議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成20年第 2回定例会(第5日目 3月21日)




平成20年第 2回定例会(第5日目 3月21日)





       平成20年第2回八頭町議会定例会 会議録 (第5号)


 
招集年月日  平成20年3月21日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成20年3月21日午前9時30分宣告


       (第5日)





応招議員


   1番 秋山 宏樹   2番 池本  強   3番 中田  明


   4番 岡嶋 正広   5番 小倉 一博   7番 鎌谷  收


   8番 川西  聡   9番 河村 久雄  10番 桑村 和夫


  11番 小林 久幸  12番 下田 敏夫  13番 竹内 康紀


  14番 谷本 正敏  15番 西尾 節子  16番 林  展正


  17番 前土居一泰  18番 森山大四郎  19番 矢部 博祥


  20番 山本 弘敏  21番 松田 秋夫





不応招議員


  (な  し)





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町   長   平木 誠  副 町 長  中家俊夫  教 育 長   西山淳夫


 総務課長    井山愛治  船岡支所長  山根貴和  八東支所長   薮田邦彦


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 白岩和典  福祉課長    吉田英人


 保健課長    細田初博  産業課長   勝原宣則  建設課長    野崎正実


 上下水道課長  小林孝規  地籍調査課長 小林 孝


 会計管理者   土橋芳子  収納対策室長 植木俊明


 教育委員会事務局次長


         平木章治


 農業委員会事務局長


         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  局長補佐   中村文子


議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員





  7番 鎌谷 收議員     8番 川西 聡議員





             議 事 日 程 (第 6 号)


             平成20年3月21日(金)午前9時30分開議


日程 第 1 議案第  7号 町民意見公募手続条例の制定について


 〃 第 2 議案第  8号 八頭町政治倫理の確立のための町長の資産等の公開に関


               する条例の一部改正について


 〃 第 3 議案第  9号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償


               に関する条例の一部改正について


 〃 第 4 議案第 10号 八頭町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関す


               る条例の一部改正について


 〃 第 5 議案第 11号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正について


 〃 第 6 議案第 12号 八頭町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条


               例の一部改正について


 〃 第 7 議案第 13号 八頭町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正につ


               いて


 〃 第 8 議案第 14号 八頭町特別職報酬等審議会条例の一部改正について


 〃 第 9 議案第 15号 八頭町職員の給与の特例に関する関する条例の一部改正


               について


 〃 第10 議案第 16号 ふるさと活性化基金設置条例の制定について


 〃 第11 議案第 17号 八頭町税等の振替納付に関する条例の一部改正について


 〃 第12 議案第 18号 若桜鉄道株式会社が所有し又は使用する固定資産に対す


               る固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正につい


               て


 〃 第13 議案第 19号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正について


 〃 第14 議案第 20号 八頭町情報公開条例の一部改正について


 〃 第15 議案第 21号 八頭町個人情報保護条例の一部改正について


 〃 第16 議案第 22号 八頭町特別会計条例の一部改正について


 〃 第17 議案第 23号 八頭町後期高齢者医療に関する条例の制定について


 〃 第18 議案第 24号 八頭町特別医療費助成条例の一部改正について


 〃 第19 議案第 25号 八頭町障害者等医療費助成条例の一部改正について


 〃 第20 議案第 26号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について


 〃 第21 議案第 27号 八頭町介護保険条例の一部改正について


 〃 第22 議案第 28号 八頭町改善センター条例の一部改正について


 〃 第23 議案第 29号 県営農業農村整備事業分担金徴収条例を廃止する条例の


               制定について


 〃 第24 議案第 30号 八頭町集落公民館条例の一部改正について


 〃 第25 議案第 31号 八頭町立隼小学校財産管理条例の一部改正について


 〃 第26 議案第 32号 平成20年度八頭町一般会計予算


 〃 第27 議案第 33号 平成20年度八頭町国民健康保険特別会計予算


 〃 第28 議案第 34号 平成20年度八頭町簡易水道特別会計予算


 〃 第29 議案第 35号 平成20年度八頭町住宅資金特別会計予算


 〃 第30 議案第 36号 平成20年度八頭町老人保健特別会計予算


 〃 第31 議案第 37号 平成20年度八頭町公共下水道特別会計予算


 〃 第32 議案第 38号 平成20年度八頭町農業集落排水特別会計予算


 〃 第33 議案第 39号 平成20年度八頭町介護保険特別会計予算


 〃 第34 議案第 40号 平成20年度八頭町宅地造成特別会計予算


 〃 第35 議案第 41号 平成20年度八頭町墓地事業特別会計予算


 〃 第36 議案第 42号 平成20年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別


               会計予算


 〃 第37 議案第 43号 平成20年度八頭町後期高齢者医療特別会計予算


 〃 第38 議案第 44号 平成20年度八頭町上私都財産区特別会計予算


 〃 第39 議案第 45号 平成20年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算


 〃 第40 議案第 46号 平成20年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算


 〃 第41 議案第 47号 平成20年度八頭町篠波財産区特別会計予算


 〃 第42 議案第 48号 損害賠償に係る和解及び損害賠償の額の決定について


 〃 第43 議案第 49号 権利の放棄について


 〃 第44 議案第 50号 財産の貸付について


 〃 第45 議案第 51号 町道の路線変更について


 〃 第46 議案第 52号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第9号)


 〃 第47 議案第 53号 平成19年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第


               4号)


 〃 第48 議案第 54号 平成19年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第6号


               )


 〃 第49 議案第 55号 平成19年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第3号


               )


 〃 第50 議案第 56号 平成19年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第3号


               )


 〃 第51 議案第 57号 平成19年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第4


               号)


 〃 第52 議案第 58号 平成19年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第


               5号)


 〃 第53 議案第 59号 平成19年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号


               )


 〃 第54 議案第 60号 平成19年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第3号


               )


 〃 第55 議案第 61号 平成19年度八頭町墓地事業特別会計補正予算(第2号


               )


 〃 第56 常任委員会付託の請願書・陳情書の審査結果について


         (総務常任委員会付託陳情書)


       平成20年陳情第 1号 法務局の増員に関する陳情書


         (産業建設常任委員会付託陳情書)


       平成19年陳情第12号 フルーツセンター加工施設の改善に関する陳情


                   書


       平成20年陳情第 3号 「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺


                   ではなく自然林復元と被害防除に使うこと等を


                   求める意見書提出に関する陳情


         (教育福祉常任委員会付託請願書・陳情書)


       平成19年陳情第22号 地域医療と国立病院の充実に関する要請


       平成20年陳情第 2号 介護保険料の激変緩和措置継続のお願い


                   (陳情)


       平成20年陳情第 4号 「現行保育制度の堅持・拡充、保育・学童保育


                   ・子育て支援施策の推進に関わる国の予算の大


                   幅増額を求める意見書」提出の陳情書


       平成20年請願第 1号 里子の養育支援に関する請願





             議 事 日 程 (第 7 号)


               平成20年3月21日(金)午前9時30分開議


追加日程 第 1 議案第 62号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第10号)


 〃   第 2 発議第  1号 八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条


                 例の一部改正について


 〃   第 3 発議第  2号 国立病院の廃止・縮小・民営化に反対し、地域医療


                 と国立病院の充実を求める意見書の提出について


 〃   第 4 発議第  3号 現行保育制度の堅持・拡充、保育・学童保育・子育


                 て支援施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求


                 める意見書の提出について


 〃   第 5 発議第  4号 若桜鉄道への支援を求める意見書の提出について


 〃   第 6 発議第  5号 路線バスへの支援を求める意見書の提出について


 〃   第 7 特別委員会の調査中間報告の件


 〃   第 8 委員会の閉会中の継続調査


         (議会運営委員会、議会活性化調査特別委員会、中学校校舎改築等調


         査特別委員会、公共交通調査特別委員会、総務常任委員会、産業建設


         常任委員会、教育福祉常任委員会、議会広報常任委員会)





議事の経過


◎開会宣告                    (午前9時30分)





○議 長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は20名でございます。


 定足数に達しておりますので、これから3月14日に引き続き、本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎常任委員会委員長議案審査報告





○議 長(松田秋夫君) 去る3月7日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました議案第7号から議案第61号まで、55議案の審査結果について、担当常任委員長の報告を求めます。


 はじめに、総務常任委員会、森山大四郎委員長。


○18番(森山大四郎君) 皆さん、おはようございます。


 総務常任委員会に付託されました議案につきまして、本委員会での審査の結果をご報告いたします。


 議案第7号 町民意見公募手続条例の制定について、議案第8号 八頭町政治倫理の確立のための町長の資産等の公開に関する条例の一部改正について、議案第9号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第10号 八頭町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第11号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正について、議案第12号 八頭町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正について、議案第13号 八頭町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正について、議案第14号 八頭町特別職報酬等審議会条例の一部改正について、議案第15号 八頭町職員の給与の特例に関する条例の一部改正について、議案第16号 ふるさと活性化基金設置条例の制定について、議案第17号 八頭町税等の振替納付に関する条例の一部改正について、議案第18号 若桜鉄道株式会社が所有し又は使用する固定資産に対する固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正について、議案第19号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正について、議案第20号 八頭町情報公開条例の一部改正について、議案第21号 八頭町個人情報保護条例の一部改正について、議案第22号 八頭町特別会計条例の一部改正について、議案第30号 八頭町集落公民館条例の一部改正について、議案第32号 平成20年度八頭町一般会計予算、議案第35号 平成20年度八頭町住宅資金特別会計予算、議案第 44号 平成20年度八頭町上私都財産区特別会計予算、議案第45号 平成20年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算、議案第46号 平成20年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算、議案第47号 平成20年度八頭町篠波財産区特別会計予算、議案第48号 損害賠償に係る和解及び損害賠償の額の決定について、議案第49号 権利の放棄について、議案第50号 財産の貸付について、議案第52号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第9号)、議案第55号 平成19年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第3号)。


