議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成18年第 6回臨時会(第 1日 8月25日)




平成18年第 6回臨時会(第 1日 8月25日)





 
────────────────────────────────────────


   第6回 湯 梨 浜 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 (第1日)


                          平成18年8月25日(金曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                         平成18年8月25日 午前10時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 町長山本庸生君の退職の件について


 日程第5 町長職務代理者助役宮脇正道君の退職の件について


 日程第6 議案第 99号 平成18年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第7 議案第100号 湯梨浜町国民健康保険条例の一部を改正する条例について


 日程第8 議案第101号 湯梨浜町特別医療費助成条例の一部を改正する条例について


    ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 町長山本庸生君の退職の件について


 日程第5 町長職務代理者助役宮脇正道君の退職の件について


 日程第6 議案第 99号 平成18年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)


 日程第7 議案第100号 湯梨浜町国民健康保険条例の一部を改正する条例について


 日程第8 議案第101号 湯梨浜町特別医療費助成条例の一部を改正する条例について


    ───────────────────────────────


               出席議員(17名)


      1番 會 見 祐 子       2番 吉 村 敏 彦


      3番 浜 中 武 仁       4番 入 江   誠


      5番 徳 田 幸 宣       6番 酒 井 幸 雄


      7番 光 井 哲 治       8番 前 田 勝 美


      9番 浦 木   靖       10番 吉 田 礼 治


      11番 竹 中 壽 健       12番 増 井 久 美


      14番 福 本 幸 弘       15番 平 岡 将 光


      16番 寺 地 章 行       17番 村 中 隆 芳


      18番 松 本   繁


    ───────────────────────────────


               欠席議員(なし)


    ───────────────────────────────


               欠  員(1名)


    ───────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 小 谷 栄 一   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


    ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長職務代理者 助役 宮 脇 正 道   総務課長 ───── 松 本   徹


 産業振興課長 ─── 米 村 繁 治   福祉企画課長 ─── 石 原 清 弘


 高齢者健康福祉課長─ 浜 崎 厚 子   総務課参事 ──── 山 下   章


    ───────────────────────────────


             午前10時00分開会


○議長(松本 繁君) ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、平成18年第6回湯梨浜町議会臨時会を開会いたします。これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松本 繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、11番、竹中壽健君、12番、増井久美君を指名をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(松本 繁君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りをいたします。本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日限りと決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) 本議会開会にあたり、宮脇職務代理者にあいさつを求めます。はい、お願いします。


○町長職務代理者 助役(宮脇 正道君) 議長のお許しを得て、第6回湯梨浜町臨時議会の開会にあたり一言ごあいさつを申し上げます。


 本臨時議会は、町長の病気退職という不測の事態を受け、開催をお願いしたところでございますが、議員各位におかれましては農作業等何かとお忙しい中ご出席をいただきお礼を申し上げます。


 さて、山本町長には湯梨浜町が誕生して1年11ヵ月、初代町長として公平さを土台に町民の融和を図り、旧3町村間の格差是正、懸案事項の解決、さらには総合計画を初めとする新町の各種プランニングの策定など新町の礎づくりを行い、着実に調整を進めてこられました。このたびの任期途中の病気によるご退職は、山本町長のご本人にとりまして断腸の思い幾ばくかと拝察するものであり、町民にとりましても残念この上ないことでございます。この上は治療に専念され、一日も早い御快癒をお祈りするものでございます。


 また、私事になり恐縮でございますが、町長選出馬のため9月5日付けで退職いたしたく、私の退職の届出を議長に提出させていただきました。地盤も組織もない浅学非才な私でございますが、よりよいまちづくりにかける思い、それは誰にも引けをとらないものと自負しており、住民の皆様とともに信頼関係をベースに、まちづくりに対する山本町長の気持ちを受け継ぎながら、総合計画を初めとする様々な施策の具現化さらには湯梨浜の素材を生かした農業・観光の振興、住民との協働によるまちづくり、環境施策推進のための取り組みなど湯梨浜町初の施策に少しずつ芽が出ている状況もあり、これらを積極的に推進し、総合計画のスローガンであります「げんき いきいき かがやきのまち」の実現に向け努力してまいりたいという思いからでございます。議員の皆様、町民の皆様のご理解をこの場をお借りしてお願いするものでございます。


