議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成24年第1回定例会(第1号 3月 8日)




平成24年第1回定例会(第1号 3月 8日)





                  平成24年


           第1回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成24年3月8日 木曜日)


         午後 1時10分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長施政方針 *





2 出席議員(11名)


   1番 ? 山 文 雄         2番 目 黒 寿 典


   3番 中 前 好 史         4番 掛   正 和


   5番 大 谷 保 幸         6番 大 西 正 人


   7番 松 谷 順 功         8番 所   順 子


   9番 負 門 俊 篤        10番 平 野 一 夫


  11番 西 辻 頼 数





3 欠席議員(0名)


   なし





4 事務局職員出席者


  事務局長  尾   和 哲


  書記    奥 坊 保 子





5 説明のため出席した者の職氏名


  町長        木 瀬 武 治


  副町長       中 島 紀 生


  教育長       上中居 悦 弘


  会計管理者     山 本 剛 久


  総務課長      前 西 一 雄


  企画財政課長    日吉田 健 五


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  建設課長      今 井 俊 彦


  富貴支所長     中 山 秋 夫


  消防長       奥 坊 恒 雄


  教育次長      下   勝 己


  病院事務長     上 江 良 幸


  生活環境課長    井 上 哲 也


  まち未来課長    佐 古 典 英





               午後 1時10分 開会


○議長(?山文雄) ただいまから、平成24年第1回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により議長において、2番目黒君、3番中前君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から3月22日までの15日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から3月22日までの15日間と決定しました。


 お諮りします。


 議事の都合により、3月9日、10日、11日、14日、17日、18日、19日、20日を休会にしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。


 したがって、3月9日、10日、11日、14日、17日、18日、19日、20日を休会とすることに決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告についてはお手元に配付の報告書をもって報告といたします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の施政方針をお願いいたします。


 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) こんにちは。


 施政方針を述べさせていただきます。


 平成24年第1回定例議会を招集させていただきましたところ、全員の御出席を賜り、誠にありがとうございます。今回の定例議会には平成24年度一般会計予算案を始めとする議案38件、同意1件を上程しておりますので、御審議のほどよろしくお願いを申し上げます。


 昨年は非常に災害の多い1年でありました。3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震、また9月3日に本州に上陸した台風12号は、日本全体に大きな災難をもたらしました。これらのことから、あらゆる災害に対応できる強固な国づくり、まちづくりが求められています。本町といたしましても、災害に強いまちづくりのため、新年度においても予算措置を行っております。


 次に、経済状況ですが、多少最近円安傾向でありますが、相変わらず円高ドル安、ユーロ安の状態が続いており、輸出を主体とする日本経済に大きな打撃を与えております。また、さきに発表された昨年の貿易収支は31年ぶりの赤字となり、TPP問題も相まって、経済貿易問題が野田内閣の難しい緊急課題となっております。


 国内景気はその指標となる個人消費、生産活動、雇用情勢も低迷し、デフレスパイラル傾向が続く厳しい状況であります。本町におきましても、全国的な景気後退と東日本大震災やその風評被害、また台風12号による南海高野線の鉄橋不通や、スカイラインの通行どめの影響もあり、観光客が前年度に比較して約10万人減少しました。また、このことで新年度の税収にも影響を与えるものと考えられます。平成27年の高野山開創1200年記念大法会も見越しながら、新年度予算に計上した各種のまちづくり事業により、行政と住民が一体となり、知恵と工夫を凝らして、観光、参拝客を呼び込みたいと考えております。


 また、一方行財政状況ですが、国の債務残高が1,000兆円を超えようとしていますが、政府はこれまで震災対策など、第4次にわたる補正予算を行いました。その結果、平成23年度一般会計の予算総額は108兆円規模となり、財源の少なくない部分を赤字国債で補っている状況で、行財政改革は待ったなしの事態となっています。


 そこで、野田内閣は現在会期中の第180回通常国会において、社会保障制度と消費税増税などを絡めさせた税と社会保障の一体改革を進めるとして、関連法案の年度内成立を目指しています。本町といたしましても、今後国政の動向を注視していきたいと考えております。


 それでは、本定例会において審議いただく議案等について御説明をさせていただきます。


 議案は38件でございますが、平成23年度一般会計、5特別会計、1企業会計の補正予算と、19件の条例の制定及び条例の一部改正、そして平成24年度の一般会計、10特別会計、1企業会計の予算であります。


 まず、一般会計補正予算は4,670万円の減額で、35億5,920万円となっております。歳入歳出とも精算に伴う減額補正が主なものですが、歳出の増額分では凍結防止剤など原材料購入費、また消防防火服などの装備品購入費、特別会計繰出金などであります。


 次に、議案のうち条例の制定及び条例の一部を改正する条例については、主には高野山総合診療所設置に関連したものが多数であります。


 また、平成24年度一般会計予算ですが、予算規模は32億6,800万円で、対前年度比2.7%の増加となっております。この予算は住民生活に必要な事業は維持しながら、債務残高を減らし、町財政の健全な運営に心がけた内容であると考えております。


 それでは、四つの軸を中心とした新年度予算におけるまちづくり事業を御説明させていただきます。


 まず、第1の軸として「活力と魅力あふれたまちづくり」として、過疎集落支援再生活性化支援事業、また空き家・空き地利用動向調査事業、歩いて楽しい周遊型観光創造事業、また農作物鳥獣害対策事業などを新規・継続で行います。まちの中心部と周辺地区の交流、地域の活性化、また町外からの参拝客によるにぎわいを目指すまちづくりであります。


 第2の軸として「歴史と文化に調和した世界に誇るまちづくり」として、環境整備におきまして、中の橋立体駐車場の公衆トイレ改修事業、また観光施設標識整備事業などを新規事業として行います。また、町道玉川大門線道路改良事業、それと総合交通計画策定事業も継続して行いたいと思っております。未来を見越した高野山における調和ある交通体系を考え、計画するとともに、特に平成27年の開創法会に向け、参拝された方々を気持ちよくお迎えできるような体制づくりを進めてまいります。


 続きまして、第3の軸として「住む人すべてに優しく環境を考えたまちづくり」として、継続事業の高野山下水処理場長寿命化事業、地域公共交通事業、新規には湯川地区取水施設整備事業などがあります。また、老朽化した下水処理施設の改修を図り、高野山周辺地区に住む方に優しい環境づくりを考えたまちづくりを進めてまいります。


 それと、最後に第4の軸として「安心安全なまちづくり」として、災害対策用の備蓄食糧、発電機、投光器の整備を行います。それと、本年度自主防災組織補助事業を行いたいと考えております。


 また、継続して町道五の室線電線地下埋設事業、橋梁長寿命化修繕計画策定業務、消防本部耐震補強事業、高野山総合診療所耐震補強事業などの防災関連事業、またシルバー人材センター支援事業、デイサービス補助事業、各種児童福祉事業、各種検診による予防事業など、福祉保健の事業がございます。特に、高野山総合診療所については、訪問診療、訪問介護の充実など、新たな経営方針に基づいた運営を行ってまいります。災害と景観にも配慮した、安全なまちづくり、少子高齢化の進行に対応した安心できるまちづくりであると考えております。


 最後に、同意1件といたしまして富貴財産区管理委員の選任についてでございます。


 各議案の詳細につきましては担当課長より御説明をさせていただきますが、どうか慎重審議を賜りまして、御同意をいただきますようによろしくお願いをいたしまして、提案説明並びに施政方針とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 本日はこれで散会します。


 御苦労さまでした。


              午後 1時22分 散会