議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 八頭町

平成17年第1回臨時会(第2日目 4月28日)




平成17年第1回臨時会(第2日目 4月28日)





        平成17年第1回八頭町議会臨時会 会議録 (第2号)





 



招集年月日  平成17年4月28日


招集の場所  八頭町議会議場


開   会  平成17年4月28日 午前10時 1分宣告


       (第2日)





応招議員


   1番 秋山宏樹   2番 池本 強   3番 石破正仁


   4番 岡嶋正広   5番 小倉一博   6番 梶  稔


   7番 鎌谷 收   8番 川西 聡   9番 河村久雄


  10番 桑村和夫  11番 小林久幸  12番 下田敏夫


  13番 竹内康紀  14番 谷本正敏  15番 西尾節子


  16番 林 展正  17番 前土居一泰 18番 森山大四郎


  19番 矢部博祥  20番 山本弘敏  21番 松田秋夫





不応招議員


  (な  し)





出席議員  応招議員に同じ


欠席議員  不応招議員に同じ





地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名


 町  長    平木 誠  総務課長   桑村和義  税務課長    岸本博伸


 企画人権課長  西山淳夫  福祉課長   吉田英人  船岡支所長   井山愛治


 八東支所長   薮田邦彦  保健課長   細田初博  産業課長    勝原宣則


 建設課長    野崎正実  上下水道課長 岡本秀雄  地籍調査課長  小林 孝


 教育次長    古岡英明  農業委員会事務局長    出納室長    白岩和典


                      保木本妻枝





本会議に職務のため出席した者の職氏名


 議会事務局長  中家俊夫  書記     中村文子





町長提出議案の題目


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭町役場の位置を定める条例ほか162件の条例の制定について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭町の字の名称の変更について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査会への加入につい


 て)


 専決処分の承認を求めることについて


 (鳥取県町村職員退職手当組合への加入について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (鳥取県町村消防災害補償組合への加入について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭町と鳥取県との間の公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議をするこ


 とについて)


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭町と鳥取県との間の職員の研修に関する事務の委託に関する規約を定めることに


 ついて)


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭郡就学指導推進協議会への加入について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (郡家町土地開発公社定款の一部変更について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (平成16年度八頭町一般会計暫定予算ほか15件の暫定予算について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (八頭町税条例の一部を改正する条例について)


 専決処分の承認を求めることについて


 (平成17年度八頭町一般会計暫定予算ほか14件の暫定予算について)





議事日程





  別紙のとおり





会議録署名議員


   3番  石破正仁議員   4番  岡嶋正広議員





             議 事 日 程 (第 2 号)


                    平成17年4月28日(木)午前10時開議


日程第 1 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて


            (八頭町役場の位置を定める条例ほか162件の条例の制定に


            ついて)


日程第 2 議案第2号 専決処分の承認を求めることについて


            (八頭町の字の名称の変更について)


日程第 3 議案第3号 専決処分の承認を求めることについて


            (町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及


            び審査会への加入について)


日程第 4 議案第4号 専決処分の承認を求めることについて


            (鳥取県町村職員退職手当組合への加入について)


日程第 5 議案第5号 専決処分の承認を求めることについて


            (鳥取県町村消防災害補償組合への加入について)


日程第 6 議案第6号 専決処分の承認を求めることについて


            (八頭町と鳥取県との間の公平委員会の事務の委託に関する規


            約を定める協議をすることについて)


日程第 7 議案第7号 専決処分の承認を求めることについて


            (八頭町と鳥取県との間の職員の研修に関する事務の委託に関


            する規約を定めることについて)


日程第 8 議案第8号 専決処分の承認を求めることについて


            (八頭郡就学指導推進協議会への加入について)


日程第 9 議案第9号 専決処分の承認を求めることについて


            (郡家町土地開発公社定款の一部変更について)


日程第10 議案第10号 専決処分の承認を求めることについて


             (平成16年度八頭町一般会計暫定予算ほか15件の暫定予


             算について)


日程第11 議案第11号 専決処分の承認を求めることについて


             (八頭町税条例の一部を改正する条例について)


日程第12 議案第12号 専決処分の承認を求めることについて


             (平成17年度八頭町一般会計暫定予算ほか14件の暫定予


             算について)





議事の経過


開会宣告                    (午前10時01分)


