議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 岩美町

平成25年 9月定例会 09月17日−01号




平成25年 9月定例会 − 09月17日−01号







平成25年 9月定例会



       平成25年第4回岩美町議会定例会会議録(第1号)



 平成25年9月17日(火曜日)

            出  席  議  員(12名)

 1番 田中 伸吾君     2番 河下 哲志君     3番 松井  俊明君

 4番 澤  治樹君     5番 竹中 一浩君     6番 日出嶋香代子君

 7番 芝岡みどり君     8番 柳  正敏君     9番 船田  爲久君

 10番 田中 克美君     11番 船木 祥一君     12番 津村  忠彦君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠   席  議  員( 0 名)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 町長      榎 本  武 利君    副町長     西 垣  英 彦君

 岩美病院事業管理者            教育長     寺 西  健 一君

         平 井  和 憲君

 総務課長    岡 田  康 男君    企画財政課長  田 中    衛君

 税務課長    出 井  康 恵君    商工観光課長  杉 村    宏君

 福祉課長    鈴 木  浩 次君    健康対策課長  澤    幸 和君

 住民生活課長  杉 本  征 訓君    産業建設課長  廣 谷  幸 人君

 環境水道課長  川 上  壽 朗君    教育委員会次長兼学校給食共同調理場所長

                              飯 野    学君

 岩美病院事務長 村 島  一 美君    関西事務所長  長 戸    清君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事 務 局 職 員 出 席 者

 事務局長    坂 口  雅 人君    書記      前 田  あずさ君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程 (第 1 号)

                    平成25年9月17日(火)午前10時開会(開議)

 第1 会議録署名議員の指名について

 第2 会期の決定について

 第3 一般質問

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

 日程第1から日程第3まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時0分 開会(開議)



○議長(津村忠彦君) ただいまの出席議員は11名です。定足数に達しておりますので、これより平成25年第4回岩美町議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 日程に入るに先立ち、諸般の報告をします。

 本日、町長から地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、平成24年度決算に基づく健全化判断比率について及び平成24年度決算に基づく資金不足比率についての報告があり、お手元に配付しております。

 次に、岩美町監査委員から平成24年度に係る定期監査の結果に関する報告及び平成25年5月から7月までの例月出納検査の報告があり、お手元に配付しております。

 次に、平成25年6月定例会で可決しました子ども・子育て支援新制度の導入に関する意見書は、平成25年6月14日付をもって関係機関に送付しました。

 次に、6月から今定例会招集までの間の議会関係の行事について、お手元に配付しております。

 次に、本日町長から議案17件が提出され、受理しました。また、本日までに請願、陳情等4件を受理しましたが、本件は会議規則第92条第1項の規定に基づき、お手元の請願、陳情文書表のとおり所管の常任委員会に付託しましたので、御審査の上、結果の報告をお願いします。

 次に、船田爲久議員は所用のため遅参する旨の届け出がありました。

 以上をもって諸般の報告を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(津村忠彦君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において船木祥一議員、田中伸吾議員を指名します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定について



○議長(津村忠彦君) 日程第2、会期の決定の件を議題とします。

 本定例会の会期について議会運営委員会で御審査いただいておりますので、議会運営委員長柳正敏議員から報告を求めます。

 柳正敏議員。



◆議会運営委員長(柳正敏君) おはようございます。

 ただいま議題となりました会期について、9月10日の議会運営委員会で審査をいたしました。その結果、本定例会の会期は、本日から9月30日までの14日間とし、20日から29日までは休会とすることに決定をいたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(津村忠彦君) お諮りします。

 今定例会の会期は、議会運営委員長の報告のとおり、本日から9月30日までの14日間とし、20日から29日までは休会にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(津村忠彦君) 御異議なしと認めます。したがって、本定例会の会期は、本日から9月30日までの14日間とし、20日から29日までは休会とすることに決しました。

 なお、会期及び審議の予定につきましては、お手元に配付のとおりでありますので、御了承願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 一般質問



○議長(津村忠彦君) 日程第3、一般質問を行います。

 お手元に配付のとおり質問の通告がありましたので、順次質問を行うことを許します。

 芝岡みどり議員。



◆7番(芝岡みどり君) おはようございます。

 議長の許可をいただきましたので、通告に従い質問をさせていただきます。

 ことしの夏は、異常気象のため猛暑が続き、熱中症で救急搬送された人は全国で5万人を超し、過去を大きく上回っています。また、集中豪雨も全国各地で発生し、さらに昨日、一昨日の台風18号により経験したことのない豪雨や竜巻、突風で大きな被害をもたらしました。

 鳥取大震災より9月10日で70年、東日本大震災より2年半が経過しました。私たちは、東日本大震災を通して多くの教訓を得ました。その一つとして、日本では今災害を未然に防ぐ防災とともに、災害時の被害を最小限に食いとめる減災への関心が高まっています。

 そこで最初に、災害時の要援護者支援についてお伺いします。

 8月、9月の集中豪雨では、本町でも床下浸水や土砂災害、冠水による道路の通行どめもありました。幸い犠牲者もなく、大きな被害にもならず、胸をなでおろしているところです。災害時における障がい者や高齢者等の要援護者の安否確認、避難支援は喫緊の課題でございます。本町では支え愛ネットワーク構築事業に取り組むことになり、既に8月より事業に着手されていると認識しています。事業の取り組みの基本となる要援護者リストの作成にも既に取り組まれていると思います。

 そこで、お尋ねいたします。要援護者の定義についてお答えください。要援護者の中には障がい者、高齢者のほかにどのような人が考えられるのでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 答弁を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) おはようございます。

 芝岡議員さんの御質問にお答えをさせていただきたいと思いますが、その前に私も昨日、一昨日、台風18号、ちょうど台風の圏域の際にあったと思っております。一昨日の夜半来の強風、そしてかなりな雨量もございました。町内においては余り大きな被害が出ませんでしたけれども、京都府等、そしてまた関東地方や東北においてもお亡くなりになった方もあったりするような大惨事になっておりまして、改めてお見舞いを申し上げますとともに、他山の石として万全の態勢を期したいというふうに思っているところであります。

 また、町内的にはこの8月の月末から天候不順、雨が非常によく降りまして、秋の農作業にも大きなおくれが生じておることをお見舞いを申し上げたいと思っておるところであります。

 さて、御質問にありました要援護者という定義についての御質問でございました。

 まず、介護保険の要介護認定、要支援は含まれておりませんけれども、介護認定を受けておられる方、そして障害者手帳の身体、療育、精神、そして65歳以上の高齢者のみの世帯に属する方、ひとり暮らしの高齢者も含むということでございますし、ただいま申し上げた方以外でみずから避難することが困難な方で希望する方ということで、日中は高齢者のみの世帯となるというような方の申し出を受けての要援護者というふうに考えておるところでございます。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 今、要援護者の定義ということで町長からお答えをいただきました。

 今おっしゃいました介護認定を受けておられる方とか65歳以上の高齢者世帯の方とかっていうお話がございました。私は、乳幼児とか妊婦さんとか、この要援護者ということは災害時に自分で自力で避難をすることができない人というふうに考えております。例えば妊婦さんが1人で家におって、もう出産が間近いというような方とか、また病気で寝ておられる方とか、そういう方も入るのではないかなというふうに考えておりましたけれども、本町で要援護者リストの作成をするときに、この要援護者の範囲というのが町長が今おっしゃったそういう方に限られるのか、またそういう方を要援護者リストとして作成をしようとしておられるのかということをお尋ねしたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 妊婦さんであったり、それからいわゆる乳幼児、この方々については、幼児については特に保護者が一緒にいらっしゃる、あるいは保育所にお預かりをしているという前提で要援護者の台帳には登載をしない考え方でおります。妊婦さんについては、お一人でおられて要援護台帳にという、まあ登載時点の問題等もあろうと思いますし、これはやはり母子手帳を交付して災害当時に出産予定が間近いという方を別途把握していく、そしてまた安否の確認等をさせていただくような方向でなくてはならんのではないかということで考えておりまして、要援護者のリストをつくる対象者としては先ほど申し上げた方々、そしてまた当然のことながら本人がその名簿に登載をすると、そしてまた支援をする各団体が情報を共有をするということについての承諾をいただくということが前提にならざるを得ないということでございます。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 先ほど町長は高齢者のことをおっしゃったんですけれども、障がい者についてはどのような範囲を要援護者と定めようとしておられるのかお尋ねをしたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 障がい者という方々の定義といたしましては、3障がいの手帳をお持ちの方ということでございます。身体、療育、精神の。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 要援護者といっても、大変幅が広いということがわかりました。

 この要援護者リストの作成が支え愛ネットワーク構築事業の基本となると考えますが、このリストをいつまでに作成しようとしているのかお伺いします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) リストの策定でございますけれども、今の災害対策基本法でございます、これがことしの6月21日に法律が一部改正をされました。それに基づいて岩美町では災害時等援護者支援制度実施要綱というものをつくることにいたしております。この要綱の制定は、今年度26年の3月の議会にお諮りをして4月1日から施行をする考え方でおります。

 しかしながら、現在福祉課においては全町的な、先ほど申し上げた定義の方々のリストを既に持っております。そうしたリストが一方では整ってきておるということと、そしてまた自主防災組織でも連携を図りながらそうした名簿づくりが進められておるところもございます。そしてまた、社会福祉協議会が支え愛ネットワーク事業ということを取り組んでおりますけれども、これも災害時の要援護をしっかりとやっていこうという部分が中心な事業というふうに考えております。自主防災組織、そしてまた町では災害の対応の総務課、さらに福祉課、そしてまた社会福祉協議会等々がしっかりと連携を図りながら要援護者の台帳整備、ネットワークの構築に全力を挙げていきたいというふうに考えておるところであります。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) リストをこれからそういう各部署で協力をして作成をしていくということでございます。

 東日本大震災でも要援護者の情報を把握し、誰が誰を助けるか事前に決めていた自治体と、そうでないところは大きな違いが出ています。地域で情報を共有化し、担当を明確化することが重要です。災害はいつ起こるのかわかりません。本町の支え愛事業の体制が整うまで待ってくれればよいですが、そういうわけにはいきません。一刻も早くリスト作成を終え、支え愛マップまでつくれる体制にすることだと思います。そして、町民みんなが我が町支え愛事業に参加する意識を持つことで、災害時に的確な判断を持って行動できると考えますが、町長の見解を伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) おっしゃるとおりだと思っております。福祉課のお話も申し上げましたけれども、福祉課サイドで掌握しておりますのは要介護者の人数が761人、障害者手帳の取得者の数が663人、ひとり暮らし高齢者世帯、お二人とも高齢者というようなケース、こうした世帯の人員が1,545人ございます。行政としては、御指摘のように万全を期したいというふうに考えておりますけれども、これだけな人数ということになればやはり地域での日ごろからの見守りから始まって、支え合いから始まって、災害時のこの要援護の体制というものが集落内、あるいは隣近所でしっかりと構築をされるようなことが何よりも肝要だというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) ありがとうございます。

 では次に、公共交通網について伺います。

 路線バスや町営バス、鉄道などの公共交通サービスは、町民にとって、中でも高齢者にとっては移動手段として必要不可欠なものと言えます。しかし、利用者にとっては満足のいくサービスとなっていない点もあります。公共交通網の運賃、時刻表、バスとJRとの連携など、利用しやすく改善すべきと考えます。

 平成21年7月から9月にかけて、交通実態に関するアンケート調査を実施されています。アンケート調査当時は、交通手段について不自由を感じる方はほとんどの地区で20%にも満たない結果でした。アンケート調査から4年が経過し、状況も大きく変化していると思われます。当時は自分で運転している方が90%と多くありましたが、60歳以上になると自分で運転する人は減少傾向にありました。本町の65歳以上の高齢者割合は29%ですが、今後も高齢者割合は増加すると予測されます。そこで、当然自動車を運転されない高齢者も増加すると推察されます。

 交通手段にバスを利用される方は通勤、通学、通院、買い物が大半を占めています。アンケート調査によると、バス利用者からは都合のよい時間がない、運賃が高いという利用に関しての不自由さを感じる回答が多くありました。利用者のこのアンケートの回答に、どのように取り組まれたのか伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 安全・安心のまちづくりについて、公共交通に関する御質問でございます。

 平成21年7月から9月にかけての岩美町の交通実態に関するアンケート調査の結果をどのように生かして制度づくりや改正、改革に取り組んだかという御質問でございます。

 町では平成20年度から岩美町地域公共交通会議というものを設置いたしております。当然のことながら、このアンケート結果についてこの会議が中心となって岩美町の公共交通のあり方を検討させたというふうに考えてはおるところであります。なお、岩美町においては昭和53年から路線バスが廃止され町営バスの運行をしてきておる経過もあったり、あるいは学校統合に伴うスクールバスの配置、あるいは中学生、高校生の通学バスの定期代の助成、そしてまた自転車通学に対するヘルメットを町が助成するというような、るる改革を取り組んできておるところであります。一部ではバス路線にない本庄地区であるとか、あるいは全く遠隔地の蒲生、田河内、そういった地域の方々の交通手段、それから要介護者の交通手段等々を整えてきたところでありますけれども、それらを含めてこの公共交通会議でいろいろ交通事業者も交えて議論をさせていただいておるところであります。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 今町長の御答弁を伺いまして、このアンケート以降はまだ改善はされてないということでよろしいんでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 大変失礼しました。アンケート以降といたしましては町営バスの路線の統合、田後線と陸上線、そして買い物バスの運行ということで町営バスをトスク、サンマートの停留所を設けさせていただいております。また、バスの小型化ということについても15人乗りを導入をいたしておるところでございます。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 運賃についてでございますけれども、鳥取県のこの東部の他町の運賃を調べてみたんでございますけれども、比較すると確かに本町の運賃は高いなというふうに感じました。まず、八頭町の町営バスは路線によって運賃が違いますが、2つの路線を除く4路線は乗車1回につき100円となってます。2つの路線の運賃も、一番遠くまで行っても350円です。また、智頭町のすぎっ子バス、町営バスですけれども、これはどこまで乗っても1路線で同じ運賃です。しかも大人200円、子供100円です。その上、障がい者及びその介護者は100円となっています。また、若桜町営バスも本町と比べると大変安くなっております。運賃の改定について、町長の見解を伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) バスの運賃の改定ということで、町営バスが対象になる話だというふうに思います。これの改定についてただされたところであります。

 値上げの部分について路線バスと同じ対応をせざるを得なかったというのが実情でございまして、何とか安くしたいという気持ちは持っておりますけれども、それぞれの町で事情が若干違うというふうにお考えいただきたいと思います。公共交通ということの中で民間のバス路線、それからタクシーという事業を営んでいる事業体があるわけであります。そしてまた、都市部でもそうですけれども、鳥取市内も走っておりますけれども、どこから乗り降りしてもワンコインで100円と、これは武蔵野市が全国に先駆けて取り組んだバス路線以外のルートを走る車両を運行するということが前提でありまして、公共交通そのものも福祉の分野にも入らざるを得ないという認識は持っておりますけれども、なかなか路線バスを維持をしていくことも考えなければならんということの中で大変苦慮しておるのが実情でありまして、これまで料金を特別なものを入れるという対応はしてきておりません。