 以上、議案第7号から議案第55号まで28議案は、いずれも提案の趣旨を認め、原案のとおり可決するものと決定いたしました。


 以上、報告を終わります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、産業建設常任委員会、池本 強委員長。


○2 番(池本 強君) 本定例会において、産業建設常任委員会に付託されました以下の議案につきまして、本委員会での審査の結果をご報告いたします。


 議案第28号 八頭町改善センター条例の一部改正について、議案第29号 県営農業農村整備事業分担金徴収条例を廃止する条例の制定について、議案第34号 平成20年度八頭町簡易水道特別会計予算、議案第37号 平成20年度八頭町公共下水道特別会計予算、議案第38号 平成20年度八頭町農業集落排水特別会計予算、議案第40号 平成20年度八頭町宅地造成特別会計予算、議案第51号 町道の路線変更について、議案第54号平成19年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第6号)、議案第57号 平成19年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第4号)、議案第58号平成19年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第5号)、議案第60号 平成19年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第3号)。


 以上、議案第28号から議案第60号まで、11議案はいずれも提案の趣旨を認め、原案のとおり可決すべきものと決定しました。


 以上、報告終わります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、教育福祉常任委員会、川西 聡委員長。


○8 番(川西 聡君) 本定例議会におきまして、我々、教育福祉常任委員会に付託をされました議案につきまして、本委員会での結果をご報告いたします


 議案第23号 八頭町後期高齢者医療に関する条例の制定について、議案第24号 八頭町特別医療費助成条例の一部改正について、議案第25号 八頭町障害者等医療費助成条例の一部改正について、議案第26号 八頭町国民健康保険条例の一部改正について、議案第27号 八頭町介護保険条例の一部改正について、議案第31号 八頭町立隼小学校財産管理条例の一部改正について、議案第33号 平成20年度八頭町国民健康保険特別会計予算、議案第36号 平成20年度八頭町老人保健特別会計予算、議案第39号 平成20年度八頭町介護保険特別会計予算、議案第41号 平成20年度八頭町墓地事業特別会計予算、議案第42号 平成20年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計予算、議案第43号 平成20年度八頭町後期高齢者医療特別会計予算、議案53号 平成19年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、議案第56号 平成19年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第3号)、議案第59号 平成19年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号)、議案第61号 平成19年度八頭町墓地事業特別会計補正予算(第2号)。


 委員会で審議をいたしましたが、こういう報告をいたします。


 議案第23号、議案第26号、議案第33号、議案第36号、議案第43号に関しましては、後期高齢者医療制度の導入に伴う予算が組み込まれているということで、一部反対がございましたが、それを加味いたしましても、審議の結果、以上、さきに申し上げました議案第23号から議案第61号の16議案は、いずれも多数で提案の趣旨を認め、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしましたので、ここに報告をいたします。


 報告を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいま各常任委員会委員長から、議案第7号から議案第61までの55議案について、審査結果についての報告がありました。


 一括して委員長に対する質疑に入ります。


 はじめに、総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、産業建設常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) 委員長にお尋ねしたいと思いますが、町長の所信表明の中に、因幡の祭典のプレイベントとして、フルーツめぐりスタンプラリーを行うというふうに書いてございますが。


 済みません、議案第32号 平成20年度八頭町一般会計予算の中の、総務の受け持ちですが。





◎休  憩





○議長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午前 9時44分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午前 9時45分)





 5番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) ちょっとあわないようですので、取り下げいたします。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、産業建設常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 以上で、各常任委員会委員長に対する審査結果についての質疑を終わります。





◎修正案の説明





○議 長(松田秋夫君) 議案第16号に対しては、池本 強議員ほか1名から、お手元に配付いたしました修正案が提出されています。


 したがって、これを議案第16号とあわせて議題として、提出者の説明を求めます。


 池本 強議員。


○2 番(池本 強君) 矢部議員とともに、議案第16号 ふるさと活性化基金設置条例の制定についてに対する修正動議を提出しておりますので、その理由を説明いたします。


 原案の提案理由は、町長が述べられたように、ふるさと納税制度に伴う寄附金等を受け入れる際に、使途の明確化と円滑な運用を図るために、本基金を新設するものであります。


 ということであるならば、当然、使途を明確にし、その内容はこれまたはっきりしなければなりません。ふるさと納税については、都市と地方の格差・拡大の中で、格差是正策として制度化されようとしているものであります。


 いろいろ議論はあるところですが、都市から地方へお金を引き込むということで、自治体間のPR合戦も熱を帯びてくるでありましょうし、何よりも都会で生活する方々のふるさとへの思いを醸し出し、寄附をしていただかなければなりません。そのためには、それなりの宣伝、啓蒙活動がなされなければなりませんが、まずスタートとして、条例そのものがそれにふさわしい政策提案、あなたのふるさとである八頭町のまちづくりにご支援を。一緒にふるさとづくりに取り組むよう、お力添えをいただけませんかという思いが少しでも伝わるものでなければならないのではないでしょうか。


 そこで、1点目として基金の名称であります。この基金がふるさと納税の受け皿としての基金だということが相手に伝わる名称であり、また、少しでもアピール力のある条例でなければならないと思います。そこで、活性化というありふれた言葉ではなく、輝くふるさと。輝くは言うまでもなく、わが八頭町の将来像。「人が輝き 集い 夢広がるまち」の輝くであります。名称は、鳥取の砂丘応援とか、境港の魚と鬼太郎の町というように、より具体的であって、わが町ではフルーツの里とか、花御所の町、あるいは竹林の里等々考えられますが、合併して間もない今日、幅広い支持されるということで、輝くといたしました。


 さらに、八頭町を頭につけ、設置を削除いたしました。これは、現行の8本の基金条例すべてに、八頭町がつき、設置はついておりません。これらからして、整合性を図るため、当然のことと考えますが、原案に特別の理由があるならば、お聞きしたいものでございます。


 次に、2点目として、目的であります。この基金は、初めに申しましたように、ふるさと納税の受け皿であります。そのことが明記され、相手に伝わることが必要なのではないでしょうか。原案を見て、これがふるさと納税を受ける基金なのだなと、寄附者にわかるでしょうか。ふるさと納税以外の寄附もとの提案者の説明がありましたが、この3年間、寄附金は何件、幾らあったのか。等という言葉で十分対応できるのではありませんか。


 また、それらの多くは、意図を持った寄附であり、もしこの基金に受け入れるとしても、寄附者の了解が求められるものと思います。また、もしふるさと納税が発足したら、発足しても間もなくなくなったらどうするのか。そのためには、明記しない方がよいのではないかという心配の声も聞かれましたが、それがために目的が見えなくなっては、もともこもないと思います。


 住民との協働のまちづくりについては、分権時代の今日、まちづくりの総称で、今どき常識的な言葉であり、どこでもだれでも口癖のように言っている言葉でございます。また、法が成立していないのに制定するのかという意見もありますが、問題になっている道路特定財源の暫定税率についても、延期することは現時点では確約されておりませんが、それを見込んでの予算案であることとかわりはありません。


 さらに、ふるさと納税という言葉についてですが、法的根拠、定められた定義がないという意見が出ておりますが、その意味が定着している中で、趣旨の幅広い理解を求める上で、かぎ括弧つきの使用が不適切であり、条例として不適格だということになるのでしょうか。


 次に、事業の区分についてでございます。ふるさとを後にして、都会へ出られた方々にとって、ふるさととは何なんでしょうか。それは、うさぎ追いしかの山こぶな釣りしかの川であるからこそ、ふるさとは忘れがたいのではないでしょうか。そして、いかにおわす父と母であります。さらに、いつの日にか帰らんふるさとは、いつまでも山は青き水は清きふるさとでなければなりません。


 そこで、これらの思いにこたえる事業ということで、子育て支援と高齢者福祉、自然保護とふるさとづくり、都市との交流に関する事業としたのであります。


 提案者自身、使途の明確化を言いながら、町の行政の大方の列挙は、余りにも総花的であって、相手に思いがつながるのでしょうか。寄附者のニーズにこたえる事業の明確化、これこそが理解を得やすく、PR効果も高まると考えます。


 その他として、10条の十分配慮の十分は、あえて言わなくても当然のことで、十分であります。6条、収益についても、きちんと基金に繰り入れすることを明記し、どこにいくのかわからないようなことでは、寄附者の信頼にこたえることにならないのではないでしょうか。9条についてでございますが、基金の運用ではなく、条例の運用ということでしょう。平成丸々年度、基金条例の運用状況と公表されるのでしょうか。10条ですが、規則に委任するのですから、規則への委任と明記する方がよくわかると思いますし、法令等もそうなっていると思います。


 以上、るる申し上げましたが、八頭町のホームページ等々に載るであろう本条例が、八頭町出身の方々等の思いに少しでもつながればと修正したものでありまして、議員皆さんのご賛同を心から訴え、説明にかえます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で、修正案の説明を終わります。





◎修正案に対する質疑





○議 長(松田秋夫君) これから、池本 強議員ほか1名から提出された修正案について質疑を行います。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) これで質疑を終わります。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第7号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより、採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第7号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第7号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第7号 町民意見公募手続条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第8号について、討論を行います。


