議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成23年第2回定例会(第1号 6月20日)




平成23年第2回定例会(第1号 6月20日)





                  平成23年


           第2回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成23年6月20日 月曜日)


         午前11時15分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明 *





2 出席議員(11名)


   1番 ? 山 文 雄         2番 目 黒 寿 典


   3番 中 前 好 史         4番 掛   正 和


   5番 大 谷 保 幸         6番 大 西 正 人


   7番 松 谷 順 功         8番 所   順 子


   9番 負 門 俊 篤        10番 平 野 一 夫


  11番 西 辻 頼 数





3 欠席議員(0名)


   なし





4 事務局職員出席者


  事務局長      尾   和 哲


  書記        大 谷   啓





5 説明のため出席した者の職氏名


  町長        木 瀬 武 治


  副町長       中 島 紀 生


  教育長       上中居 悦 弘


  会計課長      山 本 剛 久


  企画財政課長    日吉田 健 五


  まち未来課長    佐 古 典 英


  総務課長      前 西 一 雄


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  建設課長      今 井 俊 彦


  生活環境課長    井 上 哲 也


  富貴支所長     中 山 秋 夫


  消防長       奥 坊 恒 夫


  病院事務長     上 江 良 幸


  教育次長      下   勝 己





               午前11時15分 開会


○議長(?山文雄) ただいまから、平成23年第2回高野町議会定例会を開催します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により議長において、4番掛君、5番大谷君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から6月29日までの10日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から6月29日までの10日間と決定しました。


 お諮りします。


 議事の都合により、6月21日、23日、24日、25日、26日、28日、29日を休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(?山文雄) 異議なしと認めます。


 したがって、6月21日、23日、24日、25日、26日、28日、29日は休会とすることに決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告についてはお手元に配付の報告書をもって報告といたします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 上中居教育長の就任のあいさつをお願いします。


○教育長(上中居悦弘) このたび議会の同意と教育委員会の選任をいただき、5月21日付で教育委員会教育長に就任いたしました。これまでの社会教育に携わった経験を生かし、今後高野町の教育長として、社会全体で子供たちのために何ができるのか、何をすべきなのか、すべては子供たちのためにという視点に立って、知恵を絞り、汗をかきながら取り組んでいきたいと考えております。前教育長のつくられた道筋をしっかり踏まえ、本町の教育のさらなる充実、発展のため、微力ではございますが全力を傾注する次第であります。皆様方の一層の御理解と御支援、御協力をよろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の施政方針をお願いいたします。


 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) こんにちは。改めましてごあいさつを申し上げます。


 定例議会を招集させていただきましたところ、全員の御出席を賜りましてまことにありがとうございます。後ほど説明をさせていただきますが、今回の定例議会には報告1件、認定2件、議案7件、同意1件、諮問1件を上程させていただいておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。


 さて、東日本大震災が発生して今日で約100日がたちます。復興までには長期の年数がかかると予想されております。本町からは延べ82名の職員派遣と、住民の皆様からお預かりいたしました182件以上の義援金、約590万円のうち、まず500万円を県を通し送金をさせていただきました。県は県の配分率に基づき被災地の自治体へ送金することになっております。まだまだ長期的な支援になりますが、引き続きまして議員の皆様方にもよろしくお願いをしたいと思います。


 東日本大震災は日本の経済活動に大きな影響を及ぼしております。政府は5月2日に地震災害処理関連の総額4兆153億円規模の第1次補正予算を成立させました。また、報道では7月、もしくは8月中に震災復興を主とする一定規模の第2次補正が予定されておりますが、政権交代への駆け引きと財源問題とも絡み合って、補正予算規模については不透明な状況になっております。


 また、原子力発電施設の放射能漏れの解決にもまだ時間がかかる状況であり、これまでの国内工業生産への影響と電力事情の悪化が日本経済に大きな不安定要素をもたらしております。


 このような状況で補正予算を初めとする政府の経済対策は急を要する事項と考えております。本町においても参詣客、観光客の落ち込みというような形であらわれており、町の観光客誘致へのきめ細かな取り組みと、県や国にはいろんな機会を通して観光施策の強化をお願いしていく必要があると考えております。


 先般、5月13日の県下全市町村会議においても仁坂知事に要望を行ったところでございます。引き続き参詣者、また観光客の増加を図っていきたいと考えておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。


 以上のように、景気の停滞と先行きの不安定な状況ですが、町職員一同一丸となって工夫をして乗り切っていきたいと考えておりますので、議員の皆様におかれましては御理解のほどをよろしくお願いをしたいと思います。


 それでは、本定例会において審議いただく議案等について説明をさせていただきます。


 まず報告ですが、平成22年度一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。これは平成22年度から平成23年度へ明許繰り越しした事業13件についてのものでございます。


 認定は2件で、平成22年度高野山病院事業会計決算並びに、同じく水道事業会計決算についてです。


 議案は7件でございます。1件目は県条例制定に伴う高野町暴力団排除条例の制定です。


 2件目は地方税法改正に伴う高野町税条例の一部改正です。


 3件目はおおたき山の学校に関連しての高野町集会所設置及び管理条例の一部改正です。


 4件目は平成23年度一般会計補正予算(第2号)ですが、歳入歳出それぞれ3,060万円の増額となります。主な事業といたしましては、旧不動坂周辺森林整備工事、また町道東細川1号線、また町道3路線と林道白石線の土砂災害等に伴う測量設計業務委託料及び、町道2路線及び林道1路線の災害に伴う土砂の撤去費などでございます。それと、先ほども報告が入りまして、一部また災害が起こっております。随時対応してまいりたいと思いますので、議員の皆様におかれましては御理解のほどよろしくお願いをしたいと思います。それと、また千手院交差点付近に交通安全と防犯対策のため防犯カメラを設置したいと考えておりますので、よろしくお願いをしたいと思います。


 それと5件目、6件目に関しましては、町道鶯谷1号線の認定でございます。


 7件目は高野町公共下水道長寿命化に伴う建設工事委託の基本協定提携についてですが、これは高野町と地方公共法人下水道事業団との5カ年にわたる工事委託協定でございます。議案のほうは以上でございます。


 次に同意ですが、高野町固定資産評価員への副町長の選任についてです。


 最後に諮問ですが、人権擁護委員の再任に伴う法務大臣への推薦のためのものでございます。


 以上、議案等の詳細については担当課長より御説明をいたしますが、どうぞ慎重審議を賜りまして、御同意をいただきますようにお願い申し上げ、開会に当たり提案説明とさせていただきます。以上、よろしくお願いいたします。


○議長(?山文雄) 以上で本日の日程はすべて終了しました。


 これで散会します。


 御苦労さまでした。


              午前11時27分 散会