議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成18年第2回定例会(第2日目 3月13日)




平成18年第2回定例会(第2日目 3月13日)





        平成18年第2回八頭町議会定例会 会議録 (第2号)





 
招集年月日  平成18年3月13日


招集の場所  八頭町議会  議場


開   会  平成18年3月13日午前10時00分宣告


       (第2日)





応招議員


   1番 秋山宏樹   2番 池本 強   3番 中田 明


   4番 岡嶋正広   5番 小倉一博   7番 鎌谷 收


   8番 川西 聡   9番 河村久雄  10番 桑村和夫


  11番 小林久幸  12番 下田敏夫  13番 竹内康紀


  14番 谷本正敏  15番 西尾節子  16番 林 展正


  17番 前土居一泰 18番 森山大四郎 19番 矢部博祥


  20番 山本弘敏  21番 松田秋夫





不応招議員


  (な  し)


出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町   長   平木 誠  助   役  中家俊夫  収 入 役   桑村和義


 教 育 長   西山淳夫  総務課長   井山愛治  船岡支所長   山根貴和


 八東支所長   薮田邦彦  税務課長   岸本博伸  企画人権課長  白岩和典


 福祉課長    吉田英人  保健課長   細田初博  産業課長    勝原宣則


 建設課長    野崎正実  上下水道課長 岡本秀雄  地籍調査課長  小林 孝


 教育委員会事務局次長    農業委員会事務局長


         古岡英明         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  書記     中村文子





町長提出議案の題目


 八頭町表彰条例の一部改正について


 八頭町行政区長設置条例の一部改正について


 八頭町長期継続契約を締結することができる契約に関する条例の制定について


 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について


 八頭町辺地に係る総合整備計画について


 八頭町固定資産税の納期の特例に関する条例の制定について


 地方拠点都市地域の拠点地区における固定資産税の不均一課税に関する条例の廃止につ


 いて


 八頭町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について


 八頭町放課後児童クラブ施設条例の制定について


 八頭町障害者等医療費助成条例の一部改正について


 八頭町介護保険条例の一部改正について


 八頭町地域福祉センター条例の一部改正について


 八頭町フルーツ総合センター条例の一部改正について


 八頭町ふる里の森条例の一部改正について


 八頭町姫路公園条例の一部改正について


 八頭町竹林公園条例の一部改正について


 八頭町体験農園等施設条例の一部改正について


 八頭町営住宅条例の一部改正について


 八頭町公民館条例の一部改正について


 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正につい


 て


 八頭町文化財保護条例の一部改正について


 平成18年度八頭町一般会計予算


 平成18年度八頭町国民健康保険特別会計予算


 平成18年度八頭町簡易水道特別会計予算


 平成18年度八頭町住宅資金特別会計予算


 平成18年度八頭町老人保健特別会計予算


 平成18年度八頭町公共下水道特別会計予算


 平成18年度八頭町農業集落排水特別会計予算


 平成18年度八頭町介護保険特別会計予算


 平成18年度八頭町宅地造成特別会計予算


 平成18年度八頭町墓地事業特別会計予算


 平成18年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計予算


 平成18年度八頭町上私都財産区特別会計予算


 平成18年度市場、覚王寺財産区特別会計予算


 平成18年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算


 平成18年度八頭町篠波財産区特別会計予算


 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第7号)


 平成17年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)


 平成17年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第4号)


 平成17年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第3号)


 平成17年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第4号)


 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号)


 平成17年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町墓地事業特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町篠波財産区特別会計補正予算(第1号)


 八頭町職員の育児休業等に関する条例の一部改正について





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


   3番  中田 明議員   4番  岡嶋正広議員





             議 事 日 程 (第 2 号)


                    平成18年3月13日(月)午前10時開議


日程 第 1 諸般の報告


 〃 第 2 議会運営委員会委員の選任について


 〃 第 3 八頭環境施設組合議会議員の選挙


 〃 第 4 議案第 3号 八頭町表彰条例の一部改正について


 〃 第 5 議案第 4号 八頭町行政区長設置条例の一部改正について


 〃 第 6 議案第 5号 八頭町長期継続契約を締結することができる契約に関する


              条例の制定について


 〃 第 7 議案第 6号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について


 〃 第 8 議案第 7号 八頭町辺地に係る総合整備計画について


 〃 第 9 議案第 8号 八頭町固定資産税の納期の特例に関する条例の制定につい


              て


 〃 第10 議案第 9号 地方拠点都市地域の拠点地区における固定資産税の不均一


              課税に関する条例の廃止について


 〃 第11 議案第10号 八頭町廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正につ


              いて


 〃 第12 議案第11号 八頭町放課後児童クラブ施設条例の制定について


 〃 第13 議案第12号 八頭町障害者等医療費助成条例の一部改正について


 〃 第14 議案第13号 八頭町介護保険条例の一部改正について


 〃 第15 議案第14号 八頭町地域福祉センター条例の一部改正について


 〃 第16 議案第15号 八頭町フルーツ総合センター条例の一部改正について


 〃 第17 議案第16号 八頭町ふる里の森条例の一部改正について


 〃 第18 議案第17号 八頭町姫路公園条例の一部改正について


 〃 第19 議案第18号 八頭町竹林公園条例の一部改正について


 〃 第20 議案第19号 八頭町体験農園等施設条例の一部改正について


 〃 第21 議案第20号 八頭町営住宅条例の一部改正について


 〃 第22 議案第21号 八頭町公民館条例の一部改正について


 〃 第23 議案第22号 八頭町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に


              関する条例の一部改正について


 〃 第24 議案第23号 八頭町文化財保護条例の一部改正について


 〃 第25 議案第24号 平成18年度八頭町一般会計予算


 〃 第26 議案第25号 平成18年度八頭町国民健康保険特別会計予算


 〃 第27 議案第26号 平成18年度八頭町簡易水道特別会計予算


 〃 第28 議案第27号 平成18年度八頭町住宅資金特別会計予算


 〃 第29 議案第28号 平成18年度八頭町老人保健特別会計予算


 〃 第30 議案第29号 平成18年度八頭町公共下水道特別会計予算


 〃 第31 議案第30号 平成18年度八頭町農業集落排水特別会計予算


 〃 第32 議案第31号 平成18年度八頭町介護保険特別会計予算


 〃 第33 議案第32号 平成18年度八頭町宅地造成特別会計予算


 〃 第34 議案第33号 平成18年度八頭町墓地事業特別会計予算


 〃 第35 議案第34号 平成18年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会


              計予算


 〃 第36 議案第35号 平成18年度八頭町上私都財産区特別会計予算


 〃 第37 議案第36号 平成18年度八頭町市場、覚王寺財産区特別会計予算


 〃 第38 議案第37号 平成18年度八頭町上津黒、下津黒財産区特別会計予算


 〃 第39 議案第38号 平成18年度八頭町篠波財産区特別会計予算


 〃 第40 議案第39号 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第7号)


 〃 第41 議案第40号 平成17年度八頭町国民健康保険特別会計補正予算(第3


              号)


 〃 第42 議案第41号 平成17年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第4号)


 〃 第43 議案第42号 平成17年度八頭町住宅資金特別会計補正予算(第1号)


 〃 第44 議案第43号 平成17年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第3号


              )


 〃 第45 議案第44号 平成17年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第4


              号)


 〃 第46 議案第45号 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第4号)


 〃 第47 議案第46号 平成17年度八頭町宅地造成特別会計補正予算(第1号)


 〃 第48 議案第47号 平成17年度八頭町墓地事業特別会計補正予算(第1号)


 〃 第49 議案第48号 平成17年度八頭町篠波財産区特別会計補正予算(第1号


              )


 〃 第50 議案第49号 八頭町職員の育児休業等に関する条例の一部改正について


              …以上、質疑・委員会付託…


                   …散会…





議事の経過


開議宣告                   (午前10時00分)





○議 長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は20名でございます。定足数に達しておりますので、これから3月9日に引き続き本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎諸般の報告





