議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成18年第 1回臨時会(第 1日 2月 7日)




平成18年第 1回臨時会(第 1日 2月 7日)





 
 ───────────────────────────────────────


   第1回 湯 梨 浜 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                           平成18年2月7日(火曜日)


 ───────────────────────────────────────


                議事日程(第1号)


                          平成18年2月7日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期決定の件


 日程第3 議案第1号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


 日程第4 議案第2号 平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)


 日程第5 議案第3号 平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第3号)


 日程第6 議案第4号 平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 ───────────────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期決定の件


 日程第3 議案第1号 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について


 日程第4 議案第2号 平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)


 日程第5 議案第3号 平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


            (第3号)


 日程第6 議案第4号 平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 ───────────────────────────────────────


                出席議員(18名)


        1番 會 見 祐 子        2番 吉 村 敏 彦


        3番 濱 中 武 仁        4番 入 江   誠


        5番 徳 田 幸 宣        6番 酒 井 幸 雄


        7番 光 井 哲 治        8番 前 田 勝 美


        9番 浦 木   靖        10番 吉 田 礼 治


        11番 竹 中 壽 健        12番 増 井 久 美


        13番 秋 田 和 幸        14番 福 本 幸 弘


        15番 平 岡 将 光        16番 寺 地 章 行


        17番 村 中 隆 芳        18番 松 本   繁


     ───────────────────────────────


                欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


                欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


               事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 西 田 光 行   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


     ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 山 本 庸 生   助役 ─────── 宮 脇 正 道


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   教育長 ────── 西 山   登


 総務統括課長 ─── 宮 本 幸 臣   福祉統括課長 ─── 石 原 清 弘


 建設統括課長 ─── 中 嶋 重 幸   教育統括課長 ─── 松 本   徹


 財務課長 ───── 岩 本 和 雄   総務課参事 ──── 前 田 啓 嗣


     ───────────────────────────────


              午前9時40分開会


○議長(松本 繁君) 開会いたします。ただいまの出席議員数は18人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成18年第1回湯梨浜町議会臨時会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松本 繁君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は会議規則第118条の規定によって、1番、會見祐子君、2番、吉村敏彦君を指名いたします。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定の件





○議長(松本 繁君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りをいたします。本臨時会の会期は、本日1日間にしたいと思いますが御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、会期は、本日1日間に決定をいたしました。


     ─────────────・───・─────────────





◎町長あいさつ





○議長(松本 繁君) 山本町長、あいさつをお願いいたします。


○町長(山本 庸生君) 議員の皆さんおはようございます。節分も済みました。そして立春も済みまして暦の上ではとっくに春ということのこのような時期ではございますが、


 寒波が今年は早く来まして、もう去ったかなと思いましたが、また二度目の寒波でこうして寒い中ではございますが、きょうは初の、初めての議会ということもございまして皆さん方には本当にお世話になりますが、よろしくお願いを申し上げるしだいでございます。


 今、国内では、本当に改革とはこのようなものかというようなことが新聞からそれぞれの報道機関で報じられて、大変な時期だというぐあいにも見ているわけでございます。しかしながらある企業においては、特定な企業ではございますが、上向いた企業もあるようにも思っておりますが、まだまだ我々湯梨浜町のこんなまで来るためには、相当の時間も要しようというぐあいに思っているところでございます。


 どちらかと言いますと、今はもう4日後に控えたトリノオリンピック、冬季オリンピックで日本がどのような成績ということが話題になっているのも事実でございまして、うれしい話題とどっちかと言うと寂しいような話題とが交錯しているこうした中ではございますが、今年が皆さん方、本当にまたお世話になりますが、どうぞよろしくお願いを申し上げて開会にあたっての私のあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第1号





○議長(松本 繁君) 日程第3、議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更についてを議題といたします。


 山本町長に提案理由の説明を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について、提案理由を申し上げます。


 障害者基本法の主旨に伴い、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、児童福祉法の福祉サービスの一元化に向けた障害者自立支援法が平成18年4月1日から施行されることに伴い、鳥取中部ふるさと広域連合で障害者自立支援の介護給付等の支給にかかる事務のうち、審査及び判定に関する事務を行うため、鳥取中部ふるさと広域連合規約について所要の変更を行う必要がありますので地方自治法第291条の11の規定により、議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては担当課長が説明をいたしますので、御審議の上、御決定いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(松本 繁君) 総務統括課長に内容説明を求めます。


