議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成19年第 7回定例会(第 1日 9月13日)




平成19年第 7回定例会(第 1日 9月13日)





 
────────────────────────────────────────


    第7回 湯 梨 浜 町 議 会 定 例 会 会 議 録 (第1日)


                           平成19年9月13日(木曜日)


────────────────────────────────────────


               議事日程(第1号)


                         平成19年9月13日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 陳情の付託


       陳情第7号 2008年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


       陳情第8号 日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳


             情書


       陳情第9号 羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書


       陳情第10号 「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされ


             ることを求める陳情書


       陳情第11号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦


             販売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出すること


             を求める陳情


       陳情第12号 横断歩道設置に関する陳情書


 日程第5 議案第83号 平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第6 議案第84号 平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認


            定について


 日程第7 議案第85号 平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定について


 日程第8 議案第86号 平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


            決算認定について


 日程第9 議案第87号 平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特


            別会計歳入歳出決算認定について


 日程第10 議案第88号 平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第11 議案第89号 平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第12 議案第90号 平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第13 議案第91号 平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第14 議案第92号 平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第15 議案第93号 平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第16 議案第94号 平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第17 議案第95号 平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第18 議案第96号 平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第19 議案第97号 平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


 日程第20 議案第98号 平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第21 議案第99号 平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


 日程第22 議案第 100号 平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


 日程第23 議案第 101号 平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定について


 日程第24 議案第 102号 平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第25 議案第 103号 平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予


             算(第1号)


 日程第26 議案第 104号 平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業


             特別会計補正予算(第1号)


 日程第27 議案第 105号 平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


 日程第28 議案第 106号 平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第29 議案第 107号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第30 議案第 108号 平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)


 日程第31 議案第 109号 湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


 日程第32 議案第 110号 湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例


 日程第33 議案第 111号 町営土地改良事業計画の変更について


 日程第34 議案第 112号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につ


             いて


 日程第35 議案第 113号 物品売買契約の締結について


    ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 陳情の付託


       陳情第7号 2008年度国家予算編成において、教育予算拡充を求める陳情


             書


       陳情第8号 日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳


             情書


       陳情第9号 羽合幼稚園バス廃止決定の凍結についての要望書


       陳情第10号 「全国学力・学習状況調査」の調査結果を不開示情報とされ


             ることを求める陳情書


       陳情第11号 悪質商法を助長するクレジットの被害を防止するため、割賦


             販売法の抜本的改正を求める意見書を政府等に提出すること


             を求める陳情


       陳情第12号 横断歩道設置に関する陳情書


 日程第5 議案第83号 平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定について


 日程第6 議案第84号 平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認


            定について


 日程第7 議案第85号 平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定について


 日程第8 議案第86号 平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


            決算認定について


 日程第9 議案第87号 平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特


            別会計歳入歳出決算認定について


 日程第10 議案第88号 平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第11 議案第89号 平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第12 議案第90号 平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第13 議案第91号 平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第14 議案第92号 平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第15 議案第93号 平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第16 議案第94号 平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


 日程第17 議案第95号 平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第18 議案第96号 平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第19 議案第97号 平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


 日程第20 議案第98号 平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定につい


            て


 日程第21 議案第99号 平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


 日程第22 議案第 100号 平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


             認定について


 日程第23 議案第 101号 平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定について


 日程第24 議案第 102号 平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第25 議案第 103号 平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予


             算(第1号)


 日程第26 議案第 104号 平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業


             特別会計補正予算(第1号)


 日程第27 議案第 105号 平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             1号)


 日程第28 議案第 106号 平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)


 日程第29 議案第 107号 平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第30 議案第 108号 平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)


 日程第31 議案第 109号 湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例


 日程第32 議案第 110号 湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例


 日程第33 議案第 111号 町営土地改良事業計画の変更について


 日程第34 議案第 112号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議につ


             いて


 日程第35 議案第 113号 物品売買契約の締結について


    ───────────────────────────────


               出席議員(17名)


      1番 福 本 幸 弘       2番 酒 井 幸 雄


      3番 平 岡 将 光       4番 光 井 哲 治


      5番 吉 村 敏 彦       6番 前 田 勝 美


      8番 浜 中 武 仁       9番 吉 田 礼 治


      10番 入 江   誠       11番 寺 地 章 行


      12番 徳 田 幸 宣       13番 竹 中 壽 健


      14番 河 田 洋 一       15番 増 井 久 美


      16番 會 見 祐 子       17番 浦 木   靖


      18番 松 本   繁


    ───────────────────────────────


               欠席議員(1名)


     7番 村 中 隆 芳


    ───────────────────────────────


               欠  員(なし)


    ───────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 秋 草 一 洋   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


    ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 宮 脇 正 道   副町長 ────── 西 尾 浩 一


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   教育長 ────── 西 山   登


 総務課長 ───── 松 本   徹   企画課長 ───── 仙 賀 芳 友


 町民課長 ───── 山 田 正 明   子育て支援課長 ── 前 田 啓 嗣


 産業振興課長 ─── 米 村 繁 治   建設水道課長 ─── 中 本 賢 二


                      地域包括支援センター所長


 健康福祉課長 ─── 浜 崎 厚 子          ─── 山 下   章


                      生涯学習・人権推進課長


 教育総務課長 ─── 西 田 光 行          ─── 戸 羽 君 男


 会計管理者兼出納室長 岩 本 和 雄   水明荘支配人 ─── 石 田 秋 雄


 代表監査委員 ─── 山 名 哲 彌   総務課参事 ──── 岸 田   智


    ───────────────────────────────


              午前9時10分開会


○議長(松本 繁君) おはようございます。


 ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成19年第7回湯梨浜町議会定例会を開会をいたします。


 日程に先立ちまして報告をいたします。


 本日の届け出のありました欠席議員は、7番、村中隆芳さんであります。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松本 繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、3番、平岡将光さん、4番、光井哲治さんを指名をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 会期の決定





○議長(松本 繁君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 本定例会の会期については、去る9月5日、議会運営委員会を開催し協議しましたので、議会運営委員長から報告を求めます。


 光井委員長。


○議会運営委員会委員長(光井 哲治君) ただいま議長の報告のとおり、9月5日、議会運営委員会を開催いたしました。協議した結果を報告いたします。


 本定例会の町長提出議案は、決算認定が19件、補正予算7件、条例改正が2件、物品売買契約のほか3件の合計31件です。一般質問は10人です。陳情は新たなもの6件です。


 会期は、本日13日から26日までの14日間といたしたいと思います。


 会期日程はお手元に配付しておりますが、この後、陳情の委員会付託をして決算認定、補正予算、条例改正及び物品売買契約等の町長提出議案説明と一部審議、採決をし、本日は散会といたします。


 14日は休会とし、会議規則第10条1項の規定により15日、16日及び17日は休会でありますが、同条第3項の規定により15日に一般質問を行います。


 21日は提出議案及び陳情審査報告等の審議、採決を行い終わりたいと思いますので、御協力をくださいますようお願いを申し上げます。


 以上、報告といたします。


○議長(松本 繁君) お諮りいたします。ただいま光井委員長の報告のとおり、本定例会の会期は本日13日から26日までの14日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日13日から26日までの14日間と決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) ここで、9月定例会の開会に当たり、宮脇町長よりあいさつをお願いをいたします。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 皆さん、おはようございます。


 9月定例会議会の開会に当たりまして、議員の皆様及び町民の皆様に一言ごあいさつを申し上げます。


 残暑厳しき折ながら、吹く風に秋の気配の感じられる昨今です。議員の皆様、本日は御多忙のところお集まりいただきありがとうございます。


 6月町議会以降は我が町のイベント等が集中する時期でございまして、ハワイアンフェスティバル、湯梨浜夏祭り、東郷湖ドラゴンカヌー大会、ベテラン卓球大会など湯梨浜町を代表するイベントや催し物がメジロ押しでございました。これらのことを多くの町民の皆さんの御協力を得て盛会裏に終えることができましたこと、この場をおかりしてお礼を申し上げたいと思います。


 また、最近うれしかったこと、あるいは喜ばしかったことと思っておりますのは、一つは町民ミュージカル「黄金の梨」の公演が大成功であったこと、それから県の消防大会でポンプ車の部で我が町の第13分団が久しぶりに準優勝といいますか、第2位になりましたこと、8カ月ぶりにシジミの漁が再開できましたこと、二十世紀梨がいい価格で取引されているようでございます。このようなことが6月後の喜ばしいことということで理解しております。この場をおかりしまして、関係者の皆さんの御尽力、御努力に心から敬意と感謝の気持ちをあらわしたいと思います。


 さて、今議会には平成18年度決算認定に係るもの19件、平成19年度補正予算7件、条例の一部改正2件、その他3件の合計31件の議案を提出いたしております。よろしく御審議を賜りますようお願いし、平成19年第7回定例議会に当たってのあいさつとさせていただきます。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 諸般の報告





○議長(松本 繁君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 議員派遣の報告については、お手元の議員派遣報告書のとおり報告をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 陳情の付託





○議長(松本 繁君) 続いて日程第4、陳情の付託を行います。


 今期定例会において受理した陳情は、お手元の陳情文書表のとおりそれぞれの常任委員会に付託をいたします。


 本日は、日程第5から日程第34までの30議案については提案理由の説明のみといたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 議案第83号 から 日程第23 議案第101号





○議長(松本 繁君) 日程第5、議案第83号、平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第23、議案第101号、平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定についてまでを一括議題とし、提案理由の説明を受け、引き続き監査委員の決算審査意見の報告を求めます。


 順次提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) ただいま一括上程をいただきました議案第83号から議案第101号まで、17の一般会計及び特別会計と2つの公営企業会計の決算認定につきまして提案理由を申し上げます。


 平成18年度会計の決算につきましては、既に監査委員会の審査をいただきましたので、地方自治法第233条第3項の規定により、監査委員の意見を付して本議会に決算の認定をお願いするものであります。


 監査におきまして御指摘いただきました事項や御意見につきましては、今後の町政の執行におきまして十分に配慮してまいる所存でございます。


 各会計の説明は、先に総括事項を申し上げ、各会計の概要につきましては出納室長と公営企業会計担当の支配人並びに担当課長それぞれに説明させますので、よろしくお願いを申し上げます。


 初めに、議案第83号から議案第101号までの19会計につきまして、各会計ごとに決算の総括的な事項について説明を申し上げます。


 まず議案第83号、平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定についてでございます。


 主な歳入といたしましては、町税13億1,683万6,000円、地方譲与税2億1,317万9,000円、地方交付税41億3,142万円、国庫支出金3億5,657万5,000円、県支出金4億2,329万5,000円、地方債6億7,020万円などどなっております。


 主な増減理由を申し上げますと、まず地方譲与税は国からの税源移譲による大幅な増額でございます。一方、地方交付税は国の歳出抑制の改革で大幅な減額がございました。国庫支出金、県支出金及び基金からの繰入金などは、羽合小学校建設事業、羽合漁港流域水産物供給施設整備事業など大型事業が平成17年度終了したことに伴いまして大幅な減額となっているものでございます。また、石脇圃場整備事業の概成による補助金の減もございます。地方債は、先ほど申し上げましたように羽合小学校建設に係る義務教育債の減額とふるさと振興まちづくり基金創設のための合併特例事業債が終了したことに伴います大幅な減額でございます。これにより、歳入合計は83億7,585万6,000円で、対前年64.6%となっております。


 次に歳出についてでございますが、経費の節減や合理化を徹底しますとともに、効率的な予算執行に努めてまいったところでございます。


 主な歳出といたしましては、議会費8,656万4,000円、総務費15億2,947万9,000円、民生費18億4,724万円、衛生費5億5,919万9,000円、農林水産業費5億83万4,000円、商工費1億3,788万3,000円、土木費9億8,296万7,000円、消防費2億7,965万1,000円、教育費7億9,505万9,000円、公債費15億1,501万3,000円となっております。


 これらの歳出の主な増減理由を申し上げますと、総務費は防災行政無線設備整備あるいはふるさと振興まちづくり基金造成、これらが終了しましたことによる減ですし、農林水産業費は先ほど申しました羽合漁港地域水産物供給基盤整備事業が平成17年度で終了したそのことによる減額、石脇圃場整備事業の事業費の減額によるものでございます。商工費は地域総合整備事業の貸し付け事業、これも平成17年度に終了いたしまして減額いたしております。それから土木費は道路新設改良事業費の減額、教育費は先ほど述べました羽合小学校建設事業が終了したことに伴います減額などが主な理由となっております。これにより、歳出合計は82億8,513万4,000円、対前年比65.4%でございます。


 以上の結果、歳入歳出差し引き額は9,072万2,000円で、このうち翌年度に繰り越すべき財源の繰越明許繰越額は1,007万6,000円でございましたので、実質収支額は8,064万6,000円の黒字決算でございました。このうち、地方自治法に基づく基金繰入金として4,100万円を繰り入れいたしたところでございます。


 次に、議案第84号、平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 歳入は、国民健康保険税5億210万9,000円、療養給付費負担金など国県支出金5億5,341万8,000円、療養給付費交付金4億6,103万7,000円、繰入金1億2,704万3,000円などで、歳入合計は17億7,622万9,000円でありました。


 歳出の大半を占めます保険給付費11億9,626万7,000円、老人保健拠出金2億9,570万1,000円、介護納付金9,743万3,000円、共同事業拠出金1億429万円などで、歳出合計は17億7,275万2,000円でございます。


 以上の結果、歳入歳出差し引き額は347万7,000円で、このうち翌年度に繰り越すべき財源の繰越明許繰越額は107万円でございましたので、実質収支額は240万7,000円の黒字決算でございました。


 次に、議案第85号、平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定について説明をいたします。


 収益的収支は、営業収支で2,614万2,000円の営業利益でございました。営業外の収支では、支払い利息等によりまして2,107万2,000円の赤字でありますが、損益勘定で当年度純利益は507万1,000円の黒字決算でございました。


 資本的収支では、収入はございませんが資本的支出においては企業債償還金が主なもので、8,169万6,000円の不足額がございますが、過年度及び当年度分の損益勘定留保資金で補てんをいたしたところでございます。


 次に、議案第86号、平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 住宅新築等の新たな貸し付けはなく、歳出の内容は既貸付金の償還に係る経費などでございます。実質収支額は、271万5,000円の黒字でございました。


 次に、議案第87号、平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 高齢者及び障害者住宅整備資金の新たな貸し付けはなく、歳出の内容は既貸付金の償還に係る経費などでございます。実質収支は、113万2,000円の黒字決算でございました。


 続きまして議案第88号、平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定について説明します。


 歳入は財産運用収入、財産売り払い収入及び基金繰入金などで、歳出の主なものは財産区の管理経費でございます。実質収支額は、6万7,000円の黒字決算でございました。


 続いて議案第89号、平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算について説明をいたします。


 歳入は財産運用収入、基金繰入金などで、歳出の主なものは財産区等の管理経費と財産管理費でございます。実質収支額はゼロ円でございます。


 次に、議案第90号、平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。


 歳入は財産運用収入、基金繰入金などで、歳出の主なものは財産区等の管理経費と財産管理費でございます。実質収支額は1,000円の黒字決算でございました。


 次に、議案第91号、平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。


 歳入は繰越金などで、歳出の主なものは財産区等の管理経費でございます。実質収支額は、16万9,000円の黒字決算でございました。


 次に、議案第92号、平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 歳入は財産運用収入、繰越金及び諸収入などで、歳出の主なものは財産区等の管理経費と財産管理費でございます。実質収支額は、38万6,000円の黒字決算でございました。