○議 長(松田秋夫君) 日程第1 諸般の報告を行います。


 事務局長をしていたさせます。事務局長。


○事務局長(山本政明君) ご報告いたします。


 去る3月9日に、梶稔議員が逝去され、3月11日に葬儀が営まれましたので、ご報告いたします。謹んでご冥福をお祈りしたいと思います。


 次に、教育福祉常任委員会委員長梶稔議員の逝去により、教育福祉常任委員会委員長が欠けたことに伴い、翌日の10日に開催された教育福祉常任委員会において、互選により、教育福祉常任委員会委員長に山本弘敏議員、副委員長に林展正議員が選任されましたので、ご報告いたします。


 以上でございます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で諸般の報告を終わります。





◎議会運営委員の欠員補充





○議 長(松田秋夫君) 日程第2 議会運営委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りいたします。


 去る9日に議会運営委員会委員が1名、欠員が生じたことに伴い、欠員補充を行いたいと思います。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、20番山本弘敏議員を指名いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、議会運営委員会委員に20番山本弘敏議員を選任することに決しました。





◎八頭環境施設組合議会議員の欠員補充





○議 長(松田秋夫君) 日程第3 八頭環境施設組合議会議員の選挙を行います。


 去る3月9日に八頭環境施設組合議会議員が欠員となりました。同組合議会議員については、八頭環境施設組合規約第5条第3項の規定により、補充をしなければならないことになっております。


 なお、議員の欠員は1人です。


 お諮りいたします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって、指名推選いたしたいと思います。


 ご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推薦で行うことに決定しました。


 お諮りいたします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定いたしました。


 八頭環境施設組合議会議員に、16番林展正議員を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました16番林展正議員を八頭環境施設組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 ただいま議長が指名しました16番林展正議員が八頭環境施設組合議会議員に当選されました。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 去る3月9日の会議において一括議題といたしました、議案第3号から議案第49号までの47議案について質疑を行います。


 なお、審議の都合上、議案を区分して質疑を行います。


 始めに、議案第3号、質疑に入ります。


 質疑、ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第4号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第5号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第6号について質疑ございませんか。


 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) 議案第6号 給与条例の改正について二、三お聞きしたいと思いますが、今回の人勧による4.8%、それから別途5%のカットということでございますが、年間総額にして幾らになるか。そして、職員1人当たり幾らになるかという額についてお聞きしたいと思います。それで、いわゆる4.8の人勧に基づく削減の場合でありますが、今後年間どの程度金額が、そのことによって下がってくるのか、具体的な数字がお聞きできればと思います。


 それと、2点目でございますが、町長は6月議会で給与問題に関連して、旧3町の制度について協議中だと、カットは次の段階だという発言をされておるわけでありますが、この件はどうなったのか。それで格差是正、いわゆる旧町間の格差是正についてどういう状況にあるのかという点。それと、同じく管理職について、管理職手当を20%、本俸3%のカットをお願いしているということでございましたが、それはどうなったのかお聞きしたいと思います。


 もう1点、3点目でございますが、今回の労使合意について、新聞によりますと、町が人事評価制度を取り入れ、公正な昇給の仕組みをつくる。こういうことによって合意に至ったというようなことが書いてあったわけでありますが、いわゆる人事評価制度における公正な昇給の仕組みとはどういうものか、ちょっと内容をお聞きしたいと思います。


 以上3点。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 給与の減額の総額でございますが、先般の提案理由の中でも申し上げましたけれども、影響額は1億2,480万円であります。これは今、1人当たりに計算させてもらいたいと思います。


 それと、今後の方向性でございますけれども、今現在、組合と話をしておりますのは、18年度1年間5%であります。そういう中で、19年度につきましても、これに準じていくような話を組合としていきたいというふうに思っております。


 それと、旧3町の給与の格差がございまして、これの是正でございますけれども、上がる人もありますし、下がる人もおられます。そういう中で、組合とも話はしておりますけれども、これから定期昇給月は1月1日ということにまいってまいります。格差是正をいたすならば、全体の中での均一を図るべきだというふうに思っておりまして、今、話を進めております。


 それと、管理職手当、3%という話がございました。その中での管理職手当の2割削減。今現在、1月から3月まで管理職手当20%減額しております。3%というのは組合との話の3%でありまして、管理職にもこれが連動します。管理職も4月からは5%、管理職手当のカットは元に返します。ということでありますし、人事評価制度というのは、これは八頭町だけで取り組んでいるというわけではありません。全国規模でありますし、これは労使双方が、お互いが納得できる評価制度でなくてはなりません。そういう中で、透明度の高い、お互いが納得できる制度としてやっていきたいというふうに思っております。そういう中で、評価の基準がございまして、一般論で言いますと、7割5分ぐらいは普通の人であろうと。また、そういう中で、悪い人っていうわけではないんですけれども、採点をする中でのパーセンテージというのはあります。また、よくやってくれる者のパーセンテージもあります。けれども、これはそのパーセンテージにこだわって評価するということではなしに、実態に即した評価になるということであります。申し上げますと、職員の中で何人は100点、何人は50点、何人は20点と範囲を区分けする評価ではありません。


 初めにありました1人当たりですが、44万3,000円。これは退職手当も含んだ金額であります。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) 最初の額の問題でありますが、1億2,480万円というのは聞いておるわけでありますが、この4.8と5%というものは、ざっと半分でありますが、それぞれ半分ずつという理解でいいのか、若干パーセンテージは違うわけでありますが。


 それと、もう1点、私が聞きましたのは、このいわゆる人勧の4.8でありますが、これがいま少し理解ができんわけでありますが、このものが18年にこの削減が幾ら、19年が幾らというふうな影響額というものが、いわゆる現給保障との関係でどうなるのか。年度別にどの程度、いわゆるこれが削減されなかった場合と比較して金額が少なくて済む、その辺の推移というものがわからないかということを聞いたわけでございます。5%は今お聞きしましたので18年、19年度を別としましてですね、ということで理解できるわけでありますが、4.8について、その辺の年度別、具体的に給与総額、人件費が変わってくるのかということをお聞きしたところでございます。それを再度お聞きしたいと思います。


 それと、ちょっと聞き漏らしたわけですが、管理職手当の2割は1月から3月、それで4月からは戻る、カットしないということでしたでしょうか、答弁、ちょっと確認ですけど。


 それと、3点目の、いわゆる人事評価制度の問題については、ちょっとよくわからんわけでありますが、いわゆる全国的規模でそういった評価制度が設定されるということになると。いわゆる八頭町だけでの労使関係で成り立ちといいますか、その辺の内容が詰められるものではない。いわゆる人勧ですが、どこがそのものを策定するのかわかりませんが、という理解でよろしいでしょうか。お聞きします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 今回、人事院勧告がありましたのは、平均で4.8%、給与表が移行した場合、あるということでございまして、現給保障の話がございます。三十五、六歳までの方は給与が上がります。そういう中での比較でありますけれども、本来でしたら現給保障があるということで、この5%というのは出てこないわけであります。その差というのがよくわからないんですけれども、基本的には差はないというふうに思っております。


 また、管理職手当の関係なんですけれども、今現在は1月から3月まで管理職手当を20%減額しております。4月からは5%ということで、これも管理職手当に反映するわけです。5%になったときに管理職手当の2割は元に返します。


 それから、人事評価制度の関係でございますけれども、あくまで基準もありますし、その点数をつけるのは人でございまして、このあたり本当に客観的に公平な評価ができるというのが一番の肝心なところでございまして、このあたりの透明度を増していきたいというふうに思っております。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) ちょっと私の質問が理解されてもらえないわけですが、金額といいますのは、差がないというような答弁でありますが、要するに1億2,480万円というのは4.8で生まれる額なのが、5%で生まれる額なのか。率からいくと半々みたいな感じがするわけでありますが、といいますと、ざっと半分としますと、6,200万円というものが4.8の方からでも財源として生まれてくる。ということになれば、そのものがすぱっと18年度で削減になるのか、あるいは現給保障等の関係で、18年幾ら、19年幾らというような形で、いわゆる差が出てくるのかということを聞いておるわけでありまして、その辺はちょっとご理解いただいて、ご答弁いただければと思います。