○総務統括課長(宮本 幸臣君) それでは議案第1号につきまして説明を申し上げます。


 鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について。地方自治法第291条の3第1項の規定により、次のとおり鳥取中部ふるさと広域連合規約の変更について、同法第291条の11の規定により、本議会の議決を求める。


 はぐっていただきまして、規約の内容を説明申し上げます。


 鳥取中部ふるさと広域連合規約の一部を改正する規約。鳥取中部ふるさと広域連合規約の一部を次のように改正する。次の表の改正後の欄中号の細目の表示に下線が引かれた号の細目を加える。次の表の改正前の欄中下線が引かれた部分を当該改正部分に対応する同表の改正後の欄中下線が引かれた部分に改める。次の表の改正後の欄の表中太線で囲まれた部分を加える。ということで内容を説明申し上げます。


 第4条ですが、広域連合の処理する事務ということで、自立支援法の成立に伴いまして、障害者自立支援の介護給付費等の支給に係る事務のうち、審査及び判定に関する事務をイとしまして追加をするものであります。


 第5条としまして、広域連合が作成する広域計画の項目としまして、これも先程の項目と同じでありますが、イとしまして障害者自立支援の介護給付費等の支給に係る事務のうち、審査及び判定に関する事務に関連して広域連合及び関係市町が行う事務に関すること、という項目を追加するものであります。


 あとは条文の整備であります。


 それから別表の改正でありますけども、これ負担割合の追加であります。障害者自立支援審査費の負担割合を新しく追加するものであります。負担割合につきましては人口割が25%、実績割25%、標準財政規模割25%、標準税収入額割25%の負担割合を追加するものであります。


 附則としまして、この規約は平成18年4月1日から施行するものであります。経過措置としまして、障害者自立支援審査費の実績割につきましての経過措置であります。平成18年度の実績割によります負担割合の算出につきましては、平成17年の児童福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法による、それぞれの居宅支援費の支給件数の実績と精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定によります支援事業の支援件数の実績による負担割合ということで、18年度の負担についてはその実績割を経過措置として定めるものであります。以上でございます。


○議長(松本 繁君) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから議案第1号を採決いたします。


 議案第1号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、議案第1号は原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第2号





○議長(松本 繁君) 日程第4、議案第2号、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。


 本案について、山本町長に提案理由の説明を求めます。


○町長(山本 庸生君) 議案第2号、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)について、提案理由を申し上げます。


 今回の補正予算は、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)は、歳出予算の総額は変更せず、そのまま131億6,004万5,000円とするものでございます。


 改正の内容といたしましては、介護保険法の改正に基づき、平成18年度より地域支援事業を市町村が実施するための準備といたしまして、民生費に地域包括支援センターの準備経費を新たに計上いたしました。さらには、土木費の道路維持事業の除雪費が、例年にない12月の降雪によりまして当初予算をほとんど支出しておりますので、増額補正するものでございます。これらの財源といたしまして、それぞれを予備費で充当しているものでございます。その他、債務負担行為を補正いたしました。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、慎重御審議の上、御決定いただきますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 財務課長が内容説明いたします。


○財務課長(岩本 和雄君) お手元の補正予算をお願いします。


 1ページでございますが、議案第2号、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第7号)でございます。平成17年度湯梨浜町の一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。歳出予算の補正でございます。第1条、歳出予算の総額は変更せず、そのまま131億6,004万5,000円とする。2項でございます。歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳出予算の金額は「第1表歳出予算補正」による。次に債務負担行為の補正でございます。第2条、債務負担行為の追加及び廃止は「第2表債務負担行為補正」による。平成18年2月7日提出。


