議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成21年第3回定例会(第1号 9月14日)




平成21年第3回定例会(第1号 9月14日)





                  平成21年


           第3回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成21年9月14日 月曜日)


         午後1時00分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明 *





3 出席議員(11名)


   1番 東久保 秀 人         2番 負 門 俊 篤


   3番 目 黒 寿 典         4番 所   順 子


   5番 木 瀬 武 治         6番 北 岡 三 於


   7番 平 野 一 夫         8番 ? 山 文 雄


   9番 西 山 茂 之        10番 池 田 聖 三


  11番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      山 本 剛 久


  書記        崎 山 典 儀





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  副町長       高 橋 寛 治


  教育長       山 口 浩 司


  会計管理者     中 平 光 夫


  総務課長      前 西 一 雄


  企画課長      佐 古 典 英


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    今 井 俊 彦


  富貴支所長     竹 田 一 司


  消防長       門 谷 好 純


  教育次長      辻 本   一


  病院事務長     上 江 良 幸





               午後1時00分 開会


○議長(東久保秀人) ただいまから、平成21年第3回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において6番北岡君、7番平野君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。本定例会の会期は、本日から9月30日までの17日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から9月30日までの17日間と決定しました。


 お諮りします。議事の都合により、9月15日、16日、19日、20日、21日、22日、23日、24日、26日、27日、28日を休会にしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(東久保秀人) 異議なしと認めます。


 したがって、9月15日、16日、19日、20日、21日、22日、23日、24日、26日、27日、28日は休会とすることに決定しました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告についてはお手元に配付の報告書をもって報告とします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いします。


 後藤町長。


○町長(後藤太栄) 失礼いたします。提案説明をさせていただきたいと思います。


 本日、定例会を招集をさせていただきましたところ、全員の皆様方の御出席を賜りましてまことにありがとうございます。高野も朝夕めっきりと涼しくなってまいりまして、温度差が激しいものですから、体調を崩している方がややおるというふうなことも聞いております。


 さて、先般8月30日に行われました第45回衆議院選挙におきまして、民主党が大躍進を遂げ、308議席を獲得をし、第1党となりました。民主党の政権が誕生したわけでございますが、長引く不況とこの経済危機の中で諸問題がたくさんございます。子育て、教育、年金の制度、地方分権、政治、行政改革、安全保障、農業、財政、消費税をどうするかとか、民主党のマニフェストを皆さん方読まれていると思いますが、本町におきましてもしっかりと政権与党が国民のために、そして我が町高野町のために施策を実行していただけることをきちっと監視をして、議会の皆様とともにそのことについて常に関心を持って進んでまいりたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。


 それから、御案内のとおり、新型のインフルエンザがまた猛威をふるい始めまして、5,000名強の皆さんが感染をしておるということでございます。当町におきまして、ワクチン接種等の準備はもちろんでございますが、6月の経験も踏まえまして、風評被害等によって観光客が激減するというようなことがなるべくないような、先手先手を打って防御していきたいというふうに思いますので、皆様方、またお知恵がございましたら御享受を賜りたいというふうに思っております。


 それから、かねて3月に御説明を申し上げましたイタリアウンブリア州アッシジ市との友好関係のことでございますが、その後、県の担当部署、それから国、外務省、そしてイタリア大使館等々と協議を重ねてまいりまして、アッシジとの直接の交渉によりまして、10月26日に世界遺産都市アッシジ市と高野町間の文化観光相互促進協定というような形で締結する運びとなりました。


 現在の予定では、管長貌下、知事、私が市に出向きまして、調印のサインをしてまいるということに予定を組んでございます。アッシジ市につきましてはもう20数年来、合唱団とのつき合い、それから民間のおつき合いもございました。ユネスコのつき合いもございました。そして、平成3年には議会から派遣された4名の議員がアッシジ市を訪問して、交流を深めてきたというようなさまざまな経過を踏まえまして、今回の協定につながったのではないかなというふうに思っております。


 アッシジ市は御案内のとおりでございますが、ユネスコの世界遺産の地でもありまして、国際宗教都市、カトリックの皆さんにとってはもう聖地中の聖地でございます。地形、景観、環境保全の方法、宗教美術の宝庫などなど、本当に高野と類似した部分が多いところでございます。高野町の歴史文化をより一層外国のメディアに取り上げられる大きなチャンスであると。そしてイタリアを初め、多くのヨーロッパ、諸外国からの訪問客がふえていくことも期待できるというふうに思っております。そういうことをまず御報告申し上げまして、議案の内容に移りたいと思います。


