議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 湯梨浜町

平成17年第 5回定例会(第 1日 6月13日)




平成17年第 5回定例会(第 1日 6月13日)





 
────────────────────────────────────────


   第5回 湯 梨 浜 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                           平成17年6月13日(月曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                         平成17年6月13日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期決定の件


 日程第3 陳情の付託


      陳情第 12号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書


             の提出についての陳情


      陳情第 13号 医療法人専仁会介護老人保健施設ハワイ信生苑の増床につい


             ての陳情


      陳情第 14号 老人デイサービスセンター並びにグループホームの新築につ


             いての陳情


      陳情第 15号 「最低賃金の引き上げを求める意見書」採択を求める陳情


      陳情第 16号 「パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書」採


             択を求める陳情


      陳情第 17号 「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた


             意見書採択を求める陳情


      陳情第 18号 中学校教科書採択に当たって配慮すべきことに関する陳情


 日程第4 報告第 1号 平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告につい


             て


 日程第5 報告第 2号 平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告に


             ついて


 日程第6 報告第 3号 平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算


             書の報告について


 日程第7 報告第 4号 平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計


             算書の報告について


 日程第8 報告第 5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第9 報告第 6号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第10 報告第 7号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第11 議案第 108号 湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める


             条例の制定について


 日程第12 議案第 109号 湯梨浜町税条例の一部を改正する条例について


 日程第13 議案第 110号 平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第2号)


 日程第14 議案第 111号 平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


             (第1号)


    ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期決定の件


 日程第3 陳情の付託


      陳情第 12号 「人権侵害の救済に関する法律」の早期制定を求める意見書


             の提出についての陳情


      陳情第 13号 医療法人専仁会介護老人保健施設ハワイ信生苑の増床につい


             ての陳情


      陳情第 14号 老人デイサービスセンター並びにグループホームの新築につ


             いての陳情


      陳情第 15号 「最低賃金の引き上げを求める意見書」採択を求める陳情


      陳情第 16号 「パートタイム労働者等の均等待遇実現を求める意見書」採


             択を求める陳情


      陳情第 17号 「骨太方針2005」において住民本位の地方財政確立に向けた


             意見書採択を求める陳情


      陳情第 18号 中学校教科書採択に当たって配慮すべきことに関する陳情


 日程第4 報告第 1号 平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告につい


             て


 日程第5 報告第 2号 平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告に


             ついて


 日程第6 報告第 3号 平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算


             書の報告について


 日程第7 報告第 4号 平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計


             算書の報告について


 日程第8 報告第 5号 鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 日程第9 報告第 6号 財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について


 日程第10 報告第 7号 財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について


 日程第11 議案第 108号 湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める


             条例の制定について


 日程第12 議案第 109号 湯梨浜町税条例の一部を改正する条例について


 日程第13 議案第 110号 平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第2号)


 日程第14 議案第 111号 平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算


             (第1号)


     ───────────────────────────────


               出席議員(18名)


      1番 會 見 祐 子       2番 吉 村 敏 彦


      3番 浜 中 武 仁       4番 入 江   誠


      5番 徳 田 幸 宣       6番 酒 井 幸 雄


      7番 光 井 哲 治       8番 前 田 勝 美


      9番 浦 木   靖       10番 吉 田 礼 治


      11番 竹 中 壽 健       12番 増 井 久 美


      13番 秋 田 和 幸       14番 福 本 幸 弘


      15番 平 岡 将 光       16番 寺 地 章 行


      17番 村 中 隆 芳       18番 松 本   繁


     ───────────────────────────────


              欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 西 田 光 行   書記 ─────── 櫻 井 尚 子


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 山 本 庸 生   助役 ─────── 宮 脇 正 道


 教育委員長 ──── 前 田 三 郎   教育長 ────── 西 山   登


 総務統括課長 ─── 宮 本 幸 臣   企画統括課長 ─── 福 山   保


 生活統括課長 ─── 米 村 繁 治   福祉統括課長 ─── 石 原 清 弘


 産業統括課長 ─── 石 田 保 行   建設統括課長 ─── 松 本   徹


 東郷地域振興課長 ─ 中 嶋 重 幸   泊地域振興課長 ── 仙 賀 芳 友


 教育統括課長 ─── 神 崎 勝 治   出納室長 ───── 真 壁 信 子


 財務課長 ───── 岩 本 和 雄   水明荘支配人 ─── 山 下 星 子


 総務課参事 ──── 前 田 啓 嗣   代表監査委員 ─── 山 名 哲 彌


    ───────────────────────────────


             午前11時28分開会


○議長(松本 繁君) ただいまの出席議員数は18人です。定足数に達しておりますので、ただいまから平成17年第5回湯梨浜町議会定例会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松本 繁君) 日程第1、会議録の署名議員を指名いたします。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定によって、本会期中、5番、徳田幸宣君、6番、酒井幸雄君を指名します。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期決定の件





