議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成28年 9月定例会 09月14日−02号




平成28年 9月定例会 − 09月14日−02号







平成28年 9月定例会



       平成28年第7回岩美町議会定例会会議録(第2号)



 平成28年9月14日(水曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 寺垣 智章君     2番 杉村   宏君     3番 宮本 純一君

 4番 川口 耕司君     5番 田中  伸吾君     6番 松井 俊明君

 7番 澤  治樹君     8番 日出嶋香代子君     9番 芝岡みどり君

 10番 田中 克美君     11番 柳   正敏君     12番 船木 祥一君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠   席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    副町長     西 垣  英 彦君

 病院事業管理者 平 井  和 憲君    教育長     寺 西  健 一君

 総務課長    長 戸    清君    企画財政課長  杉 本  征 訓君

 税務課長    澤    幸 和君    商工観光課長  飯 野    学君

 福祉課長    坂 口  雅 人君    健康長寿課長  岡 島  久美子君

 住民生活課長  橋 本  大 樹君    産業建設課長  村 島  一 美君

 環境水道課長  田 中    衛君    教育委員会次長 松 本  邦 裕君

 岩美病院事務長 谷 口  栄 作君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    鈴 木  浩 次君    書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 2 号)

                    平成28年9月14日(水)午前10時開議

 第1 議案第89号 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正について

 第2 議案第90号 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約の締結について

 第3 議案第91号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第3号)

 第4 議案第92号 平成28年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 第5 議案第93号 平成28年度岩美町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

 第6 議案第94号 平成28年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)

 第7 議案第95号 平成28年度岩美町病院事業会計補正予算(第1号)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第7まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開議



○議長(船木祥一君) ただいまの出席議員は12名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第89号 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正について



○議長(船木祥一君) 日程第1、議案第89号 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正についての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) おはようございます。

 議員の皆様には、ご多忙のところ第7回岩美町議会定例会にご出席いただき、提出議案のご審議を賜りますことに深く感謝申し上げます。

 それでは、提出いたしました議案につきましてご説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。

 議案第89号 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正につきましてご説明申し上げます。

 外国人に対する生活保護の措置に関する事務において、個人番号を町独自で利用できるようにするため、この条例の一部を改正しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 福祉課長。



◎福祉課長(坂口雅人君) おはようございます。

 それでは、議案第89号 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例の一部改正につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書では3ページになりますので、お願いいたします。

 マイナンバー制度の導入に伴いまして、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律、いわゆる番号法といいますが、番号法で付番されました12桁の個人番号の利用や特定個人情報の提供などが、番号法に掲げられた事務に限り利用が可能となっております。今回のこの条例は、個人番号を含む特定個人情報を役場内で使用するためのルールを定めておる条例でございます。昨年の12月定例会でこの条例の提案時にご説明させていただきましたように、岩美町独自で行っている事務に個人番号を使って利用する場合は表を追加させていただく旨の説明をさせていただきました。今回、事務について点検を行い、生活保護に準じた独自利用事務である外国人に対する生活保護の措置に関する事務を生活保護法の法定事務と一体的に実施することが、生活保護を申請する外国人の負担軽減になることから、この事務に個人番号を利用できるように表を追加するため、この条例を改正しようとするものでございます。

 改正内容につきまして、議案の説明資料によってご説明申し上げますので、説明資料の1ページをお願いいたします。

 岩美町個人番号の利用及び特定個人情報の提供に関する条例新旧対照表でございます。左の欄に改正後、右の欄に改正前を記載して、アンダーラインを引いている部分が改正部分でございます。

 第4条、個人番号の利用に係る事務についての規定でございます。第1項の次に第2項として、新たに別表第1の表に個人番号を利用する機関、それから事務とその事務を処理するために役場内でやりとりする特定個人情報を具体的に規定することによりまして、その事務に利用することができるとする規定を追加しております。また、ただし書きは、番号法により情報提供ネットワークシステムを使用して特定個人情報の提供を受けることができる場合はこの条例を適用しないとするものでございます。これは、いわゆる番号法を使ってネットワークシステムの中で情報提供を受けた場合について、この条例を適用しないとする規定でございます。