 まず、反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第8号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第8号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第8号 八頭町政治倫理の確立のための町長の資産等の公開に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第9号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第9号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第9号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第9号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第10号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第10号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第10号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第10号 八頭町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第11号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第11号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第11号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第11号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第12号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第12号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第12号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第12号 八頭町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第13号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第13号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第13号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第13号 八頭町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第14号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第14号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第14号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第14号 八頭町特別職報酬等審議会条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第15号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 私は、本議案に反対の立場で討論をいたします。理由は、次の二つであります。


 一つは、新町になって平成18年度からの、いわゆる給与カットの理由である町財政、世間の給与の状況などは、現在に至るまで少しも変わっていないこと。


 二つ目は、昨年暮れにも明らかになったように、八頭町職員の平成19年4月1日におけるラスパイレス指数は、全国町村平均の93.9、鳥取県内町村平均の93.8を大きく上回り、鳥取県内ではトップの給与となっていること。現に町長は、同僚議員の質問に、条例が通れば、さらにラスパイレス指数は高くなるであろうと答えておられます。


 本条例が改正されますと、実質的な給与引き上げにつながるからであります。この点から、少なくとも現状維持、すなわち4%カットが妥当と考え、反対をいたします。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午前10時03分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午前10時04分)





○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 先ほどの事実確認がちょっと難しい面がございます。訂正をさせていただきます。


 ラスパイレス指数が高くなる可能性があるということと、試算方法で変わってくる状況があるということでございます。もちろん、そういうことは当たり前のことだと思っていますけど、計算方法が違ってくるのは。ということで訂正をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第15号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第15号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第15号 八頭町職員の給与の特例に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午前10時06分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午前10時18分)





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、修正動議が提出されています議案第16号について、討論を行います。


 まず、原案に賛成者の発言を許します。


 原案に賛成の討論はございませんか。


 18番、森山議員。


○18番(森山大四郎君) それでは、議案の第16号 ふるさと活性化基金条例の制定につきましては、賛成するものでございます。


 なお、修正案として出れさました、ふるさと活性化基金設置条例の制定につきましては、これは反対するものでございます。


 このたび、総務委員会に付託されました議案が既に提出されておりまして、決してこれをすりかえるべきではないと私は判断いたします。ふるさと納税につきましては、現在、国会の方でも税制改革関連法案の中に織り込まれておりますし、国会でいわゆる議決されれば、本年度より実施されるものであります。


 ふるさとのために本当に応援したいとか、ふるさとのためにもっともっと何かをしたい、ふるさとをもっと大事にしたいという、そういった思いを全国から、そういった善意、また好意を持って寄附という形にしてふるさとを伝えていくものであるというぐあいに解釈しております。


 今回、八頭町が議案として出されました、ふるさと活性化基金設置条例は、原資はいわゆる寄附金からという形で基金を設置いたしまして、運用するものでございます。寄附者にとりましても、よりわかりやすいものであると私は判断するものでございます。


 先ほど、池本議員が案でるる訂正箇所を申されましたけども、まず寄附金の表現というのは非常に大事な部分でございます。条例の中に寄附金、寄附者というのが出てきているわけでございます。先ほど、町の出身者等ということでタイトルが変わっておりましたが、私はこの表現の仕方では少しあいまいじゃないかなというぐあいに思います。等という形で寄附者を一くくりしているのは、どうも一律ではないというぐあいに判断いたします。


 地元出身者でない方におきましても、ひょっとしたらこういったきっかけで、この趣旨に賛同していただける方も出てくるかもわかりません。地元でない人、受け入れが閉鎖的なところが、どうしてもこういう表現では出てくると思います。私は、寄附する人を隔たりなく迎え入れる気持ちを大切にしてあげたい。そうすることによって、差別でなく、寄附する人の喜びもひとしおだというぐあいに感じております。


 また、1番、2番、3番と訂正がございました。「人が輝き 集い 夢広がる」これはいわゆるそのとおりのものだというぐあいに思っております。しかし、この修正されました事業案の中では、漠然として具体性がありません。むしろ、議案の16号の条例の第2条に掲げているように、使い道をやっぱりきちっと定める方が、納税者といいますか寄附者等にとりましても、理解は得やすいように私は思います。表現もわかりやすく、このたびかなり準備周到されまして、今回この3月議会に提出されたものだと私は思います。


 よって、この修正されたものは反対といたしますし、第16号につきましては、賛成といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


 4番、岡嶋議員。


○4 番(岡嶋正広君) 私は、原案について賛成の立場で討論したいと思います。


 先ほど、修正案についての提案理由を聞かせていただきました。修正案は、町民にとってわかりやすい言葉でまとめているということは理解できるものであります。しかしながら、わかりやすい言葉であるがゆえに、その目的とか事業の区分が少し抽象的表現であり、ぼけてしまっているように私には感じられます。寄附者の社会的投資が具体的にどういう事業に利用されるものかということがはっきりしないというふうにとらえられると思います。


 見る人によっては、一言でどちらの案がよいとは言えないこともあろうかとも思いますけども、私は原案の方が町民にとって、あるいは寄附者にとってわかりやすいものではないかというふうに思うものでございます。


 したがいまして、原案について賛成したいと思います。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。


 17番、前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 修正案に賛成の立場で意見を述べてみたいと思います。


 いわゆる、この種のものは、ポイントを絞った内容にすべきであるというふうに思っておりまして、先ほど、童謡ふるさとを例にして趣旨を説明されましたが、なるほどそうだというふうに思いまして、この修正案に賛成するものであります。


 終わります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 原案に賛成の討論はございませんか。


 9番、河村議員。


○9 番(河村久雄君) 原案賛成の立場で、先ほど2名の方からご発言がございましたが、私も同じような思いを持っております。特に、4条の中で寄附者の意向を反映されるということが入っておりますが、寄附者の意向を反映するということになると2条との関連があり、各内容がやっぱり具現化されているということが一つあるというふうに思います。


 それから、ふるさととは何ぞや。先ほど、提案者の方の話もございましたが、私は八頭町は旧3町、郡家・船岡・八東が合併してできた新しい町でございます。ふるさとの思いというのは、それぞれ八東なり船岡なり、またそれぞれの小学校が寄附者のふるさとの思いだろう、このように思うものでございまして、そこの思いにはせて寄附をいただくということになれば、やっぱりある程度2条のように、僕の方から言いますと、もう少し内容があってもいいかなと思うぐらい、内容を具体化された中で、ふるさとの思いの中で寄附をいただく、このことが4条にも関連しておりまして、原案に賛成するものでございます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩します。       (午前10時30分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午前10時32分)





○議 長(松田秋夫君) 次に、原案及び修正案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


 7番、鎌谷議員。


○7 番(鎌谷 收君) 原案に対して賛成の立場で発言をさせていただきます。


 先ほど、修正案の提案理由の説明で、池本議員の方からいろいろとその思いを聞かせていただきました。


 なるほどと思う部分もあることはあるんでありますが、我々、総務委員会といたしまして、いろいろ検討いたしました。その中で、修正案と比較してみまして、原案との比較をしてみまして、あえてこれを修正するほどの考えにはならないところがあります。


 それは、もちろん目的のところで、ふるさと納税という言葉を使われることにもちょっと抵抗を感じます、修正案がです。それから、第2条の目的に対しまして、子育て支援、自然保護、都市との交流というのに三つに柱を絞っておられますが、原案の方は、幅広く受け入れをしようということで、目的が定めてあるというところが大きな差だと思います。


 そういう意味におきまして、原案の方が非常に幅広く受け入れやすいという意味で、将来的に法律が通ったときに、受け入れる体制が整いやすいという意味で、原案の方に賛成をいたしたいと思います。


 以上。


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。


 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) やっと順番が回ってきました。


 私は、次の理由で当修正案に賛成の立場で討論をいたします。


 原案の第2条、事業区分ということになっている基金の用途を規定する条項は、対象が広がり過ぎて、行政全般、いわゆる何でもいいと。総花的な感じになっているように思われます。


 先ほど、原案賛成者の方から、原案の方が明確だというお話がございましたが、全くそういうことはございません。文字を見ていただければわかるとおりでございます。窓口を広げ過ぎれば、仮に寄附を受けやすいと、条件が整うんじゃないかというご提案もありました。それは、大きな錯覚であります。逆に、使途が不明確で、インパクトのないものになってくると考えられるからであります。


 本来、条例がなければ、寄附を受けられないというものでもなく、原案のような町政全般の事業に適応するような条例は、改めて今回制定する必要は、さらさらないのであります。使途をより明確にして、ふるさとへの思いを、八頭町の将来につながるふるさとへの思いと、八頭町の将来につながる事業に限定して、寄附者の行為、善意にこたえていくことが大切な要件であります。それを具備した修正案に、私は賛成するものであります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


 13番、竹内議員。


○13番(竹内康紀君) 修正案に対して、賛成の立場で討論を述べます。


 このふるさと活性化基金設置条例は、ふるさと納税制度の発足に伴い、この寄附金の受け皿をつくる条例であります。この法律は、善意の第三者が自発的に自治体を特定し、基金を拠出するシステムであります。この善意の第三者に対し、八頭町を選択していただくために、強力なアピールが必要と思います。


 このためには、この基金の使途、つまり利用・活用の目的を明確に示すことが、他の多くの市町村に対しての競争に勝つことができる条件と思います。本条例案の原案を見ますと、生活ハンディー、健康福祉、コミュニティー、環境保全、農林水産、商工業、教育・文化と、総花的に多岐にわたっています。つまり、何に使ってでもいいととれるように思います。第4条に定めてある寄附者の意向が反映される担保がありません。


