議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成20年第 3回定例会(第 1日 6月12日)




平成20年第 3回定例会(第 1日 6月12日)





 
────────────────────────────────────────


   第3回 湯 梨 浜 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                           平成20年6月12日(木曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                         平成20年6月12日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 陳情の付託


 日程第4 議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町老


            人保健特別会計補正予算(第1号))


 日程第5 議案第63号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町住


            宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))


 日程第6 議案第64号 平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)


 日程第7 議案第65号 平成20年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第8 議案第66号 平成20年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第67号 平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第10 議案第68号 平成20年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第11 議案第69号 平成20年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第12 議案第70号 湯梨浜町監査委員条例の一部を改正する条例について


 日程第13 議案第71号 湯梨浜町ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部


            を改正する条例について


 日程第14 議案第72号 町道の路線認定について


 日程第15 報告第3号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第16 報告第4号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第17 報告第5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第18 報告第6号 平成19年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告につ


            いて


 日程第19 報告第7号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書


            の報告について


    ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 陳情の付託


 日程第4 議案第62号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町老


            人保健特別会計補正予算(第1号))


 日程第5 議案第63号 専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町住


            宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))


 日程第6 議案第64号 平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)


 日程第7 議案第65号 平成20年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第8 議案第66号 平成20年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第67号 平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第10 議案第68号 平成20年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第1号)


 日程第11 議案第69号 平成20年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第12 議案第70号 湯梨浜町監査委員条例の一部を改正する条例について


 日程第13 議案第71号 湯梨浜町ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部


            を改正する条例について


 日程第14 議案第72号 町道の路線認定について


 日程第15 報告第3号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第16 報告第4号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第17 報告第5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第18 報告第6号 平成19年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告につ


            いて


 日程第19 報告第7号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書


            の報告について


     ───────────────────────────────


               出席議員(17名)


      1番 福 本 幸 弘       2番 酒 井 幸 雄


      3番 平 岡 将 光       4番 光 井 哲 治


      5番 吉 村 敏 彦       6番 前 田 勝 美


      8番 浜 中 武 仁       9番 吉 田 礼 治


      10番 入 江   誠       11番 寺 地 章 行


      12番 徳 田 幸 宣       13番 竹 中 壽 健


      14番 河 田 洋 一       15番 増 井 久 美


      16番 會 見 祐 子       17番 浦 木   靖


      18番 松 本   繁


     ───────────────────────────────


              欠席議員(1名)


      7番 村 中 隆 芳


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 秋 草 一 洋   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長 ────── 西 尾 浩 一


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   教育長 ────── 西 山   登


 総務課長 ───── 松 本   徹   企画課長 ───── 仙 賀 芳 友


 町民課長 ───── 山 田 正 明   子育て支援課長 ── 前 田 啓 嗣


 産業振興課長(併)農業委員会事務局長


        ─── 米 村 繁 治   建設水道課長 ─── 中 本 賢 二


                      地域包括支援センター所長


 健康福祉課長 ─── 浜 崎 厚 子          ─── 山 下   章


                      生涯学習・人権推進課長


 教育総務課長 ─── 西 田 光 行          ─── 戸 羽 君 男


 会計管理者(兼)出納室長


        ─── 岩 本 和 雄   水明荘支配人 ─── 石 田 秋 雄


 農業委員会長 ─── 谷 口 憲 昭   代表監査委員 ─── 山 名 哲 彌


 総務課参事 ──── 岸 田   智


    ───────────────────────────────


              午前9時48分開会


○議長(松本 繁君) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成20年第3回湯梨浜町議会定例会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 日程に先立ちまして報告をいたします。


 本日の届け出のありました欠席議員は、7番、村中隆芳さんであります。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松本 繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、14番、河田洋一さん、15番、増井久美さんを指名をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(松本 繁君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 本定例会の会期につきましては、去る6月3日に議会運営委員会を開催し、協議いたしましたので、議会運営委員長から報告を求めます。


 光井委員長。


○議会運営委員会委員長(光井 哲治君) 会期等の報告。ただいまの議長の報告のとおり、6月3日、議会運営委員会を開催し、協議した結果を報告いたします。


 本定例会の町長提出議案は、専決処分2件、補正予算6件、条例改正2件、町道路線認定1件及び報告5件の合計16件です。一般質問は7人です。陳情は、新たなもの5件です。会期は、本日12日から20日までの9日間といたしたいと思います。


