議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成20年第 9回定例会(第1日目12月 9日)




平成20年第 9回定例会(第1日目12月 9日)





        平成20年第9回八頭町議会定例会 会議録 (第1号)


 
招集年月日  平成20年12月9日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成20年12月9日午前9時30分宣告


       (第1日)





応招議員


   1番 秋山 宏樹   2番 池本  強   3番 中田  明


   4番 岡嶋 正広   5番 小倉 一博   7番 鎌谷  收


   8番 川西  聡   9番 河村 久雄  10番 桑村 和夫


  11番 小林 久幸  12番 下田 敏夫  13番 竹内 康紀


  14番 谷本 正敏  15番 西尾 節子  16番 林  展正


  17番 前土居一泰  18番 森山大四郎  19番 矢部 博祥


  20番 山本 弘敏  21番 松田 秋夫





不応招議員


   な  し





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町   長   平木 誠  副 町 長  中家俊夫  教 育 長   西山淳夫


 総務課長    井山愛治  船岡支所長  山根貴和  八東支所長   薮田邦彦


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 白岩和典  福祉課長    吉田英人


 保健課長    細田初博  産業課長   勝原宣則  建設課長    野崎正実


 上下水道課長  小林孝規  地籍調査課長 小林 孝


 会計管理者   土橋芳子  収納対策室長 植木俊明


 教育委員会事務局次長


         平木章治


 農業委員会事務局長


         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


  議会事務局長 山本政明   局長補佐  中村文子





町長提出議案の題目


  八頭町職員の自己啓発等休業に関する条例の制定について


  八頭町職員の修学部分休業及び高齢者部分休業に関する条例の制定について


  八頭町美しい町づくり条例の制定について


  八頭町国民健康保険条例の一部改正について


  八頭町営墓地条例の一部改正について


  八頭町営住宅条例の一部改正について


  八頭町文化財保護条例の一部改正について


  訴訟の提起について(住宅資金滞納金請求事件その1)


  訴訟の提起について(住宅資金滞納金請求事件その2)


  やまめ供給施設の指定管理者の指定について


  大門体験農園管理棟及び附属便所の指定管理者の指定について


  船岡竹林公園の指定管理者の指定について


  西谷食材供給施設の指定管理者の指定について


  八東フルーツ総合センターの指定管理者の指定について


  建物の処分について(八東第一団地1号室)


  建物の処分について(八東第一団地2号室)


  建物の処分について(八東第一団地3号室)


  建物の処分について(八東第一団地4号室)


  建物の処分について(八東第一団地5号室)


  平成20年度八頭町一般会計補正予算(第6号)


  平成20年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


  平成20年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号)


  平成20年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第2号)


  平成20年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第2号)


  平成20年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第3号)


  平成20年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号)





議事日程


  別紙のとおり





会議録署名議員


   1番 秋山宏樹議員   2番 池本 強議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


              平成20年12月9日(火)午前9時30分開議


日程 第 1 会議録署名議員の指名


 〃 第 2 会期の決定


 〃 第 3 諸般の報告


 〃 第 4 町長あいさつ


 〃 第 5 議案第121号 八頭町職員の自己啓発等休業に関する条例の制定につい


               て


 〃 第 6 議案第122号 八頭町職員の修学部分休業及び高齢者部分休業に関する


               条例の制定について


 〃 第 7 議案第123号 八頭町美しい町づくり条例の制定について


 〃 第 8 議案第124号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について


 〃 第 9 議案第125号 八頭町営墓地条例の一部改正について


 〃 第10 議案第126号 八頭町営住宅条例の一部改正について


 〃 第11 議案第127号 八頭町文化財保護条例の一部改正について


 〃 第12 議案第128号 訴訟の提起について(住宅資金滞納金請求事件その1)


 〃 第13 議案第129号 訴訟の提起について(住宅資金滞納金請求事件その2)


 〃 第14 議案第130号 やまめ供給施設の指定管理者の指定について


 〃 第15 議案第131号 大門体験農園管理棟及び附属便所の指定管理者の指定に


               ついて


 〃 第16 議案第132号 船岡竹林公園の指定管理者の指定について


 〃 第17 議案第133号 西谷食材供給施設の指定管理者の指定について


 〃 第18 議案第134号 八東フルーツ総合センターの指定管理者の指定について


 〃 第19 議案第135号 建物の処分について(八東第一団地1号室)


