議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成17年第7回定例会(第4日目 9月30日)




平成17年第7回定例会(第4日目 9月30日)





        平成17年第7回八頭町議会定例会 会議録 (第4号)





 
招集年月日  平成17年9月30日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成17年9月30日 午前10時00分  宣告


       (第4日)





応招議員


   1番 秋山宏樹   2番 池本 強   3番 中田 明


   4番 岡嶋正広   5番 小倉一博   6番 梶  稔


   7番 鎌谷 收   8番 川西 聡   9番 河村久雄


  10番 桑村和夫  11番 小林久幸  12番 下田敏夫


  13番 竹内康紀  14番 谷本正敏  15番 西尾節子


  16番 林 展正  17番 前土居一泰 18番 森山大四郎


  19番 矢部博祥  20番 山本弘敏  21番 松田秋夫





不応召議員


  (な  し)





出席議員  応招議員に同じ





欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  収 入 役  桑村和義  教 育 長   西山淳夫


 総務課長    井山愛治  船岡支所長  山根貴和  八東支所長   薮田邦彦


 税務課長    岸本博伸  企画人権課長 白岩和典  福祉課長    吉田英人


 保健課長    細田初博  産業課長   勝原宣則  建設課長    野崎正実


 教育委員会事務局次長    農業委員会事務局長


         古岡英明         保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  書記     中村文子





町長提出議案の題目


 字の区域の変更について(福本)


 字の区域の変更について(見槻)


 八頭町国民保護協議会条例の制定について


 八頭町国民保護対策本部及び八頭町緊急対処事態対策本部条例の制定について


 八頭町行政改革推進委員会設置条例の制定について


 八頭町まちづくり基金条例の制定について


 八頭町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について


 八頭町技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について


 八頭町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について


 八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正について


 八頭町過疎地域自立促進計画について


 八頭町フルーツ総合センター条例の一部改正について


 町営土地改良事業の施行の変更について


 八頭町営住宅条例の一部改正について


 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第2号)


 平成17年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第1号)


 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 平成16年度郡家町一般会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町町営墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度郡家町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町一般会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町農業集落排水施設特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度船岡町墓地特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町一般会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町同和住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定につい


 て


 平成16年度八東町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八東町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町一般会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町宅地造成特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定につい


 て


 平成16年度八頭町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 平成16年度八頭町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定について





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


  15番  西尾節子議員  16番  林 展正議員





             議 事 日 程 (第 4 号)


                    平成17年9月30日(金)午前10時開議


日程 第 1 議案第 55号 字の区域の変更について(福本)


 〃 第 2 議案第 56号 字の区域の変更について(見槻)


 〃 第 3 議案第 57号 八頭町国民保護協議会条例の制定について


 〃 第 4 議案第 58号 八頭町国民保護対策本部及び八頭町緊急対処事態対策本


               部条例の制定について


 〃 第 5 議案第 59号 八頭町行政改革推進委員会設置条例の制定について


 〃 第 6 議案第 60号 八頭町まちづくり基金条例の制定について


 〃 第 7 議案第 61号 八頭町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制


               定について


 〃 第 8 議案第 62号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について


 〃 第 9 議案第 63号 八頭町技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例


               の一部改正について


 〃 第10 議案第 64号 八頭町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部


               改正について


 〃 第11 議案第 65号 八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正につ


               いて


 〃 第12 議案第 66号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正について


 〃 第13 議案第 67号 八頭町過疎地域自立促進計画について


 〃 第14 議案第 68号 八頭町フルーツ総合センター条例の一部改正について


 〃 第15 議案第 69号 町営土地改良事業の施行の変更について


 〃 第16 議案第 70号 八頭町営住宅条例の一部改正について


 〃 第17 議案第 71号 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第2号)


 〃 第18 議案第 72号 平成17年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号


               )


 〃 第19 議案第 73号 平成17年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第1


               号)


 〃 第20 議案第 74号 平成17年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第


               1号)


 〃 第21 議案第 75号 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第1号


               )


 〃 第22 議案第 76号 平成16年度郡家町一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


 〃 第23 議案第 77号 平成16年度郡家町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第24 議案第 78号 平成16年度郡家町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第25 議案第 79号 平成16年度郡家町土地取得特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第26 議案第 80号 平成16年度郡家町老人保健特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第27 議案第 81号 平成16年度郡家町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第28 議案第 82号 平成16年度郡家町公共下水道特別会計歳入歳出決算の


               認定について


 〃 第29 議案第 83号 平成16年度郡家町農業集落排水特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第30 議案第 84号 平成16年度郡家町町営墓地事業特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第31 議案第 85号 平成16年度郡家町介護保険特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第32 議案第 86号 平成16年度郡家町上私都財産区特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第33 議案第 87号 平成16年度郡家町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳


               出決算の認定について


 〃 第34 議案第 88号 平成16年度郡家町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入


               歳出決算の認定について


 〃 第35 議案第 89号 平成16年度郡家町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の


               認定について


 〃 第36 議案第 90号 平成16年度船岡町一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


 〃 第37 議案第 91号 平成16年度船岡町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第38 議案第 92号 平成16年度船岡町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第39 議案第 93号 平成16年度船岡町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第40 議案第 94号 平成16年度船岡町土地取得特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第41 議案第 95号 平成16年度船岡町老人保健特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第42 議案第 96号 平成16年度船岡町農業集落排水施設特別会計歳入歳出


               決算の認定について


 〃 第43 議案第 97号 平成16年度船岡町介護保険特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第44 議案第 98号 平成16年度船岡町在宅介護支援センター特別会計歳入


               歳出決算の認定について


 〃 第45 議案第 99号 平成16年度船岡町墓地特別会計歳入歳出決算の認定に


               ついて


 〃 第46 議案第100号 平成16年度八東町一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


 〃 第47 議案第101号 平成16年度八東町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第48 議案第102号 平成16年度八東町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第49 議案第103号 平成16年度八東町同和住宅資金特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第50 議案第104号 平成16年度八東町老人居室・障害者住宅整備資金特別


               会計歳入歳出決算の認定について


 〃 第51 議案第105号 平成16年度八東町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第52 議案第106号 平成16年度八東町老人保健特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第53 議案第107号 平成16年度八東町農業集落排水事業特別会計歳入歳出


               決算の認定について


 〃 第54 議案第108号 平成16年度八東町公共下水道事業特別会計歳入歳出決


               算の認定について


 〃 第55 議案第109号 平成16年度八東町介護保険特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第56 議案第110号 平成16年度八頭町一般会計歳入歳出決算の認定につい


               て


 〃 第57 議案第111号 平成16年度八頭町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第58 議案第112号 平成16年度八頭町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第59 議案第113号 平成16年度八頭町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第60 議案第114号 平成16年度八頭町老人保健特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第61 議案第115号 平成16年度八頭町公共下水道特別会計歳入歳出決算の


               認定について


 〃 第62 議案第116号 平成16年度八頭町農業集落排水特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第63 議案第117号 平成16年度八頭町介護保険特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第64 議案第118号 平成16年度八頭町宅地造成特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第65 議案第119号 平成16年度八頭町墓地事業特別会計歳入歳出決算の認


               定について


 〃 第66 議案第120号 平成16年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別


               会計歳入歳出決算の認定について


 〃 第67 議案第121号 平成16年度八頭町上私都財産区特別会計歳入歳出決算


               の認定について


 〃 第68 議案第122号 平成16年度八頭町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳


               出決算の認定について


 〃 第69 議案第123号 平成16年度八頭町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入


               歳出決算の認定について


 〃 第70 議案第124号 平成16年度八頭町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の


               認定について


 〃 第71 議案第125号 平成16年度八頭町在宅介護支援センター特別会計歳入


               歳出決算の認定について


               ……以上、常任委員長報告・質疑・討論・表決……





日程 第72 常任委員会付託の陳情書の審査結果について


          (総務常任委員会付託陳情書)


       平成17年陳情第7号 日本国憲法第九条の遵守と米軍駐留経費並びに防


                  衛費削減による地方公共団体の財政改善を要求す


                  る意見書提出についての陳情書


       平成17年陳情第8号 ウェルシティ鳥取の存続に関する陳情書


               ……以上、常任委員長報告・質疑・討論・表決……





             追 加 議 事 日 程 (第 5 号)