 日程は、この後、陳情の委員会付託をして、専決処分、補正予算、条例改正、町道路線認定の町長提出議案説明と一部審議、採決及び報告を受け、本日は散会といたします。


 13日は休会とし、16日は冒頭から一般質問を行います。17日、18日及び19日は、委員会審査のため休会とし、最終日20日は、提出議案及び陳情審査報告等の審議、採決を行う会期日程ですので、御協力くださいますようお願い申し上げます。


 以上、報告といたします。


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。ただいまの光井委員長の報告のとおり、本定例会の会期は、本日12日から20日までの9日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日12日から20日までの9日間と決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) 宮脇町長よりあいさつをお願いをいたします。


○町長(宮脇 正道君) 6月定例町議会の開催に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 町内の水田の田植えも終わりまして、入梅ということです。議員の皆様には、御多忙のところお集まりいただきましてありがとうございます。


 これから町内ではいろんなイベントの時期を迎えます。私は湯梨浜町のことを説明するときに、温泉やナシなどの農産物、あるいは歴史などについて語りますとともに、全国大会を3つもやっている町だということを申し上げております。今月末、14日と15日、ことしが20回となりますグラウンドゴルフの発祥地大会、7月5日、6日のハワイアンフェスティバル、そして9月6日、7日の、これもことしが30回目となりますベテラン卓球大会、これがその内容でございます。これらはいずれも旧町村から引き継いでいるものでございますけれども、募集者数をはるかに上回る応募もあり、町民の多くの方々に御協力もいただきながら実施しております。町の活性化にも大いに寄与しているものだと思っており、改善ということを意識しながら、町民の皆さんとともに歓迎し、参加者に御満足のいただける大会にしたいというふうに考えております。


 また、この期間に、7月20日の水郷祭を皮切りに、7月26日のとまり夏まつり、8月2日のはわい温泉まつりと湯梨浜の夏祭りが続きます。住民の皆さんの手でということで、経費の削減や実行委員会の一本化などを行ったところでございますけれども、ぜひとも成功させていただきたいと思っております。これらに8月2日のジュニアグラウンドゴルフ大会、8月24日、昨年から民間委託に踏み切りましたドラゴンカヌー大会、そのほかにも町内の海水浴場開きといったこともございます。町じゅうがにぎやかな季節になり、職員も多忙な時期が続きますけれども、年度当初に掲げた各種計画の点検、検証、あるいは本格的に動き出しました東郷湖活性化プロジェクト、これらの創造的な施策の推進につきましては、手を休めることなく進めてまいりたいと考えている所存でございます。さまざまな事柄を通じて、議員の皆様を初め、町民の皆様と力を合わせて取り組んでまいりたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。


 終わりになりましたが、昨日のテレビでも紹介されておりましたけれども、当町宇野地区の地蔵ダキが「平成の名水百選」に選ばれました。鳥取県内で3カ所選ばれておりますけれども、これは宇野地区の皆さんがこの「タキ」を大切にしよう、皆さんにも知ってもらおうと地域で取り組まれて、そして努力された結果でございまして、皆様に御報告申し上げますとともに、この場をおかりして区長さんを初め区民の皆様に敬意を表し、お喜びを申し上げたいと思います。


 一昨年、石脇海岸が全国「快水浴場百選」に選ばれており、湯梨浜は海も、そして陸の水もすばらしいということで、大変うれしく思っておる次第でございます。


 終わりになりましたが、今議会では、先ほど議運の委員長報告のとおり、予算の補正など11議案と公社の経営状況などの報告5件を提出させていただいております。どうぞ御審議、御議決を賜りますようお願いして、あいさつといたします。ありがとうございました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 陳情の付託





○議長(松本 繁君) 続いて、日程第3、陳情の付託を行います。


 今期定例会におきまして受理した陳情は、お手元の陳情文書表のとおり、それぞれ常任委員会に付託をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第62号





○議長(松本 繁君) 日程第4、議案第62号、専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町老人保健特別会計補正予算(第1号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第62号、専決処分の承認を求めることについて、平成20年度湯梨浜町老人保健特別会計補正予算(第1号)に係る専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し述べます。


 これは、地方自治法第179条第1項の規定により、平成20年5月30日、専決処分を行いましたもので、同条第3項の規定により、これを報告し、承認を求めるものでございます。


 専決いたしました湯梨浜町老人保健特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,732万8,000円を追加しまして、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億2,311万2,000円とするものでございます。


