議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成20年第3回定例会(第2号 9月29日)




平成20年第3回定例会(第2号 9月29日)





                  平成20年


           第3回高野町議会定例会会議録(第2号)





 
     第4日(平成20年9月29日 月曜日)


         午前10時30分 開会


    追加日程第1     議長の辞職について


    追加日程第2     議長の選挙について


    追加日程第3     議席の一部変更について


    追加日程第4 選任第1号 常任委員会委員の選任について


    追加日程第5 同意第6号 高野町監査委員の選任につき同意を求めることにつ


                 いて


    第 1 同意第3号  高野町副町長の選任につき同意を求めることについて


    第 2 同意第4号  高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることに


               ついて


    第 3 同意第5号  高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることに


               ついて


    第 4 報告第2号  平成19年度高野町財政健全化判断比率について


    第 5 承認第13号 専決処分の承認を求めることについて、高野町特別職報


               酬当審議会条例の一部を改正する条例について


    第 6 承認第14号 専決処分の承認を求めることについて、高野町議会議員


               の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改


               正する条例について


    第 7 認定第3号  平成19年度高野町一般会計歳入歳出決算認定について


    第 8 認定第4号  平成19年度高野町国民健康保険特別会計歳入歳出決算


               認定について


    第 9 認定第5号  平成19年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計歳


               入歳出決算認定について


    第10 認定第6号  平成19年度高野町簡易水道特別会計歳入歳出決算認定


               について


    第11 認定第7号  平成19年度高野町富貴財産区特別会計歳入歳出決算認


               定について


    第12 認定第8号  平成19年度高野町老人保健特別会計歳入歳出決算認定


               について


    第13 認定第9号  平成19年度高野町下水道特別会計歳入歳出決算認定に


               ついて


    第14 認定第10号 平成19年度高野町農業集落排水事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


    第15 認定第11号 平成19年度高野町介護保険特別会計歳入歳出決算認定


               について


    第16 認定第12号 平成19年度高野町生活排水処理事業特別会計歳入歳出


               決算認定について


    第17 議案第40号 平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)につい


               て


    第18 議案第41号 平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第


               1号)について


    第19 議案第42号 平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補


               正予算(第1号)について


    第20 議案第43号 平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号


               )について


    第21 議案第44号 平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)


               について


    第22 議案第45号 平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算


               (第1号)について


    第23 議案第46号 平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号


               )について


    第24 議案第47号 平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算


               (第1号)について


    第25 議案第48号 平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第


               1号)について


    第26 諮問第2号  人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて





3 出席議員(11名)


   1番 西 辻 頼 数         2番 北 岡 三 於


   3番 目 黒 寿 典         4番 所   順 子


   5番 木 瀬 武 治         6番 負 門 俊 篤


   7番 平 野 一 夫         8番 ? 山 文 雄


   9番 東久保 秀 人        10番 西 山 茂 之


  11番 池 田 聖 三





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      山 本 剛 久


  書記        崎 山 典 儀





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  副町長       高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  会計管理者     中 平 光 夫


  総務課長      前 西 一 雄


  企画課長      佐 古 典 英


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    今 井 俊 彦


  富貴富支所長    竹 田 一 司


  消防長       門 谷 好 純


  教育次長      辻 本   一


  病院事務長     森 田 育 男








               午前10時30分 開会


○仮議長(北岡三於) これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 議長、池田君から議長の辞職願いが提出されています。


 お諮りします。


 議長辞職の件を日程に追加し、追加日程第1として直ちに議題とすることに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、議長辞職の件を日程に追加し、追加日程第1として直ちに議題とすることに決定しました。追加日程第1、議長辞職の件を議題とします。地方自治法第117条の規定によって、池田君の退場を求めます。


               (池田聖三君退場)


○仮議長(北岡三於) 職員に辞職願を朗読させます。


○事務局長(山本剛久) 失礼いたします。


 辞職願


 このたび、私儀、一身上の都合により高野町議会議長を辞職したいので、許可くださりますお願い申し上げます。


 平成20年9月29日  高野町議会議員   池田聖三


            高野町議会副議長  北岡三於殿


○仮議長(北岡三於) お諮りします。


 池田君の議長辞職を許可することに御異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、池田君の議長の辞職を許可することに決定しました。


 ただいま、議長が空きました。


 お諮りします。


 議長の選挙を日程に追加し、追加日程第2として直ちに選挙を行いたいと思います。


 御異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、議長の選挙を日程に追加し、追加日程第2として直ちに選挙を行うことに決定しました。


 しばらく休憩いたします。


              午前10時35分 休憩


              午前11時55分 再開


○仮議長(北岡三於) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 これから議長選挙を行います。


 お諮りします。


 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定によって指名推選にしたいと思います。


 御異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りします。


 指名の方法については、議長が指名することにしたいと思います。


 御異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、議長が指名することに決定しました。


 議長に西辻君を指名します。


 お諮りします。


 ただいま議長が指名しました西辻君を議長の当選人と定めることに御異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○仮議長(北岡三於) 異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しました西辻君が議長に当選されました。


 ただいま議長に当選されました西辻が議場におられますので、会議規則第33条第2項の規定によって、当選の告知をします。


 西辻君のごあいさつをお願いします。


○11番(西辻頼数) ただいま御指名をいただき、御承認をいただきましたのでございますが、池田議長の突然の一身上の都合により辞職ということで、大変町行政、財政的に、あるいはまた議会の運営上も大変厳しいものがあるわけでございまして、議員の皆様方もちろんのこと、御当局におかれましても、本町発展のためにいろいろ御協力をいただかないと、住民の安心ということが得られないと思いますので、今後ともよろしくお願いを申し上げまして、簡単でございますけれども、あいさつとさせていただきます。よろしくお願いをいたします。


○仮議長(北岡三於) これをもって臨時議長の職務を終わります。御協力ありがとうございました。


 しばらく休憩いたします。


              午後 0時00分 休憩


              午後 1時30分 再開


○議長(西辻頼数) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


 追加日程第3、議席の一部変更がございます。


 議長の選挙に伴い、会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部を変更します。


 1番、西辻君、11番、池田君。


 以上のとおりです。


 追加日程第4、選任第1号、常任委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。


 常任委員会委員の選任については、委員会条例第7号第1項の規定により、総務文教常任委員に、11番、池田君を指名したいと思います。


 これにご異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、ただいま指名しましたとおり、常任委員会委員に選任することに決定しました。


 なお、議長は常任委員会を辞退することになっていますので、御了承をお願いいたします。


 高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを提案されています。


 お諮りします。


 この際、日程に追加し、追加日程第5とし、議題にしたいと思います。


 ご異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、同意第6号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを日程に追加し、追加日程第5とすることに決定しました。


 西辻監査委員より辞任願が提出されています。


 副町長より朗読させます。


 高橋副町長。


○副町長(高橋寛治) 辞任願


 このたび、私儀、一身上の都合により、監査委員を辞任したいので許可くださいますようお願い申し上げます。


 平成20年9月29日   高野町監査委員 西辻頼数


 高野町長 後藤太栄殿


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) 追加日程第5、同意第6号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 提案の理由を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 同意第6号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについて


 下記の者を高野町監査委員に選任したいから、地方自治法第196条1項の規定により、議会の同意を求める。


 平成20年9月29日提出   高野町長 後 藤 太 栄


                   記


 氏  名 池田聖三。


 生年月日 昭和18年10月5日


 住  所 高野山20の49


 よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これをもって提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員  〔「なし」〕


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから、同意第6号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについてを採決します。


 本件は、原案のとおり同意することにご異議ありませんか。


〇議員  〔「異議なし」〕


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、同意第6号、高野町監査委員の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。


 日程第1、同意第3号、高野町副町長の選任につき同意を求めることについてを議題とします。


 本件について、提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 同意第3号、高野町副町長の選任につき同意を求めることについて。高野町副町長に下記の者を選任したいから、地方自治法第162条の規定により、議会の同意を求める。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


                   記


 住  所 高野町大字高野山673番地の1


 氏  名 高橋寛治


 生年月日 昭和19年4月1日 64歳


 提案理由は、任期満了による再任でございます。後に履歴をつけておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、同意第3号、高野町副町長の選任つき同意を求めることについてを採決します。


 この採決は起立によって行います。


 本件はこれに同意することに賛成の方は起立を願います


〇議員(起立多数)


○議長(西辻頼数) 起立多数です。


 したがって、同意第3号、高野町副町長の選任につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。


 では、同意されました高橋副町長の御就任のごあいさつをお願いいたします。


 高橋副町長。


○副町長(高橋寛治) ただいまは副町長の選任につきまして御同意を賜わり、ありがとうございました。


 私もこちらにお世話になりまして4年、明日、4年前の9月30日に議会で御承認していただきまして、任務につきまして4年間、町民の方、また議員の皆様よりいろいろ御指導いただきながら今日を迎えたとこのように感じている次第でございます。


 新しく御承認いただきまして、改めまして1からこの高野町を勉強いたしまして、皆様とともによりよい、そして安心・安全のまちづくりのために努力してまいりたいとこのように決意している次第でございます。


 今後ともぜひ御指導いただきまして、いろいろと不なれな点もあろうかと思いますけれども、町政の運営につきまして御指導いただきますようお願いいたしまして、愚意でございますけど、就任のあいさつにさせていただきます。お世話になりますがよろしくどうぞお願いいたします。(拍手)


○議長(西辻頼数) 日程第2、同意第4号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。


 本件について、提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 同意第4号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて。下記の者を高野町教育委員会委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求める。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


                   記


 住  所 和歌山県伊都郡高野町大字高野山46番地の28


 氏  名 目黒威徳


 生年月日 昭和12年12月16日 年齢70歳


 提案理由は、任期満了による再任でございます。略歴は後につけておりますので、よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、同意第4号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを採決します。


 この採決は起立によって行います。


 本件はこれに同意することに賛成の方は起立をお願いいたします


〇議員(起立多数)


○議長(西辻頼数) 起立多数です。


 したがって、同意第4号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。


 日程第3、同意第5号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 同意第5号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについて。下記の者を高野町教育委員会委員に任命したいので、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により、議会の同意を求める。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


                   記


 住  所 和歌山県伊都郡高野町大字高野山594番地


 氏  名 藤田光寛


 生年月日 昭和23年5月21日 年齢60歳


 提案理由は、任期満了による再任でございます。後に略歴をつけておりましたが、ちょっと抜けておるのがありましたので、訂正のものをお配りしております。それぞれで差しかえていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、同意第5号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについてを採決します。


 この採決は起立によって行います。


 本件はこれに同意することに賛成の方は起立をお願いします


〇議員(起立多数)


○議長(西辻頼数) 起立多数です。


 したがって、同意第5号、高野町教育委員会委員の任命につき同意を求めることについては、同意することに決定しました。


 日程第4、報告第2号、平成19年度高野町財政健全化判断比率について報告を求めます。


 中平会計管理者。


○会計管理者(中平光夫) 失礼いたします。


 報告第2号について説明申し上げます。


 報告第2号、平成19年度高野町財政健全化判断比率の報告について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条の規定により、高野町財政健全化判断比率について高野町監査委員の財政健全化審査意見書を付して、別紙のとおり報告します。


 平成20年9月26日 高野町長 後 藤 太 栄


 この報告は、北海道夕張市の突然の破綻を受け、地方公共団体の財政の健全化に関する法律が平成19年6月22日に公布されました。早期に財政の状態を把握し、破綻を防ごうとするもので、平成19年度決算より4つの比率を監査委員の審査を受け、意見書をつけて議会へ報告し、公表しなければならないこととなったもので、これに基づく報告でございます。


 次のページをお願いいたします。


 高野町の財政健全化判断比率の状況、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく平成19年度高野町の財政健全化判断比率は、次のとおりです。


