにお願いを申し上げまして、議長就任に当たりましてのごあいさつとさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)


○臨時議長(平岡 将光君) 寺地章行議長、議長席にお着きお願いいたします。


 これをもちまして臨時議長としての職責を終わらせていただきます。御協力ありがとうございました。(拍手)


             〔臨時議長退席、議長着席〕


○議長(寺地 章行君) ただいまから議会運営に当たらせていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。


 暫時休憩をいたします。


             午前10時10分休憩


    ───────────────────────────────


             午前10時24分再開


○議長(寺地 章行君) それでは再開をいたします。


 本日の追加日程は、お手元に配付したとおりでございます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第1 議席の指定





○議長(寺地 章行君) 追加日程第1、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定により、議長において指定をいたします。


 議席は、ただいま着席のとおりといたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第2 会議録署名議員の指名





○議長(寺地 章行君) 追加日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、1番、石井輝美さん、2番、會見祐子さんにお願いを申し上げます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第3 会期決定の件





○議長(寺地 章行君) 追加日程第3、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日限りと決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第4 副議長の選挙





○議長(寺地 章行君) 追加日程第4、副議長の選挙を行います。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めます。


                〔議場閉鎖〕


○議長(寺地 章行君) ただいまの出席議員数は17人です。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に3番、吉田礼治さん、4番、河田洋一さんを指名いたします。


 投票用紙を配付します。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名でございます。


               〔投票用紙配付〕


○議長(寺地 章行君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検をいたします。


                〔投票箱点検〕


○議長(寺地 章行君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。議席1番から順に投票願います。


                〔投  票〕


○議長(寺地 章行君) 投票漏れはありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。


 開票を行います。3番、吉田礼治さん、4番、河田洋一さん、開票の立ち会いを願います。


                〔開  票〕


○議長(寺地 章行君) 副議長選挙の結果を報告いたします。


 投票総数17票、有効投票17票、無効投票ゼロ票であります。


 有効投票のうち、入江誠君10票、吉村敏彦君6票、増井久美さん1票。


 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は5票でございます。したがって、入江誠君が副議長に当選をされました。


 議場の閉鎖を解きます。


                〔議場開鎖〕


○議長(寺地 章行君) ただいま副議長に当選されました入江誠君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をいたします。


 入江誠君、当選承諾及びごあいさつを登壇の上お願いをいたします。


○議員(10番 入江 誠君) 入江誠でございます。


 ただいま副議長選挙におきまして、皆様の付託を得まして副議長を拝命いたしました。大変厳しい経済状況の中でありますけども、やはり住民と対話ができるようなタウンミーティング的なものをどんどん採用しながら、議長を補佐し、スピード感を持った行政運営に努めてまいりたいと思います。


 この時期を、やはりピンチをチャンス、湯梨浜町はこの時期をチャンスとして生かしていくんだということを念頭に置きながら、皆様と一緒に町づくりを推進してまいりたいと思います。今度とも御指導、御鞭撻をいただきますように、どうぞよろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。(拍手)


○議長(寺地 章行君) この際、しばらく休憩をいたします。


             午前10時34分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時12分再開


○議長(寺地 章行君) それでは、ただいまより再開をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第5 常任委員会委員の選任について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第5、常任委員会委員の選任を行います。


 常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元にお配りしましたとおり指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、常任委員会委員は、お手元にお配りをいたしました名簿のとおり選任することに決定をいたしました。


 この際、しばらく休憩をいたします。再開予定、11時20分。


             午前11時13分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時22分再開


○議長(寺地 章行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第6 常任委員会委員長及び副委員長の報告について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第6、常任委員会の委員長及び副委員長の報告について、各常任委員会において常任委員会条例第8条第2項の規定に基づき委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元に参りましたので、報告をいたします。


 総務産業常任委員会委員長に吉田礼治さん、副委員長に上野昭二さん。教育民生常任委員会委員長に酒井幸雄さん、副委員長に會見祐子さん。


 以上で報告を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第7 議会運営委員会委員の選任について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第7、議会運営委員会委員の選任を行います。


