議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成21年第 4回臨時会(第1日目 4月27日)




平成21年第 4回臨時会(第1日目 4月27日)





        平成21年第4回八頭町議会臨時会 会議録 (第1号)


 
招集年月日  平成21年4月27日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成21年4月27日午前10時40分宣告


       (第1日)





応招議員


   1番 ?橋信一郎   2番 川西 末男   3番 栄田 秀之


   4番 谷口美佐子   5番 岡嶋 正広   6番 川西  聡


   7番 小倉 一博   8番 森山大四郎   9番 小林 久幸


  10番 下田 敏夫  11番 桑村 和夫  12番 谷本 正敏


  13番 山本 弘敏  14番 矢部 博祥  15番 前土居一泰


  16番 池本  強  17番 河村 久雄  18番 西尾 節子





不応招議員


   な  し





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  副 町 長  中家俊夫  教 育 長  西山淳夫


 総務課長    井山愛治  船岡支所長  山根貴和  八東支所長  西川孝行


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 薮田邦彦  福祉環境課長 吉田英人


 保健課長    細田初博  産業課長   勝原宣則  建設課長   野崎正実


 上下水道課長  小林孝規  地籍調査課長 小林 孝


 会計管理者   土橋芳子  収納対策室長 植木俊明


 教育委員会事務局次長


         平木章治


 農業委員会事務局長


         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


  議会事務局長 山本政明  局長補佐   中村文子





町長提出議案の題目


  監査委員の選任につき同意を求めることについて


  専決処分の承認を求めることについて


  (八頭町税条例の一部改正について)


  専決処分の承認を求めることについて


  (八頭町国民健康保険税条例の一部改正について)


  八頭町の町長及び副町長並びに教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


  1番 小倉一博議員     2番 谷本正敏議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


              平成21年4月27日(月)午前9時30分開議


日程 第 1 仮議席の指定


 〃 第 2 議長の選挙





             議 事 日 程 (第 1 号 の追加1)


              平成21年4月27日(月)


追加日程 第 1 議席の指定


   〃 第 2 会議録署名議員の指名


   〃 第 3 会期の決定について


   〃 第 4 副議長の選挙


   〃 第 5 常任委員会委員の選任


   〃 第 6 常任委員長、副委員長互選結果の報告について


   〃 第 7 議会運営委員会委員の選任


   〃 第 8 議会運営委員長、副委員長互選結果の報告について


   〃 第 9 鳥取県東部広域行政管理組合議会議員の選挙


   〃 第10 八頭環境施設組合議会議員の選挙


   〃 第11 鳥取県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙


   〃 第12 議案第 65号 監査委員の選任につき同意を求めることについて


   〃 第13 議案第 66号 専決処分の承認を求めることについて


                 (八頭町税条例の一部改正について)


   〃 第14 議案第 67号 専決処分の承認を求めることについて


                 (八頭町国民健康保険税条例の一部改正について)


   〃 第15 議案第 68号 八頭町の町長及び副町長並びに教育長の給与の特例


                 に関する条例の一部改正について





             議 事 日 程 (第 1 号 の追加2)


              平成21年4月27日(月)


追加日程 第 1 議席の一部変更


   〃 第 2 委員会の閉会中の継続調査の件





議事の経過





○事務局長(山本政明君) 皆さん、おはようございます。


 去る4月12日に執行されました八頭町議会議員一般選挙におきまして、栄えあるご当選をされました皆さん、まことにおめでとうございます。心からお祝い申し上げます。


 それでは、臨時議長をご紹介いたしますまでの間、不肖私、事務局長が進行の役を務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


 平成21年第4回八頭町議会臨時会に先立ちまして平木町長があいさついたします。


 町長、お願いいたします。


○町長(平木 誠君) おはようございます。


 新緑の映える季節となりました。本日ここに平成21年第4回八頭町議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員各位にはおそろいでご参集賜り、厚く御礼申し上げたいと思います。


 議員各位におかれましては、今月12日に執行されました町議会議員選挙で栄えあるご当選をされました。心よりお祝い、お喜びを申し上げたいと思います。


 私ごとで恐縮いたしますが、このたびの町長選挙におきまして、町民各位の力強いご支援と温かいご厚情によりまして、無投票当選の栄に浴させていただきました。引き続き町政執行の重責を担わせていただくことになりました。もとより微力ではございますが、皆様方から寄せられました信頼とご期待にこたえるため、公正公平で透明度の高い行政、融和、協調、協働により八頭町伸展のため、粉骨砕身、邁進したいと考えております。今後とも一層のご指導とご鞭撻を賜りますよう、お願い申し上げます。


 また、議会制民主主義の中で議会議員各位とともに八頭町の町づくりを切磋琢磨しながら、車の両輪のごとく、もちろん乗っていらっしゃるのは町民の皆さんであるということを基本に、ともに行っていけたら幸いと考えているところであります。


 議員各位におかれましてもローカルマニフェストということで掲げられまして、この選挙を戦ってまいられました。また、私もマニフェストを掲げさせていただき、町民の皆さんに真意を問わせていただいたということだろうというふうに思っております。


