議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成19年第 7回定例会(第 9日 9月21日)




平成19年第 7回定例会(第 9日 9月21日)





 
────────────────────────────────────────


    第7回 湯 梨 浜 町 議 会 定 例 会 会 議 録 (第9日)


                           平成19年9月21日(金曜日)


────────────────────────────────────────


               議事日程(第9号)


                         平成19年9月21日 午前9時開議


 日程第1 議案第83号 平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第2 議案第84号 平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認


            定について


 日程第3 議案第85号 平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定について


 日程第4 議案第86号 平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


            決算認定について


 日程第5 議案第87号 平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特


            別会計歳入歳出決算認定について


 日程第6 議案第88号 平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第7 議案第89号 平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第8 議案第90号 平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第9 議案第91号 平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第10 議案第92号 平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第11 議案第93号 平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第12 議案第94号 平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第13 議案第95号 平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第14 議案第96号 平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第15 議案第97号 平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


 日程第16 議案第98号 平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第17 議案第99号 平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


 日程第18 議案第 100号 平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


 日程第19 議案第 101号 平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定について


 日程第20 議案第 102号 平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第21 議案第 103号 平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予


             算(第1号)


 日程第22 議案第 104号 平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業


             特別会計補正予算(第1号)


 日程第23 議案第 105号 平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


 日程第24 議案第 106号 平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第25 議案第 107号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第26 議案第 108号 平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)


 日程第27 議案第 109号 湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


 日程第28 議案第 110号 湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例


 日程第29 議案第 111号 町営土地改良事業計画の変更について


 日程第30 議案第 112号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につ


             いて


 日程第31 陳情第7号 2008年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情書


 日程第32 陳情第8号 日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳情


            書


 日程第33 陳情第9号 羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書


 日程第34 陳情第10号 「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされる


            ことを求める陳情書


 日程第35 陳情第11号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販


            売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出することを求


            める陳情


 日程第36 陳情第12号 横断歩道設置に関する陳情書


 日程第37 議員派遣について


 日程第38 委員会の閉会中の継続審査について


       総務常任委員会・民生常任委員会・産業教育常任委員会


 日程第39 議会広報調査特別委員会の閉会中の継続審査について


 日程第40 議会運営委員会の閉会中の継続審査について


    ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第83号 平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第2 議案第84号 平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認


            定について


 日程第3 議案第85号 平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定について


 日程第4 議案第86号 平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


            決算認定について


 日程第5 議案第87号 平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特


            別会計歳入歳出決算認定について


 日程第6 議案第88号 平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第7 議案第89号 平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第8 議案第90号 平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第9 議案第91号 平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第10 議案第92号 平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第11 議案第93号 平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第12 議案第94号 平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第13 議案第95号 平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第14 議案第96号 平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第15 議案第97号 平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


 日程第16 議案第98号 平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第17 議案第99号 平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


 日程第18 議案第 100号 平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


 日程第19 議案第 101号 平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定について


 日程第20 議案第 102号 平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第21 議案第 103号 平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予


             算(第1号)


 日程第22 議案第 104号 平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業


             特別会計補正予算(第1号)


 日程第23 議案第 105号 平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


 日程第24 議案第 106号 平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第25 議案第 107号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第26 議案第 108号 平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)


 日程第27 議案第 109号 湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


 日程第28 議案第 110号 湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例


 日程第29 議案第 111号 町営土地改良事業計画の変更について


 日程第30 議案第 112号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につ


             いて


 日程第31 陳情第7号 2008年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情書


 日程第32 陳情第8号 日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳情


            書


 日程第33 陳情第9号 羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書


 日程第34 陳情第10号 「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされる


            ことを求める陳情書


 日程第35 陳情第11号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販


            売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出することを求


            める陳情


 日程第36 陳情第12号 横断歩道設置に関する陳情書


 日程第37 議員派遣について


 日程第38 委員会の閉会中の継続審査について


       総務常任委員会・民生常任委員会・産業教育常任委員会


 日程第39 議会広報調査特別委員会の閉会中の継続審査について


 日程第40 議会運営委員会の閉会中の継続審査について


    ───────────────────────────────


               出席議員(17名)


      1番 福 本 幸 弘       2番 酒 井 幸 雄


      3番 平 岡 将 光       4番 光 井 哲 治


      5番 吉 村 敏 彦       6番 前 田 勝 美


      8番 浜 中 武 仁       9番 吉 田 礼 治


      10番 入 江   誠       11番 寺 地 章 行


      12番 徳 田 幸 宣       13番 竹 中 壽 健


      14番 河 田 洋 一       15番 増 井 久 美


      16番 會 見 祐 子       17番 浦 木   靖


      18番 松 本   繁


    ───────────────────────────────


               欠席議員(1名)


      7番 村 中 隆 芳


    ───────────────────────────────


               欠  員(なし)


    ───────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 秋 草 一 洋   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


    ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長 ────── 西 尾 浩 一


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   教育長 ────── 西 山   登


 総務課長 ───── 松 本   徹   企画課長 ───── 仙 賀 芳 友


 町民課長 ───── 山 田 正 明   子育て支援課長 ── 前 田 啓 嗣


 産業振興課長 ─── 米 村 繁 治   建設水道課長 ─── 中 本 賢 二


                      地域包括支援センター所長


 健康福祉課長 ─── 浜 崎 厚 子          ─── 山 下   章


                      生涯学習・人権推進課長


 教育総務課長 ─── 西 田 光 行          ─── 戸 羽 君 男


 会計管理者兼出納室長 岩 本 和 雄   水明荘支配人 ─── 石 田 秋 雄


 代表監査委員 ─── 山 名 哲 彌   総務課参事 ──── 岸 田   智


    ───────────────────────────────


              午前9時03分開議


○議長(松本 繁君) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、ただいまから本日の会議を開きます。


 日程に先立ちまして報告をいたします。


 本日届け出のありました欠席議員は、7番、村中隆芳さんであります。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 議案第83号 から 日程第19 議案第101号





○議長(松本 繁君) 日程第1、議案第83号から日程第19、議案第101号までを一括議題といたします。


 19議案については、平成18年度決算審査特別委員会に付託され、審査が行われましたので、特別委員長に審査報告を求めます。


 竹中壽健さん。


○決算審査特別委員会委員長(竹中 壽健君) おはようございます。


 決算審査特別委員会の報告をいたします。


    ───────────────────────────────


                             平成19年9月21日


 湯梨浜町議会議長 松 本   繁 様


                        平成18年度決算審査特別委員会


                            委員長 竹 中 壽 健


                委員会報告書


 本委員会に付託された事件は、審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


                   記


1.審査の経過


 平成19年9月13日、平成19年第7回湯梨浜町議会定例会において、平成18年度決算審査特別委員会に付託になりました事件について、本委員会を9月14日に開催し、歳入歳出予算の執行実績を確認し、その適否を審査した。


2.審査結果


 平成18年度は、湯梨浜町が誕生して2年目の通年予算であり、予算執行が適正にされてきたかどうか、また、議会での予算審議の内容が十分に行政に反映されたかどうか、並びに、各種事業の内容が真に町民が求めている方向で効果が発揮されているかどうか審査し、概ね適正な執行がされたものと認められ、付託された19会計について原案のとおり認定することとした。


 なお、今後の予算執行に当たって、次の附帯決議を議会の意向としてつけさせていただきました。


? 平成18年度地方財政状況調査決算統計において、平成19年度起債に係る実質公債比率が18.4%となり、起債協議団体から起債許可団体へと移行、今後公債費負担適正化計画の作成が必要となった。さらに起債償還が平成25年から27年にピークをむかえることに鑑み、本町の財政状況及び今後の方針を町民に示し、理解を得ながら厳しく公債費の適正な管理に努めることと強い指摘がありました。


 また、これに付随し、国の地方交付税の削減問題について、県や国に機会あるごとに強く怒りをぶつけていただきたいとの意見もありました。


? 一般会計及び特別会計等を含め、町税ほか各種の収納金の未収額がなお増加していることについて、滞納の実態、原因をさらに分析し、徴収方法の再検討と滞納整理対策本部のさらなる強化を図るとともに、納税者の間に不信感が生じないよう、納税者の納税意識の向上になお一層努力をはらわれたいとの強い意見もありました。


? 行政改革の推進により人件費、補助金等の削減に努力は認められるものの、予算執行においてバランス、公平性の観点から、その支出にあたって事業の中身、組織の体制及び維持管理について十分な検討をお願いすると同時に、厳しい財政状況のもと、さらに事務事業を精査され、真に町民が求めているニーズに効果があるよう取組んでいただきたい。


 また、公営企業会計において、現在の経営状況を的確に分析、熟慮し、近い将来の方向性を探るとともに、財政の健全化につとめ、計画事業の早期着手につとめられたいとの意見もありました。


    ───────────────────────────────


 その他、幾つかの意見や要望もございましたが、強く指摘のありました事項や意見を附帯決議としてつけさせていただきました。


 本委員会での審査結果につきましては、19会計とも原案認定でございます。


 執行部におかれましては、本委員会の意見や指摘事項を真摯に受けとめ、今後の湯梨浜町の行財政運営に生かしていただきますようお願い申し上げまして、委員長報告を終わらせていただきます。


○議長(松本 繁君) これをもって議案第83号から議案第101号までの19議案についての委員長報告を終わります。


 なお、質疑については、議員全員で構成する特別委員会で審査しておりますので省略いたします。


 これより討論に入りますが、討論及び採決については会計ごとに行います。


 議案第83号、平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第83号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) ちょっと休憩します。


              午前9時12分休憩


    ───────────────────────────────


              午前9時12分再開


○議長(松本 繁君) 再開いたします。


 これより第83号を採決をします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第83号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方、起立でお願いします。


                〔賛成者起立〕


○議長(松本 繁君) 起立多数です。よって、議案第83号は、委員長の報告のとおり認定することに決定いたしました。


 それでは議案第84号、平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第84号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第84号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第85号、平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第85号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第85号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第86号、平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第86号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第86号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第87号、平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第87号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第87号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第88号、平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第88号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第88号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第89号、平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第89号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第89号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第90号、平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第90号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第90号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第91号、平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第91号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第91号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第92号、平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第92号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第92号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第93号、平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第93号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第93号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第94号、平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第94号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第94号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第95号、平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第95号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第95号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第96号、平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第96号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第96号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第97号、平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第97号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第97号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第98号、平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第98号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第98号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第99号、平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第99号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第99号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第100号、平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第100号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第100号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 議案第101号、平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定についてを議題といたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 議案第101号に対する委員長の審査報告は、認定であります。