 まず、実質赤字比率、黒字なので一応該当いたしません。斜線にしております。該当しない場合は報告しなくてもよいことになっております。


 それから、連結実質赤字比率、これも黒字なので該当しません。


 実質公債比率、13.7%。将来負担比率49.1%。下の行ですが、早期健全化の基準としまして、実質赤字比率では15%、連結実質赤字比率では20%、実質公債比率では25%、将来負担比率は350%、この基準を超えますと、早期健全化団体ということになりまして、財政健全化計画を計画を策定し、議会の議決を得て公表し、国や県へ報告しなければならないということになっております。


 参考に、該当しない項目も表示しますと、下のようになります。黒字ですのでマイナスで表示しております。実質赤字比率はマイナスの3.1%、連結実質赤字比率は15.23%でございます。実質は黒字ですので、黒字の比率とお考えいただけたらいいと思います。


 次のページに監査委員さんの意見書をいただいておりますので、よろしくお願いいたします。


 本年が最初の報告でございますので、4つの比率について簡単に説明申し上げます。


 もう一つの資料、算出資料というのをお願いします。


 平成19年度財政健全化判断比率算出資料、財政健全化を判断する4つの比率は、ともに標準財政規模を分母に使用しますということは、標準財政規模に対する比率でございます。そこで標準財政規模とは、そこに書いてるとおりですが、その年の普通交付税を算定するために、その年の税収や譲与税を推計します。これは6月に大体推計します。推計値ですので、決算高ではありません。推計値は税収や譲与税等、普通交付税、臨時財政対策債発行可能額を合わせたものが標準財政規模となります。平成19年度分を例にとりますと、下のとおりです。まず左側の表ですが、町民税から始まりまして、一番下の地方特例交付金まで、合計しますと5億3,751万1,000円でございます。これらは標準税収入額と呼ばれるものでございます。


 それから、右側の普通交付税、これは19年度の確定額でございます。13億5,609万8,000円、それから臨時財政対策債発行可能額、これが1億1,360万円、この3つを合わせたものが標準財政規模としまして20億720万9,000円でございます。この数字をもとに比率を出しております。通常、標準財政規模と申しますのは、今までは標準税収入額と普通交付税を合わせたものを呼んでおりましたが、この比率の計算をするところから、この比率を計算する場合は、臨時財政対策債発行可能額も加えるようになっております。


 次のページをお願いいたします。


 2ページでございますが、ここでは実質赤字比率及び連結実質赤字比率を算出する方法でございます。まず、実質赤字比率と申しますのは、一般会計と左上の表であるが、高野町では一般会計だけなのですが、特別会計のうちでも一般会計へロックするものというのがここへ入ります。何年か前の高野町でしたら、町有林会計がここにはまる。そのようなものでございます。一般会計の実質収支額、ここでは6,233万7,000円となってございますが、これを先ほどの1ページにありました標準財政規模20億720万9,000円で割りますと、3.1%で黒字ですので、マイナスの3.1%をあらわしております。ここで一般会計の実質収支のことなんですが、これは決算当初の数字でございます。決算書での実質収支額はこれより5,400万円多くて1億1,633万7,000円となっております。これはなぜその差が生じるかと言いますと、事業を繰り越した場合に、繰り越し財源のうちで、寄附金であるとか、基金の取り崩しは繰り越し財源を含めてはいけないというルールになっております。決算統計上は今年繰り越した事業の中で、金剛峯寺からの寄附金5,000万円、それから丹生川ダムの基金の取り崩し400万円がございました。決算書では、これらを含めて繰り越しの財源が一般財源では、それだけ少なくても済むわけなんですが、決算統計上はそれらは計上してはいけないということになっておりまして、その分、繰越金が壊れてしまう形になります。そこで、実質収支額が5,400万円減りまして、6,233万7,000円となってございます。


 続きまして、連結実質赤字比率でございますが、一般会計を含め、特別会計、すべての特別会計を含めたものがその範囲に入ります。左側の下、主に保険会計なんですが、一般会計以外の特別会計のうち、公営企業会計に属さないものということで、国民健康保険、それから老人保健、介護保険、国民健康保険富貴診療所特別会計、この4つの実質収支額の合計がここの小計の欄、1億1,186万2,000円でございます。


 それから、右側の右下の方の欄なんですが、法適応以外の公営企業会計、簡易水道会計、下水道会計、生活排水処理会計、農業集落排水会計、この4つ、これは左の保険会計や一般会計と同じように実質収支の額を使用します。この4つの会計の実質収支の合計が、この小計の欄ですが、537万8,000円となります。


 それから、右側の上、法適用企業、高野町では水道と病院がございます。法適用企業は、実質収支を使わずに資金の流れを考えて、流動手段から流動不在を引いたものを資金が不足している。あるいは譲与しているというふうにとらえます。水道の場合も病院の場合も、流動資産の方が多くなっておりますので、資金の剰余額ということがございます。その2つを合わせますと、1億2,622万8,000円となります。この4つのグループを合計した数字が右下の下から3行目、合計欄でございます。3億580万5,000円、これを標準財政規模で割りますと、15.23%で黒字ですのでマイナスの15.23%という記入をしております。


 次、3ページをお願いいたします。


 次の比率、実質公債比率の算出の資料でございます。


 実質公債比率は、先ほどの一般会計、特別会計に加えまして、その範囲が一部事務組合、あるいは広域連合の方まで広がります。複雑な割り算のようですが、重要なのがこのまず17年度の営業比率をお願いしたいんですが、分子、?、?、?とあります。?、?、?は、まず?でございますが、公債費充当一般財源となっておりますが、一般財源で賄われた公債費の額でございます。高野町には、公債費を賄い特定財源としまして、住宅使用料がございます。住宅使用料で賄われた公債費は、控除しております。それから、?でございます。公営企業の償還に充てられた繰出金ということで、特別会計を繰り出したお金の中で、起債の償還に充てられたと思われる額がここへ?になります。それが1億5,259万2,000円、それから?でございます。これは一部事務組合や広域連合へ出した負担金のうち、起債の償還に充てられたもの、及び一時借入金の利息がここに入ります。この年は57万9,000円でございました。この3つを分子としまして、分母は?、?、?、先ほどの標準財政規模でございます。そして右側にあります?から?、これは同じものが分子にも分母にもございます。これは?から?は何か申しますと、普通交付税に参入された公債費ということでございますので、正しい比率を出すために分母からも分子からも控除することになっております。そうして割り算したものがこの28の四角の0.1608496、パーセントで言いますと16.08%というふうになります。


 同じように18年度、19年度を出しまして、3年の平均を出したものが13.7%になります。これが実質公債比率の数値でございます。


 それから、4ページをお願いいたします。


 将来、負担比率の算出資料でございます。将来負担比率の範囲は、先ほどのまでのところへ地方公社や第三セクターを加えることになっております。高野町には幸い、そういう公社、第三セクターございませんので、0の数字となります。まず将来負担額、これ括弧書きが将来負担額の合計額です。59億2,941万6,000円、内訳は地方債の現在高40億2,351万9,000円、これは一般会計の今現在の地方債の残高でございます。それから一つ飛びましお手、公営企業債等繰入見込み額、特別会計等へ繰り出すときに、公債費に当たるであろう、または公債費のために一般会計が繰り出さなければならないというようなお金でございます。これが10億4,901万8,000円ございます。それから、一部事務組合等の負担の見込み額9,160万9,000円、これは主に広域のごみ関連の公債費に対する負担金の見込みでございます。将来、まだここがもう少し膨らんでくるかなと思われます。これは19年度末のものでございますので、9,160万9,000円しか載っておりません。次に、退職手当負担見込み額、これは一般会計の職員が全員普通退職により退職した場合の必要な退職金の負担の見込み額でございます。この4つを合わせまして、将来負担額ということになります。


 次に、充当可能財源等、これが括弧書きの51億5,738万1,000円ございます。その中身は何かと言いますと、充当可能基金、今持っておりますすべての基金を充当可能基金というふうに含めることができます。


 次に、充当可能特定歳入でございますが、これは高野町の場合は、公営住宅の使用料を充てて、住宅建設の起債に充てる分でございます。逆に言えば、5億789万8,000円、公営住宅の建設事業債の残高があるということでございます。今のところすべて住宅使用料で賄われておりますので、全額が充当可能財源というふうに算定しております。


 次の、一つ飛びまして右端ですが、基準財政需要額、算入見込み額、これは高野町の地方債全体の普通交付税で賄われている、基準財政需要額に算入ができております、できる見込みのありますものでございます。これが34億9,990万1,000円でございます。


 比率はこの将来負担額から充当可能財源を引いたものを分子としまして、分母は先ほどの標準財政規模、Cのところです。そこからまた正しい比率を算出するために、4億3,668万9,000円引いております。これは何かと申しますと、先ほど3ページにございました?から?の普通交付税に算入されるべき公債費でございます。これを正しい比率を算出するために控除します。引いたものが15億7,052万円、これを分母として計算したものが49.1%、高野町の将来負担率49.1%でございます。


 以上の4つの比率なんですが、全国的な中継当該もまだありませんので、何とも言えないんですが、飛び抜けてよいとも悪いとも言えない比率だと考えております。


 参考に県が算定値で発表しましたランキングによりますと、高野町は県下30市町村の中で実質赤字比率は15位、連結実質赤字比率は12位、実質公債比率は16位、将来負担比率は7位、このようなランクでおります。


 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで報告第2号を終わります。


 日程第5、承認第13号、専決処分の承認を求めることについて、高野町特別職報酬当審議会条例の一部を改正する条例についてを議題とします。


 本件について、提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 承認第13号、専決処分の承認を求めることについて、高野町特別職報酬当審議会条例(平成元年高野町条例第6号)の一部を改正する条例については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したから、同条第3項の規定により、これを報告し議会の承認を求める。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


 次のページお願いいたします。


 専  決第13号、専決処分書、地方自治法179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成20年8月29日提出   高野町長 後 藤 太 栄


                   記


 次に、高野町特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例、別紙のとおりつけております。提案理由につきましては、地方自治法の一部改正の施行日が平成20年9月1日であり、議員報酬の支給日の9月15日までに条例整備が必要であったための専決でございます。


 内容につきましては、文言だけの訂正になっております。


 3枚目をお願いいたします。


 高野町特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例、高野町特別職報酬等審議会条例、平成元年高野町条例第6号の一部を次のように改正する。


 第2条中、議員の報酬を議員報酬に改める。附則、この条例を平成20年9月1日から施行する。


 次のページに新旧対照表をつけておりますので、よろしくお願いしたいと思います。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、承認第13号、専決処分の承認を求めることについて、高野町特別職報酬当審議会条例の一部を改正する条例についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、承認第13号、専決処分の承認を求めることについて、高野町特別職報酬当審議会条例の一部を改正する条例について、原案のとおり承認することに決定しました。


 日程第6、承認第14号、専決処分の承認を求めることについて、高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 承認第14号、専決処分の承認を求めることについて、高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例(昭和38年高野町条例第16号)の一部を改正する条例については、地方自治法第179条第1項の規定により、別紙専決処分書のとおり専決処分したから、同条第3項の規定によりこれを報告し、議会の承認を求める。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


 次のページをお願いいたします。


 専決第14号、専決処分書、地方自治法第179条第1項の規定により、下記のとおり専決処分する。


 平成20年9月29日   高野町長 後 藤 太 栄


 これにつきましても、先ほどと同じく地方自治法の一部改正が平成20年9月施行日が20年の9月1日でありまして、議員報酬の支給日の9月21日までに条例整備が必要であったための専決でございます。


 次のページをお願いいたします。


 高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例


 高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例(昭和38年高野町条例第16号の一部を次のように改正する。


 題名中、議員の報酬を議員報酬に改める。第2条中、議員の報酬を議員報酬に改める。


 附則、昭和47年条例第5号中、議員の報酬を議員報酬に改める。


 この条例は平成20年9月1日から施行するということで、これについても文言だけの改正になっております。後に新旧対照表をつけております。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、承認第14号、専決処分の承認を求めることについて、高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。


 お諮りします。


 本件は、承認することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、承認第14号、専決処分の承認を求めることについて、高野町議会議員の報酬、期末手当及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例については、原案のとおり決定しました。


