議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成28年 6月定例会 06月17日−02号




平成28年 6月定例会 − 06月17日−02号







平成28年 6月定例会



       平成28年第5回岩美町議会定例会会議録(第2号)



 平成28年6月17日(金曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 寺垣 智章君     2番 杉村   宏君     3番 宮本 純一君

 4番 川口 耕司君     5番 田中  伸吾君     6番 松井 俊明君

 7番 澤  治樹君     8番 日出嶋香代子君     9番 芝岡みどり君

 10番 田中 克美君     11番 柳   正敏君     12番 船木 祥一君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠  席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    副町長     西 垣  英 彦君

 病院事業管理者 平 井  和 憲君    教育長     寺 西  健 一君

 総務課長    長 戸    清君    企画財政課長  杉 本  征 訓君

 税務課長    澤    幸 和君    商工観光課長  飯 野    学君

 福祉課長    坂 口  雅 人君    健康長寿課長  岡 島  久美子君

 住民生活課長  橋 本  大 樹君    産業建設課長  村 島  一 美君

 環境水道課長  田 中    衛君    教育委員会次長 松 本  邦 裕君

 岩美病院事務長 谷 口  栄 作君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    鈴 木 浩 次君     書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 2 号)

                    平成28年6月17日(金)午前10時開議

 第1 議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議について

 第2 議案第84号 損害賠償の額を定めることについて

 第3 議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)

 第4 陳情第 4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書採択の陳情書

 第5 陳情第 5号 地方財政の充実・強化を求める陳情

 第6 陳情第 1号 軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情

 第7 陳情第 6号 保育士の処遇改善並びに職員配置基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める陳情書

 第8 議員の派遣について

 第9 次期定例会(定例会までの間に開かれる臨時会等を含む)の会期日程等の議会運

    営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第9まで

 追加日程第1 議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて

 追加日程第2 議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結について

 追加日程第3 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について(諮問)

 追加日程第4 発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出について

 追加日程第5 発議案第7号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について

 追加日程第6 発議案第8号 総務教育、産業福祉常任委員会の所管事務調査について

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開議



○議長(船木祥一君) ただいまの出席議員は12名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 諸般の報告はありませんので、次に進みます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議について



○議長(船木祥一君) 日程第1、議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議についての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) おはようございます。

 議員の皆様にはご多忙のところ、第5回岩美町議会定例会にご出席いただき提出議案のご審議を賜りますことに、深く感謝申し上げます。

 それでは、提出いたしました議案につきましてご説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。

 議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議につきましてご説明申し上げます。

 鳥取クレー射撃場の管理運営を東部1市4町で行うに当たり、他団体と連携して事務処理するための基本的な方針及び役割分担を定めるため、この規約を締結しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(村島一美君) おはようございます。

 議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議につきまして補足してご説明申し上げます。

 町内では鳥獣被害が拡大しております。また、狩猟免許所持者の減少、高齢化が進んでいます。そのような中、銃猟者は、県東部に射撃場がなく射撃練習を県外へ出かける必要があり、大きな負担となっています。銃猟者の負担軽減及び確保を図るため、東部1市4町が鳥取クレー射撃場を再整備しております。この射撃場の管理運営に関する事務を鳥取市へ委託するに当たり、基本的な方針及び役割分担を定めるため、この規約を定めようとするものであります。

 議案書、3ページをお開きください。

 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約でございます。

 第1条は、委託事務の範囲等としまして、第1項で施設運営に関する事務を鳥取市に委託するとしております。第2項では委託事務の範囲を定めております。

 第2条は、委託事務の期間としまして、委託事務の期間は平成28年8月1日から平成38年7月31日までと定めております。

 第3条は、施設管理及び執行の方法としまして、委託事務の管理及び執行は鳥取市の条例等の定めるところによるとしております。

 第4条は、経費の負担としまして、管理等に要する経費は1市4町で負担するとしております。

 第5条は、委託事務の執行の一時停止としまして、支障が生じた場合は委託事務の執行を停止することができることを定めております。

 はぐっていただきまして、4ページをお願いいたします。

 第6条に連絡会議の規定を、第7条に条例等の制定、改廃の通知について定めております。

 第8条は、委任としまして、この規約に定めるもののほか、委託事務に関し必要な事項は1市4町が協議して定めるとしております。

 附則としまして、この条例は平成28年8月1日から施行するとしております。

 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わります。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第83号 鳥取市と岩美町との鳥取クレー射撃場の運営に関する事務の委託に関する規約の締結に関する協議についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第84号 損害賠償の額を定めることについて