 補正の内容は、平成19年度分の老人医療費に係る支払い基金交付金と県支出金が、医療費実績では超過交付となり返納する必要が生じたこと、逆に国庫支出金につきましては追加交付されることになったため、19年度決算において差し引き283万1,000円の歳入不足となったものでございます。このため、地方自治法施行令第166条の2に規定する翌年度歳入の繰り上げ充用によって、平成20年度予算で補てんするものでございます。


 補足説明は担当課長が行いますので、よろしく御審議、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 浜崎健康福祉課長。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) 議案第62号でございます。専決処分書をつけさせていただきました。老人保健特別会計補正予算につきまして、5月30日で専決処分をしたものでございます。


 次のページからが補正予算(第1号)でございますが、6ページと7ページの方をお開きいただきたいと思います。


 まず6ページ、歳入でございます。19年度分の老人医療費の総額につきまして、国、県、支払い基金交付金から一定割合で負担金とか交付金が入ってまいります。この19年度の確定いたしまして、国庫負担金については医療費総額から算定される額よりも1,732万8,000円少なかったということで、過年度分として受け入れるものでございます。これが6ページの歳入に計上させていただきました。


 次に、7ページでございます。逆に県からの負担金につきましては、57万2,824円の超過交付、それから支払い基金交付金につきましても1,392万3,451円の超過交付、合計いたしまして1,449万6,275円を20年度に返納するということになりました。7ページ、歳出の2款諸支出金につきまして、償還金として1,449万7,000円を計上したところでございます。


 それから、これによりまして差し引き283万1,000円の19年度歳入不足を生じたことになります。3款前年度繰り上げ充用金といたしまして、19年度の歳入不足を20年度で補てんをするものでございます。以上であります。


○議長(松本 繁君) 説明が終わったので質疑に入ります。質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第62号は、原案のとおり承認されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第63号





○議長(松本 繁君) 日程第5、議案第63号、専決処分の承認を求めることについて(平成20年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第63号、専決処分の承認を求めることについて、平成20年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)に係る専決処分の承認を求めることについて提案理由を申し上げます。


 これも地方自治法第179条第1項の規定により、平成20年5月30日、専決処分を行ったもので、同条第3項の規定により、これを報告して承認を求めるものでございます。


 専決いたしました湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2万2,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ844万1,000円とするものでございます。


 補正の内容は、平成19年度分の住宅新築資金等貸付金元金及び利子収入が、当初想定していた金額を下回りましたために、19年度決算において差し引き2万2,000円の歳入不足を生じました。このため、地方自治法施行令第166条の2に規定する翌年度歳入の繰り上げ充用によって、平成20年度予算で補てんするものでございます。


 補足説明は担当課長が行いますので、よろしく御審議、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 戸羽生涯学習・人権推進課長。


○生涯学習・人権推進課長(戸羽 君男君) 補足説明をさせていただきます。5月30日付で専決予算をさせていただきましたので、説明をいたします。予算書の6ページと7ページをごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入の方でございますが、1目の住宅新築資金等貸付金元利収入で、滞納繰り越し分として2万2,000円を増額をするものでございます。


 7ページの方で歳出でございます。前年度繰り上げ充用金ということで、19年度で歳入不足を生じました2万1,429円ということで、2万2,000円を前年度繰り上げ充用金ということで補正で上げさせていただきました。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 説明が終わったので質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第63号は、原案のとおり承認されました。


 本日は、日程第6から日程第14までの9議案については、提案理由の説明のみといたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第64号 から 日程第11 議案第69号





○議長(松本 繁君) 日程第6、議案第64号から、日程第11、議案第69号までの6議案を一括議題といたします。


 順次提案理由の説明を求めます。


 まず最初に、宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第64号、平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)から、議案第69号、平成20年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計補正予算(第1号)までの6会計の補正予算を一括して御説明申し上げます。


 まず、議案第64号、平成20年度湯梨浜町一般会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ664万9,000円を増額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ95億4,464万9,000円とするものでございます。主な補正の内容といたしましては、職員の人事異動に伴います人件費の補正、それから業務等の請け差による補正、ふるさと湯梨浜応援基金の新規計上、消防団員退職報償金の補正、地域つくり推進事業の補正、土地改良事業の補正、英語活動等国際理解活動推進事業の新規計上、小規模福祉活性化事業の新規計上などでございます。