 日程第3号から日程第16号、日程第12号までの10議案を一括議題とします。


 本件について提案理由の説明を求めます。


 中平会計管理者。


○会計管理者(中平光夫) 失礼いたします。平成19年度決算について説明申し上げます。


 お配りしておりますこの総括資料をよろしくお願いします。


 まず1ページをお願いいたします。


 平成19年度一般特別会計歳入歳出決算収支の状況としまして、まず一般会計、最終の予算額34億3,656万2,000円、歳入決算額33億99万4,000円、歳出決算額31億2,511万円、差し引き1億7,688万4,000円、翌年度に繰り越すべき財源6,054万7,000円、実質収支1億1,633万7,000円、単年度収支マイナスの2,096万8,000円、積立金676万2,000円、実質単年度収支マイナスの1,420万6,000円でございます。


 次に、国民健康保険特別会計、予算額6億5,105万2,000円、歳入決算額6億3,782万9,000円、歳出決算額5億4,706万4,000円、差引額及び実質収支額、同額でございます。9,076万5,000円、単年度収支マイナスの157万8,000円、積立金38万4,000円、実質単年度収支119万4,000円でございます。


 国保富貴診療所特別会計予算額8,180万円、歳入決算額8,148万円、歳出決算額7,873万3,000円、差引額及び実質収支、同額でございます。274万7,000円、単年度収支及び実質単年度収支同額で41万4,000円でございます。


 簡易水道特別会計、予算額3,335万6,000円、歳入決算額3,364万5,000円、歳出決算額3,207万9,000円、差引額及び実質収支、同額です。156万6,000円、単年度収支及び実質単年度収支同額で50万7,000円でございます。


 富貴財産区特別会計、予算額708万円、歳入決算額533万8,000円、歳出決算額528万9,000円、差引額及び実質収支同額で4万9,000円でございます。単年度収支マイナスの14万7,000円、積立金19万7,000円、積立金取り崩し額5万2,000円、実質単年度収支マイナス2,000円でございます。


 次に、老人保健特別会計、予算額6億9,325万2,000万円、歳入決算額6億9,313万4,000円、歳出決算額6億9,222万円、差引額及び実質収支同額で91万4,000円、単年度収支及び実質単年度収支同額で2,793万5,000円でございます。


 次に、下水道特別会計、予算額3億8,681万3,000円、歳入決算額3億8,498万5,000円、歳出決算額3億8,331万2,000円、差引額及び実質収支同額で167万3,000円、単年度及び実質単年度収支同額で328万3,000円でございます。


 次に、農業集落排水事業特別会計、予算額2,010万2,000円、歳入決算額2,003万6,000円、歳出決算額1,987万7,000円、差引額及び実質収支同額で15万9,000円、単年度収支及び実質単年度収支同額でマイナスの20万8,000円でございます。


 介護保険特別会計、予算額4億2,936万4,000円、歳入決算額4億2,934万7,000円、歳出決算額4億1,191万1,000円、差引額及び実質収支同額で1,743万6,000円でございます。単年度収支はマイナスの481万4,000円、積立金7万円ございます。それで実質単年度収支がマイナスの474万4,000円でございます。


 次に生活排水処理事業特別会計、予算額2,402万3,000円、歳入決算額2,386万円、歳出決算額2,188万1,000円、差引額及び実質収支同額で197万9,000円、単年度収支マイナスの58万5,000円、積立金取り崩し額は127万2,000円、実質単年度収支マイナスの185万7,000円でございます。


 合計額が予算額57億6,340万4,000円、歳入の決算額の合計額は56億1,164万8,000円、歳出決算額が53億1,747万6,000円、差引額が2億9,417万2,000円、翌年度に繰り越すべき財源が6,054万7,000円、実質収支が2億3,362万5,000円、単年度収支がマイナスの5,942万5,000円、積立金741万3,000円、積立金取り崩し額が132万4,000円、実質単年度収支がマイナスの5,333万6,000円でございます。


 次のページをお願いいたします。


 これは歳入歳出ともに対前年度と比べた表でございます。


 まず歳入の合計でございます。全会計合わせますと、2億4,253万7,000円増加しております。それから歳出の総合計でございますが、これも全年度に比べまして2億7,231万4,000円増加しております。


 3ページをお願いいたします。


 これは一般会計の款別の内訳表でございます。1款から21款までの合計の欄でございます。予算現額34億3,656万2,000円、調定額が33億4,251万2,000円、収入済額33億199万4,000円、不納欠損金353万4,000円、未収入額3,698万4,000円、予算に対する比較では、マイナスの1億3,456万8,000円、収入割合でございます。予算に対しては96.1%、調定に対しては98.8%、それから主な収入の割合は、上の町税が12.9%、地方交付税が52.2%、国庫支出金が7.2%、地方債が8.2%になるとなっております。


 18年度の決算と比べますと、1947万1,000円増でございます。


 次の4ページは、3ページの数字を円グラフであらわしたものでございます。


 19年度の欄でございますが、収入の中で、自主財源、依存財源に大きく分けてグラフをつくっております。自主財源は7億8,363万6,000円、26.2%、それ以外は依存財源で22億836万4,000円、73.8%となっております。


 18年度を参考に右側にあげております。


 次、5ページをお願いいたします。


 5ページは、町税、町民税等の徴収実績の表でございます。一応、合計欄を読んでいきます。予算額4億2,669万6,000円、評定額現年滞納合わせました調定額が4億4,241万4,000円、収入済額の現年滞納を合わせたものが4億2,749万4,000円、不納欠損額が345万1,000円、収入見込み額が1,146万9,000円、徴収率は現年分が99.1%、耐能文が28.2%、合計で96.6%でございます。18年度の決算と比較しますと、4,275万4,000円増加しております。


 6ページをお願いいたします。


 一般会計の目的別、款別の内訳でございます。


 1款から14款までありまして、合計を読んでいきます。


 予算現額34億3,656万2,000円、支出済額31億2,511万円、翌年度繰越額1億5,936万6,000円、不用額1億5,208万6,000円、不用額のうち、予備費を除きますと、実質1,773万円の不用額となっております。


 18年度の決算と比較しますと、1,079万1,000円増加しております。


 7ページをお願いいたします。


 これは一般会計の歳出の性質別の内訳でございます。


 決算統計の数値でございます。一応、この表で計上収支比率を算出しております。経常収支比率は、右側から数えて4列目になっております。まず人件費で38.3%、物件費で12.6%、維持補修費0.1%、扶助費1.4%、補助費等10.3%、公債費23.8%、繰出金9.5%、合計で96.1%となっております。


 8ページに今の数値の円グラフをつけております。


 このうち、歳出のうち、義務的経費、投資的経費、消費的経費に大きく3つに分類して、グラフをつくっております。


 参考に右側に18年度の同じデータを円グラフにしておりますので、参考にしてください。


 9ページをお願いいたします。


 9ページは、一般会計からの繰出金でございます。一番右端、19年度の数値でございます。病院会計へ1億1,000万円、水道会計はありません。国保会計へ5,945万円、国保富貴診療所会計へ1,600万円、簡易水道会計へ2,200万円、老人保健会計へ5,481万1,000円、下水道会計へ1億1,300万円、農業集落排水会計へ1,700万円、介護保険会計へ5,644万7,000円、生活排水会計へ1,180万円、合計で4億6,050万8,000円、18年度と比べますと30万2,000円の減でございます。


 次に、特別会計からの繰入金でございます。


 19年度の欄、富貴財産区会計より400万円でございます。これは昨年より300万円減となっております。


 10ページをお願いいたします。


 10ページは、交付税及び標準財政規模の推移でございます。平成19年度の欄をお願いします。下から2行目でございます。


 基準財政収入額4億2,174万9,000円、基準財政需要額17億8,062万2,000円、普通交付税が13億5,609万8,000円、特別交付税が3億6,628万7,000円、交付税合計が17億2,238万5,000円、前年に比べまして0.5%の伸びでございます。標準財政規模が18億9,360万9,000円、ここの標準財規模には先ほどありました臨時財政対策債発行可能額は加えておりません。


 11ページをお願いいたします。


 まず左側です。桜ヶ丘団地の売却状況でございます。19年度売却額のところですが、3区画407.24平方メートル売却しております。そして19年度末の残存分が78区画で1万678.63平方メートルとなっております。


 それから底地にかかる基金の状況でございます。一番下の行でございますが、平成19年度売却分3区画407万2,000円は、基金へ積み立てております。それから右側の表でございます。これは平成19年度高野町基金の推移でございます。すべての基金の推移でございます。


 まず一般会計の分の小計の欄、18年度末の残高が11億7,328万2,030円、積立金の内訳、率としまして384万7,000円、新規の積み立てが8,668万9,000円、取り崩し額が4,696万円、平成19年度末の残高が12億1,685万8,030円でございます。前年度末より4,357万6,000円増加しております。


 次に、特別会計の小計の欄でございます。18年度末残高が1億8,496万9,338円、積立金の利子が45万7,172円、新規が19万7,145円、取り崩し額が132万3,560円、合計19年度末残高が1億8,430万95円でございます。前年度末よりは66万9,243円減少しております。総合計でございます。総合計18年度末残高が13億5,825万1,368円、積立金の利子が430万4,172円、新規の積み立てが8,688万6,145円、取り崩し額が4,828万3,560円、19年度末の残高が14億115万8,125円でございます。すべての基金の合計は、前年度末と比べますと4,290万6,757円増加しております。


 12ページをお願いいたします。


 12ページと13ページ、14ページは、決算統計の起債に係る部分の表でございます。まず12ページの地方債現在高の状況という行でございます。細かくて申しわけないんですが、一番下の合計のところ、読んでいきます。


 18年度末現在高41億7,544万6,000円、19年度発行額2億6,970万円、元金償還額の合計が5億826万7,000円、財源内訳でございます。特定財源が2,783万7,000円、これは先ほどの説明にもありましたが、住宅使用料でございます。一般財源が4億8,043万円、差し引きの現在高が40億351万9,000円となっております。この残高は、決算統計所の残高でございます。まだ差があるということを申し上げなければならないのですが、実際の残高はこれより2,000万円多くて、40億2,351万9,000円でございます。この2,000万円の差は何かと申しますと、決算統計上は満期一括で返す起債の実際は償還しないんですが、満期一括償還のために減債基金へ積み立てていくような起債はその減債基金へ積み立てたお金を実際は起債が償還したという形にしなさいというルールがあります。決算統計上は、今年は金剛峯寺からお借りします部分2,000万円積んでおりますので、この2,000万円は決算統計上は償還が済んだということにしなさいというルールでございますので、実際は少なくなっております。


 最後の満期一括の償還のときにまた精算をするというような形でございます。今年が2,000万円差ができて、来年同じことをすれば4,000万円の差ができてくるとそういうような形でございます。


 次に13ページお願いいたします。


 13ページは、借入先と利率別の表でございます。左側が借入先、それから上の横へいっているのが利率別の残でございます。合計欄を見ますと、差し引き現在高は先ほどの40億351万9,000円でございますが、それの内訳がこの1.5%以下、2.5%以下とこの何台かにも分かれておりますが、利率別の残額が右に並んでいる数字でございます。例えば1.5%以下の起債が20億6,879万6,000円ありますよというような表でございます。次に1.5%から2%までのものが12億7,451万2,000円ありますよというような表でございます。


 次に、14ページお願いいたします。


 14ページの地方債年度別償還状況という表でございます。これは今現在借り入れている起債の今後10年間の償還の内容をあらわしております。これから借り入れ起債は含まれておりませ。現在借り入れている起債の次の10年間に償還していかなければならない金額でございます。


 次に15ページをお願いいたします。


 15ページは、財政指数の主なものでございます。


 これも字が細かくて申しわけないんですが、まず最初の一番左端、財政力指数でございます。高野町がこの網かけになっている分、23.7%、下から数えて4番目というところでございます。財政力指数の高いのは和歌山市、岩出市、海南市などがベスト3でございます。財政力指数が低いのはすさみ町、古座川町、北山村が高野町より下ということでございます。


