議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 境港市

平成23年第1回臨時会(第1号 1月21日)




平成23年第1回臨時会(第1号 1月21日)





1月臨時会





    第1回 境港市議会(臨時会)会議録





 
平成23年1月21日(金曜日)午前10時開会


第1 会議録署名議員の指名


第2 会期の決定


第3 報告第1号 議会の委任による専決処分の報告について


   議案第1号 専決処分の承認を求めることについて


   議案第2号 専決処分の承認を求めることについて


第4 議案第3号 平成22年度境港市一般会計補正予算(第6号)





 本日の会議に付した事件


日程と同じ





 出席議員 (16名)


    1番  松 下   克 君      2番  岡 空 研 二 君


    3番  柊   康 弘 君      5番  竹 安   徹 君


    6番  佐名木 知 信 君      7番  松 本   熙 君


    8番  平 松 謙 治 君      9番  荒 井 秀 行 君


    10番  定 岡 敏 行 君      11番  米 村 一 三 君


    12番  南 條 可代子 君      13番  永 井   章 君


    14番  浜 田 一 哉 君      15番  田 口 俊 介 君


    16番  景 山   憲 君      17番  松 尾 好 行 君





 欠席議員


    な し





 説明のため出席した者の職氏名


市     長  中 村 勝 治 君     副  市  長  安 倍 和 海 君


教  育  長  根 平 雄一郎 君     総 務 部 長  景 山 久 則 君


市民生活部長   佐々木 史 郎 君     産業環境部長   山 本   修 君


建 設 部 長  洋 谷 英 之 君     総務部次長    角   俊一郎 君


市民生活部次長  伊 達 憲太郎 君     産業環境部次長  阿 部   裕 君


                       教育委員会事務局次長


建設部次長    門 脇 俊 史 君              下 坂 鉄 雄 君


秘 書 課 長  永 井 卓 真 君     財 政 課 長  築 谷 俊 三 君


地域振興課長   田 辺 伸 一 君     管理課長補佐   灘   英 樹 君


生涯学習課長   川 端   豊 君





事務局出席職員職氏名


局     長  寺 澤 敬 人 君     調査庶務係長  武 良   収 君


議 事 係 長  沼 倉 加奈子 君     議事係主任   片 岡 みゆき 君





◎開  会(10時00分)





○議長(松下 克君) おはようございます。


 これより平成23年第1回境港市議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配付しているとおりであります。





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(松下 克君) 日程第1、会議録署名議員を指名いたします。


 署名議員に、荒井秀行議員、定岡敏行議員を指名いたします。





◎日程第2 会期の決定





○議長(松下 克君) 日程第2、会期の決定を行います。


 本臨時会の会期は、本日1日といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松下 克君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、1月21日、1日と決しました。





◎日程第3 報告第1号・議案第1号・議案第2号





○議長(松下 克君) 日程第3、報告第1号、議会の委任による専決処分の報告についてから議案第2号、専決処分の承認を求めることについてまでを一括議題といたします。


 ただいま一括上程いたしました報告並びに議案について、市長の提案理由の説明を求めます。


 中村市長。


○市長(中村勝治君) 提案理由を申し上げる前に、このたびの記録的な豪雪により、本市におきましても家屋や農業施設の損壊、漁船の転覆など多くの被害がありました。被害に遭われた皆様には、深くお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


 市といたしましても、このたびの豪雪を教訓に、災害に対する備えの重要性を改めて認識するとともに、復旧に際し、できる限りの支援を行ってまいりたいと考えております。


 このたびの臨時市議会に上程しました報告第1号の報告並びに議案第1号及び議案第2号の提案理由につきまして、一括して申し上げます。


 報告第1号は、交通事故の損害賠償額を定めたものであります。法の定めるところにより専決処分をいたしましたので、御報告いたすものであります。


 議案第1号及び議案第2号は、いずれも平成22年度の一般会計補正予算として専決処分をいたしたものであります。


 議案第1号は、補正予算(第4号)として1月1日付で専決処分を行ったものであります。昨年暮れからの豪雪に対応するため、市道の除雪経費3,780万円を新たに計上するとともに、その財源として、繰越金を増額し、予算総額を140億9,340万1,000円といたしたものであります。


 議案第2号は、補正予算(第5号)として、1月7日付で専決処分を行ったものであります。このたびの豪雪により、早急に対応すべきものを予算措置したものであります。主な内容を申し上げます。土木費におきましては、除雪車両を借り上げるための経費76万円余を新たに計上。災害復旧費におきましては、市民第一体育館の採光用の天井が雪の重みにより破損し、雨漏りが発生したため、雨漏り防止など当面の応急的な対応経費111万円余、雪害で折れた枝木の仮置き場の整備費等131万円余などをそれぞれ新たに計上したものであります。財源として、被災した施設の保険共済金のほか、繰越金を増額いたしたところであります。


 以上によりまして、歳入歳出それぞれ399万6,000円を増額し、予算総額を140億9,739万7,000円といたしたものであります。


 よろしく御審議の上、御承認いただきますようお願い申し上げます。


○議長(松下 克君) 質疑に入ります。質疑がありましたらどうぞ。


                 〔質疑なし〕


○議長(松下 克君) 質疑を終わります。


 討論に入ります。討論がありましたらどうぞ。


                 〔討論なし〕


○議長(松下 克君) 討論を終わります。


 採決いたします。


 議案第1号及び議案第2号の専決処分の承認を求めることについて、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松下 克君) 御異議なしと認めます。よって、議案第1号、議案第2号の専決処分の承認を求めることについては、それぞれ原案のとおり承認することに決しました。