 以上の思いからして、第2条の事業区分、つまり基金の使途を明確に限定することが一番重要なことと考えています。


 子育て支援、高齢者福祉、自然保護、都市との交流と、具体的に明示した修正案に対して、賛成するものであります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) 今、いろいろ討論が半々みたいな状況ですが、私は総務常任委員会に属しておりまして、この修正動議のいいところもありますが、基本的な部分で、やっぱり原案に賛成するものです。


 先ほども賛成者の中からありましたように、私はやっぱり2条は幅広くしておきまして、原案のとおり4条で寄附者の意向が反映されるよう配慮ということで、ばらばらばらばら7項目にばらまくというふうに運用するとは考えておりません。


 例えば、八頭町の商工業は随分おくれているから、これに使ってほしいというふうな寄附者の意見があるかもしれませんし、そういうふうに寄附者の意見を反映さすためには、2条が多い方がいいというふうに考えます。細かいことにつきましては、修正案の方がいいなと思う部分もありますが、原案に賛成いたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎議員提出修正案採決





○議 長(松田秋夫君) これから、議案第16号の採決を行います。


 まず、本案に対する池本 強議員ほか1名から提出された修正案について、起立によって採決します。


 本修正案に賛成の方は起立を願います。


                   (起立少数)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 したがって、修正案は否決されました。


 次に、原案について、起立によって採決します。


 原案に賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 したがって、議案第16号 ふるさと活性化基金設置条例の制定については、原案のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第17号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第17号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第17号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第17号 八頭町税等の振替納付に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第18号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第18号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第18号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第18号 若桜鉄道株式会社が所有し又は使用する固定資産に対する固定資産税の課税免除に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第19号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第19号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第19号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第19号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第20号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第20号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第20号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第20号 八頭町情報公開条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第21号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第21号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第21号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第21号 八頭町個人情報保護条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第22号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第22号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第22号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第22号 八頭町特別会計条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第23号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第23号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第23号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第23号 八頭町後期高齢者医療に関する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第24号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第24号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第24号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第24号 八頭町特別医療費助成条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第25号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第25号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第25号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第25号 八頭町障害者等医療費助成条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第26号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第26号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第26号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第26号 八頭町国民健康保険条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第27号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第27号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第27号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第27号 八頭町介護保険条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第28号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決


○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第28号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第28号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第28号 八頭町改善センター条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第29号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第29号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第29号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第29号 県営農業農村整備事業分担金徴収条例を廃止する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第30号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第30号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第30号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第30号 八頭町集落公民館条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第31号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第31号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第31号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第31号 八頭町立隼小学校財産管理条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第32号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第32号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第32号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第32号 平成20年度八頭町一般会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 都合により、ここで議長の職務を副議長に交代いたします。


 暫時休憩いたします。            (午前10時57分)





◎再  開





○副議長(小林久幸君) 再開をいたします。      (午前11時07分)





◎討  論





○副議長(小林久幸君) ただいまから、私が議長の職務を行います。


 次に、議案第33号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


           (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第33号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第33号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第33号 平成20年度八頭町国民健康保険特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第34号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第34号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第34号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第34号 平成20年度八頭町簡易水道特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第35号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第35号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第35号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第35号 平成20年度八頭町住宅資金特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第36号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第36号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第36号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第36号 平成20年度八頭町老人保健特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第37号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第37号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第37号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第37号 平成20年度八頭町公共下水道特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第38号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第38号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第38号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第38号 平成20年度八頭町農業集落排水特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第39号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第39号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第39号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第39号 平成20年度八頭町介護保険特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第40号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第40号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第40号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第40号 平成20年度八頭町宅地造成特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第41号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第41号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第41号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第41号 平成20年度八頭町墓地事業特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第42号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第42号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第42号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第42号 平成20年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第43号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第43号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第43号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第43号 平成20年度八頭町後期高齢者医療特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第44号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第44号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第44号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第44号 平成20年度八頭町上私都財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第45号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第45号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第45号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第45号 平成20年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第46号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決いたします。


 お諮りをいたします。


 議案第46号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第46号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第46号 平成20年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○副議長(小林久幸君) 次に、議案第47号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


                   (討論なし)


○副議長(小林久幸君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○副議長(小林久幸君) これより採決をいたします。


 お諮りをいたします。


 議案第47号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第47号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○副議長(小林久幸君) 起立多数です。


 よって、議案第47号 平成20年度八頭町篠波財産区特別会計予算は、委員長の報告のとおり可決いたしました。


 これをもちまして、議長の職務を終了します。





◎休  憩





○副議長(小林久幸君) 暫時休憩いたします。     (午前11時24分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 休憩前に引き続き、会議を再開いたします。


                     (午前11時25分)





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第48号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第48号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第48号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第48号 損害賠償に係る和解及び損害賠償の額の決定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第49号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第49号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第49号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第49号 権利の放棄については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第50号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


 10番、桑村議員。


○10番(桑村和夫君) 反対討論をさせていただきます。


 バイケミ農法事業というのは、平成15年度から旧八東町で取り組んでこられたわけであります。八頭町でも18年、19年度と引き続き取り組んできたところであります。19年度からは、バイケミ農法研究会と48万円、委託契約を結ばれ、普及を図ってこられたと思います。


 今回、無償貸与されるのにつきまして、18年、19年の事業をどのように検証され、その上の貸与かお聞きしましたところ、私には十分理解できませんでした。むしろ、バイケミ農法を積極的に普及されてきたとは思われませんでした。今回、バイケミ農法用機械を活用して、バイケミ農法の普及を推進していただける方を募集されたわけでありますが、委託料を払っておってあの程度のと言ったら失礼ですが、事業であったわけですが、無償貸与となりますと、さらに普及が図られるとは、私には思われません。


 まず、以上の理由が1点でありますし、2点目として、町長は、財政の問題を言われました。削れるところは削りたい、これは私も理解できます。そうであるならば、12月の矢部議員の一般質問にもありましたように、指摘されたような競売とかというような、まだほかの方法があったんじゃないかと、八頭町にとってですね。あったんではないかと思い、私はこの2点で反対をするものであります。


 さらに言うならば、多分、今回議案は通ると思いますが、委託先のグループの方に、これからさらに普及を図っていただき、ただグループ内の何かやっておるでというような程度の話にならないように、12月議会でも、今回3月でも、こうして話題になったわけですから、非常に注目を集められると思います。


 以上の理由で、私は反対の討論とさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 17番、前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 私は、原案に賛成の立場で討論をしたいというふうに思います。


 もともと、こういう問題が起きるのは、スタートの時点でいいかげんな部分があったということが、問題を起こしている起こりだというふうに思っております。


 しかし、最近の論議を聞いておりまして、とりようによっては、不毛な論議であったというふうに私は思っております。永久にこういう問題の起こるネタをなくするためにも、私は本来なら有償でも無償でもいい、譲渡すべきだというふうに思っておりますが、貸与で、いわゆる3年間の貸し付けでなしに、永久に譲渡すべきだというふうに思っておりますが、結果において、この3年間貸し付けということは、問題を先送りをすることになりますが、3年先に新しい町長なり新しい議員の皆さんで、どうするかということを決められることも、またよかろうかと、こういうふうに思うものですから、この原案について賛成をいたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


 11番、小林議員。


○11番(小林久幸君) 議案第50号、財産の貸付について、賛成の立場で討論をいたすものでございます。


 まず、この事業は、旧八東町時代に農地の荒廃対策、農業の振興対策ということで事業を立ち上げ、推進してきたものであります。八頭町になりましてからは、厳しい財政のため、年々減額ということになっております。この農法を継続し、すなわち、議案第50号は、今後につなげていくということで、農業の振興につながると考え、賛成の立場で討論をいたしました。


 以上でございます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第50号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第50号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第50号 財産の貸付については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第51号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第51号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第51号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第51号 町道の路線変更については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第52号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第52号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第52号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第52号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第9号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第53号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第53号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第53号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第53号 平成19年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第54号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第54号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第54号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第54号 平成19年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第6号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第55号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第55号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第55号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第55号 平成19年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第3号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第56号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第56号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第56号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第56号 平成19年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第3号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第57号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第57号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第57号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第57号 平成19年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第4号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第58号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第58号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第58号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第58号 平成19年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第5号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第59号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第59号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第59号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第59号 平成19年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第60号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第60号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第60号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第60号 平成19年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第3号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第61号について、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第61号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第61号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第61号 平成19年度八頭町墓地事業特別会計補正予算(第2号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第56 常任委員会付託の陳情書・請願書の審査結果について、去る3月6日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました平成20年陳情第1号から第4号、請願第1号の審査結果について、閉会中の継続審査案件、平成19年陳情第12号・第22号の審査結果について、担当常任委員会委員長の報告を求めます。


 はじめに、総務常任委員会、森山大四郎委員長。


○18番(森山大四郎君) 総務常任委員会付託の陳情につきまして、審査の結果を報告いたします。


 平成20年陳情第1号、法務局の増員に関する陳情書は、既に国会で決議されている内容であるとの理由により、不採択と決定いたしましたので、報告いたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、産業建設常任委員会、池本 強委員長。


○2 番(池本 強君) 産業建設常任委員会付託の陳情につきまして、審査の結果を報告いたします。


 平成19年陳情第12号 フルーツセンター加工施設の改善に関する陳情書につきましては、陳情事項は課題もあり、現段階ではその実施に至らないとの理由で、不採択と決定いたしました。


