議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成21年第1回定例会(第5号 3月11日)




平成21年第1回定例会(第5号 3月11日)





                  平成21年


           第1回高野町議会定例会会議録(第5号)





 
     第10日(平成21年 3月11日 水曜日)


         午前 9時40分 開会


    第 1 議案第28号 平成21年度高野町下水道特別会計予算について


    第 2 議案第29号 平成21年度高野町農業集落排水事業特別会計予算につ


               いて


    第 3 議案第30号 平成21年度高野町介護保険特別会計予算について


    第 4 議案第31号 平成21年度高野町生活排水処理事業特別会計予算につ


               いて


    第 5 議案第32号 平成21年度高野町後期高齢者医療特別会計予算につい


               て


    第 6 議案第33号 平成21年度高野町立高野病院事業会計予算について


    第 7 議案第34号 平成21年度高野町水道事業会計予算について





3 出席議員(11名)


   1番 西 辻 頼 数         2番 北 岡 三 於


   3番 目 黒 寿 典         4番 所   順 子


   5番 木 瀬 武 治         6番 負 門 俊 篤


   7番 平 野 一 夫         8番 ? 山 文 雄


   9番 東久保 秀 人        10番 西 山 茂 之


  11番 池 田 聖 三





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長  山 本 剛 久


  書記  崎 山 典 儀





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  副町長       高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  会計管理者     中 平 光 夫


  総務課長      前 西 一 雄


  企画課長      佐 古 典 英


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    今 井 俊 彦


  富貴支所長     竹 田 一 司


  消防長       門 谷 好 純


  教育次長      辻 本   一


  病院事務長     森 田 育 男





               午前 9時40分 開会


○議長(西辻頼数) これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、議案第28号、平成21年度高野町下水道特別会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第28号について御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 平成21年度高野町の下水道特別会計予算は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算)


 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2億3,090万円と定める。


 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。


 (地方債)


 第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことのできる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。


 (一時借入金)


 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の限度額は、3,000万円と定める。


 (歳出予算の流用)


 第4条 地方自治法第220条第2項但書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。


 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内での、これらの経費の各項の間の流用。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 4ページをお願いいたします。


 地方債


 起債の目的、下水道事業債。限度額400万円。起債の方法、証書又は証券借入。利率、4.5%以内(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構について、利率の見直しを行った後においては、当該見直しの利率)。償還の方法、償還の方法・償還期限については、借入先の条件に従う。ただし、町財政の事情により償還期間を短縮し、もしくは繰上げ償還又は低利に借換えすることができる。


 7ページをお願いいたします。


 歳入です。1款分担金及び負担金1項分担金1目公共下水道分担金で予算額10万円。1節受益者分担金で10万円です。


 2款使用料及び手数料1項使用料1目下水道使用料で9,254万3,000円の計上です。1節の現年度分で9,221万3,000円。2節過年度分で33万円。


 2款使用料及び手数料の2項手数料の1目総務手数料で3万3,000円。1節の総務手数料で3万3,000円です。


 8ページをお願いいたします。


 3款国庫支出金の1項国庫補助金1目下水道国庫補助金で420万円です。1節の下水道国庫補助金420万円です。


 4款繰入金の1項他会計繰入金1目一般会計繰入金で1億2,700万円の計上です。1節一般会計繰入金も同額でございます。


 5款繰越金1項繰越金1目繰越金で296万5,000円です。1節前年度繰越金で296万5,000円です。


 6款諸収入1項雑入1目雑入で5万9,000円です。1節雑入で5万9,000円です。


 7款町債1項町債1目下水道債で400万円です。1節下水道債400万円の計上です。


 10ページをお願いいたします。


 歳出です。1款公共下水道費の1項管理費1目総務費で1,329万9,000円の計上です。内訳としまして、2節給料498万4,000円。3節職員手当等224万1,000円。4節共済費118万円。9節旅費1万4,000円。11節需用費103万5,000円。12節役務費83万9,000円。13節委託料7万6,000円。14節使用料及び賃借料6,000円。19節負担金、補助及び交付金201万8,000円。23節償還金、利子及び割引料3万円。27節公課費87万6,000円。2目管渠費で111万9,000円の計上です。3節職員手当等3万円。7節賃金5万円。11節需用費12万円。15節工事請負費70万8,000円。16節原材料費21万1,000円。3目ポンプ場費で1,063万2,000円の計上です。11節需用費で521万7,000円。12節役務費18万6,000円。13節委託料522万9,000円。4目処理場費で4,710万4,000円の計上です。2節給料292万4,000円。3節職員手当等155万4,000円。4節共済費67万3,000円。7節賃金133万1,000円。11節需用費1,170万5,000円。12節役務費19万4,000円。13節委託料2,872万3,000円。本年度で7,215万4,000円の計上でございます。


 続きまして、14ページ。1款公共下水道費の2項公共下水道建設改良費1目建設改良費で1,658万7,000円の計上です。2節給料268万2,000円。3節職員手当等156万7,000円。4節共済費62万3,000円。11節需用費3万7,000円。12節役務費3万円。13節委託料814万8,000円。14節使用料及び賃借料50万7,000円。15節工事請負費299万3,000円です。


 続きまして、2款の特定環境保全公共下水道費の1項管理費1目細川処理区管理費で207万4,000円の計上です。11節需用費で54万8,000円。12節役務費32万3,000円。13節委託料119万1,000円。19節負担金、補助及び交付金1万2,000円です。


 16ページ、3款公債費の1項公債費1目元金で1億2,122万7,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料1億2,122万7,000円です。公共下水道と特定環境の償還元金です。2目利子で1,787万3,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料1,787万3,000円の計上です。


 4款予備費の1項予備費の1目予備費で98万5,000円の計上となってございます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第28号、平成21年度高野町下水道特別会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第28号、平成21年度高野町下水道特別会計予算については原案のとおり可決されました。


 日程第2、議案第29号、平成21年度高野町農業集落排水事業特別会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第29号について御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 平成21年度高野町の農業集落排水事業特別会計予算は次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算)


