議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成25年 9月定例会 09月18日−02号




平成25年 9月定例会 − 09月18日−02号







平成25年 9月定例会



       平成25年第4回岩美町議会定例会会議録(第2号)



 平成25年9月18日(水曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 田中 伸吾君     2番 河下 哲志君     3番 松井  俊明君

 4番 澤  治樹君     5番 竹中 一浩君     6番 日出嶋香代子君

 7番 芝岡みどり君     8番 柳  正敏君     9番 船田  爲久君

 10番 田中 克美君     11番 船木 祥一君     12番 津村  忠彦君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠   席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    副町長     西 垣  英 彦君

 岩美病院事業管理者            教育長     寺 西  健 一君

         平 井  和 憲君

 総務課長    岡 田  康 男君    企画財政課長  田 中    衛君

 税務課長    出 井  康 恵君    商工観光課長  杉 村    宏君

 福祉課長    鈴 木  浩 次君    健康対策課長  澤    幸 和君

 住民生活課長  杉 本  征 訓君    産業建設課長  廣 谷  幸 人君

 環境水道課長  川 上  壽 朗君    教育委員会次長兼学校給食共同調理場所長

                              飯 野    学君

 岩美病院事務長 村 島  一 美君    関西事務所長  長 戸    清君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    坂 口  雅 人君    書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 2 号)

                    平成25年9月18日(水)午前10時開議

 第1 議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認について

 第2 議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正について

 第3 議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)

 第4 議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)

 第5 議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)

 第6 議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第6まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開議



○議長(津村忠彦君) ただいまの出席議員は12名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

 しばらく休憩いたします。

            午前10時2分 休憩

            午前10時30分 再開



○議長(津村忠彦君) 所定の出席がありますので、再開します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認について



○議長(津村忠彦君) 日程第1、議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) おはようございます。

 議員の皆様には、御多忙のところ第4回岩美町議会定例会に御出席いただき、提出議案の御審議を賜りますことに深く感謝申し上げます。

 それでは、提出いたしました議案につきまして御説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。

 議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、豪雨による海岸等への漂着物処理経費などについて、岩美町一般会計補正予算を専決処分しましたので、これの承認を求めるものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(田中衛君) それでは、議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認につきまして、補足して御説明申し上げます。

 議案書の5ページをお開き願います。

 ただいま町長が御説明申し上げましたが、この補正予算は海岸漂着物清掃事業費と予防接種事業費につきまして、平成25年8月1日付で専決処分の措置をとらせていただいたものでございます。

 予算の第1条でございますが、既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ329万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を67億9,791万8,000円とさせていただくものでございます。

 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書で御説明いたしますので、薄いほうの予算書でございますが、そちらの4ページをお開き願います。

 歳出から御説明を申し上げます。

 4款衛生費、1項2目予防費29万5,000円の増は、予防接種事業費でございまして、全国的な規模での風疹の流行により、鳥取県では6月1日以降の予防接種につきまして3分の1の補助をすることを6月議会で決定をいたしました。本町におきましては4月1日以降の接種について、妊娠を希望する女性と妊婦の夫の接種費用全額を対象として補助することとし、既に接種済みの者に対しましては償還払いによる補助を行うことといたしました。この償還払いの費用につきまして、専決による増額の措置をとらせていただいたものでございます。

 同じく2項1目清掃総務費300万円の増は、海岸漂着物清掃事業費でございます。7月15日の県西部の豪雨によると思われます海岸漂着物が中旬から下旬にかけまして本町海岸部に大量に漂着し、この収集処分に6月補正でお認めいただいた費用を全て使い切り、なお不足する状態となりました。7月下旬から8月にかけましては海水浴のピークであり、早急な対応が必要なことから、県の追加交付の決定を受け、専決による増額の措置をとらせていただいたものでございます。

 次に、3ページに返っていただきまして、歳入でございます。

 15款県支出金、2項3目衛生費補助金307万円の増は、歳出で申し上げました事業の県からの補助金でございます。

 19款繰越金、1項1目繰越金、前年度繰越金22万5,000円は、今回の補正予算の財源といたしまして、財源留保しておりました前年度繰越金から措置をさせていただいたものでございます。

 以上、簡単でございますが、8月1日付の専決補正につきまして御説明申し上げました。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認についての件を採決します。