 合併しまして5年目を迎えました。また、新たな八頭町伸展のためにともに邁進したいというふうに思います。


 議会招集させていただきました、このことに対しましてあいさつとさせていただきたいというふうに思います。


○事務局長(山本政明君) 以上で、町長のあいさつを終わります。


 次に、本日出席の本町特別職、役場管理職職員の紹介を副町長に行っていただきます。


 副町長、お願いします。


○副町長(中家俊夫君) 先ほど局長の方が私の方の紹介でということでございますが、それぞれの課長の前にマイクもございますし、自己紹介をしたいと思います。よろしくお願いいたします。


 では、最初に私、副町長の中家俊夫でございます。よろしくお願いいたします。


○会計管理者(土橋芳子さん) 失礼いたします。会計管理者兼出納室長の土橋芳子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○総務課長(井山愛治君) 総務課長の井山愛治です。よろしくお願いいたします。


○福祉環境課長(吉田英人君) おはようございます。福祉環境課長の吉田でございます。よろしくお願いいたします。


○保健課長(細田初博君) おはようございます。保健課長の細田初博です。よろしくお願いします。


○産業課長(勝原宣則君) おはようございます。産業課長の勝原宣則でございます。よろしくお願いいたします。


○船岡支所長(山根貴和君) おはようございます。船岡支所長兼産業建設課長の山根貴和といいます。よろしくお願いいたします。


○八東支所長(西川孝行君) おはようございます。八東支所長兼産業建設課長を仰せつかりました西川孝行でございます。どうぞよろしくお願いします。


○教育長(西山淳夫君) こんにちは。教育長を拝命いたしております西山淳夫と申します。どうぞよろしくお願いします。


○税務課長(岸本博伸君) こんにちは。税務課長の岸本博伸です。よろしくお願いします。


○収納対策室長(植木俊明君) 収納対策室の植木俊明です。よろしくお願いします。


○教育委員会事務局次長(平木章治君) 失礼します。教育委員会次長の平木です。よろしくお願いします。


○企画人権課長(薮田邦彦君) 失礼します。企画人権課長兼情報政策室長、あわせまして若桜鉄道新体制移行準備室長を仰せつかっております薮田邦彦でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○建設課長(野崎正実君) おはようございます。建設課長の野崎正実といいます。よろしくお願いします。


○地籍調査課長(小林 孝君) 皆さん、おめでとうございます。地籍調査課長を仰せつかってます小林 孝です。どうぞよろしくお願いします。


○農業委員会事務局長(保木本妻枝さん) 農業委員会事務局長の保木本妻枝と申します。よろしくお願いいたします。


○上下水道課長(小林孝規君) 皆さん、おはようございます。最後でございますけども、上下水道課長の小林孝規でございます。どうぞよろしくお願いします。


○事務局長(山本政明君) 以上で、特別職、管理職の職員の紹介を終わります。


 それでは、一般選挙後、初めての議会でありますので、議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定により年長議員が臨時に議長の職務を行うことになっております。


 出席されている議員の中で西尾節子議員が年長の議員でありますので、ご紹介いたします。


 西尾議員。


○臨時議長(西尾節子さん) ただいまご紹介いただきました西尾節子でございます。


 地方自治法第107条の規定により、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。


 お諮りいたします。


 このたびの一般選挙において当選の栄を担って議席を得たのでありますが、お互いに初対面の方もあるようでございますので、住所、氏名など自己紹介をお願いいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○臨時議長(西尾節子さん) 異議なしということでございます。


 ご異議がないということで、ただいまから自己紹介をお願いいたします。


 1番議席にお座りの小倉議員からお願いいたします。順次お願いします。


○1番(小倉一博君) 八頭町下野の小倉一博でございます。よろしくお願いします。


○2番(谷本正敏君) 八頭町米岡の谷本正敏でございます。よろしくお願いします。


○3番(桑村和夫君) 下私都の山田の桑村和夫といいます。よろしくお願いします。


○4番(小林久幸君) 失礼いたします。八頭町日田の小林久幸でございます。よろしくお願いいたします。


○5番(山本弘敏君) 船岡殿の山本弘敏でございます。どうぞよろしく願います。


○6番(下田敏夫君) 八頭町郡家488番地、下田敏夫でございます。よろしくお願いします。


○7番(森山大四郎君) 八頭町安井宿、森山大四郎です。どうかよろしくお願いいたします。


○8番(川西末男君) 皆さん、こんにちは。八頭郡八頭町の才代、川西末男でございます。よろしくお願いします。


○9番(矢部博祥君) 9番議員、矢部博祥でございます。用呂でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○10番(栄田秀之君) 八頭町下門尾の栄田秀之でございます。どうかよろしくお願いします。


○11番(池本 強君) 西谷、67歳、池本 強です。私は、選挙で町民の皆様にお約束いたしました池本 強のマニフェストの実現に向けて、また特に議会改革、カビの生えた議会運営を質すため、頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。


○12番(?橋信一郎君) 八東地域は岩渕の?橋信一郎でございます。どうかよろしくお願いいたします。


○13番(岡嶋正広君) 船岡に住んでおります、八頭町船岡1326番地の岡嶋正広といいます。どうかよろしくお願いします。


○14番(川西 聡君) おはようございます。過分なる負託をいただきまして、またこの新しい伝統ある八頭町議会に、また出させていただくことになりました。八頭町才代72番地の2、川西 聡でございます。私は、日本共産党公認の候補者として頑張りまして当選をさせていただきました。どうか皆さん、ひとつよろしくお願い申し上げます。以上であります。


