議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成18年第10回定例会(第1日目12月12日)




平成18年第10回定例会(第1日目12月12日)





       平成18年第10回八頭町議会定例会 会議録 (第1号)


 
招集年月日  平成18年12月12日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成18年12月12日午前9時33分宣告


       (第1日)





応招議員


   1番 秋山 宏樹   2番 池本  強   3番 中田  明


   4番 岡嶋 正広   5番 小倉 一博   7番 鎌谷  收


   8番 川西  聡   9番 河村 久雄  10番 桑村 和夫


  11番 小林 久幸  12番 下田 敏夫  13番 竹内 康紀


  14番 谷本 正敏  15番 西尾 節子  16番 林  展正


  17番 前土居一泰  18番 森山大四郎  19番 矢部 博祥


  20番 山本 弘敏  21番 松田 秋夫





不応招議員


  (な  し)





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町   長   平木 誠  助   役  中家俊夫  収 入 役   桑村和義


 教 育 長   西山淳夫  総務課長   井山愛治  船岡支所長   山根貴和


 八東支所長   薮田邦彦  税務課長   岸本博伸  企画人権課長  白岩和典


 福祉課長    吉田英人  保健課長   細田初博  建設課長    野崎正実


 産業課長    勝原宣則  上下水道課長 岡本秀雄  地籍調査課長  小林 孝


 農業委員会事務局長     教育委員会事務局次長


         保木本妻枝        古岡英明





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  局長補佐   中村文子





町長提出議案の題目


 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


 八頭町財産区管理会委員の選任について


 八頭町課設置条例の一部改正について


 八頭町営住宅条例の一部改正について


 土地の処分について


 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の制定について


 字の区域の変更について


 町道の路線変更について


 平成18年度八頭町一般会計補正予算(第6号)


 平成18年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


 平成18年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号)


 平成18年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第2号)


 平成18年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第2号)


 平成18年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号)





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


 20番 山本弘敏議員   1番 秋山宏樹議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


              平成18年12月12日(火)午前9時30分開議


日程 第 1 会議録署名議員の指名


 〃 第 2 会期の決定


 〃 第 3 諸般の報告


 〃 第 4 町長あいさつ


 〃 第 5 議案第114号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


 〃 第 6 議案第115号 八頭町財産区管理会委員の選任について


 〃 第 7 議案第116号 八頭町課設置条例の一部改正について


 〃 第 8 議案第117号 八頭町営住宅条例の一部改正について


 〃 第 9 議案第118号 土地の処分について


 〃 第10 議案第119号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の制定について


 〃 第11 議案第120号 字の区域の変更について


 〃 第12 議案第121号 町道の路線変更について


 〃 第13 議案第122号 平成18年度八頭町一般会計補正予算(第6号)


 〃 第14 議案第123号 平成18年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第


               2号)


 〃 第15 議案第124号 平成18年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号)


 〃 第16 議案第125号 平成18年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第2号)


 〃 第17 議案第126号 平成18年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第


               2号)


 〃 第18 議案第127号 平成18年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号)





議事の経過


◎開会宣告                    (午前9時33分)





○議 長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は20名で、定足数に達しております。


 よって、平成18年第10回八頭町議会定例会は成立いたしましたので、開会いたします。


 ただいまから本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本定例会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎会議録署名議員の指名





○議 長(松田秋夫君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


 20番 山本弘敏議員


 1番 秋山宏樹議員を指名いたします。





◎会期の決定





○議 長(松田秋夫君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から平成18年12月21日までの10日間といたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日から平成18年12月21日までの10日間とすることに決定いたしました。


 なお、12月16日、17日の2日間は休会の日ですが、議会活性化調査特別委員会での検討結果等を踏まえ、傍聴者に配慮するため、特に会議を開きます。





◎諸般の報告





○議 長(松田秋夫君) 日程第3 諸般の報告を行います。


 事務局長をしていたさせます。


 事務局長。


○事務局長(山本政明君) ご報告いたします。


 はじめに、請願・陳情等につきましては、本日までに受理いたしましたものは、お手元に配付の文書表のとおりでありまして、会議規則第92条の規定により、平成18年陳情第21号、24号、26号、31号を総務常任委員会へ、平成18年陳情第25号を産業建設常任委員会へ、平成18年陳情第20号、22号、23号、27号、28号、29号、30号、32号を教育福祉常任委員会へそれぞれ付託されました。