 次に、実質収支でございます。これは19年度は高野町は3.1%で他の町村の分は18年度の分しかわかりませんが、18年度で実質収支の高かったところは古座川町、太地町、それから美浜町が指数が高うございます。それから指数の低いところでは、岩出市、御坊市、湯浅町となっております。


 次に、経常収支比率でございます。高野町の経常収支比率は、先ほどと同じで96.1%でございます。これも指数の低いところが財政状況のいいところといいんですか、低いところは古座川町、それから広川町、印南町、それから指数の高いところは北山村、御坊市、それから湯浅町、この3つが比率が高いところでございます。


 次に、公債比率、起債制限比率は一般会計だけのものですので省略しまして、右の実質公債比率でございます。先ほども出てきましたが、高野町は13.7%、和歌山県下では16位でございました。昨年は17位でございました。県の暫定値のランキングでは、指数のいい低い方は太地町、美浜町、広川町、指数の高いところはみなべ町、田辺市、北山村となっております。


 以上でございます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで、提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 お諮りします。


 本件については、5名の委員をもって公正する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、本件については5名の委員をもって公正する決算審査特別委員会を設置し、これに付託の上審査することに決定しました。


 ただいま設置されました決算審査特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、2番北岡君、4番所君、6番負門君、7番平野君、9番東久保君、以上5名を指名したいと思いますが、これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 よって、ただいま指名しました5名の諸君を決算審査特別委員会委員に選任することに決定しました。


 決算審査特別委員会は9月30日、10月1日の午前9時30分から開会したいと思いますので、委員の皆様の御出席をお願いいたします。


 なお、監査委員の出席もお願いいたします。


 日程第17、議案第40号、平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)についてを議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 議案第40号、平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)。


 平成20年度高野町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,590万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ30億5,440万円と定める。


 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。債務負担行為第2条地方自治法第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は第2条債務負担行為による。地方債の補正、第3条、地方債の変更は、第3表地方債の補正による。


 平成20年9月26日提出   高野町長 後 藤 太 栄


 7ページへお願いいたします。


 債務負担行為、事項、塵芥収集運搬業務委託事業、期間、平成21年度、限度額4,500万円、8ページをお願いいたします。地方債の補正、起債の目的、一般廃棄物処理事業債、限度額1億1,790万円、起債の方法、証書または償金借り入れ、利率4.5%以内、ただし技術見直し方式で借り入れる政府資金及び高齢企業金融公庫資金について技術の見直しを行ったあとにおいては、当該見直し後の利率、償還の方法、償還後、期限については借入先の条件に従う。ただし、町行政の事情により償還期間を短縮し、もしくは繰上償還または定時に借り換えすることができる。補正後、限度額7,920万円、起債の方法、利率償還の方は以上でございます。


 補正されなかった地方債、限度額1億3,000万円、補正前、起債の方法、利率、償還の方は先ほどと同じでございます。補正後1億3,000万円、起債の方、利率、償還の方は同じでございます。


 計、限度額2億4,790万円、補正後の額2億920万円でございます。


 13ページをお願いいたします。


 歳入10款地方交付税、1項地方交付税、1目地方交付税、補正額9,806万6,000円、補正後の額17億1,806万6,000円、1節地方交付税9,806万6,000円、12款分担金及び負担金、2項負担金、3目商工費負担金、補正額885万円、補正後の額885万円、1節観光費負担金885万円、14款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、補正額25万円、補正後の額3,115万9,000円、1節社会福祉国庫負担金25万円、2目災害復旧費国庫負担金、補正額66万7,000円、補正後の額66万7,000円、1節公共土木施設災害復旧費国庫負担金で66万7,000円です。


 2項国庫補助金、4目衛生費国庫補助金、補正額2,153万3,000円の減額、補正後の額、4,134万3,000円、1節衛生費国庫補助金2,153万3,000円の減額です。


 15款県支出金、1項県負担金、2目民生費県負担金、補正額12万5,000円、補正後の額5,127万8,000円、1節社会福祉費県負担金12万5,000円、次のページ、2項県補助金、2目民生費県補助金、補正額70万円、補正後の額1,243万8,000円、1節社会福祉費県補助金70万円、3目農林業費県補助金、補正額15万6,000円の減額、補正後の額683万9,000円、1節農業費県補助金23万円の減額、2節林業費県補助金7万4,000円、4目教育費県補助金補正額17万円の増額、補正後の額49万円、1節教育費県補助金17万円の増額、7目商工費県補助金、補正額900万円の増額、補正後の額900万円、1節商工費県補助金で900万円です。


 3項県委託金、2目農林業費県委託金、補正額9,000円の減額、補正後の額が8万8,000円、1節農業費県委託金で9,000円の減額です。


 次のページをお願いいたします。


 18款繰入金、2項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金、補正額7,140万円の減額、補正後の額8,860万円、1節財政調整基金繰入金7,140万円の減額、19款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、補正額4,057万1,000円の増額、補正後の額1億1,633万6,000円、1節前年度繰越金で4,057万1,000円の増額です。


 20款諸収入、4項雑入、9目雑入、補正額929万9,000円の増額、補正後の額2,327万1,000円、1節雑入929万9,000円の増額、21款地方債、1項地方債、1目衛生債、補正額3,870万円の減額、補正後の額7,920万円、1節一般廃棄物処理事業債で3,870万円の減額です。


 18ページお願いいたします。


 歳出2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、補正額51万2,000円の増額、補正後の額2億4,109万2,000円、7節賃金51万2,000円の増額、4目会計管理費、補正額15万4,000円の増額、補正後の額99万2,000円、12節役務費で15万4,000円の増額、2目財産管理費、補正額136万8,000円の増額、補正後の額3,120万円、11節需用費27万4,000円、12節役務費13万5,000円、14節使用料及び賃借料88万3,000円、27節効果費7万6,000円それぞれの増額です。6目企画費、補正額1,977万4,000円の増額、補正後の額5,131万7,000円、2節給料1,169万円、3節職員手当等521万5,000円、4節共済費286万9,000円のそれぞれの増額、8目支所費、補正額66万5,000円の増額、補正後の額797万6,000円、11節需用費7万8,000円の増額、15節工事請負費58万7,000円の増額、12目防災諸費、補正額4万8,000円、補正後の額544万2,000円、7節賃金で4万8,000円の増額、17目人権推進費、補正額2万円の増額、補正後の額237万3,000円、11節需用費2万円の増額です。20目諸費、補正額11万8,000円の増額、補正後の額2,030万8,000円、19節負担金、補助及び交付金で11万8,000円の増額です。


 次のページお願いいたします。


 2款総務費、2項徴税費、1目税務総務費、補正額1,476万8,000円、補正後の額4,250万1,000円、2節給料316万7,000円、3節職員手当等191万7,000円、4節共済費91万円、13節委託料854万7,000円、14節使用料及び賃借料22万7,000円のそれぞれの増額、2目賦課徴収費、補正額359万8,000円の増額、補正後の額589万5,000円、23節、償還金利子及び割引料で359万8,000円の増額です。


 3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉費総務費、補正額485万8,000円、補正後の額1億7,683万3,000円、8節報償費10万円、12節役務費2万1,000円のそれぞれの増額、19節負担金、補助及び交付金で45万円の減額、20節扶助費で165万円、23節償還金利子及び割引料で353万7,000円それぞれの増額です。2目老人福祉総務費、補正額34万5,000円、補正後の額1億8,740万5,000円、23節償還金利子及び割引料で34万5,000円の増額、3目国民年金事務取扱費、補正額398万1,000円、補正後の額826万2,000円、2節給料231万3,000円、3節職員手当等107万5,000円、4節共済費59万3,000円それぞれの増額です。


 2項児童福祉費、2目母子福祉費、補正額21万5,000円の増額、補正後328万7,000円、8節報償費20万円、23節償還金利子及び割引料で1万5,000円それぞれの増額、5目富貴保育所費、補正額51万1,000円、補正後の額1,355万円、3節職員手当等40万4,000円、4節共済費10万7,000円それぞれの増額です。7目高野山保育所費、補正額389万2,000円の減額、補正後の額5,296万円、2節給料で279万2,000円の減額、3節職員手当等113万8,000円の減額、4節共済費66万2,000円の減額、11節需用費で70万円の増額、9目町外保育所費、補正額99万円、補正後の額136万9,000円、13節委託料99万円の増額です。


 4款衛生費、1項保険外衛生費、2目予防費、補正額12万円の増額、補正額の額822万円、23節償還金利子及び割引料で12万円の増額。3目母子保健費、補正額116万3,000円、補正後の額301万8,000円、7節賃金19万2,000円、20節扶助費97万1,000円、それぞれの増額です。


 4目診療所費、補正額530万円、補正後の額1億3,580万円、28節繰出金で530万円の増額です。


 3項清掃費、2目塵芥処理費、補正額6,283万8,000円の減額、補正後の額2億5,155万円、11節需用費151万1,000円、12節役務費25万1,000円のそれぞれの増額で、15節工事請負費6,460万円の減額です。4項上下水道費、2目下水道施設費、補正額400万円の増額、補正後の額1億4,480万円、28節繰出金で400万円の増額です。


 6款農林業費、1項農業費、2目農業総務費、補正額1,134万2,000円の減額、補正後の額3万3,000円、2節給料650万7,000円の減額、3節職員手当等340万2,000円の減額、4節共済費143万3,000円の減額、3目農業振興費18万8,000円の減額、補正後の額224万円、11節需用費28万4,000円、18節備品購入費4万8,000円それぞれの増額、19節負担金補助及び交付金52万円の減額、2項林業費、1目林業総務費、補正額80万4,000円、補正後の額529万9,000円、3節職員手当等76万4,000円、4節共済費4万円それぞれの増額、2目林業振興費、補正額10万円、補正後の額1,503万5,000円、19節負担金、補助及び交付金で10万円の増額です。


 7款商工費、1項商工費、3目観光費補正額1,711万9,000円の増額、補正後の額8,950万8,000円、2節給料953万6,000円の減額、3節職員手当等426万8,000円の減額、4節共済費200万7,000円の減額、9節旅費11万3,000円の増額、11節需用費86万円の増額、12節役務費18万7,000円の増額、13節委託料594万円の増額、15節工事請負費2,463万3,000円の増額、18節備品購入費19万7,000円の増額です。


 8款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費、補正額489万1,000円、補正額後の額3,231万8,000円、2節給料210万7,000円、3節職員手当等109万3,000円、4節共済費70万4,000円、13節委託料98万7,000円のそれぞれの増額です。


 次のページお願いいたします。


 2項道路橋梁費、1目道路維持費、補正額560万円、補正後の額4,335万1,000円、15節工事請負費で560万円の増額、2目道路新設改良費、補正後665万円の増額、補正後の額2,564万2,000円、15節工事請負費で665万円の増額です。3項河川費、1目河川維持費、補正額250万円、補正後の額273万5,000円、15節工事請負費で250万円の増額です。4項都市計画費、1目都市計画総務費、補正額1万2,000円、補正後の額142万2,000円、19節負担金、補助及び交付金で1万2,000円の増額、2目公園費、補正額350万円の増額、補正後の額469万7,000円、15節工事請負費と請負費で350万円の増額です。5項住宅費、1目住宅管理費、補正額237万7,000円の増額で、補正後の額が1,355万9,000円、11節需用費で200万円、13節委託料で35万7,000円、23節償還金、利子及び割引料で2万円それぞれの増額です。