 若干、審査の経過を報告しますと、本陳情は、9月定例会において本委員会に付託され、以後、継続審査となって今日に至ったものでございます。この間の審査における主な論点といたしましては、一つに、本施設が指定管理者制度による指定管理施設であるということにつきまして、施設改善に係る権限者、指定管理者との協議経過、施設運営に係る指定管理者の対応の現状等について。二つ目としまして、食品加工所の運営実態と課題、今後の方向性等について。3点目といたしまして、施設改善の必要性、事業費の措置等でありました。


 そして、審査の結果、指定管理施設についての町の権限は、指定業務範囲、基本協定書第8条として、施設の維持管理業務、利用許可、利用促進に関する業務、その他施設の運営に関して、町が必要と認める業務と定めておりますので、今回の陳情についての権限は、町にあると考えます。


 しかしながら、この陳情の求める施設改善の実施については、管理業務、利用促進業務にかかわるものであって、指定管理者との十分なる協議も大事であると。


 さらに2点目といたしまして、陳情事項の施設改善については、衛生管理上、一部については速やかに対応しなければならないと判断されるものもございますが、すべての事項の対応できるのか。事業費の措置,今後の施設運営の方向性が明確にされない現状からして、現段階では実施するに至らないと判断せざるを得ん点もございます。


 3点目といたしまして、食品加工事業の取り組みは、農産物の安心・安全が求められておる今日、地産地消の高まりとあわせて、農業振興上、取り組まなければならない行政課題でございますが、本施設の運営と今後の方向性については、解決しなければならない課題も少なくない中、施設改善のみ先行することはできず、課題の検討と並行して取り組むべきものと判断できるということでございます。


 しかし、以上の点につきましては、異論が強く出されまして、委員会での意見の一致に至らず、表決の結果、多数で不採択と決定したものでございます。


 次の平成20年陳情第3号でございます。「鳥獣被害防止特措法」関連予算を、鳥獣捕殺ではなく自然林復元と被害防除に使うこと等を求める意見書提出に関する陳情でございまして、これにつきましては、陳情趣旨が町内農家等の意向とかけ離れているとの理由で、不採択と決定いたしました。


 以上、報告します。


○議 長(松田秋夫君) 次に、教育福祉常任委員会、川西 聡委員長。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午前11時50分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午前11時51分)





○議 長(松田秋夫君) 川西 聡委員長。


○8 番(川西 聡君) それでは、陳情審査結果報告をいたします。


 教育福祉常任委員会に付託されました陳情及び請願についての審査の結果を報告いたします。


 まず、平成19年陳情22号。これは、12月定例議会に出されておりました陳情案件でございまして、その際に継続審査ということになっていたものであります。地域医療と国立病院の充実に関する要請であります。


 若干、審議の経過を言いますと、12月定例議会においては、国立ならではの意義というのは一体どこにあるんだろうかということをもう少し深めてみる必要があるのではないかということで、継続審査になりました。


 本委員会といたしましては、国立療養所、国立病院の方にこちらの方から出向きまして、関係者にいろいろと閉会中の審査におきまして、お話を伺ったところであります。帰ってまいりまして、閉会中の審査でこの陳情を審査をいたしました。結論は、主な理由として、国立病院ならではの問題というのは、採算性、それから専門分野における国立病院の特殊性、そこにこの陳情の願意があるのではないかと。それはよくわかったということで、この陳情第22号は、採択という結果を出した次第であります。


 続きまして、平成20年陳情第2号 介護保険料の激変緩和措置継続のお願いという陳情であります。


 これは、平成16年と17年の税制改正ですか、この税制改正によりまして、所得が変わらないのに介護保険料の段階がぼんと上がってしまうと。それに対する激変緩和措置ということで、20年度激変緩和措置をお願いしたいという内容と、それから、21年度においては、介護保険の多段階の設定の陳情ということであります。


 20年度におきましては、本議案でもう終了いたしましたが、介護保険条例の一部改正、議案第27号で審議をいたしまして、結果が出ましたけれども、その前の段階で出されていたものであります。しかし、これは要求が妥当ではないかと。


 それから、21年度の多段階の設定という陳情内容も、これは広範な意味で、広い意味での激変緩和措置であると、このように判断をいたしまして、この陳情は採択ということでございます。


 続きまして、平成20年陳情第4号であります。「現行保育制度の堅持」。ちょっと略します。申しわけありませんが、長ったらしいですから。


 それで、これは当議会にも何回か陳情元の方から出されて、採択をされているという関係もありまして、大きな変動もないということで、こういう制度の充実を図るのは当たり前ではないかということで、これも採択ということでございます。


 続きまして、最後に平成20年請願第1号 里子の養育支援に関する請願でございます。


 この請願に関しましては、非常に内容が高度であると。非常に判断が難しかったわけであります。しかし、審査結果を若干言いますと、いわゆる請願紹介議員の方、それから請願元の方、この方々が当委員会に傍聴に参りました、この審査のときに。休憩宣告いたしまして、いろいろと我々委員も伺ったわけであります。中身には、そんなに大きくは触れませんが、里親の定義から意義から、あるいは種類から、あるいはこのケースでの当町で行われている里親制度のいわゆる該当する里親の種類というようなことで。それから、里親の持っている大変さ、そういったものもるる伺いました。


 そういった中で、この請願の一番大きな、いわゆる実現してもらいたいことということで、陳情元も、それから請願紹介議員も言われた3番目の減免の要求であります。これに関しましては、結論は、確かに里親制度の持っている大変さから、こういう減免要求が出てくるというのは理解はできないではない。しかし、現状においては、まだまだそういう放課後児童クラブであるとか、延長保育であるとか、こういう減免申請を願っている、そういった方々の保護者の方々もいらっしゃる。


 そういった方々との整合性を考えてみた場合には、今、八頭町の中に明確な放課後児童クラブの、あるいはこの保育制度の中における明確な減免規定がないということで、いろいろと意見が出ましたけれども、この要求は、この請願は、お気持ちはわかるけれども、しかし、今段階で議会として町に対して減免の働きかけをする、あるいは要請をするということはできないと、こういうことになりまして、採決は分かれましたが、多数で趣旨採択という結論を出したということであります。


 ちょっと長ったらしく報告をいたしましたが、以上で報告を終わります。


○議 長(松田秋夫君) ただいま、各常任委員会委員長から、平成20年陳情第1号から第4号、平成20年請願第1号、5件の審査結果、閉会中の継続審査案件、平成19年陳情第12号・第22号についての報告がありました。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 一括して委員長に対する質疑に入ります。


 はじめに、総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、産業建設常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


 17番、前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 陳情第12号の理由の中に、実施に至らないという文言が使ってありますけど、簡単に一言で言いますと、この意味はどういう意味ということでしょうか。


○議 長(松田秋夫君) 産業建設常任委員会委員長、池本委員長。


○2 番(池本 強君) 文言のとおりでございまして、実現性が現段階での判断としてないということでございます。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子君) 継続で最後は不採択ということでございましたが、討論も随分されただろうと思いますが、賛成とか反対とかというのはどういう傾向だったでしょうか、お尋ねします。


○議 長(松田秋夫君) 池本委員長。


○2 番(池本 強君) 先ほどるる報告したとおりでございます。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 産業建設委員会のメンバーの一人であります私が質問するのは、非常に心苦しいとこもあるんですが、これは極めて重要な問題であるので、私はあえて確認の意味を含めて、ちょっとお尋ねをしたいと思います。


 陳情・請願とか、それから指定管理者の権限と義務の本質に関する、私は問題であったかと思っております。そういう意味では、いろいろ議論は出ました。しかし、その議決の内容については、大きな疑義を持っておるものでございまして、本会議において、後世に記録をとどめていただくということが大事だと思って質問をいたします。


 常任委員会の議論のポイントの中でも中心を占めたのは、本来、この種の陳情が議会に上がってくることがおかしい。陳情者が施設管理を委託された指定管理者とよく話し合って、指定管理者が上げるべきだと、陳情すべきだという議論が大勢でございました。これがすべての根源の議論でございました。これはと思って、私は思っております。


 その主張は、指定管理者の権限や義務に対する誤った解釈と考えるものでありまして、憲法や地方自治法で保障する請願権や陳情権を奪うものと考えすらある思いであります。


 そして、前者の意見に対する意見の議論が中心で、そのような意見と、それからまた、それに対する反論である意見が中心であったと認識していますが、このような事実についての確認をさせていただきます。その内容の確認です。


○議 長(松田秋夫君) 池本産業建設常任委員長。


○2 番(池本 強君) 内容の確認ということでございますが、それにつきましても、先ほど報告したとおりでございます。


○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) ございました。


 次にもう一点。委員会の討議内容につきましては、議論はあったものの、どのような内容で不採択となったか。先ほども質問がございました。明確な結論は、いずれにしてもなかった。総じて採決したという点があったかと思うんですが、そのような事実が。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午後 0時01分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 0時02分)





○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) それでは、以上で質問を終わります。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、産業建設常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 受理順に行います。


 これより平成19年陳情第12号について討論を行います。


 まず、陳情に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


 19番、矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 私は、本陳情に対し、採択すべきとの立場で討論いたします。


 第一に、指定管理を委託された施設の改善に関する陳情は、指定管理者が指定管理者名で陳情されるべきものだという、指定管理者が陳情するべきものであって、議会に提出されるべきものではないとの意見については、憲法や地方自治法で保障された基本的な権利を奪うことにもつながりかねない問題であると。