 委員長の報告のとおり認定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第101号は、委員長の報告のとおり認定することに決定をいたしました。


 これをもって平成18年度決算審査特別委員会を終了いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第20 議案第102号 から 日程第30 議案第112号





○議長(松本 繁君) 日程第20、議案第102号から日程第30、議案第112号までの11議案は13日の本会議において提案説明は終わっておりますので、直ちに質疑に入ります。


 日程第20、議案第102号、平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


 2番、酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) 1点だけお聞きしておきたいなというぐあいに思います。


 18年度の決算のときにもお願いしましたけど、予算対効果、目的に沿ったきちんとした効果を住民の皆さんに示せれるような形をとってほしい。それと、財政事情が非常に厳しい状態になってきている。そういう部分を申し上げたわけですが、今回の補正予算でも鳥取県地域産業活性化協議会だとか鳥取県市町村教育委員会研究協議会だとか、いろんな広域でやられとる協議会に負担金がかなりあるわけなんですね。その辺の事業の状態、18年度どうだったのか。その辺について12月議会でも町長として成果を発表してほしいなというのが一つと、もう一つはもう20年度へ向けたそういう取り組みをやられる時期になってきましたので、今回言っとかなければ20年度も同じような形で負担金が湯梨浜町に請求されてくるんじゃないか。そういう思いがありまして、しっかりと湯梨浜町内でその辺を精査されて、20年度予算でははっきりと湯梨浜町の方向を申し上げ、住民負担が減らせれる部分は減らしていくちゅう考え方を持って対応していただきたいなちゅうお願いと、それと具体的に1点だけお尋ねするのは、その鳥取県地域産業活性化協議会6万4,000円の補正が組まれているわけなんですけど、鳥取県には産業振興何だか機構とかいろいろあって、そこにも負担されとるわけですね。その辺いろんな似たような団体があって、それがどういう形でつながってくるのか、その辺について伺っておきたい。以上3点。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) まず最初に、その効果の確認ということでございます。


 御発言のとおりいろんな団体に負担金とかいう形で支払っております。今回新たに補正させていただきますのは新設の協議会ということでございますけども、機会をとらまえて議会、各常任委員会あたりどういう活動内容しているかあたりの検証を兼ねて報告をさせていただきたいと思います。


 それと、20年度予算に向けてもう取り組む。確かにおっしゃるとおりだと思っております。過日、幹部会におきまして湯梨浜町、大方大きなイベントが集中するこの8月、9月という時期が過ぎまして、いよいよこれからは来年度予算に向けて本当に中身を練るといいますか、そういう時期に入ってきたなということは各課長にも申し伝えております。急に時間がなくて追いまくられて中身詰めれんというようなことのないように、なるべく早目に中身を練っていくという体制をとりたいと思っております。


 それから、新たなその産業活性化協議会につきましては、企業誘致などを行う観点から全県的に各町村が会員になってやっていくもんですが、実際の中身につきましては副町長の方がその会議に出席いたしておりますので、副町長から説明させます。


○議長(松本 繁君) 副町長。


○副町長(西尾 浩一君) では、活性化協議会につきまして御説明をいたします。


 私は2回ほど会議に町長の代理で出席をいたしました。先ほど町長が申し上げましたように、県とそれからすべての市町村が参画しております。それから、先ほど産業振興機構というお話もありましたけども、そういった団体も入っております。そういった団体すべてが連携をとり合って、例えば液晶だとかそういったような分野について企業を引っ張ってくる、そういったような試みをしようというものでございまして、効果についてはまだ、それを引っ張ってきたりしないとなかなか見えにくいところはありますけれども、全県一丸となって取り組むという観点では非常に効果があるものだというふうに承知しております。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) 最後の鳥取県地域産業活性化協議会なんですけど、今までも企業誘致ちゅう格好でかなり頑張ってこられた。これは片山知事の時代からそういう答弁を県議会でやられとるんですね。だけどなかなかこの時代非常に難しい。特にある程度余裕がある県については、企業に優遇措置を思い切って提案しながら誘致ができるけど、鳥取県みたいに財政的に余裕がないとこは非常に難しい。そういう部分も県議会等で答弁されておるのを記憶にあるわけなんですね。


 そこの中でやられてきたのは、多分その地域振興機構だとかそういう部分で一生懸命やられてきたんじゃないかと。やはりどこがどう変わっていくのか。そういう部分もきちんと説明されなだめじゃないかなちゅうぐあいに思いますので、きょう副町長にこれ以上聞いてもなかなかその方向というのは出てこないんでしょうけど、ただ考え方として、私たちの町で私たちが議論に参加できる形の予算だったらしっかりとできるわけなんですけど、広域になってくると町長なり一部の人にその辺をすべてゆだねないけんわけですので、より慎重に検討していただきたいし、1円たりとも町民のむだな税金は支出しない、そういう考え方に立って対応していただかな、これだけ町民に負担をかけているのに片一方じゃほとんど見直しがやられずに広域ではやっておるちゅうやな状態じゃとても許せれる部分じゃありませんし、その辺についての考え方を聞いておきたいと思います。