 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,360万円と定める。


 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 歳入。1款使用料及び手数料1項使用料1目処理施設使用料で263万円の計上です。1節現年度分で262万9,000円。2節過年度分で1,000円。


 2款繰入金1項他会計繰入金1目一般会計繰入金で1,080万円の計上です。1節一般会計繰入金1,080万円です。


 3款繰越金1項繰越金1目繰越金で17万円の計上です。1節前年度繰越金17万円となってます。


 7ページ、歳出でございます。


 1款農村整備事業費1項農業集落排水事業費1目農業集落排水事業費で426万8,000円の計上です。11節需用費で190万5,000円。12節役務費で85万3,000円。13節委託料で151万円の計上となってございます。


 続きまして、8ページです。


 2款公債費1項公債費1目元金708万2,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料708万2,000円。2目利子154万1,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料154万1,000円です。


 3款予備費の1項予備費1目予備費で70万9,000円の計上となってございます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第29号、平成21年度高野町農業集落排水事業特別会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第29号、平成21年度高野町農業集落排水事業特別会計予算については原案のとおり可決されました。


 日程第3、議案第30号、平成21年度高野町介護保険特別会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 議案第30号につきまして御説明申し上げます。


 1ページをお願いしたいと思います。


 平成21年度高野町介護保険特別会計予算


 平成21年度高野町の介護保険特別会計予算は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算)


 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億5,300万円と定める。


 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。


 (一時借入金)


 第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入の最高額は、2,000万円と定める。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 次に、8ページをお願いしたいと思います。


 まず、歳入でございます。


 1款保険料1項介護保険料1目第1号被保険者保険料6,756万5,000円。1節現年度分保険料が6,756万4,000円。2節滞納繰越分保険料1,000円の名目予算です。


 2款使用料及び手数料1項手数料1目督促手数料2,000円。1節の督促手数料として2,000円です。2目地域支援事業費手数料10万2,000円。1節の地域支援事業費手数料で10万2,000円でございます。


 3款国庫支出金1項国庫負担金1目介護給付費負担金、予算額が7,614万5,000円。1節の現年度分介護給付費負担金が7,614万4,000円。2節過年度分介護給付費負担金が1,000円の名目予算でございます。2項国庫補助金1目調整交付金3,589万5,000円。1節の現年度分調整交付金で3,589万5,000円です。2目地域支援事業交付金305万8,000円。1節介護予防事業交付金84万9,000円。2節包括的支援事業等交付金220万9,000円でございます。


 4款支払基金交付金1項支払基金交付金1目介護給付費交付金1億2,974万2,000円で、1節の現年度分介護給付費交付金が1億2,974万1,000円。2節の過年度分介護給付費交付金が1,000円の名目予算です。2目地域支援事業支援交付金101万8,000円。1節の現年度分地域支援事業支援交付金として101万8,000円です。


 5款県支出金1項県負担金1目介護給付費負担金6,440万9,000円。1節の現年度分介護給付費負担金で6,440万8,000円。2節の過年度分介護給付費負担金で1,000円の名目予算です。2目地域支援事業交付金152万8,000円。1節の介護予防事業交付金で42万4,000円。2節の包括的支援事業等交付金で110万4,000円でございます。2項財政安定化基金支出金1目貸付金で1,000円。1節貸付金1,000円でございます。


 6款財産収入1項財産運用収入1目利子及び配当金6万5,000円。1節利子及び配当金で6万5,000円。


 7款寄附金1項寄附金1目一般寄附金1,000円。1節一般寄附金1,000円で名目予算でございます。


 8款繰入金1項一般会計繰入金1目介護給付費繰入金5,405万8,000円で、1節の現年度分介護給付費繰入金で5,405万8,000円でございます。2目地域支援事業繰入金152万8,000円。1節介護予防事業繰入金42万4,000円。2節包括的支援事業等繰入金110万4,000円です。3目その他一般会計繰入金731万4,000円。1節事務費繰入金で731万4,000円です。2項基金繰入金1目介護給付費準備基金繰入金350万円。1節の介護給付費準備基金繰入金350万円です。2目介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金350万円。1節の介護従事者処遇改善臨時特例基金繰入金として350万円です。


 9款繰越金1項繰越金1目繰越金、予算額が356万4,000円。1節の繰越金で356万4,000円です。


 10款諸収入1項延滞金、加算金及び過料1目第1号被保険者延滞金1,00円。1節の第1号被保険者延滞金で1,000円の名目予算です。2目過料で1,000円。1節過料1,000円で名目予算です。10款諸収入2項預金利子1目預金利子1,000円。1節預金利子で1,000円の名目予算です。3項雑入1目第三者納付金1,000円。1節の第三者納付金で1,000円。2目雑入1,000円。1節雑入1,000円で名目予算です。


 次に、歳出にまいります。


 1款総務費1項総務管理費1目一般管理費151万2,000円。11節需用費15万1,000円。12節役務費12万6,000円。13節委託料113万2,000円。14節使用料及び賃借料で1万1,000円。19節負担金、補助及び交付金で9万2,000円。2項徴収費1目賦課徴収費8万2,000円。11節需用費7万1,000円。12節役務費1万1,000円。3項介護認定審査会費1目介護認定審査会費292万円。19節の負担金、補助及び交付金で292万円の計上です。2目認定調査等費264万5,000円。9節旅費で3万円。12節役務費で169万3,000円。13節委託料で92万2,000円です。4項趣旨普及費1目趣旨普及費3万円の予算計上です。11節需用費で3万円です。5項運営協議会費1目運営協議会費12万5,000円。1節の報酬で12万5,000円でございます。