 それと、人事評価制度でお聞きしたのは、いわゆる八頭町だけでなしに全国規模でという答弁があったんで、全国規模であるならば、八頭町の中で労使が話し合う内容というのはないではないかということを聞いておるわけです。透明度云々についても、一つの基準というものが設定されれば、それ以上も以下もないということになるわけですが、いわゆる八頭町の労使の中で、人事評価制度について議論する余地があるのかないのかということをちょっと確認したいと思います。もう一度。


○議 長(松本秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 5%を削減いたしませんでしたら、1億2,480万円という金は今回の人件費として浮上してくるわけです。4.8%というのは移行して給料表の話でありまして、現給保障ございます。現給保障があるということは、それをきちっと守らなければならないというのがありまして、この5%とは別なんですね。新しい給与表にいく、それはいいんですが、現給保障ということがございまして、そのまま現給保障をするならば、先ほど申し上げました1億2,400万円近いものは人件費としてあがってくるということでございます。


 それから、人事評価制度、全国的にそういう流れがあるわけですが、ありましたように、評価するのは人でございます。このあたりをどういう方法で評価していくのか、これが一番のポイントだろうというふうに思っております。このあたりを透明度を増していきたいというところでございます。


 以上であります。


○議 長(松本秋夫君) 17番前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 職務分類表の解釈について、まずは1点お尋ねしたいと思います。


 一つは、2級のところに主任の職務等というふうに書いてあるわけですけど、1級のところにあります保育士とか保健師とか技師とか栄養士の方、この方等も、いわゆる2級になるということになってるかどうかというのが質問の1点です。


 2点目が、総括課長さんは6級ということになるわけですが、この方が他の課長へ転じられた場合、例えば5級等になるのかどうか。同じことが係長とか課長補佐とか課長の方が、それぞれの職務でなくなった場合には、2級等になるというふうな解釈になるかというのが、職務分類表についての2点目の質問です。


 次に、昇給・昇格基準規則の関係ですが、級別の資格基準をおつくりになるかどうかというのが、この問題の1点目の質問です。


 それから、2点目が特別昇給の関係です。特別昇給は、私はあっていいと思いますけど、町長として、どの程度の割合を一応想定をしていらっしゃるかということをお尋ねをしたいと思うんです。と申しますのは、18年の給与の中では、30.9%の特別昇給が一応予定されているようですが、私は17年度に特別昇給がなかったので、30.9%にもなったのかなというふうに思ったんですけど、17年度にも5.4%の方の特別昇給があっとります。今まで国としては15%を目安にということで、15%までぐらいはいいだろうということになっておったわけですが、今回、人事院等では、それぞれの地方自治だから首長さんにお任せするということで特別昇給の枠もなったと思いますので、町長としては、この枠をどの程度ぐらい一応想定をして運用されるお考えかということをお尋ねしたいと思います。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 初めにありました職務表の件でございますけれども、今回、給料表が6級制になります。そういう中で、2級の職務の主任の職務等ということで、はっきりしない部分があるんじゃないかということでございますが、あくまで主任ということでございます。これはあらゆる職種に適用されます。


 それと、今現在、管理職、課長は5級であります。6級に総括課長、支所長、次長の職務等がありますが、今現在は運用はいたしておりません。だから、課長というのは5級で、これはあくまで極端な話ですが、課長が係長に降格されるという場合は3級に返ります。


 それと、特別昇給の件でございますが、従前は、ご案内のように15%の範囲での特別昇給が認められて、人事院規則の中でございました。その中で、今回の制度の中では、特別昇給制度というのはありません。あくまで評価でございまして、ありましたように、1級が4段階になりました。で、1つ上がるごとに8段階になりますし、逆に言ったら5段階上がる人も出てきます。6段階になります。どこをとらえて特別昇給ということになろうかと思いますけれども、ありましたように、国の方では標準的には、75%は普通の人である。本当に極端にいけない人は何%かという基準もありません。そういう中での判断で進みたいというふうには考えておりますけれども、なかなか評価というのは人がするわけでございまして、難しい面ございますけれども、今現在、何%ということは考えておりません。


 それから、級別資格基準表つくるかということでございますけれども、これは作成したいと思っております。


○議 長(松田秋夫君) 17番前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 特別昇給の関係で、町長が75%云々言われるから、差し引きすれば25%がその特別昇給の可能性があるじゃないかと。そうすれば今までの15%より多いのでという意味で、特にこだわるような感じでの発言をしておるんです。といいますのは、ご存じのように、勤務評定規定によると、例えば責任感とか企画力とか判断力とか、そういうのが5から1点まであって、それを各課長さんが集計されてるとかいうんですから、非常に客観的といいながら、実質は客観的には難しいと思うんです。そうすれば、下げるという人は下げるじゃなしに、昇給をストップするという人は恐らく特別出ないだろうと。そうすれば上げる人ということになりはせんだろうかと、そういう意味で、今言いましたように、特別昇給はいいんだけど、今までの15%を超えるような運用になりはしないかという、私の勝手な危惧かもわからんですけど、それでここをこだわって質問しておるんで、その辺をちょっと町長としてのご見解をもう一度お願いします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 今現在、制度の中での15%を目安にしたいと思っております。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第7号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第8号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第9号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第10号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第11号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第12号について質疑ございませんか。


 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) 付託になりましたら所管の委員会の議案になろうかと思うんですが、あえて私は町長に質疑できるのはこの機会しかありませんので、お伺いしたいと思います。


 具体的に数字も伺いましたけども、この改正でカットされる額というのは微々たるものです。10分の5も助成をしているのをやめてしまうということで。どうなんですかね、こういう些少な額までカットしてしまうという、その今の町長の、今現在のお気持ちをちょっとお聞かせいただきたい。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 身体障害者の方の医療費助成1級、2級につきましては、県がやっております。県とされても廃止されるという方向があったようですが、今現在ではお話は聞いておりません。そういう中で、八頭町として3級、4級、5級、それぞれ10分の10とか助成をさせていただいております。そういう中で、八頭町の身体障害者の会長さんほか、連合会もできましたけれども、お話をさせていただきまして、全体的にこの制度のあり方を考えていただいております。そういう中で、3級、4級の方につきましては、会としましても大変大きな額になるし、八頭町において今現在の段階で、なかなかそれは継続してほしいと。ただし、5級の所得税がかかられる方につきましては、会としても皆さんと一緒になって考えた結果、財政的な問題もあるんだろうから、協力をさせていただきたいというお話で、きょうに至っております。


○議 長(松田秋夫君) 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) そこの点ですけどね、私がお伺いしたいのは。じゃあこれは対象者の方の総意に基づくものだということを断言されるわけですね。断言という言葉は、ちょっと過激な言葉で申しわけないですが、要するにその会長の方が対象者の方を集められて、町の財政状態が三、四級でもなかなか助成がいっぱいだから、だから5級の人ちょっと我慢してつかんせいやと、そういうようなことで話をした結果、こういう措置をとられるという理解をしてよろしいですか、どうですか。ちょっと言い足りなかったな。会長が、そういう方々の気持ちを聞かれて、そして、そういった人たちの気持ちを代表されて、こういう措置で結構でございますということを町長に言われたというぐあいに理解してよろしいんですか。ちょっと言い方間違えました。お願いします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 3人のそれぞれの会長さん、連合会長は郡家地域の方ですが、いらっしゃいまして、どういうお話を内部でされたかは知りませんけれども、協会として今の話を皆さんに理解していただくという話だろうと思います。


