議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成25年第1回臨時会(第1号 5月 8日)




平成25年第1回臨時会(第1号 5月 8日)





                  平成25年


           第1回高野町議会臨時会会議録(第1号)





 
     第1日(平成25年5月8日 水曜日)


         午前10時07分 開会


    開会の宣言


    第 1        会議録署名議員の指名


    第 2        会期の決定


    第 3        諸般の報告


    * 町長提案説明 *


    第 4 承認第 1号 専決処分の承認を求めることについて


               (高野町税条例の一部を改正する条例について)


    第 5 承認第 2号 専決処分の承認を求めることについて


               (高野町都市計画税条例の一部を改正する条例について


               )


    第 6 承認第 3号 専決処分の承認を求めることについて


               (高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例につ


               いて)


    第 7 承認第 4号 専決処分の承認を求めることについて


               (平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号))


    第 8 承認第 5号 専決処分の承認を求めることについて


               (平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(


               第4号))


    第 9 承認第 6号 専決処分の承認を求めることについて


               (平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5


               号))


    第10 承認第 7号 専決処分の承認を求めることについて


               (平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正


               予算(第3号))


    第11 議案第37号 平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)に


               ついて


  追加日程


    第 1        議長の辞職について


    第 2 選挙第 1号 議長の選挙について


    第 3        副議長の辞職について


    第 4 選挙第 2号 副議長の選挙について


    第 5        議席の一部変更について


    第 6 選任第 1号 特別委員会委員の選任について


    第 7 選任第 2号 常任委員会委員の選任について


    第 8 選任第 3号 議会運営委員会委員の選任について


    第 9        橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の辞職について


    第10 選挙第 3号 橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の選挙について


    第11 同意第 2号 高野町監査委員の選任について同意を求めることについ


               て





2 出席議員(11名)


   1番 ? 山 文 雄         2番 目 黒 寿 典


   3番 中 前 好 史         4番 掛   正 和


   5番 大 谷 保 幸         6番 大 西 正 人


   7番 松 谷 順 功         8番 所   順 子


   9番 負 門 俊 篤        10番 平 野 一 夫


  11番 西 辻 頼 数





3 欠席議員(0名)


   なし





4 事務局職員出席者


  事務局長  奥 坊 恒 雄


  書記    森   みどり





5 説明のため出席した者の職氏名


  町長        木 瀬 武 治


  副町長       中 島 紀 生


  教育長       上中居 悦 弘


  会計管理者     上 江 良 幸


  総務課長      尾   和 哲


  企画財政課長    辻 本 幸 弘


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  建設課長      山 本 剛 久


  富貴支所長     中 山 秋 夫


  消防長       中 西   清


  教育次長      下   勝 己


  診療所事務長    中 尾   司


  生活環境課長    井 上 哲 也


  まち未来課長    佐 古 典 英





               午前10時07分 開会


○議長(?山文雄) 皆さん、おはようございます。


 ただいまから平成25年第1回高野町議会臨時会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により議長において、5番大谷君、6番大西君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。本臨時会の会期は本日1日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。よって、会期は本日1日間と決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。地方自治法第121条の規定により、本臨時会の説明のため出席を求めたものは町長並びに教育長であります。


 当局からの報告事項はありませんか。


 中島副町長。


○副町長(中島紀生) おはようございます。


 御報告申し上げます。4月1日付の人事異動によりまして、会計課長に上江、総合診療所事務長に中尾が着任いたしましたので、よろしくお願い申し上げます。


○議長(?山文雄) これをもって諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いします。


 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) 改めまして、おはようございます。


 提案説明をさせていただきます。


 平成25年度第1回高野町議会臨時会の御案内を差し上げましたところ、全議員御出席をいただきましてありがとうございます。後ほど説明をさせていただきますが、今回の案件は承認7件、議案1件でありますので、御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。


 さて、国の13年度予算案が4月16日、衆議院で可決をされ参議院に送られました。憲法の衆議院優越の規定により、5月15日には自然成立をすることとなります。一般会計総額92.6兆円であり、デフレ脱却に向け、即効性のある公共事業を大幅に増やし、景気を上向かせる考えであります。こうしたことから、予算成立後には今後の国の情勢を注視していく必要があると考えております。


 また、本町では3月定例会において御承認をいただきました平成25年度当初予算に基づき、各担当課の1年間の事業計画に沿って、順次、取りかかる事業から速やかに事業展開を行ってまいりたいと思います。


 約1カ月たちました。本年度、新規事業に多々取り組みをさせていただきます。そんな中で定住促進に関しまして、住環境整備のほうでございますが、リフォーム関係です。1カ月の中で9件の申し込みが来ております。中古物件に関しましては1件の申し込みが来ております。広報等々でまた広報をさせていただきますが、議員各位におかれましても、住環境整備のほう、なかなか広報を出しても広報紙を読まない住民の方々が多数おられますので、その辺のところは議員各位におかれましてもPR、またお知らせをお願いをしたいと思います。


 それでは、本臨時会において御審議いただきます議案等について御説明をさせていただきます。


 承認は7件でございます。


 1件目の高野町税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の改正に伴う条例改正であります。


 2件目の高野町都市計画税条例の一部を改正する条例につきましては、都市計画税法の改正に伴う条例改正であります。


 また、3件目の高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例につきましては、地方税法の改正に伴う条例改正であります。


 4件目の平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)につきましては、歳入歳出それぞれ4,070万円の減額となり、予算総額が36億7,570万円となりました。歳入では主なものといたしまして、地方交付税及び国からの譲与税等の実績に伴う補正です。また、歳出につきましては、主に実績に伴う精算の減額補正となっております。


 5件目から7件目に関しましては、平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)、平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号)、平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号)であります。


 次に、議案は1件であります。平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、主に建設改良費の浄水場水質測定装置設置工事に伴う補正であります。


 議案等につきましては以上であります。慎重審議をいただきまして、御承認いただきますことをよろしくお願いをいたしまして、提案説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) 町長の提案説明を終わります。


 日程第4、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(高野町税条例の一部を改正する条例について)を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 承認第1号について御説明させていただきます。


 承認第1号、専決処分の承認を求めることについて。


 高野町税条例(昭和35年高野町条例第4号)の一部を改正する条例については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分の処分書のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 提案理由。地方税法の改正のため本条例を提出する。


 めくっていただきまして、専決第6号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月30日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 高野町税条例の一部を改正する条例(別紙のとおり)でございます。


 一応、議員さんのお手元に高野町税条例の一部を改正する条例の要旨ということで、これで説明させていただきます。


 第34条の7項については、地方税法の改正に伴う追加でございます。


 第54条第5項及び第131条第4項については、土地改良事業のうち、緑資源機構法の廃止等に伴い削除でございます。


 附則第3条の2及び附則第4条については、延滞金、還付加算金の割合を平成26年1月1日より引き下げということで、14.6%から9.3%に引き下げるということで、次の別紙の見直しのところを見ていただきまして、右側に特例の見直し案とあります。それについての貸出約定平均金利プラス1%プラス7.3%で9.3%ということで、14.6から9.3%に引き下げを行うということで、この貸出約定平均金利のとこへは1%つきますので、1%プラス1%で、2%と7.3%の9.3ということで計算がなっております。


 戻っていただきまして、附則第4条の2で、租税特別措置法の項のずれでございます。


 附則第7条の3の2については、住宅ローンの控除の居住年が平成25年から29年まで延長するとともに、住宅ローン控除の適用期間を平成35年から39年までに延長する改正でございます。


 附則第10条の2項については、地方税法の項のずれでございます。


 附則第17条の2第3項については、租税特別措置法の項のずれでございます。


 附則第22条の2については、東日本大震災で被災した家屋に居住できなくなった者が死亡している場合の相続人が、その家屋の敷地を譲渡等した場合に相続人が特例の適用を受けることができるように適用を拡充する改正でございます。