 次に、議案第65号、平成20年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,014万円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億4,699万6,000円とするものでございます。補正の主な内容は、まず歳出では、平成18年度の医療費の実績を根拠に算定される老人保健拠出金につきまして、平成18年度は医療費が高騰した年であったことから、拠出金の額を増額補正するものでございます。歳入では、この老人保健拠出金の増額に係る国庫支出金、県支出金、それぞれ補正計上いたしております。また、退職被保険者の医療費に係る療養給付費交付金の交付額の確定による増額も行っているところでございます。さらに、これら歳出の老人保健拠出金の補正額と歳入の追加補正額との差額分の1,342万6,000円を財政調整基金繰入金で充てることといたしております。


 議案第66号、平成20年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ482万7,000円を追加し、補正後の歳入歳出の総額を歳入歳出それぞれ13億7,429万2,000円とするものでございます。主な補正の内容は、職員の人事異動に伴う人件費の補正でございます。


 続きまして、議案第67号、平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ44万2,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ12億5,662万2,000円とするものでございます。補正の主な内容は、維持管理費委託料の減、運転免許センターの補償工事費の増などによるものでございます。


 次に、議案第68号、平成20年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ104万5,000円を減額し、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億6,111万3,000円とするものでございます。補正の主な内容は、維持管理費委託料の減などによるものでございます。


 次に、議案第69号、長瀬財産区特別会計補正予算(第1号)でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ77万円を追加計上いたしまして、補正後の歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ269万8,000円とするものでございます。補正の主な内容は、新川地区手動ポンプの設置に伴う補助金などでございます。


 以上、議案第64号から69号まで、いずれも地方自治法第96条第1項の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては、それぞれ担当課長から説明申し上げますので、御審議をいただき、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 順次補足説明を求めます。


 まず最初に、松本総務課長。


○総務課長(松本 徹君) 一般会計補正予算(第1号)を説明させていただきます。7ページから説明させていただきます。


 歳入でございますが、14款の県支出金でございます。2目の民生費県補助金でございますが、小地域福祉活性化事業補助金ということでございまして、事業費254万5,000円の75%でございまして、190万8,000円でございます。4目の農林水産業費県補助金でございますが、土地改良事業補助金でございます。これは石脇地区の圃場整備でございます。工事費2,150万円の75%と事務費30万円の50%ということでございまして、金額は1,627万5,000円でございます。


 次に、14款の県支出金で4目の教育費委託金でございますが、小学校費委託金でございます。英語活動費、子どもの健康を育む総合食育推進事業委託金でございまして、101万8,000円でございます。


 16款の寄附金でございます。1目の総務費寄附金でございまして、ふるさと湯梨浜応援基金の寄附金として50万円を計上させていただきました。


 次に、繰入金でございますが、1目の財政調整基金繰入金でございますが、2,000万円を減額をさせていただきました。


 8ページをお願いします。19款の3目の雑入でございまして、700万3,000円でございます。消防団員の退職報償金150万3,000円、コミュニティー事業の助成金ということで340万円、CATVの伝送路使用料ということで210万円でございます。


 それでは、歳出を説明させていただきます。歳出につきましては、事業概要書を別に主な事業につきましては配付しておりますので、一緒にごらんいただきたいと思います。


 1款の議会費でございます。説明の方から説明させていただきます。議員の人件費ということで議員共済会負担金でございますが、1万8,000円の減額でございますが、これは1人当たり1万7,000円だったものが1万6,000円に下がったということで、1万8,000円の減額でございます。次に、丸の3つ目でございますが、議会臨時管理費でございます。報償費でございますが、議会改革検討委員会の報告分ということで、1回分を1万7,000円計上させていただいております。それと、1つ飛びまして全国豪雪議長会負担金でございますが、これは県議長会が一括して払うということで、4,000円全額を削らせていただくものでございます。


 はぐっていただきまして11ページをお願いしたいと思います。上の欄でございますが、丸の2つ目でございます。総務一般管理経常経費でございまして、印刷製本費322万円減額でございますが、これは先日も全協でも説明させていただきました例規の加除を廃止するということで、322万円の減額になります。データのみの更新ということになります。それと、その下に委託料でございますが、46万8,000円でございますが、これは議会の方に例規対応パソコンを2台とプリンターを1台置くものでございます。


 次に、ふるさと湯梨浜応援基金事業でございますが、これは概要書の1ページをごらんいただきたいと思います。3月議会で承認いただきましたものでございます。条例が承認いただきました。それで、積立金につきましては、先ほど収入の方でありました50万円を見込んどるところでございまして、あとは感謝状、記念品等を贈るための費用でございます。それで、現在6月11日現在時点で4名の皆さんから寄附の申し込みがございまして、金額的には15万8,000円でございます。


