議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成19年第2回定例会(第2号 6月18日)




平成19年第2回定例会(第2号 6月18日)





               平成19年


        第2回高野町議会定例会会議録(第2号)





 
     第6日(平成19年6月18日 月曜日)


         午前 9時40分 開会


  第 1 発議第 3号 高野町広報特別委員会の設置について


  第 2 報告第 1号 平成18年度高野町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告に


             ついて


  第 3 認定第 1号 平成18年度高野町立高野山病院事業会計決算認定について


  第 4 認定第 2号 平成18年度高野町水道事業会計決算認定について


  第 5 議案第39号 高野町消防団員等公務災害保障条例の一部を改正する条例に


             ついて


  第 6 議案第40号 平成19年度高野町一般会計補正予算(第2号)について


  第 7 議案第41号 伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規約の変更につ


             いて





3 出席議員(11名)


   1番 池 田 聖 三         2番 北 岡 三 於


   3番 目 黒 寿 典         4番 所   順 子


   5番 木 瀬 武 治         6番 負 門 俊 篤


   7番 平 野 一 夫         8番 ? 山 文 雄


   9番 東久保 秀 人        10番 西 山 茂 之


  11番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      清 水 弘 明


  書記        山 本 剛 久





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  副町長       高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  会計管理者     稲 葉   孝


  企画振興課長    今 井 俊 彦


  総務課長      前 西 一 雄


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    崎 山 主 憲


  まちづくり推進課長 佐 古 典 英


  消防長       門 谷 好 純


  病院事務長     森 田 育 男


  教育次長      辻 本   一








           午前 9時40分 開会


○議長(池田聖三) これから、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


○総務課長(前西一雄) 報告第1号、平成18年度高野町一般会計繰越明許費繰越計算書の報告について、地方自治法施行令第146条の規定により別紙のとおり報告します。


○議長(池田聖三) これで、報告第1号は終わります。


○会計管理者(稲葉 孝) 認定第1号を御説明させていただきます。   ,000円。決算額が1億1,441万8,413円。予算額に比べ決算額の増減では、マイナスの70万7,587円で、決算額のうち借受消費税及び地方消費税が22万8,001円です。


 1項医業費用では、予算額合計で5億4,289万2,000円。決算額が5億1,846万7,347円、不用額で2,442万4,653円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が1,002万8,153円。


 2項医業外費用では予算額合計で、790万6,000円、決算額が720万1,159円。不用額で70万4,841円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が3万8,047円。


 3項予備費では、予算額合計が290万2,000円。決算額はございませんで、全額不用額として残してございます。


 1項他会計補助金では予算額合計で262万5,000円。決算額は262万5,000円。


 2項企業債では、予算額合計で1,130万円。決算額が1,130万円です。


 1項建設改良費では予算額合計で1,659万5,000円。決算額が1,509万2,087円。不用額で150万2,913円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が71万8,670円。


 2項の企業債償還金では、予算額合計が1,927万8,000円。決算額が1,927万7,331円。不用額で669円。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額2,044万4,418円は当年度分消費税資本的収支調整額6万7,554円。過年度分損益勘定流用資金で2,037万6,864円で補てんをいたしました。


 平成18年4月1日から平成19年3月31日まで、1の医業収益のうち入院収益では7,697万8,971円、外来収益で2億7,222万7,833円で、その他事業収益では2,852万9,772円、医業収益計といたしまして3億7,773万6,576円。


 次の医業費用のうちの給与費では2億7,814万7,354円。材料費で1億5,784万4,866円。経費で4,339万1,092円。減価償却費では2,847万3,912円。資産減耗費では30万6,300円。研究研修費では27万5,670円で、医業費用計といたしまして5億843万9,194円、医業収益から医業費用を差し引きますと、営業損費といたしまして1億3,070万2,618円。