 2款保険給付費1項介護サービス等諸費1目介護サービス等諸費3億8,050万円の計上です。19節負担金、補助及び交付金で3億8,050万円です。2目介護予防サービス等諸費1,250万円。19節の負担金、補助及び交付金で1,250万円です。2項その他諸費1目審査支払手数料57万円。12節役務費で57万円です。3項高額介護サービス等費1目高額介護サービス等費890万円。19節の負担金、補助及び交付金で890万円です。4項高額医療合算介護サービス等費1目高額医療合算介護サービス等費で150万円の計上です。19節負担金、補助及び交付金で150万円です。5項特定入所者介護サービス等費1目特定入所者介護サービス等費2,850万円の計上です。19節負担金、補助及び交付金で2,850万円です。


 3款財政安定化基金拠出金1項財政安定化基金拠出金1目財政安定化基金拠出金15万8,000円。19節の負担金、補助及び交付金で15万8,000円です。


 4款基金積立金1項基金積立金1目介護給付費準備基金積立金6万5,000円の計上です。25節の積立金として6万5,000円です。


 5款地域支援事業費1項介護予防事業費1目介護予防特定高齢者施策事業費197万1,000円。11節需用費で3万円。12節役務費で9万3,000円。13節委託料で184万8,000円です。2目介護予防一般高齢者施策事業費142万5,000円。8節報償費で43万2,000円。11節需用費で20万9,000円。12節役務費で9万2,000円。13節委託料で66万2,000円。14節使用料及び賃借料で3万円です。2項包括的支援事業費1目包括的支援事業等費456万円の計上です。9節旅費3万円。11節需用費3万円。13節委託料450万円。2目任意事業費96万4,000円。12節役務費6万4,000円。20節扶助費90万円。


 6款公債費1項公債費1目公債費4万5,000円。23節償還金、利子及び割引料で4万5,000円です。


 7款諸支出金1項償還金及び還付加算金1目第1号被保険者保険料還付金3万円。23節の償還金、利子及び割引料で3万円でございます。2目償還金100万円。23節の償還金、利子及び割引料で100万円です。3目第1号被保険者還付加算金1,000円。23節の償還金、利子及び割引料1,000円の名目予算です。


 8款予備費1項予備費1目予備費299万7,000円でございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


 8番、?山君。


○8番(?山文雄) 議案審議がスムーズに流れておるようでございまして、一つこの辺でお尋ねをしたいと思います。


 8ページでありますけれども、滞納繰越金が1,000円計上されておられます。これは滞納者はいない。しかし、項目は残さなければならないというように解釈をさせていただいたらよろしいでしょうか。


 次に、17ページであります。介護サービスのことについてちょっとお伺いしますけれども、先日こういうニュースが流れておりました。老夫婦の介護の中で、主人が奥さんを介護しておられる。奥さんは糖尿の関係で目が見えなくなってきた。し尿の方のままならないようになってきた。貯金は使い果てた。そういった中で、夫婦の会話の中で、主人に殺していただくことを要望されて、主人が奥さんを殺した。その後、すぐに警察に妻を殺したことを告げて、いよいよ裁判になるわけですけれども。近所の夫婦愛の関係で、署名活動などもして嘆願も出したということで罪が1年6カ月の実刑判決、その程度に済んだというような、非常に悲劇な状態が報道されておりました。


 高野町におきましては、こういったことは恐らくないことだろうと思うんですけれども、もし高野山でそういうようなことが起こりますと、高野山という知名度から非常に残念な結果につながっていくと思うわけですけれども、そういったことの配慮というんですか、高野山ではそういうことはありませんよというような答弁をいただきたいと思いますが、その辺の事情をお聞かせください。


○議長(西辻頼数) 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) まず、御質問の第1点目ですが、滞納繰越分保険料1,000円、名目予算でございます。保険料の徴収方法なんですけども、基本的に特別徴収という形で、年金から天引きで保険料をちょうだいいたしております。そういった点で、滞納分は年金受給されている方については滞納が出てこないと。あと残された普通徴収の保険料の方ですけども、基本的には現状でも非常にどう言いますか、まじめに保険料をおさめていただいておるということで、予算上は名目予算とさせていただきました。


 それと、第2点の生々しい事件が起きたという御質問でございます。恐らく都市部ではそういったことがやはり起こりやすい環境にあろうかと思います。私どもやっぱり福祉関係の者として、何に一番配慮すべきかというのは、もちろん経済的なことで介護サービスを受けにくいということも一つの原因も出てくるかと思いますけども、できるだけいろいろなサービス、施策を利用して、サービス利用に結びつけていくと、そういう形に心がけております。


 それと、一番大事なことは、そういった高齢者家庭を孤立させない。これは高齢者の方だけでなく障害者の方も同様だと思うんですけども、やはり地域の民生担当を中心としてこれからもそういうネットワークを強化していきたいと。そういった上で、そういう事件、事故というのを未然に防止していきたいと、担当課としては考えてございます。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) 後藤町長。


○町長(後藤太栄) 健康推進課長の答弁に補足をさせていただきますけれども、基本的な考え方としましては、コミュニティの充実があればそういうことが防げていくのではないかなという思いに立脚をして、施策を入れております。というのは、日ごろから健康推進、福祉にかかわる課だけではなくて、例えば消防であるとか、それからほかの総務課でも企画でも関係性を見ても、全職員に老齢お祝い金を職員に配らせておるというのもそういうことであります。


 それから、本町は消防も病院もありますから、そのすべてにかかわる職員が目を配らせておると。そういうことで健康推進だけではなくて、全体の力、役場だけではなくて、地域社会の力で見守っていこうというのが正しい姿ではないかなということです。


 その上で、これはほかのことでも御説明をしましたが、いわゆる限界集落、もしくは孤立化をする集落が全国で何千もありまして、和歌山県内には630、本町にもそれはあるわけですけれども、そのことを何とか安全を保つようにしようということで、県はいろんな施策を危機管理の部門から、もしくは民生にかかる部分から入れていただいております。今回、今県議会が開かれていると思いますが、県に予算化をしていただけるのは、民生委員さんだけではどうしても全体が見えないし、ということがありまして、民生委員さんをサポートするような、名称は何と言ったかな。ちょっと正式に名前がそのとき決まってなかったものですから、和歌山県独自の考え方で、例えば民生委員さんと一緒に活動する、もしくは独自で活動するというのを町内会単位であったり、それでボランティアで働いていただこうという仕組みを、知事さんの肝入りでつくるもくろみのようでございます。本町も私も直接県の職員と話をしましたので、ぜひその制度は活用させていただきたいということで、やや行く回数が減るであろう山間部の集落にも行っていただけるような方をお願いをしてやっていこうと。