 附則第23条については、地方税法の項のずれでございます。


 よろしくお願いします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(高野町税条例の一部を改正する条例について)を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第1号、専決処分の承認を求めることについて(高野町税条例の一部を改正する条例について)は原案のとおり可決されました。


 日程第5、承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(高野町都市計画税条例の一部を改正する条例について)を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 承認第2号、専決処分の承認を求めることについて御説明させていただきます。


 高野町都市計画税条例(昭和35年高野町条例第5号)の一部を改正する条例については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 提案理由。地方税法等の改正のため本条例を提出する。


 めくっていただきまして、専決第7号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月30日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 高野町都市計画税条例の一部を改正する条例(別紙のとおり)でございます。


 高野町都市計画税条例の一部を改正する条例。


 高野町都市計画税条例(昭和35年条例第5号)の一部を次のように改正する。


 附則第4項から附則第6項中「第2項」を「附則第2項」に改め、附則第9項中「、第5項、第14項、第18項から第26項まで、第28項、第30項若しくは第36項」を「、第12項、第16項から第24項まで、第26項、第27項、第33項若しくは第37項」に改める。


 附則。


 (施行期日)


 1 この条例は平成25年4月1日から施行する。


 (経過措置)


 2 この条例による改正後の高野町都市計画税条例の規定は、平成25年度以降の年度分の都市計画税について適用し、平成24年度分までの都市計画税については、なお従前の例によるということで、項のずれでございます。


 以上、よろしくお願いします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(高野町都市計画税条例の一部を改正する条例について)を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第2号、専決処分の承認を求めることについて(高野町都市計画税条例の一部を改正する条例について)は原案のとおり可決されました。


 日程第6、承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) おはようございます。


 それでは、承認第3号につきまして御説明申し上げます。


 専決処分の承認を求めることについて。


 高野町国民健康保険税条例(昭和38年高野町条例第24号)の一部を改正する条例については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 提案理由といたしましては、地方税法等の改正のための条例を提出ということです。


 続きまして、次のページ、専決第5号ということで、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月30日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 記としまして、高野町国民健康保険税条例(昭和38年高野町条例第24号)の一部を改正する条例で、別紙のとおりということで、次のページ以下が別紙でございます。


 高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例。


 高野町国民健康保険税条例(昭和38年高野町条例第24号)の一部を次のように改正するということで、ちょっと文章は長いんですけども、朗読させていただきます。


 第5条の3第1項中「の属する月以後5年を経過するまでの間に限り、同日」を削り、「世帯」の次に「であって同日の属する月(以下この号において「特定月」という。)以後5年を経過する月までの間にあるもの」を、「同じ。」の次に「及び特定継続世帯(特定同一世帯所属者と同一の世帯に属する世帯であって特定月以後5年を経過する月の翌日から特定月以後8年を経過する月までの間にあるもの(当該世帯に他の被保険者がいない場合に限る。)をいう。次号、第7条の3及び第23条において同じ。)を加える。


 次の行、同条第2号に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯6,000円。


 第7条の3第1号中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同条第2号に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯1,375円。


 第23条第1号イ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯4,200円。


 第23条第1号エ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯963円。


 第23条第2号イ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯3,000円。


 第23条第2号エ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯688円。


 第23条第3号イ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号イ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯1,200円。


 第23条第3号エ(1)中「世帯」の次に「及び特定継続世帯」を加え、同号エ(2)に後段として次のように加える。


 (3)特定継続世帯275円。


 附則。


 (施行期日)


 第1条 この条例は平成25年4月1日から施行する。


 (適用区分)


 第2条 改正後の高野町国民健康保険税条例の規定は、平成25年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成24年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例によるということです。


 ここの要旨としましては、後期高齢者医療が始まって5年がたちました。始まったときに国保被保険者の方の中で、世帯の中で分離して後期に移行した世帯の平等割の軽減措置、これが最初5年間の経過措置があったんですけども、さらに3年延長し、それと特定継続世帯というのは、5年間以上継続して特定世帯であった人がさらに3年延長され、金額もさらに半額の負担になると、そういった軽減措置がとられるということの条例改正でございます。


 以上でございます。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第3号、専決処分の承認を求めることについて(高野町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について)は原案のとおり可決されました。


 日程第7、承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 辻本企画財政課長。


○企画財政課長(辻本幸弘) おはようございます。


 それでは、御説明させていただきます。


 承認第4号、専決処分の承認を求めることについて。


 平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したから、同条第3項の規定によりこれを報告し議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次のページをお願いします。


 専決第1号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月29日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 記。


 1、平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)


 別紙のとおり。


 1ページをお願いいたします。


 平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)


 平成24年度高野町の一般会計補正予算(第7号)は次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ4,070万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ36億7,570万円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 (繰越明許費の補正)


 第2条 繰越明許費の変更は、「第2表 繰越明許費の補正」による。


 (地方債の補正)


 第3条 地方債の変更は「第3表 地方債の補正」による。


 平成25年3月29日専決処分。


 高野町長 木 瀬 武 治


 続きまして9ページをお願いいたします。


 第2表 繰越明許費の補正。


 2款総務費1項総務管理費、補正前事業名過疎集落等自立再生緊急対策事業、金額3,993万3,000円。補正後事業名、先ほど同じです。金額1,200万円。


 次に、補正前はありませんでしたが、補正後、高野山大学寮跡地駐車場整備測量設計委託事業、金額260万円。


 補正されなかった款項にかかる分、補正前2億1,898万1,000円、補正後2億1,898万1,000円。


 計としまして、補正前2億5,891万4,000円、補正後2億3,358万1,000円。


 次のページをお願いします。


 第3表 地方債の補正。


 起債の目的、過疎対策事業。


 補正前、限度額、1億2,270万円。


 起債の方法、証書又は証券借入。


 利率、4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)。


 償還の方法、償還の方法・期限については、借入先の条件に従う。但し、町財政の事情により償還期間を短縮し、若しくは繰上げ償還又は低利に借換えすることが出来る。


 補正後、限度額1億2,490万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 起債の目的、公共土木施設災害復旧事業。


 補正前、限度額5,120万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 補正後、限度額3,700万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 起債の目的、一般公共事業。


 補正前、限度額950万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 補正後、限度額ゼロ。


 起債の目的、学校施設等整備事業。


 補正前、限度額1,870万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 補正後、限度額1,350万円。起債の方法、利率、償還の方法は先ほどと同じです。


 補正されなかった地方債。


 補正前、限度額1億2,300万9,000円。


 補正後、限度額1億2,300万9,000円。


 計といたしまして、補正前、限度額3億2,510万9,000円、補正後、限度額2億9,840万9,000円でございます。


 次に、14ページをお願いいたします。


 2 歳入。


 1款町税1項町民税1目個人、補正額160万円の減、補正後の額1億4,739万1,000円、1節210万円の減、2節50万円。2目法人、補正額30万9,000円の減、補正後の額1,483万9,000円、1節30万9,000円の減。2項固定資産税1目固定資産税、補正額700万円、補正後の額1億6,256万5,000円、1節700万円。3項軽自動車税1目軽自動車税、補正額10万円の減、補正後の額978万7,000円、1節20万円の減、2節10万円。次のページをお願いいたします。4項町たばこ税1目町たばこ税、補正額123万6,000円、補正後の額2,123万6,000円、1節123万6,000円。5項都市計画税1目都市計画税、補正額32万2,000円、補正後の額1,040万9,000円、1節32万2,000円。


 2款地方譲与税1項地方揮発油譲与税1目地方揮発油譲与税、補正額50万3,000円の減、補正後の額949万7,000円、1節50万3,000円の減。2項自動車重量譲与税1目自動車重量譲与税、補正額367万7,000円の減、補正後の額2,232万3,000円、1節367万7,000円の減。


 次のページをお願いいたします。3款利子割交付金1項利子割交付金1目利子割交付金、補正額48万8,000円の減、補正後の額201万2,000円、1節48万8,000円の減。