○議 長(松田秋夫君) 皆さん、おはようございます。


 昨日に引き続きまして、今日は第2日目でございます。ご案内のとおりに、今日は専決処分の関係でありますが、これから第1回の臨時会の会議の2日目を行いたいと思います。


 ただいまの出席議員は、21人です。


 地方自治法第113条の定める定足数に達しています。


 直ちに本日の会議を開きます。





◎議事日程の報告





○議 長(松田秋夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。





◎休  憩





○議 長(松田秋夫君) 暫時休憩します。


               (10時02分)





◎再  開


○議 長(松田秋夫君) 再開をいたします。


               (10時04分)





◎一括議題の宣告





○議 長(松田秋夫君) この際、日程第1 議案第1号、専決処分の承認を求めることについてから、日程第12 議案第12号、専決処分の承認を求めることについてまでの12議案を一括上程したいと思います。


 これにご異議ございませんか。


               (異議なし)


○議 長(松田秋夫君) 異議なしと認めます。


 したがいまして、日程第1 議案第1号、専決処分の承認を求めることについてから、日程第12 議案第12号、専決処分の承認を求めることについてまでの12議案を一括上程します。





◎提案理由の説明





○議 長(松田秋夫君) 順次、提案理由の説明を求めます。


 町長、演壇へどうぞ。


○町 長(平木 誠君) おはようございます。


 昨日に引き続きましてご審議賜りまして、大変ありがたく思います。よろしく申し上げたいと思います。


 先ほど八東の方で山火事がありましたが、広留高原です。鎮火しましたのでご安心いただきたいと思います。


 それでは、今臨時会に提案し審議いただきます案件は、専決処分を行いました議案12件であります。十分なるご審議を賜り、ご承認いただきますよう心からお願いいたします。


 それでは、議案の説明に入らせていただきます。


 議案第1号、専決処分の承認を求めることについて。八頭町役場の位置を定める条例ほか162件の条例の制定についてご説明いたします。中身につきましては、別紙の方に案件が載っております。


 この条例につきましては、旧郡家町、旧船岡町、旧八東町は、平成17年3月31日に合併しまして、八頭町となりました。合併協定をもとに、合併協議会で協議・承認されました各種事務事業等々の調整内容に基づきまして、合併と同時に不可欠なもの、同時に必要なものにつきまして、町長職務執行者の専決により、即時施行を行わせていただいたものであります。


 以上、ご賢察いただき、承認を賜りますようお願い申し上げます。


 続きまして、議案第2号であります。


 同じく専決処分の承認であります。八頭町の字の名称の変更についてでございます。この字の名称変更につきましては、合併協定書に基づきまして、町名と大字名の間には、大字の文字は表記しないということと、従来の郡家町の殿は八頭町郡家殿、船岡町の殿は船岡殿、船岡町郡家は隼郡家に大字の名称を変更するものであります。


 これらにつきましては、地方自治法第260条の規定によりまして、議会の議決を経てこれを定めることになっておりますが、即時に制定する必要がございますので、合併と同時に町長職務執行者の専決により定めたものであります。


 議案第3号であります。同じく専決処分の承認を求めることでございます。


 鳥取県町村等の非常勤職員の公務災害補償等に関する認定委員会及び審査委員会への加入についてでございます。この議案につきましては、非常勤職員の公務災害等に関する認定審査会を共同設置をしておりますけれども、合併に伴いまして旧3町はそれぞれ、平成17年3月30日をもって脱退し、改めまして3月31日に八頭町として加入いたしたものでございます。


 議案第4号であります。同じく専決処分の承認を求めるものでございます。


 鳥取県町村職員退職手当組合への加入についてでございます。この議案につきましては、県下の町村一部事務組合で組織し、組合町村の職員に対する退職手当の支給に関する事務を共同処理をしております。合併に伴いまして旧3町は、それぞれ平成17年3月30日をもって脱退いたしまして、改めて3月31日に八頭町として加入いたしたものであります。


 議案第5号。同じく専決処分の承認を求めることでございます。


 鳥取県町村消防災害補償組合への加入についてでございます。この議案につきましても、鳥取県町村消防災害補償組合を組織し、組合町村の消防団員に対する公務災害補償等に関する認定審査会を共同処理しておりますけれども、合併に伴いまして旧3町は、それぞれ17年3月30日をもって脱退いたしまして、改めて八頭町として3月31日に加入いたしたものであります。