○議長(松本 繁君) 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りをいたします。本定例会の会期は、本日から6月17日までの5日間としたいと思います。御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松本 繁君) 異議なしと認めます。したがって、会期は、本日から6月17日までの5日間に決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 陳情の付託





○議長(松本 繁君) 日程第3、陳情の付託。本日までに受理した陳情は、お手元に配りました陳情文書表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしますので報告いたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 報告第1号 から 日程第7 報告第4号





○議長(松本 繁君) 日程第4、報告第1号、平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告についてから、日程第7、報告第4号、平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを一括の議題といたします。


 順次、報告を求めます。


 第1号、町長。


○町長(山本 庸生君) 報告第1号、平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告についてから、報告第4号、平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告まで順次、報告を申し上げます。


 報告第1号、平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告についてでございます。平成17年3月16日、平成17年第2回議会定例会において議会議決をいただきました平成16年度湯梨浜町一般会計継続費について、1億3,297万5,000円を逓次繰り越しを行い、繰越計算書を別紙のとおり調製いたしましたので、地方自治法施行令第145条第1項の規定により報告を申し上げます。


 報告第2号、平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書についての報告でございます。平成17年3月16日、平成17年第2回議会定例会において議会議決をいただきました、また、平成17年3月31日、専決処分し、平成17年5月6日、第3回議会臨時会で承認を得ました平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費1億8,844万6,000円につきまして、繰越計算書を別紙のとおり調製いたしましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告を申し上げます。


 報告第3号、平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書についての報告でございます。平成17年3月16日、平成17年第2回議会定例会において議会議決いただきました平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費300万円につきまして、繰越計算書を別紙のとおり調製しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告を申し上げます。


 報告第4号、平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書についての報告でございます。平成17年3月16日、平成17年第2回議会定例会において議会議決いただきました平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費285万円につきまして、繰越計算書を別紙のとおり調製しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告を申し上げます。


 以上、4件の繰越計算書につきまして報告を申し上げましたが、詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、よろしく御審議の上、御議決いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(松本 繁君) 報告1号、報告2号、説明、財務課長。


○財務課長(岩本 和雄君) それでは、お手元の報告をお願いします。


    ───────────────────────────────


 報告第1号


     平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書の報告について


 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第145条第1項の規定により、平成16年度湯梨浜町一般会計継続費繰越計算書を別紙のとおり調製したので報告する。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 1ページはぐっていただきまして、継続費繰越計算書でございます。9款教育費、2項小学校費、羽合小学校建設事業に係るものでございます。これは屋外環境整備事業工事費につきまして繰り越しをさせていただきます。1億3,297万5,000円を翌年度逓次繰り越しといたしまして繰り越しをさせていただきました。


 続きまして、報告第2号をお願いします。


    ───────────────────────────────


 報告第2号


    平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、平成16年度湯梨浜町一般会計繰越明許費繰越計算書を別紙のとおり調製したので報告する。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 1枚はぐっていただきます。繰越明許費繰越計算書でございます。5款農林水産業費、1項農業費、県営ため池等整備事業負担金から合わせまして11件でございますが、翌年度繰越額合計で1億4,650万3,000円を繰り越しをいたしました。財源内訳については説明を省略させていただきます。よろしくお願いします。


○議長(松本 繁君) 報告第3号、報告第4号、補足説明、建設統括課長。


○建設統括課長(松本 徹君)


    ───────────────────────────────


 報告第3号


     平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、平成16年度湯梨浜町下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書を別紙のとおり調製したので報告する。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 はぐっていただきまして、2款1項流域下水道整備事業費でございまして、鳥取県へ負担金として納めるものでございます。翌年度繰越額が299万9,000円でございます。


    ───────────────────────────────


 報告第4号


    平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告について


 地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第146条第2項の規定により、平成16年度湯梨浜町簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書を別紙のとおり調製したので報告する。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 はぐっていただきまして、1款1項上水道費でございますが、簡易水道改良費ということで、園橋の改良に伴うものでございます。翌年度繰越額が285万円でございます。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 報告第5号





○議長(松本 繁君) 日程第8、報告第5号、鳥取県中部町土地開発公社の経営状況についてを議題といたします。


 報告を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 報告第5号、鳥取県中部町土地開発公社の経営状況の報告について提案理由を申し上げます。


 この報告は、地方自治法第221条第3項の法人について、地方自治法第243条の3第2項の規定により、鳥取県中部町土地開発公社の経営状況を説明する書類を次のとおり本議会に提出するものでございます。


 なお、経営状況の詳細につきましては担当統括課長より説明いたしますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。


○議長(松本 繁君) 企画統括課長、補足説明。


○企画統括課長(福山 保君) 御説明申し上げます。


    ───────────────────────────────


 報告第5号


         鳥取県中部町土地開発公社の経営状況について


 地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の3第2項の規定により、鳥取県中部町土地開発公社の平成16年度事業報告及び決算並びに平成17年度事業計画及び予算を別紙のとおり提出する。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 では、資料を見ていただきたいと思います。1ページ、2ページについては、省略させていただきたいと思います。