 次に、9月定例会以降の主な事項につきましては、お手元に配付のとおりであります。


 次に、9月定例会で可決された意見書は、関係機関に送付いたしましたのでご報告いたします。


 なお、監査報告につきましては、報告書の写しの配付をもって報告にかえさせていただきます。


 以上でございます。





◎町長あいさつ





○議 長(松田秋夫君) 日程第4 ここで町長からあいさつがあります。


 町長、平木 誠君。


○町 長(平木 誠君) 皆さん、おはようございます。


 それでは、平成18年第10回八頭町議会12月定例会の開会にあたりまして、ごあいさつをさせていただきます。


 本日ここに、平成18年第10回八頭町議会12月定例会を招集させていただきましたところ、議員各位におかれましてはご参集いただき、ご審議いただきますことに対しまして、厚く御礼申し上げます。


 今年も、あと残すところわずかとなってまいりました。平成18年は、八頭町誕生2年目であり、基礎固めを行う年でありましたが、議員各位、町民の皆様のご理解・ご協力によりまして、まずは計画どおりの進捗となっていることに感謝申し上げる次第であります。


 町内では、大きな災害も比較的少なく平穏でありましたけれども、各地で起きる災害など、自然の猛威を見せつけられた年でもありました。来るべき年が、町民の皆様にとりまして輝かしい年であってほしいと願わずにはおられません。


 10月2日から31日まで、町内14の会場におきまして、行政懇談会を実施いたしました。学校問題について、公共交通について、また、行政改革につきまして、町側から現状についてお話をさせていただき、また、地域の課題について、住民各位よりご意見を拝聴いたしました。今後とも住民各位との対話の行政をより一層進めてまいりたいと考えております。


 10月9日には、第1回の森下広一杯のマラソン大会を、八頭町のマラソン大会を開催させていただきました。全国より多くの方々に参加をいただき、八頭町の新しいイベントとしてスタートを切ることができました。


 また、10月21、22日には、全国スポーツレクリエーション祭を八東総合運動公園でペタンクをさせていただきました。また、29日には、同じ八東総合運動公園内で、県事業ではありますけれども、森のめぐみの感謝祭を開催し、県内外より多くのお客様をお迎えいたしました。わが町の宣伝効果にもなり、また、多くの町民の皆さんに参加いただきましたことは、交流を通じて一つの町としての町民の輪がより一層広がったと思っております。


 10月23日には、松田純一ご夫妻とともに、春から手塩にかけて立派に育てていただきました献穀米を、皇居の賢所の方で献納させていただきました。直接、天皇陛下のお言葉もいただきました。


 また、11月22日には、懸案でございました中央中学校の改築工事の入札をさせていただき、27日には議会で契約を認めていただいたところでありますが、昨日、地鎮祭を行い、平成20年3月には新しい学びやが誕生いたす運びとなっております。また、船岡小学校体育館も予定どおりほぼ完成し、子供たちの歓声が聞けるのももう間近であるというふうに思っております。


 いろいろと申し上げましたが、今定例会に14議案を提案いたしております。十分なる審議をいただきまして、ご可決くださいますようお願いし、開会にあたりましてのあいさつとさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で町長のあいさつを終わります。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第5 議案第114号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


              (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) それでは、議案第114号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることにつきまして、ご説明をさせていただきます。


