議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成21年第10回臨時会(第1日目 7月21日)




平成21年第10回臨時会(第1日目 7月21日)





       平成21年第10回八頭町議会臨時会 会議録 (第1号)


 
招集年月日  平成21年7月21日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成21年7月21日午前9時54分宣告


       (第1日)





応招議員


   1番 小倉 一博   2番 谷本 正敏   3番 桑村 和夫


   4番 小林 久幸   5番 下田 敏夫   6番 川西 末男


   7番 矢部 博祥   8番 栄田 秀之   9番 池本  強


  10番 ?橋信一郎  11番 岡嶋 正広  12番 川西  聡


  13番 河村 久雄  14番 前土居一泰  15番 谷口美佐子


  16番 西尾 節子  17番 山本 弘敏  18番 森山大四郎





不応招議員


   な  し





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  副 町 長  井山愛治  教 育 長  西山淳夫


 総務課長    吉田英人  船岡支所長  山根貴和  八東支所長  西川孝行


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 薮田邦彦  福祉環境課長 勝原宣則


 保健課長    細田初博  産業課長   小林孝規  建設課長   野崎正実


 上下水道課長  保木本妻枝 地籍調査課長 小林 孝


 会計管理者   土橋芳子  収納対策室長 植木俊明


 教育委員会事務局次長


         平木章治


 農業委員会事務局長


         前田康博





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  主任     安田真奈美





町長提出議案


  平成21年度八頭町一般会計補正予算(第4号)


  平成21年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号)





議事日程


  別紙のとおり





会議録署名議員


 13番 河村久雄議員    14番 前土居一泰議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


              平成21年7月21日(火)午前9時30分開議


日程 第 1 会議録署名議員の指名


 〃 第 2 会期の決定


 〃 第 3 議案第100号 平成21年度八頭町一般会計補正予算(第4号)


 〃 第 4 議案第101号 平成21年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号


               )





議事の経過





◎開会宣告                    (午前9時54分)





○議長(森山大四郎君) ただいまの出席議員は18名で、定足数に達しております。


 よって、平成21年第10回八頭町議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議長(森山大四郎君) 本臨時会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(森山大四郎君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


  13番 河村久雄議員


  14番 前土居一泰議員を指名いたします。





◎会期の決定





○議長(森山大四郎君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。





◎一括議題の宣告





○議長(森山大四郎君) この際、日程第3 議案第100号、日程第4 議案第101号の2議案について一括議題といたします。


議案の朗読をいたさせます。


事務局長。


              (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。


○町長(平木 誠君) おはようございます。


 第10回八頭町議会臨時会を招集させていただきました。


 各議員におかれましては、万障繰り合わせていただき、ご参集賜りますことに対しまして、厚く御礼申し上げたいと思います。


 本臨時会の議案は、補正予算2件でございます。


 初めに、議案第100号 平成21年度八頭町一般会計補正予算(第4号)について説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ、2億4,349万7,000円を追加させていただき、予算の総額を97億7,516万円とさせていただきたいと思います。


 今回の補正は、地域活性化・経済危機対策臨時交付金を活用いたしました事業を予算化するもので、27事業を予定しております。


 事業の主なものを申し上げ提案の説明とさせていただきます。


 まず歳入では、14款、国庫支出金として、国の補正予算に伴います経済対策の地域活性化・経済危機対策臨時交付金、2億3,069万7,000円を予定させていただいております。


 あわせまして、15款、県支出金では太陽光発電システム設置費県補助金を480万円、20款、諸収入で、今回建設を予定しております防災備蓄倉庫、旧の農業倉庫でございますが、建物共済金、800万円を見込ませていただいております。


 次に歳出ですが、2款、総務費の中で、地域活性化・経済危機対策費で、プレミア付き商品券の発行助成金、1,800万円、住宅用太陽光発電システム導入補助金、720万円、集落の防災備品配備補助金、2,500万円、優良の繁殖牛を導入する和牛再生促進事業、500万円、インフルエンザ予防接種事業、529万5,000円、公共施設テレビデジタル化事業、800万円、防災備蓄倉庫建設事業、3,000万円、公民館、体育館等のバリアフリー化事業、1,733万7,000円など27事業、2億4,349万7,000円でございます。


 次に、議案第101号 平成21年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号)について説明させていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ、1,300万円を追加させていただき、予算の総額を3億1,650万円と致そうとするものであります。