 3ページを開いていただきたいと思います。損益計算書でございます。これにつきましては5会計ございます。合計のみを紹介させていただきます。4の一般管理費12万3,919円でございます。6の営業外収益29万3,633円で、当期の純利益が16万9,714円ということになっております。


 次、貸借対照表でございます。これにつきましても5会計ございますので、合計のみを御説明申し上げたいと思います。資産の部でございます。流動資産につきましては、合計が5億500万6,063円でございます。固定資産税はございません。資産の部の合計でございますが、5億500万6,063円ということになっております。


 負債及び資本の部でございます。流動負債につきましては、4億2,591万9,103円ということになっております。そのほか出資金でございますが500万円、それから6の前年度繰越剰余金が7,391万7,246円、当期の剰余金が16万9,714円ということで、合計が5億500万6,063円ということになっております。


 次、開いていただきまして、財産目録でございます。資産の部でございますが、普通預金につきましては、合計が15万4,358円でございます。定期預金につきましては、500万円、土地につきましては4億9,985万1,705円でございます。合計が5億500万6,063円ということになっております。


 負債につきましては短期借入金のみでございまして、合計が4億2,591万9,103円でございまして、差し引き純利益が7,908万6,960円ということになっております。


 次は6ページでございますが、これは後でごらんいただきたいと思います。


 7ページをごらんいただきたいと思います。平成16年度の一般会計の収入支出決算額でございます。収入でございますが、主なものといたしまして、3の補助金の運営費補助金でございまして、15万8,504円でございます。収入合計といたしまして、20万2,418円でございます。


 次に、一般会計の支出でございますが、主なものといたしましては、1の総務費の一般管理費でございまして、12万3,919円でございます。支出合計が12万3,919円でございます。


 次、開いていただきたいと思います。次は田後団地の造成事業特別会計でございます。収入につきましては利息収入のみでございまして、収入合計が9円でございます。


 続きまして、支出でございますが、支出はゼロでございました。


 次を開いていただきたいと思います。次は橋津団地造成事業特別会計でございます。これの主なものといたしましては、雑入と繰越金のみでございまして、収入合計が2万1,015円でございます。


 支出はございません、ゼロでございます。


 次、13ページでございます。磯泙団地造成事業特別会計の収入でございます。主なものといたしましては、2款の借入金の3億8,480万円でございます。収入合計といたしましては、3億8,487万191円でございます。


 支出でございますが、主なものといたしまして2款の償還金でございます。元金、利息合わせまして3億8,471万8,966円でございます。支出合計が3億8,481万5,356円でございます。


 次を開いていただきたいと思います。次は17年度の公社の事業計画でございます。これは省略させていただきます。


 16ページの一般会計でございます。収入の主なものでございますが、補助金の16万円でございます。収入合計が17万4,000円でございます。


 続きまして、支出でございます。支出の主なものといたしましては、一般管理費の14万円でございまして、支出合計が17万4,000円でございます。


 次の田後団地造成事業の特別会計の予算でございます。収入の主なものといたしましては、1款の土地売り払い収入の1,255万5,000円でございます。収入合計が1,255万8,000円でございます。


 次が支出でございまして、支出の主なものは繰出金でございます。1,255万5,000円でございます。支出合計が1,255万8,000円でございます。


 続きまして、橋津団地造成事業特別会計の予算でございます。収入につきましては、主なものといたしまして土地売り払い収入の2,220万3,000円でございまして、収入合計が2,222万4,000円でございます。


 続きまして、支出でございますが、主なものといたしまして繰出金の2,220万3,000円でございます。支出合計が2,222万4,000円でございます。


 続きまして、磯泙団地造成事業特別会計でございます。主なものといたしましては、事業収入の土地売り払い収入の7,053万6,000円、それと借入金の2億9,800万円、それと繰入金の3,475万8,000円で、収入合計が4億330万5,000円でございます。


 次に、支出でございます。支出の主なものといたしましては、事業費の552万4,000円でございます。そのほか償還金の元金、利息合わせまして3億9,202万円でございます。そのほか予備費の576万1,000円で、支出合計が4億330万5,000円でございます。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 報告第6号





○議長(松本 繁君) 日程第9、報告第6号、財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況についてを議題といたします。


 報告を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 報告第6号、財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について報告いたします。


 湯梨浜町が出資しております財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定により資料を議会に提出し、その概要を報告するものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 産業統括課長、補足説明。


○産業統括課長(石田 保行君) 報告第6号、財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について報告させていただきます。


 湯梨浜町が出資しております財団法人東郷温泉龍鳳閣振興公社の経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定により、その概要を御説明申し上げます。