 次に、改正前の「第2項」を「第3項」に改め、改正前の第2項中「前項」を「前2項」に改めるものでございます。

 1枚はぐっていただきまして、2ページをお願いいたします。

 2ページから3ページにかけまして、第4条第2項で規定した別表第1(第4条関係)を追加するものでございます。表の第1欄に掲げる機関は町長、表題2欄に掲げる事務は、生活保護に準じて実施する外国人に対する生活保護の措置に関する事務、それから第3欄に掲げる特定個人情報といたしまして、住民票関係情報であって規則で定めるもののほか12項を規定しております。

 3ページの一番下になりますが、改正前の「別表」を「別表第2」に改めるものでございます。

 以上で説明資料による説明を終わらせていただきます。

 議案に返っていただきまして、5ページをお願いいたします。

 条例本文の説明は、ただいま説明資料でご説明申し上げましたので省略させていただきたいと思います。

 附則でございます。

 この条例は公布の日から施行するものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第90号 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約の締結について



○議長(船木祥一君) 日程第2、議案第90号 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約の締結についての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第90号 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約の締結につきましてご説明申し上げます。

 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約を締結しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 総務課長。



◎総務課長(長戸清君) 議案第90号 東浜レストラン(仮称)改修工事の請負変更契約の締結につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書では7ページでございます。

 この工事の内容に変更が生じましたので、1,231万2,000円増額の請負変更契約の締結をお願いするものでございます。

 工事の主な変更概要といたしましては、建物の外壁の再塗装、議案説明資料の7ページのほうに平面図を添付しておりますが、テラスから遊歩道におりていただくためのアプローチの設置、屋根の改修工事の追加、またこのレストランのデザインを監修いただきました浦先生との協議の中で家具や植栽の一部を変更したものでございます。平成28年9月5日付で建設工事の請負変更仮契約を締結いたしましたので、地方自治法第96条第1項の規定によりまして、本議会の議決をいただき、本契約を締結しようとするものでございます。

 参考資料の5ページには仮契約を添付しておりますので、ごらんをいただくということで、説明のほうは省略させていただきます。

 それでは、議案のほうの説明をいたします。

 1、工事名、東浜レストラン(仮称)改修工事。2、工事場所、岩美郡岩美町大字陸上地内。3、工事完成期限、平成28年9月30日、これは変更はございません。4、元請負代金に対する増減額、1,231万2,000円増。変更前が1億5,120万円、変更後が1億6,351万2,000円でございます。5、請負代金変更増減額に対する契約保証金はございません。6、請負者、東浜レストラン(仮称)改修工事千代田・吾妻特定建設工事共同企業体、代表者、鳥取県鳥取市二階町3丁目210番地、株式会社千代田工務店、代表取締役荒田潤之介氏です。7、契約方法、随意契約、これは変更分のみでございます。

 以上、簡単でございますが、補足説明のほうを終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第91号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第3号)



○議長(船木祥一君) 日程第3、議案第91号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第91号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ9,730万4,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、歳出の投資的経費としましては、網代漁港で行う陸上養殖施設整備に係る陸上養殖起業支援事業費、中央公民館の設計、地質調査事業費などを追加しております。あわせて設計費について債務負担行為をお願いしております。

 その他の経費では、岩美道路、県道岩美停車場河崎線整備に係る牧谷地内、新井地内の遺跡発掘調査事業及びアスパラガスの産地化に向けた取り組みを推進するため、産地パワーアップ事業に係る経費の追加などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(杉本征訓君) 議案第91号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第3号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の9ページでございます。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ9,730万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を63億2,525万6,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますが、参考といたしまして、説明資料の9ページから15ページにかけて歳入歳出予算構成表、寄附金明細書、投資的事業の明細を提出させていただいておりますので、後ほどごらんください。