○議長(松本 繁君) 副町長。


○副町長(西尾 浩一君) ちょっと説明が不足していたかもしれませんが、協議会でちょっと正式な名称は忘れましたが計画をつくることになっております。その計画をつくって国が認定をすれば、例えばそれによって固定資産税の減免をしたりしたときにその分だけ減収があるわけですけども、それを交付税で補てんするとか、そのような仕組みを持つものでございます。県が今中心となってその計画策定し終わって国に申請をしたところでありますので、それが認められれば具体に企業を引っ張ってきて、今も町の条例で固定資産税の減免というのは認めておりますけども、そういったことを実際にしても税収の減についてきちんと補てんがあるということでございますので、むだな出費ではないというふうに思っております。以上です。


○議長(松本 繁君) 2番、酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) 大体考え方がわかりました。


 ただ、今の国の法人税に対する税のシステムじゃ地方は物すごい不利になると思います。思い切って、今、地域間格差のためにランクがあるわけですね。例えば最低賃金にしても職員の給与基準にしてもそれぞれランクがありますね。それは経済状態を見てそのランクをつけとるわけですから、そのランクに従った税制も考えてもらう、そのくらいの提案を思い切ってしてほしいな。やっぱし経済状態が落ち込んどるとこの企業については法人税を思い切って安くしていく。それで企業活動が活発にしていけれるような形をぜひ求めてほしいな、強くその辺を要望しておきたいと思います。


 ただ企業に来てください、来やすい状況をつくりますだけじゃなしに、もっと根本からその辺を踏み込んでほしいな。これは要望ですけど、強く国の方に要望してほしい。以上です。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


 浜中さん。


○議員(8番 浜中 武仁君) 地方交付税のうちの普通交付税、今回40億5,421万7,000円ということですけど、ことしからよく言われとった新型交付税ということで去年までとは算定方法なりが変わってきたのかもしれませんけど、今回のこの決定額をどのように分析しておられるのか。


 そしてもう一つ、これもよく出てきたですけど、頑張る地方応援プログラムがここの普通交付税の中に入ってきとると思うわけですけど、当初の想定額をどれくらい想定されておられたのか。そして決定額はどれくらいになったのか、お伺いしたいと思います。


 それともう1点、ちょっと聞きそびれたのかもしれませんけど、13ページの企画費の中部土地開発公社事業貸付金、磯泙団地の何か調査とかって聞こえたわけですけど、何を調査されるのか詳しい理由なりを教えてください。以上です。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 普通交付税につきましては、当初予算を組みますときになるべくかたく、歳入が入らで穴をあけるようなことがあってはいけんということでかたく見ておりましたことが大きな要因であると思っております。


 まだ頑張る地方応援プログラムは交付税の中には反映されていない……。それも反映されておるということですので、そのあたりはまた担当課長の方から説明させます。


 磯泙の調査というのも、せんだっての議会で今後の処理方針どうするか、どう組み立てていくかということを一般質問に絡んでお答えして、その際に一つは土地に対する不安があるんじゃないかということ、住民の方のですね。そのことと、それから単価の問題あるいは販売方法で宅建業協会と連携してみるのも手かなと。その3点から検討していきたいというお約束をしておりまして、その中の一つとしてちょっと土地についてボーリング調査する必要がありますので、そのことを今回計上したというものでございます。これも担当課長から説明させます。


○議長(松本 繁君) 総務課長。


○総務課長(松本 徹君) 頑張る地方応援プログラムに関する交付税の関係でございますが、途中から出てきたもんでして、当初は予測はしておりません。


 主なものでございますが、行革実績に対する、指標に対するものが主なものでございまして、全体は1億3,838万8,000円でございます。行革実績を示すもの、出生率、ごみ処理、農業産出額、製造品出荷事業所数、若年就業率、転入者人口というやつでまとめまして、係数を掛けて出てきたものが1億3,838万8,000円でございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 仙賀課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 磯泙団地のボーリング調査の関係ですけれども、平成7年に盛り土が終了した後に2カ所ボーリング調査が行われております。そのときの数値がN値が3という数値で、そのままの状態で以後調査が行われておりません。


 今回販売するに当たり、そのN値がどのくらいになっているかということを再調査したいということで、ほぼ同じ箇所について2カ所、前回が12メーターでN値が30以上出ております。それが大体の地盤でないかということを考慮しまして、ボーリング調査約12メーター2カ所を今回計上いたしております。


○議長(松本 繁君) 浜中さん。


○議員(8番 浜中 武仁君) 今、行革やらいろいろ言われとったですけど、ホームページに出しておられますよね、頑張る地方応援プログラム分で。いろいろ出とって、子育て支援事業だとかいろいろ出とるわけですけど、これらを選定された理由ってあるですか。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 頑張る地方応援プログラムは、要するに総務省に届け出をしてホームページ上で公開して、それをやっていった見合いについて交付税措置するというものでございまして、もちろん町の重点施策に係るものはなるべく入れ込もうという気持ちは持っておりましたけれども、やっぱり一定の切り口あたりの延長線上で考えていかないけんということもありまして、その辺をよく庁内で協議して決定したということでございます。