○15番(河村久雄君) 覚王寺53番地、河村久雄でございます。よろしくお願いします。


○16番(前土居一泰君) 住所は八頭町下峰寺、名前は前土居一泰と申します。よろしくお願いします。


○17番(谷口美佐子さん) 17番議員、谷口美佐子でございます。住所は郡家です。政党は日本共産党に所属しております。


○臨時議長(西尾節子さん) 最後になりました。土師百井の西尾節子でございます。よろしくお願いいたします。


 以上で、自己紹介を終わります。





◎開会宣告                   (午前11時05分)





○臨時議長(西尾節子さん) ただいまの出席議員は18名で、定足数に達しております。


 よって、平成21年第4回八頭町議会臨時会は成立しましたので、開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開催いたします。





◎議題の宣告





○臨時議長(西尾節子さん) 日程第1 仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいまの着席の議席といたします。





◎議題の宣告





○臨時議長(西尾節子さん) 日程第2 議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、地方自治法第118条第1項及び第2項により、投票、あるいは指名推選の方法がありますが、いずれの方法といたしましょうか。


 16番、前土居議員。


○16番(前土居一泰君) 投票による方法を求めます。


○臨時議長(西尾節子さん) ただいま16番、前土居議員から投票によってと発言がありましたので、議長の選挙は投票により行います。





◎休  憩





○臨時議長(西尾節子さん) 投票のため、暫時休憩いたします。


                             (午前11時06分)





◎再  開





○臨時議長(西尾節子さん) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                        (午前11時07分)





○臨時議長(西尾節子さん) 議場を閉鎖いたします。


              (議場閉鎖)


○臨時議長(西尾節子さん) ただいまの出席議員は18名です。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、立会人に1番、小倉一博議員、2番の谷本正敏議員を指名いたします。


 投票用紙を配付いたします。


 念のため申し上げます。投票は、単記無記名でお願いします。


             (投票用紙の配付)


○臨時議長(西尾節子さん) 投票用紙の配付漏れはございませんか。


               (なし)


○臨時議長(西尾節子さん) それでは、配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


             (投票箱の点検)


○臨時議長(西尾節子さん) 異常なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


○事務局長(山本政明君) それでは、順番に投票願いたいと思います。


 それでは、1番議席、小倉一博議員、2番議席、谷本正敏議員、3番議席、桑村和夫議員、4番議席、小林久幸議員、5番議席、山本弘敏議員、6番議席、下田敏夫議員、7番議席、森山大四郎議員、8番議席、川西末男議員、9番議席、矢部博祥議員、10番議席、栄田秀之議員、11番議席、池本 強議員、12番議席、?橋信一郎議員、13番議席、岡嶋正広議員、14番議席、川西 聡議員、15番議席、河村久雄議員、16番議席、前土居一泰議員、17番議席、谷口美佐子議員、18番議席、西尾節子議員。


○臨時議長(西尾節子さん) 投票漏れはありませんか。


               (なし)


○臨時議長(西尾節子さん) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


 小倉一博議員、谷本正敏議員の立ち会いをお願いいたします。


               (開票)


○臨時議長(西尾節子さん) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票。


 これは先ほどの出席議員数に符合しております。


 そのうち有効投票18票、無効投票0。


 有効投票のうち、池本 強議員、6票、森山大四郎議員、12票。


 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は5票です。


 よって、森山大四郎議員が議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


              (議場を開く)


○臨時議長(西尾節子さん) ただいま議長に当選されました森山大四郎議員が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定により、告知をいたします。


 森山大四郎議員、議長の当選承諾及びあいさつをお願いいたします。


○7番(森山大四郎君) 失礼します。


 ただいま八頭町議会議長に当選、またこの議長に就任をいたしました森山大四郎です。どうかよろしくお願いいたします。


 先ほど議会の全員協議会の中で決意表明をさせていただきました。今後におきまして、議長は複雑多岐にわたります町民のそういった要望を厳粛に受けとめまして、本当の町民のための負託にこたえる議会の代表として一生懸命取り組んでまいります。八頭町の円滑な議会の運営、そしてまた建設的な今後の八頭町のために一生懸命頑張ってまいります所存でございます。


 どうかひとつよろしくお願いいたします。


○臨時議長(西尾節子さん) それでは、森山大四郎議長、議長席にお着き願います。


 これをもちまして、臨時議長の職務はすべて終了いたしました。


 ここで議長を交代いたします。





◎休  憩





○臨時議長(西尾節子さん) 暫時休憩いたします。    (午前11時13分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) ただいまから私が議長の職務を行います。


 休憩前に引き続き会議を再開いたします。    (午前11時14分)





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 会議規則第21条に基づき、議事日程の作成までの間、暫時休憩いたします。              (午前11時15分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                             (午後12時07分)





◎議事日程の報告





○議長(森山大四郎君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第1 議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条第1項の規定によって、議長において指名いたします。


 議席番号と氏名を職員に朗読いたさせます。


 事務局長。


             (事務局長朗読)


○議長(森山大四郎君) ただいま事務局長が朗読したとおり、議席の指定をいたします。


 それでは、ただいま指定されましたとおり着席してください。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。     (午後12時08分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                             (午後12時10分)





