議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成17年第3回臨時会(第1日目 5月27日)




平成17年第3回臨時会(第1日目 5月27日)





        平成17年第3回八頭町議会臨時会会議録(第1号)





 
招集年月日  平成17年5月27日


招集の場所  八頭町議会議場(八頭町役場船岡庁舎)


開   会  平成17年5月27日 午後2時07分宣告


       (第1日)





応招議員


   1番 秋山 宏樹   2番 池本  強   4番 岡嶋 正広


   5番 小倉 一博   6番 梶   稔   7番 鎌谷  收


   8番 川西  聡   9番 河村 久雄  10番 桑村 和夫


  11番 小林 久幸  12番 下田 敏夫  13番 竹内 康紀


  14番 谷本 正敏  15番 西尾 節子  16番 林  展正


  17番 前土居一泰  18番 森山大四郎  19番 矢部 博祥


  20番 山本 弘敏  21番 松田 秋夫





不応招議員


   3番 石破 正仁





出席議員  応招議員に同じ





欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  助   役  中家俊夫  収 入 役   桑村和義


 総務課長    井山愛治  船岡支所   山根貴和  八東支所長   薮田邦彦


 税務課長    岸本博伸  福祉課長   吉田英人





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  山本政明  書記     中村文子





町長提出議案の題目


 八頭町国民健康保険税条例の一部改正について





議事日程


 別紙のとおり





会議録署名議員


   7番 鎌谷收議員     8番  川西聡議員





             議 事 日 程 (第 1 号)


                平成17年5月27日(金)午後2時開議


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第26号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正について





議事の経過                   (午後2時07分)


◎開会宣告





○議 長(松田秋夫君) ただ今の出席議員は20名で、定足数に達しております。


 よって、平成17年第3回八頭町議会臨時会は成立いたしましたので、開会いたします。


 ただ今から本日の会議を開きます。


 報告事項がありますので、事務局長に報告させます。事務局長。


 事務局長(山本 政明君) ご報告いたします。3番議席 石破正仁議員から、所用のため本日の会議を欠席する旨の届出がありました。以上報告を終わります。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本臨時会の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎会議録署名議員の指名





○議 長(松田秋夫君) 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により


 7番議員 鎌谷 收君


 8番議員 川西 聡君を指名いたします。





◎会期の決定





○議 長(松田秋夫君) 日程第2 会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日限りといたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


            (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、会期は本日1日限りとすることに決定いたしました。





◎議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) 日程第3 議案第26号を議題といたします。


 議案の朗読をいたさせます。山本事務局長


            (事務局長朗読)





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 町長から提案理由の説明を求めます。


○町 長(平木 誠君) みなさん、こんにちは。第3回の臨時会をご案内申し上げましたところ、みなさんお揃いでご参集いただきまして大変ありがとうございます。国民健康保険税条例ということで、先般、協議会を開いていただいて税率等を決めていただきました。これには基金の問題とか、医療費総額の問題、いろんな点を考えていただいて答申をいただいたというふうに思っております。それでは提案理由を述べさせていただきたいと思います。


 議案第26号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正についてご説明申し上げます。


 国民健康保険制度は、地域住民の医療確保と健康の保持・増進、福祉の向上を目指した制度でございます。今や地域福祉の中枢を担う制度として、重要な役割を果たしておりますことは皆様ご案内のとおりでございます。


 八頭町の平成17年度の国民健康保険税率につきましては、去る5月23日に国民健康保険運営協議会を開催していただきました。9名の方の協議会委員さんをもって、いろいろ審議をいただき答申をいただいたところでございます。


 なお、国民健康保険税につきましては、合併協定書の内容にありますように平成22年度までに統一をしますが、それまでの間、不均一課税なっております。本年度は、旧町単位で税率を設定しておりますし、平成18年度から22年度にかけてそれぞれ段階的に調整をいたしたいと思っております。