 次に、6目の企画費をごらんいただき、11ページでございますが、その一番下でございます。地域つくり推進事業340万円でございますが、これは松崎1区190万円、松崎3区150万円が追加助成が決定しましたので、340万円を追加上程させていただいとるところでございます。


 次に、一番下になりますが、防災諸費につきましては、概要書の2ページをごらんいただきたいと思います。これにつきましては、鳥取県の連携備蓄品ということで備蓄しとるものでございまして、不足する保存水を300本、スケットイレということで凝固剤と袋等でございまして、それを21箱買うものでございます。


 はぐっていただきまして12ページでございますが、一番上の10目でございます。情報化推進経常経費、減額の519万2,000円でございますが、新規パソコンリースの契約の差額でございます。


 次に、14ページをお願いします。これは概要書の3ページをごらんいただきたいと思います。254万5,000円でございまして、先ほど歳入の方でも説明をさせていただいたものでございます。これにつきましては、地域福祉活動の調整役となる職員でございまして、社会福祉士を配置して、人材、ボランティアの発掘に取り組み、地域の福祉力を高めていく事業でございます。


 次に、7目の老人福祉費、先ほど訂正をしていただいたものでございますが、1万円でございます。県シルバー人材センター連合会負担金でございまして、これは賛助会員の1万円でございます。


 次に、8目の障害者福祉費でございます。254万5,000円の減額でございまして、これは4ページをごらんいただきたいと思います。これにつきましては、先ほどありました地域福祉活性化事業の方に臨時職員を計上したことによる減額でございます。


 18ページをお願いしたいと思います。18ページの説明欄の丸の2つ目でございますが、保育所整備事業ということで委託料63万円でございます。これは5ページをごらんいただきたいと思います。これにつきましては、保育施設の変更等ということで、幼保一元化等ありまして、旧羽合東小学校と旧羽合西小学校を施設変更等の可能性等、概算費用等を積算するための費用でございまして、63万円を新規に計上させていただいたものでございます。


 20ページをお願いします。4目の農地費でございます。農地等高度利用促進事業2,180万円でございます。概要書6ページでございます。この事業につきましては、平成16年度から継続事業で実施してきたわけですが、本年度は農道舗装を施工して事業完了となるものでございます。


 21ページをお願いします。6款の商工費でございます。3目の観光費でございます。観光経常経費ということでございまして、修繕料133万2,000円でございますが、これにつきまして、主なものにつきましては、水明荘裏に四つ手網を設置しておりますが、その修繕に充てるものが主なものでございます。


 次に、5目の温泉ふれあい会館費でございます。施設整備費、備品購入費ということで77万3,000円でございますが、これにつきましては8ページをお願いしたいと思います。オーバーホールしておりました使用ポンプを4月に入れかえましたために、予備ポンプを購入するものでございます。


 7目のグラウンドゴルフのふる里公園費でございますが、73万5,000円でございますが、これはスーパースライダーの修繕費でございます。


 次が、23ページをお願いします。8款の消防費でございます。団員退職報償費でございまして、150万3,000円でございますが、これは9ページをごらんいただきたいと思います。団員、このたびは退職報償金支払い対象者が10名ということでございまして、その増額になった150万3,000円を計上させていただいております。


 次は24ページの一番下でございますが、2目の教育振興費でございます。これは10ページをごらんいただきたいと思います。食育関係を、文科省の委託事業を県が受けて、町が10分の10で施行するものでございます。


 次に、25ページですが、英語活動等国際理解活動推進事業費でございますが、これにつきましても、10分の10、県費で行っていくものでございます。


 次に、9款の教育費の1目の学校管理費でございますが、北溟中学校管理運営経常経費、減額の238万9,000円でございますが、いす、机の購入差額でございます。


 26ページをごらんいただきたいと思います。26ページの上でございますが、羽合幼稚園管理運営経常経費ということで13万円でございますが、玄関前にスロープを設置するものでございます。


 27ページでございます。3目の図書館費でございますが、42万円ということで、天窓サッシのシーリングの補修でございまして、42万円ということでございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 続いて、浜崎健康福祉課長。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) 議案第65号、国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。