○議 長(松田秋夫君) 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) あえて申し上げますけども、そのあたりのところは非常に不明確なお答えですよ。それは確かにだれかが我慢しなきゃならないし、財政が大変だったら、それは補助金のカットもやむを得ないということも確かにあり得るとは思います。しかし、そこのところはね、もっときめ細かく話し合いをして、あくまでもその対象者の方のやっぱり納得と了解を得ると。こういったことがやっぱり大事なんじゃないだろうかなというふうに思うんですけども、どうも今聞いたお話では、その3地域の会長さん方がそういう話を持ってこられて、それ以上の対象者の方々の気持ちは聞いてないということだったので、私自身としては全協でも申し上げましたけども、障害者自立支援法の10月1日からの施行なんかも考えた場合ですね、こういったことをやるということは、私はあえて過激な言葉を使うようですが、障害者の方、弱者ですよ。やっぱり弱者いじめにつながると私は言わざるを得ないですが、町長いかがですか、最後。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) この話につきましては、私が町長に就任させていただいてから早い時期に相談をかけさせていただいております。そういう中で結果が年末にありまして、町の方に見えられたということでございます。本人の方の所得税がかかる方ということでございまして、一般的に非課税の収入まで所得税がかかる計算に換算しての意味ではありません。本当に働かれて、非課税部分でないところの所得が課税されるという方のみでありまして、このあたりも協会として話をされて、私のところにお見えになったというふうに思っております。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第13号について質疑ございませんか。


 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) ちょっとほかの方が質問ないようですのでお聞きしたいと思いますが。


 介護保険制度が始まってから5年たつわけでありますが、今回は制度の内容の変更とあわせて保険料の改定の年だということですが、値上げということになります。保険料は年々といいますか、改定のたびに上がってきてる。利用がふえればどうしても保険料上げざるを得ないという制度の問題があろうかと思いますが、今後、これから先ですね、高齢化社会はますます進んでくるというふうに言われておるわけでありますが、そういった中で、やはり保険料はまだ上がっていくということになるでしょうか、その辺町長、どういう見通しを持っておられますか。見解を求めたいと思いますけども。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 今回、保険料の金額が3年に一度の見直しがまた、18年度から始まりまして、提案させていただいてるわけであります。これは17年度の給付実績、見込みも含めまして、各地域ごとに算出された結果でございます。老人保健の特別会計がございますが、当時、介護保険が始まりましたときに、介護保険に移行される部分ができたら老人保健の特別会計は減ってくるだろうというふうな話でございましたけれども、そちらは多分1年目は下がって、また元に返ったというふうに思っております。そういう中で、介護保険の予算も当時から見ますと5割をアップだと思っております。そういう中で、ほんとに皆さんが介護予防をされて、していただいて、また町もそういう方面にお手伝いをさせていただく中で、ほんとは減ってほしいんですけれども、私はまだふえるというふうに思っております。施設の充実もありますし、高齢者の皆さん方だけの家庭が多いわけであります。そういう中での今現在の状況から考えますと、まだ保険料は上がるだろうというふうに考えております。


○議 長(松田秋夫君) 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) 私も十分その辺を勉強しておるというわけではないわけでありますが、やはり全国的には単町で、制度の中の範囲内であろうと思いますが、助成をやっているところが少なくないのではないかと。いや、少なくないといいますか、あるではなかろうかと考えるわけでありますが、そういった点、いわゆるそういった点というのは、要するに制度の中で、範囲以内でありますが、単町で、そういった介護保険料の助成といいますか、減額といいますか、そういったことをされる考えはございませんか。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) これにつきましては、国民健康保険も同じでございまして、介護保険も今の制度の中でやっていくという方向性は私は持っております。今後、どういう格好で、この保険料が推移していくか。また、個人の皆さんが負担されるわけでございますから、ほんとに負担超過になりまして、皆さん方の家計を圧迫するということになってはいけないと思います。また、今回の改正の中でも、利用料の段階別が変わってまいりましたし、納付の段階でも段階がふえまして、低所得者の方には少ないような金額になっております。私は、個人的にはもう少しきめ細かい段階の方がいいんじゃないかなとは思っておりますけれども、国の制度でありまして、これをやっていくということになりますけれども、今現在、町単独でということは考えてはおりません。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第14号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第15号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第16号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第17号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第18号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。


◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第19号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第20号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第21号について質疑ございませんか。


 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) ちょっとお尋ねします。これの件につきましては、一部一般質問の中でも検討は項目の中にしておりますけれども、ここでちょっとお尋ねしておきたいのは、基幹公民館と、いわゆる地区公民館の関係でございますけども、実は八東地域において先般、区長等を集めてご説明あったように聞いております。いろんな出席者の方からの、突然でございましたんで、どうもしっくりわからんなと。実際は、現在この基幹という言葉を使われたのは初めてかもしれませんが、郡家地域とか船岡地域には、それに似たような形態は事実上はとられておったということは私も承知しておりますけれども、どうもこの、要するに条例の文言だけでは当然理解できませんし、出席者もこの辺の位置づけをどう考えていくんかということで戸惑いが出ておるというぐあいに思っております。ましてやそれぞれの集落の公民館、条例もあるわけでございますが、集落公民館と言われるものを含めた部落公民館ですね、いわゆる各部落にあります。そういったものは、また別格ではありますが、要は屋上屋を重ねることになりはしないかというようなことが、まず1点ございますので、その辺の考え方をもう少し整理をしてお示しいただきたいという点、とりあえずそこでお願いします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 教育長。


○議 長(松田秋夫君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) いわゆる地区公民館を八東地域に設置をしたいということで条例を提案させていただいております。旧町単位でそれぞれ地区公民館があったとことなかったとこということで、船岡地域、郡家地域には地区公民館があった、八東地域には地区公民館がなかったということで、合併をいたしましてそれぞれの地域が均衡ある発展といいますか、均衡ある社会教育の状況というようなものをつくりたいという思いから、八東地域にも地区公民館をということでこのたび提案させていただいております。基幹公民館の性格といいますのは、いわゆる旧町単位、八東地域、船岡地域、郡家地域、それぞれ地域の社会教育活動をやっていくという思いと、それから地区公民館、地区公民館といいますのは、いわゆる小学校区単位で地区公民館がありますが、船岡には一部小学校のないところも地区公民館1館ありますけども、いわゆる地区公民館は、その地区の社会教育活動をやっていくということで、基幹公民館はその地区公民館を後押ししていくということでございます。それから、八東地域には地区公民館がなかったということで、20年来、部落公民館長というものを置いていただきたいということで、現在も置いていただいております。この部落公民館長につきましては、今までと何も変わるわけではございませんで、それぞれの集落の社会教育活動を一生懸命これやっていただいたら結構だというふうに思っております。地区公民館をつくったから部落公民館の制度が要らないとか、そういった問題では全くないというふうに考えておりますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 文化ということについては、私も非常に公民館活動というのは大事なことだと認識しておりますけれども、その中で、やはりこの地区公民館というのが、本当にこれだけいろんな形で行財政改革そのほかの中で言われている折、むしろ多少縮小の方向でいくというのも一つの方法じゃあないかという思いもいたしておるところです。私も極めて断定的に申し上げるだけの何はないんですけれども、そういったことは、もちろん底辺に広げていって、幅広い方が活動できる内容になっていくというのは、極めて大事なことだと思うんですが、一方、先ほど申し上げたような内容もあるわけでございます。そこでですね、具体的なちょっと例なんですけれども、公民館の役割はかなり幅広だと思うんです。社会教育そのほかもあるかと思いますが、例えば具体的に言うと、結構全部見せていただきました、私もいろいろお聞きしましてですね。活動の中身でございますが、例えば公民館サークル活動あたりですと、例えば八東ですと一点に集中して現在の今度新たになる、いわゆる基幹公民館ということで、現在のところはしておるわけでございますし、郡家の地域の場合は、いわゆる基幹である郡家と、それから西東それぞれやられておると。どういう分担でされておるのかはわからない、全く。これは過去の歴史がそのままなってるんだろうと思います。それから、船岡についても、当然そういうことで過去の歴史をそのまま引き継いできておるという実態だろうと思います。それをあながち今すぐ私は否定するものではないんですが、その辺の基本的な整理と、これからの一般的な、学校でもどうしようかと、幼稚園でもどうしようかというときに、この辺との関連性を含めてどのようにお考えなのか、再度お尋ねいたします。