 議案第6号でございます。同じく専決処分を求めることでございます。


 八頭町と鳥取県との間に公平委員会の事務の委託に関する規約を定める協議についてでございます。この議案につきましても合併に伴いまして、八頭町として県の方へ事務の委任を行うものでございます。


 議案第7号。同じく専決処分の承認を求めることについてでございます。


 八頭町と鳥取県との間に町職員の研修に関する事務を委託しております。この事務の委託につきまして、合併に伴いまして新たに八頭町として、職員の研修に関する事務を県の方へお願いするものであります。


 議案第8号であります。専決処分の承認を求めることでございます。


 八頭郡就学指導推進協議会への加入についてでございます。この議案につきましても合併に伴いまして、旧3町はそれぞれ平成17年3月30日をもって本会を脱退して、改めて八頭町として3月31日に加入いたすものであります。


 議案第9号。同じく専決処分の承認を求めることでございます。


 郡家町土地開発公社定款の一部変更についてであります。郡家町土地開発公社は、合併協議会では、これを基本に残そうということになっております。そのため、その設立団体である郡家町が、平成17年3月31日に旧八東町・旧船岡町と合併し八頭町となることに伴いまして、定款について公社の名前、所在地等の所要の変更を行うものであります。変更後は、八頭町土地開発公社、所在地は八頭町に置くということになります。


 議案第10号であります。平成16年度の暫定予算でございます。専決処分の同じく承認を求めることについてでございます。


 平成16年度八頭町一般会計暫定予算ほか、15予算の暫定予算についてご説明申し上げます。


 平成17年3月31日の八頭町の発足により、旧3町の収支は、合併前日の3月30日をもってこれを打ち切り、決算と相なります。


 したがいまして、平成16年度の事務事業等を合併後においても継続し、適正に執行するため、平成16年度未収入額・未支出額をもって3月31日の予算とする、平成16年度八頭町一般会計暫定予算ほか、15会計の暫定予算を地方自治法第179条第1項の規定によりまして、3月31日専決処分いたしました。


 また、同条第3項の規定によりまして、本議会の承認を求めるものであります。


 なお、一般会計暫定予算は、歳入歳出それぞれ23億9,100万円。全体、特別会計を含めた全会計では、38億4,300万1,000円であります。


 事情をご賢察いただきまして、承認を賜りますようお願い申し上げます。


 次に、税条例の改正であります。同じく、専決処分の承認を求めることでございます。


 八頭町税条例の一部を改正する条例でございます。平成17年3月31日をもちまして、地方税法が一部改正されました。内容要旨といたしましては、今日の経済・財政状況を、将来を見据えつつ、持続的な経済社会の活性化を実現するため、あるべき税制の具体化に向けて見直し、また、所要の措置を講ずるために行われる改正であります。この地方税法の改正に伴います条例改正であります。


 まず、町民税に係るものといたしまして、年齢65歳以上の方で前年の合計所得金額が125万円以下の方が、非課税対象者から除外されました。これは、平成18年度から課税ということであります。


 次に、当町では直接関係はないかもわかりませんが、阪神・淡路の震災で被害を受けられました納税者に対して適用されておりました固定資産税の減免の特例期間をさらに3年間延長しようとする改正でございます。


 以上が主な改正でございまして、専決処分を行ったものでございます。


 よろしくご承認賜りますようお願い申し上げます。


 次に、17年度の暫定予算の一般会計の専決処分の承認を求めることについてでございます。


 平成17年度八頭町一般会計暫定予算ほか、14件の暫定予算についてご説明申し上げます。


 合併直後の予算につきましては、地方自治法施行令第2条に基づき、町長職務執行者が暫定予算を調製し、これを執行するものとされております。これに基づきまして、平成17年度八頭町一般会計暫定予算ほか、14会計の暫定予算を地方自治法第179条第1項の規定によりまして、4月1日専決処分を行いましたので、また、同条第3項の規定によりまして、本議会の承認を求めるものでございます。


 なお、暫定予算は、あくまで本予算成立までのつなぎ予算でございますので、6月までの3カ月間の義務的必要経費等を計上いたしております。一般会計で歳入歳出それぞれ30億7,900万円、全会計での総額は、歳入歳出それぞれ50億2,223万6,000円といたしております。