 さて、八頭町の全体の昨年と今年の所得状況を比較させていただきますと、農業では昨年の水稲作況指数が91ということで大幅な減収となりましたし、水稲以外の梨とか柿、これらの果樹関係につきましても台風等で大変な影響を受けました。所得の減少をきたしております。


 また、営業所得、昨今の時節柄減少いたしておりますし、また、お勤めの人の方が国民健康保険の方に加入されます折にも、前年所得ということで減少いたしております。全体的に減少傾向にあるということでございます。また、固定資産税、資産税割の関係につきましては課税標準額が家屋等の新築によりまして、旧三町とも若干増加している現状でございます。


 そのような中で、町といたしましては運営協議会の答申を十分に尊重させていただきまして、平成17年度は旧町の基金保有額等を含めた国民健康保険会計の運営状況を考慮いたしまして、医療分としましては、旧郡家町は、概ね1人あたり4,200円、また世帯でみますと8,600円増えるようでございます。また、旧の郡家町といたしましては1人あたり10,300円、また世帯につきましては、20,700円ということでございます。


 旧の船岡町につきましては、1人あたり4,200円、世帯でいきますと、8,600円、また、旧の八東町でいきますと、1人あたり1,200円、また世帯でいきますと減額の800円というふうなことになります。


 次に介護分でございますが、介護被保険者2号の方でございます。40歳から65歳未満の被保険者の方に納めていただいております介護分につきましては、社会保険診療報酬支払基金よりの請求がございます。これは実績を踏まえた請求でございますが、これの2分の1を保険料としてそれぞれ納めていただくことになっております。


 これにつきましても、それぞれの旧町単位で課税するということになっておりますが、やはり増える傾向にあります。郡家町では年間ですが1人あたり2,400円、世帯でいきますと3,000円、船岡町では1人あたり1,200円、世帯でいきますと1,700円、また、八東町では1人あたり2,300円、世帯でみますと2,700円、というふうにどうしても増加傾向になっているところでございます。


 改正の中身についてでございますが、医療分の税率、医療分の応益にかかります軽減割合、次に介護分の税率、介護分にかかります応益の軽減割合の順でご説明を申し上げます。


 合併前の旧の郡家町の区域内に住所を有する方の応能の所得割「100分の8.1」を「100分の11.5」に、資産割を「100分の32.5」を「100分の38.5」といたします。また、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきまして「26,000円」を「30,500円」に、世帯割平等割、1世帯につきましては「27,000円」を「30,000円」といたすものであります。


 また、応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数875名の方、494世帯の方が対象見込みであります。被保険者の方1人につき「21,350円」、世帯割1世帯につき「21,000円」、5割軽減世帯では、被保険者数285名の方、101世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「15,250円」、世帯割1世帯につきまして「15,000円」、2割軽減世帯では、被保険者数334名の方でありまして、149世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「6,100円」、世帯割1世帯につきまして「6,000円」を軽減させていただくものであります。


 次に合併前の船岡町の区域内に住所を有する方の応能の所得割を「100分の5.3」を「100分の5.7」に、資産割を「100分の31.0」を「100分の35.0」とし、また、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきまして「20,000円」を「22,500円」に、世帯別平等割、1世帯につきましては「20,000円」を「22,500円」といたすものであります。


 また、応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数522名、302世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきましては「15,750円」世帯割1世帯につきまして「15,750円」5割軽減世帯では、被保険者数133名、51世帯の方が対象見込みであります。被保険者1名につきまして「11,250円」、世帯割につきましては「11,250円」、2割軽減世帯では、被保険者数175名であります。74世帯の方が対象見込みで、被保険者1人につきましては「4,500円」、世帯割につきましても「4,500円」を軽減いたすものであります。


 次に合併前の八東町の区域内に住所を有される方の応能の所得割であります。「100分の5.89」を「100分の8.20」に、資産割「100分の33.0」を「100分の31.0」とさせていただくとともに、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきましては「18,800円」を「22,000円」に、世帯別平等割、1世帯につきましては「17,400円」を「20,000円」といたすものであります。