 また、大もとのこととかなんとかは担当課長の方からお答えさせていただきます。


○議長(松本 繁君) 仙賀課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 今回の頑張る地方応援プログラム、メニューは国の方からは何種類かは示されておりました。そこの中から、湯梨浜町としてはその他ということで東郷湖を中心とした地域活性化を今回は出しました。中身としては、当然若者定住に係る例えば子育て支援の関係、あるいはそれ周辺における地域活動、これらをすべて単独費も含めて地域の活性化のために資する事業について、今回応援プログラムの中にメニューとして上げたものでございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 浜中さん。


○議員(8番 浜中 武仁君) ありがとうございました。


 そのプロジェクトの詳細というのがホームページに出とるわけですけど、ここにちょっと印刷して持ってきたですけどね、子育て支援事業なんかでいくと詳しくばあっと出とるですけどね、夏祭り、ドラゴンカヌーは別にして、再生資源の活用推進事業だとか観光ビジョンの施策推進だとかって、これ見たって何をしなるかわからんし、健康推進事業も詳しく書けばたくさんあると思うですけど、もうちょっとここら辺をわかりやすくホームページでも出してもらったらよくわかると思うですけど。


 それともう1点、さっき聞くの忘れたですけど、さっきの磯泙団地の分ですけどね、N値が3と言われても当然何の意味かわからんですけど、それがええのか悪いのかちゅうのもわからんですけど、それらをやって仮にさっき言われた宅建業界ですか、との関係とかでやったら売れるですか。最後ですので、これで終わりますんで。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) ホームページ上で公開しとるちゅうことは、その経過、例えば年ごとの経過ですとかそういったものも当然またお示ししていかないけんと思っておりますので、そのような形でお知らせしていきたいと思っております。


 磯泙の件につきましては、売れるかどうかはわかりませんけども、整備して相当年数たっておりますし、不安のない安心して買っていただける土地ですよということをしっかりとPRして、もう一度ねじを巻いて販売したいというふうに考えております。


○議長(松本 繁君) 仙賀課長。


○企画課長(仙賀 芳友君) 最初の応援プログラムの分の例えば資源ごみの関係ですけれども、昨年の末までやっておりましたが、例えば食糧資源ごみですね、食糧関係のいわゆる生ごみですね、これらを飼料にするとかそういうものがこれから地域の中でもっと広がっていけばいいのになと。また、それなりの努力をしていく必要があるということで入れたものでございます。


 それと、先ほどのN値の関係ですけれども、N値が3といいますと、大体その田んぼの状態の土地の強度という形でとらえていただけばいいと思います。通常N値が5あれば、家は大丈夫でないかなという気はいたしておりますので、その辺の目標値が出れば、例えば宅建業界なり、あるいは当然町としての売り出しになりますので、相手に対してもきちんと説明ができるというふうに思っております。


○議長(松本 繁君) ええですか。


 それでは、竹中さん。


○議員(13番 竹中 壽健君) 3点4点ほど伺いたいと思います。


 一つは18ページの農地費の土地改良事業について、これちょっと伺ってみたいと思いますが、これは多分変更なんですけども、当初からの計画はなかったのかどうか。


 それから、工事の内容が私はよく存じてませんから、それについてもちょっと説明をお願いしたいと思いますけども、変更は予期せぬことだったんかどうかということも含めて、ちょっと御説明願いたい。


 それから、もう一つ、19ページのこれもよくわからんのですけども、どういう内容なのか。森林のめぐみ感謝祭負担金というのがありますが、これについての説明をお願いしたい。


 それから、もう一つ、次の20ページの温泉ふれあい会館費、それからもう一つ、グラウンドゴルフのふるさと公園費、この内容なんですけども、一つは温泉ふれあい会館の件なんですけども、指定管理費等の経費、委託料ということで110万ほど計上されてるんですけども、これは一応説明では燃料費の値上げという話ですけども、これは契約はどういうぐあいになってるのか。じゃ燃料が下がったらどうなるだろうかという疑問があります。協定の内容は私はよくわかりませんけども、よく見てませんからわかりませんですけども、どういうことになっているのかいうことをお尋ねしたい。


 それから、もう一つ、7番のグラウンドゴルフの件なんですけども、これはこの前の説明では200名ぐらいのクラブハウスの拡大したんだということなんですけども、管理協定のその協議の中に入っているのかどうか。そこら辺の工事やられたその経過とかそういうのの説明をお願いしたいということです。


○議長(松本 繁君) 米村課長。


○産業振興課長(米村 繁治君) お答えします。


 最初に18ページ、土地改良事業の補正計上ですが、6月以降に要望があったものを新規で2地区追加する内容で計上しております。当初予算とは全く関連のない箇所でございます。具体的には別所地区とそれから原地区、ここから要望を受けまして、2地区を今回お願いするものでございます。


 それから、次が19ページの林業総務費です。議員、「しんりん」と読むのが普通ですけど、これは県の方があえてこだわって森林(もり)のめぐみ感謝祭というふうに表現しておりますが、これが10月28日に琴浦町の船上山で開催されます。中部地区の会場地でございまして、実はこういう県の事業につきましてそれぞれ開催の地域に負担を求められるという仕組みになっておりまして、今回琴浦でありますので、湯梨浜も相当の5万円を負担させていただくという内容でございます。