 今回の補正の内容は、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業によりまして、船岡地域内の簡易水道配水管の布設替えを行うものであります。この配水管は、昭和48年に布設致しました塩化ビニール管で町道の側溝下に埋設しておりまして、まもなく耐用年数の40年が経過しようとしている老朽管でございまして、漏水時の修理、管理に苦慮しているところであります。


 今回、総延長900メートル、4工事区間ございますが、老朽管を布設替えすることにより維持管理費の軽減と水道水の安定供給を図ろうとするものであります。


 歳入につきましては、一般会計からの繰入金として1,300万円を計上させていただいております。


 歳出につきましては、2款の事業費に工事請負費として1,350万円を計上するもので、不足の50万円につきましては、予備費から充当することと致しております。


 以上、提案理由の説明をさせていただきました。


 ご事情ご賢察いただきまして、ご可決賜りますようお願い致します。


○議長(森山大四郎君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) ただ今、一括議題といたしました、議案第100号、議案第101号の2議案について質疑を行います。


 なお、審議の都合上議案を区分して質疑を行います。


 初めに議案第100号、質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


 12番、川西聡議員。


○12番(川西 聡君) 全協の確認のような質問をします。


 この予算に計上されている内容が継続的に今後予算に反映されるという点におきまして、私は説明を受けたのは太陽光発電の補助の問題ですね。それからインフルエンザの予防接種の委託料。これに関しては継続的な予算措置で計上するということを、町長が先程の全協で言われたんですが、その他のことに関してはありませんか。もう一回これちょっと確認の意味で。


 お願いします。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 今回の予算に関しましては以上のようなことですけども、先程ありました89番の転作の関係につきましては将来的にでてくるという可能性があるとは思います。


 だから、継続性がある部分というのがありまして、将来的な財政予想もあるわけですが、これはそれを見越したところで今回は提案をさせていただいております。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西聡議員。


○12番(川西 聡君) 町長が番数を言われましたので、私もこの補正予算説明資料の一番最後の番数で103番、郡家球場緑化事業。これも下田議員の方から先程質問があった件ですが、緑化事業に関しては私も以前一般質問したことがありますね。それで町長もできる所からこれは緑化はしていきたいと。保育所、それから公的な施設を含めて。私はやっぱりこれを機会にこういう緑化事業も恒常的な予算の計上でということで、これから取り組まれてしかるべきかなという具合に思うんですが、これは関連ということになりますけども、町長お答えできるようでしたらお答え下さい。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 緑化事業につきましては、特に保育所の関係ですね。それぞれ鳥取県内でも鳥取方式ということで取り組みをされておられます。だから今後、以前にも議論があってとても管理が大変だなという所もあったようです。だからそういう部分で皆さんに協力いただけるというふうな方向性が出るならば町としての取り組みも、やはり管理というのがこれから出てくると思いますので、この辺りを関係されます皆さんと話が整ったところからやっていきたいなというふうには思っております。だから一斉には出来ませんけども。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西聡議員。


○12番(川西 聡君) すいません。今の段階では継続的な予算計上というのは話を詰めた段階でないと考えていないということで、そういう具合に受け取ってもよろしいですか。もう一回。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 今のところは、何と言いますかこの施設をどうということは頭の中にありませんから、今後の課題だというふうに思っております。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


 7番、矢部議員。


○7番(矢部博祥君) 2月からこの度までの地域活性化関連の生活緊急対策とか経済危機対策に関する、だいたい合計で10億円ぐらいになろうかと思うわけです。10億というのは本当に大きな額だと思うんですけれども、年度またがっての話も多少しておりますけれども、となってくると今後の財政見通しの面で、確かに緊急対策としてこれまでこらえておったものもあるでしょうし、急ぐものでこの度計上されているものもある。そういった中で、今後は少しは色んな形での工夫をしていけば余裕というと正確でないかもしれませんが、基金積み立てという面でも考慮できる部分ができてくるんではないかと、このように思うわけでございまして、この辺についてお伺いを致したいと思います。ご所見を。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 今回の国の補助につきましては、貯金、基金の積み立てはできません。そういう部分で、この部分が解消されたというのですが、将来的には先食い方式でもこれはなかなか難しい、出来ない部分がたくさんあったと思います。だから来年以降、今日衆議院解散されるようですが、予算が来年以降どかんと落ちてくると思います。それぞれの補助が。ベースが。私は3年間なら3年間の先食いではないかなという感じがしております。そういう部分で、来年以降、交付税が本当に21年度の考え方のような方向で出るのか出ないのか、これは大きな問題だというふうに捉えております。