 本件は承認することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第57号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第2号)の専決処分の承認についての件は承認することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正について



○議長(津村忠彦君) 日程第2、議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正についての件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきまして御説明申し上げます。

 精神病床を廃止し、通所リハビリテーションとして活用するため、この条例の一部を改正しようとするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 病院事務長。



◎岩美病院事務長(村島一美君) 議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正につきまして、補足して御説明申し上げます。

 議案書の9ページをお願いします。また、説明資料では1ページをお願いします。

 今回の改正は、精神病床を通所リハビリテーションとして使用するため、条例から精神病床を削除する条例の一部改正を行うものでございます。

 精神病床につきましては、精神科医師の退職により平成18年5月末から休止しています。全国的な医師不足などで医師確保に至らず、精神病床再開の見込みが立ちませんでした。このような中、高齢者人口は今後も増加するよう見込まれ、在宅における医療、介護サービスの需要が高まっていることから、精神病床を廃止し、通所リハビリテーションとして使用しようとするものです。

 条例の改正の内容ですが、新旧対照表をごらんいただきたいと思います。右側に改正前、左側に改正後でございます。

 第2条第3項の表です。改正前、精神病床50床とあります欄を改正後は削除するものでございます。

 議案の本文に返っていただきまして、附則でございます。この条例は、公布の日から施行するものでございます。

 以上、簡単ではありますが、説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正についての件を採決します。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第58号 岩美町病院事業の設置等に関する条例の一部改正についての件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)



○議長(津村忠彦君) 日程第3、議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでに御承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ9,078万6,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、歳出の投資的経費としましては、8月1日の豪雨により被災した農地、農業用施設及び道路に係る災害復旧事業費、農業基盤整備促進事業費並びに宇治ライスセンター改修支援事業費の追加などでございます。

 その他の経費では、固定資産の評価替に伴う鑑定経費として、固定資産(土地)評価替対策事業費の追加などでございます。

 また、岩美道路整備に伴う不動産売払収入及び補償費を受け入れ、公共施設建設基金への積み立てをお願いしております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 企画財政課長。



◎企画財政課長(田中衛君) それでは、議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)につきまして、補足して御説明申し上げます。

 議案書の13ページでございます。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。

 既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ9,078万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を68億8,870万4,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書で御説明いたしますが、参考といたしまして、説明資料の3ページから8ページにかけまして歳入歳出予算構成表、寄附金明細書、投資的事業の明細を提出させていただいておりますので、後ほどごらんをいただければと思います。

 それでは、補正に関する説明書の6ページをお開き願います。

 6ページ、歳出から御説明を申し上げます。

 2款総務費、1項2目文書広報費100万円の増は、本年6月に成立した地方分権に係る第3次一括法により関連法案が一括して改正され、法令で定められていた基準の幾つかが自治体の条例に委任されることとなったのに伴いまして、本町の条例等のうち整備を要するものの点検、整理を行うとともに、条例改正に当たっての指導、助言を受けるため支援業務の委託費用をお願いするものでございます。

 3目財政管理費162万7,000円の増は、ふるさと納税の件数が大幅に増加したため、記念品の経費の増額をお願いするものでございます。8月末現在123件286万1,000円の御寄附をいただいており、件数では昨年の約2倍、金額では昨年の54%の増となっております。

 6目企画費1,024万3,000円の増でございます。1つ目の情報化推進事業費262万2,000円は、新井地内での駟馳山バイパスアクセス道路工事の施工に伴いまして、情報ハイウエーケーブルの敷設がえ工事費をお願いするものでございます。次の情報通信施設管理運営事業費380万円は、岩美道路工事の施工に伴い、浦富フジ電機付近のケーブルテレビの光ケーブルを支障移転する必要が生じたため、工事費をお願いするものでございます。

 次の中山間小集落活性化支援事業費382万1,000円は、地域おこし協力隊等による鳥越どんづまりハウス再生の支援のため、備品購入等の助成をお願いするものでございます。

 7目交通安全対策費20万円の増は、カーブミラーの修繕料の増額をお願いをするものでございます。

 11目公共施設建設基金635万7,000円は、岩美道路改良事業の施工に伴います浦富団地及び浦富第4団地の補償費並びに土地売却代金を今年度の公共施設建設の財源とするため基金に積み立てをお願いするものでございます。