 4款配当割交付金1項配当割交付金1目配当割交付金、補正額52万4,000円、補正後の額152万4,000円、1節52万4,000円。


 5款株式等譲渡所得割交付金1項株式等譲渡所得割交付金1目株式等譲渡所得割交付金、補正額12万2,000円の減、補正後の額27万8,000円、1節12万2,000円の減。


 6款地方消費税交付金1項地方消費税交付金1目地方消費税交付金、補正額115万3,000円の減、補正後の額4,484万7,000円、1節115万3,000円の減。


 次のページをお願いいたします。7款ゴルフ場利用税交付金1項ゴルフ場利用税交付金1目ゴルフ場利用税交付金、補正額73万1,000円の減、補正後の額326万9,000円、1節73万1,000円の減。


 8款自動車取得税交付金1項自動車取得税交付金1目自動車取得税交付金、補正額32万7,000円、補正後の額982万7,000円、1節32万7,000円。


 9款地方特例交付金1項地方特例交付金1目地方特例交付金、補正額882万円の減、補正後の額18万円、1節882万円の減。


 10款地方交付税1項地方交付税1目地方交付税、補正額3,673万2,000円、補正後の額18億7,082万8,000円、1節3,673万2,000円。


 次のページをお願いいたします。11款交通安全対策特別交付金1項交通安全対策特別交付金1目交通安全対策特別交付金、補正額15万9,000円の減、補正後の額84万1,000円、1節15万9,000円の減。


 12款分担金及び負担金2項負担金2目民生費負担金、補正額58万7,000円、補正後の額806万6,000円、1節11万1,000円、2節47万6,000円。


 13款使用料及び手数料1項使用料3目衛生費使用料、補正額23万1,000円の減、補正後の額115万3,000円、1節23万1,000円の減。5目土木費使用料、補正額154万3,000円の減、補正後の額5,569万8,000円、1節120万2,000円の減、2節10万8,000円の減、3節3万2,000円の減、4節20万1,000円の減。次のページをお願いいたします。2項手数料2目衛生費手数料、補正額57万7,000円の減、補正後の額1,596万1,000円、2節57万7,000円の減。3目土木費手数料、補正額4万9,000円、補正後の額5万1,000円、1節4万9,000円。4目消防費手数料、補正額9万7,000円、補正後の額36万8,000円。1節9万7,000円。


 14款国庫支出金1項国庫負担金2目災害復旧費国庫負担金、補正額919万円の減、補正後の額2,311万9,000円、1節919万円の減。2項国庫補助金3目土木費国庫補助金、補正額10万3,000円の減、補正後の額9,813万2,000円、1節10万3,000円の減。4目教育費国庫補助金、補正額373万円、補正後の額836万7,000円、1節373万円。次のページをお願いいたします。5目災害復旧費国庫補助金、補正額546万円、補正後の額546万円、2節546万円。6目総務費国庫補助金、補正額2,993万3,000円の減、補正後の額1,000万円、1節2,993万3,000円の減。7目農林業費国庫補助金、補正額250万円の減、補正後の額ゼロ、1節250万円の減。3項国庫委託金1目総務費国庫委託金、補正額15万5,000円、補正後の額21万円、1節15万5,000円。2目民生費国庫委託金、補正額88万2,000円、補正後の額171万2,000円、1節88万2,000円。


 15款県支出金1項県負担金1目総務費県負担金、補正額234万7,000円の減、補正後の額1,389万1,000円、1節234万7,000円の減。次のページをお願いいたします。2項県補助金1目総務費県補助金、補正額3万4,000円の減、補正後の額89万6,000円、1節3万4,000円の減。2目民生費県補助金、補正額179万3,000円の減、補正後の額1,638万9,000円、1節179万3,000円の減。4目農林業費県補助金、補正額176万円、補正後の額1,104万円、2節176万円。5目商工費県補助金、補正額164万1,000円の減、補正後の額3,578万8,000円、1節164万1,000円の減。6目土木費県補助金、補正額4万4,000円の減、補正後の額551万1,000円、1節4万4,000円の減。7目教育費県補助金、補正額10万2,000円の減、補正後の額66万5,000円、1節10万2,000円の減。3項県委託金1目総務費県委託金、補正額141万2,000円の減、補正後の額1,042万3,000円、2節6万8,000円の減、5節134万4,000円の減。


 次のページをお願いいたします。16款財産収入1項財産運用収入1目利子及び配当金、補正額8,000円、補正後の額152万9,000円、1節8,000円。2目財産貸付収入、補正額54万6,000円の減、補正後の額354万3,000円、1節17万2,000円の減、2節37万4,000円の減。2項財産売払収入1目物件売払収入、補正額9万5,000円、補正後の額10万円、1節9万5,000円。2目不動産売却収入、補正額400万8,000円の減、補正後の額410万5,000円、1節400万8,000円の減。


 17款寄附金1項寄附金3目環境維持寄附金、補正額12万7,000円、補正後の額28万1,000円、1節12万7,000円。4目ふるさと寄附金、補正額16万円、補正後の額265万円、1節16万円。


 次のページをお願いいたします。18款繰入金2項基金繰入金2目環境維持基金繰入金、補正額1,000円の減、補正後の額114万7,000円、1節1,000円の減。3目財政調整基金繰入金、補正額449万5,000円の減、補正後の額1億5,413万円、1節449万5,000円の減。


 20款諸収入1項延滞金加算及び過料1目延滞金、補正額49万6,000円、補正後の額79万6,000円、1節49万6,000円。3項貸付金元利収入1目奨学金貸付金元利収入、補正額8万2,000円の減、補正後の額ゼロ、1節8万2,000円の減。4項雑入4目給食事業収入、補正額69万円の減、補正後の額1,731万5,000円、1節12万4,000円、2節108万円の減。次のページをお願いいたします。3節26万6,000円。5目消防退職基金受入金、補正額210万9,000円、補正後の額720万6,000円、1節210万9,000円。9目雑入、補正額307万8,000円、補正後の額7,246万8,000円、1節307万8,000円。


 21款町債1項町債4目土木債、補正額240万円、補正後の額7,940万円、1節940万円、2節700万円の減。5目消防債、補正額720万円の減、補正後の額960万円、1節720万円の減。次のページをお願いいたします。6目教育債、補正額520万円の減、補正後の額1,950万円、2節520万円の減。7目災害復旧債、補正額1,420万円の減、補正後の額3,700万円、2節1,420万円の減。10目農林業債、補正額250万円の減、補正後の額ゼロ、1節250万円の減。


 次のページをお願いいたします。


 3 歳出。


 2款総務費1項総務管理費1目一般管理費、補正額374万6,000円の減、補正後の額2億6,087万5,000円、4節101万円の減、8節26万5,000円の減、9節14万円の減、11節122万6,000円の減、12節92万円の減、13節18万5,000円の減。5目財産管理費、補正額88万円の減、補正後の額3億4,780万6,000円、11節118万円の減、25節29万9,000円、28節1,000円。6目企画費、補正額2,793万3,000円の減、補正後の額7,071万7,000円、19節2,793万3,000円の減。7目地域振興費、補正額169万円の減、補正後の額7,245万2,000円、7節29万7,000円の減。次のページをお願いいたします。12節12万6,000円の減、13節14万4,000円の減、14節69万6,000円の減、19節42万7,000円の減。12目防災諸費、補正額70万4,000円の減、補正後の額747万8,000円、18節24万7,000円の減、19節45万7,000円の減。14目電算管理費、補正額177万9,000円の減、補正後の額1,481万4,000円、14節177万9,000円の減。16目桜ヶ丘管理費、補正額400万8,000円の減、補正後の額1,017万2,000円、25節400万8,000円の減。20目諸費、補正額183万円、補正後の額2,910万5,000円、8節20万円の減、13節260万円、22節30万円の減、次のページをお願いいたします。23節27万円の減。2項徴税費1目税務総務費、補正額209万5,000円の減、補正後の額3,036万9,000円、7節11万円の減、13節198万5,000円の減。2目賦課徴収費、補正額66万円の減、補正後の額251万3,000円、23節66万円の減。4項選挙費2目衆議院議員総選挙費、補正額132万5,000円の減、補正後の額467万5,000円、7節14万8,000円の減、11節110万円の減、13節7万7,000円の減。次のページをお願いします。5項統計調査費2目地籍調査費、補正額294万1,000円の減、補正後の額3,100万5,000円、1節48万円の減、9節8万円の減、11節29万3,000円の減、12節5万円の減、13節174万2,000円の減、14節29万6,000円の減。