 次の医業外収益のうちの受取利息配当金はございません。


 補助金で262万8,480円、他会計補助金で1億700万円、患者外給食収益で112万586円。その他医業外収益で344万1,346円で、医業外収益計といたしまして1億1,419万412円。医業外費用のうちの支払利息及び企業債取扱諸費では550万3,683円。患者外給食材料費で76万1,629円。雑損失で995万8,103円。その他医業外費用はございませんで、医業外費用計といたしまして1,622万3,415円。医業外では9,796万6,997円の黒でございます。


 経常損失といたしまして、3,273万5,621円で、当年度純損失も同額で3,273万5,621円でございます。


 前年度繰り越し欠損金では、1億1,411万1,898円。そこから当年度の純損失を足しますと、当年度未処理欠損金として1億4,684万7,519円の欠損金でございます。


 6ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町立高野山病院事業剰余金計算書


 平成18年4月1日から平成19年3月31日まで


 欠損金の部で現債積立金はございません。積立金合計といたしましてゼロでございます。


 次の欠損金で、全年度未処理欠損金で1億1,411万1,898円。前年度欠損金処理額はございませんで、繰り越し欠損金年度末残高で、同じく1億1,411万1,898円となってございます。


 当年度純損失は3,273万5,621円で、当年度未処理欠損金といたしまして、1億4,684万7,519円でございます。


 資本剰余金の部の国庫補助金では、全年度末残高分で2,391万6,000円。当年度末残高で2,391万6,000円。


 寄附金につきましては、全年度末残高分で200万円。当年度末残高といたしまして200万円でございます。


 翌年度繰り越し資本剰余金では、2,591万6,000円でございます。


 7ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町立高野山病院事業欠損金処理計算書案でございます。


 当年度未処理欠損金といたしまして、1億4,684万7,519円。欠損金処理額はございませんで、翌年度繰越欠損金といたしましても、同額の1億4,684万7,519円でございます。


 8ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町立高野山病院事業貸借対照表


 平成19年3月31日現在でございます。資産の部の固定資産の有形固定資産、建物では減価償却を差し引きますと3億345万6,649円。機器及び備品では、減価償却を差し引きますと1億449万6,471円。車両及び運搬具では、減価償却を差し引きますと29万2,576円で、有形固定資産合計、固定資産合計といたしまして、4億824万5,696円でございます。


 次の流動資産の現金預金で1億514万267円。現金は15万円でございます。これは窓口預かり分でございます。


 現金預金合計で1億529万267円。未収金の医業未集金では2,751万9,607円で、これは2カ月分の診療報酬でございます。


 医業外未収金では、65万9,227円。その他未集金では560万円。これは借入金でございます。未集金合計で3,377万8,834円です。


 次の貯蔵品で、薬品分で1,579万2,298円。貯蔵品合計も同額でございます。


 流動資産合計といたしまして、1億5,486万1,399円。資産合計で5億6,310万7,095円。


 次の負債の部の流動負債で未払い金、医業未払い金では、3,295万6,775円。主に3カ月分の薬品費でございます。


 その他の未払い金で、8万6,303円でございます。


 9ページをお願いいたします。


 未払い消費税は、36万2,100円で、未払い金合計では、3,340万5,178円。流動負債合計、負債合計といたしまして、3,340万5,178円となってございます。


 次に、資本の部では、資本金の自己資本金では、4億5,846万4,036円で、自己資本金合計も同額でございます。借入資本金で企業債で1億9,216万9,400円。借入資本金合計も同額で、資本金合計といたしまして6億5,063万3,436円。


 次の剰余金の資本剰余金、国庫補助金で2,391万6,000円。寄附金で200万円。資本剰余金合計で2,591万6,000円。


 次の欠損金の当年度未処理欠損金で1億4,684万7,519円で、欠損金合計も同額で、剰余金合計といたしましてマイナスの1億2,093万1,519円。資本金合計で5億2,970万1,917円。負債資本合計といたしまして、5億6,310万7,095円で資産合計と一致してございます。