 それから、続きまして20ページをお願いします。5目の温泉ふれあい会館費、具体的にはゆーたうんのことでございますが、指定管理上では協定で赤字あるいは黒字、そういうことは当然うたっております。ただ、18年度におきまして、先ほど議員おっしゃいましたように重油代の高騰、あるいは18年度当初に実は法人登記事務の手数料等、それらがもともとふだんの経費的には計上してないものがかなり超過しておりました。それで19年3月の時点で18年度の決算を締める前に本来ならきちっと精算しておかないけんわけですが、そこらあたりが公社の決算理事会で明らかになったということで、今回そのものを補てんさせていただく意味で110万8,000円をお願いするものでございます。


 それから、協定の内容につきましては、1件50万円を限度とする修繕工事等を金額の上限として設けておりまして、指定管理者、受けた方が50万円未満なら実施される。それ以上については当然、経営内容、運営内容について町の方に協議が持ち上がってくるという仕組みになっております。


 それから、下段の方の7目グラウンドゴルフのふるさと公園で工事請負費を追加しておりますが、提案日に総務課長の説明でもありましたようにクラブハウスの既存施設にさらに屋根を延伸して、一定規模の大会で200名程度は収容できるようにしたいということで、これは工事はかかっておりません。予算の議決を受けてからこれから工事を段取りするということで、年度下半期に向かって工事をお願いするものです。


 それで、これも同じく指定管理者との協定で1件50万円を上限に修繕あるいは備品購入等を決めておりますので、やはり事前に指定管理者の方から協議が上がってきまして、これこれ運営内容で町民還元あるいは観光目的の施設、そこらあたりの提案がありますので、それを受けて町の方が、50万円を超えるものですから一般会計の中で予算計上お願いするものであります。


○議長(松本 繁君) 竹中さん。


○議員(13番 竹中 壽健君) もう一つ理解できないんですけども、土地改良のその工事請負が6月以降に地元から要望があったと。それでやったんだという話なんです。何をやったんですか。よくわかりません。


 それから、もう一つは今のゆーたうんの件なんですけども、今の説明では施設等のこともあるし、燃料の値上げなんかも含めてというような話聞きましたんですけども、やはり何となく管理指定の方々の思いどおりちゅうか、もう言われたとおりに何か計上してるような感じを受けるんです。


 それから、もう一つ、グラウンドゴルフにつきましても、いろいろと協定の内容でこういうやに計画したいとかこういう今後の将来の経営するためにはどうしてもこの200名のクラブハウスの拡大が必要なんだというようなことで、いろいろと協議されてるのかどうかいうことなんかも僕なんかわからんのですよね。何で200名必要なのか。確かに広くするのはええことだかと思うんですけど、そこら辺の経過とかそれの協議経過というのはわかりますでしょうか。


○議長(松本 繁君) 米村課長。


○産業振興課長(米村 繁治君) 最初に、18ページの方の土地改良事業にかかわります追加のものでございますが、19年度におきましては当初8件見込んでおります。それから、先ほど説明で申し上げましたように6月以降において別所地区ではため池の堤の堰堤が農道機能になっておりますが、そこの用水ばけの管が故障しまして、それで地元の方大変困っておられるということで、それにかかわります費用を計上させていただきました。


 それから、原の関係の土地改良につきましては、この地区の水田は実は池といいますか、河川の方から用水をポンプでくみ上げていらっしゃいます。そこの給水管の口がごみが詰まりやすいということで、この防じん網の設備を整備したいということでありましたので、年度途中ではありますが、急ぐんじゃないかということで補正計上させていただきました。


 それから、グラウンドゴルフ公園のクラブハウスの関係は、協議書の内容はここにちょっと手元には持っておりませんが、一々文書協議が当然上がってきますので、そこらで本来ですと当初予算のタイミング、あるいはこういう補正の機会、いろいろ判断するわけですけど、いわゆるこれからがどちらかというとオフシーズンに入ってまいりますので、できましたら春までに完成して、陽気のよくなる春から本格的ないろんな大会がふえますので、次年度対策と言ったら大変失礼ですけど、いわゆる3月ごろからの春の陽気がよくなるころまでに完成させたいという思いがありますので、そこらあたりで今回追加補正をお願いしたものでございます。


○議長(松本 繁君) いいですか。


○議員(13番 竹中 壽健君) 結構です。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第102号は、原案のとおり可決されました。


 日程第21、議案第103号、平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第103号は、原案のとおり可決されました。


 日程第22、議案第104号、平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第104号は、原案のとおり可決されました。


 日程第23、議案第105号、平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第105号は、原案のとおり可決されました。


 日程第24、議案第106号、平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第106号は、原案のとおり可決されました。


 日程第25、議案第107号、平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第107号は、原案のとおり可決されました。


 日程第26、議案第108号、平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第108号は、原案のとおり可決されました。


 日程第27、議案第109号、湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第109号は、原案のとおり可決されました。


 日程第28、議案第110号、湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第110号は、原案のとおり可決されました。


 日程第29、議案第111号、町営土地改良事業計画の変更についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第111号は、原案のとおり可決されました。


 日程第30、議案第112号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


 竹中さん。


○議員(13番 竹中 壽健君) 後期高齢者医療制度につきまして、規約の変更についての協議があるんですけども、その前に今現在各地区で後期高齢者の医療制度の説明会をずっとやっておられると思うんですけども、そこら辺の内容とか町民の意見とかいうのを聞かせてもらえたらなと思っていますけど。


