議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成26年11月臨時会 11月28日−01号




平成26年11月臨時会 − 11月28日−01号







平成26年11月臨時会



       平成26年第6回岩美町議会臨時会会議録(第1号)



 平成26年11月28日(金曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 寺垣 智章君     2番 杉村   宏君     3番 宮本 純一君

 4番 川口 耕司君     5番 田中  伸吾君     6番 松井 俊明君

 7番 澤  治樹君     8番 日出嶋香代子君     9番 芝岡みどり君

 10番 田中 克美君     11番 柳   正敏君     12番 船木 祥一君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠   席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    教育長     寺 西  健 一君

 総務課長    長 戸    清君    企画財政課長  杉 本  征 訓君

 税務課長    出 井  康 恵君    商工観光課長  飯 野    学君

 福祉課長    鈴 木  浩 次君    健康対策課長  澤    幸 和君

 住民生活課長  橋 本  大 樹君    産業建設課長  村 島  一 美君

 環境水道課長  田 中    衛君    教育委員会次長兼学校給食共同調理場所長

                              松 本  邦 裕君

 岩美病院事務長 谷 口  栄 作君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    坂 口  雅 人君    書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 1 号)

                    平成26年11月28日(金)午前10時開会(開議)

 第1 会議録署名議員の指名について

 第2 会期の決定について

 第3 議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認について

 第4 議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正ついて

 第5 議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)

 第6 議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第6まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開会(開議)



○議長(船木祥一君) ただいまの出席議員は12名であります。定足数に達しておりますので、これより平成26年第6回岩美町議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 諸般の報告をします。

 本日、町長から議案4件が提出され、受理しました。

 次に、9月定例会で議決しました手話言語法(仮称)の制定を求める意見書は、10月2日付をもって関係機関に送付しました。

 次に、説明員の平井病院事業管理者は忌引のため欠席する旨の報告がありました。また、西垣副町長はその葬儀に出席のため欠席する旨の報告がありました。

 以上で諸般の報告を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(船木祥一君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第125条の規定により、議長において宮本純一議員、川口耕司議員を指名します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(船木祥一君) 日程第2、会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、本臨時会の会期は、本日1日間とすることに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認について



○議長(船木祥一君) 日程第3、議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) おはようございます。

 平成26年第6回岩美町議会臨時会の開会に当たり、一言ご挨拶申し上げます。

 本日は、急ぎ本議会のご承認をいただかなければならない案件が生じましたので、臨時会を招集させていただきました。議員各位には、ご多忙のところご出席をいただき、提出議案のご審議を賜りますことに深く感謝申し上げます。

 それでは、提出いたしました議案につきましてご説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。

 議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、衆議院の解散に伴う衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査執行経費について、岩美町一般会計補正予算を専決処分しましたので、これの承認を求めるものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(杉本征訓君) おはようございます。

 議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の5ページでございます。

 ただいま町長がご説明申し上げましたが、この補正予算は平成26年11月21日に衆議院が解散されたことに伴いまして、衆議院議員総選挙費及び最高裁判所裁判官国民審査の執行経費として、平成26年11月21日付で専決処分の措置をとらせていただいたものでございます。

 議案の第1条、歳入歳出の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1,185万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を65億4,250万5,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますが、2冊予算書をお配りしているうちの薄いほうの11月専決補正と書いてある予算書の4ページをお開きください。

 歳出からご説明申し上げます。

 2款総務費、4項7目衆議院議員選挙費1,185万8,000円でございます。衆議院議員総選挙費及び最高裁判所裁判官の国民審査の執行経費をお願いするものでございます。

 次に、3ページに返っていただきまして、歳入でございます。

 15款県支出金、3項1目総務費委託金1,185万8,000円につきましては、選挙執行経費の国からの委託金でございます。

 以上、簡単でございますが、11月21日付の専決補正の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認についての件を採決します。

 本件は承認することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第69号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の専決処分の承認についての件は承認することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正について



○議長(船木祥一君) 日程第4、議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正につきましてご説明申し上げます。

 平成26年の国の人事院勧告に準じて本町の一般職の給与改正を行うため、この条例の一部を改正しようとするものでございます。7年ぶりのプラス分を含む給与改定ということでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 総務課長。



◎総務課長(長戸清君) おはようございます。

 議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正につきまして、補足してご説明を申し上げます。

 本年の国及び県の給与に関します勧告でございますが、国で申し上げますと人事院勧告、鳥取県で申し上げますと鳥取県の人事委員会勧告の内容につきまして、ご説明申し上げます。

 人事院の勧告は本年8月7日に出されており、その内容としては若年層に重点を置いた給料表の0.3%の引き上げ、勤勉手当を0.15月分引き上げるという内容でございます。給料表の改定は平成26年4月1日にさかのぼり、本年4月1日でございます。勤勉手当は法律の公布日ということで、11月19日付で法律が施行されております。本年度分の勤勉手当の調整は、12月分の勤勉手当を0.15月分引き上げることとなっております。

 次に、鳥取県の人事委員会が勧告しました内容につきましてご説明申し上げます。

 鳥取県の人事委員会は10月8日に勧告を行っておりまして、給料表につきましては据え置きとなっております。期末勤勉手当につきましては、0.1月分引き上げるという内容でございます。期末勤勉手当の調整は、12月分の期末勤勉手当でそれぞれ0.05月分ずつ引き上げることとなっております。

 本町の方針といたしましては、これまでの経過を踏まえ人事院勧告を尊重し、平成26年4月1日にさかのぼり、給料表の0.3%の引き上げと勤勉手当を0.15月分引き上げをお願いしたいと考えております。