 〃 第20 議案第136号 建物の処分について(八東第一団地2号室)


 〃 第21 議案第137号 建物の処分について(八東第一団地3号室)


 〃 第22 議案第138号 建物の処分について(八東第一団地4号室)


 〃 第23 議案第139号 建物の処分について(八東第一団地5号室)


 〃 第24 議案第140号 平成20年度八頭町一般会計補正予算(第6号)


 〃 第25 議案第141号 平成20年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第


               2号)


 〃 第26 議案第142号 平成20年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号


               )


 〃 第27 議案第143号 平成20年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第2号


               )


 〃 第28 議案第144号 平成20年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第2


               号)


 〃 第29 議案第145号 平成20年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第


               3号)


 〃 第30 議案第146号 平成20年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号


               )








議事の経過


◎開会宣告                   (午前9時30分)





○議長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は20名で、定足数に達しております。


 よって、平成20年第9回八頭町議会定例会は成立いたしましたので、開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議長(松田秋夫君) 本定例会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎会議録署名議員の指名





○議長(松田秋夫君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


  1番 秋山宏樹議員


  2番 池本 強議員を指名いたします。





◎会期の決定





○議長(松田秋夫君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から平成20年12月19日までの11日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日から平成20年12月19日までの11日間とすることに決定いたしました。





◎諸般の報告





○議長(松田秋夫君) 日程第3 諸般の報告を行います。


 事務局長をしていたさせます。


 事務局長。


○事務局長(山本政明君) ご報告いたします。


 はじめに、請願・陳情等につきましては、本日までに受理いたしましたものは、お手元に配付の文書表のとおりでありまして、会議規則第92条の規定により、平成20年陳情第23号から30号まで、8件を教育福祉常任委員会へ付託されました。


 次に、9月定例会以降の主な事項につきましては、お手元に配付のとおりであります。


 次に、9月定例会で可決された意見書は、関係機関に送付いたしましたのでご報告いたします。


 なお、監査報告につきましては、報告書の写しの配付をもって報告にかえさせていただきます。


 以上でございます。


○議長(松田秋夫君) 以上で諸般の報告を終わります。





◎町長あいさつ





○議長(松田秋夫君) 日程第4 ここで町長からあいさつがあります。


 町長、平木 誠君。


○町長(平木 誠君) おはようございます。


 平成20年第9回12月定例会、八頭町議会にあたりまして、一言ごあいさつ申し上げます。


 議員各位におかれましては、冬の気配を感じる慌ただしい年末を控え、ご多忙のところおそろいでご参集を賜り、当面いたします案件につきましてご審議をいただきますことを、心から厚く御礼申し上げます。


 ことしも、あと残すところわずかとなってまいりました。平成20年は、八頭町誕生4年目でありましたが、議員各位、町民の皆様のご協力によりまして、諸懸案事項は、まずは計画どおりの進捗となっておりまして、感謝申し上げたいと思います。


 また、平成20年は八頭町のさらなる進展の年というふうなことで、基礎づくりの年、これは将来を見据えた八頭町のあるべき姿等々でございまして、審議会を開いていただき、議論を重ねてまいっていただいております。


 また、昨年夏に表面化いたしましたサブプライム住宅ローン問題に伴います金融危機は、今、日本、世界の経済悪化を招いております。また、インドにおけるテロ事件など、国際社会では相変わらず世情騒然としておりますが、町内では災害が頻発した昨年に比べ、日本本土もそうなんですが、台風上陸もなし、順調な天候が続いたというふうに思っております。


 また、実りの秋が充実したということも重ねてありますけれども、価格低迷で豊作が素直に喜べない秋となっております。


 来たるべき年が町民の皆様にとりまして、さらに輝かしい年であってほしいと願わずにはおれません。


 10月6日から30日まで、128集落に職員を出向かせ、当面の重要課題、ケーブルテレビ事業の概要につきまして、町民各位に説明させて、ご意見等も伺っているところであります。アンケート結果は、現在集計中でございますが、全体で52%の世帯の方々に、この集落の説明会に参加いただきました。今後の政策決定に生かしてまいりたいというふうに思います。