 ご指導・ご賢察いただきまして、承認を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


 以上で専決処分の承認につきましての提案理由としてお願いいたします。


○議 長(松田秋夫君) 以上で上程議案の提案理由の説明が終わりました。





◎詳細説明





○議 長(松田秋夫君) これより詳細説明を求めます。


 担当課長、演壇へどうぞ。


○総務課長(桑村和義君) 総務課長の桑村でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 それでは、専決を行いました議案につきまして、順を追ってご説明申し上げます。


 まず、議案第1号でございますが、八頭町役場の位置を定める条例ほか162件、都合163件の条例につきまして、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分を行ったものでございます。


 本件につきましては、合併協定書を、平成16年9月27日の合併協定書に基づきまして、合併協定項目・条例規則等の取り扱いという中で、即時施行・暫定施行・逐次施行という3項目に分けまして、条例なり規則なりを整備いたすということが調整方針として出されております。


 そうした中で条例につきましては、3町、合計491本の条例がございました。そのものを本日専決処分を行いました163件ということで提案させていただいたものでございます。これにつきましては、職務執行者におきまして、慎重・即時、直ちに条例化すべきものとして判断し、専決を行ったものでございます。


 なお、ちょっと若干の補足を加えます。3ページを見ていただきたいというふうに思いますが、八頭町条例の3ページのところでございますけども、40号と42号の間、1番41号というのが今回の専決処分から外しました。従いまして、41号というのは欠番でございます。そういうことで、6ページのところに第164号というふうにいたしておりますが、最終的に164号という条例化をさせていただきますが、本数といたしましては163本ということでございますので、よろしくお願いいたしたいというふうに思います。


 今回、即時施行ということで163本、今後暫定施行、それから逐次施行ということで、それぞれ議会に提案をいたしまして、新町、新しい町長の政策の中で条例化等を行っていくということになります。


 よろしくご判断いただきたいというふうに思います。


 次に、第2号でございます。


 八頭町の字の名称の変更についてということでございますが、これにつきましても合併協定書に基づきまして、字名の取り扱いということで協定書を結ばせていただいております。大字の文字を削除する。あわせまして、郡家町並びに船岡町に存在しておりました殿なり郡家の扱いにつきましては、関係町において合併の日までに調整するということが、合併協定項目でございました。したがいまして、本日お示しさせていただきましたように、町村内の町または字の区域については、地方自治法第260条によりまして、変更する場合については議会の議決を経てこれを定めるというふうになっておりますが、即時に必要というふうな判断の中で即時施行し、皆さん方に本日承認いただきたいという旨でございます。


 次に、第3号でございます。


 これにつきましては、18ページにそれぞれ別表として定めておりますが、21団体をもってこの会を組織いたしておりまして、公務による災害補償等について審査・認定を行う機関として共同設置をいたしたものということでございます。


 次に4号でございます。


 鳥取県町村職員退職手当組合規約ということの変更でございますけども、これにつきましても26ページを見ていただきたいというふうに思いますが、退職手当組合につきましては、21の団体をもちまして組合を組織いたしておるものでございまして、3月30日をもちまして、それぞれ郡家町・船岡町・八東町ということで組合に加入をいたしておりましたが、30日をもって脱退し、31日八頭町として組合に加入いたしたというものでございます。


 よろしくお願いいたしたいと思います。


 それから、議案第5号、27ページからでございますけども、これにつきましても鳥取県町村消防災害補償組合ということで、同じく合併に伴いまして、県下全町村が加入いたしておりますので、16町村ということに相なっております。


 次に議案第6号、33ページからでございますけども、これにつきましても県の人事委員会に公平委員会ということでの事務の委託をいたしております。これにつきましても旧来の3町でそれぞれ事務委託をいたしておりましたものを、八頭町として事務の委託を行おうというものでございます。


 次に議案第7号、八頭町と鳥取県との間の職員の研修に関する事務の委託に関する規約を定めることについてということでございますが、これにつきましても37ページ、38ページ、39ページに詳細の規約を定めております、鳥取県での研修に八頭町として町村職員の研修を委託するというものでございます。


