議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成20年第 7回臨時会(第1日目 7月30日)




平成20年第 7回臨時会(第1日目 7月30日)





        平成20年第7回八頭町議会臨時会 会議録 (第1号)


 
招集年月日  平成20年7月30日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成20年7月30日午前9時35分宣告


       (第1日)





応招議員


   2番 池本  強   3番 中田  明   4番 岡嶋 正広


   5番 小倉 一博   7番 鎌谷  收   8番 川西  聡


   9番 河村 久雄  10番 桑村 和夫  11番 小林 久幸


  12番 下田 敏夫  13番 竹内 康紀  14番 谷本 正敏


  15番 西尾 節子  16番 林  展正  17番 前土居一泰


  18番 森山大四郎  19番 矢部 博祥  20番 山本 弘敏


  21番 松田 秋夫





不応招議員


   1番 秋山 宏樹





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  副 町 長  中家俊夫  教 育 長 西山淳夫


 総務課長    井山愛治  船岡支所長  山根貴和  八東支所長 薮田邦彦


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 白岩和典  福祉課長  吉田英人


 保健課長    細田初博  産業課長   勝原宣則  建設課長  野崎正実


 上下水道課長  小林孝規  地籍調査課長 小林 孝


 会計管理者   土橋芳子  収納対策室長 植木俊明


 教育委員会事務局次長    農業委員会事務局長


         平木章治         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  局長補佐   中村文子





町長提出議案


 専決処分の報告について(貸金請求事件に係る和解)


 工事請負契約の締結について(中央中学校プール建設工事)


 工事請負契約の締結について(郡家東小災害復旧工事)





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


 17番 前土居 一泰 議員  18番 森山 大四郎 議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


              平成20年7月30日(水)午前9時30分開議


日程 第 1 会議録署名議員の指名


 〃 第 2 会期の決定


 〃 第 3 報告第 6号 専決処分の報告について


             (貸金請求事件に係る和解)


 〃 第 4 議案第87号 工事請負契約の締結について


             (中央中学校プール建設工事)


 〃 第 5 議案第88号 工事請負契約の締結について


             (郡家東小災害復旧工事)





議事の経過





◎開会宣告                    (午前9時30分)





○議 長(松田秋夫君) おはようございます。


 ただ今の出席議員は19名で、定足数に達しております。


 よって、平成20年第7回八頭町議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。


 ただ今から本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本臨時会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎会議録署名議員の指名





○議 長(松田秋夫君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


 17番 前土居 一泰議員


 18番 森山 大四郎議員を指名いたします。





◎会期の決定





○議 長(松田秋夫君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第3 報告第6号を議題といたします。


 提出書の朗読をいたさせます。


 事務局長。


              (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 次に、町長から報告内容の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) 改めまして、おはようございます。


 本日ここに、平成20年第7回八頭町議会臨時会を招集させていただきました。議員各位におかれましては、ご出席いただきまして、ご審議いただきますことに対しまして厚くお礼を申し上げたいと思います。


 夏真っ盛りとなりましたが、各議員におかれましても、ますますご清栄でご活躍のことと拝察いたすところでございます。


 きのうは、梅雨の末期を思わせるような集中豪雨が八頭地区にも警報が発令されまして、大雨が降りましたけれども、八頭町内は大事には至りませんでした。天候の不順を憂慮するものでございます。


 さて、去る7月7日には、第1回の若桜谷公共交通会議が開催されました。上下分離方式への移行準備に取りかかりましたけれども、今後経営診断などを含めまして、若桜鉄道の在り方を協議会で考えていくということになります。また、7月27日には第4回となります八頭町きらめき祭を八東の総合運動公園で開催いたしました。あいにく雨が来ましたけれども、途中上がりまして大変うれしく思っておりますし、議員各位にもそれぞれの立場でご出席いただきまして大変うれしく思っております。また多くの皆さんを町内外からお迎えしたと思っておりますし、7月25日から29日まで韓国の横城郡の子どもたちが来町しておりますけれども、このきらめき祭でも、テコンドーを舞っていただいたり、八頭町から韓国を訪問する子どもたちも八頭町音頭、傘踊りも踊っていただきました。子どもたちの交流ということで大変よかったと思いますし、またこれにつきましては、今、竹島の問題でございますけれども国どおしの問題もありまして、来日そのものも危ぶまれましたけれども、草の根交流の強い決意で決断されましたハンギュホ郡守さん、また保護者の皆様もいろいろ議論されたようでございましたけれども、そういう中で送り出していただきまして敬意を表するものでございます。


 また、八頭町では8月18日から22日まで町内の小学生10名が横城郡を訪問する予定でございます。近況報告をさせていただきました。


 さて先ほど議題となりました、報告第6号につきましてご説明申し上げます。これにつきましては貸金請求事件に係る和解ということでございます。


 平成20年5月15日に住宅改修資金に係る小額訴訟につきまして、平成20年7月4日に鳥取簡易裁判所におきまして、口頭弁論が行われ、和解したところでございます。本件は、主債務者の死亡によりまして、相続人三名の方に対し、支払を請求いたしましたところ、二名の方は要求に応じていただきましたけれども、八頭町東422番地1、佐藤秀則氏の理解が得られないということで、訴訟となったものであります。