○議 長(松田秋夫君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) 地区公民館をいわゆる縮小の方向でというようなこともありますけども、私はそうではなくてですね、これから、今現在そうなんですけども、先ほど来出ております高齢化社会というようなことも迎える中で、いわゆる小学校区ぐらいな範囲であれば寄れるけども、全町1本で、例えば全町といいますか基幹公民館でいいますと、旧町単位でというところまではなかなか出かけていきにくいという人は、かなりあろうかというふうに思います。そういった方をやはりサポートするという意味合いでは、地区公民館はぜひ必要なんじゃないかなというふうに思っておりますし、それから、グループ活動につきましても、今まで八東地域にはそういうことがなかったので、そういうグループもちろん育たないわけですけども、これからは地区公民館ができれば、地区の中でのグループというのも誕生してこようかなというふうには思っておりますので、縮小という形でなくて、より住民が参加しやすい公民館活動というものが図られていくんじゃないかというふうに期待をしております。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 教育長のおっしゃるのも、私も全く否定しているわけではございません。近いところに担っていくということは必要だと思いますけれども、今後の課題としまして、あとは先にいたします。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 5番小倉議員。


○5 番(小倉一博君) 公民館制度について、私も一言お尋ねをいたします。


 私自身は矢部議員と少し違っておりまして、地区公民館の地域との密着というのは非常に賛成しておりますが、運営に当たりまして主事選任を出しておられると思いますけども、主事の配置をですね、地区公民館の配置をどのように考えておられるかということと、今後の方向性をちょっとお伺いしておきたいことと、それから、社会教育法における公民館の設置基準では、基幹公民館という制度がどういう位置づけになるんかなというのがちょっと心配しておりますので、その辺のお考えがありましたらお聞かせください。


○議 長(松田秋夫君) 教育長、答弁。


○教育長(西山淳夫君) お答えします。


 始めに公民館主事のことですけども、公民館主事は、いわゆる旧町でいきますと、船岡と郡家にはきちんと地区公民館に主事は配置をされておりました。これから新設をしようとする八東地域の地区公民館にも主事を配置しようというふうに考えております。しかし、旧町のものと新しく設置するところとが全く同じ条件で主事さんの活動がしていただけるかと考えたときに、それはちょっと無理かなということもありますので、とりあえず勤務時間等については考慮をしていかなければならないというふうに思っております。それから、選任の方法につきましても、それぞれの旧町単位の選任方法があっただろうというふうに思っておりますが、八東地域におきましては、いわゆる区長、それから公民館長というものに集まっていただきまして、推薦をしていただきたいということをお願いしております。といいますのは、やっぱり地区の公民館長、あるいは主事でありますので、地元の人に受け入れをしていただける方でないと活動が難しいんじゃないかという思いから推薦をということでお願いをしております。それぞれの船岡地域、郡家地域にあっても、それと似たような選任方法はされておったんでありましょうけども、それを一気に八東地域と同じようにしていただきたいということは申しませんけども、将来的には、やはりそういった格好が望ましいのかなというふうに考えております。


 それから、社会教育法の中で基幹公民館の位置づけということでやりましたけども、社会教育法で基幹公民館を置いてはいけないとか、あるいは中央公民館でなければならないとか、部落公民館でなければならないというような決まりはないというふうに思っておりますので、八頭町でどう考えるかということだろうというふうに思っております。そういうふうにご理解をいただければと思います。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第22号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第23号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第24号について質疑ございませんか。


 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) 幾つかちょっとお伺いしてみたいと思います。


 議長の方からダブりはあんまりということだったんですけども、全協で。私は委託料をですね、総務管理費事務費のわずかな額です。例の配り物の件ですが、これはやっぱりこれから行政改革をやっていく上で、外部業者に委託をして、区長さんのところに配り物を持って行くという考え方は、やっぱりやめるべきだと。これはもう職員が横着をしないで、ちゃんと職員がそういう体制をとって配付物は持って行くと。旧来の郡家のやり方というのはおかしいんですよ、これは。ということを思いますが、その点についてどうかということですね、これが1点です。


 それから、これもちょっとダブりますが、もう一度聞きます。あえて計数的な質問はあんまりよくないということなんですが、あえてお聞きをしたいのは、納税奨励費ですね。これは42ページ、総務費、納税奨励費、1,791万4,000円。これはもし、去年も質問したことなんですが、郵送で納税してくださいと、通知を出した場合と、それから、この納税奨励費の額との差額ですね。これは去年と変わっていませんか。変わっているというふうに私は思うんですが。これは幾らくらいなのか、もしわかればご享受願いたい。


 次の質問です。これは民生費の方で同和対策事業費。例の巨額な1,774万2,000円という補助金、この中には例の部落解放同盟の補助金がございます。何回も言っておりますから、あきらめてますんで、私はこれ以上は言いませんけども、これはね、ほんとにやっぱり行政改革の流れに、私は現在の同和対策の事業の同和問題の現在の到達点から見て、明らかに逆行すると。私は、挙げれば切りがありませんが、ほかの補助金が、零細の補助金がぼんぼんカットされていく中で、先ほども言ったその障害者の問題もそうです。そういった中で、こういう莫大な補助金が一大衆団体に毎年毎年、それこそつぎ込まれるということについて疑念に思うところですが、この考え方についてお伺いします。


 それから、これはバイケミの問題です、農林水産業費。竹内同僚の議員が一般質問しますので、私は簡単にこれは質疑をしたいんですが、将来的な展望ですね、これをどのように考えていらっしゃるかという問題です。


 それから、最後にちょっと申し上げてみたいのは、これは町長のご感想で結構です。町長のご感想を聞くんですよ、身内のことですけども。議会費の中にヘンソン郡に訪韓するというので、議員の全員の旅費等々が組み込まれているわけですね。しかし、やっぱりいきなり新町になって新しいところと交流するので、21人が全員がんと一同行くというような、そういうその考え方について、これは大変結構なことだというふうに思われるのかどうなのか。私自身としては、まだ初年度2年目、それなりの議会の代表で十分ではないだろうかと。これもやっぱりいろんな財政支出という点で、これだけ皆さん方が切り詰められてる中で、いろんな補助金等々ですね。議会議員全員が韓国に行くということについて、意義を全然否定するものではありませんけども、町民感情から見てどうかなということを私は思いますが、これ町長のご感想で結構ですからおっしゃってください。


 以上です。ちょっと端折りました。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 初めにありました区長さんに対する文書配付の件でございますけれども、旧郡家ではシルバー人材センターの活用ということで、そういう部分でも仕事の提供はさせていただきました。職員が持って帰るということも、なるほどいい方法かもしれませんけれども、私はそういうことに職員の勤務時間は割けたくありません。それと、費用の問題もございますけれども、ほんとに受けていただけないのならどうしようもないんですけれども、町としては今の方針でいかせていただきたいと思います。


 それから、納税奨励金のことなんですが、郵送した場合との話であります。差額の方は計算はしていないというふうに思っておりますけれども、この納税奨励金の意味合いというのもよく考えていただきたいというふうに考えております。


 それから、同和問題の補助金でございますが、人権啓発、また、いろんな問題での同和問題の解決なくして人権問題の解決はないというふうに考えております。補助金の件ですが、これは旧町の時代からそれぞれ補助金の削減があっております。17年度も削減後の金額だというふうに考えております。


 それから、バイケミ農法のことなんですが、3年間の普及期間といいますか、済みまして、18年度は予算を大幅に減額をさせていただいております。それをつくられる方が最低限必要でありますので、それはそれで予算措置をさせていただきましたけれども、将来的にはユニットといいますか、やはり20ヘクタールぐらいの規模でないとどこかに、米問屋さんに売るにしても、ある程度量が確保されないとだめだというふうなお話も聞いておりますし、食味値の関係もあるわけです。これは水田に限らず果樹にも本当に糖度が高くなるということでございまして、このあたりも今後の課題だというふうに考えております。