 次に、高野町水道事業会計の決算書をお願いいたします。


 1、2ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町水道事業決算報告書


 収益的収入及び支出で収入の1款水道事業収益、予算額当初補正を合わせまして合計で1億5,327万円。決算額が1億4,170万5,280円。予算に比べ決算額の増減では、1,156万4,720円のマイナスでございます。決算額のうち借受消費税及び地方消費税が652万5,865円。


 1項の営業収益では、予算額合計で1億4,801万1,000円。決算額が1億3,605万7,780円。予算に比べ決算額の増減では、1,195万3,220円のマイナスでございます。決算額のうち借受消費税及び地方消費税が644万2,652円です。


 2項の営業外収益では、予算額合計で524万9,000円。決算額が564万7,500円。予算に比べ決算額の増減では、39万8,500円で決算額のうち借受消費税及び地方消費税が8万3,213円。


 3項特別利益では、予算額合計で1万円。決算額はございません。予算に比べ決算額の増減では1万円のマイナスでございます。


 次に支出でございます。


 1款水道事業費用では、予算額当初補正を合わせまして合計で1億5,327万円。決算額が1億4,985万3,806円。不用額といたしまして341万6,194円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が118万2,513円。


 1項営業費用では、予算額合計で1億1,663万6,300円。決算額が1億1,388万9,189円。不用額で274万7,111円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が118万2,513円。


 2項の営業外費用では予算額合計で3,282万300円。決算額が3,247万217円。不用額で35万83円。


 3項予備費では、予算額合計が31万9,000円で、決算額はございません。全額不用額として残ってございます。


 4項特別損失では、予算額合計で349万4,400円。決算額が349万4,400円。不用額はゼロでございます。


 次に、3、4ページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。


 収入で、1款資本的収入はございません。


 次に支出でございます。1款資本的支出では、予算額合計が4,179万2,000円。決算額が4,132万7,093円。不用額で46万4,907円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が80万9,970円。


 1項建設改良費では、予算額合計で1,749万3,000円。決算額が1,702万8,370円。不用額で46万4,630円。決算額のうち仮払い消費税及び地方消費税が80万9,970円。


 2項の企業債償還金では、予算額合計が2,429万9,000円。決算額が2,429万8,723円。不用額で277円。資本的収入が資本的支出額に不足する額、4,132万4,093円は、消費税資本的収支調整額で、80万9,970円。損益勘定留保資金で4,051万7,123円で補てんをいたしました。


 次に5ページをお願いいたします。


 ここからは、税抜き計算になってございます。


 平成18年度高野町水道事業損益計算書


 平成18年4月1日から平成19年3月31日まで


 1の営業収益のうちの給水収益では、1億2,797万2,882円。受託工事収益では36万6,167円で、その他営業収益では127万6,079円で、営業収益計といたしまして1億2,961万5,128円。


 次の営業費用のうちの原水及び及び浄水費では、2,709万5,796円。配水及び給水費で1,012万231円。受託工事費で143万4,052円。総係費で2,374万6,601円。減価償却費では4,982万2,082円。資産減耗費はございません。その他の営業費用では48万7,914円。営業費用計といたしまして1億1,270万6,676円で、営業収益から営業費用を差し引きますと営業利益といたしまして1,690万8,452円。


 次の営業外収益のうちの受取利息配当金はございません。雑収益で195円。負担金で166万4,287円。他会計補助金で390万円。営業外収益計といたしまして556万4,4482円。営業外費用のうちの支払利息及び企業債取り扱い諸費では2,796万917円。雑損失はございません。営業外費用計といたしまして2,796万917円。


 営業外収益から営業外費用を差し引きますとマイナスの2,239万6,435円で、経常損失といたしまして548万7,983円でございます。特別利益はございませんで、特別損失のうちのその他特別損失では349万4,400円。当年度純損失は898万2,383円でございます。