 具体的には、指定管理者制度は、指定管理者が町長との契約に基づいて運営・管理を担っているという立場であるわけでございますけども、住民へのサービス、それから住民からの要望において、町長が最終的な全責任を負うという考えかたにはかわりないものと考えます。その意味で、その責任者に陳情が出されるというのは、至極当然なことだと考えております。


 それから、第2点目は、現在のフルーツセンターの現状を考えると、衛生面で、例えば保健所の許可も得られないんじゃないかというような状況も考えられる中、また、町内でも非常に少ない施設、しかも内容は陳腐化しています。それからさらには、八頭町のフルーツの町にふさわしい、フルーツを中心とした加工施設、農産品加工をやっていこうとしている。または、これから有機農業等を中心にした有機の米を使った加工もしていこうとする。新しい加工施設の誕生によって、町を活性化していくというその思いの方々の芽を簡単につんでしまうような思いがしてならないわけでございます。


 そういった意味で、私はなぜこれが不採択になるのか。これは、許されざるべきことだと考えております。どうぞ皆さん、良識のある議員の皆さんにぜひご理解をいただき、採択で賛成していただくよう提案するものであります。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) 矢部議員の方から、るるおっしゃいましたので、細かいことは言いませんが、特に隣の若桜町は、こういうことに熱心に取り組んでいる時期でもあり、八頭町の中でも一番おくれている八東地域の女性の方が、一生懸命やろうという気持ちでいるというふうに理解をいたしまして、私はこの。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩します。       (午後 0時07分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 0時08分)





○議 長(松田秋夫君) 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) 一番おくれているというのは取り消しますが、設備状況を見ますと、そろってない物が多いという中で、大変ものづくりに取り組んでいるということを理解しておりまして、幾らかでもこの人たちの希望がかなえられるような設備をすることが必要と考えますので、賛成討論といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


 9番、河村議員。


○9 番(河村久雄君) 産業建設に属しておる一人でございますが、私は陳情に対して反対の立場で意見を申し上げたいというふうに思います。


 先ほども指定管理という問題がいろいろなところで出てまいっております。この指定管理者と、それから陳情者との、簡単に言いますと、十分なコミュニケーションがたっていない。せっかく税金を使って行う、改善をする施設であるがゆえに、もう少しコミュニケーションを十分されるべき内容があるではなかろうか。指定管理者は、すべての経営、いわゆるもうかっても赤字になっても、そのものを指定管理という名の中に経営を行っていかなければならないということになっておるわけでございまして、その辺のコミュニケーションを十分行っていただいて、その加工施設がうまく運営できるように、やっぱりされるべきであって、ただ、その一部分だけを取り上げてということにはなかなかならないんじゃないかというふうに思うもので、この陳情については、不採択とするものでございます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


 10番、桑村議員。


○10番(桑村和夫君) 反対討論をさせていただきます。


 先ほど、池本委員長が詳しく説明された言葉に尽きますので、反対といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


 13番、竹内議員。


○13番(竹内康紀君) 陳情に反対の立場で討論いたしますが、先ほど矢部議員が、憲法とか地方自治法に対する意見を言われました。この陳情については、我々議員が定めた指定管理者制度の根幹に反するではないかと、私は理解しております。地方自治法なり憲法に対する精神を陳情するには、さらなるほかの方法も十分あります。議会に陳情しなかったら、これは陳情先がなくなると、閉ざされるというものではないと思います。


 したがいまして、我々が定めた指定管理者制度の根幹を崩すこういう陳情には、私は反対いたします。中の施設の改善とか、そのようなことを否定するのではありませんのを申し添えます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより、平成19年陳情第12号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 この陳情に対する委員長の報告は、不採択です。


 平成19年陳情第12号を採択することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立少数)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 よって、平成19年陳情第12号は、不採択することに決定いたしました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成19年陳情第22号について、まず陳情について反対の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情について賛成の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成19年陳情第22号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件に対する委員長の報告は、採択であります。


 お諮りいたします。


 本件を、委員長の報告のとおり採択とすることに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、平成19年陳情第22号は、採択とすることに決しました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成20年陳情第1号について、討論を行います。まず、陳情に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成20年陳情第1号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 この陳情に対する委員長の報告は、不採択です。


 平成20年陳情第1号を採択することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立少数)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 よって、平成20年陳情第1号は、不採択することに決定いたしました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成20年陳情第2号について、まず陳情について反対の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情について賛成の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成20年陳情第2号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件に対する委員長の報告は、採択であります。


 お諮りいたします。


 本件を、委員長報告のとおり採択とすることに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、平成20年陳情第2号は、採択とすることに決しました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成20年陳情第3号について、討論を行います。まず、陳情に賛成者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成20年陳情第3号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 この陳情に対する委員長の報告は、不採択です。


 平成20年陳情第3号を採択することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立少数)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 よって、平成20年陳情第3号は、不採択とすることに決定いたしました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成20年陳情第4号について、まず陳情について反対の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、陳情について賛成の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成20年陳情第4号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件に対する委員長の報告は、採択であります。


 お諮りいたします。


 本件を、委員長の報告のとおり採択とすることに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、平成20年陳情第4号は、採択とすることに決しました。





◎除  斥





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 平成20年請願第1号については、秋山宏樹議員に利害関係のある事件であると認められますので、地方自治法第117条の規定によって、秋山宏樹議員を除斥いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、秋山宏樹議員を除斥することに決定いたしました。


 秋山宏樹議員の退席を求めます。


                 (秋山宏樹議員退席)





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 平成20年請願第1号について、まず請願について反対の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について賛成の討論はございませんか。


 17番、前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 私は、この請願について賛成の立場で意見を述べたいと思います。


 里親の実行をしておられるのは、多分、八頭町で初めてこの方が出ているんじゃないだろうかなというふうに思います。その意味において、だれでもできることでなく、非常にすばらしいことだというふうに私は思っております。その意味において、現在、減免制度があるとか、あるいは額が十分であるとかどうかということではなしに、八頭町としてこのようにすばらしいことをやっていらっしゃる方に対して、気持ちの上だけでも支援をするという意味において、本請願を採択をして、町の方へ働きかけをすべきである、このように考えているところでございます。


 以上、終わります。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午後 0時21分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 0時23分)





○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について反対の討論はございませんか。


          (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について賛成の討論はございませんか。


 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) 私は、紹介議員になっておりますが、こういう里親制度については、40年以上前から興味を持っておりました。しかし、自分で里子を養育するような気持ちにようなりませんし、そういうことをしている人はすばらしいなというふうに思いまして、何がしかの生活費だとか、援助、ケアですね、そういうお金が出ておることは承知しておりますが、なお勤めている人が、学童クラブに入れながらもそういうことをしようという勇気もありますし、そういうことに対して、町が何がしかの援助をするということは、大変すばらしいことだというふうに、でき上がれば思います。


 そういうことがないと、なかなか良家の奥様とかというふうな人しかできないことだと思いますので、里親を広げるためにも、だれでも意欲のある人がしていただけるような社会情勢にすることが必要だと思いますので、この際、他の町村にあるかないかよく調べてはおりませんが、そういう状況はまだないだろうというふうに思います。私も傍聴させていただきましたが、長時間かけて議論されました。結果は、趣旨採択ということでしたけども、私は個人的には採択してほしいという思いはありましたが、それぞれの思いがまちまちですので、この場で趣旨採択でなしに、採択というのをお願いしたいという気持ちもあって、賛成討論とさせていただきます。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午後 0時25分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 0時26分)





○議 長(松田秋夫君) 15番、西尾議員。


○15番(西尾節子さん) それでは、先ほどの良家の奥様というのは取り消しますが、時間とか経済とか余裕がないと、なかなか受けられない。しかも、ケアする能力もないと受けられないという状況があると、受ける人がせばめられる中で、少しでも経済的にも援助をしてあげれる部分があれば、そういうことが起これば、やっぱり底辺が広がるんじゃないかというふうに思って、賛成討論といたします。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。     (午後 0時29分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 0時30分)





○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について反対の討論はございませんか。


 13番、竹内議員。


○13番(竹内康紀君) 多くは申し上げませんが、請願項目の3、学童クラブ、延長保育費用の里親負担の減免という項でございます。学童クラブについての助成は、町が保護者会ですか、その団体に助成して、そのうちで運営するということになっております。そうしますと、ここの減免ということを行いますと、保護者会の他の保護者の負担が当然ふえてくると思いますので、ここには我々議会の権限が及ばんじゃないかなと思います。


 次の延長保育費用の里親負担という、これは討議すれば、ここの議会に権限はありませんけど、討論してもいいものだと思います。そのような趣旨で、これは反対します。





○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について賛成の討論はございませんか。


 12番、下田議員。


○12番(下田敏夫君) 私は、賛成の立場で討論をいたします。


 私がこの里子・里親制度を知りましたのは、今から30数年前に当時の取引先の方がしておられまして、この人はすごいなって、畏敬の念を抱いたことを今思い出しております。今、離婚率がふえて、親が子を殺し、子が親を殺す心のすさんだ非常に嫌な世の中だというふうに感じております。


 本町、八頭町において、このような里子・里親制度を実践していらっしゃるという方がおられるということを聞きまして、私は驚きもしましたし、尊敬もしましたし、敬意をあらわしたいというふうに考えているものであります。


 不幸にして親子の情に恵まれなかった子供、それを引き取って育てる。だれにでもできることではございません。また、恐らく気づいているであろう、心を持ったその子を慰め、いやし、健やかに育てるということは、並大抵なことではできないというふうに考えております。