 和解の内容につきましては、滞納金156,017円の支払い義務を認め、15,000円を11回に分割して支払う。またその支払いを怠り、30,000円に達した時は、遅延損害金を直ちに支払う。というものであります。


 地方自治法、第180条第1項によりまして平成18年9月26日議会議決第1号の議会の委任による専決処分事項の指定についてにより、専決処分とさせていただきましたので、同条第2項により報告いたすものでございます。よろしくお願い申し上げます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で報告の内容の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいまの報告第6号に対して質疑を行います。


 質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) 和解条項の概要の3番に期限の利益を喪失するという条項があります。これはそういった時点、3万円に滞納金がなった場合にはきちんと執行されるかどうかということを質問したいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 和解ですから相手の方も承知されているというふうに思っております。和解の内容につきまして条件が揃わないということになりますれば本人さんがその責任を負われるということでございまして、他の法的手段を用いましても、このとおりにしたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) 私があえてお聞きしましたのは、住宅資金貸付条例もそうであろうと思いますが、今手元に持っておりませんが、貸金の約定には全ての場合この期限の利益の喪失という条項はあるわけです。しかしながら住宅資金についてはそういう対応は今まであったやに聞いておりません。だからあえてその点を聞いたということでございまして。やはりこれは条項どうり守るといいますか、執行されるということで結構でありますが、その辺の関連について町長のご意見を求めておきたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 住宅資金の回収につきましては、それぞれ民法に則ってやるわけでございまして、執行形態の話でございますけれども、それにつきましても個々のケースがいろいろございます。今現在それに従いまして個々にやっているところでございます。一斉にということにはなりませんけれども、これはまた裁判があるかもわかりませんが、そういう部分では、適性に執行に努めてまいりたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) 私が聞いたことの答弁にはなっていないわけでありますが、要するに私が言いますのは、一般のといいますのは、裁判を係争するというような段階に至らない一般の、一般という言い方がいいのかどうかと思いますが、通常の貸金が滞った場合約条によって何回か滞るとですね、償還金が、期限の利益が喪失されるわけです。


 これは一般の貸金の場合の約定としての通常の条項であると思うわけですが。ですからその辺との関連、いわゆる通常の貸金の場合はそういった今まで延滞金はかなりの額になっているわけですが、期限の利益の喪失ということはされていないではなかろうかという前提にたって質問しておるわけです。答弁ありませんか。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) ちょっと話がわからないんですが、延滞金の話なんでしょうか。


○議 長(松田秋夫君) 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) 本論ではないんで結構ですが、要するに約束どおりに貸金が償還されないと、それは2回であるか3回であるか何回であるかは別にして、債権者は期限の利益を喪失して全部繰上げ償還を求める、全額返済を求めるという条項が一般貸付金の場合そういう約定があるわけです。ですから貸付金の条例についてもそういう条項は多分載っていただろうという確定はしませんが、その前提に立って質問しておるということであります。内容が十分でなかったら本論でありませんので結構であります。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 裁判に至らない部分につきましても、今現在個々に対応させていただいておりまして、繰上げ償還が一箇所ということはなかなか難しいと思いますが、分割納付また他の部分での償還方法等々も考えているところでございます。


○議 長(松田秋夫君) 他に質疑ございませんか。 質疑なしと認めます。


 以上で報告第6号の質疑を終結いたします。


 これで日程第3 報告第6号 専決処分の報告についての報告を終わります。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第4 議案第87号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


          (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) それでは議案第87号 八頭町立中央中学校プール建設工事に伴う工事請負契約の締結についてのご説明をさせていただきます。


 中央中学校プール建設工事につきまして、去る7月24日に三社による共同企業体JVで入札を行いました。その結果、鳥取県八頭郡八頭町宮谷200番地2 八頭町立中央中学校プール建設工事こおげ・八田建設特定建設工事共同企業体 代表者 こおげ建設株式会社代表取締役社長 山根敏樹氏と1億7,115万円で仮契約を締結いたしておるところでございます。


 従来のプールは、昭和45年に50メートル・8コースの公認プールとして建設され、38年間使用してきましたけれども、近年、特に漏水等、老朽化による修理が必要となっております。


 新しく建設いたしますプールは、FRP工法によります25メートル・8コースのプールでございます。


 地方自治法第96条第1項第5号及び、八頭町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、本議会の議決を求めるものであります。よろしくご審議をお願い申し上げます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。


○議 長(松田秋夫君) これより質疑をおこないます。議案第87号について質疑ございませんか。


 2番、池本議員


○2 番(池本 強君) 最低制限価格を設定されたということですが、いくら設定されたのかということと、予定価格はわかるわけでございますが、設計価格ですね、これはいくらであったか。さらに開札筆記に載っております入札書比較価格というのについての説明を求めたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) それでは、入札をする場合、消費税を抜いたところで入札をされます。そういう部分での差が出ておるのは事実であります。