 今後は、いろいろ他町の例等も勉強いたしまして考えていかなければならんというふうに思います。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) この町営バス、先ほど町長おっしゃいましたけれども、昭和53年から運行しているということで、この乗車人員の推移を見てみますと53年には22万3,388人、24年度では3万8,294人と、すごく乗車人口自体が減ってきているんですけれども、大変乗車人口が減ってきている、自家用車を運転して交通手段にされてる方が大変多いと思われます。けれども、やはりこの運賃が高いということでなかなかバスに乗られない方もあるのではないかなということも考えられるのではないかと思います。

 一つ例でございますけれども、京丹後というところで上限200円バスというのがあります。今まで高い運賃のときは乗客が少なかったけれども、上限200円バスに取り組んで住民の意識が変わり、高いものから安い乗り物になり、乗客が乗っていないバスから乗客が乗るように育ってきたというふうにあります。運賃によって乗るようになるということも考えられるのではないかと思います。

 もう一つお尋ねしたいのは、都合のよい時間がない。自分がこういう時間に乗りたいなというのにその時間にないなという回答も多くございましたが、この時刻表の改定ということについても検討すべきだと思いますが、町長の見解を伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 料金についてお話もあったところでありますけれども、53年、54年、55年ごろの運行収入というのは2,500万円を超えておりました。現在は24年度では868万円、750万円が23年度、22年度、21年度に至っては669万円が21年度、22年度が705万9,000円というような推移になっておりまして、3分の1に料金収入も減っていると。バスの購入等の事業を取り組む際には、別途といたしまして大体1千五、六百万円の一般会計からの繰り入れをやっている実情であります。やはり路線バスの代替の性格を持つ部分と、それ以外にやっぱりオンデマンドであるとか、あるいはワンコインバスだとかっていう対応は法的にクリアをしなければならん問題もあると思いますし、既存の路線バスを維持していかなければならんと。蒲生、洗井、蕪島まで行っておるバス、これもやっぱり引き続き走らせてもらわなければならない。その蒲生の路線、それから小田の路線の料金がキロメートル当たりで違うということになれば住民にとっても不公平というような問題もあるわけでございまして、よく検討はいたしたいと思っております。

 オンデマンドを入れる場合には全町的な対応にしなければならんというふうにも思いますし、そうしたことを今後よく考えていきたいと思っておりますけれども、先ほど申し上げた料金収入の中で伸びを大きく、大きくといいますか、方向が少し変わった、これは小田の自治会の、やはり自分たちの足は自分たちも守っていこうということの中で回数券等の助成事業を自治会がみずから取り組んでいただいたというようなことも大きな効果があったというふうに思っております。ぜひそうしたことを、この経営の部分であったり路線バスとの兼ね合いもお考えいただきたいと思っております。

 それから、時刻表の改正については、やはり通勤、通学、そしてまたJRとの連絡、これもなかなか待ち合わせ時間がぴったりと来ないところもあるわけであります。あるいは、先ほど来申し上げておるバス路線のバスが岩美に着く時間等々の兼ね合いもあろうかというふうに思います。いずれにしても、時間については毎年度よりよいダイヤになるように取り組んできておるところでありますし、100%に応えるためにはそうしたオンデマンドみたいな形以外にないんではないかというふうにも考えております。今後、毎年列車ダイヤだけ見てダイヤ改正ということではなくて、より住民の皆様の意向を、利用者の皆様の意向も踏まえながらダイヤ改正に取り組みたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) ありがとうございます。

 今後は、やはり高齢者による利用が増加してくると予測されます。移動手段として最も重要な町営バスとなってくるのは歴然としております。先ほど町長がおっしゃったように、待ち時間が長くなるとやはり高齢者の方は不自由さを感じるのではないかと思いますが、誰もが不自由さを感じないで安心して利用できる公共交通サービスが求められてくると考えます。さまざまな面から検討して、私は実証実験をして利用者に喜ばれる公共交通サービスを提供することが重要だと考えますが、町長の見解を伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 今の現在の路線バスを実証実験というかダイヤを変更した形でということについては、やはり陸運局に届け出をしておるダイヤだというようなこと等もありますのでなかなか難しいんではないかというふうに思いますけれども、よく調査をさせまして、そうしたことが可能であるならば取り組んではみたいと。なお、いろんな取り組みを、乗ってこられるお客様に対しての調査というのは最近ここ二、三年はやっておりませんけれども、職員が乗り込んだりして直接のお話を伺うような取り組み、あるいは学校の児童・生徒が描いた絵を展示したような時期もありましたし、さまざまに、ダイヤについても一方的に、先ほど申し上げたようにこれが決まりだというようなことでの対応はいたしておりません。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) 公共交通の定義というのは、私はやはり誰にでも必要なときに有償で安全、快適な移動を提供するというものだと思っております。今後さまざまな検討を重ねていただいて、住民の皆様が喜んで安心して移動ができる、そういう公共交通にしていただきたいと思います。

 最後に、高齢者等移送サービス事業について伺います。

 本町は、平成12年より要介護3から5もしくは下肢または体幹機能障害2級以上に該当する人、また住民税世帯非課税で要支援から要介護2に該当する人、また路線バスの利用が困難な地域として田河内、相谷、向山、唐川、大坂、鳥越などに居住する65歳以上の人を対象に高齢者等移送サービス事業を実施しています。開始当初は対象者から大変喜ばれたと推察いたします。

 しかし、13年が経過し、地域の状況も変化し、ニーズも大きく変わっています。現在は利用範囲が町内の医療機関や公的な施設に限られていますが、対象者から買い物に行くのにも利用できないかという声が多くあります。この事業について見直しをすべき時期が来ているのではないかと思われますが、町長の見解を伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 高齢者移送サービスについての御質問でございます。買い物にも使えるようにという改正をする考え方はないかというお尋ねだと思います。

 お年寄りが生活必需品等の買い物にみずから出かけられるというのは、介護予防の面で非常に効果があることというふうには私も理解をしております。町外、町内を問わず買い物という部分で病院に出かけられたついでであるとか、そういう場合に便宜を図るぐらいは当然いいんではないかというふうに考えておりますけれども、一方で行政懇談会等では非常に厳しい意見も、反対意見も出るのも実情であります。畑仕事を元気になされる人がタクシーを使われるのはいかがなもんかとか、これは年齢とバスの通ってない地域というようなことになるわけですけれども、そうしたことの中で何とかそのサービスを今後も維持をし改善をしたいというふうに考えておりますけれども、今現時点で方針をここで変えることをお約束するっちゅうわけにはなりません。やはりもっと利用者の方とお話をさせていただきながら、担当課も情報をしっかりととらせながらまたよく検討し、皆さんとも御相談をさせていただかなくてはならんというふうに思います。



○議長(津村忠彦君) 芝岡議員。



◆7番(芝岡みどり君) この移送サービスを利用される方というのは、今後はふえてくるのではないかなというふうに思っております。高齢化も進んでまいりますし、要介護の方もふえてくると思いますし、やはりよく御検討いただきたいと思います。

 人の身体能力というのは、きのうまでは認定はないけどもきょうから認定があるというふうに突然に変わるものではございません。徐々にやはり身体能力が低下するものです。全ての人が不自由を感じないで安心して暮らせるまちづくりこそ町民が切望していると申し上げて、私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(津村忠彦君) 以上をもって芝岡みどり議員の一般質問を終了します。

 しばらく休憩いたします。

            午前10時50分 休憩

            午前11時0分 再開



○議長(津村忠彦君) 所定の出席がありますので、再開します。

 続いて、河下哲志議員の一般質問を許します。

 河下哲志議員。



◆2番(河下哲志君) 議長の許可を得ましたので、通告のとおりに質問をいたします。

 先々週の9月7日土曜日から先週の9月13日金曜日までの7日間、1週間なんですが韓国の済州島、第3回アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムイン済州が開催されました。テーマは、APGNの革新のためにでした。APGNとは、ちょっと長ったらしいんですが先ほどのアジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムという、それの革新と。次に向かっていこうということですね。

 アジア太平洋ジオパークネットワークとは、世界ジオパークネットワークに加盟しているアジア太平洋地域のネットワーク組織です。平成19年に設立されまして、日本、中国、韓国など36地域のジオパークで地域、地質の遺産の保全やジオツーリズムの活動に重点を置いた取り組みを行っています。

 このシンポジウムにおきまして、9月9日次のとおり発表がされました。これはマスコミ、新聞、テレビの報道でも皆さん御存じかと思うんですが、まず世界ジオパークの新規認定審査結果として隠岐の島、隠岐ジオパークが日本で6番目に認定されました。そして、世界ジオパーク再認定審査結果、洞爺湖の有珠山ジオパーク、糸魚川ジオパーク、島原半島ジオパーク、この3つのジオパークも再認定されました。隠岐ジオパークがこの世界ジオパークに認定されたために、29カ国でちょうど100地域となったようでございます。

 さて、岩美町が関係します山陰海岸ジオパークの再認定審査は、4年目の来年になります。これは皆さん御存じだと思います。4年に1度の再審査は、各ジオパークの質の向上のために一段高いハードルに向かって、そのために各ジオパークは精進するという、これの審査だと思っております。また、これから2年後には山陰海岸で、このたび済州島で行われました第4回アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムの国際会議が開催されます。この国際シンポジウムに山陰海岸ジオパークのPRも兼ねまして、山陰海岸ジオパーク協議会として46人がこの済州島のシンポジウムに出席いたしました。そして、その閉会式におきまして、榎本町長は次回開催の山陰海岸ジオパークの1府2県の代表として大会旗を済州島ジオパークから引き継ぎまして、世界各国の参加者を前にしまして英語で山陰海岸ジオパークのPRをし、そして私はそこに出席させていただいてたんですが、岩美町民の一人として誇らしく感じたものでございます。

 まず町長、通告にはないんですが、せっかくのすばらしい経験ですし、ちょうど1週間あれからたって、その演説の熱い感動が残っていると思うんですが、そのときの思い、山陰海岸ジオパークへの思いなど、シンポジウムのその舞台に立った思い、その演説の感想などを岩美町民の皆様に聞かせていただけませんでしょうか。通告にないんですが、いかがでございましょう。



○議長(津村忠彦君) 答弁を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 先週火曜日から金曜日までの間、済州島で行われたAPGNの大会に参加をいたしました。

 大会当日初めてその旗が、ペナントっちゅうか大きな旗が授与されるようなことも事前に承知をしておりませんでしたし、知らされておりませんでしたし、事務局自体も。それから、実は山陰海岸の歴史的ないわれとか文化面を取り入れた次回開催地の御挨拶ということだったんですけども、内容が随分と変更されたりしまして非常に頭が真っ白になってしまうようなことで、大変お恥ずかしい限りだったというふうに思っております。

 最終日にもかかわらず大変多くの方が参加をしておられたことにまずびっくりしましたし、やはりそれぞれの地域がこのジオパークに熱い思いを寄せておると。山陰海岸ジオパーク推進協議会としてもこれを機にもっともっとアピールをし、そしてまた適切な管理や活用に積極的に取り組む必要があるというふうに感じたところでありまして、ここでもう一遍復習ということについては御勘弁いただきますよう御理解いただきたいと思っております。

 以上が感想でございます。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) ありがとうございました。これもしなかったことですけど、ありがとうございます。

 確かに私も国際シンポジウムっていうのは初めてなんですが、英語でもちろん進行いたしますし、発表者も日本だろうが韓国の方だろうがどこの方であろうが英語での発表ということでございます。それと、その発表のときは確かに通訳の、何ていう物ですか、あれがあってわかるんですが、質疑応答ももちろん英語でございます。これはもうそのときの英語のやりとりということで、語学っていう、特に英語をやっていかなきゃなというのを私も痛感いたしました。

 さて、それでは山陰海岸ジオパークの推進協議会のほうのお話に行きたいと思います。

 この山陰海岸ジオパーク推進協議会っていうのが設立されて、毎年総会とか事業のどういったことをやるかというのがあるんですが、この中で私のちょっと目につきましたのが、ジオサイトの保護、保全及び適正な管理運営ということで、それを活用目的として94カ所のモニタリング調査を実施してると書いてあります。具体的にはどのようなモニタリングで、またそのモニタリングの調査の中で岩美町の保護、保全の状態、状況、活用の可能性というのはどのように評価されているのでしょうか、お願いします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) この山陰海岸ジオパーク、ジオサイトモニタリングというのは、質問の冒頭にもありましたように26年、来年の再審査に向けての取り組みであることは間違いないというふうに思います。そして、御質問にもありましたように、全部でジオサイトとしてこれまで当初の申請を出した際には94サイトございました。やはりこのエリアが非常に広い中で、3府県にまたがっておるというようなことから、もっとサイトの数を集約をする必要があるんではないかと。そのためにまずその94カ所自体をこのモニタリングをやってみようということが一番の狙いであったというふうに私は理解をしております。保護であったり活用のことについても当然触れられております。

 目的をいま一度申し上げさせていただきますと、山陰ジオパークにおいてはジオサイトは単体の見どころ、滝など1つでジオサイトとなっている箇所と、複数の見どころの集合体が1つのジオサイトになっている箇所が混在していることから、26年度に予定されている再審査に向けてジオパーク内を共通の考え方で整理をすべきだということで、現状把握とジオサイトの定義を設定した上で整理統合を行い管理をしていこうということが目的に挙げられております。

 調査は、学術部会、各府県の分科会、分会といいますか、県ごとの方が山陰海岸では推進協議会の専門部会、鳥取分会、鳥大の関係者の方にこのモニタリングを行ってもらったと。23年度から始めておりまして、選定基準を今追加したり削除したりしておるようなことであります。御質問にもありましたように、岩美町内13カ所ございましたけれども3カ所のサイトというくくりで、その一つのサイトごとにあるジオスポットというものをストーリーをつくってアピールを今後していこうということにされておるところであります。

 それから、主な調査の項目の中にやっぱり活用と管理についての部分もございました。看板、駐車場、トイレ、これが整備をされておるかと。看板については、岩美町では11カ所あるけれどもないところが2カ所ある。それから、駐車場については13カ所がそれぞれ一応整備がされておるという評価をもらっております。トイレについても11カ所が町内整備をされておるけれども2カ所がないというようなことでございました。

 これ全体で3カ所にまとめていくということになっておるわけでありますけれども、浦富海岸ということで東浜から網代の千貫松島までが浦富海岸というサイトでくくられることになりましたし、それから岩井温泉の部分と荒金鉱山が岩井温泉という1つのくくりになりました。それから、駟馳山ということで駟馳山、滝ヶ磯海岸、大谷海岸を含めて駟馳山ということになったようなことであります。

 また、課題で出ましたのは海岸の侵食の問題、自然歩道で一部通行どめにされておる箇所がある、あるいは調査が十分でない海食洞の調査、それからトイレについてももう一遍考えてほしいと。それから、自然歩道も急傾斜が非常に多いと。それから定期的な倒木の除去なども努力をせえというような課題であったというふうに承知をしております。

 そしてまた、保護、保全という点では、そのジオパーク自体でさまざまな規制やそういうものがございません。国立公園法の適用がなされるということの中で、施設の整備についても、保護、保全についても基本になるのは国立公園法でやると。国立公園区域外について、やはりそれに準じた制度づくりを国にも要望していこうというふうに私自身は考えておるところであります。