 次、2ページをお願いいたします。2ページは、第1表の歳出予算補正でございますが、2ページ、省略をさせていただきまして、次の3ページをお願いいたします。


 3ページ、第2表でございますが、債務負担行為の補正でございます。まず1に、追加、北溟中学校スクールバス運行業務でございます。期間は18年度で、限度額は960万円。このスクールバス運行につきましては、平成18年4月1日から19年3月31日までの1年間、運行310日間を想定してございますが、現行3台のスクールバスは直営で運行しております。車体等もかなり古くなってきておるというようなこともございまして、このたび運行とそれから整備及び保管管理を含めて管理委託するというものでございます。このスクールバスの運行につきましては、旧泊村ですね、泊地区の運行にかかわるものでございます。議決後に直ちに入札を行いまして、4月1日の準備を進めてまいりたいと思います。それから次に、東郷学校の給食配送車購入業務でございますが、先に下の2の廃止のほうでございますが、東郷学校給食配送業務、これは昨年12月に補正予算6号によりまして議決をいただいておるところでございます。平成18年度で367万5,000円を限度額といたしまして、配送業務の委託を当初考慮いたしまして計上しておりました。これを廃止をいたしまして、上の、このたび東郷学校給食配送車を直営で購入をいたします。納入期限は18年の4月5日までに納入をいたしまして、金額としては500万円を限度額で購入を進めてまいりたいと。内容につきましては、普通貨物自動車、2トン車でございますが、これを1台購入いたします。配送につきましては、この給食センターから東郷の小学校までの配送のわずかの距離でございますので、直営で配送するというものでございます。これに従いまして、次の2の廃止のほうで、委託業務を考えておりましたが、これを廃止いたすものでございます。よろしくお願いいたします。


 次、4ページをお願いします。4ページは歳出補正予算事項別明細書でございます。このたび歳入のほうにつきましては変更はございません。1の総括、歳出につきましては省略をさせていただきまして、5ページのほうの2の歳出からご説明を申し上げます。


 3款の民生費でございますが、1項社会福祉費、7目老人福祉費に補正額184万9,000円で、補正後は1億5,364万5,000円でございます。内容といたしまして、地域包括支援センター準備経費184万9,000円を計上いたすものでございます。普通旅費として職員の研修、これは県外で研修がございますが、2名分10万円とそれから一般事務消耗品を10万円、それから燃料費としてガソリン代、それから印刷製本費のほうでは全戸へ周知するためのパンフレット作成、6,000部、こういったものを準備したいということでございます。それから通信運搬費は郵券代と電話代でございます。負担金といたしまして136万8,000円は、社会福祉協議会のほうから社会福祉士それから主任ケアマネージャー、この2名の派遣を受けます人件費2ヵ月分でございます。


 それから7款の土木費でございますが、2項道路橋りょう費、2目の道路維持費は400万の補正でございます。補正後は9,741万6,000円で、13節の委託料に道路維持事業の除雪費として400万円を補正いたすものでございます。現在までに12月の除雪によりまして、執行額は380万円余りを執行いたしております。


 それから12款の予備費でございますが、1項予備費、1目予備費を財源充当といたしまして584万9,000円を減額いたすものでございます。以上、よろしくお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。6番、酒井君。


○議員(6番 酒井 幸雄君) 第2表の債務負担行為の補正なんですけど、北溟中学校のスクールバス運行業務と東郷学校給食配送車購入業務が追加補正として出されました。それで、この詳しい経過を私たち分からないわけでして、どういう経過の中でこうなったのか。例えば北溟中学校のスクールバス、委託になった経過、それから東郷の学校給食配送。考え方として北溟中学校のスクールバスは古くなって、これから子どもたちを送り迎えする体制どうするのかという、当然論議がなされてこういう結果が出たんじゃないかなというぐあいには想像はするわけなんですけど、経済的な効果も含めながらどのような論議の中でこういう結論になったのか。両方ともあわせてお聞きしておきたいなっていうぐあいに思います。


○議長(松本 繁君) 教育統括課長。


○教育統括課長(松本 徹君) 初めに北溟中学校のスクールバスのほうですが、これにつきましては現在直営で運営しておりまして、17年度の費用見込みが1,000万余りになるような感じで今予測しとるところでして、先程もありましたとおりバスのほうが非常に古くなっております。バス3台ありまして、平成3年8月のものが2台と5年のものが1台ということで、非常に古くなっております。非常に修理関係がかさんできますので、直接バス会社に出したほうが自前で修理がやれれば安くなるということで、委託のほうに替えれば費用的に落ちるという考えで替えたものでございまして、日数のほうも310日ということで、今までより余裕をみる感じで委託できるということで、金額的には落ちるということであります。