◎会議録署名議員の指名





○議長(森山大四郎君) 日程第2 会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


  1番 小倉一博議員


  2番 谷本正敏議員を指名します。





◎会期の決定





○議長(森山大四郎君) 日程第3 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第4 副議長の選挙を行います。


 お諮りいたします。


 選挙の方法は、地方自治法第118条第1項及び第2項により、投票、あるいは指名推選の方法がありますが、いずれの方法といたしましょうか。


 前土居議員。


○15番(前土居一泰君) 投票によることを求めます。


○議長(森山大四郎君) ただいま15番、前土居議員から投票によってとの発言がありましたので、副議長の選挙は投票により行います。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 投票のため、暫時休憩いたします。


                                (午後12時12分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                        (午後12時13分)





○議長(森山大四郎君) 議場を閉鎖いたします。


              (議場閉鎖)


○議長(森山大四郎君) ただいまの出席議員は18名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第32条第2項の規定により、立会人に3番、桑村和夫議員、4番、小林久幸議員を指名します。


 投票用紙を配付いたさせます。


 念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。


             (投票用紙の配付)


○議長(森山大四郎君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。


               (なし)


○議長(森山大四郎君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


             (投票箱の点検)


○議長(森山大四郎君) 異常なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。


○事務局長(山本政明君) それでは、呼び上げます。


 1番議席、小倉一博議員、2番議席、谷本正敏議員、3番議席、桑村和夫議員、4番議席、小林久幸議員、5番議席、山本弘敏議員、6番議席、下田敏夫議員、7番議席、川西末男議員、8番議席、矢部博祥議員、9番議席、栄田秀之議員、10番議席、池本 強議員、11番議席、?橋信一郎議員、12番議席、岡嶋正広議員、13番議席、川西 聡議員、14番議席、河村久雄議員、15番議席、前土居一泰議員、16番議席、谷口美佐子議員、17番議席、西尾節子議員、18番議席、森山大四郎議員。


○議長(森山大四郎君) 投票漏れはありませんか。


               (なし)


○議長(森山大四郎君) 投票漏れなしと認めます。


 投票を終わります。


 開票を行います。


 3番、桑村議員、4番、小林議員の立ち会いをお願いいたします。


               (開票)


○議長(森山大四郎君) 立会人の皆さん、よろしいでしょうか。はい、選挙の結果を報告いたします。


 投票総数18票。


 これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。


 そのうち有効投票18票、無効投票0票。


 有効投票のうち、川西 聡議員、3票、西尾節子議員、4票、山本弘敏議員、11票。


 以上のとおりであります。この選挙の法定得票数は5票であります。


 よって、山本弘敏議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


              (議場を開く)


○議長(森山大四郎君) ただいま副議長に当選されました山本弘敏議員が議場におられますので、本席から会議規則第33条第2項の規定により、告知をいたします。


 山本弘敏議員、副議長の当選承諾及びあいさつをお願いいたします。


○5番(山本弘敏君) ただいま選挙により、副議長に推挙されました山本弘敏でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 私は、先ほど全協の中で抱負等も述べさせていただきました。重複はしますが、いずれにしましても議長の補佐、これをしっかりやっていきたい。いずれにしましても議長の補佐をやって、そして議会改革を前提に十分力いっぱい頑張る所存でございます。


 どうか皆様方のご協力をお願いしたいと思います。以上で終わります。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 副議長の選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定によって、議席の一部変更を日程に追加し、追加日程第1として日程の順序を変更し、直ちに議席の一部変更を行いたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。


 よって、議席の一部変更を日程に追加し、直ちに議席の一部変更をいたします。


 議席番号及び氏名を事務局長に朗読いたさせます。


 事務局長。


             (事務局長朗読)


 ただいま朗読いたしましたとおり、議席を変更することに異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま朗読のとおり、議席を変更することに決まりました。


 それでは、ただいま決定いたしました議席に着席してください。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。     (午後12時33分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                              (午後4時05分)





◎常任委員会委員の選任





○議長(森山大四郎君) 日程第5 常任委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りいたします。


 各常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元に配付いたしました名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、各常任委員会委員は、お手元に配付いたしました名簿のとおり選任することに決しました。


 各常任委員長、並びに副委員長の選任につきましては、委員会条例第8条第2項の規定により、各委員会で互選することになっておりますので、それぞれ互選してください。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。      (午後4時06分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                              (午後4時07分)





◎常任委員長、副委員長の互選結果の報告





○議長(森山大四郎君) 日程第6 常任委員長、副委員長の互選結果の報告についてを議題といたします。


 事務局長に報告いたさせます。


 事務局長。


○事務局長(山本政明君) それでは、各常任委員会委員長、副委員長の報告をいたします。


 総務常任委員会委員長に谷本正敏議員、副委員長に河村久雄議員。


 産業建設常任委員会委員長に桑村和夫議員、副委員長に小林久幸議員。


 教育福祉常任委員会委員長に小倉一博議員、副委員長に前土居一泰議員。


 議会広報常任委員会委員長に矢部博祥議員、副委員長に栄田秀之議員。


 以上でございます。


○議長(森山大四郎君) ただいま事務局長が報告いたしましたとおり、各常任委員会の委員長、副委員長が選任されました。





◎議会運営委員会委員の選任





○議長(森山大四郎君) 日程第7 議会運営委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定によって、お手元に配付いたしました名簿のとおり指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会委員はお手元に配付いたしました名簿のとおり選任することに決しました。