 また、応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数607名、375世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につき「15,400円」世帯割1世帯につきまして「14,000円」、5割軽減世帯では、被保険者数191名、64世帯の方が対象見込みでありますが、被保険者1人につきまして「11,000円」、世帯割1世帯につきまして「10,000円」、2割軽減世帯では、被保険者数274名、108世帯の方が対象見込みであります。被保険者1名につきまして「4,400円」、世帯割1世帯につき「4,000円」を軽減いたすものであります。


 続きまして、合併前の郡家町の区域内に住所を有する方の介護分の応能の所得割を、「100分の1.9」を「100分の2.4」に、資産割「100分の8.5」を「100分の9.2」とさせていただき、また、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきまして「9,000円」を「10,000円」に、世帯別平等割、一世帯につきましては「5,000円」を「7,000円」といたすものであります。


 また、応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数233名、196世帯の方が対象見込みであります。被保険者1名につきまして「7,000円」世帯割1世帯につきまして「4,900円」5割軽減世帯では、被保険者数79名、51世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につき「5,000円」、世帯割1世帯につきまして「3,500円」、2割軽減世帯では、被保険者数86名、67世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「2,000円」、世帯割1世帯につき「1,400円」を軽減させていただくものであります。


 次に、合併前の船岡町の区域内に住所を有する方の介護分の応能の所得割を、「100分の1.2」を「100分の1.3」に、資産割「100分の10.0」を「100分の13.0」とし、また、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきまして「8,100円」を「8,500円」に、世帯別平等割、1世帯につきましては「5,200円」を「5,500円」といたすものであります。


 また、応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数121名、102世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「5,950円」世帯割1世帯につきまして「3,850円」5割軽減世帯では、被保険者数34名、27世帯の方が対象見込みであります。被保険者1名につきまして「4,250円」、世帯割1世帯につきまして「2,750円」、2割軽減世帯では、被保険者数53名、40世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「1,700円」、世帯割1世帯につきまして「1,100円」を軽減させていただくものであります。


 次に合併前の八東町の区域内に住所を有される方の介護分の応能の所得割であります。「100分の0.78」を「100分の1.10」に、資産割「100分の6.60」を「100分の8.0」とし、また、応益の被保険者均等割、被保険者1人につきまして「4,800円」を「5,500円」に、世帯別平等割1世帯につきましては「2,700円」を「3,800円」といたすものであります。


 また応益にかかります軽減世帯でございますが、7割軽減世帯では、被保険者数144名、127世帯の方が対象見込みであります。被保険者1人につきまして「3,850円」世帯割1世帯につきまして「2,660円」5割軽減世帯では、被保険者数57名、40世帯の方が対象見込みであります。被保険者1名につきまして「2,750円」、世帯割1世帯につきまして「1,900円」、2割軽減世帯では、被保険者数76名、55世帯の方が対象見込みであります。


 被保険者1人につきまして「1,100円」、世帯割1世帯につきまして「760円」を軽減いたすものであります。


 以上、説明申し上げましたけれども、ご事情ご賢察いただきまして本条例の改正につきまして、ご可決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。


○議 長(松田秋夫君) 以上で提案理由の説明を終わります。





◎質  疑





○議 長(松田秋夫君) これより質疑を行います。


 議案第26号について質疑ございませんか。


○8 番(川西 聡君) はい、議長8番。


○議 長(松田秋夫君) 8番、川西君。


○8 番(川西 聡君) 町長、押し並べて増税なわけですね。これはいろんな見方があろうかと思いますが、先程の基金の問題だとか繰越金の問題だとか医療費の問題だとか勘案しますと、なかなか厳しいけれども、止むを得ないのかなという思いがあります。しかし負担増ということになれば、やはりなんだかんだ言っても住民は中々感情的に納得しないだろうと。そういう思いがあります。私もその気持ちがわかるような気がします。