 そういう非常に奇特。とうとく、人の情に厚いということですが、奇特な方がされている請願でございます。それが趣旨採択。そのような町に人々は住んでみたい、住んでよかったと言えるでしょうか。また、「夢広がるまち 八頭町」と胸を張って言えるのでしょうか。このような奇特な方が一人でも多くいる町こそが、真に豊かな町だと私は信じております。国や県に制度があるからそれでいいというのじゃなくて、国や県にそういう制度がある。町がもう少し支援することによって、きめ細かい支援ができる。そういう人を支援していく制度と仕組みをつくるのが、この真に豊かなまちづくりを目指す議会議員の責であるというふうに考えます。


 以上の理由によりまして、私は趣旨採択に反対をし、今議会におきまして、採択とされることを強く希望するものであります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について反対の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、請願について賛成の討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより平成20年請願第1号を採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 本件に対する委員長の報告は、趣旨採択であります。


 お諮りいたします。


 本件を、委員長の報告のとおり趣旨採択とすることに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、平成20年請願第1号は、趣旨採択とすることに決しました。


 秋山宏樹議員の除斥を解きます。


 秋山宏樹議員が入場されるまで、しばらくお待ちください。


                 (秋山宏樹議員入場)





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩をいたしたいと思います。


                     (午後 0時30分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。       (午後 2時46分)





◎日程の追加





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 ただいま町長から、議案第62号が提出されました。


 これを日程に追加し、追加日程第1として議題にいたしたいと思います。ご異議ありませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 議案第62号を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第1 議案第62号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


                  (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) それでは、ただいま議題となりました議案第62号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第10号)の提案理由の説明をさせていただきます。


 既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,138万3,000円を減額いたしまして、予算の総額を96億644万円といたそうとするものであります。


 歳入につきましては、配当割交付金ほか、額の確定によります増減。また、特別交付税の確定によりまして、6,500万円余りを追加いたすものであります。


 それに伴いまして、基金からの繰入金、財政調整基金7,000万円、減債基金1,300万円、合計8,300万円を繰り入れをしないということにいたしたいと思います。これによりまして、両基金からの繰り入れはゼロということになります。


 次に、歳出ですが、農林水産業費で、このたびの豪雪によりまして、姫路公園の炊事棟が倒壊いたしました。復旧費261万円余りを計上いたしております。5月3日の安徳の里の祭りには間に合わせたいという考え方でございまして、ご理解を願いたいと思いますし、保険適用部分が歳入として190万円見積もっております。


 また、10款の災害復旧費では、現在発注済みの郡家東小学校の法面災害復旧工事を中止いたしまして、その上部といいますか、上部に亀裂が入りまして、法面全体が崩壊するというふうなことが今見受けられております。それによりまして、本格的な災害復旧を行うべく、測量設計委託料713万円を計上させていただきました。


 今後、測量設計をいたしまして、文部科学省へ復旧方法等を協議し、本格的な復旧工事に取りかかりたいというふうに考えております。


 11款、公債費では、借り入れの見込み利率の変更によりまして、不用となりました部分につきまして、減額いたすものであります。1,660万円であります。なお、姫路公園炊事棟復旧工事、郡家東小学校法面災害復旧工事測量設計費につきましては、年度内に完成することができませんので、地方自治法第213条の規定によりまして、翌年度へ繰り越しをさせていただきたいと思います。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑を行います。


 議案第62号について質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第62号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第62号について、原案のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって議案第62号 平成19年度八頭町一般会計補正予算(第10号)は、原案のとおり可決されました。





◎議事日程の追加





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 ただいま、発議5件が所定の賛成者を得て、お手元に配付のとおり提出されました。


 この際、これを日程に追加して議題にいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) 異議なしと認めます。


 よって、発議5件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第2 発議第1号を議題といたします。


 職員をして発議の朗読をいたさせます。


 事務局長。


                  (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 発議の提出者に提案理由の説明を求めます。


 発議第1号提出者、河村久雄議員。


○9 番(河村久雄君) 発議第1号 八頭町議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、提案理由を申し上げます。


 この条例の一部改正については、行政改革の見地より、日当・宿泊料の見直し、食卓料の廃止などの改正をいたそうとするものでございます。この改正によりまして、影響額はおよそ8万3,000円ぐらいだろうというふうに思われます。


 議員各位のご賛同をいただき、提案の理由といたします。


 以上でございます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより発議第1号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第1号について、原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって発議第1号 八頭町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、原案のとおり決しました。





◎一括議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) この際、追加日程第3 発議第2号、追加日程第4 発議第3号の2議案について、一括議題といたします。


 職員をして発議の朗読をいたさせます。


 事務局長。


                  (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 発議の提出者に提案理由の説明を求めます。


 発議第2号、第3号提出者、川西 聡議員。


○8 番(川西 聡君) ただいま議題になりました発議第2号 国立病院の廃止・縮小・民営化に反対し、地域医療と国立病院の充実を求める意見書の提出についてと、発議第3号 現行保育制度の堅持・拡充、保育・学童保育・子育て支援施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求める意見書の提出について、この提案理由を2議案ともご説明申し上げたいというぐあいに思います。


 先ほどの陳情審査のご報告でも若干申し上げたと思うんですが、国立病院というのは、採算性、あるいは専門性という点で民間よりすぐれているのではないかということが、巷間言われているところであります。


 そこで、現実の医師不足、あるいは看護師不足等々に対応しまして、国民の医療権が奪われないよう、国立病院を地域の医療提供体制に位置づけ、地域医療の充実を図るという意味合いで、当議会が意見書の提出をしたいというものであります。私が提出者でございます。


 内容につきましては、その内容のキのところに3項目ございますので、よろしくご審議を賜りたいと思う次第であります。


 発議第3号であります。


 これは題名は略します、先ほど言ったとおりですが。保育の実施主体である自治体が厳しい財政状況にあるもとで、少子対策の中核を担う保育、学童保育、子育て支援施策の推進について、国が責任を持つべきではないかという意味合いで、意見書を提出するものでございます。


 その内容は、その意見書の中の6項目でございます。熟読をいたしていただきまして、よろしくご賛同願いたいと思います。


 以上、あわせて提案理由といたします。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいま一括議題といたしました発議第2号、発議第3号の2議案について、質疑を行います。


 なお、審議の都合上、区分して質疑を行います。


 はじめに、発議第2号、質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、発議第3号について、質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。


 以上で、発議第2号、発議第3号についての2議案についての質疑を終わります。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより発議第2号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第2号について、原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって発議第2号 国立病院の廃止・縮小、民営化に反対し、地域医療と国立病院の充実を求める意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより発議第3号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第3号について、原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって発議第3号 現行保育制度の堅持・拡充、保育・学童保育・子育て支援施策の推進に関わる国の予算の大幅増額を求める意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎一括議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 次に、この際、追加日程第5 発議第4号、追加日程第6 発議第5号の2議案について、一括議題といたします。


 職員をして発議の朗読をいたさせます。


 事務局長。


                  (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 発議の提出者に提案理由の説明を求めます。


 発議第4号、第5号提出者、山本弘敏議員。


○20番(山本弘敏君) それでは、発議第4号 若桜鉄道への支援を求める意見書の提出についてと、発議第5号 路線バスへの支援を求める意見書の提出についての提案理由を申し上げます。


 先ほどは、この2件につきまして、慎重審議いただきまして、まことにありがとうございました。それでは、提案理由を申し上げます。


 まず最初に、若桜鉄道への支援を求める意見書についてでございます。昭和5年の開業以来、若桜鉄道は、八頭町を始めとする地域に公共交通の中核として大きな役割を担ってきたわけでございます。昭和62年には、国鉄の分割・民営化により、廃止路線の対象となりましたが、第三セクターとして再出発したわけでございます。それ以来20年経過し、21年目となる本年には、当初、赤字補てんのために積み立てていた基金が底をつくという事態に直面しています。


 現在、年間約250万人余りが利用し、そのうち約8割が学生であることを考えると、若桜鉄道の果たす役割は、まだまだ大きなものがあると思うわけでございます。


 現在、国においても法律整備による上下分離方式の採用で、地域の交通手段を維持しようとする方向となっています。また、県知事におかれましても、新しい方式に地元の取り組みを見て支援を考えると表明していただいております。また、若桜鉄道には車両更新という、将来の大きな課題が残されております。


 現在、当面の存続について、まず一つ、鉄道を守り抜ける重点的な地方財政処置。二つ目に、上下分離の法的枠組み法案の早期成立。三つ目として、鉄道軌道補助金のかさ上げなどのために、若桜鉄道への支援を求める意見書を提出するものであります。


 発議第5号であります路線バスへの支援を求める意見書でございます。


 現在、八頭町には鉄道と並ぶ公共交通手段として、国道29号線に日本交通が、また、私都大江線には鳥取自動車が運行していただいております。バスは、鉄道とともに交通弱者にとって大事な交通機関であります。自家用車の普及により、乗車人員が激減し、輸送事業者の方も経営に明るい前途を見出せなくなっているのが現状であります。


 現在、八頭町を走る全系統のバスが赤字であり、国・県の補助制度により、八頭町も応分の負担を負い、赤字補てんを行っている状態です。一定の補助制度はでき上がっているわけですが、今後とも補助を続けていくためには、財政力の弱い自治体には特別の配慮をしていただくことが大切だと思うわけであります。路線バスへの支援を求める意見書を提出するものであります。


 以上、2議案の提案理由とさせていただきます。


 よろしくご審議のほどお願い申し上げます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいま一括議題といたしました発議第4号、発議第5号の2議案について、質疑を行います。