 平成16年度におきましては、町と連携をしました事業など、また、地域住民の健康増進を推進して町民の方へ施設の利用を促進してまいったところでございますが、当年度の利用者数の総数は10万4,792人で、前年より8,000人余り減少となっております。


 一般会計の収支でございますが、基本財産運用収入、事業収入、雑入ということでと、それから、特別会計からの繰り入れ収入でございます。それと、湯梨浜町より受託ということで、この合計が7,492万8,579円でございます。そのうち、売店収入の方から繰り入れをさせていただきましたのが358万6,000円ということでございまして、決算が7,492万8,579円でございます。


 支出の部でございますが、管理費、それから管理運営費、それから健康づくり事業ということで、この構成から成っておりますが、まず一般管理でございますが、職員3名、それからパート、臨時職員、合わせて6名、それから健康づくり事業では職員1名と運営をいたしております。支出の合計でございますが、合計で7,492万8,579円ということで、先ほど申し上げましたように、売店会計の方から358万6,000円と、町からの受託金2,180万を加えたところでございます。


 当期の収支差額はゼロとなっておりますけれども、この事業収入の不足等を、先ほど申し上げましたように、特別会計からの繰入金で補った結果によるものでございます。


 それから、売店事業会計についてでございます。16年度の当期収入合計は5,903万6,000円で、前年より21.6%の減となっております。減少した理由といたしましては、燕趙園との連携によりまして、燕趙園の工事に伴いまして長期工事が行われたことによりまして、その減が大きなものだと思っておるところでございます。


 続いて、平成17年度の事業計画、予算についてでございます。特に龍鳳閣の厳しい経営状況をしっかり認識をいたしまして、運営面についても見直し等、検討をしたいと考えております。


 一般会計予算につきましては、収入、支出とも総額7,569万2,000円ということで、前年対比で4.7%の減額予算を計上いたしております。収入の部につきましては、健康づくり事業の収入、また町民の方々の利用促進を図っていきたいということで考えておるところございます。支出につきましても、引き続き効率的な運営を図るために、経費節減に努めてまいりたいと思っております。


 平成17年度の予算総額でございますが、これも基本財産、事業収入、それから雑入、特会繰り入れ収入、受託金、合計でございます。7,569万2,000円ということで収入を見込んでおります。支出につきましても、先ほど申し上げましたとおり、経費節減を念頭に置きまして、効率的な運営を図るために一般管理費、管理運営費、健康づくり事業ということで、引き続き事業を行ってまいりたいと思いまして、平成17年度につきましても、前年対比で4.7%の減額を予算を計上いたしております。


 また、売店事業につきましては、消費者の方々のニーズを十分把握しながら商品の充実を図ってまいりたいと、このように思っております。これにつきましても、総額で590万7,000円ということで、昨年より若干増を見込んでおりますけれども、いずれにしても厳しいこういう情勢でございますが、努力してまいりたいと思っております。


 以上で平成16年度の事業及び決算報告と、17年度の事業計画及び予算の概要報告とさせていただきます。以上です。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 報告第7号





○議長(松本 繁君) 日程第10、報告第7号、財団法人羽合温泉開発公社の経営状況についてを議題といたします。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 報告第7号、財団法人羽合温泉開発公社の経営状況の報告を申し上げます。


 地方自治法第243条の3第2項の規定により資料を提出を申し上げ、その概要を報告するものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議賜りますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 産業統括課長、概要説明。


○産業統括課長(石田 保行君) 続きまして、報告第7号、財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について報告いたします。


 湯梨浜町が出資しております財団法人羽合温泉開発公社の経営状況について、地方自治法第243条の3第2項の規定により、その概要を御説明申し上げます。


 この開発公社では、ハワイゆ〜たうんの管理運営事業と、駐車場の管理運営事業を行っております。平成16年度の収支決算では、2,615万1,697円となっております。


 支出の方につきましては、温泉事業費、それから源泉管理費、駐車場管理事業費ということでございます。それと、ゆ〜たうんの管理運営費、それから固定資産取得支出、負担金支出、予備費ということで、この構成から成っておりまして、16年度の合計決算が2,615万1,697円でございます。


 続いて、この温泉開発公社の運営につきましても、龍鳳閣と同様に健全な経営を行うためにも、その中身を十分精査をいたしまして、健全経営を図ってまいりたいと考えておるところでございます。


 続いて、平成17年度の予算につきましては、収入、支出とも総額が2,545万4,000円ということで、前年に比べまして3.8%の減額予算といたしております。この施設につきましても、先ほど申し上げましたように、引き続き効率的な運営と経費節減に努めてまいりたいと思っております。


 以上で平成16年度の事業並びに決算報告と、平成17年度の事業計画及び予算の概要報告とさせていただきます。終わります。


○議長(松本 繁君) 本日は、日程第11から日程第14までの議案は説明のみといたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第108号