 それでは、補正予算に関する説明書、一般会計の6ページをお開き願います。

 歳出からご説明申し上げます。

 2款総務費、1項6目企画費21万9,000円の増は、沖縄県国頭村で開催される辺土名大通り祭りに、県の補助事業を活用した大谷獅子舞保存会の派遣費補助をお願いするものでございます。

 12目諸費210万円の増は、個人町民税及び法人町民税の確定申告に伴う還付金の増額をお願いするものでございます。

 5項2目委託統計調査費17万8,000円の増は、経済センサスの委託金確定に伴う費目更正をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、7ページをお開き願います。

 3款民生費、2項2目児童措置費126万3,000円の増は、老朽化により故障した大岩保育所調理室のレンジ調理器の更新費をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、8ページをお開き願います。

 4款衛生費、1項3目環境衛生費201万2,000円の増は、合併処理浄化槽設置整備費補助金に不足が見込まれるため、増額をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、9ページをお願いいたします。

 5款農林水産業費、1項3目農業振興費568万2,000円の増でございます。1つ目の多面的機能支払交付金215万6,000円は、新たに3組織が取り組むこととなったため、増額をお願いするものでございます。次の産地パワーアップ事業費352万6,000円は、アスパラガスの産地化に向けた取り組み支援のため、規模拡大等に要する経費補助をお願いするものでございます。

 その下、3項2目水産業振興費2,561万5,000円の増でございます。1つ目の漁業就業者確保総合対策事業費311万5,000円は、新たな就業希望者により増額をお願いするものでございます。次の陸上養殖起業支援事業費2,250万円は、網代漁港で事業予定しております井戸海水を用いた陸上養殖事業に係る設備整備費等に対する補助金をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、10ページをお願いいたします。

 7款土木費、5項2目定住促進費900万円の増は、子育て世帯等住宅新築リフォーム資金助成事業費でございます。新築、リフォームとも当初予定を上回っており、増額をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、11ページをお願いいたします。

 8款消防費、1項3目消防施設費8万9,000円の増は、網代地内防災サイレンの移設に係る経費をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、12ページ。

 9款教育費、1項2目事務局費51万9,000円の増は、小中学校児童生徒対外競技派遣費補助金でございまして、岩美中学校男子バレーボール部、剣道部、陸上部の中国大会出場のための派遣費補助の増額をお願いするものでございます。

 その下、2項1目学校管理費633万8,000円の増でございます。老朽化により故障した岩美北小学校の1階会議室の空調設備の改修工事費をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、13ページ。

 4項1目社会教育総務費1,462万4,000円の増でございます。1つ目の遺跡発掘調査事業費1,450万7,000円は、岩美道路整備及び県道整備予定地内、2カ所の埋蔵文化財発掘調査費をお願いするものでございます。次の文化振興事業費11万7,000円は、愛知県で開催される国民文化祭に参加する岩美龍神太鼓の派遣費補助をお願いするものでございます。

 2目公民館費2,966万5,000円の増は、中央公民館の設計業者選定経費、設計費及び地質調査費をお願いするものでございます。なお、設計費におきましては、業務期間が平成29年度にまたがるため、債務負担行為を設定させていただきます。

 以上で歳出の説明を終わります。

 3ページに返っていただきます。

 歳入でございます。

 1款町税、1項1目個人400万円は所得割額の増、2項1目固定資産税450万円は新築家屋分の増でございます。

 はぐっていただきまして、4ページをお開き願います。

 16款財産収入、2項1目不動産売払収入110万円の増は、県事業にかかわる浦富地内の芸術文化拠点施設として利用していた旧医師住宅の建物売却代金でございます。

 その下、19款繰越金、1項1目繰越金2,279万5,000円につきましては、今回の補正に係る一般財源として財源留保しております前年度繰越金から措置させていただいており、補正後の残額63万2,000円は今後の補正財源として留保しております。