 まず、6ページお開きいただきたいと思います。先ほど町長の提案理由にございましたけれども、老人保健の拠出金、これが前々年度分、つまり平成18年度の医療費によって確定いたしました。今回新たに補正計上を歳出の方でさせていただいておりますが、それに伴いまして歳入といたしまして、まず2款国庫支出金、1目の療養給付費等負担金で、大体これの算定根拠は100分の34、これが算定の割合でございます。877万7,000円を計上いたしました。その下の2項の国庫補助金、調整交付金でありますが、これについては100分の10の算定根拠として260万2,000円を、それから1つ飛びまして5款の県支出金でございます。県支出金の調整交付金としましては、100分の7の算定の割合でございます208万2,000円を補正計上させていただいたものでございます。


 それから、真ん中の3款でありますが、療養給付費等の交付金としまして1,325万4,000円を補正計上させていただきました。これは退職被保険者の医療費に係る交付金でありますけれども、老人保健拠出金の確定額に伴う追加交付分ということでございます。


 次に、7ページの方でありますが、8款繰入金でございます。老人保健拠出金の精算に係る歳入歳出の不足分、これを1,342万6,000円を財政調整基金繰入金として充当したいというものでございます。


 次に、8ページお願いいたします。歳出でございますが、5款の老人保健拠出金であります。老人保健制度の老人医療を賄うための国保会計からの拠出金の額でございますが、算定は前々年度分の老人医療費を根拠としているものであります。18年度の医療費がもとになっておりまして、このたび確定通知が参りました。その確定通知の結果が8,213万6,000円ということでございますので、不足額3,975万9,000円を新たに補正計上させていただきました。


 次に、9ページでありますが、8款の保健事業費でございます。23万7,000円を補正させていただいておりますが、本町の国保におきましては、特定健診を5月の中旬からスタートしております。このたびの補正につきましては、健診の結果をもとに特定保健指導に入りますけれども、このデータを、全国の共通システムを導入いたしまして運用管理を効果的に行いたいというものでございます。以上であります。


○議長(松本 繁君) 続いて、山下地域包括支援センター所長。


○地域包括支援センター所長(山下 章君) 議案第66号、平成20年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明を行います。


 先ほど町長が申されましたように、介護保険の特別会計の補正予算の内容につきましては、職員の人事異動、さらには平成20年度に新規事業がございましたので1名増員されました。その関係によります人件費の補正でございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 続いて、中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) 議案第67号、平成20年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明をさせていただきます。6ページ、7ページをお開きください。


 歳入でございますが、4款繰入金、一般会計繰入金、マイナスの78万1,000円でございます。


 5款の諸収入、雑入でございますが、これにつきましては運転免許センターの補償費の増でございます。これは鳥取県からの収入ということで、122万3,000円でございます。


 歳出でございますが、1款総務費、1目一般管理費でございます。これにつきましては、職員の共済組合負担の変更に伴う増でございます。


 2款の事業費でございますが、維持管理費の中で委託料でございます。委託料は処理場等の管理、年間委託料が請負額が確定しましたので、その差額分を減とさせていただいております。続きまして、工事請負費122万3,000円の増でございます。これにつきましては、運転免許センター布設がえ事業のわき水対策として、工法変更に伴う増額でございます。以上でございます。


 続きまして、いいでしょうか。


○議長(松本 繁君) どうぞ。


○建設水道課長(中本 賢二君) 議案第68号、平成20年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の補足説明をさせていただきます。議案書6ページ、7ページをお開き願いたいと思います。


 歳入でございますが、3款繰入金、1目一般会計繰入金でございますが、これにつきましては、マイナスの104万5,000円でございます。内容につきましては、歳出の方で説明させていただきたいと思います。


 歳出でございます。1款の総務費でございます。1目一般管理費、共済費でございますが、これにつきましても共済組合の負担金の変更に伴う増でございます。


 2款の事業費でございます。1目維持管理費、13節の委託料106万円の減でございます。これにつきましては、処理場等の管理費委託料の請負差による減額でございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 最後に、仙賀企画課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 議案第69号、平成20年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計補正予算(第1号)について補足説明をさせていただきます。


 申しわけありません。両面印刷がしてありませんので、最後のページの6ページ、2枚目をお願いいたします。6ページでございます。2の歳入でございます。77万円補正しまして、合計で218万7,000円になるものでございますけれども、財政調整基金の繰り入れを行うものでございます。


 次に、7ページ、歳出でございます。1目の一般管理費でございますけれども、水下のごみステーションの設置及び新川地区の手動ポンプの設置補助金、合わせて77万円を補助するものでございます。