○議長(船木祥一君) 日程第2、議案第84号 損害賠償の額を定めることについての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第84号 損害賠償の額を定めることにつきましてご説明申し上げます。

 平成28年5月3日午後7時ごろ、岩美町大字浦富652番地、旧岩美町国民健康保険岩美病院で発生した防水シート落下による物損事故について、示談が成立しましたので、これに対する損害を賠償しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 岩美病院事務長。



◎岩美病院事務長(谷口栄作君) おはようございます。

 議案第84号 損害賠償の額を定めることにつきまして、補足してご説明申し上げます。

 初めに、今回このような議案を上程することになりましたことにつきまして、施設を維持管理します管理責任者としまして大変申しわけなく思っております。施設の維持管理を徹底し、事故防止に取り組んでまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 では、事故の状況につきまして、説明資料でご説明申し上げますので、説明資料の1ページをお願いいたします。

 このたびの事故は、町長の提案説明にもございましたが、本年5月3日火曜日午後7時ごろ、岩美町大字浦富652番地、旧岩美町国民健康保険岩美病院におきまして、強風にあおられました屋上の防水シートが固定のために置かれたコンクリートブロック及び固定具とともに落下いたしまして、岩美町社会福祉協議会所有の軽自動車2台に被害を与えたものでございます。車両内部やその付近には人がおりませんでしたので、けが人はございませんでした。

 なお、この事故に伴います自動車の修理費等といたしましては、2台分合わせまして26万3,484円でございます。費用の全額は町が加入しております総合賠償補償保険で補填されるところでございます。

 平成28年6月6日に示談が成立しましたので、損害賠償を行うため、今回議案としてお願いするものでございます。

 議案戻っていただきまして、5ページでございます。

 議案書の後段部分でございます。1、損害賠償の額、26万3,484円でございます。2、損害賠償の相手方、所有者、岩美郡岩美町大字浦富645番地、社会福祉法人岩美町社会福祉協議会会長湊孝明様でございます。

 以上、簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 11番柳議員。



◆11番(柳正敏君) 事務長さんに強風による事故の発生の中身についてご説明いただいたんだけども、この発生原因は問題が2つあるということの中で、事務長さんが言われたように、今後施設管理には適切に努めたいというご答弁あったんですけども、説明が。日々の、病院に限らず公の施設の管理というのをやっぱりもっと真剣に捉えていただきたいと思いますし、もう一点は、この強風というさなかにあって、防水シートのめくれをとめようということの中だけど、コンクリートで押さえたというようなこの対応をどういうように反省なされておられるのかということをちょっと事務長さんに聞きたいと思うんです。

 それから、総務課長さん、今、公の施設ということで全般的に言いましたけども、今後町として、公の施設の管理については日々徹底することが必要だと思うんだけども、総務課としてどういった対応を協議なされたかということだけ、この2点についてお伺いさせていただきます。



○議長(船木祥一君) 総務課長。



◎総務課長(長戸清君) ただいま柳議員さんから公の施設全般にかかわります維持管理、今回の事故も含めた中での今後の対応もというご意見をいただきました。

 今回の強風は、2回にわたっての強風でございました。それぞれ強風の警報等が発令され、安全な状態になった場合に全ての公の施設について点検をさせております。そういった中で、今回社協のほうの車に屋根のコンクリートブロックが転落しとるというふうなことも報告をいただきましたし、また、次の予算でも出てまいりますが、学校関係の施設についても被害があったということで、基本的には強風とか大雨、そういった自然災害を受けた場合については、全ての公の施設について、これは指定管理施設も同様でございます、担当課を通じて全て点検をさせております。これは、当然被害があったかということ等でございます。

 また、議員のほうからご指摘がありました日々の点検という部分については、再度施設の管理者のほうに、口頭でございましたけども維持管理についてはお願いをさせていただきました。やはり文書で発令ということも含めて、また今後検討したいと思います。