 それと東郷の学校の給食配送車ですが、これにつきましては17年度は民間の業者に委託をもらっております。それをこのたび配送業務直営で行うことに替えますのは、今将来見込んでおりまして、給食センターが3つの施設とも施設の老朽化と設備の老朽が進んでおりまして、いずれ早いうちには1箇所にせないけんでないかと思います。その中にありましては、配送車が現在羽合のほうでは1台直営で行っておりますが、その分を東郷のほうも買いますと泊でも配送できるんじゃないかということで、2台あれば十分できますと言われますし、現時点では非常に近いわけでして1キロぐらいしかありません。新たに職員を雇うんでなしに現在の職員で対応すれば、2年すれば十分に元が取れるでないかと、両面で考えたものでございます。以上です。


○議長(松本 繁君) 6番、酒井君。


○議員(6番 酒井 幸雄君) 北溟中学校のスクールバス、平成3年と5年ということで15年なるわけですね。これからどのくらいもつのかという部分が予想できないわけなんですけど、今回、業務委託をされるということはこれから予算に修理費は出てこないのか。それと、バスがだめになる、そのときはどうなっていくのか。その辺も当然論議の中で方向性を出された部分ではないかなと思いますので、その辺もお聞きしておきたいなと思います。


○議長(松本 繁君) 教育統括課長。


○教育統括課長(松本 徹君) 修理費のほうは先程ありましたとおり計上はありません。


 それと、バスがだめになってくれば更新事業のほうで町のほうで買っていきたいと。更新する事業です。バスの更新の事業で補助対象のほうで買っていって、また委託に出したいというふうに考えております。


○議長(松本 繁君) 6番、酒井君。


○議員(6番 酒井 幸雄君) ちょっとよう分からんですけど。バス会社に委託する、それで例えばバスがだめになってバス会社からバスを出してもらうということになると、とてもこんな金額じゃ対応できんということでバスを新たに買われるという考え方ですね。例えば送り迎えの場合、時間が限定されてますね。朝の1時間くらい、それからその帰り。その2回に分けてしても2時間くらいとか、その運転手の労働時間からすれば限定されるわけですので、その辺を含めて、例えばバス会社と交渉してバス会社のチャージがどのくらいなのか。その辺を見ながらすればもっと安く方向性が出らせんかなと思うわけですが、その辺はバス会社との交渉っていうのはあったんでしょうか。実際、運転手1人当たりどのくらいのチャージでバス会社自体が会社を運営されてるのか。その辺まで調べられて、できるだけ安くする方法を選択される余地もあったんではないかと私は思うわけです。これからの方向として今のバスがだめになった、また湯梨浜町が買ってそのバスをバス会社に運行してもらうよりは、ひとつの方針として、先程言いましたように、バス会社の経営のひとつの中にこれを組み込んでいただいた場合、どのくらいになるのかっていうもんをきちんと出させたほうが経費は安くなる。そういう判断をしとるわけですけど、その辺についての考え方を聞いておきたいと思います。


○議長(松本 繁君) 教育統括課長。


○教育統括課長(松本 徹君) バス会社と詰めたかという話ですが、あくまでも入札で行いますので。一応、見積もり等は取っております。最終まで詰めるということになればいろいろ入札行う場合にも問題になりますので。北溟中学校のバスにつきましては、3台あるものでして、日常的には2台動いているわけですから、これを今、東郷の小学校のバスのほうに使えないかとか、いろいろそちらのほうが検討しておりますので。1社とどんどん詰めていくということはなかなか難しいところがありますけど、入札後は必ず詰めていきたいと思いますし、北溟中学校だけを考えとるわけではありませんので。東郷のバスのほうも、なんとか今3台できとるのを1台減せないかという方策も考えていきたいと思っています。


○議長(松本 繁君) その他ありませんか。ちょっと休憩します。


              午前10時06分休憩


     ───────────────────────────────


              午前10時12分再開


○議長(松本 繁君) 再開します。そのほか質疑ありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから議案第2号を採決いたします。


 議案第2号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、議案第2号は原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第3号





○議長(松本 繁君) 日程第5、議案第3号、平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 本案について、山本町長に提案理由を求めます。