 本町はもう一つ、集落支援員という制度を4月からお願いする、先般予算を通していただきました。そういう方も、ただこれだけをするすべてのことというのはつながっていると思うんですね。介護にかかっている方、健常者で地域社会の中ですべてのことが社会的につながっていると思いますので、余り意識的に分けずに、全体を見ていこうというのが正しい姿と思いますので、御理解をいただきたいと思います。


○議長(西辻頼数) 8番、?山君。


○8番(?山文雄) 町長さんの取り組みについての御説明をいただきました。何とぞそういった方向で御活力いただけますようよろしくお願いいたしたいと思います。


 滞納金の件につきましては、ただいま年金から差し引き、確かに年金から差し引きされておりますが、年金から今の差し引くのをお断りして払うという制度もあるように聞いておりますし、現在は滞納者はいないと解釈してよろしいですか。ほとんど滞納金はないという。


 先日、私の方の知り合いの人がいなくなったというんですか、電話をかけても一向に通じないと。1週間ぐらいして電話をかけたら、お客様の都合によって電話が取り外されているというようなことで、どうしても連絡がつかなかった。そして子供さんが山内におられるということで、その子供さんに連絡してみたら、携帯電話の番号を教えてくれた。そこへ電話してやっとつながったのが、もう和歌山へ来たんや。その人は足が不自由で、病院通いしとった関係で、妹さんのところへ行ってしまった。そういうようなことで山を去っていくという人がおられるわけですね。


 そういうのを話を聞きますと、何かこう寂しいような気もしますし、その本人にしたらやっぱり介護の問題で、兄弟とか、あるいは外へ出て行った子供のところへ流れていくというようなことがこれからますますふえていく傾向にあるんではないかというような心配もいたしております。一般質問で町長の施政の中にもそういったことが言われておりましたので、一般質問でまたお伺いをいたしたいと思います。そういった町長の取り組みにつきましては、今御説明いただきましたのでよくわかりましたので、よろしくお願いいたしまして、終わります。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第30号、平成21年度高野町介護保険特別会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第30号、平成21年度高野町介護保険特別会計予算については、原案のとおり可決されました。


 日程第4、議案第31号、平成21年度高野町生活排水処理事業特別会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第31号について御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 平成21年度高野町の生活排水処理事業特別会計予算は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算)


 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ2,030万円と定める。


 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。


 (一時借入金)


 第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の最高限度額は500万円と定める。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 歳入、第1款分担金及び負担金1項分担金1目浄化槽整備分担金で1万円。1節の過年度分で1万円です。


 2款使用料及び手数料1項使用料1目浄化槽使用料で833万8,000円の計上です。1節現年度分で832万7,000円。2節過年度分で1万1,000円。


 3款繰入金1項他会計繰入金1目一般会計繰入金で1,140万円の計上です。1節一般会計繰入金1,140万円です。


 4款繰越金1項繰越金1目繰越金で55万2,000円の計上です。1節前年度繰越金55万2,000円です。


 8ページの歳出でございます。


 1款個別排水処理事業費の1項管理費1目一般管理費で410万2,000円の計上です。11節需用費で23万8,000円。12節役務費386万4,000円。


 2款特定地域生活排水処理事業費1項管理費1目一般管理費で612万9,000円の計上です。11節需用費で27万2,000円。12節役務費で585万7,000円です。


 3款公債費の1項公債費1目元金で793万2,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料で793万2,000円。2目利子で167万5,000円の計上です。23節償還金、利子及び割引料167万5,000円。


 4款予備費1項予備費1目予備費で46万2,000円の計上となってございます。


 よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) お尋ねをいたしたいと思います。さっきの農業集落排水事業のところでもお尋ねしようと思ったんですが、同じような質問でございますので、ここで質問をさせていただきます。


 この現在生活排水処理事業ですね、この19の在所がありますけれども、この19の在所で合併浄化槽の設置が必要な場所といいますか、この部分については合併浄化槽の整備割合と申しますか、これはどれぐらいまで達しているのかということなんでございます。


 また、未整備の地域においては、どれぐらいの戸数があるのかというのが質問でございまして、その未整備の家庭への今後の対応はどのようにされるのかということをお聞きをいたしたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 整備率ということでございます。個別排水処理事業施設整備事業費と言いますのは、富貴筒香を除く地域の浄化槽の整備を指す事業でございます。特定地域生活排水処理事業というのは富貴筒香地区で行う事業ということで、事業分けを行っております。


 この中で、個別排水、19の集落のうち、富貴筒香を除く地域では計画処理人口200人を見込んでいるということで、そのうち処理区域内の人口につきましては139の方が整備を行っているということでございます。


 それと、特定地域につきましては、富貴筒香で400人ぐらいの規模の計画処理人口ということで、現在、処理区域内の人口につきましては222人おられまして、そのうち210人が水洗便所、浄化槽を設置した中で使用されているということでございます。


 計画処理人口と言いますのは、すべての人口を対象にしてませんで、浄化槽を整備するときに希望を募った段階での人口ということでございます。ですので、一人で高齢者のおられる方のところについては、なかなかお金を負担してまでちょっとできないよというところがあろうかなというふうに思います。


 公共下水道、特定環境、農業集落排水処理、それと今の浄化槽整備をしますと、19年度末のデータですが、約4,000人の行政区域内人口に対しまして、水洗便所の設置人数というのは3,400人ということで、84.7%の方に普及してるということで、あと約15%の方について、その都度浄化槽の設置を呼びかけているというところが現状でございます。


 5人槽が最低基準となるということでして、5人槽を設置した場合、一人で住まれていても、やっぱり5人槽の分の維持管理費というのがかかります。これは年間5万円程度かかるということで、一人で5万円払うのが少し難しいというようなところもあろうかと思います。


