議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成27年 2月臨時会 02月23日−01号




平成27年 2月臨時会 − 02月23日−01号







平成27年 2月臨時会



       平成27年第1回岩美町議会臨時会会議録(第1号)



 平成27年2月23日(月曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 寺垣 智章君     2番 杉村   宏君     3番 宮本 純一君

 4番 川口 耕司君     5番 田中  伸吾君     6番 松井 俊明君

 7番 澤  治樹君     8番 日出嶋香代子君     9番 芝岡みどり君

 10番 田中 克美君     11番 柳   正敏君     12番 船木 祥一君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠   席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    副町長     西 垣  英 彦君

 岩美病院事業管理者            教育長     寺 西  健 一君

         平 井  和 憲君

 総務課長    長 戸    清君    企画財政課長  杉 本  征 訓君

 税務課長    出 井  康 恵君    商工観光課長  飯 野    学君

 福祉課長    鈴 木  浩 次君    健康対策課長  澤    幸 和君

 住民生活課長  橋 本  大 樹君    産業建設課長  村 島  一 美君

 環境水道課長  田 中    衛君    教育委員会次長兼学校給食共同調理場所長

                              松 本  邦 裕君

 岩美病院事務長 谷 口  栄 作君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    坂 口  雅 人君    書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 1 号)

                    平成27年2月23日(月)午前10時開会(開議)

 第1 会議録署名議員の指名について

 第2 会期の決定について

 第3 議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第3まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開会(開議)



○議長(船木祥一君) ただいまの出席議員は12名であります。定足数に達しておりますので、これより平成27年第1回岩美町議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 諸般の報告をします。

 本日、町長から議案1件が提出され、受理しました。

 以上で諸般の報告を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(船木祥一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第125条の規定により、議長において澤治樹議員、日出嶋香代子議員を指名します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(船木祥一君) 日程第2、会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本臨時会の会期は、本日1日間とすることに決定しました。

 しばらく休憩いたします。

            午前10時2分 休憩

            午前11時20分 再開



○議長(船木祥一君) 所定の出席がありますので、再開します。

 休憩前に引き続いて議事を続行します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)



○議長(船木祥一君) 日程第3、議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 平成27年第1回岩美町議会臨時会の開会に当たり、一言ご挨拶申し上げます。

 本日は、急ぎ本議会のご承認をいただかなければならない案件が生じましたので、臨時会を招集させていただきました。議員各位には、ご多忙のところご出席をいただき、提出議案のご審議を賜りますことに深く感謝申し上げます。

 それでは、提出いたしました議案につきましてご説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。

 議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ8,298万3,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、国の補正予算による地域住民生活等緊急支援交付金を受け、プレミアム商品券発行に係る経費及び岩美町総合戦略策定事業費など、地方創生先行型事業の追加でございます。なお、今回お願いしております事業10件につきましては、それぞれ27年度への繰り越しをお願いしております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(杉本征訓君) 議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の1ページでございます。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ8,298万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を66億9,633万4,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、補正予算に関する説明書の4ページをお開きください。

 歳出からご説明申し上げます。

 今回の補正でお願いしますのは、全て国の補正予算により地域住民生活等緊急支援交付金を受けて行う事業でございまして、3月上旬の国の補正予算成立後、速やかに交付決定事務が行われるよう、3月補正を前に別途編成させていただきました。地方消費喚起型としてプレミアム商品券発行事業、地方創生先行型として岩美町総合戦略策定事業ほか8件をお願いするものでございます。

 2款総務費、1項6目企画費527万2,000円の増でございます。1つ目の岩美町総合戦略策定事業費377万2,000円は、平成27年度から平成31年度までの5カ年を計画期間とした総合戦略を策定することとなっておりますが、早期策定のためアンケートの集計等を委託実施することとし、あわせて事務補助員として臨時職員1名分の経費をお願いするものでございます。

 次の結婚記念写真撮影費助成事業費150万円は、町内の観光資源等を背景とした結婚記念写真の撮影費に対しての助成でございまして、写真館等を利用して結婚時あるいは結婚記念日の写真を岩美町内で撮影し、公表可能な写真を1枚提供いただきます。その後、提供いただいた写真をホームページ等に掲載することで、岩美町の景観のよさを広めようとするものでございます。