                    平成17年9月30日(金)午前10時開議


追加日程 第 1 常任委員会の調査報告の件


追加日程 第 2 発議第14号 ウェルシティ鳥取に関する意見書の提出について


追加日程 第 3 発議第15号 道路特定財源制度の堅持を求める意見書の提出につい


                て


追加日程 第 4 委員会の閉会中の継続調査


         (議会運営委員会、議会広報特別委員会、議会活性化調査特別委員会


         、総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育福祉常任委員会)


追加日程 第 5 議員の派遣についての件








議事の経過


開会宣告           (午前10時00分)


○議 長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまから会議を開きます。


 ただいまの出席議員は21名でございます。


 定足数に達しておりますので、これから9月21日に引き続き、本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎常任委員会委員長議案審査報告





○議 長(松田秋夫君) 去る9月16日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました議案第55号から議案第125号までの71議案の審査結果について、担当常任委員長の報告を求めます。


 初めに、総務常任委員会委員長、岡嶋正広君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 皆さん、おはようございます。


 本委員会に付託を受けた議案は、審査の結果次のとおり決定いたしましたので、会議規則第77条の規定により報告いたします。


  付託年月日 平成17年9月16日。


  件名


 議案第 55号 字の区域の変更について(福本)


 議案第 56号 字の区域の変更について(見槻)


 議案第 57号 八頭町国民保護協議会条例の制定について


 議案第 58号 八頭町国民保護対策本部及び八頭町緊急対処事態対策本部条例の制定について


 議案第 59号 八頭町行政改革推進委員会設置条例の制定について


 議案第 60号 八頭町まちづくり基金条例の制定について


 議案第 61号 八頭町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について


 議案第 62号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正について


 議案第 63号 八頭町技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について


 議案第 64号 八頭町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について


 議案第 65号 八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正について


 議案第 66号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正について


 議案第 67号 八頭町過疎地域自立促進計画について


 議案第 71号 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第2号)


 議案第 76号 平成16年度郡家町一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 79号 平成16年度郡家町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 81号 平成16年度郡家町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 86号 平成16年度郡家町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 87号 平成16年度郡家町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 88号 平成16年度郡家町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 89号 平成16年度郡家町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 90号 平成16年度船岡町一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 93号 平成16年度船岡町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 94号 平成16年度船岡町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第100号 平成16年度八東町一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第103号 平成16年度八東町同和住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第110号 平成16年度八頭町一般会計歳入歳出決算の認定について


 議案第113号 平成16年度八頭町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第121号 平成16年度八頭町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第122号 平成16年度八頭町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第123号 平成16年度八頭町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第124号 平成16年度八頭町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定について


 審査結果として、議案第55号から議案第71号まで14議案は、原案可決。議案第76号から議案第124号まで18議案は、認定といたしたい。


 理由として、提案の趣旨を認めたということであります。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 次に産業建設常任委員会委員長、河村久雄君。


○産業建設常任委員会委員長(河村久雄君) 本委員会に付託を受けた議案は、審査の結果、次のとおり決定いたしましたので、会議規則第77条の規定により報告をいたします。


 審査の結果、議案第68号から議案第74号までの6議案は、原案可決。議案第78号から議案第118号までの13議案は、認定といたしたい。


 理由といたしまして、提案の趣旨を認めた。


 以上、報告を終わります。


○議 長(松田秋夫君) 次に教育福祉常任委員会委員長、梶 稔君。


○教育福祉常任委員会委員長(梶 稔君) 教育福祉常任委員会の委員会報告をいたします。


 本委員会に付託を受けた議案は、審査の結果、下記のとおり決定したので、会議規則第77条の規定により報告します。


 議案第 75号 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第1号)


 議案第 77号 平成16年度郡家町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 80号 平成16年度郡家町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 84号 平成16年度郡家町町営墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 85号 平成16年度郡家町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 91号 平成16年度船岡町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 95号 平成16年度船岡町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 97号 平成16年度船岡町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 98号 平成16年度船岡町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第 99号 平成16年度船岡町墓地特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第101号 平成16年度八東町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第104号 平成16年度八東町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第106号 平成16年度八東町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第109号 平成16年度八東町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第111号 平成16年度八頭町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第114号 平成16年度八頭町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第117号 平成16年度八頭町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第119号 平成16年度八頭町墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第120号 平成16年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定について


 議案第125号 平成16年度八頭町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定について


 を、平成17年9月23日と27日に委員会として慎重審議いたしました。


 その結果、審査結果議案第75号は原案可決、議案第77号から議案第125号まで19議案は、認定といたしたい。


 その理由は、提案の趣旨を認めたということでございます。


 よろしくお願いします。


○議 長(松田秋夫君) ただいま、各常任委員会委員長から、議案第55号から議案第125号までの71議案について、審査結果についての報告がありました。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 一括して委員長に対する質疑に入ります。


 初めに、総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (10時15分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。


               (10時17分)





◎修正動議





○議 長(松田秋夫君) 議案第59号に対しては、矢部博祥君ほか1名から、お手元に配付いたしました修正の動議が提出されています。


 従って、これを議案第59号とあわせて議題とし、提出者の説明を求めます。


 矢部博祥君。


○19番(矢部博祥君) 19番の矢部博祥でございます。


 私は、町長から提案がありました議案第59号 八頭町行政改革推進委員会設置条例の制定についてに対しまして、池本強議員との共同により、修正動議を発議いたします。


 その趣旨は、第一に新町発足前のアンケート等から見て、行財政改革を強く望んでいる町民の思いを重く受けとめ、条例設置を通して、逼迫する財政改革実行への強いウィルを町民にわかりやすく、明確に打ち出すことの必要があること。


 第2点目に、条例で定める所掌範囲は、調査・審議することであり、審議会の名称をよりふさわしいものにする必要があること。


 第三に、通常、この種の条例等に明文化される委員の任期、会議の議決方法、公募の内容等を条文化し、条例運用の透明度を高めることが必要であること。


 以上3点のことから、条例の名称及び関係条文の修正を発議するものであります。


 住民の皆様の新町における行財政改革への熱い思いをお酌み取りいただき、議員の皆さんの良識ある判断をお願いいたしまして、私の発議を終わります。


○議 長(松田秋夫君) 以上で修正動議の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これから、矢部博祥君ほか1名から提出された修正案について、質疑を行います。


 質疑ございませんか。


 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 条例というのは、ちょっと細かくは言いませんけども、いろんな字句であるとか、それからいろんな内容で、刻々と言っては何ですが、変わっていくのが自然だろうと。


 ですから、修正案がこういった形で出たということに関して、ちょっと見ましたけども、そんなに異論はないと私自身は思います。ただ、ちょっと気になることがございます。それは、この八頭町議会というのは委員会付託方式ですから、大変失礼ながら、矢部議員はこの原案が付託をされた総務常任委員会の委員のお一人でございます。


 私が矢部議員に質疑をしたいのは、総務常任委員会の中で修正案を提起されて、そして議論をした経過がおありになったのかどうなのか。


 それから、そのことを執行者側に提案されて、何らかの回答をもらったのかどうなのか、この点についてお聞かせください。


○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部君。


○19番(矢部博祥君) 議論のあったかないかについて、私が答えるべき内容かどうかわかりかねますが、多分委員長からのご答弁をいただくのがいいかと思いますが。私が2点目の執行者に対して提示したかどうかということにつきましては、現物を提示してはおりません。ただ、その内容については再三再四と申し上げると回数が不明確になりますから申し上げますが、本会議の席、それから総務常任委員会、それから先般の質問の中で、何ら提案に対する具体的な修正の考え方がなかったことから、中央突破ではこれは済まされない問題である、こういうぐあいに決意して、今回の提案をさせていただいたわけでございます。


 以上で終わります。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩します。


               (10時22分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (10時23分)





○議 長(松田秋夫君) 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 確認しますけども、執行者側から、矢部議員の提案に対して何ら回答がなかったんですか。この修正の内容、この修正案らしきものを出したわけではないけども、しかし先ほどの矢部議員の答弁を聞きますと、それらしい内容のことは提示した。


 しかし、執行者側の方は、何ら総務常任委員会なり矢部議員に対してリアクション、回答がなかったということで理解してよろしいですか。そのあたりいかがですか。


○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部君。


○19番(矢部博祥君) ちょっと私の答弁が不明確だったかと思いますが、要は何ら回答がなかったわけではございません。何ら回答がなかったというのは、皆さんも御存じのとおり、行政改革というのは行財政改革の中に含まれるんだというご回答をいただいたわけでございますし、審議会の内容については、それなりに明確な回答をいただいたかどうか、私は記憶にございません。