 それと浄化槽を整備した中で、やはり高齢者の方が一人世帯のところが亡くなられてたり、転出したということで、数は多くないんですけど、そういう浄化槽を整備したのにもかかわらずうまく使われてないというところも出てきてるというのが現状でございます。


○議長(西辻頼数) 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) 御説明よくわかりました。これですね、一つ私気にしておるのは、合併浄化槽は今推薦しておるものなんですけれども、単独浄化槽ですね。この単独浄化槽であるのにもかかわらず合併浄化槽と勘違いしておられるようなお宅はございませんか。それを一つ。


○議長(西辻頼数) 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 現在、町が補助事業等を行って、また補助を出して行っているところにつきましては、すべて合併浄化槽でございます。それを勧める前に、以前には単独浄化槽というのがございまして、便所だけの水を処理するものがあります。そこのところの取り違えというか、そういうところはちょっと。単独浄化槽の設置管理者というのは県に、保健所管轄になってございます。そういうところで、できるだけ単独浄化槽のところも合併にかえていただくようにというお願いはしてますけど、まず水洗便所が使えたらいいよというところで、なかなかちょっと合併までは切りかえていただいてないところが現状かと思います。


○議長(西辻頼数) 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) 御説明よくわかります。単独浄化槽で、残りの生活排水は今のところたれ流しになっているというような状態の部分もあるわけなんですね。それはだけど保健所の指導でやっていくということ。


 私ちょっと勉強したんですけども、この浄化槽、生活排水に関しては環境省なんですね。それから農業集落は排水事業が農水省なんですね。こういう分かれておって、私も前から大分調べておったんですが、わかりにくくて、きょうはその確認も含めてお尋ねをいたしたわけでございます。


 今後のいろんな環境といいますか、水環境、特に今厳しく言われているところでございますので、こういったところも十分含めて、今後の排水処理事業に臨んでいただきたいと思います。


 あと、しばらく質問もあるんですけれども、これはまた特別会計の総括で質問させていただこうと思います。よろしく。


 終わります。


○議長(西辻頼数) 今、質問をという総括でございますが、これは特別会計においては扱いはいたしておりません。


 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) 済みません。実は皆さん御存じだと思いますけども、この19年度末に過疎法が期限切れを迎えまして、時限立法でございます。これで過疎債の発行というものが認められなくなると思うんです。それでこの特別会計、5会計を見ておりますと、当該年度末現在の見込み額が約1億700万ぐらいになりますね。こういう歳出の手当、町としてどのようにされるのか。また、それに対して国が何かの措置を考えておられるのか、その辺もわかっておったらちょっと御説明願いたいと思います。


○議長(西辻頼数) 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 今、過疎対策事業につきましては時限立法ということで、切れるということでございます。ただ、国の方としましても、新しくその切れた後をどうしようかということを今検討していただいてるというところで、まだ詳しく決まっていないんですが、そういう検討をされているということでございます。


 過疎債、高野町ほとんどのところが過疎の対象になってございますので、町としましてもできるだけそういう新しい制度で事業が行えるようにということで、アンケート調査等来たときには希望を書いているというところが現状です。


 高野町は下水道というか、水洗化整備についてですが、高野町全域を考えまして、この公共下水道を初め農業集落等、いろんな国の施策を活用して有利になる方法をしてきたというのが現状でございます。


 富貴地区につきましても、当初農業集落排水ということで計画をしておりましたが、やはりそういう希望される方が少ないというような中で浄化槽に切りかえてきたというところでございます。


 今後もこの浄化槽というのは多分なくならないと思うんですが、浄化槽自身が、うまく管理していかなければ機能を発しないということなんで、高野町が行ってますこういう町が管理団体となって使用料をいただいてするというところが、全国的にまだ少ないというところもあります。ですので、今後とも町としては浄化槽の維持管理というのをきちっとしていきたいと思います。また、それと単独浄化槽を切りかえていただくような政策も講じていくということでございます。


○議長(西辻頼数) 後藤町長。


○町長(後藤太栄) 北岡議員の御質問に補足をさせていただきます。


 現在、過疎法なんですけども、これは昭和45年前後に最初の過疎に対する法律ができまして、延長で来たわけでなくて、全部新法で期限切れでつくって5本目ぐらいだと思うんですが、今回も昨年の夏ぐらいから呼び出しを受けまして、意見を述べろということで、さまざまな意見を述べておりますし、今月に入りましてからも、関係の市町村の代表が上京しまして、任意立法でつくっていただけるような方向でいっております。


 一番心配するのはその過疎債なんでございますけれども、しかし過疎債にとって非常に使いづらい状況になっておりまして、先週意見書を出させていただいたんですが、県の枠がありまして、その枠をまず取らないと簡単に使えないとか、そういうテクニカルな部分でも使いにくいのがあるということがまず一つと。


 現在、当該議案の質問にも絡んできます、いわゆる上下水、特に下水道のことについては、現在、この下水道協会の会長を仰せつかりまして、和歌山県の各種大会とか会議に出て行っておるんですけれども、少し本町とほかのところが違うのは、本町は整備率は非常に高いわけです。高いといって喜んでいる場合ではなくて、高いと何が起こっているかというと、メンテナンス、もしくは設備のやりかえに費用が要るわけです。しかしながら、現在国の施策としては、まだ30%、40%というところがあるわけですから、そこに対する補助のスキームとか、起債のかける方法とかというのは非常に熱心にやっていただけるわけですけれども、完成したところについては、つくることには積極的にまだやややっていただけるんですが、その後のことをやっていただけないということで、私の方の意見としては非常に全国でも少数派なんですけれども、メンテナンスに対しても補助スキームをつくってほしいとか、各種起債を発行させてほしいということを言っております。そういうものを含めた上で新しい過疎対策の法律をつくってほしいということを申し出ているところであります。


