議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成17年第3回定例会(第1号 9月15日)




平成17年第3回定例会(第1号 9月15日)





               平成17年


        第3回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成17年9月15日 木曜日)


         午前11時50分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明 *





3 出席議員(14名)


   1番 平 野 一 夫         2番 東久保 秀 人


   3番 西 辻 政 親         4番 岩 本 哲 二


   5番 所   順 子         6番 北 岡 三 於


   7番 負 門 俊 篤         8番 ? 山 文 雄


   9番 宮 口 伯 美        11番 中 谷   弘


  12番 西 山 茂 之        13番 池 田 聖 三


  14番 堂 浦 行 春        15番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      清 水 弘 明


  書記        山 本 剛 久





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  助役        高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  収入役職務代理   稲 葉   孝


  企画課長      今 井 俊 彦


  総合窓口課長    前 西 一 雄


  税務課長      門 谷 好 純


  福祉保健課長    尾   和 哲


  建設課長      大 谷 岩 男


  産業観光課長    生 地 久 厚


  生活環境課長    倉 本 隆 夫


  消防長       白 濱 一 章


  富貴支所長     竹 田 一 司


  教育次長      辻 本   一


  公民館長      崎 山 主 憲


  病院事務長     森 田 育 男








            午前11時50分 開会


○議長(平野一夫) 開会に先立ちまして、故?谷輝司君に対しての黙祷を行いますので、全員ご起立願います。


                 (黙祷)


○議長(平野一夫) ただいまから、平成17年度第3回高野町議会定例会を開会します。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定において、2番東久保秀人君、3番西辻政親君を指名します。


○議長(平野一夫) 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から9月28日までの14日間としたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から9月28日までの14日間と決定しました。


○議長(平野一夫) お諮りします。


 議事の都合によって、9月16日、17日、18日、19日、20日、22日、23日、24日、25日、26日を休会としたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 したがって、9月16日、17日、18日、19日、20日、22日、23日、24日、25日、26日は休会とすることに決定しました。


○議長(平野一夫) 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めたものは町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2、第3項の規定により、例月出納検査報告については、お手元に配布の報告書をもって報告とします。


 当局からの報告事項はありませんか。


○議長(平野一夫) これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いします。後藤町長。


○町長(後藤太栄) 失礼をいたします。


 今般、9月議会の招集をさしていただきましたところ、早々に議会開催をいただきまして、また先ほどは会期を28日まで14日間という決定いただきまして、まことにありがとうございます。28日までご審議慎重によろしくお願いを申し上げるところでございます。


 さて、先ほど、全員協議会でも少しお話を申し上げましたが、ことしは選挙のない年だなというふうに思っておったんですけれども、急遽衆議院が解散になりまして11日の投票ということで慌ただしい選挙の年になってしましました。議員の皆様方におかれましても、それぞれの活動の中でご苦労いただいたのではないかなと、ねぎらいをいたすわけでございます。どうも大変ありがとうございました。


 国民の審判が出まして、自民党が圧勝したという結果になったわけでございますが、我々も行政に携わるものとして、また議会の皆様、議会人としてこの結果も受け止めて地方の行政に反映をしていただければなと、いうふうに思っておる次第でございます。


 それでは、提案の説明をさせていただきますが、今回、承認3件、それから決算認定が11件、条例の制定以外に改正があり、補正が11、議案が6件、それから諮問が1件ございます。


 詳細につきましては、それぞれの提案理由のときにご説明をいたしますが、専決につきましては、これはボーリング調査をしなければいけなくなりまして、保険所の指示の関係で塵芥処理場のボーリング調査とかですね、それから選挙がありましたので選挙の補正等々をさしていただいたわけでございます。


 認定につきましては、16年度につきましてまた委員会でご審議を賜るということでございます。


 それから、条例につきましては、土砂に関係するもの、これ県、国の法律があるわけでございますが、なかなかそれだけでは網羅できないと、昨今土砂を捨てたいという要望があるんですが、土については問題ないんですが、その土にいろんなものが混入されたりという監視もしなければいけませんし、場所についても慎重にやっぱり選ばなければいけないということで、高野町も土砂等の条例を制定すべきであろうと、ただ運用に関しましては、細部時間ございませんので当然委員会に委ねさせていただいてご相談をして、細部を詰めて1年2年かけて最も高野町に適した条例の運用にしていきたいなというふうに思っております。


 広告物については、広告物と書いてるんですがこれは広告物というよりも名前を書いて捨ててあるゴミというふうに思っております。捨て看板を対象に制定をしたいと、なおす効果をまずは求めておりまして、早急に世界遺産登録して1年たったわけですけども、早急にこういうこととか、それから町並みの方はアナウンス効果を期待していって、それに規則を今度は委員会の方に出さしていただいて、こういう規則で運用したらどうだろうとかいうふうにやっていきたいというふうに思っておりますので、ご協力をいただきたいというふうに思います。


 条例の改正については、広域合併について名称がなくなる花園村とか、熊野川町とかそういうのが抜けるということのものであるとか、名称の変更一つだしておりますけれども、そういうものでございます。


 それから、人事案件として1件ださしていただきました。これは人権擁護委員さんが任期になりましたので、それを新たに再任という形になりますけれどもご承認をいただきたいということでださしていただいております。


 36件ございます、28日までの会期で大変慌ただしい議会になろうかと思いますが、どうぞよろしくお願いを申し上げます。


 以上で簡単な提案の説明を申し上げました。失礼いたしました。


○議長(平野一夫) 以上で、本日の日程は全て終了しました。


 本日はこれで散会します。


            午前11時57分 散会