 3款民生費1項社会福祉費1目社会福祉総務費、補正額103万2,000円、補正後の額1億7,427万3,000円、14節12万円の減、20節115万2,000円。2目老人福祉総務費、補正額181万7,000円の減、補正後の額2億921万9,000円、13節222万4,000円の減、14節42万5,000円の減。次のページをお願いいたします。19節107万7,000円、20節135万7,000円の減、28節1,11万2,000円。5目保健福祉センター費、補正額2万6,000円の減、補正後の額324万3,000円、14節2万6,000円の減、7目地域包括支援センター費、補正額33万円、補正後の額705万9,000円、19節33万円。2項児童福祉費2目母子福祉費、補正額54万9,000円の減、補正後の額272万5,000円、20節54万9,000円の減。6目高野山保育所費、補正額314万8,000円の減、補正後の額3,585万6,000円、13節298万3,000円の減、15節16万5,000円の減。8目町外保育所費、補正額1万5,000円、補正後の額217万7,000円、13節1万5,000円。


 次のページをお願いいたします。4款衛生費1項保健衛生費2目予防費、補正額281万7,000円の減、補正後の額1,311万9,000円、11節30万円の減、13節240万円の減、23節11万7,000円の減。3項清掃費1目清掃総務費、補正額12万7,000円の減、補正後の額1億838万円、19節12万7,000円の減。2目塵芥処理費、補正額44万2,000円の減、補正後の額6,534万5,000円、11節44万2,000円の減。


 6款農林業費2項林業費2目林業振興費、補正額372万円の減、補正後の額1,340万3,000円、19節372万円の減。3目林道維持費、補正額291万円の減、補正後の額2,485万7,000円、13節101万円の減、15節190万円の減。


 次のページをお願いいたします。7款商工費1項商工費4目観光費、補正額171万2,000円の減、補正後の額7,900万4,000円、13節104万円の減、14節67万2,000円の減。


 8款土木費2項道路橋梁費1目道路維持費、補正額147万円の減、補正後の額6,552万4,000円、12節17万円の減、13節24万円の減、15節106万円の減。2目道路新設改良費、補正額80万円の減、補正後の額7,584万円、15節70万円の減、22節10万円の減、次のページをお願いします。3目地方道路改良費、補正額12万円の減、補正後の額1億7,138万円、15節12万円の減、3項河川費1目河川維持費、補正額65万円の減、補正後の額436万円、15節60万円の減。4項都市計画費1目都市計画総務費、補正額20万6,000円の減、補正後の額61万2,000円、13節20万6,000円の減。5項住宅費1目住宅管理費、補正額43万8,000円の減、補正後の額1,738万7,000円、12節2万3,000円の減、13節41万5,000円の減。


 次のページをお願いいたします。9款消防費1項消防費1目常備消防費、補正額20万5,000円の減、補正後の額1億3,215万7,000円、4節20万5,000円の減。2目非常備消防費、補正額195万5,000円、補正後の額3,400万5,000円、8節210万9,000円、9節9万3,000円の減、19節6万1,000円の減。3目消防施設費、補正額773万9,000円の減、補正後の額1,332万3,000円、19節773万9,000円の減。


 10款教育費1項教育総務費4目奨学金費、補正額8万2,000円の減、補正後の額3万2,000円、25節8万2,000円の減。次のページをお願いいたします。2項小学校費1目小学校管理費、補正額126万8,000円の減、補正後の額2,722万9,000円、7節126万8,000円の減。3項中学校費1目中学校管理費、補正額48万3,000円の減、補正後の額3,710万1,000円、7節20万4,000円の減、11節27万9,000円の減。2目教育振興費、補正額16万5,000円の減、補正後の額668万3,000円、19節16万5,000円の減。4項社会教育費7目町史編纂費、補正額48万5,000円の減、補正後の額644万4,000円、7節17万2,000円の減、9節19万5,000円の減、14節11万8,000円の減。8目高野山学推進事業費、補正額40万円の減、補正後の額224万9,000円、11節40万円の減。次のページをお願いいたします。5項保健体育費2目給食センター費、補正額250万円の減、補正後の額3,725万6,000円、13節250万円の減。6項文化財費1目文化財管理費、補正額32万9,000円の減、補正後の額1,413万6,000円、7節20万円の減、9節12万9,000円の減。


 11款災害復旧費1項農林業施設災害復旧費1目災害復旧費、補正額45万円の減、補正後の額145万円、15節45万円の減。2項公共土木施設災害復旧費1目災害復旧費、補正額33万5,000円の減、補正後の額8,824万2,000円、9節4万5,000円の減、15節29万円の減。


 次のページをお願いいたします。12款公債費1項公債費2目利子、補正額486万3,000円の減、補正後の額4,892万3,000円、23節486万3,000円の減。


 14款予備費1項予備費1目予備費、補正額4,215万5,000円、補正後の額6,383万1,000円。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


 8番、所君。


○8番(所 順子) 少しお尋ねをいたします。


 18ページの負担金の中で、民生費の中で入所者及び負担金の11万1,000円と保育所負担金の47万6,000円、これについて。


 そして、19ページの学校施設環境改善交付金372万7,000円。


 そして27ページ、高野山大学寮施設跡の委託料260万円について。


 次、36ページの保健体育費の給食調理及び配送業務委託料減額の250万円、これについてをお尋ねいたします。


○議長(?山文雄) 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 26ページの諸費の中の委託料、高野山大学寮跡地駐車場。


○8番(所 順子) 順番を追って言うてくれたほうがありがたいんやけど。


○総務課長(尾 和哲) 先に言わせてもらいます。


 これについては3月に、金剛峰寺と駐車場にするという話し合いができましたので、一応有料駐車場として金剛峰寺との話し合いができましたので、4月から、もう入札をしたいということで専決させていただきました。そういうことですので、駐車場、これは5社の見積もりでやっております。一応10月ごろには駐車場として使用していくということで、早急に進めた事業でございます。


○議長(?山文雄) 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) まず18ページ、老人福祉費負担金ですけども、これは養護老人ホームの措置を現在、平成24年度において8名養護老人ホームに措置していたわけなんですけども、そのうち1人が途中から入所されたということで、その分の負担金の増ということで、年度当初7名やったのが8名に増えたということが一つの理由でございます。


 それと、次の節の児童福祉費負担金、これは保育料でございます。保育料を算定するには前年の所得をもとにランク分けしていくという形で保育料を決めているわけなんですけども、予算編成時にまだそれが読み切れなかったんで、多少誤差が出てきたというのが一つの理由と。


 それから、最近増えてきてるんですけど途中入所、特に母子世帯の方が途中で入所されてきて、保育園に入所できなかったら仕事ができないということで、入所を認めてるわけなんですけども、そういった方々の途中入所者の保育料の分が増えてきてるということで、それを両方合わせてこういった差が出てきたということが理由でございます。


 以上です。


○議長(?山文雄) 下教育次長。


○教育次長(下 勝己) 19ページの教育費国庫補助金の学校施設環境改善交付金の372万7,000円。これは高野山中学校の体育館のトイレの改修工事の補助金が増額となりましたので、372万7,000円増えております。