 それでですね。町長にお気持ちをお伺いしたいんですが、先程の説明のなかで、八東の医療分の減額措置ですね800円、これは国保の医療分です。これを除いても極めて介護分も含めて増税になっているわけです。この点について町長、先程の説明とだぶるかも知れませんが、町民に対して申し訳ないと、申し訳ないんだけれども我慢してくれと、こういうような言い方で強いお覚悟を示していただきたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 町長 答弁。


○町 長(平木 誠君) 川西議員さんのご質問にお答えしたいと思います。


 当然、町側として皆さんが方からご負担を多くいただくということは本意ではありません。しかしながら、医療費の問題、また基金とか繰越金の問題、総合的に考えさせていただき、いかに町民のみなさんのご負担を低く押さえたいという気持ちで、協議会の中の委員さんも審議されましたし、私自信もそう思っていますし願っております。しかしながらこの中に一般財源を投入するということにつきましては、国保に加入しておられる方以外の方のこともありますので、なかなか出来ない部分がございます。町民の皆さんのご理解を求めたいというふうに思っております。


○議 長(松田秋夫君) 8番 川西君。


○8 番(川西 聡君) 町長の方からいみじくも言われましたが、一般財源の繰り入れの問題でクリアーできないということですね。しかし私は、はかない抵抗かもしれませんが、全国的なすう勢なんかをどれだけ勉強されたかなと思います。一般会計からの繰り入れというのは、これは町民の負担増ということを心配のあまり、知恵と工夫を凝らしているところもあるわけです。実際にそこまでの決断には至らなかったわけですけれども、このあたりのところもう一度どうですか。


○議 長(松田秋夫君) 町長 答弁。


○町 長(平木 誠君) 一般財源の中で基盤安定とか、そういう部分で一般会計に入ってきますものは全てお出ししています。そういう中で一般財源を国保のみに使うということは、社会保険の皆さんにも補助をしてほしいと言われる時にはどうなるか。私は町全体を見てみたい。そういう思いであります。


○8 番(川西 聡君) 議長 もう一つ。


○議 長(松田秋夫君) 8番 川西君。


○8 番(川西 聡君) わかりました。それでは最後に、これから心配されるのは、当然、増税ということになれば、町民の生活がそれだけしわ寄せを受けることに当然なるけで、今現在、滞納をされているその人が、これから先増えてくるだろうということを非常に心配するわけです。これは何度も繰り返し言ってもいいと思います。そうなれば、そういった人を救済する制度として国保の場合で言いますと、申請減免という制度がございます。私が町長のお気持ちをお伺いしたいのは、そういう制度はきめが細かい、いろんなケースで判断をして、そして社会的弱者の立場の方を救済すると、なるべく負担増を押さえていくという申請減免のあり方というのを徹底してやっていただきたい、ということを思うわけですが、そのあたり町長、最後にお伺いして終わります。


○議 長(松田秋夫君) 町長 答弁。


○町 長(平木 誠君) 当然、法的減免はあるわけであります。なおかつ予期しないことによって所得がなくなった。資産がなくなった。そう言われる方だろうと思っております。今の時勢の中では本当で会社を自分の意に反してお辞めになるということはあろうかと思います。この問題につきましては総合的に判断しないと、本当に所得補足されないものが、例えば安定所の方から出ますとか、いろんな問題があろうと思いますが、本当に困っておられる方につきましては考えてみたいと思います。


○議 長(松田秋夫君) 他に質疑ございませんか。


○7 番(鎌谷 收君) 議長。


○議 長(松田秋夫君) 7番 鎌谷君。


○7 番(鎌谷 收君) 本案について若干の質問をしたいと思います。この時期いつでも国保税の税条例改正が出てくるわけでございますが、今回の合併後の最初でありますから、初めてこういう立場になったわけであります。合併協議会でもいろんな議論をされたなかで、唯一と言いましょうか、典型的な不均一課税のただ一つといっていいかどうか分りませんが、不均一課税をする一つであります。非常にまたこの格差は不均一の格差が大きくなっておるわけであります。