 以上で説明を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第70号





○議長(松本 繁君) 日程第12、議案第70号、湯梨浜町監査委員条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第70号、湯梨浜町監査委員条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。


 このたびの改正は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条の規定によりまして、地方公共団体は毎年度実質赤字比率や実質公債費比率などの健全化判断比率を監査委員の審査を受けた上で議会に報告し、公表しなければならないとされたことに伴いまして、必要な規定の整備や、そして審査期間の延長など、所要の改正を行おうとするものでございます。地方自治法第96条第1項の規定に基づき、本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細は担当課長から説明申し上げますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 松本総務課長。


○総務課長(松本 徹君) 補足説明を行います。


 町長の提案理由のとおりでございますが、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき改正するものでございまして、法第3条に、地方公共団体の長は、毎年度、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率を監査委員の審査に付した上で議会に報告し、公表しなければならないこととされました。また、法22条の規定におきましては、公営企業の健全化のため、公営企業を経営する地方公共団体の長は、毎年度、当該公営企業の資金不足比率を監査委員の審査に付した上で議会に報告し、公表しなければならなくなったために、第7条を追加するものでございまして、審査業務がふえますので、20日間だった期間を30日に変更するものでございます。


 附則につきましては、この条例は、公布の日から施行するものでございます。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第71号





○議長(松本 繁君) 日程第13、議案第71号、湯梨浜町ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第71号、湯梨浜町ホームヘルパー派遣手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例について提案理由を申し上げます。


 この条例は、日常生活を営むのに著しい支障のございます難病患者さん等のおられる世帯にホームヘルパーを派遣する際の派遣手数料の徴収に関する規定を設けているものでございますが、このたび、国の負担基準の利用者世帯階層区分の変更に伴い、本町におきましても、ホームヘルパー派遣手数料の算定基準となる利用世帯の階層区分を一部改正しようとするものでございます。


 手数料額の算定根拠となります生計中心者の前年所得税課税年額が変更となったため、結果的には、利用者に負担いただく1時間当たりの手数料額は若干引き上げとなっております。


 地方自治法第96条第1項の規定により、本議会の議決を求めるもので、詳細につきましては担当課長が御説明申し上げます。御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 ちょっと休憩。


             午前10時38分休憩


    ───────────────────────────────


             午前10時38分再開


○議長(松本 繁君) 再開します。


 浜崎健康福祉課長、補足説明を求めます。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) 補足説明を申し上げます。


 議案書をはぐっていただきまして、ごらんいただきたいと思います。この制度は、在宅の難病患者さんをサポートするというためにヘルパーさんを派遣するという制度でございますが、改正前と改正後を比較いただきたいと思います。7区分ございます。AからGまでの7区分ございますが、算定のもとになる前年所得税の課税年額が、それぞれアンダーラインのとおり下げられました。例えば真ん中のC階層をごらんいただきたいと思います。改正前では、1万円以下の世帯については1時間当たり250円というものでありましたが、改正後のC階層、5,000円以下の世帯ということで、金額的なものは250円で変わっておりませんが、課税年額が引き下げになったというものであります。一番下のG階層、一番高い分でありますが、G階層では年額14万1円以上の世帯については950円だというふうな規定になっておりましたけれども、これが7万1円以上の世帯になったというものでございます。結果的には、1時間当たりの手数料の額が若干の引き上げにつながってくるというものであります。


 現在この制度につきましては、町内1名の方の制度の御利用がございまして、派遣に関する費用については、4分の3が県の方から負担でお金が入ってくるというものでございます。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第72号





○議長(松本 繁君) 日程第14、議案第72号、町道の路線認定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第72号、町道の路線認定につきまして提案理由を申し上げます。


 町道の路線を認定することについて、道路法第8条第2項の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 今回の路線認定は、住宅開発で整備された路線でございまして、畷崎線1路線でございます。


 詳細につきましては、担当課長が説明申し上げます。御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) 議案第72号、町道の路線認定について補足説明を申し上げます。


 路線名は畷崎線でございます。起点は湯梨浜町大字長江字畷崎502−18番地先でございます。終点は湯梨浜町大字長江字畷崎502−7番地先でございます。


 当路線は、資料としまして位置図をつけておりますが、長江地区の開発行為による宅地開発により整備された延長122.5メーター、幅員6メーターの路線でございます。御審議の上、決定いただきますようお願いします。以上です。


○議長(松本 繁君) 以上で議案第64号から議案第72号の提案理由の説明は終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 報告第3号 から 日程第17 報告第5号