 議案審議、認定12件を提案をさせていただいております。平成19年度高野町老人保健特別会計歳入歳出決算の再認定、それから、20年度一般会計と20年度特別会計10会計の歳入歳出の決算認定でございます。19年度の老人保健特別会計につきましては、事務的な誤りが見つかりましたので、それにつきまして再認定をお願いする次第でございます。詳細につきましては、認定担当の職員から説明をさせるいうこととなっております。


 承認3件、これは3件とも専決処分の承認でございます。一般会計、これは災害復旧にかかわること、それから老人保健特別会計につきましては、19年度高野町老人保健特別会計決算額の修正にかかわるものでございます。3つ目が工事請負契約の変更でございます。これは高野町の不燃物処理場の施設、整備調整槽改修その第2工事の工期の変更ということで、若干の工期の変更が必要が出てきたようでございます。


 報告1件を出させていただいております。平成20年度高野町財政健全化判断比率の報告ということで、19年度に地方公共団体の財政の健全化に関する法律が施行され、それに基づく報告でございますが、自治体の財政の健全度を判定する基準、これが財政健全化法に基づく4指標であったわけでございます。実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担費比率、その報告を、会計担当者からこの4指標に基づいて報告をさせていただくということでございます。


 続きまして、議案12件を提出をさせていただいております。平成21年度一般会計補正予算第4号と、高野山病院事業会計補正予算(第1号)ほか7つの特別会計の補正予算、ともにこれ第1号の補正でございますが、提案をさせていたしております。


 一般会計の主な項目といたしましては、歳入としまして普通交付税の額が決定をいたしました。決定額の歳入に入れ込んだものを補正をいたします。それから財政調整基金の減額、国・県の補助金、繰越金の確定等による補正が歳入についての主なものでございます。


 歳出の主なものといたしましては、経済危機対策を実施するため国が編成をしました平成21年度第1次補正予算において、地方公共団体への配慮として地域活性化・公共投資臨時交付金事業として1兆3,790億円、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業として1兆円を地方へ交付された事業であります。本町におきましても緊急に実施する必要がある事業について、それぞれ所定の措置を講じたわけでございますが、その分大体1億5,000万円前後を含めまして、総補正額が2億4,800万円を計上いたしております。


 内容として、地域活性化公共投資臨時交付金事業、これについては携帯電話のエリアの整備事業等々を申請をさせていただきました。そして地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業につきましては、庁舎の設備、これもボイラー等が非常に古くなっておりますので、そういうものであるとか、戸籍総合システム、これは電算化をされていないのは当県では2町になってしまったと。当町ともう1町。これもかなり早急にするべきことでございますので、導入をすると。ちょうど整備、これは通常のものとこの臨時交付金を活用したものでやっていくわけでございます。文化財の活用等調査委託、消防車両の買いかえ、花坂小学校プールの改修、高野山小学校の体育館の設備改修、学校情報通信技術環境整備、それから病院の改修、病院の経営改革のプランづくり等々、そういうものに充当をしてまいりたいというふうに思っております。


 また、その他としまして、子育て応援特別手当ということで、就学前の子供に対しまして少し手厚い手だてをしていきたいなと。それから、女性特有のがん、乳がん等々ございますけれども、それも無料で実施できるようにできないかということで、安心安全な暮らし、子供たちの教育関係の充実、それから整備防火強化対策、幹線交通、物流ネットワーク強化など、地域が必要としているあらゆる部門にこの補正を導入してまいりたいというふうに思ってございます。


 そのほか、条例の制定が1件で一部改正が3件出ておりますが、これは町営住宅の建設にかかわることの駐車場運営のことであったり、名称の変更であったりということと、あとは消防にかかわる上位法の変更に伴うものでございます。詳細につきましては、提案のときに各担当課長から説明をさせます。


 同意1件、これは教育委員会の委員の任期が来ておりまして、新たな教育委員の任命の同意をいただくということで、同意を出させていただいております。


 以上でございますが、月末30日まで長期にわたります。長い連休が入りますので、少し長い期間になりますけれども、どうぞ最後まで本定例会、よろしくお願いいたします。


 以上で提案説明を終わらせていただきます。


 ありがとうございました。


○議長(東久保秀人) 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 本日は、これで散会します。


 御苦労さまでございました。


              午後1時15分 散会