 要は、財政改革ということがいかに重たいものであるか、それを明確にして、町長がこれから八頭町の町政を進めていく上で、それを明確に打ち出していくということが、極めて住民の関心の高いところであろうと、こういうぐあいに思っております。


 そういうことで、今回の発議をさせていただきました。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 簡単な質疑をします。


 委員会というものと、この原案は委員会となっていますね。それから、修正案の審議会となっていますけど、この委員会を審議会に変えたいと、この文言を。これはどういう意味合いがあるんでしょうか。そのことを最後にお聞きして、質疑を終わります。


○議 長(松田秋夫君) 19番、矢部君。


○19番(矢部博祥君) まず、推進委員会ということであれば、当然一定の期間、それを推進していく、アクションを起こしていくグループといいますか、会議であろうかと思います。要するに、どちらかと言うと、執行者側の会議と考えるわけでございます。


 したがいまして、私は推進という文字をまず取りたい。それから、言葉の何としては、確かに委員会と審議会ということについては似てはおりますが、審議・調査するという点からして、その内容からしても審議会というのが最もふさわしいんではないか。名は体をあらわすというのがこのことであろうかということでご提起させていただきました。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) これで質疑を終わります。


 次に、産業建設常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、産業建設常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 次に、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。


 質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 以上で、各常任委員会委員長に対する審査結果についての質疑を終わります。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 議案第55号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第55号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第55号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第55号 字の区域の変更について(福本)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第56号について討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第56号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第56号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第56号 字の区域の変更について(見槻)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第57号について討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。


 反対の討論はございませんか。


 2番、池本君。


○2番(池本 強君) 一言反対の討論を行います。


 まず、この条例の根拠法であります国民保護法、またはそのもとになります武力攻撃事態対処法についてでありますが、先般、町長から配られました県の資料の中にも、まとめとして次のような文章が載っております。すなわち、国民の保護は、決して有事を希望したり危機感をあおったりするものではありません。また、有事が起こらないようにするのは当然です、とありますが、私はこのことはいみじくも、これらの法律の問題点を明らかにしているというふうに考えるわけであります。だれも有事を希望していないでしょうが、これら有事関連法の制定では、結果としてそうならないということにはならないんではないかというふうに考えます。


 また、平時の有事訓練ということが計画の中に当然載ってくるわけでありますが、そういったことが危機感をあおることになる。平時のときに、有事に対処する訓練を行うということは、当然国民・町民に危機感をあおることになるということは言えるのではないでしょうか。有事が起こらないようにするということでありますが、何をじゃあどうやるのか。そういったことは、もちろん国の責任でありましょうが、具体的にないわけでございます。


 法による武力攻撃事態といたしまして、4つの類型が示されておりまして、1つは弾道ミサイル攻撃、二つに、ゲリラや特殊部隊による攻撃、3つに地上部隊による陸上攻撃、さらに航空機による攻撃。こういったことが示されているわけでありますが、こういった有事が発生したときに、町長が保護計画に基づいて、避難に対して町民の生命・財産を守るために避難誘導するということでありますが、そういったことは現実問題として可能なのかということで、町長は確約できるのかということも言われると思うわけでございまして、当然これらによる条例制定がもとの法律の文言どおり、町民の生命・財産を守るというふうに私は単純にとらえることはできないというふうに考えるわけでございます。


 それと反対の第2点目としては、まず条例制定を急がなければならないという説明が、私には理解できないわけでございまして、先ほど申し上げますように、有事関連法案に基づく条例制定ということは、地方自治体にとっても私はなかったことではなかろうかというふうに思うわけでありますが、やはり提案は町長がされても、決めるのは議会議員でございます。これら今までなかった有事関連法案について、議員としては、議会としては、いって研究して把握するということが、議決する者の責任だというふうに考えます。


 法律は、当然昨年なり一昨年につくられた法律ではございますが、残念ながら私は十分勉強していないわけでございまして、そういった点からしても時間的議決する余裕がないと。議決の判断をする時間的余裕がないということと、もう1点、町民がこういった法律なりそれに基づく条例制定に対してどこまで理解なり、あるいはご意見をお持ちなのかということも、この短時間の中ではつかみ切れていないわけでございまして、そういった点で時間が十分でないということも、今回反対する理由の1つでございます。


 それともう1点は、いわゆる保護計画策定に対して、議会の承認を求めるという条項が再提出によってされましたが、じゃあなぜ重要な計画変更については議会の承認を求めないのかという点についての町長の説明は、私は整合性がないというふうに考えるわけでございまして、そういった点から、あえて今回反対するものでございます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


 17番、前土居君。


○17番(前土居一泰君) 賛成の討論をいたしますが、賛成の中身のいろんな思いやいろんなもろもろ等があろうかとございますが、それはさておきまして、昨今の日本では、いわゆる平和ぼけということが言われております。鳥取の街等を歩いてみながらも正しい言い方はわかりませんですが、いわゆる鼻輪とか耳輪とかそういうなのをつけた若者なり、あるいはたくさんの食糧等が捨てられているというのが現在の日本の現状であろうと思います。これでよいのかという私は思いをしておりますし、一方、地球上を見回すと、世界各地で戦争が行われておりますし、また、これらを1つの原因として、毎日3万人からの子供が死んでいるというのが現状であろうと思います。


 この条例は、いたずらに危機感をあおるだけではなしに、こうした平和の尊さ、いわゆる平和のありがたさ、このことを十分知っていただき、平和を守ることや一人一人の生活や安全を守っていくことは、それぞれ個人個人の人間の町民の努力によってなされるということを考えていく機会に。このもし条例が成立になりましたら、町当局としてそうした日本のあり方を考える機会を必ずつくっていただく、そのことをお願いではなしに強く期待をして、賛成といたしたいと思います。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 18番、森山君。


○18番(森山大四郎君) 18番、森山大四郎です。賛成討論といたします。


 昨年の9月に国民保護法が施行されて、鳥取県におきましても国民保護措置というものを、責務を負うことになりました。それに準じまして、本町におきましてもその責務を負うことになったわけでございます。日本が武力による攻撃を受けた場合、また、大規模なテロがあった場合に備えまして、国・都道府県・市町村がいかに住民の財産・生命を守るためにあらかじめ定めるものでございます。


 鳥取県におきましても、国民保護法成立後における大規模テロ等における国民の保護を適切に実施するためには、県・市・町が共同して、この計画案立ち上げの協議会の条例を至急に私は実施するべきものと判断いたし、この議案に対しましては賛成討論といたします。


○議 長(松田秋夫君) 反対の討論はございませんか。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (10時37分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。


               (10時38分)





○議 長(松田秋夫君) そういたしますと、反対の討論を許します。


    8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 一口で言うならば、大くくりな言い方で言うならば、平和志向であらなければならないからこそ、池本議員が言われたような戦争をあおるような計画をみずからつくる必要はないというのが私の考えです。これがまず第1番です。ですから、それに準ずるようなものをつくるのは反対、これが第1番目の理由です。


 それから、2番目の理由は、これはやっぱり時間をかけてもっともっと、特にやっぱり基本的人権の問題あたりが、戦争状態になってどういうぐあいに擁護されるか。あるいは、時と場合によってはこれが侵害される場合もあると言っているわけですから。政府は言っているんですよ、地方自治体に出かけて行って、いろんな説明をする中で。例えば、建物や物資の強制収用であるとか、あるいはこれが一番大きいんだけど、例えば戦争に反対する、そういう反対者がいたら、これを罰すると。武力事態攻撃法では、そういった法律まで制定されるわけですから。だから、これは基本的人権の侵害につながるわけです。ですから、そういったところをもっと時間をかけて審議をするのが我々の努めじゃないか。だから、これを拙速に結論を出すのは早過ぎる。それが2番目の反対の理由です。


 それで、さっき森山議員が、鳥取県が武力攻撃云々かんぬんで、最初に国民保護に関することを施行したんだということを言われたんだけど、政府はどう言っているかと言ったら、4つの類型を繰り返しませんけども、4つの類型は可能性が少ないと言っているんですよ。極端な閣僚が、侵略の可能性はゼロ%に近いと言っているんです。そういう認識でありながら、これは後でもまた議論になろうかと思うんですけども、内閣の基本的な指針でも、侵略の可能性は極めて以前と比べて少なくなっていると言っているわけですから、そうであるにもかかわらずこういうものを制定するということは、それこそ平時の有事戦争訓練。