 議会運営委員会委員長並びに副委員長の選任につきましては、委員会条例第8条第2項の規定により、委員会で互選することになっておりますので、それぞれ互選してください。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。      (午後4時08分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。


                              (午後4時09分)





◎議会運営委員会委員長、副委員長の互選結果の報告





○議長(森山大四郎君) 日程第8 議会運営委員会委員長、副委員長の互選結果の報告についてを議題といたします。


 事務局長に報告いたさせます。


 事務局長。


○事務局長(山本政明君) 議会運営委員会委員長、副委員長の報告をいたします。


 議会運営委員会委員長に下田敏夫議員、副委員長に谷口美佐子議員。


 以上でございます。


○議長(森山大四郎君) ただいま事務局長が報告いたしましたとおり、議会運営委員会の委員長、副委員長が選任されました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第9 鳥取県東部広域行政管理組合議会議員の選挙を行います。


 なお、選挙いたします議員の数は、当組合規約第5条第1項の規定により2人です。


 お諮りいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 鳥取県東部広域行政管理組合議会議員に森山大四郎議員、小倉一博議員の2人を指名します。


 お諮りいたします。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員、小倉一博議員の2人を鳥取県東部広域行政管理組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員、小倉一博議員の2人が鳥取県東部広域行政管理組合議会議員に当選されました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第10 八頭環境施設組合議会議員の選挙を行います。


 なお、選挙いたします議員の数は、当組合規約第5条第1項の規定により3人です。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定いたしました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 八頭環境施設組合議会議員に森山大四郎議員、谷本正敏議員、桑村和夫議員を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員、谷本正敏議員、桑村和夫議員の3人を八頭環境施設組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員、谷本正敏議員、桑村和夫議員の3人が八頭環境施設組合議会議員に当選されました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第11 鳥取県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。


 なお、選挙いたします議員の数は、当組合規約第8条第1項の規定により1人です。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選にいたしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 鳥取県後期高齢者医療広域連合議会議員に森山大四郎議員の1人を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員の1人を鳥取県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) 異議なしと認めます。


 ただいま議長が指名しました森山大四郎議員の1人が鳥取県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。





◎時間延長





○議長(森山大四郎君) お諮りいたします。


 本日の会議時間は、議事の都合により、この際あらかじめこれを延長いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、本日の会議時間は、延長することに決しました。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩いたします。      (午後4時15分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 再開いたします。        (午後4時55分)





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第12 議案第65号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


             (事務局長朗読)





◎除  斥





○議長(森山大四郎君) お諮りいたします。


 本案につきましては、池本 強議員に直接利害関係のある事件であると認められますので、地方自治法第117条の規定によって、池本 強議員を除斥したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、池本 強議員を除斥することに決定いたしました。


 池本 強議員の退席を求めます。


            (池本 強議員退席)





◎提案理由の説明





○議長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(平木 誠君) 議案第65号 監査委員の選任につき同意を求めることについてでございます。


 地方自治法第196条第1項によりまして、町議会議員の中より選任する監査委員として、八頭町西谷118番地にお住まいの池本 強議員を選任いたしたいので、本議会の同意を求めるものでございます。


 池本氏は、人格高潔で、経営管理、また行政管理に明るく、監査委員として最適任であると考え、提案いたすものであります。任期につきましては、選任同意より平成25年4月23日まででございます。


 ご事情ご賢察の上、ご可決賜りますよう、お願い申し上げます。


○議長(森山大四郎君) 以上で、提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) これより質疑を行います。


 議案第65号について質疑ございませんか。


              (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) これより議案第65号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第65号について、原案のとおり同意することに賛成の方は起立願います。


              (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第65号 監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案のとおり同意することに決しました。


 池本 強議員の除斥を解きます。


 池本 強議員が入場されるまで、しばらくお待ちください。


            (池本 強議員入場)





◎一括議題の宣告





○議長(森山大四郎君) この際、日程第13 議案第66号、日程第14 議案第67号の2議案について、一括議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


             (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。


○町長(平木 誠君) それでは、議案第66号 専決処分の承認を求めることについて、八頭町税条例の一部を改正する条例についてでございます。


 平成21年3月31日をもちまして、地方税法が一部改正されました。本年度の改正は、特に大きな改正はなく、制度の補完的な改正となっております。


 主なものを説明させていただきますと、1つには寄附金の税額控除の改正であります。これは、昨年、個人住民税の寄附金税制が拡充されたことに伴いまして、条例改正を行ったところでありますけども、これを一部、県条例に準じて控除対象寄附を特定いたそうとするものでございます。


 2つ目には、住宅ローン特別控除の創設でございます。平成22年度から平成35年度までの長期にわたる住宅減税が制度化されることによる改正であります。


 また、そのほかに阪神・淡路大震災におけます固定資産税の課税の特例を廃止する改正、宅地課税の負担調整の特例を3年間延長する改正、短期譲渡、株式譲渡所得等関係条文の改正に伴う改正などとなっております。


 以上、主な改正内容といたしまして、地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日に専決処分を行ったものであり、同条第3項によりまして、本議会の承認をお願いするものでございます。