 人権擁護委員は、法務大臣が委嘱されて、任期は3年となっております。


 現在、八頭町におきましては、8名の方々にご活躍をいただいておりますが、その中で瀧田 修さんが、来年の3月31日が任期満了となります。瀧田さんは、八頭町船岡にお住まいで、平成13年から人権擁護委員さんとして、また今現在、行政相談員さんとしてもご活躍をいただいております。中でも、鳥取人権擁護委員協議会、鳥取県人権擁護委員連合会の要職もお勤めであります。また、地元に帰られましても、気軽に、また丁寧にご相談を受けられ、地域の人々からも非常に人望も厚く、最適任者であると思いますので再任の推薦をいたしたく、議会の意見を求めるものでございます。このたびで3期目ということでございます。


 よろしくお願い申し上げます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑を行います。


 議案第114号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第114号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第114号について、原案のとおり同意することに賛成の方は起立を願います。


               (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第114号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、原案のとおり同意することに決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第6 議案第115号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


              (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) それでは、議案第115号について、提案理由の説明をさせていただきます。


 八頭町内におきましては今現在、七つの財産区でそれぞれ財産区の運営を行っております。


 大江財産区におきましては、議会を設置して、それぞれやっておられますし、他の6財産区におきましては、財産区管理会ということで管理を行っていただいております。


 このたび、安部財産区管理会委員の任期が、12月19日で満了となります。このため、安部財産区から推薦のありました木原頼正氏を始め、7名の方を管理会委員として選任いたしたく、八頭町財産区管理条例第3条によりまして、本議会の議決を求めるものでございます。


 よろしくお願い申し上げます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑を行います。


 議案第115号について、質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより議案第115号について討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。


 討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。


 ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 この採決は、起立によって行います。


 議案第115号について、原案のとおり同意することに賛成の方は起立を願います。


               (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第115号 八頭町財産区管理会委員の選任について、原案のとおり同意することに決しました。





◎一括議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) この際日程第7 議案第116号から、日程第18 議案第127号まで12議案について、一括議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。


 事務局長。


              (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町 長(平木 誠君) それでは、ただいま議題となりました議案第116号から議案第127号までの12議案につきまして、議案の概要を申し上げ、提案の理由とさせていただきます。


 はじめに、議案第116号でございます。八頭町課設置条例の一部改正であります。


 これにつきましては、議会からも指摘されているところでありますが、累増いたします滞納徴収対策として、滞納徴収事務を法的措置を含めて、効果的・効率的に行うため、新たに収納対策室を設け、専門的に滞納解消事務にあたらせたいため、八頭町課設置条例の一部を改正したいものであります。


 次に、議案第117号でございます。八頭町営住宅条例の一部改正についてでございます。


 八頭町には、現在11団地79戸の県営住宅がございます。今後県では、県営住宅としての建てかえは行わず、建築後10年以上経過した団地につきましては、町に管理移管、また、耐用年数の2分の1以上、木造では15年、準耐火では23年を経過したものにつきましては、払い下げを行いたいとの協議がございます。


 現在、県営住宅である八東第一団地5戸について、平成16年当時から払い下げについて関係者と協議をしておりましたが、協議が整いましたので、今回町に無償で払い下げを受け、町営住宅として管理すべく条例に追加しようとするものであります。なお、この住宅は、近く関係者5名の方に払い下げ、これは土地代相当額でございますが、行うよう計画しております。


 今後、残りの団地、ありましたように耐用年数の2分の1を経過したもの、7団地・52戸につきまして、順次住民の方に対して説明会を行う計画といたしております。なお、1団地、これは郡家地域国中団地ですが、つきましては、老朽化のため取り壊しの計画といたしております。


 次に、議案第118号 土地の処分についてであります。


 9月22日で鍛冶屋集落が、鍛冶屋土地管理組合として地縁団体を結成されました。その中で土地がいろいろございますが、このたび鍛冶屋部落として、同所の山林397平方メートルを登記をいたしたいという要望がございました。町としては、沿革を尊重し、無償譲渡といたしたいので、地方自治法96条第1項第6号によりまして、本議会の議決を求めるものでございます。


 次に、議案第119号であります。鳥取県後期高齢者医療広域連合規約の制定についてであります。


 この議案につきましては、地方自治法第284条第3項の規定によりまして、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を定めることについての協議でございます。同法第291条の11の規定によりまして、議会の議決を求めるものであります。