○議長(松本 繁君) 浜崎課長。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) お答えをいたします。


 後期高齢者医療制度が来年の4月からスタートするということで、本課としては6月の10日でしたか、赤池地区を皮切りに、今地区の説明会を区長さん方にお世話を願って開催しております。ちょうどきのうが宇野地区で15地区、合計で378名の方々に今ずっと回らせていただいて説明を聞いていただいたということでございます。


 説明会の開催の当時はやはり制度を御存じない方々がたくさんでしたので、制度の本当に基本的なお話をするだけにとどまっておりましたけれども、だんだんと新聞報道なりテレビなりで後期高齢者のこの制度の内容が細かな部分が住民の方々に周知されてき始めますと、御質問いただく御質問の内容が非常に具体的に細かな厳しい内容になっているんじゃないかなというふうに思っています。


 今、私たちの方で取りまとめている大きな問題点というのは、やはり年金から天引きされる負担感の増大、これはどの地区においても一様に出てまいります。その声については非常に大きいものがあるということと、それからやはり今まで被扶養者であった方々は今度4月からは激変緩和ということで2年間の半額の猶予というのがあるんだけれども、国民健康保険被保険者についてはそれがない。そういったことに対するバランスはどうだとかいうようなこと。やはり一つ一つ大きな課題が出ているように受けとめております。


 これから新聞報道なんかでも、けさもかなり書かれておりましたけれども、私たちとしましては早くこの制度を細かなところまで皆さん方に十分に知っていただくというスタンスで、これから先もずっと回らせていただきたいというふうに思っています。


 また、ちょっと余談になりますけれども、この説明会は制度の説明に当初は終わっておりましたけれども、中盤に入りましてからは医療費の動向、医療費がなぜこんなに高くなっているのか、それからなぜ後期高齢者医療制度が始まってくるようなことになってしまったのかといったことも含めて情報提供しながらお話を進めておりますし、今は保健師の健康指導、健康教室もセットにして今、回らせていただいております。


 後期高齢者の医療制度というのが始まったのは、やはり老人医療の高騰というのが大きな原因ですけれども、老人医療がなぜ高くなってきたのかといいますと、やはりこれは生活習慣病の予防対策が非常に大きなポイントだということで、来年度からは健診のあり方が根本的に変わってまいります。特定健診、特定保健指導ということで、非常に各自治体、保険者にも5年後には何千万というペナルティーがかかったりかからなかったりというような宿題が課せられてまいりますので、今、私たちとしては健康づくり教室も含めて皆さん方に周知をしていきたいということと、もう一つは先般にもお話がございましたけども、各地区の保健推進員さん方が地域の中でどんどんとリーダーとなっていただけるようにお願いをしていきたい。それから食生活改善推進員さん方、こういった方々が、いわゆる生活習慣は日常的な生活習慣を見直そうということから始まりますので、私たち行政にはなかなか手が入り込めない地域の中での食生活のリーダーさん、そういった方々にも頑張っていただきたい。もちろん今随分頑張っていただいておりますけども、これからもますます頑張っていただきたいなというふうに支援をしていきたいというふうに考えています。


○議長(松本 繁君) 竹中さん。


○議員(13番 竹中 壽健君) 実は、さっき言われましたけど、きのう宇野地区で説明会をしていただきました。非常に職員の方々懇切丁寧に説明されて本当に頭が下がる思いですけども、やはり制度そのものの内容だけで、本当に私がこの前も一般質問しましたけども、この制度そのものを知れば知るほどもうひどい制度ということで、わかるんですけども、きのうもだから宇野地区ではこの制度が始まれば医療制度がかなり後退するよというような話もしましたです。これは大変だという話もされましたですけども、そういう内容がまだまだ町民の皆さんのところに広がってないということを私はきのう感じました。


 今、盛んに首班指名じゃなくて総理大臣の選挙の話なんだけども、今の佐藤さんなんかが後期高齢者医療制度を見直すんだなんていう話もしておられるんですよね。それだけ自民党の中でももうひどいもんだということの認識が広がってるというようなこういう制度ですので、もっともっと内容をやっぱり町民に知らせるということでは、これからまだまだ残ってると思うんですけども……。


○議長(松本 繁君) 竹中さん、ちょっと言っとることを的を絞ってほしいだ。これは規約の変更についてに対してだから。


○議員(13番 竹中 壽健君) だからそれ、今その状況を説明会……。


○議長(松本 繁君) わかるだけど、余り間口を広げちゃうと……。


○議員(13番 竹中 壽健君) わかったわかった。


○議長(松本 繁君) 規約の変更について、済みませんけど。


○議員(13番 竹中 壽健君) はい。だから今後の説明会においては、通り一遍だけじゃなくてこういう大変なんだということも含めて説明をお願いしたいなということです。以上です。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決します。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第112号は、原案のとおり可決されました。


 ここで暫時休憩します。再開を10時20分。


             午前10時09分休憩


    ───────────────────────────────


             午前10時22分再開


○議長(松本 繁君) 再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第31 陳情第7号 から 日程第36 陳情第12号