 続きまして議案第93号、平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 歳入は繰越金などで、歳出の主なものは財産区等の管理経費でございます。実質収支額は、27万4,000円の黒字決算となっております。


 続いて議案第94号、平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 歳入の主なものは、使用料及び手数料2億7,587万1,000円、一般会計からの繰入金5億6,311万1,000円、町債3億8,420万円で、歳入合計は12億3,705万8,000円でございます。


 歳出の主なものは、事業費の公共下水道整備事業費2億3,804万3,000円、公債費の元利償還金9億4,133万1,000円などで、歳出合計は12億3,233万7,000円でございます。


 以上の結果、歳入歳出差し引き額は472万1,000円ですが、これは翌年度に繰り越すべき財源の繰越明許費繰越額472万1,000円がございますので、実質収支額はゼロ円となっております。


 次に、議案第95号、平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


○議員(3番 平岡 将光君) ちょっと待って。町長、今説明されるこの説明資料について、順序不同というようなことはおかしいじゃないですか。ちゃんと読まれるのに従って書いてきてもらわんちゅうと、今どこ読んどってどがにんだかわからんでないですか。


○議長(松本 繁君) 副議長、発言をする前に私の方に手を挙げてお願いしてもらわんと、勝手にそれぞれがしゃべってもらっちゃ困るだ。


○町長(宮脇 正道君) 議案の順序を整理させていただくのが本来であったと思います。おわびいたします。


 多少ゆっくりめに読みますので、よろしくお願いいたします。


 次に、議案第95号、平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。


 歳入は、温泉使用料674万4,000円、温泉スタンド使用料400万8,000円、繰越金176万5,000円で、歳入合計は1,251万7,000円でございます。


 主な歳出は、温泉事業と温泉スタンドの管理経費393万5,000円、温泉事業推進基金積立金630万円と施設整備事業費99万4,000円で、歳出合計は1,123万円でございます。実質収支額は、128万7,000円の黒字決算でございました。


 続きまして議案第96号、平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 歳入は、負担割合が定められている支払い基金交付金11億8,570万7,000円、国県の支出金9億4,687万9,000円、一般会計繰入金1億7,044万6,000円などで、歳入合計は23億360万6,000円でございます。


 歳出は医療諸費が21億9,878万4,000円などで、歳出合計は23億594万5,000円となっております。


 これによりまして、実質収支額は233万9,000円の赤字決算でございましたので、地方自治法施行令第166条の2、翌年度歳入の繰り上げ充用の規定により、翌年度歳入繰り上げ充用金233万9,000円で歳入不足を補てんいたしました。


 次に、議案第97号、平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定について御説明をいたします。


 主な歳入は、使用料及び手数料3,058万3,000円、一般会計繰入金1億246万8,000円、町債2,530万円などで、歳入合計は1億5,925万3,000円でございます。


 主な歳出は、総務費834万2,000円、施設の維持管理費3,499万5,000円、公債費の元利償還金1億1,531万6,000円で、歳出合計は1億5,865万3,000円で、実質収支額は60万円の黒字決算でございました。


 続いて議案第98号、平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定について説明を申し上げます。


 歳入は、負担割合が定められている介護保険料2億225万3,000円、国県支出金4億8,165万7,000円、支払い基金交付金3億6,679万5,000円、一般会計繰入金2億7,032万8,000円、繰越金4,370万1,000円で、歳入合計は13億7,161万8,000円でございます。


 歳出の大半を占めます保険給付費は11億4,509万2,000円、地域支援事業費5,068万5,000円などで、歳出合計は13億1,109万2,000円でございます。


 これらの結果、歳入歳出差し引き額は6,052万6,000円で、このうち繰越明許費繰越額129万4,000円がございますので、実質収支額は5,923万2,000円の黒字決算でございました。


 続いて議案第99号、平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 主な歳入は、水道使用料など3,671万1,000円、合併市町村補助金の国庫補助金189万円、一般会計繰入金782万円、建設災害共済などの雑入186万7,000円などで、歳入合計は4,851万9,000円でございます。


 主な歳出は、維持管理費2,136万1,000円、公債費の元利償還金2,715万8,000円で、歳出合計は4,851万9,000円となっており、実質収支額はゼロ円でございました。


 次に、議案第100号、平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定について説明をいたします。


 主な歳入は浜山団地1区画の分譲宅地売り払い収入576万4,000円で、歳入合計は576万4,000円でございます。


 歳出は、一般会計への繰出金263万7,000円、公債費の元利償還金303万7,000円などで、歳出合計は571万5,000円で、実質収支額は4万9,000円の黒字決算でございました。


 次に、議案第101号、平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定について説明をいたします。


 水道事業の経営状況についてでありますが、収益的収支は給水収益などの営業収益と営業費用によります営業利益は8,626万6,000円で、営業外収益と営業外費用によります経常利益は6,730万9,000円などで、損益勘定における当年度純利益は6,730万9,000円の黒字決算でございました。


 資本勘定におきましては、資本的収入は合併支援交付金事業の水道ネットワーク事業に係る一般会計からの出資金1,820万円、資本剰余金203万6,000円の合計2,023万6,000円で、資本的支出は原水施設の工事等の建設改良費4,552万円、企業債償還金3,423万6,000円の合計7,975万6,000円で、5,952万円の不足額は当該年度消費税資本的収支調整額と過年度分及び当年度分損益留保資金で補てんいたしました。


 以上が湯梨浜町の一般会計及び特別会計並びに公営企業会計決算の総括的な事項でございます。


 各会計の概要につきましては担当課長が補足説明をいたしますので、よろしくお願いを申し上げます。


○議長(松本 繁君) 順次担当課長より補足説明を求めます。


 岩本出納室長、石田水明荘支配人、中本建設水道課長の順によって説明をいたします。


 まず最初に、岩本出納室長。どうぞ。


○会計管理者兼出納室長(岩本 和雄君) それでは、お手元の決算書の方で御説明をさせていただきますので、上から順につづってある順番が議案の順番になっていると思いますので、よろしくお願いを申し上げます。


 私の方からは一般会計と特別会計、これについて御説明をさせていただきます。


 今回、一般会計及び特別会計のそれぞれの決算書につきましては、次のように説明をさせていただきますので御了承いただきたいと存じます。


 まず、歳入につきましては、決算書1ページめくっていただきますと最初に款の名称、それから真ん中あたりに収入済み額、それから不納欠損額、収入未済額とございます。こういった順番で説明をさせていただきまして、それぞれの款におきまして例えば不納欠損額がゼロ円、こういうぐあいになっておるようなところにつきましては、歳入及び歳出についても説明を省略させていただきます。


 それから、歳出の方につきましても同様に、款の名称と支出済み額、翌年度繰越額、不用額、この順番で説明をさせていただきまして、あと実質収支に関する調書の説明を行います。途中にございます歳入歳出の決算事項別明細書、それから一番最後についております財産に関する調書、これについては説明を省略させていただきますので、御了承いただきたいと存じます。よろしくお願いします。


 それでは、初めに議案第83号、湯梨浜町一般会計歳入歳出決算書の方から御説明を申し上げます。


 一番下にページが書いてございますので、このページでお願いをいたします。


 1ページ、上の方、歳入でございます。1款町税、収入済み額は13億1,683万6,058円、不納欠損額は1,884万3,047円、収入未済額2億1,485万4,559円でございます。2款地方譲与税、収入済み額2億1,317万9,267円。3款利子割交付金、収入済み額588万2,000円。4款配当割交付金467万4,000円、収入済み額でございます。それから5款株式等譲渡所得割交付金、収入済み額432万4,000円でございます。それから6款地方消費税交付金、収入済み額1億4,300万4,000円。それから、7款自動車取得税交付金は3,580万9,000円。8款地方特例交付金3,035万2,000円の収入済み額でございます。それから9款の地方交付税は、収入済み額が41億3,142万円でございます。10款交通安全対策特別交付金は収入済み額が208万5,000円。11款分担金及び負担金は収入済み額が1億6,118万6円でございます。ここは収入未済額が357万8,760円ございます。それから12款の使用料及び手数料、収入済み額1億606万103円でございます。収入未済額は150万9,400円でございます。


 次、2ページをお願いします。13款の国庫支出金は収入済み額3億5,657万4,872円。14款県支出金は、収入済み額が4億2,329万4,512円でございます。それから15款財産収入は、収入済み額が1,215万877円。16款寄附金、収入済み額355万6,487円。17款繰入金、収入済み額1億1,254万1,300円。18款繰越金は収入済み額が2億2,362万7,853円。19款諸収入、収入済み額4億1,910万4,359円、収入未済額が773万4,303円でございます。それから一番下、20款の町債、収入済み額は6億7,020万円ちょうどでございます。


 これによりまして、歳入合計は一番下、収入済み額が83億7,585万5,694円、不納欠損額は1,884万3,047円、収入未済額は2億2,767万7,022円でございます。


 次、3ページをお願いいたします。3ページは歳出でございます。


 1款の議会費、支出済み額は8,656万4,081円で不用額は42万919円でございます。2款総務費、支出済み額は15億2,947万8,544円、翌年度繰越額は1,630万円でございます。不用額は1,665万456円。3款の民生費は支出済み額が18億4,724万110円、不用額は2,870万2,890円でございます。4款衛生費、支出済み額は5億5,919万8,788円、翌年度繰越額1,092万円、不用額は2,979万1,212円でございます。5款農林水産業費、支出済み額は5億83万3,531円、不用額は1,540万1,469円。6款の商工費、支出済み額1億3,788万3,032円、不用額は112万6,968円。7款土木費、支出済み額は9億8,296万7,438円、翌年度繰越額682万円、不用額は1,739万5,562円。一番下、8款の消防費、支出済み額は2億7,965万479円、翌年度繰越額は9,850万円、不用額は68万6,521円でございます。


 次、4ページお願いします。9款の教育費でございます。支出済み額は7億9,505万8,827円、不用額は1,182万2,173円でございます。それから10款の災害復旧費は、支出済み額5,124万5,298円、不用額は2万3,702円でございます。11款の公債費、支出済み額は15億1,501万3,442円、不用額は108万8,558円。12款の予備費は支出済み額、翌年度繰越額はございませんで、不用額2,602万8,000円でございます。


 これによりまして、歳出合計は支出済み額合計で82億8,513万3,570円、翌年度繰越額は1億3,254万円、不用額が1億4,913万8,430円でございます。


 歳入歳出差し引き残額は9,072万2,124円でございます。うち、基金の繰入額4,100万円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は決算事項別明細につきましては説明を省略させていただきますので、実質収支に関する調書、58ページをお願いいたします。


 実質収支に関する調書。一般会計でございますが、1、歳入総額は83億7,585万6,000円。2、歳出総額82億8,513万4,000円。3、歳入歳出差し引き額9,072万2,000円でございます。4の翌年度へ繰り越すべき財源といたしまして、(2)繰越明許費繰越額1,007万6,000円でございます。5の実質収支額は8,064万6,000円でございます。6、実質収支額のうち地方自治法第233条の2の規定によります基金繰入額、これにつきましては湯梨浜町の財政調整基金条例によりまして決算剰余金の2分の1を下らない額を積み立てるということでございますので、4,100万円を既に定期預金として積み立ててございます。


 以下、次ページ以降の財産に関する調書につきましては省略をさせていただきます。


 続きまして、議案第84号、湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算書の説明でございます。


 1ページ目をお開きください。歳入でございます。1款国民健康保険税、収入済み額は5億210万8,801円、不納欠損額は86万500円、収入未済額は5,808万3,917円でございます。2款国庫支出金は、収入済み額が4億8,134万2,871円。3款の療養給付費交付金、収入済み額は4億6,103万6,780円。4款県支出金は7,207万4,812円でございます。5款共同事業の交付金でございますが、収入済み額は1億2,201万6,438円。6款の財産収入8万6,612円。7款繰入金1億2,704万3,505円。8款繰越金422万8,159円。9款諸収入、収入済み額629万1,480円。収入未済額は8,000円ございます。


 歳入合計でございますが、一番下、収入済み額は17億7,622万9,458円、不納欠損額は86万500円でございます。収入未済額は5,809万1,917円でございます。


 次、2ページの歳出をお願いいたします。1款総務費でございます。支出済み額3,207万2,325円、翌年度繰越額は357万円ちょうど、不用額は66万3,675円。それから2款の保険給付費は、支出済み額11億9,626万7,470円、不用額は2,073万8,530円でございます。3款の老人保健拠出金は、支出済み額2億9,570万1,408円、不用額は3,592円でございます。4款介護納付金、支出済み額は9,743万2,642円、不用額は358円。5款の共同事業拠出金は、支出済み額1億428万9,714円、不用額は5,286円でございます。6款保健事業費、支出済み額1,575万4,783円、不用額は25万4,217円でございます。7款積立金、支出済み額は8万6,612円、不用額は388円。8款の諸支出金、支出済み額は3,114万7,427円、不用額は71万3,573円。9款公債費、これは不用額でございまして、30万円でございます。それから10款の予備費、これも不用額で471万円でございます。


 一番下、歳出合計は支出済み額が17億7,275万2,381円、翌年度繰越額は357万円ちょうど、不用額は2,738万9,619円でございます。


 次、3ページをお願いします。これによりまして、歳入歳出差し引き残額は347万7,077円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は12ページお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は17億7,622万9,000円。歳出総額17億7,275万2,000円。3の歳入歳出差し引き額347万7,000円でございます。4の翌年度へ繰り越すべき財源といたしまして、(2)繰越明許費繰越額は107万円ちょうどでございます。5の実質収支額240万7,000円でございました。以下、説明を省略させていただきます。


 続きまして、決算書の方は国民宿舎の決算報告が載っているかと思いますが、これにつきましては後ほど支配人の方から説明をさせていただきますので、次の議案第86号、湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算書の方をお願いをいたします。


 1ページでございます。歳入。1款県支出金、収入済み額は71万7,000円でございます。2款財産収入3,772円。3款繰入金271万2,000円。4款諸収入、収入済み額が1,062万4,553円、収入未済額が1,973万7円でございます。それから5款の繰越金は、収入済み額が32万2,065円でございます。


 一番下、歳入合計は収入済み額1,437万9,390円、不納欠損額はございませんで、収入未済額1,973万7円でございました。


 次、2ページをお願いいたします。2ページは歳出でございます。1款総務費は支出済み額4万5,792円、不用額は4,208円でございます。2款公債費、支出済み額1,161万7,784円、不用額は2,216円。3款予備費は不用額のみで、19万5,000円でございます。


 一番下の歳出合計は、支出済み額1,166万3,576円、翌年度繰越額はございませんで、不用額は20万1,424円でございます。


 歳入歳出差し引き残額は271万5,814円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページをお願いをいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は1,437万9,000円。2、歳出総額1,166万4,000円。3の歳入歳出差し引き額は271万5,000円でございます。これによりまして、5番の実質収支額271万5,000円でございました。


 以下、財産に関する調書は説明を省略させていただきます。


 続きまして議案第87号、湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算書について御説明を申し上げます。