 続いて給食のほう、36ページの250万円の減額になっております。これは給食の配送業務の委託料、給食の食数が減りましたので、当初よりも精算で、小学校も中学校も欠席とかいろいろあるんで、最初見ていた金額よりも精算で減りましたので減額させていただきました。


 以上です。


○議長(?山文雄) 8番、所君。


○8番(所 順子) 尾課長からの説明で、10月ごろにオープンということをお伺いいたしました。その内容についてちょっと詳しく教えていただきたくて、どのような方が車を置けるのかとか、金額とか、そういう内容についてはどのようになっているのかをちょっとお尋ねいたしたいです。


○議長(?山文雄) 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 一応、高野町の職員の駐車場としております。それと今郵便局の職員さんと、観光協会の職員さんと、JAの高野山出張所の職員さんにとめていただくということになっております。金額は一応3,000円を予定しております。


 以上です。


○議長(?山文雄) 8番、所君。


○8番(所 順子) それでは全く一般の方は入られないというような、今お尋ねした中では、どんなに日曜日とか土曜日とか、たくさんの観光人が見えても一般の方は入れない駐車場のような、今お聞きするところではそういうふうなにおいを感じたんですけれども、その辺のところはどうなっているのでしょうか。


○議長(?山文雄) 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 土曜、日曜については一般の方に開放する予定でおります。


○議長(?山文雄) ほかに質疑はありませんか。


 2番、目黒君。


○2番(目黒寿典) 1点だけ質問させていただきます。35ページでございます。10款教育費の3項中学校費の2目教育振興費の中の遠距離通学費補助金というのが16万5,000円減額になっておりますけども、これはどのラインで何人ぐらいの方が利用されているのかちょっと御説明願いたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(?山文雄) 下教育次長。


○教育次長(下 勝己) ただいまの質問について御説明させていただきます。


 遠距離通学費補助金は、花坂の中学生が中学校へ通う通学費の補助となっております。4名がおりました。1名9月に転校いたしまして、その分が不用になりましたので16万5,000円の減額になっております。月約2万3,000円の7カ月分ということになっております。


 以上です。


○議長(?山文雄) 2番、目黒君。


○2番(目黒寿典) ありがとうございました。それでいいんですけども、実は教育長、もしくは町長等にお尋ねするわけですけども、現在、富貴小学校に通う生徒さん、小学校6年生が2名、小学校4年生が2名という形になっておりますけども、来年3月に6年生2名が卒業した後の残りの2名に対してどういうふうな対応をしていくのか。この遠距離通学という形をとっていくのか、それとも2名のために富貴小学校を存続していくのか、その辺も考えて今後の予算措置等々を考えてほしいなと思うんですけども、その辺は既にもうお考えはお持ちでございますでしょうか。


○議長(?山文雄) 上中居教育長。


○教育長(上中居悦弘) 今の2番議員さんの質問にお答えさせていただきます。


 今のところ、教育委員会等で来年度以降の富貴小学校のあり方についてというのは協議には上がっておりません。ただ、県の教員の配置等、あと町のほうで養護の先生にお世話になっております。現状、例えば来年、小学校5年生2名になった状態でも、職員の体制については現況と変わらずとなっております。そのことについて、今後、教育委員会のほうでも委員会の中で委員さんとともに話し、協議していきたいと思っております。


 以上です。


○議長(?山文雄) 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) 富貴の小・中一貫という形の中で、富貴の中学生、小学生、ほんとに子供、児童・生徒の数が激減をいたしております。2番議員の問われるところは、統廃合等を含めた質問だと思います。ただ、統廃合に関しましては、今教育長のほうから答弁があったわけなんですけども、教育委員会サイドだけでは決定することはできません。もちろん地元を含めた中、保護者等々を含めた中での話になってこようと思いますので、その辺のところは教育委員会を含め、地元、保護者等々の話の中で進めていきたいと思っておりますので、御理解をいただきたいと思います。


 以上です。


○議長(?山文雄) 2番、目黒君。


○2番(目黒寿典) ありがとうございました。


 特に、教育委員長さんも富貴の方でおられますし、非常に学校教育に精通された方でございます。将来的にはどうなっていくかは、それは先の話でございますけども、一番は残った子供たち、子供たちが一番いい環境で勉学できるという環境を考えた上でいい結果を出していただきたいなと。特に、もう既に25年度がスタートしておりますので、そのつもりで進めていただきたいようにお願いしておきます。答弁は結構です。


○議長(?山文雄) ほかに質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ございませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第4号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町一般会計補正予算(第7号)は原案のとおり可決されました。


 しばらく休憩します。


 11時30分からお願いします。


           午前11時20分 休憩


           午前11時30分 再開


○議長(?山文雄) 休憩前に引き続き、議事を進行します。


 日程第8、承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号))を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) それでは、承認第5号について御説明申し上げたいと思います。


 専決処分の承認を求めることについて。


 平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次のページをお願いします。


 専決第3号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月29日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 記。


 平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


 別紙のとおり。


 次に、1ページ飛ばして、補正予算書の1ページをお願いします。


 平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号)


 平成24年度高野町の国民健康保険特別会計補正予算(第4号)は次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


 第1条 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 平成25年3月29日専決処分。


 高野町長 木 瀬 武 治


 今回の補正予算につきましては、予算総額の増減はなく、歳出間の補正でございます。


 次に、7ページをお願いします。


 歳出です。


 1款総務費1項総務管理費1目一般管理費、補正額が321万3,000円の減で、補正後の額が910万9,000円、13節321万3,000円の減。


 2款保険給付費1項療養諸費1目一般被保険者療養給付費、補正額が6,024万3,000円の減で、補正後の額が2億7,775万7,000円、19節6,024万3,000円の減です。2目退職被保険者等療養給付費、補正額が471万7,000円の減で、補正後の額が2,678万3,000円、19節で471万7,000円の減。3目一般被保険者療養費、補正額が49万8,000円の減で、補正後の額が400万2,000円、19節で49万8,000円の減。4目退職被保険者等療養費、補正額が9万2,000円の減で、補正後の額が40万8,000円、これも19節で9万2,000円の減。5目一般被保険者移送料、補正額が5万円の減で、補正後の額はゼロとなりました。19節で5万円の減。6目退職被保険者等移送料、補正額が2万円の減で、補正後の額がこれもゼロとなりました。19節で2万円の減です。次のページ、2項高額療養費1目一般被保険者高額療養費、補正額が910万円の減で、補正後の額が3,190万円、19節で910万円の減。2目退職被保険者等高額療養費、補正額が23万1,000円の減で、補正後の額が556万9,000円、19節で23万1,000円の減。3目一般被保険者高額介護合算療養費、補正額が10万円の減で、補正後の額がゼロとなりました。19節で10万円の減です。4目退職被保険者等高額介護合算療養費、補正額が1万円の減で、補正後の額がゼロとなりました。19節で1万円の減です。4項葬祭諸費1目葬祭費、補正額が24万円の減で、補正後の額が36万円、19節で24万円の減。


 4款前期高齢者納付金等1項前期高齢者納付金1目前期高齢者納付金、補正額が6,000円の減で、補正後の額が4万1,000円、19節で6,000円の減です。


 次のページ、7款共同事業拠出金1項共同事業拠出金1目高額医療費共同事業拠出金、補正額が32万円の減で、補正後の額が1,121万円、19節で32万円の減。


 8款保健事業費1項特定健康診査等事業費2目特定保健指導事業費、補正額が14万8,000円の減で、補正後の額が9万円、13節で14万8,000円の減です。3項貸付金1目貸付金、補正額が50万円の減で、補正後の額がゼロとなりました。21節で50万円の減です。


 10款公債費1項公債費1目公債費、補正額が17万8,000円の減で、補正後の額がゼロとなりました。23節で17万8,000円の減です。


 11款諸支出金1項償還金及び還付加算金1目一般被保険者保険税還付金、補正額が60万円の減で、補正後の額が20万円、23節で60万円の減。2目退職被保険者等保険税還付金、補正額が10万円の減で、補正後の額がゼロとなりました。23節で10万円の減です。