○議長(森山大四郎君) 7番、矢部議員。


○7番(矢部博祥君) 町長のお答えはもっともだと思います。ただその考慮の中でどういう形になるかということは十分考えていかなければならないことだと思っておりますし。


 もう一つぜひともお伺いしておきたいのは、この度の対策の中で6月補正と違って、町内での発注、若しくは契約ができそうなものがかなり素人目ながら多いような感じがしておるんですが、できるだけそういう方向にしていただきたいと思いますし、可能な限りですね、おおよそどの程度みておられるのか、2億3千いくらの中でですね、お伺いをいたしたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) ひとつ例をとりますと、防災備品の関係ですね。これも区長さん等にもお願いしようと思っておりますが、できるものは町内調達をお願いしたいと。少し金額が高くてもお願いしたいなというふうには思っておるところであります。だから、町内発注できるものはすべてしたいというふうな考え方で、今何割という計算はしておりませんが、ほとんど町内発注の中の金額に入ってくるんではないかなと思います。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


 9番、池本議員。


○9番(池本 強君) 事業説明の88のプレミア付き商品券の発行助成についてちょっとお聞きしたいと思いますが。このことにつきましては昨年から各行政が経済危機対策の中で取り組まれてきておるわけでございまして、いろいろ良かった、いやいろいろ問題があった、議論されてきておるわけでありますが、昨年の段階ではそういった段階に至らんということで、我が町では取り組まれてない。今回団体からの要望もあって取り組まれるということでございますが、今回導入に至った経緯を改めてお聞きしておきたいと思います。


 それと2点目といたしまして、今回金額的に多いか少ないかは別にしてもそれなりの取り組みを行われるわけでございますが、これが地域経済に及ぼす波及効果。八頭町内にどういうご判断をされておるのかお聞きしたいと思いますし。今回の取り組みがそういった地域経済への貢献度もあるのかどうか、その辺の実施の状況も踏まえてでありましょうが、第2弾的に追加的にでも考えられるのかどうか、その辺の見通しのお考えがあればお聞きしておきたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 鳥取市の方が第2弾目をされまして、10億円規模ということであります。だいたい八頭町が人口的にも10分の1ということでございますし。また先回は商工会も考えられたようですが、そこまで煮詰まってこなかったというのがあると思います。


 智頭町も若桜町も3,000万円規模、3,600万円ですね、されております。やはり2割補助ですね。また、岩美町も1,000万円の一割補助をされております。そういう中で八頭町は取り組みがなかったわけですが、今回商工会の方から、やはり地域の活性化ということもございまして、商工会自体が動かれたということがありますし、また商工会のみならず、八頭町全域、グローバルに範囲を広げる中で、商工会としても汗もかきたいという話でございまして、もちろんJAさん、また商店会、商工会に加盟していらっしゃらないお店につきましてもすべて幅広く参加を募るということでございますので、町内で買われるものがあるということでありますし、また町民の皆さんにとりましても原資はいるわけでして、その部分というのが今回エコポイントとか色んな方策がでておるわけでして、そういう部分にも消費者の皆さんにも喜んでいただけるというふうな判断の中で提案をさせていただいております。今第2弾はおられますけど考えてはおりません。


○議長(森山大四郎君) 9番、池本議員。


○9番(池本 強君) 具体的に実施された町村がどういった状況なのかということは私はつぶさに聞いておるわけではございませんが、噂的に言えば発行の具体的な事業の流れで、特定な人が買い占めたとか、あるいはなかなか余裕がない家庭にとってはメリットがない、そういうことにはならないという風な意見もあったように耳にしておるわけでありますが、そういった点を踏まえながら、この実施は当然商工会が実施されるわけでありますが、行政としてその辺の実施段階に対してどう指導されていくのか、その辺のお考えがあったらお聞きしておきたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 実施された団体、やはり智頭町、若桜町、評判が良かったというふうなお話もお聞きしております。その中で、商工会さんの方の考えの中で進まれればいいと思いますが、買占めが起こらないというふうな格好の中である程度方向性を出しておられまして、一人3万円、3冊ですね、1万2,000円券を3冊。一人当たり5,000円で約1億円ですから、そういう部分で判断されたのではないかなとは思いますけども、そういうことがないように町としても要請だけは、要請をしたいというふうには思っております。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