 私たち日本共産党が、この武力事態法案に反対を徹底して国会でやりましたけども、アメリカの侵略戦争に日本を巻き込んで、平時において国民をそれに巻き込んでいくと。だから、非常に危険だというので反対したんですけども、やっぱり可能性の少ないもの、わざわざこう言っては何ですけどもあえて言いますが、取ってつけたような理由でもってこれをやるというのはちょっと賛成できないし、百歩譲ったとしても、今回の議会でそんなにせいて結論を出すべき問題じゃない。もっともっといろんな角度で突っ込んで、私が今言ったような議論は展開して、それでもって12月の議会でも結論を出したっておかしくはない。


 そういったような意味合いで、私は反対討論といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


 15番、西尾さん。


○15番(西尾節子さん) 賛成の立場で討論いたします。


 本議案は、町民の生命・財産を守るというのが基本でございます。昨年9月に国民保護法が施行され、県は全国に先駆けて7月に国民保護計画案を作成し、国との協議が整い、計画作成が完了しております。


 この法律は、国の責務・地方公共団体の責務がうたわれており、町国民保護計画は、武力の攻撃事態等において、町が国民保護措置を的確かつ迅速に実施するための計画ということでございます。


 八頭町としましても、他町村と足並みをそろえ、まずは条例を制定し、町としての責任を全うすべきであると思い、本議案に賛成いたします。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 次は、反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) なしと認めます。


 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第57号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第57号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第57号 八頭町国民保護協議会条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第58号について討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。


 反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第58号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第58号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数であります。


 よって、議案第58号 八頭町国民保護対策本部及び八頭町緊急対処事態対策本部条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、修正動議が提出されています議案第59号について、討論を行います。


 まず、原案に賛成の討論を許します。原案に賛成の討論はございませんか。


 20番、山本君。


○20番(山本弘敏君) 私は簡潔明瞭が好きでございますので簡潔明瞭といたしますが、この59号に賛成の立場で討論いたします。


 八頭町の行政改革を推進実施していくためのものでありまして、八頭町の行政の合理化及び財政の健全化を図ることは、八頭町にとって必要不可欠なものであろうと考えております。


 従って、私はこの動議に賛成といたします。


 以上です。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩します。


               (10時47分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (10時48分)





○議 長(松田秋夫君) 20番、山本君。


○20番(山本弘敏君) 最初申しました、最後の動議ということでございますが、これはこの原案に賛成といたすということに訂正させていただきます。


    大変失礼しました。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案及び修正案に反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) なしと認めます。


 次に、原案に賛成の討論はございませんか。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (10時50分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (10時52分)





○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成の討論はございませんか。


 13番、竹内君。


○13番(竹内康紀君) 13番の竹内でございます。


 議案第59号について賛成討論をいたします。


 議案第59号は、合併して組織が肥大化した八頭町の行政全般について、簡素で効率的な行政を目指し、行政改革委員会を設置することを目的としています。先般の町長答弁に、平成16年度経常収支比率が91%であることがありました。毎月の収入に占める食費や電気代、ローンの合計が91%というようなことでは、住民サービスを維持・向上させていくという合併の目的は果たせません。町村平均の経常収支比率75%を目標として、聖域を設けず、徹底的な行政改革を図るべきです。人件費も補助金も聖域ではありません。職員にも住民にも痛みを分かち合ってもらい健全な体質にすることが、真の住民に対するサービスができることになります。字句にこだわらず、中身の充実した改革を期待いたしまして、賛成討論といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成の討論はございませんか。


 17番、前土居君。


○17番(前土居一泰君) 修正案に賛成の立場で討論いたしますが、確かに字句の問題よりは中身が問題であろうと思いますので余りこだわりませんですが、委員の10名のうち、確かに町長提案でも可能かと思うんですけど、修正案では、公募の委員が3名ということで、絶対に公募の委員を出さんといけんという縛りがあると、ここが非常に私はいいと思いますので、修正案に賛成いたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成の討論はございませんか。


 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 前土居議員と意見が一致しております。


 質疑のときでも申しましたけども、この原案ではですと、将来的にこういう形で修正案のような状態に発展していくんですよ、条例改正でね。その条例改正が早まったかどうかというとらえ方です、私自身は。


 だから、先ほど前土居議員が言われたのももちろんそうだし、審議会の意気込みの問題ですね、あれをちょっと質疑で聞きまして、矢部さんはいいことを言われるなということをちょっと感じました。


 私は、修正案に賛成をいたします。


 以上。


○議 長(松田秋夫君) 次に、原案に賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、修正案に賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これから、議案第59号の採決を行います。


 まず、本案に対する矢部博祥君ほか1名から提出された修正案について、起立によって採決します。


 本修正案に賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 従って、修正案は否決されました。


 次に、原案について起立によって採決します。


 原案に賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 従って、議案第59号 八頭町行政改革推進委員会設置条例の制定については、原案のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第60号について討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第60号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第60号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第60号 八頭町まちづくり基金条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第61号について、討論はございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○ 議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第61号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第61号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第61号 八頭町人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第62号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第62号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第62号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第62号 八頭町職員の給与に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第63号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第63号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第63号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第63号 八頭町技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第64号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第64号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第64号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第64号 八頭町公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第65号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第65号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第65号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第65号 八頭町職員の特殊勤務手当に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第66号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第66号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第66号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第66号 八頭町職員等の旅費に関する条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第67号について、討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


 6番、梶君。


○6番(梶 稔君) 6番、梶でございます。


 議案第67号の賛成討論をしたいと思います。


 この法、八東地域のことでございますけれども、昭和46年に過疎地域に指定されて以来35年間、過疎対策を国の援助のもと積極的に推進してきて、町づくりをやってきたということでございます。内容的には、道路等の交通条件の整備、細見地区の集落移転、企業誘致、小集落地区改良事業での住環境整備、圃場整備事業等に取り組み、また、昭和55年、過疎地域の振興特別措置法では、防災無線の整備、簡易水道の統合整備を図り、また、八東・丹比・安部小学校の改築、若者体育館の整備、ふるさとの森の整備の取り組み。そして平成2年では、過疎地域活性計画のもとで、総合運動公園、地域福祉センター、フルーツ総合センター、保健センター、下水道整備を終えて、そして上水道施設整備促進など。また、若者の定住を図り、分譲住宅の造成を行って定住促進を図って町づくりを活性化してきております。


 このように、項目を挙げれば枚挙にいとまず、旧八東町でまちづくりの根幹をなしてきた法であります。合併により3町が一緒になり、八頭町が発足したわけですが、八東地域は依然として地域指定の過疎地域です。21年まで法律があります。本来なら過疎脱却が望ましいわけですが、ご承知のとおり少子・高齢化の中、地域づくりも難しいわけであります。


 八頭町としても今後5年間、自立促進計画を作成し、八東地域の発展・活性化を図るとのこと。地域に住んでいる者として、大いに期待をしております。それに応えるのは、やはり財源確保が一番ではなかろうかな、こう思っております。計画が着実に執行され、地域づくりができるようになることが、八頭町の発展にもつながります。


 町長以下、職員一丸となり、計画が最大限促進されるよう努力していただくことを願い、議案第67号の賛成討論とします。


 以上。


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第67号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第67号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第67号 八頭町過疎地域自立促進計画については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第68号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第68号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第68号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第68号 八頭町フルーツ総合センター条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第69号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第69号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第69号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第69号 町営土地改良事業の施行の変更については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第70号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第70号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第70号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第70号 八頭町営住宅条例の一部改正については、委員長の報告のとおり可決されました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (11時10分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (11時20分)





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第71号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第71号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第71号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第71号 平成17年度八頭町一般会計補正予算(第2号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第72号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第72号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第72号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第72号 平成17年度八頭町簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第73号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第73号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第73号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第73号 平成17年度八頭町公共下水道特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第74号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第74号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第74号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第74号 平成17年度八頭町農業集落排水特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第75号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第75号に対する委員長の報告は、原案可決であります。


 議案第75号は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第75号 平成17年度八頭町介護保険特別会計補正予算(第1号)は、委員長の報告のとおり可決されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第76号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第76号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第76号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第76号 平成16年度郡家町一般会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第77号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第77号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第77号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第77号 平成16年度郡家町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第78号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第78号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第78号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数であります。


 よって、議案第78号 平成16年度郡家町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第79号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第79号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第79号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第79号 平成16年度郡家町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第80号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第80号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第80号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数であります。