 12款予備費1項予備費1目予備費、補正額が8,036万6,000円で、補正後の額が1億4,107万円です。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号))を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第5号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第4号))は原案のとおり可決されました。


 日程第9、承認第6号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号)を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 続いて、承認第6号について御説明申し上げます。


 専決処分の承認を求めることについて。


 平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号)については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したので、同条第3項の規定によりこれを報告し議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次のページです。


 専決第2号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月29日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 記。


 1、平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号)


 別紙のとおり。


 次に1ページ飛ばしまして、補正予算書の1ページをお願いします。


 平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号)


 平成24年度高野町の介護保険特別会計補正予算(第5号)は次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ354万6,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5億4,603万円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 平成25年3月29日専決処分。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次に、6ページをお願いします。


 2の歳入でございます。


 1款保険料1項介護保険料1目第1号被保険者保険料、補正額が117万9,000円で、補正後の額が7,798万9,000円、1節で117万9,000円の増です。


 3款国庫支出金2項国庫補助金1目調整交付金、補正額が494万1,000円で、補正後の額が5,004万4,000円、1節で494万1,000円の増です。


 8款繰入金1項一般会計繰入金1目介護給付費繰入金、補正額が116万6,000円で、補正後の額が6,380万9,000円、1節で116万6,000円の増。2目地域支援事業繰入金、補正額が16万4,000円の減で、補正後の額が106万9,000円、1節で11万2,000円の減、2節で5万2,000円の減です。3目その他一般会計繰入金、補正額が11万円で、補正後の額が910万2,000円、1節で11万円の増です。2項基金繰入金1目介護給付費準備基金繰入金、補正額が368万6,000円の減で、補正後の額がゼロとなりました。1節で368万6,000円の減です。


 次のページをお願いします。次、歳出です。


 2款保険給付費1項介護サービス等諸費1目介護サービス等諸費、補正額が925万5,000円の減で、補正後の額が4億4,931万3,000円、19節で925万5,000円の減です。2目介護予防サービス等諸費、補正額が49万1,000円の減で、補正後の額が983万3,000円、19節で49万1,000円の減です。3項高額介護サービス等費1目高額介護サービス等費、補正額が9万3,000円の減で、補正後の額が1,272万円、19節で9万3,000円の減です。4項高額医療合算介護サービス等費1目高額医療合算介護サービス等費、補正額が12万6,000円の減で、補正後の額が187万4,000円、19節で12万6,000円の減です。次のページ、5項特定入所者介護サービス等費1目特定入所者介護サービス等費、補正額が62万9,000円の減で、補正後の額が3,631万8,000円、19節負担金、補助及び交付金で62万9,000円の減です。


 4款地域支援事業費1項介護予防事業費2目介護予防一般高齢者施策事業費、補正額が11万8,000円の減で、補正後の額が52万7,000円、11節で9万5,000円、12節で2万3,000円のそれぞれ減です。2項包括的支援事業等費1目包括的支援事業等費、補正額が3万円の減で、補正後の額が453万円、9節で3万円の減です。2目任意事業費、補正額が23万8,000円の減で、補正後の額が52万6,000円、20節で23万8,000円の減です。


 次のページ、6款諸支出金1項償還金及び還付加算金1目第1号被保険者保険料還付金、補正額が25万6,000円で、補正後の額が5万2,000円、23節で25万6,000円の減です。


 7款予備費1項予備費1目予備費、補正額が1,478万2,000円で、補正後の額が1,978万2,000円です。


 以上です。よろしくお願いします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第6号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号))を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第6号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町介護保険特別会計補正予算(第5号))は原案のとおり可決されました。


 日程第10、承認第7号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号))を議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 中尾総合診療所事務長。


○診療所事務長(中尾 司) それでは、承認第7号について御説明申し上げます。


 承認第7号、専決処分の承認を求めることについて。


 平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号)については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したから、同条第3項の規定によりこれを報告し議会の承認を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次をごらんください。


 専決第4号、専決処分書。


 地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成25年3月29日。


 高野町長 木 瀬 武 治


 1、平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号)


 別紙のとおりです。


 予算書の1ページをごらんください。


 平成24年度高野立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号)


 平成24年度高野町の高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号)は次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算の補正)


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ632万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3億7,178万7,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに、補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。


 平成25年3月29日専決処分。


 高野町長 木 瀬 武 治


 6ページをごらんください。


 2 歳入です。


 1款診療収入1項外来収入1目国民健康保険診療報酬収入、補正額40万円の減、補正後の額3,700万9,000円、1節40万円の減。2目社会保険診療報酬収入、補正額180万円の減、補正後の額2,293万9,000円、1節180万円の減。3目後期高齢者診療報酬収入、補正額420万円、補正後の額9,420万7,000円、1節420万円。4目一部負担金診療収入、補正額380万円、補正後の額2,966万4,000円、1節380万円。5目その他の診療収入、補正額40万円、補正後の額680万6,000円、4節40万円。1款診療収入2項入院収入3目後期高齢者診療報酬収入、補正額127万1,000円の減、補正後の額337万6,000円、1節127万1,000円の減。5目その他の診療収入、補正額49万8,000円、補正後の額49万9,000円、1節49万8,000円です。1款診療収入3項その他の収入1目その他の収入、補正額130万円、補正後の額953万1,000円、1節120万円、次のページをごらんください。1款診療収入3項その他の収入、目まで同じです、2節10万円。


 2款使用料及び手数料1項使用料1目使用料、補正額7万円、補正後の額124万円、2節7万円です。2款使用料及び手数料2項手数料1目文書料、補正額6万円、補正後の額108万円、2節6万円です。


 5款諸収入2項雑入1目雑入、補正額53万円の減、補正後の額647万円、1節53万円の減です。


 次、歳出です。


 1款総務費1項施設管理費1目一般管理費、補正額430万5,000円の減、補正後の額2億5,062万3,000円、3節120万円の減、7節60万円の減、9節3万5,000円の減、10節3万円の減、11節20万円の減、12節15万円の減、13節17万円の減、14節124万円の減、19節38万円の減、27節30万円の減です。1款総務費2項研究費1目研究費、補正額10万円の減、補正後の額22万円、9節6万円の減、次のページをごらんください。11節4万円の減。


 2款医業費1項医業費1目医業衛生材料費、補正額901万円の減、補正後の額7,392万2,000円、11節580万円の減、13節251万円の減、14節70万円の減です。


 3款公債費1項公債費1目公債費、補正額15万円の減、補正後の額2,284万7,000円、23節15万円の減。


 4款予備費1項予備費1目予備費、補正額1,989万2,000円、補正後の額2,417万5,000円です。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


 8番、所君。


○8番(所 順子) 6ページの訪問看護分現年度分40万円についてと、8ページの宿日直手当減額120万と臨時雇賃金が減額60万円、これについての説明をお願いいたします。


○議長(?山文雄) 中尾診療所事務長。


○診療所事務長(中尾 司) 御説明を申し上げます。


 6ページ、訪問看護費の補正でございますが、これについては訪問看護をしております患者さんの増によります40万円の増額でございます。


 それと、8ページの宿日直手当の減額ですが、これは12月の院長の病気によりまして、院長を初め当院の医師の宿日直ができないということで、宿日直手当が減額になっております。この分につきましては、医師会の先生方ですとか、医大の先生方の応援ということで、別途支給をさせていただいております。


 臨時雇賃金につきましては、当直の2名と事務の1名、あと臨時雇の看護師等の人件費でございますが、看護師の人件費等が下がりまして減額となっております。


 以上でございます。


○議長(?山文雄) 8番、所君。


○8番(所 順子) 説明をいただきました。


 訪問看護費の増額につきましては、患者が増えているということをお伺いいたしましたですけれども、先日の新聞の折り込みの中に、先生がお1人休んでおられるというようなことを読ませていただきましたですけれども、院長先生もお体を壊して間がなく、前質問したときには宿日直もしないという条件ではございましたですけれども、医者の確保はどうなっているのか。それと今現状はどうなっているのかを説明をしていただきたいと思っております。