 そのような調査がなされ、そしてもう一点、英語というお話もありましたけれども、外国語の表記の問題も圏域で取り組もうと、ロゴマークもしっかりつけていこうというようなことが、このモニタリングの結果として取り組む中身にされてきたということでございます。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) たくさんやっぱり出てきまして、私はこれだけ出るというのがこれからの岩美町のジオサイトにとって大変いいことだと思います。やっぱり今言われた課題、トイレであり海岸線のことであり遊歩道のことであり倒木のことであり、そして看板の外国語での表記であり、やっぱりこれからこの岩美町のジオサイトだけでなしにいろいろなことがステップアップしていくためには、この今言われた課題を1つずつクリアしていけば、この環境保全、そして活用ですね、大きな目標になると思っております。

 2番目に、継続的な保護、保全活動の仕組みというのは、その中に町長言われまして、国立公園法で保護、保全のほうはそちらの法律でやっていくということで言っておられました。

 続きまして、今度は岩美町のほうに来るんですが、昨年の4月1日、そのときより岩美町環境美化に関する条例が施行されています。この4月1日から条例が施行されているのは、ジオパーク認定との関係というのがあるんでしょうか。それと、この条例をつくった経緯というのを教えていただきたいと思います。お願いします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 続いて、岩美町環境美化に関する条例についての御質問でございます。

 これは、御質問にもありましたように24年4月1日に施行されたものでありまして、23年度中につくっております。鳥取県においては、鳥取県環境美化の促進に関する条例というのが平成9年7月につくられております。この条例は、それぞれの保全なり管理を重点的に行う地区を直接指定をしたものでございます。岩美町では鴨ケ磯、城原地区など5カ所を環境美化地区として指定をされております。環境美化の促進を図ってきたところでありますけれども、やはりジオパークにも関連をして町独自でこれと同じ条例をつくる動きが県内にも出ますし、岩美町にも県のほうから働きかけがあったということを契機にこの条例をつくったという経過でございます。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) 県の条例からそのまま来たということと、環境美化地区が5カ所指定されているということで、後の質問にも出てきますので、これはちょっと置いときます。

 その岩美町の環境美化の条例から今1年半たってますんですが、その効果はどうでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) この条例の施行に伴って、町も監視員というような方を2名雇い入れたりして、パトロール活動を1つはやっております。ただし、月に2回というようなことで、お二人の方が一緒に回っておられるというような実情でございます。

 あわせて、この条例が策定をされておるということが町内の町民の皆さんにも周知徹底が図られていないというふうに思いますし、町外から来る方がそうした条例を持った町だということを認識をしてもらうような取り組みが非常に不十分であるというふうに私自身感じておりまして、反省をしておるところであります。

 このパトロールによって不法投棄を発見した場合に、撤去を町が直接やったり、あるいは指導をしたという実績もないことはない、あるんですけれども、なかなかこのパトロールの効果、条例の効果というのが十分に発揮をされているとは言いがたいなというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) 今、監視パトロールは2人で月2回ということですね。ちょっとやっぱり少ないんじゃないかと思いますね。どれだけ岩美町の環境美化にこの岩美町が気持ちがあるかということで、その人数、回数、それがはかられると思います。

 それと、今町長言われましたけど、この環境美化の条例が町民の方々にも県外から来られた観光客の方々にも認識が不十分であるということであります。ということは、この1年半余り変わってないということだと思います。何かこれ、パトロールのことだとか、もう一つ監視だとか、処分っていうんですか、そういう美化に関する規制強化という、今度の6番目に出てくるんですが、そういうことの強化というのも考えていかなければならないと思っております。

 次に、実際の具体的な場所というか、具体的なことに入るんですが、これは個人の方の所有の社屋、おうちかもしれませんが、牧谷の渚交流館の西側の廃屋でございますね、これもう何十年前からずっとそのままになっております。そして、もう一つ、まだたくさんあるんですけれども、県道155号線沿いの岩美北小学校の東側にあります、155号線から見て上のほうに見えます。155号線は通学路になっておりまして、大変に危険であるような箇所と見ております。確かに個人の所有でもあるので非常に難しいかもわかりませんが、全国的に見てごみ屋敷問題なんかは解決に向かいつつあるということがあります。期限を区切ってでも、目標を区切ってでも、何とか行政努力で解決できないものでしょうか、お願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 景観上非常に大きな支障になっておったり、あるいは通学の児童にも危険を及ぼす心配があるというような建物について、現実に2軒の例を挙げられて御質問をいただきました。

 1軒は、牧谷の浜にある物件については昭和45年に建てられたものであります。その後何度か所有者が変わってきております。町としましても渚交流館を建設をされる時点、私が直接かかわった関係で申しますならば、大阪の飲食業者が海岸でいわゆる浜茶屋の大きなものを施行した年がありました。その際、何とかしたいということで買い取りも含めて検討した経過があります。非常に、とても町が手を出せるような、議会や町民の御理解がいただけるような価格でなくて不可能であったという経過がございます。

 また、北小通学路になっておる県道沿いのガラス張りの建物については、せめてその建物から窓が大きく壊れてカーテンが外になびくようなああしたことだけでも直させたいというふうに考えておるところでありまして、それぞれ接触は試みさせてはおりますけれども、なかなか応じていただけない、あるいは所有者がこれも同じように変わっておるということでございまして、手をこまねいとるわけではないんですけれども、非常に方法がなくて苦慮してきておるのが実情であります。

 一方、空き家、廃屋対策ということについて、県では景観支障物件に対する措置をとる方法として勧告をしたり、この条例に基づいてしてもらうというようなことも相談はしておりますけれども、なかなか難しいと、県の条例を適用した実績がいまだにないということでありますし、一方国土交通省あたりもこれに対する動きが出てきておるのも実情であります。いずれにしても強制執行してその代金を請求をするという構図がきちんとできないと強制執行もできないというようなことであり、よく今後とも法の改正や整備の状況を踏まえた上で対応してまいりたいというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) 今のお話を聞きますと、非常に困難で難しいということでございます。県、国交省も新たな条例、法律をつくってそちらに立ち向かうというか、対策をしていく。これから時間がかかってでもやっていただくということでお願いしておきます。

 最後になりますんですが、先ほど岩美町環境美化に関する条例の中で、環境美化地区を5カ所定めて監視しているということを言われてますんですが、この鴨ケ磯だとか城原海岸ですね、世界に誇れるこの景勝地のごみ捨てだとかバーベキュー、違法駐車、夏の期間特にあるんですが、この規制強化ということはできないものでしょうか。せっかく条例で決めておられるわけですから、もう一つ具体的にその条例を取り入れて計画なり実施なりをしていくという必要があるんではないでしょうか。特に去年出てました人道トンネルの計画だとか駐車場の整備などの計画なんかがあるようでございますので、そのハード計画と並行して季節限定の車の乗り入れ規制だとか環境美化だとか環境保全などのソフト計画が必要ではないでしょうか。そのあたり、答弁お願いいたします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 鴨ケ磯あるいは城原海岸でのごみのポイ捨て、バーベキュー等の規制を何らかの形で取り組むべきでないかという御指摘でございます。

 ポイ捨てについてであったりバーベキューも含めてその美化条例の対象になっておって、2万円以下の罰金という定めもあるわけでございます。どうもそのバーベキュー等を挙げて規制をしておるというのは全国でも3カ所あるようでありますけれども、観光協会それから担当課のほうの考え方としては、今現在観光協会側で、夏場においてだと思いますけれども週2回海岸を公園法にかかわる清掃活動として巡回をしておるということでありまして、持ち帰りの周知を徹底を図ることで頑張っていきたいというふうに考えておるところでございます。私としては、このバーベキューについてはやはり届け出を義務づけて、誰がバーベキューをやったか、そういうようなことを把握するようなことはできんのかということで商工観光課のほうにも検討、指示をさせておるところでありますけれども、現在のところそうした届けの場所であるとか届け出後の対応について非常に困難というようなことで、なかなか難しい状況があるようでございます。

 いずれにしても、ジオパークそしてまた保全ということの中で重要な課題でありますので、よく検討してまいりたいと、また議会の皆さんにも御相談もさせていただきたいというふうに思います。



○議長(津村忠彦君) 河下議員。



◆2番(河下哲志君) 今、美化条例に即して見回りをやっておられる、夏場は特に週2回やっておられる、そしてバーベキューに関しましては届け出制度をしてはどうかというふうな考え方が出ております。

 やっとられる人は楽しいんでしょうけど、やっぱりほかの来た方々が、せっかく見に来てるのに肉を焼いたにおいががっとするとか、せっかくの透明度の強い鴨ケ磯、城原海岸でそういったことがやっぱり気になりますので、レベルの高いジオパーク、そういったところにするためには細かいことの積み重ねが大切になってくるんじゃないかと思います。ですから岩美町環境美化条例、もう少し具体的にこれからいろいろ考えて手直しをしていきたいものだと思っております。

 最後に、このたびは世界ジオパークネットワークということでジオパークに関連する質問をさせていただきましたが、基本的には貴重な地質遺産を教育や観光そして新しい産業などに活用するということによって地域の活性化、地域の活性化がないと何もならんので、地域の活性化を目的としていると。世界ジオパークネットワークはそうです。特に私がこのたび感じたのは、この岩美町に配布してますファイルなんですが、世界ジオパークネットワーク加盟ということで書いてあります。ネットワークに加盟ということは、こちらが能動的にレベルを上げていきますんで、大事に保全していきますので、いろんなもの使っていきますので世界ジオパークに加盟させてくれえということで、日本で5番目にこの山陰海岸が認可を受けたのだと思います。それと、前段にもありましたように4年に1回の審査というのは、この自分たちのジオパークを自分らで節制して、いろんな目標をつくっていって、だんだん質の高いものに持っていくということで4年に1回の審査を設けておるんだと思います。

 そして、このたびの第3回のこのAPGN、アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムに出席して感じたんですが、このジオパークネットワークという、ネットワークという言葉が出てくるわけですね。皆さん御存じだとは思うんですが、このつながり、このネットワークを大切にしろということで、基調講演の中でちょっとメモをとりましたんですが、地質よりも人が中心であると。そして、人が交流してネットワークをつくるんだと。人的ネットワークの設立が必要なんだということで、世界ジオパークネットワークというのは人が主役であるということが原則だと思います。

 岩美町は、この山陰海岸が世界ジオパークネットワークに加盟認定されたことによって個別、我々個別ですね、岩美町、だんだん大きくなりますが山陰海岸、日本のネットワーク、アジアのネットワーク、世界へのネットワークというんで、ネットワーク、つながりが広がる可能性ができたということだと思います。この世界ジオパークネットワークというのは岩美町が世界とつながるという可能性が広がったという、そう思っております。そして、2年後の第4回のアジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムがこの山陰海岸で開催されるわけなんですが、これが今言った岩美町が世界へとネットワークができるという可能性が今あるんですが、それのネットワークづくりのきっかけとなる、実際本当のネットワークづくり、これを目標にしていくと。これが次の2年後のAPGN、アジア太平洋ジオパークネットワークシンポジウムイン山陰海岸、これのある大きな我々のメリットであるし目的であるし目標であると思います。

 それともう一つなんですが、済州島のこのシンポジウムに行ってるときは携帯の電源を切ってまして、米子空港に着いてから携帯の電源を入れたのですが、見ますと、その前日済州島におる時間にある方から電話が入ってまして、金曜日と土曜日ジオガイドが非常に足らないというSOSが入りまして、見ますと、あらかじめあったんですが、9月13日金曜日、クラブツーリズムということで網代から城原のツーリズム、それが420人来とられるわけですね、それでジオガイドが8人。14日の土曜日、この場合は110人で来ております。ということで、私みたいなもんでもちょっとSOSが入りまして来てくれということだったんですが、ちょっと物理的に無理だったのでお断りいたしました。

 というのは、何が言いたいかというと、この山陰海岸ジオパーク推進協議会の中での議題、毎年の議題を見てみましてもやっぱりジオガイドの人材育成という、これが毎年言われてます。環境保全と2つの柱となっております。そして、その人材育成には、前回質問させていただきましたが岩美高校をどうするか、岩美高校の学科についてどういうふうな高校にしていくかの中で、町長もこういう海のこと、ガイドのこと、こういうことが学習できて、それが本当に卒業してから登録ができるとなるというふうな学校を目指したいと言っておられました。まさにこれがジオパークの一つの大きなポイントになるんじゃないかと思っております。ですから、ジオパークはジオパークだけで終わらずに、いろんな岩美町の活性化ということに結びつけていくと。そして、世界にも結びつけていくということが重要になってくると思います。

 これをもちまして私の質問を終わらせていただきます。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) いつも申し上げているわけでありますけれども、町民の皆さん自身がこれを契機として、いろんな意味でチャンスと捉えていただいて、端的に言えばしっかりもうけていただくようなことを取り組んでほしいというふうに思っております。そのための我々は支援をしっかりとしていくべきであろうというふうに思っております。

 それから、ジオパーク、山陰海岸は5番目でなくて4番目であります。

 先週の金曜日、土曜日は420人、100人、日帰りではございましたけれども、これは関西事務所の取り組みによって、これからも今後も可能性がある取り組みとしてこうした大きな団体が来てくれました。田後の漁協女性部の方がハタハタのから揚げであるとかお土産に買ってもらうような取り組みもしていただいて、非常にいい取り組みにつながってきておるなというふうにも考えております。

 また、ジオガイドについては御指摘のようにできるだけ多くの方にガイドになっていただきたい、そしてまたガイドの質を上げていく取り組みを推進協議会も挙げてやってまいりたいと思っております。

 また、岩美高についてはこれまでから西小の海での学習に大きくサポート役をしてもらっとったり、さまざまな活動。ただ、なかなかその教育課程に入れ込んでいくということ、それは私のほうではできない部分でもありますし、岩美高ともよく協議をしたり県教委にも働きかけていきたいというふうに思っております。



◆2番(河下哲志君) では、終わらせていただきます。どうもありがとうございました。



○議長(津村忠彦君) 以上をもって河下哲志議員の一般質問を終了します。

 しばらく休憩いたします。

            午前11時51分 休憩

            午後1時0分 再開



○議長(津村忠彦君) 所定の出席がありますので、再開します。

 続いて、日出嶋香代子議員の一般質問を許します。

 日出嶋香代子議員。



◆6番(日出嶋香代子君) それでは、議長の許可をいただきましたので、一般質問を通告順に従いまして行っていきたいと思います。よろしくお願いをいたします。

 まず、1つ目の岩美町の海岸、海水浴場、それから漁港の管理と漂着ごみの対策についてをお伺いいたします。

 今年は例年に比べまして梅雨明けが随分早く、それから8月の末からもう稲刈りをしているような状態です。梅雨明けから連日のように猛暑が続き、岩美町の海水浴場は連日にぎわったように思っております。

 しかし、その一方で異常気象によるゲリラ豪雨は日本国内のあちこちで発生し、隣の島根県では津和野、江津などは大きな災害が起こりました。岩美町では大雨が降りましたが、幸いにも余り大きな被害はありませんでした。しかし、このような大雨はこれからも起こり得る可能性は十分あると思います。行政も一般住民も危機感を高めることが必要だと思います。

 さて、3年前に世界ジオパークとなった岩美町の海岸線は、国立公園であり海岸保全区域でもあります。事前におつけしてます資料ですが、別紙の図のように海岸、海水浴場、漁港があります。この海岸線を分けると1から7までに分けられております。これらの直接の管理はどこが行っているのでしょうか、お伺いをしたいと思います。

 といいますのも、そこに住んでおられる、生活をしておられる住民がなかなかそれを知り得ないという声を聞いております。そのために、これから私が聞こうとしてますこれらの直接の管理をしているところがどこかということを確認したいと思います。