 方向としては、本県から出ております委員会の中で、副委員長でしたか、やっていただいてますので、和歌山県全体とか、四国とか、そういう過疎地域の意見がかなり積極的に盛り込まれた法案をつくっているというふうに今現在聞き及んでおります。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第31号、平成21年度高野町生活排水処理事業特別会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第31号、平成21年度高野町生活排水処理事業特別会計予算については、原案のとおり可決されました。


 日程第5、議案第32号、平成21年度高野町後期高齢者医療特別会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 議案第32号につきまして、御説明申し上げます。


 1ページをお願いします。


 平成21年度高野町後期高齢者医療特別会計予算


 平成21年度高野町の後期高齢者医療特別会計予算は、次に定めるところによる。


 (歳入歳出予算)


 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億3,550万円と定める。


 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は「第1表 歳入歳出予算」による。


 (一時借入金)


 第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入の最高額は、5,000万円と定める。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いします。


 まず歳入でございます。


 1款保険料1項後期高齢者医療保険料1目後期高齢者医療保険料4,502万2,000円の計上です。1節現年度分特別徴収保険料が2,959万8,000円。2節現年度分普通徴収保険料が1,524万7,000円。3節滞納繰越分保険料が17万7,000円です。


 2款使用料及び手数料1項手数料1目督促手数料1,000円。1節督促手数料で1,000円の名目予算です。


 3款繰入金1項繰入金1目一般会計繰入金9,020万円の計上です。1節事務費繰入金として388万9,000円。2節保険基盤安定繰入金として1,879万5,000円。3節療養給付費繰入金で6,432万8,000円。4節その他一般会計繰入金が318万8,000円です。


 4款繰越金1項繰越金1目繰越金27万4,000円。1節の前年度繰越金が27万4,000円です。


 5款諸収入1項延滞金、加算金及び過料1目延滞金1,000円。1節延滞金として1,000円の名目予算です。2項預金利子1目預金利子1,000円。1節の預金利子として1,000円の名目予算です。3項雑入1目雑入で1,000円。1節雑入で1,000円の名目予算です。


 次に、歳出でございます。


 1款総務費1項総務管理費1目一般管理費254万3,000円の計上です。11節需用費が13万8,000円。13節委託料が240万5,000円です。2項徴収費1目徴収費22万円。11節需用費で13万円。12節役務費で9万円でございます。


 次のページで、2款後期高齢者医療広域連合納付金1項後期高齢者医療広域連合納付金1目後期高齢者医療広域連合納付金1億3,185万7,000円の計上です。19節の負担金、補助及び交付金で1億3,185万7,000円です。


 3款公債費1項公債費1目公債費11万円。23節償還金、利子及び割引料で11万円です。


 4款諸支出金1項償還金及び還付加算金1目保険料還付金1,000円。23節償還金、利子及び割引料で1,000円。2目還付加算金1,000円。23節償還金、利子及び割引料で1,000円の名目予算です。


 5款予備費1項予備費1目予備費76万8,000円の計上でございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第32号、平成21年度高野町後期高齢者医療特別会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第32号、平成21年度高野町後期高齢者医療特別会計予算については、原案のとおり可決されました。


 日程第6、議案第33号、平成21年度高野町立高野山病院事業会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 森田病院事務長。


○病院事務長(森田育男) 議案第33号、平成21年度高野町立高野山病院事業会計予算でございます。


 1ページでございます。


 (総則)


 第1条 平成21年度高野町立高野山病院事業会計の予算は次に定めるところによる。


 (業務の予定量)


 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。


 (1)病床数41床。


 (2)年間患者数、入院が6,205人、外来が3万4,020人。


 (3)1日平均患者数、入院が17人、外来で140人。


 (4)主要な建設改良事業、機械備品購入費で1,529万1,000円でございます。


 (収益的収入及び支出)


 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。


 収入で第1款病院事業収益で5億4,230万円。1款1項医業収益で4億3,339万円。1款第2項の医業外収益で1億891万円でございます。


 支出で第1款の病院事業費用5億4,230万円。1款1項の医業費用で5億3,306万4,000円。1款2項の医業外費用で619万2,000円。1款第3項の予備費で304万4,000円でございます。


 (資本的収入及び支出)


 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額837万9,000円は過年度分損益勘定留保資金837万9,000円で補てんするものとする。)


 資本的収支の方で、収入で第1款資本的収入で2,888万4,000円。1款1項の他会計補助金で1,678万4,000円。1款2項の企業債で1,210万円。


 支出の方で、第1款の資本的支出で3,726万3,000円。1款1項の建設改良費で1,529万1,000円。第2項の企業債償還金で2,197万2,000円でございます。


 (企業債)


 第5条 起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は次のとおりと定める。


 起債の目的、病院事業で、610万円。起債の方法が証書又は証券借入。利率は4.5%以内。(ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び地方公共団体金融機構資金について、利率の見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)償還の方法、償還の方法・償還期間については、借入先の条件に従う。ただし、病院事業会計の事情により償還期間を短縮し、もしくは繰上げ償還又は、低利に借換えすることができる。


 過疎対策で600万円。あと起債の方法、利率及び償還の方法については、病院事業の方と同じでございます。


 (一時借入金)


 第6条 一時借入金の限度額は、1億5,000万円と定める。


 (議会の議決を経なければ流用できない経費)


 第7条 次に掲げる経費について、その経費の金額をそれ以外の経費の金額に流用し、又はその経費の金額に流用する場合は議会の議決を経なければならない。


 (1)としまして、給与費で2億9,742万円。


 (2)の交際費で15万円でございます。


 (棚卸資産区遠敷限度額)


 第8条 棚卸資産の購入限度額は、1億6,000万円と定める。


 (他会計からの補助金)


 第9条 不採算地区病院経費などのため、他会計からこの会計に補助を受ける金額は1億2,000万円である。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 続きまして、7ページをお願いします。