 9款消防費、1項消防費、1目常備消防費、補正額が34万6,000円、補正後の額1億4,276万4,000円、18節備品購入費で34万6,000円の増額です。10款教育費、1項教育総務費、2目事務局費、補正額29万9,000円の増額、補正後の額5,677万1,000円、2節給料9万9,000円、7節賃金10万4,000円、12節役務費9万6,000円それぞれの増額です。3目教育諸費、補正額35万円の増額、補正後の額916万円、13節委託料で35万円の増額、2項小学校費、1目小学校管理費、補正額6万円、補正後の額2,002万円、13節委託料6万円の増額、2目教育振興費、補正額17万1,000円の増額、補正後の額401万1,000円、19節負担金、補助及び交付金で17万1,000円の増額です。3項中学校費、2目教育振興費、補正額8万3,000円の増額、補正後の額486万3,000円、19節負担金、補助及び交付金で8万3,000円の増額、4項社会教育費、8目教師編さん費、補正額146万7,000円の増額、補正後の額は1,500万1,000円です。7節賃金57万円、9節旅費51万1,000円、11節需用費31万6,000円それぞれの増額です。5項保健体育費、1目保健体育総務費、補正額2万7,000円の増額、補正後は208万円です。1節の報酬で2万7,000円の増額、2目給食センター費で466万4,000円の増額、補正後の額6,966万9,000円、2節給料279万2,000円、3節職員手当等113万8,000円、4節共済費66万2,000円、13節委託料7万2,000円、それぞれの増額です。6項文化財費、1目文化財管理費、補正額10万2,000円の増額、補正後1,538万4,000円、19節負担金、補助及び交付金で10万2,000円の増額です。11款災害復旧費、1項公共土木施設災害復旧費、1目現年災害復旧費、補正額162万円、補正後の額が168万1,000円、11節重要費7万円、15節工事請負費で155万円それじれの増額です。


 14款予備費、1項予備費、1目予備費、補正額9万円の減額、補正後の額が2,034万3,000円です。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) 1点だけお尋ねをいたしたいと思います。


 28ページの商工費ですね。工事請負費。一の橋公衆トイレの新設工事についてお伺いするものでございます。この15節工事請負費並びにその上の13節の委託料、これを合わせますとトータル2,666万5,000円となります。前回も約これぐらいの金額で伽藍のトイレができておったと思いますけども、今回もこのプロポーザル方式を採用するのかどうか、それをまずお聞きしたいと思います。


 それから、この工事請負費の2,446万5,000円の中には、この取り壊し料も含んでおるのかどうかということもあわせて御答弁をいただきたいと思います。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 失礼いたします。ただいまいただきました御質問の件で、一の橋公衆トイレの新設工事の件でございます。この件につきましては、総本山金剛峯寺の方と観光協会の方とも事前に協議も終わっておりますし、大変トイレが見苦しいというふうな苦情もいただいております。男女別にも分かれておりませんし、多目的トイレもないということで、奥の院参道の入口ということで、今回、補正をあげさせていただきました。


 この件につきましては、和歌山県の観光連盟の補助金、並びに本山からの御負担もいただきまして、これだけの金額のトイレを改修、新築ということでプロポーザルの方式というよりも、観光協会の案内所が建っております。その横へ併設して同じようなデザインで建てるという形で、今回、町の方で内容につきまして検討してございます。


 それと、今回、トイレの中で、トイレの設計で一つ、環境に優しいということで、無水便器を1回つくってみようということで、男子の小便器に水が流れない無水便器、費用的にもそんな従来と変わりませんし、今、駅とか、商業施設で導入されております。そういうこちらからの提案、要望が設計の方でお願いするような感じで、こちらの方でデザイン、中身については希望を出してございます。


 取り壊しにつきましては、費用、この中で概算設計でございますので、入札等の差金も生じてくると思いますので、その分で賄いたいということを考えてございます。もし必要であれば、また従来、金剛峯寺の所有の便所ですので、その辺検討しながらという形になってまいりますが、今、あげております金額、あくまでも概算設計でございますので、その辺でまたできるんじゃないかなというふうな考えております。


 また、精算等につきましても、議会の方で御審議いただきたいと思いますので、その節よろしくお願いしたいと思います。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) 2番、北岡君。


○2番(北岡三於)  プロポーザルではないと。周囲の環境に合わせたような設計になっておると。それからまた、もう一つは、無水便器を使用すると。これはなかなかいいことだと思います。この無水便器ですが、私も経験もあるんですが、あちこちで見ることもあるんですけども、あとの高野山内の公衆トイレは掃除する方ですね。11カ所の公衆トイレを掃除する方、私も時々見て回るんですけれども、確かに掃除した後はきれいでいいんですけれども、なぜか入口を開けたとたんから水がしっかりあるわけですね。べちゃべちゃなんですね。ですから、皆さんも御経験あると思うんですけれども、他の観光地なんかに行って、戸を開けたとたんにべたべたのトイレを入るのは嫌だなという感じがしょっちゅうしますので、この床に水を流してでもすぐ排水できるような今度は床の設計、これはしっかり考えていただきたいと思うんですわ。恐らく掃除する方も一生懸命掃除してくれているのはわかるんですけれども、毎回水は最後まで処分してくれない。そのままくつで踏んだらはねが飛ぶくらい水が残っているところもかなりあるのは事実なんです。あちこち見て回りまして。ですから、そういうことのないように、私、それだけ一つ、御答弁いただけたらありがたいと思うんですが、御答弁いただけるでしょうか。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 床の水につきましても、1回設計の方と、再度打ち合わせするなり、掃除の方法にちょっと問題があるんじゃないかなと思います。それで今年に2人の方に委託しているわけでございますが、デッキ等を使って水を掃除した後抜くとか、これ掃除方法でどないか解決できるんじゃないかなと思いますので、その辺もあわせて、もし設計の方でそういう配慮ができるのであれば、設計の方を入れるなり、また掃除方法を改善するなりで一般の方に迷惑かからないように善処していきたいと思います。


 以上です。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


 4番、所君。


○4番(所 順子)  16ページのやる気観光地域魅力アップ300万円の説明の内容を説明していただきたいのと、あと20ページの委託料、システム作成委託料382万2,000円とその下の地方納税業務委託料をお願いします。もう一つ、その下のサービスプログラム委託料。


 それと、28ページ、委託料、観光ナビコンテンツ300万円とその下の一の橋公衆トイレ管理委託料220万円、そこの説明とそれとその下の世界遺産情報センター看板設備工事と31ページのシステム修正委託料35万7,000円、それだけお願いします。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 16ページでございます。20款の諸収入のやる気観光地魅力アップ協働事業負担金の300万円でございます。これにつきましては、社団法人の和歌山県観光連盟が県の観光課の中にあるわけですが、やる気のある観光地の事業には一緒にやりましょう。一緒に協働してやりましょうというそういうふうな事業で、高野町の方で300万円をつけていただきました。これは当初予算でこれと御質問いただきました歳入歳出の件と関連してくるわけでございますが、この300万円いただいて何に使うかと申しましたら、28ページの委託料で出てきます高野山観光ナビゲーション作成業務委託料、この分のコンテンツをつくるのに300万円同額で出ております。当初で300万円強の当初予算、御承認いただいたわけでございますが、やはり300万円ではちょっと充実した事業ができないということで、あと300万円上乗せしたいということで、いろいろ事業を探しますと、観光連盟の方でそういうふうな事業であれば県の方で300万円負担していただけるということで、いただいた分でございます。それで内容的にどういうことかと申しますと、携帯電話を使いまして、昨年、御説明させていただきました指ナビ、高野山観光ナビをさらに認知度向上と利用促進を目的に実証実験したわけでございますが、もう少し改善を加えて、新機能をいろいろ提供できればもう少しサービスの方をレベルアップできるんじゃないかということで、簡単に申しますと、お店の充実、商店をたくさん載せて、情報量をアップするとか、動画を配信しまして、ライブカメラ的なもので秋の紅葉とか、冬の雪の状態が携帯電話で見たりとか、そういうふうないろんなコンテンツをつくる費用でございます。それでいただいた分で県の方でいただいています。


 それと、関連しまして、この委託料でございますが、一の橋公衆トイレの設計管理220万円でございますが、これは先ほど北岡議員から御質問いただきました一の橋の公衆トイレの新築に関する設計でございます。


 28ページでございます。これはちょっと総務課になりますので、指ナビコンテンツの分は300万円その分です。それでその次の設計管理委託料220万円、これは一の橋の公衆トイレの新築に関する設計委託料でございます。設計につきましては和歌山市の岡本設計さんを予定してございます。以前にも高野山のトイレの設計もお願いしまして、誠実的に取り組んでいただいたということで話してございます。


 今回のトイレにつきましては、広さ42平米、男子便所につきましては小便器5基、大便につきましては2基、それと女子トイレ6基、すべて様式でございます。それと福祉に優しいトイレということで、オストメイト、また環境に優しいということで先ほどの御説明させていただいた男子小便器には無水便器を使うというふうな設計を考えてございます。


 それとその下の高野山ホームページ再編業務委託料でございますが、現在、高野山の観光のホームページ開設しておりますが、若干を手を加えまして、ブログ機能をつけたり、また内容的にリニューアルをしたいということで、これ高野山、世界遺産情報センターの方でこのホームページを活用したいということで、今、見ていただくだけでございますが、いろんなブログ等も機能をつけることによって、より一層ホームページとしての機能が果たせるんじゃないかということで、再編を考えております。


 それと、その下の15工事請負費でございますが、世界遺産情報センター看板設置工事、これは今後、第2駐車場跡に設置して、現在、動き出しました高野町世界遺産情報センター、道から若干わかりにくいということもございますので、看板を建てたいということで、看板の工事費でございます。看板はまだ会社は決定してございません。一応、従来の予算策定しまして、これくらい必要であろうということで、まだ看板の方、つくってないです。あれは大師協会の方で、あれはうちではなしに、ボランティアでされている英語の通訳の、うちと全然関係ないところです。


 以上です。


○議長(西辻頼数) 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 20ページの委託料及び使用料及び賃借料ということで、ちょっと御説明させていただきます。


 これにつきましては、21年度になりますが、国から公的年金の商標が送られて今現在来ております。それにつきまして、20年度はまだ帳票の形というのですか、紙でいただけるんです。データで。支払い報告書というふうな形でいただいております。現在と従来の同じ形なんですけども、21年度からはそれを電子申告の形で送るというようなことで、21年度には電子申告の受付ということで、こういう機械を利用して、それで受け取るようなシステムになります。そして今回、なぜこのように補正させていただいかと言いますと、20年度の3月までにこの機械を設備投資いたしましたら、16ページにもありますように、補助金が出ているんです。300万円以上の工事については300万円の補助金がいただけるということで、16ページになりますが、16ページの和歌山県市町村振興協会助成金300万円、16ページです。諸収入の雑入の中で300万円を組んでおります。その一番上になるところなんですけども、その金額がいただけると。そして、来年度になれば、この金額は4月以降の設置になれば、この金額はいただけません。そういうことで来年度、21年度までに機械申告というふうな形をとらなくては、ちょっと事務に対応できないんですが、今回、その補助金をいただけるということで、今現在、補正させていただいて、3月までにそういう形にするということです。


 そして、システム作成委託料につきましては、地方税のこれエルタックスになります。それの分で補助金はこの機械を導入するためです。エルタックスの機械を導入して、地方税の申告を始めるということです。そして、今回、公的年金の支払い報告書の電子化対応、そして法人町民税の電子化対応、固定資産税の償却資産の電子化対応、そして個人住民税、給与支払い報告書の電子化対応というような形で、今回、その地方税の申告ということで、電子申告ということでエルタックスの機械を入れます。そしてその地方税納税業務委託料というのは、その分につきまして帳票に打ち出すのではなく、その機械で受信したデータをそのままうちの電算へ返還して入れるということです。紙でいただいてあったら、その分についてはうちで毎回パンチしなくてはならないんです。そしたら、そのデータをいただいたそのデータのままで入れる。そしたら打ち込みのときのミスとかがなくして、全体的にミスが少なくいけるというような形になります。それを入れるということです。そして、その下のサービスプログラム使用料につきましては、この地方税の電子申告のことで、入れるということになるんですが、システムが導するための費用が発生するんですけども,一応、簡単に考えていただいたら、サーバーとか全部うちの方へ置いて、それを管理するというような形をとるか、もしくは、今のインターネットしているときに、どこかの業者が入って、そこでプロバイダー払うような形で入れるかというような形なんです。うちの場合は、うちにサーバーを置かずして、そういう形で業者さんにお願いして、こういう形をとります。単独でそのようにする場合だったら、システムの設計とか、サーバーの機器の導入、そして初期費用が発生してくる。そして運用開始後は、維持管理の費用が発生する。そしてまた高額な費用になってきますので、市町村で負担していくというような形になるので、そういう形で一括してそこでお願いして、それの使用料を払うということです。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 31ページのシステム修正委託料の御質問があったかと思いますが、一応、これにつきましては、住宅使用料システムを変えるということで、住宅の使用料のシステムです。住宅管理の中にありますので、住宅使用料のシステムを変えるということで、これは平成20年度に法改正がありましたので、それに対応するということになってます。一応住宅の使用料と言いますのは、所得に応じた取り方というのがありますので、その入居収入基準等の見直しは行われたということがあります。それによって家賃制度も見直されたというような形で、いろいろと法律の改正があったものに対応するというものでございます。