 もう1点、議会費のヘンソン郡のことなんですけれども、町としまして交流のほんとの初年度だというふうに思っておりまして、議会の皆さん方が考えていた部分があると。それならば、それはそれでいいんですが、町としまして提案させていただくのは、代表でいいとかという問題ではないということで、予算は計上させていただいております。


○議 長(松田秋夫君) 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) 納税奨励金でしょ、それから解同補助金でしょ、の問題ですね。それから、後でちょっとまた言いたいと思うんですが、配付物の例の問題ですよ。これらはやっぱり行革の対象の中に入るでしょ、当然。その質問を言う前に、私、大事なことを忘れてたけど、町長がね、揚げ足とって申しわけないですけど、勤務時間割けたくないと、配付物ですよ。一般質問でもやろうと思うんですけどね、集配局の廃止というのが、今、打ち出されてます、郵便局の。あの中で、なぜそういったことをやめるように我々が頑張ってるかといったら、やっぱり町民とのふれ合いなんですよ、郵便局職員と。例のひまわりサービスなんてのがあるでしょ。全くあれと同じ考え方なんですよ。そこまでやれと言ってるんじゃないですよ。やっぱり配付物一つを持って行くにしたって、それはやっぱり区長のところに持って行ってね、役場の職員の方が。これお願いしますよと。それだけでは何だから、多少なりとも世間話をするということもありますよね。何でもないようだけど、そういうことが大事なんですよ。それを八東はやってきたんですよ。郡家はやってきてなかったんです、それをね。だから、感覚的にやっぱりいまいちすとんと落ちないものがあるのかもわからないけども、私はやっぱりそれはね、勤務時間に割きたくないということを言われたけども、でもこういう情勢ですから、あえて勤務時間の中にでも持って行ければ、それにこしたことはないけど、勤務時間の中で持って行けないんだったら、時間外でも帰りの途中に持って行くとかですね、私はやっぱりそういった体制はあってしかるべきだなということで、ちょっとこだわりを持ちます。だけど町長の考え方は変わらないでしょうから、だからこの3つ、配付物の問題、納税奨励金の問題、それからこの解同の補助金の問題ですね、これは将来的な行革の中の議論の対象に挙げてもいいんではないかというぐあいに私は思うんですけども、町長のご所見をお伺いしたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 行革の中で、いろんな観点から皆さんに検討をしていただいております。そういう中で、すべての問題が浮上してくるというふうに思っておりまして、このあたり今後、どういう推移でいくのかというのは、今現在では申し上げれませんけれども、対象にはすべてなると思います。予算書全体がすべてそうであります。


 それと、切手代との差額は前年とは相違ないということであります。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 8番川西議員。


○8 番(川西 聡君) さっき聞けばよかったと思うんですけれども、すみません。我々も議論すればいいようなもんですが、例の議会費の中のヘンソン訪韓の件ですね。提案者は町長だからね。それで、私が聞きたいのは、住民感情という問題ですよね。くどくどとは申しませんけども、いろんなことを切り詰めながら、いろんな財政支出の削減を行っていて、この身体障害者の5級の方までの補助金までカットをするというところまできてるわけですよ。そういったときにあって、議会議員が21人全員が行って、これはすごいお金ですよね。こういったことを考えたら、やっぱり町民の目線から見た場合に、何だとあれはと。当然そういうことの指摘が多分出てくるのではないだろうかということを私は思うわけですね。そういった点で町長はそのあたりのところの思いはお持ちにならないかどうなのか。仮にそういう思いを町民の方が持ったとしても、いたし方ないなということをお感じになられるのか。我々が議論する際の参考意見として、ちょっとお伺いしておきたい。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) ヘンソン郡との交流事業につきましては、議会費の部分のみならず、私も予算的には少し大きいかなとは思っておりますが、ありましたように、交流する初めての年であります。これが毎年続くというわけではありません。節目の年だという考え方の中で、予算計上をさせていただいております。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) ちょっと大きい時限の話になろうかと思いますが。


 まず事業の執行に当たっては、予算がつきものであるということは言うまでもありません。18年度の予算案では約90億円、一般会計を予定しておられるんですが、昨年度対比で7.3億円の減というようなことで、7.3%で7.3億円の減なんです。これは厳しい財政状況の中で、町長は、このたびの予算編成に当たって、緊縮でいこうという意図的な考え方なのか。もう予算が極端な話、予算が組めんけん、もうしょうがないのでこれしたというご理由なのか、そのほかなのか。この辺についてちょっとお聞かせいただきたい。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 予算規模につきましては、ありましたように、基本的には総合計画の中身にのっとって計上したいというふうに思っております。また、歳入ベースでは、合併の関係の補助金も減っております。単純に見ていただいたらそうなんですけれども、3月補正でも船岡の体育館を計上しております。そういう観点の中で、ただ単に当初予算比較でははかり知れないところがあるんですけれども、基本的には緊縮財政の中で予算計上いたしておりまして、初めから7億円減、7.3%ありきではありませんでした。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) 17年度は、このたび提案された補正予算を見てみますと、最終予算総額103億円ということで、これ対してみますと、要は13億円もの実績、17年と開きがあるという見方もできるわけでございます。当初予算を相当に無理をして押さえ込んでスタートされているという向きはないのかどうかを心配しているわけでございます。町長の施政方針の説明の中でもお聞きできなかったんですが、18年度の予算において重大なことで思いを表にあらわしてはいらっしゃらないことはないのかどうか、お尋ねしたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 先ほど補正予算の話がありましたけれども、基本的には18年度に船岡の体育館が3億円来るはずなんです。逆なんですね、考え方。


それと、何かの意図があって今の緊縮予算を組んでおられるかということでありますけれども、それはございません。


○議 長(松田秋夫君) 19番矢部議員。


○19番(矢部博祥君) それじゃあお尋ねしますが、やはり予算の総額に対する相当な額が一気に出てくるということはないというぐあいに確認を補正予算等で一般的にはないと。要するに、ことしの施政方針の中でも、さらっと書いてあるかに思われる項目、予算の項目にもないこと、今の町長のご答弁あわせますと、重大なるものは出てこないと、今後も。こんなように理解しますが、よろしゅうございますか。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 特に意図を持って今の予算を組んではおりませんと申し上げました。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) 予算の問題でありますので、若干質問したいと思いますが。


 1点は、税の滞納の問題と、それから、本予算の中で2つの事業について見解を求めたいと思いますし、予算全体に係る事項について何点かお聞きしたいと思います。


 初めに、税の滞納状況でありますが、滞納繰り越し分の計上額が、先般もご説明があったわけでありますが、1,500万の13%、200万というのが予算書に計上されております。昨年が242万3,000円で、額がちょっと少ない計上となっておるわけでありますが、問題は、いつの時点ということでもないわけでありますが、最近の数字として滞納繰り越し分の金額がどういう状況にあるのか。町民税個人分と固定資産税について、わかればちょっと前年に比べてどういう動向なのかということをお聞きしたいと思いますし、滞納されている町内の世帯数はどうなのか。減ってるのかふえてるのか、その点を税の滞納状況としてお聞きしたいと思います。


 それと、予算書に係る事業としてでは、1点は、今も議員の質問がありましたが、日韓交流事業についてであります。今回の予算で交流事業の関係が、子ども交流事業を除きまして約600万。先ほど町長は、やや多いのではないかという気持ちも発言されておりましたが、600万組まれているわけです。それで、私も国際交流事業そのものを否定したり、あるいは町長がおっしゃってるように、施政方針でもありましたが、草の根交流というものを否定するものではありませんが、現在のまちの財政状況の中で、これだけの事業の必要性、政策メリット、費用対効果といいますか、そういった点を検討されて、優先順位の高い事業として、ことし挙げられたのか。その辺をちょっと見解を求めたいと思います。