 それから議案第8号でございます。


 40ページからでございますが、これにつきましても詳細43ページに八頭郡就学指導推進協議会規約というもので設けておりますが、現在、八頭郡内におきまして八頭町・智頭町・若桜町ということで、3町におきまして新たに八頭郡就学指導推進協議会というものを設置し、規約を定めたものでございます。これにつきましては、そこの目的に掲げておりますがごとく、障害のある児童・生徒の適切な就学指導を促進するため、障害の種類及び程度の審査、及び障害の状況に応じた教育措置の判定に関する事務を共同して管理・執行するということを目的といたしておるところでございます。


 よろしくお願いいたしたいと思います。


 続きまして、議案第9号につきましては49ページからでございますけども、51ページに郡家町土地開発公社定款の一部変更ということでございます。提案理由で町長が申し上げましたごとく、従来の3町の中で郡家町に土地開発公社というのが存在いたしております。新町ということで、これを継承いたしまして、八頭町土地開発公社ということで定めたいということで専決を行ったものでございます。そこの下に黒線を入れておりますのが、変更をいたした部分でございます。


 よろしくお願いいたしたいと思います。


 続きまして、議案第10号、専決処分の承認を求めることについての平成16年度八頭町一般会計暫定予算ほか15件の暫定予算についてということでございますが、これについては別冊の一般会計ほか、特別会計を含めまして16の予算について、暫定予算ということで16年度の予算をここで専決を行ったものでございます。


 本件につきましては、年度中途におきますところの新設という合併の場合につきましては、従来の旧町につきましては、年度初めから合併前日までの歳入歳出の決算事務ということで打ち切りを行い、新たに合併年度の合併日から年度末までの決算事務を翌年度行うという定めの中で、3月31日、八頭町として合併をいたしたということで、平成16年度それぞれ16の会計につきまして、暫定予算ということで組ませていただいたものでございます。


 これにつきましては、それぞれ3町当初予算から3月時までの予算をもとにいたしまして、3月31日、債権・債務の生じるものについて、暫定予算ということで、31日のものを予算化いたしたものでございまして、歳入歳出それぞれ23億2,100万円ということでございます。したがいまして、そこに1ページ、2ページ、それから3ページ以降、それぞれ歳入歳出の31日の債権・債務をもちまして、5月末までの出納整理期間をもって、決算を行うべきものをここに掲げておるというものでございます。


 あわせましてご説明申し上げますが、ちょっと5ページを見ていただきたいというふうに思いますが、5ページのところに第2表、継続費というふうにいたしております。船岡小学校校舎改築事業ということで、16年度・17年度ということで継続事業で行うことにいたしておりまして、ここで17年度の継続費、4億4,412万4,000円というものを17年度の継続費ということで掲げさせていただいております。


 次に、6ページを見ていただきたいというふうに思いますけども、繰越明許費でございます。それぞれ16年度期限内の執行というのが原則でございますが、地権者等々との協議なり、それから現場等の関係で繰り越しを余儀なくされた事業というのが、ここに掲げた事業でございます。合計いたしますと、4億4,171万2,000円という金額でございますが、すべてこれにつきましては3月31日、この予算の中に裏づけとして予算化いたしておりまして、これについても17年度、一刻も早い完成を目指して取り組んでいきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いいたしたいというふうに思います。


 なお、債務負担行為。7ページで債務負担行為、それから8ページで地方債というふうに掲げておりますが、これらにつきましてもすべてこの予算の中の裏づけの資料ということでございます。16年度につきましても3月31日、それぞれ適正な執行を行い、5月末までの精算を行いまして、16年度決算を迎えたいというふうに考えております。中身の詳細につきましては、本日は省略させていただきますが、それぞれの町村で議決をいただき、3月30日まで取り組んだ事業の中の31日のものだということでご理解いただければというふうに考えるものでございます。


 以下、それぞれ16年度国民健康保険、簡易水道事業特別会計、住宅資金特別会計、それから老人保健特別会計、公共下水道特別会計、農業集落排水特別会計、介護保険特別会計、宅地造成特別会計、墓地事業特別会計、老人居室・障害者住宅整備資金特別会計、在宅介護支援センター特別会計、上私都財産区特別会計、覚王寺市場財産区特別会計、上津黒・下津黒財産区特別会計、あわせて篠波財産区特別会計、それぞれ暫定予算ということで加えさせていただいておりますが、趣旨につきましては先ほど申し上げましたごとくの予算措置でございます。