 1ページ、歳入でございます。1款繰入金、収入済み額は3万7,380円でございます。2款繰越金24万6,912円。3款諸収入、収入済み額235万7,511円、収入未済額は128万9,645円。4款町債はございません。


 これによりまして、歳入合計は収入済み額は264万1,803円、不納欠損額ゼロ円、収入未済額は128万9,645円でございます。


 次、2ページをお願いいたします。歳出でございます。1款総務費、支出済み額3万7,380円、不用額は2,620円でございます。2款住宅整備資金等貸付事業費、これは補正予算によりまして全額減で、ございません。それから3款の公債費、支出済み額147万2,604円でございます。不用額は396円。4款予備費は不用額のみで30万3,000円。


 これによりまして、歳入歳出差し引き残額は113万1,819円でございました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページをお願いをいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は264万2,000円。2、歳出総額151万円。3の歳入歳出差し引き額113万2,000円でございます。これによりまして、5の実質収支額は113万2,000円でございました。


 以下、財産に関する調書は説明を省略させていただきます。


 続きまして、議案第88号、湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページをお開きください。歳入でございます。1款財産収入は収入済み額16万295円。2款繰入金は92万円ちょうど。3款繰越金9万1,169円。4款諸収入は1万8,043円。歳入合計は、収入済み額118万9,507円でございます。


 次、2ページをお願いをいたします。歳出でございます。1款の総務費、支出済み額112万2,439円、不用額は13万2,561円でございます。2款財産費、これは不用額のみで17万9,000円ちょうど。3款の予備費も不用額で10万円でございます。歳出合計は、支出済み額が112万2,439円、翌年度繰越額はございませんで、不用額が41万1,561円。


 歳入歳出差し引き残額は6万7,068円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次、5ページをお願いをいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は118万9,000円。2、歳出総額112万2,000円。3の歳入歳出差し引き額6万7,000円でございます。5の実質収支額も6万7,000円でございました。以下、説明を省略いたします。


 続きまして議案第89号、湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページでございます。歳入、1款財産収入は、収入済み額4万9,415円。2款繰入金40万300円。3款繰越金は20万9,334円。4款諸収入1万1,437円でございます。歳入合計は、収入済み額のみで67万486円でございました。


 次、2ページをお願いをいたします。2ページは歳出でございます。1款総務費、支出済み額45万8,664円、不用額は9万9,336円。2款財産費、支出済み額21万1,500円、不用額は8万3,500円でございます。3款の予備費は、不用額といたしまして5万円ちょうど。歳出合計でございますが、支出済み額67万164円、翌年度繰越額はございませんで、不用額23万2,836円。


 歳入歳出差し引き残額は322円でございました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額67万円。2、歳出総額も67万円で、3の歳入歳出差し引き額ゼロ円でございます。それから、実質収支額も同様にゼロでございました。あとは説明を省略をさせていただきます。


 続きまして議案第90号、湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページでございます。1款財産収入、収入済み額46万9,352円。2款の繰入金は241万円ちょうど。3款繰越金は8万6,655円。4款の諸収入は3万5,748円でございます。歳入合計は収入済み額300万1,755円でございました。


 次、2ページお願いいたします。歳出でございます。1款の総務費、支出済み額は255万9,969円、不用額は6万1,031円でございます。2款の財産費、支出済み額44万1,000円で、不用額は7万2,000円でございました。3款の予備費は、補正予算で減額してございますのですべてございません。歳出合計は、支出済み額が300万969円、不用額が13万3,031円でございました。


 歳入歳出の差し引き残額は786円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページの実質収支に関する調書をお願いいたします。


 1、歳入総額は300万2,000円でございます。2の歳出総額300万1,000円。これによりまして、3の歳入歳出差し引き額は1,000円でございました。5の実質収支額も1,000円でございます。以下、説明を省略いたします。


 続きまして、議案第91号、湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページ、歳入でございますが、1款財産収入、収入済み額は360円。それから、2款の繰入金は10万円ちょうど。3款繰越金は10万175円。4款の諸収入は56円でございます。歳入合計は、収入済み額が20万591円でございました。


 次、2ページの歳出をお願いします。1款の総務費、支出済み額3万1,478円、不用額は4万2,522円でございました。2款の予備費は不用額のみで9万3,000円。


 これによりまして、歳入歳出差し引き残額は16万9,113円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページの実質収支に関する調書をお願いいたします。


 1の歳入総額は20万円ちょうど。2の歳出総額3万1,000円でございまして、3の歳入歳出差し引き額は16万9,000円でございます。これによりまして、5の実質収支額16万9,000円の黒字でございました。以下、説明を省略いたします。


 続きまして、議案第92号、湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページお願いします。1款の財産収入でございますが、収入済み額は22万3,572円。2款の繰入金は70万円ちょうど。3款の繰越金は収入済み額32万3,128円。4款の諸収入は23万9,824円でございます。これによりまして、歳入合計は収入済み額のみで148万6,524円でございます。


 次、2ページの歳出をお願いいたします。歳出、1款総務費、支出済み額は25万8,893円、不用額は23万7,107円でございます。2款の財産費、支出済み額84万1,659円、不用額は2万6,341円。3款の予備費は不用額のみで、18万6,000円でございます。歳出の合計は、支出済み額110万552円、不用額が44万9,448円でございました。


 歳入歳出差し引き残額は38万5,972円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページの実質収支に関する調書をお願いいたします。


 1の歳入総額は148万7,000円。2の歳出総額110万1,000円。3の歳入歳出差し引き額38万6,000円でございます。実質収支額38万6,000円でございました。以下、説明を省略させていただきます。


 続きまして、議案第93号、湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページの歳入。1款財産収入は収入済み額320円。2款の繰越金、収入済み額30万9,284円。3款諸収入、収入済み額1,019円でございます。歳入合計は、収入済み額が31万623円でございました。


 次の歳出、2ページでございます。歳出、1款総務費、支出済み額3万6,720円、不用額は10万5,280円でございます。2款の予備費、不用額のみで15万円ちょうど。歳出合計は支出済み額3万6,720円でございます。不用額は25万5,280円でございました。


 歳入歳出の差し引き残額は27万3,903円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は31万1,000円。2、歳出総額3万7,000円。3、歳入歳出差し引き額27万4,000円。4の翌年度へ繰り越すべき財源はございませんで、5の実質収支額27万4,000円でございました。


 続きまして、議案第94号、湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページの歳入をお願いいたします。1款の分担金及び負担金、収入済み額581万4,250円、収入未済額は372万6,509円でございます。2款使用料及び手数料は収入済み額2億7,587万1,052円、収入未済額は1,020万3,026円でございます。3款の国庫支出金は収入済み額700万円ちょうど。4款繰入金は収入済み額5億6,311万721円でございます。5款の諸収入は収入済み額は103万3,389円。6款の町債は収入済み額3億8,420万円ちょうど。7款の繰越金は収入済み額2万9,000円でございます。これによりまして、歳入合計は収入済み額が12億3,705万8,412円、不納欠損額はございませんで、収入未済額1,392万9,535円でございます。


 次の2ページ、歳出をお願いいたします。歳出、1款総務費、支出済み額は3,909万7,619円、不用額は131万2,381円でございます。2款事業費、支出済み額は2億5,190万8,541円、翌年度繰越額がございまして、792万1,000円でございます。不用額は365万459円でございます。続いて3款の公債費は、支出済み額は9億4,133万1,252円、不用額が31万5,748円でございます。4款の予備費は不用額のみで、100万円ちょうどでございます。歳出合計が支出済み額12億3,233万7,412円、翌年度繰越額は792万1,000円ちょうど、不用額が627万8,588円でございます。


 これによりまして、歳入歳出差し引き残額は472万1,000円ちょうどでございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は7ページをお願いをいたします。7ページの実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は12億3,705万8,000円。2、歳出総額12億3,233万7,000円。これによりまして、3の歳入歳出差し引き額は472万1,000円でございます。4の翌年度へ繰り越すべき財源でございますが、(2)繰越明許費繰越額472万1,000円でございます。これによりまして、5の実質収支額はゼロ円でございました。以下、説明を省略させていただきます。


 続きまして、議案第95号、湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページの歳入をお願いいたします。1款使用料及び手数料でございます。収入済み額が1,075万1,845円。2款の繰越金は176万5,084円でございます。歳入合計は、収入済み額1,251万6,929円でございます。


 次、2ページの歳出をお願いします。1款の総務費、支出済み額は1,023万5,176円、不用額は26万8,824円。2款の事業費、99万4,350円でございます。不用額は650円でございました。3款の予備費は不用額のみで、110万9,000円でございます。歳出合計は、支出済み額1,122万9,526円、不用額137万8,474円でございます。


 歳入歳出差し引き残額は128万7,403円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は5ページの実質収支に関する調書をお願いをいたします。


 1、歳入総額は1,251万7,000円。2、歳出総額1,123万円。3の歳入歳出差し引き額128万7,000円でございます。これによりまして、5の実質収支額も128万7,000円でございました。以下、説明を省略をさせていただきます。


 続きまして議案第96号、湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページの歳入でございます。1款支払い基金交付金、収入済み額は11億8,570万6,737円。2款の国庫支出金は7億4,983万907円でございます。3款の県支出金は、収入済み額1億9,704万8,447円。4款の繰入金1億7,044万6,284円でございます。5款の諸収入は57万4,071円。歳入合計は収入済み額のみでございますが、23億360万6,446円でございます。


 次、2ページをお願いをいたします。歳出でございます。1款の医療諸費、支出済み額は21億9,878万3,553円。不用額は1億20万1,447円でございます。2款の諸支出金は、支出済み額6万4,426円、不用額574円。3款の前年度繰り上げ充用金、支出済み額は1億709万7,416円でございます。不用額584円。歳出の合計は、支出済み額は23億594万5,395円、不用額が1億20万2,605円でございます。


 歳入歳出差し引き不足額が生じておりまして、233万8,949円でございます。このため、翌年度歳入繰り上げ充用金233万8,949円で歳入不足を補てんをいたしました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は6ページをお願いをいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1の歳入総額は23億360万6,000円。2の歳出総額は23億594万5,000円ということで、3の歳入歳出差し引き額233万9,000円の赤字でございます。これによりまして、実質収支額も同様に233万9,000円の赤でございます。


 続きまして、議案第97号、湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページをお願いをいたします。歳入でございます。1款分担金及び負担金は収入済み額90万2,000円ちょうど、収入未済額は66万6,930円。2款の使用料及び手数料、収入済み額3,058万2,528円、収入未済額は66万9,351円でございます。国庫支出金はありません。それから、4款の繰入金は収入済み額が1億246万8,223円。5款の町債は収入済み額2,530万円ちょうどでございます。これによりまして、歳入合計は収入済み額が1億5,925万2,751円、それから収入未済額が133万6,281円でございました。


 それから、次の2ページ、歳出でございます。1款の総務費、支出済み額は834万1,922円、不用額は63万78円でございます。2款事業費、支出済み額3,499万4,887円、翌年度繰越額は760万円ちょうどでございます。不用額は283万7,113円でございました。3款の公債費は、支出済み額が1億1,531万5,942円、不用額は5,058円でございます。4款の予備費は不用額のみで50万円ちょうど。歳出の合計は、支出済み額1億5,865万2,751円、翌年度繰越額は760万円ちょうど、不用額は397万2,249円でございます。


 これによりまして、歳入歳出差し引き残額は60万円ちょうどでございました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は6ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は1億5,925万3,000円。2、歳出総額1億5,865万3,000円。3の歳入歳出差し引き額は60万円ちょうどでございます。これを4の翌年度へ繰り越すべき財源といたしまして、(2)の繰越明許費繰越額60万円ちょうどでございます。これによりまして、5の実質収支額はゼロ円でございました。以下、説明を省略させていただきます。


 続きまして議案第98号、湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページ、歳入でございます。1款の保険料、収入済み額は2億225万2,500円でございます。不納欠損がございまして137万2,365円、収入未済額は294万782円でございます。それから2款の分担金及び負担金は、収入済み額が488万1,400円。それから3款の国庫支出金は、収入済み額3億315万3,542円、収入未済額は86万9,000円ございます。それから、4款の支払い基金交付金は3億6,679万5,000円ちょうど。5款の県支出金は1億7,850万2,770円でございます。それから、6款の繰入金は収入済み額が2億7,032万8,258円。それから7款の諸収入、収入済み額は200万3,500円でございます。それから8款の繰越金は、収入済み額4,370万876円でございます。歳入合計は、収入済み額が13億7,161万7,846円、不納欠損額は137万2,365円、収入未済額は380万9,782円でございます。


 次は歳出の方、2ページでございます。1款の総務費、支出済み額は9,970万8,662円、翌年度繰越額は216万3,000円ございます。不用額は86万4,338円でございました。2款の保険給付費は、支出済み額11億4,509万2,546円、不用額は1,766万3,454円。それから3款の財政安定化基金拠出金、支出済み額116万7,031円でございました。不用額は969円でございました。4款の地域支援事業費でございます。支出済み額は5,068万4,681円、不用額は561万2,319円でございました。5款の諸支出金は支出済み額1,443万8,682円、不用額は6,318円でございます。6款の予備費は不用額のみで、3,924万1,000円ちょうどでございます。歳出合計は、支出済み額13億1,109万1,602円、翌年度繰越額が216万3,000円ちょうど、不用額は6,338万8,398円でございます。


 歳入歳出差し引き残額は6,052万6,244円でございました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は10ページ、一番最後のページでございます。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は13億7,161万8,000円でございます。2、歳出総額は13億1,109万2,000円。3の歳入歳出差し引き額は6,052万6,000円でございます。4に翌年度へ繰り越すべき財源がございまして、(2)の繰越明許費繰越額は129万4,000円でございました。これによりまして、5の実質収支額は5,923万2,000円の黒字でございます。


 続きまして、議案第99号でございます。湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページ目、歳入でございます。1款使用料及び手数料でございます。収入済み額は3,671万1,290円、不納欠損がございまして1万2,160円、収入未済額は11万6,997円でございます。それから、2の分担金及び負担金は収入済み額23万1,000円ちょうど。3款の国庫支出金は収入済み額189万円ちょうど。4款の県支出金は補正予算によりまして全額減でございます。それから、5款の繰入金は収入済み額が781万9,398円でございます。それから、6款の諸収入は収入済み額186万7,200円ちょうど。それから、一番下の歳入合計は収入済み額が4,851万8,888円、不納欠損額は1万2,160円でございます。収入未済額11万6,997円でございました。


 次、2ページの歳出でございますが、1款の衛生費、支出済み額は2,136万783円、不用額は176万2,217円でございます。それから2款の公債費、支出済み額2,715万8,105円でございます。不用額は895円でございました。それから、3款の予備費は不用額のみで50万円ちょうど。歳出合計といたしまして、支出済み額は4,851万8,888円、不用額は226万3,112円でございます。


 これによりまして、歳入歳出差し引き残額はゼロ円でございました。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 次は6ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は4,851万9,000円。2の歳出総額も4,851万9,000円でございまして、3の歳入歳出差し引き額ゼロ円、それから5の実質収支額もゼロ円でございます。以下、説明を省略をさせていただきます。