 それと、もう1点は、事業関係では、中学校の建設事業でございます。予定地の購入なり用地造成として、1億3,900万計上されておるわけでありますが、中学校の建設ということについては、中央中学の。いわゆる統合問題等も絡んでおるわけでありまして、町民の意向がまとまってるというふうに、私はちょっと判断できんのではないかというふうに考えるわけでありますが、着工されるという段にはならんのではないかということで、その辺どういうご見解か、お聞きしたいと思います。


 それと、予算全体の問題点として何点かお聞きしたいと思いますが。


 1点は、予算編成の経緯でございます。それぞれ各課から18年度予算まとめられて、それが財政担当ですか、総務課長ですか、さらに助役ですか、最終的には町長が査定されて決まるという流れだろうと思いますが、当初の最初の各課が積み上げた予算の総額ですね、それぞれ思惑の事業を含めた、それがどのくらいあって、それで最終的に現在提案されておる内容に決まるわけでありますが、各課が提案した中で切られた、削除された、カットされた事業、あるいは町長、あるいは各段階で新たに加わった事業、主なもので結構でございますので、ちょっとその辺の経緯の概要をお聞かせいただければと思います。


 それともう1点は、いわゆる三位一体の改革でございます。いわゆる15年からの芽だしから始まりまして3カ年、一応の区切りだというふうに言われておるわけでありますが、今、合併しておりますので詳しい内容はどうかと思いますが、それなりには当然つかんでらっしゃると思いますが、要するにこの三位一体の改革の中で、八頭町で、ざっとした概数でも結構ですが、補助金が幾ら下がったのか、減ったのか。税源移譲はどのくらいあったのか。そして、交付税が減ってきておるわけでありますが、それがざっとどのくらいの影響があったというふうに見ておられるのか。その金額の概数をお聞かせいただければと思いますし、今後の財政見通しについて、町長の見解を求めたいと思います。


 それと、4点目としては、いわゆるこのたびの三位一体改革の中で、18年から新しい地方債制度ができたということで、施設整備事業債、退職手当債、行政改革推進債。退職手当債や行政改革推進債というのは、まだ具体的には本町の場合、動いておらんのではなかろうかというふうに推測しますが、施設整備事業債というようなものが、今回の予算の中で組み入れられているのかどうか、ちょっとその辺をお聞きしたいと思います。


 それと、先ほど言いました退職手当債とか、そういう行革の推進債、そういったものが今後どういった形で本町の場合、役に立つというか利用されるというのか、その辺をお聞きしたいと思いますし、最後もう1点、いわゆる本年度の予算で、町民の負担がふえるもの、どういった点が町民の負担がふえるのか。先ほど介護保険料の問題が出ておりましたが、主なものをですね、あるいは町民の負担が減ったもの、主なものがあれば主なものについて、ちょっと内容をまとめてお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 滞納状況につきましては、税務課長に答えてもらいますけれども、一つあります日韓交流事業であります。これにつきましては、先ほど申し上げましたけれども、今後、毎年続くというわけではありません。一つの節目の年として計上させていただきましたし、八頭町の一つの施策として考えております。


 それから、中学校の建築事業でありますが、今現在、教育委員会の方では教育を考える会、また、議会の方でも特別委員会を立ち上げていただいて、いろんな角度で検討していただいているというふうに思っております。そういう中での結論がいただかない中での予算ということになりますけれども、方向性としては、やはり建てるべきであろうという話ではないかと思っております。一つには財源の問題がございます。


 それと、三位一体改革で、八頭町に影響出た金額ということでございますけれども、ペーパーで出してもいいんですが、1億9,000万円ばかり減額になっております。これは保育所運営費、介護保険事務の交付金、公営住宅家賃対策補助金、在宅福祉事業補助金、老人保護措置費、児童手当国庫負担金等々が主なものでございます。また、これに対しまして、所得譲与税が1億4,400万円ばかりということで、4,600万円ばかりの影響額が出ております。


 それと、先ほどありました施設整備事業債、これにつきましては、今回の予算には計上しておりませんし、退職手当債につきましても、これは鳥取県の町村です。市は別ですが、町村の場合は県で、鳥取県の退職手当組合をつくっておりまして、これについて毎年負担金を払っていくという方法でありますので、今現在ではそういうことに対しましての起債を借りようというふうには思っておりません。介護につきましてもそうであります。


 それと、予算の要求からの段階でございますけれども、一般財源ベースで予算要求16億円不足しておりました。一般財源ベースです。そういう中での18年度の予算ということでございますが、ちょっとそういう中で主なものは何が落ちたかということでございますけれども、基本的には新規の事業というのは見送らせていただいてるというふうに思っておりますし、3町からの引き継ぎ事項の中で、これはやはり優先的にやらなきゃならないというのは、この18年度予算に反映をさせていただいております。


○議 長(松田秋夫君) 税務課長、答弁。


○税務課長(岸本博伸君) それでは、税の滞納といいますか、本年度17年度の収納の状況について簡単にご報告させていただきます。


 先ほど池本議員の方からお話がありましたとおり、町民税、固定資産税とも前年に比較しますと、滞納の件数なり金額は増加の傾向にあるというのが現状でございます。状況といたしましては、郡家地域に至りましては、これまで各集落納税組合におきまして、現金でそれぞれ集めていただいて、その納税組合長さんが納めていただく。そういう意味で郡家地域においては100%に近い収納がありました。船岡については従来どおりの期別であります。それから、八東地域におきましては、集合徴収ということで、すべての税目を10回に分けての収納でありました。そういう意味で、一期的な納められる額が、結局は4回になるのか10回になるのかで納めやすいというかそういう状況で、八東では納税成績もよかった現状があります。これが合併しまして、それぞれ期別4期になりました。このような状況で、また納期内納付等がおくれてといいますか、それができずに収納の率が悪くなってきたと同時に、この景気の悪い状況と申しますか、このような状況の中で、どうしても納められない、滞納につながっているという方がふえております。督促の通知表にしましても、これまでよりは増加の傾向にあるかなという今現在の状況であります。この3月年度末、この徴税を確定申告が終わりましたら特別徴税といいますか、そういう体制を組みまして、少しでも多く収納ができますよう努めてまいりたいと思います。現状といたしましては、以上のようなことでございます。


○議 長(松田秋夫君) 2番池本議員。


○2 番(池本 強君) 滞納の問題は概況をお聞きしました。また後日ですね、詳しい内容については勉強させてもらいたいと思います。


 一つ、日韓交流事業についてであります。節目の年というふうなお話で、毎年こういった額ではないという話がありましたが、やはり私もですね、先ほど話ありましたが、職員に賃金カットを求め、あるいは町民の負担がふえる、税の納税状況についても、今お話があったとおりでありまして、やっぱりこういうときに、やはりこれだけの金額を、財政支出を伴う事業をですね、やはりこのとおりにやるということには問題があるのではないかというふうに考えるわけでありまして、再検討される考えはないかどうかお聞きしておきたいと思います。


 それから、中学校の問題でありますが、どちらにしても今の中央中学校を建てるという一つのレールの上に乗った土地取得であり造成でありということで、ただ財政の見通しがまだはっきりしないのでという言葉が町長の中にあるわけでありますが、どちらにしても建てるということを基本的にですね、これ考える会も、あるいは議会もというふうな何かニュアンスの話もありましたが、町長自身のお考えはそうだろうというふうにとるわけでありますが、私が言わんとするのは、その前提が、やはり町民合意が得られておるのか。特に統合ということがあるわけでありまして、そういったことは全く現状としてはないんだと、将来の課題だということに現状はなってきてないわけであります。それで、ちょうど1年前にもいろいろ論議があったわけでありますが、やはりストップして、凍結して、統合問題で議論した中で合併特例債でも使って建てたらというふうな争点にはならなかったかもわかりませんが、議論があっとるわけですね、1年前に。というふうな経緯を踏まえるならば、やはり私はその辺の町民の合意を得るということの作業といいますか、議論が前提としてなけらねば、先に進むということにならんのではなかろうかというふうに考えるわけでありまして、いま一度その点をお聞きしたいと思います。