○町長(山本 庸生君) 議案第3号、平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 本来の規定の予算に、歳入歳出予算の総額にそれぞれ120万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,858万円とするものであります。


 補正の主な内容は、昨年12月5日の落雷により石脇地域マンホールポンプが被害を受けました。歳入では被害に対する全国自治協会建物災害共済金で補填するものであります。歳出は、落雷被害による水位計及び電気関係器具類の修理を行うものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御決定いただきますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 建設統括課長に内容説明を求めます。


○建設統括課長(中嶋 重幸君) それでは詳細説明をさせていただきます。


 議案第3号、平成17年度湯梨浜町農業集落配排水処理事業特別会計補正予算(第3号)でございます。平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ120万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,858万円とする。2項、歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表歳入歳出予算補正」による。平成18年2月7日提出、湯梨浜町長。


 2ページの第1表、歳入歳出予算補正は省略させていただきまして、詳細についてご説明させていただきたいと思います。


 4ページをお願いいたしたいと思います。2の歳入でございます。6款諸収入、1項雑入、2目雑入でございますが、補正額120万円を増額し、120万円とするものでございます。これは12月5日、落雷被害によります全国自治協会建物災害共済金の収入でございます。


 3の歳出でございますが、2款事業費、1項処理施設費、1目維持管理費でございますが、120万円を追加し、3,844万3,000円とするものでございます。これは先ほど提案理由でもありましたように、石脇浄化センターの関係施設ございますけども、石脇地内にありますマンホールポンプの水位計及び電気関係の修理をいたすものでございまして、120万円の予算計上をさせていただいたところでございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(松本 繁君) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから議案第3号を採決いたします。


 議案第3号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、議案第3号は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第4号





○議長(松本 繁君) 日程第6、議案第4号、平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についてを議題といたします。


 本案について、山本町長に提案理由を求めます。


○町長(山本 庸生君) 議案第4号、平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)についての提案理由でございます。


 規定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ565万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,337万5,000円とするものであります。


 補正の主な内容は先ほどの議案と同様、昨年12月5、6日の落雷により泊配水池及び石脇水源地が被害を受けました。歳入では、雑入に被害に対する全国自治協会建物災害共済金で補填しているものであります。歳出では落雷による施設の整備事業のものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御決定いただきますようお願いいたします。


○議長(松本 繁君) 内容の説明を求めます。建設統括課長。


○建設統括課長(中嶋 重幸君) それでは議案第4号の説明をさせていただきます。


 平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)。平成17年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正、第1条、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ565万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6,337万5,000円とする。2項、歳入歳出予算の補正の款、項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は「第1表歳入歳出予算補正」による。平成18年2月7日提出、湯梨浜町長。


 第1表の歳入歳出予算補正及び3ページの事項別明細書は省略させていただきまして、4ページから説明させていただきたいと思います。


 2の歳入でございます。6款諸収入、1項雑入、1目雑入、565万円を追加し、785万1,000円に、これは12月5日、6日の落雷被害によります全国自治協会建物災害共済金の給付でございます。


 3、歳出、1款衛生費、1項上水道費、1目簡易水道費、565万円を追加し3,536万1,000円にするものでございます。15節の工事請負費でございますけども、主な内容でございますが、提案理由でもありましたように12月5日、これは泊の配水池、12月6日、これが泊の配水池及び石脇の水源地ということで落雷を受けまして、それぞれ泊の配水池につきましては操作盤等が真っ黒けに焼けたということからこれらの修繕。それから石脇水源でございますけども、ポンプの制御盤、水位計、電気流量計等の修繕を行うものでございます。科目といたしまして工事請負費に上げておりますけども、来年度の予算のこともございますが固定資産台帳等の整備の関係もございまして、工事を明確化するということで、工事請負費で計上させていただいているところでございます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(松本 繁君) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから議案第4号を採決いたします。


 議案第4号は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、議案第4号は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) これで本臨時会の会議に付された事件の審議は全部終了いたしました。したがって、平成18年第1回湯梨浜町議会臨時会を閉会したいと思います。御異議ありませんか。


           〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 御異議なしと認めます。したがって、平成18年第1回湯梨浜町議会臨時会を閉会いたします。


            午前10時21分閉会