 続きまして議案第100号、湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算書でございます。


 1ページをお願いをいたします。歳入でございます。1款財産収入は収入済み額576万4,000円ちょうどでございます。歳入合計も576万4,000円でございます。


 次の2ページでございますが、歳出、1款の事業費は支出済み額267万8,580円、不用額は1万7,420円でございます。2款の公債費、支出済み額303万6,906円でございます。不用額は1,094円でございます。3款の予備費は不用額が3万円で、歳出合計といたしまして、支出済み額571万5,486円、不用額は4万8,514円でございました。


 歳入歳出差し引き残額4万8,514円でございます。平成19年9月13日提出、湯梨浜町長。


 続きまして、5ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。


 1、歳入総額は576万4,000円。2の歳出総額571万5,000円。3の歳入歳出差し引き額4万9,000円でございまして、5の実質収支額も4万9,000円の黒字決算でございました。


 以上、私の方の説明を終わらせていただきます。


○議長(松本 繁君) では、続いて水明荘支配人の説明をお願いします。どうぞ。


○水明荘支配人(石田 秋雄君) 議案第85号、国民宿舎事業特別会計決算報告書について説明させていただきます。


 1ページをお願いします。収益的収入及び支出の収入では、第1款事業収益の決算額が4億230万1,600円となり、支出では第1款事業費用の決算額が3億9,723万883円で、不用額は674万6,117円でした。


 2ページをお願いします。資本的収入及び支出の支出では、第1款資本的支出の決算額が8,169万5,878円で、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額8,169万5,878円は過年度分損益勘定留保資金2,141万3,917円、当年度損益勘定留保資金6,024万5,961円及び当年度消費税資本的収支調整額3万6,000円で補てんいたしました。


 3ページをお願いいたします。損益計算書では消費税抜きの金額となります。


 1の宿泊、食事、売店などの営業収益3億8,238万4,411円から2、営業費用3億5,624万2,118円を差し引いた営業利益は2,614万2,293円で、3、営業外収益、4、営業外費用を差し引いた経常利益は507万717円となり、当年度の純利益が同額の507万717円となりました。前年度繰越欠損金が1億336万7,937円でありますので、当年度純利益を充当して当年度未処理欠損金は9,829万7,220円となりました。


 4ページをお願いします。剰余金計算書ですが、1、減債積立金と2、建設改良積立金の合計3,950万3,050円は変動ありません。3、欠損金は先ほどの説明のとおりですが、前年度未処理欠損金から当年度純利益を差し引いて当年度未処理欠損金が9,829万7,220円となります。


 下の欠損金処理計算書の案ですが、当年度未処理欠損金9,829万7,220円を翌年度の繰越欠損金といたしたいと思います。


 5ページをお願いします。貸借対照表の資産の部で、固定資産ではイ、土地からヘ、車両運搬具までの有形固定資産の合計は13億7,353万6,214円となり、2、投資ではイ、外部出資とロ、有価証券を合わせた投資合計が475万1,160円で、有形固定資産と投資を合わせた固定資産の合計は13億7,828万7,374円となります。


 6ページをお願いします。流動資産は、(1)現金、預金、クーポン券から(3)の棚卸資産までの流動資産合計が7,869万9,972円となり、固定資産と流動資産を合わせた資産合計は14億5,698万7,346円となります。


 負債の部の流動負債は、イ、営業未払い金からニ、諸預かり金までの流動負債合計が1,842万2,600円となり、負債合計は同額の1,842万2,600円となります。


 7ページをお願いします。資本の部の4、資本金では、(1)の自己資本金は変わりありませんが、(2)の借入資本金は企業債を償還しておりますので減額となっており、資本金の合計は14億9,735万8,916円となります。


 5、剰余金では、イ、減債積立金とロ、建設改良積立金からハ、当年度未処理欠損金を差し引いた利益剰余金合計がマイナスの5,879万4,170円となり、資本金と剰余金を合わせた資本合計は14億3,856万4,746円で、負債資本合計が14億5,698万7,346円となります。


 8ページからは添付書類となりますが、主な事項について説明をさせていただきます。


 9ページをお願いいたします。1の総括事項ですが、平成18年度は経営環境の厳しい中、利用者をいかにつなげていくかを職員全員で模索し、企業性に配慮しながら運営いたしました。利用客は宿泊者数1万7,690人、休憩者数4万5,422人、修正宿泊率54.8%で、昨年より4.6%の減少となりました。


 経理面においては、事業収益が3億8,315万8,652円で前年対比91.4%。事業費用が3億7,808万7,935円で前年対比95%で、差し引き純利益は507万717円の黒字となりました。


 10ページから14ページまでは省略いたしまして、15ページをお願いいたします。


 企業債の償還状況ですが、平成11年に国民年金積立金特別融資と山陰合同銀行から合わせて14億3,000万借り入れ、平成18年度の元金と利子を1億270万8,638円償還し、償還の累計額は5億9,468万8,960円で、未償還額が11億6,144万944円となりました。償還の終期は、国民年金積立金特別融資が平成30年度、山陰合同銀行が平成31年度となっております。


 以下、16ページからの明細書については省略させていただきます。以上です。


○議長(松本 繁君) それでは、最後に中本建設水道課長に説明をお願いします。どうぞ。


○建設水道課長(中本 賢二君) 最後ですが、議案第101号、湯梨浜町水道事業会計決算について説明させていただきます。


 1ページをお願いします。決算報告書でございます。


 (1)の収益的収入及び支出の収入でございます。第1款水道事業収益、決算額2億3,320万6,369円でした。次は支出でございます。第1款水道事業費用、決算額1億6,379万4,062円。不用額4,058万4,938円でした。


 続きまして(2)でございます。資本的収入及び支出の収入でございます。第1款資本的収入、決算額2,023万5,950円です。支出、第1款資本的支出、決算額7,975万5,721円です。不用額が1,153万5,279円でございます。


 最後の欄ですが、資本的収入額が資本的支出に不足する額5,951万9,771円は、当年度分消費税資本的収支調整額207万650円、過年度分損益勘定留保資金1,624万3,844円及び当年度分損益勘定留保資金4,120万5,277円で補てんいたしました。


 続いて2ページをお願いします。損益計算書でございます。消費税抜きで掲載しております。


 1、営業収益、合計でございますが、2億2,055万4,632円でございます。2番の営業費用でございますが、合計金額として1億3,428万8,934円でございます。差し引き、営業利益としましては8,626万5,698円ありました。


 3番の営業外収益、合計でございますが、187万370円でございます。4番の営業外費用、合計で2,082万7,276円でございます。差し引きでマイナスの1,895万6,906円でございます。


 これらの計算で、経常利益といたしましては6,730万8,792円の決算を上げております。


 5番の特別損益はございませんでした。


 結果、当年度純利益としましては6,730万8,792円の利益を上げております。前年度繰越利益剰余金としましては9,576万2,230円、当年度未処分利益剰余金としましては1億6,307万1,022円でございました。


 続きまして、3ページをお願いします。3ページは剰余金の計算書でございます。


 1番の利益剰余金の部、?、減債積立金でございますが、合計で4,700万円。?の建設改良積立金が2億3,600万円。積立金合計といたしましては、2億8,300万円を上げております。?番の未処分利益剰余金でございますが、(1)前年度未処分利益剰余金が1億3,576万2,230円でございます。(2)番の前年度利益剰余金処分額の1、減債積立金400万円、建設改良積立金3,600万円、合計で4,000万円でございます。繰越利益剰余金年度末残高としましては、9,576万2,230円でございました。(3)番の当年度純利益としましては6,730万8,792円。当年度未処分利益剰余金としましては1億6,307万1,022円でございました。


 資本剰余金の部は省略させていただきます。


 下段の平成18年度湯梨浜町剰余金処分計算書でございますが、1の当年度未処分利益剰余金1億6,307万1,022円でございます。2の利益剰余金処分額、(1)の減債積立金400万円、建設改良積立金4,300万円、(3)番の納付金、これは一般会計の方に納付しておりますが10万3,632円、合計で4,710万3,632円でございました。3番の翌年度繰越利益剰余金1億1,596万7,390円でございます。以上でございます。


 続きまして貸借対照表、4ページでございますが、資産の部、1、固定資産の合計のみ説明させていただきます。固定資産の合計としましては、13億6,259万5,471円でございました。2番の流動資産の合計が4億4,999万9,715円でございます。資産合計といたしましては、18億1,259万5,186円でございました。


 負債の部、3番、流動負債の合計といたしましては3,615万5,580円でございます。負債合計も同じく3,615万5,580円でございました。


 4番、資本の部でございます。資本金合計は8億1,513万2,746円でございます。5番の剰余金は5億1,523万5,838円でございました。剰余金の(2)の利益剰余金でございますが、合計で4億4,607万1,022円でございます。剰余金の合計といたしまして9億6,130万6,860円。資本金合計といたしましては、17億7,643万9,606円。負債資本合計としましては、18億1,259万5,186円でございました。


 5ページから9ページは事業報告書を記載しておりますけども、町長の方より提案という形で説明しておりますので、ここは省略させていただきます。


 また、10ページから13ページまでは明細書等を上げていますので、後でごらんいただきたいと思います。


 最後、14ページでございますが企業債の明細書、未償還残高のみ説明させていただきたいと思います。


 合計としまして、真ん中の欄でございますが、未償還額4億7,335万4,361円でございました。


 以上、説明を終わらせていただきます。


○議長(松本 繁君) 以上で決算認定を求める提案理由の説明は終わります。


 ここで暫時休憩をいたします。再開を11時5分とします。


             午前10時55分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時06分再開


○議長(松本 繁君) 再開いたします。


 続いて、監査委員の決算審査意見の報告を求めます。


 山名代表監査委員。


○代表監査委員(山名 哲彌君) 監査の報告を申し上げます。別冊の意見書に従って御説明申し上げます。


 1ページ、報告書の提出でありますが、8月30日付で監査を実施いたしました。徳田監査委員と私、山名の連名で町長、議長あてに報告書を出しております。


 2ページ、審査の概要であります。審査の対象は、一般会計ほか16特別会計プラス公営企業会計2、合計19会計でございます。審査の期間は、6月26日から8月10日までの間でございました。審査手続は、一般的な手続であります。


 3ページ、審査の結果でございます。審査に付された各会計歳入歳出決算書、同事項別明細書、実質収支に関する調書及び財産に関する調書は関係法令に準拠して作成されており、その計数は関係諸帳簿その他証書類と照合した結果、妥当なものと認められました。また、予算の執行及び関連する事務の処理はおおむね適正に行われているものと認められました。


 ただし、後で申し上げますが、一般会計において非通例的な執行として妥当性を欠くものが認められることを付記いたします。


 総括して次の点、改善検討を要する事項として意見を付します。


 意見でございます。合計7点ございます。


 1、財政全般について。一般会計、特別会計の歳出ベース決算規模は、単純合計で151億5,051万円となっており、前年度に比べ21%の大幅減少となっております。経費削減等の努力も相まって、財政指標には部分的に若干改善も見られますが、公債費比率が上昇するなど全般に依然要注意の状況にありますので、財政運営には配慮していただきたい。


 2、土地改良区補助金について。平成18年度一般会計、これは農林水産業費、農地費でありますが、におきまして東郷土地改良区に対し補助金363万7,000円を支出しておりますが、同土地改良区は事業の大半を終了しておりますことから、事務費補助を名目としております。基幹産業としての農業振興策の一環として事業費に対する補助の必要性は認められますが、本来、自主運営組織である改良区に対する事務費、中心は人件費が占めております、これにつきまして補助金を支出することに相当とする事由がなく、また他の改良区とのバランス上も適切とは認められません。本件につきましては、前年度平成17年度決算審査意見でも同様に述べたとおりでありまして、補助決定そのものが手続上利益相反行為に該当するとともに、民法第108条に定める双方代理禁止条項に抵触する重大な懸念があります。したがって、本件は非通例的な執行であり、妥当性に欠けるものであります。


 3番、地区公民館の維持管理について。本町内に10地区公民館が設置され、地域文化の振興等広範な活動を行っており、町の活動委託金も一定基準に基づき年間総額570万円が支出されております。しかし、活動の拠点となる地区公民館施設については、現況においてその施設の維持管理費に係る町としての財政負担方式に差異が見られます。したがって、地区公民館活動の育成と財政負担の公平性の観点から、総合的な検討をしていただきたい。


 4番、指定管理のあり方について。平成18年度において町所有4施設について指定管理方式を導入されたところでありますが、初年度でもあり、指定サイドの意識と受託サイドの認識の相違等、必ずしも統一されていない面が見受けられます。初年度実績を踏まえ、より実効性のある方向を検討され、改善すべきは改善していただきたい。


 5、水明荘財務の健全化について。水明荘における近年の売り上げ減少に伴い、逐年資金繰りにおける手元流動性が悪化し、年度間資金圧迫は2,000万円近くに及んでおります。企業債の償還は年間1億円強に達する現況にかんがみ、中期的な資金繰り対策を検討しておく必要が認められます。また、かねて検討を求めております保有株式、内容は日本海テレビ株4,666株、簿価354万円でありますが、これについては株式そのものの本来的リスク性、及び昭和52年度における町からの保有移管の経過等不詳でもあります。公営企業会計に計上するを相当とする事由が見当たりませんので、現況の経営環境も考慮の上、処分方を検討いただきたい。


 6、水道事業の活性化について。水道事業会計においては歴年利益が増加し、平成18年度においては当期利益金が6,700万円に達しております。経営努力によるものではありますが、公営企業の成果として評価さるべきものとは認めがたいところがございます。平成18年度における予算執行率が80%台と低迷しており、不用額を生じていることにかんがみ、中期的展望に立った事業の早期執行に努められ、利用者住民の負託にこたえていただきたい。


 7、未収対策と時効対策について。町税ほか諸収納金の未収額は、年度末現在特別会計及び公営企業会計を含み総額3億3,761万円となり、今期不納欠損処分を行ってなお残高は増加しております。滞納の実態を分析されるとともに、特に時効対策には意を用い、管理の万全を期していただきたい。以上が意見でございます。


 以下、審査の内容の概略について申し上げます。


 決算の総括でございます。一般会計、特別会計合計で歳入歳出とも150億円ラインでございます。内容は、執行部の説明でありましたように前年に比べて大幅に圧縮されております。


 決算収支であります。歳入歳出につきまして、積立金等の修正を加えました実質単年度収支は右端にあります1億1,780万円のプラスでありまして、前年の実績から比べますと大幅な改善になっております。


 6ページ、予算の執行状況であります。全般におおむね良好でありますが、コメントの中段以降に書いております消防施設整備事業等一般会計及び特別会計において総額1億5,379万円を翌年度繰り越しとしておりますほか、一般、特別両会計で合計3億5,618万円の不用額が生じております。


 財政の構造であります。普通会計によります財政の内容であります。歳入の構成、省略いたします。ロ、歳出の構成であります。ここで特徴的でありますのは、投資的経費及びその他積み立て等が前年に比べまして大幅に減っております。大型事業の減少あるいは合併特例債の積み立て事業の終了等が主な要因であります。経常的経費の中で動きで特徴的でありますのは、義務的経費の中の人件費、これが前年に比べまして1億5,400万とかなり減少しております。それから、その他の経費で物件費の減少1億5,500万円、補助費等1億3,600万円の減少ということで、財政運営の御努力の結果が出ておるというぐあいに思います。