 それで、合併協議会におきましては、17年度については旧町の区域毎に税額を算定する。2年目からは旧町の3ヵ年の医療費の伸び率を算定してその算定額の5分の4を旧町の区域で、あるいは次に段階的に、残りの5分の1を新町が持つといいますか新しい町でありますが、それを段階的にどんどん上げていって6年目の平成22年度に統一するんだといった協定項目になっているんですが、町長はこれをそのまま引き継いで踏襲してお守りいただくのかどうなのか、お尋ねをしておきますし、併せて先程も申し上げますように、非常に同一町内において格差が生じております。利益を受ける方は同じ率で受けるわけでありますけれども、負担をする方が相当差があるということにつきまして、非常に住民の中から、わかりにくい、あるいは不公平だというような声があがる恐れもありますので、そこらあたりのところを住民に対してどのように説明理解を求められようとしているのか、まず合併協での調整項目を守っていかれるのか、それから住民に対してはどのように説明をしていかれるのかお尋ねいたします。


○議 長(松田秋夫君) 町長、答弁。


○町 長(平木 誠君) 7番、鎌谷議員さんのご質問に対しましてお答えをいたします。基本的には合併協で決められた方向で18年からの5年間で調整させていただきたいと思います。率につきましては、2割ずつでいきますと、5年間なんですが基本的には均等割がいいかなあと思っております。


 それと、もう一点、町民の方にお知らせといいますか、お願いといいますか、広報なんですけれども、これはやはり合併協議会の中で、いろんな議論があって、この国保税の問題は不均一課税になった経過がございます。このあたりは町民の皆さんもご存知だろうと思いますが、中身的にこうなんですよという説明は、広報等でもしていきたいと思いますし、この時期がいつか、来年からですから、私が申し上げておりますように、出来れば各集落に出させていただく、そういう中で一つの項目として取り上げて説明をさせていただいたらと思っております。


○議 長(松田秋夫君) 7番、鎌谷君。


○7 番(鎌谷 收君) 大体考え方はわかりましたが、一つ要望といいましょうかお願いをしておきます。十分合併協議、あるいはそういう広報をした中で理解を得ておるだろうという町長の思いもあるようでございますが、必ずしも税金が割り当てられた時には、そのような状況にはないと思います。


 これから非常に税金が均衡を欠くというような声が出ることを心配するものでありますので、十分住民に徹底をしていただきます。あるいは広報といいますか説明をしていただく機会を十分持っていただくことを要望しておきます。以上終わります。


○議 長(松田秋夫君) 他に質疑ございませんか。


            (質疑なし)


○議 長(松田秋夫君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終結いたします。





◎討  論





○議 長(松田秋夫君) これより討論を行います。


 議案第26号について、討論ございませんか。


             (討論なし)


○議 長(松田秋夫君) 討論なしと認めます。


 これにて討論を終結いたします。





◎採  決





○議 長(松田秋夫君) これより採決いたします。


 お諮りいたします。


 議案第26号は、原案のとおり決することにご異議ありませんか。


○8 番(川西 聡君) 議長。


○議 長(松田秋夫君) 8番 川西君。


○8 番(川西 聡君) 起立採決取ってください。異議があります。


○議 長(松田秋夫君) お諮りいたします。


 議案第26号について原案に賛成の方は起立願います。


          (起立多数)


○議 長(松田秋夫君) 起立多数です。


 よって、議案第26号 八頭町国民健康保険税条例の一部改正については原案のとおり決しました。





◎(閉会宣言)





○議 長(松田秋夫君) これをもちまして、本臨時会の会議に付された事件は、すべて議了いたしました。


 よって平成17年第3回八頭町議会臨時会を閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


          (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) ご異議なしと認めます。


 よって、平成17年第3回八頭町議会臨時会を閉会いたします。


         (平成17年5月27日 午後2時38分閉会)





会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





  議  長





  署名議員





  署名議員