議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成18年第2回定例会(第1号 6月13日)




平成18年第2回定例会(第1号 6月13日)





               平成18年


        第2回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
    第1日(平成18年6月13日 火曜日)


         午前11時10分 開会


    開会の宣言


    日程第1 会議録署名議員の指名


    日程第2 会期の決定


    日程第3 諸般の報告


    日程第4 諸般の報告


    * 町長提案説明 *


    


3 出席議員(14名)


   1番 平 野 一 夫         2番 東久保 秀 人


   3番 中 山 哲 也         4番 西 辻 政 親


   5番 所   順 子         6番 北 岡 三 於


   7番 負 門 俊 篤         8番 ? 山 文 雄


   9番 宮 口 伯 美        10番 (欠   員)


  11番 中 谷   弘        12番 西 山 茂 之


  13番 池 田 聖 三        14番 堂 浦 行 春


  16番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(な し)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      清 水 弘 明


  書記        山 本 剛 久





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  助役        高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  収入役職務代理者  稲 葉   孝


  企画振興課長    今 井 俊 彦


  総務課長      前 西 一 雄


  健康推進課長    生 地 久 厚


  環境整備課長    崎 山 主 憲


  まちづくり推進課長 佐 古 宣 英


  消防長       門 谷 好 純


  病院事務長     森 田 育 男


  教育次長      辻 本   一








           午前11時10分 開会


○議長(平野一夫) ただいまから平成18年第2回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長において14番堂浦君、15番西辻頼数君を指名します。


 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から6月23日までの11日間としたいと思います。


 これに御異議ありませんか。


〇議員(「異議なし」)


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 よって、会期は、本日から6月23日までの11日間と決定しました。


 お諮りします。


 議事の都合によって、6月14日、15日、17日、18日、19日、20日、21日を休会としたいと思います。


 これに御異議ありませんか


〇議員(「異議なし」)


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 したがって、6月14日、15日、17日、18日、19日、20日、21日は休会とすることに決定しました。


 日程第3、議席の変更についてを議題とします。


 議席の一部変更がございます。会議規則第4条第3項の規定により、議席の一部を変更します。


 3番中山君、4番西辻政親君、以上のとおりであります。


 日程第4、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めた者は、町長並びに教育委員長であります。高野町監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定により、例月出納監査報告については、お手元に配付の報告書をもって報告とします。


 当局から報告事項はありませんか。


○議長(平野一夫) 高橋助役。


○助役(高橋寛治) おはようございます。


 私の方から1点、御報告いたしますので、よろしくお願いいたします。


 案件は、お手元に配付いたしました課長名簿でございますが、4月1日付をもちまして人事異動がございましたので、別紙の課長にこの席に同席するよう指示をしてございます。今後、御質問の際、この課長等とお考え願いたいと、このように思う次第でございます。


 1点、それに加えさせていただきたいんですが、今後の予算の問題に関連しましたときには、やっぱり予算を監督します課長補佐もおらないと若干議事の運営等に支障が出るかと思いますので、そのときには、その議会におきまして御提案をさせていただきながら、担当課長補佐をそこに同席させたいと、このように考えますので、よろしく御承認を賜りたいと、このように思う次第でございます。


 以上でございます。


○議長(平野一夫) これをもって諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いいたします。


 後藤町長。


○町長(後藤太栄) 失礼をいたします。


 6月定例会の招集をさせていただきましたところ、全員の御出席を賜りまして、開催をできますことを改めて御礼を申し上げます。


 まずは、先般お亡くなりになりました岩本議員の御冥福を心から追悼申し上げ、御冥福をお祈り申し上げる次第でございます。並びに今回新しい中山議員さんが御当選をされて、議席を得られたことにつきまして、衷心よりお祝いを申し上げる次第でございます。おめでとうございます。


 また、このたびは、池田議員さんが木村知事から、宮口議員さんが議長会の会長さんから、それぞれ功労をたたえられてお祝いを表彰をされましたこと、重ねてお祝いを申し上げます。おめでとうございます。


 さて、先ほど全員協議会でもお話を申し上げましたが、引き続き日本の政治、それから地方のあり方については厳しい状態が続いておりますが、幸い日本の国の経済状況が、やや上向いておるという数字が出ております。しかしながら、格差社会ということで、それぞれ個人の所得の格差、それから都市部と地方の格差、それから職種による格差、さまざまな格差が許容できる範囲のものもあれば、許容範囲を超えた格差も出てきておるのが、現在の日本の状況ではないかなと思うわけでございますが、国の内容をみますと、我々国民がこの地方の位置、小さな町からも支えていかなければならないし、知恵やそして勇気を持って対応しなければいけない事例があるんではないかなと、日々職員ともども執務をしながら感じておる次第でございます。


 就任以来から、6月についてはあまり補正をせずに予算を組んだばかりでございますので、補正をせずにやろうということでございましたですけども、いやどうしても補正をしなければいけない部分もございますので、その辺をよく精査をしていただきまして、御承認を賜ったらというふうに思います。


 今年の冬、春、そして現在初夏でございますが、すべて気象庁の発表が外れるというか、ずれるというか、梅雨に入った途端に晴れが続いたりですね、これも全国、世界中気候が不安定なことが続いておりますけれども、お体に御留意をされまして、会期中元気で出席をしていただきたいというふうに思います。