○議長(松本 繁君) 日程第11、議案第108号、湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案について提案の理由を説明を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 議案第108号、湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について提案理由を申し上げます。


 地方自治法によりまして、従来、長期継続契約を結べる対象は電気料金などに限定されており、複写機やパソコンなどについて、年度を超えての継続したリース契約は結べませんでした。昨年、地方自治法が改正され、長期継続契約の対象範囲が拡大されました。これにより、翌年度以降にわたって物品を借り入れ、または役務の提供を受ける契約で、契約の性質上、翌年度にわたり契約を締結しなければその契約に係る事務の取り扱いに支障を及ぼすようなものを条例で定めることが可能となりました。このたび本条例を制定しまして、長期継続契約の締結について、財務会計の事務処理をスムーズに行えるようにするものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御審議の上、御検討いただきますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 内容を説明していただきます。


 財務課長。


○財務課長(岩本 和雄君) それでは、お手元の議案書をお願いします。


    ───────────────────────────────


 議案第108号


     湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例の制定について


 湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例を別紙のとおり制定することについて、地方自治法(昭和22年法律第67号)第96条第1項の規定により、本議会の議決を求める。


   平成17年6月13日提出


                          湯梨浜町長 山 本 庸 生


    ───────────────────────────────


 1枚はぐっていただきまして、条例案でございます。まず、この条例案の前でございますが、昨年、改正になりました地方自治法でございますが、第234条の3、長期継続契約でございます。これにつきまして、従来、電気、ガスもしくは水の供給、もしくは電気通信役務の提供、いわゆる電話代等でございますが、こういった提供を受ける契約または不動産に係る契約、こういったものだけでございました。このたびそのほか政令で定める契約を締結することができるということで、地方自治法施行令によりまして、これを受けて各町村の方で条例を設定することができるということになったものでございます。


 条例案でございます。湯梨浜町条例。湯梨浜町長期継続契約を締結することができる契約を定める条例でございます。目的。第1条、この条例は、地方自治法施行令第167条の17の規定に基づき、長期継続契約、第234条の3の規定に基づき締結する契約をいう、を締結することができる契約の範囲を定めることを目的といたします。


 第2条でございますが、長期継続契約を締結することができる契約でございます。地方自治法施行令第167条の17の規定による長期継続契約を締結することができる契約は次に掲げる契約とするということで、1番から3番までございます。第1号でございます。次に掲げる物品を借り受ける契約、これは商慣習上、複数年にわたり契約を締結することが通例であるものに限るということにさせていただきます。アでございますが、複写機、コンピューター、これは入出力装置、つまりプリンター等を含んでおります。そのほかの事務用機器、例えばファクスですとか、印刷機、電話交換機、こういったものがあろうかと思いますが、この事務用機器につきまして、一般の事務の用に供するものに限ります。それから、イでございますが、自動車その他の車両、一般の事務の用に供するものに限る。いわゆる公用車につきまして、リースを行ったような場合のことでございます。


 (2)でございます。第2号、公有施設、これに付随する機械設備等を含むということで、各施設とか、それから学校等は今、警備会社の警備が入っておりますが、こういった機器を設置しての管理、こういったものに管理業務の委託に関する契約を結ぶものでございます。


 それから、括弧の第3号でございますが、前2号に掲げる物品等、これは町が所有しまして、または使用するものに限る、の保守点検、その他の維持管理に必要な役務の提供を受ける契約でございます。先ほど申し上げました複写機とか、それから電話交換機設備、こういったものの保守管理等を複数年契約することができるということでございます。


 附則といたしまして、この条例は平成17年7月1日から施行するということで、契約につきましては、7月1日以降に発生します順次更新するような機器、こういったものから複数年契約できるように進めてまいりたいと思います。


 以上、よろしくお願いします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第109号





○議長(松本 繁君) 日程第12、議案第109号、湯梨浜町税条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 本案について提案の理由を説明を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 議案第109号、湯梨浜町税条例の一部を改正する条例についてでございますが、湯梨浜町は橋津古墳群を初めとして史跡名勝の多い町であります。その保存を町ぐるみで行うことは重要な施策の一つであると考えます。この条例改正は、国及び県の指定を受けた文化財に係る土地及び家屋の固定資産税を課税免除し、健全な保存施策の一つとして取り組みをしたいということの理由で提案するものであります。


 現在、文化財保護法に基づく国指定文化財は、橋津古墳群、北山古墳、そして伯耆一宮、経塚などの史跡と、名勝として宇野、尾崎家庭園を含めた山林一帯が指定されております。また、県文化財保護条例に基づく史跡指定は羽衣石城址、橋津藩倉がありますが、この指定された史跡、名勝地の固定資産税を免除することで、これまで以上に保存活動が活発になり、充実するものと考えております。


 詳細につきましては担当課長が説明いたしますので、御承認いただきますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 内容を説明させます。