 議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元にお配りをいたしました名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員は、お手元にお配りをいたしました名簿のとおり選任することに決定をいたしました。


 この際、しばらく休憩をいたします。


             午前11時24分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時28分再開


○議長(寺地 章行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第8 議会運営委員会委員長及び副委員長の報告について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第8、議会運営委員会委員長及び副委員長の報告について、議会運営委員会におきまして委員会条例第8条第2項の規定に基づき委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元に参りましたので、報告いたします。


 議会運営委員会委員長に浦木靖さん、副委員長に浜中武仁さん。


 以上で報告を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第9 鳥取中部ふるさと広域連合議会議員の選挙





○議長(寺地 章行君) 追加日程第9、鳥取中部ふるさと広域連合議会議員の選挙を行います。


 選挙すべき議員の数は2名です。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定をいたしました。


 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議長が指名することに決定をいたしました。


 鳥取中部ふるさと広域連合議会議員に議長、寺地と副議長の入江を指名したいと思います。


 お諮りします。ただいま議長が指名をしました2人を鳥取中部ふるさと広域連合議会議員の当選人と定めることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました2人が鳥取中部ふるさと広域連合議会議員に当選をされました。


 ただいま鳥取中部ふるさと広域連合議会議員に当選された私と入江君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定によって当選の告知をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第10 鳥取県後期高齢者医療広域連合議員の選挙





○議長(寺地 章行君) 追加日程第10、鳥取県後期高齢者医療広域連合議員の選挙を行います。


 選挙すべき議員の数は1人です。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は、指名推選で行うことに決定をいたしました。


 お諮りいたします。指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決定をいたしました。


 鳥取県後期高齢者医療広域連合議員に私を指名したいと思います。


 お諮りします。ただいま指名のとおり、私を鳥取県後期高齢者医療広域連合議員の当選と定めることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、ただいまの指名のとおり私が鳥取県後期高齢者医療広域連合議員に当選をいたしました。


 会議規則第33条第2項の規定によって、ただいま選挙の結果、私が鳥取県後期高齢者医療広域連合議員に当選をしましたことを告知をいたします。


 この際、暫時休憩をいたします。再開を11時42分ぐらいの予定でございますので、よろしくお願いします。


             午前11時31分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時41分再開


○議長(寺地 章行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第11 議会広報調査特別委員会の設置について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第11、議会広報調査特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お諮りします。本件については、6人の委員で構成する議会広報調査特別委員会を設置し、これに付託して閉会中の継続審査とすることにしたいと思います。御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、本件については、6人の委員で構成する議会広報調査特別委員会を設置し、これに付託して閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


 お諮りをいたします。ただいま設置されました議会広報調査特別委員会の委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元に配付しました名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議会広報調査特別委員会の委員は、お手元に配付しました名簿のとおり選任することに決定をいたしました。


 この際、しばらく休憩をいたします。


             午前11時43分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時45分再開


○議長(寺地 章行君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第12 議会広報調査特別委員会委員長及び副委員長の報告について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第12、議会広報調査特別委員会委員長及び副委員長の報告について、議会広報調査特別委員会において、委員会条例第8条第2項の規定に基づき委員長及び副委員長の互選が行われ、その結果の報告が議長の手元に参りましたので、報告をいたします。


 議会広報調査特別委員会委員長に浜中武仁君、副委員長に河田洋一君。


 以上で報告を終わります。


 この際、しばらく休憩をいたします。再開予定は1時です。


             午前11時48分休憩


    ───────────────────────────────


             午後 0時58分再開


○議長(寺地 章行君) それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第13 議案第55号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第13、議案第55号、専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第8号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第55号、専決処分の承認を求めることについてでございます。


 平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第8号)に係る専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し上げます。


 これは地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日専決処分を行ったもので、同条第3項の規定によりこれを報告し、承認を求めるものでございます。


 専決いたしました湯梨浜町一般会計補正予算(第8号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ6,034万2,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ101億9,310万2,000円とするものでございます。


 補正の内容は、歳入では特別交付税の額の確定に伴います増額補正6,034万円余でございます。それから、生活対策臨時交付金国庫補助金の町商工会商品券発行基金と車椅子対応型側溝蓋整備事業との財源振替450万円と、それに伴う第2表、繰越明許費の補正などでございます。