 12目諸費300万円の増は、町税過誤納還付金でございまして、過年度確定申告に伴います町県民税の還付また確定申告に伴います法人町民税予定納付金の還付などが増加したためお願いをするものでございます。

 14目ふるさと岩美まちづくり基金費284万5,000円は、先ほど財政管理費のところでお願いをいたしましたが、ふるさと納税の増加に伴います基金費の増をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、7ページ。

 2項2目賦課徴収費907万2,000円は、平成27年度に行われます固定資産(土地)の評価替のための土地の鑑定評価を行う費用をお願いするものでございます。町内144地点の鑑定を予定をいたしております。

 3項1目戸籍住民基本台帳費25万9,000円の増は、印鑑登録カードの在庫が残り少なくなってきたため2,000枚、約5年間分の増刷をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、8ページ。

 3款民生費、1項2目老人福祉費90万7,000円の増は、高齢者等在宅福祉事業費でございまして、高齢者等の住宅改良を助成するものでございます。当初予算で高齢者1件分、障がい者1件分の合計2件分を見ておりましたが、利用者が増加し、今後2件分の利用を見込むものでございます。

 5目同和対策費59万5,000円の増は、文化センター運営費でございまして、文化センターの防犯設備が故障し、経年劣化が著しいため、この更新をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、9ページ。

 5款農林水産業費、1項2目農業総務費15万9,000円の増は、農業振興施設管理運営費でございまして、蒲生活性化施設の加工室で使用しております木製せいろが老朽化したため、この買いかえをお願いするものでございます。

 3目農業振興費499万3,000円の増でございます。1つ目のいわみ特産品育成事業費16万3,000円は、武蔵野市で開催されます青空市への参加業者の旅費の助成をお願いするものでございます。次の宇治ライスセンター改修支援事業費483万円は、乾燥機等の老朽化によります機器更新について利用農家の負担軽減と米の産地化を推進するため、農協への3割の助成をお願いするものでございます。

 5目農地費1,850万円の増は、農業基盤整備促進事業費でございまして、大谷地区、太田地区において排水路が不等沈下したことにより排水が滞留し、本来の排水機能が損なわれているため、この改修をお願いをするものでございます。

 2項2目林業振興費100万円の増でございます。去る8月1日の豪雨によりまして林道外川線、法正寺線などで土砂流出が起こりましたが、この復旧については災害補助の対象規模とならないため、林道維持修繕の中で対応をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、10ページ。

 3項2目水産業振興費127万2,000円の増でございます。1つ目の東漁港管理事業費67万2,000円は、港湾施設内の電柱が塩害によると思われる損壊を受けたため、この電柱を取りかえるための工事費用をお願いをいたしております。2つ目の東漁港区域海岸漂着物清掃事業費60万円は、7月15日の鳥取県西部の豪雨等の影響によると思われる漁港区域の海岸漂着ごみの増加に対応するため、処理委託料の増額をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、11ページ。

 6款商工費、1項3目観光費58万4,000円の増でございます。1つ目の観光一般事務費20万円は、先ほど申しましたが、鳥取県西部豪雨により増加した海岸漂着ごみの収集に対応するため、国立公園美化清掃負担金の増額をお願いするものでございます。2つ目の山陰海岸ジオパーク振興事業費9万円は、岩美町の観光キャラクターいわみんほか3キャラクターについて、今後の観光振興に活用していくため、永代使用権の取得をする費用をお願いするものでございます。3つ目の町観光協会補助金29万4,000円は、岩美町の風景をモデルにしたアニメ「Free!」を観光振興に活用するため、観光協会で作成いたしますロケ地マップの費用の助成をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、12ページ。

 7款土木費、1項1目土木総務費100万円の増でございます。1つ目の土木一般関係事務費100万円は、駟馳山バイパス開通に向けた記念事業、プレイベントを県、鳥取市、岩美町で共同開催するための実行委員会への負担金をお願いするものでございます。なお、実行委員会の事務局は岩美町に設置の予定でございます。次の地籍調査事業費は費目更正でございまして、予算の増減はございませんが、事業の進捗を図るため、次年度に予定していた一部工程を繰り上げて実施するため、消耗品費から委託料へ65万円の費目更正をお願いするものでございます。