 はぐっていただきまして、5ページをお開き願います。

 3款民生費、2項1目児童福祉総務費330万円の増は、乳児用おむつ購入費助成事業費でございまして、子育てにおいて特に乳幼児期の出費が多大であるといった実態を踏まえ、乳幼児期に必需品となるおむつの購入費に対し助成を行うものです。おおむね6月分の紙おむつ代相当額となる3万円を助成金額としております。

 はぐっていただきまして、6ページをお開き願います。

 6款商工費、1項2目商工業振興費2,985万9,000円の増は、プレミアム商品券発行事業費でございまして、生活支援及び消費拡大による地域経済の活性化を目的として行うものです。プレミアム率は25%で、1冊1万2,500円の商品券を1万円で発行し、発行総数は1万冊を予定しております。3月末をめどに販売を開始し、町内の各取扱店で6カ月間の使用期間で利用をしていただくこととしております。プレミアム負担分は2,500万円、発行に係る事務費として485万9,000円をお願いしております。

 3目観光費427万1,000円の増でございます。1つ目の観光情報データベース構築事業費300万円は、空撮を含む四季折々の風景、イベント等の動画、画像を制作会社に委託する経費をお願いしております。来町者への紹介、ホームページへの動画放映用として活用を計画しております。

 次の外国人観光客等誘致推進事業費127万1,000円は、観光案内看板の多言語表記、無料公衆無線LANの整備により、山陰海岸ジオパークなど、観光地を訪れる外国人を含む観光客の誘致促進を図るためお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、7ページをお開き願います。

 7款土木費、2項1目道路橋りょう費1,464万1,000円の増は、いわみ道の駅魅力創出事業費でございます。ことし7月に開業予定をしております道の駅の機能に、産業振興拠点、観光総合案内の機能を持たせるため、道の駅運営会社が整備する直販施設や加工品施設の整備、あわせて季節ごとの旬の産物をPRするイベント開催経費、及び道路利用者や観光客に対して総合的に案内対応できる臨時職員の配置に対する補助金をお願いするものでございます。

 その下、5項2目定住促進費1,400万円の増は、子育て世帯等住宅新築・リフォーム資金助成事業費でございまして、若年層の人口減少、少子化対策を推進するため、既に町独自事業として取り組んでおります住宅新築・リフォーム資金助成事業について、若者世代を中心に4月より拡充するための予算をお願いするものでございます。新築助成について若者世帯、子育て世帯及び以前から助成額を上乗せしていました多世代同居とも助成上限を新年度より50万円とし、新たに中古住宅の購入に対しても助成を開始いたします。

 はぐっていただきまして、8ページをお開き願います。

 8款消防費、1項6目災害対策費864万円の増は、子ども防災対策事業費でございまして、全国各地で予測不可能な災害が発生しています。平時から災害に備えた体制を整備するため、有事の際に利用する物品の整備をお願いするものでございます。定期的な防災教育はもとより、防災用具の整備を行うことで保護者が安心して子供を預けることができる体制づくりを構築します。

 はぐっていただきまして、9ページをお開き願います。

 9款教育費、1項2目事務局費300万円の増は、高等学校等新入生通学費助成事業費でございまして、子供がいる家庭にとって、高校入学時は教科書を初めとする新たな学用品、制服などの出費が多大で家計に大きな負担がかかるため、新入学時に通学費の一部助成を行おうとするものです。JR岩美駅−鳥取駅間の3カ月定期代相当額1万9,670円を助成金額としております。加えて、町の活力となる岩美高等学校の町外からの新入生に対しても同様の助成を行い、入学生徒の増加にもつなげたいと考えております。

 以上で歳出の説明を終わります。

 3ページに返っていただきまして、歳入でございます。

 10款地方交付税、1項1目地方交付税につきましては、今回の補正に係る一般財源でございまして、財源留保しております地方交付税のうち普通交付税から今回2,012万4,000円をお願いしております。補正後の普通交付税の留保額は4,368万2,000円でございます。