 7ページ、財政分析。主要比率の係数でありますが、財政力指数は前年より改善されました。経常収支比率も改善されております。公債費比率は17.8にアップしております。これは改悪の方であります。


 (5)起債の状況。合計で一般会計、特別会計トータル275億3,000万円の起債残でございます。そのほか、債務負担行為が7,379万円ございます。


 8ページ、一般会計以下各会計について述べておりますが、計数等につきましては執行部の御説明と重複いたしますので計数は省略いたします。ポイントだけ申し上げます。


 歳入の下段、注として上げておりますが、町税におきまして不納欠損処分、今期合計1,884万3,000円を処分しておいでになります。その内訳は、滞納処分停止後3年経過のもの203万5,000円、限定相続によるもの1万円、倒産によるもの1,679万8,000円でございます。


 歳出につきましては、9ページ省略いたしまして10ページ、歳入部分の未収金の内訳を掲げております。町税以下諸収入まで総合計で2億2,767万7,000円で、前年に比べますと200万余り減少しておりますが、実態といたしましては先ほど申し上げました不納欠損処理1,800万円しておりますから、実態としてはふえておる、こういうことであります。


 注に掲げております町税未収金の前年度対比減少の主な要因でありますが、固定資産税不納欠損処理1,785万9,000円がありましたためであります。また、諸収入の前年度対比増加の主な要因でありますが、落雷事故の保険金及び中山間地直接支払事業の返還金の未収ということになっております。


 歳出につきましてのコメント、省略いたします。


 11ページ、特別会計についてであります。


 総額で10会計の歳入合計69億3,158万5,000円、歳出合計68億5,941万7,000円という実績であります。予算執行率はおおむね順当であります。


 欄外に書いております注でございます。特別会計における不納欠損処分は次のとおりであります。国民健康保険事業特別会計、滞納処分停止後3年経過のもの86万1,000円、介護保険特別会計、時効完成によるもの137万2,000円、簡易水道事業特別会計、倒産によるもの1万2,000円、合計224万5,000円であります。


 以下、各特別会計につきましてコメントを掲げておりますが、これは省略いたします。


 15ページ、各特別会計の未収金、中身を掲げております。特別会計で合計9,769万7,000円の未収残があります。前年度対比で900万余りふえております。特に目立ちますのが国保税の未収でありまして、前年対比で827万7,000円増加しておるという実態がございます。


 4番、財産区特別会計。歳入歳出600万円ラインで推移しております。


 16ページ、公営企業会計であります。


 最初に国民宿舎事業特別会計。決算の中身は省略いたします。当期利益は507万1,000円でございました。


 17ページに経営状況を掲げております。中段どころの収支の状況についてだけ触れておきたいと思います。


 収支状況は、当期収益合計が3億8,315万円となり、前年度実績を3,592万円下回っております。宿泊客数減少によりまして、前年度に比べ利用収益が2,407万円減少したほか、前年度特殊要因による営業外収益1,000万円余りの減少が認められます。当期費用は合計3億7,808万円となり、前年度実績を1,999万円下回っております。主な要因は、客数減少による仕入れの減少と退職手当負担金の減少となっております。経費削減努力は認められますが、年度全般における過大仕入れなど経営管理の不徹底もあり、年度決算としての成果には至っておりません。


 特記事項2点掲げておりますが、前段の主要意見で申し上げましたので省略いたします。


 18ページ、水道事業会計であります。


 決算内容、省略いたします。当期利益は6,730万9,000円であります。


 経営状況につきまして、19ページの中段、収支状況について述べております。収支状況は、給水量の減少等により収益の減少を見たものの、営業費用の減少により当期利益は増加し、6,730万円となっております。収益合計は2億2,242万円で、営業収益は給水量の減少により前年度に比べ減少したほか、補助金収入の減少等で前年比882万円減少しております。一方、費用は前年度に比べ1,581万円減少し、合計1億5,511万円となっております。費用が減少したのは、主に施設除却損、修繕費の減少等となっております。


 以下、特記事項2点上げておりますが、前段の総括意見と重複いたしますので省略いたします。


 20ページ以下、財産の状況、公有財産以下物品、債権掲げております。基金につきましては一覧で合計を出しております。総額37億7,587万2,000円の基金残高があります。これは近隣町村の水準に比べればかなり高い残高になっております。


 22ページ、財産区関係の基金を上げております。総額3億5,593万2,000円であります。


 最後に「むすび」として掲げております。今回の決算審査のスタンスあるいは希望意見等を述べております。申し上げます。


 合併3年を迎えた今回の決算審査においては、その成果と進捗状況を中心とした視点を持って実施いたしました。課題を残したままの合併でありましたから、今日までの行政の組み立てには相当の労苦がうかがえます。サービスは高く負担は低くのキャッチフレーズが必ずしも現実的であるとは限らないのが理でありますが、代表的には住民の関心事でもありました水道料金や保育料等のテーマについては大方の期待にこたえられたものと理解されます。


 平成15年12月5日付の合併協定を基本に、粛々と運ばれた軌跡が認められますが、環境の変化もあって依然として課題とされているテーマも見受けられます。とりわけ財政改革には直接的、間接的に住民にとって痛みを伴うものがあり、推進する上での困難性がうかがえますが、住民にいかに理解を得るかがポイントとなると考えられます。


 今期決算にあらわれた実績で見ますと、人件費、物件費、補助費等に相当な削減効果が認められます。財政の帰趨が注目されている局面であり、必然的な結果であると理解されますが、住民サービスの低下や利便性の悪化など極度の変化をもたらすことのないような配慮が求められます。


 その一方で、協働の町づくりを基本とした住民参画による改革の推進を図っていくことがより重要であると考えられます。民間代表によります行政改革推進委員会や議会の行財政改革調査特別委員会の答申、執行部における行政改革実施計画(集中改革プラン)でございます。これらを融合、一体化した効率的でかつ強力な推進を期待いたします。


 なお、合併時課題の未調整事項については、3年目安の基本に立ち、公平公正を旨とした早期実現に努められるよう切望いたします。


 以上で決算審査の意見の報告を終わらせていただきます。


○議長(松本 繁君) 以上で監査委員の平成18年度決算審査の意見の報告を終わります。


 続いて、議案第83号から議案第101号までの各議案に対する総括質疑を会計ごとに行います。


 個別質疑はしないようにお願いをいたします。


 議案第83号、平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑はありませんか。


 2番、酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) 平成18年度湯梨浜町一般会計歳入歳出決算の総括質疑をしてみたいと思います。


 まず、この18年度というのは、湯梨浜町にとって第1次総合計画が策定された初年度になるわけなんですね。そのことを踏まえて、18年度予算執行されてきたんじゃないかなちゅうぐあいに私は思っておるわけなんですけど、実態を見れば果たしてそうだったのかな、かなり疑問があります。御案内のように「げんき、いきいき、かがやきのまち」、そういう方向をつくるわけですね。それは住民がそういう形にならないけんわけです。そのためには、この予算執行がどれだけ近づいていったのか。その検証をされてないでしょう。せっかく総合計画つくって具体的な方向性を町民に示し、町民がその求める形、少しでも喜んでいただく形、安心して住めれる形、そういうものをこの予算執行の中でつくっていかなければならないわけですね。単年度ですぐその方向というのは示せれんわけですけども、少なくともこれだけ予算使ったから、この分野についてはこういう方向性が出たよ。安心ちゅう部分でも安全ちゅう部分でも、それから元気、産業の分野でも、そういう部分は決算には当然出てこないけんわけなんですね。


 それで、旧態依然の事業成果報告書ちゅう形で今年度も報告されています。これ見たって住民の人は、私たち議員もなんですけど、どれだけその方向に向かっていったのかというのがわかりません。今、基礎自治体と言われる市町村では、多くの市町村が住民の皆さんにきっちり説明しよるわけですね。この予算をこれだけ使ったけえ、例えば町の安全がこれだけ確保された、犯罪がこれだけ減った。具体的数字を出しながら、その予算の執行状態を住民にお知らせしとるわけなんですね。もうそういう時代に入った。


 それは何でかといいますと、御案内のようにもう財源が大変厳しい状態になった。特に地方では小泉改革以来、地方交付税は毎年のように大幅に削減されてきました。そこの中で湯梨浜町が使える一般財源はどんどん減っている。そういう中で、その減っている中でも予算執行効果を住民の人に理解してもらう形。それと減っている分、住民の人たちにも参画していただいて、協働でこの町、この総合計画につくりました「げんき、いきいき、かがやきのまち」をみんなで一緒になってつくっていくんだと。そういう形にしなければならないわけですね。そういう部分についても、しっかりと説明責任ちゅうのを果たされにゃ、なかなか住民の人は一緒になってやろうちゅう気にならないんじゃないか、私はそう思います。だけえ行政のそのやろうという姿勢が、まずこの決算書で見る限りなかなか見えてきません。


 それと、地方公共団体の財政の健全化に関する法律が施行するわけですね。20年の決算から実質赤字がどうなのかちゅう部分、きちんと出さないけんようになるわけなんですね。本来、前倒ししてでも、今この総合計画には財政計画ちゅうのが載ってないわけですね、湯梨浜町の場合。この決算を受けて、こういう方向で財政は進むんだちゅう部分をやっぱし住民に知らせる必要があるんじゃありませんか。今までは地方公共団体の財政ちゅうのは青信号からいきなり赤信号に入っちゃう、そういうケースなんですね。この決算書でも厳しい状態だちゅう格好では監査委員さんも言われとるし、町長も認識されとる。そがに理解しております。ただ、その厳しい状態が赤信号に近い状態なのか、それともまだまだ余裕がある状態なのか全然わからんわけですね。


 それで再建団体に入ってしまった地方公共団体の場合も、厳しい状態が続く、そう言ってこられていきなり赤信号の再建団体に落ちてしまった。そういうのが全国に見られる市町村の状態なんですね。だけえもっと町民の方に将来に対する町の財政計画ちゅうのも含めて示す必要があるんじゃないか、私はそのように思います。


 その辺について、今度住民の皆さんにこの決算報告されるわけですね、広報で。それまでにそういう部分も含めて出せれる用意があるのか。初めに言いましたその成果、予算使った成果はこうなりましたちゅうことと、それと町の財政は今こういうところにおります。なかなか単町だけ見たってわからんわけですね。やっぱし同じような人口、同じような財政規模の自治体と比較しながら、湯梨浜町は今こういう状態に、こういう位置におります。そういう部分もデータチャートみたいな形で住民にわかりやすくお知らせしていくちゅう形、そのことが住民が一体になってこの分は行政でなしに私たちができる分でないだろうか。そういう思いが出てくるんじゃないか。その辺について、ちょっと考え方を聞いておきたいなというぐあいに思います。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 酒井議員のお尋ねは、決算の総括に関しましておおむね2点であったと思います。


 一つは、先ほど監査の御報告でもいただきましたけれども、要するに平成18年度の事業の中で財政的な面から持続的発展可能な町にするための努力ということで、行財政改革には比較的取り組んで、その予算段階における事務事業の洗い直し、あるいは職員数の削減、それから執行段階における事業内容の精査、それらを通じて経費削減には努力してまいった。


 その成果もあって、先ほど代表監査委員のお話にもございましたように一応財務関係では多少数値が落ちた面も見受けられる、よくなった面も見受けられると。しかし、仰せのとおり赤信号がともっている状態には変わりないわけでございまして、引き続きまずその部分について一生懸命やっていく必要があると思っております。


 せんだって財務の職員とちょっと話しまして、湯梨浜の長期的に見た場合、起債はいつごろがピークになるだいやというようなこともちょっと話したりしていました。そうすると、大体25年ごろに一番ピークを迎えると。その際には、恐らく今はやりのといいますか、最近評価する際の指標であります実質公債比率ですね、あの数値が多分23%ぐらいはいくだろうと。それが恐らくピークになるでしょうと。その後は大物の起債が済んでいくんで減っていくことになりますという報告を受けております。


 ただ、それをそのままほっておくと、じゃ25年までは何も町が大きな事業もできないというようなことにもなってしまいます。昨年18年度あるいは17年度とその残ったお金、財調基金なんかに戻したりという形で処理しておったんですけれども、19年度の決算に当たりましてはそれらを起債の繰り上げ償還、そういったものに回すようなことも考えて町の全体を身軽にしていくといいますか、負担を軽くしていくようなことを対応をとってまいりたいと考えております。


 その財務に関します公表の件でございますけれども、議会の提案もございましてホームページの方に湯梨浜町の財務状況ということで紙面に載せておりますし、それから合併の町づくりの計画ですね、あの計画との対比表みたいな形で議会の方にもお示ししておりまして、今回の決算数値でそれを置き直せばどうなっているかというようなことも表としてはつくっておりますので、また議会にお示ししたり住民の方にもわかるようにしたいと思っております。


 それから、協働あたりを進める上、あるいはこれまでの町がやってきたことの施策の成果あたりについて、やっぱりつまびらかにすべきじゃないかということは私も感じておりまして、実はせんだっての幹部会でも合併して3年目、もうすぐ丸3年が近くなった。合併後1年目、みんな一生懸命になって新しい総合計画を初めいろんな計画をつくった。そのプランの進捗状況を点検してみる必要があるんじゃないかということを申し上げたところでございます。いろんなプランありますけども、その中でどういう取り組みがどこまで進んでいてどうなってるということあたりはまたきちっと整理をして、議会にも、できれば主なものについてはホームページでも通じて町民の方にもお示し、町報を使ってもお示しできたらというふうに思っております。そのようなことを考えております。


 協働につきまして、本当に先ほど監査委員の意見書にもございましたけれども、進めていかないけん大きな項目であると思っております。この18年度、昨年度の予算の中で協働に関する施策どのようなものが出てきて、どう実行に移されているというのはなかなかこの結果だけ見てるとわかりにくい部分があります。ただ、申し上げたいのは、例えば18年度の100人委員会の中で御議論いただいた町民ミュージカルとか、あるいはドラゴンカヌー大会を町民の手でと内容を多少変えてやったりとか、そういったことは実現いたしております。議員よくおっしゃるように協働の種ちゅうもんはいろんな分野にあろうかと思っておりますので、そういったことをことしも引き続きどういうことがあるかを各課長さん方に探すように一生懸命言っておるところでございます。


 この中で、協働の施策、イベント関係とかあるいは教育関係、見守り関係では実質的な協働と言えるような行動も随分出てきてるように思いますけども、そのあたりは十分それを前面に出して整理したものがないということで、また協働を標榜する限りは協働でこのようなことが実現してますよあたりをちゃんと整理しておくのも必要かなというふうに思っております。以上です。


○議長(松本 繁君) 2番、酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) 町長、私は今そういう質問をしたんですけど、行政が頑張っておられても町民の方には見えないちゅう意味で質問したわけでして、やっぱし町民と一体になろうかと思ったら行政の進んどる方向を町民に理解してもらう努力をしっかりとされにゃいけないんじゃないか。