 次に、議案第67号 専決処分の承認を求めることについて、八頭町国民健康保険税条例の一部を改正する条例でございます。


 今回の改正は、社会保障制度の見直しに伴い、介護納付金の課税限度額を現行の9万円から10万円に1万円増額いたそうとする改正であります。


 また、株式譲渡所得、配当所得に対する課税の特例の創設に係る改正などとなっております。


 以上、主な改正内容といたしまして、地方自治法第179条第1項の規定により、平成21年3月31日に専決処分を行ったものであり、同条第3項により、本議会の承認をお願いするものであります。よろしくお願い申し上げます。


○議長(森山大四郎君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) ただいま一括議題といたしました議案第66号、議案第67号の2議案について、質疑を行います。


 なお、審議の都合上、議案を区分して質疑を行います。


 初めに、議案第66号、質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) 質疑をいたします。


 66号とそれから67号にまたがることになろうかと思いますが、この2つの専決処分の改正内容の根拠として、地方自治法第179条第1項、つまりこれを上げているわけですね。つまり、議会を招集するいとまがなかったと、それから議会が開かれないときということが理由だということになっております。それで、一般論ではあるんですが、専決処分というのは極力、極力やってはいけないこと。これは物の本によりますと、町長含めて首長ですね、首長の専横を招くことにつながるからということを私は勉強しております。


 そこで、この地方自治法第179条第1項との関係によって、この2議案、どうであったのかということで私は、2議案といいますか、66号に関して、じゃあ町長に質問いたします。いかがでありましたでしょうか。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 12番、川西議員の質疑についてでありますが、川西議員が話される内容もよくわかりますけれども、今回の専決処分につきましては、町独自で行ったものではございません。地方税法という国の中の流れの中での改正でございまして、この部分につきまして3月31日に法案が通ったということでございます。その後を受けて、専決処分ですから3日後、なるかもしれませんけれども、内容的には地方税法という枠組みの中での条例改正でございまして、ありましたように議会を招集させていただく初めてのときに承認をいただくということになって、今回、提案させていただいております。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) 私はちょっとしつこいようですが質問したいのは、この地方税法の条例改正によって、町独自のものではないということを言われたのはよくわかるんですが、本当に当時の前議会議員ということになるんでしょうけども、それを招集するいとまがなくてそれで皆さんどうでしょうかと、たとえ税条例の改正であったとしても、法律の、そういういとまが本当になかったのかどうなのか、物理的には私はこれは不可能なことではなかったのではないかと、このように思うんですが、町長、答弁お願いします。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 3月31日に招集をさせていただくっていうのが物理的に無理だと思います。結局、それが通りましての承認後の招集の時期ということになろうと思います。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) 3回目。


 揚げ足をとるようで申しわけないんですが、揚げ足というのは先ほどの全協での審議です。税務課長は、これ、選挙なんかが関係してて、招集するいとまがなかったってぐあいにとらえていただきたいという、そういうお答えをされましたね。町長はそれを否定をされました。私は何でもないようでいて、もう議会しょっぱなでこういうような執行部の意思の不統一さ、こういったことは非常に大きな問題だと思わざるを得ませんが、そのことについて町長、最後に。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 大変申しわけなく思っております。今後こういうことがないように気をつけてまいりたいと思います。


○議長(森山大四郎君) ほかに質疑ございませんか。


              (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) 次に、議案第67号について質疑ございませんか。


              (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。


 以上、議案第66号、議案第67号の2議案についての質疑を終わります。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) これより議案第66号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 原案に賛成者の発言ございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第66号について、原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


              (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第66号 専決処分の承認を求めることについて(八頭町税条例の一部改正について)は、原案のとおり承認することに決しました。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) 次に、議案第67号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 賛成者はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第67号について、原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。


              (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第67号 専決処分の承認を求めることについて(八頭町国民健康保険税条例の一部改正について)は、原案のとおり承認することに決しました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 日程第15 議案第68号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


             (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議長(森山大四郎君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(平木 誠君) 議案第68号 八頭町の町長及び副町長並びに教育長の給与の特例に関する条例の一部改正についてであります。


 これは現下の厳しい財政状況を踏まえまして、率先垂範して特別職みずからの報酬を減額し、町政執行に当たる姿勢を示させていただくというものでございます。


 中身的には、内容的には町長が10%、副町長7%、教育長5%をそれぞれ減額いたすものであります。


 なお、この影響額につきましては、3名で年間281万円、4年間で1,124万円となっております。


 ご事情ご賢察いただきましてご可決賜りますよう、お願い申し上げたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議長(森山大四郎君) これより質疑を行います。


 議案第68号についての質疑ございませんか。


 14番、前土居議員。


○14番(前土居一泰君) 町の財政について、町長以下いろいろご努力をされております点について敬意を表したいと思います。


 給与については、どの金額が正しくて、どれが間違いということは言えないと思いますので、これも一つの案というふうに私は思っておりますが、ただこの減額分については退職金に反映しないというように思っております。庶民の感覚からした場合には、減額イコール退職金に反映するというのが、多分多くの方の思いであろうと思います。この辺のギャップについて、町長はどのようにお考えかをお尋ねいたします。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) これにつきましては、いろいろな考え方があろうかと思います。町村会の中でも話もしたことがありますけども、これはあくまで特例的なものであるということで、これに対しましての掛金ではありません。もとの金額に対しての掛金を払っております。だから、そういう部分があるんですけども、退職金の多い少ないっていう議論があるならば、また別の角度での議論があるだろうというふうには思っております。