 それでは、提案の説明をさせていただきます。


 今回は、報告が1件、承認が11件、決算の認定が2件、条例改正が4件、補正予算が1件、合計の19件の提案をさせていただいております。


 今回の提案のまず最初の報告でございますが、この一般会計の繰越明許費繰越計算書の翌年度への繰り越しが主な報告でございます。1億468万6,000円でございますが、都市計画費が3,857万6,000円と住宅費で3,971万円を繰り越しをいたしております。災害復旧費では、公共土木費で2,640万円ということで、詳細につきましては、提案説明のときに細部を御説明を申し上げます。


 専決処分承認11件させていただきました。これは税条例に関する一部改正が3件です。町条例の改正、これ地方交付税法の改正によります専決処分でございまして、個人の所得課税にかかわる税源移譲による個人住民税率の見直し、定率減税の廃止、地震保険料の控除の創設等々条例法が変わりましたことによりまして、専決で条例を改正させていただいております。


 都市計画税条例の改正も、地方税法等の改正に伴うものでございます。都市計画税は、固定資産税に準じて改正を行うものでありますけれども、土地にかかわる負担調整措置の改正というのが、今回の改正の趣旨であります。


 国民健康保険税条例の改正も行われました。国民年金等控除の見直し及び老齢者控除の廃止に伴いまして、国民健康保険税負担が増加する高齢者に配偶する措置がとられたために、それに伴いました条例の変更であります。


 それから、消防関係で、消防団員公務災害の補償条例の一部改正しておりますが、これは補償基礎額の引き下げによるものでございます。


 また、市町村非常勤職員公務災害補償組合の規約の一部も改正しておりますが、これは有田市と和歌山地方税回収機構の加入によります文言の変更であります。


 平成17年度の補正予算5件提出しておりますが、一般会計補正予算の第8号でございますが、850万円の増額でございます。それは、歳入の決定、確定によりますものでありまして、特別交付税、地方債の確定、そして歳出、不用額の減額で補正いたしました。


 国民健康保険特別会計補正予算、これで3,000万円の減額。


 老人保健特別会計補正予算、これで1,653万9,000円の減額。


 下水道特別会計補正予算、これは増減ございませんけれども、予備費の方から充当いたしました科目の変更によります補正でございます。


 介護保険特別会計補正予算につきましては、67万7,000円の減額をいたしております。


 平成18年度の補正予算1件出させていただいております。これ一般会計の補正予算でありますが、これも増減は0であります。実質科目の変更等によりまして補っております。


 財産管理費、これは機構改革により事務室の改良費で85万円。


 議会議員の補欠選挙費に、242万1,000円。


 それから、小学校の改修、これはとゆが壊れてしまったものですから、急を要したものですから、146万7,000円を補正をして、修理をいたしました。


 あとは、事業会計の決算認定を2件提出させていただきました。


 高野山病院の事業会計は、1,007万1,000円の当年度赤字でございます。


 水道事業につきましては、445万6,000円の当年度の赤字という結果でございますが、詳細につきましては、決算審査特別委員会でよろしく精査をいただきたいと思います。


 続きまして、条例の一部改正を4件出させていただいております。ほとんどは上位法の変更によります変更でございますが、まず1点目は、重度心身障害児、重度障害者の医療費の支給条例の変更でございます。これは県の補助金の交付要綱の一部が改正をされましたものですから、それに伴いまして改正をいたしました。


 もう1件は、非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例でございますが、これにつきましても、消防団員等公務災害補償等責任共済等に関する法律の一部が改正されましたので、それに伴う変更でございます。


 消防団員等公務災害補償条例も変更いたしました。これは刑事施設及び受刑者の処遇に関する法律の一部の改正による改正ということがございましたので、それによって変更いたしました。


 もう一つは、町立高野山病院条例を変更させていただきました。これは職員の役職名の変更でございます。現在は「医長」というふうに提示されておりましたが、役職上医長と言いましてもあまりぴんとこない方が多いということで、「副院長」ということで、現在土生先生が副院長という肩書で御勤務いただいておりますので、条例との整合性を求めまして、「医長」から「副院長」に変更させていただきたい、そういうことでございます。


 補正予算を1件提出しております。一般会計補正予算第2号でございますが、700万円の追加をお願いしたいと思います。これは歳入の主なものにつきましては、前年度の繰越金670万円の増額を充てたいというふうに思っております。


 歳出につきましては、土木費で木造住宅耐震改修事業、これで60万円、そして教育費で497万5,000円、これがそのうち大きなものは、世界遺産高野山ツーデーマーチということで、秋にウオーキングの歩く大きな大会をいたします。それにかかわるものと、それから先ほど申し上げたかもしれませんが、教育改革リレーフォーラムというのを9月に高野町で行います。それが150万円の予算をいただきたいと。ツーデーマーチは160万円でございます。実行委員会にお渡しして、体育協会と、今回体育協会、私の方は会長を引きまして、新しい東山さん、バレーボールをよく昔やられてた方が会長になっていただきまして、その方の体育協会と、それからツーデーマーチの実行委員会というのを組織していただきまして、それでその大会を実行すると。その補正、支出、歳出については、主に細部は、細かいのは少しありますけれども、大きなものはそれでございます。


 詳細につきましては、それぞれ提案説明のときに担当課長の方から御説明をいたしますので、御質問をいただきましたらと思います。


 どうぞ会期中、よろしくお願いいたします。


○議長(平野一夫) 以上で本日の日程はすべて終了しました。


 本日はこれで散会します。


 御苦労さんでした。


           午前11時28分 散会