 本年6月14日、健康保険法等の一部を改正する法律が可決され、今回の医療制度改革の大きな柱の一つとして、新たに高齢者医療制度が創設されることになりました。現在、75歳以上の後期高齢者につきましては、国民健康保険、あるいは他の社会保険等に加入して、おのおのの保険に保険料などを支払いつつ、市町村が運営する老人保健制度に加入し、給付を受けるという仕組みになっておりますが、今後さらに高齢化が進展し、高齢者に係る医療費がますます増大する中で、新たな後期高齢者医療制度が創設されることになりました。


 この後期高齢者医療制度は、都道府県ごとにすべての市町村が加入する広域連合を創設し、広域連合では保険料の決定、医療給付費等事務処理を行い、市町村においては、保険料の徴収事務や各種申請の受付などの窓口業務を行おうとするものであります。


 鳥取県におきましても、本年10月に広域連合設立準備委員会を立ち上げ、平成18年度末までの設立、また、平成19年4月からの広域連合の業務開始に向けて、現在、事務処理を進めております。


 規約の概要を申し上げますと、名称を「鳥取県後期高齢者医療連合会」とし、事務所を東伯郡湯梨浜町に置くものであります。また、議員定数を13名とし、執行機関の組織としては、広域連合長、副広域連合長、会計管理者が置かれます。


 広域連合の事務処理につきましては、先ほど申し上げたとおりですが、広域連合の経費は、主に関係市町村の負担金、国及び県の支出金をもって充てることになっております。


 本格的に後期高齢者医療制度がスタートしますのは、平成20年4月からでございますが、鳥取県下の市町村議会で規約の議会議決をいただきましたら、県知事への広域連合の設立許可申請を行い、設立許可後は、連合長の選挙、議会議員選挙、議会の開催への運びとなります。


 以上、提案説明をさせていただきましたが、事情をご賢察の上、ご可決をいただきますようお願い申し上げます。


 次に、議案第120号でございます。字の区域の変更についてであります。


 これにつきましては、県営中山間地域総合整備事業船郡地区見槻2工区のほ場整備事業につきましてであります。この事業は、平成13年度から18年度までの間、測量設計、工事、換地処分を進めております。換地処分の登記につきましては、平成18年度中に完了できるよう諸手続を進めているところであります。


 事業の内容は、面積4.9ヘクタール、事業費1億1,000万円であります。


 今回、ほ場整備事業区域内の字の区域を変更することにつきまして、地方自治法第260条第1項の規定により、議会のご可決をいただく提案でございます。


 次に、議案第121号 町道の路線変更についてでございます。


 整理番号2,904号の岩淵3号線につきましては、小畑川にかかる八東小学校プール橋を老朽化のため撤去いたしましたことから、岩淵4号線から主要地方道津山智頭八東線までの29.9メートルに変更しようとするものでございます。


 次に、補正予算でございます。


 議案第122号 平成18年度八頭町一般会計補正予算(第6号)であります。


 これにつきましては、歳入歳出予算の総額に1,142万円を追加し、予算の総額を100億1,383万9,000円といたそうとするものでございます。


 歳出から主なものを申し上げます。


 総務費では、公用車の購入費として374万円を新たに予定いたしました。


 民生費では、身体障害児など、補装具給付費120万円、保育所の燃料、修繕費等、管理費236万円の追加であります。


 衛生費では、老人保健事業の検診委託料の追加、450万円を予定いたしております。


 農林水産業費では、イノシシなどの捕獲奨励金160万円、猿捕獲奨励金30万円などであります。


 土木費では、島集落への公民館振興対策交付金として500万円、横田山手線新設工事に伴います199万円などであります。


 消防費では、麻生集落の小型動力ポンプを160万円で更新であります。


 教育費では、イベントテント購入費283万円、隼国民体育館トイレ改修費170万円などであります。


 災害復旧費では、八東地域の丹比縦貫線ほか1件、船岡地域の馬路東西線ほか4件で、1,306万円でございます。


 これらに伴う財源は、保育料、国・県支出金、中国電力からの寄附金500万円、起債などであります。なお、このたび財政調整基金繰入金を2,000万円減額しております。


 次に、議案第123号 平成18年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ3,322万9,000円を追加し、予算総額を19億784万3,000円といたすものでございます。