 総務統括課長。


○総務統括課長(宮本 幸臣君) それでは、議案第109号について説明申し上げます。


 湯梨浜町税条例の一部を改正する条例について。次のとおり湯梨浜町税条例の一部を改正することについて、地方自治法第96条第1項の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 はぐっていただきまして、条例をごらんいただきたいと思います。湯梨浜町税条例の一部を改正する条例。湯梨浜町税条例の一部を次のように改正する。次の表の改正後の欄中、条、項及び号の表示に下線が引かれた条、項及び号を加えるということで、改正後のところでございますが、71条の次に、提案理由にもありましたように、文化財保護の観点から、固定資産税の課税免除の項目を1条追加させていただきます。


 第71条の2、次の各号に掲げる固定資産に対しては固定資産税を課さない。1号としまして、文化財保護法の規定によって、史跡、名勝もしくは天然記念物として指定され、また特別史跡、特別名勝もしくは特別天然記念物として指定された土地。2号としまして、文化財保護法の規定により、史跡、名勝もしくは天然記念物に仮指定され、または鳥取県文化財保護条例の規定により、県指定保護文化財、県指定有形民俗文化財もしくは県指定史跡名勝天然記念物として指定された土地もしくは家屋、または当該家屋の敷地。


 2項としまして、前項の規定の適用を受けようとする者は、土地については1号及び3号に、家屋については2号及び3号に掲げる事項を記載した申告書に、その事由を証明する書類を添付して町長に提出しなければならないということで、1号としまして土地の所在、地番、地目、地積、所有者及び用途、2号としまして家屋の所在、家屋番号、種類、床面積及び用途、3号としまして課税免除を受けようとする事由及び当該事由の発生した年月日。


 3項としまして、第1項の規定の適用を受ける者は、固定資産が同項の規定に該当しないこととなった場合は、当該固定資産の所有者は、その旨を直ちに町長に申告しなければならない。という条項を追加をさせていただきます。


 附則としまして、この条例は公布の日から施行し、平成17年の4月1日から適用するということであります。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────


  日程第13 議案第110号 から 日程第14 議案第111号


○議長(松本 繁君) 一括提案をさせます。


 日程第13、議案第110号、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算から、日程第14、議案第111号、平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算までの2議案を一括議題といたします。


 順次、提案理由の説明を求めます。


 山本町長。


○町長(山本 庸生君) 議案第110号、平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第2号)について提案理由を申し上げます。


 このたびの平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第2号)は、歳入歳出ともに1億7,537万2,000円増額いたしまして、補正後の歳入歳出予算の総額を129億7,846万2,000円とするものであります。


 主な補正の内容は、3月に発生しました大雪被害によるブドウハウスなどの園芸施設復旧事業の補助金を新規計上するものであります。


 また、現在、施工中の町営住宅移転事業において、基礎のくい除去等を行う必要が生じ、県が追加補償を行うことになりましたので、これに伴う工事費などを新規に計上いたします。


 次に、過年災として国庫補助金が配分になりました農業用施設災害復旧事業を計上をいたします。


 次に、冬季風浪によって被災した羽合漁港海岸、離岸堤に係る災害復旧事業につきまして、国の査定が完了いたしましたので、災害復旧事業費を計上をしておるところでございます。


 そのほか、財源調整として財政調整基金繰入金を増額し、計上いたしたものでございます。


 詳細につきましては財務課長が説明をいたしますので、御審議の上、御議決いただきますようお願いをいたします。


 続いて、議案第111号、平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)について提案理由を申し上げます。


 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ915万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,700万6,000円とするものであります。


 補正の主な内容は、歳出においては処理場の機械設備故障による修繕工事費と、泊地区で住宅新築に係る管渠新設工事を計上し、これの財源として歳入で一般会計繰入金、地方債等で予算を調整したものであります。


 詳細につきましては担当課長が説明をいたしますので、御審議の上、御決定いただきますようお願いをいたします。


○議長(松本 繁君) 議案第110号の内容説明をさせます。


 財務課長。


○財務課長(岩本 和雄君) それでは、お手元の予算書をお願いします。


 1ページ、かがみを開いていただきまして、議案第110号でございます。平成17年度湯梨浜町一般会計補正予算(第2号)。平成17年度湯梨浜町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 第1条でございます。歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出それぞれ1億7,537万2,000円を追加いたしまして、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ129億7,846万2,000円といたします。2項といたしまして、補正後の歳入歳出予算の金額でございますが、第1表歳入歳出予算補正によります。


 それから、地方債の補正でございます。第2条、地方債の追加は第2表、地方債補正による。平成17年6月13日提出。湯梨浜町長。


 次、1枚はぐっていただきまして、2ページと3ページの第1表の歳入歳出予算補正につきましてはいずれも省略をさせていただきまして、4ページをお願いします。


 ここでお断りをさせていただきます。4ページの第2表、地方債と書いてございますが、「地方債補正」でございます。大変失礼をいたしました。訂正をお願い申し上げます。


 表でございます。追加でございますが、農地・農林等災害復旧債でございます。限度額は2,460万円。起債の方法、利率、償還の方法につきましてはそこに書いてございますので、省略をさせていただきます。