○議長(津村忠彦君) 答弁を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 日出嶋議員さんから、岩美町の海岸、海水浴場、漁港の管理はどこがしているかと、直接管理をという御質問でございました。

 図面も添付していただいとるところでありますけれども、直接の管理という点で申し上げると、2番目の網代漁港、4番目の田後漁港、この2つの港については県の管理が直接行われておるところであります。そのほかは管理の主体が町であるものが6番ですね、羽尾海岸、これは東漁港も含まれております。それから、1番、3番、5番、7番は県が管理をすべき海岸なり海水浴場等であるわけでありますけれども、県から町が委託を受けて管理をしております。これは今年度の実態でございますけれども、御案内のように昨年度は県の管理をする部分についてやはり県で責任を持ってやってもらおうということで、平成24年度、3年度だったかな、県が直接管理をした経過があります。しかしながら、迅速な対応ができないということから、住民の皆様からも御指摘をいただいて、県と連携を図りながら、予算的な部分のことがございますけれども町が委託を受けて実施をしておるのが現時点での対応管理でございます。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) 今町長の答弁ですと、1番とそれから県の管理っていうところが、直接県が管理しているって答弁だったんですけど、この県の管理って県のどこが管理をされているんでしょうか。そのちょっと細かいところもお願いできますでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 2番と4番の漁港については県の直接管理、県土整備部の港湾事務所というところが窓口になっております。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) じゃ、2番と4番の漁港は県の港湾事務所ってことですね。この港湾事務所っていうのは所在は県の中にありますでしょうか。

 それと、今言われるように直接管理を県がしておられるんですけど、それを住民さんだとかそこにかかわる人たちがなかなかはっきりわからないわけですよね。港は県だ、県だ、県のどこだってことになるようです。だから、そういうことがきちっとわかるような方法をとっていただけないかな。どこが管理をして、何かのときにはどこに連絡すればいいかというようなことをきっちりやっぱり住民の皆さんにも私は知っていただきたいなと思うことで、その直接管理はどこがされてるんですかっていうことを今回お尋ねしました。

 それから、あとの1番の大谷地区の海岸保全区ですね、それとか浦富、5番と7番、この地区も、地域も県が管理をしてて町が委託を受けてるっていうことですけれど、県のどこが管理をして町が委託を受けているのかっていうことを、きちっとわかれば教えてください。



○議長(津村忠彦君) しばらく休憩いたします。

            午後1時10分 休憩

            午後1時12分 再開



○議長(津村忠彦君) 再開します。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 先ほどの答弁で、休憩中にお話があった網代漁港、これは旧港も含む漁港区域ということでございますし、田後港については港湾でございます。もともとの所管が運輸省、現在は国土交通省に一本化されておりますけれども、したがって港湾区域が県の管理ということになります。そのほかの海岸については、現時点では県土整備部の中の東部の総合事務所、鳥取県土整備事務所ということになります。これは事務所は立川、それから先ほどの港湾事務所は賀露港のほうに所在をしております。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) 所在管理の場所が今はっきりしたわけです。なぜこの直接管理をしているところはどこかって尋ねたのは、次の2つ目の質問に入るわけですけれど、海岸の漂着ごみについて伺います。

 ことしの7月15日、8月1日、それから9月3日にと大雨が降り、各海岸や海水浴場には多量のごみが漂着をしました。海岸は、台風だとか大雨などの漂着ごみによって常に変化をしているところだと思います。このため、ごみのない海岸にするのは不可能なことだと思います。7月、8月は海水浴の時期と重なったために住民さんや団体、それからボランティアの方々の協力を得て清掃や処理が行われました。岩美町の海岸線は、先ほども言いましたがジオパークのエリア内でもあり、また国立公園でもあります。この美しい海岸の景観を維持するためには海水浴シーズンだけではなく定期的なごみの処理が必要だと考えています。この今回の漂着ごみに対してどのような対応をされたのか、迅速な対応をされたのかを伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 漂着ごみの対応について御質問でございます。

 7月15日の鳥取県西部、中部を中心とした大雨が原因と思われる漂着ごみが町内の海岸全域に漂着いたしました。海水浴シーズンを迎えていたことから、浦富海水浴場を中心に19日から27日までの間ほぼ毎日清掃を行っております。この間は観光協会とも連携をとりながら効果的な作業を行ったところでございます。

 洪水を起こした河川が西部の日野川、あるいは中部の天神川ということで、岩美の海岸に来るまでに日数がかかった部分がありまして、ちょっとずれがあるんですけれども、速やかな対応をしたというふうに理解をしております。人力での対応がしがたい部分というのがありましたので、業者の委託で作業を実施した場所も多数ございました。大量のアシや流木という、人力で対応できない部分がかなりあったという状況でございます。

 それから、8月1日の大雨につきましては、これは岩美町には余り漂着がなかったと理解をしております。旧網代港あたりも、私も前回のことがございましたので現地に出かけましたけれども、水は大変濁っておりましたけれども余りごみがなかったというふうに思っております。しかし、網代港の旧港にはやっぱりあったようですね、このときには。これは直接県に回収を行ってもらっております。漂着ごみという点では、8月1日の分には余り影響がなかったと思っております。

 それから、9月4日の大雨でございますけれども、今回の9月4日については6日ごろになって城原、牧谷の一部、東浜に大量のごみが漂着をしております。これについては、予算が既に尽きておることから県と連携をとりながら業者の見積もりを出したりして準備を整えておるところでございます。予算が県のほうも補正対応ということになるというふうな状況もあって、県との事前協議という対象になっておるところであります。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) 今町長がおっしゃいましたように、迅速な対応をとられたんだろうと思います。8月1日の大雨には、確かに網代港なんかにも漂着はしてたと思いますけども、このときに多かったのは東浜の海岸だとかが多かったですね。それから羽尾海岸だとか陸上の海岸が、一番羽尾の海岸が多かったように思います。その対応を迅速にしていただき、委託を受けてる部分のごみですね、していただいたように思います。これは住民の方々の大きな力もあったように思います。

 それから、町長が先ほどちょこっと答弁されましたけど、漁港や港に漂着したごみはどうだったでしょうかということを私がこれから聞きたかったなと思うんですけれど、今回旧網代港にはたくさんのごみが漂着をしておりました。これは私もいろんなところを見に行かせてもらったら、確かにアシが流れ着いて大変なごみだったように思います。

 それから、網代港にたくさんのごみが漂着して大変困ったという話を漁業者の方や住民の方からお聞きしたところです。なぜかというと、その漁港にアシとか流木がたまってるもんで船のエンジンがかけられないとか、それから流木にぶつかって船が破損するんじゃないかとか、それからエンジンのトラブルになるおそれがあって海に出れないっていうことなどの話を聞きました。漁業者の方々もこのごみ収集には大分尽力をされたと思います。そして、取れない部分は行政だとかという方たちも出てごみ処理をしていただいたように聞いております。そのごみの量がとても多くて、なかなか追いつかないような状態だったということを聞いています。魚をとって漁業をして生計を立てている漁業者のためにも何よりも早い対応だとか処理、それらが必要だと思いますけど、今回その網代港のごみの漂着に対して今回の対応は町として迅速にとれたのか。そこは鳥取県港湾の管理でもあるわけですけど、そこと連携がうまくとれて早い対応ができたのか、その辺の評価を町長にお伺いいたします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 環境水道課長のほうが現地の対応をした経過がございますので、直接御答弁をお許しいただきたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 環境水道課長。



◎環境水道課長(川上壽朗君) 日出嶋議員さんのほうから8月1日の大雨による漂着ごみ、特に網代旧港のごみ処理についてお尋ねをいただきました。

 この8月1日の雨というのは、私も早朝より蒲生川を中心に確認しておりました。朝の6時過ぎだったでしょうか、かなりのヨシ、アシ、流木が流れとるということで、週末にはまた海水浴がありますので、これは海岸のほうに漂着したら困るということで県のほうと連絡をとりながらこの処理のほうに当たっておったところでございます。

 町長が先ほど御答弁申し上げましたように、主に漂着した場所は海岸ではなくて網代旧港のほうにほとんどそのごみが集まっとったという状況でございます。地元の議員さんからも御連絡をいただきました、どうしとるんだと。役場のほうは県と連絡をとりながら、県の港湾事務所の担当の方と今後の対策についてお話をしました。それで、民間事業者なんですが、私たちも協力できることがあればさせてもらうから県に伝えてくれというようなことで、そのあたりの連携をとりながらこの港湾に入った漂着ごみの処理に当たったということでございまして、当日から業者のほうが作業に当たり、翌日にはその多くが、まだ若干残る部分はございましたが、その多くは回収したというような状況でございます。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) ただいま担当課長から答弁をいただきました。

 なぜこれを私が今回一般質問で取り上げたかっていいますのも、先ほども申したんですけれど、網代旧港にたくさんの漂着ごみがあって大変だ、でも我々の手じゃもうどうしょうもないということで、してもしてもごみがあったようです。私も現地に出向いて確かめてみたり、もうそのときには相当のごみが陸に上げられて、港のほうに上げられてたんですけど、まだまだ港にはたくさんのごみがあってなかなか大変だったようです。そのことがありましたので、漁業者の方の強い声がありました。ごみを早く的確に処理していただきたいっていうような、これを何とか議会で取り上げてもらえんだろうかっていうようなことから今回この一般質問にさせてもらいました。

 っていうのも、今回は旧網代港にたくさんの漂着ごみ、アシだとか流木もあったように思いますが、それを何とか事前にどこかでせきとめるっていっても、それは全部全部は大変なことだと思うんですけど、そういうことが考えられないだろうか、対応としてそういうことができないだろうかっていうこともあります。そういう声も聞いてます。

 昨日の台風18号による大雨で河川が氾濫し、京都を初め多くの地域で災害が発生しました。このような大雨や台風が岩美町に来た場合は、まず住民の生命を守ることが最重要です。災害に強いまちづくりを行う行政が必要だと思っております。

 今回はこの漂着ごみについてですが、例えば蒲生川の上流に何らかの方法でフェンスだとかくいだとかそういうものを設置をして、海に出るのを少しでも防ぐようなことができないだろうかっていうことも思いました。これは町単独ではとても無理な話でしょうし、単独ではできない大きなことだと思いますので、県だとか国だとかいろんなところと協議をするなど何とか何かいい方法が考えられないものか。町長のお考えを伺いたいと思います。

 そして、私もこのことに関して県にそういうことはできないのか、海岸に漂着するごみは発泡だとかいろんなものがあるんですけれど、今回の網代の旧港に関してはアシだとかそういう川上から流れてくるごみが、風のぐあいだとか潮の流れのぐあいだとかでそこに集まったんじゃないかと思うんですけど、それを未然に防ぐというか、少しでも防衛できないのかっていうことを思っております。その辺の町長の考え方を伺わせていただきたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 河川の役割というのは、洪水を防ぐために水をはかすというか、流していく役割が持たされております。おっしゃるようにどこかにスクリーンをつけたり引堤をつくってそちらにごみや流木がたまるような仕組みっていうのはできないことはないかもわかりませんけれども、いわゆる河川管理上の当然責任者である県がやらなければならん。今どういうスタンスに全体的にはなっているかというと、やっぱり山が放置をされておることが一番そうした保水力の低下、あるいは河川の流量断面のきちんとした計画の確保がおろそかになっておるという、2つのことについて上流部分の河川の中にはいわゆる杉の垂木になるようなのが生えておったような実情もあったりして、そういうものを河床整備をしっかりと取り組むように県に要請をしたりしております。

 そしてもう一点、山の手入れの問題については、これは流域の住民の皆さんが一体となって、そしてまた漁業者も一体となって、いわゆる海と山との関係というのは魚介類の資源の育成のためにも山をしっかりと手入れをして守らなければならんというふうな機運がだんだんとできてきておるのが実情です。余り、スクリーンであるとか引堤をつくってそこにごみを引き込むような工事をしておるというのは私の知る限りではちょっと例をよう見つけとらんのが実情であります。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) そうですね、私もちょっとそういうこと、蒲生川の上流にそういうものができないだろうかっていうことを県にちょっと聞いてみたり問い合わせてみたりしたんですけど、県の回答はそういうことをすると今度は反対に堤防のほうが決壊するおそれがあるとか、そういうことで、今はそういうことは無理というかできないというような言い方をされました。だから、なかなか難しいことだろうと思いますけれど、町長言われるように確かに山の手入れがおろそかになってたり、そういうことで流木だとかアシがたくさん流れ着いてしまうっていうような状態に陥っているのかなと感じております。

 今も申しましたように、一番最初に聞きました直接の管理をどこがしているかっていうことをお聞きしたんですけれど、これは何より住民からであったり観光客からであったり、そういう情報を提供をしてもらうことも大事なことだと思っております。だから、そのためにもここはどこがはっきりと管理をしているっていうことがわかるような表示だとか、浦富の第2海水浴場のとこですかね、そこには県港湾施設内とか、そういうふうに書いてあるんですけど、そこに何かがあったら電話連絡をするような電話番号が入るとか連絡先が入るとか、そういうふうなことを徹底してほしいというか、住民の皆さんだとかそこに関係する人にだとかに周知する必要があるんじゃないかなと思いますので、できたらそういうことをしていただくように取り計らっていただいたり、何よりもそこの住民さんが安全に暮らせるためにはそういう連絡方法、観光客の方が安全に観光できるような連絡方法ですね、そういうことをきちっとしてほしいなと思っておりますけれど、町長、どのように思われますか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 漁港、港湾両区域の方々は、御存じのはずであります。特に、漁業関係者の皆さんは御存じのはず。やっぱり漁業協同組合であったり自治会の皆さんの御理解をさらに深めておきたいというふうには思いますけれども、一般的に看板等を設置してどんどんっていうようなことについては、岩美町だけそういうことをするという考え方はございません。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) 看板なんかは新しく設置してくださいとか、そういう意味じゃなくて、既に看板が設置してあるところもあるわけですよね。だから、そこに連絡先が入るとか、そういうことをできたらしてほしいかなと私は思っております。単独でなかなかするのは、それはいろんな管理場所が違うので難しいこともあろうかと思いますけれど、できたらそういう現在設置されとる看板に連絡先とかそういうところをお願いできたらいいかなと思います。

 次の2つ目の質問に入らせていただきます。

 2つ目の質問は、2014年度ジオパークの再認定への取り組みについてですけれど、これはかなり河下議員さんが話をいただき、その内容も少しわかったような気もいたしますが、私は私なりに少し質問させていただきます。

 来年2014年はジオパークの再認定審査を受ける年です。その審査を受けるに当たって町はどのようなことを行うのか、また住民として何をすればいいのか。先日は、島根県の隠岐の島がジオパークに認定をされました。岩美町としてさらなる魅力を引き出していかないと、観光客も隠岐の島のほうに流れていくことも懸念されます。また、新しい取り組み、それから現在もしてるんですけれどさらに滞在型の観光を築くとかの新しい方法、何かそういうことをしないと隠岐の島に観光客を持っていかれるのではないかと私は危惧をしております。観光に力を入れ、ジオパークでにぎわう町にするためには、オリンピックのプレゼンにもありましたけれどおもてなしの心が大事だと思います。これは常に町長も言っておられることだと思います。再認定を受けるために町としてどのような政策をするのか、対策や行動をするのかお伺いをいたします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) ジオパークの再認定に向けての町としての取り組み姿勢についてただされました。