○議長(森山大四郎君) 14番、前土居議員。


○14番(前土居一泰君) そうしますと、町村会の方に支払う掛金については、退職金の金額によって比例すると、こういうことでよろしいですか。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 退職金の金額っていうのが、もとの金額で、パーセントで掛けてあって、特別負担金はないわけですが、その中での金額になるということであります。


○議長(森山大四郎君) ほかに質疑ございませんか。


 9番、池本議員。


○9番(池本 強君) 1点目としてお伺いしたいのは、結局、単純にと言ったら語弊があるかもわかりませんが、従来のものの期間延長だと、4年間ですね、任期期間中ということで、4年間延長ということでありますが、これに至るどういう検討をされてきて、こういう提案になったのかということをいま一度お聞きしたいと思います。





◎休  憩





○議長(森山大四郎君) 暫時休憩します。        (午後5時16分)





◎再  開





○議長(森山大四郎君) 再開いたします。        (午後5時17分)





○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 特別職の報酬が適正な報酬っていうのがどうなのかっていうのは難しい部分があると思いますが、合併時のときの特別職の報酬、また19年に審議会を開いていただいて、報酬額を決定していただいたという経過がございます。その中身的にはいろんな町村等を調査され、また現下の情勢も加味されてその報酬金額が出たというふうに考えておるところであります。


 これが適正な報酬額ということになるとしましても、私としてはそれからなおかつ10%を減額すると。これは、4年前のマニフェストにも私自身が申し上げましたし、また現下の県内の状況等も調査もさせていただきましたけども、統一性はとれてはおりませんけども、10%が私としては妥当な線じゃないかなという考え方で、継続になるかもわかりませんが、同じパーセンテージの中で減額報酬の提案させていただいたというところであります。


○議長(森山大四郎君) 9番、池本議員。


○9番(池本 強君) 八頭町特別報酬等審議会条例というのがあるのはご存じだと思いますが、その所掌事務の第2条で、町長は議会の議員の報酬並びに町長、副町長及び教育長の給料の額に関する条例を議会に提出しようとするときは、あらかじめ当該報酬等の額について審議会の意見を聞くものとするというふうに定まってますね。これとの関連についてはどうお考えですか。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) これにつきましては、報酬審議会は何もおっしゃらないと思います。上がる方は別ですけども。これをじゃあ9割カットしたときに、報酬審議会が反対なされるかといったら、そうではないと思いますけども、それは多分アップのときじゃないかなという考え方を持っております。減額の場合はあくまで、それはみずからが決めて議会の議決をいただくということになると思います。あくまでこの議決が要るっていうのは、議決をしていただいて寄附行為ですね、寄附行為にならないっていう部分をきちっと担保にとるということも一つにあると思います。


○議長(森山大四郎君) 9番、池本議員。


○9番(池本 強君) いや、上げるときとか下げるとかちゃあなこと、この条文には書いてないわけですね。ですから、この条文に適合してない、これの条文とは関連しないということなのか、あくまでこの条文に関連することだということになれば、当然審議会の意見を聞くものとするということですから、聞かなきゃいけんわけですね。上げる場合だけ聞けとか、下げる場合は聞かんでもええとかっていうやなことはないわけですね。ですから、私が先ほどちょっと言いましたのは、要するにこれは本条例の場合の額を言っとるんか、今回、特例でありますが、当然それについても期間も関連し、金額も改めて継続すると言いながらその金額というのを新たに同じ額であったって継続するわけですね。ですから、当然私はこれはここで言っとる当該報酬との額ということにかかわる事項だと思うですが。ということになれば、当然、下げる方だけえ、まあ検討してやりますわいなということでは済まない。やはり町民の意見を聞く、それがための審議会ですから、審議会を開いて審議会の議論をまってやるのが私としては一つのルール化された流れだと、それがための審議会条例だと考えますが、今の町長の答弁はちょっと私の質問に適正に答えてないんじゃないかと思いますが、いかがですか。


 それともう1点、最後ですからお聞きしますが、先ほど質問がありました要するに退職金とのかかわりですね。だから特例でやるということよりも、議員の場合は特例という言い方でありますが、下げたら下げる、上げたら上げる、やっぱり本条例そのものでやるというのが私は筋だと思うわけであって、特例でやるというのがはやっとるといいますか、その辺の法的に関連がよくわからんわけでありますが、はっきり言ってそれはもちろん庶民感覚とかけ離れておるし、便宜的なものであるというような暫定的な形ですね。暫定的な形ということにはならない、これは原則論になるわけでありますが、その辺の見解もあわせてお聞きしたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 話が何といいますか、関連、関連で来ておりますけども、特別職の報酬審議会っていうのは現下の状況、また県下の状況等も調査され、精査されて金額を出されたものであります。だから、そのときの町長、特別職ですね、がこの金額でいかれるということになればそれでいいわけです。今回の場合は特例として私自身が減額するということでございまして、報酬の金額の適正がおかしいからというわけではないということだけは認識していただきたいと思いますし、やはり議会にかけさせていただいて先ほどありましたように議会議決の中で寄附行為ですね、勝手には減額できないわけです。自分の給料から何%引いて給料もらいますよということにならないわけです。だから、議会の議決をいただいて、この部分が寄附行為に当たらないというふうなことに、一つにはなるというふうになると思っております。