 歳出では、財政調整基金に6,000万円の積み立て、湯梨浜町地域活性化生活対策基金に450万円の積み立て、車椅子対応型の側溝蓋整備事業の工事請負費450万円の減などでございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御承認を賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) それでは、予算書の4ページをごらんいただきたいと思います。


 第2表の繰越明許費の補正でございます。変更といたしまして、7款土木費、2項道路橋梁費、補正前の事業名が車椅子対応型側溝蓋整備事業、これを450万円減額いたしまして4,550万円とするものでございます。


 次に、7ページをごらんいただきたいと思います。2の歳入でございます。


 9款の地方交付税、1項の地方交付税、1目の地方交付税でございますが、6,034万2,000円を補正をいたしまして41億7,542万2,000円とするものでございます。内訳といたしましては、特別交付税が6,034万2,000円の増でございます。


 次に、13款国庫支出金、2項国庫補助金、5目の商工費国庫補助金でございますが、450万円補正をし2,328万6,000円とするものでございます。これは先ほど提案理由にもございましたように、生活対策の臨時交付金として町商工会の商品券の発行に合わせまして15%のプレミアムつきとして補助をするものでございまして、4月の12日に第2回目の発行されたものに対する基金の方に回すものでございます。


 次に6目の土木費の国庫補助金でございますが、450万円減額しまして2億1,853万6,000円としたものでございます。450万円の減額の内訳は、生活対策の臨時交付金、車椅子対応型側溝蓋整備事業の予算を450万円減額したものでございます。


 次に、めくっていただきまして8ページでございます。3の歳出でございます。


 2款の総務費、1項の総務管理費、3目の財政管理費でございますが、6,000万円補正をし1億1,425万3,000円としたものでございます。この内訳は、財政調整基金に6,000万円を積み立てるものでございます。


 次に、6款商工費、1項商工費、2目の商工振興費でございますが、450万円を追加し4,293万4,000円としたものでございます。これは先ほどもお話ししましたように、3月の26日と4月の12日に発行されました商品券の関係事業で、基金に積み立てるものとして450万円の予算を計上したものでございます。


 次に、7款の土木費、2項の道路橋梁費、3目の道路新設改良費でございますが、450万円減額しまして3億4,359万円としたものでございます。こちらの方は、車椅子対応型の側溝の整備事業費のうち450万円を減額したものでございます。


 次に、7款の土木費、5項の住宅費、2目の住宅建設費といたしまして52万円増加をいたしまして596万6,000円としたものでございます。内訳といたしましては、住宅新築資金等貸付事業特別会計への繰り出しとして52万円の計上したものでございます。


 9ページの方でございますけども、11款予備費、1項予備費、1目の予備費でございますが、17万8,000円を調整をいたし4,269万7,000円といたしたものでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようでございますから、討論を終結いたします。


 これより採決します。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議案第55号は、原案のとおり承認されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第14 議案第56号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第14、議案第56号、専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第56号、専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号))に係る専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し上げます。


 これは地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日専決処分を行ったもので、同条第3項の規定によりこれを報告して承認を求めるものであります。


 専決いたしました湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)は、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ16万5,000円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ827万6,000円とするものでございます。


 補正の内容は、平成20年度分の収入として予定していた住宅新築資金等貸付金元利及び利子収入が当初想定しておりました金額を下回ったために、一般会計において繰り入れを行うものでございます。


 詳細は担当課長が説明しますので、よろしく御審議、御承認を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 蔵本生涯学習・人権推進課長。


○生涯学習・人権推進課長(蔵本 知純君) そういたしますと、私の方から補足説明をさせていただきます。


 ただいま町長の方からも説明がありましたが、予算書の方の6ページ、7ページをごらんいただきたいと思います。いずれも決算見込みによります減額でございますけれども、歳入の方の5款の諸収入の中の住宅新築資金等元利収入滞納繰り越し分66万7,000円の減額となっております。実はこれは当初予算70万円、それから6月補正で繰り上げ充用の関係で2万2,000円を増額いたしまして72万2,000円の予算でございました。この滞納繰り越しにつきまして、実は取り組み等のおくれもございまして3月末までで回収できた金額が5万5,000円でございます。したがいまして、この差額であります66万7,000円を減額をさせていただいております。