 その下、14款国庫支出金、2項6目総務費補助金6,285万9,000円は、国の補正予算で交付が予定されております地域住民生活等緊急支援交付金でございまして、地方消費喚起型として2,985万9,000円、地方創生先行型として3,300万円をお願いしております。地方創生先行型につきましては、現在配分額が基礎分のみですので、一部普通交付税を財源としておりますが、今後において上乗せ分の申請を行う予定としております。

 次に、議案に返っていただきまして、1ページでございます。

 第2条、繰越明許費でございます。

 地方自治法第213条第1項の規定により、翌年度に繰り越して使用することができる経費は第2表繰越明許費によるということで、4ページをお開きください。

 第2表繰越明許費です。岩美町総合戦略策定事業ほか9件8,151万2,000円を平成27年度へ繰り越しさせていただきますが、早期発注に心がけ、円滑な事業執行に努めてまいります。

 以上で補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 10番田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 2点、町長に聞きたいと思います。

 1つは、この計画が非常に短期間で実施計画を策定せよということになったということについて。

 それから、2つ目はこれを実施するに当たって、私流に言うと自己責任論に陥らないようにしてほしいということを言いたいと思います。

 短期間といいますのは、12月27日に閣議決定で決められて、1月9日に説明会を政府が行って、2月の第1週の実施計画案の事前提出、それから今年度の補正予算案に計上しろと、そうして初めて交付金が交付されるという段取りです。非常に短い期間、しかも地方創生先行型については、新年度中に策定すべきとされている地方版の総合戦略の中の一部に盛り込めということになってるわけで、全体を見ないというか、計画に着手もしないときに部分をつくってしまえということなんです。要するにそれは、今問題になっていると言われているのは人口減少の問題、これをどうするかということと、それから疲弊した地域経済や地方の地域の暮らし、それを打開しようという地方創生なんですけれど、これだけの短期間の間にやれというのは本気度や真剣さが問われることだと思うんです。この短期間について、こういうふうに国が短期間で策定せよと言ってくることについて、地方自治体の首長としてどうなのかということを伺いたいんです。

 マスコミによりますと、にわかにこういう緊急的なものが出てきた背景としては、昨年滋賀の県知事選挙、沖縄の県知事選挙と、いわゆる与・野党対決型で政権党の候補者が負けたと。年明け早々に佐賀県の知事選挙でも敗北してしまったというようなことから、このままでは一斉地方選挙はとんでもないことになるんじゃないかという不安が政権与党側の首長や議員に一気に広がってしまって、それに応えざるを得なかったというような話もマスコミでは喧伝されております。そういう論評が幾つも出てくるような状態なんです。そういう背景はともかく、自治体として受けとめる場合にこれだけの短期間で事を運べということそのものが、私はとんでもない話だと思ってるんですけれど、町長がどう思われるのか。

 それから、2つ目の自己責任論の問題ですけれど、地方の人口減少っていいますけれど、日本全体の人口減少ですけれど、私たちの年代から見れば、少なくとも以前は学校を卒業するころは当然誰でも就職をして結婚し、子供を産み育てて家庭を持つということが当たり前、誰も疑ってみなかったことです。ところが、学校は出たけど、しかも最高学府を出たけれど職がないと。あっても非正規だと。彼女や彼氏がいてもとても結婚できない、結婚しても子供を育てられるような経済状態ではないというようなことに今なっているわけです。これは地方の責任でも地域の責任でもないわけだと思います。

 地域経済のことを考えても、私なぜ地方と言わずに地域とあえて言うかというと、大都市圏、大阪だとか東京なんかでも町工場が潰れてしまって、世界に冠たるアメリカが打ち上げた宇宙ロケットの中のボールベアリングをつくったのは東京の町工場だそうですけれど、一番最初、手づくりの。手づくりでないと、それに耐えられる完璧な円球はできないということなんだそうです。それぐらいの技術を持った日本の町工場が、ばたばたと存立を続けることができなくなってきていると。これは地方だけじゃない、文字どおり都会も含めた地域の経済の疲弊の象徴みたいな話だと。それも、大手からたたかれて技術の継承もできないというような状況をつくってきたことが原因です。