 10月13日、体育の日は、第3回目となりました森下広一杯マラソン大会を開催いたしました。森下監督をはじめ韓国横城郡よりマラソン団を含めまして、全国から多くの方々に参加いただき、スポーツのすばらしさが実感でき、親睦や交流が生まれた大イベントだったことであります。これも町民の方々の支援、協力があってこそでありまして、この場をおかりしまして厚く御礼申し上げたいと思います。


 10月17日、平井知事とともに、広島市場へ西条柿のセールスに行ってまいりました。ことしは、西条柿キャラクターもつくりましたし、CD、DVD等々もつくりまして、市場から販売もさせていただきましたし、また、広島の特養、ケアハウス等々を総合的にやっておられるところにも慰問に行かせていただきました。


 先ほどありましたように、市場価格が低迷しているというのは全国版でございまして、なかなかこの製品だけが高く売れるということになりませんで、大変心配いたしているところであります。


 また、10月25日には、大阪市の住吉区の祭りに参加いたしました。区役所、図書館のオープニングの年ということで、区民祭りに招待いただくとともに、旧の八東町より野球や物産で続いていました交流を改めて掘り起こしたものでございます。昨年は、参加しておりませんでした。


 そういう中で、八頭町より提供いたしました西条柿、リンゴ、新高梨は、またたく間に完売いたしまして、今後の都市との交流といいますか、国内交流等に大いに期待を持ったところでございます。


 若桜鉄道につきましては、公共交通連携計画を10月25日に国交省へ提出させていただき、今後は連携計画の実施計画策成に取りかかっております。上下分離方式への移行のため、鳥取市、鳥取県、国土交通省に対し、取り組みを進めているところでございます。地域公共交通会議でクローバーバス町営化の方針を表明し、ご承認もいただきました。交通弱者の方々の交通手段の確保のため、バスが走っていない地域も含めまして、よりよい手段を考えてまいりたいというふうに考えております。


 いろいろと申し上げましたけれども、本定例会に条例7件、予算7件、そのほか12件の合わせまして26議案を提案させていただいております。十分なるご審議をいただきまして、ご可決賜りますようお願いし、開会にあたりましてのあいさつとさせていただきます。


○議長(松田秋夫君) 以上で町長のあいさつを終わります。





◎一括議題の宣告





○議長(松田秋夫君) この際、日程第5 議案第121号から、日程第30 議案第146号まで、26議案について一括議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


                  (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議長(松田秋夫君) 議案の朗読をいたさせましたので、町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(平木 誠君) それでは、ただいま議題となりました議案第121号から、議案第146号までの26議案につきまして、議案の概要を申し上げ、提案の理由とさせていただきます。


 はじめに、議案第121号 八頭町職員の自己啓発等休業に関する条例の制定であります。


 これにつきましては、地方公務員法の改正によりまして、自発的に職務を離れて、大学等における修学や国際貢献活動を行うことを希望する職員に対しまして、その身分を保有したまま職務に従事せず、これらの活動を行うことを認める制度が創設されました。


 この自己啓発等休業制度は、公務を取り巻く社会環境の変化に対応できるよう、職員に自発性や自主性を生かした幅広い能力開発や国際協力の機会を提供するための柔軟な仕組みとして新たに設けようとするものであります。これにつきましては、その期間、無給で最高3年間でございます。


 次に、議案第122号 八頭町職員の修学部分休業及び高齢者部分休業に関する条例の制定についてであります。


 これは先ほどの議案と趣旨が重なる部分がございますが、公務を取り巻く社会環境の変化に対応できるよう、職員が修学する場合、勤務時間の一部についてその身分を保有したまま職務に従事せず休業することを認めようとすることと、定年前五年以内の職員が生活設計を行う場合、同じく勤務時間の一部について休業を認めようとするものであります。


 地方公務員法の改正に基づき、制度創設をいたそうとするものでございます。修学につきましては、無給で最高2年でありますし、高齢者の部分休業につきましては、先ほどありました60歳定年5年前から、5年間のうち最高2年でございます。無給であります。


 次に、議案第123号 八頭町美しい町づくり条例の制定でございます。


 現在、八頭町内でもモラルのない一部の方の行動によりまして、道路・公園等への空き缶、空き瓶、たばこの吸い殻等のポイ捨て、また最近は犬のふんの放置が多く見受けられ、苦情も寄せられているところであります。