 次に、議案に返っていただきまして、9ページでございます。

 議案の第2条、債務負担行為の補正でございます。

 債務負担行為の追加は、第2表債務負担行為補正によるということで、12ページをお開きください。

 1、追加といたしまして、中央公民館設計業務費用につきまして、平成29年度分の事業費3,787万7,000円を限度額としてお願いするものでございます。

 再度、9ページに返っていただきます。

 議案の第3条、地方債の補正でございます。

 地方債の追加は、第3表地方債補正によるということで、13ページをお開きください。

 1、追加としまして、中央公民館整備事業として2,350万円、岩美北小学校空調設備改修事業として500万円、新たに起債をお願いしております。

 なお、平成28年度現年分の起債発行予定額といたしましては、5億1,240万円となっております。

 以上で一般会計補正予算の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 10番田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 幾つか尋ねます。

 予算の説明のほうで、6ページの交流推進事業費、参加するに至った経過と、それから今後の交流について説明をください。

 それから、9ページ、漁業就業者の7人が新たにということで、雇用される船というか事業者は何人なのかということと、どういう人が就業を希望されているのかわかれば、町内とか県外とか、あるいはどういう人が希望してきておられるのか。経歴とかそういう細かいことじゃないんですけど、そのあたりがわかるような説明をお願いします。

 それから、これは県の事業ですけれど、県の資料を見ると町は参画は任意ということになっとるようですけど、町もこれに町費を出すわけで、資料を見ると、結局お試し期間ですよね、変な言葉で言ったら。県の資料を見ると、実証試験事業だというふうな感じ、それからマーケティング事業という、この2つの分野の支援ということで、県としては成算があってのことだとは思うんですけれど、県も町もお金を出すということからいうと、場合によっては事業者の都合によって撤退する可能性もある、ゼロではないとは思うんですけども、そういう場合にどうなるかと、撤退する事業者の責任というか。施設つくったりもするわけで。その辺のことは県の資料には何も書いてないと思いますんで、ちょっとその辺を教えてください。

 それから、最後の13ページの文化振興事業費、これ、結構なことで、これもせっかくですから龍神太鼓が国民文化祭に参加することになった経過を教えてください。



○議長(船木祥一君) 商工観光課長。



◎商工観光課長(飯野学君) それでは、私のほうから2件、お答えさせていただきたいと思います。

 最初に、6ページの交流推進事業費でございます。

 この事業につきましては、参加のきっかけということにつきましては、国頭村と現在、岩美町の児童の交流が行われているということがきっかけでございます。国頭村の児童をホームステイで受け入れた保護者が、このたび国頭村のほうからの呼びかけに応じて実現した取り組みでございます。11月19日に開催されます辺土名大通り祭りという祭りがありまして、大谷のししまいのメンバーに保護者がおられたということであります。町としましては、こうした新たな交流の拡大ということで、このたび、ちょうど県の補助もいただけることになりましたし、かかる費用の4分の3相当を補助させていただきたいということでございます。今回のこうした事例は初めてでございまして、今後の展開等につきましては、実施される内容等によりながら1件ごとに審査をさせていただきたいということでございます。今後ともこういった交流が進んでいくことを願っておるわけでございます。

 それから、もう一個、13ページの文化振興事業費でございます。龍神太鼓でございますけれども、町としましては、こうした国民文化祭の派遣につきまして従前から補助をいたしております。このきっかけでございますが、実は龍神太鼓さんにつきましては、平成23年にも国民文化祭に参加した経過がございます。こういった国民文化祭で、今回は愛知県で開催されますけれども、その中で太鼓の祭典というところに参加を希望されまして、町で推薦をいたして、県のほうもそのまま推薦を上げていただいて決まったということであります。こういうことで、12名の方が参加することとなっております。