 よろしくお願いいたしたいと思います。


 次に議案第11号につきましては、専決を行いました62ページから66ページでございますが、町長の提案をいたしましたとおりということで、ここでの説明については省略をさせていただきたいというふうに思います。


 次に議案第12号、最後でございますが、平成17年度八頭町一般会計暫定予算ほか14件の暫定予算について、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分を行ったものでございます。ここに掲げておりますように、一般会計、国民健康保険特別会計、簡易水道特別会計、住宅資金特別会計、老人保健特別会計、公共下水道特別会計、農業集落排水特別会計、介護保険特別会計、宅地造成特別会計、墓地事業特別会計、老人居室・障害者住宅整備資金特別会計、上私都財産区特別会計、覚王寺・市場財産区特別会計、上津黒・下津黒財産区特別会計、篠波財産区特別会計、それぞれ暫定予算ということで組まさせていただいております。


 中身につきまして、若干の説明をいたします。暫定予算と申しますのは、本来予算は会計年度内、開始前に成立する必要がございますが、今回の場合につきましては合併後当初ということで、一定期間分の必要最小限の予算について定めたものでございます。この暫定予算につきましては、本予算が成立いたしたときには、暫定予算は失効し、本予算に吸収されるということになっておりまして、全体予算をそれぞれ今まで各課で調整をし、今日現在を迎えております。そうした中の4月から6月までの必要な部分について、今回暫定予算ということで組まさせていただきました。


 今後、6月議会に提案させていただくに当たりまして、町長の政策的なものを加味いたしまして、6月の予算の中で6月時に提出させていただく中で、全体予算ということを明らかにさせていただくということでございます。


 したがいまして、本日提案をさせていただきます予算は、一般会計30億7,900万円ということで、以下それぞれ国保以下掲げさせていただいておりますが、それぞれ通常の最小の経費ということで予算計上いたしたものでございます。


 なお、今後年間ベースということで、今後町長の政策的なものを肉づけいたしていくということになるわけでございますけども、現在一般会計各課の概算の要求に基づいた通年予算といたしましては、94億円余りの全体予算というふうな考え方をいたしておりますが、今後政策的なものを含めてまいりますれば、97、8億円ぐらいというのを財政的には考慮いたしつつ、今後町長の予算査定に臨みたいというふうな考え方をいたしておるところでございます。


 端折った説明でございますが、17年度の予算についての説明といたしますが、もう少し若干の説明を加えたいというふうに思いますが、一般会計で申し上げますと、一般会計暫定予算の106ページを見ていただきたいというふうに思いますが、必要最小限の経常的な経費というふうに申し上げましたが、106ページの道路新設改良費のところに見槻谷本線新設事業費というようなことで、工事請負費4,450万円というような決算組みをいたしておりますが、これにつきましては平成16年度・17年度継続で行うということで、4月1日以降事業の継続をさせていくという中で、予算を組まさせていただいておるものでございます。


 次に、118ページを見ていただきたいと思いますけど、18ページの3目の小学校建設費ということで、4億9,384万4,000円という予算組みをいたしておりますけども、これにつきましても船岡小学校の建設事業ということで、平成16年度・平成17年度継続事業で行っておりまして、事業の継続性から今回の暫定予算の中に組み込んでおります。


 あわせましてもう1件、137ページでございますが、農地農業用施設災害復旧費ということで載っておりますけども、16年度災害の災害復旧費ということで、ここで工事請負費等々の予算計上をいたしております。


 以上、端折った説明でございましたが、それぞれ一般会計、それから他の特別会計につきましても、6月までの必要な債権・債務が生じるものにつきまして予算計上をし、最終的には6月議会に町長の施政方針をもっての本格的な予算ということで提案させていただくということをお約束させていただきまして、私からの説明とさせていただきます。


 どうもありがとうございました。


○議 長(松田秋夫君) 以上で詳細説明が終わりました。





◎散  会





○議 長(松田秋夫君) 以上で本日の日程は全部議了しました。


 本日は、これで散会します。


 なお、5月2日午前10時から本会議を開きますので通知します。


 大変御苦労さまでございました。





      (平成17年4月28日午前10時43分散会)





会議の経過を記載して、その相違がないことを証するためここに署名する。





 議  長





 署名議員





 署名議員