 2項1目道路橋りょう総務費273万6,000円の増は、いわみ道の駅整備事業費でございまして、いわみ道の駅の駅長を民間からの公募とすることとし、この人件費等の措置をお願いするものでございます。

 2目道路維持費は、小型除雪機械購入助成事業費の財源更正でございまして、小型除雪機械の補助につきまして、一部県からの補助が受けられることとなったため、財源の更正をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、13ページ。

 6項1目河川総務費25万円の増は、河川維持管理事業費でございまして、宮ノ谷川河床掘削の実施によりまして現予算が残り少なくなりましたので、今後の工事等に備えまして25万円の増額をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、14ページ。

 8款消防費、1項2目非常備消防費75万3,000円の増でございます。1つ目の消防団員退職報償金68万4,000円は、4月以降の中途退団者が2名あり、そのうち1名の退職報償金の増をお願いするものでございます。2つ目の消防団運営費及び消防関係事務費6万9,000円は、新たに就任をいたしました小田分団長の制服等の購入をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、15ページ。

 9款教育費、5項1目保健体育総務費43万4,000円の増は、スポーツ大会派遣費補助金でございまして、岩美北スポーツ少年団バレーボールクラブほか2団体に対して行います全国大会等への出場のための助成をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、16ページ。

 10款災害復旧費、1項1目農地農業用施設災害復旧費1,500万円は、平成25年災農地農業用施設災害復旧事業費でございまして、去る8月1日の豪雨により外邑地内で発生した農地農業用施設災害の応急工事としてお願いするものでございます。なお、この工事につきましては、ちょうど唐川線の側溝からあふれ出した雨水が町道の路肩部分を侵食し、道路下の農地農業用施設に被害をもたらしたと推定されることから、通常の農地農業用施設災害で徴収をいたします地元負担金を徴収せず施工したいと考えておりますので、御理解をいただきますようお願いをいたします。

 2項1目公共土木施設災害復旧費800万円につきましても、町道唐川線道路路肩のブロック積み基礎が雨水により一部えぐり取られておりまして、このままでは町道の通行に支障を来すことから、応急工事としてお願いするものでございます。

 以上で歳出の説明を終わります。

 3ページに返っていただきまして、歳入でございます。

 10款地方交付税、1項1目地方交付税834万円につきましては、今回の補正に係る一般財源として財源留保しておりました普通交付税から措置をさせていただいております。

 はぐっていただきまして、4ページ。

 中ほどの19款繰越金、1項1目繰越金2,937万1,000円につきましても、今回の補正に係る一般財源といたしまして財源留保しておりました前年度繰越金の残額を全て措置をさせていただいております。

 その他、国庫支出金等につきましては、歳出で御説明いたしました各事業の特定財源でございますので、説明のほうは省略をさせていただきます。

 それでは、議案に返っていただきまして、13ページでございます。

 議案の第2条、地方債の補正でございます。

 地方債の追加は、第2表地方債補正によるということで、2枚はぐっていただきまして、16ページの第2表をお開き願います。

 1、追加といたしまして、平成25年災農地農業用施設災害復旧事業及び公共土木施設災害復旧事業として、表にお示ししております条件で新たに起債をお願いをいたしております。

 なお、平成25年度現年度分の起債の発行予定総額といたしましては10億5,110万円となっております。

 以上で一般会計補正予算の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いをいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 10番田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 歳出の6ページ、一番最初の法規等の管理費100万円ですが、全員協議会の資料でちょっと気になってて、さっき説明があった法の成立による関係条例の整備ということで、点検、整理を行うための委託費となってて100万円と。これちょっと高いんじゃないのと思ったもんですから、それを聞こうと思ってたら、点検、整理だけじゃなくて支援業務もだと。高いと思ったのは間違いじゃなかったなと思ったんですけれど、これ委託先がどこで、その点検、整理の作業量ってどの程度なんですかね。言ってみれば、あとそれから支援業務ということですから、要するに授業料というのか講師料というのか出張費含めた講師料なんでしょうけれど、その内容と何回ぐらいやるのかというのを、要するに点検、整理の部分は何ぼで支援業務は何ぼだということですけれど、ちょっと説明してください。