 この分に対応する歳入不足を補うためと申しますか、その関係で一般会計からの繰入金を52万円増額させていただいて、76万3,000円とさせていただいておるものでございます。どうか御理解をいただきますように、よろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議案第56号は、原案のとおり承認されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第15 議案第57号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第15、議案第57号、専決処分の承認を求めることについて(湯梨浜町税条例等の一部を改正する条例)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第57号、専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し上げます。


 地方自治法第179条第1項の規定により、湯梨浜町税条例の一部を改正する条例を平成21年3月31日に専決処分いたしました。同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求めるものでございます。


 この改正は、去る3月27日に平成21年度税制改正法案が衆議院本会議において再可決されましたことに伴い、地方税法の一部を改正する法律及び同法施行令並びに同法施行規則が3月31日に公布、4月1日に施行されたことに伴い改正を行ったものでございます。


 主な内容は、まず個人住民税関係では公的年金から特別徴収する場合の対象とする所得の限定、個人住民税における住宅借入金特別控除の創設などでございます。


 また、固定資産税関係では評価がえに伴う負担調整措置の継続、長期優良住宅の減額特例申告規定の追加などから成っております。


 詳細につきましては担当課長から説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 山田町民課長。


○町民課長(山田 正明君) 補足説明に入りますまでに、一つおわびを申し上げたいと思います。


 皆さんのお手元に専決処分書をお配りしております。第57号と第58号でございますが、提案議案の中に入れるのを忘れておりました。申しわけありません。御確認いただきたいと思います。


 それでは、議案第57号、湯梨浜町税条例の一部改正について補足説明をいたします。


 48ページに上る改正でありますので、事前に説明資料をお配りいたしました。改正の多くが地方税法改正に伴う条項のずれの整備とか用字用語の整備であります。


 それでは補足説明をいたしますが、今提案理由でもありましたとおり、理由としては3月の27日に衆議院本会議において税制改正が再可決されたということに伴いまして改正するものであります。


 まず個人住民税の関係でありますが、給与所得以外に所得を有しない者に係る寄附金控除額申告書の様式を追加したということで、対応条例が第36条の2第4項であります。


 次に、公的年金等に係る個人住民税の特別徴収の対象となる所得を公的年金等に係る所得に限定する旨の改正、対応条項が第47条の2、第47条の3、第47条の5であります。これはことしの10月から年金から住民税の特別徴収を開始するわけでございますが、これまでどの範囲の住民税を対象とするかということが明記されておりませんでして、これであくまで公的年金に係る住民税のみを対象にするということで限定したものであります。


 次に、個人住民税における住宅借入金等特別税額控除の創設に係る改正であります。対応条項が附則第7条の3の2及び附則の関係条項であります。対象としましては、平成21年から25年までの入居者に所得税の住宅借入金等特別控除の適用者ということになります。控除額ですが、所得税から控除し切れなかった住宅ローンの控除額について、最高9万7,500円を控除するということであります。手続では町村への申告は不要で確定申告で行うということで、これまでどおりであります。


 4番としまして、優良住宅地の造成等のため土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る住民税の課税特例の適用期限の延長であります。これが21年までを26年度までということで延長されたものであります。


 それから、5番目としまして、これは税条例の直接改正ではありません。昨年の4月の30日に、これも専決でお願いいたしましたけども、町条例の一部を改正する条例の一部改正であります。内容としましては、上場株式等の配当等に係る現行税制、現在は10%、住民税3%、所得税7%ですが、これを21年度廃止ということでありましたけども、これを3年間延長するということであります。対応条項は、一部を改正する条例附則第2条第9項、第16項から第21項であります。


 次に、固定資産税の関係でございます。社会医療法人が救急医療等確保事業に係る業務の用に供する固定資産税について、非課税とするということで制定されました。対応条項が第58条の2。