 よって、議案第80号 平成16年度郡家町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第81号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第81号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第81号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第81号 平成16年度郡家町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第82号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第82号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第82号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第82号 平成16年度郡家町公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第83号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第83号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第83号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第83号 平成16年度郡家町農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第84号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第84号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第84号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第84号 平成16年度郡家町町営墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第85号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第85号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第85号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第85号 平成16年度郡家町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第86号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第86号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第86号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第86号 平成16年度郡家町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第87号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第87号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第87号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第87号 平成16年度郡家町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第88号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第88号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第88号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第88号 平成16年度郡家町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第89号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第89号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第89号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第89号 平成16年度郡家町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第90号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第90号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第90号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第90号 平成16年度船岡町一般会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第91号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第91号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第91号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第91号 平成16年度船岡町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第92号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第92号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第92号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第92号 平成16年度船岡町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第93号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第93号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第93号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第93号 平成16年度船岡町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第94号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第94号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第94号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第94号 平成16年度船岡町土地取得特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第95号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第95号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第95号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第95号 平成16年度船岡町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第96号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第96号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第96号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第96号 平成16年度船岡町農業集落排水施設特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第97号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第97号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第97号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第97号 平成16年度船岡町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第98号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第98号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第98号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第98号 平成16年度船岡町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第99号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第99号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第99号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数であります。


 よって、議案第99号 平成16年度船岡町墓地特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第100号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第100号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第100号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第100号 平成16年度八東町一般会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第101号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第101号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第101号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第101号 平成16年度八東町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第102号について、討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。反対の討論はございませんか。


 19番、矢部君。


○19番(矢部博祥君) 19番の矢部博祥でございます。


 反対討論をいたします。


 その理由は、本決算中に含まれている用呂水道施設の改善については、平成14年5月以来の懸案であり、その対策・検討期間は十分あったにもかかわらず、私が一般質問等の中で経過を述べているとおり、せっかく過去2回にわたり試掘ボーリングをしながら、その調査結果が、過去、大腸菌が出たり濁水が出たりという結果にもかかわらず、同じ場所で工事着手を行い、濁水がまた出て、得られる成果がゼロという結果になりました。


 このことは、予見できなかったという範囲を越えて、通常の善良な管理者の注意義務を怠った行政執行により生じたもので、本会議初日に提示を求めました資料等から推計しますと、平成16年度工事費用124万7,125円を結果としてむだ遣いしたことになり、またさらには、17年度八頭町への繰越明許費を含めると、実に合計で1,094万3,625円もの税金をむだ遣いしたと言えるからであります。


 以上で反対討論を終わります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第102号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第102号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第102号 平成16年度八東町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第103号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第103号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第103号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第103号 平成16年度八東町同和住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第104号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第104号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第104号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第104号 平成16年度八東町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第105号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第105号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第105号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第105号 平成16年度八東町宅地造成事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第106号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第106号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第106号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第106号 平成16年度八東町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第107号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第107号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第107号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第107号 平成16年度八東町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第108号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第108号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第108号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第108号 平成16年度八東町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第109号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第109号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第109号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第109号 平成16年度八東町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第110号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第110号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第110号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第110号 平成16年度八頭町一般会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第111号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第111号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第111号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第111号 平成16年度八頭町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第112号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第112号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第112号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第112号 平成16年度八頭町簡易水道特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第113号について、討論ございませんか。


 まず、本案に反対の討論を許します。反対の討論はございませんか。


 2番、池本君。


○2番(池本 強君) 議案第113号、本特別会計の決算認定につき、反対の討論を行います。


 住宅資金貸付事業は、歴史的・社会的理由により、生活環境等の安定向上が阻害されている地域の環境の整備・改善を図るため、当該地域に係る住宅の新築、もしくは改修、または住宅の用に供する土地の取得について、必要な資金の貸し付けを行うことを目的として行われたものでございます。


 そして、本体の条例は、新規貸付がなされなくなったため廃止されたものでございますが、既に行われている貸し付けについて、効力を有するとする第10条、期限前償還に町長は借受人が次の各号のいずれかに該当するときは、定められた償還期限前に貸付金の全部、または一部を償還させることができる。また、償還及び償還の猶予、または免除について第11条に、第12条には違約金の項が定められておりますが、これらが貸付者である町長にして、適正に履行されてきているのでしょうか。


 特に、第11条の償還の猶予・免除について、町長は次の各号のいずれかに該当する場合において、やむを得ないと認められるときは、貸付金の全部または一部の償還を猶予し、または免除することができるとありますが、これにどう対応されてきているのでしょうか。


 本決算における収入未済額は、1億4,684万7,000円であります。滞納繰越分だけでも1億3,234万3,000円となっております。これが今後どう回収できるのでしょうか。本事業は、行政みずからが資金の貸し付けを行ったものでありますが、お金を貸し付けるという専門屋でない行政といえども、貸付金の債権管理を適正に行うのは当然であって、債務者に対しても円滑な償還実行がなされるよう、適切な指導・管理を行わなければなりません。


 特に、行政であるならばこそ、また本事業の本旨からしても、このことが強く求められると言えるのではないでしょうか。債権者として債務者に適正な償還指導がなされてきたのかどうか。いわゆる、貸し手責任も問われると思います。これが適正になされてきているならば、ここまでの数字が生まれ得ないと判断せざるを得ないのであります。


 ところで、議会が決算を認定するということはどういう意義があるのか。幾つかあるでありましょうが、その1つに、決算の認定によって町長・収入役の執行責任を住民に向かって解除することになると考えますが、とするならば、今申し上げた点が明確にされ、また、本会計の今後の見通しについても説明が町民になされなければならないと思いますが、それもなく、債権保全についても明言もない中、収入未済額は1億4,684万7,000円もある本会計の決算を認定するには至らないと考え、反対せざるを得ません。


 以上、本案の認定に反対するものであります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


 17番、前土居君。


○17番(前土居一泰君) 議案第113号の賛成の討論ということでございますが、確かに反対討論者がおっしゃっていたような問題点はたくさんあろうと思います。


 しかし、八頭町が誕生いたしまして一日だけの会計ということ等も考えた場合に、将来的に改善をいただけるということを期待しながら、ひとまず今回は認定ということで賛成したいと思っております。


 以上です。


○議 長(松田秋夫君) 次に、反対の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成の討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第113号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第113号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第113号 平成16年度八頭町住宅資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩をいたします。


               (12時05分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたします。


               (13時00分)





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 議案第114号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第114号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第114号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第114号 平成16年度八頭町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第115号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第115号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第115号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第115号 平成16年度八頭町公共下水道特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第116号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第116号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第116号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第116号 平成16年度八頭町農業集落排水特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第117号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第117号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第117号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第117号 平成16年度八頭町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第118号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第118号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第118号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第118号 平成16年度八頭町宅地造成特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第119号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第119号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第119号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第119号 平成16年度八頭町墓地事業特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第120号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第120号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第120号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第120号 平成16年度八頭町老人居室・障害者住宅整備資金特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第121号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第121号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第121号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第121号 平成16年度八頭町上私都財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第122号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第122号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第122号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第122号 平成16年度八頭町市場・覚王寺財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第123号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第123号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第123号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第123号 平成16年度八頭町上津黒・下津黒財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第124号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第124号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第124号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立を願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第124号 平成16年度八頭町篠波財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、議案第125号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第125号に対する委員長の報告は、認定であります。


 議案第125号は、委員長の報告のとおり認定することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第125号 平成16年度八頭町在宅介護支援センター特別会計歳入歳出決算の認定については、委員長の報告のとおり認定されました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (13時10分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 再開いたします。


               (13時11分)





◎町長あいさつ





○議 長(松田秋夫君) 町長。


○町 長(平木 誠君) どうもありがとうございました。


○議 長(松田秋夫君) 以上をもちまして、町長以下のお礼のごあいさつを終わりたいと思います。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第72 常任委員会付託の陳情書の審査結果について、去る9月16日の本会議において、関係常任委員会へ付託いたしました平成17年陳情第7号、第8号の審査結果について、担当常任委員会委員長の報告を求めます。


 総務常任委員会委員長、岡嶋正広君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 総務常任委員会付託の陳情書の審査結果についてご報告いたします。


 陳情第7号 日本国憲法第九条の遵守と米軍駐留経費並びに防衛費削減による地方公共団体の財政改善を要求する意見書提出についての陳情書、及び陳情第8号 ウェルシティ鳥取の存続に関する陳情書は、9月22日の総務常任委員会にて慎重に審査した結果、陳情第7号は不採択、陳情第8号は採択と決しました。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) ただいま総務常任委員会委員長から、平成17年陳情第7号、平成17年陳情第8号の2件の審査結果についての報告がありました。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) 一括して委員長に対する質疑に入ります。