 今回、これまでのように個々のモラルに頼るだけでなく、新たなルールとしてポイ捨て等を禁止し、町内の快適な生活環境の保全に資することを目的として、条例を制定いたすものであります。


 今後、啓発等を行いまして、町民の皆様方のご理解とご協力をいただき、清潔で美しいまちづくりを推進したいと考えております。なお、この条例には罰則は設けておりませんが、悪質者につきましては、公表するという条例になっております。


 議案第124号 八頭町国民健康保険条例の一部改正であります。


 現在、国民健康保険の被保険者の方が出産されますと、出産育児一時金として、国民健康保険から35万円支給されております。


 平成21年1月から、産科医療補償制度が導入されますけれども、この制度は通常の妊娠・分娩で脳性麻痺になった方の補償と原因分析・再発防止を目的とした、分娩機関が加入する民間保険制度であります。


 今回の改正は、この制度に加入されました分娩機関で出産した場合に限り、出産育児一時金を3万円引き上げ、38万円といたすものであります。


 なお、出産育児一時金の引き上げは、分娩機関が民間保険へ支払います掛金が分娩費用に転嫁されることによるものであります。


 議案第125号 八頭町営墓地条例の一部改正であります。


 現在、八頭町では、定住促進を図る一環といたしまして、郡家墓苑と船岡墓苑を整備いたしております。


 船岡墓苑につきましては、平成15、16年度の2年間で53区画の墓地を造成したものでございますが、先月末で33区画の永代使用の許可を行い、残り20区画となっております。


 これまで、永代使用につきましては広報紙はもとより、折込チラシの配布、ホームページの掲載等を行ってまいりましたけれども、今回、残り区画の永代使用の推進を図るべく、従来、使用者1人につき1区画の使用許可であったものを2区画までにするというものであります。


 次に、議案第126号 八頭町営住宅条例の一部改正であります。


 今回、廃止しようといたします、昭和45年建築の町営住宅八東第1団地の5戸につきましては、平成19年1月、現在の入居者へ払い下げることを目的に、県から町に無償譲渡を受け、町営住宅として管理しておりましたけれども、今回、入居者への払い下げの準備が整いましたので、町営住宅から廃止しようとするものであります。


 議案第127号 八頭町文化財保護条例の一部改正についてであります。


 今回の改正は、国の文化財保護法の一部改正に伴い、関係条項を含みます、八頭町文化財保護条例の一部を改正するもので、地方自治法第96条第1項の規定により、本議会の議決を求めるものであります。


 内容につきましては、引用する法律の条項の変更であります。


 議案第128号 訴訟の提起の住宅資金滞納金請求事件その1であります。


 住宅改修資金貸付金滞納者の相続人に対し、連帯保証人、9名の方ですが、含めまして、滞納金回収のため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定によりまして、訴状を提出しようとするものであります。


 金額は、220万9,150円であります。


 議案第129号 訴訟の提起の住宅資金滞納金請求事件その2であります。


 住宅新築資金貸付金滞納者の相続財産管理人、及び連帯保証人、2名でありますが、対しまして、滞納金回収のため、地方自治法第96条第1項第12号及び第13号の規定によりまして、訴状を提出しようとするものであります。


 金額につきましては、134万9,280円であります。


 議案第130号から第134号まででございます。


 これにつきましては、やまめ供給施設、大門体験農園管理棟及び附属便所、船岡竹林公園、西谷食材供給施設、八東フルーツ総合センターの指定管理者の指定についてであります。


 提出議案の5施設につきましては、平成18年7月1日から、平成21年3月31日までの3年間の協定に基づきまして、管理していただいておりました。この指定期間満了に伴いまして、平成21年度から3年間の指定管理者の指定をいたそうとするものであります。


 5施設のうち、船岡竹林公園につきましては公募。そのほかの施設につきましては、指名といたしました。竹林公園の公募を10月27日から11月14日までといたしましたところ、1団体から応募があっております。


 この5施設の指定管理者を選定するにあたっては、選定委員会を11月20日に開催し、選定基準表に基づいて、選定いたしております。


 選定委員は、委員長を副町長、委員を総務課長、各支所長、教育委員会事務局次長の5名であります。選定基準の主な項目といたしましては、第一に住民の平等利用が確保されること。第二に、事業計画の内容が、公の施設の効用を最大限発揮すると共に管理経費の縮減が図られるものであること。第三に、事業計画に沿った管理を安定して行う物的能力、人的能力を有していることであります。