 歳出の主なものは、1款の総務費、443万8,000円を減額し、退職医療費の増加に伴い、2款の保険給付費を4,584万円。また、8款の諸支出金では、保険税の還付金として20万円を増額いたしております。


 歳入につきましては、1款の国民健康保険税142万7,000円、5款の療養給付費交付金3,624万円を増額いたし、8款の繰入金443万8,000円の減額を計上いたしております。


 次に、議案第124号 平成18年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第2号)でございます。


 このたびの補正は、総額3億1,570万5,000円につきましてはそのままで、歳出につきまして変更しようとするものでございます。


 内訳でありますが、総務費では、人事異動に伴います人件費の減、水道施設修繕費などの増でございます。差し引き241万5,000円の減額であります。


 また、予備費では、総務費減額分の241万5,000円をそのまま充てております。


 次に、議案第125号であります。


 平成18年度八頭町老人保健特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ27万7,000円を減額し、予算総額を22億3,590万円といたすものであります。


 歳出では、本年度残り5カ月分の療養費の増額を見込み、2款の医療諸費を37万円増額し、5款の予備費を64万7,000円減額いたしております。


 歳入につきましては、公費の負担割合に準じまして、支払基金交付金18万5,000円、2款、国庫支出金12万3,000円、3款、県支出金、4款の繰入金をそれぞれ3万1,000円増額し、5款の繰越金では、繰越額の確定に伴い、64万7,000円の減額を計上いたしております。


 次に、議案第126号 平成18年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回補正をいたします金額は、歳入歳出それぞれ42万7,000円を減額し、総額を8億1,106万3,000円といたすものであります。


 歳出の補正内容につきましては、総務費では、人事異動に伴う人件費の減、消費税中間払いの増額、河原インター線改良工事に伴う移転補償費などの増で、差し引き9万3,000円の増額であります。また、予備費では、52万円の減額をいたしております。


 歳入では、一般会計繰入金138万円の減額。また、諸収入では、河原インター線改良に伴う下水道管移転補償費として、95万3,000円を充てることといたしております。


 次に、議案第127号であります。


 平成18年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第2号)であります。


 今回補正いたします額は、歳入歳出それぞれ5万円を追加し、予算総額を15億2,264万9,000円といたすものであります。


 平成18年度につきましては、法改正等々ございまして、居宅サービス、居宅介護サービス、また、施設介護サービス等々見込んでおりましたけれども、今現在の状況によりまして、歳出では居宅介護サービス給付費5,200万円、地域密着型介護サービス給付費1,100万円をそれぞれ増額し、施設介護サービス給付費として6,486万円を減額。居宅介護住宅改修費100万円、居宅介護サービス計画給付費1,350万円、居宅支援住宅改修費36万円をそれぞれ増額し、また、居宅支援サービス給付費1,600万円を減額いたしております。また、高額サービスに係ります高額医療に係ります高額介護サービス費300万円、職員人件費5万円をそれぞれ増額いたしております。


 最終的には、歳出合計5万円を補正いたすものであります。


 歳入につきましては、国と県との負担割合の変更により、介護給付費国庫負担金324万3,000円を増額いたしまして、介護給付費県負担金を324万3,000円減額いたすこととしております。また、職員給与費等繰入金として5万円の増額となり、歳入合計5万円を補正いたすものでございます。


 以上、提案理由を申し上げさせていただきました。


 事情をご賢察いただきまして、ご可決賜りますようお願いし、提案理由とさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎散  会





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 本日の会議はこの程度にとどめ、散会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて散会することに決定いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


 なお、次の本会議は12月13日午前9時30分から再開いたします。


 どうもご苦労さまでございました。





      (平成18年12月12日午前10時10分散会)





会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員