 それと、もう一つは、やはり今財政担当って言われたけど、財政担当だけでなしに全職員が湯梨浜町の状態しっかりと認識できる方法を考えていかないけんでないでしょうか。そうすることによって、今のこの事業は住民にとって余り効果がないからこんなはやめようかとか、こんなは削減しようか、こんな効果が期待できるからもうちょっと予算をつけて拡大してみようとか、いろんな方向が職員一人一人から出てくるんじゃないですか。やっぱしきちんとそういうマニュアル的なもんを職員に確認していただいて、その予算の執行していく形をつくっていかなければ、いつまでたってもその予算が、住民のためだと思って考えられて執行された予算が住民からは総スカタン食う形も生まれてこんとも限りませんので、その辺お願いしておきたいなと思います。


 それと、とりあえず各係1つでいいですから、今年度住民の皆さんにうちの係で取り組んだこの事業にはこれだけ皆さんに喜んでいただく形、まあ住民の皆さんが安心できる形とか元気になれた形ができましたという報告を、逆にできませんでしたちゅう部分もあってもいいと思います。報告をぜひしていただきたいなちゅうのと、それともう一つ、最初に聞きました財政計画ですが、とりあえず実施計画をつくる3年間でもきちんと住民の皆さんに財政計画は示すべきだと。このように思いますし、それとさっき言いました健全化法ですね、地方公共団体の財政の健全化に関する法律を前倒ししてでも、やっぱし実質的にどうなのか。債務負担行為も含めすべての負債を取り込んだ、もう総務省は出しておるわけですね、その計算方式も。だけえ入れ込んでやってみて、他町に先駆けてこういう方向だちゅうもんを全職員で確認し、できたら私たち議員にも教えていただきたいなと。このように思いますが、その辺どうなんでしょう。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 協働を推進していくためには職員全員が一丸となって、要するにそういう意識を持って日常の仕事に取り組んでいくことが根っこで一番大切なことだろうと思っております。そういった意味で、確かにその研修会あたりを実施して、何も事務的な不都合が起きたときの対応だけじゃなくって、もう少し前向きな意味での財政状況をしっかり認識して、その上で自分の事務を見直して、どういうことが協働あるいは財政健全化のために役立つか。そういった提案を受けていく、そういう仕組みをつくることも確かに大切だと思います。


 実は、ことしから職員提案制度というのを設けまして、この8月に多分締め切っておると思います。それらからまだどのような職員提案が出てきているか、結果はよう聞いておりませんけども、それらの結果も踏まえてまたそれを逆に職員にフィードバックして、施策として具現化するようなものがあればぜひとも積極的に取り組んでいきたいと思います。


 おっしゃるとおり協働を推進していくためには先ほど申しましたように全職員が一丸となって町の現状を理解して考えながら、住民の中に入っていって一緒にその種を探し、考え、育てるという姿勢が大事だろうと思っています。そのあたりを十分認識してやってまいりたいと思います。


○議長(松本 繁君) 最後にしてください。


 酒井さん。


○議員(2番 酒井 幸雄君) ありがとうございます。


 その考え方の中で職員に徹底していただきたいのは、住民サービスを落とさない方法、例えば行政は予算がない、とても大変だ。だけど、こういう方法だったら住民にサービスを落とすことなく今の生活を維持していただける形ができるんじゃないか。そういうもんを必ず探していく、そういう努力をね。予算がないからだめですよだめですよちゅう格好でいくと、住民との協働作業ちゅうのはとてもできません。だから本気に、一緒になって住民の皆さんと住民の生活を少しでもよくしていく形を目指していただく。そのことがこの湯梨浜町の将来、安定的なものにしていくんじゃないかちゅうぐあいに思いますんで、そのことをくれぐれも職員の皆さんに確認して作業にかかっていただきたいなとお願いしておきます。


○議長(松本 繁君) 答弁はいいですか。


○議員(2番 酒井 幸雄君) はい、いいです。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


 竹中さん。


○議員(13番 竹中 壽健君) 今、酒井議員がいろいろと財政の問題とかいうのを話しされましたけども、確かに財政に対して当局はかなり努力されてる。これは非常にいうことではもう評価できると思います。


 さらに、先ほど言われましたように平成25年が財政のかなりピークになる。厳しいそういう認識でおられると思いますけども、町長は町長に当選されてから公約としましたら子育て、それから福祉、これを重点に置きたいということで言っておられたんですけども、この18年度の決算とかそういうのを見ましてもそういうのが見えてこないような気がいたします。財政が厳しければ厳しいほどやはりめり張りをつけて、もう厳しい中でもやっぱり何かに重点を置くんだという形で、そういうことでも予算なんかでも計画してもらいたいと思っておるんですけども、18年度を見ますとそういうことが見えてこない。


 それから、もう一つ、やっぱり計画を立てる上でも職員間の横の連絡、意識改革もありますけども、やはり隣の課の事業が隣の課で知らないというようなことを今でも聞いていますけどね、そんなことではせっかくええ施策をやろうとしてもやはり執行できないと思っております。やはり一丸となって政策を実行する上では、やっぱり職員間との連携とかそういうのも密にしていかないといけないと思いますし、特に先ほど言いましたように町長の公約であります子育て、福祉について、これから19年度は恐らくそういう方向で重点的に予算計画をされると思いますけども、そこら辺が私にはどうも見えてこないということで思っておりますので、そこら辺はどうかなと思って質問いたします。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 子育て支援と福祉に関するお尋ねですが、子育て支援につきましては湯梨浜町としてはいろんな具体的な事業、健診とか予防接種とかいろんな分野の事業を通じまして積極的に取り組んでいるというつもりでおります。またこのあたりがちょっとカバーが欠けているんじゃないかと、そういうようなことでもあれば教えていただきたいと思います。個別のその取り組み状況、あるいは湯梨浜町が独自に取り組んでいる施策あたりにつきまして、もし必要でしたら担当課長の方からお答えさせますけども、そのようなつもりでおります。


 それと、福祉の分野につきましても、いろいろ今回後期高齢者医療の説明、これ18年度と関係ない話になっちゃいますけども、それらを通じて住民の皆さんとそのほかのことについてもお話をさせていただくという形で、話し合いの場を設けたりしているところでございます。それらを通じて一層努力をしてまいりたいというふうに思っております。


○議長(松本 繁君) いいですか。


○議員(13番 竹中 壽健君) はい。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


 3番、平岡さん。


○議員(3番 平岡 将光君) 3番、平岡。監査の報告をいただきまして、意見書の中でも指摘されておるところでございますが、一般会計だけ見ても、例えば収入の未済額が町税を初めとする未済額2億2,800万円、大きな金額があるわけでございます。特に町税は2億1,500万という大きな金額がありますが、このような……(発言する者あり)


○議長(松本 繁君) 今、酒井さん言われたように総論としてやってください。


○議員(3番 平岡 将光君) 総論的に、そういうように未済額が非常に多い。


 そしてもう一つは、支出の中に不用額が非常に多い。例えば、一般会計だけ見ても1億4,900万円、そういう大きな金額がある。それでほかの特別会計を見ても、ほとんど同じような形で収入の未済額、それから不用額が多い。これはどのような形でこのようなことになるのか。


 例えば不用額の例をとりますと、不用額をなるたけ少なくするために何回も補正予算を組みながら不用額を少なくするように予算を補正していく経過がある。それでこの決算の前であります、例えば12月には全面的にぐんと補正予算を減額したり加えたりしながらやっていくのに、これがなされてない。住民がこの決算書を見て何しとるかと、こういうような不信感を抱かせるような決算書になっとるように感じるわけでございます。その辺について、町長はどのように感じておられるのか。全般的な面を指摘して、答弁をお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 収入未済額につきましては、この決算を見てましてかなり多い、事業によってばらつきがあるものの多いなと。中には税のように大物物件で徴収不能だとわかっているものがずっと来てるというのもあろうかと思いますけれども、今年度また新たに発生している額も相当あるということでございまして、今、各課での自分のところでの努力や、あるいは町民課が中心になって各課長と一緒に出向いていって徴収活動などということもやっておりますけども、成果の分析を含めてさらに一層積極的に徴収に努めてまいりたいと思います。


 それから、もう1点、不用額についてでございます。


 実は、不用額につきましては平成18年度の後半ぐらいから、実は例えば工事の請負契約の確定したものに伴う不用額ですとか、そういったものも後の補正の際に洗うというルールでやっております。そういうことを努めた上でこのような結果になっておるわけでございますが、また中をよく分析しまして、引き続きその補正で遅くとも2月補正の際にきちっと全部洗って少なくする、そういう努力も引き続き行ってまいりたいというふうに思います。


○議長(松本 繁君) いいかえ。


○議員(3番 平岡 将光君) はい、了解。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第84号、平成18年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第85号、平成18年度湯梨浜町国民宿舎事業特別会計決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第86号、平成18年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第87号、平成18年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第88号、平成18年度湯梨浜町長瀬財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第89号、平成18年度湯梨浜町橋津財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第90号、平成18年度湯梨浜町宇野財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第91号、平成18年度湯梨浜町舎人財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第92号、平成18年度湯梨浜町東郷財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 ここで暫時休憩をいたします。再開を1時といたします。


              午後0時00分休憩


    ───────────────────────────────


              午後0時58分再開


○議長(松本 繁君) そろったようですので、再開をいたしたいと思います。


 それでは、午前中に引き続きまして議案第93号、平成18年度湯梨浜町花見財産区特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第94号、平成18年度湯梨浜町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第95号、平成18年度湯梨浜町温泉事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第96号、平成18年度湯梨浜町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第97号、平成18年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 議案第98号、平成18年度湯梨浜町介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑ないと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第99号、平成18年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第100号、平成18年度湯梨浜町分譲宅地造成事業特別会計歳入歳出決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 総括質疑なしと認めます。よって、総括質疑を終結をいたします。


 議案第101号、平成18年度湯梨浜町水道事業会計決算認定についてを議題といたします。


 総括質疑に入ります。総括質疑ありませんか。


 3番、平岡さん。


○議員(3番 平岡 将光君) 3番、平岡でございます。


 水道事業の決算書を見ますのに、また決算審査意見書にも書いてございますように、予算執行率が80%というような事態が出てきておるわけでございますが、当初から例えば水道の宮内、漆原、別所、方面等の水圧が低くて何とか消火栓が使えるような状態にしてほしいというような声がありまして、それを行動に起こすということで予算を組み、それを解消するような予算計画もなされとる現実の中に、これが行動に起こされてない。なぜこのような事態が生じておるのか。この決算書を見ますと、かなり全体的に工事はたくさんしておられる経過があるわけでございますけども、そういった根本的なもしも火災のときの消火等に非常に不備な場面があります。一般給水の水圧等の減が生じておるわけでございますが、その辺はなぜこのような80%という工事の低さが生じたのか、説明を願いたいと思います。


○議長(松本 繁君) 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 水道事業会計に関するお尋ねですが、監査の方の意見書の中でもお金があると。工事をちゃんとやったり、あるいは監査の際に利用料金への反映といったことも考えられるというようなことでの意見交換も行わせていただいたりしました。


 原因と申しますのは、一つはそうやって今議員おっしゃったようなところについて対応していかないけんということははっきりしておるんですが、どういう方法がええのかあたりにちょっと時間を食ってしまって、実際の工事にようかかってないというのが現状のようでございます。その辺ちょっと進度を早めて、そのお金を残しとくんじゃなくって、ちゃんとすべきをしていくようなことに力を入れていかないけんなてってこの間も建設水道課長とちょっと話したところでございます。なるべく早く工事にかかれるように頑張ってまいりたいと思います。


○議長(松本 繁君) 3番、平岡さん。


○議員(3番 平岡 将光君) この問題については、もう東郷町の時代から強く要請されておるところでございますし、町民の皆さんも理解をしておられる。早いことやるべきだということを言って、また湯梨浜町になってからでも1年や2年でない。何年かかっても協議ばっかりで行動に起こさん。こういうようなことではやはりだめでないか。住民が不信を買う。そうなったら水道代安うせえと、こういうような形になりかねんと思いますので、ぜひとも協議ばっかりせずに行動に起こすということが大事でないかと。そのように感じておりますので、まず現場を見て、本当に住民の声を聞いて、ああ、頑張ってごいとんなるなという町民の気持ちが、行政の努力が足っとらんけえこういう結果になると思うです。もっと本気になって、町長がシジミのときに頑張ったような形で、きょう起きたことをもうすぐに行動に起こすということが職員の中に徹底してないでないか。こういうような感がいたしますので、どうか町長の行動を起こしたような形で課長の皆さんも頑張って本気になって取り組んでもらいたい。そのように感ずるわけでございます。


 今、水道課の職員が何人おるかわかりませんけども、どうせ水道課だけで設計するもんでないし、当然委託しするわけですから、その人たちにコンサルに頼んでやればすぐできることを、何せできの悪い職員が協議しとったってできるわけがないです。できる人に頼んで早いこと、予算があるですから。ないならなんですけども、その辺をしっかり本気になって前向きに取り組んでいただきたい。そのように強く要望します。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) ないようですので、総括質疑を終結をいたします。


 お諮りをいたします。議案第83号から議案第101号までの19議案については、議員全員で構成する平成18年度決算審査特別委員会を設置し、これに付託した上で審査をすることに決定をしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第83号から議案第101号までの1 9議案については、平成18年度決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決定をいたしました。


 この特別委員会の委員長及び副委員長は、委員会条例第88条第2項の規定により、特別委員会において互選をお願いいたします。


 暫時休憩をいたします。


              午後1時08分休憩


    ───────────────────────────────


              午後1時09分再開


○議長(松本 繁君) 再開いたします。休憩前に引き続き会議を開きます。


 特別委員会の委員長及び副委員長の互選結果を報告いたします。


 委員長に竹中壽健さん、副委員長に吉村敏彦さんを選任されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第24 議案第102号 から 日程第30 議案第108号





○議長(松本 繁君) 日程第24、議案第102号から日程第30、議案第108号までの7議案を一括議題といたします。


 順次提案の理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第102号、平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)から議案第108号、平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)までの7会計の補正予算につきまして、一括して提案理由を申し上げます。


 まず、議案第102号、平成19年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出とも4,415万4,000円を追加し、補正後の歳入歳出の予算の総額を86億737万5,000円にするものでございます。


 主な補正内容といたしましては、まず歳入で地方交付税の確定通知による増額と、それに伴う基金繰入金の減がございます。


 また、歳出では、10月からの臨時職員通勤手当の支給に伴います補正、固定資産土地移動データ処理のための経費、それから広域入所委託に伴う件数の増加に伴う補正、それから温泉保養施設やグラウンドゴルフのふるさと公園施設整備事業に係る費用の補正のほか、後期高齢者医療対策事業に伴います準備経費、AED(自動体外式除細動器)の購入経費、前年度国庫補助金精算に伴う返納金、これらを計上しようとするものでございます。


 次に、議案第103号、平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出とも282万2,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を1,162万1,000円とするものでございます。


 その内容は、まず歳入は前年度繰越金の確定によります歳入の増、歳出は前年度末の繰り上げ償還に係る地方債償還に係る歳出予算の補正でございます。


 続きまして議案第104号、平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。


 このたびの補正は歳入歳出それぞれ62万2,000円を追加し、総額を611万1,000円とするものでございます。


 主な内容は、歳入では昨年度末繰り上げ償還された貸付金に係ります元利収入と貸付事業債の減額、それから決算の確定による前年度繰越金の計上でございます。


 歳出では、繰り上げ償還に係る償還元金を計上いたしております。


 続きまして議案第105号、平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出ともそれぞれ2,166万1,000円を追加し、その総額を18億7,681万円とするものでございます。