◎休 憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。    (午前9時51分宣告)





◎再 開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。      (午前9時55分宣告)


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 教育長が答弁いたします。


○議 長(松田秋夫君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) それでは、お待たせいたしました。池本議員のご質問にお答えいたします。最低制限価格からいきます。最低制限価格は1億4,620万円でございます。それから設計額ですが1億8,111万円でございます。それから開札筆記の右端の下から二行目の入札書比較価格でございますが、この入札書比較価格というのは税抜きの金額でございまして、この金額と入札額とを比較をするというものでございます。以上です。


○議 長(松田秋夫君) 2番、池本議員


○2 番(池本 強君) 今数字は聞きました。これは税、1億8,100万円というのは、1億4,600万円、消費税別ですか、その点を確認しておきたいと思いますし、最低制限、ここに計算機もっていないものですけ、これは予定価格の何パーセントを設定されているのかお聞きしたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) ただいま申し上げました数字は、税抜きの金額でございます。それから最低制限価格は85パーセントです。


○議 長(松田秋夫君) 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) もう1点、確認の意味でお聞きしますが、この最低制限価格の設定する85の根拠ですね。考え方、できましたらお聞きしたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 他の団体はわかりませんが、設計価格イコール99.9パーセントくらいで予定価格をたてられるところと、それと八頭町私の場合ですが企業の方に企業努力もお願いしたいというところで予定価格をたてるところとは違うと思います。


 鳥取県におかれましても、上限撤廃はされました3分の2以上から上限なしと、八頭町でも財務規則の中で3分の2から85パーセントというふうな明記もさせていただきました。今回のプールにつきましてはFRPということでございます。設計の段階でこれは既製品でございますからその製品の価格の何社か見積りを取られまして、その価格に対しましてパーセンテージをかけてございます。そういう中での判断での85パーセントということでございます。


○議 長(松田秋夫君) 他に質疑ございませんか。


               (質疑なし)


 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第87号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第87号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第87号 工事請負契約の締結について(中央中学校プール建設工事)は、原案のとおり可決されました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第5 議案第88号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


              (事務局長朗読)





◎除斥の宣告





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。本案については、岡嶋正広議員に直接利害関係のある事件であると認められますので、地方自治法第117条の規定によって岡嶋正広議員を除斥いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。よって、岡嶋正広議員を除斥することに決定しました。


 岡嶋正広議員の退席を求めます。


             (岡嶋正広議員退席)


◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から、提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) 議案第88号 八頭町立郡家東小学校災害復旧工事に伴う工事請負契約の締結についてのご説明をさせていただきます。


 八頭町立郡家東小学校災害復旧工事につきまして、去る7月24日に三社の会社にJVを組んでいただきまして、その中で4社に応募いただきました。4社で入札を行いました結果、鳥取県八頭郡八頭町久能寺694番地4、八頭町立郡家東小学校災害復旧工事 東洋・中田・岡嶋共同企業体と7,717万5千円で仮契約をいたしたところでございます。


 経過としましては、昨年の8月22日の豪雨によりまして法面が崩れまして、国の査定を受け12月より災害復旧を行っておりました。ことしになりましてから2月21日工事現場の上部に亀裂を発見いたしましたし崩壊もいたしました。そのなかで県と協議をいたし、3月12日に文部科学省に出向きまして、地すべり災害として認可をしていただきたく要望いたし、また文部科学省の方から6月2日・3日とおいでいただきまして現地調査を受けまして、認定を受けております。


 工事の概要としましては、切土、廃土ですか約15,000立方メートル、法面仕上げは種子吹き付け約3,000平方メートル、また小段につきまして排水を設けたく300メートル程あります。


 以上概要を説明させていたしました。地方自治法第96条第1項第5号及び八頭町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、本会議の議決を求めるものであります。よろしくお願い申し上げます。





○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑を行います。


 議案第88号について、質疑ございませんか。


 2番、池本議員。


○2 番(池本 強君) 同じことですけれども、設計価格と設定された最低制限価格についてをお聞きします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 建設課長。


○議 長(松田秋夫君) 建設課長、答弁。


○建設課長(野崎正実君) それでは池本議員の質問にお答えいたします。税抜きですが設計額は7,977万2千円であります。最低制限価格につきましては、予定価格の85パーセントで6,375万円。これも税抜きであります。以上です。





○議 長(松田秋夫君) 他に質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第88号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第88号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第88号 工事請負契約の締結について(郡家東小災害復旧工事)は、原案のとおり可決されました。


○議 長(松田秋夫君) 岡嶋正広議員の除斥を解きます。


○議 長(松田秋夫君) 岡嶋正広議員が入場されるまでしばらくお待ちください。


             (岡嶋正広議員入場)





◎閉  会





○議 長(松田秋夫君) これをもちまして、本臨時会の会議に付された事件は、すべて議了いたしました。


 よって、平成20年第7回八頭町議会臨時会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成20年第7回八頭町議会臨時会を閉会いたします。





     (平成20年7月30日午前10時7分閉会)





 会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員