○議長(松本 繁君) 日程第15、報告第3号から、日程第17、報告第5号までの3報告を一括議題といたします。


 順次報告を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 報告第3号から第5号までは、財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社、財団法人羽合温泉開発公社、そして鳥取県中部町土地開発公社、それぞれの経営状況につきまして、地方自治法243条の3第2項の規定により、説明書類を作成し、議会に提出したものでございます。


 詳細は担当課長が説明申し上げます。


○議長(松本 繁君) 担当課長より順次補足説明を求めます。


 まず最初に、米村産業振興課長。


○産業振興課長(米村 繁治君) 補足して御報告申し上げます。


 報告第3号でございます。ゆアシス龍鳳閣の平成19年度における利用者数は11万1,209人で、対前年比1万4,720人、率にしまして15.3%の増加となりました。収支決算は、一般会計が収入7,199万8,000円、支出7,188万3,000円、売店事業特別会計は収入が3,803万7,000円の決算となりました。指定管理制度に移行しましてから、また、リニューアル後の2年目で初めて通年の営業結果となりますが、2年前の平成17年度1年分と比較しても、利用者数、収入金とも若干の増加となりました。


 続いて、報告第4号でございます。財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について補足して御報告申し上げます。この公社の中心施設、ハワイゆ〜たうんの平成19年度における利用者数は7万2,691人で、対前年比2,125人、2.8%の減となりました。昨年度は開館15年目に当たりましたが、ここ5年間の利用者数の減少傾向に歯どめがかかっていない状況が続いております。公社全体の収支決算は、収入2,673万9,000円、支出2,672万6,000円となりました。平成20年度におきましては、入館者目標を7万5,900人として、4%アップを見込んで事業運営に当たる予定でございます。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 続いて、仙賀企画課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について補足説明をいたします。


 最初に、19年度事業計画及び決算でございますけれども、19年度におきます土地売り払い収入はございませんでしたが、磯泙団地におきまして土質調査、ボーリング調査を2カ所実施するとともに、宅建業協会との協定を締結し、販売促進を図ったところでございます。なお、19年度事業別会計支出決算額は、4会計合わせて8億5,883万4,019円となりました。


 次に、20年度事業計画及び予算について報告をさせていただきます。20年度の鳥取県中部町土地開発公社当初予算は、4会計合わせて8億7,513万5,000円となり、前年度比53万1,000円の減額となっております。この減額になった主な要因としましては、北栄町の東園団地の土地が一部賃貸されたことによるものでございます。


 以上で報告を終わります。


○議長(松本 繁君) 以上で報告第3号から報告第5号を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 報告第6号 から 日程第19 報告第7号





○議長(松本 繁君) 続いて、日程第18、報告第6号から、日程第19、報告第7号までの2報告を一括議題といたします。


 順次報告を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 報告第6号、平成19年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書及び報告第7号、平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、一括報告させていただきます。


 これらはいずれも地方自治法施行令第146条第2項の規定により、繰越計算書を調製し、報告するものでございます。


 詳細につきましては、担当課長の方から御説明申し上げます。


○議長(松本 繁君) 担当課長より順次補足説明を求めます。


 松本総務課長。


○総務課長(松本 徹君) 1枚はぐっていただきたいと思います。4款でございますが、広域連合負担金ごみ処理でございまして、翌年度繰越金は2,255万1,000円でございます。これにつきましては、この6月の20日に完成予定でございます。


 次に、7款の土木費でございます。急傾斜地崩壊対策事業負担金でございますが、これ県への負担金でございまして、364万円でございます。2地区ありまして、上橋津が280万円、橋津は84万円ということでございまして、予定工期につきましては、双方とも20年の12月の25日でございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 続いて、中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) 19年度下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について説明させていただきたいと思います。


 はぐっていただきまして、流域下水道事業の負担金でございます。これにつきましては、3月議会で承認を得ております繰り越しでございます。


 内容につきましては、繰越限度額は134万8,000円でございましたが、工事請負費の確定により、実質100万9,000円の繰越金額となったものでございます。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 以上で報告第6号から報告第7号を終わります。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。13日は、議事の都合により休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 御異議なしと認めます。よって、13日は、休会とすることに決定をいたしました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれで散会をいたします。


 なお、16日の本会議は午前9時から会議を開きますので、定刻までに御参集くださいますようよろしくお願いをいたします。


             午前10時50分散会


    ───────────────────────────────