 総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。質疑ございませんか。


 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 質疑は簡単なことですけども、やっぱり議事録に残しておいた方がいいですね。ちょっと聞きたいと思います。


 この陳情を、最後に陳情事項に対して、貴議会において憲法第九条の改正に反対することを決議することとあります。その以下の視点に立って、内閣総理大臣を初めとする関係省庁に対して、地方自治法第99条に基づき意見書を提出することとあります。


 そして、3つの項目がありますね。国政や外交に当たって、憲法第九条を遵守すること。それから、憲法第九条に反する自衛隊のイラク派遣を直ちに中止すること。最後に、MD計画を撤回し、米軍の駐留費・防衛関係費を削減し、防衛関係費というのは、これは軍事費のことですね。地方財政福祉関連予算を充実させることとあるわけです。


 私が岡嶋委員長に聞きたいのは、この憲法九条の改正も含めて、細かいこの3つの陳情内容ですね、これはすべてこの内容は不採択ということになったんでしょうか。


 もう1つ。つまり、この項目はいいんだけども、だけどやっぱり全体的にこれは不採択にするべきだということになったんでしょうか。そのあたりのところをちょっとお聞かせください。


○議 長(松田秋夫君) 4番、岡嶋君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 先ほど川西議員の方からの質問ですけども、この陳情第7号の文章の部分的なこととかそういうことではなくて、総合的に考えて陳情の趣旨を認めがたいということで、不採択ということにいたしました。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 8番、川西君。


○8番(川西 聡君) 岡嶋さん、ちょっとしつこいようだけど、総合的にというのは、つまり憲法第九条の改正に反対することを決議することということは、とてもとてもこの議会では受け入れられないということで、これをいわゆる基本に置いて総合的にということなんでしょうか、どういうことなんでしょう。総合的にというのがよくわかんない。


○議 長(松田秋夫君) 4番、岡嶋君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 憲法第九条がどうのこうのとか、そういうことは議論いたしませんでした。ただ、この文章、内容について認めることのできないところが、個人個人によっては違うところもあるかもわかりませんけども、そういうふうに判断いたしました。


○議 長(松田秋夫君) ほかに質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。区分して行います。


 平成17年陳情第7号について、討論ございませんか。


 反対討論を許します。


 川西君。


○8番(川西 聡君) 私は、一般質問でも八東町議会でも何回もやりましたので、もうちょっと覚えちゃったんだけども、日本国国民を欺瞞し、之をして世界征服の挙に出づるの過誤を犯さしめたる勢力及び権力は、永久に除去せられざるべからず。これは、昭和20年7月20日ですか、当時の連合国から日本の鈴木貫太郎内閣が受け入れたポツダム宣言の条項であります。


 簡単に言えば、戦争を引き起こした権力者や勢力者は、永久にこの日本から立ち去ってもらいましょう。政治の舞台にいてもらわれたんでは困りますよと、こういうことを言っているわけですね。それも大変日本国民にとっては、いわゆるありがたい内容だった。だけども、それ以上にも増して、ましてや日本国民にとっては宝とも言えるようなものができたんですよ。それが憲法の第九条なんです。


 一々言いませんけども、憲法の前文に、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないようにすることを決意したと。それを受けて第九条ができたんですね。これは日本人の宝なんですよ。簡単に言えば戦争放棄でしょう。それから、戦力不保持でしょう。それから、交戦権の否認なんです。


 ところが、今現在進められている政府筋の議論というのは、この日本人の宝をひっくり返して、そして戦争をする国にしよう、そういう流れが物すごく強まっているんですよ。


 ちょっと言います。自民党は、新憲法案というのを出しました。この自民党の新憲法案には、九条の戦争放棄、戦力不保持、交戦権否認の規定を全面削除する。そして、自衛軍の保持を明記して、海外に派兵できる内容にしている。この日本を再び海外で戦争できる国にしようじゃないかというのが、自民党の案なんです。反対があったら、後で言ってください。


 それから、民主党はどうか。民主党もこの憲法第九条を変えるという基本方向では、自民党と全く変わらないですね。前原代表なんてのは、その典型的な人物。


 公明党、公明党も家憲の名において、それに合流している。


 憲法第九条が、まさに日本人の宝が、なくなろうとしているわけですよ。この憲法第九条というのは、日本がさんざんぱら世界の諸国に侵略戦争をやって、310万人自分の国で戦死者を出して、2,000数百万人のアジア諸国民に対して迷惑をかけた。もうそういうこと絶対にやらないというんで誓ったのが憲法第九条で、いわば世界に公約した世界公約です。それをひっくり返そうというんですからね、これは反対運動が起こるのは当たり前ですわ。


 日本共産党は、党をつくってから、もう一環してこの戦争には反対を貫いてきました。憲法第九条、絶対改悪認められないと。そういった立場で、私はこの陳情項目の趣旨は大いに賛同できるということがまず第1点です。


 それから、総合的に判断したと言われるけども、次の問題ですね。自衛隊のイラク派兵を直ちに中止することという項目です。皆さん方ご承知だろうというぐあいに思うんですけども、イラクには有志連合というのがありまして、38カ国イラクに派兵になりました。そのうち、20カ国は撤退ないし撤退計画を持っている。イギリスはもう撤退したんですかね。今はそういった状況なんですよ。


 それから、サマワ協会というのがありましたね。戦争というか、とにかく現地の人たちの権利を擁護しようというので、サマワ協会というのがある。これも解散ですよ。それから、自衛隊の宿舎は、10回以上にわたって攻撃を受けているんです。まさにサマワは戦闘地域になっている。だから、ここから撤退しろというのは、当たり前の要求、ごくごく当たり前の。これが2つ目。2つ目の陳情趣旨に賛同するという理由です。


 それから3つ目ですね。私、午前中の質疑でいずれ議論になるかもわからないと言ったのは、ここなんです。軍事費を削減する。これは、当たり前ですよ、だって。政府自身がどういうことを言っているかと言ったら、これは小泉内閣が昨年の12月に策定した防衛計画の大綱というのがあります。そこにこうあるんですよ。冷戦終結後10年以上が経過し、米ロ間において、ロというのはロシアですね。米ロ間において新たな信頼関係が構築されるなど、主要国間の相互協力、依存関係が一層進展している。そういう情勢認識のもとで、見通し得る将来において、我が国に対する本格的な侵略世紀の可能性は低下していると判断される。侵略の可能性が低下しているんだから、軍事費を削るのは当たり前じゃないですか。


 午前中の質疑にもあったんだけども、本当に何か取ってつけたような理由で、日本が危ない危ない、だから有事のための訓練だなんてこと。全く政府の言っていることからすらも矛盾している。だから、第3項目も私は大いに陳情趣旨において賛成です。


 ですから、総合的に考えてみても、この陳情趣旨は大いに願意妥当だと認め、私はこれは採択をするべきだということを主張して、委員長報告に対する反対討論を終わるものであります。


 以上。


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成討論はございませんか。


 4番、岡嶋君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 委員から出た意見といたしまして、戦争反対、恒久平和を願うのは、だれも同じであると思う。しかしながら、日本を取り巻く環境は大変厳しいものがあります。また、最近におけるアジア諸国の動向というものは、我々としても大変心配であります。自国を守るという立場になると、この陳情書を提出すべきではないのではないか。また、日本を取り巻く近隣諸国の情勢を考え、先ほど申しましたけども、自国を守るのだということを思うと、この陳情書の文面では、憲法はどのように改正されるのかわからないというふうな意見もあったように思います。


 そのような状況からして、私の委員会の報告として、この陳情第7号は不採択ということで結論を出しました。


 以上であります。


○議 長(松田秋夫君) 次に、反対討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 次に、賛成討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) 本件に対する委員長の審査報告は、不採択であります。従って、陳情について採決いたします。


 平成17年陳情第7号は、採択することに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立少数です。


 従って、平成17年陳情第7号は、不採択と決しました。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) 次に、平成17年陳情第8号について討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決を行います。


 本件に対する委員長の報告は、採択であります。


 本件を採択とすることに賛成の方は起立願います。


               (賛成者起立)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、平成17年陳情第8号は、採択とすることに決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第1 総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育教育福祉常任委員会の各常任委員会の閉会中の継続調査とした事項について、各常任委員会の調査報告の件を議題といたします。


 各常任委員会から、閉会中の継続調査とした事項について、状況報告したいとの申し出があります。


 お諮りいたします。


 本件は、申し出のとおり報告を受けることにしたいと思いますが、ご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) 異議なしと認めます。