 前年度繰り越し欠損金といたしまして285万8,595円で、当年度未処理欠損金といたしまして1,184万978円でございます。


 6ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町水道事業剰余金計算書


 平成18年4月1日から平成19年3月31日まで


 利益剰余金の部で、減債積立金はございません。利益積立金では、全年度末残高で159万7,688円。当年度処分額で159万7,688円で、当年度末残高はゼロでございます。積立金合計もゼロでございます。


 次の欠損金では、前年度未処理欠損金で445万6,283円。前年度欠損金処理額、減債積立金繰入額はございません。


 利益積立金繰入額が159万7,688円で、繰越欠損金年度末残は285万8,595円でございます。当年度純損失では898万2,383円で、当年度未処理欠損金といたしまして1,184万978円。


 資本剰余金の部で、受贈財産評価額で当年度発生はございませんで、当年度末残高で657万6,000円。国、県補助金も当年度発生はございませんで、当年度末残高で1億3,436万円でございます。


 7ページをお願いいたします。


 再評価積立金では当年度発生はございませんで、当年度末残高で2,076万5,116円。


 工事請負金につきましても、当年度発生はございません。当年度末残高で4,376万7,191円。


 他会計補助金につきましても、当年度発生はございません。当年度末残高で1,936万円。


 寄附金につきましても、当年度発生はございません。当年度末残高で2億円で、翌年度繰り越し資本剰余金といたしまして4億2,482万8,307円。


 次に8ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町水道事業欠損金処理計算書(案)でございます。


 当年度未処理欠損金は1,184万978円。欠損金処理額はございません。翌年度繰り越し欠損金は1,184万978円。


 9ページをお願いいたします。


 平成18年度高野町水道事業貸借対照表でございます。


 平成19年3月31日現在でございます。


 資産の部の固定資産の有形固定資産。土地では1億1,598万3,427円。立木では100万円。建物では減価償却を差し引きますと1億5,916万9,102円でございます。構築物では減価償却を差し引きますと4億6,348万2,730円。機械及び装置では、減価償却を差し引きますと6億9,769万2,534円。量水器では、減価償却を差し引きますと4,171万676円。車両運搬具で、減価償却を差し引きますと65万2,573円で、工具器具及び備品では、減価償却を差し引きますと366万6,705円。


 建設仮勘定はございません。


 その他流動負債の10ページをお願いいたします。


 預かり金は3,970円。その他、流動負債合計で3,970円。一時借入金はゼロでございます。流動負債合計、負債合計といたしまして282万4,763円となってございます。


 次に、資本の部で資本金の自己資本金では、4億5,287万6,996円で、借入資本金、企業債で6億5,699万5,487円。資本金合計で11億987万2,483円でございます。


 次の剰余金の資本剰余金で受贈財産評価額で657万6,000円。国県補助金で1億3,436万円。再評価積立金では2,076万5,116円。工事負担金で4,376万7,191円。他会計補助金では1,936万円。寄附金で2億円。資本剰余金合計で4億2,482万8,307円。


 利益剰余金のうち当年度未処理欠損金で1,184万978円。利益剰余金合計でマイナスの1,184万978円で、剰余金合計で4億1,298万7,329円。資本合計で15億2,285万9,812円。


 負債資本合計といたしまして15億2,568万4,575円。資産合計と一致してございます。


 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(池田聖三) これから質疑を行います。質疑ありませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑なしと認めます。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


○消防長(門谷好純) 議案第39号、高野町消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について          


○議長(池田聖三) これで提案説明を終わります。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑なしと認めます。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 討論なしと認めます。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


○総務課長(前西一雄) 議案第40号、平成19年度高野町一般会計補正予算(第2号)


○議長(池田聖三) しばらく休憩いたします。


○議長(池田聖三) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


○2番(北岡三於) 簡単なことでございますが、2カ所ほどお尋ねをいたしたいと思います。


○議長(池田聖三) 今井企画振興課長。


○企画振興部長(今井俊彦) まず、1点目の件でございます。


○議長(池田聖三) 辻本教育次長。


○教育次長(辻本 一) 10ページの19節負担金補助及び交付金の件でございます。これは小中一貫教育、昨年度から実施しておりまして、それの中間発表の補助金でございます。県指定に基づいて町の方も指定ということのつもりで、もちろん説明の項でも県指定でこういうのが入ってましたので、ちょっと紛らわしいんですが、県指定に流れて町の指定ということの補助金でございます。