○4番(所 順子) 25ページの世界遺産情報センター備品購入費、これは。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 世界遺産、29ページ、18備品購入費ですね。世界遺産情報センター内備品購入費19万7,000円でございます。これにつきましては、この中で使いますパテーションであるとか、仕切りの枠です。それとか、来客用のいす・机、ミーティング用のホワイトボード、それと石油ストーブ等々の費用でございます。


○議長(西辻頼数) 4番、所君。


○4番(所 順子) 何かわけのわからんような説明、ようけしてもらったので、ちょっとわかりませんけれども、大体わかりましたんですけれども、もうちょっとだけ聞きたいんですけれど、この300万円のこのあれは大体どれくらいの使用する人がいるんでしょうか。今まで使った方何%か、そういうのはわかるんですか。


 一番最初の質問です。やる気何とかというやつです。そんな聞いたことないさかい、わからへん。やる気何とかというやつ。そうやそうや。16ページのやる気観光地ですね。それの大体使用している方というのは、どれくらいのあれで今まで、まだ使用してない。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 実験という形で19年と入っております。その中でもう少し充実させたいということで、これから充実していく事業でございます。それでパーセント等正確な数字はうちの方で持ってございません。この20年に補正を認めていただいて、中身をどんどん充実しながら使っていくということで、現在、バスの時間表、時刻表、携帯電話当てれば時刻表が出てくるとか、テスト的には動いているわけでございますが、本格的に本年度600万円余りの金をかけまして、もう少し充実したものにしていきたいということでございます。昨年、実験段階でいろいろテストした結果、こういう指ナビの充実化ということで、ドコモさんと協議しております。


 それで以上でございます。


○議長(西辻頼数) 4番、所君。


○4番(所 順子) それと、そしたら28ページのトイレのところですけれども、トイレ設計はまだ岡本設計と決まっておりますけど、これは決定事業なんでしょうかね。このトイレは決定ですか。それとも金剛峯寺はそしてお幾らくらい出してもらっているのかと。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) トイレにつきましては、既に工事する旨は決定してございます。用地の方も本山、また観光協会があそこ使っておりますので、協議は終わってございます。それと設計ですが、岡本設計というのはあくまでも予定でございます。設計については決定ではございません。トイレ建てるということについては既に決定しておりますし、してございます。


 それで予算、今回、提案しております。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


 8番、崎山君。


○8番(?山文雄) 2、3ちょっとお伺いしたいと思います。20ページでありまして、地方税納税業務委託料472万5,000円、これはこれだけの費用を使って滞納している部分を徴収していただくという作業だと思うんですけれども、違っておりましたら答弁していただかなくても結構です。もしかそうであるとすれば、470万円ほど使ってどれだけの滞納金等が改修できるのかということであります。それが1点でございます。


 それと、24ページの高野山病院の会計繰出金として、530万円を出してまして、予定どおり1億3,580万円が出てくることになるわけです。先日、コンサルタントが入った、これは交付税違うのかな。繰出金やろう。高野山病院への繰出金。530万円。これに関しましてですけれども、年間1億から1億3,000万円くらいの一般会計からの繰り出しがあるわけですけれども、先日のコンサルタントが入りまして、高野山病院の経営の立て直しということで、お調べをされておるわけであるわけですけれども、先日、勉強会ということで勉強させていただいたんですけれども、何点か質問させていただいたんですけれども、自分の考えとだいぶ違うように思うわけであります。ですから、このコンサルタントも年内、入っていただくような内容のようでありますけれども、高野山病院の建て直しということで御検討いただいている、そういうコンサルタントの仕事が終わった時点で、どういうような答えが出てくるのか、ちょっとよくわからないんですけれども、一般会計から繰り出しという繰出金が、若干下がっていくような計画の案が出てくるのかなということで、この間もちょっと質問させていただいたんですけれども、その答えがなかなかはっきりしませんので、将来的に高野山病院の経営立て直しという言葉もこの間出ておりましたので、この2、3年のうちにはどういう形に変わっていくんだろうというような考えがありましたら、説明をいただきたいとこのように思います。


 それと、27ページに森林整備地域活動支援交付金というのが順番に出ております。わずかなお金でありますけれども、10万円ですね。美しい森林と言うんですか、きれいな森林というんですか、そういうものを目指した指導もしてほしいなというようなことを考えております。確かに町並みはこの前、9時ごろでありますけれども、役場から出まして一の橋、玉川通りを回りまして返ってきましたですが、小動物と言うんですか、犬にも猫にも出会うことあらへんし、非常に人も少ない、少ないというかほとんど歩いておりませんでしたけれども、そういう中でいつも車で走っておりますけれども、歩いてみますと、確かに家並みというか、県道物の状況がきれいになっておりまして、高野山も今、歩いた範囲ではきれいになっているなという実感を持ちました。しかしながら、この千手院谷の峠を越えまして、向こうへ帰りますと、右側の森林は木が伐採されたまま、いかにも見苦しいと。民家に近い山林があのようなことでいいのかなということを思うわけでございまして、森林整備地域活動支援交付金の性格は十分よくわかりませんですけれども、せめて住宅に近い山林においては、きれいにしようではないかというようなお考えはお持ちでないでしょうか。


 それと、先ほどからお話出ておりました28ページの一の橋公衆便所の新設工事でありますけれども、確か前回、六時の鐘の下の便所を改修するのは確か山外の業者であったんではなかろうかなとこういうように思うわけでございますけれども、できるだけこういった便所については、採算が合うとか、ないとかいうような話も聞いておりますけれども、できるだけ山内の業者にやらすようにして、そして、あとあとのメンテナンスをただでやるというメンテナンスではないですけれども、見守っていっていただくという意味から、つながりをつくっておくということの方が大事じゃないかとこんなふうに思いますので、できるだけ山内の業者で請け負っていただくような話し合いをしていただきたいとこんなふうに思います。


 採算に合わないから、放棄するんやというようなことを聞きますけれども、その辺は交渉というか、それも仕事の一つだとこのように思いますので、よろしくお願いいたします。


 以上です。


○議長(西辻頼数) 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) すみません。20ページなんですけれども、滞納じゃありません。紙データでいただいている課税の資料というか、それが電子化になってきております。それの対応する費用でございます。しかし、単純に言いますと、注意報告書、紙でうち会社からいただいてます。それを今度、紙で送ってこんとそのままデータで送っていただいて、それを受信してそれを送るというようなシステムをやるということでございます。電子化対応にする費用でございます。


○議長(西辻頼数) 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 先ほどの崎山議員さんの病院、これ会計・・繰出金が補正予算ということなんですけども、一応、当初の1億3,500万円のうち、高野山病院の繰出金の予算が1億750万円ということで、富貴の診療所の繰出金も加えてございます。ちょっと補足させていただきます。


 それと、今回の補正額の530万円、先ほどおっしゃってましたコンサルタント等が入って経営改善の方を目指しているということなんですけども、そのコンサルタント委託料も含めた形ので補正ということで御理解いただきたいと思います。


 以上です。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) 御質問いただきました森林整備地域活動支援交付金でございます。この事業につきましては、当初予算でも御承認いただいておった分でございますが、旧の林業公社、今、森と緑の公社という名前に変わっておるわけですが、そこの公社が富貴地区の方で森林の整備に活動した支援補助金ということで、これ歳入の方でも持っておりますが、15ページの林業費県補助金という形で、7万4,000円入ってきております。この7万4,000円というのが国・県から入ってくる分でございまして、約19.84ヘクタールの追加があったということで、当初に予算編成のときに前年度の比較で予算計上しておったわけでございますが、この森と緑の公社が本年度、19.84ヘクタールが増額した、ふえたということで、国・県からの補助金も7万4,000円いただいておる分でございます。


 それで、民家に近いところの山林の整備ということで御意見いただいたわけでございますが、これにつきましてはまた所有者とか、地権者とかいろんな絡みが出てくると思います。またひいては景観とか、そういう問題にもなってくると思いますので、この分につきましては、担当課とも協議が必要になってくると思いますので、御答弁の方は今できない状態でございますので、御理解いただきたいと思います。


 それと、トイレの業者の選定でございますが、前回、どういう形で高野山以外の業者の方がされたということ、私も詳しいこと分からないんですけども、どうも入札の関係だったというふうに聞いておるわけでございますが、当然、町の工事でございますので、一応、高野山内の業者には思っております。


 ただし、あくまでも入札でございますので、どのような状況でどのような結果になるというのもわかりませんが、入札は高野山の業者を基本に考えております。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) 8番、崎山君。


○8番(?山文雄) 今の答弁で結構でございます。高野山病院の件だけで、いま一度お聞きしたいんですけれども、現在、コンサルタントが入っておりまして、立て直し計画をやっておられると。高野山病院は一般会計から1億円から1億3,000万円くらいは毎年出さないといかんのかな。それでなければ今の現状を保っていけないのかなという考えでおるわけですけれども、こういったことでいかんということで、コンサルタントを入れられて、そして立て直しというか、経営の立て直しを図っておられるということのようですが、このコンサルのまだ答えが出てきませんけれども、この2、3年のうちにはどういう方向にどういうような形に変わっていくというような想像はできないんでしょうか。


○議長(西辻頼数) 高橋副町長。


○副町長(高橋寛治) 高野山病院の件についてお答えさせていただきます。


 ここの一般会計のところでお話すべきか、また特別会計で同じお話が出てまいりますので、その部分もあろうかと思いますが、少し広く考えて、今の議員の御質問にお答えしたいと思っております。


 今回、コンサルタントを入れまして、高野山病院について見ておりますのは、単に経営指針、これがピークのときは1億7,000万円出したものが現在、1億700万円まで減ってきたわけでございますが、これを減らすとか、それからもっと出すとかいう話は、一番最後に出てくる話じゃないかというふうに思いながら、現在作業をやっております。それは病院の機能をどういうふうにしていくかということがなくて、単にお金の問題だけやっていけば、削っていけば、それは住民の方が安心して住むということに対して問題が出てくるというふうに考えておりまして、現在の人口減少して高齢化する中でもって、本来地域の病院はどうあるべきかということをまず考え、それに対応して、一つは職員の確保の問題と、職員のスキルの向上ということがないと、単にお金の問題だけを追及していけば、結果としてはここに生活する皆さんに対して御迷惑かけることが起きるという判断をしております。


 つきまして、現在やってますことは、まず高野山病院として可能性がどこまであるか、どうやって医療体制を整えながら、あそこでもって安心してやっていただくことによって、少なくとも高野山、また周辺の野迫川であるとか、花園であるとか、周辺の方まで含めましても、中核医療機関としてどのような形ができるかということをまず考えてみて、積極的な中で難しい課題が出てくれば、それはどのような形でもって縮小せざるを得ないか、そのようなことを考えて手はずを進めております。


 具体的には今、言うならば、猫の手を貸していただけるような医師を確保するとか、細かいところまでやらないと、現在の医師と看護師の体制ではとてもではないですけれども、過重な労働がかかってますので、そのようなまず体制全体を見、そして病院の性格を決めながら最終的にどのくらいのお金を一般会計から援助することが、こういう過疎地域の病院として必要であるかということに結論を導きたいと思いますが、今少し時間をいただかないとまだ1年足らずでございますので、まことに申しわけございませんけれども、暫時、前向きに現場の方と協議を進めておりますので、その点また動きが出ましたら、御報告はさせていただきますので、ぜひ、御意見を賜わりたいと思う次第でございます。