○議長(船木祥一君) 岩美病院事務長。



◎岩美病院事務長(谷口栄作君) ただいま柳議員さんのほうから日ごろの点検と今回の対応についてということのご質問がございました。

 まず、今回の対応につきましてでございますが、強風のためにシートがめくれ上がったという状況に対しまして、コンクリートブロックで押さえをしたというところでございますが、強風という状況、認識が甘かったと思います。その点は反省しております。今後はそういった状況の把握というものをもっとしっかり捉えまして、対応というものをしていきたいというふうに考えております。

 また、日々の管理につきまして、屋上の防水シートについても点検はしておりましたが、今後は屋上の防水シートに限らず、施設、病院の所有しております施設全般ですけれども、目視の点検の仕方というのをもっとしっかり、きちんと設置であったり固定であったりという部分の確認というものをしっかりしていきたいというふうに考えておりますし、頻度についても、特に病院の外回りになりますけれども、そういったものについても頻度というものも今後ふやしていって、何かしらそういう強風であるとか災害等起こったりした前後につきましても、当然その都度の点検はしてまいりたいと思いますが、日々の部分でも強化をしていきたいというふうに考えております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑ないようであります。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第84号 損害賠償の額を定めることについての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)



○議長(船木祥一君) 日程第3、議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ2,221万5,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、歳出の投資的経費としましては、作業用軽トラックの更新に伴う公用車購入事業、平成28年災漁港施設災害復旧事業の追加等でございます。

 その他の経費では、企業立地促進補助金等の追加、退団者の増による消防団員退職報償金の増額、配置がえ等による職員人件費などの措置でございます。

 なお、5月末の出納閉鎖を受けまして、平成27年度決算の概要が出ておりますので、お手元にお届けしております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(杉本征訓君) 議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の7ページをお開き願います。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ2,221万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を62億2,721万5,000円にお願いするものでございます。

 なお、参考といたしまして、別途説明資料の3ページから9ページに歳入歳出予算構成表、寄附金明細書、投資的事業の明細を提出させていただいておりますので、後ほどごらんいただきたいと思います。

 それでは、補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、説明書の5ページをお開き願います。

 歳出からご説明申し上げます。

 1款議会費、1項1目議会費78万円の減でございます。配置がえ等による職員人件費でございまして、人事異動等による職員人件費の減額をお願いするものでございます。

 なお、このたびの補正予算におきまして、人件費の補正ということで、4月の人事異動等によります一部の共済費を含む職員人件費の補正予算をお願いしております。

 以下、各款の職員人件費につきましては、同様の理由によるものですので、説明を省略させていただきます。

 はぐっていただきまして、6ページをお開き願います。

 2款総務費、1項1目一般管理費650万8,000円の増でございます。一番下、熊本地震見舞金は、熊本地方で発生した地震により被災した熊本県の町村会に対して、鳥取県町村会で一団体5万円を負担する見舞金をお願いするものでございます。

 5目財産管理費229万2,000円の増でございます。庁舎等維持管理費120万円の増は、強風により役場庁舎入り口看板等に被害が生じておりまして、修繕費をお願いするものでございます。その下、公用車購入事業費109万2,000円は、老朽化に伴う軽トラックの更新費用をお願いするものでございます。

 6目企画費130万円の増は、コミュニティ助成事業費でございまして、宝くじの助成事業の決定を受けて、浦富駅前コミュニティセンター備品整備費用の助成をお願いするものでございます。

 7目交通安全対策費50万円の増は、カーブミラーの修繕箇所が当初の予定を超え予算に不足が生じるため、増額をお願いするものでございます。

 13目ふるさと創生費187万9,000円の増でございます。人材育成基金積立金100万円の増は、昨年12月に亡くなられました吉田好一元助役のご家族より、岩美町のために役立ててほしいと4月にご寄附をいただきましたので、これを人材育成基金に積み立て、小・中学校の図書購入費の財源として活用させていただこうとするものでございます。その下、ふるさと活性化施設管理運営費87万9,000円の増は、渚交流館のウェットスーツ購入費でございまして、本年度の事業を開始するに当たり使用できるものが不足しておりますので、予算措置をお願いするものでございます。当初予算編成時に確認できておりませんでした。申しわけありません。

 4枚はぐっていただきまして、10ページをお開き願います。

 3款民生費、2項1目児童福祉総務費37万1,000円の増でございます。説明欄2番目の児童扶養手当システム改修事業費46万1,000円は、制度改正に伴うシステム改修費をお願いするものでございます。