○議長(池田聖三) 2番、北岡君。


○2番(北岡三於) ありがとうございます。


○議長(池田聖三) 今井企画振興課長。


○企画振興部長(今井俊彦) 今、確認しましたけど、これは新たな県施策によってできたものに対して町が補助するということで、これは試験講習を受けると、狩猟をする人の数が少なくなってきているということで、自分たちの畑や田を持っている人がみずからの土地を自分たちで守りたいという人が、免許を受けれるように県が補助を行うということでございます。大体、試験の準備の講習会が1万円程度、それと試験料については5,000円程度かかるということで、1万5,000円の約4分の1ずつ町と県が出すということで、新たな事業ということで御認識いただければと思います。


○議長(池田聖三) ほかに質疑はありませんか。


○4番(所 順子) 10ページお願いします。


○議長(池田聖三) 辻本教育次長。


○教育次長(辻本 一) 教育費、小学校管理費の8節の報償費の12万円と、中学校費の36万円の報償費でございます。


○議長(池田聖三) 4番、所君。


○4番(所 順子) 御説明をいただきまして、ありがとうございます。


○議長(池田聖三) 辻本教育次長。


○教育次長(辻本 一) 氏名と言いますか、授業の方で、高野山小学校の方は


 音楽の講師でございます。富貴中学校については、美術の講師でございます。


○4番(所 順子) 高野山の方ですか。


○教育次長(辻本 一) はい、そういうことになると思います。


○4番(所 順子) 名前は言えないと。


○教育次長(辻本 一) 言ってもいいんですが、音楽の先生と美術の先生とい


 うことでございます。また、名前の方は必要でしたら後ほど。


○議長(池田聖三) 目黒教育長。


○教育長(目黒威徳) 小学校の音楽の先生は舟戸という愛宕谷の方です。そ


 れから、富貴の美術の先生は松岡という方です。この方は高野町の方ではござ


 いません。


○議長(池田聖三) ほかに質疑ありませんか。


○5番(木瀬武治) 歳入の方でお聞きしたいと思います。


 ところで、この間、町長の議案説明の中で、1億4,000万円等の繰越金


 ができたので、有意に使いたいと、このような発言がございました。その後、副町長の方から、これは明許繰り越し費だと、そういう説明があったわけでございます。繰越金と明許繰り越しを間違うのは、どのようなことなのかお聞きしたいと思います。


○議長(池田聖三) 高橋副町長。


○副町長(高橋寛治) 木瀬議員の御質問にお答えいたします。


 た。ただ、繰越金につきましては、最終的に9月の議会で提案をさせていただ


 きたいというふうに思っておりますけども、ほぼ同額に近いものというふうに


 思っておりましたんで、きっと町長の方の提案するときの誤りでございますの


 で、単純な誤りと、このように考えてますので御了解を賜りたいと思います。


○議長(池田聖三) 5番、木瀬君。


○5番(木瀬武治) 単純な誤りということで、非常に恥ずかしい話ではないか


 と思います。町の長が、当初予算を、この3月議会に当初予算が通ってますね。


 その予算を自分で忘れて、この議場で発言するということは、本当に恥ずかし


 い話で、この間、和歌山市の話も出されておられましたが、自分とこの予算の


 執行者としての立場をわきまえて発言をしていただきたいと思います。


○議長(池田聖三) 答弁はよろしいですか。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑なしと認めます。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 討論なしと認めます。


 号)についてを採決いたします。


 お諮りいたします。


 本案は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 号)については、原案のとおり可決されました。


 日程第7、議案第41号、伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規


 約の変更についてを議題といたします。


○健康推進課長(阪田圭二) 議案第41号、伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規約の変更について


 伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規約を次のとおり変更することに


 ついて議会の議決を求める。


 平成19年6月13日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)が公布(平成18年6月7日)され、助役及び収入役制度の見直しが行われたため、組合規約を変更するものであります。


 ページをめくっていただきまして


 伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規約の一部を変更する規約


 伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規約(平成元年規約第1号)の一部を次のように変更する。


 第5条第2項中「あてる」を「充てる」に、「助役」を「副町長」に改める。


 第7条第1項中「、助役及び収入役」を「、副管理者及び会計管理者」に改め、同条第3項を次のように改める。


 3.副管理者は、管理者が関係市町の副市町長の中から、組合の議会の同意を得てこれを選任する。


 4.会計管理者は、職員のうちから、管理者が命ずる。


 第8条を次のように改める。


 (執行機関の任期)


 第8条、管理者及び副管理者の任期は、関係市町の長及び副市町長の任期による。


 第9条第2項中「助役」を「副管理者」に改め、同条第3項中「収入役」を「会計管理者」に改める。


 附則


 この規約は、和歌山県知事の許可の会った日から施行し、平成19年4月1日から適用する。


 次のページに新旧対照表をつけてございます。ごらんいただきたいと思います。


 よろしくお願いします。


○議長(池田聖三) これで提案説明を終わります。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑ございませんか。


〇議員(「はい」)


○議長(池田聖三) 質疑なしと認めます。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 討論なしと認めます。


 これから、議案第41号、伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規


 約の変更についてを採決いたします。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 したがって議案第41号、伊都郡町村及び橋本市児童福祉施設事務組合規の変更については、原案のとおり可決されました。


 日程第8、議案第42号、伊都郡町村及び橋本市老人福祉施設事務組合規約の変更についてを議題といたします。


 本案について提案理由の説明を求めます。


○健康推進課長(阪田圭二) 議案第42号、伊都郡町村及び橋本市老人福祉施


 設事務組合規約の変更について


 伊都郡町村及び橋本市老人福祉施設事務組合規約を次のとおり変更することについて議会の議決を求める。


 平成19年6月13日 提出


 高野町長 後 藤 太 栄


 提案理由


 地方自治法の一部を改正する法律(平成18年法律第53号)が公布(平成18年6月7日)され、助役及び収入役制度の見直しが行われたため、組合規約を変更するものであります。


 めくっていただきまして


 伊都郡町村及び橋本市老人福祉施設事務組合規約の一部を変既往する規約


 伊都郡町村及び橋本市老人福祉施設事務組合規約(昭和47年規約第1号)の一部を次のように変更する。


 第5条第2項中「あてる」を「充てる」に、「助役」を「副市町長」に改める。


 第7条第1項中「、助役及び収入役」を「、副管理者及び会計管理者」に改め、同条第3項を次のように改める。


 3.副管理者は、管理者が関係市町の副市町長の中から、組合の議会の同意を得てこれを選任する。


 4.会計管理者は、職員のうちから、管理者が命ずる。


 第8条を次のように改める。


 (執行機関の任期)


 第8条、管理者及び副管理者の任期は、関係市町の長及び副市町長の任期による。


 第9条第2項中「助役」を「副管理者」に改め、同条第3項中「収入役」を「会計管理者」に改める。


 附則


 この規約は、和歌山県知事の認可のあった日から施行し、平成19年4月1日から適用する。


 以上でございます。よろしくお願いします。


○議長(池田聖三) これで提案説明を終わります。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑ございませんか。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 質疑なしと認めます。


〇議員(「なし」)


○議長(池田聖三) 討論なしと認めます。


 の変更についてを採決いたします。


 お諮りします。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 約の変更については、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。


 6月21日の会議は議事の都合により特に午前10時に繰り下げて開くことにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日は、これにて散会いたします。


 御苦労さまでございました。ありがとうございました。


              午前11時25分 散会