 以上、今の概略でございますけれども、御了解賜わりたいと思います。


 以上です。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


 10番、西山君。


○10番(西山茂之) 先ほどからの質問の復習のような感じですけども、16ページのやる気観光地魅力アップ協働事業負担金というのは、これ字間違いと違うんでしょうかな。働、働くという字が同じくじゃないでしょうか。誤字違いますか。ともに働くでよろしいんでしょうか。いいんですか、すみません。


 そして、この事業に関して、指ナビの整備とか、システム作成委託料ということになってますけども、このコンピュータ関係に関して、委託料とか、保守点検料というのは、たくさん出てまいります。今回だけじゃなしに毎年どんどん増えてくると思うんです。これうちの職員さんを少しできる人がおられる。よくできる人がおられるということを聞いてございますので、少し教育してこれのソフトを組むとかいうふうなことをしていただけたら、よそへ出すお金がこの町で舞うというふうなことになると思いますので、そのようなことはできないのでしょうか。それをお聞きしたいと思います。パソコンの前に座っていちゃら、あいつさぼっているというふうに見られるので、仕事はしにくいということをよく聞いてございますけども、そういうふうなことを十分に理解してあげて、職員さんの育成ということも一つお願いできないものでしょうか。


 それと、20ページのエルタックスでございますが、先ほどから説明いただいてございますけど、皆さん理解してないんじゃないかと思います。このエルタックス事業というのは、昨年ですか、エルタックス推進の町ということで、税務署長も呼びまして、ポールも立てたりして、推進してございますけども、このエルタックス納税というのをだれかしている人おりますか。私もしようと思ったんですけども、とても難しゅうてできらんというのが現状と思います。高野山でどなたもできてないんじゃないかなと思うんですけども、できていたらありがたいんですけども、それに対するそのエルタックス納税を受け取るためのこのシステムなんか作成、地方納税業務委託料とプログラム使用料、税源移譲に変わる還付金とか、こういうのがこれが出ているわけですけども、大きな金額使ってますけども、需要のないものに投資するというのはちょっと時期が早いんじゃないでしょうか。もうちょっと住民が納得して、エルタックス納税ができるようになって、それじゃやってみましょうかというふうなところまで持っていくべきじゃないかなと思うんです。今でしたらちょっと先行投資してしまって、住民の人たちが納付するようになったときには、システム古くなっているので、またやり直ししませんかというふうになる可能性が大と思いますので、この点についての御意見をいただきたいと思います。


 以上、2点よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) 佐古企画課長。


○企画課長(佐古典英) では、指ナビの件でございます。いわゆる観光力で事業をいただきまして、このコンテンツを作成していくということで、うちの課に役場で一番詳しい、コンピュータに詳しいであろうという職員1人おります、それで専門的なことになってきたら、とても対応できないというのが現状でございます。専門学校出ているわけじゃなしに、自分の趣味の中でいろいろ覚えてやっておるということで、やはりこういうコンテンツつくるとか、ある程度の専門分野になってきたら、ちょっとわかりにくいということで、私も一緒に会議入るんですけども、私なんかも全然わからない専門用語ばかりですけども、その職員、かなり業者とも話し合いできるところまでいくんですけども、やはり細かいシステムになってくれば、いろんな勉強するとか、専門学校へ行くとか、専門知識がどうしても必要になってきますので、そういうことも考えていかなければならないのかわかりませんが、それにつきまして、他の業務等の絡みもございますので、どうしても委託してある程度のコンテンツ作成はお願い。あとのランニングコストとか、そういう件に関してのメンテナンスとか、ある程度のところは指導いただきながらやっていけるんじゃないかと思うんですけども、基本的な分はちょっと職員では対応できかねると私は思います。


 以上です。


○議長(西辻頼数) 後藤町長。


○町長(後藤太栄) 西山議員さんの補足をさせていただきますけども、同じようにシステム管理委託料とか、そういうのでもちょっと内容が違うものがかなりございまして、職員のスキルを上げればできるものとできないものがあるというふうに考えております。そして、御指摘のようになるべく勉強させてやるというのも当然必要なことだと思いますが、100、200人であったのが、現在150数人になりまして、一人一人の通常業務の量というのも増えておりまして、それプラス、いわゆる例えばホームページの書きかえとか、そういうことが入ってまいりますと、結構時間がとられると。逆にそういうものについては委託した方が安くつく場合があると思います。だれがやっても同じようなもの、例えば、高野町よく知っている職員が住民目線でやらなきゃいけないことは、当然職員がやったらいいと思うんですけども、そうではないもので、その職員を育てたら一生ですから、何千万円、何億円というのでやっていくわけですけれども、1回つくって50万円とか、1回つくって300万円というようなもので内容を精査して、出す方が安いものは出した方がいいのではないかなというような考えた方を出しております。その中で、あとエルタックスのシステムのように、官庁間でやらなきゃいけないシステムとか、住民も直接高野町に対して申請するわけではなくて、税務署とやりますので、この通しが直接住民に対して住民が利用してないからそうしなければいけないというものではないというふうに私は認識をいたしております。今回のシステムは、税務署と高野町間とか、高野町と財務省とかそういう官のシステムじゃないかなというふうに私は認識しておりますので、また補足すると思います。よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数)   前西総務課長。


 すみません。ちょっと早いじゃなくして、21年度からこの機械が必要になります。というのも、20年度のまずは年金の支払いなんですけども、今、紙データでいただきます。というのは年金の報告書ですね。支払い報告書。紙データでいただけるのが21年度にはこの紙データではいただけなく、この電子でとれというように変わってきます。それで今回、来年の3月のその紙をいただくのはいただけます。そして、そのデータを使って課税はできます。そやけど、21年度には送ってくるときには、それは今のように紙データでいただきません。要するに給与支払い報告書は出ないということです。電子のデータで送られる。それをうちで受けてそれを使えというように変わります。それで何で今回こないすることにつきましては、今回、3月までにこれを導入いたしますと、300万円のお金がいただけるんです。そして、仮に来年の4月、3月にこれ導入してあったら300万円いただけます。来年の4月、一月違いで4月に導入しても金額がいただけません。そういうことで来年中に入れるか、今年度中に入れるかという検討の結果、300万円の補助金がいただける今年度中を選択したわけでございます。そして、先ほど、議員さん言っていたように、国税の場合はエルタックス、そして地方税の場合はイータックスというようになります。


 これにつきましては、わかりやすく言いましたら、給与支払い報告書を考えてください。給与支払い報告書、今、コンピュータで各事業所へ打ち込んで、そして支払い書にして3枚つづりの2枚のうちを送っていただいております。うちの方へ。それについてはそういうのがしなくても、今度、機械でそのまま支払いの伝票を送らずに、データを送り込んでくるというようになってくるということでございます。それで大きいところからぼちぼちそういう形になってきつつありますので、それに対応するシステムが必要であるということでございます。そしてこれにつきましては、償却資産とか、そういう法人税の申告がこういう形でなっていきつつあって、それに既に対応していかなくてはならないということです。そういうことでございますので、御了承よろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) ほかに質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「あり」)


○議長(西辻頼数) 討論ありという挙手でございます。


 4番、所君。


○4番(所 順子) トイレのことですけれども、あそこ一の橋はちょっと場所が狭いように思うんですけれども、金額が今までのトイレと同じようなサイズになるかどうかがありますので、もっと金額は安くならないものでしょうか。ずっと前に密厳院さんのところのトイレしたのは、確か800万円か900万円であれができているように思うんですけれども、金額が大体この2千何百万円と出ておりますので、もっと金額が安くならないかと思って討論したいと思います。


○議長(西辻頼数) 賛成討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) ないようでございますので、これで討論を終わります。


 これから、議案第40号、平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)についてを採決いたします。


 この採決は起立によって行います。


 議案第40号、平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)については原案のとおり決定することに賛成の方は起立をお願いいたします


〇議員(起立多数)


○議長(西辻頼数) 起立多数です。


 したがって、議案第40号、平成20年度高野町一般会計補正予算(第2号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第18、議案第41号、平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)について議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 失礼します。


 議案第41号、平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


 1枚めくっていただきまして、平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


 平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の予算の補正


 第1条 既定の事業勘定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ6,886万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ6億5,986万7,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページの方へお進みいただきたいと思います。


 歳入10款繰越金、1項繰越金、1目療養給付交付金繰越金、補正額が143万3,000円、補正後の額が143万4,000円、療養給付費交付金繰越金143万3,000円、2目その他繰越金、補正額6,743万4,000円、補正後の額8,933万1,000円、1節その他繰越金6,743万4,000円でございます。


 次に歳出、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、補正額が21万9,000円、補正後の額が879万9,000円、13節21万9,000円でございます。


 3款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金、1目後期高齢者支援金、補正額251万5,000円、補正後の額が5,862万5,000円、19節負担金、補助及び交付金251万5,000円、4款前期高齢者納付金等、1項前期高齢者納付金、1目前期高齢者納付金、補正額が3万1,000円、補正後の額が7万1,000円、19節負担金、補助及び交付金3万1,000円、5款老人保健拠出金、1項老人保健拠出金、1目老人保健医療費拠出金、補正額が260万3,000円、補正後の額が1,860万3,000円、19節負担金、補助及び交付金260万3,000円、11款支出金、1項償還金及び還付加算金、3目償還金、補正額143万3,000円、補正後の額が143万5,000円、23節償還金、利子及び割引料143万3,000円でございます。


 12款予備費、1項予備費、1目予備費、補正額が6,206万6,000円、補正後の額が8,155万8,000円でございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第41号、平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第41号、平成20年度高野町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第19、議案第42号、平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 竹田富貴支所長。


○富貴支所長(竹田一司) 議案第42号、平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補正予算(第1号)


 平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ266万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ7,866万円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 歳入です。4款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、補正額266万円、補正後の額274万7,000円、1節前年度繰越金266万円でございます。


 次の7ページお願いいたします。歳出でございます。


 1款総務費、1項施設管理費、1目一般管理費、補正額24万9,000円、補正後の合計4,276万8,000円、18節備品購入費24万9,000円、これは診察室のエアコンの購入費でございます。


 次に、4款予備費、1項予備費、1目予備費、補正金額241万1,000円、補正後の金額266万9,000円。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第42号、平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第42号、平成20年度高野町国民健康保険富貴診療所特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第20、議案第43号、平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 竹田富貴支所長。


○富貴支所長(竹田一司) 失礼します。


 議案第43号、平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号)


 平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ112万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,062万1,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願い申し上げます。歳入です。


 1款水道事業経営収益、2項営業外収益、2目繰越金、補正額112万1,000円、補正後の金額156万5,000円、1節前年度繰越金112万1,000円でございます。


 次の7ページお願いいたします。歳出でございます。


 1款水道事業経営費用、1項営業費用、2目排水及び送水費、補正額21万5,000円、補正後の金額31万5,000円、11節需用費16万5,000円、16節原材料費5万円。3款予備費、1項予備費、1目予備費、補正額90万6,000円、補正後の金額142万4,000円。


 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。


○議長(西辻頼数) これで提案説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第43号、平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第43号、平成20年度高野町簡易水道特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第21、議案第44号、平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第44号、平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。


 議案第44号、平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ940万8,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億3,759万2,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正による。


 地方債の補正第2条、地方債の変更は、第2表地方債の補正による。


 平成20年9月26日


 高野町長 後 藤 太 栄


 4ページをお願いいたします。


 第2表地方債の補正です。起債の目的、下水道利用債、補正前限度額530万円、起債の方法、証書または証券借り入れ、利率4.5%以内(ただし利率見直し方式で借りれる政府資金及び公営企業金融公庫資金について利率を見直しを行った後においては、当該見直し後の利率)償還の方法は、償還方法、期限については、借入先の条件に従う。ただし町財政の事情により、償還期間を短縮し、もしくは繰上償還、または低利に借換えすることができる。