 以上でございます。



○議長(船木祥一君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(村島一美君) 田中克美議員さんから漁業就業者確保総合対策事業費の内訳ということで、まず町内、町外ということでありましたが、今回お願いします7人につきましては、町内が5名とあとは町外2人ということで、こちらは鳥取市のほうになります。

 それから、事業者数といたしましては5社ということになります。

 あと、陸上養殖の関係でありますが、撤退する場合にその設備はということでございますが、県の土地の貸し出しの公募の条件といたしまして、撤退する際はもとどおりに戻すということが条件になっておりますし、今進出を予定しております業者のほうにもそのあたりは確認しているところであります。

            (「7人はどんな人。若い方」と呼ぶ者あり)



○議長(船木祥一君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(村島一美君) わかる内容といたしましては、年齢的な部分になろうかと思いますが、年齢は若い方で19歳、上のほうですと44歳という形になってきます。

 以上でございます。



○議長(船木祥一君) 沖合底びき網漁業でしょ。



◎産業建設課長(村島一美君) 沖合底びき網漁業の網代のほうで1名、それから田後で4名、それから浦富漁協の定置の興洋水産のほうで2名という形になっております。



○議長(船木祥一君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第92号 平成28年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(船木祥一君) 日程第4、議案第92号 平成28年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第92号 平成28年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ259万9,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、過年度にさかのぼり資格を喪失したことによる国民健康保険税の還付に係る経費の増額、並びに国民健康保険システム改修に係る経費の追加などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 住民生活課長。



◎住民生活課長(橋本大樹君) 議案第92号 平成28年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 それでは、議案書の15ページをお願いいたします。

 第1条でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ259万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ17億939万円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、国民健康保険特別会計の4ページをお願いいたします。

 まず、歳出でございます。

 1款総務費、1項1目一般管理費75万1,000円の増は、平成30年度からの保険者の広域化に伴い、県への納付金を算出するために必要となるシステムの改修費をお願いをしております。

 はぐっていただきまして、5ページです。

 3款後期高齢者支援金等、1項1目後期高齢者支援金9万円の増と、それからはぐっていただきまして6ページ、4款前期高齢者納付金、1項1目前期高齢者納付金2万9,000円の増、さらにもう一枚はぐっていただきまして7ページ、6款介護納付金、1項1目介護納付金19万3,000円増までの3項目は、いずれも平成28年度の支援金及び納付金の額の確定に伴い、それぞれ増額補正をお願いするものであります。

 はぐっていただきまして、8ページをお願いいたします。

 11款諸支出金、1項1目一般被保険者保険税還付金100万円の増につきましては、さかのぼって国民健康保険の資格を喪失された方があり、保険税の還付に不足を生じましたことから増額補正をお願いするものでございます。

 次の3目償還金53万6,000円の増は、平成27年度の特定健康診査等の国、県の負担金の精算に伴う返還金でございます。

 3ページに戻っていただきまして、歳入でございます。

 1つ飛んで2つ目の項目でございますが、3款国庫支出金、1項1目療養給付費等負担金148万6,000円の増は、平成27年度の療養給付費の精算に伴い、追加交付される見込みによるものでございます。

 次の2項3目国民健康保険事業費補助金75万1,000円の増は、システム改修に伴う国の補助金でございます。

 1つ飛びまして、一番下の項目でございます。11款繰越金、1項2目その他繰越金3,216万2,000円の増につきましては、財源留保しております前年度繰越金の中から、先ほど歳出で説明させていただきました償還金の財源の一部として36万2,000円を、また本年度の国民健康保険税率算定時に軽減財源として3,180万円を充当することとしたことによるものでございます。これにより、本補正後の前年度繰越金の財源留保額は165万8,000円となりますが、これは今後の補正用財源として使用させていただきたいと思います。