 次、5ページでございますが、歳入歳出補正予算事項別明細書でございます。これの1の総括の5ページの歳入と、6ページの歳出については省略をさせていただきます。


 7ページの2の歳入から御説明を申し上げます。11款の分担金及び負担金でございます。1項分担金、2目の災害復旧費分担金でございます。農地災害復旧費分担金、これが当初、16年度の予算等に計上しておったものでございますが、配分が16年、17年に2カ年にわたるという形になりましたので、このたび配分したものをそれぞれ、今回は農地災害復旧費分担金として4万円。


 それから次に、13款の国庫支出金で、2項の国庫補助金、6目の災害復旧事業費国庫補助金でございますが、1節の農地等災害復旧事業費国庫補助金、これが東郷の山田谷の分の災害復旧でございますが、これが16から17に予算が配分変更になりましたので、計画変更を含みまして5,316万9,000円の補正をいたします。農地災害復旧事業費補助金は、このうち17年配分が101万7,000円でございます。それから、農業用施設災害復旧事業費補助金でございますが、5,215万2,000円の補正でございますが、この分につきましては、16年の過年度の一般財源扱い分が653万8,000円ほど入っております。したがいまして、17年で純然たる行使します予算としましては、4,561万4,000円余りになります。それから、次の漁港災害復旧事業費補助金でございますが、5,607万1,000円でございます。羽合漁港海岸の離岸堤、消波ブロックの復旧延長が84メーターでございますが、これに対する補助金が補助率3分の2で0.667でございますが、5,607万1,000円の補助でございます。


 それから、次の14款の県支出金、2項の県補助金でございます。4目の農林水産業費県補助金でございますが、1節の農業費県補助金といたしまして741万1,000円。これは、大雪被害によります被害園芸施設の復旧対策事業費補助金ということで、県の方から、3分の1分の741万1,000円が補助金として入ってまいります。


 それから、次の16款寄附金でございます。1項寄附金、2目教育費寄附金、1節の教育費寄附金につきましては、羽合西小の児童図書購入費といたしまして、琴浦町在住の山桝氏から御寄附を100万円いただきましたので、この100万円を計上をいたしました。


 それから、17款の繰入金でございます。2項の基金繰入金でございます。1目財政調整基金繰入金は、2,300万円を財源調整用といたしまして繰り入れをさせていただきます。


 次のページをお願いします。8ページでございますが、19款の諸収入、5項雑入、3目雑入でございます。町営住宅等の移転補償金が、桜団地のくい基礎、こういったものの追加補償がございましたので、970万円を計上するものでございます。それから、消防団員の退職報償金、当初見込みより退職者分がふえたということで、38万1,000円の増といたしております。


 それから、20款の町債の方では、1項の町債、8目災害復旧債、農地等災害復旧債で2,460万円、うち農地農業用施設災害復旧債には230万円でございます。これは過年度の災害ということになりますので、充当率は70%でございます。それから、漁港災害復旧債、これは羽合漁港の分でございますが、これは充当率80%で、2,230万円でございます。


 それから、次の9ページ、お願いします。3の歳出でございます。3款の民生費につきまして、2項の児童福祉費でございます。いずれも1目の児童福祉総務費と2目の児童措置費でございますが、維持管理等に係るものでございます。需用費につきましては、羽合地区放課後児童対策事業で、エアコン等の移設に係ります修繕費といたしまして12万6,000円、それから、児童措置費の方では工事請負費62万円でございますが、浅津保育所の屋根が漏水をするということで、全体342平米のうち160平米を、このたび修繕として防水やり直しの工事を行うものでございます。


 それから、4款の衛生費でございますが、1項保健衛生費、1目の保健衛生総務費では、14節の使用料及び賃借料で187万5,000円でございますが、旧東郷町から健康管理システムについて19年2月末までリースを受けておりますが、これに対する経常経費が、リース代が未計上でございましたので、187万5,000円をこのたび計上するものでございます。大変申しわけございません。それから、3目の環境衛生費につきましては、このたびごみステーションの設置の補助金、東郷地区の三通田の区でございますが、ここで1カ所出てまいりましたので、45万円打ち切りということで予算を計上させていただきました。


 それから、5款の農林水産業費でございます。1項の農業費、3目の農業振興費は、1,482万2,000円の計上でございますが、これにつきましては先ほど補助がございました被害園芸施設復旧対策事業費補助金といたしまして、県が741万1,000円、町が741万1,000円ということで、合計しまして1,482万2,000円を、全体事業費の3分の2でございますが、これを補助するものでございます。補助の件数は8件ございまして、6件が全壊、2件が傾き、こういったもので計上をいたしております。それから、4目の農地費につきましては、315万円を農業集落排水事業会計の方に繰り出しをいたします。