 収益的収入の説明に入ります。


 1款病院事業収益1項医業収益で1目入院収益で1億176万2,000円。前年に比し62万円の減額でございます。1節入院収益が1億176万2,000円でございます。1日平均17名という根拠で出しております。2目外来収益が3億141万7,000円。前年に比しまして476万3,000円の減額でございます。1節外来収益が3億141万7,000円。1日大体140人と見込んでおります。3目のその他医業収益で3,021万1,000円。昨年に比しまして69万8,000円の減額でございます。1節の室料差額収益で1,560万円。2節の公衆衛生活動収益で816万円。3節のその他医業収益で645万1,000円でございます。合計4億3,339万円でございます。


 続きまして、1款2項の医業外収益でございます。1目の受取利子配当金は名目1,000円でございます。1節受取利息1,000円は一応名目を挙げております。次に2目の補助金で223万7,000円でございます。1節の補助金223万7,000円で、これはこの橋本地域の病院群輪番制の補助金の広域組合の方からいただく補助金でございます。3節他会計補助金で1億321万6,000円でございます。1節の他会計補助金で1億321万6,000円でございまして、救急医療の確保分とか、いろいろ企業体等に、昨年とちょっと変えまして細かく計上させていただいております。4目の患者外給食収益で14万4,000円でございます。1節の患者外給食収益で14万4,000円でございます。これは付添人の給食等でございます。5目のその他医業外収益で331万2,000円でございます。1節のその他医業外収益で331万2,000円。病院の医師住宅その他の家賃とか、病院の電熱使用料、その他もろもろの収益でございます。1項の合計が1億891万円でございます。収益的収入の合計が5億4,230万円でございます。


 続きまして、収益的支出、9ページでございます。


 1款1項の医業費用の1目給与費で、本年度2億9,742万円、前年に比しまして30万5,000円の減額でございます。1節報酬で525万円。2節の給料で1億3,035万6,000円。3節の手当で1億188万7,000円。4節の賃金で1,111万3,000円。法定福利費で2,995万4,000円。退職給与金で1,886万円でございます。2目の材料費で本年1億5,595万6,000円でございます。昨年に比しまして603万3,000円の減額としています。1節の薬品費で1億3,488万円。2節の診療材料費で1,719万4,000円。3節の給食材料費で364万8,000円。4節の医療消耗備品費で23万4,000円でございます。3目の経費で本年5,485万円。昨年に比しまして159万5,000円の減額でございます。旅費で3万5,000円。職員被服費で5万1,000円。消耗品費で101万9,000円。消耗備品費で21万3,000円。光熱水費で479万7,000円。燃料費で443万3,000円。印刷製本費で137万7,000円。保険料で154万1,000円。交際費で15万円。通信運搬費で35万2,000円。修繕料で300万円。12ページ、委託料で3,026万7,000円。賃借料で667万9,000円でございます。13ページ、諸会費で88万4,000円。公課費が9,000円。雑費で1万円。手数料で3万3,000円でございます。4目の減価償却費で本年2,385万8,000円で、昨年に比しまして281万1,000円の減額でございます。建物減価償却費で1,273万7,000円。機器備品減価償却費で1,112万1,000円でございます。5目の資産減耗費で本年38万円、昨年に比しまして7万9,000円の増額でございます。固定資産除却費で30万円。棚卸資産減耗費で8万円。6目の研究研修費で本年60万円、昨年に比しまして19万円の減額でございます。研究材料費で1,000円。図書費で37万9,000円。研究旅費で22万円でございます。合計が5億3,306万4,000円でございます。


 続きまして、14ページの病院事業費用の2項の医業外費用でございます。1目の支払利息及び企業債取扱諸費、本年500万2,000円。昨年に比しまして12万5,000円の減額でございます。企業債利息で451万7,000円。一時借入金利息で48万5,000円。2目の患者外給食材料費で11万4,000円。前年に比しまして83万1,000円の減額でございます。患者外給食材料費11万4,000円でございます。3目の消費税で本年107万5,000円。昨年と同じとしております。4目雑損失で1,000円でございます。合計が619万2,000円でございます。


 続きまして、3項の予備費で本年304万4,000円。前年に比しまして61万1,000円の増額でございます。本年の予備費304万4,000円でございます。収益的支出合計が5億4,230万円でございます。


 続きまして、15ページの資本的収入に入ります。


 資本的収入の1款資本的収入1項他会計補助金1目他会計補助金で本年1,678万4,000円でございまして、前年に比しまして1,540万8,000円を増額しております。1節の他会計補助金1,678万4,000円でございます。昨年とちょっと変えまして、一般会計からの繰入金を収益と資本的の方へ割り振りした分、変わってございます。次に、2項の企業債で1目企業債本年1,210万円、前年に比しまして940万円の増額でございます。企業債で610万円、過疎債で600万円でございまして、事業債合計が1,210万円でございます。資本的収入合計が2,888万4,000円でございます。


 続きまして、16ページの資本的支出でございます。


 1款資本的支出1項建設改良費1目機器備品購入費本年1,529万1,000円。前年に比しまして906万7,000円の増額でございます。機器備品購入費で1,529万1,000円。主なものは医用画像情報システムと言いまして、レントゲン等をフィルムに出さずにディスプレー等で見る装置でございまして、購入する予定でございます。各科、診療科に配置する予定でございます。超音波診断のプローブ、先っちょですね、その辺の購入でございます。2項の企業債償還金で1目企業債償還金で2,197万2,000円。1節の企業債償還金で2,197万2,000円は企業債の元金部分の償還金でございます。資本的支出合計が3,726万3,000円としております。


 以上、よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第33号、平成21年度高野町立高野山病院事業会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって議案第33号、平成21年度高野町立高野山病院事業会計予算については、原案のとおり可決されました。


 日程第7、議案第34号、平成21年度高野町水道事業会計予算についてを議題とします。


 本案について、提案説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第34号について御説明申し上げます。


 1ページをお願いいたします。


 平成21年度 高野町水道事業会計予算


 (総則)


 第1条 平成21年度高野町水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。


 (業務の予定量)