 従って、各常任委員会の閉会中の継続調査事項について、状況報告を受けることに決定しました。


 本件に対する各常任委員会委員長の報告を求めます。


 初めに、総務常任委員会委員長、岡嶋正広君。


○総務常任委員会委員長(岡嶋正広君) 総務常任委員会の閉会中の継続調査事件の状況について、その結果をご報告いたします。


 まず初めに、調査事件として、生活交通確保に関することと、その他所管事項に関することであります。


 調査の経過等について。平成17年6月28日、閉会中の継続調査申し出議決。平成17年7月15日、総務常任委員会を開催し、若桜鉄道株式会社の経営状況等の概要についてと、過疎地域自立促進計画の策定状況等についての2項目について調査・研究を行いました。


 次に、調査の結果と概要・意見等についてであります。


 若桜鉄道株式会社の経営状況等の概要は、昭和62年の開業から17年目を迎え、過疎化・少子化や自家用自動車の普及等により乗客が減少しており、赤字を補てんする基金も平成20年度で底をつくと思われる。


 現状と課題として、乗車の主力となる高校生が激減することは明らかである。専務不在の経営を存続させることは困難である。また、平成18年度には多くの退職者が見込まれ、運転手の確保が急務であり、これがクリアできなければ、鳥取駅への運行が困難となる。線路及び通信設備を自治体で保守管理すると同時に、用地を沿線自治体で取得し、運営助成基金の財源とすることを検討。通学定期券の割引率及び家族で使用できる定期券の検討。平成24年度から3年間、3億6,000万円と見込まれる車両更新費用を捻出するため、沿線自治体による更新基金の積み立ての検討、及び国・県への財政的援助の制度化を訴えること。現在の若桜鉄道が置かれている危機的状況を広く住民に知らせることが必要。


 以上、総務常任委員会委員一同は、存続か廃止かの判断を下す時期は差し迫っていることを確認し、今後の重要課題として、問題解決の方向で取り組みたいと考えています。


 次に、過疎地域自立促進計画の策定状況についてであります。


 概要説明として、平成12年度から平成21年度までの10年間の時限立法として新たに施行された過疎地域自立促進特別措置法により、計画書を作成するものであり、本町における過疎地域として指定を受けることができる地域は、八東地域であります。なお、現在、八頭町過疎地域自立促進計画専門委員会で審議中であったことから、本常任委員会では、現時点での内容説明を求め、調査・研究を行いました。


 事業計画として、産業の振興。交通・通信体系の整備、情報化及び地域間交流の整備。生活環境の整備。高齢者等の保健・福祉の向上、及び増進。教育の振興。地域文化の振興。集落の整備等が計画されています。


 質疑・意見として、総合計画振興審議会と過疎地域自立促進計画専門委員会及び辺地計画専門委員会の組織構成とか、過疎債・合併特例債の使い分けはどうかという質問に対し、審議会・委員会はそれぞれ独立した組織構成であります。過疎債・特例債は、県・国の配分枠もあり、町にとって有利なものを適用したい。過疎計画が先行するが、総合計画において偏りのないよう配慮をしてほしい。用呂地区水源整備を18年度に計画されているが、早急に実施すべきでは等々の意見がありました。


 なお、その目的にもうたわれているように、地域の自立促進を図り、もって住民福祉の向上、雇用の増大、地域格差の是正、及び美しく風格のある国土の形成に寄与することにつながるよう、調査・研究を深めたところであります。


 以上、2項目、閉会中の調査状況についての報告といたします。


○議 長(松田秋夫君) 次に、産業建設常任委員会委員長、河村久雄君。


○産業建設常任委員会委員長(河村久雄君) 産業建設常任委員会の閉会中の継続調査事件の状況について、八頭町議会会議規則第47条第2項の規定によりまして、その結果を報告いたします。


 閉会中の審査につきましては、去る7月4日、また、7月20日の2日間、それぞれ関係する各課等から意見を求め、調査・研究をいたしました。


 以下、4項目を調査いたしました。


 中山間地の直接支払事業に関すること。バイケミ農法に対する行政の取り組みに関すること。公園の指定管理者制度に関すること。汚泥処理に関することでございます。


 以下、簡単に概要を説明させていただきます。


 中山間地の直接支払事業に関しましては、16年までの実績報告と17年度以降の取り組み・考え方について調査を行ったところでございます。町長からも一般質問等でお答えをいただいております。


 また、2番目としてバイケミ農法の現状と課題、及び今後の展望ということでございますが、これはご承知のように中山間地域活性化交付事業より、平成15年、16年、17年の3カ年で製造・耕転・散布に必要な機械の整備とあわせて、普及・指導体制の整備が行われ、農家の支援を行ってきたものでございます。


 現状につきましては、17年度で23戸、散布をされましたのが水稲6.1、果樹が1.3、野菜が1ヘクタールということでございます。なお、この機械につきましては、地域で個人所有というのもあるように聞いております。また、このパウダーは、反トン当たり梨のコンテナー、あれで83コンテナーぐらいを1反に散布するということで、その価格は1万6,600円ということのようでございます。


 課題といたしまして、行政としての今後のかかわり、取り組み姿勢、また、生産物の有利な販売。例えば、水稲等につきまして面積的に少ないということもございます。今は大量の時代、いわゆるロット販売ということもあるわけで、そういう面からの販売の対策等も必要だろう。それから、取り組み農家と生産面積をまだまだこれでは、先ほどのロットのこととあわせまして、面積的な問題もある。それから、パウダーそのものの機械的な能力があるように感じております。


 公園の指定管理者制度につきましては、18年の9月までに法律で定められ、そのような取り組みが町長からもいろいろ話はございましたが、これから進められるとおりでございますし、公共下水・農集の汚泥処理、これにつきましては、それぞれの処理方法が農集・公共別々な処理方法がとられておりますが、公共につきましても肥料化されておると。普通肥料という公共汚泥も取り扱いがされておるということのようでございます。


 以上、4項目につきまして、閉会中の調査状況につきまして報告をいたします。


 以上でございます。


○議 長(松田秋夫君) 次に、教育福祉常任委員会委員長、梶 稔君。


○教育福祉常任委員会委員長(梶 稔君) 教育福祉常任委員会の調査状況の報告をさせていただきます。


 まず、私どもの常任委員会は非常に幅が広いということの中で、委員の皆様方には、行動する委員会の名のもとに日々努力しているということでございます。また、人間形成に大切な所管課だというようなことで、早急にいろいろなことを把握したいという気持ちの中で調査をやらせていただきました。


 それでは、報告をさせていただきます。


 調査事件はそこに書いておりますように、学校・社会教育に関すること。福祉・保健衛生に関すること。その他、所管事項に関することということでありまして、2の調査の経過等ということでございます。17年の6月28日、閉会中の継続調査申し出を議決していただきまして、平成17年7月26日・27日・28日の3日間にわたりまして、町内の全小・中学校長さん、並びに保育所の所長さんとの小・中学校教育及び児童福祉に関する懇談会を開催させていただきました。校長さん方、所長さん方には、それぞれ班別みたいなことをさせていただいて、おいでいただいて聞かせていただいたということでございます。


 開催目的は、本常任委員会は、小・中学校教育・児童福祉の向上策につき調査中であり、とりわけ教育環境、保育環境及び児童生徒数減少傾向に伴う今後の方策に焦点を置き、全小・中学校長及び保育所長と懇談会を通じ、おのおの所管事務に関する意見等を聴取しました。そして、今後の糧としました。


 調査の概要と結果でございますが、簡単に申し上げます。


 保育所長さんとの懇談でございますが、いろいろとご意見がありました。要望なり改善事項というようなことであります。まず、施設の改善事項のことにつきましては、どこの保育所ということは言いませんけれども、そこに書いてありますように、園庭の管理の困難さ解消というようなことがありました。非常に広い園庭を持っておられて、なかなか管理が難しいというようなことがありましたし、駐車場の確保。駐車場がそれぞれ専用の駐車場というのがあっても狭い。また、ないというようなところがありまして、苦労しておられるなという感じを受けました。


 それから、通園道路の拡幅をしてほしいと。また、通園道路の歩道の設置が欲しいな、トイレの改修がしてほしい、育児室の暑さ対策というようなこと。また、フェンスの設置、乳幼児室の改善、屋根の雨漏り等々、まだありましたけれども、重立ったのがそのようなことであります。