 それから、次のページでございます。10ページでございますが、7款の土木費、5項の住宅費でございます。1目住宅管理費でございますが、町営住宅の移転事業で、県の方から追加補償を受けました970万円を用いまして、設計委託料と、それから、工事請負の方でくい打ち等がしてございますが、こういったものの処理と、それから進入路、それから、住宅を今回、回転をさせましたので道路側に面するということで、目隠し、こういったものの建設工事等を予定したいということで、合わせまして970万円でございます。


 それから、8款につきましては、説明を省略させていただきます。


 9款の教育費でございますが、これにつきましては、学校管理費が189万4,000円の補正でございます。説明欄のところでございますが、旧桜小学校の管理運営ということで看板とか施設維持修繕費、こういったもの、それから、委託料といたしましては、今、残置物品、例えば机とかいす、こういったものがございます。それから、エレクトーン、こういったものを運搬するものに15万円。それから、旧花見小学校の管理運営経常経費でございますが、これも同様に、修繕費といたしまして看板、施設維持修繕費29万3,000円と、委託料としまして児童の机、いす、こういったものを出す作業を行ってまいりたいということで15万円でございます。それから、児童図書の方で御寄附いただきました羽合西小の図書購入費でございます。消耗品といたしまして100万円の計上でございます。それから次に、6項の保健体育費の方では60万円を計上でございますが、このたび体育施設が町内に何カ所かございます。羽合の体育館ですとか、泊の体育館ですとかございますが、大変屋根等が傷みぐあいが激しくなってるということで、これらをしっかりチェックをいたしまして、年次計画を組みながら総合計画の中に組み入れて、修繕等を行うのか、そういったことを見きわめるために調査委託を組みたいということで60万円の計上でございます。


 それから、11ページでございますが、10款の災害復旧費でございます。1項の農林水産業施設災害復旧費でございますが、1目農地災害復旧費につきましては、576万4,000円を新規に計上をいたすものでございます。これにつきましては、山田谷の調査ボーリング等によりまして計画変更がなされたということで、576万4,000円の農地災害復旧費になっております。それから、2目の農業用施設災害復旧費につきましては、4,916万8,000円でございます。これにつきましては、崩落土が盛り土に適さないというようなことがございまして、土の置きかえが主なものとなっております。こういったもので、大きいものといたしましては工事請負費が4,450万円でございます。それから、次の4目の漁港災害復旧費でございますが、8,612万4,000円でございます。これにつきましては、平成17年債の羽合漁港区域に係る離岸堤、それから消波ブロック、こういった被災に係る災害復旧でございます。新規でございますが、これに8,612万4,000円を計上いたすものでございます。内容については説明を省略させていただきます。


 次の12ページ、予備費でございます。12款の予備費でございますが、財源調整といたしまして69万8,000円を追加するものでございます。以上でございます。


○議長(松本 繁君) 議案第111号、内容説明をさせます。


 建設統括課長。


○建設統括課長(松本 徹君) 1ページをお願いします。


 議案第111号、平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)。平成17年度湯梨浜町農業集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第1条、歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ915万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億7,700万6,000円とする。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表、歳入歳出予算補正による。


 第2条、地方債の補正でございますが、地方債の追加は第2表、地方債補正による。平成17年6月13日提出。湯梨浜町長。


 2ページ、3ページの歳入歳出予算補正については省略させていただきます。


 4ページをお願いします。先ほども一般会計でございましたが、第2表、地方債、「補正」が落ちておりますので、「補正」の記入をお願いしたいと思います。


 追加といたしまして、起債の目的、農業集落排水事業債、限度額550万円。以下、起債の方法、利率、償還の方法については、記載のとおりであります。


 事項別明細、5ページ、6ページについては、省略させていただきます。


 7ページの2の歳入から説明させていただきます。1款1項1目の事業費分担金でございますが、補正額50万円でございまして、2戸分を計上させていただいております。


 3款1項1目の一般会計繰入金でございますが、先ほど一般会計でもございましたように、315万円の計上でございます。


 4款1項1目の事業債でございますが、550万円、先ほどの起債のとおりでございます。


 はぐっていただきまして、8ページでございます。歳出でございますが、2款1項1目の維持管理費でございますが、補正額315万円でございます。これは舎人処理場の脱臭機の修繕ということで、315万円でございます。2目の農集施設整備事業費でございますが600万円ということでありまして、これは暗渠の築増の工事ということで、小浜と宇谷を計上させていただいております。600万円でございます。以上でございます。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) 議案第108号から議案第111号までについては、来る17日に審議、採決を行います。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(松本 繁君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 本日はこれにて散会をいたします。なお、明日は午前9時から本会議を開きますので、御参集ください。


              午後0時30分散会


    ───────────────────────────────