 1つ上の項目に戻っていただきまして、10款繰入金、2項1目国民健康保険積立基金繰入金500万円の減は、本年度の国民健康保険税率算定時に繰り入れの額を減額することとしたことによるものでございます。

 このページの一番上の項目に戻っていただきまして、1款国民健康保険税、1項1目一般被保険者国民健康保険税2,680万円の減につきましては、さきにご説明いたしましたとおり、保険税軽減財源として前年度繰越金を充当し、基金繰り入れを減ずることといたしましたので、相当額を減額しております。

 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第93号 平成28年度岩美町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(船木祥一君) 日程第5、議案第93号 平成28年度岩美町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第93号 平成28年度岩美町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ1,831万8,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、浦富地内及び大谷地内における下水道管新設工事に要する経費の追加でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 環境水道課長。



◎環境水道課長(田中衛君) それでは、議案第93号 平成28年度岩美町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の19ページをお願いをいたします。

 第1条、歳入歳出予算の補正でございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,831万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億3,439万1,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書でご説明をさせていただきますので、公共下水道事業特別会計の4ページをお願いをいたします。

 歳出からご説明いたします。

 1款下水道費、1項3目施設整備費1,831万8,000円の増額をお願いをいたしております。説明欄、大谷処理区事業費1,413万4,000円は、網代漁協前の漁具倉庫で、事業者が水産加工を予定しておることから下水道管の延伸工事をお願いするものでございます。浦富処理区事業費418万4,000円は、岩美駅裏地内で畑を埋め立てし宅地開発が予定されておりまして、下水道区域と隣接する下水道区域外となりますが、合併浄化槽補助との費用対効果を勘案した上で下水道管の布設工事をお願いしようとするものでございます。

 次に、3ページに返っていただきまして、歳入でございます。

 5款繰入金、2項1目公共下水道基金繰入金431万8,000円の増は、歳出でご説明いたしました事業の財源といたしまして基金の取り崩しをお願いするものでございます。

 7款町債、1項1目公共下水道事業債1,400万円の増につきましても、歳出事業の財源として下水道事業債の借り入れをお願いをするものでございます。

 議案に返っていただきまして、19ページでございます。

 第2条、地方債の補正でございます。

 地方債の変更は、第2表地方債補正によるということで、2枚はぐっていただきまして、22ページをお願いをいたします。

 第2表、地方債補正の変更でございます。公共下水道事業につきまして、補正前の限度額560万円を補正後1,960万円にお願いをするものでございます。

 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第94号 平成28年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(船木祥一君) 日程第6、議案第94号 平成28年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第94号 平成28年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ1,901万4,000円を追加するものでございまして、平成27年度の事業費が確定したことに伴う国県負担金及び支払基金交付金の返還に係る費用でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 健康長寿課長。



◎健康長寿課長(岡島久美子君) では、議案第94号 平成28年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の23ページでございます。

 第1条、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1,901万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ16億3,383万円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、介護保険特別会計の4ページをお開き願います。

 まず、歳出でございます。

 5款諸支出金、1項2目償還金1,901万4,000円の増でございます。これは、平成27年度に概算交付を受けました介護給付費交付金や地域支援事業交付金などにつきまして、決算に伴って受け入れ超過となったことによります国、県等への返還金をお願いするものでございます。内訳につきましては、説明欄のとおりでございます。

 次に、ページを返っていただきまして、3ページをお願いいたします。

 3款国庫支出金、2項3目包括的支援事業交付金26万7,000円の増、4款支払基金交付金、1項1目介護給付費交付金259万3,000円の増、5款県支出金、2項2目包括的支援事業交付金13万3,000円の増は、いずれも平成27年度に概算交付を受けました包括的支援事業交付金及び介護給付費交付金について、決算に伴って不足分の精算交付を受けようとするものです。これらは償還金の財源に充てるものでございます。