 次に、阪神・淡路大震災に係る固定資産税の特例の廃止に伴う条文の削除。


 3番目としまして、21年度評価がえに伴う宅地等に係る負担調整措置の仕組みを継続するとともに、措置年度において地価が下落している場合に簡易な方法により価格の下落修正ができる特例措置を継続ということで、22年度、23年度において継続していこうというものであります。これは御承知のとおり21年度は固定資産税の見直しの年度でありまして、既に事務を終えとるわけですが、価格を設定した後も経済の変化によって土地の価格自体が下落した場合に、本来ですと3年に一度の修正をかけるべきでありますけども、これを毎年行えるように継続したということであります。


 4番目としまして、長期優良住宅、いわゆる200年住宅に係る税の減額特例、これは新築軽減として5年間に関する申告に係る規定を追加しております。


 最後に、先ほど申し上げましたように地方税法等の一部改正に伴って条項のずれとか所要の規定の整備、そして用字用語等の整備であります。以上であります。


○議長(寺地 章行君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結します。


 これより採決します。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議案第57号は、原案のとおり承認されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第16 議案第58号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第16、議案第58号、専決処分の承認を求めることについて(湯梨浜町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第58号、専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し上げます。


 地方自治法第179条第1項の規定により、湯梨浜町国民健康保険税条例の一部を改正する条例を平成21年3月31日に専決処分をいたしましたので、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求めるものでございます。


 この改正は、介護給付金課税額の改正に伴う関係条文の整備が主なものでございます。


 詳細につきましては担当課長から説明させますので、御審議の上、御承認賜りますようお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 補足説明を求めます。


 山田町民課長。


○町民課長(山田 正明君) 議案第58号、湯梨浜町国民健康保険税条例の一部改正について補足説明をいたします。


 提案理由でもありましたとおり、ことしの3月の定例議会におきまして国民健康保険税のうちの介護給付金課税額の限度額を9万から10万に改正をいただきました。それに伴う関係条文の整備、改正と、上場株式等に係る配当所得、損益通算及び繰り越し控除等に係る条例の整備であります。以上です。


○議長(寺地 章行君) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 石井議員。


○議員(1番 石井 輝美君) この介護給付金課税額の限度額、これを9万円から10万円に引き上げるということが主となっている改正でありますけれども、これについては高額所得者の保険料を引き上げて、中間所得者層の負担を軽減するという意味合いを持ってるということですから是認をできることであります。


 それで問題は、今回、国の税法上の規定が改定になったということの連動としてこういうものが出てきてるんですが、町民本当に国民健康保険税の負担にあえいでいる。そういう中にあってこれが今回の臨時議会で出されたんだけども、一体町長は、新たに国民健康保険税をさらに本年度引き上げようという考えで臨時議会を再度開かれる考えなのか、それとも国民健康保険税を値下げをするという臨時議会を開かれる考えはあるのかどうか。その点について、この際はっきりとしていただきたい。もし仮に国民健康保険税を値上げをするという臨時議会を新たに開くということであれば、私の方としても腹をくくって臨まなければならないということなんです。お答えいただきたい。


○議長(寺地 章行君) 宮脇町長、答弁。


○町長(宮脇 正道君) このたびの税制改正は、昨年秋からの経済状況等にかんがみまして基本的には景気回復の実現に資するというような見地から、住民の皆さんには、ある意味言葉は適正かどうかわかりませんけども有利なといいますか、そういったものが多く含まれた内容であると基本的には認識しております。


 先ほどの9万円から10万円というお話もその延長線上にあるお話ではないかと思っておりまして、高額所得者には不利なお話ですが、中間や低額所得者の方にはむしろいい制度だというふうに基本は思っております。


 国保税これからどうするかということでございます。現在、平成20年度の状況を、医療費どのぐらいかかっているかあたりのところを担当課とよく議論をしているところでございます。願わくば、町民の健康を保って住民の負担の軽減を図るというのが最も望ましい姿ですので、それに向けて努力していきたいと考えておりますし、医療費の国保税の見直しに当たりましてもやはりそこのところはきちんと頭に置きながら実施してまいりたいと考えております。今検討中でございまして、今、上げるか下げるか据え置くかあたりのことについて答弁するのは差し控えさせていただきます。