 そのほか、本臨時議会には現時点で必要な補正予算等も提案させていただいております。ご審議の程よろしくお願い申し上げまして、あいさつと代えさせていただきます。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(松本 繁君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 議員派遣の報告については、お手元の報告書のとおり報告をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 町長山本庸生君の退職の件について





○議長(松本 繁君) 日程第4、町長山本庸生君の退職の件についてを議題といたします。


 まず、お手元に配付の申出書を朗読させます。


○事務局長(小谷 栄一君) そうしますと、朗読させていただきます。


    …………………………………………………………………………………


                  辞職届


  私儀、健康上の理由により、町長の職を辞したいので届け出ます。


                    平成18年8月18日


                           湯梨浜町長 山 本 庸 生


  湯梨浜町議会議長 松 本  繁 様


    ───────────────────────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。


 本件は、これに同意することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、町長山本庸生君の退職に同意することに決定をいたしました。


 宮脇職務代理者、退席してください。


            〔町長職務代理者 助役 退席〕


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 町長職務代理者助役宮脇正道君の退職の件について





○議長(松本 繁君) 日程第5、町長職務代理者助役宮脇正道君の退職の件についてを議題といたします。


 まず、お手元に配付の申出書を朗読させます。


○事務局長(小谷 栄一君) そうしますと、朗読いたします。


    …………………………………………………………………………………


                  辞職届


  私儀、一身上の都合により、平成18年9月5日をもって助役の職を辞したいので届け出ます。


                    平成18年8月24日


                           湯梨浜町助役 宮 脇 正 道


  湯梨浜町議会議長 松 本  繁 様


    ───────────────────────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。


 本件は、これを承認することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、町長職務代理者助役宮脇正道君の退職を承認することに決定をいたしました。


           〔町長職務代理者 助役 着席〕


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第99号





○議長(松本 繁君) 日程第6、議案第99号、平成18年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇職務代理者、説明。


○町長職務代理者 助役(宮脇 正道君) 議案第99号、平成18年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)について、提案理由を申し上げます。


 このたびの平成18年度湯梨浜町一般会計補正予算(第3号)は、歳入歳出とも220万円減額し、補正後の歳入歳出予算の総額を88億1,324万3,000円にするものです。


 補正内容といたしましては、先ほどご承認いただきました町長の辞職に伴う町長選挙及び町議会補欠選挙の経費、また、9月1日から指定管理の協定を結ぶに当たっての現予算の組み替えなどございます。


 詳細につきましては、総務課長が補足説明を行いますので、ご審議の上ご議決を賜りますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 総務課長に補足説明をさせます。


○総務課長(松本 徹君) 補足説明を申し上げます。


 6ページをお願いします。歳入でございますが、老人センター東湖園の使用料を9月以降の分につきまして減額するものでございます。9月1日から町社協と指定管理の協定を結ぶに当たりまして、9月以降の施設の使用料が指定管理者の収入となるために220万円を減額するものでございます。


 次に7ページでございますが、歳出でございます。2款の総務費でございますが、14目、温泉保養施設費でございます。龍鳳閣の費用でございますが、これも金額の移動はございませんが、指定管理者に伴う委託費ということで組み替えをさせていただきます。1,320万円でございます。


 次に、総務費の4項の選挙費でございますが、町長・町議会議員の補欠選挙に伴うものでございまして、報酬から負担金、補助及び交付金まで1,206万7,000円を計上させていただくものでございます。


 次に、民生費でございますが、老人センター東湖園のものでございます。これにつきましては、指定管理者制度に伴いまして移動を行うものでございます。


 8ページでございますが、6款の商工費、温泉ふれあい会館費でございます。これにつきましては、ハワイゆ〜たうんでございまして、これも指定管理者に伴いまして100万円ということでございますが、内容につきましてはポンプの引き上げに伴いますのが70万、重油代が高騰しておりますのでそれに伴いますのが30万ということで、合わせて100万円の増額をお願いするものでございます。