 16番、西尾議員。


○16番(西尾節子さん) 今までの人と違って小さなことですが、公民館のバリアフリー対応につきまして、洋式便所というふうになっておりますが、あちこちの便所に行ってみまして、大変用が足しにくいというのが八頭町内だけでなくて、感じております。それは設計する人が使用する者の身になって考えていないように思いますんで、この際いろいろ直される場合は格別スペースが狭い、多分和風の便所を洋風に直されるんだろうというふうに思いますので、ドアのことなど特に気をつけて、使用しやすいように直してほしいというふうな思いがありますが、そういうことにつきまして答弁願いたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 教育長。


○議長(森山大四郎君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) お答えします。バリアフリーのトイレにつきましては、議員おっしゃるとおりせっかく直したのに使いにくいということではどうにもなりませんので、そこら辺りを現状をよく見させていただきまして取り組んでいきたいというふうに思います。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


 10番、?橋議員。


○10番(?橋信一郎君) 先程も町長さんに転作奨励作物のことをお伺いしたわけですが、この水田協の方に役場の方でもどなたか出席されて多分会議の復命は受けておられると思いますが、この資料の中にあります白ねぎ、ブロッコリー、アスパラ。これはたまたま野菜部門ではこういうものがあるというだけであって、この3品目を育てていこうという意識のものではないんじゃなかろうかなと思っておるところですけどもその辺はどうですか。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 副町長。


○議長(森山大四郎君) 副町長、答弁。


○副町長(井山愛治君) 水田協の方で重点品目ということで取り組んでおるわけでありますけども、その元となりますのは、JAさんの方はやはり年間の推進計画ということでそれぞれ各地域の実情を勘案されまして、原案をもってきていただいております。ですからもちろん色々今後とも工夫は必要でありますけども、とりあえず本年度はこの重点品目で行くということで決定をいたしております。


○議長(森山大四郎君) 10番、?橋議員。


○10番(?橋信一郎君) 決定品目はまあいいんですが、例えばそれをこれから先八頭町としては、水田に代わるものとして、稲作に代わるものとしてずっと育てていこうかなという意識があるのか、ないのか、そこら辺りのことを、ちょっと難しい話かも分かりませんけどお願いします。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) これにつきましては、水田協、合併いたしましたんで、それぞれの地域の特産品が定めてありました。だから、皆さんがそれぞれ共通認識に立たれないと、うちの特産品はこれです、うちはどれですというふうなことではなかなかまとまりません。で、ある程度まとめてもらったのが今の部分がありますし、これを町としてもやはり推していくべきだろうというふうに考えております。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


 15番、谷口議員。


○15番(谷口美佐子さん) インフルエンザの予防接種の委託料なんですけれど、これはあくまでも小児に2,000円の補助が出るようになってますが、その根拠といいますか、こういうのって流行性のものですので、ほとんど全部補助してもいいじゃないかなと思っています、私は。子育て支援というか、子どもさんをそういう病気なんかから死亡に至らせるというようなことになったらだめですので、八頭町としてはそういう補助をするだけでなくて、子どもさんが無料で受けられるようなそういう考え方はなかったでしょうか。お尋ねします。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) インフルエンザにつきましては、小児科の先生方、いろいろあります。だから本当は、高校生の方がいいんじゃないかという方もいらっしゃるわけでして、効果というのは前は集団でやっていた時期があると。じゃあなくなった理由は何かという話をされた先生もいらっしゃいます。その中で、最低で2,000円で注射をしていただける小児科の先生が、小児科といいますか、先生がいらっしゃいます。だから、そこに合わさせていただきましたし、だいたい子どもさんは2回ということで、2回目は安いんですが、3,500円ぐらいというふうな判断の中で、半分補助というふうには考えておるところであります。だからこれは継続性をもっていきたいと思いますし、またもう一点は、小児医療の町補助といいますか、そういうことも将来的に頭に入れていかないといけないというふうな考え方を私は持っておりまして、だからここの部分というのを全額にすればいいんですけども、これは続きますんで、また状況判断も必要なのかなという感じを持っております。今回はその2,000円というのが最低でできますので、そこを見ていただいたら全額ということになると思います。


○議長(森山大四郎君) 他に質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) 次に、議案第101号について質疑ございませんか。


             (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。


 以上、議案第100号、議案第101号の2議案についての質疑を終わります。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) これより議案第100号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第100号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第100号 平成21年度八頭町一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり可決されました。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) 次に、議案第101号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第101号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第101号 平成21年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり可決されました。





◎閉会宣告





○議長(森山大四郎君) これをもちまして、本臨時会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、平成21年第10回八頭町議会臨時会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成21年第10回八頭町議会臨時会を閉会いたします。





          (平成21年7月21日午前10時22分閉会)





 会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員