 私も冒頭におもてなしということを町民の皆さんにしっかりと呼びかけ、お願いをしたいというふうに申し上げるつもりでございましたけれども、やはりあのオリンピックの誘致もそうでございましたし、アジア大会、APGNのアジア大会もそうだったと思います。やはり町民の皆さんが町外から訪れていただく多くの方、外国の方も含めて声をかけていただき、ネットワークの話もございましたけれども、そうした人のつながりができていくということが今後のジオパークの発展、活用に一番欠かせない部分だというふうに理解をしております。

 午前中に河下議員さんの御質問の中でるる述べさせていただきましたから、特に何点かハード面とは別な部分でいわゆる児童・生徒の取り組み、こういったことを中心にお話をさせていただければと思います。

 やはり岩美町では3つの小学校、中学校そしてまた岩美高も頑張ってくれておるところでありますけれども、そうした取り組みが教育に非常に役立っているということをしっかりとアピールを再認定に向けてはすべきだというふうに思っております。あわせて3つの小学校が、鳥取県下では初めてですけれども、せんだってユネスコスクールという、これは教育文化の国連の一機関でありますけれども、当然世界遺産、それからジオパークについても所管をしております、そこの提唱するユネスコスクールに登録をし申請が認められて認定証を受領しておるようなことがございます。これは、再認定に向けて非常に大きな力強い取り組みに私はなるというふうに思っております。

 そのほか、やっぱり多くのジオウオーカーが訪れていただく仕組みがだんだんとしっかりとできつつあるというふうに思っております。そうした取り組みをしっかりとアピールをして、町民がこぞってジオパークを保全管理し活用しようという姿勢を見せることが何よりも肝要だというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 日出嶋議員。



◆6番(日出嶋香代子君) 午前中に河下議員がいろいろるる述べられ、町長の答弁もいただいておりますので、私も本当に人が中心である、ネットワークの必要性、そういうものを物すごく感じますので、これから再審査を受けるわけですけど、それまでにこれから予算要望だとか予算のことなんかも出てくるんじゃないかなとは思いますけど、新年度に向けて、鳥取県の自民党の議員さんからだったでしょうか、インターネットの中にジオパークの再認定のためのジオパーク整備に対する予算要望というようなものも出てるようです。こういうことも検討して動いていることでしょうし、岩美町としても今のジオパークの認定にあぐらをかいてる場合じゃなしに、ちょっと言葉が悪かったかな、再認定に向けて、再審査に向けておもてなしの心を持って、子供たちも一緒になって次の審査が受けれるような取り組みをしていきたいと思います。それには我々も力いっぱい観光客の方やらそういう方に声かけをしたりおもてなしの心を持って対していきたいと思いますので、町としても一段の努力をされて、みんなで再審査、再認定を受け、それからジオパークとして町民が活力を持って生活できる岩美町ジオパークになればいいかなと思います。

 もう一点、このジオパークのことに関して町長もおっしゃってましたように、全て英語でいろんなことを聞かれたり見たり答えられたりしてきたと思います。ぜひ岩美町の商工観光課だとか観光協会に英語のできる、臨時の職員さんでも私はいいと思いますので、ぜひそういう方を置いていただいてさらなる発展をしていけたらいいかなと思っております。

 というのが、結構ジオパークへ、城原だとかそれから鴨ケ磯のあたり、外国の方も結構おられるんですよね。私も単語しか、少しのあれしかできませんので、話したいな、話したいなと思って、そうしてるうちに向こうのほうが、観光客のほうが日本語が流暢です。ああ、よかった、日本語話せるというので話をしたり説明をしたり、そういうこともあります。そして、タクシーで来とられる外国の観光客の方は、やっぱり英語のできる、話せる方で、ここから浦富のバス停まで行きたいだとか、そういうことを話しておられる観光客の方がおられるんですよね。そうすると、なかなか英語がしゃべれないというか言えなくって、たまたま通りがかった人が英語で答えて、じゃああそこっていう案内をしているようなことも見受けられますので、ぜひそういうことを考えていただきたいなと思っております。これは私はずっと願っておりますので、またそれは考えていただければいいかなと思います。

 以上をもちまして2点一般質問をさせていただきました。

 以上です。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) なるべくそういった体制が組めるように検討をさせていただきたいと思います。



◆6番(日出嶋香代子君) ぜひ頑張ってやっていただきたいと思います。ありがとうございました。



○議長(津村忠彦君) 以上をもって日出嶋香代子議員の一般質問を終了します。

 しばらく休憩いたします。

            午後1時49分 休憩

            午後2時2分 再開



○議長(津村忠彦君) 所定の出席がありますので、再開します。

 続いて、松井俊明議員の一般質問を許します。

 松井俊明議員。



◆3番(松井俊明君) それでは、議長の許可をいただきましたので、議員としての仕事であります執行部の政策に対してチェック、検証するということを念頭に置いて質問をさせていただきます。

 きょうの質問は、ことしの3月の定例会でいわみ道の駅について一般質問をさせていただきましたが、そのときの町長の答弁に対してもっと詳しく教えていただきたいと思い、再度質問させていただきます。質問の順序が入れかわるときがあるかもしれませんが、道の駅に関する質問ですのでよろしくお願いします。



○議長(津村忠彦君) ちょっと待ってください。

 この一般質問をきちんと整理をして進めていくために、ルールとして順番で進めていくと。ですから、1番が済んで2番が済んで例えば3番に進んだと。そうしたときに2番に帰る、1番に帰るというような、そういうことはしないというルールになっておりますので、そのルールを守って質問してください。



◆3番(松井俊明君) それは重々承知しております。ただ、似たようなことの質問がありますので、尋ねることがありますので、そのあたりの絡みでちょっと似ているなということがあるかもしれんと、そういう意味です。

 それでは、いわみ道の駅は平成26年度末、平成27年3月にオープンの予定ですね。いよいよ残すところあと1年半ほどとなりました。道の駅をつくろうという話は平成18年第7次総で出てきたと聞きました。そして、それから駟馳山バイパスが完成に向けて動き出したので、そういう動きをきっかけに平成22年2月に設立推進協議会、これは町の商工会、観光協会、県漁協網代港支所、田後漁協、JA鳥取いなばの5団体が話し合いをし、道の駅誘致推進趣意書を岩美町に提出したということです。そして、平成22年2月18日、第1回設立準備委員会が発足しました。これは先ほどの5団体と岩美町とでです。それで、その後平成22年12月末までに設立準備委員会が6回、設立推進協議会が3回、鳥取河川国道事務所が2回と会議が行われております。

 ことし3月に、一般質問をするためにその内容を教えていただけないだろうかということで担当課を訪ねましたところ、何も決まってないという話だったもので、そういう返事ばっかりだったもので、あえてここで尋ねさせてもらいます。これ、担当課長で構いませんです。

 これで12月末までに設立準備委員会が6回、設立推進協議会が3回会議が行われております。それで、どういう内容だったかっていうのを議事録は残してないですか。記録はしてないですか。ちょっと教えてやってください。



○議長(津村忠彦君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(廣谷幸人君) ただいま松井議員さんのほうから道の駅の取り組みっていいますか、そういったことについて御質問いただきました。

 先ほど松井議員さんがおっしゃられたとおりで、平成22年2月、重複になりますけど鳥取いなば農業協同組合、田後漁協、県漁協の網代港支所、商工会、観光協会の5団体から町のほうに道の駅設立に関する趣意書というものが提出をされました。その後、2月18日に町も加わり第1回の設立準備委員会を開催をしております。

 その5団体プラス町で開催をしております準備委員会等々については、正式な議事録というものは残しておりません。ただ、その委員会の中でいろいろ設置場所、中の施設の内容等を計画を立てて、その年の12月9日に協議会、以前の名称は設立推進協議会という名称でございますけども、こちらのほうで現在考えておりますJAトスクの場所を使ってということでその協議会にお諮りをしております。以後、ことしの4月までに準備委員会を10回開催をしてきております。

 以上が現在までの取り組みの概要でございます。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 今担当課長のほうから説明していただきました。

 こうして準備委員会、設立推進協議会、合計9回会合してます。その間に決めたこと、場所はトスクのところにしよう、用地の関係に対しては了解を得ていると。トスク、JAいなばと用地関係で了解を得ていると、そういう話ですね。これは8月12日、設立準備委員会で内容としてはこうして書いてあります、ここにね。これだけの会議を起こしてて、それ以外にはそんな決まってないんですか。煮詰まってないんですか、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 産業建設課長。



◎産業建設課長(廣谷幸人君) ただいま松井議員さんのほうから準備委員会、設立推進協議会等々の経過の中で何が決まっていったのかといったことが趣旨の御質問だったと思います。それでよろしいでしょうか。

 回数、先ほど申し上げましたように準備委員会のほうはことしの4月25日までに10回というふうなことで開催をしてきております。中身等については、途中昨年の7月に国土交通省の鳥取河川国道事務所長と設置に関する協定を締結をしております。その後については国土交通省も一緒に入って準備委員会等の中で、主にはその中の施設についてどういった施設が必要かというふうなことも含めて協議といいますか、そういったことを重ねてきました。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 僕は今、昨年の7月のお話までは聞いてないんですけど、それずっと後の話になりました。僕が聞きたかったのは、最初の22年度の段階からこれだけ会議をしているのに話が煮詰まってないのは少しおかしいんじゃないかっていうことを僕は一番気にしてたわけです。

 それはそれで、先ほど立ち話で聞いたら、最初のうちはJAさんが事務局やってたっていう話もちょっと伺ったもんで、JAさんのほうと僕はちょっとお話聞いてませんから、それはまた担当課長にちょっと調べといてやってほしいというふうにお願いします。

 そこで、今度は町長に尋ねさせてもらいます。

 町長は、このいわみ道の駅に対しての姿勢として、本当につくりたいと思ってますか。何とか成功させてやりたいと思ってますか、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) いわみ道の駅について、私の率直な気持ちを述べよということでありますけれども、やはり観光、そしてまたこれからの岩美町の1次産業にとって、道の駅はぜひともつくっていくべき施設だというふうに考えております。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 町長から、そういうぜひとも観光のために、これは僕も賛成なんですけどね、大賛成ではあります。ぜひともつくってやってほしい、成功してやってほしいと、その気持ちはあるんですけど、取り組む姿勢がどうも何か真剣味がないように僕は捉えてしまってるっていう部分があります。っていうのが、あちこちから話を聞いてみますに道の駅を成功させようと思ったら関係者、業者、町民、地域みんなで一丸となってやらなきゃ成功しないよと、そういう話を聞いているもんですので、今の現状では正直な話どうも岩美町の中でうまくいくはずがないとか、そういう声のほうが多いです。これは何でかっていうことですね。もう少しそのあたりきちんと冷静に眺めてみていただいて、今後どういう働きかけをしたらいいかっちゅうことを町長が冷静に考えてみてやってください、お願いします。

 そして、次に行きますけど、3月の一般質問の折にぜひとも市場調査をしてやってくれというふうにお願いをしました。町長は、このときに専門業者を通じてリサーチをさせるように急がせたいと、そのようにおっしゃいました。これだけの事業ですので、大きな事業ですので、この間の設計業者とのヒアリングの中でも3億円とも4億円ともお金の話が出ておりました。そして、こうしてトスクの用地、これを買収するっちゅうことになればさらにお金が必要になると思います。これだけの大きな事業に対して市場調査はしない、そして概算の金額も示さない。それで、いわゆる道の駅の企画、そういったものも全然つくってない。どういうことかって僕は首をかしげたくなります。幾ら何でも、そういうその態度っていうのは町民に対して全く不親切きわまりないと考えます。岩美町のお金がここに使われるんですから、もっと調べ、検討するのは当たり前だと思いますが、3月の答弁から半年経過しております。3月の町長の答弁に対しての返事を聞かせてください。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 議会の皆さん、町民の皆さんにお示しできるような構想が示されていないということについては、私も非常に心配をしております。今年度、実施設計なり直売所に登録をする農家等の募集、出店をする業者、加工グループの募集、情報コーナーについては観光協会と調整、飲食コーナーについては出店を募集というようなところまでが事務局でのスケジュールになっておるわけでありますけれども、非常に27年の春に開業ということになるには遅い進捗であって、大変申しわけないというふうに考えております。

 それから今一点、冒頭に私の考え方をただされたわけでありますけれども、やはり御質問、御趣旨の中にもありましたように、これは町が全てを仕上げては決してうまくいかないという思いは私も持っております。したがって、この検討委員会であったり整備委員会であったり、そうしたところに結集をしておる方々、それからもっとこれを広げて町民の皆さんにもかかわっていただいて、しっかりとした計画や構想を煮詰めていかなければならんというふうに痛感をしておるところであります。資料等については、資料なしで会議をするというようなことはないわけでありますし、それぞれ議事録はメモであっても汚れとっても仕方がないと思います。そうした資料はしっかりと提供を、レジュメであっても使った資料も含めて情報を提供しなければ御指摘をいただくような御不信を招く、そのようにも思っております。

 重ねて、まちづくり委員会の皆さんが独自で勉強会を開いていただいておるようなことも承知をしております。そうした方々ともしっかり意見交換をさせていただきながら、計画を早いうちに詰めていき、町民の皆さんにも公開をし、次なる段階の出資のお願い等についてもお諮りをすべきだというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 今町長からとても前向きな言葉をいただきました。メモ書きでも何でもいいから、議事録みたいなものでもいいからまた一度出してやってください、お願いします。

 そして、確かに町長に前向きの言葉をいただいたんですけど、やはり行政が主体となるっていうことは僕も余り賛成しません。ただ、このたびこれはまず町政が少し足を引っ張って先導してやらにゃいかんのじゃないかなと。道づけみたいな格好ですね。そして、民間の業者が入りやすいような方法とか、そういうのを一応セッティングしてやって、そして民間の業者がやりやすいような方向に仕向けていかにゃいかんのじゃないかと僕は思います。やはり岩美町の今の空気っていったら変ですけど、空気ってあえて言わせてもらいますけど、空気は誰かがリーダーシップとって動かなきゃなかなか動きません。どうも僕にはそういうふうに見えます。そのために一番適切な人材というと、やっぱり町長だろうというふうに思います。大変だろうけど、僕は旗を振っていただいて先導していってやってほしいと、僕はそれを期待したいと思います。よろしくお願いします。

 そして、とりあえずは言うことは言ったんですけど、今まで岩美町のこういった行政に対する進め方として、これ言っていいんかな、ちょっと僕も余り細かくわからんのですけど、蒲生の音楽堂の話なんかでも、このたび音楽堂を進めてますね、音楽設備をね。野外音楽堂っていうか、ステージっちゅうかね。ずるずるとして、こうして僕は道の駅に対してはずっと担当課とか町長なんかに話をしてどうなんだ、どれぐらいの動きしてるんだとかずっと尋ねてきとるけど、全く何も決まってない、何も決まってないっていう話でした。もちろんそれはいわゆる協議会とかそういうシステムのやり方の問題があって決まらなかった部分もあってしまってるんだろうとは思いますけど、ただこうして期限がなくなって、そして間に合わなくなる、予定どおりの動きができなくなると、そういった場合に急に数字が出てくるんですね、急に。急に数字が出てきて、そして時間がないよ、そしてそのまま進められてしまうと。こういう形が往々にしてあるんじゃないかと私自身はどうしてもそう考えてしまっとるんです。やり方がこそくなっちゅうたら変ですけど、ちょっと極端な言い方になったかもしれませんけど、ちょっとそういうやり方に感じられて仕方ないんです、僕としましてはね。そのあたりはもちろん注目して見ておりますが、今や情報公開の時代ですからどんどん情報を出すようにしてやってください。これ、よろしくお願いします。

