議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成19年第2回定例会(第1号 6月13日)




平成19年第2回定例会(第1号 6月13日)





               平成19年


        第2回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成19年6月13日 水曜日)


         午前11時10分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明





3 出席議員(11名)


   1番 池 田 聖 三         2番 北 岡 三 於


   3番 目 黒 寿 典         4番 所   順 子


   5番 木 瀬 武 治         6番 負 門 俊 篤


   7番 平 野 一 夫         8番 ? 山 文 雄


   9番 東久保 秀 人        10番 西 山 茂 之


  11番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      清 水 弘 明


  書記        山 本 剛 久





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  副町長       高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  会計管理者     稲 葉   孝


  企画振興課長    今 井 俊 彦


  総務課長      前 西 一 雄


  健康推進課長    阪 田 圭 二


  環境整備課長    崎 山 主 憲


  まちづくり推進課長 佐 古 典 英


  消防長       門 谷 好 純


  病院事務長     森 田 育 男


  教育次長      辻 本   一








           午前11時10分 開会


○議長(池田聖三) ただいまから、平成19年度第2回高野町議会定例会を開会いたします。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において2番北岡君、3番目黒君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、本日から6月22日までの10日間といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から6月22日までの10日間と決定いたしました。


 お諮りいたします。


 議事の都合によって、6月14日、15日、16日、17日、19日、20日を休会にしたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(池田聖三) 異議なしと認めます。


 したがって、6月14日、15日、16日、17日、19日、20日は休会とすることに決定いたしました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告については、お手元に配付の報告書をもって報告といたします。


 当局からの報告事項はありませんか。


 これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いいたします。


 後藤町長。


○町長(後藤太栄) おはようございます。


 6月の定例会を招集させていただきましたところ、皆様方、公私ともにお忙しいところ、全員御出席賜りまして、ありがとうございます。


 先ほど、全員協議会でお話しましたことと、重複する部分もあろうかと思いますけれども、本会議でございますので、お礼を申し上げますとともに、提案説明の冒頭のごあいさつとさせていただきたいと思います。


 新しい議員の皆さんで、初めての定例会になるわけでございます。今後もさまざまな町の情勢を説明をさせていただくわけでございますが、先般、新しい財務諸表と言いましょうか、健全化法案の基準で試算をされましたもの、これは来年度からそういうふうになっていくわけでございますが、夕張の事案を受けまして、さまざまな方策が、総務省、財務省で考えられたわけでございますが、私も、愕然といたしましたのは、夕張、赤平とか北海道の町がかなり財務的に、これは第三セクターが何か入れたものではなくて、企業会計と一般会計で試算したものでありますけれども、その中に、やはり和歌山県では和歌山市が、県庁所在地である和歌山市が11番目にリストされているというのは、非常に衝撃でございました。


 本町におきましては、17年度、18年度、19年度につきまして、行財政改革を断行してまいりました。16年を100といたしますと、19年度は64という一般会計の予算ベースになっております。これは、職員の努力、そして住民の皆さん方の理解によって達成できたものだというふうに思っておりますが、今後も、入りを増やしながら、出を制御していく、入りを図って出を決めるというような形でやっていきたいと思います。


 現在、私が思っておりますのは、15年、16年度あたりは国の方針も非常にあやふやでございまして、どういうふうに交付税がなるのだろう、どういうふうに地方財政がなっていくのだろうというふうにございましたけれども、現在示されております、今度、参議院の選挙の後に、骨太の方針が出ますけれども、17年度に極端に3兆円を減らされてというような、ああいうことは起こらないであろうというふうに思っております。現在の予想では。


 ですから、急激な国の方向転換、いわゆる交付税の激減とか、そういうものがない限り、本町・高野町は、破綻をすることはありません。これだけは、住民の皆さんにお伝えをしておかなければいけないと。


 ただし、財政が苦しいということは、これは国全体として、和歌山県全体として続いているわけですので、引き続き行財政改革を進めて職員の定数、給与等々も適正なものにしなければいけない。和歌山県もそういう方針でいっておると思います。


 それから、公共調達、今、知事さんが一生懸命公共調達のことについてもやっております。これは、もろ刃の剣で非常に厳格な一般競争入札すると、小さな町からは、さまざまな業者が生き延びていけないということもございますので、県といたしましてもその辺も踏まえて、災害が起こったときなんか困りますので、やっていただいているようでございますが、現在、鋭意県がそういうものをつくっておりますので、そういうものも随時議会の方に提示をさせていただいて、本町にふさわしい公共調達ものをつくっていきたいというふうに思っております。6月定例会でございますので、そういうことを冒頭に申し上げました。


 それでは、提案をさせていただいております内部を少し御説明を申し上げて、あいさつにかえさせていただきます。


 今回の6月定例会の提案は、繰越計算書の報告が1件、事業会計決算の認定が2件、条例の改定が1件、補正予算が1件、事務組合の規約変更が2件を上程をさせていただいております。


 報告1件につきましては、18年度一般会計の繰越明許費、繰越計算書の報告でございます。19年度へ繰り越します総額は、1億4,681万1,500円となっております。


 2件の認定でございます。これは18年度、高野山病院事業会計の決算でございます。本年度の医業の収支比率は、74.3%で、当年度の純損失は3,273万5,621円となりました。減収の主な原因といたしましては、患者数の減による収益の減額でございます。


 それと、もう一つは、医療報酬の点数等々の改正がありまして、それ収入の減につながりましたので、収支の支出が多くなったと、結果として支出が、医療報酬が高くなって支出が多くなって、こういう赤字幅になったということでございます。患者さんの減と医療報酬の増ということが原因でございます。


 平成18年度の水道事業会計の決算でございますが、これは有収水量は5.3ポイント上昇しました。ですから、供給しておる水に対する収益率は上がっておるわけでございますが、使用水量がやはり減少いたしました。それで、料金収入が減少いたしましたので、898万円の純損失が当年度としては出ております。


 2つの事業会計とも、住民の生活に欠かせないものでありますので、経費の節減を更に努めまして、経営効率を図ってまいりたいというふうに思っております。


 続きまして、議案の4件でございますが、まず、1件目は、消防団員等の公務災害補償条例の一部改正でございます。これは政令の改正による、上位法の改正によるものでございます。


 一般会計2号補正予算につきましては、1,600万円の追加でございます。この追加は、歳入の主なものは、後期高齢者医療制度の創設準備費国庫補助金、そして前年度の繰越金の増額であります。


 歳出の主なものといたしましては、老人福祉総務費の委託費や教育関係の経費などの予算を計上、増額をさせていただいた結果でございます。


 事務組合の規約変更につきましては、地方自治法の改正による助役、収入役の制度の見直しによります字句等の変更でございます。


 その他、この各議案につきましては、その都度、各課長から詳細説明をいたしますので、審議の過程で御質問をいただければというふうに思っております。


 以上、どうぞ10日間、よろしくお願いいたします。


 ありがとうございました。


○議長(池田聖三) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日は、これで散会いたします。


 御苦労さまでございました。


             午前11時21分 散会