○議長(津村忠彦君) 総務課長。



◎総務課長(岡田康男君) 補正の最初の6ページ、2款1項2目の文書広報費、その中の委託料ということで法規等の管理費100万円についての御質問をいただきました。

 この中身といたしましては、先ほど財政担当課長が申し上げましたが、本年6月7日に成立した地域主権の改革の一括法、第3次の分の点検、それから岩美町の条例等の整理にかける費用をお願いしとるものです。法律といたしましては、関係法令が国の法律は74法令成立いたしておるわけでございますけれども、そのうちざっと岩美町、総務課担当で見積もったのが20議案ぐらいが該当すりゃへんかなというぐあいに考えとるとこです。20条例、ごめんなさい。20条例ぐらい該当するであろうというところを見積もっておりまして、そういった見積もりの中で、先ほど申し上げましたうちの条例の点検、それからそれに関連しての予定といたしましては3月定例議会等を見積もって出しておるところでございます。

 それから、あと中身といたしましては、今後議案の作成のひな形、それからあと新旧対照表の作成、それから改正文モデル案といったようなものも一部考えておりますし、それから過去に行いました1次、2次の分もあわせてこの3次の中で関連するものもあるようであれば、そういったもんも含めて全て1次も2次も含めて点検しようということで見積もったものでございます。

 業者といたしましては、法令等に精通して岩美町の条例等を管理している業者に主にお願いしようかというところで考えておるところでございます。なお、これに伴う具体的な研修といったものは随時ということにいたしておりまして、今の予定では二、三回程度ということは担当課のほうでは考えているところでございます。

 以上でございます。

 委託先といたしましては、法令等につきましては現在ぎょうせいのほうに委託をかけておりますので、そういったところでの支援を賜りたいと、受けたいという考えでございます。

 以上でございます。



○議長(津村忠彦君) 10番田中克美議員。



◆10番(田中克美君) これ支援業務がなかったら何ぼぐらいですか、端的に聞きますけど。



○議長(津村忠彦君) 総務課長。



◎総務課長(岡田康男君) 申しわけございません。担当課のほうでは、支援業務を含めてという一括の見積もりを徴取いたしたものですから、ちょっと内訳についてはそういった個々の分については検討はいたしておりません。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) こういう内容の委託をするときは、ほとんどこの支援業務がつきものですか。セットだと言うから、今回の場合はセットでしょう。セットでないのもあるのかということですよ。あるんなら、これだけの業務量だったらどれぐらいだなというのがあるんじゃないだろうかと思ったからですよ。



○議長(津村忠彦君) 総務課長。



◎総務課長(岡田康男君) 従前、法令等につきましては、国、県、それから各自治体へ、いわゆるモデル案として準則というものが流れてきたわけでございます。ところが、地域主権という流れの中でそれぞれの自治体が条例等の改正は自主的に行うべきであるということの中で、現在そういった国、県からのモデル案、ひな形というものは流れておりません。したがいまして、ここ何年かはそういった各自治体でいわゆる勉強も含めて業者のほうに講師等を派遣してもらったり、支援業務も一緒に行わせていただいておるというのが実情でございます。



○議長(津村忠彦君) ほかに質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑ないようであります。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第59号 平成25年度岩美町一般会計補正予算(第3号)の件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(津村忠彦君) 日程第4、議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでに御承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ1,673万8,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、平成24年度療養給付費等負担金の交付額が確定したことに伴う国庫負担金の返還に係る費用の措置などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 住民生活課長。



◎住民生活課長(杉本征訓君) 議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足して御説明申し上げます。

 それでは、議案書の17ページをお開き願います。

 第1条でございます。歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,673万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ15億85万6,000円にお願いするものであります。

 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書で御説明いたしますので、国民健康保険特別会計の4ページをお開き願います。

 まず、歳出でございます。

 3款後期高齢者支援金等、1項2目後期高齢者関係事務費拠出金2,000円の増につきましては、平成25年度拠出額の確定に伴いまして増額補正をお願いするものでございます。

 はぐっていただきまして、5ページをお願いします。

 4款前期高齢者納付金等、1項1目前期高齢者納付金6万8,000円、その下2目前期高齢者関係事務費拠出金2,000円の増につきましては、平成25年度納付金及び拠出金の確定に伴い、増額補正をお願いするものであります。