 そして、もしこの道の駅の計画を立てる段階で金額が大きくなったと、事業規模がすごく大きくなったと、そうした場合に協議会の中でこれは何だ、余りにも大き過ぎるし大丈夫だろうか、やめようか、中止しようかなんていうような、よしんばそういう話が出た場合には、町長としては中止できますか、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 事業費が高騰してきた場合に中止をする考え方があるかということであります。それは、やはりまず第1段階としては結集をしてこれをつくろうという機関でしっかりと議論をしたいと思います。で、議会の皆さんにもしっかり相談をさせていただいて、その上で結論を得る考え方でおりまして、今私一人が個人で10億円もかかるんでやめますという話の御答弁は差し控えたいと思っております。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 町長の答弁は当然だと思います、そのことはね。ただ、先日ちょっと話をしたときに、その協議会でやっぱり無理だからやめようかと、そういう話になったら中止すりゃあええがっていうような人もおられました。そういう意見を述べる人もおられましたっていうことですね。

 やっぱり町がかかわる以上は、岩美町民のお金が使われることになります、これはね。町長としては道の駅の運営でリスクを負うようなことはすべきではない、そういうふうに述べられました。運営することでリスクが発生したような場合には、町の一般財源で補填するようになると僕は心配してるんですが、町長は町民の皆さんに対してこの事業に対する理解をどのように求めようと思っておりますか。これ、今道の駅の話を町内であちこちして歩くのに、余り評判はよろしくないです、現状ではね。そのあたりも踏まえて、町長はどういうふうに町民の皆さんに説得してかかろうかっていうふうに思っとられますか、教えてみてください。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) まず、リスクの点についてお話がございました。リスクを避ける方法をとりたいんだということについてもう少し詳しくお話をすると、いわゆる公設民営というやり方、あるいは第三セクターというやり方もあるわけですし、そうした先進事例をしっかりと調査をする中で、できれば公設民営にしなければなかなか難しいんではないかというふうに考えております。全てのことを町が直営でやると赤字の対策というのが必要になってくるわけでありまして、それも当たり前でするということでは決してないわけでありますし、赤字が生じる場合があるような運営形態をした場合においてですよ、そういう場合においてはやはり議会にも承認をいただかなければ、勝手に私が補填をするというような性格のものではないというふうに思っております。

 それからもう一点は、町民の皆さんへ赤字補填の場合の説明ということのお尋ねでありましたけれども、したがって赤字を想定しながらこの運営形態、経営形態を組んでいこうという考え方でないことをあらかじめ御理解をいただきたいと思っております。



○議長(津村忠彦君) 松井議員、今の質問は4番に飛んだような気がするんですけども、4番に。リスク云々、町民への対応と、あれ、これ4番に入ったんかなと、まだ3番が残ってるようだし、2番は済んだんですか。

            (3番松井俊明君「2番、専門業者へのリサーチ、それは尋ねたと思ってます」と呼ぶ)

 それは済んだような、僕は……。

            (3番松井俊明君「質問はさせていただきましたですけどね」と呼ぶ)

 休憩しましょうか。

            (3番松井俊明君「済みません」と呼ぶ)

 しばらく休憩します。

            午後2時34分 休憩

            午後2時37分 再開



○議長(津村忠彦君) 再開します。

 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 済みませんでした、失礼しました。

 いろいろと話を伺っていきますと、これは僕の考えなんですけど、少なくともこうして6億円も7億円もお金が必要になるんじゃないかと、この事業に対してね。それこそ大きゅうなれば10億円ぐらい要るんじゃないかというような形のものを危惧するんですけど、そしていろんな角度からじゃあどういう格好で考えれば経済効果とかそういったものが出てくるんだろうかと、そういうことを自分なりに考えてみましたけど、何しろ金額的なものが担当課長のほうからも全く出てこなかったと。そういうことがありましたので、いわゆる自分で想像していろいろ自分なりに考えてみましても、思うように結論を導くことができない、自分なりのね。そういうふうに思いましたもので、ちょっとそのあたりを心配しております。

 だから、この道の駅に対する町長としてのそのあたりの収支に対する分岐点とか、そういったもの、いろんな効果も加味しながらどういうふうに考えておられるかっていうことを教えてやってください。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 市場調査であったりマーケティングの問題について、改めてこれらがまだ手元に入手できておりませんので、早急にこれはやらせていただきたいということで御理解をいただきたいと思います。

 それから、損益分岐点という点をただされました。正直に申し上げて、私はこの損益分岐点っていうのは町が経営するという前提であっても分岐点はなかなか求めることの力がございません。いろいろ、指定管理方式でやる場合、委託料をどうするのかといったことも出てまいります。委託料を払わずに独立採算でやっていただくという方法も数ある道の駅の中ではあるというふうに承知をしておりますし、そういう方法で第三セクターについても民間業者ということの中では町側で損益分岐点というのを推計をかけるのは非常に困難があると言わざるを得ないと思っております。

 それから、事業費の点にもお触れでございますけれども、公開プロポーザルということで設計事業者の考え方による事業費規模が示されております。これは、これまでのいろいろな話し合いの中で、国交省も含めての話し合いの中で、国交省部分を除く町の施設整備に係る事業費で上限という考え方で捉えていければいいと思っております。

 ただし、用地については国交省がメーンになるところを購入しますので、借地という方法もあるでしょうし買い取ってしまうという方法もあろうかと思います。建築なり整備、改修、改装をかける経費としては上限として捉えていただかなくてはならんと。設計の詳細を積み上げていく中で、あれもこれもというわけにはならんというふうに思っております。プロポーザルというのはそういう性格のものだというふうに解釈をしております。

 この損益の分岐点については、町の力ではなかなか難しいと言わざるを得ません。実際の経営に当たって、経営内容を分析をするということの中ではあり得るのかもわかりません。道の駅の最終段階になってどれだけの品物を売る計画ということがきちんとできなければ、損益分岐というのは難しいと言わざるを得ません。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) やはりそういった数字を示すっていうことは非常に難しいっていう話ではあります。僕自身も本当に難しいとは思っております、それはね。

 ただ、やはりいろいろと話し合いして動かんことには詰めるものも詰めれんと、そういうことが出てくると思います。もう何度でも話し合いすることによって、話し合いするからいい意見も余計出てくると、そういうことはあろうと思います。そのあたりのことは十二分に承知しておいてやってほしいと思います。

 そして、もちろんその道の駅の経営に関して以前ちょっと言っておられたことが、駅長が決まったら駅長を中心にその計画を練ってもらうんだと、経営体制というのを練ってもらうんだと、そういう格好のことを言ようられましたけど、そのあたりのことはその方針で動くのは間違いないですな、それは。ちょっとお願いします、済みません。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 道の駅の駅長については、最終選考を終えて10月1日から担当課である産業建設課のほうでこの道の駅の計画づくりに専念をしてもらうことになると思います。中心になるのはいろんな意味があると思いますけれども、しっかりと町のほうがリーダーシップをとって民間の経験をできるだけ尊重したいと。道の駅の駅長が全てを決めていくということではありません。現場に立つ者として民間感覚を持った考えの中で、その店舗なり施設がどうあるべきかという点では参考にしたいというふうに思っとるところでありますけれども、そうした役割ということで中心になってという言い方でこれまでお話ししとるかもしれませんけれども、中心でありリーダーシップを発揮するという点ではやはり町がリーダーシップをとらなければならんというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) 町長、今町がリーダーシップをとるんだっていう話を伺いましたが、これがいいか悪いかっていうのはちょっと僕も余り賛成せん部分も多少あろうと思います。途中まではリーダーシップとっていただいても、実際の経営とかそういうのに関しては余り行政が口出しせんほうがええなとか、そういうことをよく言われるもんだからっていう意味ですよ、それはそういう意味です。

 わかりました、できるだけいい方向で進めてやってほしいと思っております。

 その次に、一応町長は、最後の質問にはなりますが、町長はJAトスクのための道の駅にはしない、これは一般質問の中で、答弁の中でそのように述べておられますが、この言葉は何を意味しとられますか、お願いします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) JAトスクのための道の駅としないということは何を意味しとるか、特段その言葉の中っていうか裏に何を秘めとるものでも何でもないわけであります。例えば、これまで説明をしてきておるように国土交通省がインフォメーションを含めて駐車場、トイレあたりを整備します。後のサービス施設っちゅうのを道の駅だけで看板変えるだけで、トスクをっていうことは国土交通省は認めませんよということなんです。当然に今でも町の農産物であったり水産物を取り扱っておられます、JAも、トスクも。その部分を全部ということは当然ですけれども、道の駅でしっかりと地元の産品、近隣の自治体の分も含めてということになりますけれども、売っていく。それから加工の部分にぜひつなげてもらうように生産者団体や仲買人さんに働きかけていくと、そういう考え方でおるわけでありまして、トスクをそのままにして前の空き地を道の駅として買収するというようなことで物事を進めようとすることはできませんという意味合いです。



○議長(津村忠彦君) 松井議員。



◆3番(松井俊明君) わかりました。確かにトスクに対してとか国交省が駐車場及びそのほかの部分を整備するっていうことも聞いてはおります、確かに。ただ、岩美町民の方でこういうふうにやゆする人がおられます。農協のための岩美町だけえなあ、よくそういう言い方をして、すごくやゆする町民の方もおられます、これはね。まあ、それは過去にいろいろあったんでしょう、そういうふうに言われるっていうことは。多分、その町民の方が勘違いしてるかもしれんけど、そういうことも想定した何かがあったんじゃないかなと。やはりそのためには十二分に説明して理解をしていただけるように、そういった間違いを起こさんためには十二分に町民に理解していただくと、情報をどんどん公開をして理解してもらうように努めてやってほしいと、そういうふうに思います。

 きょう、何ていいますか、もうちょっといろいろ本当は攻めたかったんですけど、なかなか思うようにできませんでした。ただ、また後日いろんな検討する問題が発生したら、また質問はさせてもらおうと思っておりますので、そのときはひとつよろしくお願いします。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 1点だけ、ぜひとも私は発言をさせていただきたいと思います。

 これまでから町と農協の間でそうした町の名誉にかかわる、農協の名誉にかかわるようなことは断じてなかったと、この件についてもそのことだけはしっかりと私の口から申し上げておかなければならんというふうに思います。どうぞよろしくお願いいたします。

            (3番松井俊明君「わかりました、終わります」と呼ぶ)



○議長(津村忠彦君) 以上をもって松井俊明議員の一般質問を終了します。

 しばらく休憩いたします。

            午後2時50分 休憩

            午後3時2分 再開



○議長(津村忠彦君) 所定の出席がありますので、再開します。

 続いて、田中克美議員の一般質問を許します。

 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順に従いまして質問をいたします。

 まず最初に、消費税の問題についてです。

 消費税の増税は、税率8%で約8兆円の増税、税率10%で13兆5,000億円の増税となります。1997年の消費税5%増税と所得税、住民税の増税合わせて7兆円を上回る大規模な増税になります。

 さて、来年4月に8%に引き上げることについてですが、1つはさきの参議院選挙で安倍首相は判断は秋だというふうにだけ述べて争点にすることを避けました。2つ目に、1997年に7兆円増税して以来労働者の年収が平均70万円減少し、月給が最近14カ月連続で前年を下回り、中小企業は円安による原材料価格の上昇を価格転嫁できない状態にあります。このとき、消費税率を引き上げれば、5%に引き上げたとき以上に国民の暮らし、営業と日本経済を落ち込ませます。3つ目に、長期不況が続いている今、4月から6月というわずか3カ月間の経済動向で増税を決めることは大変無謀なことです。

 これらを考えれば、4月に税率を8%に引き上げることは中止すべきだと思います。世論調査でも増税中止が過半数を超え、安倍首相が任命した内閣参与の2人を初め消費税引き上げが必要だと考えてる人たちの中にも来年4月の8%への引き上げは中止すべきだという声が上がっているのは理由のあることであります。4月に8%に引き上げることについて、町長の認識を伺います。



○議長(津村忠彦君) 答弁を求めます。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 消費税を来年4月、8%に引き上げることについて町長としてどのような認識を持っておるかということでございました。

 安倍首相が任命をした内閣参与2人が4月実施に異議を唱えているというようなこともあるところであります。さまざまな経済学者あるいは研究者がそれぞれにこの来年4月からの税率を引き上げることについて述べておられまして、非常に判断の難しい問題ではあります。しかしながら社会保障全体を見るとき、そしてまたこの日本の国の1,000兆円を超えたといわれる大きな債務について、ヨーロッパのほうの金融危機等のことも考えるならば、やはり上げざるを得ないのかなと。全面的に賛意を示すものではありませんけれども、やむなしという認識をいたしておるところであります。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 4月の引き上げ中止すべきだということを言ってる人たちは、結局国家財政も苦しくなるよということもあわせて言っておるということを、ですから町長が言われるように社会保障を見たり国全体の債務を見ればやむなしということは言えない、むしろそれをさらにさらに圧迫するんだということをあわせて増税に反対している人たちが言ってるっていうことを紹介しておきます。

 次に、増税は町民の暮らしに直接影響を及ぼして、同時に町が負担する消費税も結局ふえて、それもまた町民の負担に帰ってくるわけです。そして、消費税増税で町の支払いがふえれば、それだけ住民サービスに使う町の財政が少なくなります。町が支払う消費税が昨年度決算で幾らになっているのか。税率8%、10%が実施されると幾らになるのか、これを各会計ごとに示してほしいと思います。そして、同時に歳入として入ってくる地方消費税交付金について、昨年度の額、増税それぞれ8%、10%になった場合の金額を示してください。

 そして、こうした数字を町民に公表することを求めたいと思いますが、どうでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 町が支払う各会計ごとの消費税について調べております。

 ただし、24年度決算の支出1件ごとというのはちょっと至難なことでございまして、いわゆる節の需用費といわれるもの、それから役務費、委託料、使用料及び賃借料、工事請負費、原材料費、公有財産購入費、備品購入費、さらに補償、補填及び賠償金という節で調査をいたしました。

 一般会計では、歳出総額が64億5,049万9,944円でございまして、これらの先ほど申し上げた需用費以下の支出の決算額といたしましては14億1,161万1,730円という決算額でございます。これに係る消費税相当額が6,721万9,606円。これが8%になった場合には、24年度の歳出決算のベースで申し上げた6,721万九千円余が8%になることによって1億755万1,000円。それから、10%になるということになれば当然倍になりますので1億3,443万9,000円ということになります。

 住宅会計では、決算の税額としては1,143円、これはそれぞれ8%、10%で1,829円、2,286円。

 バス会計では、決算額が3,191万7,022円でございますけれども、消費税の相当額は142万9,875円。これは委託という費目が大半を占めるということでございます。これが8%になった場合には228万7,801円、10%になった場合は285万9,751円ということでございます。

 後期高齢者の会計では、24年度18万9,612円。これが8%になりますと30万3,379円、10%になると37万9,224円。

 国保の会計では、消費税相当額として105万1,055円でございます。これを8%では168万1,688円、10%になった場合には210万2,110円。

 集落排水特別会計では、現時点の決算消費税が125万7,407円。8%に引き上げられた場合には201万1,852円、それから10%だと251万4,815円。

 下水道事業の特別会計になりますと、現在24年度の決算消費税は313万702円、これが8%になりますと500万9,123円、10%の時点では626万1,404円と。