○議長(寺地 章行君) 石井議員、よろしいですか。


 どうぞ。


○議員(1番 石井 輝美君) 引き上げるということであったら、腹をくくって臨ませていただくということだけは申し上げておきます。


○議長(寺地 章行君) その他、質疑ございませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(寺地 章行君) よって、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


                〔討論なし〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結します。


 これより採決します。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、議案第58号は、原案のとおり承認されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第17 議案第59号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第17、議案第59号、湯梨浜町監査委員の選任について同意を求めることについてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、前田さんの退場を求めます。


             〔6番 前田勝美君退場〕


○議長(寺地 章行君) 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第59号、湯梨浜町監査委員の選任につき同意を求めることについて提案理由を申し上げます。


 本案は、前委員の徳田委員の任期が平成21年4月29日をもって満了となっていることに伴い、地方自治法第196条第1項の規定により新委員の任命について本議会の同意を求めるものでございます。


 新委員ですが、敬称は略させていただきますが、住所、湯梨浜町大字門田1174番地、氏名、前田勝美、生年月日、昭和11年5月26日でございます。御審議の上、御同意賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(寺地 章行君) 説明が終わりましたので、質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結いたします。


 討論に入ります。討論はございませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 討論がないようですから、討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり同意されました。


 前田勝美君、入場。


             〔6番 前田勝美君入場〕


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第18 報告第2号





○議長(寺地 章行君) 追加日程第18、報告第2号、議会の委任による専決処分の報告について(交通事故損害賠償に係る和解及び損害賠償の額の決定について)を議題といたします。


 報告を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 報告第2号、議会の委任による専決処分の報告につきまして申し上げます。


 報告第2号は、公用車による車両事故の損害賠償額を定めたものでございます。


 詳細については、担当課長から説明いたします。


○議長(寺地 章行君) 担当課長より補足説明を求めます。


 西田総務課長。


○総務課長(西田 光行君) では、めくっていただきまして専決処分書の中ほどの方をごらんいただきたいと思います。


 損害賠償に係る和解及び損害賠償の決定についてでございます。


 法律上、町の義務に属する事故による損害賠償について、次のとおり和解し、及び損害賠償の額を定めるということで、1、和解の相手方でございますけども、湯梨浜町に在住する個人の方でございます。


 2、和解の要旨でございますけども、町の負担割合を20としということで、20対80という負担割合、過失割合ということで、相手方車両の破損部分の修理代金の一部1万6,527円を町が負担すること。


 3、事故の概要でございますけども、事故の発生年月日は平成20年、昨年の10月の23日でございます。事故発生場所は湯梨浜町泊でございますが、潮風の丘とまりの駐車場に入ろうとしたとこでございます。事故の状況でございますけども、総務課所属の非常勤運転手がマイクロバスを町行事の送迎のため運行していた際、送迎先の駐車場の入り口において和解の相手方が運転する車両と接触をしたものでございます。


 なお、町の支払う賠償額につきましては、町が加入しています全国自治協会災害共済より全額補てんされるものでございます。以上でございます。


○議長(寺地 章行君) 以上で報告第2号を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第19 常任委員会の閉会中の継続審査について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第19、常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 総務産業常任委員長及び教育民生常任委員長から、審査中の一つの事件について、会議規則第75条の規定によってお手元に配付のとおり閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、各常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第20 議会運営委員会の閉会中の継続審査について





○議長(寺地 章行君) 追加日程第20、議会運営委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 議会運営委員長から、所掌事務のうち会議規則第75条の規定によって議長の諮問に係る次の議会(臨時会を含む)の会期日程等議会運営に関する事項について、閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(寺地 章行君) お諮りします。以上で本臨時会に付議された事件はすべて終了いたしました。


 よって、会議規則第7条により閉会したいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(寺地 章行君) 異議なしと認めます。よって、平成21年第3回湯梨浜町議会臨時会を閉会いたします。大変御苦労さまでございました。


              午後1時31分閉会


    ───────────────────────────────