 7款繰入金、2項1目介護給付費準備基金繰入金904万5,000円の増は、歳出でご説明いたしました償還金の財源に充てるものでございます。

 また、8款繰越金697万6,000円の増は、平成27年度決算によります余剰金で、歳出でご説明いたしました償還金の財源に充てるものでございます。

 以上で介護保険特別会計補正予算の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 議案第95号 平成28年度岩美町病院事業会計補正予算(第1号)



○議長(船木祥一君) 日程第7、議案第95号 平成28年度岩美町病院事業会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第95号 平成28年度岩美町病院事業会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、収益的収支予算につきましては、旧医師住宅の土地売却による特別利益としまして、収入を1,356万4,000円増額、薬剤師確保対策事業の経費の追加によりまして、支出を75万7,000円増額しております。資本的収支予算につきましては、旧医師住宅の土地売却代金としまして、収入を23万4,000円、また看護師奨学資金貸付金の利用者数の増加に伴い、支出を180万円増額しております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 岩美病院事務長。



◎岩美病院事務長(谷口栄作君) 議案第95号 平成28年度岩美町病院事業会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の27ページをお願いいたします。

 このたびの補正予算は、さきに一般会計の歳入16款財産収入、2項1目不動産売払収入でご説明申し上げました旧医師住宅におきまして、その底地であります土地の売却に伴う売却代金と売却益を予算措置するものでございます。また、人材確保のために薬剤師の確保対策に要する経費及び看護師奨学金貸付金につきまして、それぞれ増額補正をお願いするものでございます。

 議案第2条、収益的収入及び支出の補正の収入でございます。1款5項特別利益でございますが、補正予定額1,356万4,000円を増額し、補正後の合計額を1,356万5,000円にお願いするものでございます。これは、土地の売却益受け入れのための増額でございます。

 次に、支出でございます。

 1款1項医業費用でございますが、補正予定額75万7,000円を増額し、補正後の合計額を19億9,708万1,000円にお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、28ページをお願いいたします。

 第3条、資本的収入及び支出の補正の収入でございます。1款4項固定資産売却代金23万4,000円を新規にお願いするものでございます。

 次に、支出でございます。1款3項看護師奨学金貸付金でございますが、補正予定額を180万円増額し、補正後の合計額を840万円にお願いするものでございます。

 なお、この補正の結果、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億588万2,000円を過年度分損益勘定留保資金で補填するように変更をお願いしております。

 では、補正の内容につきまして、平成28年度補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、病院事業会計の1ページをお願いいたします。

 収益的収入及び支出の収入でございます。1款5項1目その他特別利益1,356万4,000円の増でございます。これは、県事業にかかわる浦富地内の芸術文化拠点施設として利用していた旧医師住宅の土地を有償譲渡したことによる売却益1,356万5,843円の受け入れのためでございます。

 次に、支出でございます。1款1項3目経費75万7,000円の増でございます。当初予算74万7,000円のうち、既に約73万円を使用しまして、薬剤師募集の新聞折り込み広告、インターネットによるウエブ広告を実施いたしましたが、全く問い合わせのない状況でございます。今後、駅、列車内での広告やケーブルテレビの利用など、より一層薬剤師の確保対策に取り組むため必要とする経費を増額するものでございます。

 はぐっていただきまして、2ページをお願いいたします。

 資本的収入及び支出の収入でございます。1款4項1目に新規で固定資産売却代金23万4,000円を計上するものでございます。さきにご説明申し上げました土地の有償譲渡による売却代金として、土地取得時の帳簿価格23万4,157円の受け入れのためでございます。

 次に、支出でございます。1款3項1目、看護師奨学金貸付金180万円の増でございます。当初、新規貸し付け予定者を4人見込んでおりましたが、申請状況から7人分を見込み、3人分180万円を増額するものでございます。

 はぐっていただきまして、3ページ、予定キャッシュ・フロー計算書でございますが、こちらにつきましてはごらんいただくとしまして、説明は省略させていただきます。

 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

            午前11時4分 散会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成28年9月14日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員