 3枚はぐっていただきまして、13ページをお開き願います。

 5款農林水産業費、1項3目農業振興費74万4,000円の増は、園芸産地活力増進事業費でございまして、アスパラガスの作付に伴う新技術及び新品種の導入に係る経費補助をお願いするものでございます。

 2枚はぐっていただきまして、15ページをお願いいたします。

 6款商工費、1項2目商工業振興費1,000万円の増は、企業立地促進補助金でございまして、町内立地企業であります株式会社フジ電機において補助対象となる設備投資などが行われましたので、予算措置をお願いするものでございます。

 3目観光費21万1,000円の増は、観光施設整備費補助金でございまして、陸上地内の砂浜への進入路が一部破損し、臨海学校の実施に支障があるため、修繕に係る経費補助をお願いするものでございます。

 3枚はぐっていただきまして、18ページをお願いいたします。

 8款消防費、1項2目非常備消防費でございます。消防団員退職報償金47万1,000円の増は、中途退団者3名分の増額をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、19ページをお開き願います。

 9款教育費、2項1目学校管理費245万2,000円の増は、5月3日の強風により岩美西小学校の屋根瓦などに被害があり、既定の予算内での流用対応で修繕に取りかかりましたので、決算を見込む中、本補正で補填措置をお願いするものでございます。なお、財源の一部に保険金を充当しております。

 2目教育振興費でございます。外国人児童が町内小学校に就学するため、日本語学習支援員の設置費用をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、20ページをお願いいたします。

 4項2目公民館費87万9,000円の増は、中央公民館の軒下で一部剥離し落下している箇所があったため、落下防止ネットの設置に係る費用をお願いするものでございます。

 2枚はぐっていただきまして、22ページをお開き願います。

 10款災害復旧費2項1目漁港施設災害復旧費1,000万円の増は、ことし1月の高波により被災した東漁港の物揚げ場の復旧事業において、施工方法及び事業費などについて国の査定が終了しましたので、予算措置をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、23ページ以下に給与費明細書を載せておりますが、ごらんをいただくということで説明は省略させていただきます。

 次に、3ページに返っていただきます。

 歳入でございます。それぞれ歳出で説明いたしました事業の特定財源でございますので説明を省略させていただきますが、3項目め、19款繰越金、1項1目繰越金につきましては、今回の補正に係る一般財源でございまして、平成27年度繰越金から903万3,000円をお願いしております。

 議案に返っていただきまして、7ページをお願いいたします。

 第2条、地方債の補正でございます。

 地方債の追加は、第2表地方債補正によるということで、2枚はぐっていただき11ページをお願いいたします。

 1、追加でございますが、平成28年災漁港施設災害復旧事業として、表に示す条件で新たに起債をお願いしております。

 なお、平成28年度現年分の起債の発行予定額といたしましては、4億8,390万円となっております。

 以上で一般会計補正予算の補足説明を終わらせていただきますが、続きまして平成27年度の決算概要についてご報告を申し上げます。

 別に議会事務局がお配りしております第5回岩美町議会定例会資料、こちらのほうの最後のページ、65ページをごらんいただきたいと思います。

 平成27年度各会計の決算の概況ということで、企業会計を除く一般会計、特別会計の決算概況を掲載しております。

 一般会計でございますが、上の段の括弧書きが平成26年度、下の段の実数が27年度の決算でございます。

 まず、一般会計でございますが、歳入総額69億1,170万5,035円、歳出総額68億1,251万6,495円でございました。

 歳入歳出差し引き額といたしましては、9,918万8,540円でございます。このうち、翌年度へ繰り越すべき財源として、繰越明許費10件分3,199万1,000円を差し引いた実質収支額は6,719万7,540円でございました。ここから町条例の規定によりまして、財政調整基金へ3,400万円積み立てさせていただきますので、平成28年度への繰越金は3,319万7,540円ということでございます。このうち今回の6月補正の財源といたしまして903万3,000円を計上させていただいておりますので、2,400万円余りを今後の補正財源として留保いたします。

 なお、住宅会計以下の特別会計につきましては、ごらんをいただくということで説明は省略させていただきます。

 以上、5月末の出納閉鎖に伴います平成27年度決算の概況でございました。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第85号 平成28年度岩美町一般会計補正予算(第1号)の件は原案のとおり可決されました。