 聞き取りの中で議員の方から出ました言葉が、委員からの意見ということで書いております。そこに、正職員増員と臨時職員の研修受講ができるようにということであります。また、将来の適切な町内保育所運営については、きめ細かい情報提供を望みたい。次に、家庭教育の大切さをいま一度町内全体で検討することが必要ではなかろうかなというようなことでありますし、各施設で旧町名の看板が残っているところがあるから、これは早急に早く取りかえていかなければということでありました。


 その下が懇談内容ということでありまして、所長さん方から出た話の中で簡単にしております。要望事項が多岐にわたるとともに、その解消には時間を要する。保育の基本は親であり、その徹底も必要ではというような所長さんのお話でありますし、園児の中には発達障害とも思われる園児が多くなっているように見受けられる。保育所と保護者の信頼関係の重要性が一層求められている。調理師も保育にかかわっている現状ですということでありました。


 続きまして、小学校長さんとの懇談であります。施設の改善ということの中で、建物の外壁がはがれた箇所があるから、危険だから早く直してほしいというようなことがありましたし、通学道路の信号機設置、また、通学道路歩道の設置。プールの改善、これは老朽化しておるというようなことがありました。


 そういうことを聞く中で、また委員から出た意見では、消耗品予算の増額をお願いしたいと苦慮しておるというようなことでありました。図書館司書の1校1名配置。2校1名というようなことでなしに、1校1名配置していただいたら、非常に効果があるんだがなというようなことがありましたし、関連して図書館と学校間の図書の検索ができないかというようなことがありました。また、防犯ベルの配布の継続をお願いしたい。環境整備等の充実をということがありましたし、その下は懇談内容ということでありますが、校長さんのお話の中では、小学校ですが学力に差が出ている子がいる。これは大規模校の校長さんでしたけど、そのことについては教員の方でいろいろと対応はしているということでありました。


 また、施設改善にランクづけをしてほしいと。いろいろと要望をしているが、どれをしてもらえるのかよくわからないというようなことがありまして、急をせけるような、それから判断していただいて、ランクづけをして、日の目を見るようにしてほしいなということがありましたし、校長さんのお話では、特色ある学校とは、日常の業務を磨き上げていくことだというような思いの校長さんもありました。それから、しかるより褒める。管理をするより、自由にやった方がいいんじゃないかというようなお考えもありましたし、保育園より考えることが大切なことが多いんだということで、連携プレーのことも言っておられました。


 また、若い先生では、児童をしかれない先生がおるというようなこともありました。教育は、数字であらわれる部分とそうでない部分がある。家庭教育をしっかり願いたい。社会教育、主にスポーツだというようなことでありましたけど、人間関係が複雑になりやすいが、日ごろ学校では見られない姿があり、非常に大切なことだなという感じは持っているということでありました。多動児が多くなってきたと。保育園でもありましたけど、多動児が多くなってきたというようなこともありました。それから、子供の言いなりの親がたくさんおられるということで、困ったもんだというようなことがありました。それが小学校であります。


 それから、中学校の校長さんとは、施設改善ということの中で、グラウンドの排水施設の改善箇所があるということで、これは長年言っておるけどなかなかできない、早くしてほしいというようなことがありましたし、町民体育館の修繕整備をお願いしたい。屋上の防水施設の老朽化と外壁の落下対策、非常階段の整備というようなことで、それぞれの中学校の校長さんの思いがありました。


 委員から出た意見といたしましては、施設が全体的に老朽化しており、年次的な改修を考えていかないけんのではないかなというようなことがありましたし、体育館にステージが設置されていない箇所があるというようなことで、建設された当時の思いというのは僕らにはわかりませんけれども、はてなというような感じがしたわけであります。


 その下が校長さんとのお話で出たことでありまして、どの学校でも不登校の解消に向け努力していると。数字はいろいろありましたけども、不登校解消に努力しなければいけないという認識を持って一生懸命やっておるということでありましたし、服装がいろいろと乱れたりする。そのことについては、やっぱり心のバロメーターだと。これは、高校生がモデルになっていることが多いというようなお話の校長さんがありました。


 それから、品位の中の行動・言動の中で、自信が持てない生徒が多い感じがするということがありました。それから、生徒は学校に期待して来るんだと。それを帰りには満足して帰す努力を教員は一生懸命やっているというようなことがありましたし、3年間の中学校生活の中で、進路保障を大切にする意味で、基礎学力の向上に努めておるということであります。それから、子供は家庭・学校・地域で育てるんだという、よく言われますそのこともまた言っておられました。また、ある学校では、生徒に学校評価をアンケートしたということでございまして、1つの項目ですが、そこに書いております学校は楽しいかという項目をしたら、90%あったというようなことでありました。


 (2)でありますけど、平成17年それらを聞き取りをする中で、懇談をする中で、その後8月5日の日に施設の改善等の要望・意見があった保育所を視察し、本調査状況報告等について検討いたしました。


 そして、大きな4でございますが、最後です。調査結果。少子化が進展する中、特に子供は町の宝であります。今後、ハード・ソフト面の両面において配慮の必要性と将来を見据えた保育・教育が達成されるべきである。なお、町民全体で家庭教育の重要性をさらに求め、その機運が醸成されることを強く痛感しました。


 以上、小・中学校教育及び児童福祉に関する懇談会についての閉会中の調査状況について、報告をさせていただきました。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) ただいま各常任委員会委員長から、閉会中の継続調査事項についての状況報告がありました。


 一括して委員長に対する質疑に入ります。


 初めに、総務常任委員会委員長に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで、総務常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 次に、産業建設常任委員会委員長に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで、産業建設常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 次に、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これで、教育福祉常任委員会委員長に対する質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。


 ただいま、発議2件が所定の賛成者を得てお手元に配付のとおり提出されました。


 この際、これを日程に追加して、議題にいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、この際発議2件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第2 発議第14号を議題といたします。


 職員をして議案の朗読をいたさせます。事務局長。


               (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 発議の提出者に提案理由の説明を求めます。


 発議第14号提出者、岡嶋正広君。


○4番(岡嶋正広君) 発議第14号。ウェルシティ鳥取に関する意見書の提出について、提案理由を申し上げます。


 鳥取県東部の宿泊施設、会議施設の状況、地元経済への影響と雇用状況等を危惧し、もって地域に貢献している状況を踏まえ、意見書を提出しようとするものであります。


 委員各位のご賛同をいただきたく、提案の理由といたします。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑に入ります。質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 発議第14号について、討論ございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 発議第14号は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、発議第14号 ウェルシティ鳥取に関する意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩いたします。


               (13時58分)





◎再  開





○議 長(松田秋夫君) 会議を再開いたしたいと思います。


               (14時20分)





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第3 発議第15号を議題といたします。


 職員をして議案の朗読をいたさせます。事務局長。


               (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 発議の提出者に提案理由の説明を求めます。


 発議第15号提出者、河村久雄君。


○9番(河村久雄君) 提案理由を申し上げます。


 道路特定財源の堅持を求める意見書の提出についてでありますが、安全で安心して暮らせる地域づくりや個性を生かした地域づくりを推進するため、最も基本的な社会基盤である道路の計画的な整備は、不可欠でございます。特に、高速道路から市町村道路に至る道路整備を計画かつ強力に推進することが重要となっており、このため道路特定財源制度を堅持しつつ、町の実情を十分踏まえ、道路整備の推進を強く要請しようとするものでございます。


 議員各位のご賛同をいただきたく、提案の理由とさせていただきます。


 以上でございます。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑に入ります。質疑ございませんか。


               (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。


 これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 発議第15号について、討論はございませんか。


               (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 発議第15号は、原案のとおり決することにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、発議第15号 道路特定財源制度の堅持を求める意見書の提出については、原案のとおり決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第4 委員会の閉会中の継続調査の件を議題といたします。


 議会運営委員会、議会広報特別委員会、議会活性化調査特別委員会、総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育福祉常任委員会、各委員長から、委員会において調査中の事件について、会議規則第75条の規定によって、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。


 お諮りいたします。


 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 追加日程第5 議員の派遣についての件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 議員の派遣については、会議規則第119条の規定により、お手元に配付した資料のとおり派遣したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 従って、議員の派遣については、配付の資料のとおり派遣することに決しました。





◎閉  会





○議 長(松田秋夫君) これをもちまして、本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、平成17年第7回八頭町議会定例会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成17年第7回八頭町議会定例会を閉会いたします。


 大変長い間、御苦労さまでございました。





               (平成17年9月30日午後2時24分閉会)





会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員