議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成22年第3回定例会(第1号 9月13日)




平成22年第3回定例会(第1号 9月13日)





                  平成22年


           第3回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成22年9月13日 月曜日)


         午前11時45分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明 *





2 出席議員(9名)


   1番 東久保 秀 人         2番 負 門 俊 篤


   3番 大 西 正 人         4番 (欠員)


   5番 松 谷 順 功         6番 目 黒 寿 典


   7番 北 岡 三 於         8番 平 野 一 夫


   9番 ? 山 文 雄        11番 西 辻 頼 数





3 欠席議員(1名)


  10番 西 山 茂 之





4 事務局職員出席者


  事務局長      山 本 剛 久


  書記        安 井 健 人





5 説明のため出席した者の職氏名


  町長        木 瀬 武 治


  副町長


  教育長       中 島 紀 生


  会計管理者     日吉田 健 五


  総務課長      前 西 一 雄


  企画課長      佐 古 典 英


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    今 井 俊 彦


  富貴支所長     中 山 秋 夫


  消防長       尾   和 哲


  教育次長      辻 本   一


  病院事務長     上 江 良 幸





               午前11時45分 開会


○議長(東久保秀人) ただいまから、平成22年第3回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により議長において、9番?山君、11番西辻君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から9月28日までの16日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から9月28日までの16日間と決定しました。


 お諮りします。


 議事の都合により、9月14日、15日、17日、18日、19日、20日、23日、24日、25日、26日を休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 したがって、9月14日、15日、17日、18日、19日、20日、23日、24日、25日、26日は休会とすることに決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告についてはお手元に配付の報告書をもって報告とします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いします。


 木瀬町長。


○町長(木瀬武治) 改めまして、こんにちは。


 提案説明をさせていただきます。


 平成22年高野町議会第3回定例会を開催するに当たりまして、議員の皆様には御参集いただきまして誠にありがとうございます。今回の定例会には承認1件、報告1件、認定11件、諮問2件、同意1件、議案15件の案件を上程させていただきました。御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。


 さて、昨今の日本情勢を振り返りますと、あす民主党代表選挙が行われます。この選挙では与党であります民主党代表と同時に、内閣総理大臣を選ぶ重要な選挙であります。企業の経営難や雇用状況の悪化などで、世界的に不況に陥っており、日本の社会においてもあらゆる面で環境の変化に直面をしております。


 そんな中で、我が国では民主党代表と同時に内閣総理大臣を選ぶ選挙が行われるという、依然揺れ動く国の動きに期待感というか、不安感さえ感じております。まだまだ続くであろうと思われる厳しい経済情勢を踏まえてみますと、地方行政の立場はさらに境地に立たされるものがございますが、地域住民と行政が一体となり、温かさに満ちた活気あるまちづくりを推進し、魅力あるまちづくりに取り組んでいきたいと思っております。


 当町のように人口減少が続く過疎地域では、若年層の流出、少子高齢化の急速な進行、地域産業の衰退によるさまざまな格差の拡大が見られるほか、財政基盤が脆弱であるなど厳しい状況でありますが、過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律が施行され、ソフト事業が対象になったことは当町にとっては喜ばしいことでもあり、事業を展開してまいります。


 また、道路維持補修、新住宅への入居、周辺集落の交通問題の解消、福祉有償運送事業の開始、文部省武道奨励に伴う武道推進教育の導入、町有林の整備、シルバー人材センターの設立調査等、新規事業につきましても鋭意進めてまいりたいと思っております。


 さて、今回の議会において審議いただく議案の主な内容ですが、承認は1件です。報告が1件でございます。認定が11件ございます。諮問に関しましては2件ございます。これは人権擁護委員の推薦に関する案件でございます。同意は1件です。教育委員会の委員の任命でございます。議案としては16件あります。平成22年度一般会計と高野山病院と水道の事業会計、8つの特別会計の補正を初め、高野町過疎地域自立促進の策定条例関係が4件あります。


 一般会計の主な項目といたしましては、一般会計は2億3,160万円の追加を行い、歳入歳出それぞれ34億3,160万円と定めました。歳入といたしましては、普通交付税額の定額、繰越金の確定が主なものでございます。歳出の主なものといたしましては、財政調整基金の積み立て、総合交通計画策定委託料、ウィンドウズのサポート切れによるパソコン買いかえ費等を計上いたしております。10の特別会計におきましても繰越金の確定等によりまして、歳入歳出等計上いたしておりますので、御審議のほど、よろしくお願い申し上げます。


 詳細内容に関しましては各課長より説明いたしますが、どうぞ慎重審議を賜りまして、御同意をいただきますようお願いを申し上げまして、本議会提案説明とさせていただきます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(東久保秀人) 以上で本日の日程はすべて終了しました。


 本日はこれで散会します。


 御苦労さまでした。


              午前11時55分 散会