 しばらく休憩します。

            午前10時32分 休憩

            午前11時15分 再開



○議長(船木祥一君) 所定の出席がありますので、再開します。

 休憩前に続いて議事を続行します。

 お諮りします。

 ただいま町長から議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて外2件が提出されました。この際、これを日程に追加し、日程の順序を変更して順次議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがってこの際、議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて外2件を日程に追加し、日程の順序を変更して順次議題とすることに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第1 議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて



○議長(船木祥一君) 追加日程第1、議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることにつきましてご説明申し上げます。

 岩美町固定資産評価審査委員会委員西村徳義氏は、平成28年6月30日をもって任期満了となりますので、その後任として次の者を選任したいので、地方税法(昭和25年法律第226号)第423条第3項の規定により、本議会の同意を求めるものでございます。

 記。───────────────氏名、田川幸治氏。─────────────でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に同意することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第86号 岩美町固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについての件は同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第2 議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結について



○議長(船木祥一君) 追加日程第2、議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結についての件を議題とします。

 提出者に提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結につきましてご説明申し上げます。

 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約を締結しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 環境水道課長。



◎環境水道課長(田中衛君) それでは、議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結につきまして、補足してご説明申し上げます。

 追加議案書の3ページでございます。

 この工事は、平成27年度に解体撤去いたしました町営清掃工場の跡地利用といたしまして、ストックヤード、いわゆるごみの一時集積場の建設を行うものでございます。

 施設の概要を申し上げますと、管理棟が軽量鉄骨造平家建て、建築面積34.01平方メートル。古紙、プラスチックごみなどを保管いたします屋内ストックヤードが、A棟、B棟と分かれておりまして、いずれも軽量鉄骨造平家建てで、それぞれ77平方メートル、46.2平方メートル。また、海岸漂着ごみなどを仮置きします屋外ストックヤードが312平方メートルなどでございます。

 この工事の入札は、県の建築業者格付B級で町内に事業所がある業者による指名競争入札といたしました。6月16日に入札を執行し、同日付で仮契約を締結いたしましたので、地方自治法第96条第1項及び議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定によりまして、本議会の議決をいただき、本契約を締結しようとするものでございます。

 入札の結果は、株式会社田中組が税込み8,899万2,000円で落札をいたしました。なお、予定価格に対します落札価格の割合は96.4%でございました。

 参考資料といたしまして、議案説明資料の1ページに仮契約書の写しを、2ページに全体配置図を、3ページに入札参加者一覧表を添付しておりますので、ごらんをいただくということで説明のほうは省略をさせていただきます。

 それでは、議案の説明をいたしますので、議案書の3ページをお願いをいたします。

 1、工事名、岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事。2、工事場所、岩美郡岩美町大字浦富地内。3、工事完成期限、平成29年1月31日。4、請負代金額、8,899万2,000円。5、契約保証金、889万9,200円。6、請負者、鳥取県岩美郡岩美町大字白地24番地3、株式会社田中組代表取締役田中弘文。7、契約の方法、指名競争入札でございます。

 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第87号 岩美町営清掃工場解体跡地ストックヤード建設工事の請負契約の締結についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第3 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について(諮問)



○議長(船木祥一君) 追加日程第3、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について(諮問)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦につきましてご説明申し上げます。

 本町の人権擁護委員吉村真知子氏は、平成28年9月30日をもって任期満了となりますので、次の者をこの委員候補者として推薦したいので、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、本議会の意見を求めるものでございます。

 記。───────────────氏名、吉村真知子氏。──────────────でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に同意することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦についての件は同意することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書採択の陳情書



△日程第5 陳情第5号 地方財政の充実・強化を求める陳情



△日程第6 陳情第1号 軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情



△日程第7 陳情第6号 保育士の処遇改善並びに職員配置基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める陳情書



○議長(船木祥一君) この際、日程第4、陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書採択の陳情書の件から日程第7、陳情第6号 保育士の処遇改善並びに職員配置基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める陳情書の件まで4件を一括して議題とします。