 はぐっていただきまして、6ページ。

 11款諸支出金、1項3目償還金1,666万6,000円の増につきましては、既に確定しております平成24年度療養給付費等負担金の返還金でございます。

 3ページに戻っていただきまして、歳入でございます。

 1款国民健康保険税、1項1目一般被保険者国民健康保険税2,000万円の減につきましては、本年度、平成25年度の国民健康保険税率算定時におきまして、軽減財源として追加で繰越金を充当することとしましたので、その相当額を減額しております。

 その下、11款繰越金、1項2目その他繰越金3,673万8,000円の増につきましては、財源留保しております前年度繰越金の中から、国民健康保険税に2,000万円、歳出で説明させていただきました償還金等の財源として1,673万8,000円充当させていただくものであります。

 なお、本補正後の繰越金財源留保額1,141万4,000円は、12月補正以降にお願いいたします補助金の過年度精算金及び療養給付費の補正財源として使用させていただくこととしております。

 以上、簡単ですが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件を採決します。

 本件は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第60号 平成25年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(津村忠彦君) 日程第5、議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでに御承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ120万円を追加するものでございまして、個別排水処理施設整備事業費の増額措置をお願いしております。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 環境水道課長。



◎環境水道課長(川上壽朗君) それでは、議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足して御説明申し上げます。

 議案書の21ページをお願いいたします。

 第1条、歳入歳出予算の補正でございます。

 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ120万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,158万6,000円にお願いするものでございます。

 内容につきましては、補正予算に関する説明書で御説明いたしますので、集落排水処理事業特別会計(第1号)の4ページをお開きいただきたいと思います。

 歳出でございます。

 1款2項2目施設整備費120万円の増です。個別排水処理区域で町が管理している浄化槽5人槽が当該住宅の改築によりまして増床となることを受け、浄化槽の人槽基準より5人槽から7人槽に変更することに伴い、設置費用の増額補正をお願いするものでございます。

 3ページをお願いいたします。

 歳入でございます。

 4款2項1目集落排水処理事業積立基金繰入金は、補助対象外となります放流管工事に伴うもので20万円の増額をお願いしております。

 6款1項1目個別排水処理事業債100万円の増額をお願いしております。

 議案に返っていただきまして、第2条でございます。

 地方債の変更ということで、第2表地方債補正によるということで、24ページのほうをお願いしたいと思います。

 第2表地方債補正、1、変更でございます。起債の目的は個別排水処理施設整備事業でございます。補正前の限度額200万円を補正後の限度額300万円にお願いするものでございます。

 以上、簡単でございましたが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第61号 平成25年度岩美町集落排水処理事業特別会計補正予算(第1号)の件は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(津村忠彦君) 日程第6、議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を議題とします。

 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして御説明申し上げます。

 今回の補正予算は、これまでに御承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ1,437万9,000円を追加するものでございます。

 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、前年度繰越金の基金への積み立て並びに平成24年度の事業費が確定したことに伴う国県負担金及び支払基金交付金の返還に係る費用の措置でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 福祉課長。



◎福祉課長(鈴木浩次君) 議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)につきまして、補足して御説明申し上げます。

 議案書の25ページをお開き願います。

 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1,437万9,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ15億2,499万2,000円にお願いするものでございます。

 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書で御説明申し上げますので、介護保険特別会計の4ページをお開き願います。

 初めに歳出でございます。

 4款基金積立金、1項1目介護給付費準備基金積立金841万4,000円の増でございます。これは、平成24年度決算剰余金のうち、介護保険料の充当残額を介護給付費準備基金に積み立てようとするものでございます。

 5ページをお願いします。

 5款諸支出金、1項2目償還金596万5,000円の増でございます。これは、平成24年度に概算交付を受けました介護給付費負担金や地域支援事業交付金などにつきまして、決算に伴って受け入れ超過となったことによります国、県などへの返還金をお願いするものでございます。内訳につきましては、説明欄のとおりでございます。

 ページを返っていただきまして、3ページをお開き願います。

 歳入でございます。

 8款繰越金、1項1目繰越金1,437万9,000円の増でございます。これは、平成24年度決算によります剰余金でございます。歳出の基金積立金及び償還金の財源に充てるものでございます。

 以上、簡単ですが補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(津村忠彦君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終結します。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終結します。

 これより議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)の件を採決します。

 本案は原案のとおり決することに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第62号 平成25年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第2号)の件は原案のとおり可決されました。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 御苦労さまでございました。

            午前11時22分 散会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成25年9月18日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員