議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成23年第1回定例会(第1号 3月 7日)




平成23年第1回定例会(第1号 3月 7日)





                  平成23年


           第1回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成23年3月7日 月曜日)


         午前11時35分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長施政方針 *





2 出席議員(10名)


   1番 東久保 秀 人         2番 負 門 俊 篤


   3番 大 西 正 人         4番 (欠員)


   5番 松 谷 順 功         6番 目 黒 寿 典


   7番 北 岡 三 於         8番 平 野 一 夫


   9番 ? 山 文 雄        10番 西 山 茂 之


  11番 西 辻 頼 数





3 欠席議員(0名)





4 事務局職員出席者


  事務局長      山 本 剛 久


  書記        安 井 健 人





5 説明のため出席した者の職氏名


  町長        木 瀬 武 治


  副町長


  教育長       中 島 紀 生


  会計管理者     日吉田 健 五


  総務課長      前 西 一 雄


  企画課長      佐 古 典 英


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    今 井 俊 彦


  富貴支所長     中 山 秋 夫


  消防長       尾   和 哲


  教育次長      辻 本   一


  病院事務長     上 江 良 幸





               午前11時35分 開会


○議長(東久保秀人) ただいまから、平成23年第1回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により議長において、8番平野君、9番?山君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から3月24日までの18日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から3月24日までの18日間と決定しました。


 お諮りします。


 議事の都合により、3月8日、9日、11日、12日、13日、14日、18日、19日、20日、21日、22日を休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 したがって、3月8日、9日、11日、12日、13日、14日、18日、19日、20日、21日、22日は休会とすることに決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告についてはお手元に配付の報告書をもって報告とします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の施政方針をお願いします。


 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) こんにちは。


 施政方針及び提案説明をさせていただきます。


 平成23年第1回高野町議会定例会を開催するに当たりまして、全議員の皆様に御参集を賜り、誠にありがとうございます。今回の定例会には平成23年度高野町一般会計予算案を初め、26件の重要案件について御審議いただきますことに対しまして、感謝を申し上げます。


 さて、今国政のほうでは第177回の通常国会が開催されており、今月1日未明の衆議院本会議で2011年度の予算案が可決され、参議院に送られ審議をされております。憲法の規定により予算案は年度内に成立が確定いたしますが、特例公債法案、税制改正法案等、予算関連法案に関しましては成立は不確定なところでございます。成立しない場合、日本経済や国民生活に支障が出てくるおそれがあります。


 そのような中、まだまだ続くと思われる厳しい経済情勢を踏まえてみますと、地方行政の立場はさらに窮地に立たされるものがございますが、真の地域主権を確立し、地域の経済を充実させ、Iターン、Uターンにより若者がふるさとに帰ってこられる体制づくりをしていかなければならないと考えております。また、知恵と手法を凝らしながら地域住民と行政が一体となり、温かさに満ちた活気あるまちづくりを推進し、魅力あるまちへ向け町政に取り組んでいきたいと思っております。


 また、昨年実施いたしました国勢調査の結果が発表されました。和歌山県の総人口は100万1,261人で、前回に比べ3.35%の減少となり、当町の現状は3,979人で、前回に比べ14.1%、653人の減少で、県下での減少上位2番目となりました。当町においては少子高齢化、生産年齢人口の減少が進んでおり、さらには周辺集落の過疎化がさらに拍車がかかってきております。こういった現象を重く受けとめ、施策に生かしていかなければならないと考えております。


 さて、今回の議会において審議いただく議案の主な内容ですが、一般会計、特別会計、事業会計の補正予算と、条例の制定と条例の一部改正、それと23年度の一般会計、九つの特別会計、二つの事業会計の新年度予算でございます。特に、議案第13号の課設置条例の一部改正は事務の効率化を図ることなどを目的に機構改革を予定しております。温かさに満ちた活気あるまちづくりを町民にわかりやすく事業を実現すべく、組織づくりの機構改革で新たにまち未来課を新しく設置する予定でございます。


 また、まち未来課は夢と希望あふれる高野町の明るい未来に向けたまちづくりの思いを込めた課であり、短期的な秩序より長期的な安定を視野に入れた組織づくりであります。課同士の連携がとれていない、課の抱える業務内容も広過ぎて、詳細にわたり住民サービスの低下につながるのではないかという声も聞いております。今後は必要に応じ、専門セクション的な室も設けることも検討していきたいと思っております。


 また、平成23年度一般会計の予算規模は31億8,200万円で、前年度より7,300万円、率にしてマイナス2.2%の減額となりました。長引く不況の影響により町税収入の落ち込みが予想されるため、引き続き厳しい財政状況に変わりはありませんが、無駄を削減しながら、マニフェストにお示しした主要事項、新規政策事業を効果的に行っていくことにより、温かさに満ちた活気あるまちづくりを進めていきます。


 具体的には昨年5月に施政方針として発表した四つの軸を中心に新規事業を展開していきます。四つの軸の具体的な主な内容といたしましては、一つ目として活力と魅力にあふれたまちづくりとして、過疎集落再生活性化支援事業や、地域振興事業補助等を活用した集落活性化支援の推進を行います。また、シルバー人材センターの開設など、高齢者が生き生きと暮らせるまちづくりを推進していきます。それと伝統産業の復興に向けた調査と情報発信をしてまいりたいと思っております。


 2番目といたしまして、歴史と文化に調和した世界に誇るまちづくりとして、電線類地中化の推進による美しい町並み景観づくりを進めてまいります。それと、女人堂の保存と活用を図る調査と整備工事を進めてまいります。


 3番目に住む人すべてに優しく地球環境を考えたまちづくりといたしましては、筒香、富貴地区の公共交通の充実と公共交通空白地域のデマンドタクシー運行の導入により、身近で使いやすい交通手段を確保してまいります。また、環境に優しいLED防犯灯の導入を進めてまいります。


 4番目として、安心、安全なまちづくりとして、野生鳥獣被害に対する対策強化を進めてまいります。また、防災の拠点となる集会所の整備と避難所看板の設置を進めます。また、子宮頸がん予防ワクチン、ヘモウイルスインフルエンザ菌B型ワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン接種料の公費負担を進めます。


 そして九つの特別会計14億9,860万円と二つの事業会計6億9,502万円をあわせた総額53億7,562万円で、前年度予算より4,415万円、率にしてマイナス0.8%減額となっております。また、常に地域の動きに目を配り、必要な取り組みはその都度年度中途でも対応をしていきたいと考えております。


 詳細内容につきましては、各課長より御説明いたしますが、どうぞ慎重審議を賜りまして、御同意をいただきますようにお願いを申し上げまして、本議会施政方針並びに提案説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(東久保秀人) 以上で本日の日程はすべて終了しました。


 本日はこれで散会します。


              午前11時47分 散会