 本4件に関し、各常任委員長の報告を求めます。

 総務教育常任委員長田中伸吾議員。



◆総務教育常任委員長(田中伸吾君) 総務教育常任委員会に付託された陳情につきまして、6月16日、慎重審査をいたしましたので、結果をご報告申し上げます。

 陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書採択の陳情書の件は、採択すべきものと決しました。

 陳情第5号 地方財政の充実・強化を求める陳情の件は、採択すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(船木祥一君) 産業福祉常任委員長田中克美議員。



◆産業福祉常任委員長(田中克美君) 産業福祉常任委員会に付託されました陳情につきまして、6月16日、慎重審査しましたので、結果をご報告申し上げます。

 陳情第1号 軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情の件は、趣旨採択すべきものと決しました。

 陳情第6号 保育士の処遇改善並びに職員配置基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める陳情書の件は、趣旨採択すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(船木祥一君) ただいまの各常任委員長の報告に対する質疑に入ります。

 総務教育常任委員長に対する質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 総務教育常任委員長に対する質疑を終わります。

 産業福祉常任委員長に対する質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 産業福祉常任委員長に対する質疑を終わります。

 これをもって本4件についての各常任委員長の報告に対する質疑を終結します。

 日程第4、陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書採択の陳情書の件の討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に対する委員長報告は採択すべきものと決定されております。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、陳情第4号は採択すべきものと決しました。

 日程第5、陳情第5号 地方財政の充実・強化を求める陳情の件の討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に対する委員長報告は採択すべきものと決定されております。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、陳情第5号は採択すべきものと決しました。

 日程第6、陳情第1号 軽度外傷性脳損傷・脳しんとうの周知と予防、その危険性や予後の相談の出来る窓口などの設置を求める陳情の件の討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に対する委員長報告は趣旨採択すべきものと決定されております。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、陳情第1号は趣旨採択すべきものと決しました。

 日程第7、陳情第6号 保育士の処遇改善並びに職員配置基準の引き上げの緊急対応と財源確保を求める陳情書の件の討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本件に対する委員長報告は趣旨採択すべきものと決定されております。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、陳情第6号は趣旨採択すべきものと決しました。

 お諮りします。

 ただいま田中伸吾議員外から、発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出について外2件が提出されました。この際、これを日程に追加し、日程の順序を変更して順次議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、この際、発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出について外2件を日程に追加し、日程の順序を変更して順次議題とすることに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第4 発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出について



○議長(船木祥一君) 追加日程第4、発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出についての件を議題とします。

 お諮りします。

 本案については、会議規則第39条第2項の規定により趣旨説明を省略することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は趣旨説明を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、発議案第6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度2分の1復元をはかるための、2017年度政府予算に係る意見書の提出についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第5 発議案第7号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について



○議長(船木祥一君) 追加日程第5、発議案第7号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出についての件を議題とします。

 お諮りします。

 本案については、会議規則第39条第2項の規定により趣旨説明を省略することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は趣旨説明を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、発議案第7号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第6 発議案第8号 総務教育、産業福祉常任委員会の所管事務調査について



○議長(船木祥一君) 追加日程第6、発議案第8号 総務教育、産業福祉常任委員会の所管事務調査についての件を議題とします。

 お諮りします。

 本案については、会議規則第39条第2項の規定により趣旨説明を省略することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は趣旨説明を省略することに決しました。

 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、発議案第8号 総務教育、産業福祉常任委員会の所管事務調査についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 議員の派遣について



○議長(船木祥一君) 日程第8、議員の派遣についての件を議題とします。

 お諮りします。

 議員の派遣については、会議規則第127条の規定によりお手元に配付の資料のとおり派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議員の派遣についてはお手元に配付の資料のとおり派遣することに決しました。

 なお、ただいま議決しました議員派遣の件で、後日変更等があった場合は議長に一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、後日変更等があった場合は議長に一任することに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9 次期定例会(定例会までの間に開かれる臨時会等を含む)の会期日程等の

       議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について



○議長(船木祥一君) 日程第9、次期定例会(定例会までの間に開かれる臨時会等を含む)の会期日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項についての件を議題とします。

 本件につきましては、議会運営委員長から会議規則第75条の規定により閉会中に審査したい旨の申し出がありました。

 お諮りします。

 本件は委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本件は委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査に付することに決しました。

 以上をもって本定例会に付議された案件の審議は全部終了しました。

 これにて平成28年第5回岩美町議会定例会を閉会します。

            午前11時45分 閉会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成28年6月17日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員