 なお、審議の都合上、区分して質疑を行います。


 はじめに、発議第4号、質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、発議第5号について、質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 以上で、発議第4号、発議第5号の2議案についての質疑を終わります。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより発議第4号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第4号について、原案のとおり決することに賛成の方は起立願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって発議第4号 若桜鉄道への支援を求める意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより発議第5号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


                   (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第5号について、原案のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


                   (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって発議第5号 路線バスへの支援を求める意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第7 特別委員会の調査中間報告の件を議題とします。


 中学校校舎改築等調査特別委員会から、閉会中の継続調査とした事項について、中間報告をしたいとの申し出があります。


 お諮りいたします。


 本件は、申し出のとおり、追加日程第7とし、中間報告を受けることにしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、中学校校舎改築等調査特別委員会の閉会中の継続調査事項について、追加日程第7とし、中間報告を受けることに決定しました。


 本件に対する特別委員会委員長の報告を求めます。


 森山大四郎中学校校舎改築等調査特別委員会委員長。


○18番(森山大四郎君) 八頭町議会中学校校舎改築等調査特別委員会で調査中の事件につきまして、八頭町議会会議規則第77条の規定によりまして、その状況をこれから報告いたします。


 皆さんのお手元に配付しておりますが、調査検討の経過ということで、平成17年12月15日、本特別委員会を設置いたしまして、それを議決いたしました。


 それから、ずっとはぐっていただきまして、3ページの中ほどに書いてございますが、ことしの2月28日まで、それぞれ全体会、そしてまた小委員会、それから各グループにわかれまして開催を行いました。延べ41回会合を持っております。


 それから、調査研究の事項につきましては、ここに書いてございますように、1番、2番、3番、一番大きなものとしましては、中央中学校の校舎改築に関すること。それから、2番目におきましては、町内中学校のあり方に関すること。そして三つ目は、そのほか必要事項に関すること。この大きな三つの項目の中で調査を開始いたしました。


 初めのところでございますが、このたびの中間報告につきましては、教育関係者や行政関係者の協力のもとでの資料提供、また、意見交換をする中で、幾度と協議を重ねてまいりました。また、それらを踏まえて、平成19年9月に議会懇談会を町内14会場において開催をいたしまして、調査状況を報告し、意見聴取を行いました。


 今回の中間報告は、あくまでも本特別委員会としての調査研究したものをまとめたものでございます。合併いたしまして、八頭町となりまして、ちょうど平成17年の年でございますが、その年の6月、9月、12月の定例会の一般質問におきましては、毎回それぞれの議員が、中央中学校の改築、また八東中学校、船岡中学校の将来の学校建築の整備の件や、生徒数の減少に伴う教育上の問題提起、財政問題やそれらに伴う校区編成についての質問が相次いでありました。その話題というのは、途切れることはなかったわけでございます。


 八頭町にとりましても、合併当初の大きなこれは重要課題でもありまして、議会といたしましては、この問題については、取り組みの中で議員が一丸となって、この特別委員会を立ち上げたわけでございます。そのころには、教育委員会におきましても、八頭町の教育を考える会、これが発足いたしまして、ちょうど平成18年3月ですか、中間報告が出されまして、一定の方向性が示されたわけでございます。19年度からは、小・中学校の適正なる配置ということで、今、審議会を立ち上げ中だということで、これもまた答申をいただけるものではないかと思っております。


 それから、次のページでございますが、旧3町の合併前の経過でございますが、この部分は若干触れておりますが、中央中学校の建物の経過年数というのは、その当時38年5月に建築されたものであります。その時点では、ちょうどもう築45年が経過されておりまして、耐震度、耐力度調査の段階では、危険校舎であると認定されておりました。平成9年には、旧郡家町時代には、中央中学校校舎検討委員会が設置されていた経過もあり、八頭町発足と同時に、この事業が八頭町で引き継がれたわけでございます。


 それから、調査研究の状況の中で、先ほど申し上げました一番大きなものは、中央中学校の改築であったということは、先ほど申し上げたとおりでございますが、八頭町合併当初より、引き継ぎ事項の中に入っていたものであります。そのために、改めて平成17年12月に特別委員会を設置して、校舎の改築を含む調査研究を行うことになりました。


 その後の中央中学校改築に至る経過につきましては、平成17年6月に中学校の改築事業認定申請書を文科省の方に提出されまして、その後、工事の基本設計委託業務の締結が行われましたが、同年11月になって、17年中の事業着手は困難であるという判断のもとで、事業認定の申請書は一たん取り下げられたということは、そのとおりでございます。


 翌18年に入りましてからは、県教委の方から、再び申請書の準備をするようにと指導がありまして、同年、年がちょっとダブっておりますが、一つ消していただいて、同年4月に再び認定申請を提出する準備に取りかかりまして、5月には正式に事業認定申請書が提出されました。


 そして、同年8月には、国から合併特例債の適用の内定通知があったわけでございます。その特例債につきましては、初めは学校統合ということが条件だったということを聞いておりましたが、統合しなくても特例債が適用できるということになりまして、最終決定促進の大きな要因になったことは事実でございます。


 従来の義務教育債だけの学校建築では財政負担が大きく、この時期を逃すことは得策でないという判断をすることになった。なお、8月の臨時会において、その工事の実施設計の予算がここで議決されたわけでございます。


 平成18年9月の定例会におきまして、一般会計補正予算に中央中学校校舎建築費として、6億4,760万円、総工費18億8,273万円が計上されまして、中央中学校校舎改築へと決定したわけでございます。


 議会の特別委員会といたしましては、それまでにはほかの中学校との関連もあり、建設の方向性については紆余曲折でありましたが、そこに通う生徒たちの安全・安心な環境を整えることについては、おおむね異論はなく、平成18年9月定例会におきまして、工事を着工する旨、議決をいたしました。


 平成19年11月には、昨年でございますが、生徒たちも新校舎に移りまして、新しい環境の中でのスタートとなっておるようでございます。平成20年度には、グラウンド整備等も残っておりますけども、工事の進捗状況を見守っていきたいというぐあいに思っております。


 大きな問題としまして、中央中学校の改築につきましては、統廃合というのは別で、おおむね決着がついたというぐあいに判断をしております。


 それから、2番目につきましての町内中学校のあり方に関すること、それからもう一つ、その他必要事項に関することにつきましては、ここはさらに三つのグループといいますか、また我々の方でも専門的に調査を行うということで、一つは財政問題のグループ。それから二つ目は、望ましい中学校の適正規模、適正配置。また、三つ目は、通学方法やそれらの関する諸問題の三つの大きな柱を掲げまして、そのグループにわかれまして、調査することになりました。


 1番の財政問題につきましては、耐震調査、耐力度調査の結果が出てないこともありますが、今後、国からの交付金措置を始め、合併特例債や有利な起債を模索する中、まだまだ流動的な部分もございますが、学校運営のランニングコストなどを視野に入れながら、試算を計算していく必要があると考えられております。


 この3月定例議会に八頭町立の小・中学校の耐震診断結果が示されました。今後は、安全性の評価、緊急性の高いものに対して、どのように手当てをしていくのか、そういったことも今後は財政問題、この試算の中で検討していく課題ではなかろうかというぐあいに思っております。


 それから、2番目の望ましい中学校の適正規模、適正配置につきましては、学校教育の中で地域の教育力をどう高めていくかを育てていくのが課題でございます。そのために、適正な規模は1学年複数学級が望ましいと考えられますが、生徒数からも現在の配置を当面維持していくことが適当と判断をしているところでございます。なお、校舎の耐震性も問題となってきております。生徒数の減少も見込まれますので、その動向を見きわめながら、今後、教育的な視点、財政状況等を踏まえて、統廃合をこれは検討していき、実施については住民合意といいますか、町民合意のもとで行われるべきだと考えております。


 この議会中も、町民の意見公募の手続条例も制定されたわけでございます。パブリックコメントという場面も出てくるかもわかりませんが、そういったもので町民との合意で、これから取り組む姿勢を持っていきたいと思っております。


 それから、3番目の通学方法やそれらに関する諸問題につきましては、具体的には中学校規模の下限の考え方の中で、生徒の公平性や安全性を確保するとともに、公共交通、現在、若桜鉄道、バス等のあり方との整合性を図っていくことが、これからは求められていくものだというぐあいに思っております。


 今回の中間報告のもとになった議会懇談会で出された意見等を集約したものを、皆さんのお手元の別紙のように、参考資料として添付しております。またそれは後日、皆さんの方でごらんいただきたいと思います。なお、この中間報告は、八頭町が目指す、「人が輝き 集い 夢広がるまち」の創生に向けたものといたしまして、今後とも努力する決意を表し、本特別委員会の報告といたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいま、中学校校舎改築等調査特別委員会委員長から、閉会中の継続調査事項についての中間報告がありました。


 一括して特別委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


                   (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで、中学校校舎改築等調査特別委員会委員長に対する


 質疑を終結いたします。


 以上で、中学校校舎改築等調査特別委員会の中間報告を終わります。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第8 委員会の閉会中の継続調査の件を議題といたします。


 議会運営委員会、議会活性化調査特別委員会、中学校校舎改築等調査特別委員会、公共交通調査特別委員会、総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育福祉常任委員会、議会広報常任委員会、各委員長から、委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によって、お手元に配付しました申し出のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。





◎閉会宣告





○議 長(松田秋夫君) これをもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、平成20年第2回八頭町議会定例会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


                   (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成20年第2回八頭町議会定例会を閉会いたしたいと思います。


 どうも長い間ご苦労さまでございました。





          (平成20年3月21日午後3時24分閉会)








会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 副議長





 署名議員





 署名議員