 主な内容は、歳入では過年度精算分であります国庫負担金の増額、それから決算の確定による前年度繰越金の計上などいたしております。また、財政調整基金からの繰り入れを見込んでおります。


 歳出につきましては、国保税過誤納に係る払戻金の増額補正あるいは退職被保険者に係る療養給付費交付金の精算による返納金を計上いたしております。


 議案第106号、平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、今回の補正は歳入歳出とも6,053万2,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算の総額を13億7,365万2,000円とするものでございます。


 主な内容といたしましては、歳入における繰越金の計上、歳出では外出支援サービスの10月以降半年分の委託料の計上、18年度介護給付費の国庫負担金の確定精算による返納金の計上、平成18年度繰越金の計上でございます。


 次に、議案第107号、平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございますが、これは歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,362万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を13億3,967万4,000円とするものでございます。


 主な補正内容といたしましては、歳入におきましては施設整備事業費の追加及び変更によります公共下水道事業債の増、下水道事業債(特別措置分)発行可能額の確定によります増、あるいは一般会計からの繰入金の減などを計上いたしております。


 歳出では、公共下水道整備事業維持管理費委託料の増、開発行為によります宅地開発区域の下水道整備費の増額を計上いたしております。


 次に、議案第108号、平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)についてでございます。


 資本的収入及び支出の予定額の資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額を315万円増額し1億4,168万1,000円に、建設改良積立金処分額を315万円増額し4,562万3,000円に改め、資本的支出を315万円増額、合計1億9,458万円とするものでございます。


 補正の主な内容は、資本的支出について原水施設工事のための委託料を計上しようとするものでございます。


 以上でございますが、詳細は各担当課長が御説明申し上げますので、御審議の上、御議決を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(松本 繁君) 順次担当課長より補足説明を求めます。


 まず、最初に松本総務課長。


○総務課長(松本 徹君) それでは、初めに湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)について説明をさせていただきます。


 5ページをお願いします。第2表の地方債補正でございますが、臨時財政対策債、普通交付税の算定によりまして限度額を80万円増額するものでございます。


 6ページ、7ページは省略させていただきます。


 次に、8ページをお願いいたします。2の歳入でございます。


 8款2項1目の特別交付金でございますが、減額の219万9,000円でございます。これは減税補てん債特別交付金が18年度で廃止に伴いまして、経過措置として交付されている交付金でございます。


 次に、9款1項1目の地方交付税でございますが、2億6,421万7,000円の増でございまして、確定金額でございます。


 11款1項1目の農林水産業費分担金でございますが、これは土地改良に伴います原地区、別所地区の負担金でございまして、100万円でございます。


 次に、9ページをお願いします。13款1項1目の民生費国庫負担金でございますが、608万5,000円、保育所運営費の増でございます。


 14款の県支出金でございますが、その半額でございまして、304万2,000円の増でございます。14款2項の4目の農林水産業費県補助金でございますが、これは土地改良連合会の方に事業移管となるということでございますので、それの変更に伴うものでございます。減額の186万9,000円でございます。


 はぐっていただきまして、10ページでございます。16款の財政調整基金繰入金でございます。減額の1億7,500万円。2目の減債基金繰入金、減額の5,000万円とございますが、これは普通交付税の増額に伴いまして調製をさせていただいた額でございます。


 繰越金につきましては、先ほど決算の方で説明しました額が確定しました金額を調製させていただきまして、35万4,000円の減額でございます。


 次でございますが、18款の諸収入でございますが、総務費貸付金元利収入でございます。143万5,000円でございますが、土地開発公社への貸付金でございます。


 続きまして、11ページをお願いします。19款の1項6目の臨時財政対策債、先ほども申しましたとおり80万円の増額でございます。


 はぐっていただきまして、3の歳出でございます。


 1款議会費でございますが、37万4,000円増額でございます。これは議員履歴検索システムの導入ということで、導入の費用を上げさせていただいております。


 以下、先ほども町長の方で説明がございました臨時職員の通勤手当を10月から支給するということでございまして、2キロ以上の者から支給ということで、2,000円から最高6,500円を支給するための費用を以下ずっと計上させていただいております。


 一般職の人件費の増減につきましては、主に人事異動に伴うものが主でございます。


 それでは、13ページをお願いします。2款1項の財産管理費でございます。21万円の増額でございますが、これは筒地にあります町所有の建物の撤去をするための設計監理の費用でございます。


 次に、6目の企画費でございます。291万4,000円の増でございますが、見ていただきまして、丸の2番目でございます。集会施設運営経常経費舎人会館ということで、一番右になると思いますが13万5,000円でございますが、これは現在、次にも出てきますが、羽衣会館と同じでございまして、当初半年分しか計上しとらんということで、地元と協議をするということで半年間しか計上しておりませんところでございますが、今現在最終まで至っておりませんので、地元との協議が、それで半年分を計上させていただくということで、舎人会館につきましては13万5,000円の増でございます。次の丸でございますが、集会施設等整備事業補助金でございますが、105万1,000円でございます。これは温泉区でございまして、温泉児童館の屋根の改修ということで、総事業費が365万3,000円で、50万を差し引いた3分の1ということで105万1,000円を補助するものでございます。次の丸でございますが、中部町土地開発公社事業でございます。143万5,000円でございますが、これは磯泙団地の土質調査を行うために貸し付けるものでございます。


 次に、15目の諸費でございます。一番下になると思います。増の598万5,000円でございますが、国庫に対しまして返納するものと精算を行うものでございます。


 はぐっていただきまして、14ページでございます。2款の総務費の2項1目の税務総務費でございます。651万円の増でございますが、固定資産土地移動のデータ処理約8,300筆を行うための委託料でございます。


 次の15ページをお願いします。15ページの3款1項1目の社会福祉総務費でございますが、172万5,000円でございまして、これは特別会計への繰出金でございます。詳細については、特別会計の方で説明を申し上げます。


 次でございますが、3目の老人センター東湖園費でございます。198万円でございますが、これは温泉タンクの取りかえ135万円と床の張りかえ、手すりの取りつけということで63万円を計上させていただいております。


 次に、6目のハワイ元気村費でございますが、55万5,000円の増でございます。これは給水管、玄関前の修繕等を行う県への負担金でございます。


 次に、8目の障害者福祉費でございますが、109万3,000円の増でございます。これは現在2件の予算化をしておりましたが、4件に2件増加するということで増額をさせていただくものでございます。


 はぐっていただきまして、16ページをお願いしたいと思います。3款2項2目の児童措置費でございます。右側の説明欄でございますが、広域入所委託料ということで1,669万2,000円。園児の18名が広域入所を行うということで、増加になっております。


 それと、次に17ページでございます。4款1項3目の環境衛生費でございます。59万2,000円でございますが、これは公共下水道と農集の下水道の区域外でございまして、合併浄化槽を設置される方に補助するものでございます。花見地区で1件でございます。


 はぐっていただきまして、18ページをお願いします。4款1項の5目の保健対策費でございます。108万6,000円の増でございますが、主に役務費でございまして、制度を皆さんに通知するものと保険証の配達ということで、約2,800通を計画しておるものでございます。


 次に、4款2項1目のじんかい処理費でございますが、減額の147万7,000円、これは請け差による減額を計上させていただいております。


 次に、5款1項4目の農地費でございます。先ほども負担金でありましたが、一番右側の説明欄をごらんいただきたいと思います。土地改良事業ということで、500万円でございます。これは別所地区のため池の用水ばけの整備ということで300万円。原地区の給水施設の水路に防じんのための網を設置する事業で200万円ということを計上させていただいております。それと次の19節でございますが、負担金補助及び交付金で減額の260万円ということ。先ほども収入の方で申し上げましたが、県土地改良連合会の地域協議会に事業が移管となります。町負担の4分の1だけを計上するということで、全体から減額させていただくものでございます。


 5目の水田農業確立対策費でございますが、この事業は先ほどの事業と同じく、これは全額が移管となるということで、全額95万7,000円を減額させていただくものでございます。


 次に、7目の農業施設管理費でございますが、多目的活動施設経常経費羽衣会館ということでございまして、先ほどの舎人会館と同じく10月以降半年分を計上させていただくものでございます。


 20ページをお願いします。6款1項3目の観光費でございますが、29万6,000円の増でございます。これは来年度のハワイアンフェスティバルの交渉のために職員をハワイへ行かせる旅費を計上させていただいております。


 次に、5目の温泉ふれあい会館費でございますが、110万8,000円でございます。これは平成18年度の分の補てんが主なものでございまして、法人の登記費用とかを計上させていただいております。


 次に、6目の温泉保養施設費でございますが、これは監視カメラ、システムデッキ等の修繕に係る費用を75万6,000円計上させていただいております。


 次に、7目のグラウンドゴルフのふるさと公園費でございますが、254万9,000円でございます。15節の工事請負費241万5,000円でございますが、これは大規模な大会がありまして、100人程度しか今のクラブハウス内に入れないということがございまして、200名程度は雨よけをできるために玄関先に上屋をつくるという費用でございます。241万5,000円でございます。


 21ページをお願いします。7款4項2目の下水道費でございますが、減額の1,437万4,000円でございます。これは特別会計の方で説明をさせていただきたいと思います。


 次に、5項1目の住宅管理費でございますが、105万円の増でございますが、これは泊地区の浜山団地に擁壁を設置するということで、約30メーターを計上させていただいております。


 はぐっていただきまして、22ページをお願いいたします。9款2項1目学校管理費でございます。先ほども町長の方から説明がございましたし、以前に議員の皆さんからも御指摘がございました自動体外式除細動器設置ということでAEDでございますが、電気ショックを与えるものでございます。これを小学校、中学校の5校に設置するように予算を計画をさせていただいております。


 それと、主なものにつきましては、その学校費の方でございますが、備品、工事費等の請負差額を精算させていただいております。


 飛びまして、25ページをお願いいたします。9款5項1目の社会教育総務費でございます。89万4,000円でございまして、説明の下側をお願いしたいと思います。全国大会等派遣補助金ということで20万1,000円を計上させていただいておりますが、これは全国の卓球選手権とか今後開かれます、徳島であります国民文化祭に宇野地区の三ツ星踊りを派遣する補助金等でございます。


 はぐっていただきまして、26ページをお願いします。6目の文化振興費でございますが、45万円の増でございます。これの12節の役務費でございますが、橋津のエノキが枯れてしまいましたので、これは伐採を行う費用と、昨年度筒地のエノキの方が枝が折れまして、それを保護、養生するという費用を上げさせていただいております。38万2,000円でございます。


 一番下になりますが、11款1項1目の予備費417万8,000円で調整をさせていただいております。


 以下、38ページからは給与等の明細をつけさせていただいております。説明は省略させていただきます。以上です。


○議長(松本 繁君) 続いて、戸羽生涯学習・人権推進課長。説明をお願いします。


○生涯学習・人権推進課長(戸羽 君男君) 平成19年度湯梨浜町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号)、補足説明をさせていただきます。


 5ページまでは省略をさせていただきまして、6ページをお願いいたします。


 歳入で3款の繰入金、1項基金繰入金でございます。1目の住宅新築資金等の基金繰入金でございます。51万4,000円を補正増で上げております。これにつきましては、歳出歳入の額の調整ということで、今回は補正増とするものであります。


 次に、4款の繰越金でございます。これにつきましては、18年度の繰り上げ償還、末に2件ございました。271万5,000円の繰り越しが確定いたしましたので、今回270万2,000円ということで繰り越しを計上いたしました。


 次に、5款の諸収入でございます。1項の貸付金元利収入でございます。これにつきましては、既に19年度に当初予算に計上されておりますけれども、18年度末に繰り上げ償還がありました2件分、これの元金と、それから利息のそれぞれの収入分を補正減とするものということで、合わせまして39万4,000円の減額とするものであります。


 7ページの歳出でございます。公債費の元金、利子それぞれの項目でございますが、合わせて補正額を282万2,000円としております。18年度末に繰り上げ償還、これが2件あったということで、それに係ります地方債の償還元利金を償還するということで、元金の方につきましては293万5,000円の増、それから利子分については11万3,000円の減ということで、合わせまして282万2,000円を補正増とするものでございます。以上で終わります。


○議長(松本 繁君) 続いて、浜崎健康福祉課長。説明をお願いします。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) 議案の104号でございます。平成19年度湯梨浜町高齢者及び障害者住宅整備資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)でございます。


 62万2,000円を追加するものでありますが、7ページと8ページで御説明を申し上げたいと思います。


 今回の補正につきましては、先ほど町長の提案理由がございました高齢者住宅整備分について、1件繰り上げ償還がございました。それに伴いまして今回補正をそれぞれするものでありますが、高齢者住宅分、18年度の末3月に1件繰り上げ償還をされましたけれども、予定といたしましては平成22年度までの償還の御予定であったというものでございます。その償還に伴いまして、歳入では元利収入を減、それから3款の町債で貸し付けの事業債の減というものでございまして、歳出の方につきまして8ページをごらんいただきたいと思いますが、まず2款の住宅整備資金等貸付事業費につきましては、繰り上げ償還によって事業債が減額いたしました。そのことによります財源の振りかえといったものでございます。


 高障会計につきましては1件の繰り上げ償還に係るものでございますので、簡単ですけれども補足説明といたします。


 では、続いて議案の105号でございます。平成19年度湯梨浜町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、2,166万1,000円を増額するものでございます。


 この補足説明につきましても、6ページと7ページを両方であわせてごらんいただきたいと思います。


 まず、歳入でございますが、2款の国庫支出金で一般被保険者に係る療養給付費の負担金、これが18年度分として追加交付されることになりました。1,289万6,000円でございます。


 それから、7款の繰入金につきましては、2万5,000円を事務費として一般会計から繰り入れをさせていただきます。


 3の歳出、7ページをごらんいただきたいと思いますけれども、1款の総務費のところで2万5,000円を追加計上しております。これは先ほど一般会計の方でも説明がございました臨時職員さんの賃金として通勤手当分、これを歳入の方の一般会計からの繰り入れということで財源を持ってきまして、2万5,000円を半年分計上しております。


 歳出の8款の諸支出金でありますけれども、国民健康保険税、国保の還付金でございます。これは144万9,000円を新たに計上いたしておりますが、これは国保脱退、社保加入の手続が非常におくれられた場合に国保税の還付が生じます。この払い戻しとして144万9,000円を計上したものであります。


 その次の療養給付費交付金の償還金でございます。これは退職被保険者分として18年度分2,018万7,000円を受け入れ過ぎということで、返納するというものでございます。


 歳入歳出とあわせまして、歳入の方として7款の繰入金でありますが、調整として財政調整基金繰入金として733万3,000円を充当するというものでございます。以上であります。


○議長(松本 繁君) それでは、続いて山下地域包括支援センター所長。お願いします。


○地域包括支援センター所長(山下 章君) それでは議案第106号、平成19年度湯梨浜町介護保険特別会計補正予算(第2号)の詳細の説明をします。


 6ページをお願いします。6ページの歳入でございます。2款分担金及び負担金、1目の地域支援事業負担金で2節の包括的支援事業・任意事業負担金60万円を計上です。これにつきましては、外出支援サービス事業に係る半年分の個人負担金を計上させていただきました。