 予備費につきましては、今回の補正の財源を予備費で調整したために1,253万7,000円の減額をするものでございます。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 説明が終わったので質疑に入ります。質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 御異議なしと認めます。よって、議案第99号は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第100号





○議長(松本 繁君) 日程第7、議案第100号、湯梨浜町国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇職務代理者、説明お願いします。


○町長職務代理者 助役(宮脇 正道君) 議案第100号、湯梨浜町国民健康保険条例の一部改正について、提案理由を申し上げます。


 今年6月に健康保険法等の一部を改正する法律が可決成立し、医療費適正化の相互的な推進、予防の重視など一連の医療制度の改革に取り組まれることになりました。この中で、少子化対策として制度化されております出産育児一時金の金額が、本年10月1日から現行の30万円を35万円に、5万円引き上げられることになりました。このため本町としましても、湯梨浜町国民健康保険条例第4条に規定します出産育児一時金の金額を5万円引き上げ、35万円としようとするものでございます。


 よろしくご審議の上、ご議決をお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 補足説明を求めます。石原福祉企画課長。


○福祉企画課長(石原 清弘君) 議案はぐっていただきまして、湯梨浜町の国民健康保険条例の一部を改正する条例ですけども、新旧対照表、改正前の出産育児一時金ですが、金額30万円を5万円引き上げて35万円とするものでございます。附則としまして、施行期日は、この条例は、平成18年10月1日から施行する。経過措置、2としまして、改正後の第4条の規定による出産育児一時金の額は、平成18年10月1日以降の出産から適用し、同日前の出産については、なお従前の例による。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 説明が終わったので質疑に入ります。質疑はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。よって質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 御異議なしと認めます。よって、議案第100号は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第101号





○議長(松本 繁君) 日程第8、議案第101号、湯梨浜町特別医療費助成条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 宮脇職務代理者。


○町長職務代理者 助役(宮脇 正道君) 議案第101号の湯梨浜町特別医療費助成条例の一部改正について、提案理由を申し上げます。


 湯梨浜町特別医療費助成条例は、重度の身体、知的、精神障害者の医療費について助成することにより、これらの方々の健康の保持、生活の安定を図り、その福祉を増進しようとするものです。


 先の国会で、健康保険法等の一部を改正する法律案が可決成立し、その中で療養病床に入院する高齢者の食費、居住費の負担の見直しがあり、70歳以上の高齢者の方は療養病床に入院する場合、現行は食事療養の費用のうち食材料費のみを負担しているところを本年10月1日から生活療養にかかる費用の一部も負担することとなりました。今回のこの特別医療費助成条例の一部改正は、昨年実施されました介護保険制度の見直し、介護療養型医療施設においては昨年10月から生活療養にかかる費用は自己負担となっていることもあり、このたびの入院時の生活療養にかかる費用を助成対象外とするものであります。なお、鳥取県におきましても本9月定例県議会において、同内容の鳥取県特別医療費助成条例の一部改正が上程される予定と伺っております。


 ご審議の上、ご議決をいただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 補足説明を求めます。石原福祉企画課長。


○福祉企画課長(石原 清弘君) 議案はぐっていただきまして、湯梨浜町特別医療費助成条例の一部を改正する条例ですけども、第1条の欄の中でございます。改正前の第3条、助成の下線部、入院時の食事療養にかかるを改正後では次に掲げると改めて、1号、2号を追加するものでございますけども、改正前の内容は低所得者以外、いわゆる一般所得者の入院時の食事療養費は特別医療の助成対象外であります。また、低所得者は特別医療の対象とするものですけども、改正後におきましては、低所得者は生活療養にかかる費用、いわゆる食費と居住費ですけども、特別医療の対象としまして、また、一般所得者については、生活療養にかかる費用のうち従来被保険者が負担していた食事療養にかかる相当費用額を除いた費用を特別医療の対象とするものでございます。ただし、次のページに附則がございますけども、附則の施行期日の規定によって10月1日から30日までの1ヵ月間の経過措置というものでございます。