 それと、何点か質問しましたので何でありますが、予算編成の全体的な問題といたしましては、一つは、ちょっと答弁がなかったように思うわけでありますが、いわゆる三位一体改革が一応一つの区切りだと。しかしながら地方交付税については、さらに新しい行政改革の法律を通して、さらに強めていこうというのが今の政治の流れのようにとるわけでありまして、その辺を八頭町の財政にとって、今後どういう見通しを持ったらいいかという点をちょっとお聞きしたい。先ほど質問しておりますので。


  それと、もう1点は町民生活、具体的に負担がふえたもの、減ったもの、ちょっと主なものでも挙げていただければと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 韓国のヘンソン郡につきましては、繰り返し申し上げますけども、今回の予算というのは特別の年であるという認識であります。


 また、中学校の建築につきましては、土地の買収、それから手戻りがない造成ということでありまして、将来的に統合を見据えた中での建築がいいんではないかなという話でございますけれども、もともと郡家地域ではいろんな検討があって、今の中学校の建て直しというのが浮上しております。耐力度の問題もございました。ほんとに早期に着工ということだろうと思いますけれども、合併しましてから皆さん方の、やはりご理解を得ていかなきゃならない部分があります。ありますのは、やはり財政問題であろうというふうに思っております。


 それと、交付税の関係でございますけれども、こうして三位一体の改革で、また、補助金を別にして1兆円の全国への減額ということであります。今後、第2弾、第3弾の三位一体の改革が来るということが予想されております。そういう中で、本当に歳出の見直し、今、行政改革の推進委員会で検討していただいておりますけれども、例えば給食センターをどうするか、いろんな問題がございます。本当にこのあたりをきちっと早急にやっていかないと、合併して、ありましたように、今の全部の施設を維持していくということはなかなか不可能になるだろうというふうに思っております。


 また、18年度の予算につきまして、町民の方の負担増というのは、計上はいたしておりません。中でもありますのが、第三子の出産祝い金5万円を4万円に、チャイルドシートの補助1万を5,000円に、生ごみ処理機を2万の補助を1万円に、この3点は減額をいたしております。


○議 長(松田秋夫君) 2番池本委員。


○2 番(池本 強君) 日韓交流事業ですが、節目の年だということですが、私は首長がかわったからといって、行ったり来たりというようなことが町民の理解を得られるというふうには考えんわけです。それから、先ほど話がありましたが議員が全員行くというようなことについてもですね、それでも例えば草の根交流ということになれば、例として1人3万円の助成をしても、100人が半額使っても行けるわけですね。やっぱりそういった交流事業というものもあるわけでありまして、本当に町民サイドでの交流、そういった点もやはり検討していかなきゃならんではなかろうか。ことしだけの例だということですが、それにしましても私は再検討を要するではないかと思いますが、改めて再度町長、ご意見を聞いておきたいと思います。


 それと、中学校の問題ですが、やっぱり学校建設というのは100年の計とは言わんにしても、少なくとも50年の計に立って建てるわけですね。ですから、旧郡家町での経緯というのは、私は十分に理解しておるつもりでありますし、そりゃ倒れたらだれが責任持つかという議論も出ておるわけでありますが、されとてやはり50年の計で立って建てるということになると、統合というものが当然10年、20年視野に入ってくるわけであって、その辺の議論を避けて、じゃあ町民の理解が得られたということでの判断に立つのかどうか。極めて疑問だと思います。再度町長のご意見を求めておきたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) ヘンソン群のことにつきましては、先ほど申したとおりでありますし、また、中学校の建築につきましても、先ほど申し上げましたように、町民の皆さんのご理解をいただくということは大切であると思いますし、また、教育委員会を始め、そういう関係機関でも話を進めていただいております。本当に100年の体系の中で八頭町の保育所、小学校、中学校のあるべき姿はどうなのかということだろうというふうに思っております。中学校の建築、中央中学校ありきではいけないというふうに考えております。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


 17番前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 交際費を一つの例にして、予算の執行のあり方についてお尋ねをしたいと思います。議長の交際費は60万円、教育委員会は30万円、これに対して町長は80万円ということで、18年度、町長のがちょっと比較したら少ないかなというふうな思いはしておるんですけど、それはさておきまして、17年の町長の交際費の公開の部分が町報に出ておりましたが、その中で農業委員会の初めての結成のときに、多分1万円だったと思いますけど、交際費の中から出ておりました。私が思いますのは、農業委員会と町というのは、お互い身内同士じゃないだろうかと。ということは、身内同士でそういうようなことをお互い、今言いましたように、町長部局だろうと議会だろうと教育委員会だろうと、そういうものに使う必要はない、持っていかんように将来はすべきじゃないだろうかと、こういうふうに私は思うんです。今までは大いにして、何かあると手ぶらでは行きにくいというか、そういうようなニュアンスはあったと思うんですけど、将来、予算の執行においては、町の情においては確かに持っていきたいという部分あるかも知らんですけど、お互い部内同士においては、きちっと余分なものだということで割り切ると。これは当然、我々議員側も心せんといけんと思うんですけど、そういうような形で、シビアというか厳しくというか、それぞれの予算の執行において厳しくしていただきたいと、こういうふうに思っておるんですけど、この点についてどのようにお考えか、伺いたいと思います。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 交際費でございますけれども、基本的には前土居議員がおっしゃったとおりだろうというふうに思っております。そういう中で、ホームページにも公開しておりますし、広報でもお知らせはいたしておりますけれども、慶弔費の方がほとんどだろうと思っております。そういう中で、農業委員会の話が出ましたけれども、ずっと前からそうだったということで、今回は1万円出させていただきました。私は、会費は会費で支払わせていただいております。そういう流れがありますけれども、おっしゃるように、内部的な機関につきまして、また、補助金を出してる機関につきましての交際費というのは、極力少なくしたいというふうに考えております。


○議 長(松田秋夫君) 17番前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 少なくしたいというのではなしに、私の欲しい答弁は、18年度からやめますということを言っていただきたいというのがあります。といいますのは、先ほどそれぞれの議員の方が財政的にも厳しいあれになってると。すべての項目は行革対象の費用だというふうにおっしゃってるわけですから、その辺をまず我々自身も割り切るということも当然必要ですけれど、町側としても割り切っていただきたいということでの質問でありますので、再度ご答弁お願いします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 農業委員会と話をさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 17番前土居議員。


○17番(前土居一泰君) 町長、私の言ってるのは、農業委員会とどうこうではなしに、すべてのものについてそういうふうにすべきじゃないかというものですので、視点がちょっと違うんじゃないですか。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) やはり交際費は必要だろうというふうに思っております。ありましたように、内部的なことにつきましての交際費は避けたいというふうに思います。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (11時35分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (11時43分)





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第25号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第26号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第27号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第28号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第29号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第30号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第31号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第32号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第33号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第34号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第35号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第36号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第37号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第38号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第39号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第40号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第41号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第42号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第43号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第44号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第45号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第46号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第47号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第48号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第49号について質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。


 以上、議案第3号から議案第49号までの47議案についての質疑を終わります。





◎議案の付託





○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 ただいま議題となっております議案第3号から議案第49号までの47議案は、お手元に配付いたしております議案付託表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、議案第3号から議案第49号までの47議案は、お手元の付託表のとおり付託することに決しました。





◎散  会





○議 長(松田秋夫君)  お諮りいたします。


 本日の会議は、この程度にとどめ散会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、本日はこれにて散会することに決定いたしました。


 本日はこれにて散会いたします。


 なお、次の本会議は3月14日午前10時から再開いたします。


 大変ご苦労さまでした。





      (平成18年3月13日午前11時49分散会)





会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員