 審査の結果、5施設とも指定管理候補者が的確であると判断いたしております。


 それでは、議案第130号 やまめ供給施設の指定管理者の指定でございます。


 施設の名称は、やまめ供給施設です。指定管理者となる団体の名称は、八頭郡八頭町福地156番地、私都養殖漁業生産組合組合長、山根眸さんで、指定の期間は、平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3年間であります。


 指定管理料は、1年間に15万9,000円、3年間の合計で47万7,000円であります。


 施設といたしましては、管理棟1棟、東屋2棟、養魚池6槽、駐車場が主なものであります。養殖ヤマメは、年間最大で10万匹飼育であります。この施設は、有効的な活用と山間地域の活性化に資することを目的とした施設でありますので、当組合が最適と判断し、指名をいたしました。


 議案第131号 大門体験農園管理棟及び附属便所の指定管理者の指定であります。


 施設の名前は、大門体験農園管理棟及び附属便所であります。


 指定管理者の団体は、八頭郡八頭町大門189番地1「物産館みかど」会長竹内利雄さんで、指定の期間は、同じく21年4月1曰から24年3月31日までの3年間であります。


 指定管理料は、附属便所の維持管理に係る経費部分として、1年間に42万5,000円、3年間の合計で127万5,000円であります。


 施設といたしましては、管理棟、附属便所、体験農園、駐車場が主なものであります。年間の来客数は、平成19年度で6万3,200人余りであります。


 この施設は、体験農園等観光農業の推進と、都市と農村の交流が目的の施設でございますので、物産館みかどが最適と判断し、指名いたしております。


 次に、議案第132号 船岡竹林公園の指定管理者の指定であります。


 施設の名前は、船岡竹林公園(竹細工研修施設、竹炭研修施設、西谷食材供給施設を除きます)。


 指定管理者となる団体等の名称は、八頭郡八頭町船岡1155番地2、八頭町竹林公園管理組合組合長、谷尾喜次さんで、指定の期間は、21年4月1曰から24年3月31日までの3年間であります。


 指定管理料は、1年間に593万3,000円、3年間の合計で1,779万9,000円であります。


 施設といたしましては、管理棟、簡易宿泊棟、炊事棟、野外ステージが主なものであります。年間の来客数は、平成19年度で1万8,100人余りであります。


 この施設につきましても、中山問地域の活性化を図るため、町民の健康増進が目的の施設であります。


 次に、議案第133号 西谷食材供給施設の指定管理者の指定でございます。


 施設の名称は、西谷食材供給施設です。


 指定管理者となる団体の名前は、八頭郡八頭町西谷431番地2、西谷食材供給施設管理運営組合組合長、山根博則さんで、指定の期間は、平成21年4月1曰から平成24年3月31日の3年間。


 指定管理料は、1年間に30万円で、3年間で90万円ということであります。


 施設といたしましては、食材供給施設の建物が主なものであります。年間の来客数は、平成19年度で790人余りでございます。


 この施設も、中山間地域の振興と町の活性化を図り、町民のふれあいの場を目的とする施設でありますので、当管理組合が最適と判断し、指名いたしております。


 次に、議案第134号 八東フルーツ総合センターの指定管理者の指定であります。


 施設の名称は、八東フルーツ総合センターでございます。


 指定管理者となる団体の名前は、八頭郡八頭町徳丸625番地、八東地域振興株式会社代表取締役社長、中村栄太郎さんで、指定の期間は、同じく平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3年間であります。


 指定管理料は、無料であります。


 施設といたしましては、管理棟、駐車場が主なものでございます。年間の来客数は、平成19年度で5万7,500人であります。先般、この秋開業以来、100万人を突破いたしたところであります。


 当施設は、フルーツの里づくりの拠点として、中山間地域の活性化を目的とする施設でございますので、八東地域振興株式会社が最適と判断し、指名させていただきました。


 次に、議案第135号 建物の処分(八東第一団地1号室)でございます。


 今回、処分しようとする建物は、平成19年1月、県から町へ無償譲渡されたものであり、コンクリートブロックづくり平家建て、50.6平方メートルを、現在の入居者である、八頭町才代202番地、椋田清晴氏に無償で譲渡しようとするものであります。