○9番(池本 強君) 実はちょっと一言。もう1点。一言。


○議長(森山大四郎君) もう3回ですよ。


○9番(池本 強君) もう一言。


○議長(森山大四郎君) はい。


○9番(池本 強君) では聞きますが、今後、報酬審議会の開催を要請するとか、招集はあくまで委員長ということでありましょうが、ちょっとその辺の見解だけを聞いときたいと思います。


○議長(森山大四郎君) 町長。


○町長(平木 誠君) 報酬審議会の方は、答申のときに話されたのは、基本的には、下がるときにはないかもわかりませんが、私はそうでなくして現下の情勢の中で変動があれば開催をお願いしたいというふうには思っておりますが、一般的には審議会は上がるときが多いわけですね。勝手には上げれませんから、下げるのは下げれますけど、上げるのは上げれないわけです。そういう中で県下の状況を見させてもらいたいというふうに思います。


○議長(森山大四郎君) ほかに質疑ございませんか。


 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) 私は、この影響額の問題についてちょっと若干質疑してみたいと思います。


 281万円という数字が議案書に載っております、説明書に。それでこういうことです、この間ずっと皆さん方もご苦労されて選挙をやってきたわけですが、私自身の聞いた住民の声ですね、これはやっぱり強調して申し上げなければならないと思うんですね、この質疑に関連して。やっぱり雇用、それから負担減、いろんな負担がありますけども、もう生活がとにかく苦しいと、仕事がしたい、あるいは負担を何とか軽減してくれ、これが今現在の八頭町民の強い強い声だと、眠たいんですか、そんなことないでしょ。それが現在の強い強い声だと私は思うんです。ですからこの281万円、たかが281万円、されど281万円、年間額にしてですね。私はやっぱりそういう雇用なり、軽減負担減の使い道、使途に対して町長が前向きにやっぱり取り組まれると、この浮いたお金をですね。私は強くそのことを思うんですが、町長、ご見解をお示しください。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 現下の雇用状況は大変厳しいものがあるというふうに思っております。八頭町でもふるさと創生の基金での雇用、また緊急雇用ございまして、これは国の制度の中で回っておりますが、県下でもトップに手を挙げさせていただいていろんな事業を今、それぞれ委託先の方で雇用が生まれております。そういう部分ではそれで進まさせていただきますし、また21年度の国の大型補正についても今、準備段階を始めております。


 今の私の部分っていうのは、川西議員もご存じだと思いますけども、一般会計の予算編成の中で2億2,600万円、基金から繰り入れしております。だから、全体的に大変苦しいわけです。この部分をどこかにってわけにはならないというふうには思っておりまして、雇用対策としてはまた雇用対策の方と考えていきたいと、実際に進んでおりますし、やっていきたいというふうに考えております。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) じゃあ、具体的に281万円のことに関してはどのような、いわゆる浮いたお金の検討をされるというぐあいにご判断をされているんですか。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 浮いたお金じゃないんです。浮いてないんです。だから、その部分を少しでも穴埋めしたらというふうに思っております。


○議長(森山大四郎君) 12番、川西議員。


○12番(川西 聡君) 私は自分の恥をさらけ出すようで申しわけないんですけど、年間に予算を組まれてて、それでこの時点で給与をカットするわけでしょ。年間予算を組まれたんでしょ。それで私は俗な表現で浮いたということを言ったんですが、これは不正確ですか。わかりました。言われたことはよくわかりましたが、私は不正確ではないというぐあいに思っております。そのことを申し上げて質疑を終わります。


○議長(森山大四郎君) 町長、答弁。


○町長(平木 誠君) 当初予算では、新しい首長が決められてからの予算でありまして、みずから減額予算は執行できないということがまず一つあります。


 それと今、申し上げさせてもらいましたように、今、100年に一度と言われるような大不況ですから、ここに金を投入せよということもわからなくはないんですけども、初めにも申し上げましたように2億2,600万円あるわけです、もとが。これをいかにゼロに持っていくかというのが難しいというふうにまずもって思っておりますんで、どこということではなくして全体の中で、また減額予算がこれから出ますけども、なっていったらいいのかなという感じは持っております。


○議長(森山大四郎君) ほかに質疑ございませんか。


              (質疑なし)


○議長(森山大四郎君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議長(森山大四郎君) これより議案第68号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


              (討論なし)


○議長(森山大四郎君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議長(森山大四郎君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第68号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


              (起立多数)


○議長(森山大四郎君) 起立多数です。


 よって、議案第68号 八頭町の町長及び副町長並びに教育長の給与の特例に関する条例の一部改正については、原案のとおり可決されました。





◎議題の宣告





○議長(森山大四郎君) 追加日程第2 委員会の閉会中の継続調査の件を議題とします。


 議会広報常任委員会、議会運営委員会、各委員長から、委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によって、お手元に配付しました申し出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査をすることにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査をすることに決しました。





◎閉会宣告





○議長(森山大四郎君) これをもちまして、本臨時会の会議に付されました事件はすべて議了いたしました。


 よって、平成21年第4回八頭町議会臨時会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


              (異議なし)


○議長(森山大四郎君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成21年第4回八頭町議会臨時会を閉会いたします。


 どうもご苦労さまでした。





     (平成21年4月27日午後5時32分閉会)





 会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 臨時議長





 議  長





 署名議員





 署名議員