○議長(松本 繁君) それでは、続きまして日程第31、陳情第7号から日程第36、陳情第12号までを一括議題といたします。


 総務常任委員長に陳情の審査報告を求めます。


 竹中壽健さん。


○総務常任委員会委員長(竹中 壽健君) 陳情審査報告をいたします。


    ───────────────────────────────


                             平成19年9月21日


 湯梨浜町議会議長 松 本   繁 様


                           総務常任委員会


                            委員長 竹 中 壽 健


                陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第95条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 受理番号第11号、件名、悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出することを求める陳情。審査結果、趣旨採択。


 受理番号第12号、横断歩道設置に関する陳情書。審査結果、採択。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 続いて、教育産業常任委員長に陳情審査報告を求めます。


 福本幸弘さん。


○教育産業常任委員会委員長(福本 幸弘君) おはようございます。陳情審査報告をいたします。


    ───────────────────────────────


                             平成19年9月21日


 湯梨浜町議会議長 松 本   繁 様


                         教育産業常任委員会


                            委員長 福 本 幸 弘


                陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第95条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 受理番号第7号、件名、2008年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情書。審査の結果、趣旨採択といたしました。これはきめ細かい教育の実現のために教育予算を拡充するものでございまして、委員会で協議した結果、趣旨採択とします。


 受理番号第8号、日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳情書。趣旨採択といたしました。これは、実は平成19年第4回、3月でございますが、定例会に陳情を採択し、意見書を提出しており、内容も同様でありましたので、趣旨採択といたしました。


 第9号、羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書。審査の結果、採択といたしました。18日午前、現場を視察し、委員会も十分に時間をかけて執行部、教育委員会からも説明を受け、1,309名という反対署名と、またPTAからの要望書を検討した結果、町側の説明不足等もあり要望書は採択としましたが、今後とも住民と徹底的に話し合って結論を出していただくようお願いいたしたいと思います。


 第10号、「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされることを求める陳情書。趣旨採択でございます。これもいろいろと検討いたしましたが、湯梨浜町でも実は2007年4月24日、全国学力・学習状況調査を実施されております。詰め込み型学力は形成できますが、豊かな学力を育てることには不安があり、趣旨採択といたしました。終わります。


○議長(松本 繁君) これをもって常任委員長の審査報告を終わります。


 日程第31、陳情第7号、2008年度国家予算編成において教育予算拡充を求める陳情書についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、趣旨採択であります。


 委員長の報告のとおり趣旨採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第7号は、委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに決定をいたしました。


 日程第32、陳情第8号、日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳情書についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、趣旨採択であります。


 委員長の報告のとおり趣旨採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第8号は、委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに決定をいたしました。


 日程第33、陳情第9号、羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、採択であります。


 委員長の報告のとおり採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第9号は、委員長の報告のとおり採択することに決定をいたしました。


 日程第34、陳情第10号、「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされることを求める陳情書についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、趣旨採択であります。


 委員長の報告のとおり趣旨採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第10号は、委員長の報告のとおり趣旨採択することに決定をいたしました。


 日程第35、陳情第11号、悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦販売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出することを求める陳情についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、趣旨採択であります。


 委員長の報告のとおり趣旨採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第11号は、委員長の報告のとおり趣旨採択することに決定をいたしました。


 日程第36、陳情第12号、横断歩道設置に関する陳情書についてを議題といたします。


 質疑に入ります。質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 この陳情に対する委員長の審査報告は、採択であります。


 委員長の報告のとおり採択することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、陳情第12号は、委員長の報告のとおり採択とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第37 議員派遣について





○議長(松本 繁君) 日程第37、議員派遣についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。議員の派遣については、会議規則第119条の規定により、別紙のとおり研修会に議員派遣したいと思います。これに御異議ありませんか。(「議長」と呼ぶ者あり)


 浦木さん。


○議員(17番 浦木 靖君) 2番目の県の町村議会議員の研修会、これ11月の1日に行われるようになっておりますけども、ここの派遣議員の中において今病気療養中の村中議員の名前もあってしかるべきだと私は思いますけども、いかがでしょうか。


○議長(松本 繁君) ちょっと休憩します。


             午前10時34分休憩


    ───────────────────────────────


             午前10時38分再開


○議長(松本 繁君) 再開します。


 よって、議員派遣については、原案のとおり決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第38 委員会の閉会中の継続審査について





○議長(松本 繁君) 日程第38、委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 総務常任委員長及び民生常任委員長並びに教育産業常任委員長から、委員会において審査中の事件については、会議規則第75条の規定によってお手元に配付のとおりであります。


 閉会中の継続審査の申し出があります。


 お諮りをいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第39 議会広報調査特別委員会の閉会中の継続審査について





○議長(松本 繁君) 日程第39、議会広報調査特別委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 議会広報調査特別委員会委員長から、委員会において審査中の事件について会議規則第75条の規定によってお手元に配付のとおり閉会中の継続審査をしたいという申し出があります。


 お諮りをいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第40 議会運営委員会の閉会中の継続審査について





○議長(松本 繁君) 日程第40、議会運営委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 議会運営委員長から、所掌の事務について、会議規則第75条の規定によって議長の諮問に係る次の議会(臨時会を含む)の会期日程等議会運営に関する事項についてを閉会中に継続審査の申し出があります。


 お諮りをいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。以上で本定例会に付議された事件はすべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条により閉会したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、平成19年第7回湯梨浜町議会定例会を閉会いたします。御苦労さまでございました。


             午前10時40分閉会


    ───────────────────────────────