 介護保険につきましては、125万3,083円が8%で200万4,933円、10%では250万6,166円。

 訪問看護の会計では、これも委託料が大半を占めます、消費税が129万8,240円。8%に引き上げられますと207万7,184円、10%の時点では259万6,497円ということでございます。

 水道事業におきましては、24年度の決算では2,061万9,354円。これが8%になりますと3,299万966円、それから10%では4,123万8,708円と。

 それから、病院では24年度の決算で3,715万5,637円。それから8%になった場合には5,944万9,019円、10%になった場合は7,431万1,274円。

 この一般会計以下、企業会計を含めてトータルで足し上げてみますと1億3,460万5,715円、8%になった場合には2億1,536万9,143円、10%にされた場合には2億6,921万1,429円というような推計ができます。

 それから、地方消費税交付金について、これは現5%のうち1%を都道府県と、それから市町村に配分を受けます。県と市町村の割合は1対1ということですので、税率でいえば0.5%相当が事業者数と人口に案分をされて岩美町には入ってきておると。8%になった場合には、岩美町にそれぞれ入ってきますのが8%のうち1.7%が地方消費税、同じような都道府県市町村、したがって1.7%の2分の1ということになりますので、0.85%、それから10%にされた場合は地方消費税は2.2%でございます。これは1.1%が交付金になって都道府県及び市町村に配分をするという仕組みは既に総務省から発表されておる地方税法改正の中に盛り込まれておるところであります。

 金額の推計を申し上げますと、24年度の決算では地方消費税交付金総額9,758万7,000円の交付金を受けております。これが3%増税されて8%になると仮定をいたしますと1億6,589万7,900円、10%になった場合は2億1,469万1,400円というような推移を見込めるところであります。

 以上、これでいいですね。

 それで、町民に対して公表ということについては最も御理解がいただきやすい方法を考えて、町の広報等に掲載することについては検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) そこで、地方消費税交付金が、さっき町長が紹介されたような金額が町の歳入として入ってくるわけですけれど、基準財政収入額にこれは算入されて、したがって3%分またふえればその分は地方交付税に影響してくるわけですよね。したがって、地方交付税の不交付団体でない限り、支払う消費税がふえればそれだけ住民サービスに使える金が少なくなるっていうことは言えるんですね。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 基準財政収入額で入りばかりを見ると、確かにそういう理屈にもなるわけであります。ただし、普通交付税を算定する中ではいわゆる需要額、支払う税金も含まれて需要額が算定をされるということですので、丸々理論値の地方消費税が普通交付税の受け取る額にマイナスに働くというわけではないと思っております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) じゃ、その差はどれぐらいだと判断されるんですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 御案内のように、毎年の地方財政計画あるいはその単位費用といいますか、それらの算定の数字が変わる中ではなかなかその実情、これぐらいっちゅうところが申し上げにくいのが実情だと思います。御理解いただきたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) はっきりしてるのは基準財政収入額には入ると、その分は。でしょう、しんしゃくされるわけではないでしょう。ところが、今言われた基準財政需要額のほうの算定は定かでないと。単位費用も変えられると、国の意向でということになるわけです。ということは、まず間違いなく言えることは、差がどれだけかは別にして消費税が増税になればその分だけ現在より住民サービスに使えるお金が減るということは間違いないってことですよね。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 地方財政計画の設計がそのようなことにならんように、我々としてはしっかり取り組みをしていきたいと思っております。それは町村会を挙げたり県の知事会も含めて、地方六団体の統一した意思が結集できる話ですので、しっかりやりたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) おかしなことを気がついたんですけど、全国知事会なんかが、六団体が要するに地方財源を確保するために地方消費税の税率を上げるべきだということを言ってますよね。ところが、基準財政収入額にしっかり入れられるわけですから、地方交付税の確保あるいは拡充というのを裏づけとしてはっきり出さないと、あわせてですよ、セットで、実は変な話になるんですよ。それに今気がついたんですけど、だけどこれはそういう心配をするよりは消費税率を上げるなって言ったほうが早いんですよ、はっきりしとる。それだけは言っておきます。

 それで、もう一つの観点は、地域経済を町としては守りたいと。それに、町の持ってる財政も地域を回るようにできるだけしようと思ってるわけですけれど、ところが消費税増税で地域循環するお金が減るんですよ。なぜならば消費税は国税もしくは県税ですよね。地方消費税は県税ですから、確実に町民が払った消費税は町外から出るんです。それから、町も払った消費税が出るんです、町外に。したがって、地方消費税の交付金で町に入ったとしても、その分が地方交付税の減額につながれば、さっき言った差の問題があるんですけれど、結局は町内を循環するお金は消費税分だけ少なくなるんです、間違いなく。そのことは確かですよね。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 地域内経済に回る税金という意味では、100%そういう形ではないと思いますけれども、やはりその傾向が強いだろうというふうに思います。

 それから、御存じのように地方交付税本体は国税5税の中から地方交付税財源をもって構成しております。大体29.5%が地方に回る、4%に29.5%を掛けるわけですけれども、それを財源として交付税の総予算をつくっていくということでございます。御存じのようにいろいろなものが普通交付税で一般財源化ということの中では、出口が何年もほとんどふえんようなこと、三位一体ではごっそり減らされとるということの中では、そうした既存の配分ルール、法律で定められとることのしっかりした担保をとりながら我々は取り組まにゃいけんだろうというふうには思っております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 要するに、町長の判断を悩ませたり町の財政運営を苦しめたりするわけですよ、多少のことはあっても。したがって、一番手っ取り早いのは消費税増税はさせないということだと思います。

 以上で終わります、これは。

 次に、東部広域の可燃物処理施設について。

 東部広域行政管理組合の可燃物処理施設整備検討委員会の第3次報告書に関して、町長は広域組合の副管理者の一人であります。何点か伺いたいと思います。

 まず1点は、施設規模の前提になるごみの排出量ですが、報告書を読みますと平成24年度までの実績、1市4町の排出量の実績をもとにした将来推計、主に人口の減少等々を踏まえた将来推計でありまして、1市4町の減量計画、いえばもっと要するにここまで減らすんだというような積極的な減量計画に基づくものではないというふうに理解ができるんですけれど、そして270トンから240トンに日量30トン減るということになってますけれど、そのうちの18トンは災害ごみの見直しですよね。災害ごみ28トンを前は予定してたのを10トンにしたと。したがって、残り12トンはいわば人口減少による推計の減ということで、どこから見ても減量計画に基づく240トンではないというふうに理解してよろしいでしょうか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 東部広域行政管理組合の可燃物処理施設の整備については、これまでから議場でもできるだけ規模を小さいものにすべきだというお考えもお聞かせいただいておりますし、私も減量化ということを参酌しながら施設規模決定をしてほしいということでおりました。当初360トンからだんだんと減ってきた経過の中では、実績の減量化の取り組みが功を奏したものだろうというふうに考えておるところであります。

 ただ、この論点の中ではやはり施設を稼働させるまでの期間、減量化も当然取り組むわけですけれども、やはり人口推計ということの中で直近の実績に対しての安全数値ということをとる必要があるというのが広域事務局サイドの説明ということでありまして、もし人口がふえるっていうのはなかなか難しいことでしょうけれども、そうした増に転じた場合にごみの処理が十分に行えないということがあった場合のことを考えるとやむなくという経過で、当初の計画からすると非常に長い年月かかりましたけれども、240トンっちゅうような規模になったなというふうに考えております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) これ量の減少は自然減だとは言いませんけれど、もちろん分別の徹底とか岩美町を初めとするさまざまな努力が実ってのことであることは間違いないんですけれど、例えば横浜市、1市4町の人口規模とどれだけ開きがあるか知りませんけれど、横浜市は03年から09年の間に4割減量してるんですよ。炉を減らしたりとか実際にある。4割ですよ、あの巨大都市で。そういう、やろうという気がそもそもないと、まあ前にも問題にしましたけど、そもそも東部広域のこのいろんな検討委員会、検討報告でも何回か出てますけど、かつて一度も1市4町でこれだけごみを減らそうではないかという計画にお目にかかったことがない。そこを問題にしてるわけです、私は。

 それで、そういう減量を進めるという観点から見て、2つ目ですけど事業系の可燃ごみを引き続き焼却対象にしてるわけです。報告書によれば、焼却対象となるごみの33%を業者が収集する事業系の可燃ごみが占めてるわけです。処分場に直接持ち込むのもあるわけです、もちろん事業系の可燃ごみ。それはこれに入ってないんですよ。収集する分だけで焼却対象のごみの33%が事業系のごみ。事業系のごみは、多くが紙ごみだと言われたり質が大体同一のものが多いと言われているわけで、そういう意味でいうと処理しやすいという対象物なわけですけれど、そういう特徴を踏まえて事業系ごみは事業者に排出者責任を果たしてもらうという方針で臨んでいる自治体もある。先ほど紹介した横浜市もその一つなんですけれど、横浜市はもう絶対事業系は入れないと、受け付けないということで徹底してやったわけですけれど、まあそれだけで4割減したわけじゃないんですけどね。この33%が減るとどうなるかというと、第3次報告書が示している施設規模の試算方法で私がちょっと計算してみると、日量約157トンになるんです。235トンから157トン、要するに160トンの炉でええってことになるんですよ。だから、組合として事業系ごみの対応を私は検討すべきじゃないかというふうに思うんですけれど、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 事業系可燃ごみにつきましては、一般廃棄物という枠の中におるようでございまして、自治体の責任においてやらなければならんと。今の時点でも神谷の清掃工場以下、施設で事業系ごみを扱っております、焼却しております。行政の責任でその施設を別建てでつくればそういうことにも話が持っていける可能性もあるでしょうけれども、ちょっとそれはなかなかできかねるというのが組合としての考え方というふうに理解をしております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) この事業系のごみの圧倒的部分が鳥取市の事業所が占めてるわけですからね。私は鳥取市にやる気がないということだと思うんですけれど、一般廃棄物で行政の責任範疇なんだということのようですけど、理解が、しかし現にやってるわけでね。そこで一般行政のこういう事務を放棄しとるといって裁判ざたになったっていう話は聞いたことありませんから、恐らく争いにはなってないんだと思いますけれど、そういうやってるところをぜひ研究してほしいと思いますし、鳥取市にやっぱりほかの4町はもっと働きかけるべきだというふうに私は思います。ぜひそういう方向で動いてもらいたいと思います。

 次に、3つ目ですけど、分別は現在の方針を変えないということにしながら、その上で汚れたプラスチックについては焼却可燃物として焼却発電のエネルギーとして活用するというふうにやってるわけですね。私、これは非常に危険な話でね。というのは、汚れてなくても汚れてても焼却発電のエネルギーとして活用できるわけですよね。後で言いますけれど、発電のためにはかなりちゃんと燃やさないとだめだということになると思うんで、そうなると汚れたプラスチックと汚れてないプラスチックをどこで仕分けるのかと。ごみを出す住民も受け入れる組合側も、結局は分別しなくていいということになるんではないかと私は思うんですよ、この方針は。どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) このプラスチックごみにつきましては、私も今おっしゃった田中克美議員さんの考え方と全く一緒でございます。分別を進めて取り組んできておる岩美町としては受け入れがたいと、従前どおりのごみ処理にすべきということでほかの3町にも働きかけて、分別形態は現行を基本とするという項目が入れられたというふうに私は思っております。

 この汚れたプラスチックについては、住民負担の軽減、水環境への負荷軽減等を考慮して焼却発電の云々というのは全く削除させることができなかったということで残念ですけれども、反対にそういうことはこの発電をしたいがために一つはごみのカロリーを求めておるんではないかということに指摘を受けるということも言う中で、とにかく分別収集、分別そして最終処分については現行どおりでやるべきだということを強調したところでありますけれども、やっぱり整備検討委員会の中では水を使って洗って、それの環境負荷のほうが問題だと。それから手間もかかるという意見が大勢だったようです。分別形態は現行基本にするということを入れたということについては、一定の評価をいただきたいというふうに考えておるところであります。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 今の答弁を伺うと、この焼却発電が方針であるというふうな認識ではないと思われるんですけれど、改めてちょっと伺いますが、報告書で計画ごみ質の記述とか、それから今紹介した汚れたプラスチックを焼却発電のエネルギーとして活用するという記述から、焼却発電が既定方針であるというふうに読み取れるんですけれど、これは正副管理者の共通認識になってるんかどうかっていうことを伺います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 私としては、岩美町長としては、今回が初めてのごみ焼却熱を利用して発電を取り組みますという決定の場であったというふうに受け取っております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 今回が決定の場であったということは、承服はしてないが決定になったというふうに受けとめとるということですか。

 我々が、この施設規模が270トンから240トンになるのを小さくなっていいことだというふうに思うのは実は早計だと、早とちりだと思うんですけれど、というのは270トンのときの計画は90トン炉掛ける3基だったんですね。240トンでは炉は2基にすると。だけど、1炉が120トン炉になるわけですよ、120トンの炉が2つと。今国が推進してるんです、高効率、効率の高いごみ発電ですね、その事業を推進してて、その対象としては規模の大きい炉のほうが現在の技術では発電に適しているっていうことから2炉にしたのではないかと考えるわけです。というのは、国のマニュアルを見ると現在の技術では日量70トン未満では高効率発電が困難であると。それに加えて、そもそも発電設備の設置そのものが困難だというふうになってるんです。これを読めば、ああ80トンやばいなと、120トンにしようと、2炉にしてというふうにさっと頭が働くんだと思って国のマニュアルとこの報告書読んだんですけれど。それともう一つはその高効率発電の事業に対する補助率が普通の3分の1じゃなくて2分の1になると。それを受けるためには、実は国のマニュアルによれば今年度、平成25年度中に補助の交付決定を受けなければだめなんですよ、25年までなんです、これは実は。ことしが限度なんです。ということは、これからまたばたばたばたばたと東部広域が下に諮らずにどんどこどんどこ進めるんじゃないかと心配してるんですけれど、この報告書には2炉と3炉、炉を3つと炉を2つの場合、だから80トンの炉と120トンの炉の比較が出てるんですけど、表になって。ところが、これ高効率発電を導入して2分の1の補助を受けるためには2炉のほうがよいということがはっきりしているにもかかわらず、そのことが書いてないんですよ、比較表に。その点で、補助を受けるためにはこっちのほうが有利なんですよということが結果のまとめの表に書いてないんです、一言も。これ、何でだろうかなと思うんですけどね。これ隠してるんだろうなと、要するに、何か都合が悪いことがあるんかなと思わざるを得んのですわ。

 これは、この120トン炉に大きくするということの問題はやっぱり、ちょっと後のあれと重なってしまいますけど、熱効率を高めるために、要するに計画発電の効率を確保しないと補助金をもらえないんですよ、達成しないと。ということは、後々までも縛られるということですね。ということは、熱効率のいいごみがないといかんのです。ごみが減っては困るんです、実は。以前なら3炉なら80トン炉の中の話なんですけど、今度は120トン炉が効率よく動く、しかも熱発電の目標達成をしなきゃならんぐらいのごみ質と量が要るんです。ということは、全くごみの減量に逆行するっちゅうことなんです。というふうに思いませんか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) ちょっと話をもとに戻しますけれども、戻すというか発電の問題にちょっと触れさせていただかなくてはならんわけですけども、補助金のいい制度があるんでそれにぜひ乗りたいと。エネルギーの効果的な活用が条件になっとるということの中で、それは発電しかないんですかと。例えば温水プールであったり、あるいは農業用の加温ハウスであったり、そういうことではだめなんですかという話を私のほうから出しました。それもないことはないという程度の回答、まず1番目がね。