◎日程第4 議案第3号





○議長(松下 克君) 日程第4、議案第3号、平成22年度境港市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。


 市長の提案理由の説明を求めます。


 中村市長。


○市長(中村勝治君) 議案第3号の提案理由を申し上げます。


 議案第3号は、平成22年度境港市一般会計の補正予算(第6号)であります。


 歳出の主な内容について申し上げます。


 まず、国の緊急総合経済対策として取り組むものといたしまして、地域活性化・きめ細かな交付金を活用し実施する事業として、市道の街路灯の一部をLED照明に更新するための経費611万円余、老朽化した第二中学校のプールを改修するための経費2,174万円余などをそれぞれ増額。


 地域活性化・住民生活に光をそそぐ交付金を活用し実施する事業として、老朽化した中学校の楽器を更新するための経費270万円余、市民図書館の整備費として、太陽光発電システムの新設と老朽化した冷暖房設備を改修するための実施設計費や、蔵書検索やインターネットでの予約、貸し出しなどに利用しているシステムを更新するための経費など1,904万円余をそれぞれ増額。


 その他国の補正予算を活用して実施する事業として、5歳未満の子供を対象としたHibワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン予防接種の接種費用を全額助成するための経費2,204万円余、境港管理組合が実施する港湾整備事業に対する地元負担金552万円余をそれぞれ増額。


 次に、国の緊急総合経済対策以外のもので、緊急に取り組むものについて申し上げます。


 まず、豪雪対策として、土木費におきましては、除雪事業として、リース契約を行った除雪車両の稼働に備え、運転手の労務費119万円余、災害復旧費におきましては、体育施設災害復旧事業として、陸上競技場器具庫などの修繕経費や、市民第一体育館の破損し天井を補強改修するための実施設計費など280万円余、公園や小・中学校など公共施設の倒木や枝折れしたものなどの除去、運搬経費1,375万円余などをそれぞれ増額いたしております。


 最後に、高病原性鳥インフルエンザ対策として、養鶏業者が高病原性鳥インフルエンザ対策として整備する防鳥ネット購入経費への助成金175万円余を増額いたしております。


 歳入につきましては、歳出に伴う国・県支出金など計上するほか、財源として繰越金と地方交付税を増額いたしております。


 以上によりまして、歳入歳出それぞれ1億1,643万5,000円を増額し、予算総額を142億1,383万2,000円といたすものであります。


 なお、工期の関係などにより年度内に事業の完了が困難である第二中学校プール改修事業など5事業につきまして、繰越明許費を設定し、翌年度に予算を繰り越す措置をとっております。


 以上、今回提案いたしました付議案につきまして、その概要を御説明いたしましたが、今後、災害対策として、国や県と連携し、転覆した漁船や被災した農業施設に対する支援などに取り組むこととしており、方針が固まりますと新たな補正予算案をお示しいたしたいと考えております。


 よろしく御審議の上、御決定いただきますようお願い申し上げます。


○議長(松下 克君) 質疑に入ります。質疑がありましたらどうぞ。


                 〔質疑なし〕


○議長(松下 克君) 質疑を終わります。


 お諮りいたします。議案第3号については、総務文教委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(松下 克君) 御異議なしと認め、総務文教委員会に付託いたします。





◎休  憩





○議長(松下 克君) 委員会審査のため、暫時休憩いたします。


       (10時11分)





◎再  開(10時55分)





○議長(松下 克君) 再開いたします。


 議案第3号について、総務文教委員会委員長の報告を求めます。


 総務文教委員会委員長、永井章議員。


○総務文教委員会委員長(永井 章君) これより総務文教委員会委員長報告を行います。


 当委員会に付託された議案第3号、平成22年度境港市一般会計補正予算(第6号)につき、休憩中に委員会を開催し、安倍副市長を初め関係部課長、担当職員の出席のもと、慎重に審査したところであります。


 これは、歳入歳出それぞれ1億1,643万5,000円を増額し、予算総額を142億1,383万2,000円とするものです。国の補正予算に関連する10事業、豪雪対策事業として8事業、鳥インフルエンザ対策事業について、それぞれ活発な議論がなされました。特に国の補正予算に伴う事業の必要性については十分に認識しながらも、もう一歩踏み込んだ事業内容を求める意見もありました。


 採決の結果、本補正予算は妥当なものと認め、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、委員長報告は終わります。


○議長(松下 克君) 以上で委員長報告を終わります。


 質疑に入ります。ただいまの委員長報告に対する質疑がありましたらどうぞ。


                 〔質疑なし〕


○議長(松下 克君) 質疑を終わります。


 討論に入ります。討論がありましたらどうぞ。


                 〔討論なし〕


○議長(松下 克君) 討論を終わります。


 採決いたします。


 議案第3号、平成22年度境港市一般会計補正予算(第6号)について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(松下 克君) 起立全員と認めます。よって、議案第3号は、原案のとおり可決いたしました。





◎閉  会(12時03分)





○議長(松下 克君) 以上で本臨時会の日程は終了いたしました。


 これをもって平成23年第1回境港市議会臨時会を閉会いたします。





  地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。











         境港市議会議長








         境港市議会議員








         境港市議会議員