 補正後です。


 限度額が260万円、起債の方法、利率、償還の方法については変更ございません。


 過疎対策事業債の減額530万円を補正後の限度額260万円に変更です。減額しております。補正されなかった地方債につきましては、減額1,200万円、補正後も同額でございます。


 補正前の減額2,260万円に対しまして、補正後限度額1,720万円と減額してございます。


 7ページをお願いいたします。


 歳入です。3款国庫支出金の1項国庫補助金、1目下水道国庫補助金の補正額666万円の減額です。1節下水道国庫補助金で、公共下水道の補助金が660万円減額になってございます。


 4款の県支出金の1項県補助金、1目県補助金では16万円の減額です。下水道整備促進整備補助金で、下水道整備促進整備交付金が16万円減額になってます。これは平成19年度で終了したためということでございます。


 5款の繰入金の1項高池繰入金の1目一般会計繰入金で400万円の増額です。1節の一般会計繰入金で400万円、これは公共下水道の繰入金で400万円の増額ということで、補助事業の減額に伴います事務費分の同額、それと単独事業費100万円の増額、また人件費の増額等で400万円の繰入金を補正させていただいております。


 5款の繰入金の2項基金繰入金の1目下水道事業債償還基金繰入金、補正額16万円の減額です。1節下水道事業債償還基金繰入金で、先ほどありました県補助金が終了したことに伴います減額16万円でございます。


 それと6款繰越金の1項繰越金、1目繰越金で108万8,000円の減額です。前年度繰越金が108万8,000円と19年度決算の確定により、減額となってございます。


 それから、8款地方債の1項地方債、1目下水道債で540万円の減額です。内訳としまして、1項下水道債で270万円の減額、過疎対策事業債270万円の減額ということで、補助対象事業の減に伴うものでございます。


 9ページをお願いいたします。


 歳出1款公共下水道費の1項管理費、1目総務費では、補正額21万8,000円の増額です。内訳としまして、公債費で6万8,000円、需用費で10万円、それから役務費で5万円、それぞれ増額です。


 それと4目の処理場費では、40万7,000円の増額です。共済費で3万9,000円、役務費で36万8,000円、それぞれ増額です。


 役務費の手数料につきましては、処理施設を電話回線で結んでますテレメーターの点検に要した手数料ということで、36万8,000円増額させていただくということで提供しています。


 それから、1款の公共下水道費の2項公共下水道建設改良費で、1目建設改良費では、補正額971万3,000円の減額です。


 内訳としまして、職員手当等で60万7,000円の増、共済費で4万5,000円の増、役務費で1万円の増、工事請負費で1,021万5,000円の減額です。積立金で16万円の減額となってございます。予備費につきましては32万円の減額ということになってます。


 以上でございます。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第44号、平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第44号、平成20年度高野町下水道特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第22、議案第45号、平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第45号、平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。


 議案第45号、平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ29万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,719万4,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 6ページ歳入です。2款繰越金の1項他会計繰越金の1目一般会計繰越金で、50万円の増額です。1節一般会計繰入金50万円増額させていただきます。


 3款繰越金の1項繰越金、1目繰越金では、20万6,000円の減額です。前年度繰越金の確定による減額20万6,000円でございます。


 3の歳出の1款農村整備事業費の1項農業集落排水事業費、1目農業集落排水事業の補正額29万円の増額です。これの内訳としまして需用費29万円の増額、処理設備の修繕に伴う増額でございます。


 3款の予備費の1予備費では、4,000円の補正額となってございます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第45号、平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第45号、平成20年度高野町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第23、議案第46号、平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 阪田健康推進課長。


○健康推進課長(阪田圭二) 議案第46号、平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号)について


 平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ1,656万円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,056万円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたしたいと思います。


 歳入


 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金、1目介護給付費市交付金、補正額が107万6,000円、補正後の額が1億3,120万5,000円。2節過年度分介護給付費交付金107万6,000円でございます。


 9款繰越金、1項繰越金、1目繰越金、補正額が1,548万4,000円、補正後の額が1,743万5,000円です。1目繰越金として1,548万4,000円でございます。


 次に、歳出。


 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費補正額が3万1,000円、補正後の額が469万2,000円。19節負担金、補助及び交付金で3万1,000円でございます。


 7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、2目償還金、補正額230万8,000円、補正後の額が330万8,000円です。23節償還金利子及び割引料230万8,000円です。


 8款予備費、1項予備費、1目予備費、補正額が1,422万1,000円で、補正後の額が1,679万2,000円でございます。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第46号、平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第46号、平成20年度高野町介護保険特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第24、議案第47号、平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 今井環境整備課長。


○環境整備課長(今井俊彦) 議案第47号、平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)について御説明申し上げます。


 議案第47号、平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 歳入歳出予算の補正


 第1条 既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ58万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2,098万8,000円と定める。


 2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。


 平成20年9月26日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 6ページをお願いいたします。


 歳入です。


 3款繰入金の1項他会計繰入金で1目一般会計繰入金が補正額50万円の減額です。一般会計繰入金ということで、特定地域生活排水処理事業繰入金50万円の減額です。


 これは前年度繰越金が多く出たため、50万円減額させていただいています。それと、4款繰越金の1項繰越金、1目繰越金で108万8,000円の増額です。前年度繰越金の確定による増額でございます。


 それから歳出の2款特定地域生活排水処理事業費の1項管理費、1目一般管理費で補正額39万1,000円の増額です。これにつきましては、19節負担金、補助及び交付金の増額ということで、浄化槽整備補助に伴うものでございまして、7人槽1個分に補助するため計上させていただいております。


 4款予備費の1項1目予備費で19万7,000円の増額となってございます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第47号、平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)についてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第47号、平成20年度高野町生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第25、議案第48号、平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第1号)についてを議題とします。


 本案について、提案理由の説明を求めます。


 森田病院事務長。


○病院事務長(森田育男) 議案第48号、平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第1号)を説明いたします。


 1ページでございます。


 第1条 平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。


 第2条 平成20年度高野町立高野山病院事業会計予算、第3条に定めた収益的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。


 収益的収入1款で440万円の補正で計が5億5,790万円。


 1款1項の医業収益では補正ございませんで、4億3,947万1,000円、1款2項の医業外収益で440万円補正させていただきまして、1億1,842万9,000円でございます。


 収益的支出の方で、1款病院事業費総額で440万円の補正額で、5億5,790万円でございます。1款1項の医業費用で554万8,000円の増額で5億4,946万7,000円でございます。1款2項の医業外費用で82万5,000円を減額し、632万3,000円でございます。1款3項の予備費で32万3,000円を減額し、211万円となっております。


 第3条 平成20年度予算 第4条 本文括弧書中「不足する額2,273万1,000円は、過年度分損益勘定留保資金2,273万1,000円で」を「不足する額2,346万6,000円は、過年度分損益勘定留保資金2,346万6,000円で」に改め資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。


 資本的収入でございますが、資本的収入で73万5,000円を減額し334万1,000円、1款1項の他会計補助金で23万5,000円を減額し114万1,000円。1款2項の企業債で50万円の減額し220万円でございます。


 資本的支出で、1款の資本的支出は補正ございません。2,680万7,000円でございます。


 3ページをお願いします。


 第4条でございます。予算 第5条に定めた起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法を次のとおり補正するということでございます。病院事業債、過疎債、対策事業債ともに限度額が変わっただけでほかは変更してございません。限度額を病院事業債は140万円から110万円に30万年の減額、過疎対策事業債は130万円から110万円の20万円の減額という限度額を定めております。


 第5条 予算 第7条に定めた議会の議決を経なければ流用できない経費の金額を次のとおり改める。課目は給与費で、既決予定額が2億9,772万5,000円で補正費予定額が200万円減額でございまして、計が2億9,572万5,000円でございます。


 第6条 予算 第9条中「1億887万6,000円」を「1億1,390万1,000円」に改めるということで。


 平成20年9月26日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 4ページの明細書の方に入ります。


 収益的支出で1款2項の他会計補助金で530万円を補正いたしまして、1億1,280万円、他会計補助金、一般会計からの補助金530万円でございます。


 1款2項4目の患者外給食収益で90万円を減額しまして15万6,000円、患者外給食収益の90万円の減額でございます。患者外給食でございます。


 収益的収入合計で440万円を固定しまして、5億5,790万円でございます。


 5ページで収益的支出に入ります。


 1款1項1目の給与費で200万円を減額しまして、2億9,572万5,000円、講習を200万円減額しております。


 このあと、医師の分でございますが、その年で来ていただく医師によっていろいろ支出の方法が変わってございまして、以前の・・の方は報酬で支払っていただきましたが、今年、橋本市民の先生に来ていただいている分は病院へ支払うということで、委託料の方へ振り替えさせていただいております。


 続きまして、1款1項3目の経費で754万8,000円を増額しまして、6,399万3,000円で消耗備品費で32万6,000円、診察券、カード代金の分でございます。


 13の委託料で640万3,000円、先ほども質問ありましたけど、病院経営からの委託料330万円の増額でございます。


 続きまして、外科医師の診察で200万円。これが橋本市民病院と委託契約を結んで支払う分、先ほど上の報酬で減額された分をここへさせていただいた分をここで組ませていただいております。


 もう一つがレセプト収益診断委託料ということで予定しております。


 賃借料で81万9,000円、人工呼吸器の賃借料でございます。1款1項の合計が554万8,000円の増額で、5億4,946万7,000円でございます。医業外費用の方で、1款2項2目の患者外給食材料費12万5,000円を減額しまして、12万円としております。収入の方でも出ておりましたけど、給食の人員が少なくなって、患者外給食はちょっと患者さんに集中してということで、患者外給食をとめております関係上、こういう減額をさせていただいているような状況でございます。


 次に、予備費でございます。


 予備費32万3,000円を減額しまして、211万円、収益的支出合計が440万円増の5億5,790万円でございます。


 続きまして、6ページ、資本的収入でございます。


 1款1項1目の他会計補助金23万5,000円を減額しまして、114万1,000円、他会計補助金でございます。国保会計から国保特別調整交付金の繰入金の部分でございまして、一部補助対象の外の部分がございまして、減額させていただきました。


 続きまして、1款2項企業債でございます。1目の企業債で50万円の減額で220万円、病院事業債で30万円の減額、過疎対策事業債で20万円の減額でございます。これも上の補助金と同じように対象外の機械、簡単な機械は省かれますので、そういうところで減額になったものでございます。


 資本的収入合計で73万5,000円減額しまして、334万1,000円でございます。


 以上でございます。どうぞよろしくお願いします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、議案第48号、平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第1号)についてを採決いたします。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、議案第48号、平成20年度高野町立高野山病院事業会計補正予算(第1号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第26、諮問第2号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを議題とします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


 前西総務課長。


○総務課長(前西一雄) 諮問第2号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて


 下記の者を人権擁護委員の候補者として推薦したいから、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。


 平成20年9月26日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


                 記


 氏  名 齋藤天譽


 生年月日 昭和31年10月24日 満51歳


 住  所 和歌山県伊都郡高野町大字高野山599番地


 提案理由は、平成20年12月31日、前任者が任期満了によります。それの後任候補して法務大臣への推薦のためでございます。


 前任者は75歳以上になりましたので、再任はできないことになっております。


 後に履歴書をつけておりますので、御審議のほどよろしくお願いいたします。


○議長(西辻頼数) これで提案理由の説明を終わります。


 これから質疑を行います。


 質疑はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 質疑なしと認めます。


 これで質疑を終わります。


 これから討論を行います。


 討論はありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(西辻頼数) 討論なしと認めます。


 これで討論を終わります。


 これから、諮問第2号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについてを採決します。


 お諮りします。


 本案は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、諮問第2号、人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについては、原案のとおり決定いたしました。


 お諮りします。


 10月2日の会議は、議事の都合により、特に午前10時に繰り下げて開くことにしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(西辻頼数) 異議なしと認めます。


 したがって、10月2日の開始時刻は午前10時に繰り下げることに決定しました。


 以上で本日の日程は、すべて終了しました。


 本日は、これにて散会いたします。


 御苦労さまでございました。


              午後 4時55分 散会