○議長(?山文雄) 中尾診療所事務長。


○診療所事務長(中尾 司) 4月、先月の14日、土生副院長が休養、加療が必要やということで、今休養しております。それで常勤の医師が2名、院長と矢本2名の体制で今診療しております。


 昼間の診療につきましては、院長と矢本の2名の医師で土生先生の患者さんを診るということで今対応をしております。夜勤、あと日勤につきましては、以前から御協力いただいてます医師会の先生8名、それと診療所で独自に契約している先生4名、それと医大からの応援、あと橋本市民病院からの応援ということで、現状5月、6月については何とか埋められている状況です。7月以降につきましては、若干今日程を組めてないところがございますので、こちらにつきましても和歌山県立医大等にお願いをしまして、何とか御協力をいただけるというところで、今埋まってないところについても埋めていただけるというところで、とにかく9月ごろまでは現状で何とか対応できるというところです。


 9月、10月以降につきましては、若干不透明なところもあるんですけれども、当直の医師だけではなくて、常勤の先生の確保というところも含めて全力を挙げているところでございます。医大初め県の医務課、あと県外の先生方にもお願いをしているところです。


 自治医大卒業の先生、院長がよく御存じなので、自治医大の卒業の先生方にも個別に手紙を発送しまして、応援いただけないかということで今お願いをしているところです。何名かの先生につきましては御回答いただけて、大体3名ぐらいの先生が月1度程度は応援いただけるという御返事を今いただいております。今後も医師の確保等については県初め、関係諸機関にお願いをして努力をしたいと思っているところでございます。


○議長(?山文雄) 8番、所君。


○8番(所 順子) 今までは常勤が4名いらしたのが、今現時点では2名しかいらっしゃらないという状況であるように思っておるんですけれども、今2名の方でお昼の診療をしていらっしゃるということで、院長先生もたくさん1週間のうちに診ていらっしゃるという状況に、あの折り込みの中にありました。お体のほうは大丈夫なのか、この辺は危惧いたしますとともに、医者の確保は4月にはということを町長もおっしゃっておられたにもかかわらず、今現状は減っていっているという現状にしか思えてなりません。この辺のところは、本当に診療所として住民に迷惑をかけないような形に戻せるのかどうかというところを町長にお尋ねをいたしたいと思います。


○議長(?山文雄) 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) 前々回の議会でも答弁をさせていただきました。今事務長が述べたとおりの状況でございます。非常に町行政挙げて医師確保には努力をいたしております。引き続き医師確保に、常勤含めた中で努力をしていきたいと思っております。


 以上です。


○議長(?山文雄) ほかに質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから承認第7号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号))を採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、承認第7号、専決処分の承認を求めることについて(平成24年度高野町立高野山総合診療所特別会計補正予算(第3号))は原案のとおり可決されました。


 日程第11、議案第37号、平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 井上生活環境課長。


○生活環境課長(井上哲也) それでは、議案第37号について御説明を申し上げます。


 1ページ目をお願いします。


 平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)


 第1条 平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第2条 平成25年度高野町水道事業会計予算(以下「予算」という。)第3条に定めた収益的収入及び支出の予算額を次のとおり補正する。


 収益的収入。


 科目、1水道事業収益補正予定額はございません、ゼロでございます。合計補正後が1億2,929万5,000円。1営業収益、補正予算額はございません。補正後の額が1億2,261万3,000円。2営業外収益、補正額はございません。補正後の額が668万2,000円。


 収益的支出。


 科目、1水道事業費用、補正予定額がゼロで、補正後の額が1億2,929万5,000円。1営業費用、補正予定額が37万6,000円、補正後の額が1億751万7,000円。2営業外費用はございませんで、補正後の額が1,363万8,000円。3予備費が補正予定額が37万6,000円の減で、補正後の額が814万円となっております。


 第3条 予算第4条本文括弧書中を(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額、5,852万8,000円は当年度分消費税資本的収支調整額80万3,000円、減債積立金670万円及び損益勘定留保資金5,102万5,000円で補てんするものとする。)に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。


 資本的収入。


 1資本的収入はございません。


 資本的支出。


 科目、1資本的支出、補正予定額が945万円、補正後の額が5,852万8,000円、1建設改良費、補正予定額が945万円、補正後の額が1,686万4,000円。2企業債償還金、補正予定額がございません。補正後の額が4,166万4,000円。


 第4条 予算第7条に定めた経費の金額を次のように改める。


 職員給与費、補正予定額37万6,000円、補正後の額が2,719万6,000円。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 次のページをお願いします。


 平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)実施計画明細書。


 収益的支出。


 1款水道事業費用1項営業費用1目配水及び給水費、補正予定額37万6,000円、補正後の額が729万8,000円、4節37万6,000円。3項予備費1目予備費、補正予定額が37万6,000円の減、補正後の額が814万円、1節37万6,000円の減となっております。


 次のページで、資本的支出。


 1款資本的支出1項建設改良費4目原水設備改良費、補正予定額945万円、補正後の額が1,686万4,000円、2節945万円。


 以上となっております。よろしくお願いします。


 失礼しました。1ページの収益的支出、2の営業外費用、補正予算額のところのゼロが抜けておりますので、訂正のほうお願いいたします。よろしくお願いします。


○議長(?山文雄) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 質疑なしと認めます。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(?山文雄) 討論なしと認めます。これで討論を終わります。


 これから議案第37号、平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)についてを採決します。


 お諮りします。本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。したがって、議案第37号、平成25年度高野町水道事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 しばらく休憩いたします。


           午後 0時19分 休憩


           午後 0時22分 再開


○2番(目黒寿典) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 議長、?山君からの議長の辞職願が提出されています。


 お諮りします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、追加日程第1として議題とすることに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○2番(目黒寿典) 異議なしと認めます。したがって、議長辞職の件を議題とすることに決定しました。


 辞職願を局長から朗読させます。


○事務局長(奥坊恒雄) 辞職願。


 このたび私儀一身上の都合により議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。


 平成25年5月8日。


 高野町議会議長 ?山文雄。


 高野町議会副議長 目黒寿典殿。


○2番(目黒寿典) お諮りします。?山君の議長辞職願を許可することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○2番(目黒寿典) 異議なしと認めます。よって、選挙第1号、議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 しばらく休憩します。


           午後 0時25分 休憩


           午後 2時26分 再開


○2番(目黒寿典) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 これから議長選挙を行います。


 念のため申し上げます。議長の選挙には負門君と所君と目黒が立候補しています。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めます。


 ただいまの出席議員数は11名です。


 次に、立会人を指名します。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に6番大西君、7番松谷君を指名します。


 これから投票用紙を配ります。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


〇議員(「なし」)


○2番(目黒寿典) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。先ほど指名しました6番大西君、7番松谷君、お願いします。


 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。1番議員から順番に投票願います。


 投票漏れはありませんか。


〇議員(「なし」)


○2番(目黒寿典) 投票漏れなしと認めます。これで投票を終わります。


 これから開票を行います。大西君及び松谷君、開票の立ち会いをお願いします。


 選挙の結果を報告します。投票総数11票、有効投票11票、無効投票ゼロ票です。


 有効投票のうち、負門君5票、目黒4票、所君2票、以上のとおりです。この選挙の法定得票数は3票です。したがって負門君が議長に当選されました。


 議場の出入り口を開きます。


 ただいま議長に当選されました負門君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。


 負門君の挨拶をお願いします。


○9番(負門俊篤) どうもありがとうございます。


 議長という大役をいただきまして、これから高野町のために、また活性化、いろいろなことがたくさんあると思いますけど、頑張っていきますので、どうかよろしくお願いいたします。