 次に、議案第136号 建物の処分(八東第一団地2号室)でございます。


 これも先ほどと同じことでございまして、面積も同じであります。


 現在の入居者である、才代202番地4、松村明和氏に無償で譲渡しようとするものであります。


 次に、議案第137号 建物の処分(八東第一団地3号室)でございます。


 これも理由は同じでございますけれども、面積が49.6平方メートルであります。入居者、中田正信氏死亡のため、入居者の相続人である、愛知県春日井市高座台二丁目2番地1、101号棟、207号室、中田智博氏に無償で譲渡しようとするものであります。


 議案第138号 建物の処分(八東第一団地4号室)でございます。


 これも理由は同じくでありますが、面積が49.7平方メートルであります。現在の入居者であります松村章氏の相続人である、八頭郡八頭町才代202番地4、松村明和氏に無償で譲渡いたそうとするものであります。


 議案第139号 建物の処分(八東第一団地5号室)でございます。


 これも理由は同じくでございますが、面積が66.1平方メートルであります。現在の入居者、竹田君子氏の相続人である、兵庫県宝塚市高司二丁目13番地22、竹田実知夫氏に無償で譲渡しようとするものであります。


 これにつきましては、全体の話なんですが、土地につきましては、平成20年の当初予算に組ませていただきまして、480.59平方メートル、平方メートル当たり単価3,000円、144万1,770円を予算化をさせていただいております。


 議案第140号 平成20年度八頭町一般会計補正予算(第6号)であります。


 既定の歳入歳出予算の総額にそれぞれ8,141万9,000円を追加させていただき、総額を95億3,695万9,000円といたそうとするものであります。


 4ページをごらんいただきたいと思います。


 第二表 債務負担行為で指定管理者の指定に伴う管理費を債務負担行為の追加として計上いたしております。


 第3表の地方債の補正で、事業費変更に伴い、地方債の変更を行っております。


 歳入につきましては、14款、国庫支出金で国の補正予算によります地域活性化・緊急安心実現総合対策交付金1,850万円、県支出金は集落営農組織化事業補助金326万円などの追加であります。


 18款の繰入金では、減債基金より4,800万円繰り入れております。


 20款、諸収入では、地方公営企業等金融機構出資金交付金220万円を計上させていただいています。


 歳出でありますが、総務費では、河原インター線工事に伴い、支障となります看板撤去費85万円余りを新たに予定いたしております。


 民生費では、介護保険特別会計の繰出金638万円余り。先ほどありました地域活性化・緊急安心安全交付金で、保育所のエアコン設置工事費570万円の追加。


 衛生費では、肺炎球菌など、予防接種事業に549万円を追加させていただきました。


 5款の農林水産業費では、11月9日、設立されました農事組合法人、隼郡家農場、これにつきまして集落営農組織化支援事業補助金383万円、チャレンジプラン支援事業補助金313万円を主なものといたしております。


 消防費では、地域活性化・緊急安心安全総合交付金を活用いたしまして、町民の救急救命策の一助として、小学校、保育所、公民館等にAEDを30台設置することといたしました。


 教育費では、中学校教育振興費で、これも先ほどの地域、安全安心活性化交付金で、備品購入300万円を追加させていただいております。


 公債費では、国の許可を受けまして、借入金利6%以上につきまして、繰上償還をいたすものであります。


 13款、予備費を3,162万円を減じまして、財源といたしております。


 議案第141号 平成20年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)でございます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ8,998万8,000円を追加させていただき、総額を20億5,926万5,000円といたすものであります。


 歳入では、医療費の増加に伴います3款の国庫支出金3,397万1,000円、7款の共同事業交付金5,324万円を増額いたしまして、合わせまして11款の諸収入で、一般被保険者の返納金等310万2,000円を計上いたしております。


 歳出では、今後の医療費の支払い見込みを考慮いたしまして、2款の保険給付費を9,090万1,000円、おおむねの額の確定いたしました7款の共同事業拠出金、1,980万3,000円。8款の保健事業費では、特定健診の委託料など、171万9,000円を増額いたしております。


 議案第142号 平成20年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ7,093万7,000円を増額させていただき、合わせまして3億9,171万8,000円といたすものであります。