 第2条 業務の予定量は、次のとおりとする。


 (1)給水戸数1,578戸。


 (2)年間総給水量55万8,600トン。


 (3)1日平均給水量1,530トン。


 (4)主要な建設改良事業、電子式水道メーター更新事業、事業費1,675万9,000円です。


 (収益的収入及び支出)


 第3条 収益的収入及び支出の予定額は、次のとおりと定める。


 収入


 第1款 水道事業収益1億3,474万3,000円。第1項営業収益で1億2,077万1,000円。第2項営業外収益で1,397万2,000円。


 支出


 第1款水道事業費用で1億3,474万3,000円。第1項の営業費用では1億551万円。第2項営業外費用で2,883万1,000円。第3項予備費で40万2,000円ということで、予算計上額は1億3,474万3,000円ということでございます。


 続きまして、資本的収入及び支出です。


 第4条 資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定める(資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額5,256万8,000円は当年度分消費税資本的収支調整額103万7,000円及び損益勘定留保資金5,153万1,000円で補填するものとする)。


 収入です。第1款資本的収入はございません。


 支出、第1款資本的支出5,256万8,000円。第1項の建設改良費で2,177万3,000円。第2項の企業債償還金で3,079万5,000円です。


 (一時借入金)


 第5条 一時借入金の限度額は3,000万円と定める。


 (議会の議決を経なければ流用することのできない経費)


 第6条 次に掲げる経費については、その経費の金額を、それ以外の経費の金額に流用し、又はそれ以外の経費をその経費の金額に流用する場合は、議会の議決を経なければならない。


 (1)職員給与費3,248万2,000円。


 (たな卸資産購入限度額)


 第7条 たな卸資産の購入限度額は、500万円と定める。


 平成21年3月2日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 収益的収入の部でございます。


 1款水道事業収益1項営業収益の1目給水収益で1億1,920万4,000円の計上です。1節水道料金で1億1,897万円。3節消火栓使用料で23万4,000円。2目の受託工事収益で39万円。1節給水工事収益で39万円です。3目のその他の営業収益で117万7,000円です。1節材料売却収益で29万4,000円。2節手数料で88万3,000円です。1款の水道事業収益の2項営業外収益で1目受取利息及び配当金で1,000円です。預金利子1,000円と一応名目予算計上です。2目の雑収益で8万6,000円。1節雑収益で8万6,000円です。3目負担金で388万5,000円。1節の給水負担金として388万5,000円の計上です。それから4目の他会計補助金で1,000万円。1節他会計補助金で1,000万円ということで、赤字補てん等に伴う繰り入れを計上させていただいております。収益的収入合計1億3,474万3,000円の計上となってございます。


 7ページをお願いいたします。収益的支出の部でございます。


 1款水道事業費用の1項営業費用1目原水及び浄水費で2,574万1,000円の計上です。2節給料369万2,000円。3節手当222万7,000円。4節法定福利費87万6,000円。9節旅費1万4,000円。11節備消耗品費7万5,000円。12節手数料36万8,000円。13節燃料費2万2,000円。16節薬品費77万6,000円。17節通信運搬費3万3,000円。19節修繕料151万8,000円。20節委託料363万6,000円。26節動力費1,250万4,000円です。2目の配水及び給水費では890万8,000円の計上です。2節給料377万6,000円。3節手当191万4,000円。4節法定福利費90万1,000円。10節被服費3,000円。11節備消耗品費4万8,000円。13節燃料費3万7,000円。17節通信運搬費57万8,000円。19節修繕費99万8,000円。20節委託料44万4,000円。


 次のページをお願いいたします。


 27節路面復旧費で9万5,000円。28節材料費で6万6,000円。35節工事請負費で4万8,000円です。3目の受託工事費では27万7,000円の計上です。11節備消耗品費で1万円。13節燃料費で3万7,000円。28節材料費18万円。35節工事請負費5万円。4目の総係費では2,242万円の計上です。2節給料で886万8,000円。3節手当で535万円。4節法定福利費で210万1,000円。5節退職給付金で277万7,000円。9節旅費5,000円。11節備消耗品費6万6,000円。12節手数料17万4,000円。13節燃料費61万8,000円。14節光熱水費3万4,000円。17節通信運搬費84万3,000円。18節印刷製本費34万1,000円。19節修繕料1万円。20節委託料10万1,000円。22節賃借料56万2,000円。23節負担金12万3,000円。33節保険料34万円。34節公課費2万2,000円。36節利子及び償還金割引料4万5,000円。37節雑費4万円。5目の減価償却費では4,651万6,000円の計上です。1節減価償却費4,651万6,000円です。それから6目の資産減耗費では137万8,000円の計上です。1節資産減耗費で137万8,000円。7目その他の営業費用で27万円の計上です。1節材料売却原価で27万円。支出の計、1億551万円の計上です。


 11ページをお願いいたします。


 水道事業費用の2項営業外費用では、1目支払利息及び企業債取扱諸費で2,443万1,000円の計上です。1節の企業債利息2,427万1,000円。2節一時借入金利息16万円。2目の消費税及び地方消費税で430万円の計上です。1節消費税及び地方消費税で430万円です。3目の雑損失では10万円の計上です。1節雑損失で10万円です。1款水道事業費用の3項予備費の1目予備費で40万2,000円の計上です。収益的収支合計1億3,474万3,000円となってございます。


 続きまして、12ページの資本的支出でございます。


 1款資本的支出1項建設改良費1目営業設備費、本年度1,710万1,000円の計上です。1節の量水器費として1,710万1,000円。それから4目の原水設備改良費で467万2,000円の計上です。2節の工事請負費で467万2,000円を計上させていただいております。それから1款の資本的支出の2項企業債償還金で1目企業債償還金として3,079万5,000円の計上です。1節の企業債償還金3,079万5,000円です。資本的支出の合計としまして5,256万8,000円の計上となってございます。


 どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから議案第34号、平成21年度高野町水道事業会計予算についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第34号、平成21年度高野町水道事業会計予算については、原案のとおり可決されました。


 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 本日はこれで散会します。


 御苦労さまでした。


              午前11時15分 散会