○2番(目黒寿典) しばらく休憩します。


           午後 2時03分 休憩


           午後 2時40分 再開


○議長(負門俊篤) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 副議長、目黒君より、副議長辞職願が提出されています。


 お諮りします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、追加日程第3とし、議題とすることに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、副議長辞職の件を議題とすることに決定しました。


 辞職願を局長から朗読させます。


○事務局長(奥坊恒雄) 辞職願。


 このたび私儀一身上の都合により副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。


 平成25年5月8日。


 高野町議会副議長 目黒寿典。


 高野町議会議長 負門俊篤殿。


○議長(負門俊篤) お諮りします。目黒君の副議長辞職願を許可することに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。よって目黒君の副議長辞職願を許可することに決定しました。


 お諮りします。副議長の辞職に伴い、副議長選挙を日程に追加し、追加日程第4、選挙第2号、副議長の選挙について議題とすることに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。よって、選挙第2号、副議長の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 しばらく休憩いたします。


           午後 2時44分 休憩


           午後 3時10分 再開


○議長(負門俊篤) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 これから副議長選挙を行います。


 念のため申し上げます。副議長の選挙は?山君と所君が立候補しています。


 選挙は投票で行います。


 議場の出入り口を閉めてください。


 ただいまの出席議員数は11名です。


 次に、立会人を指名します。会議規則第32条第2項の規定により、立会人に10番平野君、11番西辻君を指名します。


 これから投票用紙を配ります。


 念のため申し上げます。投票は単記無記名です。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(負門俊篤) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検します。先ほど指名しました10番平野君、11番西辻君、お願いします。


 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。1番議員から順番に投票を行います。私から投票します。


 投票漏れはありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(負門俊篤) 投票漏れなしと認めます。これで投票を終わります。


 これから開票を行います。平野君及び西辻君、開票の立ち会いをお願いします。


 選挙の結果を報告します。投票総数11票、有効投票10票、無効投票1票です。


 有効投票のうち、所君が7票、?山君が3票、以上のとおりです。この選挙の法定得票数は3票です。したがって所君が副議長に当選されました。


 議場の出入り口を開きます。


 ただいま副議長に当選されました所君が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。


 所君の挨拶をお願いします。


○8番(所 順子) 皆様方の御推挙をいただき、副議長をさせていただく運びとなりました。この先は町当局を初め、議員各位の皆様方、そして議長を支えながら一生懸命頑張ってまいりたいと思っておりますので、皆様、御支援、御鞭撻のほどをよろしくお願いして、私の挨拶にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議長(負門俊篤) しばらく休憩いたします。


           午後 3時21分 休憩


           午後 4時53分 再開


○議長(負門俊篤) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 本日の会議は議事の都合によりあらかじめ延長します。


 追加日程第5、議席の一部変更を行います。議長、副議長の選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部を変更します。


 1番負門君、2番所君、8番目黒君、9番平野君、10番?山君、以上のとおりです。


 追加日程第6、選任第1号、特別委員会の選任についてを議題とします。


 ただいま特別委員会委員が欠員となっております。


 お諮りします。特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第2項の規定により、広報特別委員会委員に10番?山君、11番西辻君を指名したいと思います。これに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しましたとおり広報特別委員会委員に選任することに決定しました。


 広報特別委員会の委員長、副委員長の互選の結果を報告します。広報特別委員長に6番大西君、副委員長に8番目黒君。以上のとおりであります。


 追加日程第7、選任第2号、常任委員会委員の選任についてを議題とします。


 お諮りします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第7条第2項の規定により、総務文教常任委員に2番所君、5番大谷君、6番大西君、8番目黒君、10番?山君、厚生建設常任委員に、3番中前君、4番掛君、7番松谷君、9番平野君、11番西辻君をそれぞれ指名したいと思います。これに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しましたとおりそれぞれの常任委員会委員に選任することに決定しました。なお、議長は常任委員会委員を辞退することになっていますので、御了承お願いいたします。


 各常任委員会の委員長、副委員長の互選の結果を報告します。総務文教常任委員長に8番目黒君、副委員長に2番所君、厚生建設常任委員長に7番松谷君、副委員長に3番中前君、以上のとおりです。


 追加日程第8、選任第3号、議会運営委員会委員の選任についてを議題とします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第7条第2項の規定により、3番中前君、5番大谷君、6番大西君、9番平野君、10番?山君、11番西辻君を指名したいと思います。これに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しましたとおり議会運営委員会委員に選任することに決定しました。


 議会運営委員会の委員長、副委員長の互選の結果を報告します。議会運営委員長に3番中前君、副委員長に5番大谷君、以上のとおりです。


 ?山君から橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の辞職願が提出されています。


 お諮りします。この際辞職の件を日程に追加し、追加日程第9として議題とすることに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の辞職の件を議題とすることに決定しました。


 辞職願を局長から朗読させます。


○事務局長(奥坊恒雄) 辞職願。


 このたび私儀一身上の都合により橋本周辺広域市町村圏組合議会議員を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。


 平成25年5月8日。


 高野町議会橋本周辺広域市町村圏組合議会議員 ?山文雄。


 高野町議会議長 負門俊篤殿。


○議長(負門俊篤) お諮りします。?山君の橋本周辺広域市町村圏組合議会議員辞職願を許可することに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。よって、?山君の橋本周辺広域市町村圏組合議会議員辞職願を許可することに決定しました。


 お諮りします。橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の辞職に伴い、橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の選挙を日程に追加し、追加日程第10、選挙第3号、橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の選挙についてを議題とすることに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。よって選挙第3号、橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の選挙についてを日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選にしたいと思います。御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって議長が指名することに決定しました。


 橋本周辺広域市町村圏組合議会議員に負門を指名します。


 お諮りします。ただいま議長が指名しました負門を橋本周辺広域市町村圏組合議会議員の当選人と定めることに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって、ただいま指名しました負門が橋本周辺広域市町村圏組合議会議員に当選されました。


 ただいま橋本周辺広域市町村圏組合議会議員に当選されました負門が議場におられます。会議規則第33条第2項の規定により、当選の告知をします。


 高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを提案されています。


 お諮りします。この際、日程に追加し、追加日程第11として議題にしたいと思います。御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって同意第2号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを日程に追加し、追加日程第11とすることに決定しました。


 西辻監査委員より辞任願が提出されています。総務課長より朗読させます。


○総務課長(尾 和哲) 辞任願。


 このたび私儀一身上の都合により監査委員を辞職したいので、許可されるよう願います。


 平成25年5月8日。


 高野町監査委員 西辻頼数。


 高野町長 木瀬武治殿。


○議長(負門俊篤) 追加日程第11、同意第2号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、?山君の退席を求めます。


 提案理由の説明を求めます。


 尾総務課長。


○総務課長(尾 和哲) 同意第2号について御説明させていただきます。


 同意第2号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについて。


 下記の者を高野町監査委員に選任したいから、地方自治法第196条第1項の規定により議会の議決を求める。


 平成25年5月8日提出。


 高野町長 木 瀬 武 治


 記。


 氏名、?山文雄。


 生年月日、昭和11年4月8日。


 住所、高野町高野山36の3。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(負門俊篤) これをもって提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(負門俊篤) 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。


 これから同意第2号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについて採決します。本件は原案のとおり同意することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(負門俊篤) 異議なしと認めます。したがって同意第2号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。


 以上をもって、本臨時議会に付議された案件の審議は全て終わりました。


 これで平成25年度第1回高野町臨時議会を閉会します。


 本日は御苦労さまでした。


           午後 5時03分 閉会





 この会議録は、議会事務局で作成したものであるが、その内容の正当なるを証するために署名する





 平成25年5月8日





 高野町議会





 議長   ? 山 文 雄





      負 門 俊 篤





 議員   大 谷 保 幸





 議員   大 西 正 人