 6款繰入金、1節の介護予防事業繰入金です。これはマイナスの69万7,000円の計上です。これにつきましては、平成18年度の介護給付に係る国庫負担金の精算に伴いまして平成18年度の繰入金も減となりましたので、現年度繰入金の中で減額、精算するものでございます。2節の包括的支援事業・任意事業の繰入金です。239万7,000円計上です。これは外出支援サービス事業の半年分に係る経費に係る繰入金を計上させていただきました。


 7款繰越金、これにつきましては平成18年度の繰越金を計上させていただきました。


 ページ7の歳出でございます。4款地域支援事業、1目の包括的支援事業・任意事業、13、委託料、これは外出支援サービス事業の委託料299万7,000円を計上させていただきました。これにつきましては、当初予算の審議の中でも御説明いたしたと思いますが、この事業は地域支援事業の一つでありまして、外出支援サービスにつきましてはそれまで町の社会福祉協議会に委託して行ってまいったものでございます。しかし、平成18年の道路運送法の改正によりまして、このサービスを行うためには緑ナンバーを持っておられる事業所かあるいは町の有償運送運営協議会で合意され、陸運局に登録された事業所でないとできなくなりましたので、経過措置としての期限でありますことしの9月末まででしたので、当初予算にはその半年分しか計上してありませんでした。それで、このたび町の有償運送運営協議会で町社会福祉協議会での有償運送が合意されましたので、今回の補正に残りの半年分の委託料を計上したものでございます。


 5款諸支出金1,484万8,000円計上です。これは平成18年度の介護給付の精算に係る国庫及び県支出金等の返納金を計上させていただきました。


 6款予備費、今回歳入の補正に上げさせていただきました繰越金を計上いたしましたために、歳入歳出の差し引きにより予備費を4,268万7,000円の増額補正をするものでございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 終わりに、中本建設水道課長。お願いします。


○建設水道課長(中本 賢二君) それでは、議案第107号、平成19年度湯梨浜町下水道事業特別会計補正予算(第3号)を補足説明をさせていただきます。


 7ページをごらんいただきたいと思います。歳入でございますが、一般会計繰入金、マイナスの1,437万4,000円でございます。これにつきましては、6款の方の町債の方の下水道事業債特別措置分が1,420万ということで、発行可能額の額の確定があったものですから、これがふえた要因で一般会計繰入金も減となったということでございます。


 引き続き6款の町債ですが、2の公共下水道事業債2,380万円。これは支出の方で説明しますけども、事業を実施するということで町費を借りるというようなことで増になっております。


 続きまして、8ページを見ていただきたいと思います。支出の方でございます。維持管理費、補正額256万1,000円の増でございます。内容につきましては、公共下水道維持管理費の委託料256万1,000円の増ということで上げております。詳細につきましては、現在発注しております委託業務の方の契約で精算ということでマイナスしたものと、大きい今回の増という形では、当初予算でも承認になっとるわけですけども、羽合第2処理分区の管渠の更正工事を今年度実施するわけですけども、その部分に堆積土砂が半分ぐらいあるということがわかっておったわけですけども、これを国庫補助の対象ということで交渉をやっていたわけですけども、これは維持管理の範疇だということが結論が出たものですから、これを単独費の形で堆積土砂を撤去するということでこの金額を計上させていただきました。


 2番の施設整備事業費ということで、公共下水道事業費2,106万5,000円の増でございます。これにつきましては、当初、藤津地区の方で宅地造成による開発があるということでしたが、これが中止になり、現在、長江地区の方で宅地造成の計画がございます。場所は以前のサンディコンサルタントがあるわけですが、その手前の方で今土とりがあって造成されとるわけですけども、その部分が宅地造成ということで15戸の計画があります。そこに下水の管渠を引っ張っていくということで、この工事をしたいということで、消耗品50万円、委託料158万円、工事請負費として1,898万5,000円を計上させていただきました。ということでございます。


 引き続き議案第108号、平成19年度湯梨浜町水道事業会計補正予算(第2号)を補足説明させていただきたいと思います。


 収入の方につきましては変更なしでございますけども、今回の事業をするということで6ページの方を見ていただきたいと思います。


 今回の補正内容としましては、資本的支出の建設改良費、原水施設工事費の委託料を計上させていただきました。増として315万円でございます。この内容といたしましては、羽合水源地の送水ポンプの操作盤が30年程度たっておりまして相当老朽化し、電気の方の部品の方も入手が困難な状況になったという状況ですので、それをかえるという実施設計書の委託を出したい。それと、あと羽合水源地のろ過ポンプの逆栓システムの改良工事につきまして、これも逆栓ポンプ等のシステムの委託を出したいということで、この工事の方の予算はあるわけですけども委託の方がちょっとなかったものですから、これを今回計上させていただきたい。315万円の増ということです。


 財源といたしましては、1ページでございますけども、建設改良積立金の方から充てたいと思っております。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 以上で補正予算の提案理由の説明は終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第31 議案第109号





○議長(松本 繁君) 日程第31、議案第109号、湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第109号、湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。


 このたびの条例改正は、浜地区の水道は昭和33年度に町管理の簡易水道事業として認可整備したものでございますが、事業完了後条例化されておらず、その認可申請の内容と不整合なこととなっておりますため、水道法上不適正な状況に置かれております。そのため、今回所要の改正を行おうとするものでございます。


 また、白石・羽衣石地区簡易水道事業につきましては、管理主体を地区管理とするため、使用料の削除を行うものであります。


 詳細につきましては担当課長が御説明申し上げますので、御審議の上、御決定を賜りますようよろしくお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 中本建設水道課長。


○建設水道課長(中本 賢二君) それでは、湯梨浜町簡易水道事業給水条例の一部を改正する条例の補足説明をさせていただきたいと思います。


 ページをめくっていただきたいと思います。改正後の方で説明させていただきたいと思います。


 条例の第2条、湯梨浜町簡易水道事業の区分は次のとおりとするということで、町長の方からも提案理由がありましたけども、(1)の「浜地区簡易水道事業」を追加したいと思います。


 続いて(2)でございますが「略」となっていますけど、これは内容といたしましては泊地区の簡易水道事業でございます。


 (3)番は原地区簡易水道事業ということで、これの「地区」を追加しております。これは正式な簡易水道事業という形で認可を受けておる名前に変更するものでございます。


 (4)番も宇谷地区簡易水道事業ということで「地区」を追加させていただきたいということでございます。


 (5)番、白石地区簡易水道事業、これも「地区」を追加させていただきたいということでございます。


 (6)の羽衣石地区も簡易水道事業の「地区」を入れて、正式な認可の名前に変更させていただきました。


 次をはぐっていただきたいと思います。給水区域は次の区域とするということで「浜地区簡易水道事業の区域」「湯梨浜町はわい長瀬(浜地区)」ということで、これを追加させていただきたいと思います。


 (2)番、(3)番、(4)番、(5)番、(6)につきましては「地区」を追加させていただきました。


 続きまして、湯梨浜町水道事業給水条例の準用ということで、今回改正させていただきますのがただしの部分でございます。ただし、「町長が必要と認めたものについては、この限りではない」ということで、この部分を変更したいということでございます。


 内容につきましては、現在、白石・羽衣石地区につきましては1戸当たり年間8,500円、羽衣石につきましては9,200円ということで条例化はなっとるわけですけども、これにつきましては以前水質検査を町がやっとるということで、水質検査分というような形での試算で水道料金を設定しとったわけですけども、地区管理ということを実施しておりますので、この部分については削除したいということです。


 以後、町長が必要と認めたものについてはこの限りでないということで、地区との協定等を結びまして、今後の管理の仕方等を結んで実施していきたいということでございます。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第32 議案第110号





○議長(松本 繁君) 日程第32、議案第110号、湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第110号、湯梨浜町介護保険条例の一部を改正する条例につきまして提案理由を申し上げます。


 介護保険料の賦課徴収義務につきましては、町税の賦課徴収事務との一元化による合理的な業務の執行を図るため、本年度その事務を健康福祉課から町民課税務係に移管いたしたところでございます。


 このたびの改正は、条例の中で地方税と異なる延滞金算定方法が掲げられておりますため、税との均衡を図るため、これを統一したものに改定しようとするものでございます。


 地方税法に規定されております延滞金算定方法で行うことによりまして、催告、収納等に係る業務の多くで税との共用化が実現するものと考えております。以上です。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 山田町民課長。


○町民課長(山田 正明君) 介護保険条例の一部を改正する条例を補足説明させていただきます。


 今、町長が申し上げましたように、ことしの4月から介護保険料についても町民課税務係で徴収することになりまして、その段階で御承知のとおり18年度から税に係る延滞金の徴収を行ってまいりました。その関係で、この介護保険料の徴収事務が移ったということもあり確認をしましたところ、平成9年ごろに制定された条例がそのまま残っておって、地方税法による徴収形態ではなかったということでの改正でございます。


 改正前によりますと、10円未満は切り捨てて10円単位まで徴収するということになっておりますけども、地方税法ではその額が2,000円以上の場合に100円未満まで徴収するということになっておりますので、そのように改定するものであります。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第33 議案第111号





○議長(松本 繁君) 日程第33、議案第111号、町営土地改良事業計画の変更についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第111号、町営土地改良事業計画の変更について提案理由を申し上げます。


 石脇地区の水田で実施中でございます基盤整備促進事業につきまして、平成16年度から、ことしが最終年度ということで整備を進めてまいっておるところですが、今般、当初計画にはございませんでした非農用地設定を行う必要があり、土地改良法第96条の3第1項の規定により本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 担当課長より補足説明を求めます。


 米村産業振興課長。


○産業振興課長(米村 繁治君) 議案第111号について補足して説明申し上げます。


 お手元に参考資料を別冊で用意させていただいておりますので、そちらで御確認いただければと思いますが、参考資料をめくっていただきまして、1枚目に換地処分の計画を付したものをお示ししております。これは土地改良区域内の換地処分に係る県知事との協議に使う資料でございまして、それで御説明させていただきます。


 表の見方ですが、右半分の方が非農用地の区域設定に関する項目を並べております。それから、縦方向では地区名の横に従前の土地、それから換地としております。従前の土地が縦に2段の表示になっておりますが、上段の方が変更前、それから下段の方が現況です。それから、換地の方も同じく上段の方が変更前の表示、それから下段の方が変更後の数字ということでございます。


 それで、今回議会の承認をお願いするものにつきましては、非農用地の中で異種目換地という項目がございますが、そこが従前0.1という単位だったものを括弧表示しておりますが、これが今回計画変更により単位以下、いわゆる四捨五入の関係で450平米程度に変わりましたので、0.0の表示とします。


 それから、創設する非農用地の関係では公共用の施設、いわゆる導水路でございますが、これが当初計画においてなかったものを0.1ヘクタール追加するものでございます。


 それから、さらに右の方で機能交換に係る土地というのを表記しておりますが、これは導水路敷に係るものでございまして、従前、国有地のみでカウントしておりましたが、実地での精査の結果、市町村有地もありましたので、そこらの数字の手入れをいたしております。


 次に、表をめくっていただいて図面の方で表記しておりますが、まず特定用途の非農用地の関係、図面の左下の方に水道用地という簡易水道の水源地があります。それから、図面左上の方にごみステーションという県道沿いの土地がございます。それから、図面左中ほどの上の方に農機具倉庫というのがあります。これはもともと非農用地の設定あるいは公共用地で存在していたものを、今回地区内に取り込んで換地処分を行うために整理するものでございます。


 それから異種目の換地、先ほど御説明しましたが、図面中に出てきます水路の用地あるいは道路用地、都合4カ所ありますが、これらが事業実施に伴いまして出てくるものであります。


 さらに、追加で図面の一番左下側に農機格納庫という表記がございますが、これは個人の方ですが、格納庫を設けるためにこれも非農地として設定するという内容でございます。よろしくお願いします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第34 議案第112号





○議長(松本 繁君) 日程第34、議案第112号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第112号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議について提案理由を御説明申し上げます。


 現在の後期高齢者医療広域連合の議会議員定数は13人ですが、県内全市町村の住民の意思を反映すべきという観点から、このたび議員定数を22人とし、その選挙の方法についても各市町村議会において選挙する方法に変更しようとするものでございます。


 広域連合規約の一部を改正するものでございまして、地方自治法第291条の11の規定により、規約変更に係る協議について本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細は担当課長から説明申し上げますので、御審議、御議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 浜崎健康福祉課長に補足説明を求めます。


○健康福祉課長(浜崎 厚子君) 議案第112号でございます。鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の変更に関する協議についての補足説明をさせていただきます。


 議案をめくっていただきまして、まず改正後と改正前の表をつけておりますが、第7条をごらんいただきたいと思います。広域連合議会の組織でございますが、従前、改正前につきましては連合議会の議員定数を13名としておりました。その内訳につきましては、この改正前の表の下に別表として掲げてございます。東部、中部、西部からそれぞれ5人、3人、5人というふうに定数を設けてございましたけれども、このたび改正後といたしまして22名とするものでございます。


 その22名の内訳につきましては、その改正後の下の別表の第2をごらんいただきたいと思いますが、鳥取市から3名、米子市から2名、そのほか倉吉市以下2市14町1村から各1名ということで、合計22名に改正しようとするものでございます。


 この定数につきましての算定の根拠は、後期高齢の人口、75歳以上の人口1万人について1名加算という算定でございます。


 次に第8条でございますが、この8条につきましては、改正前、従前は東部、中部、西部それぞれの圏域ごとで定数の議員さん方を選挙ということでございましたけれども、今回は改正後として各市町村議会で議員さんを選挙していただくというものでございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 以上で議案の提案理由の説明を終わります。


 暫時休憩をいたします。再開を2時15分とします。


              午後2時05分休憩


    ───────────────────────────────


              午後2時15分再開


○議長(松本 繁君) 再開いたします。


 続いて、議案第83号から議案第112号までの審議は21日に行います。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第35 議案第113号





○議長(松本 繁君) 日程第35、議案第113号、物品売買契約の締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇町長。


○町長(宮脇 正道君) 議案第113号、物品売買契約の締結について提案理由を申し上げます。


 平成19年度においてマイクロバスを1台購入したいので、地方自治法第96条第1項及び湯梨浜町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得に関する条例第3条の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 契約の目的は、29人乗りマイクロバス1台の購入。契約金額は消費税込みで1,037万4,000円。契約の相手方は、鳥取市湖山町東4丁目15番地、島根日野自動車株式会社鳥取支店。契約の方法は、指名競争入札でございます。御審議の上、御決定くださいますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。質疑ありませんか。


 9番、吉田さん。


○議員(9番 吉田 礼治君) マイクロバス1台、1,037万4,000円で購入するということですが、このマイクロバスはどこの車庫に配置するのか御答弁いただきたいと思います。


○議長(松本 繁君) 松本総務課長。


○総務課長(松本 徹君) 消防自動車が動きますので、羽合庁舎のここの裏側の車庫に置くように計画しております。


○議長(松本 繁君) そのほか、ありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、議案第113号は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。14日は議案の委員会審議のため休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 御異議なしと認めます。よって、14日は休会とすることに決定をいたしました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会をいたします。


 なお、15日の本会議は午前9時から会議を開きますので、定刻までに御出席をくださいますようよろしくお願いいたします。


              午後2時18分散会


    ───────────────────────────────