 農村地域でいえば、岩美町でいえば、基幹産業の農業でも水産業でも一番先に出てくるのは輸入自由化の影響です。輸入自由化の影響です。これは地域がつくったものでもない、地方の自治体がつくったものでもない。それは長年の政治がつくってきた実態です。済いません、長くなって。そういう地方の疲弊から目を背けたらいけないわけだし、私は今国の総合戦略はもう目を背けるだけに終わらずに、責任頬かむりしてると思います。そんなこと一つも書いてないんですから。縦割り行政が悪かったみたいなことしか書いてないわけです。そして、その上で自治体に私は自己責任を押しつけようとしていると思うんです。

 だけど、さきの全員協議会でいみじくも町長が、県や国の役割が本当は根幹をなすものだと思うということを言われましたけど、私も同様です。それは、地方がいかに努力しても、その努力が生きる条件をつくれるのは国です。例えば輸入自由化がどんどんどんどん生まれて、それに対抗できることは岩美町ではできないですから。早くします。それで、国が条件づくりをしなきゃならんわけで。しかし、残念ながら国の出した総合戦略を見ますと、目標数値はあります。だけど、それを裏づける政策はただの一つもないんです。

 私はその総合戦略、地方再生、人口減少問題に対応していく具体的な施策を岩美町も立ち向かわなきゃならん。それは、それぞれ国が悪いと言っておしまいになる話じゃないんで、その努力は力いっぱいせないけんです。しかし、今私の述べたような現状の認識と原因、これからの方向性をきちんと認識をして、総合戦略についても今回の緊急的な経済対策や先行型の施策の活用についても、そういう立場で臨むべきだというふうに思っております。自己責任論に陥らないようにというふうに思いますが、以上2点どうでしょうか。



○議長(船木祥一君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 提案している議案がそうさせると思いますけれども、まさに一般質問みたいな質疑でありました。

 おっしゃる意味は、私なりに重々わきまえながら今回の予算をお願いをしておるところでありまして、やはりこれにそっぽを向いたり抵抗してもしようがない話であって、よその自治体に負けないように、町の利益に少しでも資するように対応をしたいというふうに考えてまいっておるところであります。また、拙速な感じは私自身も抱いております。ただし一定の評価ができるのは、本来であると建設関係の事業に集中して補正予算というのがずっと繰り返されてきた経過の中で、我々がいろいろ知恵を出して使うという予算を補正に回してきたということについては評価をしなければならんというふうに思っておるところでありまして、経済対策に係る補正予算っちゅうのは、ご存じのように毎年繰り返されてきた経過の中ではやむを得ん対応なのだろうというふうに思っております。

 また、自己責任ということについては、この答弁の冒頭にも申し述べたとおりでありますけれども、私自身も3月8日の日には町民の皆さんに人口減少ということの中で岩美町が都会、東京やあるいは鳥取に比べても、減少の率というのは非常に速い、高い率で減少が進んでおるということを町民の一人一人の皆さんにも理解をしていただきたいと思っておりますし、しますけれども、取り組む政策についての責任は行政が持つものでありますし、そういう大会で我々の責任を住民のほうに持っていくというような考え方ではありません。むしろ、やはり国がやってこそ、この施策の効果、制度の国の全体のありようにつながるものについては、国に物を申していかなければならんというふうに思っておるところであります。

 質問の中には、ほかの政治的な部分もありましたけれども、そういった部分については、私はとらわれてこの予算を、政策をしたり、議会に提案をしておるものではありませんので、ご理解をいただきたいと思っております。

 以上です。



○議長(船木祥一君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑ないようであります。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第1号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第6号)の件は原案のとおり可決されました。

 以上をもって本臨時会に付議された案件の審議は全部終了しました。

 これにて平成27年第1回岩美町議会臨時会を閉会します。

            午前11時50分 閉会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成27年2月23日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員