 次に第2条でございますけども、裏のページですけども、欄の中の第3条の条文ですけども、これは先ほどの第1条の改正後の条文と同じですけども、改正後の条文の中ほどに下線部で、入院時の生活療養にかかる費用及びを追加しております。さらに改正前の下線部、次に掲げるを改正後の下線部、入院時の食事療養にかかるに改めて、改正前の1号、2号を削除いたしております。内容としましては低所得者、一般と所得にかかわらず、療養病床に入院される70歳以上の高齢者の生活療養にかかる費用は特別医療の対象としないとするものでございまして、附則によりまして本年11月1日から施行するというものでございます。附則で、施行期日は、1、この条例は平成18年10月1日から施行する。ただし、2条の規定は同年11月1日から施行するということでございます。経過措置、2、第1条の規定による改正後の湯梨浜町特別医療費助成条例の規定は、この条例の施行の日以後に受ける医療にかかる医療費の助成について適用し、同日前に受けた医療にかかる医療費の助成については、なお従前の例による。3としまして、第2条の規定による改正後の湯梨浜町特別医療費助成条例の規定は、平成18年11月1日以後に受ける医療にかかる医療費の助成について適用し、同日前に受けた医療にかかる医療費の助成については、なお従前の例によるということでございます。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 説明が終わったので質疑に入ります。質疑はありませんか。


 12番、増井君。


○議員(12番 増井 久美君) 先ほども全協の席で説明も受けたわけですけれども、今ですね、お年寄りは非常に大変な状況になっているというふうに私は思っております。住民税が非課税から課税になった途端に介護保険料が非常に上がったという声、それから今年、高額療養費の自己負担限度額が変わるというようなことが10月の1日からおきると。こういう、まあ国の法律ですけれども、国が決めたことではありますけども、これはまったくのお年寄りいじめではないかと、これによって病院に入院をあきらめるというか、あるいは療養病床というのは長期間になりますから、とてもじゃないけど入院しておれないというような人が増えるのではないかというふうに私は非常に心配をしているわけです。県もこういう制度をつくるという説明でしたけれども、県は県、国は国、町は町として何らかの対策をとるべきではないかというふうなことを私は感じておりますので、その点について一言お聞かせいただきたいと思います。


○議長(松本 繁君) はい、石原福祉企画課長。


○福祉企画課長(石原 清弘君) 今、増井議員がおっしゃるとおり介護保険あるいは高齢者に限らず自立支援でもそうですけども、さまざまな面で町民の負担がふえる現状がございます。福祉の現場あるいは医療の方の担当としましても、実態をさらに把握しながら、決めの細かい新たな制度でもつくっていく必要があらへんかなという気がしております。今後そういうことは実態を見きわめながら、町の、さらなる町民の福祉について考えていかんといけんというふうに考えています。


○議長(松本 繁君) はい、12番、増井君。


○議員(12番 増井 久美君) ただいま担当課長からですね、きちんとした答弁をいただいたわけですけれども、ぜひとも実態調査をやっていただきたいと思います。介護保険が非常に上がって大変だという声あるいは入院しただけで年金額を上回ってしまうという声、いろんな声が聞こえてくるわけです。ぜひともですね、福祉企画課あるいは高齢者健康福祉課、あるいは国保が上がって国保が払えないという人たちの保険証の取り上げというようなことがないように税務課、そういったものが一体となって町民の実態把握をしながら、どう対処したらいいか考えていただきたいということを思っております。以上です。


○議長(松本 繁君) そのほかありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) ありませんので、質疑を終結をいたします。


 討論に入ります。討論はありませんか。


            〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論がないようですから、討論を終結をいたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


           〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議が今ありましたので、この議案は起立採決によってとり行います。


 これより、議案第101号を採決いたします。原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いします。


               〔賛成者起立〕


○議長(松本 繁君) 起立多数です。よって、議案第101号は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) お諮りをいたします。以上で、本臨時会に付議された事件は全て終了をいたしました。よって、会議規則第7条により閉会をしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。よって、平成18年第6回湯梨浜町議会臨時会を閉会をいたします。


               午前10時24分閉会


    ───────────────────────────────