 それから、発電をするためにプラントにどれだけな設備費の投入が必要なのかと。3分の1の補助金と2分の1の補助金と、持ち出しをきちんと整理して我々に示せという話もいたしました。おっしゃるような話はなかなかちょっと気がつかん話でありまして、勘ぐった話にせにゃいけんところが多くあると私自身は思うわけですけれども、そうした話をすると同時に今現時点の焼却をしておるごみの持っておるエネルギーというのはきちんと掌握をしておると。それは、プラスチックごみの分別の問題の議論の中で私が確認したわけですけれども、今洗浄してリサイクルに回しとるというようなものが入っていないごみの中でもカロリー計算的にはオーケーなんですと、それは1キロで何キロカロリーの熱量を持っとるということをもうきちんと調べてあるそうでありまして、そうした中で現状の分別ということも、だったら入れろという話になったわけですけれども、そうした経過があったことをお話しするぐらいしか。私は、2炉、3炉の問題については非常に申しわけない話だと思いますけれども、ちょっとよう議論をしてきておりません。御理解いただきたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) ごみ質のカロリーも出てますけどね、一覧表で。確かに言われるようにプラは燃やさなくても基準値をクリアするんだと思います。ちょっと私が試しに計算してみたら、そういう問題を持ってるということですね。

 それから、5番目の公設民営、これが建設も運営も一括発注方式ということが望ましいということになってますけれど、実はこれ1市4町の可燃ごみの全てを1事業者が、1メーカーが握るということなんですよね。私、これ想像したらえらいことだなと思ったんです。要するに、1メーカーの言いなりになるしかない事態だって起こり得るっていうことですよ。

 それから、ごみ量を減らす方向じゃないから、いろんな市民の努力でごみが減った場合に熱量の高いものを燃やすということになってしまうんです。そういうことで、非常に要するに行政の運営が、あるいは市民の取り組みが捻じ曲げられるというおそれが私はこの公設民営にはあるというふうに思うんですけれど、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) この建設から実際の運営に係る計画についても、この検討委員会の報告書の段階で我々に示されたということの中で、おっしゃるような懸念も確かにあるというふうに私自身は考えております。小さい施設で岩美町が直営で施設を管理してきたものとはシステムや何かが全く違うわけですし、一概には言えないと思いますけれども、施設の延命化であったりあるいはメンテナンスでも一定の期間が過ぎたら全部変えてしまうということでなくて、できるだけ長い間この炉を稼働させるということを行うほうが、町の経験としてはよかったというふうに思っております。

 そうした中で、これだけの大きな施設を建設する業者と、それから後々の管理をする業者が異なるということになれば、またやはりそこでふぐあいが生じた場合の部品の調達であったり修繕もまた違った業者というようなことも起き得るでしょうし、非常にそのメンテナンス、行く行く管理ということの経費の面からも、そうした建設をしたプラントメーカーが管理運営をするのが専らの大規模施設についてやられとる方法だという説明を受けたということでありまして、なかなかそれに対する反論ができなんだということであります。多数決の中ではそういう決定がなされてきたという状況であります。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) この問題で最後ですけど、河原の国英地区ですね、ある集落の区長さんが集落に説明している話によると、この集落に4,900万円のお金が、これは協力金みたいな形で渡されるというのが広域の組合の考え方のようですけれど、これは実は借地料なんだというふうに理解をしておるようですけれど、この住民の理解と納得を得ながら進めるべき行政が、困難さを金で解決するというやり方はとってはならないというふうに私は思うんですよ。岩美町はそんなこと今までしてこなかったですし、これはやっちゃならんというふうに私は思いますし、その点町長どう考えるのかということを尋ねたいのと、これ仮に借地料だとしても何年かに分割するのでしょうけれど、一度じゃなくて、組合の財務規則とかいろんな規則違反にならないのかどうかという問題もあるんじゃないかと思うんですけれど、その点はどうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) この点についても、当初構成する市町村で総額7億円の地域振興基金というものを積みました。これは、それぞれの近隣の集落に対する生活環境であるとか、あるいは公民館であったりさまざまな施設をしたいと、それをこれまでから地域振興という名のもとでしてきておるんで、新しい施設についてそういったことは全然しませんということでは交渉は先行きせんということで出発をして、やむなし積んでおります。もう七、八年になると思いますけれども、積みました。

 いわゆるこの焼却施設が迷惑施設という行政認識、住民もそうだということを現時点では如実に感じております。これまでの神谷、そしてまた河原のクリーンセンター、クリーンセンターについては八頭郡内で最終的にはごみを集約処理をする形になったわけですけれども、後でその処理場にお世話になる自治体も支払っとるというようなことがだんだんと明らかになってくる中で、こういうやり方はやはり不信感を増して協力が得られんことにはならへんかということも含めて私も意見としては申したわけでありますけれども、その地域振興の中身がどういう名目にして出すかというようなことの相談が全くありません。神谷の工場のときに2,000万円町が出すことになるわけですけれども、2,000万円はちょっと金額が定かでなくうろ覚えですけれども、要綱をつくってきちんと公に出せと、公表して出せということを主張したところであります。

 今回もそうした直接な振興策とは別にいわゆる迷惑料として支払われるきらいがあるというふうに私は思っておりまして、何とかそういったことは避けるべきだなとは思うわけですけれども、もう既成の事実というか、これまでの取り組みを変える考え方はできんのだということで正副管理者の中では進んでおるのが実情であります。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) もう一つ、今。



○議長(津村忠彦君) 答弁漏れ。

 町長。



◎町長(榎本武利君) 規則違反っていうのは、議会で承認をされた以上は財務規則等の違反にはなかなかならんのではないかと思いますけれども、私は税法上の扱いがどうなるのかなという個人的な疑念は持っております。ただ、行政執行して行政が予算を組み、議会の議決を経て支出したという形については法令違反っちゅうことには、規則違反っちゅうことにはならんようにこれまで理解しとるようなことであります。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) それでは、次の地域おこし協力隊について質問します。

 最初に、この地域おこし協力隊の制度活用で来られた若者の活動によって何を目指しておるのか、改めて明らかにしてほしいと思います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 地域おこし協力隊について、何を目指しておるかということであります。

 集落機能の担い手の不足によって衰退する集落に活力を一つは与えたい、また具体的な事業をそれぞれ捉えてみて、就業の機会を与えることによってその事業そのものを復活させたりすることもさせたい、町の観光事業というものをさらに活性化をする必要が岩美町についてはあると。そうした中で、この地域おこし協力隊の力を存分に発揮をさせたいという思いでございます。そしてまたこの岩美町で定住をして、将来的にはそれぞれの事業活動を発展させてほしいという狙いでございます。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 隊員の活動期間というのは、国の財政支援ということで見ると1年以上最長3年ってことになってますね。この最長で3年というこの期間の間に活動が実を結ぶというためには行政として何ができるのか、何をしなきゃならないのかというのがそもそも明確になっていたのかどうかというのを、これは私も議員の一人として本当はもっと突っ込んで自分自身の認識なり考え方なり取り組みをはっきりさせておくべきだったと反省してるんですけれど、これから続くことですので改めて聞いておきたいと思います。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 町としては先ほど1番目の質問で私が述べたようなことを、隊員がいかにして実現をすることができるかということの手助けをしっかりとしていかなくてはならんというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 全員協議会で報告を聞いて思ったのは、隊員の方がこの活動をする現場の状況の認識だとか、それから受け入れる側の町側の取り組みに私はミスマッチがあるんじゃないかというふうに受けとめたわけです。それは、何もその隊員の方の活動内容が目標としてる活動にマッチしてないということを言ってるんじゃなくて、実際にやっていく上でおやっというようなことがあったんじゃないかというふうに受けとめたもんですから。募集から選考委嘱するという過程がありますよね、その過程で行った説明だとか要望の聞き取りだとかというようなことがしっかりされてなかったんじゃないのかと。それは、両方の思い違いとかというのはあり得る話なんですけれど、これは受け入れる側の町としての立場というか気持ちとして、やっぱりサポートするためにはそこのところをしっかりしてないと、お金の問題じゃなくて気持ちのそういう問題がしっかりしてないとやっぱりいろんな問題が起きてくると思うんですね。そういう点からちょっと心配になって、そこのところはどうだったのかと、その反省点なんかはないのか、あったらちょっと話してもらいたいと思うんですけれど、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 地域おこし協力隊に応募された方々について、希望された隊員の思いや、それから町の説明が十分であったかということ、それが不十分なためにミスマッチが起こっとりゃへんかということについては、1点はせんだっての全協で担当部署が非常にまずい説明を私自身はしたというふうに理解しております。ただし、100%そういうがっちりとかみ合うような思いが当初からできたかというと、それは決してそうではないと、そう思います。

 いろんな意味で、やはり岩美町内全域をしっかりと隊員の方が知っていただくということがまず第一ですし、岩美町民とのいろんな交流を積み重ねていくことが短期間であってもまず何よりも第一に必要なことだろうというふうに思っております。

 これもいいことだったんですけれども、町内のいわゆる離職者が一緒にやろうということが起きて、どうもその町内の人たちが非常に焦ったっていうか、どんどんやりたいんだという意欲が先に出て、例えばどんづまりハウスですとメニューのことから販売単価からいろいろ、年間最盛期は何人来とったかというようなことをもとにして計画は組まれているんですけども、ちょっと見せてほしいということで、私も見ました。フランクフルトや何かが入って、こういうイメージで取り組んでもらうことは困ると、何でも金がさが上がるもんを持ってくりゃええっていうようなことじゃないって、手軽なもんがええということでは決してない。だから、もう一遍ちょっとそこらはちょっと修正してもらわな困るでというようなこともございました。

 もう一点は、反省すべき点というか、企画財政課とそれから商工観光課がこの事業に取り組んだわけであります。事業を持っとるのは企画財政課ということの中で、総務省との調整をしてどういった中身が交付金の対象になるというようなこともしなければなりませんし、直接本人にも随分とかかわってきております。また、観光は観光の面で当然かかわらなきゃならんということでありまして、そこら辺ももう少しきちんと連携をとりながら、親切な対応を心がける必要があったんでないかなというふうに思っております。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) これから取り組みを本当にもっと深めていくということになると思うんですけれど、ちょっと4つ目のやつは時間の関係で外しますけれど、今ちょっとそれらしきことを言われたんで外します。

 最後に、この総務省の財政支援っちゅうのは最長3年で終わるわけですけれど、協力隊としての活動は継続するということも可能だというふうになってますわね、この制度の中では。ただお金は出さないよということですけれど、事業によっては4年目以降も継続するということが必要になってくると思うんですけど、これ決して今来とる人たちがお金を何か求めとるということでは決してありません、これは。そういうつもりで言ってるんじゃなくて、これは私の思いと、それから地域おこし協力隊の制度がいつまで続くかわかりませんけれど、町外の人の力や知恵をかりるというのは今後もあり得ることだと思いますんで、どういうふうにいろんなそういう方面が発展するかわかりませんけれど、この財政支援のための対応というのはちょっと考えておく必要があるんじゃないかというふうに思ってるわけです。例えば、ちょっと上げてるのはこの国の支援に見合う額を年ごとに積み立てるとか、あるいは今ある基金を充当できるように目的を追加するとか変更するとかというようなことも含めて検討しておくことが必要なんじゃないかと思っておるんですけど、どうですか。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 地域おこし協力隊の最長3年間の支援が終わった後、そうした支援の必要性も当然生じることもあるだろうということの中で、基金の積み立てであるとか既存基金の活用について、ある程度セーフティーネットというか安心をしながら取り組んでもらうということも必要なことはわかります。

 ふるさと創生基金というのが目的を今は地域おこしというふうになっているわけでありますけれども、これを毎年500万円ずつ出して、いわゆる融資制度に使っておるわけであります。これも今年度できちんと見直さにゃいけんなと思いますけど、申し込みがありません。そうしたものを、また議会ともよく相談しながら使っていくという方法はあるのかなというふうに私は思っております。

 ただし、そうしたことを初めからその隊員に3年でだめなら4年も5年も何らかの手当をするんで頑張れっていう言い方がいいのか、ちょっとそれは私は疑問だなというふうに思っておりまして、そうした制度をつくるような段階になったらまた相談をさせていただくということで、いかがでございましょうか。



○議長(津村忠彦君) 田中克美議員。



◆10番(田中克美君) 町長がさっき言われたようなことは、決して来られた方々も思っておられないと思います。

 最後に、TPPのことです。

 これ、ちょっと長々と書いておりますけれど、2つ、一挙にまとめて一緒にやります。

 といいますのは、私が一番この問題で今言いたいっていいますか、町長に認識してもらいたいことは、TPP交渉もアメリカとの2国間協議もどちらも秘密交渉だってことです。TPPに関してはもう御存じのように日本政府の代表が何をしゃべったかも公表しないと、言わないということですから、いかに国益を守るとかなんとか言っても何の保証もないわけですよ。頑張ったけどどうしょうもありませんでしたって、あとの祭りを我々に与えられてもどうしょうもないわけで、こんな今のこの民主主義の社会で自分が言ったことも公表できませんと。言ったか言わないかも公表しないわけですから。そんな秘密主義を許してええのかと。

 これは、岩美町にとってもよそのことじゃないわけです。よそのことじゃないからこそ、かつて私が取り上げたことに対して町長が応えて町民集会を呼びかけたわけですよね。それぐらい大事な問題なんです。

 しかも、TPP交渉と同時に並行して行っている2国間協議っていうのは、これも紹介しますけど大和総研が明らかに一方的、片務的な交渉で対等な貿易交渉と言えないと、これ財界の研究所の文書ですからね。そこでさえこう言わざるを得ない。だから、TPPがまとまらなくてもアメリカにとっては日本をがっちりつかむことができるんです、この2国間協議で。しかも、これは協議の終わった後法律でその実効性を保証することまで義務づけられとんで、約束しとるんですから、日本はアメリカに、4月に。そういう恐ろしい話なんですよ、それを秘密でやろうと。秘密でやるということを、町長は鐘が鳴ったなんていって過ごしとってええのかというのがこの私の質問の趣旨ですので、答えてください。



○議長(津村忠彦君) 町長。



◎町長(榎本武利君) 最後の部分については言わなくてもよいことを失言したなと思いますけれども、そういう外交の分野での秘密ということは、日本だけではなくて相手国もやはりそのようなことになっておるやに私は聞いておるんですけれども、おっしゃるように民主主義のルールの中でそうしたやり方は非常に不適切だというふうに思います。

 反対であるという町のいろいろな農業、漁業、そういったこと、あるいは地方の疲弊につながりかねんという懸念はずっと抱き続けておるということで御理解いただきたいと思います。



◆10番(田中克美君) 以上で私の質問を終わります。ありがとうございました。



○議長(津村忠彦君) 以上をもって田中克美議員の一般質問を終了します。

 これをもって一般質問を終結します。

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 御苦労さまでございました。

            午後4時22分 散会



 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。

  平成25年9月17日

            岩美郡岩美町議会議長







               〃   署名議員







               〃   署名議員