 今回の給与改定に伴います影響額としましては、給与では約210万円、勤勉手当では約580万円の増ということになっております。なお、これは病院を除く金額でございます。

 それでは、条例改正の説明をさせていただきますので、議案では11ページでございますが、別でお配りしております説明資料の1ページをお開きいただきたいというぐあいに考えます。

 職員の給与に関する条例の新旧対照表でございまして、右に改正前を、左に改正後をお示ししております。

 第20条第2項でございますが、勤勉手当の支給率のアンダーライン部分の改正をそれぞれお願いするものでございます。

 附則第10項は、平成26年12月に支給します勤勉手当の支給率の読みかえ規定でございまして、再任用職員以外の職員は100分の7.5、再任用職員は100分の2.5加算して支給するものでございます。これは本年度の6月分の勤勉手当を既に支給しているため、12月分で調整することによるものでございます。

 議案に返っていただきまして、11ページでございます。別表でございまして、別表第1及び第2を次のように改めるとするものでございます。

 11ページから24ページにかけまして、行政職に適用します給料表、医療職(2)としまして薬剤師、レントゲン技師、検査技師、栄養士などに適用します給料表、医療職(3)表といたしまして看護師に適用します給料表の改正分を掲載しております。これはそれぞれ0.3%の改定をいたした表でございます。

 24ページをお願いいたします。

 附則でございます。施行期日等でございまして、第1項、この条例は公布の日から施行し、改正後の職員の給与に関する条例の規定は、平成26年4月1日から適用するとするものでございます。

 第2項、適用日前の異動者の号給の調整を規定したものでございまして、適用日前に職務の級を異にして異動した職員及び別に定めるこれに準ずる職員の適用日における号給については、その者が適用日において職務の級を異にする異動等をしたものとした場合との権衡上必要と認められる限度において、別に定めるところにより必要な調整を行うことができるとするものでございます。

 第3項、給与の内払でございます。改正前の給与条例の規定に基づいて支給された給与は、改正後の給与条例の規定による給与の内払とみなすとするものでございます。

 第4項、委任でございます。附則第2項から前項までに定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、別に定めるとするものでございます。

 以上、簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正についての件を採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第70号 職員の給与に関する条例の一部改正についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)



○議長(船木祥一君) 日程第5、議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ894万2,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、職員の給与に関する条例の一部改正等に伴う人件費でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(杉本征訓君) 議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 議案書の25ページでございます。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ894万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を65億5,144万7,000円にお願いするものでございます。

 一般会計は各款ごとに補正措置をさせていただいておりますが、特別会計におきましては期末勤勉手当の支給に不足が生じる国民健康保険特別会計のみ補正予算をお願いしております。

 それでは、補正の内容について別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますが、11月補正と書いてある予算書4ページをお開き願います。

 歳出からご説明申し上げます。

 このたびの補正予算におきましては、人件費の補正ということで、議案第70号で議決をいただきました職員の給与に関する条例の一部改正に伴う職員給与の改定並びに病気休職等によります人件費の補正予算をお願いしております。

 職員の配置に基づき、人件費は目的別に経理していますが、各款ごとの説明につきましては、勝手ながら省略させていただきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 次に、17ページから給与費明細書を載せております。

 まず、一般会計給与費明細書(職員分)でございます。先ほど11月専決補正でご承認いただいた選挙執行に係る時間外手当を補正前の金額に加えております。

 それでは、総括表でございますが、職員数につきましては138人で増減はございません。給与費につきましては給与改定分といたしまして209万2,000円の増、病欠等により306万円の減、合わせまして給料が96万8,000円の減額。職員手当はその内訳を下段の表に掲げておりますが、主には給与改定に伴います期末勤勉手当、台風対策等による時間外手当の増などによりまして838万5,000円の増でございます。

 なお、以下の表につきましてはごらんをいただくということで、説明は省略させていただきます。

 次に、3ページに返っていただきます。

 歳入でございます。

 19款繰越金、1項1目繰越金894万2,000円は、今回の補正に係る一般財源相当額ということで、財源留保しておりました前年度繰越金から措置させていただいております。

 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第71号 平成26年度岩美町一般会計補正予算(第4号)の件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(船木祥一君) 日程第6、議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、職員の給与に関する条例の一部改正に伴う費目更正をお願いするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) 住民生活課長。



◎住民生活課長(橋本大樹君) おはようございます。

 議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足してご説明申し上げます。

 それでは、議案書の29ページをお開きいただきたいと思います。

 第1条、歳入歳出予算の補正でございます。歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正によるとするものでございます。

 はぐっていただきまして、30ページをお願いいたします。

 第1表でございます。歳入歳出の総額に増減はございませんが、歳出の8款保健事業費、3項健康管理費におきまして、費目更正をお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、11月補正の予算書の国民健康保険特別会計の3ページをお願いいたします。

 歳出でございます。

 8款保健事業費、3項1目健康管理費は、補正はございませんが費目更正をお願いするもので、その内訳といたしましては、職員の異動及び職員の給与に関する条例の一部改正に伴う人件費の増と、事業に係ります事務費の減をお願いするものでございます。

 また、1枚はぐっていただきまして、4ページ以降に国民健康保険特別会計給与費明細書(職員分)を載せておりますが、こちらはごらんをいただくということで、説明は省略させていただきたいと思います。

 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わらせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(船木祥一君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(船木祥一君) ご異議なしと認めます。したがって、議案第72号 平成26年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の件は原案のとおり可決されました。

 以上をもって本臨時会に付議された案件の審議は全部終了しました。

 これにて平成26年第6回岩美町議会臨時会を閉会します。

            午前10時29分 閉会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成26年11月28日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員