議事ロックス -地方議会議事録検索-


和歌山県 高野町

平成17年第2回定例会(第1号 6月10日)




平成17年第2回定例会(第1号 6月10日)





               平成17年


        第2回高野町議会定例会会議録(第1号)





 
     第1日(平成17年6月10日 金曜日)


         午前11時20分 開会


    第 1 会議録署名議員の指名


    第 2 会期の決定


    第 3 諸般の報告


    * 町長提案説明 *





3 出席議員(15名)


   1番 平 野 一 夫         2番 東久保 秀 人


   3番 西 辻 政 親         4番 岩 本 哲 二


   5番 所   順 子         6番 北 岡 三 於


   7番 負 門 俊 篤         8番 ? 山 文 雄


   9番 宮 口 伯 美        10番 ? 谷 輝 司


  11番 中 谷   弘        12番 西 山 茂 之


  13番 池 田 聖 三        14番 堂 浦 行 春


  15番 西 辻 頼 数





4 欠席議員(0名)


   なし





5 事務局職員出席者


  事務局長      清 水 弘 明


  書記        山 本 剛 久





6 説明のため出席した者の職氏名


  町長        後 藤 太 栄


  助役        高 橋 寛 治


  教育長       目 黒 威 徳


  収入役職務代理   稲 葉   孝


  企画課長      今 井 俊 彦


  総合窓口課長    前 西 一 雄


  税務課長      門 谷 好 純


  福祉保健課長    尾   和 哲


  建設課長      大 谷 岩 男


  産業観光課長    生 地 久 厚


  生活環境課長    倉 本 隆 夫


  消防長       白 濱 一 章


  富貴支所長     竹 田 一 司


  教育次長      辻 本   一


  公民館長      崎 山 主 憲


  病院事務長     森 田 育 男








           午前11時20分 開会


○議長(平野一夫) ただいまから平成17年度第2回高野町議会定例会を開会します。


 これから本日の会議を開きます。


 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により、議長によって13番池田君、14番堂浦君を指名します。


○議長(平野一夫) 日程第2、会期決定の件を議題とします。


 お諮りします。


 本定例会の会期は、本日から6月20日までの11日間としたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 よって会期は、本日から6月20日までの11日間と決定しました。


○議長(平野一夫) お諮りします。


 議事の都合によって、6月11日、12日、14日、15日、16日、18日、19日を休会にしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


○議長(平野一夫) 異議なしと認めます。


 したがって、6月11日、12日、14日、15日、16日、18日、19日は休会とすることに決定しました。


○議長(平野一夫) 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明のため出席を求めたものは町長並びに教育委員長であります。


 高野町監査委員から、地方自治法第235条の2、第3項の規定によって、例月出納検査報告については、お手元に配布の報告をもって報告とします。


 当局からの報告事項はありませんか。


○議長(平野一夫) これをもって、諸般の報告を終わります。


 町長の提案説明をお願いいたします。後藤町長。


○町長(後藤太栄) おはようございます。


 先ほど、全員協議会の席でもご挨拶をさしていただきましたけれども、改めまして本会議でごあいさつをさせていただきます。


 6月定例会を招集をさせていただきましたところ、本日全員の議員の皆様のご出席を賜りまして、誠にありがとうございます。20日までの会期でございますが、なにとぞよろしくお願い申し上げます。


 17年度の予算が執行されまして、3カ月を経過したわけでございますけれども、今のところ順調に各事業を行っておるというつもりでございます。


 また、先ほどもご紹介いたしましたように、昨年、世界遺産に登録されましてから大体入り込み数の統計が出まして145万人強ということで、大体150万人と思っていただいたらいいんですが、昨年、後半が伸びたということで150万人という数字が提示をされております。


 しかしながら、宿泊客につきましては、やや減少傾向という課題もございまして、この町に落ちる観光に関わるお金があまり増えないんではないかという懸念もございます。今後その辺も考えていかなければならないなというふうに思っておる次第でございます。


 先ほど、申し上げましたように、3県の知事さんの会議、三重、奈良、和歌山、それから、和歌山県自立会議というのが、続けてこの高野町高野山のほうで行われまして、様々なご意見をいただきましたし、この高野山の実態もご理解をいただいたと思います。


 自立会議の方では、かなり厳しい辛口のご意見もいただきましたので、今後その点も踏まえて県等と協議をして、改善できるものは改善しながら進めていきたいなというふうに思っております。また、委員会等々でそういう課題が出ましたら逐次ご報告ご説明をさせていただきたいと思います。


 提案いただきました議案について若干の説明をさせていただきます。報告させておりました繰越明許につきましては、これは電柱の地下埋設関係の繰越明許。それから、大乗院駐車場の繰越明許。富貴のヘリポートの繰越明許でございます。その報告でございます。2点につきましては、事業会計の認定の報告でございます。


 主な議案なんでございますが、条例は全て一部改正ということになってございます。


 それから、一般会計、それから老人保健特別会計の補正なんでございますが、一般的に6月の補正は行わないということを原則で町行政を、17年度予算については行わないという方針で行っておるんでございますが、どうしても国との関係で補正をしなければいけないものにつきましてのみ補正をいたしました。提案の説明のときに詳しくは説明あると思いますが、老人保健特別会計の補正というのは、国から交付されておりました交付金の還付を、いわゆる概算ということはないんですが、いただきすぎておるものを返さなければいけません。そのお金を一般会計から繰出すということでこの50号、56号はその関係しておる同じ議案の内容でございます。


 介護保険につきましては、これは16年度から申請しておりました新規事業が認定をされまして、それが3月議会以降に認定がおりましたので、補正をして新規事業ということでございますが、この新規事業の内容につきましては、提案説明のときに説明を詳しくさしていただくということになってございます。


 それから、広域市町村圏のことにつきましては、市町村合併に伴う語句の訂正等々の件だけでございます。


 あと、人事案件が固定資産税の評価とそれから農業委員について、農業委員につきましては議会の推薦の委員さんでございます。また、委員会等々でご相談を申し上げますけれども、人事案件も最終日に控えておりますので、なにとぞよろしくお願いをしたいと思います。


 発議につきましては、議会からの発議ということでご提案をされております。


 なお、今一番問題になっております広域の塵芥処理場の問題でございますが、概ねスケジュール上は進んでおるわけでございますが、高野口町大野に建設をいたします、目標は21年4月稼動ということで進んでおるわけでございますが、議員さんの中のお二人、執行いただいておりますけれども、地元との一部調整が難航をしておるんですけれども、法的それから手続的には問題なく進んでおるというふうに報告を受けておりますし、その認識で管理者、副管理者とも進んでおります。


 ただし、依然地元との合意が必要な部分がまだ残されておりまして、それの調整をしつつ償却方式を決めて建設のスケジュールを決めて、そして交付金を11月に申請するという段取りが進んでおりますが、なかなか難しい面もございまして、また議会のご協力もいただきまして、一刻も早く塵芥処理場の方が完成しますように、ご協力も報告かねてお願いをいたしておきます。


 それでは、本日から会期でございますが、よろしくお願いいたします。失礼いたしました。


○議長(平野一夫) 以上で、本日の日程は全て終了しました。


 本日はこれで散会いたします。


            午後11時28分 散会