 歳入でありますけども、郡家第1簡水、第1簡易水道送配水管移設補償工事費の確定に伴いまして、県の補償額が確定いたしましたことから、6万3,000円の減額といたしております。


 町債では、先ほどありましたように、国の許可をいただきまして、年利率6%以上の簡易水道事業債6件の繰上償還を行いたく、借換債7,100万円を計上いたしております。


 なお、不足分につきましては、予備費を充てさせていただきます。


 次に歳出でありますが、総務費では、上下水道運営審議会委員報酬の増額と、水道技術管理者資格取得講習会用の研修旅費を計上いたしております。


 また、需用費では、電気料金の値上げに伴います不足額として、光熱水費を増額、修繕料といたしまして、送配水管等施設修繕費の増額。さらに、維持管理補修材料購入といたしまして原材料費の増額で、合計1,009万9,000円を増額補正であります。


 事業費では、今年度実施予定としておりました用呂簡易水道水源工事が、何とか水源確保はできましたけれども、既設水源と同様に、水田隣接となったことから、来年の代かき時期の状況を確認しなければ、本工事に着手することが困難となりましたので、計上しておりました工事費保償費を減額いたしております。510万7,000円の減額補正であります。


 公債費では、地方債元金繰上償還金6件分といたしまして、7,392万6,000円を計上いたしております。


 議案第143号 平成20年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第2号)でございます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ336万6,000円を追加し、予算総額を7,734万9,000円といたすものであります。


 歳入では、2款、一般会計からの訴訟費用に伴います費用で、60万円を増額し、4款の諸収入では、住宅資金貸付金元利収入といたしまして、273万6,000円を計上いたしております。


 歳出では、1款の資金貸付事業費で、弁護士費用及び供託金として60万円増額補正。


 2款の公債費では、地方債元金繰上償還金273万6,000円を増額いたしております。


 議案第144号 平成20年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回の補正は、予算総額の変更はございません。


 歳出につきまして、総務費では、電気料金等の値上げに伴います不足見込みといたしまして、光熱水費を81万6,000円増額いたしております。


 公債費では、先ほどありました6%以上の地方債元金繰上償還金1件分といたしまして、296万7,000円を計上させていただきました。


 歳入につきましては、予備費を充てることとしております。


 議案第145号 平成20年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第3号)であります。


 今回補正いたします金額は、歳入歳出それぞれ3,800万円を増額し、総額8億6,161万9,000円といたすものであります。


 歳入でありますが、町債では、先ほどありましたように、6%以上の下水道事業債2件の繰上償還を行いたく、借換債3,800万円を計上いたしております。


 次に歳出でありますが、総務費では、電気料金の値上げに伴います不足分として、光熱水費を131万8,000円を増額補正。


 公債費では、地方債元金繰上償還金2件分といたしまして、3,882万円を計上しております。なお、不足額につきましては、予備費を充当いたしております。


 議案第146号 平成20年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号)でございます。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ4,201万3,000円を追加させていただき、総額を15億9,825万8,000円といたすものであります。


 歳入は、国庫支出金といたしまして、要介護認定モデル事業補助金63万8,000円、居宅介護サービス、地域密着等の給付費の増額に伴います国庫負担金の調整交付金1,277万円、4款の支払基金交付金1,583万4,000円。


 5款では、県支出金638万4,000円を増額いたしまして、あわせまして6款では、介護給付費分、地域支援事業分等といたしまして、一般会計繰入金638万7,000円を計上いたしております。


 歳出では、総務費といたしまして、介護システム改修委託料116万6,000円。


 2款の居宅介護、地域密着、高額介護サービス費等の増額に伴います保険給付費5,000万円。


 5款では、地域支援事業として、介護予防特定高齢者事業委託料108万円を計上いたしております。委託料116万6,000円の増額であります。


 予備費を1,023万3,000円減額し、歳出合計4,201万3,000円を補正するものでございます。


 以上、26議案につきまして申し上げました。


 よろしくご審議願いまして、提案理由の説明とさせていただきます。


○議長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎散  会





○議長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 本日の会議はこの程度にとどめ、散会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて散会することに決定しました。


 本日はこれにて散会いたします。


 なお、次の本会議は12月10日午前9時30分から再開いたします。


 どうもご苦労さまでした。








          (平成20年12月9日午前10時15分散会)








会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員